2011年03月02日

4つのサイクル(時代)、時間.2



Duration of Time as a Function of Consciousness & The Four Cycles

Metaphysical Musing
http://www.inannareturns.com/articles/time.htm




(要約)
与えられた知識。それをおおっている幻想のベールをはげ。考え、意識、想像がおおきくなりはっきりしていく、そのことであなたの意識は原始の自由さ、偽りのなさ、希望をとりもどしていく。
時間というものがあなた自身の意識がつくりだしたという事実を知れば、あなたの現実の認識もまたかわるだろう。あなたが経験している現実とは、あなた自身の意識がつくりだしたものだ。投影のしかたを変えるだけで現実を変えられる。たとえばあなたは幸せなとき、時間が飛ぶように感じたことはないだろうか?逆にあなたが交通渋滞にまきこまれたときや歯医者にかかっているとき、時間がぜんぜん進まないと感じたことはないだろうか?たとえば野心的な人(タイプAパーソナリティ)お金、名声、権力のために毎日休みも無く働く。孤独を避けるためにいつも忙しくしている人。こういう人にくらべ、ヨガマスター・タイ・チの動きはとてもゆっくりとしている。まわりの空気に逆らわせないためである。禁欲的な隠者ヨガ行者はまったく動かず、どこにも行かず、なにもしない。彼は彼の中にある中心にとどまることで宇宙と一体となる。
時間は、現世の幻影的なホログラムの外側には存在しない。
時間の長短とは時間と空間の長短であり、その長短は意識の知覚と関係があり、その知覚は波の数の変化が生み出したものである。波の数の変化はワンネスから分離した幻影がうんだものである。
『While the Gods Play』で、フランスの学者アラン・ダニエルは、時の長さは意識のリズムからうまれるとしている:
波動をつくり方向と長さをつくるのはエネルギーである。方向と長さはリズムをつくる。リズムが時間という次元をつくる。その時間というものさしで空間を測りさまざまなものを計測している。
人は時間の長さをその人の内的ななリズムで計測している…
この解釈は、量子物理学論、コペンハーゲン理論と似ている。
:現実は観察によりつくられる。現実は観察者の意識によってつくられる。
posted by datasea at 12:19| Comment(0) | ◉ ヒンズー教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4つのサイクル(時代)、時間.3



Duration of Time as a Function of Consciousness & The Four Cycles

Metaphysical Musing
http://www.inannareturns.com/articles/time.htm




(要約)
4つのユガ(時代)の各々の期間は、4:3:2である。黄金時代が最も長い。我々が今いるカーリユガの時代は最も短い。私の認識では、現在、時は、カーリ・ユガの時代の終わりにむかって加速している。時のサイクルは、むしろインド舞踊のように穏やかに徐々にテンポと情熱を増している。結果エネルギーは爆発的に増加している。
アラン・ダニエルの日付は他と異なり、いくぶんマヤのカレンダーとホピの予測に近い。ダニエルはカーリ・ユガが紀元前3606年に始まっ たと言う。ダニエルはカーリ・ユガの期間は6048.72年だとしている。多くの学者もこの考えには同意している。
ダニエルは、カーリ・ユガの終末期が1939年の核分裂の発見で始まったと言う。彼によると、最終的な大災害は、今の終末期から現人類が絶滅する2442年までにかけて起こる。これは、我々が2442年までの400年ボーッとしていてもいいということではない。神のみがこの時の地球の変化を悟られている。
J.ロバートオッペンハイマーといえば原子爆弾だ。彼のお気に入りの言葉、
バガヴァッドギーターのアルジュナへのメッセージ:
私は時。歳をかさね世界を破壊する。
世界絶滅にむかう船の同乗者…
ヒンズーの形而上学では、時間には周期性があり、それぞれの周期にブラフマンのカルパという単位がある。このことは43億2000万年の人間の過去についても同様である。 カルパは14のマンバンタラスに再分割される。 我々は現在カルパの7番目のマンバンタラスにいる。 1マンバンタラスは71のマハ・ユガにわけられる。1マハ・ユガの長さは4320000年である。我々は現在7番目のマンバンタラスの28番目のマハ・ユガにいる。1マハ・ユガは4つのユガからなる。それぞれのユガは最初に述べたような順序ですすむ。
リンガプラーナ1.4.3-6

local pc
posted by datasea at 11:43| Comment(0) | ◉ ヒンズー教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする