2019年02月16日

2047年から来たジジイの大予言

2047年から来たジジイの大予言
2047年から来たジジイの大予言が怖すぎる! 2019年東海沖でマグニチュード8.5の巨大地震、新元号は「●星」!?
2019.01.25
関連キーワード:予言, 白神じゅりこ, 第三次世界大戦, 地震, 未来人, 2047年からきたジジイの予言
■インターネットの発展と共に、いろいろな年代の未来人が現代にアクセスしてきている。
ネット掲示板にアクセスしたり、YouTubeに動画を投稿したりと、未来人の表現方法も多様化してきた。
多くの未来人が降臨している昨今は、さしずめ未来人のバブル期と言えそうだ。
そうした中、以前筆者はネット掲示板に降臨した未来人
「2075年から来たおじいちゃんの予言」
を紹介させていただいたが、老人の未来人は彼だけにとどまらないのだ。
2075年から来たおじいちゃんの予言!東京オリンピック失敗、秋葉原の消失、第三次世界大戦勃発!?
今回はそうした老人系未来人の1人である
「2047年からきたジジイの予言」
を予言研究家である白神じゅりこの考察も踏まえてご紹介したい。
■2047年から来たジジイとは?
2047年からきたジジイが2ちゃんねる(現5ちゃんねる)のオカルト板に降臨したのは2015年3月17日のこと。
「未来人さんいらっしゃい49人目」スレッドに書き込んだのが初出だ。
そして、その後は同年5月31日まで「未来から来たジジイさんと語るスレッド★5」において、多くの未来予言を書き残し去っていった。
彼によると、2047年の時点で齢70の老人だったジジイは眠っている間にタイムリープし、気が付くと2015年に来てしまったという。
年齢も38歳に若返った。
未来人が現代に来る方法として、タイムマシンに乗って肉体だけ移動するものと、ジジイのように意識だけが移動するタイムリープがある。タイムリープは最近の未来人の流行ともいえるだろう。
ジジイは、昭和52年生まれの38歳。もっともこれは2015年時点の年齢なので、現在のジジイは42か43歳だろう。
意識は70歳の老人だが、肉体は38歳なので、2015年時点では若い奥さんと充実した性生活を楽しんでいた。
若返ったジジイの家族構成は妻と娘と息子の4人暮らし。
2045年の70歳の時点では妻と2人暮らし。
息子は他界し、娘は嫁いでおり、孫もいる。
ボンボン育ちでガンプラとサッカーを愛する少年だったという。
青春時代はTMネットワークに憧れてバンド活動に明け暮れていた。
これらの趣味趣向から考察すると、その世代の流行りを踏襲して育った典型的な昭和50年代男と見て良いだろう。
ちなみに70歳の時にはガソリンカー同好会に入っていたらしい。
2045年は、電気自動車が主流だが、ガソリンカーがリバイバルしているそうだ。
ジジイは未来に関する予言をいくつか残しているが、筆者が気になったものをいくつかピックアップしてみよう。
■オリンピック前に巨大地震が日本を襲う!?
ジジイは、
「2020年のオリンピック前に、東海沖を震源とするマグニチュード8.5の巨大地震が起きる」
と予言している。
静岡県や三重県の被害が1番大きく、首都圏もそれなりに被害を被るという。
不幸中の幸いか原発事故は起こらない。
東日本大震災ほどの死傷者は出ず、1000人〜2000人だという、この頃から
「オリンピックを強行したい政府が被害者を少なく発表している」
というような余計なニュースばかりが目立つようになった。
報道がアテにならなくなり、国さえもアテにならなくなり、正確なことはわからなくなったという。
2047年から来たジジイの大予言が怖すぎる! 2019年東海沖でマグニチュード8.5の巨大地震、新元号は「●星」!?の画像2
長く揺れが続いたため、瞬間的な地震を想定した耐震構造の住宅は被害を受けた。
ジジイも住宅が倒壊の危機に遭ったため、埼玉の奥地にある一軒家を公的に斡旋されたという。
震災からの復興は早く首都圏のライフラインは3日で復旧。
しかし、鉄道や道路でしばらく不通状態が続いた。
ジジイによれば、前兆として2日前に余震、当日は午前中に余震、夕方に揺れるという。
防災用品として有効なものは、防寒具、水を汲む道具、ヘルメット、自転車だとアドバイスしている。
実はジジイは
「2018年12月9日の日曜日に地震が起きる」
と予言していたが、これは外れた。
しかし、ジジイが生きていた世界と、我々が生きている世界とでは微妙に世界線がずれていると、私は感じている。
というのも、ジジイがリアルタイムで生きていた時の2015年ではガラケーが主流だったが、2047年からタイムリープして2015年に来た時はスマホが主流になっていると語っていたからだ。
またジジイ自身もパラレルワードルの存在を肯定している。
大きなポイントでの出来事は変わらないが、それ以外の点で微妙な違いがあるという。
私の考察では、オリンピック前に巨大地震が起きるという点では大枠で変わらない。
2020年に東京オリンピック開催を考えると、2019年は巨大地震に要警戒と言えるだろう。
今月17日、鹿児島県屋久島町の口永良部島の新岳が噴火した。
地下活動の活発化は巨大地震の前触れだろうか? 
ちなみにジジイによれば富士山噴火はない。
■東京オリンピック強行が第三次世界大戦の引き金に!?
今月フランスの司法当局が汚職疑惑で日本オリンピック委員会(JOC)竹田恒和会長の訴追手続きを取っているというニュースが話題となった。
今回の件に限らず、東京オリンピックは開催前から災難続きだ。
新国立競技場の建設計画の白紙撤回、エンブレムの盗作問題などなどゴタゴタ続きで呪われており、開催が危ぶまれてきた。
ジジイによれば大地震の後、東京オリンピックの開催には不安があったが、IOCと米国に恫喝にも似た圧力をかけられ、韓国との共催で強行されたそうだ。
一部の国のボイコットや反対運動もあったらしいが、とりあえず無事に閉会式を迎えたという。
……ところが、反対運動の首謀者が北朝鮮であることが発覚。
北朝鮮に対する国際的非難が高まり、それに激怒した北朝鮮が2021年にミサイルを発射。
朝鮮危機が勃発し、アメリカ、韓国、そして自衛隊が報復攻撃に出る。
一方の北朝鮮は裏でロシアと中国の支援を受け応戦した。
この戦争は2024年にいったん収束するも、暴走した中国軍のせいで再勃発。
この時、日本は自衛隊を国防軍に昇格して対応する。
そして、2029年にロシアとインドが介入しようやく終戦を迎えるという。
終戦後、中国はロシアとインドに、朝鮮半島はロシアに、台湾は日本の統治下に置かれる。
ついでに北方領土は正式にロシアの領土に……。
ちなみに2075年からやって来た軍人タイムトラベラーは
「2019年3月に北朝鮮が核攻撃、第三次世界大戦へ」
と予言している。
2047年から来たジジイとは世界線が違うためなのか時期はずれているものの、北朝鮮による攻撃が第三次世界大戦の引き金になるという点は同じだ。
ということで、今年か来年の春ぐらいまでは第三次世界大戦の勃発を危惧する必要があるだろう。
■新元号は? そして次の天皇は?
天皇陛下の譲位が迫り、まもなく平成の世が終わろうとしている。新たな元号に国民の注目が集まっている。
平成の次の元号についてジジイはこう答えている。
「一文字伏せでいいですかね。 ○星  初の女…… おっと、これ以上は無理w」
後にジジイは伏字部分に「旺」の字が入ると漏らしていることから、新元号は
「旺星」
となる。
火星移住計画や月のニュースが話題になるなど、宇宙に意識が向いている我々にとって「星」がつくのは妥当かもしれない。
「初の女……」ということは、ジジイは初の女系天皇が誕生すると言いたかったのだろうか。
とすれば、愛子さまが次期天皇に即位されるのだろうか? 
しかし、新元号も女性天皇もジジイが時期を後で濁していることもあり、次ではなく、次の次の代で起こる可能性も考えられる。
■2047年の暮らし 坂本龍馬が1万円札
ジジイが語った2047年の暮らしについて紹介しよう。
オリンピック後は不況に陥り、消費税は13.8%まで引き上げられる。
年金受給は75歳からとなるが、老年になっても年相応の仕事はあるらしい。
終身雇用は破綻し、アルバイト的な雇用形態が主流になる。
複数の職場を掛け持ちする人もすくなくない。
ひとつでも特技があれば仕事に就ける。
学歴よりも個人の色が尊重される時代。
戦後は預金封鎖もなく経済的な混乱はない。
安倍首相は小泉政権よりも長期政権となり、首都機能は埼玉、千葉、群馬に分散される。
1万円札が坂本龍馬になり、千円札が高杉晋作になっている。
エネルギーに関する画期的な発明が日本でなされたため、原発が不要になり、2045年には原発問題は解決する。
医療は飛躍的な進歩を遂げ、ガンは手術せずに治るようになる。
視力も1週間の通院で0.1から1.2まで回復。
虫歯は削って詰め物をするが、その詰め物が歯と完全に同化して元通りとなる。
ハゲも高額だが治療法は確立されるという。
■ジジイがタイムリープした悲しい理由
ジジイはなぜ、現代にタイムリープしてしまったのか? 実はジジイには悲しい背景があった。
ジジイの息子は、震災で救援活動を行っている自衛隊に憧れて、志願して自衛隊に入隊したという。
そして、第三次世界大戦が勃発した時、洋上警戒中に武装した漁船に襲われて戦死した。
ジジイ夫妻は息子の死をたいそう悲しんだ。
ジジイの嫁は、悲しみのあまり、心療内科に通うほど心を病んでしまったという。
やがて、ジジイ夫妻は「息子を死から救うために過去を変えたい」と思いつめるようになった。
そして、ジジイの嫁がイニシアチブを取り、ジジイ夫婦は現代にタイムリープしたのだという。
ジジイはすでにネット上から姿を消したが、今も埼玉のどこかで自分の人生を生き直していることだろう。
(白神じゅりこ)

TOCANA
https://tocana.jp/2019/01/post_19485_entry.html

滅亡日誌
http://julinda.blog96.fc2.com








★白神じゅりこ
新感覚オカルト作家。ジャンルを問わず幅広く執筆。ジャンルを問わず幅広く執筆。世の中の不思議を独自の視点で探求し続けている。
・Deep Red ホラーチャンネル番組『白神じゅりこの「ほんとにあったリアル都市伝説」』
 https://youtu.be/iQC94ciLLFM
・ ブログ「滅亡日誌」http://julinda.blog96.fc2.com

TOCANA
https://tocana.jp/2019/01/post_19485_entry.html

滅亡日誌
http://julinda.blog96.fc2.com









posted by datasea at 00:00| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

タイムトラベラーの告白,2118年のイャービス帝国の記憶

0:10 / 26:46
2118年に行ったことがあるタイムトラベラーの告白
ApexTV チャンネル登録83万

YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=PIp5xKRsSck





(要約)
Alexander Smith氏は2118年にタイムトラベルをして戻って来たと主張している。
以下,Smith氏の話。
+++++++++++++++++++++++++++++++
こんにちは。私の名前はAlexander Smith。
長い長い間,この問題について私は沈黙を守ってきた。
今,この動画をご覧の皆さんのほとんどが,このような話は認めないだろうということは分かります。
ただ注目を浴びたいために作り話をしていると思うかもしれません。
しかし,私はそのような人間ではない。
私は長い間真実を話したいと思っていました。
自分の子供たちや孫たちにさえ話したことのないことを,私は皆さんにお話しようとしています。
私が皆さんにお話しようとしていることは,私の妻さえ知らないこと。
長い間沈黙を守ってきた,その理由は脅迫によるものでした。
彼らは私に真実を語らせたくないのでしょう。
しかし,このまま全てを封印したままで墓場には行けない。
私がこれから生きてゆく唯一の道は,未来に何があったのかについて真実を語ること。
1981年のことからお話しようと思います。
1981年の時点で,私は地元で車の修理の仕事をしていた。
その10年位前の1970年代にCIAで働いていた事があるが,その時点では,軍ともCIAとも何の関係もなかった。
軍に入隊した頃の事ははっきりと覚えている。
私は,妻と家で椅子に座りテレビを見ていた。
ドアをノックする音がして,ドアに向かう。
ドアを開けると,外には黒服の男が二人。
黒服の男たちはCIA。
一緒に来るように言われ,目隠しをされ,トラックの後ろに乗る。
出かけることを妻にさえ話してはいけないと言われたので,座っていた椅子をそのままにして,妻に言伝をする間もないまま出かけた。
車で移動中,黒服の男たちは,どこに行くのかを伝えることはできないと言った。
到着。
ヘリコプターの音。
目隠しをされたまま男たちに付いていく。
ヘリコプターに乗り離陸。
だいたい45分で目的地に到着。
私は目隠しを解かれた。
そこは軍の最高機密基地だった。
数人の別の黒服の男があらわれ,基地の地下施設に入ることを許可,
私は地下基地に連行された。
地下基地は深い地下にあり,通路は非常に長いはしご,それにつかまり降りていく。
到着。
周りを見渡すと長い廊下がみえる。
その廊下をすすむと中央諜報機関があった。
状況がおぼろげながらわかってくる。
CIAでは,空間と時間の制限についてテストするプロジェクトがすすめられていた。
プロジェクトは,地球が直面する大きな問題に対処する方法を見つけるのためもので,
私は最高レベルの科学者らと共にそのプロジェクトに参加せよという事らしかった。
正確にどのようなものかは分からないが,私は契約をして軍に入隊,CIAのポストに就いた。
長い廊下をすすむと,右側に部屋。
その部屋に入ると,中にはワイヤーのついた金属製の大きな機械があった。
大きな立方体の機械。
横には計器が付いている。
科学者が来て,他の黒服の男たちに部屋から出て行くように言う。
部屋には,私とその科学者だけになった。
科学者は私に言った。
「これはタイムマシーンだ」。
私はショックを受けた。
CIAがそのようなテクノロジーを既に造り上げていたことは知っていた。
そして,それが,まさにそれだった。
今あるスマートフォンのような技術は,発売の30年位前に開発されていた。
つまり,現在彼らが持っているテクノロジーがどんなものか皆さんは想像がつくでしょう。
私はそのタイムマシーンのテストパイロットになるようだった。
放射線被ばくがあり,怪我をしたり,死ぬ可能性は非常に高いと言われた。
そして辞退はできないだろうとも言われた。
最終的にタイムマシーンのテストパイロットの契約をした。
私は殆どボール状の僅かなスリットしかないヘルメットをかぶり,スズ製のスーツを着た。
いずれも放射線被ばくを防ぐもの。
実験にあたり,何度もミーティングを行う。
最初のテストの準備期間は終わった。
私は機械の中に入り,リハーサルのとおりに手順をすすめる。
CIAは,以前強制的に私をスカウトしたのと同じ語気で,妻や子供や孫や他の誰にも決してこの事は話すなと言った。
彼らが最も私にして欲しくないことは,今日ここで今皆さんにお話をすること。
しかし,実際私は皆さんにお話をしている。
タイムマシーンの中は真っ暗で,何も聞こえない。
入って5分くらいすると,頭痛がし始める。
突然明るい光がフラッシュ。
あたかも瞼の内側で起こったことのように感じた。
仰向けの状態で周りを見渡したが,何も見えない。
ただ私の目の中で白い光が2.3秒ごとに点滅していた。
最終的に意識を失う。
意識がフェードアウトするような感じ。
意識がもどった場所は,病院のベッドの上だった。
実験が失敗して,まだ1981年にいるのだと思った。
周りを見回す。
部屋に私一人きりだ。
ベッドの左側には窓。
窓にはカーテンが掛かっていて,外を見ることができない。
しかし,光が隙間から差し込んでいたので,日中だと分かった。
窓を見た後,自分のすぐ前を見る。
私の前には,今までに見たことのないものがある。
ガラス製のスクリーンだ。
それは,一枚のガラスのようだ。
壁から数インチ離れた所で浮いている。
そこが軍の病院の内部だと思う。
一般人が知らないような発展進歩したテクノロジーがあるから,1981年の軍の病院の内部だと思う。
しかし,私が周りを見渡した時,非常に変ったもの,非常に違ういるものがある。
左側を向き,病院のベッドに腰掛けると,そこにはガラスのテーブルがある。
床を見ると,テーブルは足がないガラスの天板のみのテーブルだ。浮いている。
何も支えるものは見当たらず,およそ2フィートほどのところで浮いている。
ガラスの天板のみのテーブルの上には,数個のコップがあり,その1つは水が一杯入っているようだ。
これは,1981年現在のどんな進歩したテクノロジーでもないはずだ。
一人の看護士が部屋に入ってきた。
出来事の後,初めて会った人だった。
彼女は私におきた事を説明し始めた。
私は道路脇で意識不明で倒れていたようだ。
彼女は私が自動車事故か何かで意識を失ったと思い,この病院に連れてきた。
私は彼女に自分の話をした。
彼女はそれが起きた日付はいつなのかと尋ねた。
私は,
「1981年だ」
と答えた。
そして,次の瞬間に彼女が私に言った言葉を私は忘れることはないだろう。
「今は2118年ですよ」。
2118年だって?私は彼女が軍の時間を言っていると思った。
しかし,彼女は,あなたは今が何年か知らないのですか?と逆に言い返した。
私は,最初彼女が言っていることが信じられなかった。
しかし,状況から判断して,私は徐々に状況を受け入れ始めた。
彼女が病院の他のスタッフと親しいようで,部屋から出た後にいろいろ雑談していたが,どうも私の事は,頭がおかしい患者だと話していたようだった。
彼女は気晴らしにテレビでも見てはどうかと言う。
脇にリモコンがある。
1981年の世界のリモコンとは違うリモコンだ。
ガラスのテーブルも同様。
リモコンを持ち上げる。
一番上に電源ボタンがある。
そのボタンを押すと,壁の前に浮いているガラスがスクリーンに変化した。
スクリーンには今まで聞いたことのないテレビ番組が映し出された。
ニュースにチャンネルを変えると,日付が目に入る。
2118年11月17日。
信じがたく,受け入れがたい。
夢を見ているのではないかと思う。
そしてこの未来の世界では誰一人信じてくれない。
体調は万全だったので,この病院からでなくてはと思う。
病院のベットから出る。
手首の下の方にチップがつけられている。
チップは私の心拍数やその他生命維持に必要な器官をモニタリングするものだあるようだ。
窓の方に歩いて行く。
カーテンをを開けると街が見える。
今までに見たことのある街とは違う街。
街はとても大きく,いくつかの乗り物が超高層ビルの上を飛んでいる。
何が起こっているのかを理解するために,病院を出なくてはならない。
自分の運命を受け入れ始める。
もう二度と妻には会えないかもしれない。
病室のドアの方に歩いていく。
カギが掛かっていない。
私はドアを開ける。
私はまだ1981年に着ていたのと同じ服を着ていた。
部屋を出て,長い廊下を歩いていく。
エレベーターがある。
1981年のエレベーターと同じ感じ。ボタンは少しだけ未来的。
そのエレベーターに乗り,1階のボタンを押す。
私は6階にいるようだ。
しかし,そのエレベーターの昇降速度は非常に早い。いつのまにか1階につく。
エレベーターのガラスのドアが開き,病院のロビーが見える。
皆白い服を着ている。
彼らは私を変な目で見ているようだ。
病院の受付に行く。
患者は皆,白い服を着ていたが,受付で働いている人は全身青い服を着ていた。
他の病院の職員も皆,青い制服を着ている。
現在の病院で見られるような青い制服ではなく,袖の長い青いシャツと同じ色の青いズボン。
近くにいる全身青の服の女性に,自分が今どこにいるのかを尋ねた。
彼女は,
「あなたは508地区にいます」
と言う。
「508地区とはどういう意味だ」
と訊くと
「どういう意味だとはどういう意味ですか,あなたのいる場所は508地区です」
という答え。
私は自分がいる場所について,あらゆる質問をした。
ガラス製のスライドドアのある玄関に向かう。
スライドドアは通り抜ける際に自動的に開いた。
景色を見るかぎり,街の郊外であるようだ。見たことのないようなビルが林立している。
「508地区」という看板が見えた。
その看板の下の方にはとても小さな文字で
「イャービス帝国 508地区」
と書いてある。
どうやらここはアメリカ合衆国ではないようだ。
「イャービス帝国 」
が何なのかはわからないが,もとの世界に帰らなければならないのは分かっていた。
街を歩き回る。
上を見上げるとバスが空に浮いている。
バスや車が空を飛んでいる。
どのようなテクノロジーでそうなっているのかは分からない。
下の地上の通りは歩けるようになっている。
地上の通りは人が歩くことができ,通行人や自転車に乗った人々がたくさんいた。
しかし,地上の通りに車はない。
車や交通機関は全部上空にあり,超高層ビルの間を行きかう。
超高層ビルは皆透き通って,ガラスでできているかんじ。どれも高い。
どのビルも,ニューヨークの超高層ビルよりもずっと高い。
自分が2118年の世界にいるのだということを認識しはじめる。
自分がどこにいるのかという新しい手がかりを得ました。
家族に会いに戻れるかもしれない。
街は基本的にビルの谷間に1本の大きな歩道があって,人はそこを歩く。
大きな歩道や通りにいる人々を見ていると,中にはロボットもいる。
ロボットは地面から浮いているように見えた。
足がなくて,地面から浮いている以外は,見た目は人間によく似ている。
私は通りにいる人に近づいていき,言った。
「私の言うことを信じないでしょうが,聴いて下さい。私はタイムトラベラーです」。
彼は聞きなれたような感じで
「分かった」
と言った。
彼に尋ねる。
「タイムトラベルが開発されたのは何年ですか?」
「2028年だ」。
という答え。
私は言う。
「それは間違いだ,私は1981年から来たタイムトラベラーなんだ。
だからタイムトラベルが開発されたのは1981年だという事になる」。
彼は怪訝な顔をして私を見て言う。
「タイムトラベルは2028年に開発されたと勉強した」。
私たち二人はわけが分からなくなった。
元の世界に戻らなければならない。
夜の街を歩き,ロボットに近づいていき言う。
「すみません」
ロボットは振り向いて,私を見た。足がなくて,地面から浮いている以外は,普通の人に見えた。
「どうすればタイムトラベルができますか」
と言うと,
「近くのタイムトラベルエージェンシーに行く必要があります」。
との答え。私は,
「タイムトラベルエージェンシーはどこですか」
と訊くと,ガラスのタブレットPCのような物を渡され,場所が分かる。
タブレットPCを持って歩く。
タブレットPCはとても軽い。また傷つきにくい。
タブレットPCには2028年の現在時刻が表示されていた。
小さな地図が表示されており,私の居場所を示す紫色の線が入っていた。
リアルタイムでその線に沿って,数本の通りを進む。
数ブロック先にビル。
超高層ビルのひとつ。そのビルの一番上にタイムトラベルエージェンシーの看板がある。
そのビルに入る。
カウンターに,本物の人間かロボットか分からない人がいる。
地上から数フィート浮いているが,足が隠れていると人間かどうか区別できない。
受付の男性に,タイムトラベルエイジェンシーについて尋ねる。
1981年にタイムトラベルする必要があると言うと,
「457ドルかかる」
との答え。
私はあらかじめ科学者から帰り賃の5万ドルを貰っていた。
現金のアメリカドルを受け付けるのかどうか分からないままお金を払う。
彼は何も言わずにそれを機械に差し込む。
それを受け付けたようだった。
おつりをもらう。
最終的にかかった費用は6,000ドル。
私は尋ねた。
「イャービス帝国とは何ですか?」
「それはあなたが今いる場所だ,着ている物もおかしいし,どうしてそれを知らないのか」
という答え。
私の話を聴きたい未来人などいるかずもないと思っていないと思っていたが,彼に言う。
「私は1981年からやってきたタイムトラベラーだ」
彼は心底信じたようだった。
そしてタイムトラベル機の中に案内される。
タイムトラベル機は,窓のない四角柱の機械。おそらく50人は入れそうな大きさで,白と青のとても派手なデザインだ。
私は階段を何段か昇って,機内に入った。
その時代に行く乗客は私一人だった。
機内に座ると,振動が始まる。
そして最終的に意識を失う。
目を覚ましたら,そこはロサンゼルスの道端だった。

gffvggfdg pc








































多次元宇宙に迷いこんだ男
4月16日
Strange Man From Alternate Reality Arrives In Tokyo | Before It's News
Mon Apr 16 07:26
100% of readers think this story is Fact. Add your two cents.
Before It's News
http://beforeitsnews.com/story/2026/509/Strange_Man_From_Alternate_Reality_Arrives_In_Tokyo.html
目的地は正しかった、ただ世界が違う
男は確かに目的地の羽田空港についた。しかしついた世界は全く違う世界の羽田空港だ
った。
事件がおきたのは第2次世界大戦終戦から9年、今から約60年前の1954年。
欧州からの日航便が羽田空港に到着した。
税関では本人確認、パスポートのチェックなどがいつものように行なわれていた。
税関の職員の表情が変わった。
「Taured」?
パスポートに見たこともない国籍が書いてある。
よく飛行機を使うらしく、ビザのスタンプがたくさん押してある。
しかし「Taured」などという国はきいた事がない。
国際免許証も「Taured」の免許証だ。
上司に問い合わせた。上司も知らない国だ。
銀行通帳は見た事もない銀行の通帳だ。
欧州の紙幣を所持している。
男にきくと、国籍は欧州で、商用で日本に来たと言う。
会社は躍進中の多国籍企業。
コーカサス系のアジア人に見える。
母国語はフランス語。
日本語を含め複数の言語を話すマルチリンガルだ。
男は取引の予定があるらしく足止めをくらった事にイライラしている。
ホテルに予約したというがそのホテルの名前もきいた事がない。
男はカバンから地図を取りだした。
その地図には「Taured」の国名がしっかりと書いてある。
男に言わせると、「Taured」はスペイン治下のアンドラ自治圏(the Principality of Andorra)にある国だという。
アンドラ自治圏などというものはなく、「Taured」は千年以上前に滅亡したと教えると男は言葉を失った。
男は何かの陰謀か冗談だと考えたらしく、政府の要人に会わせてくれと言いはじめた。
男は空港のセキュリティルームで数時間拘留された後空港近くのホテルに送られた。
ホテルの部屋では2人の移民課職員が待っていた。部屋の入り口には警備員が立っており、夜通し警備した。
男は部屋で夕食をすませた後、眠りについたようだった。
そして次の朝部屋のドアを開けると男はいなかった。
移民課、東京都警察は懸命の捜査を続けたが、見つからなかった。

local pc








時空次元情報:タイムトラベル
MessageToEagle.com
2012年6月2日
Two Astonishing Cases Of Men Who
Say They Traveled Through Time
30 December, 2012
MessageToEagle.com
http://www.messagetoeagle.com/timetravelertwocases.php
世界で初めて「タイムトラベル(時間旅行、the "time travel")」の世界を描いたH.G. Wellsの著書「The Time Machine」で、世界に「タイムトラベル(時間旅行)」の概念が生まれた。以後に関する作品が多く生まれ、話題になる事が多いトピックだが、もしもタイムトラベルが可能になったとして、最初のタイムマシンが作製された時点へ戻れるなら、未来からやってきたタイムトラベラーが現代のこの世界にも訪れているはずだと考える研究家は多い。
2011年9月、CERNは光より速く動く亜原子粒子(sub-atomic particles)を発見したと発表した。この発表に対し、英国マンチェスター大学粒子物理学教授Jeff Forshaw氏は、光より速く動く亜原子粒子がもしもあるなら、理論的には過去に情報を送信する事は可能であると語った。
マンチェスター大学粒子物理学教授Jeff Forshaw氏
「光の速度は宇宙速度の上限(the cosmic speed limit)。その上限を超えてしまったら、原因と結果の法則が成り立たなくなる。しかしもしも宇宙速度の上限を超えた速度で動くものがあるとしたら、それを使って過去に情報を送る事が理論的には出来るし、過去にタイムトラベルも出来る。しかしニュートリノと人間の質量はあまりに違うので、人間がタイムトラベルをするタイムマシンを作るというのはまだまだおとぎ話だ。」。
しかしタイムトラベルにおいて、「タイムトラベルパラドックス(the time-travel paradox)」として知られる問題が現在ある。タイムトラベルで自分のいた過去に旅行して、もしもそこで自分の存在を消すような事態がおきた場合、現在の自分は一体どうなるのか?具体的には、タイムトラベルで自分の過去に戻り自分の祖母を殺す殺人鬼がいるとして、その殺人鬼の存在はどうなるのかという問題だ。
時間の糸が織り成す織物の中の果てしないパラドックスの環状線。しかし最近になってこのパラドックスの出口となりうるアイデアが宇宙学者により発見された。つまり、宇宙は1つではなく複数が多重して存在する。そうであるなら、ひとつの出来事に対する結果も1つではなく複数ある事になる。タイムトラベルで自分の過去に戻り自分の祖母を殺す殺人鬼のタイムトラベラーの祖母は、異なる宇宙では殺人鬼の母親となる娘を育てているという考えだ。
Andrew Basiago氏は「Project Pegasus」でのタイムトラベルの経験が有るシアトル在住の弁護士。氏は7歳から12歳になるまでの幼少期に米国防総省高等研究計画局(the Defense Advanced Research Projects Agency)の極秘プログラム「Project Pegasus」のスタッフとしてタイムトラベルを体験、2004年に自身が体験したタイムトラベル体験をBob Tuskin氏のラジオショウでで語った。7歳から12歳になるまでの幼少期に計8回のタイムトラベルを体験したが、発明家Nikola Teslaが亡くなった直後の1943年1月の彼のニューヨーク市のアパートに行って発明に関する書類を現代に持ってくるという任務も中にはあったという。また6歳の時には、1863年のAbraham Lincolnのゲティスバーグでの演説の写真を見せられて、フォード劇場のLincolnの暗殺現場にタイムトラベルで送られたが、暗殺事件はそこではおきなかったという。
旅行でいったそれぞれの過去は微妙に異なっており、軍は隣接したタイムラインのそれぞれにトラベラーを送っていたようだったと氏は語る。
Andrew Basiago氏
「トラベルの回数が増えた時があって、その時は、別の自分に会った事もあった。」。
「タイムマシンは上下2本の灰色の楕円のブームから成る高さ8フィートの構造体だった。10フィート上にはTeslaが発明した『放射エネルギー(Radiant energy)』と呼ばれる時空を曲げる作用のあるエネルギー照射装置があった。」。
「現在と過去を行き来するタイムトラベルにおいては、心身の自由度がたかい子供のほうが、時間旅行の精神的重圧によるストレスが少ないと軍は考えたんだろう。」。
テクノロジーが必要なのはリアルタイムテレポーテーション(念力移動)のみで、タイムトラベルにテクノロジーは必要ないという。

local pc



pp6520190410117.png




posted by datasea at 12:48| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予知情報:2030年のアメリカ地図


Time Traveler Reveals Map Of The U.S. in 2030
Thursday, November 29, 2018 11:12
By ApexTV

BIN
https://beforeitsnews.com/v3/paranormal/2018/2537429.html





(要約)
私はNoar。
タイムトラベルで2030年からやって来た者だ。
私が手にしているのは2030年の米国の地図だ。
御覧のようにカリフォルニア州の一部がない。
地球の温暖化によって水没したのだ。

vcbvcnbcv pc























2000年11月2日、アメリカのインターネットのある掲示板サイトに
「私は2036年の未来からやってきたタイムトラベラー(時空旅行者)だ」
と名乗る人物が現れ、ネット上で大騒動を巻き起こしました。
この人物は、「ジョン・タイター」と名乗り、自分が乗ってきたタイムマシーンの操縦マニュアルの写真やその装置の図解などを公開し始めました。
タイターによればこれは軍用モデルのC204型で、このタイムマシーンは、50〜60年の時間範囲なら正確にジャンプすることができるといいます。重力場や量子力学、天文学などについて高度な専門的知識がないと説明できない描写が随所に見受けられ、その後インターネット上での質疑の対話が進むにつれ、彼が未来からやって来た理由や、地球や人類が遭遇することになる近未来の姿、また時間線(タイムライン)や世界線(ワイルドライン)などの時空に関する専門的な理論などを次第に明らかにしていきました。
そして4ヶ月後、不思議な人物タイターは
「予定の使命を完了したので2036年の世界に帰還する」
と宣言し、二度と再びインターネット上に登場することなく、消息を絶ったのです。
奇想天外なタイムトラベラーの出現が一過性的な話題に終わらなかったのには一つの理由がありました。
それは、ジョン・タイターがこの世界を後にしてから2年ほどたった2003年1月に、
彼の両親だと名乗る若い夫婦がフロリダのラリー・ヘーパーという弁護士事務所に現れ彼の存在を証言したことです。
その時、夫婦は5歳になる幼子を連れていたが、その子こそ幼年期のジョン・タイター本人だといいます。
つまり、問題の人ジョン・タイターはこの子の未来の姿であるというわけです。
匿名の夫婦が語る驚くべき話を要約すると次のようになります。
タイターは2036年の未来から、ある目的で先ず1975年の世界に舞い戻って祖父(匿名夫婦の父親の親)に会い、それから時間を下って1998年の夏に、自らの両親の若かりし頃の家に現れると、若い両親夫婦と生まれて間もない赤ん坊(幼い頃のタイター自身)と奇妙な4人暮らしを2年間ほど過ごすこととなったそうです。
若かりし頃の両親は最初に現れた時にジョン・タイターにより黒い直方体の箱をみせられ、それがタイムマシーン本体だと聞かされました。しかし夫婦が見たのはそれ一度きりで 、その後はジョン・タイターがどこかに隠してしまい二度と見せることはなかっそうです。
そんな打ち明け話をした後、夫婦はインターネットで交わされたジョン・タイターと質問者たちとの質疑応答の全記録と、ジョン・タイターの話を裏付ける証拠物件をヘーバー弁護士に預託し、自分たちはこれ以上この件に関わりたくないからと言って立ち去ってしまいました。
ヘーバー弁護士はそれらの託された資料類を 『 JOHN TITOR A TIME TRAVELERS TALE』邦題「未来人ジョン・タイターの大予言―2036年からのタイムトラベラー (MAXムック)」と題する本にまとめ出版し、真偽のほどは読者に判断してもらうことにしました。
【ジョン・タイターに関する証言】
タイターがインターネット上で2000年11月〜2001年3月までの4ヶ月間の間に公開した『経験した未来の出来事』のうち、既に現実のものとなったものを列記すると次のようになります。
・ イラクが核兵器を隠しているという理由で、戦争が起きるが核兵器は発見されない。(911の後2003年からイラク戦争)
・ アメリカ国内にも狂牛病(BSE)が発生する。(2003年12月、日本も牛肉輸入禁止措置)
・ 中国人初の宇宙に進出する。(2003年10月、中国初の有人宇宙船「神船5号」で実現)
・ 新しいローマ法王が誕生する。(2005年4月、パウロ2世が死去し第111代法王ベネディクト16世が選出)
ジョン・タイターが語る近未来史の中でもとりわけショッキングなのは、アメリカを含め全世界の人類の未来に待ちかまえている衝撃の未来像でした、彼は2036年にタイムマシーンに乗り現代に現れる直前の、自分の生きていた世界を次のように語っています。
『アメリカは2004〜5年頃から国論が二分されて対立が激化した。・・・ 国民が自由より安定を望み、政府側が公民権を無視するようになり、全体主義的な軍事警察国家になった・・・ そこで地方の反乱軍が決起して都市部の政府軍と戦う内戦が勃発。南北戦争以来のこの第2次内戦が数年続いた2015年、ロシアが不意打ち的にアメリカの主要都市を核攻撃し、アメリカも即座に反撃に出て、ついに全面核戦争が勃発 ・・・ オーストラリア、中国もロシアの核に破壊され、やられたらやり返す報復の応酬にヨーロッパもアフリカも巻き込まれた・・・世界中が破滅に瀕したところで第3次世界大戦は終息、・・・ 国を二分した内戦も、皮肉にも都市部が破壊されたおかげで反乱軍の勝利に終わり、アメリカは一応の平和を取り戻した・・・ 
2036 年の私は、フロリダ中央部に実家があるが、現在はタンバ近くの陸軍基地に勤務している。・・・2015年に発生した短い期間の核戦争(第3次世界大戦)で、30億近くが死に、世界の人口は半減した。生き残った人々は各地の大学町を核として半自給自足の小共同体を作り、農業生産と伝統文化の復興にいそしんでいる。・・・放射能汚染や病気の蔓延で環境が悪いので、食料や生活物資はそれぞれの地元で生産され、公平に分配されている。現在のいちばんの悩みは、水質の浄化の問題である。・・・戦後大規模な食料生産や娯楽戦争はなくなったが、高度の水準に達したエレクトロニクスやエネルギー産業は何とか生き残り、人工衛星システムやインターネットもかなり復旧してきている ・・・』
世界の再興がかなり進んだ2029年、31歳のジョン・タイターは現代のフロリダ大学に当たる「フォート・UF」大学に通って資格を取得し、その後すぐに政府の「タイムトラベル」要員に採用され、2年間の教育訓練と実習を終え、このミッションについたといいます。
ジョン・タイターの任務は1957年に飛んで、初期コンピューターIBM5100型を入手することで、それは核戦争で破壊されたインターネットの再構築に必要なのだという。核戦争後の崩壊したインターネットの再構築に、なぜこんな旧型の初期コンピューターが必要なのかについては、「破壊された種々の遺産プログラムのバグ除去と解読に必要であった」と述べています。
タイムマシーン完成の流れとして、その基礎的研究が1年後の2001年に、後述するリサ・ランドール博士の異次元空間理論の証明実験もおこなわれたCERN(ヨーロッパ原子核共同研究機関、スイスのジュネーブにある世界最大の素粒子物理学研究所)で始まり、2034年に第一号機が完成すると語っています。
その第一歩となるのが、CERNの、巨大な粒子加速器によって創られる電子サイズのミクロ特異点であるといいます。ミクロ特異点とは「ミニ・ブラックホール」のことで、これは、タイムマシーンの推進原理と言われているものです。
ジョン・タイターが消息を絶ってから半年以上たった2001年の秋、CERNは記者会見を行い、実験室内でミニブラックホールを創成する可能性を検討中であることを発表したということです。
最近では、ジョン・タイターの他にも、タイムトラベルしてきた40年後の自分と会ったホーカン・ノーキィヴィストという人も現れました。彼は持ち合わせていたホームビデオでその様子を撮影しています。

心&身魂のアセンション
http://ascension.mikosi.com/








2015年の核戦争 今、ジョン・タイターの予言が再び注目について
最近、ロシア軍4万がウクライナに集結してるとか。
2014年08月07日00:01
ロシア軍4万がウクライナ侵攻を準備 衝突の恐れ
http://www.therakyatpost.com/wp-content/uploads/2014/08/000_Par7943917-768x470.jpg
両軍が東部突入を準備
北大西洋条約機構(NATO)報道官は8月6日発表した声明で、ウクライナ東部の国境に約2万人のロシア軍が集結したと明らかにしました。人道的任務または平和維持活動を口実に、ウクライナに派兵する可能性があると述べました。
「最近のロシア軍の動向は状況を一層緊迫化させ、危機の外交解決を模索する取り組みを阻害している。これは危険な状況だ」と指摘した。
ロシア軍は先週の時点で展開していた計1万2000人に加え、8000人を新たに配置した。この中には防空、特別部隊なども含まれ、数時間のうちに侵入して戦況を大きく変える能力を持っている。ウクライナ東部のルガンスク市では、住民46万5000人の半数近くが避難した。同市では電気が止まっており、残った住民はギリギリの状態で生活をしている。このまま両軍がウクライナ東部に侵入した場合は、現在よりも直接的で大規模な軍事衝突の可能性があります。
で、そんな中、毎度バカバカしい情報なのですが、気になったので張ります。その昔、ジョン・タイターの予言などというのが流行りましたよね。なんでも未来から来たタイムトラベラーさんの予言というものです。
動画もあります。
内容はこんな予言ですた。
2015年、ロシア連邦が反乱部隊の援助という名目でアメリカに核爆弾を投下。核戦争となり、第三次世界大戦へと発展する。その後、アメリカの外交権麻痺に乗じて、中華人民共和国が覇権主義を強化。台湾、日本、韓国を強引に併合する。後にオーストラリアが中国を撃退するが、ロシアの攻撃により半壊滅状態になる。ヨーロッパ諸国もロシアによりほぼ壊滅するもアメリカが撃退し、ロシア連邦が崩壊する。
2017年、30億人の死者を出した末、ロシアの勝利に終わる。
2020年、アメリカ都市部の敗北により内戦が終わる。ロシアの援助によって、新たな連邦政府が成立する。
アメリカの地方区分は、現在の州ではなくなる。分裂したときの5勢力で構成され、社会主義国家に近くなる。内戦後の生存者は図書館や大学の周りに集結してコミュニティを形成している。新たな連邦政府は首都を現在のネブラスカ州・オマハに置いている。アメリカ以外のほとんどの国も社会主義国家のような体制になっていく。
2040年頃、オリンピックが復活する予定。
(全文はソースにて)
で、たった今のロシアとアメリカの状況から、この予言が実現しそうで恐いとまた話題になっているようです。
ネット上にこんな説明もありますた。
ジョン・タイターの予言というのはイルミナティの計画するシナリオという説明です。
blog.goo.ne.jp/flatfeat/e/cee278820b3b22bfb2d1cff952f2ff38
タイターの予測はアメリカ国民に大きな反響を呼び、後の9・11をめぐる社会的な混乱に人々を備える効果を果たした。この時期を境に人々は、メディアだけに頼らず、起きている事態の裏側の真相を見通し、インターネットを通して情報を交流するようになっていったのである。
2015年のロシアによる核攻撃に先立って台湾・日本・韓国は中国に軍事占領されることになる。欧米が弱体化することによって中国の軍事拡大が加速することになる
上 に掲載した地図は私が検索して発見したもので、「ニューワ−ルドオーダー地図」と名づけられ、「この地図はヘレン・サマーズがフィラデルフィアの書店で発 見したもので、1941年10月に完成しマリース・ゴンバーグが1942年にカラーで印刷したものである。」と説明されているだけであるが、当時の世界情 勢とタイター予測を総合して、闇の勢力の策略をよく表しているものと判断して2007年に紹介したものである。
新世界秩序の世界地図
タイター自身はタイムマシンの写真を投稿した後は読者からの質問に答えるだけで、地図や年表は投稿していない。したがって現在ネット上に流布している「ジョン・タイターの地図」は投稿者がタイター予測を解釈して作成しただけのものである。
例:
1 米国人予言者「2036年、日本は韓国植民地に」
2 ジョン・タイターの日本地図
ここで「中国が日本を併合する」ことの意味を考えてみよう。
「ジョン・タイター未来予測」
2005年 アメリカの内政悪化(イラク戦争やハリケーン被災者救援対策の遅れから、アメリカ内政悪化)
2006年 アメリカ国内で暴動勃発
2007年 中華人民共和国 内陸部で暴動勃発。軍が治安出動。(この治安出動をきっかけに中国軍の暴走が始まる。)
2008年 アメリカ全土内戦状態/北京オリンピック中止(内陸部暴動と中国軍の暴走が理由)
2009年 中国の台湾・北朝鮮・韓国・日本侵攻/アメリカ合衆国 初の女性大統領
2010年 中国の台湾・北朝鮮・韓国・日本併合化
2011年 アメリカ合衆国政府解体
2015年 第三次世界大戦勃発(ロシアがアメリカ連邦帝国・ヨーロッパ連合・中国に対して核戦争を仕掛ける。)
2017年 30億人の死者を出した末に、ロシアの勝利に終わる。
2020年 ロシアの援助により新合衆国政府が打ち立てられる。(この新アメリカ合衆国は小さなコミュニティの連合からなる社会主義国となる。)/地球上の国の殆どが、社会主義国家になる。
2034年 タイムマシンが実用化する。
タイターは、「世界核戦争で30億人近くが削減されて、その後、いくつかのブロックに分かれる社会主義的な体制に世界のほとんどの人類が組み込まれる」未来像を示しているのである。
「社会主義的な体制」について中丸薫さんは、こう述べている。
ワンワールド政府という構想は、オカルティックな魔術的宗教性を持つ、秘密結社イルミナティに端を発する。その秘密結社の設立者アダム・ヴァイスハウプトは、次のような目標を掲げている。
@  各国の王政・政府の廃止
A  固有財産・遺産相続の廃止
B  愛国心・ナショナリズムの廃止
C  家族・夫婦制度を廃止し、子供の教育は地域が担当する
D  すべての宗教の禁止
C を除けば、これらはまさしく共産主義の要綱と同じである。
「共産党宣言」を書いたカール・マルクスも、実はイルミナティを背後で動かすロスチャイルドに雇 われていた。
驚かれるだろうが、共産主義と旧ソ連を生んだのは、ロスチャイルド、ロックフェラー、英国王室などである。
彼らからの資金援助と政治的な支持 がなければ、共産主義も旧ソ連もこの世に存在せず、歴史は大きく変わっていたはずだ。
ニューワールドオーダーへの道 1
したがってタイターは闇の勢力のシナリオが実現する未来像を示していたのだと解釈できる。

黄金の金玉を知らないか?
http://golden-tamatama.com/blog-category-5.html



posted by datasea at 10:27| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

歴史情報:西暦4126年の世界―タイムトラベラーが明かす2000年後の人類社会


pp652130000000121.png

pp652130000000122.png



Time Traveler From 4126 Brought Back Future Technology
ApexTV

youtube.com
https://www.youtube.com/watch?v=_HskzZqdUMs







(要約)
歴史情報:西暦4126年の世界―タイムトラベラーが明かす2000年後の人類社会
西暦4126年の世界
Time Traveler From 4126 Brought Back Future Technology
ApexTV
西暦4126年のタイムトラベラーのインタビュー。
―――
SLYM(以下SL):俺は民間人。軍関係でも商業関係でもないタイムトラベラーだ。
ApexTV(以下AP):年齢は?
SL:年齢は56才だけど,事情は複雑だな。
今ここでの肉体の年齢は21才だ。
「クラゲ」の寿命は非常に長い。
長寿の生体テクノロジーのヒントは「クラゲ」だった。
どの種類の「クラゲ」かとか,詳しい事は専門家じゃないから知らないが,
とにかく「クラゲ」の研究によって人間は長寿をかち得た。
4126年の平均寿命は400才だ。
ただ,400才という寿命の中で,人は自身を保ち続ける事ができなくなった。
結果,人間の精神はおかしくなった。
生体テクノロジーの進化によって人類は長寿を得たが,その長寿のなかで精神が安定を維持できなくなるというのが問題になっている。
睡眠時間は短い。
これから1000年のなかで,人類の睡眠時間はどんどん短くなる。
AP:生体テクノロジーの進化によって?
SL:そのとおり。
AP:「タイムマシーン」について教えてください。
SL:「タイムマシーン」の歴史について。
20世紀・21世紀の世界は,われわれの時代においても重要な時代とされてる。
「タイム・トラベル」の技術ができたのはこの時代だったし,その意味でも重要な時代だ。
この時代にタイム・ラインでおきた出来事は,発明した「タイムマシーン」に乗って過去に遡り,敵を過去世界でツブした。
あと,ヒットラーは「タイムマシーン」に乗って2028年にもどり自分の過去生を知り,未来の任務を行なった。
当初,「タイムマシーン」は軍関係者のみが利用できた特殊技術だった。
初期の「タイムマシーン」の機械は無数の電線で繋がれた巨大な機械だった。
巨大な球形のスペースに入って,大きな電力の作用で時間航行する。
「タイムマシーン」による時間航行は非常に危険な任務で,一般人には縁がないものだった。
しかし,その特殊技術もやがて民営化されて,一般人が時間航行(Time Flight)できるようになった。
今ではデバイス(Time Travelling Dixice)で航行する。
時間航行(Time Flight)は,昔は一つの企業が管轄してたけど,今はそうじゃない。
時間航行(Time Flight)をするには駅というか,港から出るんだけど,空港みたいな感じじゃない。
高層ビルがあって,そこから渡航する。
渡航費用はマチマチ。
行く時代にによって料金はちがう。
高い時代もあるし,安い時代もある。
「タイムマシーン」の航行の方法は,ほかのYouTube動画にもあるけど,人がドアをすり抜けるヤツ。ああいう感じだな。
ドアをすり抜ける感じで2015年から2090年へ,2090年から2000年へ,という感じで航行するんだ。
航行の気分は,ムチャクチャ速く動くっていう気分だ。
人の体をスリ抜けたり,時間さえもスリ抜けて行く。
未来の世界はオバケやサイキックみたいに無数にある多層現実。
AP:あなたの時代のお金はどうなっていますか?
SL:今の時代のお金は「Bit Coin」だ。
紙幣やクレジットカードのような実際の「モノ」はない。
すべて電子化されている。
セキュリティが進化していて,ハッキングや不正行為はできない。
AP:あなたの時代の街はどんな感じですか?
都市は高層化がすすむ。
超高層ビルの超密集地帯。超高層ビルが密に林立している。。
それが未来都市。
気候は曇りがち,曇りの日がおおい。
巨大な高速道路があって,そこを電子化されたグラス製のクルマがはしる。
動力は磁気で完全にAI制御されてる。
AP:あなたの時代の食料は?
SL:おもにプロテイン・バー。
数種のたんぱく質が配合されたもので,味はいろいろある。
プロテイン・バーになった理由は健康上の理由ではなく,単純に保存スペースの問題だった。
われわれの西暦4126年の世界は人口過剰で,それを支える解決策としてそうなった。
31世紀初頭,進化した医療は病気を完全に克服した。
西暦4126年の世界には「病気」というものはない。
われわれの世界ではどの惑星も人口過剰の満員状態。
地球は,陸上,海底,北極,南極,どこも人であふれてるし,
火星やほかの惑星も人であふれている。
水星はゴツゴツした岩の地面で,クレーターの中に都市がある。
クレーターの地表に張り付くように,ドーナッツ型に都市ができてる。
ただ木星は別。あそこはガス体で地面がないから生命体は住めない。
冥王星は寒すぎて住めない。軍事施設はあるけど民間人は住んでない。
金星は暑すぎる。
太陽系惑星に全部住んでるわけじゃないけどね。
人口過剰になった原因は,この時代にすでに研究が進んでるけど,「微生物学」の研究の進化だった。
AP:あなたの時代の政治は?
SL:政治について。
市民の投票制度で運営されている。
投票制度も完全にAIのコンピュータ制御で,この時代よりももっと公平で不正はない。
政府はひとつ。One World Govermentだ。
世界が単一国家(One World Goverment)に統合されたのは2090年の事だった。
宇宙人の勧めもあり,それをきっかけにして,地上の諸国は統合された。
今は地上にひとつある単一政府(One World Goverment)が人口問題やあらゆる問題を管理する。
AP:どのような宇宙文明ですか?
SL:火星や木星だ。
宇宙人は生身の宇宙人もいるし,金属製のロボットの肉体の宇宙人もいる。様々だ。

fdgsdgh pc











下のタイムトラベラーの記事だと
西暦4126年の2年後の西暦4128年に大洪水がおきる事になるが。。
まあ,無数にあるタイムラインのなかの,それぞれちがうタイムラインなんだろう。

fdfsdsf pc








歴史情報:5000年後の写真
5000年後の写真―タイムトラベラーが明かす5000年後の地球
ApexTV
youtube.com
https://www.youtube.com/watch?v=6HhEhpb1RIs
................
西暦4028年,
世界の人口は110億人。
宇宙を外遊した時のリーダーは思った。
「教育,保障,労働,永遠の命,,,国民のために何故こんなに多額の予算が要るのか。
そうだ。半数が地球から出ればいい」。
45億人が地球を脱出した。
のこりの65億人が地上に残された。
飢えと体力の低下に弱っていた人々に大洪水が襲った。
引くことのない洪水が。

vgffgfdghdff pc
posted by datasea at 00:42| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

歴史情報:5000年後の写真


pp6570000000330.png

pp6570000000335.png

pp6570000000331.png






Time Traveler Took This Picture in The Year 5000
ApexTV
視聴回数 240,782 回
2018/02/17 に公開
This man claims he has been to the year 5000. We sat down for an interview in an undisclosed location as he told us his story. He claims to have brought back an actual picture from the future. His name was Edward and he claims his picture shows a major U.S city underwater. What do you think? Is this man an actual time traveler who has been to the future?

youtube.com
https://www.youtube.com/watch?v=6HhEhpb1RIs






(要約)
歴史情報:5000年後の写真
5000年後の写真―タイムトラベラーが明かす5000年後の地球
ApexTV
男は自称「5000才」。
5000年後の世界に行ったというタイムトラベラーの話をきいてみよう。
―――
私は5000才の人間。
アメリカに住み始めて6年になる。
仕事はテクニカルサポートエンジニア。
タッチスクリーンの極秘プロジェクトに関する仕事だ。
人々の暮らしをもっと便利に,楽にするために働いている。
政府が関与する極秘プロジェクトで,時々勤務してプロジェクトを加速させる役割。賃金は低い。
私はGreen Cardを取得して米国に移住した。
だからすぐに仕事につかねばならなかったし,どんな求人でも請けるつもりだった。
それがこのYouTube動画に主演した理由。
職場のビルは一見普通のオフィスビルだけど,その中で進んでいるのは政府がかかわる極秘プロジェクトなんだ。
オープンマインドで,誰とでも仲良くやる。
一番親しいのはJames。
Jamesは元科学者で,このプロジェクトのコアだ。
テレビやラジオには出ないし,ノーベル賞の候補にもならないが,
この世界にはないガジェットの開発を進めている。
Jamesにとって,名誉は興味ない。
現実のプロジェクトで生きるのが生きがいなんだろう。
政府の扱いは「トップシークレット」だ。
Jamesに言わせれば,妻子でさえ仕事の内容を知らないそうだ。
とても大きな仕事だけに収入もすごい。
どっかの国の国家予算くらいのケタだ。
Jamesの仕事は歴史的に大きな仕事だ。
仕事キチガイで,まるで機械の一部のような感じで働き続ける。
Jamesは性格があって,親しくつきあっている。
ある日,私はJamesの別荘に招かれた。
黒いカーテンに閉ざされた部屋の中は金属製のイスに配線コードがあちこちに張り巡らされている。
中にあったのは「タイムマシーン」だった。
部屋の隅には発電装置があった。
それは昨晩研究所から持ち帰ったものだった。
Jamesは言った。
「タイムトラベルの実験体を探している。なってくれないか」。
わたしはビックリしてその申し出を断った。
「なってくれたら,米国市民の権利をやるよ」。
Green Cardで生きる身にとっては大きな報酬だ。
最終的に私はその提案を請けた。
金属製の椅子に座り,「特製カメラ」とかいう妙な機械を装備し,それで未来の世界を撮影してくるという案だった。
ボタンを押して機械は作動,私は5000年後の世界に飛んだ。
私が到着した5000年後のロサンゼルスは奇妙な場所だった。
木製の壁でできた部屋だ。
部屋だけじゃない。
自動車から,家から,ビルから,すべてが木製なんだ。
そこは確かにロスだった。
でも,そこは海底のロスだった。
海底都市さ。
大洪水があったようで,あらゆる街が海面下にある世界。
木製の部屋にあらわれたのは,あたかも石器時代の人間だった。
「どこから来たのか」
と尋ねられて
「2004年から来た」
と答えた。
部屋には集団がいて,その真ん中にいる人物がリーダーであるようだった。
リーダーはZachといった。
私の話を聞いてZachはその証拠を知りたがった。
わたしはZachに,装備している「特製カメラ」を見せた。
彼はそれを見て信じたようだった。
Zachは私に,大洪水の事を教えてくれた。
Zachによれば,大洪水の原因は地球温暖化だったという。
極地の氷が溶けて地球全域を海水が覆った。
増加したCO2が地球のシールドを次々とこわし,
海水位が上昇してくると,人はパニックになり犯罪が多発,理由もなく殺しあった。
食料の取り合いになり,殺しあった。
ボトル一本の水でも殺し合いになった。
その姿は人間というよりも,獣だ。
文明は停止した。
無数の人が死んだ。
話が終わって,私はテラスに出た。
そこで撮った写真がこの写真だ。
撮り終わってZachと木製の街にでた。
市民は飢えていた。
何よりも真水が欠乏していた。
生活水準はひくく,まるで退行した世界だった。
Zachは言った。
「ここの生活水準はひくい。
しかしここに生きる市民はみな不死身だ。
何故かといえば,大洪水になる時代に地上の文明はその極みに到達し,死を乗り越えたからだ」。
Zachが生まれたのは西暦4002年。
1000才のZachは不健康に見えたが,血液や組織は若いままだという。
私はZachに尋ねた。
「大それほど進化した文明なら大洪水を予知できたはずだ」。
Zachの答えはショッキングだった。
西暦4028年,
世界の人口は110億人。
宇宙を外遊した時のリーダーは思った。
「教育,保障,労働,永遠の命,,,国民のために何故こんなに多額の予算が要るのか。
そうだ。半数が地球から出ればいい」。
45億人が地球を脱出した。
のこりの65億人が地上に残された。
飢えと体力の低下に弱っていた人々に大洪水が襲った。
引くことのない洪水が。
私は目まいに襲われ,気を失った。
気が付くと私はJamesの部屋にいた。
そしてこれが今から5000年後の地球の写真。海の下の街さ。
さっき,私は「現在は2月」って言った。
この風景を見ればわかるけど。日光がさんさんと注いで暖かく,まるで春のような風景だとは思わないか?
ここはアルメニア(Armenia, Tsaghkadzor)。
この時代では,気候の変化が緩やかなんだ。
冬は寒い。
気温は華氏104Fまで下がる。
温暖化は進む。
そして,今から100年後,人類は再び同じ危機に遭う。
海水面が上昇して,海がすべての町を飲み込む。
拝聴ありがとう。
シェアしてくれたらうれしいな。

vgffgfdghdff pc











posted by datasea at 14:39| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

予知情報:ジョン・タイターふたたび

pp6520170811221.jpg



By Ark
John Titor – “The Time Traveler”, returned. Part 2. John talks about the people who have been implanted into chips.
Friday, August 11, 2017 5:27
(Before It's News)

Before It's News
http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2017/08/john-titor-the-time-traveler-returned-part-2-john-talks-about-the-people-who-have-been-implanted-into-chips-2482871.html






(要約)
予知情報:ジョン・タイターふたたび
2017年8月11日金曜日5時27分
(Before It's News)
今週、「12 monkeys」などのオルタナ系の数サイトにタイムトラベラー・ジョンタイター(John Tytor)のインタビュー記事が掲載された。
ジョン・タイターは今年の6月に再びこちらの世界に来ているとの事。
インタビュー記事はタイター氏からの電子メールを抜粋したもの。
現在、米国のフォーラムには氏の記事が氾濫している感じだ。
インタビュー記事は以下:
---------------------------------------------
12 monkeys(以下12):ジョン、あなたが再びインターネットに現れたと大騒ぎですよ。
大衆の反応をモニターしていますが、あなたの存在を疑う記事も多いです。
「ジョン・タイターなんてインチキだ」とか。
ジョンタイター(以下JT):ああ、予想していた事だ。
最初にインターネットに記事を投稿した時も、かなり笑われバカにされたからね。
でも僕の警告が実際におきて、誰も笑わなくなった。
今回もそうさ。
今回は前回よりもっと深刻だ。
12:第三次世界大戦?
JT:うん。
戦争は恐れる必要はないよ。
石器時代に逆戻り、みたいな核戦争はおきない。
すべてはコントロールされているから。
12:コントロール ?未来からのコントロール?
JT:いや、そうじゃない。
現在のこの世界からのコントロールだ。
戦争は目的にかなうものであるべき−
そして戦争は技術的であり続けるべきだ。
超テクノロジー。
スーパーテック。瓦礫と化した陸地を突然変異の生物が走りまわるような世界になるのかって、
いや、実際は突拍子もない事がおきるわけじゃない。
前回も言ったけど、第三世界は長い時間をかけて計画された戦争だ。
詳細に計画されたものだ。
韓国の首都ソウルを見ればわかる。
ソウルは北朝鮮の射程距離に位置している。
現在、ソウル市民は恐怖で絶叫しているはず:でも、この状況は60年前に計画されたものだった。。
灰燼と化した当時のソウル。しかし首都移転はなかった。それもすべて計画だった。
すべてはがっちりコントロールされ、計画に沿いすすむ。
コントロールは、より単一でトータルなコントロールを目指す。
12:チップについてという事?
JT:じゃない。そんな話、前回したかな?
12:ええ、前回もチップの話をしたいと言っておられました。
JT:言ってないよ。
皆知ってる事だろ?僕はもうYutubov道師(the Yutubov preachers)を見たからね。彼は笑った。
世界中のキチガイが走まわっては中世の本を振り上げ「AAA、anti-christの封印だ!」って感じだ。
わからない!なぜ封印なんだ?なぜはがさない?誰も説明できない。馬鹿だ。
12:チップの移植が完成すればコントロールは完成するという人もいますが。
JT:まあ、そうだね。
腕に埋め込まれて、脳をコントロールするマイクロプロセッサがどういうものがわかっているんだろうか。。
12:いや、我々現代の人間は、あなたからマイクロチップの話を聞いてはじめて知ったのです。
でも、サイバネティクスや分子生物学を知らない人には説明できません。
JT:説明することは難しい。でも説明するよ。そのためにこのインタビューがあるんだ。
でも、ショッキングな内容になるだろうな。。
コンピュータチップの一番のライバルさえもがコンピュータチップであるこの世界では、なかなか説明しづらいが。。
想像できるかな。。これらは正確にはチップではない。
ある種、塵(スマートダスト,a smart dust)のようなもの。
プログラムが組み込まれた非常に小さい塵だ。
このテクノロジーが使われはじめたのは1990年頃。
以降、これまで長い間世界中で、水や食品に入れられ続けてきた。
結果、あらゆる人の人体にこれは満ちていて、これらはまたパニック障害や病気をひきおこすエージェントとして作用する。
12。はい、金属イオンに浸されたエアロゾルがチップの小道になるのは聞きました。
大気中でもエアロゾルの濃度が高まると同じ作用をもち、アンテナとして使いうると。
JT:うん。
モルモットみたいに、人々が走りまわる地上空間も、セル(閉空間)としてファラデー効果で同じ働きをする。
スマホが発する電磁波が飛び交う都市空間ではアンテナのシグナルレベルは強まる。
農村など電磁波がすくないエリアは弱まる。
12。このセル(閉空間)はスマートダストをコントロールできる?
JT:コントロールできる。
水でいっぱいのバケツに磁石の砂をいれたらどうなるか想像してごらん。
磁石の細かい粒子は水中に散らばる。
電気のアンテナをバケツに近づけ、アンテナからシグナルを発する。
すると、磁気の粉は泡立ちはじめる。
そして、スマートダストだけが磁石のサスペンション作用で動きはじめる。
スマートダストとは、一定の制御環境下で動作する、一種のナノテクノロジー機器だ。
これを使えばキャリアボディをコントロールできる。
例えば、大気からのコマンドにより大気の電気伝導率を変えられる、妨害できる。
例えば、神経伝達物質の分泌を司る内分泌物もコントロールできる。
青ボタンを押す−クライアントはボーッとしてきて眠る。
赤ボタンを押す−クライアントはとびあがって起きる。家から飛び出し大統領反対の演説をする。。みたいな。
12:遠隔操作?
JT:今までのところ、まだ遠隔操作にまでは至っていない。
それを実現させるためにはまず、一定のナノ要素ベースが必要。特に脳に変化を発生させる特別なタイプのナノ粒子が必要。
例えば、脳の聴覚野や聴覚神経に疑似刺激を加えるような。
実際、人間の外界の識感はそういった種類の電気信号で構成されており、
偽装するのは簡単だ。
そして私達が知る限り、こういう粒子は長い間存在した。
12:でも作用しなかったと?
JT:そんな事はない。精神病院の患者をみればわかる。
死んだ親族の声やら、エイリアンのテレパシー会話の幻聴に悩む患者がどれだけいるか。
一般人でも、(エイリアンのテレパシー会話の幻聴を聴いて)YouTube発信している人がどれだけいるか。
あるいは、幻視を本当に見る敏感な人々を除けば、大多数は単に「プレッシャー」や「ストレス」が原因の頭痛だったという理由で方付けられる。
原因不明の不調という事で方付けられる。しかし事態はもっと深刻なのだ。
12:チップを燃やす?
JT:うん。
あらゆる人々に組み込まれてしまったナノデバイス。
その問題はコントロールしづらいことだ。
ナノデバイスは単一のメカニズムの一部として動作する。
1つの共通のリズム、1つの共通のプログラムの下で動作させる必要がある−−。
従って、スマートダスト導入の第一段階では、作業は、共通の制御信号を送る事のできる電力会社のサポートが必要だ。
現代では、あらゆる住居は電線の網の中にある。天井、壁、床、電線はあらゆる場所を走っている。
これらは数百の電極を持つ密度の高い電気セルだ。
この電気セルである電線にシグナルを送れば、コントローラーとして動作する。
12:いいアイデアですが、結局実現していないのには理由があるんですか?
JT:うん。電線を使ったコントロールはうまくいかなかった。
一括でコントロールすると、集団ははシグナルに同時に気づいてしまうからだ。
だから、一連の実験の後、集合住宅と電車はプランから外された。
12:電車?
JT:電車だけじゃない。
トロリーバスや路面電車、電車の電線は、集合住宅のネットワークとつながっている。
それらを使いコントロールするというアイデアはあった。
でも計画は中止になった。
だから、この25年間、こういった輸送形態が廃止に追い込まれるケースは多く見ている。
廃止の理由は多くのノイズを生み出す事。
そして「化学燃料パス」などに置き換わってきている。
こしてこれらが従来のワイヤの役割を果たしはじめた。
そして今の主力は「アルファプロセッサ(an alpha processor)」だ。
人体に直接埋め込むチップコントローラーだ。
12:アルファプロセッサ?
JT:「アルファプロセッサ(an alpha processor)」は我々の中での呼び名で、現場でどう呼ばれているかはしらない。
単純な構造のデバイスで、血中のほかのナノデバイスをコントロールする。
わかりやすく言うなら、スマートダストの動作をコントロールするコントローラーだ。
これは、ほぼ全員の市民の血中にある。
体内に取り込まれたチップは金属のサスペンションを失うが、
複雑な論理装置であるので、ナノデバイスをコントロールするコントローラーとして使用える。
遺伝学の再構築も可能だ 。
ボタンひと押しで、クライアントを、スーパーマンにも、天才にも、不満因子にも変えられる。
クライアントをコントロールできる。
最も恐ろしいのは、チップがナノメカニズムの動作仕事を始める時だ。
実際、チップは害だ。そして除去できる。
12:あらゆるものにチップを組み込む必要は理解できます。
しかし、「各自が除去するべきだ」とする理由は?
チップを取り込んだ人は、意志をもって取り込んだのではありません。
たまたま目の前にあった食べ物に入っていたスマートダストを取り込んでコントロールされてるんです。
JT:この質問は無意味な質問だね。
難しい事じゃない。
私は、質問者が一定レベルの知識を持っていると仮定して返答する。
もっとも、この世界で一定レベルの知識を持っている者などいないが。
つまり、あなたが思っている事は、自分からチップを除去する者などいないという事だろう。
あなたが「操り人形」と呼ぶ人々は、世界で放送される情報に、
一定のコードと合図を織り込んで彼らの計画と意図を公然と伝達する。しかし無知な人々は合図を見逃す。
チップについても同じ状況だろう。
それに手を加える事は公式に違反ではないが、違反である事にかわりはないだろう。
12:ジョン、メッセージの量が超過しています。。
真相は少し見えてきましたが、この私にしても全体を把握できない量です。
このメッセージを真面目に読んでくれる人がいるんでしょうか??
信じてくれるんでしょうか?
JT:私には義務がある。この世界に送られてきたのには理由がある。
私はタイムトラベルの伝道師じゃないしクロノ神の使徒でもない。
信じようが笑おうが、関係ない。
---------------------------------------------
ジョン・タイターのインタビュー・メッセージは、未知のアルゴリズムでタイターが自ら選んだ電子メールアドレスに独占的に送られた。
そして我々が知る限り、メッセージは部分ごとにわけて発信され、メッセージ全体を送られた相手はいない。
メッセージは、3つの部分を組み合わせたもの。
ミステリアスなタイムトラベラーからの次のメッセージを待とう。

gdsgdsrgsd pc

posted by datasea at 20:39| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

予知情報

ネット上にこんな説明もありますた。
ジョン・タイターの予言というのはイルミナティの計画するシナリオという説明です。
blog.goo.ne.jp/flatfeat/e/cee278820b3b22bfb2d1cff952f2ff38
タイターの予測はアメリカ国民に大きな反響を呼び、後の9・11をめぐる社会的な混乱に人々を備える効果を果たした。この時期を境に人々は、メディアだけに頼らず、起きている事態の裏側の真相を見通し、インターネットを通して情報を交流するようになっていったのである。
2015年のロシアによる核攻撃に先立って台湾・日本・韓国は中国に軍事占領されることになる。欧米が弱体化することによって中国の軍事拡大が加速することになる
上 に掲載した地図は私が検索して発見したもので、「ニューワ−ルドオーダー地図」と名づけられ、「この地図はヘレン・サマーズがフィラデルフィアの書店で発 見したもので、1941年10月に完成しマリース・ゴンバーグが1942年にカラーで印刷したものである。」と説明されているだけであるが、当時の世界情 勢とタイター予測を総合して、闇の勢力の策略をよく表しているものと判断して2007年に紹介したものである。
新世界秩序の世界地図
タイター自身はタイムマシンの写真を投稿した後は読者からの質問に答えるだけで、地図や年表は投稿していない。したがって現在ネット上に流布している「ジョン・タイターの地図」は投稿者がタイター予測を解釈して作成しただけのものである。
例:
1 米国人予言者「2036年、日本は韓国植民地に」
2 ジョン・タイターの日本地図
ここで「中国が日本を併合する」ことの意味を考えてみよう。
「ジョン・タイター未来予測」
2005年 アメリカの内政悪化(イラク戦争やハリケーン被災者救援対策の遅れから、アメリカ内政悪化)
2006年 アメリカ国内で暴動勃発
2007年 中華人民共和国 内陸部で暴動勃発。軍が治安出動。(この治安出動をきっかけに中国軍の暴走が始まる。)
2008年 アメリカ全土内戦状態/北京オリンピック中止(内陸部暴動と中国軍の暴走が理由)
2009年 中国の台湾・北朝鮮・韓国・日本侵攻/アメリカ合衆国 初の女性大統領
2010年 中国の台湾・北朝鮮・韓国・日本併合化
2011年 アメリカ合衆国政府解体
2015年 第三次世界大戦勃発(ロシアがアメリカ連邦帝国・ヨーロッパ連合・中国に対して核戦争を仕掛ける。)
2017年 30億人の死者を出した末に、ロシアの勝利に終わる。
2020年 ロシアの援助により新合衆国政府が打ち立てられる。(この新アメリカ合衆国は小さなコミュニティの連合からなる社会主義国となる。)/地球上の国の殆どが、社会主義国家になる。
2034年 タイムマシンが実用化する。
タイターは、「世界核戦争で30億人近くが削減されて、その後、いくつかのブロックに分かれる社会主義的な体制に世界のほとんどの人類が組み込まれる」未来像を示しているのである。
「社会主義的な体制」について中丸薫さんは、こう述べている。
ワンワールド政府という構想は、オカルティックな魔術的宗教性を持つ、秘密結社イルミナティに端を発する。その秘密結社の設立者アダム・ヴァイスハウプトは、次のような目標を掲げている。
@  各国の王政・政府の廃止
A  固有財産・遺産相続の廃止
B  愛国心・ナショナリズムの廃止
C  家族・夫婦制度を廃止し、子供の教育は地域が担当する
D  すべての宗教の禁止
C を除けば、これらはまさしく共産主義の要綱と同じである。「共産党宣言」を書いたカール・マルクスも、実はイルミナティを背後で動かすロスチャイルドに雇 われていた。驚かれるだろうが、共産主義と旧ソ連を生んだのは、ロスチャイルド、ロックフェラー、英国王室などである。彼らからの資金援助と政治的な支持 がなければ、共産主義も旧ソ連もこの世に存在せず、歴史は大きく変わっていたはずだ。
ニューワールドオーダーへの道 1
したがってタイターは闇の勢力のシナリオが実現する未来像を示していたのだと解釈できる。

黄金の金玉を知らないか?
http://golden-tamatama.com/blog-category-5.html
posted by datasea at 20:26| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

放射能情報:2020年東北地方封鎖説

2013年04月23日               
間もなく東北地方は封鎖されます。移動できなくなります。               
2013年04月21日        
http://takehariy.seesaa.net/article/356594891.html
(元記事)ニニギさんの日記↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1899676018&owner_id=20653861
信頼できる国際機関からの連絡です。(情報提供の方に迷惑がかかるので極秘。本部タイ)
国際機関の要請で間もなく東北地方は封鎖されて人の動きが制限されます。
これは東北地方の放射能汚染が酷く、国際問題となっており、諸外国からの苦情で福島を中心とした東北地方を封鎖しなければならなくなりました。放射能の汚染問題は日本だけの事では無いので従うしかありません。既に自衛隊がその準備に入っているようなので、避難する方はお急ぎ下さい。
やはり「ジョンタイターの2020年の地図」どおりになりそうですね。この情報は信頼できる外国の国際機関の方から直接頂いたものです。どこかに報道されているものではありません。
東日本の4千万人の海外避難(移住)計画が決定されていたのですが、日本人の被曝状況が酷く、結局、各国から移住を拒否されることとなった模様です。移住(避難)計画は頓挫したものと思われ、のみならず、被曝している東日本は(軍事)封鎖されることになる様です。その境界線がどのラインになるかは情報がありません。
福島・東北だけなのか、関東・首都圏を含むのか、、汚染状況からみれば、首都圏・東京をも当然含むはずですが・・それが日本自身でできなければ、国連(多国籍)軍が進駐してきて日本は八つ裂き(分割占領)となるでしょう。
いずれにしろ国内でも徴兵制を制定して、福島に原発鎮圧と、東日本の暴動鎮圧の部隊が、編成されることになるのでしょう。
避難(移住)させて、立ち入り禁止にするという話では、もはや無くなりました。人間も被曝が酷くて危険なので、人間ごと東日本を封じ込める(移住・避難禁止)方針が、国際決定されたということになります。

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/356848944.html

ニニギさんの日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1899676018&owner_id=20653861








6e6a168e.jpeg
ジョン・タイターが予言した2020年の日本地図が現実になりそうな件
Quote by ピーヴァル ポゥヴォーリィ
on 2011.05.26 19:00 ・

qetic.jp
http://www.qetic.jp/blog/pbr/archives/3654








富士山ニニギ2013年04月22日 11:19
区割りが気になる方は、最初の「ジョンタイターの2020年の日本地図」を参照して下さい。
60年先の未来からやって来たジョンタイターが言い残したことを、何方かが地図にしたものです。
かなり正確に出来てます。(立ち入り禁止地区が汚染地図と全く一致するからです。)
http://www.qetic.jp/blog/pbr/archives/3654

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/356848944.html

ニニギさんの日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1899676018&owner_id=20653861












富士山ニニギ2013年04月22日 14:25
私の話は現実としての世界情勢です。
日本政府が無視することは出来ませんが、それよりもこのような世界の動きを知っていながら黙って被曝死を望む日本人の方が異常ともいえます。
間もなくバタバタと人が死に出すことは明らかです。その時になれば動かざるを得ないことは確かです。ただそれを前もってお伝えしてるだけで当たり前の事で、これを異常と思うほうが異常なのですよ。政府が世界の指示を無視してることを許さない目を持つことが大切です。そのために日記に書いているのですよ。では皆さんは関東、東北の3000万人がいまや死の崖っぷちにいることは事実です。どうすればいいのですか。否定するのであれば方策を提起して下さい。被爆地の封鎖は常識的(やらなければならない)なことでは無いでしょうか。これを異常と思う人間がおかしいことを知りましょう。ニニギは次の世界に向けて既に発進しております。何でいまさら汚染地の封鎖を騒ぐのですか。
さあ。駒を進めてまいりましょう。この事を納得出来ない方はここで去って下さい。次の世界に用はありませんので。
富士山ニニギ2013年04月22日 16:17
この日記の内容は何も秘密の事では無いのでなるべく皆さんで知っておいてほしいものです。汚染食品が平気で店頭に並んでいる。それを食べると一生の後悔で被曝する。被爆は死ぬまで身体を苦しめます。この許しがたき国民の苦痛を政府はいつまでもほっかむりさせてはなりません。皆さんで大さわぎして放射能対策に取り組まねばならないのです。だから大いに拡散して放射能問題を持ち上げましょう。絶対に逃げられる問題では無いからです。風化させればさせるほど被爆者が増えていくのです。
富士山ニニギ2013年04月22日 16:18
あと7年後(2020年)には東北が封鎖されることは既に分っていることですから。

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/356848944.html

ニニギさんの日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1899676018&owner_id=20653861












2013年04月22日 16:20
自衛隊のスナイパー部隊(昨年編成された)は、東日本から脱出しようとする人々を銃で殺害する「殺しのパスポート」が与えられています。東日本は世界各国からの要望で、原発ととともに封印、管理されることになります。
富士山ニニギ2013年04月22日 16:23
凄いですね。そういえば安倍政権は自衛隊法をいじってましたね。
富士山ニニギ2013年04月22日 17:33
五月に憲法改正で徴兵制が導入される予定です。これは戦争(どこがこんな汚染国に攻めてくるか。逃げ出しているのに)のためではなく、封鎖した福島の警備兵として派遣される事になります。放射能汚染地で働く人が集まらないからです。
富士山ニニギ2013年04月22日 16:26
ジョンタイターの2020年の日本地図を参考に、お好きな地域に避難しましょう。まだ十分に時間がありますよ。まだ自衛隊にお尻を銃で撃たれたりしませんので。
2013年04月22日 17:33
質問への回答ありがとうございます。
凄いですね。。。。
2020年は完璧に完成しているのであればその数年前から、スナイパーが活躍するということになりますね。。。放射能はどんどん拡散されていますから。。一刻も早い原発収束へ向けての対策をやってほしいです。さきほど、またネズミが2匹死んでいたので点検するとネットに書かれていました。。。。
富士山ニニギ2013年04月22日 17:35
ネズミって原発村の人の事かな。

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/356848944.html

ニニギさんの日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1899676018&owner_id=20653861








2013年04月23日 04:35
宇宙情報によれば、IAEAの要請で、ここで暴露された東北地方の封鎖が近い。自民党は単独立法による徴兵制実施を計画している。自衛隊部隊の兵士らが、徴兵された新兵らを指導して、封鎖された東北地方から脱出する人らの阻止に当たり、銃口を向けることになると。
富士山ニニギ2013年04月23日 09:01
視察したIAEAの出す結論は福島封鎖以外に考えられませんね。従わなければ国連軍の出動でしょう。この様な当然の事を日本人は何故わからないのか。何故なんども嘘をつく政府とマスコミを批判しなかったのか。ニニギはこのことをずっと日記に書き続けてきたではないですか。既に沢山の方は移住してるではないですか。tomoさんは西へ西へと逃れて、沖縄の果てまでいかれたではないですか。
山梨県北杜市には避難した人達がごった返しているではないですか。
悪質なアパートでは満室のため、まえの安い家賃の住民を追い出して、家賃を上げようとしてるほど住宅不足になってます。
生命を育む会では北杜市に沢山の古い民家を借り上げて、首都圏からの移住と仕事を準備してます。
これからの新しい世界を築いてくれる方のために。これがニニギランドです。

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/356848944.html

ニニギさんの日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1899676018&owner_id=20653861







2013年04月23日 08:44
ニニギランド独立国みたいな感じで日本から独立し、一人一人が長になって長所を生かし、運営していくというのは正にこれから求められる形ですね。ロシア科学アカデミーの五井野博士も日本政府の干渉を受けずにすむ形を作り始めてるようです。まだ一人一人できることがきっとあります。せっかく情報を頂いたので無駄にしないようにします。
富士山ニニギ2013年04月23日 11:00
その五位野博士もニニギランドの住人ですよ。小林朝夫さんもフォトンベルトの渡邊さんもみんな北社市と八ヶ岳山麓ですよ。既に世界政府は「瑞がき山一帯」に整っておりますよ。今は住民集めの段階です。
私達の情報は全てこの「新政府」から発進されております。やっとお分かりになられましたか。
わざとコメントの最後の方に書くことにしました。ブログで人気のある小林朝夫さんも、天下泰平さんも、皆さん仲間です。

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/356848944.html

ニニギさんの日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1899676018&owner_id=20653861







2013年04月24日 20:29
東海大学地震予知研究センター長の永尾年恭さんが「数ヵ月以内に福島沖に
10m級の大津波を伴うアウターライズ地震が襲う」と述べています。そうなれば、福島原発はものすごいことになり、間違いなく東北は封鎖されるでしょうね。
富士山ニニギ2013年04月24日 21:02
その件で東電は高さ十メートルの津波は想定済みで、既に防潮堤は完成済み。とうそぶいてますが、信用できませんね。また「想定外」で責任逃れしるでしょう。
富士山ニニギ2013年04月24日 21:15
政府は東北封鎖のタイミングを狙っており、地震が起こる事を期待してるかのようですね。
皆さんはこれからの世界を考えて、行動をきめましょう。中国は勿論同じアジアのアラブ社会と仲良く理想の社会を築く準備をしましょう。

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/356848944.html

ニニギさんの日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1899676018&owner_id=20653861









富士山ニニギ2013年04月24日 22:55
ニニギが東北封鎖の決定した国際機構を「IAEA」と言った情報が流れてますが、ニニギが国際機構と言ってるのはもっと大きな国際機構でIAEAのような国際機関ではありません。
世界の人類に関わる重大な事を決める国際機構です。今は名称を公表する事はできません。日本政府よりは上の組織です。これで予想はつくでしょう。
富士山ニニギ2013年04月24日 22:59
IAEAは原発の管理について調査にきたので、住民被曝とは直接関係ありません。視察により、手に負えない状況が分かったと思います。
2013年04月24日 23:18
青森県弘前市内は、大丈夫でしょうか?自分的には、六ヶ所村が現状維持なら大丈夫かなと自負しております。
富士山ニニギ2013年04月24日 23:57
ジョンタイターの地図ではギリギリセーフのようですが。どの様に封鎖するかは私には分かりません。ジョンタイターの地図は昨年アメリカが発表した日本の汚染図の汚染地域が全く一致するのが不思議です。ジョンタイターの地図は事故前からあったので、そこまで一致するのが奇跡としか言えません。
滅びゆくアメリカ。核攻撃に脅えるロス市民。 全体に公開
2013年04月24日19:30
http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=20653861&id=1899973813
4月23日のアメリカの「Buttercup onn the GLP」と言うサイトに
ロスアンゼルスの不動産やの話として「ここにきて急激に有名人がロスを脱出してる」と。その原因は北朝鮮による「核攻撃がある」と言うことのようです。日本人ならこんなのデマと当然思うのですが、アメリカ政府もはっきりと否定しないで国内が混乱してる証拠です。テロはアメリカ国内に何度も発生し、国民は脅えている証拠です。それに対応できない政府。いまや内乱状態と言えるのでは無いでしょうか。市民が銃を持ち。警官が市民に銃口を向ける。
詳しくはこちらのニュース。
http://beforeitsnews.com/alternative/2013/04/source-elite-fleeing-los-angeles-ahead-of-april-28th-nuke-event-2628116.html
アメリカは経済崩壊も噂され、世界経済を引っ掻き回して他の国が先に潰れるのを仕掛けている状態。(日本のアベノミクスがそう)もはやアメリカは国力を失い、内乱状態で滅びようとしております。これからの世界はアラブ社会を中心としたアジアの時代で、国連を中心にまとまっていくことでしょう。その中で日本は重要な「牽引役」となるでしょう。
皆さん。頑張って下さいね。
今のバカ政府は無くなる(アメリカと共に滅びる)ものと思って考えて下さい。

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/356848944.html

ニニギさんの日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1899676018&owner_id=20653861












富士山ニニギ2013年04月24日 21:38
日月神示に日本は世界から非難を受けるが、最後は理解されて感謝されると。放射能汚染で世界から非難され、その後世界の雛型をリードし感謝されると言うことでしょう。
2013年04月24日 21:52
日本のなにを理解されるのですか?
富士山ニニギ2013年04月24日 22:35
日本人の神心得。生命を育む会の憲章ですよ。国連が取り入れてくれました。
2013年04月25日 07:07
『生命を育む会』
《活動の原点》
やがて誰もが行きつく処
そこは皆でささえあい 愛しあい 慈しむ
そこには誰もがやさしさで 迎え入れられ
そこでは皆が安心のなかで 生命を育む
そこには希望と豊かさが 寄り集まり
社会の担い手となって 人々を支える
いつか大きな光の輪になって 地球をやさしく包み込む

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/356848944.html

ニニギさんの日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1899676018&owner_id=20653861







posted by datasea at 01:42| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

時空次元情報:タイムトラベル


Two Astonishing Cases Of Men Who
Say They Traveled Through Time
30 December, 2012

MessageToEagle.com
http://www.messagetoeagle.com/timetravelertwocases.php













(要約)
時空次元情報:タイムトラベル
MessageToEagle.com
2012年6月2日
世界で初めて「タイムトラベル(時間旅行、the "time travel")」の世界を描いたH.G. Wellsの著書「The Time Machine」で、世界に「タイムトラベル(時間旅行)」の概念が生まれた。以後に関する作品が多く生まれ、話題になる事が多いトピックだが、もしもタイムトラベルが可能になったとして、最初のタイムマシンが作製された時点へ戻れるなら、未来からやってきたタイムトラベラーが現代のこの世界にも訪れているはずだと考える研究家は多い。
2011年9月、CERNは光より速く動く亜原子粒子(sub-atomic particles)を発見したと発表した。この発表に対し、英国マンチェスター大学粒子物理学教授Jeff Forshaw氏は、光より速く動く亜原子粒子がもしもあるなら、理論的には過去に情報を送信する事は可能であると語った。
マンチェスター大学粒子物理学教授Jeff Forshaw氏
「光の速度は宇宙速度の上限(the cosmic speed limit)。その上限を超えてしまったら、原因と結果の法則が成り立たなくなる。しかしもしも宇宙速度の上限を超えた速度で動くものがあるとしたら、それを使って過去に情報を送る事が理論的には出来るし、過去にタイムトラベルも出来る。しかしニュートリノと人間の質量はあまりに違うので、人間がタイムトラベルをするタイムマシンを作るというのはまだまだおとぎ話だ。」。
しかしタイムトラベルにおいて、「タイムトラベルパラドックス(the time-travel paradox)」として知られる問題が現在ある。タイムトラベルで自分のいた過去に旅行して、もしもそこで自分の存在を消すような事態がおきた場合、現在の自分は一体どうなるのか?具体的には、タイムトラベルで自分の過去に戻り自分の祖母を殺す殺人鬼がいるとして、その殺人鬼の存在はどうなるのかという問題だ。
時間の糸が織り成す織物の中の果てしないパラドックスの環状線。しかし最近になってこのパラドックスの出口となりうるアイデアが宇宙学者により発見された。つまり、宇宙は1つではなく複数が多重して存在する。そうであるなら、ひとつの出来事に対する結果も1つではなく複数ある事になる。タイムトラベルで自分の過去に戻り自分の祖母を殺す殺人鬼のタイムトラベラーの祖母は、異なる宇宙では殺人鬼の母親となる娘を育てているという考えだ。
Andrew Basiago氏は「Project Pegasus」でのタイムトラベルの経験が有るシアトル在住の弁護士。氏は7歳から12歳になるまでの幼少期に米国防総省高等研究計画局(the Defense Advanced Research Projects Agency)の極秘プログラム「Project Pegasus」のスタッフとしてタイムトラベルを体験、2004年に自身が体験したタイムトラベル体験をBob Tuskin氏のラジオショウでで語った。7歳から12歳になるまでの幼少期に計8回のタイムトラベルを体験したが、発明家Nikola Teslaが亡くなった直後の1943年1月の彼のニューヨーク市のアパートに行って発明に関する書類を現代に持ってくるという任務も中にはあったという。また6歳の時には、1863年のAbraham Lincolnのゲティスバーグでの演説の写真を見せられて、フォード劇場のLincolnの暗殺現場にタイムトラベルで送られたが、暗殺事件はそこではおきなかったという。
旅行でいったそれぞれの過去は微妙に異なっており、軍は隣接したタイムラインのそれぞれにトラベラーを送っていたようだったと氏は語る。
Andrew Basiago氏
「トラベルの回数が増えた時があって、その時は、別の自分に会った事もあった。」。
「タイムマシンは上下2本の灰色の楕円のブームから成る高さ8フィートの構造体だった。10フィート上にはTeslaが発明した『放射エネルギー(Radiant energy)』と呼ばれる時空を曲げる作用のあるエネルギー照射装置があった。」。
「現在と過去を行き来するタイムトラベルにおいては、心身の自由度がたかい子供のほうが、時間旅行の精神的重圧によるストレスが少ないと軍は考えたんだろう。」。
テクノロジーが必要なのはリアルタイムテレポーテーション(念力移動)のみで、タイムトラベルにテクノロジーは必要ないという。

local pc







地球は時空の渦の中にある
2012年3月6日
MessageToEagle.com
http://beforeitsnews.com/story/1857/349/Earth_Is_In_The_Middle_Of_A_Space-Time_Vortex_-_With_Video.html
100年前アインシュタインが一般相対性理論で予測したとおり、地球周辺の時空はゆがんでいる。アインシュタインの一般相対性理論によれば、時間と空間は、縦糸と横糸のように、「時空(space-time)」と呼ばれる4次元の織物を形成している。地球周辺の「時空」の織物は、重い人がのったトランポリンのへこみのように、地球の質量でへこんでいる。アインシュタインによれば、重力は、この「時空」のへこみによる現象。そして、地球は回転し、回転でこの「時空」のへこみはねじられる。それにより4次元の時空の渦はねじられるという。

local pc




495. 世界情勢と次元のシフト 管理人  2002/10/23 (水) 10:11
最近、時間が過ぎるのが早いと感じる人々が多くなってきていると思います。
これは、次元がシフトをしていることを意味し、三次元である現実を決定している時間と空間の相互関係が今や崩れつつあるということとです。
これを我々はあらゆる所で感じ始めています。世界情勢や日常の生活で実感されていると思います。めまぐるしく変化する国際情勢はそのいい例です。
外に現れる世界は、我々の内部で進行していることを、我々に見せてくれているのです。
そして、世界が破壊するとするならば、それは何を表しているのでしょうか?
それは内部にあるものを崩壊させているということです。全てが崩壊しつつある様に見えながら、
真実は 世界そのものがより高次の次元世界へと進化しているのです。
次元がシフ トするとき、全ての人が同じ体験をすると言うことはありません。
我々、一人一人がそれを実際に体験していくわけですが、まあ、ゲリーのいう葛藤が重要なポイントになるかもしれませんね。

光の12年間(アセンション)情報掲示板
http://homepage1.nifty.com/akashic/bbs.html


posted by datasea at 02:00| Comment(2) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

2015年Nデー

2015年Nデー
「2015年、ロシアはアメリカの主要都市や中国そしてヨーロッパにたいして核攻撃を行う。アメリカは報復する。これによりアメリカの都市は破壊され、アメリカ連邦帝国も破壊される。その結果、われわれ(市民軍)が勝利した。」
「アメリカの内戦はロシアが市民軍の敵であるアメリカの諸都市や中国、そしてヨーロッパを攻撃して終了した。」
「ロシアの攻撃を受けた敵はいまのあなたたちが住んでいる合衆国の政府だ。」
さらにタイターの説明は続く。
「そうだ、電磁汚染によって電化製品のほとんどがやられた。だからいまでも信頼できる電化製品がないのだ。だが、Nデー(核戦争)が始まった当初、ロシアは高高度で炸裂する核は使用しなかった。ロシアは都市の外に住んでいるわれわれ市民軍が、将来汚染を浄化することを知っていたので、われわれが相互に通信できるようにしたのだ。都市を攻撃した核弾頭はどれも3発発射され、地上のすぐ近くで炸裂した。このため、電磁派による汚染はそのような地域に限定された。」
このようにタイターは、ロシアの核攻撃が2015年にあるとはっきり述べている。ならばホフマンの以下の幻視はこれに対応したものだろうか?ロシアの核が低高度で炸裂するように設計されていたとの証言やアメリカが報復するとの内容に以下が対応しているようにも思える。
「よく見ると、光の町は一時的な滞在場所にすぎず、人々はどこかよその場所に移動して行ったようです。どこに行ったかはっきりとは分からないのですが、どうも山のような高い場所に集まったようです。
光りの町を見ていると、都市にミサイルが命中しきのこ雲がアメリカのいたるところで発生するのがみえました。ミサイルはロシアから飛来したことは分かりましたが、核爆弾のいくつかは国内のものでした。それらはトラックや車に隠されており、爆発したのです。
特にロスアンゼルス、ラスベガス、ニューヨークが核攻撃されるのがみえましたが、ロサンゼルスはミサイルではなくトラックに隠された爆弾によって破壊されたようです。ミサイルは見えませんでしたので。ソルトレークシティーの北部にもきのこ雲がみえました。小さなものでしたけど。」
またタイターはロシアによる攻撃が一方的に行われることのではなくアメリカ帝国の報復を招いたことも明記している。
「ロシアが私達の敵であるアメリカの諸都市を攻撃したのだ。アメリカ政府は報復した。」
さらにタイターは中国軍の攻撃があるとしている。
中国は敵だったのですかとの質問に答えて
「いいや、中国軍と戦ったことはない。だが、中国が西海岸の諸都市をミサイル攻撃する能力を持っていることは多くの人を不幸にした。」
次のようなホフマンの幻視はこれに対応するのだろうか?それは同じ事態を指しているのだろうか?
「きのこ雲のイメージのすぐ上に、ロシア軍がアメリカを侵略する光景が見えました。おもに東海岸にロシア軍はパラシュートで降下してきました。ソルトレークシティーにも降下してきました。また、中国軍が西海岸のロサンゼルスの近くに上陸するのが見えました。まだ生き残っている人々は自分の銃で彼らと戦いました。軍の姿は見えませんでした。
これは私が先に見た核戦争の一部で、世界中で起こっていました。私はこの戦争は詳しく見ませんでしたが、この戦争が大変に短く、ロシアと中国が負けるのには驚きました。でもどうやって負けたのかよく分かりません。」
2007/07/03(火)

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-date-200707.html






タイター予言は闇が抱いているシナリオと考えるべきか。

local pc







posted by datasea at 20:32| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする