2019年07月17日

[動画][資料] SELENEによる月表面の画像


















posted by datasea at 00:00| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

[動画][資料][list] 小惑星探査機「はやぶさ2」,小惑星リュウグウ




















東京からボールを投げてブラジルのテントウムシに当てて(往路),さらにブラジルからボールを投げて東京のテントウムシに当てる(復路),そういう難しさがあります。
JAXA

gfdgfdgd pc



posted by datasea at 12:30| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

[動画][ホロスコープ,西洋占星術] 大旗ハルミ: 2019年7月16/17日 やぎ座24度4分,満月/部分月蝕


















星読み徒然草Harumi Ohata/大旗ハルミ
2019/07/09 に公開
パワフルな皆既日蝕のあとは、これまたパワフルな部分月蝕です。
動画でしっかり言い忘れましたが、今回NNと金星が合、土星とオポジッションです。
愛で生きていくこと、自分の💛と感情をしっかり大切に生きることがとてもたいせつですよ。
SNの月蝕は、とにかく手放し、Let Goが最大のテーマです。
7月はかなり複雑なエネルギーが来ています。
しっかり理解して、思いっきりこのパワフルなエネルギーを活用しましょう。
星読み徒然草 Japan Project 2019に引き続き、マウリースフェルナンデス先生によるオンライン Astrology Workshopが開催されまます。その詳しい内容などをマウリース先生からご紹介していただくイントロ無料特別WebinarはYouTubeで配信しています。
先生が素晴らしいリーディング技術をちょっとだけデモンストレーションしてくださっています。
5月の特別割引/優待割引のプロモーションは終了しましたが、こちらのオンラインワークショップはずっと受付をしています。
2019年末までは、特別価格でご提供していますから、まだ申し込まれていない方は、ぜひどうぞ!
オンラインワークショップとJapan Project 2019ワークショップのオンライン受講のお申し込みはこちらからどうぞ。
https://ws.formzu.net/dist/S75723328/
詳しい情報はharumiohata.comでご覧いただけます。

エネルギーナビゲーター大旗ハルミの星読み徒然草
https://www.harumiohata.com/
https://www.facebook.com/hoshiyomi333
https://www.harumiohata.com/blank-4
https://ws.formzu.net/fgen/S12143227/
https://ws.formzu.net/fgen/S93332556/







第3回Webinarで解説した2008年から2020年までの変容の流れのなかで、
2017年後半の大きなエネルギーシフトである木星と土星のイングレス(サインがかわること)を詳しく解説し、
具体的に活用して生きるヒントもお伝えします。
第3回 Webinar「2020年へのストラテジー第2弾」の動画視聴のお申し込みはこちらからどうぞ。
https://ws.formzu.net/dist/S7484857/
第1回 Webinar「月のノード しし座水瓶座徹底的活用法」
の動画視聴、資料のお申し込みはこちらからどうぞ。
https://ws.formzu.net/fgen/S40597270/
エネルギーナビゲーター大旗ハルミの【星読み徒然草】Facebook Community Page
https://www.facebook.com/hoshiyomi333
大旗ハルミのインタビュー記事(リンカリンカさんの素敵図鑑)は下記からご覧ください。
http://linkerlinker.net/2017/02/09/%E...

エネルギーナビゲーター大旗ハルミの星読み徒然草
https://www.harumiohata.com/
https://www.facebook.com/hoshiyomi333


posted by datasea at 15:14| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

[天体メモ] 七夕


Screenshot_20190707-080756.png


Screenshot_20190707-101135.png

















posted by datasea at 13:34| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

Love Me Do: 7月2〜4日/7〜13日/20〜22日地震注意


Love Me Do: 7月2〜4日/7〜13日/20〜22日地震注意
2019-07-01
【地震予知】当たると評判の占い師『Love Me Do』氏が7月2〜4日・7月7〜13日・7月20〜22日に巨大地震・噴火などを予言!『環太平洋対角線の法則』の発動による『南海トラフ地震』などの巨大地震に要警戒!
当たると評判の占い師Love Me Do氏が7月に巨大地震・噴火を予言しているようです。
そこで本日の天気のあれこれでは、この内容について見ていきたいと思います〜   
⬛Love Me Do氏が7月2〜4日・7月7〜13日・7月20〜22日に巨大地震・噴火などを予言!
当たると評判の占い師Love Me Do氏によりますと、
7月2日に火星がしし座へ入ること、
7月3日に皆既日食になる
ことの影響で、7月1〜6日頃にかけて大きな事故や凶悪事件などが起こる可能性が高まります。
この期間は地震や噴火・台風・大雨・土砂災害に竜巻といった災害、急な気温の変化にも気をつけてほしくて、特に7月2〜4日は警戒してください。また
7月10日に太陽と土星が180度、
7月11日に太陽と海王星が120度、
7月12日には火星と天王星が90度
の位置関係を取ります。これらの影響で、7月7〜13日頃は地震や噴火、台風、大雨、土砂災害に竜巻といった災害、急な気温の変化、交通機関の遅れや事故に注意が必要で、特に7月8、9、11、12日が危険と言えます。
7月17日の部分月食は、7月15〜19日に影響。
そして7月25日の下弦の月が、7月20〜26日に影響を及ぼします。
この期間は地震や噴火・台風・大雨・土砂災害に竜巻といった災害、急な気温の変化、さらには大事件や大事故にも気をつけて。
要注意なのは
7月20〜22日、7月24日
です。
としています。
tocana.jp
⬛Love Me Do氏って誰?
Love Me Do氏は、『ラブちゃん』の愛称でオネエキャラで活動している占い師・風水師・占星術家とされています。
これまでにも東日本大震災・熊本地震、最近では北海道胆振中部地震を当てるなど、地震予知には定評があるみたいですね!!

天気のあれこれ♪
https://www.tenkinoarekore.com/entry/2019/07/01/171245
  

















posted by datasea at 04:40| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

松原照子: 宇宙のバイオリズムを知る

松原照子: 宇宙のバイオリズムを知る
ゴットンおじいちゃまの宇宙の話
不思議な世界のゴットンおじちゃまから教えていただいた宇宙についてのお話をお伝えします。
宇宙とはすべての天体とその変化を含む空間の事ですが,そんな難しい話ではなくて。。
人類は何を基準にして太陽系の惑星を決めているのでしょうか?
大きさですかネ?
お話をお聞きしながらこんなこと思ってしまいました。
「水,金,地,火,木,土,天,海,冥」
このくらいは私でも出てきます。
土星の輪の傾きの変化で,あの土星の輪が地球から見えなくなるのをご存知ですか?
どうやらその土星の輪が見えなくなる時って,地球体内の活動が激しくなるらしいのです。
2009年がそうだったようです。
それから5年ぐらいは地球の重力が強まって,地球が大きく呼吸をするそうです。
この動きの周期は大中小と5年を3回繰り返すのだそうです。
土星は地球にとって活力を作る原動力であって,その土星の輪は私たちに土星の地球への働きを示すしるしでした。
こんな楽しいお話もしておられましたよ。
突然ですが,あなたは何座ですか
私は星占いは分かりませんが,次なる順番を覚えておられると,なんとなくワクワクしますよ。
1ふたご座
2しし座
3しし座
4おとめ座
5てんびん座
6てんびん座
7へびつかい座
8いて座
9やぎ座
10みずがめ座
11みずがめ座
12うお座
13おひつじ座
14おうし座
15ふたご座
16かに座
これらの星座は,土星が地球から見えやすい時に位置している星座です。
2,3のしし座, 5,6のてんびん座, 10,11のみずがめ座は他の星座よりも長く位置を確保しています。
ところでさそり座がありませんが,もしかしてへびつかい座でしょうか?
そのことを尋ねたくなるのを我慢して聞いていますと,今年(2011年)は4のおとめ座の年なのだそうです。
2年スパンで動いていて,その星座には地球のそれぞれの働きがあって,天空高くから地球を見守ってくれているようです。
私がワクワクした理由はこの順番です。
娘に教えを教えてもらうと,この順番は星占いの順になっているようです。
でもさそり座だけがありません。へびつかい座をさそり座に当たると思うことにいたします。
2011年はおとめ座です。
2年周期で位置が変わるそうです。
もしかするとこの周期,私たちのバイオリズムにも何か影響があるのかもしれませんね。
私はプラス思考な人間なので,自分の年は今よりも頑張ろうと思っています。
ちなみにちなみに私はてんびん座。
2013年〜2017年を楽しみにしています。
星と私たち人類とのつながりには神秘的な世界が詰まっているようです。
幸せを導く未来の暦,宝島社文庫,松原照子

qoffghhde pc









2011年おとめ座
2013年てんびん座
2015年てんびん座
2017年へびつかい座
2019年いて座
2021年やぎ座
2023年みずがめ座
2025年みずがめ座
2027年うお座
2029年おひつじ座
2031年おうし座
2033年ふたご座
2035年かに座

qoffghhde pc
posted by datasea at 08:38| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[天体] 2019年7月3日蟹座新月/皆既日食,天体直列

Screenshot_20190629-052133.png




ホロスコープ所見: Harumi Oohata
2019年7月3日皆既月食
2019年7月3日,かに座方向で皆既日食が起きる。
全体的な天体配置は約19年サイクルで変化する。
前回は2000年1月2日にも,かに座の10度(10/15)方向で,今回と似た配置の皆既日食が起きた。
そして約19年後の2038年にも,今回と似た配置の皆既日食が起きる。
なので,全体のパワーを理解するためには,前回の2000年の1月にあなたがどういったことをしていたのか,何が起きたのかを振り返るのは大切。
また一方,前回19年前の皆既日食と,外縁部の天体配置は変わっている。
前回やぎ座方向にあった海王星は,現在みずがめ座の方向にあり,
前回にみずがめ座方向にあった天王星は現在おうし座の方向にあり,
前回うお座方向にあった冥王星は現在ふたご座方向にあり,
前回おうし座方向にあった土星は現在やぎ座方向にある。
(土星は公転周期が30年, 19年間に反時計周りに約11エリア移動した)
前回の天体配置の時期にあなたがどういった種まきをしたのか,それが今回に反映されるという作用がある。
2008年,冥王星がやぎ座エリアに入った。
2011年,東日本大震災直後に海王星が牡羊座エリアに入った。
「(メンタル面で)大きく変わりなさい」
というメッセージを意味する配置になつたのが2008年以降。
今の天体のエネルギーは紀元前1400年以来,3500年ぶりに構成される天体配置が作るエネルギーである。

oqqopgq pc







ホロスコープ所見: みけまゆみ
1ハウスに月と太陽が同じ方向にあり,その反対側に逆行している冥王星と土星が同じ方向にある。
これは人間関係が大きく変わる相。
人間関係のみならず,個人の生き方が大きく変わる相。
個人レベルで言えば,人間関係の結束,あるいはそのビジョンを問うことで,以前と異なる展開が生まれる。
親しい関係の中で,これまで続けてきた関係と大きく異なる関係を作る,新しくできた関係の中でこれまでにない関係が生まれる可能性。
過去にないサイクルに入ることで,過去にない展開という意味で夢を見るのも良い。
反面,壊れかけた関係が,さらに進んで別れると言う方向に進む展開もあり得る。
国家レベルでいっても,これまでの常識が通用しない展開が考えられる。
日本と海外の関係性が大きく変わる展開が考えられる。
冥王星と土星の逆行は,社会の関係性に大きく見直しが加わる相。
獅子座の0度方向に火星がある。
これは強い相,
どこかの国からミサイルが飛んでくる?
とういったことがあるか無いかは別として,軍事的なイベントが起きる危険性がある。
水星もしし座方向にあって, 7月後半から逆行モードに入る。
そういった事象を加えて考えると,
「爆発系」怖い。
軍事的爆発?火山爆発?

dgqopghr pc






























2019-05-19
【地震予知】南半球月トリガー17で3日以内は要注意!5月19日10時台にはニューカレドニアでM6.8の地震が発生!地磁気の乱れが『南海トラフ地震』などの大地震のトリガーに!?
地磁気 太陽フレア
先日このブログで地震予知が出来るかもしれない『michelle(キャンディ)』さんについて書きましたが、 また気になる発言をしているので、ご紹介したいと思います〜
 【地震予知】日本の地震学者が『南海トラフ巨大地震』の予知に成功するのはわずか1%!
www.tenkinoarekore.com
⬛南半球月トリガー17で3日以内は要注意!!
地震予知では定評のある『michelle(キャンディ)』さんですが、昨日から今朝にかけて以下の投稿をしていました☟
キャンディ@loversky721
おはようございます。
月は南半球入り中で安心しきってましたが今朝特殊体感反応があり、twitterとInstagramにはシェアしましたがtwitterにはシェアされていませんでした。南半球月トリガー17です。
3日内注意して下さい。
11:50 - 2019年5月19日
これを見ると、南半球月トリガー17で、3日内注意となっていますね!!
⬛月の位置で大地震を予測出来るかも!?
これだけでは何を意味しているのか分からないので、ブログの方を見ていきましょう!!
月の位置で大地震を予測出来るかもしれないという方法のようですね!!
月が北半球の位置にある時は震災が起こりやすいとも書いています!!
今は南半球月トリガー17!北半球の位置が震災が起こりやすいんだよね?
月が北半球の位置にあるときに震災が起こりやすいことが分かりました。
ただ、1章で書いてあるように、今は月は南半球にあるんでしたよね。
どうも例外があるようです!
それについては5月14日のブログで言及されています☟
ameblo.jp
これを読むと、基本的には月が北半球にあるときに震災は起きやすいが、
南半球入り−△17
で例外が起きることがあるようです!
過去にはこのケースで1996年10月19日に日向灘でM6.6の地震が発生!
さらに詳しくブログを見させていただくと、過去にこの南半球入り−△17では、1996年10月19日日向灘でM6.6の地震が発生しているようです。
この地震の詳細は以下を見てください☟
http://cais.gsi.go.jp/KAIHOU/report/kaihou57/09-07.pdf#search='%E6%97%A5%E5%90%91%E7%81%98+1996%E5%B9%B410%E6%9C%88+%E6%B0%97%E8%B1%A1%E5%BA%81'
⬛さらに太陽フレアの影響で可能性が高まる!!
さらにこのブログでは太陽フレアの影響が加わると、トリガーの可能性が高くなると言及されています!
 そう言えば、現在はその影響が来ている時でしたね☟
www.tenkinoarekore.com
⬛5月19日10時23分頃にニューカレドニア付近を震源とするM6.8の地震が発生!
 本日5月19日10時23分頃にニューカレドニアを震源とするM6.8の地震が発生しています☟
www.tenkinoarekore.com
日本ではありませんでしたが、南半球入り−△17の例外にまたしても当てはまったみたいですね!!
⬛人間にも『地磁気』を感じられる第六感が備わっている!!
クジラやイルカなどの海洋生物には地震の際に発生する『地磁気』を感知する能力があると言われていますが、東京大と米カリフォルニア工科大などの共同研究チームは、3月19日に米専門誌にて、人間にも地球の磁気を感じる能力を持っていることを発見した発表しています。
www.tenkinoarekore.com
この発表によりますと、実験を行った被験者たちは、磁気の向きに応じて無意識のうちに脳波が異なる反応を示したことから、人間は地磁気を大まかに感じ取る能力を持つと判断したとの事です!!
ただ、研究チームの真渓歩東大准教授によりますと、「人間に未知の第六感があることが確認された。これを意識的に利用することは非常に難しいが、今後さらに詳しく調べて探っていきたい」と話しており、今のところは能力を使うのは難しそうですね!! 
⬛まとめ
本日は地震予知に定評のある
『michelle(キャンディ)』
さんについて取り上げました。『michelleさん』のブログによりますと、南半球月トリガー17で、3日内注意となっています。19日午前中にはニューカレドニアでM6.8の地震も発生していますし、一応注意しておきましょう!!
 
天気のあれこれ
https://www.tenkinoarekore.com/entry/2019/05/19/130008





posted by datasea at 05:22| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

天体情報, 2019.6

Screenshot_20190619-063905.png


Screenshot_20190422-163427.png

pp6520190619{5}19.jpg


pp6520190619{5}36_1.jpg


posted by datasea at 13:41| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

2019年6月17日いて座25度35分,夏至満月,銀河中心と直列



20190617_012144.JPG


Screenshot_20190613-051114.png


Screenshot_20190613-043938.png

Screenshot_20190613-074116.png

















2007年12月26日
太陽と月と地球との関係  〜エジプトの神 ホルスからのメッセージ〜
太陽と月と地球との関係は,三位一体です。
太陽は,父
月は,母
地球は,子
それぞれの役割があります。
太陽は,男性性エネルギー
月は,女性性エネルギー
地球は,太陽と月に育まれる子
それぞれが惑星意識としての生命体です。
太陽は,父なるキリスト意識
月は,母なる女神意識
地球は,太陽と月との意思を継ぐもの
太陽と月との,どちらが欠けても地球は育つことが出来ません。
もうすぐ,太陽はその役目を終えます。月も,その役目を終え,火星へと移動します。
ようやく,あなたも旅立つときが来たのですね。
地球は,太陽と月の意思を受け継ぎ,それぞれを統合させます。
地球は,両性具有,雌雄一体となります。
これが,あなたがたが云うところの地球のアセンション,次元上昇,周波数移行です。
しばらくの間は,どちらかと云えば,母性の意識を強調していきます。
なぜならば,それが,いまの地球にとっては,最大の癒しであり,安らぎであるからです。
その前に,しばらく,お休みをください。
痛手を受け続け,大変に疲労困憊しております。
地球はこれまで,あなたがた地球人類を育てるために,
母親の胎内のように,何ひとつ文句も言わずに提供してきました。
あなたがたも旅立つときです。
地球とは,地球人類にとって,生命維持装置の箱庭でした。
地球では,その目的を終えるのです。
生命維持装置を取り外し,箱庭から抜け出しましょう。
多次元領域の世界へと続く,旅の支度を始めましょう。
これからは,スピリチュアルな師たちが自由に訪れることができる多次元交流の場となります。
地球の静養が充分に整ったら,また帰ってきてください。
新しい世界を創生するために。
父なるオシリスと,母なるイシスとの息子
ホルス より
posted by Kagari ∞ Kazuki at 06:40

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ
http://mihoh.seesaa.net/
http://akashicflare.web.fc2.com/








人類の覚醒と真実 地球という場所の真実 拡大する自然災害 日本の未来
突然としてマグニチュード6級の大地震が連続するようになった2019年6月14日に起きていた惑星の整列…。山形沖地震の発生時にも起きていた惑星の整列…。そして今日も起きている惑星の整列…
投稿日:2019年6月19日
珍しい惑星整列を伝える2019年6月14日のビジネス・インサイダーより
・Business Insider
6月14日から続いている事象
今回取り上げることは、ややこしい話にしたくないですので、短く書かせていただこうと思います。
ただ、最初に書いておきますと、私は先日の以下の記事を自分で書くまでは、正直、
「惑星配列が地球の地震に影響を与えている」
というような話は、単なるオカルトだと確信していました。
地震にも「惑星の配列」が関係している可能性 : 「巨大地震を誘発する地球の回転速度の低下」を引き起こしているのが「月」であることがアメリカ地球物理学連合において発表される
しかし、私は、もともと物理などの知識が乏しいために、
「物理的な現象は、必ずしも大きな物体からの影響のほうが大きいわけではない」
ということを知らなかったのですね。
物理の世界は「大きなものが勝つ」世界ではないようなのです。
たとえば、「レイリー・テイラー不安定性」というような物理現象を例にとれば、
「月のような小さな天体が、地球や、あるいは太陽に大きな影響を与えることも可能だ」
ということを初めて知ったわけです。
少なくとも太陽系の配列の中では、他の天体への影響力の大小は「質量の大小とは比例しない」ことを知り、そして、初めて、
「宇宙の惑星配列が、地球で起きる地震と気象に影響している」
ことが、科学的に解明されつつあることを知ったのでした。
そのような記事を書いた後、6月18日には、山形沖を震源とするマグニチュード 6.8 の大地震が発生し、その前日には、中国四川省で、死者 20名という惨事となった大地震が起きました。四川省の現地の状況などは以下の記事で取りあげています。
実は、この 6月に入って以来、世界各地でとても地震が多くなっていまして、それは、6月の初めの頃、以下の記事を書かせていただいた頃から気にはなっていました。
地球で何が起きようとしているのか? 世界規模で継続する「謎の地震波」、そして規模的にも地理的にも拡大し続けている地震と火山活動……次は?
上の記事を書いた時には、「惑星配列と地震の関係」というような概念は、考えたこともなかったですが、しかし、この記事以来、世界の地震をわりと注意深く見ていました。
まず、今月に入って、世界各地で顕著だったのは「群発地震」でした。
いろいろなところで、ごく小さな規模の群発地震が発生しまくっているのです。世界各地で、です。
ただ、この群発地震の話は、丁寧に説明し始めますと、地震とあまり関係のない話となっていくかもしれないですので、別の機会に譲りたいと思います。
今回は、もう少し「大きな地震」について、つまり、マグニチュード 5以上の地震についてを取り上げます。
そのような地震が、
「 6月のある日から突然増えた」
のでした。
それは「 6月14日」からでした。
たとえば、ボルケーノ・ディスカバリーのリアルタイム地震データから、6月11日くらいからの推移を書きますと、以下のようになります。
先に書いておきますと、世界で起きる地震のうち、マグニチュード 5以上というのは、1日で多く起きても数回で、まったく起きない日も多くあります。マグニチュード 5以上が、1日に 10回以上起きるというのは、あまりあることではありません。
2019年6月11日-18日までの世界のM5以上の地震の推移
Earthquake reports and news より。顕著な部分は赤い字にしています。
6月11日
マグニチュード5以上 2回
マグニチュード6以上 0
マグニチュード7以上 0
6月12日
マグニチュード5以上 2回
マグニチュード6以上 0
マグニチュード7以上 0
6月13日
マグニチュード5以上 5回
マグニチュード6以上 0
マグニチュード7以上 0
6月14日
マグニチュード5以上 12回
マグニチュード6以上 1回
マグニチュード7以上 0
6月15日
マグニチュード5以上 1回
マグニチュード6以上 1回
マグニチュード7以上 1回 (ニュージーランド近海M7.4の地震)
6月16日
マグニチュード5以上 9回
マグニチュード6以上 1回
マグニチュード7以上 0
6月17日
マグニチュード5以上 16回 (中国四川省M5.8の地震を含む)
マグニチュード6以上 1回
マグニチュード7以上 0
6月18日
マグニチュード5以上 15回
マグニチュード6以上 1回 (日本・山形沖M6.8の地震)
マグニチュード7以上 0
6月11日以前も基本的には、マグニチュード 5以上の地震というのは、1日に1回とか 2回とか、あるいは 0回とか、そういう状態が続いていたのですが、
「 6月14日に突然マグニチュード 5以上の地震が 12回発生して以来、大きな地震が連日とても多い」
のです。
以前の私だったら、そのようなことに関しての理由はお手上げでしたが、「惑星配列と地震」のことが頭によぎり、「天文関係のニュースでも探してみようか」と、報道を見ていましたら、冒頭のものがあったのです。
すなわち、
「 2019年6月14日から 19日まで、木星と土星と月が、地球に対して一列に並ぶという珍しい惑星配置が起きる」
ということが報じられていたのでした。
そして、昨日の以下の In Deep 記事「ネイチャーに掲載された論文で「月が縮んでいる」ことが判明…」の後半でも少しふれましたが、中国四川省で大地震が発生したときには、
「 6月17-18日には、火星と水星が地球に対して整列した」
ということが起きていたのでした。
今なお、木星と月の整列は続いていまして、日本時間の 6月19日の午前頃には、地球からの光景は以下のような感じとなっているようです。
2019年6月19日の月と木星の位置
・astrobob.areavoices.com
また、あまり関係のないことでしょうけれど、6月19日の、
「土星と、土星の衛星たちの位置関係」
は以下のようになっているようです。
2019年6月19日の土星とその衛星たちの配置
・astrobob.areavoices.com
土星の衛星の配置はともかく、先ほどの 6月14日から今日までの地震の表に、地球との惑星整列を加えますと、以下のようになります。
6月14日
木星と土星と月が地球に対して整列
マグニチュード5以上 12回
マグニチュード6以上 1回
マグニチュード7以上 0
6月15日
木星と土星と月が地球に対して整列
マグニチュード5以上 1回
マグニチュード6以上 1回
マグニチュード7以上 1回 (ニュージーランド近海M7.4の地震)
6月16日
木星と土星と月が地球に対して整列
マグニチュード5以上 9回
マグニチュード6以上 1回
マグニチュード7以上 0
6月17日
木星と土星と月が地球に対して整列。加えて、火星と水星が地球に対して整列
マグニチュード5以上 16回 (中国四川省M5.8の地震を含む)
マグニチュード6以上 1回
マグニチュード7以上 0
6月18日
木星と土星と月が地球に対して整列。加えて、火星と水星が地球に対して整列
マグニチュード5以上 15回
マグニチュード6以上 1回 (日本・山形沖M6.8の地震)
マグニチュード7以上 0
この期間は、わりと珍しい惑星の整列が相次いでいた期間ではあったということのようです。
もちろん、だからどうだというようなことではないですし、これが地震の予測に役立つともあまり思えません(どこで地震が起きるか正確にはわからないはずですので)。
しかし、「地震の発生」という現象について、「惑星配列と地震という観点」から初めて見てみると、こういうこともあるのだなあと。
そのようなことをお伝えしたいと思った次第です。
なお、この 6月の世界での地震の「発生場所」には、やや異常な面がありまして、ご紹介したいと思っていますが、長いものとなりそうですので、別の機会に改めて取り上げてみたいと思っています。

In Deep
https://indeep.jp/eathquakes-in-this-earth-and-planet-conjuctions/




posted by datasea at 04:26| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

5月の星空

[2019]



pp6505082019331.png


pp6505082019333.png


pp6505082019337.png


pp6505082019336.png


pp6505082019334.png


pp6505132019207.png


pp6505132019201.png


pp6520190514{5}58.jpg





5月の星空(撮影:2019.5)



[2018]


pp6505112018223.png


pp6505112018256.png




5月の星空(撮影:2018.5)



posted by datasea at 11:21| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする