2019年11月04日

福田元昭: 11月3日巨大地震ちゅうい!〜福田元昭のdeepな陰謀論


EIUBGMUXsAAVq9y.jpg





福田元昭: 11月3日巨大地震ちゅうい!〜福田元昭のdeepな陰謀論
2019年11月3日 駿河トラフ巨大地震 核爆弾を使った偽旗攻撃
福田元昭の「桜の木になろう」
deepな陰謀論の世界へinvitation! マスコミが報道しない話題を中心に驚愕の真実を暴露! 75億人以上の地球人全員が幸福に生きる事ができる地球を形成する為に、微力ながら努力していきます!

福田元昭の「桜の木になろう」
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-2780.html

世界と日本の真実 世界と日本の裏! 
https://ameblo.jp/kissy-seed/entry-12541396675.html





2019年11月3日 駿河トラフ巨大地震 核爆弾を使った偽旗攻撃 PART1
2019 13:30
(1)「2296.沼津市特に内浦方面は支配層に巣食われた恐ろしい場所」への匿名さんのコメント
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-2768.html#comment5651
匿名 #-
★No title
「地震」関連のTwitter情報ですが、Yasu@usedchipさんのTwitter記事上に「駿河トラフ」関連の地震情報が掲載されておりました。記事には、「…起爆弾を仕込んで11/3ですか?大瀬崎沖で内浦重須に旧海軍の火薬庫から資材を仕込んで…」というお話が出ております。11月3日は3月11日の読み替えにもなりますので、念のため今日は注意をした方が良いかもしれません。
2019/11/02 (Sat) 12:09 | URL | 編集 | 返信
(2)日本列島が割れてしまう
Yasu‏ @usedchip
地球号の居る海底は
http://www.pref.shizuoka.jp/kensetsu/ke-410/surugabay/quickguide.html … https://twitter.com/JunSakura_Japan/status/1190189020870926338 
https://twitter.com/usedchip/status/1190264306522214400
↑Yasu‏ @usedchip フィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界である駿河トラフです。いじってますね、起爆弾を仕込んで11/3ですか? カバルはxx時:46分が好きですから。大瀬崎沖で内浦重須に旧海軍の火薬庫から資材を仕込んで・・・
http://yumigundan.web.fc2.com/numazu.htm
https://twitter.com/usedchip/status/1190268928204795904
↑Ryo Menami‏ @MenamiRyo ヤバイですね。
https://twitter.com/MenamiRyo/status/1190283137701408768
↑Yasu‏ @usedchip そこね、ホッサマグナ
https://kotobank.jp/word/%E7%B3%B8%E9%AD%9A%E5%B7%9D%E9%9D%99%E5%B2%A1%E6%A7%8B%E9%80%A0%E7%B7%9A-434813 
糸魚川静岡構造線で日本列島が割れてしまう。触るとヤバイところ。
https://twitter.com/usedchip/status/1190284664637771782
(3)フォッサマグナの範囲
フォッサマグナの範囲は、(2)の画像が範囲であるとする説がありますが、私はこの説を支持していません。この説ですと、フォッサマグナの東縁は小諸〜甲府〜相模湖を結ぶ線となります。私が支持している説のフォッサマグナの東縁は、新発田小出構造線及び柏崎千葉構造線です。wikiで採用している説です。
(4)口封じの歴史・高天原山事変374 フォッサマグナの範囲は、時空の歪みが起きやすいエリア
フォッサマグナの範囲は、「1600.日本版エリア51 十石峠地下施設 PART3」などに書いた通り、時空の歪みが起きやすいエリアです。123便が飛行したルートのほとんどはこのエリア内です。
「1684.フォッサマグナエリア=ワープエリア<竹中平蔵を批判すると殺されるかもしれないと恐れているのです。>」などに書いた通り、フォッサマグナエリア=ワープエリアです。123便はこのエリア内で何回もワープしました。123便の公式の飛行ルート以外のエリアに123便の目撃証言が多い理由が123便のワープです。
(5)多くをユダ金<ハザール、カバール>のせいにする方々
>カバルはxx時:46分が好きですから。
 Yasuさんも多くをユダ金<ハザール、カバール>のせいにする方々の一人の様です。
921.人工地震を起こしているのはユダヤ人だけか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1200.html
 「2307.2019年11月3日 駿河トラフ巨大地震 核爆弾を使った偽旗攻撃 PART2」へ続きます。

福田元昭の「桜の木になろう」
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-2780.html

世界と日本の真実 世界と日本の裏! 
https://ameblo.jp/kissy-seed/entry-12541396675.html

















2019年11月3日 駿河トラフ巨大地震 核爆弾を使った偽旗攻撃 PART2
03  2019 19:00
↑画像 2019年公共交通機関利用促進キャンペーン・鉄道49 静岡県静岡市葵区黒金町 東海旅客鉄道(JR東海)・東海道新幹線&東海道本線 静岡駅前 静岡朝日テレビ・広瀬麻知子アナウンサー 乃木坂46の深川麻衣 出典はこちら
(1)静岡駅
「2306.2019年11月3日 駿河トラフ巨大地震 核爆弾を使った偽旗攻撃 PART1」の続きです。今回の冒頭の写真の撮影現場は、静岡県静岡市にある静岡駅前です。もちろんタイトルの一部の「駿河トラフ巨大地震」に合わせて、この写真を選びました。
冒頭の写真に写っている広瀬麻知子アナウンサーは、千葉県我孫子市出身で、夫はプロサッカー選手の河井陽介です。アナウンサーや教師の中には、たまたまそこに合格し採用されたから、故郷を離れてそこの住民になったという方が結構います。
静岡駅は何回も利用しています。最初に静岡駅の改札を出たのは1980年秋でした。アナウンサー試験の受験仲間と東京から新幹線で訪れました。アナウンサー志望だった事は、「1168.邪気まみれの寺社が多い!」<拍手+いいね=47>に書きました。
(2)私が話をした有名人FILE23 元フジテレビのアナウンサー・本間淳子<井上淳子>
静岡駅に向かう新幹線車内で、大学のミスコンで見事ミスに輝いた井上淳子と会った。「お互い頑張ろうな!」と声をかけた。彼女も私も静岡放送にふられた。しかし井上淳子は1981年4月にフジテレビに入社した。入社と共に『ママとあそぼう!ピンポンパン』の5代目お姉さんになった。この時は、井上佳子(いのうえ けいこ)名義で出演した。「じゅんこ」より「けいこ」の方が子どもが発音しやすいという理由からそうなった。
↑画像 『ママとあそぼう!ピンポンパン』の5代目お姉さん・井上佳子 右下の人物です。 出典はこちら
井上淳子は『ママとあそぼう!ピンポンパン』に1981年4月6日から1982年3月31日(最終回)までの1年間出演した。井上淳子の先代<第4代目お姉さん>の大野かおりさんは、私が仕事をしていたTBS『人生ゲームハイ&ロー』『クイズ天国と地獄』の出題者に後になった。いずれ「私が話をした有名人FILE」で取り上げる日が来るかもしれません。
さて、話を井上淳子に戻しましょう。1982年3月31日、『ママとあそぼう!ピンポンパン』が終了しました。彼女は本名の井上淳子としてアナウンサーになりました。その後、フジテレビ報道局記者の本間正彦(2014年2月退職)と社内結婚し、名前が本間淳子となりました。1991年までアナウンサーとして活動した後、局内の別部署に異動。映画事業局を経て2010年にクリエイティブ事業局クリエイティブ事業映像センター映像コンテンツ事業部契約担当部長に就任、2012年から総合メディア開発コンテンツ事業局コンテンツ事業部契約担当部長に就任。2018年9月30日を以って退職した。
(3)もし今日3日起きなければ明後日5日が危険日
タイトルの一部に「駿河トラフ巨大地震」とありますが、もちろん「駿河トラフ巨大地震」が「南海トラフ地震」に繋がる可能性は大きい。もし今日3日に起きなければ明後日5日が危険日です。
さんろく‏ @ZInvester ・ آبان ۱۰
南海トラフ地震(予言で有名な英経済紙エコノミスト2015より)
11/3及び11/5の根拠→矢の数字11.3,11.5
アリス=鏡なので、今回なければ、2020年の5.11が次候補日
「晴れているholiday」→11/3が最有力ラグビー地球(南海地域なし)→今年(WPの年)という意味か?
https://twitter.com/ZInvester/status/1190358892632367104
「エコノミスト2015」については、{1780.『エコノミスト2019 』の表紙と富士山噴火と南海トラフ大地震 PART2}などに書きました。
(4)2019年11月5日は
その2019年11月5日は「世界津波の日」・「津波防災の日」です。こういう日を奴等は狙います。 
画像 南海トラフ地震発生帯掘削に「ちきゅう」が挑む from「蒲郡市生命の海科学館」 
「南海トラフ地震を発生させる為にちきゅうが挑む」と読めてしまいます。
(5)11月3日に核爆弾を使った偽旗攻撃の噂 世界と日本の真実 世界と日本の裏! 転載記事
https://ameblo.jp/kissy-seed/entry-12541396675.html
11月3日に核爆弾を使った偽旗攻撃の噂→ https://www.facebook.com/groups/198824057323874/permalink/580415069164769/
---------------- 転載 -------------------
世界中のイスラエル大使館が閉鎖されている 〜11月3日に核爆弾を使った偽旗攻撃がシアトルやロサンゼルスで実行されるとの噂
-------------- 転載終了 -------------------
いくつかの噂があるようで、やはり何か起きるのか?
世界中のイスラエル大使館が閉鎖 http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52046026.html?fbclid=IwAR2T4bpWYAL4CIilHIdxHsxO0CLrCz0cBJmPnB_HwPOQGGZRyy2nB9i2c_0
↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

福田元昭の「桜の木になろう」
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-2780.html

世界と日本の真実 世界と日本の裏! 
https://ameblo.jp/kissy-seed/entry-12541396675.html


posted by datasea at 10:55| Comment(0) | △ オカルト主義研究者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

坂口成事: ハロウィンは釣合祭り



坂口成事: ハロウィンは釣合祭り
秋の日は、人を襲う、つるべ落としと申しましょうか、夏の日が急に落ちてくる、荒神さまの火を竈にくべる日は、ヨーロッパでは、ハロウィンなのでしょう。
11月1日のそれは、1月11日の鏡降ろし(鏡割り、割礼、人の種まき)の逆の返しです。
今は禁止ですが、実家のくぶれ(火を焚くと日が呉れるの意味)の畑の海岸では、以前は、漂着物(ヱブス、クジラなどの寄せ神、死体)が燃や(慰霊、お返し)されていました。この日から、火は家の守り神として、特別な意味を持ちます。私自身、子供の頃は、小豆を煮る火番をしていました。畑の守り(防風林)の役目を終えたヒバ(火の木)を、パチパチチカチカ(チチカカ)とくべた火に、祖先の守りがあるからです。
ところで、拝ヶ石巨石群は、祭祀者である天皇を意味する、おかみいし、という呼び方ですが、一方、おがみと、一般的に発声いたしますのは、荒神(荒霊)の火の結び(ム巣ビ、△巣▼)だからです。ここで、
巣(ス)は、
オガミ(オガム)のガ、
カガミのガの高曲原のマガ、
△(ム)は
火(火山噴火など)で、
▼(ビ)は水(雨など)です。
神の申シ示シと私の申シが駆け抜けた時(オカミ、タカアマハラのカ声、讃岐、連殊糸、抜天)、モシモシ亀余(申示を通す余)のお亀でもあるのです。

Facebook
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=984345698596363&id=100010628255647





天之御中主神は、隠れ神といわれますが、それは、伝えるものと伝えられるものの相対がない、独り神(うちゅうのちゅ、一人子)であるため、事伝えの手段がないだけです。逆からは、とらえる手段がないという表現となります。
皆さんは、遠い所の、お偉い神さまだと認識されていますが、ちゅらである、あなたの私(実在)という事です。また、石長比売、木花之佐久夜毘売は、あなたの内なる世界と、外なる世界の表現です。
ハロウィンの元の、ケルトのサウィンなどは、暮らしの中では、花咲く事ばかりに気がとられますが、石長比売を忘れてはならないという、釣り合わせ(祭り)です。そしてまた、内なる霊(記録)としての謂われ、皆さんには大昔の歴史でしょうが、それは、胎児が生命の歴史をたどりますように、実は皆さんは、神々のはたらき(準備)、日本の歴史を、一息の中でもたどっておられます。
ところで、神武天皇の和風諡号は、神倭伊波礼毘古ですが、大陸を含む、いくつかの時代の、幾人かの出来事が、謂われとしてまとめられたものです。古事記は、皆さんが認識されておいでの、神々の系譜、おすがりする神の話と申しますより、表現は難しいのですが、今のあなたが、私は在るに挑戦なさる、取り扱い説明書という事です。また、現存します世界の神伝の中でも、私が知る限り唯一、人が創造されただけという末法ではなく、創造するものであるという中主を知らせる、末を終末する教えです。

Facebook
https://m.facebook.com/groups/724643797680373?view=permalink&id=1745791285565614








(-.-)
そうですね!祭りの形は仮面を被って踊るのは世界共通ですね!ちょっと怖い話になりますが、ヨーロッパでは薔薇の日曜日という祭りがありました。仮面を被って街を歩き、城の地下で生贄の人間を食す謝肉祭です。カーニバルという語源はカニバリズムから来ているのです。火の周りを仮面を被った人達が生贄を囲って踊るのは南方ポリネシアンによくある儀式でした。今でもソロモン諸島などで行われているみたいですよ。南半球には古代土星崇拝をしていたようで、土星はサターンです。土星の神クロノスはサトゥルヌスで自分の子を食べます。ドルイド教の儀式もハロウィンの仮装して街を練り歩くのも謝肉祭です。
(-.-)
このお話はオホクニヌシの国譲り伝承に擬せられていますが、本当は鬼門の艮の金神・国之常立大神が神封じで追い遣られたことが呪いの風習になって続けられています。これこそが世界にはびこるサタニズムや黒魔術の究極的根源。
豆まきをするのは「日本死ね!」というのを最悪の力で祈る行為となります。

Facebook
https://m.facebook.com/groups/724643797680373?view=permalink&id=1094982390646510














oldtv2278.png


posted by datasea at 00:00| Comment(0) | △ オカルト主義研究者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

竹下雅敏: 魔女たちがトランプ大統領らに呪いを画策〜2016年米大統領選は神と悪魔の争いだった

竹下雅敏: 魔女たちがトランプ大統領らに呪いを画策〜2016年米大統領選は神と悪魔の争いだった
トランプ大統領に反対している魔女たちが、トランプ大統領と彼を支える人々に対し、魔術によって呪いをかける計画を画策
2019/10/23 10:00 PM
ガヤトリー・マントラ / *霊的世界, アメリカ, 政治経済, 竹下氏からの情報
竹下雅敏氏からの情報です。
トランプ大統領に反対している魔女たちが、トランプ大統領と、Qグループのようにトランプ大統領を支える人々に対して、魔術によって呪いをかける計画をしているとのことです。日時は、10月25日とのこと。Qグループの人たちは祈りを欠かさないようですが、その理由は、敵対する者たちが呪いをかけてくるからだということがわかります。記事をご覧になると、トランプ大統領に呪いをかけようとしている人物は、呪いの効力に自信を持っているようです。魔法の力と効力は“絶対的なものだ”とし、その効力を“私は知っている”と言っています。
確かに、トランプ大統領とQグループ、そして彼らを支援する人々が、神と信じて祈ってはいるが、実はハイアラーキーに祈っていたりすれば、この呪いが効力を発揮する可能性があります。しかし、彼らの祈りが神々に通じていれば、呪いは何の効果もありません。
普段からガヤトリー・マントラを唱えている方はよくご存知だと思いますが、呪いを跳ね返すには、「除霊と浄化の祈り」を使ってください。このような呪いは、完全に無効化されます。
6月13日の記事で、第1システムの各レベルにおける最高神を紹介しました。ガヤトリー女神を含む至高四柱は、第1システムで最も高い位の神々です。なので、ガヤトリー女神に直接祈るガヤトリー・マントラは、人類が授かった最強のマントラなのです。ホツマの神々からみれば、ハイアラーキーなど全く取るに足らない存在です。一瞬で滅ぼしてしまえるのですが、法に基づいて、厳格に裁いています。至高四柱はホツマの神々よりも上位に居る神々で、第1システムの頂点にいます。その至高四柱がすべて女神だということをご理解ください。天界の改革は、心の清らかな者が天位に就くということで始まったのです。第1システムの各レベルの要職に就いている神々の圧倒的多数は、女神です。いずれ、映像配信で各レベルの役職に就いている神々の名前を公開するつもりでいます。
地上は天上の写しなので、男性の方はよほどしっかりしておかないと、未来に居場所がなくなるかも知れません。
(竹下雅敏)
注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
何千ものオカルティストが、「トランプを止める」魔法の儀式を計画している
儀式の参加者は民主党の弾劾運動から勇気を得ている
転載元)
創造デザイン学会 19/10/22
【訳者注】トランプに対する反対派と支持派が、悪魔の魔法(呪文)と神への祈りに分かれて活動している。これは前にも、同じ内容の記事を載せたことがあるが、ここでは、トランプの再選予想を前にして、反対派のかなり大きな悪魔活動があることを紹介している。そしてその背後に民主党があることも明らかにしている。これは、アメリカの今度の(2016年からの)大統領選が、霊的な次元(神と悪魔)の争いであることを示している。
我々は最初からその仮説を立てて分析し、論じてきた。その正しさがここでも立証されている。
(中略)
Pippa Monroe, @NeonNettle
October 8, 2019
(中略)
何千という、ドナルド・トランプ大統領の「オカルト」反対者が、噂によると、この政権が「国家に害を与えないように」、儀式による魔法(呪文)をかけるために、集合しているといわれる。
(中略)
このいわゆる魔法は、「トランプとその応援者を、金縛りにかけること」を目論んでいる。
(中略)
オカルト参加者たちはこう呼びかける――「天の軍勢よ、地獄の世界の悪魔たちよ、それにご先祖の霊たちよ、大統領を縛り給え、彼の悪なる行いが完全に失敗しますように」
(中略)
ニュージーランドに本拠をもつ魔女Karen Tibbits-Williamは、この儀式は、トランプと彼の支持者が、害をもたらすことを防ぐためのものだと言った。
(中略)
ティビット-ウィリアムズは、この儀式が、功を奏していると自信を持っていると言った。
 「私は自分で、この魔法の力と効力を、何度も何度も見ている。我々のBinding(金縛りの類いか?)の力と効果――かつ、その効力の発揮――は絶対的なものだ。私はその効力を信ずるのではない、知っているのだ」と彼女は言った。
6月に、トランプの霊的助言者Paula Whiteが、フロリダ州オーランドーで選挙戦ラリーが始まる前に、最初の祈りでこう警告した――「悪魔のネットワーク」が今、大統領に対して隊列を組んで構えている。
 「トランプ大統領の目的に敵対し、また彼の天命に敵対して、隊列を組んでいるあらゆる悪魔のネットワーク―を、打ち破ろうではありませんか。イエスの名において、これを引き裂こうではありませんか」と彼女は、トランプ支持者の群衆を前にして呼びかけた。
−−以上
(続きはこちらから)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
魔女たちのトランプ呪い計画について
引用元)
日本や世界や宇宙の動向 19/10/23
(前略)
<魔女たちのトランプ呪い計画について>
https://extranewsfeed.com/a-spell-to-bind-donald-trump-and-all-those-who-abet-him-february-24th-mass-ritual-51f3d94f62f4
(一部)
2017年2月17日付け
次の呪いの予定は2019年10月25日午後11時59分からです。その時、大規模な儀式を執り行います。そしてトランプ大統領及び彼を支えている人々に対し呪いをかけ霊的に縛り付けることです。
(中略)
フェースブックを利用している人は我々の組織のメンバーになってください。メンバーになると儀式や運動に参加でき、考え、画像、映像、他を共有できます。現在は3700人のメンバーがいますが、メンバーは徐々に増えています。
これまでの活動内容:
・2019年7月13日:国境を取っ払い、全員が一つの家族として、移民を保護するためにヘルメス(ギリシャ神話の神々の使い、冥界への先導者)を呼び起こす。
・2019年5月19日:手を出すな、法律を無くせと・・・中絶や受胎調節など女性の権利、性と生殖に関する権利を守るためにヘカテ(ギリシャ神話の女神で、冥界と夜の世界に属する亡霊や魔術の女神)を呼び起こす。
・2019年4月25日:スティーブン・ミラー(トランプ大統領のスピーチライター)に呪いをかける方法を学ぶ。
(以下略)
Webシステム改善の関係で、一時的に関連記事表示を停止しております。
 前へ今回の即位礼正殿の儀は、天皇陛下が即位を国内外に宣言しただけに留まらず、神々の復権と、“神々の世界と人が生きる地上が新たに結ばれた瞬間”を示すものだった次へ 福島第一原発事故で農地の原状回復を求めたやり直し裁判「放射性物質はすでに土と同化しているため、東京電力の管理下にはなく、むしろ農家が所有しているといえる」という驚きの判決

シャンティ・フーラ 時事ブログ
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=216488
posted by datasea at 12:36| Comment(0) | △ オカルト主義研究者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

TOCANA: 「環境少女」グレタ・トゥンベリはソロスの兵隊か

TOCANA: 「環境少女」グレタ・トゥンベリはソロスの兵隊
「環境少女」グレタ・トゥンベリはロスチャイルド家の操り人形だ!
TOCANA
【重要】「環境少女」グレタ・トゥンベリはロスチャイルド家の操り人形だ! イルミナティである4つの疑惑…陰謀まみれだった!
2019.09.26
スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(16)の国連スピーチが全世界で話題になっている。「生態系全体が崩壊しつつあります。我々は大量絶滅のとば口に立っているのです。それなのに、あなた方はお金や永続的な経済成長というおとぎ話についてしか話しません。よくもそんなことを!」など、強い言葉と怒りの表情で警鐘を鳴らすグレタさんの姿に世界がくぎ付けになった。
彼女の迫真の演説に対して賛否両論あるが、演説の内容よりも彼女のスポンサーについて疑惑の目を向けるメディアもある。
■ロスチャイルド
グレタさんは米ニューヨークで開かれた国連気候行動サミットに参加するため、二酸化炭素を排出しないヨットでアメリカに渡ったが、このヨットがなにやら怪しいのだ。同ヨットはモナコのヨットクラブ「チーム・マリツィア」が所有する「マリツィアU号」。船長にはモナコ公レーニエ3世と米女優グレース・ケリーの孫の1人であるピエール・カシラギ(Pierre Casiraghi)氏が就くという豪華っぷりだが、ロシア国営メディア「RT」(7月31日付)によると、このヨットはもともと「Edmond de Rothschild(エドモン・ド・ロートシルト)」と呼ばれていたというのだ。ロートシルトとはロスチャイルドのフランス語読みである。つまり、世界を裏から牛耳る陰謀一家「ロスチャイルド家」がグレタさんに関係しているのだ。
グレタさんが搭乗したヨット。画像は「RT」よりルイーズ=マリー・ノイバウアーとグレタさん。画像は「Patriot Watchdog」より
■ソロス
さらに、グレタさんの活動に共感し、ともに活動している活動家ルイーズ=マリー・ノイバウアーも怪しい。彼女は慈善団体「ONE」と関係していることが明らかにされているが、この団体はもともとジョージ・ソロスが設立した反貧困組織を母体にしており、後にビル・ゲイツらが参加し、現在の形になったという。ユダヤ系の有名投資家であるジョージ・ソロスとロスチャイルド家の関わりは有名である。ここまで来ると、グレタさんのバックにロスチャイルドがついていると見た方が自然ではないだろうか? すると、グレタさんがトランプ大統領を敵意剥き出しで睨みつけたことも別の文脈から考えることができる。ソロスとトランプ大統領は以前から犬猿の仲だからである。
画像は「sott.net」より
■イルミナティサイン
スピーチ中のグレタさんの背後に彼女を操る糸が見えると冗談を言う人もいるが、案外間違っていないかもしれない。同じく環境活動家であるグレタさんの父、そして何よりロスチャイルド家の息がかかったジョージ・ソロスの操り人形になってしまっているのではないだろうか? さらに、グレタさんは秘密結社「イルミナティ」のシンボルサインを披露していたことまで暴露されている。プロビデンスの目、ホルスの目にそれぞれ見えないだろうか……?
ちなみに、グレタさんの母親は著書で「彼女には普通の人が見えないものが見える。二酸化炭素を肉眼で見ることができるのです」と語っているが、彼女を操る糸までは見えていないようだ。
■謎の科学者
さらに、政治ニュース「TeamRaheem」(9月24日付)によると、気候変動の専門家で英マンチェスター大学とスウェーデン・ウプサラ大学で教鞭をとるケビン・アンダーソン教授も彼女を操る一人だという。
まず、グレタさんの方からアンダーソン教授に接触してきたそうだが、どうもグレタさんの主張とアンダーソン教授の主張はかなりオーバーラップする部分が多いという。基本路線は「人間がもたらす二酸化炭素排出により世界はすぐに終わろうとしている。そして、権力者たちはそのことを止める努力を十分にしていない」というものだ。そこから同記事は、アンダーソン教授が自分の思想を広めるためにグレタさんを利用しているのではないかと推測している。そのことはアンダーソン教授の言葉からも伺えるという。
「グレタはコミュニケーションの専門家です。大量の情報を簡潔に率直なメッセージにまとめてくれます。この能力は我々科学者に欠けていたものです。グレタの言葉は科学者が出会ったことのないような人々にまで届いています。特に子どもと青少年です」(アンダーソン教授)
グレタさんの背後にちらつく家族、ロスチャイルド家、ジョージ・ソロス、科学者の影……彼女の言葉は本当に彼女のものだったのだろうか? グレタさんのスピーチは確かに胸を打つものがある。しかし、こうした感情的なメッセージから一歩引いて考えるのが知性というものだろう。そうでなければ、彼女を操る糸を見抜くことはできないのだ。
参考:「RT」、「TeamRaheem」、

TOCANA
https://tocana.jp/2019/09/post_115802_entry.html






 

センドラーとグレタ
2019年10月06日 (日) 17:12
2008年に98歳で亡くなったイレーナ・センドラーというポーランド人の女性がいた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BC
この女性は、私の知る限り人類最強で、たぶん吉田沙保里でも伊調馨でも歯が立たないほど凄まじい強さだった。ゴジラよりもモスラよりもキングコングよりも強かった。
https://www.imishin.jp/irena-sendler/
イレーナの人生を知った人は、百人中、たぶん99名は、その凄まじさに涙して彼女を心の底から敬愛するだろう。残りの1名は悪魔である。
イレーナは2007年のノーベル賞候補になった。イレーナを知る人々は、「ノーベル平和賞の歴史のなかで、人間の真実の勇気を示したという意味で、彼女ほどふさわしい人はいない……」と口を揃えた。だが、受賞したのはイレーナではなく、アル・ゴアだった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%82%A2
アル・ゴアは地球温暖化説を唱え、
「現在起きている急激な気象変動の原因は、人間社会が無作為に放出してきた二酸化炭素の増加のせいであり、このまま放置すれば、人類の生存環境が致命的に脅かされることになる」
と「不都合な真実」というプロパガンダを公表することで警鐘を鳴らし、先進国による大規模な炭酸ガス放出を規制する措置が必要と訴えたことが評価されたのだ。
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4065/index.html
だが、「炭酸ガス地球温暖化説」に対しては世界中の科学者から強い疑義を示されている。
 確かに、地球気象は、あまりにも異常であり、このまま放置すれば灼熱地獄によって人類が滅亡すると直感する人々は、非常にたくさんいる。しかし、この異常気象が経済活動による炭酸ガス増加のせいであるかは、まだはっきり分からない。一部の環境学者は、温暖化の原因は、炭酸ガスよりも原発温排水による海水暖め効果や、エアコンや自動車の増加による放熱量の拡大、それに気象緩衝効果の母体であった熱帯雨林の大規模な破壊、などに起因しており、炭酸ガスと断定できる段階ではないと主張する。もう10年以上も前に、槌田敦教授は、炭酸ガス増加は、地球を人為的に暖めた結果であって原因ではない。気象異変の原因は、過剰伐採や自動車排気などにあると主張した。
http://www.asyura2.com/09/nature4/msg/209.html
つまり炭酸ガス増加は結果であって、これを原因とすることは間違っていると指摘した。アルゴアは、この間違った説によってノーベル平和賞をイレーネから奪い取ったことになる。アルゴアは、
「炭酸ガスを抑制するためには、原子力発電の拡大が不可欠だ」
と訴えた。これを見て不審に思った人々が、アルゴアの正体を調べると、とんでもない事実が明らかになった。アルゴアは、オクシデンタル・ペトロリウム社という、準石油メジャーの経営者である。これを創設したのは、アーマン・ドハマーというアメリカきってのユダヤ人富豪で、レーニンを金銭的に支援し、ロシア革命の成功を導いたことでも知られる。ゴアは、ハマーの実孫であるといわれる。父親は副社長だった。そして、オクシデンタル社は、東欧最大のウラン鉱山を所有していたのだ。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=164318
その後、ゴアは、自宅維持に莫大な電力を使用していたことが暴露され、「エネルギー浪費抑制を主張する人物が、最悪の浪費を行っている」と批判されることになった。
https://blogs.yahoo.co.jp/yukikoindesert/14928499.html
何よりも、世界最大級のウラン利権の所有者が、ノーベル賞を利用して、原発推進の宣伝活動を行ったという事実が、世界的にも暴露される結果となった。このことで、「地球温暖化説」にも懐疑的な目を向ける人々が増えた。今では、世界中の気象学者の大半が、地球は現在、マウンダー小氷期による寒冷化に向かっていて、人為的な放熱による気象破壊が寒冷化とせめぎ合っているとの指摘に傾いている。
http://www.yoho.jp/shibu/tokyo/41miyahara.pdf
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-date-20181001.html
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-date-20190706.html
こんななかで、「地球温暖化説」にとって、アルゴア以来の強力な助っ人が登場することになった。 スエーデンの16歳少女、グレタ・トゥーンベリである。
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4333/index.html
これだけ、凄まじい猛暑の連続で、熱中症による死者も、激増しているニュースを聞けば、誰だって彼女の活動に拍手を送りたくなるのは当然である。実際、彼女を、アルゴア以来のノーベル平和賞候補に推す人々もいる。しかし、グレタについて、不可解な背景が指摘されるようになった。グレタ・トゥーンベリが尊敬し、一緒にビデオを製作した英国のライターはバリバリの原子力推進派 
http://www.asyura2.com/19/genpatu52/msg/143.html
**********************************************
以下引用
グレタが尊敬し、一緒にビデオを製作したジョージ・モンビットという英国のライター・環境活動家とのツーショット。
https://www.youtube.com/watch?v=-Q0xUXo2zEY&feature=youtu.be
このモンビットという男は環境活動家のふりをしているが、バリバリの原子力推進派で、次のような記事を福島原発直後にガーディアン誌に寄稿している。
Why Fukushima made me stop worrying and love nuclear power
「福島の事故により私は如何にして心配するのを止めて原子力を愛するようになったか」
(George Monbiot The Guardian 2019/3/21)
https://www.theguardian.com/commentisfree/2011/mar/21/pro-nuclear-japan-fukushima
映画ファンの方は気づいていると思うが、表題はスタンリー・キューブリック、不朽の名作のもじりである。
「博士の異常な愛情 または私は如何にして水爆を愛するようになったか」
(Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb)

重要な部分を和訳する。(全文は下に添付)
(中略)
福島原発事故の結果として、私は原子力に対して中立的な立場を捨て、この技術を支持するようになった。
(中略)
安全対策の不十分なオンボロの原発が大地震と大津波に襲われた。
電源が喪失し冷却システムが止まった。原子炉は爆発しメルトダウンし始めた。
この事故は、お粗末な設計と手抜きというおなじみの遺産をさらけだした。
だが、私の知る限り、この事故で致死量の被ばくをした人はいない。
(中略)
スリーマイル島原発事故で10マイル圏の住人の平均総被ばく量は、米原子力作業員の年間最大許容量の625分の1であった。
これは、明らかにがんのリスクが増加する最低年間被ばく量の半分であり、確定致死被ばく量の80分の1である。
(中略)
私は原子力業界の連中の嘘は大嫌いだ。害のない代替手段があれば原子力はないほうがよろしい。しかし、理想的な解決方法はない。
どのエネルギーもコストはかかるし、エネルギー技術の不在も同様だ。原子力は最も過酷なテストに耐えてきており、人類と地球への影響は小さくて済んだ。
福島の危機により、私は原子力推進へと改心した。」
福島第一原発事故直後、大混乱の中、多くの人が亡くなり、行方不明になり、避難民も放射能汚染に怯え苦しんでいたのに、こんな記事を投稿するのは非常識の極みだが、御用ライターに常識は通じない。グレタが尊敬するヒーローとはこういう人物なのだ。彼女が原子力推進派であることはバレバレではないか。
*************************************************
引用以上
この記事を見る限り、グレタは、アルゴアと同じ勢力(世界原子力産業から送り込まれた原発推進天使であると断言できそうだ。
 まだ、公式発言のなかで、グレタが原発推進について語ったことは確認できていないが、いずれグレタが、ノーベル賞候補として世界的に喧伝されるようになれば、アルゴアのように「原子力だけが地球温暖化を止められる」と吹聴するようになるのだろう。
トゥーンベリの父親は、役者のスヴァンテ・トゥーンベリ(Svante Thurnberg)、母親は、エンターティナ―のマレーナ・エルンマン(Malena Ernman)祖父は、オロフ・トゥーンベリ(Olof Thurnberg)だ。国連で演説するに至った経緯も不透明で、不可解だ。
とコメント欄に書かれているが、ノーベル平和賞が、昨年マララに与えられた経緯を考えると、選考委員会が、この種のプロパガンダを高く評価し支持していることは明らかであり、「生まれながらの役者」として演技しているのではないか?
 と疑われても仕方ない。ゴアと同様、あまりにも、できすぎているからだ。 
少なくとも、グレタはイレーネ・センドラーではない。彼女と比較することも失礼極まりない話ではあるが……。

東海アマ
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-892.html







【よくもそんなことを】国連の演説で環境少女と持て囃されているグレタちゃん、プラスチックにまみれた生活を送ってる事がバレて世界中からバカにされて炎上wwwwwwwwwww
2019/09/26 17:10
コメント363
0 :ハムスター速報 2019年9月26日 17:10 ID:hamusoku
Greta Thunberg
✔@GretaThunberg
Lunch in Denmark.
4,720
21:30 - 2019年1月22日
Juan Sin Tierra@juanlbdc
返信先: @GretaThunbergさん
plastic , plastic everywhere....I am afraid you are a great fake
0:57 - 2019年8月5日
publio magri@publio71
返信先: @GretaThunbergさん
Coffee and banana where coming from??? Don't talk about plastic bag for bread ........
6:38 - 2019年3月17日
@otravezcarlos@otravezcarlos1
返信先: @GretaThunbergさん
Plastic?  Money Mone
6:12 - 2019年8月5日
Twitter広告の情報とプライバシー
@otravezcarlosさんの他のツイート
AiloveSpain@AiloveSpain
返信先: @GretaThunbergさん
Bread in PLASTIC, a salad in PLASTIC, hummus (or some) in PLASTIC......so ECOLOGIC 100%.
102
21:51 - 2019年8月4日
ミシマ@犬狼新党@kuze627
グレタ・トゥーンベリさん
・アスペルガー
・ヴィーガン
・鉄道至上主義者(鉄オタ)
・モナコ公家所有のヨットを借りれるほど財力とコネがある
・帰りは飛行機
・白人
・中国の環境問題を聞かれても「でもアメリカもやってるから」としか反論せず pic.twitter.com/3ekNKXPYKE
11,629
12:46 - 2019年9月25日
1 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:11 ID:BHUJqTyV0
燃〜えろよ燃えろ〜よ〜
2 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:11 ID:P0n.Qj2k0
どっかでコラだって見たけど、それも捏造?
12 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:13 ID:4k1tF90q0
>>2
そもそも画像が本人のtwitterからの画像じゃん
3 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:11 ID:X3oA7Ng60
日本にもこういった人見たことあるなー
政治家とかで
4 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:12 ID:cqWGgXYv0
スウェーデンのゆたぼん
5 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:13 ID:XDOTi2wS0
そこにある容器を使ってる店にまず文句言え。
6 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:13 ID:imQxNow50
お前の設定ガバガバじゃねぇかww
7 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:13 ID:JU.7wvhU0
この子、重度のメンヘラなのをいいことに活動家連中に神輿にされてますます歪んだ精神構造にされちゃってて将来が心配になるわ
8 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:13 ID:fGAehqkK0
自分の中でこれが正しいと思ったらそれだけが正しいんだろうね
差別意識はあまり持ちたくないけどやっぱりアスペだからなのもあるのかなと思ってしまう
9 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:13 ID:S1SpVHkb0
これ系は胡散臭すぎる
本気で頭が良くて環境問題を考えてるならそれを推し進められる力(金、権力)を持つ事を目指すやろ
10 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:13 ID:j3DCr.rH0
どこの国でも似たようなのが居るんだなぁ(棒)
11 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:13 ID:NWz2.Eki0
つ、つぇ〜やwww
13 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:13 ID:hqtVjsfU0
大人に都合よく踊らせれてんだな……
14 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:13 ID:aPuohUxO0
俗物が!
15 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:13 ID:7l7k9DM90
???「ねぇねぇ?背後にいるオトナの皆さん、焦りまくり?」
16 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:14 ID:iYO50pWc0
よくもそんなことを!!
17 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:14 ID:sQiArDAm0
洗脳怖い
18 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:14 ID:sjyVmolz0
声高らかに理想だけ叫ぶやつは自分の利益のためなのは常識やん
人権○○団体とかしかり
20 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:14 ID:V.KhmsH.0
温暖化ビジネスとLGBT推進のバックには、ディープステートがいる
メディアを使って自作自演して行くやり方、いつものやつだ
21 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:14 ID:9YGrL..D0
演説とかする時間があったら、金曜日にも学校に行こうよ。
22 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:14 ID:qG1Ui3XA0
温暖化に関しては中国を非難しない奴は全く信用しないよ。
23 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:14 ID:OD.47aAO0
環境ヒステリーと言われてたよな
24 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:14 ID:FucUbG2U0
裏切ったら許さない
25 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:15 ID:ygFvzX.R0
そのうち環境テロリストなりそう
26 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:15 ID:3yPG9wmu0
日本で炎上しそうな趣味主張の欲張りセットやめーや
27 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:15 ID:j4POCa4s0
いきすぎたヴィーガンって狂人と変わらんな
28 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:15 ID:w4hCKC350
さてどう転がるか
29 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:16 ID:imKKRE6q0
不登校ユーチューバーを思い出すなぁ。
30 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:16 ID:edesDq9C0
スウェーデンのアグネス・チャン
31 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:17 ID:NA7084cs0
ご都合主義だよなあ。
他人を批判して担がれてるだけなら楽なもんよ。
自分が批判される対象になるなんて考えたこともないんだろ。

ハム速
http://hamusoku.com/archives/10120327.html

posted by datasea at 03:09| Comment(0) | △ オカルト主義研究者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

井口和基: エプシュタイン(上級イルミ)逮捕>>ハリウッドセレブはQAnonから避難のため日本へ


井口和基: エプシュタイン(上級イルミ)逮捕>>ハリウッドセレブはQAnonから避難のため日本へ
ハリウッドの偽ユダヤ人富豪エプシュタイン逮捕とハリウッドセレブが日本に来るわけ!?:ほとぼりが冷めるまで退避中かいな!?
2019-09-09 14:34
【閲覧注意】以下には結構怖い内容が含まれていますゾ!良い子のみなさんや心の弱い人やドラエモンには見せられないよ!
みなさん、こんにちは。
さて、日が変わると今日覚えていたこともまた次のことに気が移って忘れてしまう可能性大。そんなわけで、せっかく日本を旅する米人セレブの話が出たついでにこれもメモしておこう。
ひょっとしたら、セレブが日本に来るのと関係があるかもしれないからである。
先日これをメモしておいた。
この「一斉逮捕」というのが何かというと、これはいわゆる「イルミナティー」という闇組織が世界に張り巡らされていたのだが、このメンバーをつなぎとめるための、通過儀式(イニシエーション)に「悪魔主義」が使われ、その儀式のときには、正真正銘の殺人儀式が行われてきたのである。
し・か・も
しかも、その時の生贄は若い女性や小児であり、その前に参加者の門前で、性交を命じられるのである。有名なのは、アメリカのスカル・アンド・ボーンズである。
当ブログでもだいぶ前のdoblog時代からずっとメモし続けてきたことだが、ここのブログ1の時にも以下のものをメモしておいた。
この悪魔主義は、キリスト教やユダヤ教やイスラム教やさらには、フリーメーソンやバラ騎士団やテンプル騎士団など。。。あらゆる結社や宗教に侵入し、さらには、米海軍のような軍産複合体にまで侵入してしまったと言われているのである。実際に、米海軍のイニシエーションにおいても、新隊員は全く知らないうちに悪魔主義儀式を行わさせられるのである。さらに、アメリカの大学には、ギリシャ文字の3文字を使った、フラターニティーシステムという、非常に変わった学生組織がある。一見、大学の周りの学生寮の名前であり、そういう学生寮が各組織を兼務しているというようなものだ。我が国で言えば、学生自治会と自治学生寮が合体したようなものである。
もともとスカル・アンド・ボーンズもそういうイェール大学のフラターニティが変化したものである。
ちょっと説明しないと、アメリカの大学青春映画の面白さもわからない。
たとえば、リベンジオブナーズ(ナーズの復讐=オタクの復讐の意)
これが典型的なフラターニティーのお話である。ナーズというのは、変なやつという意味で、ニート、オタク、ホモなどのギークの集まりの意味である。ギークというのは、英語で出来損ないの意味のバッドワードである。差別用語。かつて、ギリシャ時代のスパルタ人やローマ時代のローマ兵が自分の子が見てくれの悪い子が生まれると、
ギーク
といって投げ捨て殺したという伝統に端を発するといわれている。
西洋では、新生児の男児がイケメンで強くなりそうな子でないと、殺してしまったわけだ。これがいまもアメリカで残り、ギークという差別的言い方があるわけだ。彼ら金髪碧眼米人にとり、出来損ないのニート、ホモ、秀才、天才、オタク、。。。こんな奴らが皆ギークと罵られ、ナーズと呼ばれるようになったわけだ。
さて、そのナーズもナーズばかりが入寮するフラターニティーを作った。必ず名前がギリシャ文字の3文字だ。
ΠΚΛ(パイ、カッパ、ラムダ)
そんなやつだ。
一方、アメフトのエース達も自分たちの金髪碧眼のイケメンボーイズ専用(だけしか入寮できない)フラター二ティーを持っている。すると、それぞれのフラターニティーでそれぞれのルールを持ち、それぞれの入会式=入会の儀式=イニシエーションを行う。日本で言えば、看護師の卒業式の儀式のようなものだ。これが西洋人の伝統のかなり根幹に存在するわけですナ。我が国の夏の修学旅行のファイヤーストームとか、そういうものをイメージしては間違う。似て非なるものである。たまにディズニー映画にもこれが出てくるし、アメリカのカトゥーンにも出てくる。
問題は、大人の組織でもこれをやるっていうことだ。フリーメーソンも入会儀式がある。そして、その時に悪魔主義の団体では、生贄をとり、
儀式殺人
を行うのである。だから、白人はインディアンや日本人や他国の民族をバカにはできない。もし日本人は神道の儀式で酒をお供えするとか、仏教の儀式で動物をかたどった野菜のお供えをするといって誹謗中傷するのであれば、それはちゃんちゃらおかしい。奴らは、若い女性や子供を生贄にするからだ。
さて、本題に戻ると、大量逮捕の対象案件は、この儀式殺人を行った組織やそのメンバーに対して、また、そういう組織に女性や子供を提供した下請けのメンバー、そういう下っ端の連中に対してである。
ちょっと前の10数年前までヘンリー・キッシンジャーとか、ビル・クリントンとか、アル・ゴアとか、ジョージ・ブッシュとか、こういう連中がカリフォルニアのボヘミアン・グローブにある悪魔主義結社で、子供を狙って狩りをしたとか、そういう事件の噂が絶えなかったのである。
全米では毎年何万人もの子供の行方不明者がでる。この大半が、そういう悪魔主義組織や売春や臓器売買に回されたと考えられてきたわけだ。しかしながら、悪魔主義者のメンバーたちがNWO(ニューワールドオーダー)を作り出し、イルミナティーを名乗り、各国の政治家要人になってしまったのである。というわけで、だれも歯向かうことができなかった。
ところが、トランプ時代に入り、QAnonが登場し、まるで昔の我が国のねずみ小僧のような義勇軍のようなものが現れてきた。そして、米軍複合体のうちの米軍の方からトランプのQAnonに加担するものが増えてきたわけだ。そして、法曹界や警察なども一致団結して、悪魔主義の殺人を取り締まるようになったわけだ。
それがこの問題の発端。
そして、ハリウッドにまで侵入していた悪魔主義の親玉がジェフリー・エプシュタインだったというわけだ。こいつは偽ユダヤ人だが、生贄を提供する側である。我が国で言えば、AKBやSKBやNGTやら似たような会社を作り、若い女性をたぶらかして、フリーメーソンや悪魔主義のメンバーのご老人たちに、その肉体を提供する秋元康のようなやつといえるだろう。
実際、安倍晋三政権の側近の一人、北朝鮮人ルーツの谷内正太郎は、ときどきアメリカに行って、パラビオーシスして若返りを図っていた疑惑がある。パラビオーシスとは、若い子供の血と自分の老人の血を入れ替えることである。すると、若いほうが一気に老け、年取った方が一気に若返る。長寿を得るために幾多の若者をカンフル剤のように使役するのである。
黒柳徹子や女優がスイスへ行って、あっちで黒羊の胎盤の血を入れるという美容を行って若返りを行うという話が出てだいぶ経つが、実際黒柳徹子は至って元気だし、インタビューする徹子より、インタビューされているもっと若い俳優の方が先にどんどん死んでいく。同じく谷内正太郎も年齢以上に若々しい。きっとAKBの女子とも幾多となくセックスしてきただろう。谷内はヘンリー・キッシンジャーにこれを教えられたというのである。キッシンジャーはもう100才近い年である。いまだ元気だし、ジョージ・ソロシュも何十才も若い妻をもらっている。
こういう悪のネットワークのリストをつかまったエプシュタインが持っていた。つかまえた方の警察はそのリストを見つけて解析中だというわけだ。その人数が万のオーダーである。
むろん、デカプリオ筆頭にトランプ政権ができる時に反トランプをぶち上げたハリウッド俳優や歌手もそのリストに入っている可能性が高い。
というわけで、日本でもよくあるように、
ほとぼりが冷めるまで、どっかで身を隠しておく!
とまあ、そんなこんなで、ハリウッドセレブはいま、メキシコのカンクンや、世界中の辺鄙な場所、あるいは、日本、そういう場所に逃げ隠れているんちゃうかいな?
というのが俺個人の見方なんですナ。エプスタインと秋元康はやっていることがそっくりだし。
ほんと偽ユダヤ人と偽日本人ってやることがよく似ているよナ。だから、ユダとニダ同祖論をぶち上げるわけだヨ。
いやはや、世も末ですナ。

Kazumoto Iguchi's blog 2





エプスタインが死んだ?! あのペドフィリア重要容疑者である!
19/08/13 00:00
いわゆるペドフィリア(小児性愛・生贄)事件の重要容疑者である!
多くの陰謀説が持ち上がっている…!
左はトランプマターがあり、
右はヒラリー・クリントンマターがあるからである。
死んだ(自殺)のか?
殺されたのか?
それとも生きているのか?
ジェフェリー・エプスタインは生きている?!
との情報もある。
ヒラリーの実弟トニー・ロダム (Tony Rodham, 本名:アンソニー・ディーン・ロダム(Anthony Dean Rodham)が
本年6月7日に死亡したと言われているが、
その遺体がジェフェリー・エプスタインの身代わりになっているとの噂だ。
ジェフェリー・エプスタインは、2019年7月6日、ニュージャージーで逮捕され、性的人身売買と未成年者への陰謀で起訴された。
大富豪で、自身の名を持つ「Epstein's Pedophile Island」をセント・ジョーンズ島に所有し、頻繁にプライベートジェットで要人を招いてパーティーが行われたいた。これは以前から知られていたことである。その要人名には、元米国大統領ビル・クリントンを始め、アンドリュー王子まで幅広く闇は深い。
そこで何が為されていたのか?
小児性愛・人身売買が行われていた。それ以上の事も含まれる。
その核心を担ったジェフェリー・エプスタインが、自殺した?
余りにも唐突であり、当然のことながら口封じ説も登場する。
自殺か?
他殺(謀殺)か?
それとも死んだ事にして、身辺警護を完璧化した?
とにかく、ペドフィリア事件の最重要容疑者である。彼は生きている。との情報も根強い。まずは重要証言を引き出すことが先決だとのその根拠である。
ペドフィリア(小児性愛・人身売買・生贄)事件
全世界を揺るがしている大事件である。
宗教界・王室・支配エリート・マスコミ・エンターテイメント界、政界まで及んで組織的にその網は広がっている。一種の秘密結社の悪行の契りである。
世界の結社に入り込む登竜門として、一度はその洗礼を受けなければならない。それは一連托生の悪の契りとしての儀式である。それを経ると、決して抜け出ることが許されない悪魔との契約である。
最終的に「悪魔の儀式」として、
生贄・人肉徒食、
文字通り「血のワイン」聖餐が控えている。
怖ろしくも凄惨な儀式である。
その犠牲者として、幼い稚児が供物と捧げられる。俄かに信じがたい所業が日常的に行われている。
中心人物としてジェフェリー・エプスタインが担っていた。セントジョーンズ島の「Epstein's Pedophile Island」がその場所の一つであり、似た場所は全米に200余り存在するという。
「Epstein's Pedophile Island」はハリケーンに一部破壊されたが、山の頂に寺院が存在する。その寺院は、地上部分は数階建てながら、地下部分は何階になっているか想像すらつかない。
Epstein's Pedophile Island, Little St. James USVI Drone July 2019 3 (1/2) 
嘗ても上梓したが、バンカーとしてその秘密結社に深く入り込んだオランダ人ロナルド・バーナードの告白でも明らかである。
世界を支配しようとする手段が、利益(利権)と悪行への頚木(くびき=縛り)という、飴と鞭が使われている その犠牲に幼い子供や若い女性が用いられる。怖ろしい世界が存在する。
はたして、成り行きは今後どうなるだろうか?Q情報によると、「計画がある」と言う。その一環であろうと思われるが、ペドフィリア事件の解明とその根絶が世界の浄化の最大の関門である。
QAnon @Qanon76
 ・ 2019年8月11日
The Left wants the truth about #Epstein because they think he has the goods on Trump. 
The Right wants the truth about #Epstein because they think he has the goods on Bill Clinton. 
A KEYSTONE connects both sides of an arch.
See how this works? 
TRUST THE PLAN.
Anons know.

飄(つむじ風)





posted by datasea at 12:52| Comment(0) | △ オカルト主義研究者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

Exopolitics: 2012年の地球のタイムラインと火星の極秘移住計画,1962年5月火星に到着

















Exopolitics: 2012年の地球のタイムラインと火星の極秘移住計画
2012 EARTH TIMELINES AND THE SECRET MARS AGENDA by Ki' Lia
My recruitment into a classified project involving Time & Quantum Access technologies, and Gaia’s urgent call for Disclosure
By Ki’ Lia

2012goddesscosmos.com
http://www.2012goddesscosmos.com/Gaias_Call/EarthMarsTimelines.html
12:54 PM | Permalink

Exopolitics
http://exopolitics.blogs.com/





(要約)
2012年の地球のタイムラインと火星の極秘計画
キリア
これは私キリアが数年前経験した個人的な経験です。私キリアは非常に危険な火星任務につきました。
秘密結社のエージェントとの奇妙な出会い、時間と量子にアクセスすることで人類の集団意識を操作する技術との出会いを経験しました。
政府機関は火星を生き残りのための植民地として考えています。
そして広く予言された2012年に地球のタイムラインは2つのタイムライン、災害と超越に分かれます。
私はこの計画にデザイナー、フューチャリストとして採用されました。
私は音楽、デザイン、ダンス、ライティングなどで多くの賞をとっているマルチアーティストです。そして私は多次元ガイドです。
私は地球の政治リーダーが地球外文明とのコンタクト、火星の生命のディスクロージャーをすすめているのかどうか疑っています。
例によって例のごとく治安を優先しているんだと思います。
人類の覚醒のタイムリミットが近づいています。
我々はみな知る権利、豊かに生きる権利があります。まわりの人にこの地球の本当の歴史と運命を教えてあげてください。
高度な知識と力の封印を解くカギを手に私たちはともに前例のない賢明な文明を構築できると信じています。

メモ帳
http://blogs.yahoo.co.jp/dojobzzzz/50776860.html






第3の選択〜バランタインsテープ火星映像,あなたも私も選ばれなかった!
2012/2/28(火) 午前 0:47
宇宙 練習用
第3の選択〜バランタインsテープ火星映像

第3の選択
http://video.google.com/videoplay?docid=-4270009619784824077#





ケネディーやニクソンとそのチームは本当に「第3の選択」のチームとソビエトの協力や火星での成果を知らされていなかったのだろうか?

新宿宇宙人のブログ 
http://blogs.yahoo.co.jp/hamakiufo/3484556.html






UFO。火星の宇宙基
あなた火星行きに選ばれましたか?
ローラマグダリーン・アイゼンハワー
キ・リア
アイゼンハワー元大統領
もう搭乗が始まっているのではないでしょうか?
私には残念ながらお呼びがかかりませんでした。
アイゼンハワーのひ孫は選ばれたようです。
「第三の選択」は既に行われている!

メモ帳
http://blogs.yahoo.co.jp/dojobzzzz/50217543.html







火星コロニープロジェクト

Examiner.com
http://www.examiner.com/x-2912-Seattle-Exopolitics-Examiner~y2010m2d10-Whistleblower-Laura-Magdalene-Eisenhower-Ikes-greatgranddaughter-outs-secret-Mars-colony-project






(要約)
ローラマグダリーンアイゼンハワー、アイクの曾孫ドワイトD.アイゼンハワー元大統領(1890〜1969)の曾孫、ローラマグダリーンアイゼンハワーは、火星コロニープロジェクトから内々に採用の打診があったことをメディアに暴露した。
採用の中身というのは2006年4月から2007年1月まで火星コロニーで働くというもの。
ローラはこの申し出を断った。ローラの話はウェブサイト ExopoliticsRadio.org と彼女自身のサイトに掲載されている。
キリアはスタンフォード大学出身のアーチスト。
ローラの同級生。
時間旅行の監視と火星コロニープロジェクトのスパイの仕事の採用者リストにのったことを語っている。
極秘にすすめられている火星コロニープロジェクトの目的は、地球でおこる人為的な災害、天然の災害による人類削減計画からの人類の避難所をつくることである。
ローラとキリアはどちらもスタンフォード調査委員会の前調査員ハロルドE.プソフ博士のことを知っている。
プソフ博士は火星コロニープロジェクトの立役者だ。
2人の証言はアンドリュー.D. バジアーゴ氏の証言と一致する。
バジアーゴ氏は弁護士でアメリカ政府の極秘プロジェクト、タイムマシーンの開発の取材をつづけている。
バジアーゴ氏はテレポーテーションの体験を過去二回している。
一度目は1981年、カリフォルニア州エルセガンド( El Segundo )にあるCIAの施設から火星へ彼一人でテレポーテーションした。
二度目は同じ径路でCIA職員のコートニーM.ハント氏といっしょにテレポーテーションした。
ホワイトハウス:
ドワイトD.アイゼンハワー元大統領
ローラマグダリーンアイゼンハワー、宇宙人、アイゼンハワー家の伝説
ローラマグダリーンアイゼンハワーはアメリカ国内外の20以上の都市を旅行や引越で転々として最先端の医学、
環境学、錬金術、形而上学、古代史などの幅広い学識を身につけた。
さらに科学者、荒野探検のリーダー、自然療法士、建築士の資格をもつ。
さらに神話の宇宙論者、戦略家、サイキック治療者、平和活動家、アーティストだ。
ウェブサイト Exopolitics.com の火星コロニープロジェクトの記事でローラはこう書いている。
― 「私の曾祖父アイク大統領、ヒトラーと戦って連合軍を勝利に導いた軍将軍でもあったアイク大統領。
彼は地球にはびこる権力の不正と戦い歴史の上でも最も勇気あるシナリオをつくった。
大きくなるにしたがい、私は古代から延々とつづく戦いはもう終えたと感じるようになっていった。
第二時世界大戦がおわった。
ヒトラーは死んだしナチスは権力をうしなった。
しかし宇宙人の一味はそうはならなかった。
宇宙人の一味はまた新しい宿主をみつけて寄生して操っている。
その宿主とはロックフェラー、グローバルエリートのことだ。
彼らは恐れによって人類を支配し、神の教えを廃れさせようとしている。

local pc



火星行きのエレベーター
氏によれば、このデバイスが地球と火星をむずぶ交通手段で、デバイスは大きな貨物エレベーターに似ているということです。

projectcamelot
http://projectcamelot.org/index_archive_7.html




posted by datasea at 07:52| Comment(0) | △ オカルト主義研究者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

臥龍庵: 最近の出来事はアルパート・バイク予言どおりの展開

臥龍庵: 最近の出来事はアルパート・バイク予言どおりの展開
イルミナティ
2019/4/29(月) 午前 0:24
エンキの失われた聖書 練習用
■宗教のふりをした秘密結社
ユダヤ教のみならず、フリーメイソン、シオニズムと共産主義(いずれもフリーメイソン機関)の組織モデルは「秘密結社」だと思われる。
基本的に、指導部が理想的な目標を掲げてメンバーを欺き、これを操る。堕落可能で(脅すことができる)人間のみが、真の計画に受け入れられ、出世を許される。
このモデルは、現在では世界全体に当てはまる。「成功者」のほとんどは、悪魔に魂を売った者だ。「私に仕えよ。そうすれば世界を汝に与えよう」というわけだ。
このユダヤ教観は、『シオン長老の議定書』に裏づけられている。
「我々の真の目的は決して議論されない。なぜなら組織の人間が秘密を洩らすことは絶対になく、我々以外の人間は決して全体像を知り得ないからだ」(第14議定)
(『シオン長老の議定書』は新世界秩序NWOの青写真であり、歴史と現代の出来事を理解するうえで鍵となる資料だ。
本書では、後ほどこの議定書と「捏造」説について詳しく検証する)。
宗教と神秘学の専門家イーデイス・スター・ミラーは、ユダヤ教が「宗教のふりをした秘密結社」であり、「ユダヤ教を典礼とする教派」だとする。
ユダヤ教とすべての秘密結社の真の目的は、人々を騙して超大金持ちの計略を推し進めることだとミラーは言う。
「表向きの目標に関係なく、たいていの秘密組織が公表する主張は、みな同じ目的に向かっている。すなわち、政治、経済、知的権力を一握りの人々に集中させることだ。
この秘密小集団のメンバーはそれぞれ、今日の世界における国際的な一分野を物質的、精神的に支配している」(ミラー『オカルト神権政治』)
フラグイアン・ブルニュは、ユダヤ教とフリーメイソンは、政治権力を確保し、徐々に「人々の考えを自分たちの秘密の教義に向かわせる」ことを目標にしていると分析した
(『オカルト神権政治』)。
ユダヤ教の隠された目標は、フリーメイソンが目指すものと同じなのだ。
ローマ教皇レオ13世は回勅『フマメム・ジエメス』(1884年)のなかで、フリーメイソンの究極の目的について次のように述べている。
「〔彼らの目的は〕キリスト教がもたらした世界の宗教的、道徳的株序を完全に根絶やしにすることだ。
すなわち、社会の新たな構造の基礎と法律は、純粋な自然主義に基づいて設計されるということだ」
レオ13世は次のようにも述べている。
「フリーメイソンは常に革命を象徴する。現行の世の中とは逆の社会を作り上げ、その目的はオカルト的大君主制を社会にもたらすことであり、唯一の目標は神と教会に宣戦布告することだ」(ド・ボンサン『フリーメイソンとヴアチカン(Freemasonry and the Vatican』)
フリーメイソンに関するある専門家は、次のように述べている。
「〔フリーメイソンは〕破壊活動に利用できる人々をつかまえ、テストし、選ぶための網の役割を果たしてきた。革命指導部は可能な限り、無害な団体を隠れ蓑とし、無意識の無実の人々を自分たちの手下にする」(ミス・トッダード『蛇の痕跡(The trail of the Serpent )』)
彼女の指摘は、イルミナテイの創設者アダム・ヴアイスハウプトによって裏づけられている。
「〔フリーメイソンの〕ロッジは、我々の苗床となる。任務に適さない者はロッジに留め置かれる。そのままロッジ内の階級を進むが、その先にある上位の目標は一切知らされない」
(ウエブスター『世界秘密結社』)
さらに都合良いことに、これらの「間抜けな人間」あるいは 「役に立つ愚か者」たちの利点は、外部の批判に反撃してくれることだ。
無知な人間は騙されていると気づかずに、自分の貴重なアイデンティティーにしがみつくからだ。彼らは苦い現実を味わうよりも、心地よい嘘に浸っていたいのだ。
こうしてサタンは自らの責任を果たす。
ホロコーストは、ユダヤ人を騙してパレスチナを占領させ、「祖国」を建国するのに利用された。
イスラエルの真の役割は、ワン・ワールド政府の圧政下で、ロスチャイルド家の首都となることだ。
この目的を知った場合、何人のユダヤ人が自分たちの財産と命を懸けただろうか(本書第W部「シオニズムとホロコースト」参照)。
偽りこそがサタンの手段だ。イルミナテイは文字通りサタンの手下だ。
彼らの目標は、人々を陥れたのち、罪をすべてなすりつけることだ。果たしてこの真実を、一般のユダヤ人やフリーメイソンに伝える価値はあるのか。もちろんない。
真実を知れば、彼らはみな離反するだろう。彼らが真実に気づく頃は、もはや手遅れだろう。
ユダヤ人は、自分たちの歴史と宗教について無知のままの状態に置かれている。1世紀から19世紀の間に、ユダヤ教の歴史に関する本は一冊も書かれていない。
その後出版を許され、意見を主張できたのはユダヤ教擁護者のみだ。ノーマン・フインケルシユタインのような反体制派ユダヤ人は影響力のある立場から引きずり降ろされてしまう。
同時に、一般のユダヤ人は心地よい自己像(セルフ・イメージ)を与えられる。
彼らは、ユダヤ人が嫌われるのはユダヤ人指導者がキリスト教を攻撃し、新世界秩序という全体主義体制を築こうとしているからではなく、ユダヤ民族が他の人種よりも高度な知識と技術を持ち、社会正義に貢献しているからだと教え込まれているのだ。
不満を抱く人間が世界征服ゲームの手駒となる
「ユダヤ人とその世界的影響力に関する過去および現在における問題は、あらゆる事柄の根幹に関わっている」と、オスカー・レヴイは語る(『ロシア革命の世界的な意味』)。
現代史には、ユダヤ教カバラ信者の銀行家と、フリーメイソン、共産主義、シオニズム、自由主義、フェミニズム、社会主義その他を通じて彼らが選抜した人物による、キリスト教文明の転覆劇が列挙されている。カバラ主義者の銀行家は神になろうともくろんでいるのだ。
そのため彼らは神を拒絶し、教会を破壊しょうとする。そして 「世俗化」 が進む現在の社会は、さらなる暗黒時代への移行期間にすぎない。
キリスト教には一度として勝ち目はなかった。キリスト教は人々に精神的な完成を目指すように説いてきたが、ユダヤ教は富こそが神の思し召しだと説いた。
真の宗教がみなそうであるように、キリスト教は精神的な教義だ。
キリスト教は二つの秩序を想定している。一つは、魂と永還の生命に結びついた、道徳的(超俗的あるいは精神的)な高次の秩序。
もう一つは、現世と肉体と結びついた、物質的あるいは本能的な低次の秩序だ。
すべての真の宗教の本質は、低次の現世の秩序(拝金、欲望、権力)を守らせ、より高い精神性(真実、美、平和、調和、正義)へと人類を導くことだ。
禁欲主義者が売春宿を経営するなどあり得ないように、敬虔なキリスト教徒は金儲けのために売買する商人にはなれない。
敬虔なキリスト教徒は富の邪神ではなく、神に仕えたいと願う。
ユダヤ人はこの隙間を嬉々として埋め、はどなくして多くの商業分野を支配するようになつた(ヴエルナー・ゾンバルト『ユダヤ人と経済生活』)。
このように、キリスト教(と文明と文化)が肉体的欲望を抑制するよう求めるのに対し、ユダヤ教は多くの場合、自制を抑圧的で不健全だとする。
多くのユダヤ人が、肉体的欲求や機能を容認する自然主義を好む傾向があるようだ。
「汝の意思することを行なえ」は、イルミナチイの合言葉だ。
「情熱の求めるままにあらゆることを見境なく行なうことができれば、我々は常に幸せでいられる。良心は自然の声ではない。偏見の声でしかない」とサド侯爵は記している。
私は、サド侯爵がユダヤ人だったのではと疑っている。
魂と肉体の葛藤は明らかに普遍的な問題だ。身勝手さは、ユダヤ人組織だけの特徴ではない。しかしイルミナテイが支配するメディアと教育が、サド侯爵の意見を正当化した。
ちょうど、『シオン長老の議定書』が「我々がダーウィン主義、マルクス主義、ニーチエ主義を成功に導いた」と自慢したのと同じだ。
レオン・ド・ボンサンが指摘するように、ユダヤ人は常に「不信心の博士」、信仰の敵、反抗者の拠りどころであった(『ユダヤ教とヴアチカン』)。
私たちが切望する対象は過大評価されており、私たちの欲求を満たしてはくれない。
なぜなら私たちの渇望は精神的なものだからだ。イルミナテイは明らかにこのことをよく理解している。
イルミナテイ内部の人間であるハロルド・ローゼンタールは、彼らがどのようにして悪魔の所業を意識的に行なつているのかを説明している。
「お前たちは、満足感など得られない無価値の安物を私たちに与えられていると決して気づかない。お前たちは一つ手に入れて消費するが、満たされない。
そこで我々は新たにもう一つ与える。
我々は、お前たちが再び内に目を向けて真の充足感を得られないように、我々が無限に備えている表面的な娯楽を与えつづける。
こうしてお前たちは我々が処方する薬に依存するようになり、我々はお前たちを完全に支配するようになる……。
人々が決して満たされないように、獲得と買収を目的とする我々の思想に転向させた。不満を抱えた人間は、我々の世界征服ゲームの手駒となる。
このように、お前たちは決して満たされることなく常に求めるようになる。自らの外に幸せを求めるようになると、お前たちは進んで我々の僕となる」
一九四九年生まれの私は、社会が急速に金銭を中心とした考え方になっていると気づいた。
私が若い頃は、株式市場や不動産投機は現在ほど広くは普及していなかった。投資信託は非常に高度な事業だと考えられていた。
しかし今日では、一般の人々が株式市場に張りつき、多くがデイトレーデイングを行なっている。
不動産業では、経済が崩壊する最近まで「ハウス・フリッピング」(住宅コロガシ)が流行していた。
■権力・金銭・セックスの欲望は悪魔への信仰
キリスト教徒が永遠の命を選んだのに対して、ユダヤ教は地上と現世を選んだ。
ユダヤ教パリサイ派はこの世を楽園にすると決めたー自分たちにとっての楽園だ。
彼らは、自分たちが神になると決めたのだ。
このように神を否定し、その地位を奪おうとする姿勢を、私は「悪魔的」だと定義する。
これには、自然で善なるもの(男女間の愛、母と子の愛、すなわち真のフェミニズム)の否定と、他者を傷つけ従属させようとする欲求も含まれる。
無限の愛に代わる邪悪な欲求、つまりは無限の権力、金銭、セックスヘの欲求は、神ではなく悪魔への信仰を表わす。
そして新世界秩序の裏にある動機は邪悪、その一語だ。
フリーメイソンの指導者アルパート・バイクは、フリーメイソンがサタンを崇拝していると認めた。
「サタンの真の名は、ヤハウエの逆だ。というのも、サタンは黒い神ではなく、神を否定する存在だからだ。
そして案内役はルシファーだ!暗黒の神の名にしては奇妙で謎めいている。
ルシファーが朝の息子とは! 彼が光を掲げて道案内をしているのだ……本当のことだ!」(『道徳と教義(Morals and Dogma)』)
フラグイアン・ベルニュは、ユダヤ教は信者に神の民であるというよりも、ユダヤ人が神=民だと説いている。
「パリサイ人は、正統派ユダヤ人の法律に記されている全世界支配への約束を、モーゼの神による諸国家支配とは異なるものとしている。
パリサイ人は、ユダヤ人が世界を物質的に支配すると解釈している」 (『ユダヤ人とタルムード(Les Juifes et Le Talmud)』1913年)
1928年6月1日のルヴユ・ド・パリ誌に掲載された、カール・マルクスに宛てたバルーチ・レヴイの有名な書簡には、過激な表現がある。
また、彼の書簡を読むと、社会主義と共産主義が権力と財産を奪うための手段でしかないことも見えてくる。
「集合体としてのユダヤ民族は、自らの救世主となる。
救世主による全世界の支配は、人種の統合と国境の撤廃によって達成される。
栄えある世界共和国が出現し、イスラエルの息子たちが指導者となる。
我々は、大衆を支配する術を知っている。
プロレタリアートの勝利を通じて、すべての国家の政府は徐々にユダヤのものとなる。
すべての私有財産はイスラエルの王子たちの所有物となる 
彼らはあらゆる国家の富を手に入れる。
こうして、救世主の時代が到来したとき、ユダヤ人は世界のすべての民族の財産を手中に収めるとするタルムードの約束が実現する」
アメリカ共産党全国委員会の元メンバー、ベラ・ドツド女史は、モスクワと連絡を取る際に問題が起きた場合、ウォルドーフ・タワーに住む三人の裕福な資本家うちの一人と接触を図るよう指示されたと証言した。
ドツドにとって驚きだったのは、モスクワが、彼らが出す指示をすべて承認したことだ。
三人の男の名を明かすように求められた際、彼女は生命の危険があるとして答えるのを拒否した。
ただ、誰が共産主義を究極的に支配しているのかと問われた際は、単純に「サタン」と答えている。
■イスラエル・シヤミルが語るユダヤ教の実相
ユダヤ教からキリスト教に改宗したイスラエル人、イスラエル・シヤミルは、ユダヤ教が、キリストに代わってユダヤ人が神と人との仲介役になるよう説いていると警告している。
ユダヤ人は、この計画に乗るのか乗らないのかの決断を個人として下さなければならない (『パルデス(Pardes)』2005年)。
ユダヤ教は、魂の救済の代わりにユダヤ教のメシア信仰(ユダヤ教が唱えるところの人間主義的な「地上の楽園」の建設)、キリストの受難の代わりにホロコーストを置こうとする。
だからこそホロコーストは、第二次世界大戦で命を落とした総計6000万人の犠牲者よりも重視されるのだ。
シヤミルは次のように語る。
「イスラエルは、自らの精神的指導の下に世界を統合しょうとしている。
神の神殿は…ユダヤ教が支配する世界の中心地であるエルサレムに建設され、すべての国家は神殿に賛辞を送る。諸国家は、イスラエルに仕えることで神に奉仕する」
シヤミルはまた、ユダヤ人が神格化された場合、物質的利益と官能的快楽のみが神となると指摘する。
「ユダヤ教の文献では、エルサレムとイスラエルが神聖さを独占するには、諸国家およびイスラエル以外の世界の非神格化が必要だと記されている。
教会もモスクもなくなり、キリスト教司祭もイスラム教ラビもいなくなる。こうして世界は、俗悪な獣、国家、彼らの羊飼いであるユダヤ人が暮らす俗悪な砂漠と化す」
「小さなことから始まる。〔キリスト教の〕宗教的象徴が学校や公共の場から排除される。 しかし我々の魂は、この精神的な降伏をユダヤ教の勝利と受け取る」
「ユダヤ教の世界は一歩一歩確実に建設されている。
非ユダヤ人の教育水準と精神的生活の低下に、その影響が現われている。アメリカの映画は観客を堕落させている。
ユダヤ教の精神が完全に勝利するのは、無教養な人間に庇められた非ユダヤ教徒が、ユダヤ人の手に接吻し、ユダヤ人の指導をありがたく受け入れるときだ」
いわゆる「啓蒙主義」(「光を掲げる者」ルシフアーのためにある言葉)とは、実際には神が人類に用意した計画の否定であり、人間の傲慢さをたたえる無謀な主張なのだ。
私たちはこの邪悪な哲学によって、神・自然・真実を否定するユダヤ=フリーメイソン的唯我論の世界にますます引き込まれている。
ユダヤ人の大半は、上記の情報に対して「本当か?」と問うのではなく、「ユダヤ人にとって好ましくないのでは?」と反応するだろう。
現代の自己中心主義的な社会において、これが真実の基準となりつつあるのだ。
人類全員がユダヤ人化してしまった
ユダヤ人歴史家ユリ・スレズキンは、近代化が私たち全員をユダヤ人にしてしまったと指摘する。
近代主義とは、自らを神とした結果生まれた機能不全だ。現代の人間は、神と社会から疎外され、実は同時に自分自身からも疎外された異端、アンチ・ヒーローであるユダヤ人なのだ。
現代人は、真実からほど速い、自ら作り上げた現実に生きている。
ハリウッド女優ミア・フアローは、現代人の姿を神経症的でセックスに取り憑かれたウデイ・アレンに重ねる。
「ウデイは、自らがほとんど創り出し、管理する世界にとどまりながら、自らが下した決断に基づいて暮らしていた。 
彼は他の存在を認知しなかった。他者を自分の風景の一部としてしか認識せず、自分にもたらす価値のみで評価した。
したがって彼は共感することができず、誰に対しても何に対しても倫理的責任を感じなかった」(ミア・ファロー『捨てられていくもの(What Falls Away)』
私たちは自己中心主義的世界に生きている。
現代のユダヤ=フリーメイソン文化は主観的真実を高め、普遍的価値(すなわち、一般的な人間的経験。人が人であることに喜びを感じること)を遠ざけている。
私たちの文化は取るに足らない事柄と無価値なもので溢れている。
『となりのサインフエルド』は非常に良くできたコメディー番組ではあったが、内容に関してはまったく「無意味」なものだった。
同時に、身勝手さと自己陶酔をテーマにした作品でもあった。
新世界秩序NWOは他の支配体制と同じく、客観的真実を受けつけない。
彼らは、自分たちが人類を精神的、心理的、肉体的に隷属させようとしていると認めるわけにはいかないのだ。
そこで、真実そのものを無効にしようとする。
真実を知ることはできない、真実とは主観的なものだ。 
だが彼らは、真実とは人によって様々な解釈があり、本当のことは誰にもわからないと、人々に信じこませようとする。
歴史のなかでユダヤ人団体は、非常に破壊的な役割を果たしてきた。
彼らイルミナチイは人類を乗っ取り、人類の発展を阻害することで神の意思を覆し(「ロゴス(Logos)」、創造の先天的意図、理由、目的)、サタンの手下として働いてきたのだ。
「革命」の隠れた本当の意味は、神を覆し、イルミナテイ(すなわち中央銀行家、ユダヤ人団体、フリーメイソン)の自己利益を体現するルシファーに置き換えることだ。
その他の意味はすべて見せかけだ。
この事実は、キリスト教徒ラコフスキーに対するKGBの調書で裏づけられている。
「キリスト教は我々の唯一の真の敵だ。資本主義国家の政治的経済的現象はすべてキリスト教がもたらしたものに過ぎないからだ」
と彼は述べている(詳細は後述する)。
平和は「反革命的」である。 
なぜなら、戦争こそが革命をもたらすからだ。
このようにしてユダヤ人団体は、フリーメイソンという執行部隊を通じて、人種・宗教(神)・国家・家族に基づく個人および社会のアイデンティティーを常に破壊してきた。
彼らは戦争(イラクとアフガニスタンにおける戦争、今後はイランと第三次世界大戦が起こり得る)、革命、分裂、腐敗をもたらし、機能不全と混乱を常態化させようとしてきた。
■ハリウッド映画界を冒すルシファーの病巣
これらの行為はすべて、キリスト教が掲げる有益で自然な秩序が堕落した偽善的なものであると主張するためであり、ユダヤ教の神、すなわち共産主義、社会主義、そして彼らの最新の実験である新世界秩序が、キリスト教の秩序に取って代わらなければいけないと、証明したいのだ。
その結果ユダヤ人は、ジエンダーや結婚の概念を混乱させ、乱交、ポルノグラフイー、同性愛、妊娠中絶を推進するなど、率先してキリスト教の道徳観を破壊し、機能不全を生み出している。 
私のようなまともなユダヤ人は悔しい思いをしなければならないのだ。
たとえば近年フランスでは、50歳のユダヤ人歌手とその思春期の娘が近親相姦を当たり前のように歌うビデオクリップが登場している。
元仏首相でユダヤ人のレオン・ブルム(1872〜1950)は、1907年に次のように述べている。
「兄弟姉妹が恋人になるのはよくある自然なことだ」(『結婚(Marriage)』1907年)。
フリーメイソン出身の革命家ジユゼッペ・マッツイーニは、「我々は支配するために堕落させる」と述べている。
今日の映画で、道徳的模範を示す作品はほとんどない。
誠実で役に立つ内容のものはほんの少数だ。
ユダヤ人が関わるハリウッド映画は、下品、暴力的、下劣なものが多すぎる
(もちろん、2007年に公開されたジユリー・ティモア監督の『アクロス・ザ・ユニバース』のような素晴らしい例外もある)。
映画監督で脚本家のジャツド・アパトウは最近、自身の作品を象徴するスピーチを行なった。
彼は、10歳の娘が「お尻セックス」に対する異常な興味を示していること、娘の腰、娘のふくらみかけた胸、マスターベーションに対する自身の興味、灰色になりかけている自分の陰毛について語った。
スピーチが終わると、彼の作品のスター俳優セス・ローゲンが登場した。
ローゲンもユダヤ人だ。彼は自分の自慰習慣について話したあと、自身の葦丸についてひとしきり語った。
二人は映画会社の重役たちと付き合いがあるため、幼稚なホームムービーであっても世界的な配給とメディアによる賞賛を受けることができたのだ。
この気分が悪くなるような演説について、マイケル・ボスナー(彼はまともなユダヤ人だ)は次のように書いている。
「彼らの話を聞いていて、作品のなかでセックスはまるで関係ないような印象を受けた。二人とも、セックスについて何も意見を述べなかった。
たとえセックスの話が出たとしても、二人から興味深い発言はなかっただろう」(グローブ・アンド・メール紙、2008年7月21日付)
彼らのような映画製作者は、自分たちが素晴らしいと思っている。
彼らは、社会にわずかに残されている人間の尊厳、純粋さ、品位を踏みにじることが洗練された行為だと勘違いしているのだ。
彼らは常に「抑圧」と戦っており、あらゆる性的欲求に興じ、自分たちのお漏らしについて子供のように自慢する。
大の大人がなぜ、このような猥喪行為を勇敢で啓発的なものだと主張するのか。 
彼らはそうすることで、慣習、すなわち人間の尊厳や品格を舷めているだけでなく、神を嘲っているのだ。
というのも、彼らが意識的あるいは無意識に神として崇めるのは、自然で精神的な本質的株序への反抗を象徴するルシフアーだからだ。
ユダヤ人団体の姿は、歩調が合わずに行進する兵士を思い起こさせる。
他の兵士たちに注意されても、彼は金とメディアのカを使って、逆に周りの兵士たちのほうが間違っていると図々しく説得してしまう。
この話を宇宙レベルに引き上げたものが、新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)だ。
世界の歴史はバイク予言の通りに進行している
キリストの礫刑は、愛、真実、善、美といった絶対的な精神的理想に基づく神聖な株序の拒否を象徴する。
神とは、これらの理想が私たちにとって自明である精神的存在だ。私たちは、これらの理想を表現するために地上に遣わされている。
キリストが神であるかはわからないが、少なくとも、神と神の理想を体現していると私は思う。
キリストは、すべての人間に自分を見倣うよぅに説いている。神とは現実だ。私たちは真実からそれるたびに現実から逸脱し、絶滅の危機にさらされていくのだ。
食欲とセックスが、人間の肉体的欲求であることはみな知っている。 
同じように、私たちの魂は精神的理想を求め、神を欲している。
このことは、私たちに魂が宿っていること、実際には私たち自身が魂であることを証明している。しかしその魂が信じられなければ、決して魂の声に耳を傾けることはできない。
精神的理想が究極の現実であると理解できなければ、その理想を真剣に受け止めることは決してできないのだ。
新世界株序は、神を引きずり降ろし、その座にサタンを据えようとする試みだ。黒を白とし、悪を善と主張する体制だ。
少数が利益を得てその他大勢を隷属させるための、偽りの現実を作り上げる体制なのだ。
現代を生きる人間は、誰一人として礫刑の責任を負わされるべきではない。しかしキリストが示した精神的秩序を乱す行為には、責任を問わなければならない。
ユダヤ人はバブルを生きている。自分たちが素晴らしい民族であり、根拠のない迫害を受けていると信じこまされているのだ。
ユダヤ人社会は、規制されていない自己批判をほとんど受けつけない。西洋社会は、ユダヤ人社会のような閉ざされた社会に急速になりつつある。
真の自己批判とは、自己嫌悪ではない。
繁栄と生存に不可欠な行為だ。
ユダヤ人は、新世界秩序におけるユダヤ人団体の役割について、真実を知らされていない。
シオニズム(アメリカ、EU、イスラエル)が攻撃の一方であり、反ユダヤ主義(ロシア、中国、イラン)がもう一方の旗手だ。
私はイルミナチイの銀行家が、両陣営が互いに破壊しあうよう企んでいるとにらんでいる。
集団自殺するといわれる小動物レミングのように、私たちは自ら崩壊に走ってはいけない。
新世界秩序の主な動機は、政治的、人種的、あるいは秘伝的なものなのか。
三つとも互いに補完しあう重要な要素だが、私は「赤い交響曲」(レッド・シンフォニー)に基づき、権力(政治的動機)を第一に据える
(「赤い交響曲」文書の詳細は本書で後述する)。
イルミナチイ「内部の人間」(インサイダー)であるチャイム・ラコフスキーは、1937年に次のように述べている。
「〔銀行家が〕自ら創出する無限の金を支配しているからといって、彼らの野望がそこでとどまるわけではない。
銀行家たちは権力、それも最大最高の権力を握りたいとの邪悪な衝動に駆られている。彼らは、史上前例のない『完全な権力の機関』として共産主義体制を実現させた。
すでに国家や世俗政府を部分的に支配している人間が、完全な支配をもくろんでいると人々は気づいているだろうか。
この完全支配こそが、彼らが唯一まだ達成していない目標だと気づかなければならない」
イルミナテイを創設したのはユダヤ人だが、イルミナテイは非イルミナテイ・ユダヤ人、ユダヤ教のメシア信仰、フリーメイソンをすべて利用して、この目標を達成しようとしている。
ルイス・マーシャルは有名な書簡(1918年9月26日)のなかで次のように述べている。
「シオニズムは遠大な計画における一事件でしかない。 強力な兵器を備え付けるのにちょうど艮い杭のような存在でしかない」。
マーシャルは、中央銀行家クーン・ロープの弁護士であり、ユダヤ人団体の熱烈な支持者であつた。
多くのユダヤ人がシオニストであるため、「遠大な計画のなかの一事件」が存在しなければならない。
真実が私たちに牙を向けるまで、目をつぶっているわけにはいかない。  本書では詳細に述べるが、ヒトラーを創出し、資金援助したのは銀行家たちだ。
究極的には、彼らはホロコーストを引き起こした犯人だ。
ポールとマックス・ウォーバーグは、ヒトラーを資金援助し、彼の戦争マシンを作り上げた巨大企業複合IGファルベンの当時の理事だった
(アントニー・サットン『ウォール街とヒトラーの台頭(Wall Street and the Rise of Hitler)』1976年)。
彼らが定める目標は第三次世界大戦だ。 
最近の出来事は、約140年前にアルパート・バイクが予告していたとおりの展開で起きている。
新世界秩序のCEOであるヘンリー・キッシンジャーは、次のように述べている。
「2000年ものあいだ迫害されつづけた民族なのだから、何か悪いことをしたに違いない」
私たちの過ちは、指導者を信じていることだ。
ユダヤ人とフリーメイソンは全体主義的警察国家を密かに建設するために利用されている。
彼らは金、セックス、暴力を奨励する偽りの文化、自己破壊を決定づけられた滑稽な「時計じかけのオレンジ」を作り上げているのだ。
「幻がなければ民は堕落する」 (箴言、29章18節)

臥龍庵
https://blogs.yahoo.co.jp/kbypg643/21393978.html
https://blogs.yahoo.co.jp/kbypg643/MYBLOG/yblog.html?m=lc&p=25
https://blogs.yahoo.co.jp/kbypg643/MYBLOG/yblog.html?m=lc&p=55



posted by datasea at 10:54| Comment(0) | △ オカルト主義研究者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

[動画][資料] 動画メモ:Skydome Atlantis,天体ホログラム・システム
























pp6520181100221.png





















映画「Brade Runner2049」のシーン。
福島双葉町のような放射能禁止区域の隠れアジトに住むかつてのBrade Runner。。
彼の所有するホログラム映像システムで過去を偲んで生きる。

vfdfdsfsd pc

posted by datasea at 21:22| Comment(0) | △ オカルト主義研究者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

アングロサクソンミッション

bill-1
2010/5/14

youtube
http://www.youtube.com/watch?v=Mj--c9wYCmM&feature=PlayList&p=05F37A0C0EBB10D6&playnext_from=PL&index=0&playnext=1
http://www.youtube.com/watch?v=IG44y3wM5fg&feature=PlayList&p=05F37A0C0EBB10D6&playnext_from=PL&index=2&playnext=3





(要約)
アングロサクソンミッション
2010/5/14
あることをやろうとしていてしかもとても急いでいる。ここが重要です。
とても急いでいるのです。
この一連の出来事を展開していこうとしている。
さて彼が説明したのは一連の出来事がどういう順序で起こるかでした。
それはイスラエルのイラン攻撃ではじまります。
いまはまだ起きていませんが、そのことを起こそうとしている勢力がある。
そういう兆候はたくさんあります。
過去2年間のニュースを辿るだけで大衆がその手の正当化に馴らされているということがよくわかるでしょう。
イランはわるいやつらだ。
攻撃されても仕方がないと。
そう仕掛けられていたのです。
そのことがチェスの最初の一手というわけです。
その計画はイランまたは中国に報復するように誘因します。
我々の証言者は軍関係者ですが、このことは公になっていませんが、彼はイランが核兵器をもっていることを限りなく確信しています。
中国からイランに核兵器が密輸されていると信じています。
そしてこれはすべて計画されていることであり、これらの支配勢力にとってはイランが核兵器をもっていることは問題ないわけです。
使ってほしいわけですから。
計画ではイランが核攻撃されたあと、イランか中国に核兵器で報復してほしいわけです。
この時点で中東で核兵器の協定がおこり停戦になるということです。彼はこのことが会議で話されているのを聞いたのです。
つまりこのことは映画のシナリオのように演出されたことなのです。
さらに、この戦争が起きている間にほかのことも計画されています。
国民を厳重に管理する厳戒令のようなものが欧米諸国で敷かれつつあるのです。
厳戒令というのは、非常時に軍や警察などに活動の権限を多く与えるという条令です。
この証言者によれば、たとえばイギリスでは警護員が市民を逮捕、拘束したり、市街地でおきる暴動を処理する権限をあたえられてきているそうだ。
ここでいう警護員とはふつうに駐車違反でキップを切ったりする警護員のことだ。
そういう人たちの権限が同様のやりかたで大きくされているのです。
また去年オバマ大統領はアメリカ国内に国家警察なるものをつくりアメリカ国内の暴動などに対応しちょうとしています。
それからこういう狂ったシナリオが展開する中で中東では核兵器の交換が計画されている。まずこういった戦争がおきて世界中が中東を恐怖の目でみる、そうしたら彼らは各国政府を通して市民がおこすトラブルや通信や会話等を強く規制するようになるでしょう。各国政府の政治家は、飛行機にテロリストが乗っていないか調べるため、ショッピングモールにテロリストがいないか調べるためだとアナウンスするでしょう。そして各国の国民はこれを聴いてパニックになる。そしてこの規制は正当化されるでしょう。
これが全欧米諸国でおきる厳戒令状態です。
さらにこれらのプロセスはあることのはじまりに過ぎません。
この戦争をみて各国の国民は怯えます。どの国の国民もマスコミによってつよく支配されているわけです。
そしてチェスの次の一手です。
中国に生物兵器がバラ蒔かれます。
生物兵器はインフルエンザウイルスのようなもので中国国民をターゲットにした兵器です。
中国人に特に選択的に作用する兵器です。会議でこの話をしていた人は笑って言いました。
「中国人がカゼをひくんだよ。」
と。そしてその後その生物兵器は世界中にひろがり突然変異をおこす可能性があるとも言っていました。
そして次に中東で限定的な核戦争がおきます。
さらに世界中でパンデミックがおきます。
はっきりわかるくらい沢山の人が死に世界はパニックになります。
そして欧米では全体主義的な軍隊が国を厳重に管理することになるわけです。
彼によればこの後本当の戦争が始まるということです。
おそらくもっと大量の核攻撃がおきて第三次世界大戦がはじまるということです。
ここまできて私は彼に訊きました。
この計画の目的は何ですか?
単なる人口削減のためですか?と。
彼は言いました、
「その通りです。これは人口削減のためです。」。
私は訊きました、
「数字などは決められたのですか?」。
彼は言いました、
「50%です。これはジョージアガイドストーンによりきめられているのです。」。
ジョージアガイドストーンについて解説しましょう。
ジョージアガイドストーンとはジョージア州にある記念碑の名前です。
何年も前に匿名で建てられた記念碑だそうです。
この記念碑には8ケ国の言葉で文字がかかれており、まるでニューワールドオーダーのマニュフェストのようです。
ジョージアガイドストーンに書かれたニューワールドオーダーのマニュフェストとは全世界で500万人の人口ということです。
今私がこの話をしている時点で世界の人口は70億人ですから500万人ということは圧倒的な人口の減少です。
つまり95%の人間がこの世界から消えるということです。
50%というのはこの95%にいたる1プロセスなのです。
なぜ彼らは急いでいるのでしょうか?急ぐのには理由があるのです。
彼がそれを言うとき彼はこの計画には名前があると言いました。
彼は言いました。
「それはアングロサクソンミッションです。」。
私は過去にこの名前を聞いたことがありました。
それは歴史上の十字軍に関する名前です。
話がすすむにつれ私は段々とそのことがわかってきました。
これはあくまで私の考察です。
が、皆さんに事態を理解していただくためにあえてここで私の考察をみなさんとシェアしたいと思います。
私が信じるにこと計画とはヒットラーが誇りに思うような非常に邪悪なマキャベリ的な直視できないような信じられないような内容です。
計画されている順番は次の通りです。
1 イスラエルがイランを攻撃する
2 停戦になる
3 全欧米諸国が厳戒令状態になる
4 中国に生物兵器がバラ蒔かる
5 第三次世界大戦がはじまる(この時点で全人口は今の50%になっている。)
このような状況下では社会のインフラがストップします。
スーパーマーケットには食料はなくガソリンスタンドにはガソリンはありません。
電気もストップします。
通信もストップし水も飲めません。
人はこのような状況でやりくりする手段をもたずビクトリア時代に逆戻りするかたちとなります。
菜園をもっているひとはほとんどいないでしょう。
馬も荷馬車もないでしょう。
現代文明はとてももろいのです。そして支配者たちはその事を知っているのです。
私はここで訊きました。「なぜ彼らは急いでいるのです?
第三次世界大戦をうまくやるならたっぷりと時間をとって慎重にすすめたらいいじゃないですか?
20年後だって30年後だっていいじゃないですか?」。
彼は言いました。
「この計画はこの先18年ぐらいを時限目標にしている。つまり2011年中旬あたりをメドにしている。
実はこの計画は日程で決められた計画ではないので確信がない。」。つまりこの計画は出来事によりすすめる計画なのです。
これはあれの前におこる必要があり、それjから次の事がおきる。
つまりたくさんのドミノが倒れるまえにたくさんの出来事をそれぞれの場所に配置しておく必要があるというわけです。
そのことで彼らはスケジュールから遅れているようだと言っているようなのです。
計画された出来事のなかで絶対にまだ起きていない出来事があります。証言者ヘンリーディーコン氏の情報です。
ディーコン氏は2006年に中国で2008年に戦争がおきると言っていました。
しかしこの戦争は起きていません。
私は彼に訊きました、
「どうしてこんなことをするんですか?」。
彼はこう答えました、
「この世の中で命令を下している人々、つまり、イルミナティ、支配者、秘密結社など、名前はいろいろあるが、この人たちは近い未来に大規模な地球物理学上の事件がおこると信じている。内部関係者たちがこのことがおきるだろうと懸念しているということだ。」。すでに何兆ドルものお金が地下基地の建設に使われています。そして我々はその地下基地の存在すら知らないのです。スヴァーバルにあるシードバンクというものをご存知ですか?ここには世界中の植物の種が集められノルウェー北部の花崗岩でできた地下貯蔵庫に納められているのです。このシードバンクもそうですがまるでこういった貴重な資源にとって脅威になるような出来事がおこるかもしれないというかのように多くの予防措置がとられているのです。イルミナティの内部情報として大規模な地球物理学上の事件が1万5千年ごとにおきているということなのです。アトランティスに本当におきたことは2〜3千年前に焼け落ちたアレクサンドリアの図書館にあったようですが。その情報の多くが回復されてバチカン図書館に収容されているという話もあります。もしポールシフトのような地球規模の災害がおきるとしたら戦争を起こすというのはまったく見当違いであるように思います。人を救うとかそういうことのほうが筋が通るわけです。この証言者によれば第三次世界大戦のシナリオがつくられている理由は西洋諸国の政府が中国だけをのぞいて自国の国民を全体主義体制で支配するということからではないかということ、そして地殻大変動のあと最高の装備でニューワールドを復旧しようということではないのかと彼は考えているようです。そういう理由で彼はこういうことがおきているのだと考えているようなのです。
これは私の考察ですが、アングロサクソンミッションという名前から考えるに、これは、白人の人種差別主義者の計画予定ではないかということです。
「ニューワールド」、
この短い言葉を考えてほしいのですが、もしも大規模な地殻変動がおきたあと新しい世界をつくるのなら彼らはそれを白人(アングロサクソン)にやってほしいと考えているのではないかということです。中国がやるのはイヤなのです。まず中国を排除してそのあとアングロサクソンがほかのアジアやアフリカの国々とニューワールドを復旧しようと考えているのではないかということです。中国以外の国は大規模な地殻変動がおきたあと自力で復興するような力はないだろうと考えているのではないかということです。これは2009年のジョーダンマクスウェル氏とのインタビューで聴いたことなのですが、ヒトラーの時代やそれ以前の時代から繰り返しいわれてきている「新しい日の夜明け」という言葉についてマクスウェル氏はずっと研究してきたと言っていました。「新しい日の夜明け」という言葉にはとても重要な意味があり、大規模な地殻変動などがおきうと彼らは信じているようなのです。2012という映画では洪水や地震や津波のあとあのような大きな船が雲のしじまから陽がさす静かな空にでていく。それが新しい日の夜明けだというわけです。現代のノアの方舟です。そしてアングロサクソンを中心にして生き残った人たちが新しい世界をつくっていくというわけです。まさにこのことば「ニューワールドオーダー」そのものです。ニューワールドオーダーとは大変動のあとの世界の秩序なのかもしれません。そのニューワールドを治めるのはだれなのか?オバマ氏であるのかもしれません。
しかし我々はここで気づくべきことがあります。
私はなぜこのことがおきると信じていないのか?
私はその理由を考えました。
計画にはあったが起きていない事がたくさんあるからです。
2007年8月30日マイノット飛行場からB25爆撃機がミサイルを装備してルイジアナ州パークスデイル基地まで飛んだのですがこのようなことはありえないことなのです。ミサイルを装備して飛ぶなど違法行為であってはならないことでした。このことには理由があり、多くの方はおそらくご存知ないと思います。2007年8月匿名の投資家グループが2007年9月21日以前に株式市場が暴落することに20億ドル投資していたのです。賭けがあたれば45億ドルもうかるという投資でした。プットオプションというものですが内部関係者はこれをビンラディントレードと言っています。それが9月11日ごろに起きたからだと言います。さてその投資家はそれがおこらなかったので賭けに失敗しました。計画は失敗したのです。株式は暴落しませんでした。爆撃機はそれ以上遠くへはいかず皆が知るようにそれは第三次世界大戦のはじまりとして計画されたことだったのです。でもそうはなりませんでした。さっき言いましたがヘンリーディーコン氏が2008年に中国で戦争がおきると言いましたがそれは起こりませんでした。ディーコン氏は本当の計画をきいたのでしょうがこれは起こりませんでした。他にもおきなかったことはたくさんあります。豚インフルエンザはパンデミックになりませんでした。今でさえこのパンデミックを2年延長しようという話があるようですが何も起きていません。イギリスではこれを「ティーカップのなかの嵐」と言っています。
ものごとが変わってきているということ。デビッドアイクの活動を追いかけている人々はかなりいます。
我々は彼を支持しています。
彼は言います、「我々は無限の意識である。」。
我々はずいぶん前にこのことを忘れてしまいましたが我々は神のような不死の存在なのです。
我々が自分たちの存在に気づくことはとても大切なことで、この窮地から我々自身を救う唯一の重要な道である可能性があります。

local pc





私はここで訊きました。「なぜ彼らは急いでいるのです?
第三次世界大戦をうまくやるならたっぷりと時間をとって慎重にすすめたらいいじゃないですか?
20年後だって30年後だっていいじゃないですか?」。
彼は言いました。
「この計画はこの先18年ぐらいを時限目標にしている。
つまり2011年中旬あたりをメドにしている。
実はこの計画は日程で決められた計画ではないので確信がない。」。
つまりこの計画は出来事によりすすめる計画なのです。
これはあれの前におこる必要があり、それjから次の事がおきる。
つまりたくさんのドミノが倒れるまえにたくさんの出来事をそれぞれの場所に配置しておく必要があるというわけです。
そのことで彼らはスケジュールから遅れているようだと言っているようなのです。

youtube
http://www.youtube.com/watch?v=Mj--c9wYCmM&feature=PlayList&p=05F37A0C0EBB10D6&playnext_from=PL&index=0&playnext=1
http://www.youtube.com/watch?v=IG44y3wM5fg&feature=PlayList&p=05F37A0C0EBB10D6&playnext_from=PL&index=2&playnext=3

posted by datasea at 03:02| Comment(0) | △ オカルト主義研究者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

Albert Pikeの世界大戦予言


2017年11月8日
1870年,イルミナティグランドウィザードAlbert Pikeの世界大戦予言
「三つの世界大戦は、第三次世界大戦は,イルミナティの『agentur』による内部対立によって引き起こされなければならない
政治的シオニズム(political Zionism,=イスラエル)とイスラム世界(the Moslem Arabic World)との対立から引き起こされなければならない。
両世界がお互いに破壊するように戦争を進める必要があるが,
この対立から離れて傍観していた他の国々は,最終的に同盟して対立に加わり物理的,道徳的,霊的,経済的な限りを超えて戦わねばならない。

disclose.tv
https://www.disclose.tv/in-1870-illuminati-grand-wizard-albert-pike-predicted-how-the-three-world-wars-will-start-315765

ZetaTalk
http://zetatalk.com/ning/31ma2018.htm
http://www.zetatalk.com/ning/31ja2018.htm
http://www.zetatalk.com/newsletr/issue588.htm
http://www.zetatalk.com/ning/05fe2011.htm
http://www.zetatalk.com/ning/30sp2017.htm
http://www.zetatalk.com/ning/05fe2011.htm

Earth Changes and the Pole Shift
http://poleshift.ning.com/forum/topics/zetatalk-chat-for-april-30-2018?id=3863141%3ATopic%3A1088119&page=3#comments
http://poleshift.ning.com/forum/topics/zetatalk-chat-for-may-31-2018

Red Sparrow
https://youtu.be/PmUL6wMpMWw

posted by datasea at 11:18| Comment(0) | △ オカルト主義研究者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする