2019年07月12日

時間加速の理由


pp6520190711288.jpg


時間加速の理由
2012/3/29(木) 午前 3:54
chap-o3/時 その他超常現象
What Is This Chupacabra-Demonoid Monster?
Sandiego1blog
Amazing City Of Giants Found Off Georgia Coast
Mon Mar 5 10:25
73% of readers think this story is Fact. Add your two cents.
PHOTO CREDITS: Josh Menard

Before It's News
http://beforeitsnews.com/story/1946/460/The_Time_is_Speeding_Up_Phenomenon_is_Preparing_You_for_5D_www.In5d.com.html













(要約)
時間加速の理由
3月5日
Gregg Prescott
時間が速くなっているように感じないか?もしそうなら、 次の密度へ移動しようとしている証拠だ。
地球はいまだ1日24時間表記だが、一方で多くの人は時間加速(the quickening)の感覚を経験している。
この現象は一体何か。
最も一般的な説は時間は加速していないが、人の意識のほうが加速しているとする説。
人の意識のほうが加速し時間が加速しているように感じているとする説。
Ian Lungold
「時間加速の理由はイベントの増加。創造の加速。言い換えると、一定の時間によりたくさんの出来事が起きている。一定の時間に起きる出来事がさらに増えると、そこは魔法の世界の入口かも。」。
振動を考える人は少ない。第3次元の現実をつくっているのは原子の振動。振動はあらゆる存在の中心。
原子の振動が速まれば、幻想である時間の加速は起きる。なぜか。
我々の体が生理的に何かが加速しているのを感じている。
しかし観念の物差しは時計、時間しかないからだ。
我々がより高次元の世界がなぜ見えないのか。
その理由は、より高次元の世界の振動がより高いから。
体の振動が上がると、まるで時間が速くなっているように感じる。
最近おきている太陽系の急激な変化もそう。長年、太陽の色は明るい黄色だった。今は明るい淡い黄色だ。
太陽の振動は上がっている。結果太陽系の振動も上がる。
n alchemy
「太陽系に急激な変化がおきている。地球の異常気象の原因はこの太陽系の変化だ。」。
これらの変化の原因の1つは、我々の体の原子の回転振動レベルの変化。日、週、年はこれまでより速く、飛ぶように過ぎるように感じる。これは、歳をとって若い頃よりも時間がはやくすすむように感じるのとは違う。
肝心な点は、あなたの第3次元の肉体は原子の振動レベルを高め第5次元の肉体になる準備をしているということ。
体の振動を上げる最も簡単な方法は瞑想。生命に対する
慈愛、利他行為も効果がある。前向きな考え、人に愛、 感謝を言う行為も効果がある。

local pc







2012年/超音波の時間加速
Blue Rayからのメッセージ
Shekina Rose
2012年1月3日火曜日
http://spiritlibrary.com/shekina-rose-blue-ray/2012-supersonic-time-acceleration-ascension-symptoms
時間加速(The quickening)
時間が急速に加速しているように感じる。通常1日24時間のところが現在1日わずか16時間。
ガイア(母なる地球)の電磁気共鳴(シューマン共鳴、the Schumann resonances)の増加。
つまり地球の電磁気共鳴のサイクルが加速しているということ。銀河の中心と同調して震えるガイアの脈、鼓動がますます同調しているということ。
宇宙の1サイクルの期間の終わり。
アセンションの出入口である2012年のグラウンドゼロが接近しているということ。
地球が次元のポータルに接近しているということ。
あなたが通常1日24時間でしていた仕事をやり終えないと感じるならそれがが理由だ。
あなたは前の世界とこれから出来る世界の橋の上にいる。
地球のシューマン共鳴の変調、時間の人工的調整に適応しようとしている。
時間加速(The quickening)は神の意図。アセンションのプロセス。
生命の成長、喜び、完成のためのプロセス。精神の進化、時間旅行、若返り、細胞の若返り、時間遅延、バイロケーション、奇跡的な治癒がおきる。愛と平和の世界を構築するサイクルのはじまり。
多次元統一意識(multidimensional unity consciousness)において、時間は環になる。
あなたは時を越え、他の領域と次元に踏み入る。
以下、線形時間、多次元現実、レゾナンス高周波数を越える徴候:
* 時間を失う
* ものが見つからない、後で目の前にあってちゃんと見えていた事がわかる
* 光速の徴候
* シンクロニシティの増加
* 次元の入口が目の前に現れる
* 天使、妖精、球、地球外生物の目撃の増加
* 岩、木、山、水に精神を見る
* 細胞の振動が高まり疲労感は増す、高次元の出入口を通り抜ける
* 体の細胞の振動が聞こえる
* 高いピッチ音の増加
* 天や天使の領域から自身の血統をダウンロードする
* 夢が強烈になり現実味をおびる
* 今日が何日かわからない、計時が困難
* 日、週、月を「次元の時間空間」と感じる、
* 日、週、月は一年に相当し、感情的成長、精神的成長が一層加速
時間加速により、DNA(原素の神の青写真)、光体は拡大する。振動数増加により、体と存在に影響を及ぼしているガイアとコスモスのリズムとの調和は高まる。神の計画との調和は高まる。
電磁パルスの変動により、鼓動は影響をうける。小さい痛み、心鼓動上昇を感じる。
心鼓動上昇と目ざめ覚醒により、終末感、悲しみ感、解放からくる悲しみ感、神学者による抑制からの浄化、治癒がおきる。
この解放により、本当の本質の存在、あなたのコア、内なる深い所にいく。

local pc





そうだった。。。
2008/7/31(木) 午前 7:43
だいあり〜 練習用
今日は 7月最後の日だったんだ。。。
時間 加速してない?
筒井康隆の小説に そんなのがあった。
時間がどんどん 加速して
どこかで 滝のように落ちて行く。。。
それを読んだときに浮かんだ画が
いまだに 蘇る
いろんなことが 
わかるようになったと思ったのに
それが錯覚だったりすることも
日常茶飯事
とりあえず 朝の時間 楽しもう

時のない島で
https://blogs.yahoo.co.jp/life_on_polepole/13552657.html










posted by datasea at 03:34| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

チュイルリー宮殿の赤い男

チュイルリー宮殿の赤い男
エジプト遠征以降,ナポレオンの周囲には高名な預言者や占星術師の姿が見られるようになる。
重要な政策は占いによって決定されることもしばしばであった。
周囲の不安をよそに,ナポレオンは自分の方針に絶対の自信を持っていたという。
そして,そのことごとくが後に正しい選択だったと判明するのである。
やはり,ナポレオンはエジプトの土地で,超常的なパワーを身に付けたのだろうか。
しかし,彼の快進撃はいつまでも続くものではなかった。
皇帝就任後,ヨーロッパ各地を次々と制圧したところまでは良かったものの, 1892年,ロシアへの侵攻が失敗に終わると,にわかにナポレオンの求心力が衰えていた。
やめて皇帝の地位を追われてエルバ島に追放され,脱出して1度は皇帝に返り咲くも,ワーテルローでの敗戦を経て幽閉先のセントヘレナ島で謎めいた死を遂げるのであった。
こうしたナポレオンの栄光と没落は,彼が生まれる約50年も前に,預言者オリバリウスによって子細に予言されていたという。
混乱を収集して帝位につくこと,
寒い国での敗戦,
短期間の再起,
そして迎える最期。
すべての予言がナポレオンの人生と奇妙な一致を見せていた。
このオリバリウスの予言書は,帝位についた直後のナポレオン自身をも目にしていたという。
その時は笑って取り合わなかったが,ロシア遠征後に再びこの書を読んだ時はその口元に笑いはなかったという。
最後に彼の人生の終わりに現れた謎の人物について触れておこう。
ある日チュイルリー宮殿に閉じこもっていたナポレオンを,赤い服を着た男が訪ねてきた。
その男と話すナポレオンの部屋からは,
「お願いだからもう少し時間をくれ,まだ私のパワーを奪わないでくれ」
と言う懇願の声が漏れ聞こえたという。
だがこの日からわずか数カ月後,ナポレオンはエルバ島に流される運命となる。
この赤い服の男とは誰なのだろうか?
実は以前からチュイルリー宮殿に悪いことが起こる前には,必ず赤い服の男が現れると渡され,
「チュイルリー宮殿の赤い男」
として知られていた。
アンリ4世もマリー・アントワネットも,運命が下降し始める直前,宮殿内でこの男を見かけていたという。
一説ではこの男の正体は,「時間旅行者」「不老不死の超人」との異名を持つ錬金術師サン・ジェルマン伯爵だという。
実はナポレオンは,過去にもこの不思議な男と接触していた。
それは,あのエジプト遠征において要塞の地・マルタ島を征服したときのことである。
作戦の手引をして,島に上陸するナポレオンを迎えた人物こそ,サンジェルマン伯爵その人だったという。
ナポレオンは魔術の力を借りて栄光への階段を駆け上った。
しかし魔術を操っていたはずの彼の人生そのものが,実はもっと強い何者かの力にあるいは人知を超えた大いなる意思に操られていたものであったとは言えないだろうか。
雑誌ムー, 2007年8月号,

orpqhihhhhrqpdn pc





mig.jpeg



消失した伯爵の足跡
カルボナリ党に入党したナポレオン3世はサンジェルマンに関心を抱き、彼に関係する書類等をテュイルリー宮殿に集めるように警察に命じた。この時の資料は1871年に同宮殿を襲った火災によって消失し、サンジェルマンの足跡のほとんどがこの時に失われたといわれている。

Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E4%BC%AF%E7%88%B5





死んでも生き返る伯爵
不思議なのは、不老不死であるサン・ジェルマン伯爵がある記録では1784年にドイツで死んだとされていることだ。
1775年に一度フランスへ戻った彼は、ルイ16世とマリー・アントアネットに会ってある忠告をした。1789年のフランス革命で王権が打倒されたことからもわかるように、当時のフランス王権は放っておけば滅びる運命にあったからだ。だが、彼の説得は不成功に終わった。そればかりか、危うく逮捕されて、牢獄に閉じ込められるような危地に追い込まれた。
彼はドイツへと逃れ、カッセル伯爵邸で錬金術の研究をして暮らすようになった。そして1784年、この屋敷の一室で急死したというのである。死因はリュウマチとうつ病だったという説もある。
しかし、この話そのものがどの程度確実なのかはっきりしない。というのも、サン・ジェルマン伯爵はこの後も何度となく人々の前に姿を現したことがあるからだ。
1789年7月14日にバスティーユの牢獄が占領された後、マリー・アントアネットはある匿名の手紙を受け取ったが、そこにはサン・ジェルマン伯爵の言葉としか思えないような、最後の忠告が記されていたという。
彼は革命中、パリのあちこちに現われたが、なかでもギロチンのあったクレーブ広場には頻繁に現われたという。
19世紀になってからさえ、サン・ジェルマン伯爵を目撃したという証言は後を絶たなかったのである。
http://flamboyant.jp/alchemy/alch12/alchemy012.html

Naver
https://matome.naver.jp/odai/2133453661268865801
http://www.never-world.com/contents/gperson/saint-germain.html








サンジェルマン伯爵とは
スペイン王妃マリー=アンヌ・ド・ヌブール と貴族メルガル伯爵 の私生児といわれている。
その人生を通じて享受していた経済的な安泰や高度の教育・教養はこの出自によるものが大きいと考えられる。
教養についていえば、同時代人には、化学に限らず様々な分野の知識が豊富で、巧みな音楽家であり、優れた画才を示したことが評価されている。
しかし彼の前半生は不明な点がきわめて多く、その正体が明確になるのはフランス社交界で活躍する1758年以降、彼が67歳になってからである。
しかしこの年齢が正しいのかどうかも不明で、社交界で活躍していた時期の彼は40代以前にしか見えなかったという。

Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E4%BC%AF%E7%88%B5





彼の異名
『不老不死の超人』『不老不死の秘術を知る錬金術師』『時空を旅するタイムトラベラー』などの異名を持つ。
ジェルジ伯爵夫人の話
この時の証人はいくらもいるが、フランスの貴婦人ジェルジ伯爵夫人もそのうちの1人であった。彼女は作曲家ラモーと同じ年の1710年に、ベネチアでたしかにサン・ジェルマン伯爵に会ったと証言した。
「そのときあの方は、45歳から50歳の間ぐらいでした。サン・ジェルマン伯爵にちがいありません。」
それから40年ほども後に、パリのポンパドール公爵夫人のパーティーで、再びサン・ジェルマン伯爵に会って、彼女は腰を抜かすほど驚いたという。同じ人間が、少しも年をとらないで、再び目の前に姿を現したからだ。
「まあ、あなたは私がベネチアにいたころお会いした方にそっくりですわ。でも、もう40年も前のこと……。人違いかしら?」
サン・ジェルマン伯爵は彼女にこう答えたそうである。
「奥様、私は確かに40年ほど前にベネチアでお目にかかった、あのサン・ジェルマンですよ。誓って本当です。あなたは当時まだうら若く、ご主人はイタリア大使であられましたね。」
「ええ。しかしその方は、確か、今のあなたと同じぐらいの年齢に見えましたけど……」
「私は変わらないように見えるでしょうが、実は非常に年をとっているのです……」
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hsg/_st_germain.html
ルイ15世の話
1748年、フランスに在住しているオーストリア大使が、国王であるルイ15世に、
「サン・ジェルマン伯爵という奇妙な人物がフランスに来ておりますので、一度お会いになったらいかがでしょう。」と話を持ちかけた。
退屈をしていたルイ15世は
「何かね、その人物は。」
と、興味を示した様子だ。
「どういった男なのかは私にも分かりません。ただ、その知識は膨大なもので、錬金術(れんきんじゅつ = 他の金属を「金」に変える術)や、化学に関しては並ぶ者がなく、不老不死の薬まで作っており、途方もない大金持ちらしいのです。」
ルイ15世は勧められるがままに、サン・ジェルマン伯爵と会うことになった。
そして当日、ルイ15世の前に現れたサン・ジェルマン伯爵は、歳のころは40代くらい、きちんとした身なりをして、話し方も紳士的であった。
伯爵はルイ15世に頭を下げると、ポケットから何かを取り出し、ばらばらとテーブルの上に置いた。見るとそれらはすべてダイヤモンドだった。
「これは陛下への贈り物です。どうぞ受け取って下さい。」
「このダイヤは? こんな見事なものをどこで手に入れたのだ?」
「買ったものではありません。これらは私が作ったものです。」
伯爵はあっさりと言い放った。
このダイヤモンドの一件がきっかけとなって、サン・ジェルマン伯爵はパリのあちこちの社交界で話題に昇るようになった。
伯爵自身も、いろんなパーティに出席しては貴族たち相手に不思議な話をする。
ある時はイギリスの中世の国王リチャードのことを話し始め、彼と一緒に十字軍に参加した時(第三回十字軍 = 1189 〜 92年)のことを懐かしそうに語った。 
聞いている人が疑っているような顔をすると、伯爵は自分の使用人を振り返り、
「君も覚えているよね、あの時のこと。私の話が本当だというこを説明してあげなさい。」
と言うと使用人は、
「それは無理でございますよ。私はまだ伯爵にお仕えしてから500年(300年や100年の説も有り)しかたってないのですから。」
「ああ・・、そうだったね。あれは君が来る前の話だった。」
などという会話をする。
http://ww5.tiki.ne.jp/~qyoshida/kaiki/94sunjelman.htm

Naver
https://matome.naver.jp/odai/2133453661268865801
http://www.never-world.com/contents/gperson/saint-germain.html







出典www.jbook.co.jp
様々な逸話
◆彼は右手と左手が同じように使え、両方の手で別々に文字を書いて重ねると、ピッタリ合った。
◆たいへんなダイヤモンドの蒐集家で、指輪はもちろんのこと、鎖つき腕時計や嗅ぎ煙草入れ、靴の留め金にさえダイヤモンドをつけていた。
◆亜麻糸を使って絹のような布を織る工場をベニスにもっていた。その技術は彼が開発したもので、そこでは100人ほどの労働者が働いていた。
◆世にも稀な才能をもつ画家で、宝石のもつ輝きをカンバスに描く能力においては定評があった。驚くほど明るい色を出すことができたが、それは絵具に真珠を混ぜたためだといわれている。
◆いつも40〜50歳に見えたがシワはまったくなく、肉体の衰えも感じさせなかった。その態度は気品があり、威厳もあったがそれは人を畏れさせるものではなく、思わずかしずいてしまうといったタイプのものであった。礼儀正しく、洗練された人物であった。
◆人から何かを尋ねられる前に、相手の質問を見ぬく力をもっていた。またテレパシーによって、遠い街や国で自分が必要とされているときは、それを感知することができた。
◆東洋の秘教の原理に完全に精通していて、瞑想と集中を実践しており、数回にわたってヒンドゥー教徒のような姿勢で座禅を組んだ。あるいは、ヒマラヤ山脈の中心に隠遁所をもっていて、ときおり世間を離れてそこで暮らした。インドには修行のため85年間とどまっていた。
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hsg/_st_germain.html
この驚嘆すべき人物には尋ねられる前から審問者の質問をこの上なく詳細に見抜く力もあった。テレパシーのようなものにより遠い都市や国家で自分が必要とされる時を感知することもできたし、扉を利用せずに、自室や友人の部屋に姿を現わすだけでなく、そこから同じようにして出て行くという驚くべき習慣もあった。』
出典http://blog.goo.ne.jp/naitoukonan/e/74f312cef2d94a3d36cac50513097554
小柄だが整った容姿、穏やかな物腰、洗練された会話、膨大な知識。
フランス語はもちろんのこと、英語、スペイン語、ドイツ語、ロシア語、ポルトガル語、ヘブライ語、ペルシア語、アラビア語、サンスクリット語、中国語を話せ、楽器を弾いても絵を描いても玄人はだしだったというから驚きだ。
更に、彼はとんでもないことを言っていた。
アレクサンダー大王がバビロンの都に入場するとき自分もその場にいたとか、まるで見てきたように語ったのだ。
「カラス麦と水薬しか食べない」
というので使用人にたずねれば、
「まだ300年しか伯爵を知らない」
と言う始末。また、彼の実験室に招かれたカサノヴァが、言われるまま銅貨を盤の上に置くと、炎が上がって金貨に変わったという。
そして、再三の警告に耳を貸さないルイ16世とマリー・アントワネットに二人の運命を予言したり、当時は存在しなかった汽車や飛行機のことを詳しく語ったと言われている。
フランスの貴婦人は40年ぶりに彼に会ったとき、以前と変わらぬ姿に驚いている。
1987年、彼が西ドイツで死んだとされてからも、彼を見たという人が後を絶たない。
出典http://www.kdn.gr.jp/~takion/no4.htm
又、エリクシールと言う特殊な水を飲んでいるから死なないと言ったこともあったそうです
出典rikanet2.jst.go.jp

Naver
https://matome.naver.jp/odai/2133453661268865801
http://www.never-world.com/contents/gperson/saint-germain.html








サンジェルマン伯爵は何者だったのか?
一説によれば、サン・ジェルマン伯爵はフリードリッヒ2世の密命を帯びてフランスに送り込まれたスパイであり、フランス宮廷に入り込んで、秘密の政治工作をしていたのだという。
彼はしばしばヨーロッパ各地へ旅していたが、それはすべて政治工作のためだったというのである。
別な説によれば、彼は秘密結社・薔薇十字団の会員で、やはり密命を帯びて各地で政治工作をしていたのだといわれる。
薔薇十字団はきわめて錬金術的な自然哲学を持った秘密結社なので、これは大いにありそうなことだ
出典錬金術師の話 死ねない男≠ニいわれた奇跡の怪人物 *サン・ジェルマン伯爵
特殊なテロメアを持っていた?
スコットランドの生物学者の学説。動物の細胞には遺伝子が存在する。それが細胞分裂する際に、
その両端のテロメアという部分が短くなり、やがてなくなると分裂は止まる。これが、老いである。
しかし、リング状の遺伝子であればそれが短くなる事は無く、生殖は出来ないが理論上不死である。
彼によれば、確率からそんな人間が今までに5人は生まれているという。
出典http://yoshizokitan.blog.shinobi.jp/Entry/4121/

Naver
https://matome.naver.jp/odai/2133453661268865801










posted by datasea at 02:23| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

2058年から来た原田(仮名)の予言

2058年から来た原田(仮名)の予言
タイムマシンはあるのでしょうか??2058年から来た未来人の2ちゃんの書き込みがすごい!
第三次世界大戦は2021年から?“平成”の次は,,,,,
2014/6/9(月) 午後 8:02
2058年から来た未来人の2ちゃんの書き込みがすごい!第三次世界大戦は2021年から?“平成”の次は“安始”??
http://livedoor.blogimg.jp/occult_matome/imgs/3/0/30fb1f38-s.jpg
※3/24追記 更にわかりやすくまとめ直しました。
2ちゃんねるオカルト板にはよく未来人が現れます。未来で流行っているのか??
未来人さんいらっしゃい41人目というスレッドで2013年10月9日から2013年10月12日にかけて現れた未来人がなんだかすごい。
何がすごいって、今までの未来人はわりと“比喩”的な表現で未来の情報を教えてくれていたのに、この未来人はとにかく具体的なのです。
ここまで具体的に書いた未来人も少ないと思います。
結構長いので、年代順でわかりやすくまとめてみました!!
まずは、この未来人の情報
名前は原田(仮名)と名乗る
未来の日本から来ている
2058年から来た
テスラコイルを応用した技術で出来たいわゆるタイムマシンで来た
タイムマシンは極秘扱い、自分もよくは知らない
2013年に行く前にある程度、調べており、2ちゃんねるに書き込むのは個人的な興味から
書き込んでいる2013年の現時点では東日本のどこかにいるらしい
公安庁からの派遣で来ている
仕事は機密事項にあたるので言えない

NAZCO☆中川図画工作所
https://blogs.yahoo.co.jp/jphrb866/folder/614933.html?m=lc&p=1&__ysp=aHR0cDovL3d3dy5ibG9nLmJiaXEuanAgICDkuojnn6U%3D
















年代順まとめ
■2013年
後の時代の異常気象の前兆というのは既に出始めているのではないでしょうか。
■2015年
千葉県東方沖の地震はない
中国経済破綻
2015年以降
2015年以降に憲法9条が改正される
■2017年
中国政府幹部内での争いと亀裂が決定的となる
■2018年
中国分裂→華南共和国として存在
中国分裂は、2015年の経済破綻〜軍幹部の反乱と欧米諸国の援助による扇動、
中国内陸部は蜂起後、インドに帰属。
インドを含めると3つに分裂
■2020年
東京オリンピック
一部不参加国がありました。
福島原発解体スタート(2020年後半)
■2021年
WW3(第三次世界大戦)が開戦
全般
WW3期間は3年半です。
F-15戦闘機の空戦性能の凄さが 再確認されることになります。
日本
WW3(第三次世界大戦) 国防軍が3500人ほどの殉職者を出しました。
宮古島、石垣島、西表島、与那国島とそのほかの離島が一時的に占領されました。
沖縄は最前線でしたが無事
同盟国は東南アジアの国々とインド、欧米諸国の多国籍軍です。
敵国は北中国です。
尖閣諸島は、北中国の空挺部隊が占領しました。
大戦後期の日米両軍による白保上陸や、北軍の要塞と化した バンナ高地空爆とかは有名です。
戦争前に日本の住民は内地に避難
竹島って、島根県の、ですよね?
戦中に国防軍が上陸し奪還しました。
志願すれば前線で戦えますよ。
手当は厚いです。
普通でよければ後方勤務で補給や陣地構築の要員になると思います。
実は仕事のない若い人は手当の厚さもあって、志願した人も多かったそうです。
平和が一番なのはそうですが、戦争による特需景気で雇用問題が一気に解消されたのは皮肉な話です。
戦時中の日本のメディア→戦中は最前線で戦う兵士の皆さんへの応援や励ましを紹介する内容や戦死された方を半生を特集したり涙を流すご家族の話を紹介するような番組は多かったそうですが。
北方領土は歯舞と色丹は戦後、返還されました。
中国
戦争末期に北人民軍が引き上げるのです。
第3次世界大戦後の中国→戦後は共産党の一党独裁体制が崩壊して、教育も欧米に沿ったものに改革され、国の雰囲気自体が大きく変化しています。
北中国は核の惨禍、凄惨を極めます。
核使用→中東地域。インド、南北中国他
中東
中東地域でも戦争になりました。
イスラエルやパキスタンの戦術核も使用されます。
WW3の期間、中東は1年ほどです。
イスラエルとイラク、パキスタン、イランは戦中に欧米諸国の仲介によって講和し、大戦が終結しています。
ただし、核の戦禍は長く尾を引きます。
核使用→中東地域。インド、南北中国他
ロシア
ロシアは日和見
■2024年
終戦
大戦末期の苦しい時期
米国のデフォルト、日本も
■2030年
リニア開通(2030年前半)
戦後復興
安始景気
2030年台
福島原発の石棺が完成
2030年台 モルディブ、ツバル、キリバスの住民の大移住、ブラジルアマゾン森林消滅、日本の漁業から養殖業への移行
2039年公開予定のケネディ暗殺の公開情報→ 結局あいまいな内容のままだったと思います。
■2033年
人類は2033年に火星に初めて降り立ちます。
■2042年
東京-大阪間のリニア開通
■2040年台後半
衛星発電商業化
■2050年頃
時間移動技術
■2054年
サッカーワールドカップ開催国、イタリアのミラノ
■2058年(この未来人がいた時代)
現代からこの時代まで残っているものや企業など
Docomoは社名はある
SOFTBANKもあります。エネルギー分野中心の事業貢献が大きい
ゆうちょ→あるが、戦後破綻で一時的に預金引き出し制限があった
寺社や教会は普通にあります
スズキ、ダイハツはあります
セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどのコンビニ→ある
三越、伊勢丹、高島屋などのデパート→ある
地震や環境、原発関係
地震予知は、危険度レベルは5段階で告知されますが完全な予知ではない
富士山噴火→噴火はありませんが地殻変動的な兆候、地割れはあり
気候の激変→温暖化が原因なのか、太陽活動など複合要因のようです。
福島原発→原発跡付近は2058年でも立入禁止
日本の気候など→1年のうち大部分は夏です。5月から10月までですね。米は1年に2度収穫されます。山は竹の植生が増えています。桜は冬に咲いたり、5月に咲いたり時期はバラバラです。 季節はありますよ。東北では降らない年もあります。降る時は豪雪のようです
放射能→環境からの除去はやはり物理的に回収するしかないようです。回収した核廃棄物をリサイクル発電し、再核分裂させることで半減期を短縮するような技術はあるようです。私は専門家ではありませんのでこれくらいでご勘弁ください。
海水温の上昇により海中の溶解酸素が減少し、貧酸素水塊の発生が頻発したことにより、海洋生物の酸欠大量死が発生し始めます。また浅い海の水温が上昇するほど、水温の低い深海との水の混合対流が起こりにくくなるため、酸素濃度低下に追い打ちをかける結果となりました。
東京のゼロメートル地帯など低地は満潮時に浸水します。
福島の原子力発電所跡は放射線はほとんどありませんが 無人のまま、野生王国と化しています。 気候の激変に適応してくださいとしかいえません。
経済、政治や社会システム
500mlのミネラルウォーターは800円くらい
カジノ→できていません。
パチンコ→あります。スロットがほとんどです。
週刊少年ジャンプ→1500円くらい
月あたり40万円は保証されていると思います。 この時代ほど苦しい労働はありません。
この時代の物価と比べると、物価は何倍も高いですよ。
元外国人の定住者が今よりも多いと思います。
民主党はない
天皇制は継続
都道府県はそのまま
日本の人口9000万人台
国民健康保険や年金→社会保障総合基金
公安庁は内閣官房の外局ではなく法務省の管轄
金融の体制の基本はこの時代からそれほど変わっていない
日本は貴金属や希少金属が主な輸出資源です。
流行っている職業→エンジニアでしょうか。
お札や電子マネーは使われている
お札やお金(のデザイン)が切り替わるのは戦後のデフォルト後です。
TPPは導入、運用されていますが話題にはなりません。
経済システムは国によってはまちまちですが、日本の場合、富の集中と分散がスムーズで、極端に多い個人収入は課税カットされます。経済面での社会主義は消滅していると思います。
日本の憲法はほとんどそのままだと思います。
ネット規制→戦争直前に厳重な規制と共に停止処置がなされたようです。情報セキュリティ技術は驚異的な進歩を遂げていきます。
マイナンバー制度→ないっぽい
金融機関では顔と眼の網膜の認証、カードがそろうことでお金の引き出しができます。
本人確認は顔と眼の網膜の認証、網膜は出生届の際に登録されます。身分証明等発行時にも登録されます。
教育→学校で学ぶ、という体制はそのままです。高校の時点で将来の職業を見据えて、専門分野を極めるために早い段階で分かれます。昔は普通科というのがあったそうですが、2058年ではありません。
フェースブック、ツイッター、アマゾン、インテルは合併などで社名が変わっていますね。
合併後の行方は正直わからないです。
年金は70歳から
高齢化→高齢者の方同士が集まってコミュニティタウンに暮らしておられますが昔に比べると年齢と比べて体力が若いそうです。昔の老人施設とは違って、世話する人等はいません。高齢者の方同士で生活を分担されているようです。農業もやっておられますね。
技術、エネルギー関係
2058年ではほとんどがこの時代でいう軽自動車、コンパクトカーです。
2058年でもタイムトラベルについては半信半疑
エネルギーは衛星を介した太陽光発電による電力です。
メタンハイドレート→活用されていますが、燃料としては世界のほとんどの国では使用をやめています。
自動車も電気。船舶は太陽光発電。航空機やロケットなどは水素を燃料としています。
電動二輪車のことですよね?あります。
原油やガスは暴落する時期があります。
発電比率→6割宇宙、地上太陽光発電 2割水素発電 2割その他
有機EL照明がほとんど
自動運転はありますが、飛び出しを感知するとか、追突防止、駐車時など安全のためのアシストの役目です。フロントウインドウにイルナビで車の状態などの情報が色々表示されます。
板状の端末を操作している人を多く見かけたのですが、あれがスマートフォンなんですよね? 2058年ではもっと薄い透明の樹脂板に内容が表示されるのですがハンドルリングという指輪をはめて、その指の動きで表示内容が操作されます。
照明のスイッチは、2058年ではタッチパネルです。部屋の温度調整は人体サーモセンサーで体温状態を感知して最適な状態に保ってくれます。
食や文化、スポーツ関係
食品は組換え作物は栽培されなくなりましたが、医薬品や化学物質の生産ではほぼ100%それだと思います。
宅配制度はあります。
新聞も牛乳もありますね。
タコス、パンケーキはあります。
マグロや鰻は食べられる
吉野家がある、味付けは微妙に違って今よりメニュー数が多いらしい
大正屋という和食のチェーン店があります。
未来のゲーム→施設で遊ぶようなものに限って言えば、巨大なボールが地面に埋め込まれていてその上に立って、プレイします。ほぼ現実世界と変わらない風景グラフィクスが360°に広がっていて、風や匂いも感じます。行きたい方角に行くことができます。
芸術は絵画や写真はこの時代のものとほとんど同じですが都会の夜空に光線で描かれる巨大な透過ホログラフィーはこの時代の人が見ると驚くと思います。ほとんどは宣伝なのですが。これは2058年の最近できたものです。
サッカーワールドカップ開催国、2058年ではバクーで行われます。
医療、美容関係
ハゲについて→相当昔から、飲み薬がありますよ。アメリカの製薬会社なんですが、この時代から既に存在しているかもしれません。エフペシャとか、そういう名前です
がんは定期健診で早期発見、放射線治療されます。重度になるまで放置されたケースでは手術されます。
HIVは免疫不全の病気ですか?昔に撲滅しています。
この時代(2013年)では臓器移植において、免疫による拒絶反応で移植が困難なそうですね。 そういう問題は一切なくなります。手足や眼も再生できます。平均寿命は100歳に迫ろうとしています。
美容→これはすごいです。お金をかけている人は60代でも20代後半と言われてもわからない場合があります。でもそれが嫌な人も多いようで、控え目に若返るようなセーブをされている人が多いです。
人工の手足(義肢?)は2058年ではありません。
日本以外について
台湾は台湾です。パスポート不要で行けます。
発展した国→インドとインドネシアですね。
衰退した国→欧米諸国、ヨーロッパの国々
インド、アメリカとは特に友好的
インドは経済も軍事も最も強い国
アフリカ→この時代よりも経済成長は遂げましたが、争いはなくなりません。
中南米→気候変動で自然は大きく破壊されましたが、環境修復に尽力しているという印象です。
ロシアはそれほど衰退していません。
千島列島はロシアです。
北中国に日米軍の基地がいくつかあります。
ロシア連邦 ロシア語 多民族
大韓 朝鮮語 朝鮮族
華南共和国 中国語 漢民族
中華民国(台湾)中国語繁体 日本語 漢民族
UFOや宇宙人、宇宙、都市伝説係
大昔に月に宇宙人が訪れて、今もその痕跡があるという噂はあり
UFOについて→正体解明に至っていませんが、宇宙には少なくとも過去に地球外文明が存在していたとの確証は得られています。
ベテルギウスは超新星爆発はまだ起こっていない
2001年の911テロ事件は自作自演であるとする説は一般的
未来や過去と通信→まだできない
その他
高さ1800mの建物があります。
その他(年代指定なし)
循環型社会の進化を急いでください。
東北での大震災以上の地震はないです。
平成の次の年号は“安始”
規模的にそれなりの地震は何度もあり、割りと大きい地震もあり、海岸の発電所は津波にさらされますが、無事で安全性がアピールされたよう
韓国→統一されて、大韓という国になっています。
福島原発→メルトダウンを起こした部分は石棺され、建物は解体され繰返し除染と汚染物質の回収が行われました。汚染物質は敷地付近の大深度地下に収められています。
私が知る歴史はひとつだけですが、皆さんがこれから知ることになる歴史と私の知る歴史が違うことは十分にありえると思います。
サッカーワールドカップ開催国、2058年より過去にはドーハで行われた
戦後、インフレが急激に進行します。金融機関の預金引出は制限されて、新円の切り替えが順次行われたようです。

NAZCO☆中川図画工作所
https://blogs.yahoo.co.jp/jphrb866/folder/614933.html?m=lc&p=1&__ysp=aHR0cDovL3d3dy5ibG9nLmJiaXEuanAgICDkuojnn6U%3D


























2082年から来たという未来人の予言 今年から中国は分割→2021年世界大戦で消滅 
2019.04.25
未来人さん 将来はベーシックインカム社会
さて、このブログではその昔、未来人の予言などを載せてたことがあるんですが。
まぁ、はっきり言って、当たった試しはないですね。
昔こんな未来人の予言なるものも載せましたが。
中国の予言 今年から中国は分割→2021年世界大戦で消滅 日本は2025年からハイパーインフレ
2017年1月4日
これは、
2021年に第三次世界大戦、
中国が分割する、
2024年にデフォルトになる。
ワタスの予想する未来と似てるので載せますた。
まぁ、しかし、年号。
この未来人さんは、平成の次は安始だと言ってますた。令和にかすりもしてないですね。
という訳で、未来人ネタはネットの暇人が書いてる可能性がある。
まぁ、ということで以下も載せるほどの話でもないのですが、面白かったので載せます。
以下は100万人以上が登録するYoutubeのAPEX TVという人気オカルトチャンネルからです。
2082年から来たという自称タイムトラベラーさんの話を載せてます。
なんでも、この未来人さん。6000年前に行って恐竜の写真を撮って来たとか。
うーん。
これで信じろというのはどうも。。
コメント欄には、フォトショップで作るにしても、もっと本物っぽいの作れとか。偽物感100%とか。散々に書かれていますた。
まぁ、ワタスが面白いと思ったのはこの恐竜云々のところじゃなく他の部分です。
未来はベーシックインカム社会になってるとか、地球温暖化で内陸に住むようになてるとか。興味深いことを色々言ってます。
以下がそのまとめです。
・1981年時点でタイムマシンは発明されていたが、世間一般に公開されたのは2028年になってからだ。
・タイムマシンは当初政府のごく一部の人間しか使えなかった。
世間一般に公開されたのは歴史的に重要イベントを振り返って検証するのに必要だったのと、エンターテイメントとしてだった。
・ゲティスバーグの演説や1776年の独立宣言などを見て来たし、6000万年前の恐竜を見て来た。
・未来の世界では、ベーシックインカムが普及している。
だいたい1ヵ月4000ドル(40万円)の支給がすべての市民に与えられる。
・2028年にタイムマシンが公開された時はかなり高価なものだった。大金持ちしか利用できなかった。
しかし後に、かなり安価になって誰もが利用できるようになった。
・タイムトラベルは非常に厳格な法で規制されていて、例えば、過去のいかなる親類に会ってもならない。
それは深刻なタイムパラドックスを生み出すからだ。
もし法を犯せば二度とタイムトラベルはできないどころか刑務所送りになる。
・スペーストラベルもその頃には一般的なっている。
テラフォーミングも進んで、火星や水星、金星は住めるようになっている。
個人的には火星旅行が好きで、2022年には最初に火星に人が降り立った。
2050年後半には水星と金星のテラフォーミングが終わっている。
・多くの人が未来の世界で人類にとって一番の問題となるのは何か?と聞くのだが、それは地球温暖化だ。
地球温暖化の影響で人類は大都市を離れてもっと内陸に住まざる得なくなる。
・未来の技術は急速に進んで、人によってその一部を話すだけでも魔法を見てるかのような気持ちになるだろう。
・一番びっくりするのは多分、脳内チップだろう。
これは自動的にインターネットにつながり、知りたいと思ったことをすぐに探すことができる。
努力なしでテレパシーのような感じでお互いにコミュニケーションが取れる。
単純にその人のことを思い浮かべれば、その人の考えてることを受け取れるようになる。
・私の仕事は過去の出来事を未来に伝えることだ。
それは過去に起きた過ちから学び、同じことを未来で繰り返さないよにするためだ。
・本当にお願いしたいのは地球温暖化について対策をとってくれということだ。
2019年の段階ではまだ遅くない。
私の言ったことは必ず本当になる。
・仕事で2082年より更なる未来に行ったことがあるが、そこはパラダイスだった。
背の高いスレンダーな人々がいて高度な人口知能にもあった。
・タイムマシンの原理は専門家ではないので良く分からないが、それは小さくて、乗り込むとグルグルと回転し、外側からは全く透明で見えない。
・完全に同一の一つのタイムラインを見るわけではなく、かなり近い近似のタイムラインを見る。
・6000年前の恐竜の写真を見せる。
2019年時点の科学者が信じているのとは違い、青や緑や様々な色のTrexがいる。
タイムマシン地上から恐竜を撮影した際、恐竜からは見えない。
この時は、紫色のTrexを撮影した。
なるほど。
面白いのは、この未来人さんは地球温暖化で、内陸に住むようになると言ってるところです。
本当は地球温暖化が原因ではなく地球4極化が原因なのですが。
確かに、現在アメリカで洪水が酷いことになってる。
今後はアメリカだけじゃなく世界各地で大雨が多発して洪水が多発する可能性がある。
それと脳内チップの話。
これは確か関暁夫氏がしきりに言ってた話ですよね。これも当たるかもしれない。
ベーシックインカムが実現してるとところも面白い。
他の予言などにも共通してます。
という訳で、面白かったので載せときますた。
本当にありがとうございますた。

黄金の金玉を知らないか?
https://golden-tamatama.com/blog-entry-man-from-future-said-basic-income.html







posted by datasea at 11:20| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする