2018年12月20日

ミトラ教

比較宗教学 2013/01/15 第6回 第7章 キリスト教 第1部 イエスとキリスト教信仰の成立 1 キリスト教の定義 「キリスト教とは、イエスは神の子であると信じる宗教である」 ――もう少し正確に言えば、 「キリスト教とは、イエスという歴史上の人物は、(人類に救いをもたらす)神の子キリスト(人類の王)であると信じる宗教である[1]」。 この定義は、キリスト教の根本的教義であり、その他の教えは、このイエス・キリストの言行に基づいている。 この言行は、キリ..
posted by datasea at 18:00

2018年12月08日

[古代文献] 東方ミトラ教,ミトラ教とキリスト教の酷似

■■■第4章:神智学・人智学運動は東方ミトラ教の再興であった 前出のミトラ教研究家の東條真人氏によれば、マダム・ブラバッキーの創始した「神智学協会」の教義は、バビロニア=ストア学派直系の教えであり、古代ミトラ教の神学を伝えるものだという。「人智学協会」を創始したシュタイナーに関しても同じで、彼の教義もミトラ教がオリジナルだという。 参考までに、東條真人氏の見解をコンパクトに整理して、以下に載せておくことにする。 ─────────────────────── 日本..
posted by datasea at 02:21

2018年12月08日

[古代文献] 明治期,人智学/神智学勃興,ミトラ教の認知ひろがる

■■■第3章:神智学協会と人智学協会 ■■「神智学」とマダム・ブラバッキー ●現代神智学の祖はロシア人のマダム・ブラバッキーである。 本名はヘレナ・ペトロヴナ・ブラバッキーで、1831年にロシアのエカテリノスロフに生まれ、前半生は放浪の生活を送った。 自伝によれば、世界を旅して秘教を学び、エジプト、中東、ジャワ、日本にまで足を伸ばし、インドのラダックからチベット入りを試みたという。 そして1851年にロンドンのハイドパークで初めてマスター(霊的師匠)に出会ったともい..
posted by datasea at 01:36