2019年05月05日

玉蔵: 未来人の予言 今年から中国は分割→2021年世界大戦で消滅 

玉蔵: 未来人の予言 今年から中国は分割→2021年世界大戦で消滅 
2019.04.25
未来人さん 将来はベーシックインカム社会
さて、このブログではその昔、未来人の予言などを載せてたことがあるんですが。
まぁ、はっきり言って、当たった試しはないですね。
昔こんな未来人の予言なるものも載せましたが。
中国の予言 今年から中国は分割→2021年世界大戦で消滅 日本は2025年からハイパーインフレ
2017年1月4日
これは、
2021年に第三次世界大戦、
中国が分割する、
2024年にデフォルトになる。
ワタスの予想する未来と似てるので載せますた。
まぁ、しかし、年号。
この未来人さんは、平成の次は安始だと言ってますた。令和にかすりもしてないですね。
という訳で、未来人ネタはネットの暇人が書いてる可能性がある。
まぁ、ということで以下も載せるほどの話でもないのですが、面白かったので載せます。
以下は100万人以上が登録するYoutubeのAPEX TVという人気オカルトチャンネルからです。
2082年から来たという自称タイムトラベラーさんの話を載せてます。
なんでも、この未来人さん。6000年前に行って恐竜の写真を撮って来たとか。
うーん。
これで信じろというのはどうも。。
コメント欄には、フォトショップで作るにしても、もっと本物っぽいの作れとか。偽物感100%とか。散々に書かれていますた。
まぁ、ワタスが面白いと思ったのはこの恐竜云々のところじゃなく他の部分です。
未来はベーシックインカム社会になってるとか、地球温暖化で内陸に住むようになてるとか。興味深いことを色々言ってます。
以下がそのまとめです。
・1981年時点でタイムマシンは発明されていたが、世間一般に公開されたのは2028年になってからだ。
・タイムマシンは当初政府のごく一部の人間しか使えなかった。
世間一般に公開されたのは歴史的に重要イベントを振り返って検証するのに必要だったのと、エンターテイメントとしてだった。
・ゲティスバーグの演説や1776年の独立宣言などを見て来たし、6000万年前の恐竜を見て来た。
・未来の世界では、ベーシックインカムが普及している。
だいたい1ヵ月4000ドル(40万円)の支給がすべての市民に与えられる。
・2028年にタイムマシンが公開された時はかなり高価なものだった。大金持ちしか利用できなかった。
しかし後に、かなり安価になって誰もが利用できるようになった。
・タイムトラベルは非常に厳格な法で規制されていて、例えば、過去のいかなる親類に会ってもならない。
それは深刻なタイムパラドックスを生み出すからだ。
もし法を犯せば二度とタイムトラベルはできないどころか刑務所送りになる。
・スペーストラベルもその頃には一般的なっている。
テラフォーミングも進んで、火星や水星、金星は住めるようになっている。
個人的には火星旅行が好きで、2022年には最初に火星に人が降り立った。
2050年後半には水星と金星のテラフォーミングが終わっている。
・多くの人が未来の世界で人類にとって一番の問題となるのは何か?と聞くのだが、それは地球温暖化だ。
地球温暖化の影響で人類は大都市を離れてもっと内陸に住まざる得なくなる。
・未来の技術は急速に進んで、人によってその一部を話すだけでも魔法を見てるかのような気持ちになるだろう。
・一番びっくりするのは多分、脳内チップだろう。
これは自動的にインターネットにつながり、知りたいと思ったことをすぐに探すことができる。
努力なしでテレパシーのような感じでお互いにコミュニケーションが取れる。
単純にその人のことを思い浮かべれば、その人の考えてることを受け取れるようになる。
・私の仕事は過去の出来事を未来に伝えることだ。
それは過去に起きた過ちから学び、同じことを未来で繰り返さないよにするためだ。
・本当にお願いしたいのは地球温暖化について対策をとってくれということだ。
2019年の段階ではまだ遅くない。
私の言ったことは必ず本当になる。
・仕事で2082年より更なる未来に行ったことがあるが、そこはパラダイスだった。
背の高いスレンダーな人々がいて高度な人口知能にもあった。
・タイムマシンの原理は専門家ではないので良く分からないが、それは小さくて、乗り込むとグルグルと回転し、外側からは全く透明で見えない。
・完全に同一の一つのタイムラインを見るわけではなく、かなり近い近似のタイムラインを見る。
・6000年前の恐竜の写真を見せる。
2019年時点の科学者が信じているのとは違い、青や緑や様々な色のTrexがいる。
タイムマシン地上から恐竜を撮影した際、恐竜からは見えない。
この時は、紫色のTrexを撮影した。
なるほど。
面白いのは、この未来人さんは地球温暖化で、内陸に住むようになると言ってるところです。
本当は地球温暖化が原因ではなく地球4極化が原因なのですが。
確かに、現在アメリカで洪水が酷いことになってる。
今後はアメリカだけじゃなく世界各地で大雨が多発して洪水が多発する可能性がある。
それと脳内チップの話。
これは確か関暁夫氏がしきりに言ってた話ですよね。これも当たるかもしれない。
ベーシックインカムが実現してるとところも面白い。
他の予言などにも共通してます。
という訳で、面白かったので載せときますた。
本当にありがとうございますた。

黄金の金玉を知らないか?
https://golden-tamatama.com/blog-entry-man-from-future-said-basic-income.html

posted by datasea at 11:46| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

[動画][資料] 時間とは何か 〜時空超越の旅〜 宇宙空間の謎 第1巻






















[動画][資料] 宇宙 〜時空超越の旅〜 宇宙空間の謎 第1巻
宇宙科学
2015/12/07 に公開
時間を無駄にする、時間を節約する、時間をつぶす、時間を作る…。
この世は、時間の上を流れている。
しかし、物理学者に「時間とはどういうものか?」とたずねると、「わからない」という衝撃な答えが返ってくる。
さらに驚くことに、私たちが体験している現在から過去へ過ぎていくという時間に対する強い感覚は、幻想にすぎないかもしれないのだ。
こんなにも当たり前に理解していることが、なぜ間違っていたりするのだろうか
再演する:
https://www.youtube.com/watch?v=OA0-sB6yRN4&list=PLZouMXIKbSMwphMyq2AVOJcqlBaw4FQ8j

YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=MdVSvrYxiUc
https://www.youtube.com/watch?v=OA0-sB6yRN4&list=PLZouMXIKbSMwphMyq2AVOJcqlBaw4FQ8j








2012年/超音波の時間加速とアセンションの徴候
2012 Supersonic Time Acceleration & Ascension Symptoms > Shekina Rose / Blue Ray
Shekina Rose / Blue Ray → Messages
Shekina Rose / Blue Ray
http://spiritlibrary.com/shekina-rose-blue-ray/2012-supersonic-time-acceleration-ascension-symptoms
Blue Rayからのメッセージ
Shekina Rose
2012年1月3日火曜日
時間加速(The quickening).
時間が急速に加速しているように感じる。通常1日24時間のところが現在1日わずか16時間。ガイア(母なる地球)の電磁気共鳴(シューマン共鳴、the Schumann resonances)の増加。つまり地球の電磁気共鳴のサイクルが加速しているということ。銀河の中心と同調して震えるガイアの脈、鼓動がますます同調しているということ。宇宙の1サイクルの期間の終わり。アセンションの出入口である2012年のグラウンドゼロが接近しているということ。地球が次元のポータルに接近しているということ。
あなたが通常1日24時間でしていた仕事をやり終えないと感じるならそれがが理由だ。あなたは前の世界とこれから出来る世界の橋の上にいる。地球のシューマン共鳴の変調、時間の人工的調整に適応しようとしている。
時間加速(The quickening)は神の意図。アセンションのプロセス。生命の成長、喜び、完成のためのプロセス。精神の進化、時間旅行、若返り、細胞の若返り、時間遅延、バイロケーション、奇跡的な治癒がおきる。愛と平和の世界を構築するサイクルのはじまり。
多次元統一意識(multidimensional unity consciousness)において、時間は環になる。あなたは時を越え、他の領域と次元に踏み入る。
以下、線形時間、多次元現実、レゾナンス高周波数を越える徴候:
* 時間を失う
* ものが見つからない、後で目の前にあってちゃんと見えていた事がわかる
* 光速の徴候
* シンクロニシティの増加
*次元の入口が目の前に現れる
* 天使、妖精、球、地球外生物の目撃の増加
* 岩、木、山、水に精神を見る
* 細胞の振動が高まり疲労感は増す、高次元の出入口を通り抜ける
* 体の細胞の振動が聞こえる
高いピッチ音の増加
* 天や天使の領域から自身の血統をダウンロードする
* 夢が強烈になり現実味をおびる
* 今日が何日かわからない、計時が困難
* 日、週、月を「次元の時間空間」と感じる、
日、週、月は一年に相当し、感情的成長、精神的成長が一層加速
時間加速により、DNA(原素の神の青写真)、光体は拡大する。振動数増加により、体と存在に影響を及ぼしているガイアとコスモスのリズムとの調和は高まる。神の計画との調和は高まる。電磁パルスの変動により、鼓動は影響をうける。小さい痛み、心鼓動上昇を感じる。心鼓動上昇と目ざめ覚醒により、終末感、悲しみ感、解放からくる悲しみ感、神学者による抑制からの浄化、治癒がおきる。この解放により、本当の本質の存在、あなたのコア、内なる深い所にいく。

local pc











2012/2/24(金) 午後 7:53
自分の身体はイメージだということを知らなければなりません。
この3次元は、私たちが思っているような世界では全くなく、実際はホログラムであり、すべてが意識(コンシャスネス)で作られています。つまり、身体だけではなく、すべては意識の中のイメージでしかないということです。
これを理解すれば、身体を4次元にもっていくのは容易なことです。科学的に言えば、この身体を次の次元に波動としてもっていって、それをイメージとして形成すればいいことで、肉体を実際にもって行く必要はありません。
これは、誰にでもできる簡単なことで、肉体をもって3次元に生きている限り、たとえ車いす状態だとしても、腕や足がなくても、この変容は可能です。ドランヴァロ
この3次元の世界では、私たちの身体は純粋な質量を保ちながら、ごく少量のエネルギーで形成されていて、この世界のすべてがそのようになっています。
4次元に行くと、私たちは身体を保っていますが、質量はほんの少しで、ほぼすべてがエネルギーに変容します。4次元の世界では、3次元と同様に身体は有形に見えますが、すべてがエネルギーです。
そして、5次元の世界では、質量は全くなく、すべてが純粋なエネルギーとなり、通常は身体としての形状はなくなり、球体状の大きな白い光となります。この球体状の光となるのはひとつのステップで、その後はさまざまに変容します。これを説明するのはとても難解なことですが、ひとつの可能性としては、やがてその光は宇宙そのものとなり、それが私たちの身体になるのです。ドランヴァロ
同じ地球の別の周波数に存在するということで、景色はすべて変わります。そこでは、いまの私たちの身体は、経験として2年ほどで身長約3.5メートルにまで成長し、次のレベルの5次元へと移行する準備ができます。
三次元と五次元の間にゼロポイントがあり、ゼロポイントに達すると五次元の山が見えてくる。ようやく五次元の山のふもとに達するのです。
http://p.booklog.jp/book/44691
私たちの魂はもともとその世界にも行き来している(眠ったとき)のですが、新しい時代になると、そちらの世界に移っていくということです。ただ、この半霊半物質の世界にいるのは千年の間だけということで、その後はいよいよ本格的な神の国に移るようです。大摩邇
コーザル界はお花畑の世界、エーテル界はこの世とあまり変わらないが、より霊的な世界、アストラル界はこの世とは少しだけ違う世界。物質界はこの世。アストラル界から上は食べ物を食べなくても生きていける。
http://nanahoshikinkamemushi.ti-da.net/c155845.html
私、地球はより高い次元への次元上昇を完了した。どの次元かって?今は五次元と六次元の境目だ。気がついてほしいことは、私たちはすでに五次元、及び六次元との間の境界という偉大な存在の中を歩み、呼吸し、暮らしているということだ。ふるやの森
私たちがいるこの小さい三界、いわゆる五行の世界も、とても複雑であって、天上、地上、地下の無数の生命空間があるという。天上にも次元の異なる多くの天があり、地上にも、人類の空間と似たような多くの空間があり、地下にも低い次元の霊の空間がたくさんあるというのだ。
http://www.epochtimes.jp/jp/2011/12/html/d50895.html
プラズマに包まれた物体は、そのまま障害物を透過することができる。そのプラズマの内部は異次元、亜空間になっているということだ。亜空間は、この世の三次元空間と同じ空間であるが、重なっている。プラズマが複数存在すると、その間にはプラズマ・トンネルが生じる。亜空間同士をつなぐプラズマ・トンネルは、当然ながら三次元空間の制約を受けない。 もし、プラズマ・トンネルの先が全く別の場所にできた亜空間だったら、瞬時にそこに移動することもできる。言い換えれば、瞬間移動−テレポーテーションが可能になるのだ。
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/343.html
今、磁気のグリッドは減少していて、結晶質のグリッドに置き換えられています。磁気は、本質的に極性です。結晶構造のエネルギーは非極性であり、ゼロ・ポイントです!ゼロ・ポイントへの移行は、5次元から12次元で起ります。12次元が結晶構造の頂点です。単純化した言葉で言うと、次元上昇は、地球の拡大です。最初の3つの次元から(磁気の)両極性から結晶構造の次元というゼロ・ポイントの領域への移行です。きらきら星
高次元世界の意識体は、物質世界に一番近い並行世界(死後人間の霊体が行く精霊界)にいる意識体が地上の人間と寸分違わない姿で生活しているのとは対照的で、レベルが上がれば上がるほど、人間としての外観を持たなくなる。意識体が地球という枠を超えて、外宇宙の生命系にまで理解を届かせるようになると、人間的な外観にこだわらなくなっていくのだ。大摩邇
世界的に著名な体外離脱研究者であるアメリカのロバート・モンローによれば、異次元世界には意識体(霊体)の進歩レペルによって、様々な次元の世界が無限に続いているという。生前の強固な信念体系(思い込みや偏見)が意識に刻み込まれた人々は、死後、並行世界のなかに自分の信念を忠実に再現した「世界」を創りだしてしまい、そこから抜け出せなくなってしまうという。そしてこの抜け出せない「こだわり」が「地獄」の正体だというのだ。大摩邇
地球物質界は、仮想現実世界と云われますが、これは、シッカリと、現実的な世界ですよ★新しい地球の世界では、さらに、「密度の濃い現実的な世界」へと移行します。カガリ
皆さんが以前に何万回も行ってきたように、皆さんが地球の次元領域を離れる時、皆さんは皆さんの物質的な身体を捨て去り、光の衣服を着用するようになるでしょう。きらきら星
無条件の愛の周波数は、4次元中段で始まり、下位次元が高くなるに連れてそれぞれ増大して行きます。きらきら星
もし我々が一つ上のレベルに行くとするならば、何事にしてもそのことについて考えるや否や、それが瞬時に実現してしまうことに気が付くでしょう。それとは対照的にこの3次元世界においては、時間の遅れが存在します。実はこの世界においても我々の思考が我々の現実を間違いなく創造しているのですが、瞬時に実現するとは言えないことは明らかです。
我々の3次元世界の波長は7.23cmです。2つの異なる音階の音の間に空間があるように、異なる次元の間には空間があります。オクターブ離れた音の間にはもっと大きな空間があり、それは大きな壁と呼んでもよいでしょう。それぞれの次元は、他の次元から90度の回転によっても隔てられています。もし、あなたが波長を変えるとともに90度回転するならば、あなたはこの世界から消え、あなたが同調したその次元の世界の中に出現するでしょう。あなたの両目で見ているその世界の様子は、あなたが入り込んだ世界の波長に依存して大きく変化するでしょう。
6次元は神秘と魔法の領域であり、もしも皆さんがより科学的であるのなら、つまり量子の領域であり、祖先達が夢の時代として認識していたものです。そこは “現実性”が柔軟性に富み、高い順応性を備えている場所であり、意識と望みがより低い次元の原因と結果を形成する場所です。この次元の遊び場に入っている人々は、間違いなく“純粋なこころ”の持ち主であり、そうでなければ、人々は永遠に自分達自身の貪婪や怒りが創り出す“鏡の間”に陥り、無限に“カルマ” を創り続けて行くことになるでしょう。
5次元の生命エネルギーは7次元から5次元の生命体に常に流れ込み、5次元生命体の生命は栄養に不足することなく生きることができていました。しかし、しかしそのあるものたちは神との接続を断ってしまったことで、神から「愛」という建設的なエネルギーを受けることはできなくなり、ある意味で栄養の接収の源を失ってしまったのです。
5次元のレベルでは傲慢な態度で仕事をしても許されるが、6次元レベルでは謙虚な態度で精神的独立性が要求される。そして職業=天命=神理の統合が出来たとき、7次元の壁は突破される。7次元は菩薩行の世界であり 1.問題解決行為 2.神理伝道行為 3.衆生救度行為を実践することが使命である。
世界は人の数だけあるといわれます。ありのままの世界はただのスクリーンのようなもので 自分たちはその上に自分の夢を投影して見ているので 人によってみている映画は違うそうです。スクリーンは一つなのに 映画は人の数だけある。パラレルワールドみたいなものでしょうか。
人はそれぞれに、自分の周りに独自の世界を映し出して、その中で生きています。あなたとあなたの隣人は、同じ世界に住んでいるわけではないのです。もしその人の世界をつぶさに見ることができれば、あなたは驚くことでしょう。あまりにも違う世界だからです。そこに登場するあなたは、あなたが思っているような自分ではなく、そこに登場するその人自身も、その人ではありません。それは全くの別物です。
結晶構造の領域は、人間の多次元的な地球の枠組みの中で、5次元の水準から始まり、15次元まで広がっています。
数多くの皆さんが光の7次元に入る次の黄金の鍵を使うようになるでしょう。皆さんはその7次元で、原型的な用語における“神の眼”になるでしょう。
6次元は神秘と魔法の領域であり、もしも皆さんがより科学的であるのなら、つまり量子の領域であり、祖先達が夢の時代として認識していたものです。
複数の次元があることを知っているシャーマンは脳の周波数を違う次元に合わすことが出来るが、人類の意識が物質的な方向に向きすぎると、その他の次元のことを理解できなくなると言う。このまま人類が「目に見える世界」で強欲行為をすれば未来はない。「目に見えない世界」の魂の世界へと再び帰らなければならない。

徹底検索、堀進
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/folder/1203883.html











posted by datasea at 22:10| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

2047年から来たジジイの大予言

2047年から来たジジイの大予言
2047年から来たジジイの大予言が怖すぎる! 2019年東海沖でマグニチュード8.5の巨大地震、新元号は「●星」!?
2019.01.25
関連キーワード:予言, 白神じゅりこ, 第三次世界大戦, 地震, 未来人, 2047年からきたジジイの予言
■インターネットの発展と共に、いろいろな年代の未来人が現代にアクセスしてきている。
ネット掲示板にアクセスしたり、YouTubeに動画を投稿したりと、未来人の表現方法も多様化してきた。
多くの未来人が降臨している昨今は、さしずめ未来人のバブル期と言えそうだ。
そうした中、以前筆者はネット掲示板に降臨した未来人
「2075年から来たおじいちゃんの予言」
を紹介させていただいたが、老人の未来人は彼だけにとどまらないのだ。
2075年から来たおじいちゃんの予言!東京オリンピック失敗、秋葉原の消失、第三次世界大戦勃発!?
今回はそうした老人系未来人の1人である
「2047年からきたジジイの予言」
を予言研究家である白神じゅりこの考察も踏まえてご紹介したい。
■2047年から来たジジイとは?
2047年からきたジジイが2ちゃんねる(現5ちゃんねる)のオカルト板に降臨したのは2015年3月17日のこと。
「未来人さんいらっしゃい49人目」スレッドに書き込んだのが初出だ。
そして、その後は同年5月31日まで「未来から来たジジイさんと語るスレッド★5」において、多くの未来予言を書き残し去っていった。
彼によると、2047年の時点で齢70の老人だったジジイは眠っている間にタイムリープし、気が付くと2015年に来てしまったという。
年齢も38歳に若返った。
未来人が現代に来る方法として、タイムマシンに乗って肉体だけ移動するものと、ジジイのように意識だけが移動するタイムリープがある。タイムリープは最近の未来人の流行ともいえるだろう。
ジジイは、昭和52年生まれの38歳。もっともこれは2015年時点の年齢なので、現在のジジイは42か43歳だろう。
意識は70歳の老人だが、肉体は38歳なので、2015年時点では若い奥さんと充実した性生活を楽しんでいた。
若返ったジジイの家族構成は妻と娘と息子の4人暮らし。
2045年の70歳の時点では妻と2人暮らし。
息子は他界し、娘は嫁いでおり、孫もいる。
ボンボン育ちでガンプラとサッカーを愛する少年だったという。
青春時代はTMネットワークに憧れてバンド活動に明け暮れていた。
これらの趣味趣向から考察すると、その世代の流行りを踏襲して育った典型的な昭和50年代男と見て良いだろう。
ちなみに70歳の時にはガソリンカー同好会に入っていたらしい。
2045年は、電気自動車が主流だが、ガソリンカーがリバイバルしているそうだ。
ジジイは未来に関する予言をいくつか残しているが、筆者が気になったものをいくつかピックアップしてみよう。
■オリンピック前に巨大地震が日本を襲う!?
ジジイは、
「2020年のオリンピック前に、東海沖を震源とするマグニチュード8.5の巨大地震が起きる」
と予言している。
静岡県や三重県の被害が1番大きく、首都圏もそれなりに被害を被るという。
不幸中の幸いか原発事故は起こらない。
東日本大震災ほどの死傷者は出ず、1000人〜2000人だという、この頃から
「オリンピックを強行したい政府が被害者を少なく発表している」
というような余計なニュースばかりが目立つようになった。
報道がアテにならなくなり、国さえもアテにならなくなり、正確なことはわからなくなったという。
2047年から来たジジイの大予言が怖すぎる! 2019年東海沖でマグニチュード8.5の巨大地震、新元号は「●星」!?の画像2
長く揺れが続いたため、瞬間的な地震を想定した耐震構造の住宅は被害を受けた。
ジジイも住宅が倒壊の危機に遭ったため、埼玉の奥地にある一軒家を公的に斡旋されたという。
震災からの復興は早く首都圏のライフラインは3日で復旧。
しかし、鉄道や道路でしばらく不通状態が続いた。
ジジイによれば、前兆として2日前に余震、当日は午前中に余震、夕方に揺れるという。
防災用品として有効なものは、防寒具、水を汲む道具、ヘルメット、自転車だとアドバイスしている。
実はジジイは
「2018年12月9日の日曜日に地震が起きる」
と予言していたが、これは外れた。
しかし、ジジイが生きていた世界と、我々が生きている世界とでは微妙に世界線がずれていると、私は感じている。
というのも、ジジイがリアルタイムで生きていた時の2015年ではガラケーが主流だったが、2047年からタイムリープして2015年に来た時はスマホが主流になっていると語っていたからだ。
またジジイ自身もパラレルワードルの存在を肯定している。
大きなポイントでの出来事は変わらないが、それ以外の点で微妙な違いがあるという。
私の考察では、オリンピック前に巨大地震が起きるという点では大枠で変わらない。
2020年に東京オリンピック開催を考えると、2019年は巨大地震に要警戒と言えるだろう。
今月17日、鹿児島県屋久島町の口永良部島の新岳が噴火した。
地下活動の活発化は巨大地震の前触れだろうか? 
ちなみにジジイによれば富士山噴火はない。
■東京オリンピック強行が第三次世界大戦の引き金に!?
今月フランスの司法当局が汚職疑惑で日本オリンピック委員会(JOC)竹田恒和会長の訴追手続きを取っているというニュースが話題となった。
今回の件に限らず、東京オリンピックは開催前から災難続きだ。
新国立競技場の建設計画の白紙撤回、エンブレムの盗作問題などなどゴタゴタ続きで呪われており、開催が危ぶまれてきた。
ジジイによれば大地震の後、東京オリンピックの開催には不安があったが、IOCと米国に恫喝にも似た圧力をかけられ、韓国との共催で強行されたそうだ。
一部の国のボイコットや反対運動もあったらしいが、とりあえず無事に閉会式を迎えたという。
……ところが、反対運動の首謀者が北朝鮮であることが発覚。
北朝鮮に対する国際的非難が高まり、それに激怒した北朝鮮が2021年にミサイルを発射。
朝鮮危機が勃発し、アメリカ、韓国、そして自衛隊が報復攻撃に出る。
一方の北朝鮮は裏でロシアと中国の支援を受け応戦した。
この戦争は2024年にいったん収束するも、暴走した中国軍のせいで再勃発。
この時、日本は自衛隊を国防軍に昇格して対応する。
そして、2029年にロシアとインドが介入しようやく終戦を迎えるという。
終戦後、中国はロシアとインドに、朝鮮半島はロシアに、台湾は日本の統治下に置かれる。
ついでに北方領土は正式にロシアの領土に……。
ちなみに2075年からやって来た軍人タイムトラベラーは
「2019年3月に北朝鮮が核攻撃、第三次世界大戦へ」
と予言している。
2047年から来たジジイとは世界線が違うためなのか時期はずれているものの、北朝鮮による攻撃が第三次世界大戦の引き金になるという点は同じだ。
ということで、今年か来年の春ぐらいまでは第三次世界大戦の勃発を危惧する必要があるだろう。
■新元号は? そして次の天皇は?
天皇陛下の譲位が迫り、まもなく平成の世が終わろうとしている。新たな元号に国民の注目が集まっている。
平成の次の元号についてジジイはこう答えている。
「一文字伏せでいいですかね。 ○星  初の女…… おっと、これ以上は無理w」
後にジジイは伏字部分に「旺」の字が入ると漏らしていることから、新元号は
「旺星」
となる。
火星移住計画や月のニュースが話題になるなど、宇宙に意識が向いている我々にとって「星」がつくのは妥当かもしれない。
「初の女……」ということは、ジジイは初の女系天皇が誕生すると言いたかったのだろうか。
とすれば、愛子さまが次期天皇に即位されるのだろうか? 
しかし、新元号も女性天皇もジジイが時期を後で濁していることもあり、次ではなく、次の次の代で起こる可能性も考えられる。
■2047年の暮らし 坂本龍馬が1万円札
ジジイが語った2047年の暮らしについて紹介しよう。
オリンピック後は不況に陥り、消費税は13.8%まで引き上げられる。
年金受給は75歳からとなるが、老年になっても年相応の仕事はあるらしい。
終身雇用は破綻し、アルバイト的な雇用形態が主流になる。
複数の職場を掛け持ちする人もすくなくない。
ひとつでも特技があれば仕事に就ける。
学歴よりも個人の色が尊重される時代。
戦後は預金封鎖もなく経済的な混乱はない。
安倍首相は小泉政権よりも長期政権となり、首都機能は埼玉、千葉、群馬に分散される。
1万円札が坂本龍馬になり、千円札が高杉晋作になっている。
エネルギーに関する画期的な発明が日本でなされたため、原発が不要になり、2045年には原発問題は解決する。
医療は飛躍的な進歩を遂げ、ガンは手術せずに治るようになる。
視力も1週間の通院で0.1から1.2まで回復。
虫歯は削って詰め物をするが、その詰め物が歯と完全に同化して元通りとなる。
ハゲも高額だが治療法は確立されるという。
■ジジイがタイムリープした悲しい理由
ジジイはなぜ、現代にタイムリープしてしまったのか? 実はジジイには悲しい背景があった。
ジジイの息子は、震災で救援活動を行っている自衛隊に憧れて、志願して自衛隊に入隊したという。
そして、第三次世界大戦が勃発した時、洋上警戒中に武装した漁船に襲われて戦死した。
ジジイ夫妻は息子の死をたいそう悲しんだ。
ジジイの嫁は、悲しみのあまり、心療内科に通うほど心を病んでしまったという。
やがて、ジジイ夫妻は「息子を死から救うために過去を変えたい」と思いつめるようになった。
そして、ジジイの嫁がイニシアチブを取り、ジジイ夫婦は現代にタイムリープしたのだという。
ジジイはすでにネット上から姿を消したが、今も埼玉のどこかで自分の人生を生き直していることだろう。
(白神じゅりこ)

TOCANA
https://tocana.jp/2019/01/post_19485_entry.html

滅亡日誌
http://julinda.blog96.fc2.com








★白神じゅりこ
新感覚オカルト作家。ジャンルを問わず幅広く執筆。ジャンルを問わず幅広く執筆。世の中の不思議を独自の視点で探求し続けている。
・Deep Red ホラーチャンネル番組『白神じゅりこの「ほんとにあったリアル都市伝説」』
 https://youtu.be/iQC94ciLLFM
・ ブログ「滅亡日誌」http://julinda.blog96.fc2.com

TOCANA
https://tocana.jp/2019/01/post_19485_entry.html

滅亡日誌
http://julinda.blog96.fc2.com









posted by datasea at 00:00| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする