2019年07月10日

beautyhappinesshide: 方舟は7月17日アララト山頂に漂着した(創世記7章13), 惑星ヤハウェとノアの大洪水

beautyhappinesshide: 方舟は7月17日アララト山頂に漂着した(創世記7章13), 惑星ヤハウェとノアの大洪水 2011 約4500年前に恐竜と古代文明の消失したのは「ノアの大洪水」である。 旧約聖書にはノアの大洪水が地上の殆どの生物を死滅に追いやったとある。 それは地上の管理を神から任されていた人間が堕落し神への畏敬の念を忘れて欲望のままに行動していたからだとしている。 「わたしは人を創造したが、これを地上からぬぐい去ろう。人だけでなく家畜も這う..
posted by datasea at 14:45

2019年07月06日

木内鶴彦霊視: 月の誕生,ノアの大洪水 (>>祇園祭)

木内鶴彦霊視: 月の誕生,ノアの大洪水 (>>祇園祭) 超古代の宇宙を飛ぶ 時空を自由自在に生まれるのならば,古代の宇宙を確かめたいという衝動に駆られました。 三途の川や故人との出会いは私の中では第一臨死体験として,未来や古代宇宙等の体験は第二次臨死体験として私の中では記憶しています。 ■臨死体験で見た古代地球の歴史 私が第二臨死体験で見てきた地球の歴史は,現在の常識では考えられないものでした。 月が誕生する前,地上では高度な文明社会が築かれていました。 その世..
posted by datasea at 18:59

2019年07月06日

木内鶴彦霊視: 臨死体験,あの夏の日にかえる

木内鶴彦霊視: 臨死体験,あの夏の日にかえる 臨死体験 22歳当時,事件は突然起こりました。 当時私は茨城の百里基地で飛行管理という仕事についていました。 この仕事はただでさえハードなのですが,ちょうどその頃はミグ25と言う当時のソビエトの最新鋭ジェット戦闘機の亡命事件があったために連日普段以上の仕事量とプレッシャーを強いられていたのです。 そんなハードな業務にいた1976年3月,私の体は突然悲鳴をあげました。 ■余命1週間 その日夜勤についていた私は勤務終了..
posted by datasea at 18:55

2019年01月15日

スウエーデンボルグ:霊界の街の記録

スウエーデンボルグ:無数にある霊界の団体 彼は私を5つ6つの町や村(これが霊界の団体であるのは後で知った)に連れて行った。 街はこの世の街のように見えたが,違っていたのは1つの街なり村なりはそれぞれ全部の住居が街中または村中,石造なら石造,木造や土造なら木造や土造といったように同じ材料で,しかも同じような建て方で作られていたことである。 同じ街や村の霊の顔つきや性格には,たとえ顔つきの外形が異なっていても,どこか共通した性質を持っており,その相似はこの世の人間の親子・兄..
posted by datasea at 12:29