2014年04月29日

予知情報:三輪山の巫女

2014.4.29
奈良県 大神神社 狭井神社 三輪山の巫女です
この世界をお創りになった神様のご経綸
聖書のヨハネの黙示録にあります「最後の審判」を越えて
私たちの魂が「ミロクの世(永遠の神の国)」へ行くまで 時間がありません
私は祈るお役目、そしてつなぐお役目です 
魂を磨くためにこの世界に降ろされ 輪廻転生を繰り返して来ましたが 
この仕組みが終わる 最後の時が来ました
永遠の魂を与えられるか、滅びる魂となるか神の審判が下されます
ひふみともこさんに 天津神より人の生きる意味、やるべきこと
この世界の最期の迎え方についてたくさんの言葉が下ろされていますので
その著書の中から神のお言葉をお伝えさせていただきます
神から人への最期の神示が日本に下ろされたこと、
私たちが 日本に生まれたこと(魂が降ろされたこと)には意味があります
神の光が宿る日本の言霊の波動は 世界を浄める力があります  
大切な時間とたくさんの恵みを与えてくださった神様に 
    感謝の祈りを捧げ この世を祓い浄めてください 
たくさんの人がミロクの世へ進めるようお手伝いをしてください
どうか残り少ない時間を大切な人と穏やかに過ごせますように

真理の御霊 (三輪山より)
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/






2014.4.29
神から人へは悲しみばかり、嘆きばかりの募りぬるかな。
何を伝えど、広がらず。何を教えど広がらず。
そなた一人の霊行ならぬぞ。人に広めてこそ霊行。
そなた一人の昇華のために、神の教える真理になければ。
なれば、急ぎて伝え広げよ。努力惜しまず、時間を惜しめよ。猶予の期限も近づきぬるを。
地球の危機を救えよ、人よ。
人の全ての改心。神への感謝の復活を。神に捧げよ、真の帰依を。与えし生の全てを返せよ。
生ある限り、神に仕えよ。命の全てを神に捧げよ。神の与えし生なれば、神に返すも理ならん。
その時浄めて、元のまま、無垢なる魂、神に示せよ。
これより後の立て替え直しも、次元を高めるためなれば。
まずは最も大きな原因、そが心なり、魂ならずや。
人の我欲が全ての根本。人の欲望、限りなし。
人より己を富ませたし。人より多くを手に入れたし。
人よりえらく、人より強く、人を支配し、束縛したし。
さなる欲望、発達しぬれば、やがては戦争、権力闘争。人を支配す王座を争い、
    豊かな恵みを奪い合い。
なれば、この世にあふるる恵みも、一部の人間独占せり。
貨幣を発明、流通させて、貨幣が全ての基準となり果つ。
人は生まれて死ぬまでに、いかほどあらば生きられようか。
一生使いて余れる程の、自然を神は与えたり。
なれど、強欲、貪欲なるかな。
無残に荒廃、破壊され、再生危うし。絶滅近し。
無限の慈愛を浪費して、枯渇寸前、不毛の大地よ。
神の嘆きもむべならざるや。
人が自然と調和して、動植物と共存せんよう、神の創りし地球、宇宙よ。
なれどかくまで疲弊しぬれば、地球は最期を自ら招かん。
人の罪なり。積年の罪。禊ぎきれざる永年の罪。
人の我欲の結果なれば、神も救えぬ、悲しき最期よ。
なれど、一部の目覚めし者が、今この時の危急に気付き、人類全ての救済賭けなば、
神は歓び全てを許さん。人の愛しき努力と献身。
一人の努力は小さかるとも、やがては広がり、地球を救わん。
なれば、神は望みを捨てず、一部なれども、全てに等しき。
一人たるとも、最期まで、見守り、力を、光を与えん。
心ある者、悟りし者よ。今は少なく、困難なれど、
今の努力が礎となり、必ず地球は甦らん。
夢を捨てるな。失うなかれ。諦めしときに、全ては終わらん。
神の願いを最期まで、忘れるなかれよ。叶えてくれよ。
日々に終りは近づきぬれば、全力尽くして、捧げてくれよ。
人の誠を、献身を、神は望まん、最期の時まで。
さにて本日伝えぬること、よくかみしめて、納めてくれよ。
今の事態の根源を、今正さずは、全て消えなん。
そは心なり。忘れるなかれよ。さにて。

真理の御霊 (三輪山より)
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/diary/201404280004/

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/395856551.html





最期の機会を逃すな。人よ。
2014年04月29日
それが地球の状態なのだよ。と。
> 今日配信見そびれました( ノω-、)みましたか?
疲れてぐっすり眠って仕舞いました。配信してたのかな?
今日の大和の結びで、風向きが変わればよいのですが。。。 古代大和の国、ほんとうの大和の国を封印していたものを破ったワケですけれども。奇しくも昭和節。
http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/blog-entry-2155.html
これで本来の調和・和合の大和の国が顕現されてくれればよいのですけれども。私のウケでは、まだまだ、今の時点ではダメです。このままでは秋には終わるでしょう。人類は。
私の身体はかなり不調です。これで良くなるかなと思ったら、また・・、それを繰り返しています。
これはもたん。死ぬだろうと思います。なんなんだ、これは? それが地球の状態なのだよ。と。
まさか、これほど酷いとは・・・
石鎚山登拝を予定を早めて5月に行うつもりですが、この体力では生きて戻れるか、それどころか、お山を登れるのかさえ不安です。それでも、まだ、あきらめないバカ。沖縄の大将もまだあきらめない。神々様と喧嘩しながら御神事しています。
ほとんど皆さん、あきらめちゃっているのでしょうけど。あきらめたら、ほんとにおわりです。一縷の望みを、僅かに、沖縄の大国ミロク大社の大神様が、指し示して下さっています。だから、あきらめない。
この世の地球の立て直し、立て分けの時のその日は突然に訪れるにあらず。
今この時も、立て替え立て分け作業は進みゆかん。
なれば、この世に生かさるる者すべての者が浄化必要ならん。
このままにては地球も人類も滅びるをなぜに悟らぬ。なぜに気づかぬや。
循環乱し地軸狂わば、宇宙そのものに危機訪れん。
地軸を戻し、穢れる地も海も川も、1つの汚れも残らぬほどに清めらば、相応の反動おこらん。そは致し方なし。
次の地球は次元高まり、今の人類の魂にては住むことはできぬ。
それゆえ、神は一人でも多くの魂救いたしと何度も何度も警鐘を鳴らし続けらるるものなり。

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示
http://696.kibanamano.net/archives/52196831.html

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/394226638.html






2014.3.28
地球の波動、次元が高まるれば、今のままなれば生きられぬ魂、多きなり。
なれば、今急ぐべきは人々の魂磨きなり。
人よ。道を過つなかれ。
神はひたすら人の気付きを望まるる。

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示
http://696.kibanamano.net/archives/52197103.html

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/394226638.html




2014.3.28
自然を恐れぬ傲慢さ。自然を破壊し穢しぬれば、必ず自然の反撃を受けることとならん。
神の御意図とは、宇宙の法則、原因結果の法則ならん。
自然の猛威には人間の力にては立ち向かえぬ。
人間も自然のその一部。
宇宙の摂理を蔑ろにしたる文明はいずれ滅びん。
なれば、一人一人が己の生き方を見つめ直し改めねばならぬ。
今、自然と調和する生き方、文明こそ望まるる。

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示
http://696.kibanamano.net/archives/52197473.html

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/394226638.html




便利なるものを求めるあまり、あってはならぬものも作りだす。
子は自然に触れる機会無くゲームに夢中、住まいも大地から離れし高き場所に暮らし、このままにては人間らしさ失わるるばかりなり。
食の安全は無視され、添加物にまみれし食材を電子レンジにて調理せば、宇宙の氣得られぬ。
今の世は日本人気質を支える米にすらアレルギー持つ者ありなん。
さなる世を神は憂いてこの世を揺さぶり正さるる日は近きなり。
何事も過ぎたれば毒とならん。そは文明も同様なり。
人が生み出したる文明は侵してはならぬ領域に踏み込みて、人自らの首を絞めんとす。

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示
http://696.kibanamano.net/archives/52197994.html

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/394226638.html






今人類は崖っぷちに立たさるる。
現代人の魂は、これまでのどの時代の人間のものよりも曇り穢れ、今のままなれば破滅は避けられぬ。
神は人と地球を本来あるべき姿に戻さんがため、立て分けを決断さるる。
その決断、いかに苦渋に満ちたるや人には想像できまい。
気が遠くなるような長き時、神は人に警告を発し続けられたり。
気付きある人間が神の下に集い、人の手でこの世を立て直すを望まるるゆえなり。
立て替え立て直しは、この世の毒無くなるまで続く。人の気付き無くばその現象は強くなるばかりなり。

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示
http://696.kibanamano.net/archives/52197994.html

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/394226638.html




posted by datasea at 22:24| Comment(0) | % 木花咲耶姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

予知情報:木花咲耶姫

2014年04月09日
このままにては地球も人類も滅びるを なぜに悟らぬ。なぜに気づかぬや。

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/394226638.html




この世の地球の立て直し、立て分けの時のその日は突然に訪れるにあらず。
今この時も、立て替え立て分け作業は進みゆかん。
なれば、この世に生かさるる者すべての者が浄化必要ならん。
このままにては地球も人類も滅びるをなぜに悟らぬ。なぜに気づかぬや。
循環乱し地軸狂わば、宇宙そのものに危機訪れん。
地軸を戻し、穢れる地も海も川も、1つの汚れも残らぬほどに清めらば、相応の反動おこらん。そは致し方なし。
次の地球は次元高まり、今の人類の魂にては住むことはできぬ。
それゆえ、神は一人でも多くの魂救いたしと何度も何度も警鐘を鳴らし続けらるるものなり。

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示
http://696.kibanamano.net/archives/52196831.html

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/394226638.html







地球の波動、次元が高まるれば、今のままなれば生きられぬ魂、多きなり。
なれば、今急ぐべきは人々の魂磨きなり。
人よ。道を過つなかれ。
神はひたすら人の気付きを望まるる。

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示
http://696.kibanamano.net/archives/52197103.html

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/394226638.html



自然を恐れぬ傲慢さ。自然を破壊し穢しぬれば、必ず自然の反撃を受けることとならん。
神の御意図とは、宇宙の法則、原因結果の法則ならん。
自然の猛威には人間の力にては立ち向かえぬ。
人間も自然のその一部。
宇宙の摂理を蔑ろにしたる文明はいずれ滅びん。
なれば、一人一人が己の生き方を見つめ直し改めねばならぬ。
今、自然と調和する生き方、文明こそ望まるる。

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示
http://696.kibanamano.net/archives/52197473.html

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/394226638.html




便利なるものを求めるあまり、あってはならぬものも作りだす。
子は自然に触れる機会無くゲームに夢中、住まいも大地から離れし高き場所に暮らし、このままにては人間らしさ失わるるばかりなり。
食の安全は無視され、添加物にまみれし食材を電子レンジにて調理せば、宇宙の氣得られぬ。
今の世は日本人気質を支える米にすらアレルギー持つ者ありなん。
さなる世を神は憂いてこの世を揺さぶり正さるる日は近きなり。
何事も過ぎたれば毒とならん。そは文明も同様なり。
人が生み出したる文明は侵してはならぬ領域に踏み込みて、人自らの首を絞めんとす。

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示
http://696.kibanamano.net/archives/52197994.html

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/394226638.html






今人類は崖っぷちに立たさるる。
現代人の魂は、これまでのどの時代の人間のものよりも曇り穢れ、今のままなれば破滅は避けられぬ。
神は人と地球を本来あるべき姿に戻さんがため、立て分けを決断さるる。
その決断、いかに苦渋に満ちたるや人には想像できまい。
気が遠くなるような長き時、神は人に警告を発し続けられたり。
気付きある人間が神の下に集い、人の手でこの世を立て直すを望まるるゆえなり。
立て替え立て直しは、この世の毒無くなるまで続く。人の気付き無くばその現象は強くなるばかりなり。

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示
http://696.kibanamano.net/archives/52197994.html

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/394226638.html






この世激しく荒ぶる時、人はなぜにさなる現象起こるや、考えねばならぬ。
その因を悟るべし。大元の因はなんぞや。そを悟らば気づきも訪れんとす。
さらに今大切なるは人と人との関係を修復することならん。
今の世の希薄なる人間関係を見なおさねばならぬ。心通わせ手と手を取り生きるがよし。
この世から毒という毒、人の命と魂を脅かすものの全てを人自ら立て分けるを神は望まん。
それには全ての人が手を繋がねばならぬ。
そもそも人は一人では生きられぬ。
本来人は人を助け生きんとするものなり。眠れる本能呼び覚ますべけれ。

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示
http://696.kibanamano.net/archives/52197994.html

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/394226638.html





人は今 大切なる世の中の流れを 見失おうとしている
しかしながらそれでも人々は その 失いそうになっていることすらも 気付かぬ者が数多くありゆく
何故なのだ 何故それほどまでに 自らの未来を見ることに 難しさを感じているのか
なぜ自らの歩みを見失うことを わからずにいるのか 
人は どのようにして進みゆこうとしているのか どこへ 参ろうとしているのか
どうか 気付いて欲しい 
人が今 どれだけ どれ程までに 危うき道に 進みゆこうとしているのか 危うき道にあるのかを
どうか 気付かずに 進もうとしている その足元を どうか気付いて欲しいのである 

こころのかけはし祈りの和
http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/blog-entry-2140.html

さうさう

http://takehariy.seesaa.net/article/394226638.html




人よ気付けよ。目を開けよ。目前にある危機の時を。
ただ何もせで果ててゆくや。
それとも一人努力して、救わる道を探るのか。
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/diary/201404090002/
真の勝者は昇華のみ。この世の勝者は敗者なり。
魂汚して救われず、気づかぬままに、あの世に戻らん。
なれば、地上の現界の、諸悪の根源、根幹は、自ずと明瞭、明白ならずや。
己の心の我欲を捨てて、真の正しき基準を持ちて、神の前にて恥ずることなく、真摯に生きる姿のみ。
さなくば、いずれは終わりを迎えん。
“人々が課題に取り組む姿を 神々は みておる
その期限 感じるものは 課題見つけよ そして取り組め”
“こねてこねて 創造しゆけ”

水のしずく☆
http://mizunohosi33.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-cab1.html

さうさう

http://takehariy.seesaa.net/article/394226638.html
http://takehariy.seesaa.net/article/394226638.html






posted by datasea at 01:22| Comment(0) | % 木花咲耶姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

予知情報

2013年12月17日
命をないがしろにする文明は文明にあらず。
2013年12月16日 最も大きな罪
http://696.kibanamano.net/archives/52190614.html
人は人が犯したる最も大きな罪にまだきづかぬ。
人間として肉体を与えられた以上最も大切なるは命ならん、命なくば魂もみがけぬ。
なれどその生命脅かすあってはならぬたくさんのものをつくりだしたり。
己に害およばずば利を求めんとす。
命をないがしろにする文明は文明にあらず。
今この世には命を危険にさらすもの多かりなん。
今の世、日本独特の風流さは失われ、安全にて愛あるものより、便利にて手のかからぬものを求める。
なれどもうきづかねばならぬ
便利さを求め、安全を捨て去り、正しき食を捨て去り、事故や病を引き寄せ、
このままにては人は自滅の道を進むばかりなり。
いかに強き運ありとて環境汚染され、正しき食もせずば運は生かされぬ。
立て替え立て直しは宇宙の意志なり。
神は早く気付けよと何度も伝えん。なれど、人はあれほどの震災を経験してもまだ気づかぬか。
便利さは逆に不便利となることを気付かさるる時が必ずやってこようぞ。
神の呼び掛けを無駄にするなかれよ。

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示
http://696.kibanamano.net/

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/382863087.html



2007年04月25日 立て替え立て直しとは
http://696.kibanamano.net/archives/50804378.html
立て替え立て直しとは、人の穢れてしまった魂を元の清らかな魂に戻そうという
宇宙の自浄作用のようなものです。この作用は今正に進んでおり、重要な局面を迎えています。人も毒素を溜めたり、悪い因があると病気という形で表れたしますが、それと同じで立て替え立て直しにおいても悪い物はどんどん表面化し、浄化が進んでいきます。現象は、悪意ある様々な嘘の発覚、事件、事故、災害などに及びます。これが膿だしです。この現象は、2007年8年9年と進むにつれ顕著になっていきます。
勘違いしてはいけないのが、本質的には立て替え立て直しは神々が起しているものではないと言うことです。因は汚れてしまった人の魂にあります。
太古の昔から、日本や世界、地球を守護されている神々は、できるだけ大難を小難にできるようお働きになられている事を忘れないで下さい。人がこのままの状態で魂を穢し続けていくならば、そんなに遠くない将来に人類は破滅へ向うことになるそうです。立て替え立て直しはそのような事にならないため人に与えられた最後のチャンスであることを理解し、浄化に努めていただきたいと思います。
しばらくは苦しい時代が続きますが、日本人が先頭に立ち魂を磨き、世界を平和に導いていくことを神様は望んでいます。

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/382863087.html





2007年04月26日 魂を磨くこと
http://696.kibanamano.net/archives/50804941.html
人が魂を磨くことで、立て替え立て直しを成功させる事ができます。
今現在、人が抱えている問題は上げればキリがないほどありますが、個人レベルで特に重要な事は、言霊に気を付けること、食を見直すこと、自分の欠点と向き合って克服する努力をすることなどです。魂の浄化を進めていくにあたっては、何も特別な修行をする必要はありません。たとえば、滝行などは身体頑健な方がするには良い部分もあると思いますが、そうでなければ身体を冷やしてしまい、かえってマイナスエネルギーを呼び込む結果となりかねません。
それよりも、日常生活の中で良いエネルギーを取り込む努力をすることが大切です。
自分自身を浄化する努力をし、そして家族を浄化に導く努力をし、さらに周囲の人々、世界中の人々へと良いエネルギーを伝播させていくことが今、人に求められています。家庭内においては、先祖供養を怠らないこと、父母、義父母を敬い過ごすことを忘れてはいけません。人は親を選び、生まれてきます。自分で選んでおきながら蔑ろにすることがあってはいけません。
義父母についても同じことです。女性の場合は特に、その家を選び嫁いで相手方の家の姓を名乗るのですから、この事はよくよく肝に銘じておいてください。嫁ぎ先の先祖代々受け継がれている縦の流れに自分も入ることの意味を現代人は忘れてしまっています。嫁ぐのであれば、義父母が本当の両親、その家系のご先祖様が自分のご先祖様と思えなければうまく行くはずがありません。表面上うまくいっていたとしても、何らかの障害が表れることになります。自分の家系を大切にしてくれない嫁を、家系の守護者様はどう思われるか。逆の立場に立ってみれば良くわかるはずです。結婚は個人同士のものと言う戦後の感覚はそろそろ改めなければなりません。
神様は今の時代、女性に大変期待しています。
神様は「家庭を正せよ。今は女性が家族を浄化に導く時ぞ」と繰り返し仰っています。女性が女性の持つ本来の役割を思い出し、家族を浄化に導き、本当の意味で調和のとれた夫婦、家庭が増えることは、立て替え立て直しにおいても重要な意味を持っているのです。女性でなければできないのです。

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示
http://696.kibanamano.net/

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/382863087.html





2007年04月26日 神とは
http://696.kibanamano.net/archives/50805076.html
神と一言で申しましても、私たちの遠い祖先である人格神や、宇宙の神様がいらっしゃいます。
そして宇宙の根源、大本の神様をスの神様と呼びます。

木花咲耶姫様は人格神で、実在の人物の霊が神様としてお働きになられています。
人格神にとってスの神様はやはり神様ですから、
神示の中で「神」と記載されている場合、スの神様のことを差している場合が多いです。
一つ神様に対する誤解を解いておきたいのですが、神様は願いを叶える何でも屋さんではありません。神様が人に対して導きをする時はルールがあるそうです。いちいち人の願いを叶えていたのでは、魂を磨くと言う目的が果たされませんし、人という存在がある意味がありません。特に我欲にまみれた願いなど絶対に聞いて下さるはずがありません。
神様は常に何らかの信号を人に送って下さっています。その信号を受け取ることができるかどうかは、人にかかっています。魂を磨けば磨くほど、その信号を受け取る感度が増していきます。結果的に願いが叶うと言うこともあるでしょうし、また別の道を見つけることもできるかもしれません。しかし、その人の力ではどうしようも解決がつかない時、追いつめられた時、神様は奇跡を見せて下さることがあります。神様はいとも簡単に奇跡を起こせるものだと人は思ってしまいがちですが、そうではありません。神様には神様の苦労があり、悲しみがあるそうです。その思いの深さは人には想像できないかもしれませんが、少しでも思いを馳せ、感謝を込めて、神社や神棚にて感謝を捧げてください。神棚は頂いてきたお札の神社への遙拝所のようなものなので、できれば極力神社にも足を運んで欲しいそうです。その方が良いエネルギーを人に与えることができるそうです。
2013年12月17日
http://696.kibanamano.net/archives/52190676.html
神社に詣れよ。神社にて神と繋がり、地球と繋がり、宇宙と繋がり、生かされしことへの感謝、他者の繁栄、宇宙の繁栄を祈るがよからん。産土を大切にし、さにて心惹かれる清らかな場所にでかけるがよし。目に見えぬものを大切にする意志が、己の加護とならん。

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示
http://696.kibanamano.net/

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/382863087.html
posted by datasea at 21:52| Comment(0) | % 木花咲耶姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする