2019年12月22日

運命を出し抜こうとした占星術師

運命を出し抜こうとした占星術師
2007/2/4(日)午後2:17占星術練習用
占星術のアセンダントは地球の自転と共にその位置を変える。
そのために同じ日に生まれた赤ん坊でも,アセンダントの位置が違うので全然違った運命を持つのである。
だが,同時刻,同位置で生まれ,出生ホロスコープが完全に一致すると全く同じ運命を持つらしいのだ。
同時刻に生まれた双子が同じ日に結婚し,戦争に行き,2人共に負傷し片足を失った例や,
同時刻に同じ町で生まれた2人の赤ん坊が全く同じ運命を辿った例が,過去に報告されている。
出生ホロスコープを最終的に決定するアセンダントは,いわば運命のルーレットの針と言えるのではないだろうか。
また完全に同じホロスコープが同じ運命を作るという事は,宇宙には運命のプログラムが存在すると推測するのだ。
但し,惑星の組み合わせがほぼ無限にある事から,そのバリエーションもほぼ無限にあるのだろう。
私の知っている占星術師の女性は,意図的にこの運命を操作しようとした。
自分の子供を出産するにあたって,出産予定時間が子供の悪いホロスコープを作る事を知った彼女は,医者に数万円を渡して出産を遅らせたのだ。
この試みは,余りうまく行かなかったように見える。彼女の家庭はそれ以来トラブル続きで,子供は発育が遅れ満足に学校に行けない状態である。
こうした運命を出し抜こうとする試みは失敗するのが多いようだ。
それに母親が占星術師であり赤ん坊の出生ホロスコープを変えようとする事は,最初から運命に予定されていたのだろうと思う。
    
他人でありながら同じ運命 
http://ryoshida.web.infoseek.co.jp/kaiki/22tanin.htm
    
双子の運命の一致  
http://homepage2.nifty.com/LUCKY-DRAGON/kakurega-10unmei-2.htm
http://homepage2.nifty.com/LUCKY-DRAGON/kakurega-10unmei-3.htm
    
スピリチュアル野郎の超常的日常
https://blogs.yahoo.co.jp/matrix80811
posted by datasea at 18:57| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

[有名人ホロスコープ分析] 新庄剛志〜木星回帰を肌で読む直感力

IMG_63241.jpg



[有名人ホロスコープ分析] 新庄剛志〜木星回帰を肌で読む直感力
新庄剛志さんの現役復帰宣言について
2019/11/20(Wed) 00:05 
著名人
11/13に突如、プロ野球の現役復帰を宣言した新庄剛志さん。
さっそくホロスコープを見てみました。
現在運行中の天体と新庄さんの出生図との関係にハッキリと今の状況が出ていました。時期を見るには様々な方法がありますが、今回はこの観点で見ていきます。
まず、運行中の冥王星が新庄さんの出生図の火星に90度(スクエア)を形成しています。これは2018年の3月からです。11/17にピッタリに90度(スクエア)になりますが、これが5回目となります。そして11/17はファイナルコンタクトとなります。
火星は体力、パワー、スポーツ等を表し、そこに冥王星の極限の力が加わります。『限界に挑む』または『プロ野球選手として不死鳥の様に再生する』という形で新庄さんは表現する事を選んだ様です。しかし、5回という回数はなかなかしつこいですね(^ ^;)
次に木星にも注目です。なんと!11/24に木星回帰を迎える様です。これは12年に一度の周期です。これは、新庄さんが産まれた時の木星の位置に完全に戻ってくるということなのです。木星は社会的な発展を指します。天体が産まれた時の位置に戻ると、天体は一回死んで、新たに生まれ変わります。
これは『今までの社会的発展のやり方を捨てて、新しいやり方で発展を目指していく。』という意味で捉えてもよいと思います。これも今の新庄さんにピッタリです!やはり、持ってる男はスゴイ!!
天体の配置を肌で感じるように、それに合わせて能動的に行動している。しかも、この方、2006年に現役を引退した時もその翌年にちょうど、木星回帰を迎えていました!!占星術の観点で見ると、一番底深い影響を与える冥王星、それから12年周期の木星回帰の影響を受けているように見えました。
ただ、やはり本人の能動的な姿勢が一番大切だと思います。天体的なイベントが起きても本人のやる気がなければ何も状況は変わらないでしょうからね☆何よりも挑戦する事が素晴らしいです。この日本社会の閉鎖的な雰囲気に風穴を開けるニュース。そう思った人も少なくはないはず。今後も新庄剛志さんから目が離せません。
この様に人生のバイオリズムを占星術で見ていくと、とても役に立ちます。流れをあらかじめ知っているとそこから行動計画も立てられます。私のセッションではこの様にこれから先の時期についても見る事ができますので、ご相談下さい☆

Shinyaの星占いBlog
http://stone321.blog.fc2.com/blog-entry-77.html






しょこたんと木星と冥王星
2008/5/8(木)午後2:06
占星術練習用
しょこたんこと中川翔子が出演していたテレビ番組をYouTubeで見た。
芸能人のこだわりを紹介するという内容だった。
惑星マニアだと自称するしょこたんは木星が大好きで,冥王星が大嫌いだと語っていた。
木星の大きさ,横縞がいい。冥王星は月より小さく,軌道も他の惑星より外れており嫌だ
という理由である。
しかし,彼女は人一倍に冥王星の影響を強力に受けていると思うのだ。
小さい頃に父に読まされたホラー漫画が大好きで,自らも漫画を描き,アニメや特撮,コスプレが趣味。
セミの抜け殻の収集という変わった趣味を持っている。
マニアックな趣味や収集癖,ダークな物への傾倒は冥王星が支配する領域である。
彼女のホロスコープには,冥王星が強いポジションにある筈だ。恐らくは彼女の大好きな木星も強いのではないか。
今年は,木星と冥王星が1月後半に合を起こした年なので,何かにつけて,これら2つの惑星が強調されるのだ。
彼女のホロスコープを作ってみた。非常に面白いというか滅多に見ない珍しいホロスコープである。
しょこたんのホロスコープは見事なまでに美しい幾何学的な釣鐘型をしている。
何か人生に明確な使命をもって生まれてきたに違いない。
太陽とドラゴンヘッドの牡牛座での合の真反対に月と土星の蠍座での合がある。
極端に外交的なエネルギーと内向的なエネルギーが同居している。この激烈な
アスペクトは,一歩間違えると躁うつ病になりかねない。が,それら2つのの合が作る衝を,
木星が側面からスクエアし,Tスクエアを形成することにより,バランスを保っている。
同時に,木星が2つのセキスタイルとトラインを作り,Tスクエアの難しいエネルギーを和らげている。
木星が,彼女の「人生の釣鐘」の頂点に位置し,
釣鐘の揺れをコントロールしているのだ。
このホロスコープを見る限り,彼女のホロスコープにおいて
木星が守護の役割を果たしている事は間違いない。
しょこたんは木星と冥王星に導かれているのだ。
追記:全然普通に占ってないじゃないかと言われそうなので,以下が鑑定である。
太陽とドラゴンヘッドの合は,野心と社会的地位の高い父親を意味する。
特に,合が牡牛座なので,恋愛や物質的に何かを蓄える欲望が強くなる。
しょこたんは,自分のコンサートを貪欲祭りと名付けているが,このアスペクトは確かに「貪欲」を意味する。
しょこたんの場合,この合と木星と蠍座の月と土星のTスクエアが,収集癖となって表れている。
火星とカイロンの双子座での合は,相手を元気付ける情熱的な話し手を意味する。自分を上手く表現する牡羊座の水星と金星が,更に彼女を巧みでユーモア溢れる表現者にする。
蠍座の月と土星の合は,深層心理や大衆心理の専門家を意味する。彼女には心理学者の才能がある。
ドラゴンテイルと月の蠍座での合は,エキセントリックな性格を意味すると共に,人助けのアスペクトでもある。
自らの心の葛藤経験を生かし,この才能を人々の癒しに使うだろう。
彼女の金星は,日本国のホロスコープの金星とほとんど同じ位置にある。
アイドルになるべくして生まれたのだ。そして,木星は日本のジュノに位置する。彼女の結婚は日本中の注目を集めるだろう。
    
しょこたんブログ 
http://blog.excite.co.jp/shokotan/



posted by datasea at 00:25| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

[有名人ホロスコープ分析] 沢尻エリカ〜ハード/ノーアスペクトのアンバランス

20191121104535106.jpg



[有名人ホロスコープ分析] 沢尻エリカ〜ハード/ノーアスペクトのアンバランス
太陽・ノーアスペクト
火星と海王星・コンジャンクション
月と火星のスクエア
月と海王星のスクエア
火星と海王星のコンジャンクション
水星と天王星のスクエア
木星と土星のスクエア
これらみんなオーブがタイトです。
沢尻エリカ様のネイタルホロスコープには、これだけのハードアスペクトが揃ってます。きっついなぁ(´;ω;`)

ネイタルホロスコープを徹底的に分析するブログ 
http://northern70jp.blog.fc2.com/blog-entry-56.html








沢尻エリカ様のホロスコープ
2019/11/21
有名人のネイタルチャート
ヘリオセントリック占星術が無料で学べる動画講座はこちら↓
星と心がつながる講座_【募集用】
女性のための無料タロット動画講座はこちら↓
女性のための無料タロット占い講座 申込み_【募集用】
。。。。。。。。。。。。。。
何かと世間を賑わせるお騒がせ女優・沢尻エリカ様。数日前の薬物取締法違反での逮捕劇から現在まで、連日のように報道されています。
沢尻エリカ様(容疑者と呼ぶのも何だか抵抗ありますので)と言えば、お騒がせなイメージもありますが、女優としては体当たりの演技で、人をスクリーンに弾き付ける魅力を持っています。
2012年に公開された映画・ヘルタースケルターの「りりこ」役は適役でしたね。あの役柄になりきろうとしたのなら、現在の沢尻エリカ様の状態はまさに「りりこ」の人生のその後という感じがします。ある意味、りりこが乗り移ったのだろうかとすら思います。
10年以上も前から薬物に手を染めていたと供述していますから、ヘルタースケルター公開の頃には既に薬物依存だったのでしょうけど、あのりりこの演技、魅力も覚醒剤が魅せていた偽りの輝きだったとしたら・・・残念な思いでいっぱいです。
ですが、彼女を「容疑者」と呼ぶには、私はどうしても抵抗があります。彼女を見ていると、犯罪に手を染めて誰かを傷つけようという意図が全く見られません。彼女の場合、薬物は自身が何かから逃れるための手段だったに過ぎないような気がします。
勿論、罪は償わなければならないけれど、更生するための支援は必要だと思います。更生したいと本人も望んでいると思います。ですが彼女の場合、一人ではどうにもならない様な気も致します。
止めたくても止められない。止める方法もわからない。止めてくれる人もいない。そんな中で、彼女はいったいどうすればよかったのだろうか。今回の逮捕で一番ホッとしてるのは、彼女自身だったのではないでしょうか?彼女を見ているとついそんな想像をしてしまいます。
今日はそんな沢尻エリカ様のネイタルホロスコープを探っていきたいと思います。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
出生時間は不明ですので、とりあえず12:00で設定しました。出生場所は東京都としかわかりませんので、仮に中央区としておきます。
ハウスは考慮しませんので、ハウスシステムはイコールハウスになってますが、特に無視して結構です。MCやASCの表示も消しました。
ぱっと見、目立つのは月と海王星のスクエアですね。海王星と火星はコンジャンクションですので、このアスペクトは活発に働きます。月は動きが早いので、正確ではありませんが、かなりオーブがタイトですので、このアスペクトは外せないでしょう。
もう正に「薬物」というキーワードそのものを表していますね。
(※このアスペクトを持つ方すべてがそうというわけではありません)
混乱しやすく、人が良く、夢見がちな性格が災いして、薬物が入り込む隙を与えてしまった感じです。彼女は人を信じやすく、騙されやすく、多くを期待して失望するタイプのような気がします。
火星と海王星のコンジャンクションは「虚栄心」「非現実的」を象徴しています。短気で癇癪持ちの性質も秘めています。
そして芸術性やファッションセンスも秘めているアスペクトなんですよね。女優・沢尻エリカとして外せないアスペクトです。
月と火星のスクエアは、協調性のなさや短気さを表しています。ああ、この辺は説明不要にわかりやすいw
太陽は牡羊座ですし、おそらく月も牡羊座かと思われますが、仮に月星座が魚座だったとしても納得がいきます。
この世界は夢うつつ。現実と妄想の区別がつかず、芸能界すら現実逃避の世界という認識だったかもしれません。この性質は月星座が魚座っぽい気もしますね。金星と冥王星もオポジションがタイトで破壊的なアスペクトです。タブーを冒しやすく、感情に支配されるアスペクト。強力なカリスマ性もありますので、女優としてはこのアスペクト持ってると強いんですけどね。
水星と天王星のスクエアは「孤立」を暗示させています。人とは違う事をして、周囲とトラブルを起こしやすいアスペクトです。才能を鼻にかけ、調子に乗ると周囲から人が離れていきます。
木星と土星のスクエアもタイトですね。この2つの惑星が緊張角をとっている時は要注意です。人生の浮き沈みが激しい事を暗示しています。この年代の方には多いアスペクトですが、他に強い凶座相があると悪い方に作用しやすい。
そして肝心の太陽はほぼノーアスペクトです。自分自身で人生の方向性を決められない。この先どうしたら良いのかわからない。自分の意志とは違う方向に流されていきやすい運命を背負っていそうです。
太陽・ノーアスペクト
火星と海王星・コンジャンクション
月と火星のスクエア
月と海王星のスクエア
火星と海王星のコンジャンクション
水星と天王星のスクエア
木星と土星のスクエア
これらみんなオーブがタイトです。
沢尻エリカ様のネイタルホロスコープには、これだけのハードアスペクトが揃ってます。きっついなぁ(´;ω;`) ハードアスペクトは使い方次第で、人間そのものを成長させ、好転させるきっかけにもなるんですけどね。彼女の場合は上手く使いこなせてない典型例のような気がします、ノーアスペクトの太陽が、彼女の魂そのものが叫び声をあげているような、そんな配置に思えます。ちょっとキツイ人生になりそうな感じですね。
勿論犯罪者ではあるのですが、彼女はなんだか可哀想で同情してしまいます。これは、本人にもどうしようもなかった事が沢山あったのではないのかな。仮に私が沢尻エリカ様と同じ立場だったと仮定すると、様々な誘惑から逃れられたかと言うと、自信はありません。きっと彼女と同じような末路になってしまうと思います。
流されやすい、お人よしな彼女の事ですから、周囲に本当に彼女の事を思ってくれる、更生させようと本気になってくれる善人が沢山いれば、きっと立ち直りも早いかと思います。彼女を取り巻く環境が悪すぎたのだとしか思えない。皮肉にも芸能界というところは悪い誘惑も多いところだと思います。
自分を強く持っていないと、すぐに流されてしまいそうです。
沢尻エリカという人間は、なまじ人より優れた美貌と、女優としての才能を持っているだけに、それが裏目に出てしまった感じがします。折角の才能が上手く活かせなかった典型例ですね。彼女のような繊細で流されやすい、弱い心の持ち主に、芸能界という世界は相当過酷だったのでしょう。ドラッグに溺れなければ生きていけない。それは単なる快楽目的だけではなかったと思います。芸能人でなければ、もしかしたらこんな人生にはならなかったかもしれません。
彼女は更生が期待できます。田代まさし氏のケースとはちょっと違いますね。どうか一刻も早く罪を償って治療を行って更生施設に入って完全に薬物から抜け出して欲しいです。邪魔をする者の存在さえなければ、沢尻エリカ様には、きっとそれが可能です。沢尻エリカ様はまだ若いです。どうかこれ以上、周囲が彼女の更生の道を邪魔する事がありませんように。

ネイタルホロスコープを徹底的に分析するブログ 
http://northern70jp.blog.fc2.com/blog-entry-56.html









posted by datasea at 22:02| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

In Deep: 笑ウ太陽と12/12/12/12 のコールドムーン〜2020年は「 13っぽい年になる」のか

FB_IMG_1576741065012.jpg




In Deep: 笑ウ太陽と12/12/12/12 のコールドムーン〜2020年は「 13っぽい年になる」のか
The decade’s last full moon will occur at 12:12 a.m. on 12/12
Washington Post 2019/12/11
この10年間最後の満月は12月12日の午前12時12分に発生
2011年からの10年間の最後の満月が、12月12日の米東部標準時午前12時12分に発生する。これは「コールドムーン(Cold Moon)」とも呼ばれる。
月は一晩中完全に空に出現し続ける。最初、地平線のすぐ上に昇るとサフラン色の色合いでアメリカ東部から見えるようになる。月は午後 4時35分にワシントンの空に昇り、午後5時18分にアトランタ、午後5時8分にはオクラホマシティで見られる。満月は、私たちの空の太陽の反対側にあるため、常に日没の時に空に昇る。太陽光を捕らえる側が私たちに面しているため、満月は地球に住む人々に完全に照らされて見える。つまり、満月を見ることができるという意味において、太陽と月と地球の位置は、すべてほぼ完璧なラインナップなのだ。
月は 99.9%の照度で空に現れ、東部標準時の午前 12時 12分に輝度のピークに達する。月の入りで、月は満月の 99.9%の照度に戻る。その後、クリスマスの夜に新月が現れるまで、月の輝きは衰え続ける。12月に現れる満月は「コールドムーン」と呼ばれている。なお、今回の満月のように「 12月 12日 午前 12時 12分」に最高輝度となるこの満月について、ソーシャルネット上などで、多くの迷信や推測が語られている。
たとえば、中国の占星術では、それぞれが 1年を表す 12の動物があるが、2019年はイノシシの年だ。また、ヒンズー教の神話では、太陽を 12の異なる名前で呼んでいる。そして、西洋文化では、数字「 12」は、イエスの 12人の使徒のユダヤ・キリスト教の伝統の教えに基づいており、重要であると伝えられている。ネット上では、さまざまな人たちが、独自の「12/12」に対しての見解を述べているようだ。
このような数字が並んだ満月は、一部の人たちに好奇心の対象となっているが、縁起が良いタイミングだと思いたいところだ。
次の満月は、来年 2020年の 1月10日に発生する。

 In Deep
https://indeep.jp/decade-last-full-moon-occur-at-12-12-12-12-12







2020年からの世界 
人類の未来 地球という場所の真実
12月12日午前12時12分に「過去10年で最後となる満月」がアメリカの空に出現。その裏では太陽が笑い続け…
投稿日:2019年12月12日
・Washington Post
12という数字ばかりが
社会的には意味のある報道ではないかもしれないですが、個人的にやや興味のある記事がアメリカのワシントンポストに掲載されていました。それは、過去10年の区切りでの「最後の満月」となる月が 12日に出たのですが、その時間は、アメリカ東部標準時の、
「 12月12日 午前12時12分」
であるというのです。この数の括りは、数秘術の好きな私には、なかかな刺激的なものなのですけれど。日本時間ではこのような数字の並びにはならないですが、アメリカの標準時間で、
「 12月 12日 午前 12時 12分」
に、今年最後の満月であり、また過去 10年間で最後となる満月が発生する(この時間に輝度が最高になる)というものです。これは数秘術「的」に見ますと、以下のようになる点が興味深いのです。
数秘術というのは、あらゆる数字を一桁になるまで足していき、その数の意味を見るものですが、 12月 12日 午前 12時 12分をを足していきますと、
12 + 12 + 12 + 12 = 48
となり、この 48をさらに足していくと、
4 + 8 = 12
と、ここにも 12が出てくるのですね。
最終的には、
1 + 2 = 3
で、この満月の瞬間を示す数は「 3 」となるのですけれど、この 3 という数字は、数秘術的には「 今年 2019年」の数字なんです。
2 + 0 + 1 + 9 = 12
と、ここでも、また 12が出てきます。
これも、あとは 1 + 2 = 3 ですので、3となります。
ですので、2019年12月 12日 午前 12時 12分というのは、2019年も 12を意味するということでは、
12 12 12 12 12
と、12が 5回も出てくるもののようなのですね。
もちろん、この意味はちょっとわからないですけれど、このように同じ数字が並ぶ時間での天体の現象というのは珍しいかもしれないです。
「 12の時代は終わり」
というようなことなんでしょうか。12の次は 13 ( 13は、数秘術では 4)です。
そういえば、ずいぶん昔の記事で以下のようなタイトルのものを書いたことがあります。
・13 - 13 - 13 と並ぶ中でおこなわれるコンクラーベの期間に見つけた中央アジアの北緯 33度付近の謎の施設と「聖ニルスの予言」 In Deep 2013年03月13日
大仰なタイトルですが、この 2013年3月には、第266代ローマ教皇を決めるバチカンの会議「コンクラーベ」が行われており(後にフランシスコ法王が教皇に)、そして、
「 2013年03月13日の13時を経る中で、会議では教皇を決定できなかった」
というだけの話ではあります。
そういえば、今年の西暦である「 2019」という数は、数秘術では、つまり一桁になるまで足していくと、3 になることは先ほど書きましたが、来年の 2020年というのは、 
2 + 0 + 2 + 0 = 4
 なんですね。来年は「 4 の年」であり、13の数秘術( 1 + 3 = 4 )とも同じとなるという意味では、2020年は「 13っぽい年になる」のでしょうかね(13っぽい、って意味わかんないぞ)。
ちなみに、「 12と 13の因縁」については、たとえば、13は、西洋の忌み数として知られますが、その理由はよくわかっていないのですけれど、13 (忌み数) - Wikipedia に、さまざまな説が載せられていまして、その中に以下のようなものがありました。
■「非調和な数」説
古代より暦の必要性から時間や方位などに六十進法が使われており、中でも60の約数の一つである12はそれらを構成する基準の数として、12か月や12時間、12方位などのようにしばしば用いられてきた。生活に広く根付いた基数の12に対し、12より一つ多く素数である13は、その調和を乱すものとして不吉な数と考えられた。確かに、 12は暦などでも時間でも広く使われていて、安定性があるものだという理解はできそうで、そういう意味では、13というのは「不安定」であるのかもしれません。ですので、「 13っぽい」というのは、「不安定性」を示すものなのかもしれませんね(根拠なし)。
ちなみに、日本で忌み数というようにされているものに「 4 」や「 9 」がありますが、4 + 9 = 13 で、13は数秘術では結局 4ですので、4 と 13 は似たような関係のものなのかもしれません(なんか、よくわからない書き方になっていてごめんなさい)。
唐突に、
「聖書の 12-12 のセクションってどんなのがあったっけ?」
と、いくつか見てみましたが、下のようなものもありました。
旧約聖書 出エジプト記 12章 12節
その夜、わたしはエジプトの国を巡り、人であれ、家畜であれ、エジプトの国のすべての初子を撃つ。また、エジプトのすべての神々に裁きを行う。わたしは主である。
新約聖書 ヨハネの黙示録 12章 12節
このゆえに、もろもろの天と、/その中に住む者たちよ、喜べ。地と海とは不幸である。悪魔は怒りに燃えて、/お前たちのところへ降って行った。残された時が少ないのを知ったからである。」
この中の、
「もろもろの天と、その中に住む者たちよ、喜べ。地と海とは不幸である」
を読んで、「何だか今の世の中っぼい」と、少し喜んだのでした。・・・次第に、自分でも何を書いているのだかよくわからないことになっていますけれど(苦笑)、今回の「月」の話から、最近見ました「太陽」のふたつの写真をご紹介して締めさせていただこうかと思います。
以下は、12月11日に、スペインからツイッターに投稿された写真で、「夕陽の太陽の前面をカモメが飛んでいる」というだけのものなのですが、「顔になっている」のですね。
2019年12月11日 スペイン・マラガでの太陽とカモメ
・toro_a
このスペインの写真自体とても面白いのですが、私はこの写真を見た直後に、他の太陽の写真を見まして、
「表情が似ているかもしれない」
と思ったのでした。それは、NASA の太陽観測衛星が撮影した 12月12日の太陽表面の様子です。相変わらずコロナホールばかりで、黒い部分が多いのですが、先ほどのカモメと太陽と、ちょっと似た感じになっている。
2019年12月12日 NASAのSDOが撮影した太陽
・NASA
途中、数秘術が絡んできてから、よくわからない内容となってしまいましたが、いずれにしましても、このように、太陽が笑っている中、12-12-12-12-12 のシンボルの中で、この 10年間で最後の満月が発生したということのご紹介でした。良いほうか悪いほうかはともかく、おそらく、この満月と数字の関係は、来年 2020年に向けての「何か」は示唆しているのかもしれないとも思います。

In Deep
https://indeep.jp/decade-last-full-moon-occur-at-12-12-12-12-12/



posted by datasea at 16:43| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[天体メモ] 2019年冬至〜惑星直列にちかい

pp6520191219152849.jpg


Screenshot_20191219-150301.jpg








井口和基の公式ブログ 3
【俺の妄想】すでに冬至は過ぎた!?→東日本大震災で、地球の地軸が動いたのではないか?
2019-12-12 09:24
冬至とは?冬至の日は日照時間が最も短くなる
みなさん、こんにちは。
さて、以下は俺の妄想だと思って、普通の人はスルーでよろしく
さて、私は平日は毎朝5時50分に起床。6時半に奥さんを送り出す。また午後は週3日か2日10kmジョギングを日没前に行う。夜は奥さんが9時半から10時半ごろ帰宅するから、奥さんの食事と入浴の準備をして、すべて終わってだいたい0時に就寝。とまあ、こんなスケデュールの日々である。その合間で午前中ブログをメモしたり、それから午後に読んだり、研究したり、執筆したり、翻訳したりと切れ切れにやっている。だから、奥さんがいる限り、昔の学生時代のように集中して研究執筆ができるということはない。いまは短時間集中を行う他はない。それを日々単調に反復して時間を稼ぐのみ。問題は一人でやっているわけだから、一つのことに集中すれば、他のことが疎かになるということだ。本の翻訳をすれば、計算はできない。計算や研究に集中すれば、翻訳ができない。こういう事情がある。
さて、そんな中、だいぶ前にもメモしたことがあったが、毎日リアルタイムで経験している日の出と日没に関して、私は気になることがあった。
つまり、
地球の地軸が動いたのではないか?
地軸の傾き[編集]
地球の自転軸の傾き
公転面に直交する破線(公転面に対する法線ベクトル)に対して自転軸(実線)は約23.4度傾いている。公転面(Ecliptic)と赤道面(Celectial Equator)も同様。
「自転軸傾斜角」も参照
地球は太陽の周りを回る公転の他に、自らが公転軌道上で独楽の如く回転する自転運動をしている。この二つの回転運動はそれぞれの公転面(黄道面)と自転面(赤道面)もしくは公転軸と自転軸との関わりで捉えられる。自転軸が公転軸と平行であれば公転面と赤道面が同一面となり、地軸(地球の自転軸)は公転面に対して垂直(90度)である。地球の場合は自転軸は公転軸より約23.4度傾いており、地軸と公転面の角度は約66.5度となっている。
地軸と季節の変化[編集]
地軸の傾きが日常生活に最も関連するのは季節の移り変わりだろう[疑問点 – ノート]。地軸が傾いていることから、夏季には日が高く昇り、昼の時間が長く、冬季には日が低く、昼が短い。単位面積当たりの太陽エネルギーの照射量と日照時間とが変化することで、季節が生じる。北緯23.43度(23度26分)を走る北回帰線上では、1年に1度、夏至に太陽の南中高度が90度になる。これも地軸の傾きによる。逆に90−23.43の北緯66.56度(66度33分)の北極圏では、夏至に太陽が沈まず(白夜)、冬至に日が昇らない(極夜)。なお、南半球では暦と季節との対応が反対(6月は冬、12月は夏)となるため、南回帰線上では12月の冬至(現地の夏)に太陽の南中高度が90度となり、南極圏では冬至を含む12月前後(現地の夏)に白夜となる。
という問題だ。
原因は東日本大震災こと、岩手沖3連発核爆弾大津波地震。このせいで、地球の地軸が若干動いた。その結果、日本がわずかに南下した。
日本が南下すれば、当然日の出と日没の時間がずれる。つまり、夏至と冬至の日時がずれる。それで、ここ何年も日の出と日没を観察してきたわけだ。
そして今年の最近になって、これが正しいと確信したわけである。どうだろうか?
この冬入りの12月のいま、11月下旬より日の出は早くなり、明るくなるのが早くなった気がしないだろうか?11月中旬の今頃はまだずっと暗かった。しかしながら、12月の今はもう明るい。しかし、冬至はまだこれからのはずだ。本来なら、これからずっと暗くなるはずなのだ。もし我が国の冬至が昔より1ヶ月ほど早くなったとすれば、かなりの緯度が傾いたことになる。
23.4度/12=1.95度ほど傾いたのか?
ところで、この問題はかなり深刻だろう。もし地球が太陽系の中で特に摩擦がなければ、わずかに地軸がずれたとしてもひょっとしたら、その後もそのまま止まらずにずれ続けているという可能性もある。年々地軸が少しずつ回転していて、そのうち日本が赤道に行き、さらには日本が南半球に達するという可能性すらある。地軸のわずかなズレであっても、この地球の気象状況に与える影響は大である。なぜなら、日照時間が変わるから、これまでの天候のようではなくなるからである。
実際、私の記憶では、我々が幼少期の頃の台風は、はるか南洋のフィリピン海の東方で始まった。ここに台風の卵ができてそれが徐々に偏東風で西へ動き、今度は偏西風に乗り換えて東に向きを変え、我が国に上陸した。ところが、最近の台風は、台湾東方沖とか、沖縄東方の沖合でいきなり台風の卵が発生する。これは、日本が南下したからだと考えると理にかなっている。さらに、逆に日本が南下したということは、日本の正反対のブラジルのある南アメリカは北上し赤道に近づいた。当然、北アメリカも北上し真の北極へ近づいたことになるだろう。したがって、ブラジルやアルゼンチンも熱くなったはずだ。逆に温暖だった北米は昔のロシアのように寒くなったはずだ。特に冬は。
この状況は、最近、砂漠地帯だったアタカマ砂漠で雨が降るようになり、花が咲いたという事実と符合している。逆に、北米で毎冬ナイヤガラの滝がそのまま凍結するようになったという事実とも合っている。一方、ロシアは昔の北米のように温暖化し、シベリアのツンドラ地帯が凍らず湿地化しているという現象とも符合する。また、中東も砂漠地帯だったのにいまは洪水が起こるほど雨が降るし、砂漠だったサハラ砂漠がすこし温暖化し雪が降ったとか、こういう現象とも符合する。
つまり、何を言いたいかというと、昨今「CO2による地球温暖化」によると言っている気象変動は、実は地軸のズレのせいである可能性があるということだ。一般的に科学者は基本的にアスペルガー症候群が多いから、自分が一度信じ込んだものはあまり疑うことがない/できないのである。そういう習性がある。だから、国立天文台にいる地球物理学者の計算プログラムはあいかわらずの昔の地球のデータに基づく計算を行うプログラムを作っていまもせっせと計算している。
だから、こういう計算データと今我々が実際に目にする日の出日の入りのデータが食い違う。
一方、はるかかなたの北米アラスカのエスキモーたちは、だいぶ前から地軸のズレを主張してきている。彼らの目は非常によく、かつ氷原でアザラシの狩りの仕事をするため、太陽の位置と星座の位置は必須情報なのだ。だから、太陽がどこから上り、どこへ落ちるかは生死の問題なのである。
はたして、地球の地軸がずれたとIPCCが主張する日が来るか?まあ、そういう日は来ないだろう。しかしながら、注意深い人なら、すでに地軸のズレに気づいているはずだ。確実に我が国は南方の気候に近づいている。そのうち、日本のど真ん中に赤道が通る日も来るかもしれない。太陽を回る公転面に平行に地軸が傾くと、地球は回転面に垂直に傾くことになるから、その地軸の位置により、1日中昼と1日中夜の場所もできる。たぶん、北極が赤道直下になり、南極が1日中夜ということもあるかもしれない。いまのような1日が1年になる。どの国も1年に1回赤道直下になり、1年に1度極寒地になり、なんてことが起こりそうだ。
地軸がもう動かないことを祈るのみ。はたして本当に地軸が傾いたかどうか?いずれだれもが気づく時が来るだろう。
弥栄!

Kazumoto Iguchi's blog 3
http://quasimoto3.exblog.jp/239861847/





posted by datasea at 16:27| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

天体情報:ふたご座流星群


gemi1.jpg




天体情報:ふたご座流星群
1999.12
ついに20世紀最後の月がやってきた。師走である。
そうは言っても師走は本来陰暦12月の呼称であり、現在のグレゴリオ暦による12月とはおよそ1ヶ月のずれがある。
江戸時代泰平の世を騒がせた、赤穂浪士の吉良邸討ち入りは元禄15年12月14日であるが、現行の暦に直すと
1703年1月30日
となる。とは言っても忠臣蔵のこのエピソードは年の終わりの月に起こったこととして定着してしまっている。
いまさら年明けに忠君の行為を偲ぶわけにも行くまい。
さて12月の天文現象といったら、何もさておきふたご座流星群であろう。
夏のペルセウス、正月のしぶんぎと並ぶ三大流星群にかぞえあげられている。
流星が最も見られる極大夜は、
13日夜から14日未明にかけて,及び
14日夜から15日未明にかけて
と予報されている。
ふたご座は冬の星座なので、日没後しばらくしてから放射点のあるふたご座が昇って来て、夜が明けてもふたご座は沈まない。
また冬至にも近く夜の長さが長いことから長時間にわたって流星群の観測をすることができる。
空の暗いところであれば、1時間辺り数十個の流れ星が見られるであろう。
ただ惜しいのは14,15日の夜とも満月後の明るい月が煌々と輝いていることだ。
暗い流れ星は月の明るさにかき消されてしまう。
しかしそれでも明るい流れ星が飛んでくれたら充分に肉眼でも見ることができる。
冬の星座を眺めながら、流れ星の飛ぶのを待つのもいいのではないだろうか。
ただし初冬の夜であるので、そうとう冷え込む。
長時間観測される方は防寒対策は充分行った方がいい。
今年は一昨年、昨年と話題になったしし座流星群も程々の活動が予報されていた。
しかし、極大夜となる11月17日夜から18日未明は天候が悪く、日本ではほとんど観測できなかった。
来年は日本でしし座流星群の大出現が起こると言う説もある。
その準備として今年のふたご座流星群を観測するのもいいと思う。
本格的な観測は、音声のでる時計とテープレコーダを用意し、流れ星が飛んだ時刻と場所、明るさなどを記録し、1時間辺りに飛んだ流れ星の数(HR)を求める。
一人で観測するのもいいが、グループを作って、記録係や観測係と分担を決めて観測するのもよいだろう。
(向井千秋記念子ども科学館 天文担当 栗田和実) 

麦星の部屋
http://www.geocities.jp/whhxj855/





Screenshot_20191215-111545.jpg





ふたご座
Gemini
属格形 Geminorum
略符 Gem
発音 英語発音: [ˈdʒɛmɨnaɪ]、属格:/ˌdʒɛmɨˈnɒrəm/
象徴 the Twins, Castor & Pollux
概略位置:赤経 7
概略位置:赤緯 +20
正中 2月20日21時
広さ 514平方度 (30位)
主要恒星数 8, 17
バイエル符号/フラムスティード番号を持つ恒星数 80
系外惑星が確認されている恒星数 3
3.0等より明るい恒星数 5
10パーセク以内にある恒星数 1
最輝星 ポルックス(β Gem)(1.14等)
最も近い星 GJ 251;(18.2光年)
メシエ天体数 1
流星群 ふたご座流星群
Rho Geminids
隣接する星座 やまねこ座,ぎょしゃ座,おうし座,オリオン座
いっかくじゅう座,こいぬ座,かに座
ふたご座(双子座、Gemini)は、黄道十二星座の1つ。トレミーの48星座の1つでもある。
β星は、全天21の1等星の1つであり、ポルックスと呼ばれる。
α星カストルは、ポルックスに準じる明るさである。
ポルックスの近く(北西)に位置する。β星(ポルックス)とα星(カストル)と、それにγ星とμ星で、星座はほぼ長方形を形作る。
ふたご座と向かい合う極はいて座である。
冥王星は、δ星のそばで1930年に発見された。

ウィキペディア(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B5%E3%81%9F%E3%81%94%E5%BA%A7





1等星のβ星(ポルックス)以外に、α星(カストル)[1]、γ星[2]の2つの2等星がある。
以下の恒星には、国際天文学連合によって正式な固有名が定められている。
α星:カストル[3] (Castor[4]) は、ふたご座で2番目に明るい恒星。
カストルAとカストルB、カストルCの三重連星で、これら3つの星すべてが2つの星から成る連星である。
従って、カストルは6重連星ということになる。カストルBまでは簡易な望遠鏡で見ることができるが、3つめ以上の星を見分けるのは難しい。
通常は3つ(6つ)合わせて2等星として扱われる。
β星:ポルックス[3] (Pollux[4]) は、ふたご座で最も明るい恒星で、全天21の1等星の1つ[5]。
γ星:アルヘナ[3] (Alhena[4]) は、ふたご座で3番目に明るい恒星。
δ星:ワサト[3] (Wasat[4]) は、黄道からわずか0.2度に位置しており、黄道の位置を知る目安となる。
ε星:メブスタ[3] (Mebsuta[4])
ζ星:メクブダ[3] (Mekbuda[4])
η星:プロプス[3] (Propus[4])
μ星:Tejat[4]
ξ星:Alzirr[4]
ο星:積水 (Jishui[4])
星団・星雲・銀河[編集]
M35:散開星団。ふたご座で最も明るい星団・星雲類であり、全天で5番目の大きさの散開星団である。
地球からの距離2,800光年。この星団はふたご座の星座の西の端の近く、η星の北西に位置する。
その他[編集]
ゲミンガ:中性子星と考えられている地球に近いガンマ線源。
流星群[編集]
ふたご座流星群:三大流星群の一つ。カストル付近を放射点とする。
神話[編集]
Sidney Hall - Urania's Mirror - Gemini.jpg
「ディオスクーロイ」、「はくちょう座」、および「アルゴー船」も参照
ギリシア神話の双子ディオスクーロイ(Dioskouroi、ラテン語形:ディオスクリ Dioscuri)が星座になったといわれる。この双子はスパルタ王妃レーダーの息子で、兄のカストールの父はスパルタ王テュンダレオース、弟のポリュデウケース(ラテン語名ポルクス Pollux、一般に、ポルックス)の父は大神ゼウスであったとされる[6]。そのため、ポリュデウケースは不死であった[6]。メッセーネー王アパレウスの双子の息子イーダースとリュンケウスとの争いでカストールが死ぬと、ポリュデウケースはゼウスに二人で不死を分かち合いたいと願った[6]。ゼウスはその願いを受け入れ、二人を天に上げて星座とした[6]。
この2つの星は、ギリシャだけではなく、バビロニア、エジプト、フェニキア、日本でも兄弟として扱われている[7]。
呼称と方言[編集]
日本では、カストルとポルックスをアステリズムと捉える方言が伝わっている。
ガニノメ(蟹の目)のように、この2星を眼に見立てているものが多い。
「ふたご座の方言」も参照

ウィキペディア(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B5%E3%81%9F%E3%81%94%E5%BA%A7





ふたご座流星群
2012年 Wikipediaより
ふたご座流星群(学名 Geminids)はふたご座α星(カストル)付近を放射点として出現する流星群である。ふたご座α流星群とも呼ばれる。12月5日頃から12月20日頃にかけて出現し、12月14日前後に極大を迎える。しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。
【母天体】
ふたご座流星群の母天体は長らく謎であったが、1983年に、NASAが打ち上げた赤外線天文衛星IRASによって、ふたご座流星群に酷似した軌道を持つ小惑星・(3200)ファエトンが発見され、現在ではこれが母天体とされている。すなわちファエトンはかつては彗星であったが、ガスやチリなどの揮発成分を放出しつくしてしまった天体で、以前に放出したチリが地球の軌道と交差する軌道を巡っておりふたご座流星群となっているということである。ファエトンが太陽の周囲を公転する周期はわずか1.43年であり、現在知られている中で最も周期が短いエンケ彗星の半分以下である。また、ファエトンはかなり歪んだ楕円軌道を持ち、太陽に最も近づいたときは水星の軌道よりも遥かに内側に入り込む。このため、頻繁に強い太陽光を受け、揮発成分が無くなってしまったと思われる。明らかに活動している流星群で、母天体が小惑星であると分かっているのは、2005年現在ではふたご座流星群だけである。
【活動】
ふたご座流星群は、毎年1時間あたり20個から30個の出現を見せる。条件が良いときは、1時間に50個から60個出現することもある。他の流星群のように当たり外れが大きくなく、堅実な活動を見せる。流星群の活動度が高いこと、放射点が日没頃からほぼ一晩中地平線の上に出ていること、夜が1年のうちで最も長い時期にあたること、大気の透明度も良い時期であることから、一晩のうちに見られる流星の数が最も多いことで知られる。極大はあまり鋭くなく、出現は12月10日頃から顕著になり、極大の前後1日から2日程度は極大と同程度の流星が見られる。一方で、それが過ぎると急激に減少するのも特徴だ。
ふたご座流星群の流星は、流れる速度が速くもなく遅くもなく、明るい火球なども多くなく、流星痕もあまり残らない、比較的地味なものであった。これは、対地速度が35km/sと流星群の中では平均的であることなどによる。しかし近年、満月級の明るい火球や流星痕が観測されることもあり、活動的な側面もある。
【歴史】
ふたご座流星群が初めて観測されたのは1862年である。その頃は1時間に10個程度しか見られなかったが、その後徐々に出現数が増加し、今日のような規模となった。以前は、2100年頃には、ファエトンの軌道が他の惑星、特に木星の重力によって変化するため地球の軌道と交わらなくなり、流星群の出現が見られなくなるというふうに言われていたが、最近の研究で否定されている。

My Library
http://yusan.sakura.ne.jp/library/wiki-futagozaryuseigun/


posted by datasea at 00:00| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

魔術師ダッチ: 天王星配置でよむ2050年までの日本社会



魔術師ダッチ: 天王星配置でよむ2050年までの日本社会
2050年までの未来を科学的考察を含めて占う
July 21, 2018 17:10
時代は、複業だとかテレワークだとか色々と言われていますが、大多数の人にとっては、今一つ実感が湧かない現状にあります。ただ、いずれはそちらの方向にシフトしていくことはまあ間違いはないでしょう。問題なのは、いつ時代が変遷していくかということです。
何事も大事なのはタイミング。儲かると言われる株だって、売るタイミングを間違えると損することは充分にありえます。青信号で安全な筈の横断歩道も、しばらくそこに立っていればやがて赤信号になり、車が往来し始め、歩行者にとって地獄の環境となるでしょう。世界のダイナミズムにタイミングを合わせないと、先走って変人扱いされたまま終わったり、遅すぎて先行者利益を取られてしまったりします。
そういう訳で、大まかな世の中の流れを西洋占星術(特に天王星の動き)及び、その他、科学的統計などをミックスして、2050年までの日本の流れを追っていこうと思います。なお、★マークは占星術を基にした予測、☆マークはオカルト一切抜きにした資料に基づいた予測です。
■2018年〜2026年(牡牛座天王星)
★更なる豊かさを求め、インフラを整備する時代
牡牛座は資産や安定性を司る星座。星の動きからすると、2010年代半ばぐらいまでの独立・起業・副業を煽るような動きは落ち着きます。ある意味では企業文化の最盛期ということもありますので、企業とか組織にくっついていた方が、ソロ活動をするよりも何かとお金を稼ぎやすい時代かと思われます。また、この時代では資産を守る意識が強く働き、堅牢性も追及されることでしょう。
☆おそらく日本における企業社会の最盛期となるのがこの時代です。東京オリンピックに向けたインフラ整備が急ピッチで進み、以後も余波で企業の経済活動は活性化していることでしょう。また、ここで最盛期と書いたのは、既に日本の人口が毎年減ってきているのであり、それに伴って経済が衰退することを意図しています。東京の人口のピークも2025年です。それ以降は東京ですら、衰退の道を歩み始め、インフラの整備が困難になっていきます。
インフラは何も、物理的なものに関わらず情報に関わるものも含みます。例えば、オリンピック観光客用にとwifi環境の整備が進むことでしょう。一方でサイバーセキュリティの強化も伴い、ガチガチの監視管理によって、逆にユーザーに不便を強いることもあるでしょう。特に企業活動について、セキュリティは非常に大事なものですので、ガチガチの防御システムに守られることとなります。それによって在宅勤務を推奨する潮流が一時的に弱まるかもしれません。
■2026年〜2033年(双子座天王星)
★多様性と流動性の時代
双子座は移動・流通・通信を司る星座です。また、双子座はその名のとおり、双子であり、多数の顔を有している星座でもあります。そういったところから多様性という言葉もキーワードにしても良さそうです。その辺りに革命的な何かが起きると占星術では予測できます。
☆デパートも銀行も老人ホームも地方からなくなります。2030年ごろには人口不足により、38道府県で生産力が低下するためです。職を求めて労働者はさらに都会に進出し、地方に老いた親をそのままにしてはおけないと引退した老人をも地方から引っ張り出されるケースが増えるでしょう。つまり、引っ越しなどの民族大移動が日本列島各地で見られることとなります。すると物流業者は大忙し。昨今、ヤマト運輸は人手不足に伴い、サービスの質を下げましたが、今のペースでは流通サービスの質はますます落ちていくため、流通改革を求められる機運が高まることでしょう。
また、引っ越しをするということは、働き方や働く場所そのものを変えるということになります。様々な事情を持った人たちがマジョリティ化することで、職場はそれらに対応していかなければなりません。ここでようやく企業社会も規制が緩やかになり、ダイバーシティ対応や複業など多様な働き方が、実感を持てるほどに一般化されることでしょう。
■2033年〜2039年(蟹座天王星)
★家・共同体・国の概念が変わる時代
蟹座は保守的な性格を帯び、自分のホームを守ることを主眼とした星座です。我々にとってホームとは何かということですが、それは文字通り物理的な家屋であったり、家族や共同体などのコミュニティだったり、人によっては国や地域を指すこともあるでしょう。双子座天王星の時代を経て、多様な価値観が普及し、これまでの伝統的なホームは失われつつあります。蟹座天王星は、容赦なくホームに改革のメスを入れることでしょう。
☆多様な価値観普及の功罪として、若者は結婚しないもしくは、マッチングの難易度が上がり結婚したくてもできない時代に突入し、既に少子高齢化問題が盛んに叫ばれています。ただ、この時代になると様子が変わってきます。かつての若者が高齢化し、かつての高齢者(団塊の世代)はぼちぼちお迎えが来る年頃です。2039年前後は年間160万人ぐらいずつ日本人が死んでいくと考えられます。2017年の出生数が91万人ですから、この死亡数がいかに多いかは納得できるでしょう。
検死するための医者不足、僧侶不足、火葬場不足、墓不足などの問題が一時的に湧きあがります。そういった多死社会への対処をするために、儀式の効率化、墓の機能性重視の風潮は強まると予測されます。今では親族に対して、盆暮正月、冠婚葬祭ぐらいでしか顔を合わせない人も多いでしょうが、死に対する扱いの変化は、親族の在り方にも一石を投じることになるかもしれません。
また、家屋そのものに関しても、変化はあるかもしれません。双子座天王星の時代の引っ越し前の地方の家、今では誰が住んでいるのでしょうか?大抵の場合は、空き家ですね。空き家を放置すると犯罪者の温床になったり、害獣(スズメバチなど)が住み着いているのに駆除できなかったり、不法投棄による環境汚染問題が発生したりで問題です。また、都市部でも、タワーマンションの老朽化に伴い、管理組合内での意見の対立して補修が進まないといった問題に見舞われるリスクはあります。それ故に、居住環境の大幅な改革が求めらることでしょう。
また、インフラも老朽化が甚だしくなっているにも関わらず、地方は人口減による税収不足で、インフラ再整備ができず、住む場所を規制する公的な動きも強化される可能性はあります。というよりも、この頃には青森市(2018年時点で28万人都市)レベルでも存続が危ぶまれる状態となっています。自然災害やハザードマップとかにかこつけて、コンパクトシティ化が求められるでしょう。
■2039年〜2046年(獅子座天王星)
★遊びの社会が到来する時代
獅子座は子どものように無邪気な遊び心を持った星座です。近年、一部のオピニオンリーダーは「好きなことだけで生きていけば?」と周囲を煽りますが、一般人レベルがそれを実感できるのは、この時代あたりからだと思われます。
お気楽な一般市民としては、遊びそのものが産業化して、主婦が趣味でやっている小物づくりをバザーに出店がするがごとく、利益度外したビジネスごっこが流行るかもしれません。もしくは、2010年代半ばに流行ったサロンビジネスブームの再来もありえるでしょう。ただ、利益を度外視して、遊んでいるだけでも生きていける時代って、何が起こっているのでしょうか?
☆2040年代前半は、人口のボリュームゾーンのひとつである団塊ジュニア世代(1971〜1974年生まれ)が70歳に到達し、定年が引き上げられていなければ、というか定年や年金の概念が残っていれば、引退して余生を送る時期です。しかし、一説によれば楽観的試算で2043年には国民年金(厚生年金は2037年)の積立金が枯渇しています。年金以外の何らかの方法が生み出されていることを祈るばかりです。
・・・ということもありますが、架空の楽園の実態は、人工知能や3Dプリンタなど技術の発展に伴う失業でしょう。業務の高度化、資本所有の格差によって、多くの人が働きたくても働けない社会が到来します。そうなると、古代ローマのように、市民はパンとサーカス(食料と娯楽)が提供されて、遊び惚ける時代になるかもしれません。何故、提供されるかといえば、貧困とそれに伴う暇は、犯罪に繋がりやすいからです。税収もないのに、支出に悩まされる行政としては地獄のような時期であるため、海洋資源の採掘などで資金源を獲得しなければ非常にまずい状態です。
■2046年〜(乙女座天王星)
★シンギュラリティの時代
乙女座は、細かい物事や緻密作業全般に影響する星座です。つまりプログラミング、コンピュータ言語、人工知能に関する革命が起きる時期と解釈できるでしょう。人工知能が人間の知能を超え、生活が大きく変化するという概念を「技術的特異点(シンギュラリティ)」と言います。一般的に流布されているレイ・カーツワイル博士の説によれば2045年が可能性が高いとのことです。
とはいえ、社会の変化は、大抵の場合、助走期間がありますので、翌日から急に違った生活を強いられるというのは考えづらいです。2044年〜2046年の間に木星と冥王星の合とか、天王星と冥王星の衝など占星術的にインパクトのあるイベントが目白押しであり、その3年間において世界がじわじわと激変していくものかと考えられます。
☆人工知能が人類を凌駕するということで、実務的なことは人工知能がやってくれるとした場合、人類は何をするのでしょうか?おそらくは、技術に関する法整備、倫理・哲学の整備、管理責任などそういったことが求められるのでしょう。機械が起こした事故は誰が責任を取るのか、機械が生産した機械の所有者は誰か。人に似せた機械を作成・廃棄するときに制約を作るべきなのか・・・そういった細かいことが沢山決められ、守ることが義務となります。
ところでテクノロジーは、加速度的に進歩しており、世界の保存情報は、2年ごとに倍になるとすら言われています。とはいえ、いくらデータや知恵があったとしても、それを物理的に影響を与えるいわば手足が無ければ、バーチャルの存在に留まっているだけだということです。
例えば、2050年頃には世界で深刻な水不足が懸念されています。そういった、試算は機械の得意分野です。ところで水不足の件ですが、日本は水資源は一見豊かそうに見えますし、水道を捻れば水はいくらでも出てきそうなもので、何が問題なのでしょうか。実は問題は農作物の輸入にあります。農作物の育成には多大な水を使うのです。そして、現在大量の農作物を輸入しているということは、大量の水を輸入しているのと同義なのです。ついでに言えば、インフラの老朽化から日本国内の水道水の利用料金は高くなると言われています。人工知能様がこういった社会問題を解決してくれればいいのですが、いくら優秀な頭脳があったとしても、地球規模で何らかの解決策を実行してくれる手足が無ければ、理想通りの世界には中々ならないでしょう。
・・・そんな感じで、未来の状況を天王星の動きに即した時系列にまとめてみました。既に記述したとおり、その時期になったら、いきなり切り替わるのではなく、グラデーションのように少しずつ変化していきます。周囲の人たちの携帯電話がガラケーからじわじわスマートフォンに切り替わったかのような感じです。グラデーションの最先端の部分を見極めつつ、少しだけ先行して、少しずつ慣らしていくのが、多分、効率の良い生き方なのだと思われます。

魔術師ダッチの人生放浪日記
http://cagliostro-a-dutch.blog.jp/archives/76970791.html
http://cagliostro-a-dutch.blog.jp/archives/81108313.html?ref=popular_article&id=6092288-800959
http://cagliostro-a-dutch.blog.jp/archives/77758493.html




Screenshot_20191201-214721.jpg




土星と/天王星と/変化と天体(惑星)
2019/11/20 08:12 0 0
土星はこの世界の象徴でありこの世界を創り上げている。
土星の公転周期は28年前後。
28年ほどで12星座を一周し、各星座のシンボルをこの世界におろしてくる。
土星のシンボルは、
「絞り込む」「固める」
その他には、
「規則」や「定期的」なこと
もシンボルである。
土星は山羊座のナチュラルルーラー=支配星。
山羊座は、会社などでは「企業」をあらわす。山羊座の対局は蟹座であり「家業」をあらわす。
土星の周期にあわせて起こした会社や起業は、7年ごとに変化を迎え21年で一つの結実をむかえる。そして28年の周期が終わるまでの間に次のサイクルへの準備期間となり、その段階で
蟹座=「家業」のままでいくのか、
山羊座=「企業」になるか、
を問われる。
土星は28年ほどの周期で新陳代謝をくりかえす。よく老舗の企業やお店でなん100年続いたとかいわれる。
一見変わっていないように「みえる」理念や思想は実は
土星の周期=28年
前後で微妙に「変化」しているのである。その「変化」は表面化せず、見ためではわからないのだろう。土星は「内面」の変化を即しそれが徐々に表面化する。
土星の周期を終えると、次の天体は、
84年の公転周期の天王星
である。天王星は「変革」「改革」の星。
なん100年続く企業やお店は土星の周期を終え、天王星の「変化」を受け容れているのだろう。
「変化」を受け容れ、常に「変化」しているからこそ永く続いているのだろう。
目の前のもの、今「在る」ものに目を向けるとき、そこには叡智が散りばめられている。この世界は素晴らしく、叡智にあふれている。
まあ、そんなこんなで。笑。
今日も星に感謝ですね〜
ありがとう!
自分自身にも感謝ですね〜
ありがとう!

”あるがまま”・・・今、ここに在るだけ・・・
http://asitis000.blog.fc2.com/blog-entry-324.html







天王星ハーフリターン実況
2019/10/23/14:42  
水瓶座・11ハウス・天王星
天王星ハーフリターンが終わってしばらく経ち、その後の経過を観察していく中で感じたことを。
最近だんだん想いが強くなっていくのは、自分が「メインとして持つ人生テーマ」がはっきり分かってきたということ。私はどうやら真実というのを強く求めていて、
・自分はなんのために存在するのか
・生きることに意味はあるのか
・この世とはなんなのか
・どう生きることが正しいのか
などの答えを探さずにはいられない性格らしい。10代の頃からずっとそうで、それがわからないまま惰性で生きるくらいなら死んだほうがマシと思っていた。その中で宗教やスピリチュアルにどっぷりハマったりもすれば、反動として科学にどっぷり浸かったりもした。結局どちらにも興味があって、その本質は「真実を知りたい」ということ。
そういう探求の中で占星学と出会い、今までやってきた精神世界や科学を、占星学とすり合わせようとしてきたのだと思う。スピリチュアル的なものも否定せず、科学的なものも否定せず、どちらも統合してすべてを説明できるような真実を。
天王星ハーフリターンが起こる前から、いまやっている医療占星術的な研究みたいな方向性は見えていたが、実際2年近くやってみて「こういうのが自分のやりたいことなんだな」とはっきり分かってきた。途中、いわゆる中年の危機で占星術自体への信頼が揺らいだこともあったが、そのおかげでもっと本質的な占星学研究に取り組むきっかけになった。
こういう流れになってきたのも、40代という「人生の半分が終わってしまったんだ」という気持ちの面が大きい。人生を1つのパズルを完成させる工程と例えれば、その半分が終わったということは、絵柄の半分が見えてきたということ。当然どんな絵のパズルを作ろうとしているか、なんとなく分かってくる。10代の頃の経験も、20代の頃の経験も、30代の頃の経験も、いろいろなものに興味を持って、才能を伸ばし、人と出会い、己を成長させ、その蓄積によって今が紡がれる。人生というのは1本の筋が通っていると私は信じている。それが人生テーマだと。
それは
10年単位(木星)、
30年単位(土星)
でやる、仕事・人間関係(友人・仕事・結婚)・勉強などよりももっと大きなもの。人生を1つのまとまりとして捉えたときに、それを貫く全体テーマ。人の一生とほぼ同じ時間を扱う天王星(公転周期84年)は、そういう壮大なテーマを扱うエネルギーなのではないか。転職・離婚・病気・事故・死別などは方向転換や方向調整のためのポイントに過ぎず、それが必要な人には起こり、必要でない人(自己の内省によって方向転換・方向調整できる人)には起こらないと。大事なのは「人生を貫くテーマ」の部分であり、小説で言えば1章2章3章すべてをまとめる本質テーマ。それぞれの章ではそれぞれ下位テーマが展開されるだろうが、小説全体として見たときに存在する上位テーマ。天王星はトランジット30度ごとに章を変え、180度過ぎたあたりで小説全体のテーマがうっすら見え始め、360度になる頃にはすべてを悟るように仕向けると。なんとなくそんなイメージがしてきた。
木星的単位(12年)や
土星的単位(約30年)
よりもっと大きな時間単位があるのだと、40年を過ぎてようやくかってくるのかもしれない。ただそういう人生1単位としたときの壮大なテーマが見えてきたとしても、実際の現実生活を生きるときの下位テーマはまた別枠だと思う。それが仕事とか人付き合いとか住む場所とか取り組む課題とか。それはそれで日々悩みながら向き合わなくてはいけないのだろう。天王星とは別の問題として。
・ホロスコープでうまく表現できていない部分
・ハードアスペクト
・男性性女性性のバランス
・土星的テーマ
・海王星的テーマ
・自己成長、人間関係など。
いろいろな単位でのテーマがあり、そういうものすべて重ね合わさせて人生が成り立っていると。「天王星ハーフリターンがきたから、苦しいものから解放されて、新しい自分が輝き始める」とか、そういう安直なものではないと思う。占星学を教える立場としては、そういう様々な時間的単位での見方を伝えることが大切なのかもしれない。

 占星学と心の探求
 https://astrologia89.blog.fc2.com/blog-entry-555.html










posted by datasea at 05:16| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魔術師ダッチ: 山羊座木星の2020年社会〜ピークの日本社会,後の下降を懸念

魔術師ダッチ: 山羊座木星の2020年社会〜ピークの日本社会,後の下降を懸念
2020年は最高潮で栄華の年。木星が山羊座に移動後の社会情勢
September 29, 2019 23:24
2018年11月〜2019年12月上旬まで射手座の間をうろついていた木星が、2019年12月上旬より1年間、山羊座に移動します。その木星を使って、2020年の世相を読み解いてみましょう。
そもそも占い関係なしに言えば、オリンピックイヤーですね。その他、都知事選、増税後の最初の年となります。
※本記事は山羊座生まれの人の2020年の運勢をピックアップしている訳ではないのでご注意を。あくまでも日本社会全体の様子についての言及です。
山羊座は、12星座のうちの10番目。西洋占星術で使われる円形の星図ホロスコープでは、円の上の部分に描かれることが多い星座です。また、山羊はどちらかというと寒い気候、山の気候に馴染んだ生き物でもあります。そのためか、山羊座は着実に高いところを目指すという意味があります。この場合の高いところというのは、物理的に高いという意味でもありますし、地位などの高さを意味することもあります。ただ、いきなり高いところへぶっ飛ぶのではなく、段階を踏んで着実に積み上げてきた結果、そのような場所に行く着くといったイメージですね。
そのようなことから、歴史、伝統、地位、権力、ビル、山、大きな組織などといったキーワードが抽出できるでしょう。木星が射手座を通り過ぎるというのは、そういったキーワードの意味が強まる時期ということです。こういったキーワードと、2019年現在見られている兆候をぶつけてみて、ありうる未来を予測することができます。なお、土星も冥王星も山羊座に位置する年なので、山羊座の影響を色濃く受けることでしょう。
■伝統のリバイバル
2020年東京オリンピックが開催され、外国人が沢山やってくることは自明の摂理です。そして、彼ははるばると日本へ来たのですから、当然、スポーツ以外のものにも関心を持ち、観光していこうとするでしょう。そういった意味からも、和テイストのもの、伝統的なものブームとなり、店先に並ぶことが予測されます。日本国内は生半可な西洋かぶれになるよりも寧ろ、日本とは何ぞやと問う機会は増えることでしょう。また、実用性のあるものは尚更良し。
■様々なインフラや施設の完成
オリンピックに合わせて、一番動きが激しかったものは建築業界かもしれません。様々なスポーツ関連施設、渋谷駅周辺の開発、高輪ゲートウェイ駅の暫定開業、原宿へのIKEAの進出など商業施設、大型ホテルなどの完成ラッシュです。2022年ぐらいまでは引き続き建築業界は活発だと言われていますが、ひとつのピークを越えることとなります。
■政権交代の可能性
衆議院選がいつ行われるかは政界で緊張が走っている昨今です。野党の不人気の機運が変わらないので自民党政権は続くのでしょうが、選挙結果を踏まえた新内閣はたとえ安倍総理が総理を続投したとしても盤石とはいえないでしょう。また、都知事選ですが、前回は圧勝した小池知事も今回は苦戦を強いられる可能性は高くなります。当落は微妙なところですが、少なくとも、2021年の都議選にて都民ファーストの会の都議たちに影響を与えるぐらいのダメージは受ける筈です。
■最高潮ということ、つまりは終わりの始まり
日本の大企業は2020年東京オリンピックを成功させるために、またはその成功の機運にあやかる形で、ここ数年の経済活動を行ってきました。そのオリンピックが華々しく開催され、閉幕するということは、ひとつの山を超え、大きな目標が消えたということを意味します。消費税増税後の反動もポイント還元等の対策によって、まだそこまでダメージを受けてはいない時期ですが、ここから先は下り坂。人口減の本格化に伴い、じわじわと景気悪化のダメージが効いてくることでしょう。人口減少を馬鹿にしてはいけません。数十年後には労働人口が急激に減ることで、地方都市は消滅し、企業は技術革新に頼らない限り、サービスを縮小しながら戦わざるを得なくなります。そして、韓国や中国の経済悪化の影響も少なからず受けそうですね。
■個人事業主の受難の年
山羊座というのは規律を慮る星座。景気が良いのは大企業などの大型組織だけになるかもしれません。企業の栄華とは裏腹に自由を求める個人事業主にとっては受難の始まりの年だといえます。
目に見えて予測されるのは消費税増税に伴っての軽減税率の影響。基本的には税率10%だけど、食品や一部の生活必需品は消費税8%に据え置きという制度です。これが曲者で、企業が個人事業主と取引する場合、取引内容によって税率が変わるためインボイスという書類の発行を求めらる場合があります。ただ、一部の個人事業主(売り上げが少ない免税事業者など)はインボイスを発行することができません。つまり、企業との取引ができなくなるというリスクが潜んでおり、廃業が増えることもありえます。日本の企業社会、最後の栄華の年です。比喩ではなく、人口減少の影響から、割とリアルに日本の繁栄の最後の年になる可能性は充分にありえます。お祭り気分で愉しみつつ、これから始まるより混沌な時代に備え、新たな生き方のためにアンテナを張り始めるべき年なのです。

魔術師ダッチの人生放浪日記
http://cagliostro-a-dutch.blog.jp/archives/81108313.html?ref=popular_article&id=6092288-800959
http://cagliostro-a-dutch.blog.jp/archives/77758493.html





Screenshot_20191201-214808.jpg




【山羊座木星】経営統廃合が進む時代をどう生き抜くか
2019-11-26 21:38:13
テーマ:├流行・社会情勢予測
天と地とあなたをつなぐ 〜ほともこの西洋占星術〜
今日も木星と土星の動きから流行と社会情勢を解説していきますね。まずはこんな記事から。
▼エドウイン×林家ペー、ピンク一色のセットアップデニム発売
デニムブランド「エドウイン(EDWIN)」のコンセプトストア1号店
「エドウイン トウキョウ ハラジュク(EDWIN TOKYO HARAJUKU)」
がオープン3周年を記念して、林家ペーとコラボレーションした限定アイテムを11月29日に発売する。
射手座木星時代の最後にこんな異種コラボが発表されるとは!
林家ぺーさん、11/29生まれのいて座。
お誕生日にこの限定デニムは発売されるのですね。
続いて「12/3から始まる「山羊座木星」時代の予兆です
▼ヤフーとLINEが統合合意を正式発表
▼LVMHがティファニーを買収 ジュエリー事業でさらなる存在感
以前からお伝えしているように12月3日から始まる「山羊座木星」時代は
節約、
コストカット、
効率化、
序列化、
組織化
がビジネスにおけるキーになります。
前回の山羊座木星時代の2008年は冥王星も山羊座にはいったこともありリーマンショックからの不景気に。
・ファストファッション大流行
・アウトレットショップ増加
・コンビニの年間売上高が初めて百貨店を抜く
という流れのなかで
▼三越と伊勢丹が統合し三越伊勢丹HD発足(経営統廃合)
▼松下電器産業が「パナソニック」に社名変更。パナソニックが三洋電機の子会社化を発表。
と、大手企業の経営統廃合が2008年も進み
▼NTTドコモPHSサービス終了
なんてこともありました。
12/3から始まる山羊座木星時代が
節約、コストカット、効率化、序列化、組織化
ということが生き残り策になることを感じていただけたでしょうか。ですから、私たちも日々の生活やビジネスにおいて
無理・無駄・ムラをなくし効率化していく
ことが重要なのですね。
2008年の山羊座木星時代との違いは現在、土星が山羊座を運行していること。さらに2020年は3月〜7月、そして12月に土星が水瓶座を運行するというように2020年は社会基盤の変革を促す土星が山羊座を水瓶座を行き来すること。そして天王星が牡牛座を運行していること。これはどういうことかというと
牡牛座天王星の肉体意識の目覚めによる
五感が喜び心地よいと思うことか新たな秩序とルールを生み出し複数のコミュニティを形成、所属していく時代
になるということ。

天と地とあなたをつなぐ 〜ほともこの西洋占星術〜
https://ameblo.jp/hotomoko/entry-12549185878.html










魔術師ダッチ: 射手座木星の2019年社会
2019年は最後の浮足立った年?木星が射手座に移動後の社会情勢
October 05, 2018 00:01
2017年10月〜2018年11月中旬まで蠍座の間をうろついていた木星が、2018年11月下旬より1年間、射手座に移動します。その木星を使って、2019年の世相を読み解いてみましょう。
そもそも占い関係なしに言えば、日本国を揺るがす大きなイベントとして、天皇即位、参議院選挙、オリンピック前年、消費税10%開始などが挙げられ、かなりざわつく年であることが予測されます。
※本記事は射手座生まれの人の2019年の運勢をピックアップしている訳ではないのでご注意を。あくまでも日本社会全体の様子についての言及です。
射手座は、弓を掲げたケンタウロスの形をしています。弓は遠くのものを射止める道具であり、今ここに無い理想を狙う象徴です。空想上の生物ケンタウロス族は人馬の姿をしており、一般的には粗暴な性格をしています。
しかし、この星座のモチーフとなっているケンタウロスは、ケンタウロス族の賢者ケイローンと呼ばれる人物で、医学・音楽・予言など多才で博識であったとされています。
そのようなことから、運動、医学、音楽、予言(オカルト)、遠くにあるもの(海外・通信・移動)、理想的なもの(宗教・教育)、足元を省みないなどといったキーワードが抽出できるでしょう。木星が射手座を通り過ぎるというのは、そういったキーワードの意味が強まる時期ということです。
こういったキーワードと、2018年現在見られている兆候をぶつけてみて、ありうる未来を予測することができます。
■いざなぎ景気の再来
木星の公転周期は12年なので、木星を使って社会を読み解こうとするならば12年前の2007年にそのヒントがあります。その時期は、米国でじりじりサブプライムローンが焦げ付いておりましたが、日本はいざなぎ景気の時代です。
その翌年のリーマンショックまで、景気はイケイケでした。
消費税増税前の駆け込み需要、オリンピック前の需要と波に乗るならば最後の時期ですが、調子に乗っていると翌年以降痛い目に遭います。というよりも、水面下では不況の波が押し寄せていますので、見た目に騙されないことが重要です。
■教育改革
2020年度(2021年1月)からセンター試験が廃止されて、大学入試共通テストという形式で大学受験が新しくなります。つまり、2018年4月以降に入学した高校生はこの変更に巻き込まれる形となるでしょう。教育業界もこの対応に追われていますが、ある程度の試験の予測が整いノウハウが確立してくる時期になるかと思われます。
また、角川ドワンゴ学園のN中等部の2019年4月開校、堀江氏のゼロ高の2018年10月開校と様々なスタイルの学校が教育業界に殴り込みをかけ、少子化社会の中、学生獲得は熾烈を極めるでしょう。
■スポーツの注目度アップ
別にサッカーワールドカップ等の大きな行事は少ないものの、オリンピック代表選手の選考に一喜一憂する機会が増えたり、日本人選手の海外での活躍が期待できたりするかもしれません。オリンピックについて、2018年は運営体制で国内からのバッシングが激しかった訳ですが、スポーツそのものに対する注目度は高くなることで今よりかは、良い意味で注目できそうです。ただし、開催費用はさらにかさむでしょうから、それのバッシングは避けられないでしょう。
■宗教絡みの事件が増える
例えば、24年前はオウム真理教の地下鉄サリン事件が起きました。12年前は、紀元会、顕正会、摂理などの宗教団体が問題を起こしました。2019年も宗教絡みで何かしら、大きなことは起こるのでは無いでしょうか。考えられそうなのは、創価学会の池田氏がここ数ケ月姿を見せていないことが大きな波紋を作るとか・・・。まあ、天皇即位も広義での宗教変革といえるかもしれませんが。
■通信が更に便利になる
日本のwifiインフラ整備は先進国の中では遅れていますが、オリンピックに向けて、公共インフラが更に充実する可能性はあるでしょう。また、新通信規格5Gも2020年開始予定から1年前倒して開始される可能性も高まってきました。5Gでは、スマホのデータ転送量が更に増える他、他の機器への通信がより便利になると言われています。
docomoの提唱する5Gによる未来
人口減少に伴い、衰退へと向かう日本社会。現実的に考えるに、栄華を極めるという意味では、2019年、2020年はとても面白い年になると思われます。

魔術師ダッチの人生放浪日記
http://cagliostro-a-dutch.blog.jp/archives/77758493.html



posted by datasea at 05:02| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

ほともこ: 2020年3月からはじまる水瓶座土星時代の流れ

Screenshot_20191115-201313.jpg



ほともこ: 2020年3月からはじまる水瓶座土星時代の流れ
【11/12満月】2020年に向けて自身のスタンスを再設定する 
2019-11-14 13:54:47
テーマ:├天と地とあなたと(新月満月など)
天と地とあなたをつなぐ 〜ほともこの西洋占星術〜
11/12の牡牛座新月について
メールマガジンで解説したものをこちらにも転載しますね。
こんばんは。ほともこです。
11/12 22:34に蠍座―牡牛座の満月となります。
10/28の新月で始まった新たな関係や環境のなかで改めて等身大の自分としてその中に存在しバウンダリーを設定し,手に余るものは手放していく,そんな満月となります。
では月のサイクルから確認していきましょう。
■月のサイクル
10/28の新月で始まったことが
11/4の上弦で勢いづき
11/12の満月で一度形になります。
11/20の下弦で完成させ
11/27の新月にむけてリセット。
という流れになります。
■等身大の自分から新たな世界にかかわる
今回の満月は、蠍座の太陽と牡牛座の月とで起こりました。
蠍座は心を決めたものに身を投げ出すように一体化し生まれ変わるという性質。自分を無くし誰かと何かと一体化して違うものになろうとします。
一方満月がおきた牡牛座は等身大の自分に目をむけます。そしてもともと自分は何をもっていたかと生まれ持った能力や持ち物を具体的に活かしていく性質です。
10/28の新月では
「過去の喪失の恐れをこえて愛するものに一歩ふみこむ勇気。ここから世界が変わる。」
とおつたえしています。新月以降、コミットする関係や環境が大きく変化した方もいたことでしょう。
そういう関係の中で
その人が好きだから
この地位を手放したくないから
信頼をもっと得たいから
絆をもっとふかめていきたいから
とご自身のキャパシティをこえて犠牲的に引き受けたことがあるのなら,今回の満月は等身大の自分にもどりあなたがかかわろうとしている関係や環境でのスタンスや距離感の再設定をするように促しています。
また、この満月軸には山羊座土星冥王星と魚座海王星が調和角でかかっています。
魚座の海王星が弱さや痛みを含めた等身大の自分を認め赦し受け入れることを,山羊座の土星と冥王星がこの世界においてのご自身の社会的にあるべき姿を根本的に変容するよう促しています。
■2020年3月からの流れを準備をする
以前もおつたえしていますが
2020年3月から始まる水瓶座土星時代
は,これだけあなた愛を注ぐから私だけをみて愛して生活を守って。人生の多くの時間を捧げるから社会的に保障してください。というような「昭和型」の「忠誠を誓うかわりに安心安全の保障をえる社会の仕組み」にメスが入ります。
あらたな世界で今までの価値観が通用しなくなった時に,我慢も犠牲も期待通りのものを手にする手段とならなくなるのです。つまり自分を生贄にすることで欲しいものを手に入れるというやり方がが通用しなくなるのです。
どんな関係であれわたしはあなたを愛します。
宝くじで6億円当たってもこの仕事を続けます。
だって好きだから。楽しいから。
と、自分が好きでやっていることだからと外的に見返りを求めず,今この瞬間に選択と行動をしていく。そんな究極の自己責任をもとめられる。これが2020年3月から始まる水瓶座土星時代です。
昭和型の「我慢と犠牲」でほしいものを手にしてきた方にとっては苦しい時代となります。リターンをもとめて相手にあたえる好意も奉仕的言動にも価値がなくなるから。しかし自分の喜びからの行動はそこに共鳴し合う仲間と利害なくフラットにつながり合え犠牲や負担を強いない世界が構築されていくのです。
話を満月にもどすと。2020年3月から始まるあらたな時代にむけて。今回の満月ではまず等身大の自分のキャパシティを知る。その上で、大切な関係、環境にコミットしてその中での自分のスタンスを再設定するということを意識していただきたいのです。
そもそも。頑張って犠牲になることで得られてきたものの多くの場合,旧来型の社会において安心安全とされるもので本心から求めるものとちがうってことは珍しくありません。今までの世界は「本心からの欲求」を曇らせて気づきにくい世界だったともいえるでしょう。
しかし、昨年5月に牡牛座に天王星がはいってから当たり前だった関係、環境に違和感を感じ,自分にとってもっと心地よいものをみつけもう今までの自分にもどれなくなっている。そんな気づきや変化を感じている方がすくなくないのです。
どうかこの本心や違和感を大切に。これが次の時代を生きる指針となりますからね。

ほともこの西洋占星術
https://ameblo.jp/hotomoko/entry-12545237048.html







12月から始まる「山羊座木星」
2020年3月から始まる「水瓶座土星」
この時代をどう生き抜くか。そんな時代をいかに生き抜くか。どんなビジネスをしたらよいのか。それを158分間で解説したのが
【流行・社会情勢予測】
2019-2020年未来を見通す講座(158分)
すでにご覧いただいた経営者の方からも
「何でこんなことわかるの??」
「我々の会話を隠しマイクで録音されているみたい」 
「動画の解説を参考にしながら、クライアントにアドバイスしたよ」
との声をいただいております!
あなただけの対策を知りたい方は個人セッションへ。

ほともこの西洋占星術
https://ameblo.jp/hotomoko/entry-12545237048.html


posted by datasea at 20:09| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

Cointelegraph Japan: 占星術からビットコインで巨富を築いた男〜占星術でバブルを読む

Cointelegraph Japan: 占星術からビットコインで巨富を築いた男
占星術からビットコインの動向を読み解き巨額の富を築いた男 今年の仮想通貨相場を予想
2019年04月30日
専門家の寄稿
⬛星の周期
唐突な質問ではあるが、「占い」という言葉を聞くとどのようなイメージを持つだろうか。恐らく、怪しいと感じる人も多いかもしれない。
この世の中には物事に取り組む上で2種類の人間が存在する。小さな成果しか出せない人間と大きな成果を出せる人間。これは何の差によって生じる結果だろうか。
アメリカのモルガン財閥の創始者「JPモルガン」は「百万長者は占星術を使わないが、 占星術を使わない億万長者はいない」という名言を残している。小さな成果しか出せない人と大きな成果を出せる人間には色々な差があるだろう。しかし、JPモルガンが残した名言通り、大きな成果を残す人間の多くが占星術を活用していることは間違いない。
この宇宙には周期というものが存在する。 私たちは1日24時間、1年365日という定められた時間に沿って生活をしている。この時間という概念も、起源を辿れば地球が太陽の周りを回る周期を元に作られたものである。その星の周期に沿って生活をしている限り、周期の特徴は無視できない。
例えば、日本では春夏秋冬という4つの季節が存在するが、これも先人が星の動きから作った概念である。また、国によっては季節が存在せず、ずっと暑い国や寒い国も存在する。これも星の動きによる影響だが、海外に出かける時にこの季節感を知らなかった場合どうなるだろうか。
例えば、オセアニア地方と日本は季節が真逆になるが、日本が夏だからと言って、夏服でオセアニア地方に行ってしまうとどうなるだろうか。かなり寒い思いをするのは間違いないだろう。このように季節感を知らずに海外に出かけた場合、時として命を落としかねない問題となる。
先人達はこのような問題が起こらぬよう、星の周期を分析し、周期の特徴に合わせた生活スタイルを確立してきた。幸いにも私たちはその先人の知恵のおかげ不自由なく暮らすことができる。私たちはこの星の周期の特徴を活用しているからこそ、快適に生きていける。
そして、相場の世界でも同じことが言える。なぜならば、相場は星の周期に沿って暮らしている人間の思惑によって作られているからだ。季節の変わり目を知っているのと知らないのとでは、大きな差が出るのと同じで、相場でも星の周期を活用しなくても生き残ることができるかもしれないが、周期の特徴を知り活用できる人間の方が事前に備えることができるため、賢く生き抜くことができる。
実はBitcoinも星の動きの特徴を知っていれば、バブルがいつ起こり、いつ弾ける可能性があるのかも読み解くことができる。私は実際、それを実践してみせた。
そして、今年の2019年の動きもある程度予測することが可能である。
⬛占星術と仮想通貨バブル
占星術の一つに九星気学がある。これは古代中国から伝わる占術で、宇宙の気(エネルギー) を9つに分類したものと、さらに「木」「火」「土」「金」「水」の五行の相性を組合わせた占術である。九星気学ではその年の立春(2/4頃)から翌年の節分までを一年として9つの星に分類している。この9つの星にはある程度の特徴があり、それは以下の通りだ。
2017年は仮想通貨バブルが起こったわけだが、これ以前に歴史的に有名なバブルは過去2度存在する。
1つは世界最古のバブルと言われているチューリップバブルだ。これは1636年に富裕層の間でチューリップが人気となり、球根に家が建つほどの高値が付いたバブルだった。
そして、もう一つはマイクロソフトが牽引したインターネットバブルだ。これは1999年に米国を中心にインターネット関連企業の株価が急激に上昇したバブルであった。
この2つのバブルが起こった年を九星気学で読み解くと面白い共通点がある。 それは1636年も1999年も一白水星の年だということだ。 そして、この2つのバブルは翌年の九紫火星という年で崩壊している。(図2参照)
つまり、この2つのバブルから読み解けることは「一白水星の年はバブルが起こりやす く、翌年の九紫火星ではバブルが崩壊する可能が高い」ということである。この過去の星の特徴を知っていれば、仮想通貨バブルもバブル崩壊も予測することが可能だった。なぜならば、仮想通貨バブルが起こった2017年も一白水星だったからである。
これに気づければ翌年の2018年の九紫火星ではバブルが崩壊する可能性が高いと説くことができた。実際、私自身もこの分析からほとんどの仮想通貨を2017年の年末に売却した。
一白水星の特徴は表1にも記載してある通り「天上天下」「世の中が反転しやすい」という特徴がある。つまり、相場が反転したり、今まで富や名声を得ていた人が落ち、逆に日の目を浴びなかった人が脚光を浴びたりするような形で世の中が反転しやすいという特徴があるということだ。
この特徴の通り、仮想通貨バブルで今まであまり資産を持っていなかった人が大きな資産を手に入れたり、逆に仮想通貨を否定していた人は富を得るチャンスを逃してしまったりと天上天下が起こった。
また、九紫火星は「上がった人が落ちる」「流れが変わる」という特徴があるが、まさに2017年の仮想通貨バブルとは一変してバブルが崩壊したり、含み益が乗っていて、 そのまま保有し続けた人は大幅に目減りする結果となり特徴通りの展開となった。干支を組み合わせて見てくと更に面白いことがわかるが、今回は割愛することにしよう。
これだけでも「小さな成果を出す人間と、大きな成果を出す人間の秘密は占星術にある」ということがわかるだろう。占いというものは決して”怪しいもの”ではないということの証明だ。
⬛四柱推命とビットコイン
更に、奥深い分析を行っていくとしよう。 この世の中には占星術のほかにも色々な占いが存在する。私自身、相場分析に占星術だけではなく、四柱推命という占いをしばし取り入れることがある。
四柱推命とは、太古の中国で生まれた「過去、現在、未来」を予見する運命学の一つで、陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)を基に、人が生まれながらにして持っている性格、能力、素質を理解し、その人の努力や経験で変わる後天的な運命までも的確に予測することができる占いである。
人は基本的に生まれながら運命を背負っているわけだが、四柱推命を活用すればどのような運命を辿りやすいかある程度予測がつく。人はその背負った運命に沿って絶好調の時期もあれば不調な時期もあり、これはある 一定の周期(バイオリズム)で起こりやすくなる。
ここ直近で起こったゴーン会長の逮捕や安倍総理の森友問題も四柱推命上では起こるべくして起こったと言える。
四柱推命では干支において天が味方しない時期、何か悪いことが起こりやすい時期を天中殺というが、ゴーン会長の逮捕や安倍総理の森友問題も、まさに彼らのバイオリズムが天中殺中に起こった出来事である。
このように人には生まれ持った運命のバイオリズムが存在し、それを知ることでバイオリズムに合わせた適切な行動をとることで、他人や自分の人生を良い方向に導くことができる。運命は人だけではなく、モノや会社にも宿っている。もちろん、Bitcoinや他の仮想通貨も例外ではない。
Bitcoinの生年月日を元に四柱推命でBitcoinの運命バイオリズムを見てみると面白いことがわかる。図3の赤枠で囲ってある部分はBitcoinの運命バイオリズムになるが、2017年のところをみると絶好調と記載してあるのがわかるかと思う。
2017年の仮想通貨バブルはビットコインが牽引したわけだが、 これもBitcoinが元々持っている運命通りに起こるべくして起こったということがわかる。2017年は九星気学上でも一白水星というバブルが起こりやすい星であり、四柱推命でもBitcoinの運命バイオリズムは絶好調だった。これを知っていれば2017年は自信を持って仮想通貨に投資を行えたのではないだろうか。
相場を分析する手法には、大きく分けて「テクニカル分析」と 「ファンダメンタルズ分析」の2種類がある。多くのテクニカルアナリストはインジケーターと呼ばれる過去の値動きを参考に様々な計算式で作られた指標を活用して市場を予測するが、これだけでは不十分である。真のテクニカル分析とは「過去の値動き」と「現在の値動き」を比較し、今後の分析を行っていくことだ。その上で占星術は相場分析を行う上では欠かせない分析の一つであることが前述した内容でもわかるだろう。相場では「歴史は繰り返される」という格言があるが、この格言通り市場の値動きは過去と似たような動きになることも多い。
⬛マイクロソフトとビットコイン
前述した通り過去にはチューリップバブル、インターネットバブルが起こったわけだが、仮想通貨の値動きを読み解く上でも過去のバブル後の値動きは参考にすべきであろう。
過去のバブルの例でも、最も注目したいのが「インターネットバブル」だ。インターネットバブルの根元には、Microsoftのマイクロプロセッサを搭載したコンピューターの誕生がある。逆を言えば、Microsoftの存在無くしては、インターネットバブルはそこまで加熱しなかっただろう。そして、仮想通貨バブルの根元にはBitcoinの誕生がある。
アルトコインはBitcoinのブロックチェーンの仕組みをお手本に誕生したものであり、Bitcoinが生まれなければ、アルトコインも存在しなかっただろう。つまり、仮想通貨バブルを牽引したBitcoinの相場を読み解く上で、インターネットバブルを牽引したMicrosoftの過去の値動きは利用価値が高いと言える。
まず2つのチャートを単純に見比べてみると、インターネットバブル前後のMicrosoftの値動きと仮想通貨バブル前後のBitcoinのチャートの形は非常に似ているのがわかる。(図4 参照)
これだけチャートの動きが似ているということは、この2つには何か共通点があるはずだ。共通点を探すために四柱推命でMicrosoftを占ってみると、面白いことにMicrosoftはBitcoinと全く同じ運命バイオリズムを持っているこ とが判明した。つまり、BitcoinはMicrosoftの動きに影響を受けやすく、同じ運命の周期を辿りやすいということだ。さらに、興味深いのがMicrosoft社の創始者でもあるビル・ゲイツを調べてみると、彼の運命バイオリズムもまたMicrosoft、Bitcoinと同じであった。
図5を見ればわかる通り、この3個のバイオリズムは全く一緒だとい うことがわかる。
(図5 Bitcoin, Microsoft, Bill Gatesの運命バイオリズム比較)
そして、MicrosoftもBitcoinと同じ運命バイオリズムを持っているため、2017年を見るとBitcoinと同じように絶好調の時期だったことがわかる。実際にMicrosoftの株価も運命バイオリズム通り、2017年は右肩上がりであった。ここから読み取れることはMicrosoftとBitcoinのバイオリズムが同じだということは、BitcoinもMicrosoftのバブル前後の値動きと似たような動きを今後も辿る可能性が高いということだ。
それを前提に九星気学でMicrosoftの過去の値動きを見てみる と、一白水星でバブルが起こり、翌年の九紫火星でバブルが崩壊していることは既に述べているが、他にもある程度の特徴がある。
まず、九紫火星の年では価格が下落する特徴があるが、図6を見るとわかる通り、インターネットバブル崩壊後の九紫火星の年の底値が2回とも長期的な底値になっているということだ。つまり、歴史が繰り替えされるのであれば、Bitcoinも九紫火星だった2018年の最安値である3125ドル近辺(コインベース基準)が長期的な底値になる可能性が高いということが予測できる。
Bitcoinはモルガンスタンレーの分析によると、インターネットバブル時のナスダック市場の15倍速で動いているという。インターネットバブル崩壊後、Microsoftは一度2000年12月21日に約20ドルの安値を付けてしばらくレンジとなったが、リーマンショック時にその安値を更に下回り2009年の3月5日にバブル崩壊後の最安値である約15ドルまで下落した。Microsoftはこの価格が底となり長期的に上昇していった。2000年12月21日の安値から2009年3月5日までの期間は約2996日。
もし、仮にモルガンスタンレーの分析が正しいのであれば、 BitcoinはBitcoinバブル後の最安値から約200日後につけた最安値が長期的な底になる可能性が高い。Bitcoinのバブル後の最安値は、ひとまず2018年6月24日の5762ドルになった。しばらくの間ここがサポートとなったが、その後にこのサポートを破り更に下落し、2018年12月14日に約3133ドルをつけて反転している。この期間が約173日。
その後200日以内に更に下落することはなかったために、この分析の観点から九星気学の観点からもBitcoinは20018年12月4日につけた3133ドルが底値の可能性が高いということが言える。
ここまでは占星術と四柱推命を使って仮想通貨バブル形成と崩壊の歴史を解説し、マイクロソフトのチャートを加えて現在の仮想通貨相場の底を分析した。ではテクニカル分析の真髄である、未来の分析はどうなるだろうか?
⬛未来分析
次にMicrosoftの過去チャートを参考に、九星気学を活用して2019年のおおよその価格動向予測をしたいと思う。
九星気学上では
2017年は一白水星、
2018年は九紫火星、
2019年は八白土星、
となる。八白土星の特徴としては変化変動(折り返しになりやすい)という特徴があり、この特徴通りに動くのであれば、ずっと続いていた下落相場も折り返し、上昇相場に転換していく可能性が高いということが言える。
今までの解説してきた理由から、Bitcoinの今年の動きを予測するにはMicrosoftのチャートを使用してインターネットバブル前後の八白土星の年の特徴を分析するとヒントが得られそうだ。
Microsoftのインターネットバブル前後の八白土星の年をあげる と、1992年、2001年、2010年となる。この3つの年号のMicrosoftの値動きは以下の通りだ。
1992年は最初の半年は下落したものの、残りの半年は上昇し、年初の高値を更新している。
2001年は最初の約半年は上昇し、その後の3ヶ月でほぼ底値まで戻り、残りの3ヶ月でその下落をほぼ打ち消すようなレンジ相場。
2010年はほぼずっと右肩上がりの相場となった。
3つともバラバラな動きではあるが、共通している点は八白土星の特徴通り、折り返しになっていることと、上昇していることである。
前編に記載した通り、Bitcoinはインターネットバブル前後のナスダックの15倍速で動いているということを考慮するのであれば、2010年に似たような動きをする可能性が高いという結論に至る。
しかし、四柱推命上ではBitcoinは2019年から2021年までは天中殺の時期に入る。
天中殺とは、「天が味方しない時期」のことを示す。この天中殺の期間に新しいことを始めたり、積極的な行動をとると、 逆に不運を増幅させてしまうと言われている。簡単に言うと「何をやっても運が悪く、成功しない期間」といってもいいだろう。
これを考慮して考えると、強く上昇していければ9465ドルに迫るような上昇をする可能性もあるが、あまりうまくいかない時期に入っているため、過度の期待はせずに6660ドルぐらいが今年の高値になりそうと考えた方が無難だ。
今まで述べてきたことすべてを解説すると、今年の値動きのシナリオとしては以下の2パターンではないかと予測できる。
(※図12の予測画像は3月初旬時点での予測だ。coinbase価格で3997ドルの頃から上昇予測をしていたことがわかる)   
今まで解説してきた通り、九星気学の観点から2018年12月14日の底値が長期的な底値の可能性は高い。しかし、Bitcoinの運命バイオリズムでは、2021年までは天中殺に当たるため、最高値を超えるような大きな上昇を見込むのは厳しいと予測できる。
このように占星術を活用すると、ある程度の相場の動きの予測を立て、それに対してどのように対処していけばいいのか大まかなプランを立てることができる。
占星術によってサイクルを捉えられるのなら、その価値は計り知れない。
世界三大投資家の一人、ジム・ロジャーズも書籍の中で「商品市場には、一定の周期があり、その周期を理解したことで、巨額の資産を得ることが出来た」と語っている。
占星術を含めた占いは、信じるものではなく「活用するもの」だ。JPモルガンも「大富豪は占星術を活用する」と言っている。
活用とは占星術だけを単体で信じるということではなく、その他のテクニカル分析 などと組み合わせることが大事だということである。
過去と全く同じ事例は起きにくいが、今まで証明してきた通り、過去は占星術や運命バイオリズムに沿った動きをしている。相場は生き物であり、100%相場を予測することは不可能だ。しかし、多くの巨額の富を得てきた著名人たちは、占星術を活用して多大な利益を積み上げてきたという事実は受け止めて活かすべきだと考える。
占星術は魔法ではない。実際に活用されてきた長い歴史と社会への応用性を踏まえた上で、正しく使うことで生きるのだ。

 Cointelegraph Japan
https://jp.cointelegraph.com/news/by-using-horoscopetoshimurin-predicts-bitcoin-price-in-2019-vol2





著者 トシムリン
学習プログラム「トレード帝王学」(仮想通貨を含むトレード学習に適する)で講師を務める。ヘッジファンドトレーダーなどの一部のプロしか辿り着けないトレードの真髄を人数限定で伝授!初心者も安心して学べて、大衆に惑わされず安定的に稼げる本質的トレーダー育成にフォーカスした日本トップレベルのトレード学習コンテンツを目指している。
トレード歴14年の現役為替トレーダー。20歳の頃から一度も就職することなく専業トレーダーとなる。6年間はトレードが上手くいかず一時借金を背負ったが、研究と分析を積み重ねて独自手法を編み出し、7年目からプラス収益となり、そこからは安定的に利益を出し続けている。 元ヘッジファンドトレーダーからトレードを学んでいた経験があり一般投資家が持ちえないマーケットの内部構造を多角的に分析して市場を予測していくことが得意分野。 分析能力と育成能力に定評があり、トレード教育によって多くの常勝トレーダーを輩出している。プロップファームのトレーナーも務めている。 「人生を通してこれからの激動な時代に向けて自分自身で稼げる本質系投資家を多く育成し、日本の投資教育のレベルを底上げすること」をミッションに掲げる。座右の銘は、「習慣は才能を超える」。

 Cointelegraph Japan
https://jp.cointelegraph.com/news/by-using-horoscopetoshimurin-predicts-bitcoin-price-in-2019-vol2








[暗号通貨価格, 2019.11.8,]
BTC \1,003,889
BCH \31,702
ETH \20,288
DASH \7,852
XMR \6,938
LTC \6,766
ZEC \4,188
BNB \2,217
NEO \1,203
EOS \383
USDT \109.06
XRP \31
MIOTA \30
XLM \8.23
ADA \4.708

Coin Telegraph Japan
https://jp.cointelegraph.com/news/by-using-horoscopetoshimurin-predicts-bitcoin-price-in-2019-vol2




仮想通貨で自己破産する予定です
1: 承認済み名無しさん 2019/02/16(土) 17:33:33.14 ID:aitEPywp
海外業者にクレカ入金で爆負け、2018年だけで1200万まけ
クレカS枠900万借金払えない、もう無理なんで弁護士の所行ってきた
引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1550306013/
14: 承認済み名無しさん 2019/02/24(日) 12:40:13.13 ID:uo1aARA1
>>1
ちゃんと払う金残ってるか?
管財なるはずだから40万くらいは用意しとけよ
2: 承認済み名無しさん 2019/02/16(土) 18:01:25.97 ID:lKup1Bl+
続けて
3: 承認済み名無しさん 2019/02/16(土) 18:07:42.08 ID:0krT1YXs
クレカの審査ってそんなザルなのか
4: 承認済み名無しさん 2019/02/16(土) 18:17:45.42 ID:aeARZHif
全部大口中国人グループに吸い尽くされたな謝謝
5: 承認済み名無しさん 2019/02/16(土) 18:34:35.06 ID:s0+T09Ck
センス無さすぎw
ショーター撃ちまくりで取り戻して!
6: 承認済み名無しさん 2019/02/16(土) 18:55:14.14 ID:MrhtJQKi
クレカのS枠ありすぎ
年収高いのか?
7: 承認済み名無しさん 2019/02/16(土) 19:36:33.75 ID:9VKPooEd
語っていいぞ
8: 承認済み名無しさん 2019/02/16(土) 20:49:18.41 ID:fMGpvsqy
ショッピングか仮想通貨かって違いなだけで要はただのカード破産だよね
9: 承認済み名無しさん 2019/02/17(日) 09:53:19.42 ID:DLGe6omU
自己破産って正直何のダメージもないよな
どんどんやるべき
10: 承認済み名無しさん 2019/02/17(日) 12:17:54.60 ID:4aMJ75XE
2017年夏〜冬に種銭20万円で20倍達成のワイ大勝利
なお、主力はXRPでCC幽閉に巻き込まれて1倍程度の模様
11: 承認済み名無しさん 2019/02/17(日) 15:49:35.80 ID:8CoWT+2X
借金内容が株やら投資とかだったら自己破産できんかったような…
22: 承認済み名無しさん 2019/06/28(金) 13:01:07.57 ID:qKFd79iQ
>>11
自己破産はできるよ。
免責(借金を払わなくてよくなる)が出るかどうか、一部免責になるかという違いがあるだけ。
まあ、自己破産した段階で債権を放棄する扱いをする債権者も多いから、自己破産はして損になるということはない。
12: 承認済み名無しさん 2019/02/17(日) 20:30:03.87 ID:mW+tUAXu
今やっと上がり始めてきたじゃん
今全力出して買えないんだったら早く仮想通貨なんかやめちまえよ
13: 承認済み名無しさん 2019/02/18(月) 18:33:46.26 ID:zOCld8Sc
だから破産して借金チャラにして少しずつバレん程度に買い集めるんやろ
15: 承認済み名無しさん 2019/03/17(日) 13:25:50.58 ID:l8E3JdR0
破産者マップは?
16: 承認済み名無しさん 2019/03/21(木) 12:59:53.47 ID:E5h8iFZs
200万借金
利率3.5%
損益イーブン
今すぐ返したほうがいい?
17: 承認済み名無しさん 2019/04/03(水) 10:48:20.69 ID:+U08bZf/
s枠換金だと免責下りるのか?
18: 承認済み名無しさん 2019/04/17(水) 13:14:31.59 ID:wdY+fKVl
結局、追証のないエックスイーマーケッツとかで
ハイレバ勝負の方が儲かるよね
19: 承認済み名無しさん 2019/06/04(火) 00:42:53.22 ID:MYlE5W4T
甘え
20: 承認済み名無しさん 2019/06/21(金) 18:42:54.18 ID:3nuXpvjh
ww
21: 承認済み名無しさん 2019/06/21(金) 19:00:58.89 ID:QSLFEFT0
絆の代表は20代なのに余裕で破産してゴミ売って金持ちになったな
23: 承認済み名無しさん 2019/07/05(金) 08:43:30.00 ID:IgCP5Vxh
信用スコアで顔パスできんやん
24: 承認済み名無しさん 2019/09/08(日) 14:46:39.72 ID:qJc9aQjG
ww
25: 承認済み名無しさん 2019/10/25(金) 17:26:06.33 ID:ESvgGCN3
尼崎市の遠藤章史先生に聞けばいい!!どうやったら成り上がれるか教えてくれるかもよ。

仮想通貨まとめNews
http://coinmatome.com/archives/20504846.html
posted by datasea at 09:09| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする