2019年02月23日

[動画][音声] 528 Hz DNA修復音,02h00m09s,ロングバージョン










[動画][音声] 528 Hz DNA修復音,02h00m09s,ロングバージョン
528Hz - Whole Body Regeneration - Full Body Healing | Emotional & Physical Healing
2:00:09
7,227,616 回視聴

YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=hdmvMc7TZn0
https://www.youtube.com/watch?v=N6IEIANncwY












posted by datasea at 20:00| Comment(0) | ♪  歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

[動画][音声] 528 Hz DNA修復音

[動画][音声] 528 Hz DNA修復音
528 Hz DNA Repair
1,381,436 回視聴

YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=N6IEIANncwY











posted by datasea at 03:30| Comment(0) | ♪  歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

Paul:今でも作曲にジョンの亡霊の手を借りている

Paul McCartney Claims He Still Writes Music…With John Lennon's Ghost!
Perez Hilton
2013.10.25
完全にクールというのか、あるいは不気味だというのか何とも言えない話が最近のポール・マッカートニー卿のインタビューで飛び出している。
ポール・マッカートニー(Paul McCartney)とジョン・レノン(John Lennon)は、ビートルズ時代に数々の偉大な音楽を作り出したデュオであることは知られているが、そのジョン・レノンは 1980年に非業の死を遂げてしまった。しかし、最近の音楽誌ローリング・ストーンズとのインタビュー上で、ポールは今でも作曲にジョンの亡霊の手を借りていると話した。以下はそのインタビューの抜粋だ。
たとえば、僕がどこへ向かおうか(作曲についての方向の意味だと思われます)を考える時に、それについて自分でよくわからない場合がある。
そういう時は、僕は部屋の向かい側にいるジョンに尋ねるんだ。
ジョンはたとえば「きみにそれはできないよ、ポール」と言ったりする。
そして、僕も「なるほど、その通りだ」とか答える。
僕はまた「じゃあ、こういうのはどうだい?」とジョンにきく。
すると、ジョンは「ああ、それがいい。そのほうがいい」とか答えくれたりする。
僕たちは会話をし続けているるんだ。
この状態を失いたくない。
真の天才は決して死なない。そして、ポールとジョンとの間のような友情を失うこともない。
本日、ポール・マッカートニーがリリースする新しい曲のためのビデオを見ると、ビートルズ伝説がいまだに続いていることを強く実感する。
ジョンも、ポール卿を誇りに思っていることだろう。
どうも新曲の発売前のインタビューの中に出てきた話のようで、ビートルズの話を絡めたのは、いろいろな思惑を含めた一種の例え話だと思いますが、でも、妙な臨場感のある話から心配されるのは、幽霊のことではなく、むしろ老境に達したポールの「心」のほうかもしれません。

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/378835347.html
posted by datasea at 00:00| Comment(0) | ♪  歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

「いろは・・・」の中に存在した暗号



「いろは・・・」の中に存在した暗号
”等距離文字列(スキップコード)”

神の暗号
http://dateiwao-id.hp.infoseek.co.jp/iroha.htm

posted by datasea at 15:19| Comment(1) | ♪  歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年01月16日

ビートルズはサタニストだった?


pp2119800000209.jpg


2010/10/7(木) 午前 0:45
The Beatles: devil worshippers?

Club Conspiracy
http://www.clubconspiracy.com/forum/f20/beatles-devil-worshippers-108.html
http://www.geocities.com/mmiddleton87/



(要約)
ビートルズはサタニストだった?
ビートルズは悪魔と協定を結んだサタニストだった。
契約は魔女の集会で行なわれた。
Rolling Stones、Led Zeppelin、Beatlesなど悪魔と
協定を結んだロックバンドはどれもメンバーのうちの
誰かが死んでいる。
Barbara WaltersはLennon暗殺者Mark David Chapmanにインタビューを敢行した。
そしてChapmanはサタニストだったと明白にコメントしている。
言い換えると、Chapmanはサタンと契約をして利用された下働きだった。
Mark David Chapman
「僕はホノルルの自分のアパートに戻って服を脱いで裸になった。
そしてビートルズのレコードをかけてサタンに祈りを捧げた。
自分に強さを与えるためだ。
サタンに祈りを捧げデーモンが自分の体に入った事がわかった。僕はJohnを殺す力を得た。」
(Evangelist Richard Ciarroccaより引用、1990年12月)。
『The Ultimate Evil』はMaury Terryの著作。
1966年〜1967年にかけ書かれた本。
Maury Terryはサタニックカルト。
プロセス教会のメンバー。
TerryはBeatlesをカルトのメンバーに誘った。
BeatlesのアルバムはサタニストAleister Crowleyに捧げられたもの。
Crowleyは1947年に死んでおり、Beatlesのアルバム製作はその20年後の1967年まで続けられた。
ラストアルバムのタイトル曲の歌い出しは
「It was twenty years ago today...」
だ。
Crowleyが生まれたのは1875年。
「大いなるキリストの敵」と呼ばれた。
サタン教の高僧あるいは「マギ」として、定期的に子供を悪魔の生贄に捧げていた。
存命中にハリウッドを含む米国の多くの都市でサタニストの集会を確立することに成功している。
Crowleyは1947年にヘロイン中毒の合併症で死んでいる。
Kenneth Angerは現代サタニズムの「創始者」Aleister Crowleyの支持者。いわばCrowleyの後継者だ。
Beatlesとプロセス教会(the Process Church)を結びつけたキーとなる人物でもある。
Crowleyと同じく「マギ」だ。
Crowleyが死んだ時Angerは17才だった。
Angerはこの時すでに現代ではスタンダードになっている「邪悪系」映画の製作にとりかかっている。
Angerは1930年生まれ。ハリウッド映画の子役だった。
そして後にCrowleyに傾倒していった。
映画「ローズマリーの赤ちゃん」はアカデミー賞にもノミネートされ商業的に大当りだった。
Polanskiの最高傑作とされる。
この映画はダコタで撮影された。
John Lennonが射殺されたのはダコタハウス。
Johnはこの映画の監督Roman Polanskiと面識があったそうだ。
Giuliano誌
「映画『ローズマリーの赤ちゃん』の監督はRoman Polanskiだった。
1973年にカリフォルニアで行なわれたパーティーでJohnはPolanskiと同席した。
このパーティーでJohnはPolanskiの言った事が気にさわり椅子を外へ投げつけたり、鏡を壊したり、壁にテレビを投げつけたり、わかのわからない事を叫んだりして大暴れしたそうだ。」。
Beatlesがヨガ行者に会うためインドに渡った時、John Lennonは映画「ローズマリーの赤ちゃん」に出演した女優Mia Farrowを連れて行ったそうだ。
この事には注目すべきだ。つまり同じ穴のムジナがこの土地に集まったという事だ。
Polanskiは大した事のない監督だ。その大した事のない監督がなぜハリウッドで賞を獲得したのか。
裏でどういう取引があったのか。赤ちゃん殺しだ!
この事実は映画の中でさえ強調されている。
この魔女はPolanskiの監督としての成功と名声を与える見かえりにローズマリーの赤ちゃんを要求したのだ。
この映画が公開されて1年後にPolanskiの子供をお腹に宿した女優/妻Sharon TateがCharles Mansonのファンに殺されている。
これも驚くべき偶然の一致だ。
John Lennonの死の数週前、最新のアルバムの中に
「Kiss Kiss Kiss」
という曲があった。オノヨーコの曲。この曲を逆回転で聴くと
「I shot John Lennon(私はJohn Lennonを撃った)」
というメッセージが聴こえる。そしてChapmanはこのアルバムを何度も何度も繰り返し聴いていたという。
マインドコントロール下にあったChapmanはこのアルバムによって催眠状態にはいったとも考えられる。
Charles Mansonもこのマインドコントロールによる犠牲者の一人。

local pc





「光」の戦法として、「闇」の一員として生きながら内部から「闇」の崩潰を狙うという戦法がある。
わりとスタンダードな戦法らしい。あえてこの事も伝えておく。

local pc



posted by datasea at 00:00| Comment(0) | ♪  歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする