2019年10月22日

伊集院光: ラグビー世界杯で各地に急増した「にわかラグビーファン」「にわかスポーツバー」の救いのなさ

伊集院光: ラグビー世界杯で各地に急増した「にわかラグビーファン」「にわかスポーツバー」の救いのなさ
なんか「にわかラグビーファン」て,自分が大したラグビーの知識もないのに,ラグビーの知識を持っている人に対してのリスペクトがすごい少ない人。それなのに調子こいてラグビー好きを名乗る人のことを「にわかラグビーファン」って言う。一方「ラグビービギナーさん」ていうのはまだ ファンになって浅い,あんまりラグビーをよく知らない人。ラグビーファンになったばかりですっていう話で,でも「にわかラグビーファン」とは似て非なる者だと僕は思ってるんですよ。
言葉の定義なんて言ってること同じだと思うんですけど,間口を広くと一緒だと思うんですけど,今回のラグビー世界杯で都内に突如出来た「にわかスポーツバー 」・「にわかスポーツバー」。
都内の本来のスポーツ・バーが今回のラグビー戦中継で,どこもかしこも予約でいっぱいになる中で,本来スポーツバーじゃないんだけども,ラグビー中継を店内テレビで流している酒場は割といっぱいあって。
このスタジオで笑ってるスタッフの直君が行った酒場もある種の「スポーツバーもどき」の居酒屋。
店内に一応大画面のテレビはあるけれどもスポーツバーじゃないじゃん。っていう居酒屋で,そこの居酒屋でラグビーって,どういう盛り上がり方なのかなって言ってるらしいんだけども。
ラグビー中継の始まった時点で,居酒屋の店内は一杯なんだって。そのレプリカ・ユニフォームを着た人でさ。で直君が予約を取った段階では,もう既に満席状態。とれた席は部屋の端っこ。大画面テレビの真下。垂直に 見上げたところにテレビがある感じなんだって。なんかテレビの反射のテカリでほとんどプレイが見えない状態にもかかわらず,部屋のど真ん中の特等席にいる家族っていうのが,別にラグビーと関係なしにご飯を予約したら人らしくて。その居酒屋が「にわかラグビーバー」に進化する前のお客さんだから。なんか後から入って来た「にわかラグビーファン」がすっごい騒がしくやってる時に,普通にご飯食べてる感じなんだって。
「にわかスポーツバー現象」でもっとすごかったのは,校正の瓶底メガネが普段から通う競馬中華料理屋。グリーンチャンネルの競馬中継流してる料理屋で,ウインズで馬券買ったヤツがそこで中継を観ながらラーメン食うっていう店。ラーメン食いながら馬券を握りしめて,当たると一皿余計に注文しようかな,みたいな店。
根本的にそういう競馬の店が,ラグビー世界杯で「にわかスポーツバー」化して,元々ある意味スポーツバーなんだけど,世界杯でどんどんレプリカユニフォームが入ってきて。どうやらその元々競馬の店が,ちらちら表の様子を見てると,自分たちが店内に入った時点ではいつもの競馬の店の感じなんだけど「ラグビー中継見れます」って表の看板に書いてあるらしい。
瓶底メガネは「あーなるほど!そういうことなんだ」と思って「自分もこのまま店内にいればラグビー中継みんなで見れるんだ」と思ってちょっと長居してみようかなって思った。
結局競馬のレースは全部終わっちゃって,後は競馬チャンネルだから「天皇賞への展望」とか「明日から台風で順延になったがどうなりました」みたいな分析の番組やってるんだって。その間もどんどんどん表の張り紙看板見てレプリカユニフォームが入ってきてお酒と一緒に盛り上がる。瓶底メガネは面白いなって思ってた。そうこうすうちにキックオフの時間。ラガーシャツの人たちは「早くチャンネル変えてくれ」って言う。そのお店の人にそう言ってんだけど,お店にはグリーンチャンネルを見ながら馬券を握りしめる客もいる。
常連の競馬の客をないがしろにしていいものかと店主は気を使ってグリーンチャンネルを変えない感じなんだよ。レプリカ・ラガーシャツの連中はシビレ切らしているものの,常連のおじさんの顔を立てて我慢してる感じになってる。このままキックオフの時間が近づいてきて,そっちが痺れ切らして。でもだからといって常連さんをないがしろにして良いのか?っていう。
ー月曜JUNK・伊集院光の深夜の馬鹿力!

tftu876y pc




posted by datasea at 03:08| Comment(0) | % 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

5G通信時代でTVが復権する

5G通信時代でTVが復権する
2018-08-03
5Gの登場で様変わりするだろうモバイルの姿を想像する
IT・情報技術
f:id:orangeitems:20180802233945j:plain
■5Gの登場で様変わりするだろう世界
今当たり前と思っていることも、数年たつと様変わりしていると言う経験を過去数度味わってきました。
ガラケーを全国民が使っていたところからのスマホへの変化。
パソコンを知らないデジタル世代の登場。新聞を読まない世代の増加。
4GLTEの登場によるモバイル通信の高速化。
これらの流れは2018年の今、少し落ち着きを見せつつあります。
もう「様変わり」は起きないのか。答えは5Gにあります。
ここでは5Gの技術的解説はあえて省き、どんなことが近未来に起こるかを想像していきたいと思います。
近未来の想像(説)
今ある5Gのスペックから仮説を導きたいと思います。
パケット制限が実質無制限になる
もちろん完全に無制限になるとは思えません。
激しい使い方をすると制限がつく可能性あります。しかし、一定の普通の使い方であればほぼ定額になると思われます。それぐらい5Gの世界の帯域は4Gに比べて広いです。
■コンテンツが動画中心になる
Wifiにつないでいるときは、
YouTubeやTik Tok、NetflixやAmazon Prime Video、Show Room、ニコニコ動画
など動画コンテンツを見ることはもう普通になっていると思います。
これが、モバイルでも実現できるようになります。
パケット制限を気にしないのなら皆ストリーミングを使い始めます。
そうすると、今のテキスト・画像中心のモバイルメディアはムービー化が進みます。
いわばメディアが新聞からラジオ、ラジオからテレビ。
テレビもブラウン管からハイビジョン、4Kと情報量を拡大させてきたように、インターネットメディアにも同様のことが起こるとにらんでいます。
なお、4GLTEは地下鉄では使えるといっても電車走行中やラッシュ時の駅では使えなくなることがザラです。
ムービーコンテンツにおいてはこれは致命的ですが、5Gになるとこれも解決されると思います。
テレビが復権する
テレビとインターネットは背反的に取り扱われることが多いのですが、5Gの世界においてはテレビをradikoのようにインターネットで流すことになると思います。
そうするとモバイルでテレビをリアルタイム視聴するようになります。
かつ、「録画」という概念は無く、サーバー側でon demandで呼び出してストリーミングさせる仕組みになるでしょう。
インターネットに使う時間に上書きして、テレビの時間が増えることとなります。
テレビの発信力は強まり、テレビ番組の影響力が伸びることとなります。
もともと、動画コンテンツ作成のプロ集団がテレビ局なのですから、5Gの時代は動画の時代とすると、既存のテレビ局のエコシステムは大チャンスであると思います。
■スマートフォンの電池が長持ちする新技術が登場する
外出先で、モバイル経由で動画を見まくっていたら、バッテリーがすぐ無くなります。
したがって今の技術で5Gが登場し優良なコンテンツが現れたとしても、端末側の負担が現状では大きすぎると思います。
これを解決するような新技術が、5Gとセットで出てくるのではないかと思います。
動画を見続けても10時間持つ、などの機能を持った新しいスマホが5Gのイニシアチブを握るのではないかと思います。
クラウドゲーミング・リモートデスクトップのように、モバイル端末は単なるビューアになる
これまでの推測を積み重ねると、5Gになってコンテンツが今よりリッチになったとき、端末がすべて処理しようとすると電池がもちませんし、CPUもより高性能が求められるようになります。
一方で、5Gのつながり方がより優秀なのであれば、すべての処理はクラウド側で実施しその結果の画面をスマホで受けるやり方の優位性が高まります。
5Gの帯域があれば、画面の結果だけ受け取るのもたやすいです。
また、セキュリティーも強固です。端末にデータは残りません。
この方式であれば、端末側のコストが激減しますし、バッテリー持ちも相当によくなります。
クラウド式のビューアスマホが5Gに合わせて登場する日も遠くないのではないかと推察します。
■ニュースキュレーションサイト・アプリは衰退する
最近のコンテンツの中でも主力である、ニュースキュレーションサイト・アプリが衰退します。
テレビのニュースを好む層が移動するからです。
キュレーションの大きな弱点はフェイクニュースが生まれやすいことです。
テキスト中心ではウソが見分けにくく、スマホでテレビがいつでも見られるのであれば、情報収集がムービー中心になるでしょう。
5Gに合わせて大きく形を変えず今のままの延長上であるのならば、衰退していくと推測します。

orangeitems’s diary
https://www.orangeitems.com/entry/2018/08/03/080000






まとめ
嵐の前の静けさともいえる現状において、今できることは、情報収集をしつつ上記のような仮説を構築し準備することにあると思います。
また、この変化についていけない企業が大小関わらず衰退して行くのも世の常です。
今から準備すれば、大きなビジネスチャンスが生まれるのは間違いありません。
将来の答え合わせが楽しみです。

orangeitems’s diary
https://www.orangeitems.com/entry/2018/08/03/080000












pp6520190502109.jpg

「私が11年前に言ったことを理解してない」ホリエモンが語る5G時代のテレビとスマホ動画 LINE LIVEにも注目
カテゴリー:ビジネス, マスコミ批評, 堀江貴文
LINEによる生放送動画配信サービス「LINE LIVE」がスタートし、開始5日間で1000万人の視聴者を集めるなど好調だというニュースにたいして、ホリエモンがNewsPicksおよびTwitterで以下のようにコメント。
“テレビとスマホ動画の関係でいくと未来予測でも注目点は若年層のテレビ番組視聴形態だろう。
大画面のながら視聴よりスマホ画面での海賊版動画も含めたYouTubeでの録画視聴がかなりのシェアを占めるはず。
その意味ではLINE Liveだろうがニコ動だろうがYouTuberのチャネルだろうが同様だ。
なのでひな壇芸人バラエティは今後スマホの小さな画面には不向きなので衰退する。
モバイルBBの帯域は5Gになるとマルチキャストであるテレビに遜色なくなるはず。
広告一本足打法の収益基盤も含めて本業は危うい。
なので不動産事業など収益基盤の多様化を進めているが自分達の強みに未だに気付いていないのはやはりトップの差配が悪いのだろう。
まだ私が11年前に言ったことを理解してないとしか思えない。”
若年層のテレビ視聴携帯に注目し、海賊版含む録画視聴の広がりを指摘。
モバイルが5Gに移行すればスマホでもより快適に動画が見れるようになる。
これはテレビ局にとっては危機であり、対応策も的を得ていないと批判した。
ホリエモンが11年前から言い続けていること
「私が11年前に言ったことを理解してない」
とあるが、その内容とはなにか。改めて振り返ってみる。
11年前は、ホリエモンがライブドア社長として、ニッポン放送株取得によるフジテレビ買収で世間を賑わせていた時期である。
フジテレビ買収で実現したかったことは ホリエモンが
「赤字転落フジテレビの経営戦略と株主」
を痛烈批判 に詳しくまとめてあるが、今回のコメントで強調されているCM以外の収益構造の確立、テレビ局のリーチ力を生かしたネットとのシナジーを生む仕組みづくりの部分を見ていきたい。
・ニュース番組のアナウンサーが、「詳しくはライブドアを見てください」と言えば、番組の後はライブドアで、放送されなかったより詳しい情報などを記事なり動画なりで見る。
・テレビ通販をすべてライブドアのネットにつないだり、モデルが着ている服を気になった視聴者が、すぐに商品を買えるように画面上に導線を張る。
・生放送バラエティ番組のCM中の様子をそのままネットで流したり、テレビドラマの番外編をネットで流す。
こうした付加価値を無料で提供し、その後有料会員に移行してもらうフリーミアムモデルを展開するだけでも、CM一本足打法から抜け出すことができると11年前から主張し続けてきた。
(参考:著書『我が闘争』/幻冬社、 堀江貴文インタビュー vol.2「フジテレビ買収失敗の原因は、実は社内の謀反だったんです」/田原総一朗のニッポン大改革・現代ビジネス」、 
堀江貴文のQ&A vol.544〜テレビのネット活用法!?〜/YouTubeホリエモンチャンネル)

HORIEMON.COM
http://weblog.horiemon.com/100blog/35801/




posted by datasea at 20:44| Comment(0) | % 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元号「 令和 」関連情報

元号「 令和 」関連情報
★安倍晋三の本命元号を潰した皇室!
安倍晋三の本命元号を潰した皇室:新元号「 令和 」 より転載します。
貼り付け開始
白金台の姉御からのお便り♪
重要なので全文魚役ですが、その下に「 日刊ゲンダイ 」の記事を。
世に倦む日日
安倍晋三の本命元号を潰した皇室 - 皮肉が重なって誕生した「令和」
------------------------------------------------------------------
https://critic20.exblog.jp/30211907/
2019-04-05 23:30
「令和」はもともと安倍晋三の念頭にはなく、ドタバタの駆け込みで決まった元号だった。
その真実が少しずつ分かってきた。
2日のTBSワイドショーに出演した田崎史郎が裏話を披瀝し、
「令和」
が元号案として登場したのは3月20日頃とかなり遅く、安倍晋三が気に入る案がなく再提出を依頼した結果、出てきたのが「令和」だったと語っている。
※ 田崎史郎 時事通信記者・解説者からTV解説者に。
この話には注目してよい。
毎日の3月24日の記事を見ると、
菅義偉が「考案者の皆さま方に3月14日、正式に委嘱した」とある。
24日は日曜日で、この日、菅義偉は選挙の応援で九州に飛んでいて、出先でこの発言をしてNHKに撮らせていた。
そのニュースを見たとき、オヤと不思議に思ったのである。
何でこんな遅いタイミングで考案者に委嘱なのだろうと。
3月1日の日テレの報道を再確認すると、
「 新元号"絞り込み"最終段階・・・日本古典も 」
という見出しで次のように書かれている。
「『平成』に代わる新たな元号の発表まで1か月となった。
政府はこれまで、複数の有識者に新元号の考案を依頼していたが、1日までに候補が出そろい、絞り込み作業が最終段階に入ったことが分かった 」。
NHKの岩田明子も同じことを言い、元号は十数案に絞られたと話していた。
無論、絞り込みは安倍晋三がやることで、誰か別の人間が行うわけではない。
この「報道」の意味は、安倍晋三が本命案を決めたということで、後の三つ四つのサクラをどう絞り込むかこれから決めるということである。
このとき、「令和」は十数案の中になく、中西進は考案者の中に入ってなかった。
4月1日の共同の記事にこうある。
「 中西氏は共同通信の取材に、当初は明言を避けていたが、公表が近づいた3月上旬になって『私は関係していない』と否定している 」。
これは嘘ではあるまい。本当に関係していなかったのだ。
3月1日の時点で、中西進は考案委嘱者の任から外れたことが政府担当から告げられたため、マスコミにも正直に
「 私は関係していない 」とコメントしたのだろう。
そこからどんでん返しが始まり、3月中旬になって正式に中西進に委嘱の依頼が来るのである。
明確に分かることは、3月1日から中旬の間に安倍晋三が決めていた本命案が潰れたことだ。
本命案が潰れたから、やむを得ず中西進に泣きつき、慌ただしい流れで「令和」に漂着したのである。
わずか2週間という短い時間で「令和」が浮上し、時間切れの混乱の中でバタバタと決着した。
決めたのは安倍晋三だが、安倍晋三にとっても決して本意ではない決定である。
無論、残りの5案(英弘、久化、広至、万和、万保)はサクラであり、体裁を整えるための刺身のつまに他ならない。
有識者の面々は、安倍晋三が決める安倍元号をオーソライズするための雛壇衆でしかなく、彼らには直前に、会議本番では「令和」を推すようにと指示が届いている。
果たして、安倍晋三の本命は何だったのだろうか。
それはどうして頓挫したのだろうか。
簡単に推理すれば、「安久」とか「安永」とか「栄安」が本命だった可能性が高い。
正月以降、マスコミとネットでは「安」入り元号を下馬評で推す声が充満し、予想ランキング上位などと既成事実化(空気固め)する動きがもっぱらだった。
本命が何だったのかを探るのは難しいが、なぜ本命が潰れたのかを推測するのは易しい。
それは、誰なら安倍晋三の本命案を潰すことができるかを考えれば、即座に解答が浮かぶからだ。
安倍晋三がどうしてもこれにしたいと欲望する新元号を、それはだめだと阻止できるのは皇室(東宮)しかない。
他にはいない。
想起するのは、政府が3月29日にマスコミに流した元号選定の方針で、そこで、「 取り沙汰されている『 安久 』などの案について、政府関係者は『 俗用の一種に当たるので、なるべく避ける 』という情報が出たことだ。
リークのレベルだが、ここで「安」入り元号がボツになったことが伝えられた。
この時点で「令和」が決まっていた。
3月29日は安倍晋三が皇居に参内し、さらに皇太子と面会した日だ。
時系列を追って推理すると、2月22日に皇居と東宮を訪れた際、安倍晋三は意中の「安」入り元号案を提示、世間では人気が高いなどと売り込み、問題がなければこれで決めさせていただきたいなどと図々しく迫ったのだろう。
その後、皇室(東宮)側から不可の意向が届き、3月中旬になって安倍晋三が本命を断念、中西進の万葉集案なら皇室(東宮)も了承してくれるだろうと妥協し、中西進に泣きついたという経緯が推察される。
安倍晋三にとっても妥協案だが、皇室(東宮)にとっても妥協だった。
おそらく皇室(東宮)は、オーソドックスな漢籍出典方式での選定を希望していたに違いない。
「安」の字など論外で、国書出典に固執する右翼方式も迷惑だっただろう。
突飛な想像だが、中西進への本命委嘱そのものが、両陛下からの対案であり推挙だった可能性も考えられる。
何となれば、中西進は「 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動 」の賛同者だからだ。
いずれにせよ、中西進が正式に委嘱を受けたのは3月中旬であり、辛辣な皮肉が含意されているとしか思えない「令和」が提案され、時間切れで安倍晋三が採用して4月1日を迎えた。
3月14日に依頼を受け、中西進が「令和」を返したのが3月20日前後だろう。
田崎史郎の話と辻褄が合う。
2月以前の段階で中西進がその他大勢の考案者候補に含まれていたのは確かで、「令和」以外にも漢籍由来の万葉集出典案を幾つか提案していたのかもしれない。
3月中旬という納期ギリギリの時点で本命案の委嘱依頼が来たとき、中西進は全てを察知し、あるいは両陛下の側近(三谷太一郎とか)から事情を聞き、知識人らしく、意を決して、皮肉を込めて反骨のカウンター作品を投擲したのではないか。
「 梅花の宴 」の序文は王羲之の『 蘭亭序 』のエミュレーションであり、字句は張衡の『 帰田賦 』を踏んだオマージュの技巧だった。
さらに『 帰田賦 』には時代背景があり、政治への痛烈な批判が表現されていた。
新元号は「令和」で決まった。
日本の歴史に残る。
中西進は壮絶な文化的事業をやり遂げたと言える。
まさに東洋の知識人の理念と本分を千年単位の巨大な歴史的スケールで再現し、勇気と矜持をわれわれと後世の人々に示し、面目を躍如して先行する偉人の列に加わった。
屈原や司馬遷の群像に連なった。
これほど数奇な運命で策定された元号が他にあっただろうか。
今度の元号は、初めての国書出典(表面の形式上だけだが)であると同時に、知識人が政権批判のブラックユーモアを意趣して制作し、それが皮肉な政治的展開で採用になった初めての元号である。
二重三重の皮肉と偶然が重なり、瓢箪から駒の抱腹絶倒の歴史が作られた。
そこには、文学と歴史を知らないイデオロギー偏執狂の独裁者がいて、間もなく退位する賢く思慮深い、勇敢で胆力のある老天皇がいた。
今回の元号選定は明らかに政局であり、歴史に残る一つの重要な政治戦だった。
野党と左翼リベラルの現役文化人は最初から白旗を上げて降参し、独裁者の大勝利で終わるかに見えたが、天皇(皇室・東宮)が粘り、粘り腰の末に同齢の老知識人と謀って逆転勝利を遂げた。
一矢を報いた。日本らしい政治ドラマだと思う。
マスコミは悉く独裁者の側に与した。
この政局で真面目に闘争したのは日刊ゲンダイだけだった。共産党も何もしなかった。

newsNueq-1944
https://critic20.exblog.jp/30211907/

タマちゃんの暇つぶし
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-17626.html#comment465






日刊ゲンダイ
安倍 皇太子に新元号「 安久 」を伝達
---------------------------------------------------
http://www.asyura2.com/18/cult20/msg/593.html
2019.3.26
< 新元号に安部の「安」の字を入れたい国家私物化官邸VS皇室 >
元号に安倍の「安」の字を入れたいため
今、以下の元号案が残っているらしい。
  安永(あんえい)「安倍よ永遠に」の略
  安徳(あんとく)「安倍の人徳」の略
  安寧(あんねい)意味「安倍の平和」
  安生(あんしょう)「安倍が一生」の略
  安明(あんめい)「安倍が明らか」の略
  安久(あんきゅう)「安倍が永久」の略
以上が5案+1案(元々の本命の安久)
すべて「安部」の「安」の字が入っている。
安久(あんきゅう)は本命案だったが事前にもれたので除外される可能性が高い。
国家私物化を目指す安部官邸はどんなことがあっても「安」の字を元号に入れろと ごり押しをしているという。
しかし、皇室は、「安倍」の名前の「安」の字を入れる元号は、元号制定の目的が公(おおやけ)のもの、国民の皆が望んでいる元号制定の在り方とは違うのではないかと疑義を示しているという。
 < 後略 >
日刊ゲンダイ
アシカ毛筆特訓まで紹介
NHKが新元号特集で「安」推しの謎
-------------------------------------------------------------
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/248767
2019/03/06 06:00

日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/248767

タマちゃんの暇つぶし
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-17626.html#comment465










「 ひょっとして何らかのプロパガンダなの!? 」――。
「 新元号 」発表まで残り1カ月となったタイミングで放送されたNHKの先週1日のニュース内容に、驚かれた方も多いのではないか。
夜7時の「 ニュース7 」では、静岡・沼津市の水族館で筆を口にくわえて文字を書くアシカを紹介。
書道歴16年のグリル(19=メス)が、ネットなどで予想される新元号を書く特訓の様子を伝えた。
注目はグリルが筆で書いた2文字。写真の通り「安久」だった。
この日、NHKは午前10時台の「くらし☆解説」でも、新元号を特集。
年代物ワインのネット販売会社が特設サイトで募集した新元号予想のランキングを取り上げたが、グリルが書いた1位の安久以下、安永、栄安、安始、安明、安栄、永安と、
7位まで「安」が付く2文字がズラリ。
「『安』という字が入っているものが多いですね」と驚く司会の岩渕梢アナに、政治部出身の増田剛解説委員は
「 平成は災害が多かった時代ですから、安全・安心な生活を望む人が多いのかも知れませんね 」
と分析してみせたが、この台本丸出しの展開はいかがなものか。
永田町で
「 総理の姓から1字取り、新元号に〈安〉が採用されるのではないか 」
と冗談ともつかない噂が流れる中、NHKがネット情報に基づき、新元号に「安」を推すように報じるのは、なぜか。
SNS上では
〈「安」が入った新元号予想を流すのは政権への忖度 >
< 新元号に「安」を入れるための印象操作 〉
などと突っ込まれている。
まさか、ここまでして政権に忖度するのか。
NHKに忖度の意図の有無などを確認すると、
「 ご指摘のような意図はありません 」(広報局)
と回答。その言葉が信頼できるようになるまで、NHKには政権側に寄り添った報道を慎んで欲しい。
やっぱ、安倍御一統様退場後は、「 改元『 令 』」だな♪ (^o^)/
新上皇・新天皇ばんざ〜い!\(^o^)/

タマちゃんの暇つぶし
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-17626.html#comment465





■新元号は? そして次の天皇は?
天皇陛下の譲位が迫り、まもなく平成の世が終わろうとしている。新たな元号に国民の注目が集まっている。
平成の次の元号についてジジイはこう答えている。
「一文字伏せでいいですかね。 ○星  初の女…… おっと、これ以上は無理w」
後にジジイは伏字部分に「旺」の字が入ると漏らしていることから、新元号は
「旺星」
となる。
火星移住計画や月のニュースが話題になるなど、宇宙に意識が向いている我々にとって「星」がつくのは妥当かもしれない。
「初の女……」ということは、ジジイは初の女系天皇が誕生すると言いたかったのだろうか。
とすれば、愛子さまが次期天皇に即位されるのだろうか? 
しかし、新元号も女性天皇もジジイが時期を後で濁していることもあり、次ではなく、次の次の代で起こる可能性も考えられる。
(白神じゅりこ)

TOCANA
https://tocana.jp/2019/01/post_19485_entry.html

滅亡日誌
http://julinda.blog96.fc2.com







◆新しい人になる準備を始よう!
ムーの末裔・アダムとイヴの歴史は、日本から!甲府盆地『塩ノ山』から始まった!
世界最古のピラミッド!塩ノ山の預言者♔三枝クララです。
預言者クララの喜びは、神の子〜光のDNAについて語り、イエス・キリストの聖名によって、光の門まで共に楽しく旅することです。
◆宣言|もう元号は使わない!
【宣言】
私クララは、もう元号は使わない!
特に令和なんて使わない!
だって、霊視で見たあの人たち、天照大神の子孫でもなんでもない、人を生贄にするレプタリアンだったから!
〜神にその姿を視せられた時は、とてもショックだったョ。
これからは、“様”もつけない、“さん”と呼ぶ。
レプタリアンなんかに私は時間も私自身ももう支配されない。
ムーの末裔、縄文人の子孫として、私は私の自由を謳歌する!
日本を愛すればこそ、私は、偽物に目をつぶることは出来ない。
あれは、裸の王、成りすましの王だと、日本の未来のために、これからも皆に伝えていく。
今!
新しいエネルギー!
新しい人の目覚めによって!
新しい文明が開かれる時代が来ています!

預言者クララ
https://shionoyama.com/sengen-gengou/


pp6520190513{5}49.jpg
英国の寮部屋のステッカーから話題になった皇太子様柏原芳恵ファン説



pp6520190500440.png

posted by datasea at 10:23| Comment(0) | % 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

東京・池袋の暴走事故を放射能汚染から考える

東京・池袋の暴走事故を放射能汚染から考える
東京・池袋の暴走事故 ウクライナでプリウス・パトカーに故障多発 プリウスは放射能汚染に弱いのか? 
原発・フッ素51
投稿者 魑魅魍魎男
日時 2019 年 4 月 22 日 02:41:02
FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
二人の母子が亡くなった東京・池袋の暴走事故が大きな話題になっている。
事故を起こしたのが元官僚で、逮捕されず、マスゴミも「さん」づけで呼ぶなど、「上級国民」扱いが大問題になっている。
事故原因もいろいろと議論されている。
おそらくこの事故は運転者の認知症、というより放射能被ばくによる知能低下が引き起こしたものだろう。
何しろ突入事故や高速逆走が日常茶飯事の昨今である。
若い人も事故を起こしている。被ばくの影響が疑われて当然である。
事故を起こしたプリウスに基本的な欠陥があるのではと疑う人もいるが、その可能性は低いだろう。
10年前に米国でトヨタの暴走事件が起き、プリウスの急加速も大問題になった。
米国政府はトヨタの協力を得て徹底的に調査したが、欠陥は見つからなかった。
米コンスーマー・レポート誌の調査でも、プリウスは信頼性が高いと評価されている。
急加速する、ブレーキが効かないなどの深刻な欠陥がプリウスにあるとは考えにくい。
世界中で毎日何百万台も走っているのだから、何か基本的な欠陥があればすぐに大騒ぎになるはずである。
ではプリウスは完全にシロかというと、そうとも言えないのだ。
次の動画を見てほしい。
「ウクライナで日本が寄贈したプリウス・パトカーが事故続き」 
(森野剛・YouTube 2017/4/19)
https://www.youtube.com/watch?v=wzmT2UQsLuE
2015年、安倍政権はウクライナに1500台のプリウス・パトカーを寄贈した。
(バラマキ政策の一つである)
驚くべきことに、その後1年足らずで多くのプリウスが壊れてしまったというのである。
キエフ警察には235台が導入されたが、実にその64%が使えなくなったという。
警察の任務遂行にプリウスが全く適していない事が原因で、別の車種を導入する予定だということなのだが、これはどう考えてもおかしい。
確かにプリウスはスピードが出る車ではない。高速道路での暴走車の追跡には不向きだ。
だがパトカーにもいろいろな用途があり、市内のパトロール、警備には全く問題はないだろう。
すでに何百万台も世界で使用されているのだから、ハイブリッド車の運転に不慣れというのも理由にならない。
ウクライナの警察官が特別不器用というわけではないだろう。
キエフは事故を起こしたチェルノブイリ原発から約100キロ南にあり、世界で最も放射能汚染された大都市の一つである。
ひょっとしたら放射能汚染により故障したり制御不能になって使えなくなったのではないだろうか?
最近の自動車は電子制御が大幅に導入されているが、とくにプリウスのようなハイブリッド車は電子技術への依存度が非常に高い。
電子回路が放射能に弱いことは、福島第一で炉内探索ロボットがすぐに壊れたことでも明らかである。
放射性微粒子が車内・エンジンルームに侵入し、電子回路を誤動作させたり劣化させたりすることは容易に想像できる。
自動車メーカーは、電磁波の飛び込みなどの試験と対策はしているだろうが、放射能汚染は想定外だろう。
実際に車を汚染させてテストすることは不可能である。
放射能汚染により何が起きるかわからないというのがメーカーの本音だろう。
すでに福島原発事故後、放射能による材料劣化が原因と思われるタイヤのパンクや脱落などの事故が多発している。
デリケートな電子回路に頼るハイブリッド車が不具合を起こしても何の不思議もない。
しかしそれを証明するのは極めて難しい。
事故が起きても自動車メーカーや政府、東電を訴えて勝訴することはまず不可能だ。
すべての責任は運転者になすりつけられる、自己責任になってしまうのが、原発事故後の不条理な世界なのだ。
今回の池袋の事故は元通産官僚の運転者に厳しい批判が集中しているが、こんな悲惨な事故が起きたのも、元はと言えば官僚たちが強引に原発を推進してきたのが
原因ではないか。
自業自得である。
(関連情報)
「暴走男の飯塚幸三は元官僚で瑞宝重光章の受章者!」 (阿修羅・赤かぶ 2019/4/20)
http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/812.html
「人を轢き殺しても逮捕もされない人たち(植草一秀の『知られざる真実』)」
(阿修羅・赤かぶ 2019/4/21)
http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/844.html
「アメリカ プリウス 急加速問題 狙い撃ちの真相 ?! 日系企業が今危ない!」
(PASONAL 2014/4/23)
http://pasonal.com/america-prius-brake-inquiry/
「大型用タイヤ 破裂の衝撃 (NHK)」 (拙稿 2018/10/24)
http://www.asyura2.com/18/genpatu50/msg/472.html
「冬タイヤへの交換要注意 大型車、走行中の脱落5倍に (朝日新聞)」 (拙稿 2018/2/28)
http://www.asyura2.com/17/genpatu49/msg/461.html
「JAF パンク救援、最多36万件 セルフGSで点検減り (毎日新聞)」 (拙稿 2017/11/8)
http://www.asyura2.com/17/genpatu48/msg/882.html  

YouTube 
https://www.youtube.com/watch?v=wzmT2UQsLuE

★阿修羅♪
http://www.asyura2.com/19/genpatu51/msg/422.html







池袋事故で“上級国民”批判が広がる理由とは…安倍政権や検察・警察の身内優遇に鬱積される国民の怒り(リテラ)
投稿者 赤かぶ
日時 2019 年 4 月 28 日 14:25:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
池袋事故で“上級国民”批判が広がる理由とは…安倍政権や検察・警察の身内優遇に鬱積される国民の怒り
https://lite-ra.com/2019/04/post-4684.html
2019.04.28 池袋事故で“上級国民”批判が広がる理由とは… リテラ
上級国民」を顕著化させる安倍政権(首相官邸HPより)
“上級国民”批判が止まらない。
周知の通り今月19日、東京・池袋で87歳の男性が運転する乗用車が暴走。
31歳の母親と3歳の娘がはねられ死亡、8人が重軽傷者を負ったが、男性はその場で逮捕されなかった。
ネット上では男性が通産省(現・経産省)の元高級官僚であったことが注目され、「上級国民」なるスラングが爆発的に拡散。
「上級国民だから逮捕されなかったのだ」
といった憶測が広がるとともに、男性に対する口を極めた批判がSNSで相次いだ。
たしかに、東大卒業後に通産省入りし工業技術院のトップまで務め、退官後も大手メーカーの副社長となり、
2015年秋の叙勲では瑞宝重光章を受け取っている男性の経歴は“エリート”と言われるに値するだろう。
また、多数の死傷者を出した交通事故の場合、警察は容疑者をその場で逮捕、拘留して取り調べを進めることが多い。
高齢者の場合でも逮捕されている例は数多くあり、この男性が逮捕されないというのは一見、不自然な感じもする。
もっとも、一方では人身事故を起こしても、健康状態などを警察が考慮して、現行犯逮捕をしないというケースもある。
今回の池袋事故の場合も、事故を起こした男性が怪我で入院したことが主な理由とされており、本当に
「上級国民だから逮捕されなかった」
のかどうかはまだ判然としない。
だが、現段階で「加害者が元官僚だから、当局が忖度したのではないか」との疑問が出て、ネットで「上級国民」なる概念が拡散してしまうのは、相当の理由がある。
それは、逮捕・拘留が当局の裁量次第で恣意的に運用され、身内の官僚に甘い処分が下されるケースが多いのは明らかな事実だからだ。実際、前回の記事でも指摘したように、現役検事や元検察幹部が人身事故を起こしたにもかかわらず、逮捕されなかったり、事故そのものが報道されなかったりというケースも相次いでいる。
交通事故だけではない。
安倍政権下では、政治家や安倍首相に近い人物たちが、通常なら逮捕や起訴されるケースで不可解にも免れたということがたびたび起こっている。
典型的なのが、伊藤詩織さんから準強姦の被害を告発された“安倍官邸御用ジャーナリスト”山口敬之氏をめぐる一件だ。
2015年4月、山口氏は詩織さんを仕事のためのビザについて話をしようと食事に誘う。
そして、詩織さんをタクシーで自分が宿泊しているホテルの一室に連れ、性行為に及んだ
(この点は山口氏も詩織さんへのメールで認めている)。
詩織さんは警察に被害を訴え、ホテルの防犯カメラに残された映像などから、高輪署が事件として捜査を進め、その後、逮捕状も発布された。
ところが、2015年6月8日、複数の捜査員がアメリカから成田空港に帰国する山口氏を準強姦容疑で逮捕するため、空港で待ち構えていたところに、
直前でストップがかかった。
2017年5月の司法記者クラブでの会見で、詩織さんはこう語っている。
「『警察のトップの方からストップがかかった』という話が当時の捜査員の方からありました。『これは異例なことだ』と。当時の捜査員の方ですら『何が起こっているのかわからない』と」
このとき、山口氏の逮捕取りやめを指示したのは、当時の警視庁刑事部長・中村格氏だった。「週刊新潮」(新潮社)の直撃に本人が「(逮捕は必要ないと)私が決裁した」と認めているのだが、この中村氏は、第二次安倍政権発足時に菅義偉官房長官の秘書官をつとめるなど「菅官房長官の片腕」として有名な警察官僚。つまり、「安倍首相に食い込むジャーナリストの逮捕を、菅官房長官の右腕が直前で食い止めた」という構図であり、“政権を忖度した逮捕取りやめ”ではないかと強く疑われている。
その後、山口氏は準強姦罪で書類送検こそされたものの、2016年7月に「嫌疑不十分」として不起訴に。
詩織さんは実名顔出しでの会見を開いた2017年5月に検察審査会に審査を申し立てたが、
同年9月に「不起訴相当」の議決がなされ、現在は民事で山口氏と係争中だ。
■安倍政権に近い政治家や官僚は逮捕さらず、権力にたてつく者はずっと拘留
他にも、政治家の汚職や不正疑惑をめぐっても不可解なことが相次いでいる。
国会議員は憲法で定められたいわゆる「不逮捕特権」があるため、そもそも逮捕のハードルは高いのだが、
2000年代ぐらいまでは大物政治家の逮捕がたびたび世間を賑わせてきた。
だが、第二次安倍政権が始まって以降、そうした話はパタリと止む。
起訴確実と思われながらも不起訴になるというケースが多発したのだ。
たとえば、小渕優子経産相(当時)の政治資金収支報告書をめぐる疑惑や、甘利明経済再生担当相(当時)のあっせん利得疑惑がそうだ。
検察特捜部が捜査に乗り出したが、結局、逮捕もせず不起訴にした。
とくに小渕のケースの場合、パソコンのハードディスクをドリルで破壊するなどの証拠隠蔽まで行われていた。
だが、司法当局は小渕自身はおろか秘書を逮捕することもなかった(秘書は在宅起訴で執行猶予付きの有罪判決)。
森友事件をめぐる当局の対応の差も記憶にあたらしい。
財務省の佐川宣寿・元理財局長は、森友学園に約8億円も値引きして国有地を売却した問題に絡む決裁文書の改ざん等、虚偽公文書作成などの疑いをかけられたが、大阪地検特捜部は佐川氏を不起訴にした。もちろん逮捕もされていない。この不起訴をめぐっては市民団体が検察審査会に審査申し立てをし、先月には「不起訴不当」の議決が出ている。
一方、森友問題では、森友学園の籠池泰典理事長夫妻が10カ月もの長期にわたって拘留された。
籠池氏は国会の証人喚問でも安倍昭恵夫人の存在によって「神風が吹いた」などと証言した後、国有地売却問題と全く関係のない補助金詐欺容疑で逮捕されたのだ。これは明らかに“口封じ”のための逮捕と言わざるをえないものだった。
■「上級国民」批判の正当性とあやうさ、怒りは本当の悪に向かっているか
ようするに、第二次安倍政権では、権力にたてついたり、告発したりした人間は長期勾留される一方、政権中枢に近い政治家や官僚は、身柄を拘束されない、という状況がこれまで以上に顕在化しているのだ。そして、そのことに対する不満や不信感が国民の間に蓄積され、それがいまネット上で「上級国民」批判というかたちで噴き出しているということだろう。
ただ、気がかりなのは、その怒りを向ける方向だ。
こうした「上級国民」批判には、問題の本質は公権力の不公正、格差社会であるにもかかわらず、
近視眼的になって、怒りを身近な話題、わかりやすい小さな対象に向けてしまう傾向がある。
政権や、検察・警察という組織や幹部の不正を追及するのではなく、末端の公務員や事件の当事者批判に拘泥してしまう。
さらには、在日特権などのようなデマに踊らされ、弱者攻撃に発展するケースも少なくない。
今回の池袋事故にもその傾向は見て取れる。
ネットを支配している“上級国民バッシング”の多くは、事故を起こした男性への攻撃なのだ。
「早く逮捕されろ」、
「死ね」
などの感情的な言葉も少なくない。
しかし、わたしたちはもっと本質的な問題、本当の悪に目を向けるべきだろう。
今回の事故でも、最も批判されるべきは逮捕と不逮捕を恣意的に決めていると疑われる日本の警察のやり方や司法制度の方であるはずだ。
そのことを改めて念押ししておきたい。
(編集部)
とても民主主義国家の警察とは思えない対応に民意が怒りを尾の得ている
民意が示された結果なのだろうか?民意を殺していないか?
池袋事故で“上級国民”批判が広がる理由とは…安倍政権や検察・警察の身内優遇に鬱積される国民の怒り https://t.co/izZ0nOubxW
− #民主主義とは何か考えよう!! (@bwv13) 2019年4月28日
詩織さん事件の山口不逮捕と同じ構造だろう! 
☞ 池袋事故で“上級国民”批判が広がる理由とは…安倍政権や検察・警察の身内優遇に鬱積される国民の怒り
https://t.co/Sct2lyMz57
@litera_webさんから
− 細野辰興Tatsuoki HOSONO (@yojimbo11) 2019年4月28日
本当にやばい人たちに乗っ取られっぱなしのこの国の今。
このままやらせていいわけない!
https://t.co/ClnU6LJTZD
https://t.co/ClnU6LJTZD
− Makoto Kato (@makokato1) 2019年4月28日
第二次安倍政権では、権力にたてついたり、告発したりした人間は長期勾留される一方、政権中枢に近い政治家や官僚は、身柄を拘束されない、という状況がこれまで以上に顕在化している
https://t.co/WfQODlQzPI
#上級国民
− trinity (@0311trinity) 2019年4月28日
病歴含め個人情報には関心無いが、現場で救護をしなかったり、救急の手配をしなかったという証言に対し、入念な捜査よって事実を明らかにするべき。
池袋事故で“上級国民”批判が広がる理由とは…安倍政権や検察・警察の身内優遇に鬱積される国民の怒り
https://t.co/YZScucHQ8l
@litera_webから
− Ⓜ️@肉球新党 脱被曝! (@yamatsubame1) 2019年4月28日

★阿修羅♪
http://www.asyura2.com/19/senkyo260/msg/218.html





pp6520190429{5}22.jpg


pp6520190429{5}16.jpg



xx
早くジジイ引き摺りだせや!
xx
どのみち起訴はされるのでは?
そんな魔女狩りみたいな事しても犠牲者はよみがえりません、事故は事件ではなく悲劇ではないです、関わった人達に、早期に捜査して真相をはっきりさせて二度とこの惨劇を繰り返さない事が被害者のためになるのでは?
xx
あまりに事故後の後始末(証拠隠滅)の手際がよすぎて、過去にも同様な事件を起こしていて闇に葬った成功体験があるのではないか?と勘ぐってしまう。 
初犯にしては対応が的確! 
xx
母子死亡事故と書いてますがそれだけではないです。最初に接触事故を起こしているにも関わらず逃げています。
その後10人(母子2名が亡くなる)も跳ね飛ばし、最後はゴミ収取車に突っ込んで横転させ、自身も怪我をする事態になってます。
10人も跳ね飛ばしても違和感がないのか。

Facebook
https://www.facebook.com/groups/1535575633327343/








東京福祉大学1400人所在不明|人身売買?性奴隷?
昨日(2019.4.10)、留学生大量失踪となっている東京福祉大学の元教授が記者会見を開き、元総長を告発したというニュースがありました。
同大学では、2018年度に「研究生」として受け入れた留学生3200人のうち、688人が行方不明となっていて、2016年度からの3年間では累計で1400人が所在不明になっているということです。
その元総長とは、許しがたき獣のような人物で 2008年に強制わいせつ罪で実刑になっておきながら実際には大きな影響力をもっていたといい、十数年前から自宅に女子留学生を宿泊させ、留学生たちに夜の相手をさせていて、裁判で意に反した性行為があったことを認められた留学生がおり、彼女には示談金を支払われています。
なんで、そんな人が再び大学に返り咲くねん???
留学生を受け入れることで120億円のお金が入るということですが、ところでその留学生1400人は、どこへ消えたん???
私の心をよぎったのは、人身売買、臓器売買、人肉、生贄、性奴隷など目的の誘拐で皇室が関わっていなければ良いけど、ということでした。
愛すべき皇室への不安
ここで皇室が出てきたことで皆さんは、とても驚くでしょうが、私は、まだネットのない今から30年程前にあるジャーナリストから
「活字には出来ないけど、
皇太子(平成天皇)は色情魔でね、
美智子妃は宮内庁を呼びつけては
『今度はあそこに行きたいここに行きたい』
ととてもワガママで宮内庁の人を振り回してね〜etc.」
などと聞いていたので 30年後の今、次のようなことが次から次へと出てきても驚かないのです。
また、バチカンと日本の皇室は、合わせ鏡なので現在の皇室の本質を知りたかったら、バチカンを見ればわかるのですが、そのバチカンや今や金まみれ・ホモ・性奴隷・幼児生贄・人肉嗜食で悪魔の巣窟そうくつになり果てています。

預言者クララ
https://shionoyama.com/toukyouhukusidaigaku-2/
https://shionoyama.com/china/
https://shionoyama.com/paris-kaji/
https://shionoyama.com/sengen-gengou/

posted by datasea at 01:22| Comment(0) | % 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

ロージーの予言

ロージーの予言
2010/3/29(月) 午後 11:05
近未来独り言 軍事
The Coming China/Russia Invasion of the United States
http://educate-yourself.org/lte/comingchinainvasion27may05.shtml
合衆国への今度起きる中国 / ロシアの侵略
(5年前の古い記事より、気になる部分だけ一部抜粋)
私は太字でロージーの予言のあるキーワードを強調した。
従ってそれらの心配のために準備する必要性に焦点を合わせることができる。
ロージーによって予言されるように、未来は可変性であり、予言は石で投げられない。
これらの可能性に気付く人々の数がより大きいと、それだけいっそう良い結果に向かって未来を変える
可能性がより大きくなる。
現実は集合的な思考によって作成される。
あなたは恐れからあなた自身を解放する事によって、暗黒面の議題を減少し、否定的な感情を促進させる
運命及び(暗黒の記事のソルチャファールの果てしない流れの後ろの本当の目的)絶望感でいっぱいに満たされたインターネットの記事の影響からあなた自身の接続を切り離すことができる。
ファシストアジェンダが前進することを予想する間に、私はダムのヒビ割れのサインを見る。
未来の困難のために準備することは必要であるが暗黒面の妨害に加わることもまた必要である。

メモ・独り言・戯言
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/31264320.html

メモ・独り言・戯言
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32365589.html
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32343190.html
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32369383.html
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/31273049.html
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32073345.html
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/31823986.html









2005
Original Message -----
From: Rosie
To:
Sent: Friday, May 27, 2005 11:41 AM
Subject: 未来についての思考
私は非常に長い間予言に打ち込んでいた。
私が起きるために待っていたほとんどすべてのことが長年をかけて起こってしまった。
予言は無制限である。
それは警告であって、もし状況が変えられるなら、それが予測される方法で起きる必然はない。
もし我々が我々の態度を改めないなら、それは最悪の場合となる。
私はチェコスロバキア共和国の解放が起こると2005年5月に書いた。
それは起きるはずだった。
しかしサインはまだ終了していない。
私は、それが本当に厳しくなる前に、これが起きなければならないことを確信している。
公然と、あるいは舞台裏でかは解らないが、ロシアと中国が団結することは完全に予測される。
中国は北西から来て合衆国を攻撃するはずである。
私はこれがどのようにしてうまくいくのかは理解しない。
それは意外ではあるが、それは予測される。
すでに中国とロシアの兵隊はここ北アメリカに何年もの間いる。
それらは地下のベースで、オフリミットの「生息保護域」エリアに位置する。
大きい数はブリティッシュ・コロンビアに置かれている。
したがってそれらは「北西」側から中に入るだろう。
私はそれらがヨーロッパで起こると同時に来る世界の悩みについてももっとたくさん言うことができる。
ロシアは古い方向に完全に戻る。
その区域にもう一つの革命が起こるが、一度「ロシア語」として考慮されたこと、本来のロシアあるいは
共和国として意味するかどうかは私は知らない。
民主主義国家と友人になってロシアのことは忘れなさい。
計画には第三次世界戦争がある
これを達成するために、アメリカは孤立している必要がある。
それは同じくこの目的で内部的に分割される必要がある。
私はこれがどのように行なわれようとしているかは正確には知らない。
しかし合衆国の中に戦いのような内戦があると予測する。
これの目的は合衆国を弱め、外からの攻撃に米陸軍を役に立たなくさせることである。
これらすべてはずっと以前に予言した。
私の意見はこれらの計画が暗黒面であることである。
しかしながら、NWOとそのすべてが非常に良くない終わりに到るであろうという強力な預言をあなたは
聖書の中に見つけることができる。
聖書が「売春婦、バビロン、偉人」と呼ぶこの古来のシステムに起きるであろうひどいことを避けるため
にそうなることを感じる黙示録を呼び出す。
属性を読めばそれはちょうどこの「売春婦」がだれであるか豊富に明確になる。
彼女は政府ではないが、すべての国家を支配し、お金および商業を世界的に制御する。

メモ・独り言・戯言
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/31264320.html

メモ・独り言・戯言
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32365589.html
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32343190.html
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32369383.html
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/31273049.html
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32073345.html
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/31823986.html








足立ケンより;
「ドン・クロフトは繰り返しイギリスのエリザベス女王が「バビロンの売春婦である」と認知しました。
ロージーによる上記の声明に基づいて、それは確かにイングランドの女王がイングランド銀行を通して通貨および商業を世界的に制御すると同時に意味を成しています。」
しかしながら、「灰」以外の何も彼女から残らないでしょう。
燃える建物のグラウンドの灰以外は何もないのと全く同じように、彼女はいなくなるでしょう。
非常に良いニュースである、しかしそこに到達するのは難しい。
私は移行への時代がそれほど難しくないことを祈っています。
私は予測されたすべてのひどいことが人々を通して伝わるのを残念に思うでしょう。
残念なことに、若干の本当の迫害と痛みがあるでしょうが、人々は抵抗をしなければなりません。
彼らは気力を見せるでしょう。
中略
言うまでもなく、飢饉がもちろん同じく予測される。
また何か食べるものを求める都市生活者の歩き回る一団。 しばらく大きい問題は飲料水の確保である。
大きい激変の前に、現在の法皇は死ぬ。
彼が生きている限り、我々にはまだ準備する時間があるかもしれない。
これはそれ自体ローマ法王には何も関係を持たない。それはただサインに過ぎない。
カレンダーと日付の代わりに通過するサインがある。
ずっと以前に与えられた日付のほとんどは今のところ間違っている。
米国の激しい嵐は我々がその方向で先頭に立っているという印である。
他の印はオゾンホール、エイズ、低い出産率および乱行である。
私を困惑させるもう1つの事は人間のクローニングである。
17世紀に予測されたことをもし今それがされることを仮定するが、新しい人間が成年期まで育つまでにはしばらく時間がかかり遠いようではあるが他のすべてはパズルの小片のようにフィットする。

メモ・独り言・戯言
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/31264320.html

メモ・独り言・戯言
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32365589.html
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32343190.html
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32369383.html
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/31273049.html
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32073345.html
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/31823986.html













足立ケンより;
秘密の政府は1950年代初期以来、クローン人間の作成にかかわった。
技術はエイリアンの友達から来た。
フルサイズの成人のクローン人間が巨大なエイリアンの母船(および現在の地下基地)で、縦の透明な円柱によって形づくられた容器の中に何カ月かで増やされる。
エイリアンはクローンとして作られたボディに『魂』を精神缶詰めにするか、または精神なしでクローンのボディの主要部を活気づける。
クローンは遺伝情報および記憶装置すべてがクローンに「アップロードされる」のでクローンされた個人(例えばクリントン)として振舞うでしょう。
「心がこもらない」クローンは取り換えの必要性が来る2年前にそうするでしょう。
一方、魂を持っている方のクローン人間はより長く生きるでしょう。
ヒラリーさんのイメージが・・・・
もしあなたがクリントンの最初の任期の大統領の時を記憶するなら、多くのニュース・レポートがクリントンの髪の毛の突然の変化、奇妙な出現について報告していました。
それらが報告していたクリントン、むしろクリントンのクローンではなかったが(多数いた)我々のよく知られている公務員の中には多くのクローン人間が現実にいます。
元の人は生きているか、またはそうではないかもしれないし、またこの惑星にはいないのかもしれない。
イラクの穴から引き出され、実際のサダムの公式の写真を持つSaddam Husseinであると言われたクローンのインターネットの写真を調査するのに時間をかければ、公式の写真は歯をまっすぐにし、一直線に並べているが、クローンのはより歯が鋭く、曲がっていることが見てとれる。
Rense.comはそれについての記事をその時に動かした。
モントークによる少数の記事は、またまた歩き回っている多数のクローンを示すようである。
すみません。私は短く試みたが長くなりすぎた。
-祈りと祝福を-
http://www.indianinthemachine.com/areuspresidentscloned.html

メモ・独り言・戯言
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/31264320.html

メモ・独り言・戯言
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32365589.html
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32343190.html
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32369383.html
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/31273049.html
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32073345.html
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/31823986.html



pp6520190419558.png
おかげさまで過去最高位を記録しました。
閲覧してくださる方ありがとうございます。











posted by datasea at 13:45| Comment(0) | % 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

[健康] 驚き!今でもこんなに高い17都県の放射能の数値!


[健康] 驚き!今でもこんなに高い17都県の放射能の数値!
原発事故から8年目の「17都県最新放射能測定マップ」は次のとおり
(各地点で測定した土壌のセシウム134+セシウム137の数値を、減衰補正により2019年1月に換算して表した)。
■青森県の土壌汚染:最高値14.9Bq/kg、中央値3.59Bq/kg
■岩手県の土壌汚染:最高値3,030Bq/kg、中央値103Bq/kg
■秋田県の土壌汚染:最高値180Bq/kg、中央値8.49Bq/kg
■宮城県の土壌汚染:最高値20,493Bq/kg、中央値249Bq/kg
■山形県の土壌汚染:最高値787Bq/kg、中央値44.2Bq/kg
■福島県の土壌汚染:最高値112,759Bq/kg、中央値1,291Bq/kg
■茨城県の土壌汚染:最高値4,219Bq/kg、中央値257Bq/kg
■栃木県の土壌汚染:最高値20,440Bq/kg、中央値335Bq/kg
■群馬県の土壌汚染:最高値2,490Bq/kg、中央値315Bq/kg
■埼玉県の土壌汚染:最高値1,153Bq/kg、中央値82.7Bq/kg
■山梨県の土壌汚染:最高値398Bq/kg、中央値16.2Bq/kg
■長野県の土壌汚染:最高値1,038Bq/kg、中央値3.92Bq/kg
■新潟県の土壌汚染:最高値397Bq/kg、中央値8.48Bq/kg
■千葉県の土壌汚染:最高値4,437Bq/kg、中央値339Bq/kg
■東京都の土壌汚染:最高値1,663Bq/kg、中央値65.3Bq/kg
■神奈川県の土壌汚染:最高値433Bq/kg、中央値46.5Bq/kg
■静岡県の土壌汚染:最高値515Bq/kg、中央値12.6Bq/kg

女性自身
https://jisin.jp/domestic/1709440/

★阿修羅♪
http://www.asyura2.com/18/genpatu50/msg/873.html







驚き!今でもこんなに高い17都県の放射能の数値!
<原発事故から8年…数値が物語る日本「放射能」汚染の実態>
投稿者 赤かぶ
日時 2019 年 2 月 09 日 18:13:05
: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU   
驚き!今でもこんなに高い17都県の放射能の数値!
https://85280384.at.webry.info/201902/article_86.html
2019/02/09 07:36 半歩前へ
▼驚き!今でもこんなに高い17都県の放射能の数値!
「国がやらないなら、自分たちで測るしかない。
そう思って土壌の測定を始めたんです。
その結果を一冊にまとめたのがこの本です」―。
原発事故から8年…
数値が物語る日本「放射能」汚染の実態と銘打って「女性自身」が特集を組んだ。
数値の高さに驚いた。
これを知ったら外国人は東京五輪にやって来るだろうか? 
放射能の怖さを改めて確認した思いだ。
これである。
************************
「国がやらないなら、自分たちで測るしかない」そう話すのは、
「みんなのデータサイト」
事務局長の小山貴弓さん(54)。
クラウドファンディングで集めた約600万円を元手に2018年11月に
『図説17都県 放射能測定マップ+読み解き集』(みんなのデータサイト出版刊)
を出版。
わずか2カ月で1万1,000部を発行して話題になっている。
データサイトは、福島第一原発事故後に各地にできた市民放射能測定所がつながった市民グループ。
19年1月末時点で31の測定所が参加している。
震災後、被ばくのリスクを減らそうと、各地域で測定した食品や環境中の放射性物質のデータを精査し、共有。’13年9月、ネット上に「みんなのデータサイト」をオープンし、情報を公開してきた。
「食品に関していうと、最初、葉物野菜などに付いていた放射性物質は、時間がたつと雨に流され土に落ちてきます。
今度は土から作物が吸収することになるので、土を測らないと結局は食品汚染の実態もわからない。だから、土も測っておくことが重要だという意識が芽生えていったんです」
そうして’14年10月「東日本土壌ベクレル測定プロジェクト」が始まった。
原発事故後、国が放射能の測定対象地域として指定した東日本の17都県で、3,400カ所の土壌を採取・測定し、マップ化。のべ4,000人の市民が、土壌採取に協力している。

女性自身
https://jisin.jp/domestic/1709440/

★阿修羅♪
http://www.asyura2.com/18/genpatu50/msg/873.html







福島「放射性物質」土壌汚染調査 8割の学校で驚愕の数値が!
記事投稿日:2016/03/08 06:00
最終更新日:2016/03/08 06:00
(地表面の線量もいまだ毎時1マイクロシーベルトを超える場所が。土壌汚染はさらに深刻)
「中2の息子は、下の子を連れてカブトムシを捕りに行ってしまうんです。汚染した土を触った手を口に持っていったらと考えると、あれしちゃダメ、これしちゃダメ、と口うるさくなってしまって」(南相馬市・遠藤美貴さん・37)
「昨年11月に子どもふたりの尿を測ったら、微量ですが放射性セシウム137が出ました。外遊びする長女のほうが、控えている次女よりも数値が高かったので、外遊びさせるときは、なるべく県外に連れ出しています」(福島市・澤田恵子さん・仮名・37)
「うちの息子や地域の子供たちが40年間遊んだ滑り台を撤去したんです。残したかったけど、遊具の下の土がひどく汚染されていたので」(会津若松市・会津放射能情報センター代表、片岡輝美さん・54)
“復興”が加速しているように見える福島県。しかし本来、放射性物質の影響は、数百年続く。それを「なかったこと」にして目先の“復興”だけしようとする圧力が強まるなか、子供の将来を心配する母親たちが、冒頭のように実情を語ってくれた。
彼女らの声を受け、汚染の実態を調べるため、本誌取材班は昨年末から、福島県内の小中学校周辺、約60か所の土壌をランダムに採取。土壌に含まれる放射性セシウム137を調査した。
結果は、約8割の場所で放射線管理区域の4万Bq(ベクレル)/平米をはるかに超える高い値が出た。放射線管理区域とは、放射線による障害を防止するために、法令で管理されているエリアのこと。
この法令によると、18歳未満は、放射線管理区域での就労も禁止。大人であっても10時間以上の就労は禁止、飲食も禁止という厳しい規定だ。福島県では5年経っても、そんな中で子供たちが普通に生活させられている。
なんと二本松市内では、108万Bq/平米(二本松第二中周辺)という、チェルノブイリ原発事故の影響を受けたベラルーシなら“第二次移住対象区域”に相当する高濃度の汚染も……。
青森県黒石市・高舘のパーキングエリアの土120Bq/平米と比べると、差は明らかだった。
高一の次女と共に、福島県郡山市から神奈川県に自主避難中の坂本富子さん(仮名・54)は、この結果を見て肩を落とす。
「私は看護師ですが、病院の放射線管理区域(レントゲン室など)に入るときは鉛のエプロンを着けて被曝を防ぎます。なのに、なぜ福島だけ、こうした環境で生活させられるんでしょうか」
今回、土壌測定の監修をしてくれたNPO法人市民環境研究所の研究員で第一種放射線取扱主任者の資格を持つ河野益近さんは、
「土壌の汚染は、まだらで、数センチ採取する場所が違っただけでも値は変わります」
と前置きしたうえで、
「福島市内でも、半減期が30年のセシウム137が原発事故前の値に戻るまでには、300年以上かかります」
と、その深刻さを説明する。

女性自身
https://jisin.jp/domestic/1623711/
https://jisin.jp/domestic/1709440/





pp6520160907123.jpeg
2016.9


pp6520160907122.jpeg
2016.9


pp6520160907155.jpeg

pp6520160907156.jpeg
2016.9





posted by datasea at 13:57| Comment(0) | % 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

[環境メモ] 経団連会長「原発はもう無理」発言


大マスコミが報じない経団連会長「原発はもう無理」発言の衝撃度
人気記事
国内
2019.01.16
by 高野孟『高野孟のTHE JOURNAL』
原発にノーを突きつけるかのような年頭会見での中西経団連会長の発言が一部メディアで話題となりましたが、大手マスコミでは全くと言っていいほど報じられていません。
中西氏といえば日本の3大原発メーカーの1つである日立製作所の会長でもあり、そんな「要人」が発した言葉とあらば大きく報道されて然るべき。
いったいどんな力が働いたのでしょうか。
ジャーナリストの高野孟さんが自身のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』で事の真相を探っています。
「原発はもう無理」という経団連会長の宣言
年明け早々のビッグ・ニュースで、恐らく今年末に発表される「10大ニュース」に間違いなく入るだろうという重大な内容なのに、ろくにマスコミで報道さなかったという不思議な一件がある。
経団連の中西宏明会長が1月1日に行った年頭会見で、原発を作るのはもう無理だとして、こう述べたのである。
▼東日本大震災から8年が経とうとしているが、東日本の原発は再稼働していない。
▼お客さま〔エネルギー会社=電力会社〕が利益を上げられていない商売でベンダー〔設備納入業者〕が利益を上げるのはすごく難しい。どうするか真剣に一般公開の討論をすべきだと思う。
▼全員が反対するものを、エネルギー業者や日立といったベンダーが無理に作ることは、民主国家では、ないんですよね。
これは、1月1日のANNニュースなどが伝え、それをヤフーやニフティなどのネットニュースがキャリーし、またYouTubeにも画像がアップされて多少とも話題にはなったが、私の知る限り、それ以外の大手新聞・テレビでは取り上げられることはなかった。
唯一の例外が、「東京新聞」5日付の第1面左の
「『原発、国民反対なら無理』/経団連会長、政権と同調姿勢転換」
という記事と、同日第7面の
「経団連から見直し論」
という解説であった。
原子力ムラが壊れ始めた
中西氏は、経団連会長であるばかりでなく、日本の3大原発メーカーの1つである日立製作所の会長である。しかも、中西氏の前に日立の会長を務めていた川村隆氏は、今や東京電力ホールディングスの会長であって、柏崎刈羽原発の再稼働を前提としての東電の経営再建に必死に取り組んでいる最中である。さらに、中西氏の前の経団連会長だった榊原定征氏は、ベッタベタの安倍首相追随者で、今年1月2日の安倍首相の初ゴルフのお相手も務めているが、彼は「原子力は最も重要な基幹エネルギー」などと言って原発推進の旗を振っていた。
それを考えると中西発言は大変なことで、日立会長の前任者と経団連会長の前任者の2人を斬って捨て、さらにその後ろで何が何でも原発再稼働と原発輸出を国策として推進しようと糸を引いてきた安倍晋三首相・今井尚哉秘書官の原子力推進コンビに対して爆弾を投げつけるような行為だった。
この「経団連会長の反乱」の直接のきっかけは、日立が中心となって進めてきた英国への原発輸出計画が失敗し、同社は今年3月期連結決算で最大3,000億円の損失を計上せざるを得なくなっていることである。
これは、英西部のアングルシー島に原発2基を新設しようというもので、日立が現地に子会社
「ホライズン・ニュークリア・パワー」
を設立して着工準備を進めてきた。
しかし、世界的な原発安全基準の厳格化や資材の高騰によって事業規模が当初の2兆円という見通しから大きく膨らみ、新たに日立、英政府と英企業、東電など日本企業の3者からそれぞれ3,000億円、計1兆円程度の追加出資を集めなければならなくなった。
ところが、日立が当てにしていた東電が難色を示したのをはじめ必要な資金が集まらず、このままでは傷が広がるばかりだとして、すでに昨年12月の段階で中西氏は「もう限界だ」と計画断念の意向を英政府に伝達していた。
その経緯からして、日立の会長としての中西氏が原発輸出の未来について絶望的になるのは分からないでもないが、そのことと、“財界総理”とも呼ばれる経団連会長としての彼が、国内の原発に関してまで事実上「ノー」を宣言するということとの間には大きな飛躍がある。
その事情について、上述5日付「東京新聞」は、
「日立には、このままでは経産省の政策に沿って海外の原発会社を買収した結果、大損失を被った東芝の二の舞になりかねないとの危機感もあるとみられる」
と解説したが、たぶんその通りで、海外でも国外でも、政府の言うなりに無理に原発を進めれば企業として命取りになりかねないと判断したのだろう。
東芝の破綻は、経産省で産業政策・エネルギー政策畑を歩み、資源エネルギー庁次長を最後に安倍総理秘書官に転じた今井氏らの「原子力ルネッサンス」というお囃子に乗って、2006年、すでに経営が行き詰まっていた米ウェスティンハウス社を買収するという無謀に打って出たことが発端である。
東芝はその巨額投資の失敗を株主や世間に対して隠すために、史上空前の粉飾決算を繰り返さざるを得なくなり、それが15年に露呈して事実上の細切れ解体状態に陥って、今は何の会社であるかも分からない有様である。
中西氏が、今や下り坂の安倍=今井に義理立てして会社を潰したのでは元も子もないと考えたとして不思議はない。
こうして、正月早々、原子力ムラはその中枢のところで大きなひび割れを露呈し、これをきっかけに崩壊の過程に入って行くだろう。福島第一原発事故から8年にして、ようやくこの国は脱原発へと舵を切ることになるのではないか。
マスコミが中西発言を報じぬ謎
それにしてもマスコミはどうしたのだ!
この経団連会長の重大発言を、マスコミがろくに報道すらしないのはどうしてなのか。
12日付朝日は
「原発輸出政策、総崩れ」、
同日の日経も
「日本の原発、袋小路に」
と題したかなり大きな記事を掲げているが、いずれも日立の英国事業断念を中心に説明していて、中西発言には触れていない。
そもそも元日の中西の年頭会見をマスコミがここまで隠し通そうとするのには、一体、どういう力が働いているのだろうか。
唯一キチンと報道した「東京新聞」の知り合いに聞くと、
「〔報道しなかった東京以外の〕他社がどういう判断をしたのか分からないが、成長戦略の要である原発輸出がダメになったことがいうのがさんざん報じられた後なので、ネグったのかもしれない」
と言う。
それはそうかもしれないが、輸出がダメになったということと国内も止めたということの間には大きな飛躍があって、記者たちがもっと驚くべきではないか?
「政権と経団連との力関係が完全に政権優位に変質しているので、経団連会長の発言の重みが昔ほどないということが大きいのではないか」
しかし、いくら力が衰えたとはいえ経団連会長の発言である。
日本資本主義の機関紙とも言われる日経は中西会見をどう伝えたのかを、同紙電子版で見ると、
「エネルギー危機打破する1年に/経団連・中西宏明会長」
という記事はあるにはあるが、肝心の原発の部分はスッポリと抜けている。同記事の全文はこうである。
経団連の中西宏明会長は日本経済新聞などとの年頭のインタビューで
「日本のエネルギーの状況は危機的だ。打破する1年にしたい」
と語った。
構造改革の先頭を走るとの意向も示した。
詳しい発言は以下の通り
──2019年は改元を控える転換の年です。
「平成の30年間は高度成長期が終わり、グローバル化の大きな矛盾点がぶつかりあった30年だった。
安倍政権で経済環境は大きく変化した。電機業界はその典型で優勝劣敗がはっきりついた」
「日本のエネルギー問題は危機的だ。コストが高く、世界から批判され、再生エネルギーを増やせず、投資は停滞している。
2011年の東日本大震災から3年くらいは世界中が『仕方ない』と言っていたが、最近では同情はない。
どうするか真剣に討論すべきだ」
──消費税率が10%に上がります。
「やらざるを得ないしやるべきだ。
政府も再三決意を表明し、手厚いくらいの対策を打つ。
経済界も全面的に協力する。
そうでないと財政問題を解決するアプローチが見えない」
──データ覇権を巡り米中摩擦が激しいです。
「2〜3カ月の間に経済情勢がごろっと変わる。技術覇権の問題は関税の引き上げとは違った類いの争いだ。特に華為技術(ファーウェイ)まわりは、関連する企業への波及が出てくる。グローバル経済のブロック化が生じる。過去に米国はこういう手を何度も打った。日本経済の強みをどういう形でどう発揮するのか。高らかに宣言してやらないと変なことになる」
──日本の経済のデジタル化をどう促しますか。
「人口減少という深刻な事態に直面する。
デジタル化の波を日本経済を後押しする波として受け止め、成長の力にして展開していく。
真正面から受け入れるには構造改革が必須で時間もエネルギーもいる。
そういう動きが本格的に展開する年なので先頭を走りたい。
推進する力は従来型の産業より新しい方が強い。経団連に新しい会員を増やす努力を続けていく」……
察するところ、2番目の
「日本のエネルギー問題は危機的だ」
というパラグラフが、どうも本稿冒頭に▼印をつけて引用した中西発言を“翻訳”したものであるらしい。
しかし、この文章は、何を言っているのかさっぱり分からない。
「危機的」なのは「日本のエネルギー問題」ではなく、「日本の原発」でしょうに。「コストが高く、世界から批判され、……投資は停滞している」というのは、何が主語なのか不明だが、たぶん「英国への原発輸出」でしょうに。「11年の東日本大震災から3年くらいは世界中が『仕方ない』と言っていたが、最近では同情はない」とは、何に対して「世界中が『仕方ない』と言っていた」のか不明。おそらくは「まだ原発を続けようとしている」ことに対してでしょうに。
訳が分からない。
こうなるとどうしても中西発言の全文を手に入れなければならないが、経団連HPの「会長コメント/スピーチ」欄を見ても、1月1日付では
「Society 5.0 for SDGsの実現に向けて/経団連会長新年メッセージ」
という全く間抜けな文章が載っているだけで年頭記者会見についてはそれが行われた事実さえも掲載していない。
消えた経団連会長の重大発言……。
権力による言論封殺なのか、それとも経団連官僚からマスコミのほとんどまでが結託した“忖度”なのか。
この国ではどうも、ボーッと生きていると、国の運命に関わるような重大ニュースもいつのまにか消されて「なかったこと」にされてしまうようである。

MV
https://www.mag2.com/p/news/382754




※本記事は有料メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』2019年1月14日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。
プロフィール:高野孟(たかの・はじめ)
1944年東京生まれ。1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任。
2002年に早稲田大学客員教授に就任。08年に《THE JOURNAL》に改名し、論説主幹に就任。現在は千葉県鴨川市に在住しながら、半農半ジャーナリストとしてとして活動中。

MV
https://www.mag2.com/p/news/382754







posted by datasea at 07:13| Comment(0) | % 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

藤原直哉の「2019年はどうなる」要旨

藤原直哉の「2019年はどうなる」要旨
2019/01/10 20:41
・ 今までの流れから言って、ものすごい速さで決着がつく。
・ メキシコの壁を絡めてトランプが言っていることは 「米軍を引上げる」
・ 民主党は壁の予算を認めないだろうから、「非常事態」 宣言となる
・ 米軍は国内でやることがたくさんある。外国で戦争やっている場合じゃない
・ トランプは 「ISISに勝った」 と言っている。→テロ戦争は終了と言う意味
・ 米軍は911でテロ戦争のために海外に出て行った
・ トランプは 「長い戦争、誤解から始まった戦争が終わる」 と言っている
・ トランプは 「北朝鮮と話したい。中国と話したい」 と言っている
・ 北朝鮮も中国も脅威でなければ、日本の米軍は必要ない
・ トランプ 「米軍は帰って壁を作らせる」→米軍を帰らせる口実
・ メキシコの壁の話は口実で、民主党を締め上げている
・ トランプはゴルバチョフ以上である
・ 米国ではソ連以上のことが起こる
・ 金利はまだ上がる (今は速度を落としただけ) →株は大暴落する
・ トランプは1期目でほぼ達成した (米軍とドルを世界から引き上げる)
・ 「全然違うアメリカにする」 と信を問う (その時はトランプじゃないかもしれないね)
・ 911真相の連邦大陪審の審議が始まった
・ 2006年から証拠はどんどん放出している (説明はしていない)
・ ケビン・シップが大暴露している
・ 安倍、役人、官邸ポリス?関係ない、日本はどんどん取り残されている
・ ロシアの武力は圧倒的であり、世界は平和になる
・ 開けてびっくり玉手箱トランプの 「中東和平案」→パレスチナ国家を認める
* アメリカ中心でどんどん進む
* 今までの常識を変えないとついてゆけない
(以下略)

嗚呼、悲しいではないか!
http://jicchoku.muragon.com/entry/400.html

元気の素
https://blogs.yahoo.co.jp/satumayimo7/16075860.html

シャンティ・フーラの時事ブログ
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=185922
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?m=20181204



   





   

藤原情報教育研究所 015藤原直哉の時事放言2019年、どうなるの?
配信元) SOUNDCLOUD
19/1/10
   
Sound Cloud
https://soundcloud.com/naoyafujiwara_lce/0152019a
https://soundcloud.com/naoyafujiwara_lce/0152019a

元気の素
https://blogs.yahoo.co.jp/satumayimo7/16075860.html

シャンティ・フーラの時事ブログ
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=185922
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?m=20181204







藤原直哉氏による今後の世界情勢の予測 / フランスの黄色いベスト運動は収束の気配を見せておらず、新しい段階に入ってきている
2019/1/13(日) 午前 5:07 日記 練習用
藤原直哉氏による今後の世界情勢は、”必聴” です!!
フランスの ”黄色いベスト運動” も、益々意気軒昂で、新しい段階に入ってきている、とのことです!
この運動は、1%に対する、庶民99%の革命です。
これまでのような、1%だけを肥え太らせて(富が集まる)、庶民99%は搾取され続けて、痩せ細る(生活ギリギリの超貧乏)政策をとる、グローバリスト政府に 「 NO!!」 を宣言し、1%の傀儡政府を倒す運動です。
今や人々は覚醒しつつあります!
フランスの人々は、倒すべき敵は銀行家であることをよく理解しているようです! (竹下氏コメント)

元気の素
https://blogs.yahoo.co.jp/satumayimo7/16075860.html

シャンティ・フーラの時事ブログ
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=185922
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?m=20181204








黄色いベスト運動が取り付け騒ぎを起こす?
引用元) 日本や世界や宇宙の動向 
19/1/10 
https://www.investmentwatchblog.com/yellow-vests-suggest-bank-run/
(概要)
1月9日付け
ヨーロッパでは非常に多くの人々がオリガ―キー (少数独裁政治家集団) に搾取され続けてきたことに気が付いたようです。
(中略)・・・
フランスの黄色いベスト運動の女性グループが、非暴力抗議活動の一環として預金者は銀行から預金を全て引き出そうと提案しました。
中略)
黄色いベスト運動の参加者らがフランス銀行と国会を狙って抗議活動を行った後、暫くの間どこかに身を隠していたマクロン大統領が再び国民の前に姿を現し、黄色いベスト運動に対する取り締まりをさらに強化すると発表しました。
(以下略)

日本や世界や宇宙の動向 
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52036027.html

investmentwatchblog.com
https://www.investmentwatchblog.com/yellow-vests-suggest-bank-run/

元気の素
https://blogs.yahoo.co.jp/satumayimo7/16075860.html

シャンティ・フーラの時事ブログ
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=185922
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?m=20181204









藤原直哉氏による今後の世界情勢の予測 / フランスの黄色いベスト運動は収束の気配を見せておらず、新しい段階に入ってきている
竹下雅敏氏からの情報です。
藤原直哉氏による、今後の世界情勢の予測です。大変、参考になります。
大きな流れとして、この通りではないかと思いますが、細かいところでは、認識に若干の違いがあります。
時事ブログでは、これまでサウジアラビアのムハンマド皇太子は、ジャマル・カショギ氏の殺害に関与していないとし、これはムハンマド皇太子とトランプ大統領を陥れるディープ・ステート側の犯罪であると説明しました。
今日のソルカ・ファール情報をご覧になると、ロシア国防省の報告でも同様に考えていることがわかります。
そうでなければ、プーチン大統領とムハンマド皇太子の、G20サミットの場で見られた、ガッチリとした握手の説明がつきません。
また、
トランプ大統領と
ムハンマド皇太子、そして
ネタニヤフ首相
は、トランプ政権の発足の当初から協力関係にあります。
また、ネタニヤフ首相は、しばしばプーチン大統領と会談を行っています。
そして、これが決定的なのですが、ネタニヤフ首相は未だに魂が残っており、波動も高いのです。
しかも、潜在下、無意識下の波動も高いのです。
しかも、彼はサイコパスではありません。
このような波動を持つ人物が悪人だったという経験がないので、おそらく彼は、ロシアのスパイだろうと思います。
こうした点を除けば、ほとんど、私の考えは藤原直哉氏と同じです。
”続きはこちらから” では、フランスの黄色いベスト運動は収束の気配を見せておらず、新しい段階に入ってきているように見えます。
どうやら、フランスの人々は、倒すべき敵は銀行家であることをよく理解しているようです。(竹下雅敏)

元気の素
https://blogs.yahoo.co.jp/satumayimo7/16075860.html

シャンティ・フーラの時事ブログ
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=185922
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?m=20181204














配信元) Twitter
やのっち(・ω・)@_yanocchi0519
パリ市民による政治活動 「黄色いベスト」 が今週の土曜日に銀行の取り付け騒ぎを計画中銀行などの金融機関から全ての預金を引き出すことを支援者に呼びかけている。
メンバーの一人 「非暴力かつ法的な威嚇。政治家にとって最悪の日になるだろう」
https://www.apnews.com/c8646ad291c440978c5d8a260a11d454
https://jp.cointelegraph.com/news/frances-yellow-gilets-jaunes-plan-for-the-bank-run-positive-for-bitcoin/amp?__twitter_impression=true
12:31 - 2019年1月10日
Yellow vest protesters call for huge run on Fre......
PARIS (AP) - Yellow vest activists are urging Fr....
apnews.com
やのっち(・ω・)@_yanocchi0519
「黄色いベスト運動」 が収まる気配がない。
今回、ターゲットとなったのは、マクロンの出身である銀行。
マックス・カイザー氏
「もし全てのフランス人が20%の銀行預金をビットコイン (暗号通貨) に両替すれば、フランスの銀行と政府は崩壊し、流血の事態は避けられる。」
https://jp.cointelegraph.com/news/frances-yellow-gilets-jaunes-plan-for-the-bank-run-positive-for-bitcoin/amp?__twitter_impression=true
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Max Keiser, Tweet poet. @maxkeiser
If every French person converted 20% of their bank deposits into #Bitcoin
(and got a Bitcoin debit card to use for day-2-day stuff), French banks and the government would collapse and a lot of bloodshed could be avoided. #jilletsjaunes
#JeSuisSatoshi
12:36 - 2019年1月10日

Twitter
https://twitter.com/maxkeiser/status/1071862576999526400?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1083206014944477184&ref_url=https%3A%2F%2Fshanti-phula.net%2Fja%2Fsocial%2Fblog%2F%3Fp%3D185922

     






2016/7/7
「英EU離脱第二波〜不動産市場に異変が」  
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGF06H1H_W6A700C1MM8000/?n_cid=NMAIL001
Bloomberg関連記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-07-06/O9WIZYSYF03V01
「資家が英不動産ファンドから資金を引き揚げているのは、
ロンドンのオフィス価値が英国のEU離脱から3年以内に最大20%下落する恐れがあるとアナリストらが警告していることが背景にある。
2007年と08年の金融危機時にも不動産ファンドは解約で同様の打撃を受け、換金停止を強いられており、
英国ではピークから40%余り値下がりするという不動産相場の低迷を経験した」
英EU離脱、市場に第2波 英不動産ファンド解約増
2016/7/7 2:02
英国による欧州連合(EU)離脱決定の余波が金融市場を揺らし始めた。
イタリアの銀行の経営不安が再燃したのに続き英不動産ファンドの相次ぐ解約停止で混乱が広がり、
6日の金融市場で日本円や日米欧の国債へのマネー逃避が鮮明になった。
不動産価格下落や信用不安の連鎖が続けば欧州の実体経済にも影響が及びかねない。
「不確実性と重大な経済調整の局面だ」。
英中央銀行イングランド銀行のカーニー総裁は5日、英離脱決定の衝撃波が欧州の金融システムに飛び火するリスクに警鐘を鳴らした。
日米欧の長期金利は過去最低の水準に低下し、日本では6日、20年債利回りが初めてマイナスに沈んだ。
円相場が6月24日以来の1ドル=100円台前半まで上昇したほか、日経平均株価は一時、前日終値に比べ500円以上値下がりした。
6日の欧州市場でもロンドンのFTSE100指数をはじめドイツ、イタリアの株価も軒並み下落するなど波乱含みだ。
離脱ショックの「第2波」は英不動産市場が震源だ。
6日はヘンダーソン・グローバル・インベスターズが英第2位の公募不動産ファンドの解約を停止。
停止は5件目で、英不動産ファンド市場の5割強が凍結された計算だ。
金融機関などが英国外に拠点を移せばロンドンの不動産価値が低下しかねず、
一部投資家らが解約を求めファンドに殺到しているようだ。
ファンド側はすぐに資産を現金化するのが困難で、
解約の一時停止に動いている。
異例の取引制限を巡り市場では
「2007年8月のBNPパリバによるファンド解約凍結を連想させる」(外資系銀行)
との声もある。
くすぶっていたイタリアの不良債権問題もクローズアップされた。
欧州中央銀行(ECB)が不良債権の大幅削減を求め、イタリア政府による公的資金注入が不可避だとの見方が浮上している。
英離脱で欧州経済の先行き不透明感が強まり、不良債権処理が遅れる欧州銀行への視線は一段と厳しくなっている。
英離脱決定後、イタリアのウニクレディトや英バークレイズ、ドイツ銀行などの銀行株は2割以上値下がりした。
英ファンドの支払い停止などを発端に市場の疑心暗鬼が広がれば、
英国だけでなく、欧州市場全体でみて問題の大きい銀行が信用不安に見舞われる可能性が高まる。
英離脱ショックは金融システムの中枢が直撃されたリーマン危機とはやや性質が異なる。
米調査会社クレジットサイツのアナリスト、ハースト氏は
「不動産業の債務依存度や銀行の与信残高は低く不動産市場から金融システムへ危機が伝染する可能性は低い」
とみる。
銀行同士が資金をやり取りするロンドン銀行間取引金利(LIBOR)3カ月物金利は1%を大きく下回っており、
4%まで上がった08年9月のリーマン・ショック時のような切迫感はない。
とはいえ、住宅など広範な資産価格下落などに見舞われれば信用の目詰まりは避けられず、
金融セクター全体の安定性が揺らぐ恐れもある。
欧州金融当局が沈静化に有効な手を打てなければ
「リーマン型の金融システム危機の性格を帯びてくる」
(中央銀行関係者)
との警戒感もある。
(石川潤、ロンドン=黄田和宏)
MOMさんちでドイツ銀行で検索すると
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/search?q=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E9%8A%80%E8%A1%8C
『日本のマスコミはドイツ銀行がいかに危機的状況かを使えようとはしません。
英ポンドが暴落していますが、それでもイギリスの銀行はヨーロッパの他の銀行ほど危機的状況ではないようです。
まさに、BREXITの前にイングランド銀行が先手を打っていたのでしょう。
ドイツ銀行が破たんするのは時間の問題となっています。また、イタリアの銀行も破綻寸前です。
今後ドミノ式に世界中の金融機関に影響を与え、ついに金融システムが崩壊することになるのでしょうか。。。
BREXITで焦っているのはEUのリーダー国のドイツでありイギリスではないのかもしれません。
もちろんポンドも暴落していますが、暴落すれば輸出産業が伸びるのでチャンスかも。。。
それより、現在の通貨システム自体が崩壊してしまうのでしょうか
FRBが今年初めにアメリカ国内の大手銀行(33行)に行った財務力テストの結果、ドイツ銀行ともう一行のみが不合格となりました。
現在、ドイツ銀行は破綻を回避するために急いで現金を増やそうとしています。
今日、ドイツ銀行は必要な資金を集めるために少なくとも10億ドルもの輸送関連ローンを売却しようとしていることがわかりました。
ドイツ銀行のこのような動きはまさにリーマンブラザースが破綻前にやろうとしていたことなのです。
イタリアの状況も悪化し続けています。
イタリアの銀行が貸し付けた銀行ローンの約17%が債務不履行状態です。
つまりイタリアの銀行は大量の不良債権 を抱えているということです。
2008年のリーマンショック時にアメリカの銀行が抱えた不良債権はたった5%でした。
このようなことからも、イタリアの金融界は壊滅的な状態であることがわかります。
BREXITの影響を最も受けているのがイタリアの銀行です。
イタリアの銀行のBanca Monte Dei Paschi Di Siena の株価はこの10日間で45%も暴落してしまいました。
この銀行は2018年までに不良債権を40%まで減らす計画を立てました。
イタリアの他の銀行の株価も6月23日以降、約30%も暴落しています。
イタリアの銀行はこれまでも大量の不良債権を抱えていましたが、BREXITにより大きな打撃を受けています』
ジョージソロスはポンドは20%下落するだろうと予測しているがご本人はポンドのロングで大損
http://www.asyura2.com/16/hasan110/msg/349.html

ハムレットの水車小屋
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1230.html

























posted by datasea at 10:02| Comment(0) | % 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

マダム・マルシア・チャンプニー: 米大統領制は2012年まで

マダム・マルシア・チャンプニー: 米大統領制は2012年まで
未来 - 詳細表示 - 徹底検索、堀進 - Yahoo!ブログ
2009/4/11(土) 午前 6:23
米大統領は2012年が最終年となる!  
千成記
以下の情報によると、米国の歴代大統領婦人には、マダム マルシア チャンプニーという驚異の透視家の書いた大統領の任期を示す
『米国大統領(1930〜2012年)に対する占星術の案内書1930-2012』という正確無比の予言の本を手渡されているとのこと。
この本によるとオバマ大統領が米国最終大統領でありメシアと呼ばれ、2012年まではもつようです。
オバマ大統領は、就任の宣誓の時、聖書に手を置きませんでした。
又過去の米国大統領の、ウッドロウ ウイルソンやその次の大統領のウオーレン G ハーディングは「見えない権力」に反抗したために殺されたが、病死として片付けられたとのこと。
その占星術の透視術師はマダム マルシア チャンプニーとして知られており、
彼女の書いた本は『米国大統領(1930〜2012年)に対する占星術の案内書:Astrological Guide For American Presidents: 1930-2012』 というものでした。
そしてそれは、私版であったにもかかわらず、出版されて以来その後の全ての大統領婦人に夫が米大統領の職務につくために宣誓すると同時に手渡されてきたと噂されています。
この本がなぜそんなに重視されたかと言うと、マダム マルシア チャンプニーの類い希なる透視力にありました。
マダム マルシア チャンプニーの透視力が米大統領婦人であったハーディング婦人とウイルソン夫人にどのような影響を与えたかを告げる逸話は歴史からほとんど消されてしまいました。
しかし例外が一つありました。
1988年に刊行された『大統領の占星術師』という本です。
その本には、全ての米大統領婦人が占星術師と深い関係を持っていたことが述べられています。
そして『米国大統領(1930〜2012年)に対する占星術の案内書:Astrological Guide For American Presidents: 1930-2012』という神秘的な本の内容から判断すると、
現代でも、見えない権力からの脅威は続いています。
その本の予言が全ての大統領の生存期間と死亡日を告げていることはたいした不思議ではありません。
その本には「最後の大統領は2008年に選ばれメシアと呼ばれるでしょう、
そして彼が死ぬまでに新しい時代が始まっているでしょう」と書いてあります。
そしてソルチャ ファールがこの本についてわれわれに残した覚え書きから
新しい米大統領のバラク オバマについて、1955年11月18日に書かれたものを 紹介します。
マダム マルシア チャンプニーは最後の大統領について以下のように書いています。
彼はラーの目の意志を奪うでしょう。
そして来るべき日食が新しい月ではなく古い月に従うのを求めるでしょう。
古い月は、王たちの最大の敵である彼に反対して立ち上がるでしょう。
そして地球をほとんど壊滅状態にするでしょう。
彼はそのことが再度新しくなる前に来なければならないことを知っています。
その本は、マダム マルシア チャンプニーの指導と助けで書かれました。
そこで米国大統領のバラクオバマが1月20日の12時正午(EST)に水瓶座の家(the House of Aquarius)にて
月の出ていない時に大統領就任の宣誓をしようとして失敗したことと偶然ではありません。
失敗したので1月21日に水瓶座の家で午後の7:35に月が昇りかけの時、再度とりおこなうことになったのです。
これは1月26日にあると黙示で示された日食間近のことでした。
さらに注目すべきことは、オバマ大統領が就任の宣誓をする時に、
彼はキリスト教の聖書の上に手を置かずに宣誓をしたことです。
このあからさまな行為は、聖書が米国の人々を長い間大破局に導く役割をしてきたことを知り、
「見えない権力」を拒絶したことを意味していました。
http://slicer93.real-sound.net/0-hl-space-10619.html

未来 - 詳細表示 - 徹底検索、堀進 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/folder/588071.html?m=lc&p=10


posted by datasea at 00:00| Comment(0) | % 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

2018年ウェブ・ロボット予測

Cliff High 2018 Web Bot Predictions
By Red - January 1, 2018
Clif High Web Bot Prediction for 2018 from Truth Warriors on Vimeo.

Red Dragon Leo
reddragonleo.com/2018/01/01/cliff-high-2018-web-bot-predictions








2018年ウェブ・ロボット予測
Vimeo Truth Warriors
Clif Highは,Greg Hunterのインタビューで2018年ウェブ・ロボット予測について語った。
ウェブ・ロボット・プロジェクトは,予測言語学を使いう未来のイベントを予測するプロジェクト。
氏ののインタビューからハイライトのいくつかを抜粋する。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Bitcoinの活況は2月末頃まで続き,それ以降はさらなる波がくる。
2018年には64,000ドルを超えて100,000ドルに達するかもしれない。
2018年は仮想通貨の存在が大きくなる一年になる。
[Greg Hunter注釈:
消費者をおびえさせてBitcoinから離そうととするオルタナ・メディアは多い。
その一部は銀行家から雇われた反対勢力だ。
しかし仮想通貨の人気は中央銀行も食い止めることができなくなり,
オルタナ・メディアの制御でBitcoinから離れた消費者はいずれは後悔する事になる。
あなたがBitcoinのトレーニングが必要なら,glenn@nsearch.comに電子メールを送ってください]
2020年代は革新とテクノロジーが開花し「新楽観主義」の年代になる。
Bitcoinをはじめとする仮想通貨が力を持ち,主流となる。
金は2018年2月ごろ,1オンス3,000ドル〜5,000ドルの間で推移。
銀は2019年までに600ドル以上上昇し,1オンス1,000ドルになる。
例えば,カップに向けるとカップの中のコーヒーが加熱できる光線銃のような装置など,
銀を使った新技術が生まれている。銀は新しい工業的用途が生まれる。
2018年3月〜4月,中国が北朝鮮に介入,その頃からアメリカの北朝鮮への関心は薄らぎ始める。
中国は外交面,経済面,軍事面のアプローチにより,アメリカ合衆国の北朝鮮への攻撃を止めようとする。
目的は北朝鮮国民の中国亡命を食い止めるため。

fdhgdgh pc













19590000 [BitCoin]ナカモト氏,10歳で米国移住
19920000 サイファーパンクメーリングリスト,Cypherpunk,
19920000 ティモシー・メイの1992の文書,潜在無政府主義の宣言,Cypherpunk,
19930000 サイファーパンク マニフェスト(A Cypherpunk’s Manifesto),Eric Hughes
20080000 [BitCoin]ナカモト氏ビットコインを発明
20080000 サイファーパンクメーリングリストに論文「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」
20130000 [BitCoin]急騰した2013年の時期に不審な取り引きが発生していたと研究者は指摘
20131218 [BitCoin]11月30日に付けた最高値7588元(約12万9800円)が18日午後には約70%安の2245元(約3万8000円)にまで下落
20140300 ナカモト氏のおかげで今,ビットコインと同じように仮想通貨が100以上もできています tamatama
20140307 [BitCoin]Bitcoin開発者「中本哲史」の身元がついに割れる yucasee
20140309 ビットコイン発明者「ナカモト氏」判明か WIRED NEWS
20140315 [BitCoin]ナカモトさんが記者団と激しいカーチェースを繰り広げているようです tamatama
20160830 [BitCoin]「金融を変革可能」,日本取引所がブロックチェーン実験結果を公開
20160830 [BitCoin]JPX,仮想通貨の技術基盤「ブロックチェーン/分散型台帳技術」実証実験の調査レポート公開
20160830 [BitCoin]ブロックチェーン/分散型台帳技術(DLT:Distributed Ledger Technology)
20170000 ビットコインの価格は 2017年に1300%以上も上昇
20170300 仮想通貨のビットコインの急激な価格上昇がおきるだろう webbot[2016/12]
20170322 ビットコイン分裂危機で暴落の可能性 中国のグレートファイヤーウォールについて
20170405 ビックカメラ ビットコイン導入へ
20171007 [Bitcoin]実は閉鎖された中国の取引所ですが,国の規制に準拠したら再開されるそうです
20171007 [Bitcoin]先程見たら,ビットコインまた49万台まで上がってました,ヒャッハーー!!tamatama
20171017 Ripple(リップル)がビルゲイツ・メリンダ財団と提携!モジャループ発表 tamatama
20171017 ウェブボット各種仮想通貨予想 他,祝!ALISさん上場 tamatama
20171017 スーパーファミコン用の「アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士」新品に25万円という価格
20171019 祝!リップル取引所代表逮捕!リップルゲートウェイ詐欺 tamatama
20171100 [Bitcoin]11月にはまたビットコイン分裂騒動があるようです
20171100 [BitCoin]クレジット購入のうち22.1%が未払いで,2017年11月のカード債務残高は年初来で最高を記録
20171100 [BitCoin]22.1%が未払い…ビットコインをクレジットカードで購入するアメリカ人
20171200 [BitCoin]2017年7月の値:=約22万円から約10倍の220万円に急騰
20171200 [BitCoin]国内のビットコイン投資家の6割が30代だそうだ,借金して投資している者も多いとみられる
20171200 [中国社会]AI,ITの発展が進み,抜け道のない息苦しい社会になってきている TBSラジオ・福島かおり
20171200 [中国社会]理想の国を作るために,理想から外れる者達を切り捨てているかんじがする TBSラジオ・福島かおり
20171220 [BitCoin]ビットコイン,2万ドル近辺まで高騰
20171220 [BitCoin]ビットコイン,急速な価格上昇を受けてバブル化懸念が台頭
20180111 [BitCoin]11日に韓国法相が明かした、仮想通貨の取引を禁じる法案準備
20180111 [BitCoin]ビットコインが乱高下 韓国では仮想通過の取引を禁止する法案も
20180111 [BitCoin]ビットコイン急落:11日に韓国法相が明かした、仮想通貨の取引を禁じる法案準備への懸念が原因
20180111 [BitCoin]仮想通貨取引サイト「DMM Bitcoin」が登場 日本円の入出金手数料は無料
20180111 [BitCoin]仮想通貨取引サイトDMM Bitcoin:取り扱う仮想通貨は7種類
20180111 [BitCoin]仮想通貨取引サイトDMM Bitcoin:日本円や仮想通貨の入出金手数料は無料
20180111 [BitCoin]仮想通貨取引の規制を巡り大統領府と法務部が異なる方針を示したことが原因
20180113 [BitCoin]ビットコインバブルは本物なのか 熱くなっているのは東アジアだけ? livedoor
20180115 [BitCoin]ビットコインの価格急落 韓国が規制強化するとの観測が影響か
20180115 [BitCoin]億り人:15日のTV番組で「億り人」特集
20180115 [BitCoin]億り人:仮想通貨価格が「勝手に増えていく」という「億り人」
20180115 [BitCoin]韓国政府によって規制が強化されるとの観測を受けて市場が動揺
20180115 メルカリ 仮想通貨による決済サービスを年内にも導入へ
20180116 [BitCoin]ネットでボーダレスに取引されるビットコインは、実質的な資本流出
20180116 [BitCoin]ビットコインの撤退を決めた中国 習近平氏は資本流出を危惧か
20180116 [BitCoin]仮想通貨を利用した犯罪 40代女性が相手の口座にビットコイン振り込む
20180116 [BitCoin]韓国がビットコインに熱狂している理由 朝鮮半島の緊張化などに要因と分析
20180116 [BitCoin]高騰した仮想通貨ビットコイン 数人による価格操作の可能性を指摘
20180116 [BitCoin]朝鮮半島の緊張化や大統領弾劾などの急変事態の影響 ブルームバーグ
20180116 [仮想通貨]イーサリアムなどの暴落状況はビットコインよりも大幅に悪い
20180116 [仮想通貨]仮想通貨がテロの資金源になっている エジプトのイスラム指導者
20180116 [仮想通貨]中東各国で仮想通貨の規制が強まる ギャンブル性が高いことも問題視
20180117 [BitCoin]ビットコインの価格が一時急落 2カ月ぶりに100万円を割る
20180117 ビットコイン,昨年12月の半値に=一時1万ドル割れ Yahoo!
20180117 [BitCoin]ルクセンブルクの取引所ビットスタンプで仮想通貨ビットコインの相場が急落
20180117 [BitCoin]ロンドン時間午後2時には一時前日比約13%安の1ビットコイン=9853.45ドルまで値下がり
20180117 [BitCoin]一時、2017年11月下旬以来約2カ月ぶりに1ビットコイン=100万円を割った
20180117 [BitCoin]ビットコイン,警戒感から売りが売りを呼ぶ展開
20180117 [BitCoin]ビットコイン価格が一時100万円割れ 投資家らのパニック的な書き込みも
20180117 [BitCoin]国内の一部の取引所で一時100万円を割り込んだ
20180117 [BitCoin]「勝手に増えていく」億り人特集の翌日にビットコインが急落
20180117 [BitCoin]Twitterでは「行ったり来たりを繰り返して圧倒的成長遂げる」との声も
20180117 [BitCoin]この先,当局による規制やルール作りが進んでいく可能性が高い 新田ヒカル
20180117 [BitCoin]これからビットコインに手を出しても“ガッポリ”というワケにはならなそうだ ゲンダイ
20180117 [BitCoin]ビットコイン,価格がピークの1000分の1になる可能性もある ロンドンの金融市場関係者
20180117 [BitCoin]ビットコインの急落は予測可能だった?金融市場の成り立ちから考える
20180117 [BitCoin]ビットコインやイーサリアム ほぼすべての仮想通貨が暴落の事態
20180117 [BitCoin]仮想通貨の前例はないが市場価格の急落として見れば特別現象ではない
20180117 [BitCoin]仮想通貨の暴落に楽観的な声も「行ったり来たりで圧倒的成長を遂げる」
20180117 [BitCoin]規制強化や法整備が進んでいくにつれ、投資するウマミも少なくなる 新田ヒカル
20180117 [BitCoin]今回の暴落で投資に二の足を踏む人も多いでしょう マネー評論家新田ヒカル氏
20180117 [BitCoin]長期的に外国為替証拠金取引(FX)などのように『まっとうな投資』になっていくでしょう 新田ヒカル
20180117 [仮想通貨] Eth​​ereumは、1000ドル近くまで20%以上下落
20180117 [仮想通貨] 今日は暗号通貨市場全体が2桁以上下落
20180117 [仮想通貨]Rippleは33%下落し1.23ドルになった
20180117 [仮想通貨]ビットコイン、イーサリアムその他ほとんど全ての仮想通貨が暴落
20180117 [仮想通貨]下落の渦中でインターネットアルトコインたちの状況はBitcoinよりも大幅に悪い
20180117 [仮想通貨]価格トップ100の暗号通貨のうち,過去24時間で価格が下落しなかったのはわずか1つ Coinmarketcap.com
20180117 [仮想通貨]急速に人気価格チェッカーになったCoinmarketcap.com
20180118 [BitCoin]ビットコインの暴落は規制への懸念 リスクを理解しないとケガする恐れ
20180119 [BitCoin]韓国が禁止しても…仮想通貨市場が崩壊しないと言える理由は
20180119 1位はマツダのロードスター 現行国産車の秀逸デザインランキング
20180119 20年間引きこもりの45歳長男に年間192万円払う 親の胸中
20180119 Amazon:「冷酷」とまで言われる背景には、徹底した合理主義があるという
20180119 Amazon:合理主義の顕著な例は「カスケード」という仕組,好条件を提示する会社と優先し取引
20180119 イタリアで中国マフィアの構成員33人を摘発 欧州の輸送産業に浸透図る
20180119 インド国防省 弾道ミサイル「アグニ5」の発射実験に成功したと発表
20180119 ニュージーランドのアーダーン首相が妊娠 6月に第1子を出産へ
20180119 ビットコイン:規制や法整備が進むと「大儲け」は困難か
20180119 ビットコイン:法整備が進めば回収効率は低くなってしまい、投資する意味がなくなってしまう ゲンダイ

fdsfdsfs pc







ビットコイン一時100万円割れ 規制強化への不安で売り加速
2018年1月17日 11時28分 産経新聞
インターネット上の仮想通貨「ビットコイン(BTC)」の価格が急落している。
主要な国内取引所で17日、約2カ月ぶりに一時1BTC=100万円を割った。
韓国をはじめとして、世界的に規制強化の流れが強まるとの観測が広がり、不安視した投資家の売りが相次いだとみられる。
取引所運営の「コインチェック」(東京)によるとBTC価格は17日午前に99万7千円を付けた。
100万円を下回るのは昨年11月下旬以来。
その後買い戻しもあり、午後5時現在は130万円前後に回復した。
ドル建てでも急落。
米情報サイト「コインデスク」によると、16日に一時1万63ドルと、昨年12月初旬以来約1カ月ぶりに1万ドルの大台を割る寸前まで落ち込んだ。
仮想通貨をめぐっては、韓国政府が取引の禁止を検討していることが伝わっているほか、
中国では、政府が取引所と類似のサービスを提供する携帯端末向けのアプリなどの取り締まりに乗り出すとの情報もある。
また、ロイター通信によると、ドイツ連邦銀行(中央銀行)のヨアヒム・ビュルメリング理事は、
仮想通貨は「国際的な協力を通じた規制のみが効果的だ」と指摘。
世界的に規制が強まるとの思惑から、BTCの売りが進んだとみられる。
BTCは昨年12月、米シカゴ・オプション取引所の先物取引開始に伴う大口投資家の参入期待などで、
国内取引所で一時230万円超に上昇。その後は乱高下を繰り返し、最近は170万円近辺で推移していた。

livedoor
http://news.livedoor.com/








ビットコイン、半値に=一時1万ドル割れ
1/17(水) 23:00配信 時事通信
【ロンドン時事】
ルクセンブルクの取引所ビットスタンプで17日、仮想通貨ビットコインの相場が急落し、
ロンドン時間午後2時ごろには一時、前日比約13%安の1ビットコイン=9853.45ドルまで値下がりした。
昨年12月には2万ドル近辺まで高騰していたが、1万ドルの節目を割り込み、この1カ月間で半値に下落した。
ビットコインをめぐっては、昨年の急速な価格上昇を受けてバブル化懸念が台頭。
世界の金融当局も規制に乗り出す動きを見せており、警戒感から売りが売りを呼ぶ展開となっている。
ロンドンの金融市場関係者は「完全に投機の対象と化していた。バブルが破裂した形だ」と指摘。
「価格がピークの1000分の1になる可能性もある」との見方を示した。

Yahoo! Japan
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00000140-asahi-int







ビットコイン、一時100万円割れ 規制強化に警戒感
2018年1月17日 23時30分 テレ朝news
ビットコインの下落が止まりません。
国内の一部の取引所では一時、価格が100万円を下回りました。
インターネット上で取引される仮想通貨「ビットコイン」の価格は、
去年12月に初めて1ビットコインあたり200万円を突破するなど1年間で20倍近く上昇していましたが、
16日から急速に下げ足を速め、17日の午前中には国内の一部の取引所で一時、100万円を割り込みました。
背景には、ビットコインなどの仮想通貨に対する世界的な規制強化への警戒感があります。
韓国の政府高官が仮想通貨の取引禁止に言及したほか、
ドイツ連銀の幹部が世界規模で規制すべきと発言した報道などが影響しているとみられています。
仮想通貨市場ではビットコインだけでなく、様々な通貨に売りが広がっています。
国内の取引所が運営する投資家らの掲示板には、
「売りたくても売れない」「まだ下がる」といったパニック的な書き込みも登場しています。

livedoor
http://news.livedoor.com/






ビットコイン、イーサリアムその他ほとんど全ての仮想通貨が暴落
2018年1月17日 9時30分 Engadget 日本版
ビットコイン、イーサリアムその他ほとんど全ての仮想通貨が暴落
Bitcoinやその他の暗号通貨(仮想通貨)を持っているなら、今は目をつぶっていよう。
もし投資しているなら、もうご存知のことかとは思うが、今日は暗号通貨市場全体が2桁以上下落した。
Bitcoinの価格は12月4日以来、初めて1万2000ドルを下回り15%暴落した。
一方Eth​​ereumは、1000ドル近くまで20%以上下落し、Rippleは33%下落し1.23ドルになった(記事執筆時)。
価格の低下は大きな影響を与えてる。
急速に人気価格チェッカーになったCoinmarketcap.comによれば、
過去24時間のうち、価格トップ100の暗号通貨のうち、価格が下落しなかったのはわずか1つに過ぎない(その1つとはTetherだ)。
ビットコインが丁度1ヶ月前の12月16日に、2万ドル近くを記録したときとは大違いだ。
下落の渦中で、Ethereum、Ripple、およびそインターネットアルトコインたちの状況は、Bitcoinよりも大幅に悪いものになっている。
暗号通貨の価格に関連する他のすべてのものと同様に、この変動を起こしているものが何かは明確ではない。
昨日のブルームバーグの報道によると、
中国は国内のインターネットユーザーたちが海外のBitcoin交換取引にアクセスするのを阻止する準備を進めているという。
昨年中国は国内の取引所とICOを禁止している。
先週は、中央政府が中国内のbitcoinマイナーたちを追い出す動きを見せていることが明らかになった
(中国のマイナーたちは、世界のマイナーの大部分を占めていると考えられている)。
有力な業者は既にそれに備えて海外に展開を始めているが、そのニュースは市場を揺るがした。
韓国政府はbitcoinと暗号通貨取引に対する全面規制は計画していないと表明したが、同政府による暗号通貨規制計画をめぐる憶測は乱れ飛んでいる。
暗号がこじれて、別の(トンデモ)理論を唱える者もいる:
It's crazy how one video could have caused this crash.
The video that caused this was posted on the main Bitcoin subreddit yesterday
and it send a shock wave through the bitcoin community: https://t.co/yqnd0a7rpS
- UFO Today (@CryptoKong) January 16, 2018
1本の動画がこの下落を引き起こしたかもしれないなんて凄いことだ。
これを引き起こした動画は、昨日のRedditのBitcoinフォーラムに投稿され、Bitcoinコミュニティにショックウェーブを送った: https://t.co/yqnd0a7rpS
もちろん、こうしたことはこれまでにも起きている。
こうしたニュースは見慣れたものだろう...
暗号通貨市場は、先月のクリスマス前にも大幅な下落を経験しているが、それ以降評価額は回復してきていた、
これがこの世界の移ろいやすい性質の現れなのだ。
そうした上昇が、今日の暴落に続いて起きる可能性はある。
実際、ウォールストリートの銀行家たちが今週ボーナスを手にするため、金融市場の一部のウォッチャーたちは今週価格が急騰する可能性があると予測している。
注:著者は、ETHとBTCを含む少量の暗号通貨を所持している。
[原文へ]
(翻訳:sako)
FEATURED IMAGE: BRYCE DURBIN

livedoor
http://news.livedoor.com/
posted by datasea at 23:13| Comment(0) | % 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする