女性セブン: 世界の長寿食ランキング

pp6520191121220.png


pp6520191121221.png


女性セブン: 世界の長寿食ランキング


pp6520191121222.png
posted by datasea at 01:47| Comment(0) | H 医師健康オタク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

ジム・ロジャーズ: 大暴落時こそ株を買えwww

ジム・ロジャーズ: 大暴落時こそ株を買えwww
ジム・ロジャーズ「大暴落時こそ、株を買え」
11/17(日) 6:01配信
ロジャーズ氏は言います。
「株を買うときは、誰もが絶望に打ちのめされ、『株の話などもうごめんだ。聞きたくもない』などと口にしているときがいい。そうしたときの株式市場は底であり、上がるのを待つだけだ」
「上がるのを待つ」というのも、なかなか難しいかもしれません。日本株の場合、リーマンショックのときに安く買えましたが、上がるまでにかなり時間がかかりました。その間に、震災もありました。上がるまで持ちこたえた人は多くないでしょう。実際、日本株を持っていた多くの投資家はパニックになりました。しかし、そうした絶望にさいなまれたときにこそ、株を買わなければならないのです。
■安く買えれば、大やけどのリスクが小さくなる
シンガポールなどアジアの富裕層はリーマンショック級の大暴落を待ち構えています。強気(ブル)相場の今は、キャッシュポジションを高めています。大暴落時に備えて、株、不動産、会社などを安く買うためです。
ロジャーズ氏はこう説明します。
「安く買うことのメリットは、たとえ予想が外れたとしても大損をすることはない点にもある。今、政情不安が続くベネズエラに投資をするのであれば、おそらく一文なしになるほどの損害を受けることはない。すでに悲惨な状態で、相当安くなっているのだから」
高いときに買えば、もし半値になったりするとリスクは大きくなりますが、十分に安いときに買えば、半値に下がったとしても大きな損害を負いにくい。投資家として一番重要なことは「負けないことだ」というわけです。ただし、ただ単に安いだけで「上がらないもの」を買っても意味がありません。大きく上がるものを安く買うには、どうすればいいのでしょうか。
「将来性を測るには、大きな視点で変化をつかまなくてはならない。そこで探るべきものが、変化の『触媒』だ。投資家は、割安株を暴騰させる『触媒』を探すことが重要だ。北朝鮮であれば、金正恩の存在が『触媒』になるだろうし、ロシアのプーチンによる極東開発もそうだろう」
ロジャーズ氏の意見は極端と感じる人が多いかもしれません。ですが、自分が他人より精通する分野で株式投資をするなら、「触媒」にいち早く気づくことができると思います。
「私は、変化に気づくのが人より早すぎるようだが、数年以内にほかの人々にも認識されるような好ましい変化を見つけることができれば、非常に面白いことになる」
2000年代初頭から、オーストラリア人によって北海道・ニセコ投資ブームが始まり、倶知安町(ニセコエリア)の基準地価は2019年も前年比66.7%上昇しました。現在では、中国、シンガポール、香港などから投資マネーも集まっています。先駆者のオーストラリア人はニセコから長野・白馬に投資先を向けているようですが、いち早く動くことが投資では重要になるのです。
■「大暴落」まで、余裕資金と投資経験を積んでおく
リーマンショックのような危機が再び起こったとき、投資で大儲けをして、一生涯の資産を築くような投資家も出てくるかもしれません。しかし、実際に機を捉えるには地道な準備をしておかなければなりません。例えば、投資に回せる余裕資金をつくっておく、前回の危機でどの金融商品がどういった動きをしたのか調べておく、空売りなどの練習をしておくなどです。
「投資の神様」と呼ばれる富裕層でも、何度も失敗を経験しています。失敗も含め日頃から経験値を上げておくことも大事です。そうすれば「大暴落時」という千載一遇のチャンスが来たとき、確実に「勝つ」機会を捉えることができると思います。

Yahoo!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191117-00313783-toyo-bus_all&p=2


posted by datasea at 00:00| Comment(0) | $ 経済アナリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

Revelation13.net: 黙示録と天体配置から考える2020年〜2030年の未来予測

RussiaIranChina.jpg



"Revelation13.net: Astrology, Prophecies of the Future, Bible Prophecy, King James version Bible Code"
This page has some banners you can use as links.

Revelation13.net
http://revelation13.net





Revelation13.net: 黙示録と天体配置から考える2020年〜2030年の未来予測
Revelation13.net: 予言カレンダー,2020年〜2022年-ニューエイジ,ノストラダムス,聖書予言,ジェームズ聖書コード,世界の出来事の占星術予測
過去と未来の重要な日付リスト:
4713 BC 〜 1997
1998〜2002
2003〜2018
■概観
2019年以降の予言予測-
2020年〜2022年,THE END TIMESイベントや災害が生じ得る。
2019年〜2022年: 反ロシア主義のPutin大統領が世界とNATOを破壊しようとする。ロシアあるいは北朝鮮は2019年〜2022年に核戦争を開始し,2021年〜2022年にエイリアンUFOの侵略,黙示録の四騎士がうごく。
黙示録には「黙示録の四騎士」がいる。白馬の騎士(反キリスト,征服者)・赤馬の騎士(戦争)・黒馬の騎士(経済不況)・青馬の騎士(死)。
黙示録8章の記述。ノストラダムスは3人の反キリストの台頭を予測した。最初の2人はNapoleonとHitler。3人目はPutinだろう。
2019年〜2022年にかけて黙示録の四騎士: 反キリスト主義者は世界征服・経済カオス・戦争・病気を試みるだろう。反キリストのPutinはウクライナとその他諸国に侵攻する。そしてロシアか北朝鮮は2020年〜2022年に核戦争を開始する。
ヨーロッパでのISISテロ攻撃の増加?ロシアは核戦争開始?2020年〜2022年のUFO出現・アルマゲドン・敵対者の敗北・キリストの帰還。
このウェブサイトには,聖書の最終章である黙示録についての議論が含まれている。これには2020年〜2022年に発生しうる壊滅的な一連の出来事の説明が含まれている。
■わたしの黙示録的未来解析
反キリストと呼ばれる邪悪な独裁者の台頭。彼は番号666で識別される。黙示録には「黙示録の四騎士」がいる。白馬の騎士(反キリスト,征服者)・赤馬の騎士(戦争)・黒馬の騎士(経済不況)・青馬の騎士(死)。黙示録の四騎士は、反キリストが権力を握るようになると現れると言われる。また黙示録には天使の記述があるが,そこにある天使はペストを運んでいる死の天使である可能性がある。ヨハネの黙示録8章には,小惑星・彗星が地球に衝突して地球上の生命の多くを破壊するように解釈できる記述もある。
ヨハネはヨハネ黙示録第1章で,キリストの死後にギリシャ近くのパトモス島に流され,そこでキリストを見たと書いている。キリストは7つの黄金の燭台の中に現れた。これはキリストの弟子であるヨハネかもしれないし別のヨハネかもしれない。キリストは、遠い未来に起こる出来事についてのJohnのビジョンを示している。キリストはJohnに「アルファとオメガ」として自分自身を示し,そして私のビジョンではUFOと天使を背景に7つの黄金の燭台の中でキリストを示した。キリストが宇宙人である場合,キリストとUFOのつながりがあると思う。
1999年8月にロシアで力を発揮したPutinが最初に大統領になったとき,珍しい惑星グランドクロスがおき,ヨーロッパ全域で日食がおきた。これはPutinが黙示録13章の666の「悪の反逆者」であることを示す。 
2019-2020年
2017年9月,カッシーニ土星宇宙探査機が土星/サタンに衝突。カッシーニのPutinとのつながり:Putinは1999年8月9日に最初に権力を握った。占星術グランドクロスの日:1999年8月18日はプルトニウムを搭載したカッシーニが地球付近を通過した翌日でヨーロッパで日食がおきた日。1999年は「666」を逆さまにした形。「666」は黙示録13の反キリストの数。
この1999年8月のグランドクロスは,これまでに見られた最も驚くべき占星術配置の一つ。獅子座エリアに太陽・金星・水星,射手座エリアに火星・月,牡牛座エリアに土星・木星,水瓶座エリアに海王星・天王星が並んだ。さそり座をワシ・水瓶座を人間と考えると,各惑星が並ぶエリアは,天国の玉座に座る黙示録4章の「4匹の獣」,ワシ・人間・ライオン・子牛を意味する。これは人類にとって重要な時期を示しているようだ。2000年にプーチンはロシア大統領になったが,この配置は反キリストの力の上昇にも関係していると思う。
プーチンは1999年8月にロシアで最初に政権を握り,その後ロシアでNo2の指揮権を握った。1999年8月のグランドクロスの重要性に留意されたい。
また1999年8月9日はチャールズ・マンソン・グループのロサンゼルスでのシャロン・テイトおよびその他の大量殺害事件から30年にあたり,チャールズ・マンソン・グループの悪魔的なカルトのために重要であったことに注意。また1999年8月13日は,500年前のメキシコのアステカ太陽暦の重要な将来の日付で,1999年8月13日は,アステカ人によって人類にとって重要な変化の日であると予測された。
書籍「運命の日〜1999年8月13日にあなたはどこにいるか?」ジョンミニ/1998年刊,トランスハイパーボリアン科学研究所発行。
土星に向かうカッシーニを考える。惑星土星に関して。土星はおそらく「サタン」を表す。「反キリスト」は,実際にはサタンの息子であるキリストの悪魔の模倣であると言われる。したがって土星への旅は、実際には人類の「サタン」への旅かもしれない。またアナグラム的にはギリシャ語で「タイタン」の合計が666であることに注意。これは、カッシーニがタイタンに上陸し反キリストと結びついていることを示す。タイタン(反キリストを表す?)は土星/サタンを中心に展開していることに注意。
今日の世界の混沌は,黙示録の四騎士,特に第三の騎士の経済的混沌によって引き起こされていると思う。
第二の騎士/赤馬の騎士・「戦争」の懸念は,2019〜2022年にかけておきるロシアのウクライナ侵略。ロシアは中東・ISISのテロリスト・イラク・シリア・中国に介入する「悪の独裁者」と呼ばれる。ヨハネ黙示録13章に記された「反キリスト」は私の考えでは「 ロシア」。その長たるプーチン。
(黙示録13章:反キリストはライオンの口・クマの足を持ちドラゴンから力を得る)。世界を引き継ぐためにドラゴン・ライオン・熊の悪の同盟はある。赤い中国-香港(香港はかつてイギリスの植民地だったためライオンのシンボルを持つ)-ロシア・中国・その他(旧ソ連)諸国からなる同盟が米国に対峙する同盟の一部としてされている。
ライオンの第二の意味はイラン。
ロシアはイランが核開発計画とそれを支援することで、原爆の構築を支援し、ロシア・中国・イランの軍事同盟を示し,イランはその国旗にライオンのシンボルがある。ロシアは軍事装備をイランに販売している。
オサマビンラディンはヨハネ黙示録9:11に書かれた
「地獄から来た邪悪な悪魔」「破壊者」。
反キリストの赤い獣とアルカイダとISISのテロリストのドラゴンという2つの悪獣が形成されている 。NATOと米国を脅かす新しいロシアの潜水艦とミサイル。
黙示録の第四の騎士/青馬の騎士は「死の騎士」。エボラ・鳥インフルエンザ・SARS・ZIKAウイルス流行は2019年〜2020年に発生する可能性。H3N2FLUパンデミックは2019年〜2020年に発生の可能性。2019年〜2022年にかけて世界中の火山噴火と巨大地震に注意。エイリアンは火山噴火を遅らせ地球温暖化の温度上昇を遅らせることができる。2013年2月15日ロシアに小惑星が落下した。カリーナエは巨大な超新星になる可能性がある。
2004年12月のインドネシア巨大地震/津波・2011年の日本の東北大震災・戦争・病気(鳥インフルエンザ,豚インフルエンザなど)・経済的混乱・天気の変化(地球温暖化、ハリケーンカトリーナのようなスーパーストーム)。
南カリフォルニアの大地震が発生しなかった理由の1つは,ロサンゼルス(LA)の沖にエイリアンUFO基地が存在する可能性があり,エイリアンが水中を損傷する可能性のある南カリフォルニアサンアンドレアス断層地震を防止している可能性があるため。彼らは地震を防ぐために地球のストレスをゆっくりと解放しているかもしれない。多くのUFOがLA沖の深海に出入りしているのが見られたため水中に基地がある可能性が高い。したがって将来南カリフォルニアで大規模な地震が発生する可能性は低い。これらのエイリアンにとって地震の制御は簡単だろう。
■バイブル・コード解析
King James版英語聖書のバイブル・コード:
James版バイブル・コードのソフトウェアを使用して,私は自分のコンピュータ上で生成された行列にJames版聖書のコードパターンを組み込んで解析した。結果「小惑星落下」が7件,「巨大津波」が7件あった。
■31年の666サイクル
31年の666サイクル
要約すると,
666日x17サイクル= 31年。
最初の31年間は1914年8月の第一次世界大戦の開始から始まり,1945年8月の第二次世界大戦が終わって終了。ファシズムの台頭〜敗北がおきたことに注意。
2回目の31年間は1976年に終了。一連の災害と毛沢東議長の死により共産主義は衰退。
3回目の31年間は2007年に終了。この期間に反キリスト・プーチンが権力を握った。
4回目の31年間は、反キリストプーチンの盛衰の後、恐らく地球へのエイリアン侵略で2038年8月に終了。
2007年に始まる31年の666サイクルは2038年8月1日に終了。この31年のフェーズは反キリストの台頭であり,地球のエイリアンの侵略完了。
■詩扁による未来予測
詩扁(the Psalms)に隠された予言: J.R. Church著「詩編の隠された予言(Hidden Prophecies in the Psalms)」(Prophecy Publications刊, 1990) 。
JRは,詩扁の番号と20世紀におきたイスラエルと中東の出来事の年が一致する事を発見した。たとえば詩扁48章が1948年に対応。詩扁67章がイスラエル国の誕生した1967年に対応する。
このパターンで考えると2001年9月11日は
詩扁101章に対応し,詩扁101章8節「...すべての邪悪な行いを主の都市から断ち切る」。ニューヨークの街は宗教的な街で、2つの大聖堂がある。
2019年は詩扁119章に対応し詩扁150章までに2050年までの未来が記述されているとも考えうる。
詩扁113章(2013年)「主はすべての国よりも高く、その栄光は天よりも高い。」「...天と地にあるものを見よ」。2013年3月と2013年11月に明るい彗星があったことに注意。
詩扁117章(2017年) 短い2行の詩。
詩扁118章(2018年)「主の名によって来られる者に祝福を」。
詩扁119章(2019年) ヘブライ語のアルファベットの文字に関連する長い詩。これは反キリストを打ち負かすためのキリストの帰還を伴うハルマゲドンの戦いに関連しているのか。UFO?2021年?
詩扁120章(2020年) 詩扁120章4節「鋭い矢」,詩扁120章7節「それらは戦争のため」。2020年はハルマゲドン?キリストは反キリスト打倒のためにUFOエイリアン軍と共にUFOにやって来る。2021年,黙示録19章11節参照。
詩扁121章(2021年) 詩編121章1節「天と地を作った」地球のエイリアンの侵略?これは2021年がエイリアン侵略の年であることを示している可能性。
詩扁121章(2021年)には,2021年がエイリアン侵略の年であることを示している可能性がある。キリストは、ヨハネの黙示録19章で説明されているように,地球でUFO侵攻を始める。黙示録19章11節James版定訳「そして天国が開かれ白い馬を見た」(UFO)。19章14節「そして天国にいた軍隊が白い馬に乗って彼を追った」(UFO),19章15節「そして口から鋭い剣を持ち,それで彼は国家を打つ」(強力なUFO兵器は地球の国々を打つ)。
ヨハネの黙示録16章の第3次世界大戦のハルマゲドンでは,中東を中心とした大規模な核戦争がある。プーチンは2020年〜2022年に核ミサイル攻撃を開始するのか?第三次世界大戦を始めるのか?
黙示録19章に記述されているように,反キリストはキリストによって打ち負かされる。帰還したキリスト(2021〜2022年に帰還する可能性)の軍隊(エイリアンUFO)は,実際には2021〜2022年のUFOエイリアンによる地球侵入である可能性。
詩扁121章(2021年)に記述された「新しいエルサレム」は2021〜2022年のエイリアン侵略後に地球に降りてくる巨大なエイリアンの都市である可能性がある。ヨハネ黙示録21:10「そして偉大な都市・聖なるエルサレムが神から天から下って行くことを私に示した」。
詩扁121章(2021年)と詩扁122章(2022年)はエイリアンによる地球の再編成を説明しているようだ。詩扁121章1節「そして私は新しい天と新しい地を見た」。キリスト/エイリアン政府下での地球の再編成がおきて,地球が別次元に移行すると解釈できる。
詩扁122章8節(2022年) 詩編122章3節「エルサレムは都市として建設された」。この記述は2022年の黙示録21章2節・10章26節にもある。「新しいエルサレムが宇宙から地球に降りてくる」。エイリアンUFOの侵略の目的は,この巨大都市を新しい世界の本部として地球上に設置し,帰還したキリストをエイリアンの主役にするためのようだ。
詩扁123章(2023年) 詩扁123章1節「天に住むあなたよ,わたしの目を上げてください」エイリアンの侵略?
詩扁127章(2027年) 詩扁127章1節「家を建てる」2027年に新しいエルサレムを建てる?エイリアンの侵略後の新しい再編成された世界?
詩扁128章(2028年) 詩扁128章5節にエルサレムの記述。新エルサレムの建設は2028年まで続く?
詩扁150章(2050年) 詩扁150章「彼の力により大空へ」地球のエイリアン支配が2050年に完了?
黙示録7章14節で説明されているように144,000人の選ばれた者がキリストと共に集ま​​り,これらの144,000人は,「新しいエルサレム」の都市が宇宙から地球に降りてくるときにキリストが地球を引き継ぐのを助ける。
「新しいエルサレム」は,帰還したキリストの世界本部と,地球の統制を引き継いだエイリアンの侵略軍の拠点になる。
侵略の理由は,エイリアンが地球温暖化と地球環境の破壊を懸念しているためかもしれない。黙示録11章18節「地球を破壊する彼らを破壊するべき」。侵入するUFOとエイリアンはW56エイリアンである可能性。またおそらく地球上の何百万人もの人々が消える「The Rapture」は、エイリアンに関連している可能性。地球へのエイリアンの侵攻中にエイリアンにアブダクトされた何百万もの人々。
黙示録22章1節「そして彼は私に生命の水の純粋な川を見せてくれた。クリスタルのように澄んだ...」
22章2節「通りの真ん中,川の両岸に生命の木があった...」
「生命の水の川」はDNA。「生命の木」は生命の進化。黙示録22にあるこのDNAの言及は、エイリアンが人間のDNAを改変することを意味するかもしれない。DNAを修正して人間をより平和にし,エイリアンによって運営されている世界政府をもたらす可能性。22章2節「そして木の葉は国家の癒しのためであった」。

t7yr5ygrrrt pc







[占星術イベント]
■2019年
2019年1月6日,東アジアで部分日食。
2019年1月21日,北米および南米で皆既月食。
2019年1月22日,明方の空に金星と木星が2度以内の接近。反キリストまたはキリストに関連。
2019年2月18日,小惑星がシリウスの前を数秒間通過。これは暗黒エネルギーとのつながりがある。シリウスはドッグスター、ヘルハウンド。
2019年2月19日,満月・スーパームーン。地球に最接近。
2019年3月21日,満月・スーパームーン。
2019年4月7日,反キリスト・プーチンの誕生日。1952年に生まれてから66年6ヶ月(666)。
2019年6月10日,地球に最も近い反対側の木星。
2019年6月14日,グランドウォータートライン。火星-蟹座18度,海王星-魚座18度,月-山羊座18度。また水星-蟹座15度。18 = 6 + 6 + 6。
2019年7月2日,チリ・アルゼンチン・南太平洋で皆既日食。
2019年7月16日,部分月食。
2019年8月1日,アフリカでエボラ出血熱の発生が続きコンゴからルワンダに広がる。
2019年8月10〜18日,1999年8月のグランドクロス配置・日食からちょうど20年。1999年8月にロシアで反キリストプーチンが大統領再選。2期目の指揮権。ロサンゼルスでは殺人鬼マンソン誕生50周年。
2019年11月11日,水星食。太陽を横切り通過。次の通過は2039年。反キリスト・プーチンに関連する重要な世界の出来事に関連する可能性。
2019年11月24日,金星と木星が見かけ接近。2度未満。
2019年12月26日,クリスマスにインド・インドネシアで環状日食(月の周りに光の輪)。水瓶座射手座・山羊座惑星の占星術クラスター。反キリストプーチンに関連。
■2020年
2020年1月12日,山羊座9度の木星,山羊座22度の土星・水星・冥王星,山羊座21度の太陽が接近。注:土星-サタン,冥王星-死。
2020年10月7日,反キリスト・プーチン大統領が68歳。黙示録6:8[ 青白い馬に乗った男の死。その時世界的に致命的な病気の流行?]
2020年12月14日,皆既日食。
2020年12月21日,夕方の空で木星と土星が見かけ上接近。重なるように見えるため,これは木星-土星の占星術コンジャンクションでもある。非常に不吉な兆候。大規模災害の可能性。
■2021年
2021年,詩編121は2021年がエイリアン侵略の年であることを示している可能性。
■2022年
2022年, Amazon.com Companyで2008年に出版されたMaximillien de Lafayette氏著「Anunnaki:UFOs、Extraterrestials」〜2022年はAnunnakiの地球への侵入の年。アヌンナキが地球を引き継ぎ,反物質を使って地球と人間を「浄化」。キリストもその時に地球に戻る。
2022年11月4日,ツタンカーメン王の墓が1922年11月4日にイギリスの考古学者ハワード・カーターによってエジプトで発見されてから100年。ツタンカーメン王の呪いが解かれる。ツタンカーメン王の呪いが解けて,反キリスト・プーチンとして再度黙示録の4人の騎手が解き放たれる。小惑星・太陽フレア・地震・核戦争?1922年11月4日の占星術チャートはグランドウォータートラインの配置。3つの三角形からなる強力な占星術パターンだった2022年11月4日の占星術チャートも水瓶座と魚座に惑星が集まった配置で似た配置。
■2024年
2024年4月8日,米国全体で日食。2017年・2024年・2045年に米国での3つの日食がある。
■2029年
 2029年,Astrology Earth Signsで惑星が大三角形形成,魚座エリアに集まった惑星群を一角に持つ大三角形(Grand Earth Trine)の強力な占星術パターン。
2029年2月3日,UFOコンタクティBilly Mier(ビリー・マイヤー)によると,水瓶座の時代は2029年2月3日に始まり3999年2月3日に終わる。Billyは,魚座の時代は1844年2月3日に終わり,以降移行期間。移行期間の後半は1937年2月3日から始まる。
■2032年
2032年5月28日,双子座エリアに惑星集合: 太陽・金星・水星・火星・土星・天王星。

tyy6tfrr pc








2018.05.01(第51回)
ロシアとシリアの未来
早くも5月になりました。季節は初夏になり気持ちのよい風が吹いていますが、シリア情勢を中心に世界情勢はさらに危険な方向に進みつつあるようです。今回はこの状況を見ながら、久しぶりにこれからどのようなことが起こるのか、いくつか予言を参照してみることにしましょう。
■実施された空爆
すでに半月も前になりましたが、アメリカ軍は4月13日、イギリス、フランス両軍とともにシリアを攻撃しました。シリアをめぐっては4月7日、アサド政権軍が反体制派が潜伏するダマスカス近郊の東グータ地区にある町、デューマを空爆した際、民間人ら約50人が呼吸困難などの症状で死亡したとされ、アサド政権軍が化学兵器を使った疑いが持たれています。トランプ大統領は政権側が化学兵器を使ったと断定し、軍に攻撃命令を下しました。トランプはツィッターでシリアへの攻撃を示唆するとともに、アサド政権を支援しているロシアを牽制しました。
このように、今回のシリア空爆の理由になったのは、ロシアに支援されたアサド政権が行ったとされる化学兵器の使用です。塩素が使われたとされています。しかし、化学兵器の使用が疑われているダマスカス近郊、東グータ地区にある町、デューマをロシア軍が調査したところ、化学兵器が使われた証拠が見つかりませんでした。さらに、ロシアのニュースメディア、「スプートニク」は、化学兵器攻撃がなかったとする証拠を掲載しました。欧米の主要メディアでは、化学兵器の攻撃を受け治療されている市民を撮影したビデオが放映されていますが、このビデオに登場する医者と医学生にインタビューしました。要約すると次のような証言を得ました。
・4月7日、近隣の3階建の建物が崩壊した。3階と地下にいた住民が病院に運び込まれた。
・地下から救出された住民は爆煙のなかで呼吸困難な状況だった。その治療を実施していた。またなかには喘息の患者もいたので、治療を受けていた。
・そのとき、撮影機材を持った集団が治療室に入ってきた。見たこともない集団だ。彼らは「化学兵器の攻撃だ」と怒鳴って、その場にいた患者に水をかけ始めた。人々はあっけにとられて見ていた。
・彼らは撮影が終わるとすぐに出て行った。この日、化学兵器の攻撃があったという事実はまったくないし、その治療を受けた患者もいない。
このような内容でした。
さらに、4月13日のアメリカ、イギリス、フランスの空爆の終了後、欧米のジャーナリストも実際に化学兵器による攻撃が行われたのかどうか確認するため、東グータのデューマに入り始めました。そうしたジャーナリストからの取材報告が出てきています。最初は、英「インデペンデンス紙」の著名な記者、ロバート・フィスクの報道です。中東の調査報道ではもっとも著名なジャーナリストです。これまでも数々のスクープをものにしています。4月16日、フィスクはデューマに入り、化学兵器攻撃の犠牲者の治療を行った病院で取材をしました。
 すると、「スプートニク」のビデオでも証言した医者と医学生から同じ証言を得ることができました。フィスクも化学兵器の攻撃があったとする証拠は皆無であるとしたのです。
次に、アメリカのCNNやFOXニュースに次ぐ大手ケーブルテレビの「ワン・アメリカン・ネットワーク(OAN)」の取材報告です。4月17日、フィスクに続き「OAN」もデューマに取材チームを送り、原地の状況を報道しました。それは、以下のような内容でした。
・デューマに入り、当局による証言内容の操作が疑われないように、街に出て無作為に40名ほどの市民や兵士にインタビューした。するとどの人も化学兵器の攻撃などはまったくなかったと証言した。
・市民によると、これはシリア政府軍との戦闘に負けている反政府勢力の「イスラム軍」が行った自作自演のプロパガンダではないのかということだ。国際世論を味方につけ、状況を挽回しようとしたではないかという。
・また、化学兵器攻撃の犠牲者を治療したとされる病院にも行ってみたが、そのような攻撃はなかったと皆証言した。彼らは、その日は呼吸困難になっている患者の治療を行っていたといっている。この日はひとりの死者も出ていないということだった。
・最後に、アサド大統領についてどう思うか聞いて見たところ、ほぼ全員がアサドこそ救世主なので、心から愛しているという返答だった。反政府勢力の「イスラム軍」の支配はまさに地獄のようだったという。
このような証言でした。これらの証言を見ると、先の「スプートニク」が報道した証言内容とぴったりと一致しています。やはりアメリカやイギリスが主張するような化学兵器の攻撃はなかったと結論づけてよいでしょう。これはアメリカに支援された反政府勢力のプロパガンダに過ぎない可能性が極めて高いのです。
では、なぜアメリカを中心とした欧米諸国は、化学兵器の攻撃をでっち上げるのでしょうか? その答えは明白です。シリアのアサド政権を打倒し、親欧米派の政権に置き換えることです。しかし、ロシアとイランに支援されたアサド政権が崩壊する予兆はまったくありません。むしろ、シリア政府軍はシリアの大部分の地域を平定し、シリア全土を支配下にしつつあります。そのような状況ですから、欧米による攻撃はこれから何度も起こるとみてよいでしょう。シリア国内にはアメリカ軍とロシア軍の両方が展開しています。下手をすると、アメリカ軍とロシア軍の戦闘機が交戦するという最悪な事態にさえなる可能性もあります。これからいったいどうなるでしょうか?
■クレイグ・ハミルトン・パーカーとジョン・ホーグ
そのようなとき、驚異的な的中率のサイキック、クレイグ・ハミルトン・パーカーと、アメリカの占星術師で非常に鋭い社会分析家でもあるジョン・ホーグが、シリアの未来を中心に、実に興味深い予言をしています。
クレイグ・ハミルトン・パーカー
周知かもしれませんが、クレイグ・ハミルトン・パーカーはイギリスの著名なサイキックです。前年の9月に翌年の大きな出来事の予言を行い、ユーチューブなどで公表しています。イギリスのEU離脱やトランプの大統領選勝利など数々の出来事を見事に予言し、その的中率は年によっては70%を越えるのではないかとも言われている人物です。パーカーは一般企業の宣伝部長だった異色の経歴を持つサイキックです。また、予言だけではなく人間が精神的に進化するためには善意で生きなければならないとし、慈善活動や啓蒙活動を熱心に行っています。非常に親しみやすく気さくな人柄で、大変人気があります。予言を公表するときも、前年の予言を自分ですべて検証し、的中しなかったものは正直に認めています。
そのようなパーカーですが、4月11日にロシアとシリアに関する予言を緊急にアップしました。それは、ロシアのテレビチャンネルの取材を受けたので、その内容を公表したものです。4月11日といえばシリア攻撃が行われる2日前です。次のように予言しています。
シリアに関して
・残念ながらシリア攻撃は行われる。ただし、ロシアと全面的に対決するような大きなものにはならない。相当に限定された攻撃になるはずだ。
・最終的にシリアは3分割される。それというのも、トランプがプーチンに取引を申し出るからだ。まず、シリアの北部にはクルド人の自治国家ができる。そして中央部はロシアとイランに支援されたアサド政権の支配地域となる。また南部はアメリカおよびその同盟国が支配する地域となる。
・アサド政権は存続するものの、アサドは最終的には暗殺される可能性がかなり高い。
ロシアについて
・興味深いことに、ロシアでは近い将来精神的な覚醒が起こる。それは現在のロシアの国教であるロシア正教と関連した現象ではない。キリスト教が入ってくる前のロシアの伝統的なスピリチュアリズムが息を吹き返すのだ。この運動は世界的な影響力を持つ。
以上です。
■ジョン・ホーグの予言
次はジョン・ホーグです。ホーグはアメリカを代表するノストラダムスの研究者で、占星術師でもあります。しかし、社会の集合意識の変化を深層心理学から的確に読み取り、世界の変化を予測するという手法では群を抜いており、非常に的確な情勢分析を行っている社会分析の専門家でもあります。
トランプが立候補し、まだ泡沫候補のひとりにすぎなかった2015年8月の時点で、ホーグはトランプの勝利を予想していました。その数ヵ月後に出版した『トランプを大統領に』という本は、トランプの勝利のみならず、トランプ政権の性格まで予想し的中させています。そうしたホーグですが、4月10日、聴視者が300万人もいるといわれるアメリカの深夜ラジオ番組、「コースト・ツー・コーストAM」に出演し、次のように予言しました。
シリアとロシアに関して
・シリア攻撃は実施されるだろうが、大きな戦争にはならない。しかし、いまの欧米は悪の枢軸と呼ばれてもおかしくないような勢力に支配されているため、ロシアとの核戦争は避けられない。
・ロシアとの核戦争が起こるとすれば、やはりその原因となるのは中東で、2021年の10月がもっとも危険な時期となる。もしこのとき危機が回避されたとしても、次の核戦争の危機は2031年にやってくるはずだ。
アンチキリストに関して
・ところでノストラダムスの予言では、アンチキリストが出現するとある。アンチキリストは「MABUS」と標記されている。これはアナグラムというノストラダムス独特のコードによって暗号化されているため、これに当たる人物がだれであるのかノストラダムスの研究者の間でも議論が続いていた。
・私は「MABUS」はサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子(通称MBS)ではないかと考えている。彼が世界の破壊者になるのだ。
以上です。
これが彼らが予言する未来です。どうなるでしょうか?

ヤスのちょっとスピリチュアルな世界情勢予測
http://www.funaiyukio.com/yasu/index_1805.asp

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/

未来を見る!『ヤスの備忘録』連動メルマガ
http://www.mag2.com/m/P0007731.html
https://twitter.com/ytaka2013/




posted by datasea at 23:32| Comment(0) | ◉ 黙示録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長田明子: 神々からのメッセージ,茨城県鹿島市/鹿島神宮〜江戸の邪気一掃するぞ (2011)


鹿島神宮,茨城県鹿島市,
書庫神々の言霊
2011/12/23(金)午後9:36
神々からのメッセージ第一章関東一周予言の旅
<転載抜粋開始>
鹿島神宮,茨城県鹿島市,
平成十八年一月二十一日
私の日本全国祈りの旅は人との出会いの旅でもありました。
まるでお導きのように出会った方々。
今回茨城、千葉を一緒に廻って下さったのは栃木県に住むMさん。
Mさんとは宮崎県高千穂のペンションで偶然出会い、次の日一緒に神社巡り。
彼女も全国の呼ばれた聖地を廻っている方でした。
彼女の運転で、今回は東三国社といわれる鹿島神社・香取神宮・息栖神社へ。
鹿島神宮は創建紀元六百六十年。
主催神は武道の神として有名な武甕槌神(タケミカヅチシン)です。
宝物館には全長二百七十一センチという国宝の剣(直刀)があり、長大な剣が
武甕槌神の本来の姿といわれています。奥宮で祈った後、Mさんに案内されて
水戸黄門(徳川光圀)が七日間ほり続けても掘ることができなかったという要石を
見ました。
地表には本当にわずかしか顔を出していないこの石を見ながら神示を書き留めました。この石は地震を司る石といわれています。
神示(武甕槌神<タケミカヅチシン>)
明子殿、武甕槌神なる
この地へよう参られたました。M殿御苦労なりまする
この石、この地より関東の地を、地球を司り支えてきた
(この地より通じる道、地下を通りいくつもの気が通じるのだ。)
この石が、地下の気の道動かしておる
これより地下を通じて富士動かすぞ
富士とこの地繋ぐのであるぞ、鹿島守られた聖地
この地へ、江戸の邪気が届く前に
江戸の邪気一掃するぞ
江戸に気の復活なるぞ
富士と御岳、山のネットワーク繋ぎ
富士と鹿島、地下のネットワーク繋ぎ
刀を地面に突き刺し揺るがそうぞ
人々へ伝えよ。富士・江戸開くぞ
開きし時にこれは偶然でなく
神の思いであること皆々気づけよ
出雲の国づくり国を動かした神
我再度、今回は(神ではなく)、人を動かし地を動かし
神の世作りに貢献するぞ
この石まもりたまえ
常陸(とこたち)の人々よこの地まもりたまえ
水の恵み、海の恵みに守られたこの地に
神がいること気づきたまえ
いずれこの霞ヶ浦にも竜神おりるぞ
この地で霊力を得た竜神
一度壊れて建て直しの江戸へ向かうぞ
準備しておきたまえ
この地の祈り人よ祈りたまえ
力を蓄え、江戸、建て直しの時
海と竜神のパワーこの地より海の気も送るぞ
地下の通路繋ぐぞ
何度もいうぞ、地震は神が起こすぞ
地震の日時は人間には予測できぬぞ
人間予測した日をわざとはずして
神は、同時に分かるような方法で
残すものは残して起こすぞ
この地、守るには、この地の祈り人の復活
剣は平和のために使うぞ
人々よ、この石のパワー偉大なるぞ
気を運ぶものに気づかれよ
石に木に、気がはいるぞ、粗末にしてはならぬぞ
江戸、地震で倒れたあとは木を植えよ
自然を戻し、気を元へ戻そう
日本の中心、江戸ではないぞ
各地で各地のネットワークで気を回せ
再び集中してはならぬぞ
そのための一掃の地震であるぞ
富士と繋ぎ、さあ動かすぞ
安房(あわ)いけるぞ、祈りたのむぞ
さすが、厳しい口調の男神さまでした。この地は守られるのでしょう。
「江戸の邪気一掃し、鹿島の聖地守るぞ、富士動かすぞ。」
怒っていらっしゃいます。まるで聖地を守るための神と邪の戦いのようです。
その後、神示通り霞ヶ浦の川岸で雪の中で祈りました。
竜神復活を願って「竜神祝詞」をあげました。
雪が降り続いています。大雪になりそうです。千葉の南端、房総半島の安房神社へ
行くことを沖縄出発三日前に突然神示で頂きました。
「果たして大雪の中、大丈夫なのか」と考えていたところ、「安房いけるぞ」と心強い
後押しの神示を頂き、予定どおり廻ることにしました。
<転載抜粋おわり>
神々からのメッセージ予言編
新星出版長田明子著

本物を探す旅
https://blogs.yahoo.co.jp/ryo_smileforme/

posted by datasea at 00:00| Comment(0) | ◯ 霊視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1世紀前に現れた幽霊飛行船

1世紀前に現れた幽霊飛行船
2009/5/15(金) 午後 6:08
異次元・亜空間 その他自然科学
1896年(明治26年)11月始めのある日のことだった。
カリフォルニア州のサンフランシスコの著名な弁護士ジョージ・コリンズの事務所に、突然1人の男が現れた。
40代後半と思われる男は黒人ではなかったが、見た目はかなり浅黒くて風変わりな東洋人を思わせた。
身長は170センチくらいで体重は60キロくらいと思われ、あまり大きくはない。
全体として「黒ずくめ」といった印象をコリンズは受けた。
だが、身だしなみや振る舞いは、この男がかなり裕福な暮らしをしていることを窺わせており、コリンズはすっかり男を信用してしまった。
名前を名乗らない黒い男は、コリンズも舌を巻くほど頭のキレと教養を見せつけながら「自分は驚くべき新型飛行船を開発した」と語り、アルミニュウム製の機体の推進機関は、圧縮空気で稼動するポンプであると語った。
現代の常識ならば、実際の飛行船が単なる圧縮空気で長時間飛行できる訳がなかったが、理工学の知識が無かったコリンズは、知性あふれる黒い男の説明に感銘を受けたのであった。
この男はコリンズに、飛行船に使われているテクノロジーに関する特許取得に協力して欲しい、と持ちかけて事務所を去っていったが、おりしもこの時期、ドイツ帝国では前月の10月にツェッペリン飛行船の開発計画が打ち出されていた。
だが実際にツェッペリン飛行船が初飛行するのは、4年後の1900年(明治33年)のことなのであった。
謎の「浅黒い東洋人」がコリンズの事務所を去ってから数日後、カリフォルニア州一帯で、空飛ぶ謎の飛行船が連日目撃されて大騒ぎとなった。
飛行物体の形は今で言うと、いわゆる飛行船の形状はしていたが、中には卵型や葉巻型の形をしたものや、羽がついていたり、車輪やプロペラのような形状をした装置がついており、1つとして同じ機体はなかったという。
謎の飛行船は、突然に出現したかと思うと、今で言えば…まるでUFOのように信じられないようなスピードで急加速と急停止や急上昇を繰り返し、超高速飛行で一瞬にして彼方まで飛び去ってしまうなど、当時のアメリカ人には奇跡のテクノロジーに映ったのである。
そして突然起こった飛行船騒動の中、コリンズ弁護士はマスコミ記者団を前に「自分はこの飛行船を造った男を知っている!」と自信満々に謎の飛行船についてコメントしたのであった。だが、その「浅黒い東洋人」がコリンズの前に現れることは2度と無かったのである。
謎の東洋人に興味を持った記者団が、この男を探し出そうとした所、奇妙な事実が明らかになった。男はコリンズと別れたあと、やはり有名な法律顧問であったウィリアム・ハートの前に現れていたことが判明したのだ。
謎の東洋人は、例の如くハートをすっかり信用させると、飛行船のテクノロジーについて語りだし「動力源はガスと電気である」と言っていたのである!後に事態を把握したコリンズとハートは茫然自失した。飛行船の飛行原理に関する男の2つの説明は全く食い違っていたのである。
だが、実際の飛行船は、カリフォルニア州のみならず、アメリカ各地で連日のように目撃され始めていた。
ウィスコンシン州で目撃された飛行船はなんと「手紙」まで落としていったが、回収された手紙には、
「飛行船がテネシー州の人気の無い工場で秘密裏に建造されているもので、蒸気機関で稼動する推進機関が用いられている」
と書かれていた。
その後も謎の幽霊飛行船は各地に現れて、度肝を抜くパフォーマンスを披露したが、この騒ぎは翌年の1897年になっても収束する気配は無かった。
飛行船騒動が世間を賑わしていた1897年4月21日の真夜中のことである。
アーカンソー州ハリスバーグに住むベンジャミン・ハリス前上院議員は、深夜の就寝中に不思議な音が聞こえてきて目を覚ました。
窓の外を見たハリス氏は目をむいた。
なんと!今話題の謎の飛行船が自宅敷地内に着陸しているではないか!
あわてて外に飛び出すと、2人の男と1人の女の「3人組」が、ハリス家の井戸水を勝手にくみ出して、せっせと飛行船に補給していた。
見た目は人間だが、浅黒くて黒い目の東洋人風の男は、腰まで届くような長い髭を生やしていた。
呆然とするハリス氏を前に、髭男はやけに饒舌に聞かれもしないことを喋り捲った。
髭男は「重力の問題を完全に解決したことで飛行船を完成させた」と自慢げに語り、次は火星へ飛行するつもりだとも語った。
やがて時間が来たのか、その3人組は飛行船に乗り込んで飛び去ろうとしたが、去りぎわに
「飛行船に搭載している最新兵器で、キューバに行ってスペイン軍を全滅させようと思っていたが、
計画を変えて政情不安のロシアに行きアルメニア人を救いだそうと思う」
と言い放ったのであった。
翌朝、ハリスは集まった人々や新聞の報道記者を前に、昨夜の出来事について興奮して語ったが、結局スペイン軍は全滅もしなければ、アルメニア人たちの運命も何一つ変わらなかったのであった。
ハリスバーグの街は、その後に起こった第1次世界大戦で、連合軍に捕らえれれたドイツ兵の捕虜収容施設がつくられたが、町の名にもなったハリスバーグの名士、ハリス前上院議員は、その後に登場したドイツ帝国の「本物ツッェペリン飛行船」をみて愕然としたに違いない。
そしてハリス氏と恩じく、謎の飛行船を目撃したことのある人々も、ツッェペリン飛行船のあまりの粗末な造りを見て絶句したのだった。
当時に各地で目撃された謎の飛行船は現代に目撃されるUFOと比べれば、見た目は少しボロかったが、その性能はUFOと同様でマッハ10クラスの超高速飛行をしたかと思えば、そのまま鋭角ターンなるなど、時間が止まったかのように遅いツッェペリン飛行などとは比べ物にならない性能を見せつけたのである。
1896年から1897年にかけて謎の飛行船は、連日のように各地に出現していたが、テレビ放送も無くマスメディアが発達していなかった当時のこと、この一連の事件の全体像を俯瞰して、その背後にある隠された「飛行船を操る連中」の企みに気がつく者はいなかったのである。
ハリス事件から2日後の4月23日、ハリスバーグから西に300キロ近く離れたテクサーカナの町に飛行船は出現した。
地元の判事、ローレンス・バーンの前に着陸した物体からは、「日本人!」と思われる3人の東洋人の男が現れて、ローレンスに推進機関についての話をした。
これがまたいいかげんな説明で、大きなタンクに圧縮空気を送り込んで浮上させているのだ、と言い放った。
幽霊飛行船の乗組員は、どうやら社会的地位を持っていたり、信用のある仕事に就いている者たちを狙い撃ちしているようだが、何故か科学者や専門家の前には現れていない。
科学的にみて非合理的な説明しか出来ないことは明らかで、これは乗組員たちが、3次元的な地球の物理法則とは無関係な「異次元の世界」からやってきていることを何よりも示していると思われる。
ハリス・ローレンス事件から更に1ヵ月後の5月に、3人組はまたしてもアーカンソー州に出現した。
現在ではアメリカ軍の軍事施設が町の隣に広がるフォートスミス町の郊外で、深夜の巡回をしていた保安官たちの前に現れている。
保安官たちの証言によると、謎の飛行船には男が2人と女が1人の3人組が乗っており、見た目は普通のアメリカ人ぽかったという。
どうやら髭は落としたらしい。
男2人は飛行船の傍らで、普通のバケツを使ってせっせと井戸水を汲み、女は普通の傘を持って突っ立っていたという。

徒然ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/beautyhappinesshide/57880745.html
http://blogs.yahoo.co.jp/beautyhappinesshide/57870018.html




posted by datasea at 00:00| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

長田明子: 神々からのメッセージ,石川県白山市/白山比盗_社〜富士-御岳-白山から白頭山へ

長田明子: 神々からのメッセージ,石川県白山市/白山比盗_社〜富士-御岳-白山から白頭山へ
白山比刀iしらやまひめ)神社,石川県白山市,
書庫神々の言霊
2011/12/22(木)午後9:57
神々からのメッセージ第三章,神々からの予言の旅
<転載抜粋開始>
白山比刀iしらやまひめ)神社石川県白山市平成18年5月19日
白山比盗_社へは金沢駅から北陸鉄道に乗って加賀一の駅で下車。昼過ぎに
富山駅から金沢へ向かったため白山比盗_社に着いたのは午後4時過ぎでした。
(中略)
ここ白山比盗_社で琉球からの繋ぎの神業くくるように、大事な役目を頂いておりました。
しとしとふり続く雨の神社で祈りながら、私の脳裏に北海道から鹿児島まで廻り続けた神社が走馬灯のように蘇ってきました。
私は必死で廻りました。
約一年半。「もうすぐゴール」ほっとしたのか、涙で眼が潤みました。
長い神示になりました。傘をさしながら、途中からしゃがみ込んで神示を書き留めました。
神示(伊邪那美神<いざなみしん>)
明子殿、大事なお役目ご苦労でございました
琉球より繋いで頂き感謝申し上げます
伊邪那美なりまする
崇神天皇の時代より計画されし日本の建て直しいよいよなりまする
二千年神々が見続けたこの地は
厳しくたくましき白山に見守られ
日の本、復活なる時を待ち望んでおりました
いよいよなりまする
一度この世を閉じましょう
一度くくって建て直し
くくるとは、苦しみも苦悩もすべてくくり
無となってまっさらな気持ちですべてをやり直すこと
裁きの厳しき菊理姫神(くくりひめしん)は日本国裁き、よしとするのは
日本国がこれよりくる天変地異を受け入れて後
人々の改心をみて決断を下したいと申しております
浄化ののち白山開きましょう
これにて美江殿の神業くくり終わりなりまする
御苦労でございました
美江殿、よみがえりの地この白山で
そなたの弟子より(美江殿が)しっかりお役目果たされ
祈り続けましたことご報告を受けました
感謝申し上げます
身体をいといこれより静かに暮らされるとよい
そなたの思いこれより動ける若い御霊に引継ぎましょう
さあ、明子殿、くくって始まりなりまする
もう間近にせまった東京の浄化を合図にいよいよ始まりなりまする
神々総動員で動きまする
戦国時代の浄化の祈りを終えしのち(誰かに祈り頼んで下さいませ)
また光輝く祈りの地として復活いたしましょう
日本国浄化の時、この地もまた守られましょうぞ
しかし、それは人々の改心次第であり
(都会化した金沢の気はおちており)
早く気づいて祈り目覚めて下さい
山を征服してはなりませぬ
山の神の裁きを受けます
山と共存して、山を守り、山の資源に守られて
人間は共生して生き抜くのです
厳しい時代、もうすぐ
飛騨高山がスメラミコトの中心であり
またこの加賀国は、日本国を守る崇神天皇の思いの
こめられた地であることを
人々気づき思い出して下さいませ
日本国守ってこそ、世界が守られます
どうぞ加賀の人々よ
この地で世界の平和も祈ってくださいませ
古きよき日本の文化の残る金沢の地を
神々は残したいと思っております
京を守る日本の鬼門の結界なりまする
京を守る結界を三重にも四重にも造りましょう
祈りに守られた日本国造り直しましょう
いずれ日本の象徴の山は御嶽山となりましょう
御嶽山に守られた日本国
白山は北朝鮮の白頭山(パクトウザン)と繋ぎ
日本と大陸を繋ぐ大事な山の霊線これより繋ぎます
富士から御岳、そして白山から白頭山へ
神々の思い人々受け取ってくだされよ
海を越えた歴史の書き換えなりまする
北朝鮮にも同じ古墳の壁画がございます(高句麗の時代)
日本と朝鮮半島はこれより仲良く和合し
世界を建て直さねばならぬのです
素戔鳴神(スサナルシン)の思い竹島揺すりましょう
竹島動きし時、人々気づくでありましょうか
同じルーツをもつ大陸の仲間たちと国境を越えて
いずれ世を建て直す時がやってきます
その前にそれぞれの国々が(日本を含めて)
天変地異の浄化を受け苦しみながら、最後に和合して
日本から中国大陸へ
そして全世界へ繋ぐシナリオはできています
修正はありとも、シナリオどおりに進まねば
百年の後のすい星の衝突への時間がもうありません
同時進行なりまする
各国各地でくくって終わって
新たな始まりが次々と起こります
にせのメシアを見抜いて下さい
にせの支配者の出現も伝えておきましょう
本物は浄化終わりし頃にちゃんと出て参ります
苦しいけど耐えねばなりません
次生まれ変わる時、きっと神の世です。今耐えて下されよ
北朝鮮、韓国、日本
すべて同じ文化、魂もつ共同体であったこと
人々気づき反省して和合する時代を通らねば
世界平和の世界和合には進まないのです
明子殿、そのこと伝えてくだされよ
韓国、北朝鮮への祈りでかける中心がここ白山です
白山の祈り、海を渡り届いてこそ
韓国、北朝鮮の改心が始まります
日本海の貿易が盛んになることでしょう
国境、領土争いでなく
生き抜くための助け合いの時代がやってきます
今皆様には考えられないことでありましょうか
揺れ動く天変地異の中
共同体が築かれます
築かなければ、まさにこの世は終わりになりまする
日本海に浄化の津波起こりし時
皆々、白山の神の思い気づいてくだされよ
明子殿、怖がらずに書きなさい
元の元の大陸と繋がっていた時代の交易に戻せばよいのです
封印されていた大陸との日本の歴史これより出て参ります
スメラミコトの時代、三国、(日本、韓国、北朝鮮)共同体で
あったこと、どうぞ認めて前へ進んでほしく思います
もう時間がありません
多くの指導者天へ呼び寄せます
天より指揮することとなるでしょう
地球の建て替えに間に合わぬため天へ呼ぶこともございます
人々の死の中には、天へ呼ばれて働くお役目のものがあり
どうぞ生きている人々よ
(愛する人の死)を嘆き悲しまず
天での働きを果たせるように祈ってあげてください
思いはいつでも通じます
そしてあなたの愛する大事な今世の仲間旅立たれてた時も
どうぞ受け入れて下さい
神もあなたと共にある。生きて出会った魂も
(改心した)魂であれば、いつでも交信できます
孤独を感じるのは、神の世のしくみも知らないからです
神も仏も成仏した穏やかな魂もすべてコンタクトとれます
死を恐がってはいけません
生きてカルマを増やさず
人々よ、改心してミロクの世でまた会いましょう
明子殿ごくろうでございました
「がんばらなきゃ」しゃがみ込んで神示を書いていていた私は、神示を書き終え、
立ち上がりました。感傷の涙はもう乾いていました。「伝えなきゃ」感傷に浸っている
場合ではなく、これからが始まりなのです。
「日本海地震、日本海津波」そして、「三国(日本、韓国、北朝鮮)の和合」
白山の神の神示には大事な予言がいっぱいです。
どうぞゆっくり読み返して下さい。
<転載抜粋おわり>
神々からのメッセージ予言編
新星出版長田明子著

本物を探す旅
https://blogs.yahoo.co.jp/ryo_smileforme/


posted by datasea at 00:00| Comment(0) | ◯ 霊視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする