2018年12月14日

ローマ法王,枢機卿3人を中枢組織から外す

ローマ法王,枢機卿3人を中枢組織から外す
これがホントの「☆信じられないが、本当だ」・5493
2018/12/14(金) 午前 7:01
バチカンでも粛清の嵐が吹き荒れているようでして、ねえ・・( ̄▽ ̄)
ーーーーーーーーーーーーーー
ローマ法王、枢機卿3人を中枢組織から外す
ローマ(CNN) バチカン(ローマ法王庁)は12日、ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王が高齢を理由に枢機卿3人を顧問評議会から外したと発表した。
ただ、3人のうちの2人は世界各地のカトリック教会で発覚した未成年者らへの性的虐待問題への関与もしくは隠蔽(いんぺい)疑惑を抱えている。
同評議会は、法王が2013年に就任した直後に発足させたもので枢機卿8人から構成。教会の組織改革などの方途を検討していた。
バチカンの声明によると、今回除外された3人は
ジョージ・ペル(77)、
ハビエル・エラスリス(85)と
ローラン・モンセングオ・パシンヤ(79)
の各枢機卿。
オーストラリアの警察によると、ペル枢機卿は今年6月、豪州内で過去30年の間に起きていた性的暴行事件で訴追された。
同枢機卿は豪州のカトリック教会で最高位にあるが、訴追を受けバチカンは休職処分に置いた。
枢機卿は身の潔白を唱え、事件は虚偽とも主張している。
カトリック教会のメディアによると、エラスリス枢機卿はチリの首都サンティアゴの大司教に在任時代、聖職者の虐待問題の報告を看過した容疑で地元の検察当局の調べを受けている。
同枢機卿はこの疑惑を否定し、先月には任期切れを理由に顧問評議会から離れると主張していた。
ペル、エラスリス両枢機卿は顧問評議会の創設時のメンバーとなっていた。 (CNNより抜粋)

歴史好きのダボラ吹き


posted by datasea at 14:44| Comment(0) | % 聖マラキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

聖母マリアの予言

「オリーブの栄光」が過ぎた後は???:「聖マラキの予言」+「聖母マリアの予言」
聖マラキの予言
最終112教皇の欄の言葉
ローマ聖庁が最後の迫害を受ける間、ローマの人ペテロが法王の座に就く。
ローマの人ペテロは多くの苦難のさなか、子羊(キリスト教徒)を司牧する。
この苦難が去ると七つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下される。おわり。
みなさん、こんにちは。
手塚治虫の「鉄腕アトム」の時代、まだ20世紀も中盤過ぎた頃で、21世紀は夢のまた夢、
さぞすごい世界が待っているだろうと思っていた。
また、1970年の大阪万博の姿を見て、21世紀にはきっとあんな建物で世界中が覆われて、我々人類も世界平和を実現し、
太陽系を自由自在に飛び回るに違いないと思っていたものである。
あれから40年。
はて? 何が変わったか?
実際は、そんな世界からはまったく異なり、むしろ逆行した世界に住んでいる。
ここ徳島でもまったく40年間変化も進歩もなく、私が育った40年前の関東の姿がそこにあるだけのことであった。
いったいどうしてこんなことになってしまったのだろうか?
おそらく、手塚治虫先生もきっと残念な思いにかられつつ、この世を去ったのだろう。
先日ここにメモした本
フリーエネルギーの挑戦
には、そんな未来の科学技術を実現しそうなものが紹介されていた。
さて、今回は、この本にあるそういうフリーエネルギーやら、未来技術の話は私自身はよく理解できているから、またの機会にして、その本の一番最初に出て来る話題をメモしておこう。なんと、この本の最初の章は
「1999年、人類は滅亡するのか?」
というものであった。
この本は、1992年に出版されたものである。
だから、それから徐々に「ノストラダムスの大予言」の時代に突き進むという時代背景であった。
まだ、オウム真理教も全盛期であり、着々とハルマゲドン(=アルマゲドン)を準備していたという時代である。
そして、1995年に「松本サリン事件」や「地下鉄サリン事件」を起こし、多くの犠牲者を出すことになる3年前のことである。
その時代に、著者の山崎隆生という、「予言公証研究家」という職業の人物が、当時までに知られた、世界中の預言の数々を分析し、「フリーエネルギー実現こそ、人類の未来がかかっている」と分析したのであった。
その「予言公証学」というのは何か?
というと、これは、この世界中に存在する預言や予言の数々、例えば、
「聖ヨハネの予言」、「ノストラダムスの予言」、「聖マラキの予言」、「聖母マリアの予言」、
などなどを、その予言の歴史、内容、意味や解釈などを「予言理論」の基本に立ち返って、当時の予言をまとめたものであったようである。
要するに、「予言公証学」とは、「予言理論」に基づいて、科学的にあるいは分析的に「既知の予言」を分析する研究というものであるらしい。
さて、その「予言公証学」の基礎概念として、2つのこれまたあまり知られていない話がある。それが、「予型」と「3Sテスト」というものであるという。
(あ)まず「予型」とは何か?
これは、地震を例にすると実にわかりやすい。地震では、100年に1度の割合で、関東大震災が来ますよ、というような予測がされる。つまり、いわゆる「本震」である。
これが、予言考証学でいうところの「予言」に当たる。
「本予言」といっても差し支えない。
これに対して、本震が来る前に、非常に似たような地震、それも規模が小さいものが起こる。
こういうものを、本震を予兆しているものとして、「余震」と呼んでいる。
これが予言考証学でいうところの「予型」というものである。
要するに、「予型」とは、「本当の予言」の前触れとなって起こる一種の擬似的予言の成就のようなものをいう。
この意味では、第二次世界大戦の「ナチスの誕生」は、「第三次世界大戦」で「人類が滅亡の危機」に陥る「本予言」に対する、1つの「予型」と考えるのだ、
というのが、山崎氏のいう「予言考証学」的解釈ということになるらしい。
実にもっともらしく、わかりやすい。
(い)次の「3Sテスト」とは何か?
というと、これは、実に不可解な非物質界的な予言の研究にふさわしいものである。
簡単にいうと、こんなものらしい。
まず、予言(や預言)には、霊界(あっちの世界)のボスである神様の行った預言と、現界(この実世界のこと)のボスであるサタン(=悪魔)の行った預言と2つあるという。
ところが、予言者が行う預言というものは、いわゆる「幽体離脱」やらなんやらで、あっちの世界(霊界)に行く場合と、こっちの世界(現界)に行く場合の2つがあり、
そこから帰ってきてきから、「啓示」という形で預言の書を書き留める。
ところが、それが現界に住む普通の我々の目には分からない。
いったいその予言は、神様が見せてくれた預言なのか、悪魔が見せてくれた偽預言(=一種の落とし穴=罠)なのか判別できないというわけである。
そこで、世界の「預言公証学者」たちは、考えた。それを分離する方法が必要だ。
そこで考えだされたものが「3Sテスト」というものらしい。
この「3Sテスト」とは、次のようなものである。
(1)Satan(悪魔)の存在
(2)Sin(罪)の存在
(3)Salvation(救い=贖罪)の必要性
まあ、詳しくはその本を読んでもらうしかないが、
(1)のサタンの存在とは、悪魔は神にすり替わって人間を地獄へ落とすための罠をかける。
だから、預言の中にそういうものがあるかないかを調べるということである。
(2)の罪の存在というのは、人間はもともと罪深く罪を犯すものである。
だから、罪を償う行為、つまり、自分が罪を犯したことを認めて改心すればそれはそれでよろしいという考え方の有無であるという。
(3)の救いの存在とは、この現実界(現界)がどんなものであろうと、この現界に生を受けたのは、試練を受けるためであり、
その試練を乗り越えれば(合格すれば)本来の魂の故郷に帰ることができるというような考え方だという。
預言の中にこれら3つが確実に入っているものは「神サイド」のものであり、これらを否定するものは「悪魔サイド」からの罠だという。
こうやって分類するものが「3Sテスト」というものらしい。
まあ、ご自分でチェックしてみたら面白いだろう。
さて、私がこの章の何が面白いと思っているかというと、こういった「預言考証学」の基礎知識もさることながら、
1992年の、まだ「ノストラダムスの大予言」ブームでこの世が大騒ぎの時代に、
この著者はもっと先の「聖マラキの預言」と「聖母マリアの預言」、さらには「聖ヨハネの預言(=「ヨハネの黙示録」)」などを分析していたというところである。
こういう意味では、この本のこの章は、いわゆる「スピリチュアル」系の人々には必読の書といえるかもしれないですナ。
この中の「ヨハネの黙示録」は、いわゆる陰謀暴露系の話では、NWOやイルミナティーやシオニストの遠大な世界征服の話としてよく知られているから、ここでは繰り返さない。
そこで、その本にある、「聖マラキの預言」と「聖母マリアの預言」というものをメモしておこう。
「聖マラキの預言」とは?
これは、ローマ法王の歴代の教皇に対する預言で、昨今、ローマ法王が存命中に退位するというので、欧米では話題騒然となっているものである。
だから、今では非常に有名な預言である。以下のものである。
聖マラキの預言
109.月の半分によって De medietate lunae- ヨハネ・パウロ1世(1978)
彼は半月の日に生まれた。また、教皇就任の日に下弦の月だったことなどと結びつけられることもある。
110.太陽の働き(作用)によって De labore solis- ヨハネ・パウロ2世(1978-2005)
彼は1920年5月18日[1]インド洋上で部分日食が観測された日に生まれ、2005年4月2日に84歳で他界した。
2005年4月8日[2]に南太平洋から中南米にかけて、珍しい「金環皆既日食」が起こった。
また彼は地動説を提唱したコペルニクスが学び、その学説の基盤を作ったポーランドのクラクフ近郊の産まれである。
111.オリーブの栄光 Gloria olivae- ベネディクト16世(2005-)
彼が襲名したベネディクトは聖ベネディクトゥスと結びつきが深い(ベネディクトゥスはオリーブの枝をシンボルとするベネディクト会の設立者である)。
(112?.)
ローマ聖教会への極限の迫害の中で着座するだろう In p’secutione. extrema S.R.E. sedebit.
ローマびとペトロ 、彼は様々な苦難の中で羊たちを司牧するだろう。そして、7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下る。
終わり。
Petrus Romanus, qui pascet oues in multis tribulationibus: quibus transactis ciuitas septicollis diruetur, et Iudex tremendus judicabit populum suum. Finis.
(最後の部分のみ引用)
この中の「オリーブの栄光」と呼ばれたのが、現教皇の
「ベネディクト16世 (ローマ教皇)」
である。
こういった法王たちの将来や存命中の出来事について、預言したのが、「聖マラキの予言」である。
そして、上の本の山崎隆生氏の文章(1992年)ですでにこのことが書かれ、分析されていたのである。だから、面白い。
山崎氏はいう。
もし読者がヨハネ・パウロII世の暗殺をニュースで知ったら、「ああ、もう終わりだ!」と思うしかないのだ。(1992年)
この「ヨハネ・パウロII世」とは、現在の法王の1つ前の法王
ヨハネ・パウロ2世
のことである。
すでに死んで、コンクラーベの結果、今の教皇に変わった。
さて、
「聖マラキの予言」ではこのあたりをどう書いているのか?
実は、「聖マラキの予言」とは、大筋を語ったにすぎないもので、どうやらそれを「聖母マリアの予言」というものが、補完したという。
だから、「聖母マリアの予言」+「聖マラキの予言」で見ないと理解不能らしい。
では、「聖母マリアの予言」とはどんなものか?
聖母マリア「現在私達の教皇ヨハネ・パウロII世の統治は、『太陽の労働者』であす。
彼の教皇位は、かん難の時の最初の半期です。
私はこの知識をあなたに与えます。
私の甘美なる子たちよ、そうすれば、あなたたちは、自分が今いる時代の重大さを理解できるでしょう。
かん難の第二の時期に、私たちの教皇の殉教があり、世界に大天罰が下ります。
 かん難の時の後半は『オリーブの栄光』−−ユダヤ人のための教皇の統治となるでしょう。
なぜなら、ユダヤ人は偽りのメシア(反キリスト)の指導者を待っているからです。」(1990年5月18日)
聖母マリア「ロシアは、ヨーロッパの各国に向けて進軍するでしょう。
そして、サン・ピエトロ大聖堂(教皇のいる所)の塔の上にロシアの国旗を立てるでしょう。
イタリアは、大変革の試練を受け、ローマは多くの罪、とくに不純な罪によって、血の浄化を受けるでしょう。
教会の信徒は追い散らされ、ローマ教皇は大いなる苦痛を味会うことになるでしょう。」(未公開メッセージ)
聖母マリア「この数年のうちに、約六ヶ月ほど続く革命がフランスで発生します。
そして、ヨハネ・パウロII世は殉教します。カトリック教会には、同じ名前の教皇、すなわちペトロII世を主張する二人の教皇が出てきます。
そのため大混乱の渦に巻き込まれるでしょう。その時、ローマのバチカンにいる教皇は反教皇です。
すでに、真の教皇となる方は隠されています。
その真の教皇は『ペトロII世ロマーヌス』(「ローマ人ペトロ」のラテン語)と名乗ります(反教皇はロマーヌスがつかない)」
聖母マリア「愛する子供たちよ、聖なる教皇、ヨハネ・パウロII世のために祈ってください。
教皇のこの世での時間はもうわずかだからです。そうなれば、この地球はどうなると思いますか? 
もうすぐ、全世界を通じて与えられた、すべての預言が成就されるのです。
私と我が息子イエズスが人類に与え続けたメッセージは、一言一句にわたって成就されるのです。」(1985年8月13日)
聖母マリア「かわいい子たちよ、もうすぐ世界は大試練を経験するでしょう。。。。。
また、もうひとつのチェルノブイリが、もうすぐ世を襲い、多くの人々が、良い食物や土や水の上に降る放射性物質によって死ぬでしょう」
(これは、福島のことか?)
聖母マリア「息子よ、あなたが見ている光景は、もうすぐ世界に起こることなのです。
つまり、何百万という我が子たちに死をもたらす2つの爆発です。
ロシア人たちは、そこで起こった事故(チェルノブイリ)の警告を受けました。
そしてまもなく、世界が警告を受けるでしょう。
人間が痛悔して、我が尊い息子イエズスに立ち返らなければ、これらの災難が世界中の上にふりかかり、神に捧げられた多くの子たちを除く、すべての人たちが被害を受けるであろうという警告を。。。。ああ、人類よ、あなたがたの罪深い生活を悔い改めなさい!
 あなたがたはもう何度も我が尊い息子イエズスと、我が汚れなき御心によって、生活を改めるように警告を受けてきました。
人間には、もう時間が残されていません。」
聖母マリア「『時』は、二つの核爆弾が起こったあと、世界に大寒波が到来するその時に訪れます。
そしてこれは、まもなく起こることなのです。」(1986年7月26日)
というわけで、退屈で仕方ないという人も、これから人類の一大ドラマの時代に突入するようですナ。
おまけ:
聖母マリアの預言については、以下のような本があるようだ。

Kazumoto Iguchi's blog
http://quasimoto.exblog.jp/19846874/









あえてコルマンインデックスを振り返る、意識の変化は本当に進行しているのか?2

11月25日
今回は比較的に早く更新できた。いつも記事を読んでくださっている読者の方々に感謝する。

中国が自国の防衛識別圏に尖閣諸島と韓国の済州島の一部を含めた。
特に日中の間で緊張が走っている。武力紛争に発展するのだろうか?
ジョン・ホーグからメールの返事が来た。日中戦争に関する予測が一部あった。
まずこれを紹介する。次に中産階層の崩壊と貧困化による社会的ストレスは、アメリカのみならず先進国全体で高まりつつある。これは、LEAP/E2020などの著名なシンクタンクでも分析されている。LEAP/E2020は、すでに2006年に金融危機の発生と、それに伴う世界の多極化の状況を予測し見事に的中させたシンクタンクである。いまここは、近い将来アメリカで起こる変化を予測している。また、ジェラルド・セレンテなどアメリカの著名な未来予測アナリストの展望する未来を紹介する。ジョン・ホーグの予想と不気味にシンクロしている。最後に、ウエブボットの最新報告書で特に環境変動に関する部分の要約を掲載する。
今回の記事
今回は前回の記事の続きである。だが、内容が直接つながる記事ではない。「すさまじい押し戻し」の内容については次回に詳しく解説する。
100年に一度の激変期
このブログの基本的なテーマのひとつは、世界で起こっている変化を解析し、その深層で人間の意識の構造や世界を体験する様式に根源的な変化が起こっているのかどうか探索することである。2007年から始まった金融危機以降、アメリカの覇権は急速に後退し、覇権の最後の砦として見られていた軍事力も、予算の強制削減による軍事費の大幅なカットで、世界覇権を維持するために運用できなくなりつつある。その結果、海洋大国を目指す中国の進出、中央アジアで経済圏を拡大し、国際紛争の調停者としての立場を強化するロシア、中国の脅威論を煽りながら大国としての再軍備化を指向する日本などの動きが加速し、世界はアメリカ以後の新しい秩序を目指しながら、急速に多極化しつつある。またヨーロッパでも、ナショナリズムによって再度分裂するのか、または国家の主権を制限した高度な連邦制の構築に向かうのかという、これまでの歴史にはない大きな選択に立たされている。他方、目を先進国の国内に転じると、グローバリゼーションによって、生産拠点のみならず、専門職を含む多くの仕事が賃金の安い新興国へとアウトソーシングされ、安定した社会の担い手であった中間層が没落し、貧困化した。このため、犯罪率の上昇とともに、これに対処するための治安機関の強化と社会保障の予算が急上昇し、政府の財政を逼迫させている。それなのに、社会はどんどん不安定になり、日常的な生活圏の安定性さえ失われる地域さえでてきている。また中国、インド、ブラジル、トルコなどの新興国では経済成長の減速で失業率が上昇し、格差が拡大している。これを背景として大規模な抗議運動が多数発生している。そして、社会の不安定化による国民の鬱積したストレスといらだちは、世界とのかかわりを制限してグローバリゼーションの抵抗を主張する極右政党の支持率の上昇となって現れている。いくつかの国々では、年を追うごとに極右政党が政権に参加する可能性が高くなってきている。
ブラックスワン的なカオスの縁
このように外観すると、2007年から2009年の金融危機以降、世界でも各国でも既存の安定した秩序が失われ、これまでこうした秩序によって管理され、抑制されてきたさまざまな矛盾が堰を切ったように吹き出しつつある。抑圧されたものの噴出である。これが予見できない出来事としてのブラックスワンの正体だ。これには、戦争や虐殺など社会集団の抑圧されたトラウマと集合無意識も含まれる。これから世界では、各地で予想を越えたブラックスワン的な出来事が同時多発的に起こり、それらの力によってこれからの歴史が動いてい行くに違いない。もしかしたら、我々はいまブラックスワン的なカオスの縁にいるのかもしれない。このような変化の多い時代はめったにあるものではない。100年に一度と言ってもよいだろう。
深層で起こる体験様式の変化?
このように、表面では変化の激流が荒れ狂う世界だが、その深層ではもしかしたら我々の意識の構造の変化がゆっくりと進んでいるのかもしれない。前回の記事で確認したコルマンインデックスやハンク・ウエスルマン博士の見方は、こうした変化が実際に進行しているとする例である。しかし、変化はいわゆる価値観やものの見方の変化に止まるわけではない。世界や人間を体験する様式そのものの変化も含むものである可能性がある。これは、これまで見えなかったものが見えたり、聞こえなかったものが聞こえるようになると言った体験も含むものである。コルマンインデックスとウエスルマン博士が指摘する意識や社会システムの変化は、世界の体験様式の変化を前提に起こっているのかもしれない。
ルネサンス期の世界の体験様式の変化
実は歴史を見ると、歴史が大きく変化する転換期には、世界や人間の体験様式の変化が実際に起こっていることが分かる。それは、考え方の変化という水準ではない。五感のレベルで客観的な世界の体験が変化するのである。その代表的な例はルネサンス期の変化であろう。かなり以前の記事に書いたことがあるが、一部を再度掲載しよう。
世界は神が書いた本である
「ゾウリムシはウォシュ、ウォシュと歩くのでゾウリムシはソクラテスの原理を知っている」、「テントウ虫の羽根には7つの点があるので、それを煎じて飲むと二日酔いに効く」。これはなにをいっているのか現代人の私たちには皆目検討がつかない。だが、こうしたものは中世の当たり前の世界の見方であったというのだ。ヨーロッパの中世人は、この世界は神が書いた巨大な本として感じていた。それは本であるだけに言葉で書かれているが、本の言葉とは、動植物や無機物を含む、全世界のすべての存在であった。そうした存在の意味を読み解いて行くと、そこから神が世界という本にしたためた究極のメッセージが現れると信じていたのである。
類似という原則でつながったすべての存在
しかしながら、神の書いた「世界」という本を読むためには、読み方、つまり文法を知らなくてはならない。この文法が類似という原則であった。世界のあらゆる存在は類似によってつながっていると中世人は感じていた。この類似こそ、神のメッセージを読み取る文法なのである。世界のあらゆる存在の中に類似を見いだすことに、中世人は情熱を燃やしたのである。類似という原則ですべての存在がつながっているというのはどういう感覚だろうか。それは、AとBに類似点があれば、それはCにも似ていることが分かる。すると、さらにその類似がDにもEにもあるというように、世界の存在全体が類似の輪の鎖でつながれているという感覚である。例えば、ソウリムシの歩く音は中世の人々にとってはウォッシュ、ウォッシュと聞こえた。この音はギリシャ語で発音したアリストテレスの原理と類似した音である。したがって、ゾウリムシはアリストテレスの原理を知っているに違いない。また、テントウ虫の羽根の上にある7つの点は星座のかんむり座の7つの星と類似している。かんむり座は酒の神バッカスが妻に与えた7つの宝石に似ている。だから、テントウ虫の羽根を煎じて飲むと二日酔いに効く。類似で世界の存在がつながっているとは、このような世界の体験様式を指す。現代の私たちから見れば、これはとんでもない飛躍と迷信に聞こえるが、これが中世の普通の体験様式であったのだ。
すべての存在が結び付いた厚みのある世界
確かに、こうした世界の感じ方はあまりに飛躍したものとして我々には思えてしまう。だが、別の側面から見るとこの世界には現代にはない豊かさが存在することも分かってくる。すべての存在が類似でつながった世界では、単独で存在する単なる「個物」は存在しない。すべてが類似という輪でつながっているのである。テントウ虫はかんむり座と、かんむり座はフランス王妃の王冠と、フランス王妃の王冠は、ギリシャの特定の地方にしか生えないオリーブの木というように、それは際限の無い存在のつながりなのだ。そのような中では、一粒の米や一滴の水の中に宇宙や世界の全体を感じるような体験様式が自然に育ってくる。
ルネッサンスで何が変わったのか
よくルネッサンスは「神を中心とした世界」から「人間を中心とした世界」に移行したのだといわれる。ルネッサンス以降、これまで類似の輪でつながった存在が類似の輪から分離され、「個物」、すなわち単なる「もの」になってしまったのだ。テントウ虫はテントウ虫という虫にすぎず、それは、かんむり座だとかバッカスだとかとはなんの関係ない。ゾウリムシも虫以外のなにものでもない。このような転換である。言い換えるなら、一粒の米や一滴の水は単なる「もの」にすぎず、世界と宇宙とはなんの関係もないという実感なのだ。世界の存在が「もの」にしか過ぎないのであれば、人々の関心は「もの」がどのようにできているのかに自然と向かった。米はタンパク質の固まりであり、水はH2Oなのである。ここから科学的な世界観が出現してくる。
否定しようがないつながり
確かに、世界の存在が類似の輪でつながっていると体験することには私たちには無理がある。テントウ虫とかんむり座を結びつけることは大いなる飛躍だ。しかし、世界の存在がすべてつながっており、私たち個々の人間もそうしたつながりの中で生かせられているという実感には否定しがたいものがあるのも事実なのだ。むろん、一滴の水がH2Oでしかないのは理屈では十分すぎるほど分かっている。しかし、その一滴の水の中に私たちは、宇宙を、世界を、そして神の存在のような、個を超えた大いなる全体性を感じてしまうという否定し難い感性を持ち合わせてもいるのだ。
明治の中頃くらいまでの日本と祖先崇拝
ルネサンスと同じような世界の体験様式の変化は、日本でも起こっている。日本は明治維新以降、産業革命を経て急速に近代化したが、近代化が本格的に軌道に乗る明治の中頃までは、先祖崇拝を中心とした伝統的な世界観がしっかりと残っていた。日本では、家の繁栄と存続こそがなにものにも優先されるべきものであったが、それが実現するかどうかは、祖先の霊による守りと援助が得られるかどうかにかかっていた。祖先の敬いを怠り、先祖の霊の怒りを買うと、家ではさまざまな不幸が起こり、家の繁栄と存続は保障されなくなる。これを避け祖先の霊を満足させるためには、家父長をはじめすべての家人が自分に与えらえた義務と責任の達成に専念し、祖先の霊を敬うすべての儀式を滞りなく行わなければならない。それではじめて家の繁栄と存続が保障される。
長くつながる鎖の輪のひとつとしての自己
このような状況では、個人が家では与えられた祖先崇拝の義務と責任を放棄することは絶対に許されない。個人は、ご先祖様から子々孫々へと鎖のように長くつながる家系の輪のひとつである。家人として祖先崇拝の責任と義務をしっかりと果たすことができるならば、自分も死後はご先祖様の仲間に入れられ、家人から尊敬され敬まわれる。これはいわば、個人が家という存在に埋め込まれている状態だ。個人は、家系を構成している鎖の輪のひとつとして自分を意識するだろうし、そのような状況では、あらゆることを自分の自由意思で決定するいわば「自由で自立した個人」としての意識は極めて希薄になるはずだ。
大きな全体の一部としての個人
その一方、この状況は個人が多くの祖先が構成する家という巨大な集合体の一部として、それこそ家に抱かれるように存在していることを意味する。これは、いつも個人が祖先の霊と直につながっていることを実感しながら生きている状況である。他方、自由で自立しながらも、それぞれが孤立した個人の世界では、孤独感や空虚感が一般的な心理状態となる。だが、個人が祖先という共同体へのつながりをいつも実感している状況では、こうした孤独感や空虚感とは無縁であるはずだ。これは、すべての存在が類似の輪で結ばれた厚みのあるルネサンス以前の世界と、よく似た効果を意識にもたらすはずだ。世界が「神が書いた本」であると実感している中世では、人間が世界で経験するあらゆる現象は「神の意識」の現れ、ないしはその反対としての「悪魔」の所業である。これは、日常的に経験するあらゆる幸不幸を「祖先の霊の喜びや怒り」の現れとして実感する祖先崇拝の世界と同じような感覚だ。このような世界の体験様式では、人間は孤立した存在ではあり得ない。「神」にしろ「祖先の霊」にしろ、個を越えた大いなる存在を直接実感し、それらに抱かれるようにして生きている。それは、ウエスルマン博士が筆者とのインタビューで語った次のような感覚だ。
「私達の周囲は祖先の霊だらけです。いまのこの瞬間も祖先の霊がたくさん来ていますよ。私達の会話に聞き入っています。特に私達が重要な会話をしているときには、彼らも一緒に聞いています。そして、私が何を言うべきか、また言ってはならないか教えてくれますよ。」
急速な近代化で失われる
これが近代化と工業化以前に、世界の多くの地域で普通に存在していた世界の体験様式であった。これは、単純に価値観や考え方が異なるという次元の相違ではない。いわば五感のレベルでの世界の体験が、質的に異なるのである。しかしこのような、いわば多くの存在と人間が深くつながる「ワンネス」のような世界の体験様式は、急速な工業化で一気に失われた。伝統的な共同体や「家」が経済活動で重要性を失い、急速に崩壊するに伴い、人間は個人として析出された。そして、他の存在とは切り離されて孤立し、自分の生に自己責任を追わなければならない「個」として生きることが基本的な宿命となった。
近代的な組織への包摂
しかし、共同体と家が解体され、人間が孤立した「個」に還元されて変化の流れが終わったわけではない。孤立した「個」として析出された個人は、会社や学校など、近代化と工業化の担い手として発展した中間組織に包摂された。かつての日本の代表的な雇用形態であった終身雇用制は、企業がかつての「村」のように機能する共同体として編成されたのが典型的な例だ。これは日本のみならずヨーロッパやアメリカなど、多くの先進国で見られた歴史的な流れである。高度に工業化された現代の社会は、自分の才覚で職を点々とする孤立した個人が主体ではなかった。個人を共同体に似た組織に包摂する、企業などの中間集団が支えたのである。いわばこれは現代の共同体の姿である。もちろんこうした現代の共同体では、体験するあらゆる出来事に「祖先の霊の意志」や「神や悪魔の意志」など、個人を越えた超越者の存在を感得する世界の体験様式を生むわけではない。だが、組織の共同体のメンバーである限り、それぞれの人生は組織の共同体によって守られ、安定した生活世界が実現した。年収や生活水準、そしてライフスタイルも年齢によって予測可能なものになった。そこは、個々の人生で予測を越えた出来事が起こりにくい世界であった。人生は、所属する組織が提供するさまざまな制度によって調整され保護された、計算可能で予測可能なプロセスとなった。このような安定した世界を作り出している組織こそ、いわば個々の人生を支配する超越者となったかのような状況だ。
グローバリゼーションで進む組織の解体と個人の析出
特に1990年代から加速するグローバリゼーションによって崩壊したのが、このような組織中心の世界であった。グローバリゼーションによる熾烈な競争でコストの高い企業共同体が崩壊するとともに、個人は企業共同体から放逐された。これで、長い間社会の安定を支えていた中間層が崩壊した。これは、個人が農村共同体から放逐された近代化の初期の段階と同じように、個人の析出が加速する過程となった。この過程によって、これまで企業共同体によって維持されてきた安定した生活世界は崩壊し、これに変わって、人生で経験する運も不運もすべて自己責任で引き受けなければならない状況になった。このような状況はすでに15年ほど続いており、我々にとっては日常の当たり前の風景にすらなりつつある。これに抗議し、抵抗する運動も世界各地で起こっている。一昨年、世界を席巻した「オキュパイ運動」などはその典型だ。
世界の体験様式の変化
さて、長くなったが、歴史の変化とともに我々の世界の体験様式は大きく変化してきたことは明らかだ。
「神」「悪魔」「ご先祖様」などの個を越えた超越者とのつながりを直に実感する世界から、超越者の存在を迷信として排除し、人間を含めあらゆる存在が相互になんのつながりもない個物に還元された近代の世界へと変化し、さらに、あたかも超越者であるかのような巨大な組織に個人が包摂され、出来事が計算可能で予測可能な安定した現代の生活世界へと変化した。
そしていま、企業共同体の崩壊とそれに伴う中間層の没落で個人としての析出過程が再度始まり、自分の才覚と自己責任で生きなければならない苛酷な個人化の状況を向かえている。
世界の体験様式は変化しているのか?
さて、非常に長くなってしまって申し訳ないが、ここからが提起したい問題なのだ。このようなかつてないくらいの苛酷な個人化の状況にいるわけだが、この状況を基礎にして新しい世界の体験様式のようなものは出てきているのだろうかという問いだ。
コルマンインデックスやウエスルマン博士の予測する変化が起こるとしたら、それは世界の新しい体験様式を前提に起こるに違いない。コルマンインデックスの予測する内容がまったく不自然とは感じられなくなるような世界の体験様式だ。
映画「ウエイクアップ(覚醒)」
実は、それが大規模に起こっていることを示すさまざまな兆候が存在している。たとえば、全米で3000万人の聴視者をもつと言われるラジオ番組「コーストツーコーストAM」では、聴視者からはそれこそ堰を切ったように大量の不思議な体験談が寄せられている。そうした現象を象徴しているのが、2011年に撮られたドキュメンタリー、「ウエイクアップ(覚醒)」だ。これは、これまで不思議な体験とはまったく無縁だった37歳の映画プロデューサーが、ある日突然、自分の周囲に存在する精霊やデーモンのようなこれまで目に見えなかった存在がいるのが目に見えるようになったことから始まる。頭がおかしくなったと思った映画プロデューサーは、親友の映画監督に体験を告白し、相談する。すると映画監督は、「おもしろそうなので、ぜひドキュメンタリーを撮りたい」と言い出し、説得された彼は撮影に同意した。ドキュメンタリーは、映画プロデューサーの精神科巡りから始まる。頭がおかしくなったと思ったので、医学的な治療を求めたのだ。CTスキャンで脳を診断してもらい、有効な治療法を探した。だが精神科ではなんの異状もない健康な状態であると診断され、治療方法は提案されなかった。また教会に助けを求めたが、明確な指針は得られなかった。そこで、悩んだ主人公は、複数のアメリカでも著名なスピリチュアルなヒーラーに相談することにした。すると「我々も同じ存在が見えている」と言い、世界がすべての存在がつながったワンネスの世界であり、そうした世界を生きる個々の人生の意味について教えられ、癒されながら世界の新たな体験を受け入れて生きる決意を新たにするという内容だ。以下が予告編だ。残念ながら日本語の翻訳はない。
ウエイクアップ
ジル・ボルティー・テイラーの体験
この映画の最後で示される新たな世界体験の様式は、非常に有名になったジル・ボルティー・テイラーの体験が提起する世界の体験様式と非常によく似ている。ちなにみジル・ボルティー・テイラーは脳科学者だ。脳卒中のため左脳の機能が一時的に麻痺し、右脳だけの世界を経験した。それは、あらゆる存在がエネルギー体として結び付いたワンネスの世界であった。テイラーはこれを世界的に著名なTEDのプレゼンテーションで公開した。すでに見た読者も多いと思うが、以下がそのビデオだ。日本語の字幕がある。
「奇跡の脳」脳卒中体験を語る / ジル・ボルティ・テーラー
実際に起こっていることを確認する
これは非常に興味深いテーマだと思う。これから、実際に世界の体験様式の変化がどのように進んでいるのか、実例をたくさん集めてみたいと思う。ところで、「ウエイクアップ(覚醒)」は実に興味深い映画だ。いずれ日本語の字幕をつけて、どっかで上映会でもできればと思っている。
続く
2013-11-25

ヤスの備忘録2.0 歴史と予知、哲学のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-289.html





(要約)
予知情報:Francis法王、富の分配に関する84ページの宣言を発表
2013年11月26日火曜日13:57
(Before It's News)
11月26日、Francis法王は自身の法王としての活動プラットホーム、カトリック教会の刷新を求める84ページにわたる宣言を発表した。宣言で、Francis法王は、自由資本主義を「新しい専制政治」だと非難、全世界のリーダーに貧困と不平等と戦うよう嘆願した。
84ページの宣言文書(ローマ教皇勧告、an apostolic exhortation)はFrancis法王が今年3月に1,300年ぶりの非ヨーロッパ人司教になった時から書きはじめた文書。宣言文書の中でFrancisは、「お金の偶像崇拝」を批判する前回のコメントをさらにすすめ、グローバル経済システムを批判、政治家に「不平等の原因を解決し」、すべての市民に仕事、ヘルスケア、教育を提供すべく努めるよう訴えた。
老練バチカン・アナリスト・ John Thavisがそれを「教会改革のためのマグナカルタ(Magna Carta for church reform)」と呼び、
イタリア神学者Massimo Faggioliは「フランシスの宣言(the manifesto of Francis)」と呼び宣言を歓迎した。



local pc
























時の終わりの時の予言
2011年8月2日
Christian Apologetics
http://contenderministries.org/prophecy/endtimes.php
Before It's News
http://beforeitsnews.com/prophecy/2013/11/3rd-jerusalem-temple-ready-to-be-built-israel-newsnov-10-2013-says-islam-sheik-2455630.html
キリストが伝えたキリスト再臨及び時の終わりが近づく6つの兆候
1. 偽救世主と偽予言
マシュー記24:5
「我が救世主であると説く者が増えるだろう。」。
近年、自分が救世主であると説く人が増えている。Jim Jones、 David Koreshをはじめ数えたらきりがない。
New Age団体の活動が活発になってきている。国連のために動くNGO形態の団体まである。これらはみな不安半分で反キリスト登場を待ち望んでいる。反キリストによる神制政治の復活を望んでいる。
これらは偽キリスト、反キリスト登場の前奏曲だ。
2. APOSTASY (信仰の放棄)
3. 飢餓
マシュー記24:7
「国は国に対し、王権は王権に対し立ちあがるであろう。いたる所で地震や飢饉がおきるであろう」。
4. 地震の多発
5. クリスチャンの受難
マシュー記24:8-9
「しかしこれはこれからはじまる困難の時代のはじまりに過ぎない。クリスチャンの受難がはじまるであろう。クリスチャンはキリストの名のもと憎まれ殺されるであろう。」。
クリスチャン受難は5つの兆候があってからしばらく経っておきるとされる。世界規模の運動となるとされている。
時の終わりの時代の兆候
6. 王国への賛歌は天にまで届く
マシュー記24:14
「王国への賛歌は天にまで届くだろう。王国への賛歌はあらゆる国に響きわたるだろう。そしてその後終りは来るだろう。」。
7. 在エチオピアユダヤ人のイスラエルへの帰国
1984年、スーダン出国を望む15,000人の在スーダンユダヤ人をイスラエルに飛行機で移動させる作戦「Operation Moses(モーセ作戦)」が実行された。
1991年、エチオピア出国を望む20,000人の在エチオピアユダヤ人をイスラエルに飛行機で移動させる作戦「Operation Solomon(ソロモン王作戦)」が実行された。また1999年6月、3,000人の在エチオピアユダヤ人がイスラエルに飛行機で輸送された。
聖書に記録された時の終りに現れる11の兆候
1. 東に200,000,000人の兵があらわれる
2. ローマ帝国の復活
ダニエル記2:32-33
「像の頭は金で出来ていた。胸部と腕は銀で出来ていた。腹部と両大腿部はブロンズで出来ていた。両脛部は鉄で出来ていた。両足は鉄の部分と粘土の部分で出来ていた。」。
ダニエル記2:40-43
「そして鉄の強さをもつ4つめの王国が出来た。王国は鉄のような強さであらゆるものを砕きバラバラにした。そして鉄の部分と粘土の部分で出来た両足。これは枝分かれした王国となった。両足の鉄の部分と粘土の部分は人間の種の中で混ざり合った。しかし鉄と粘土は混ざる事はなかった。」。
ネブカドネザル王(King Nebuchadnezzar)がみた夢のダニエルによる解釈によれば、「鉄の強さをもつ4つめの王国」とはローマ帝国の事。「両脛部」はローマ帝国から枝分かれしたビザンチン帝国の東の片割(1400年頃滅亡)とビザンチン帝国の西の片割(400年頃滅亡)。
ローマ帝国崩壊後の欧州諸国はそれ以来ひとつの国にはなっていない。EU(欧州連合、the European Union)という連合のなかでそれぞれの国として存在している(混ざりあっていない)。EU加入国は現在15ケ国。さらに東欧、南欧の13ケ国の加入を検討している。
3. イスラエルでヘブライ語が復活
1948年のイスラエル再建国以前、ヘブライ語はほとんど死にかけていた。そういった中でヘブライ語が復活だろう。
ザカリア記 3:9
「そして次に私は純粋なる言語ヘブライ語を復活させる。人はヘブライ語で神の名を語るであろう。人と神のつながりは再びもどるであろう。」。
4. キリスト教寺院の復興、エルサレムで動物の生贄の習慣が復活
エルサレムでユダヤ教寺院が復活し、寺院の崇拝と動物の生贄の習慣が復活するだろう。
(1. 反キリストと偽予言者は次々とスペクタクルをおこし、イスラム国家でユダヤ教寺院復興の機運が高まる。
(2. 国連(The United Nations) はロシアとイスラム圏国家の海外侵攻と並行してユダヤ教寺院の復興を図るだろう。ロシアとイスラム圏国家の海外侵攻が激化する中で、クリスチャン、特にユダヤ人クリスチャンの中でユダヤ教寺院復興の声があがるだろう。ロシアとイスラム圏国家の海外侵攻はハルマゲドン(Armageddon) ではない。携挙がおきるのはこの後。
(3. 現在、最初の2つのユダヤ教寺院が建設されるエリアが決定されているという。建設されるエリアは岩窟( the Dome of the Rock)の南。寺院の様式はTemple Mount Faithfulというイスラエル人の組織が構想している。
5. 2000年ぶりに赤い子牛が現れる
数記19:2-7
「イスラエルの子に教えよ。彼らは無敗の赤い子牛を持たらす。」。
1997年5月、 赤い牛が2000年ぶりに生まれた。また2002年5月、 イスラエルでも赤い牛が生まれた。
6. 宇宙に関する技術の進歩、人類の宇宙への進出
7. 在エチオピアユダヤ人のイスラエルへの帰国
8. ロシアの台頭
9. 在露ユダヤ人のイスラエルへの帰国
10. 獣のしるしのテクノロジー
11. 世界政府(a one world government)構想
国連(the United Nations)、国際貿易機構(World Trade Organization)、国際裁判所(International Criminal Court)、国連軍(UN peacekeeping/police force)、国連NGO組織(UN NGO's)などは世界政府(a one world government)への布石。
現在の通信システム、交通システム、メディアのグローバル化は反キリストを指導者とする世界政府(a one world government)へと続いている。
テロの増加。中東危機。これらにより世界は世界政府(a one world government)へ向かう速度は上がる。大衆は国家間の戦争からの開放を求め、国家解体>世界政府の動きを受け入れる。
12. 通信技術の発達
黙示録 11:3, 7-10
「私は2人の証人に260日の間予言をさせる事をゆるそう。2人の証人が証言した後、地獄から出てきた獣が戦争をおこし2人の証人を殺すだろう。2人の証人はソドム(Sodom)とエジプト(Egypt)の2都市の街路に放置されるだろう。市民は3日と半日放置し、その死体を墓に葬る事を許さないだろう。市民は 2人の証人の死を喜ぶだろう。」。
テレビ放送や24時間ニュース衛星放送により世界中の人が2人の証人の死とその死を喜ぶ市民の顔を観るだろう。

local pc
posted by datasea at 04:03| Comment(0) | % 聖マラキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

日本預言

1915年のルドルフ・シュタイナーの講演より
激しい戦いが生じるでしょう。
白人は、精神をますます深く自らの存在のなかに受け取る途上にいます。
黄色人種は、精神が身体から離れていた時代、精神が人体の外に探究された時代を保っています。
そのため、白人がさまざまな地域の有色人類と激しく戦うことで、
第五文明期から第六文明気への移行がなされます。
白人と有色人類とのあいだでなされるこの戦いに先行するものが、
白人と有色人類とのあいだの大きな戦いの決着がつくまで歴史を動かしていくでしょう。

In Deep
http://indeep.jp/japan-had-declared-wars-against-europe-as-demonized-soul/





――[ニュートンの予言/26]EJ第2249号より
終末の日に関係がある四つの数字
http://electronic-journal.seesaa.net/article/80317929.html
ピオ12世の日本に対するメッセージ
http://www.geocities.jp/sanctae_romanae_ecclesiae/dicta/pro-japonia.html
それは日本預言と呼ばれているものだ。
「いと慈悲深き我らの教主は,来るべき世紀を予言して,
東の国の多くの人々が天国の饗宴に座するため,来たり参ずるであろうと言われました
(ルカ13章29節)。
この喜ぶべき預言が,私の愛する日本に実現致しますように.........。
私は,カトリックの名を持つ世界のすべての人々とともに,日本の繁栄とその幸福のために,全能の神に向かって,次の如き絶えざる切なる祈りを捧げます。
ああ,すべての国々の王,すべての国々の望み,東よりの光,輝かしき永遠の光にして正義の太陽なる神よ........。
献身の愛する日本,そして御身の名において私がこよなく愛する日本の上に,お恵みをもたらし給わんことを.........」
これは最後に生き残るのは日本であるとローマ教皇が固く信じていたという証左にほかならない。
ニュートン極秘文書と最後の審判,666とバチカンの連携,そしてファティマの預言,ローマ教皇の気絶,バチカンの厳重な封印,
ローマ教皇の日本預言,これらはすべて一本の線でつながる。すべてはバチカン崩壊に向かうベクトルで一致していたのである。
(ニュートンの極秘文書から)

ハムレットの水車小屋
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1212.html







悪魔の最終勝利を阻止する存在は… :
満身創痍でボロボロなれど、数百年間の「ヨーロッパ・ハザード」から生き残った日本、そして他のほんの数カ国は何のために地球に存在し続けるのか
2017/05/19
何だかシュタイナーの言葉で始まりましたが、このシュタイナーの持つ「白人と有色人種の最終戦争」の概念の抜粋から始めたのは、
今日ちょっとした「分布図」をネット上で見たことがあります。
それは知識としては何となく知っていたようなものですが、
深く考えるうちに、「こういう国に生きている私たちは、もう少し考えないとなあ」と、ふと思ったのです。
その分布図とは下のものです。
この地球が席巻されていく中の最後の砦
先ほどの地図の色の分布は、日本語で書きますと下のようになっています。
つまり、「歴史上で、1度もヨーロッパの植民地や支配下に入ったことのない国」は、オレンジ色の ■ で示されています。
その上で、もう一度、世界地図を見てみます。
ヨーロッパによる植民地化に関しての国の分布
オレンジ色の ■ は、上で示した5カ国だけ。
すなわち、
・リベリア
・タイ
・韓国
・北朝鮮
・日本
だけとなっているのです。
これに関しては、いろいろな考え方があるとは思いますが、
「ヨーロッパの支配」ということに関しての国際的な解釈はこのようになっています。
この5カ国のうち、アフリカのリベリアは非常に歴史のある国でしたが、
1989年からの内戦でボロボロになってしまって、それが現在も影響しています。
そういう意味では、資本主義下で現在、通常の国家体制にあるのは、
・タイ
・韓国
・日本
となり、
そして、特殊な国家体制下であるとはいえ、
国家として現在存続している「北朝鮮」という顔ぶれとなります。
これは、この5カ国の全世界の面積から見ての占有率は著しく小さいもので、この地図を見れば見るほど、
「よう残ったもんだ」
と思います。
これは、別の見方をすれば、下のような地図分布でもあるわけです。
ヨーロッパのハザードはそれほどすさまじかった。
広大な北米も南米も、すべてヨーロッパ人に奪い取られ、
そこにもともとあったネイティブの文化はほとんど滅ぼされました。
人命も文化も、場合によっては、文字や言葉も消えてしまった。
何もかも破壊し尽くし、略奪し、消滅させ、しかも、それを「キリストの名の下に」おこない続けたヨーロッパゾンビたち。
その様子は、たとえば、アメリカでは記念日まであるコロンブスの場合は下のような有り様でした。
クリストファー・コロンブス – Wikipedia より
コロンブスと同行し、虐殺を目にしていたキリスト教宣教師のバルトロメ・デ・ラス・カサスは、日記にこう記している。
「一人でもインディアンが森にいたら、すぐに一隊を編成し、それを追いました。
スペイン人が彼らを見つけたときはいつも、柵囲いのなかの羊のように、情け容赦なく彼らを虐殺しました。
『残虐である』ということは、スペイン人にとって当たり前の規則であって、
それは『単に残虐なだけ』なのです。
しかしそのように途方もなく残虐な、とにかく苛烈な取り扱いは、
インディアンに対しては、自分たちを人間だとか、その一部だなどと金輪際思わせないよう、それを防ぐ方法になるでしょう」
「そういうわけで、彼らはインディアンたちの手を切り落として、それが皮一枚でぶらぶらしているままにするでしょう、
そして、『ほら行け、そして酋長に報告して来い』と言って送り返すのです」
「彼らは刀の切れ味と男ぶりを試すため、捕虜のインディアンの首を斬り落とし、
または胴体を真っ二つに切断し、賭けの場としました。
彼らは、捕えた酋長を火炙りにしたり、絞首刑にしました」
日本語で言うところの鬼畜そのものですが、
これはコロンブスだけの場合だったのかというと、そうではないことは歴史の記録でわかります。
「悪魔が乗り移った」かのような蛮行を「神の名において」おこなう。
彼らの数々の蛮行から 500年くらい後、やはりヨーロッパ人の末裔が書き上げた『エクソシスト』という小説があります。
これは大ヒットした映画エクソシストの原作ですが、
その中に、少女リーガンに対しての悪魔払いをおこなうことになったカラス神父という若い神父が、悪魔払い師のメリン神父に、
「悪霊が人間にとり憑く目的はどこにあるのでしょうか」
と尋ねるシーンがあります。
その答えとして、ヨーロッパ人のメリン神父は以下のように小説の中で答えています。
小説『エクソシスト』(1977年)より
それは誰にも判らないことだ。
……しかし、私はこうみている。
つまり、悪霊の目的は、とり憑く犠牲者にあるのではなく、われわれ……われわれ観察者が狙いなんだと。
そしてまた、こうも考えられる。
やつの狙いは、われわれを絶望させ、われわれのヒューマニティを打破することにある。
やつはわれわれをして、われわれ自身が究極的には堕落した者、下劣で獣的で、尊厳のかけらもなく、
醜悪で無価値な存在であると自覚させようとしている。
メリン神父は、悪霊(悪魔)が人間にとり憑く理由を、
「私たち人間に、人間と人間社会に対して絶望させるように仕向けることにある」
あるいは、
「人間という存在が、下劣で獣的で、尊厳のかけらもなく、
醜悪で無価値な存在であると、人々に自覚させようとしている」
ためだと考えているということになるのだと思います。
コロンブスのおこなった行為は、まさに、この「人間という存在が醜悪で野蛮で無価値なものと、人間に思わさせるため」には十分であり、
そういう意味では、ヨーロッパ人の植民地時代というものは、
「悪魔が世界に羽ばたいたとき」
だったと言えそうです。
おそらく、それ以外のなにものでもなかったでしょう。
悪魔が地球を征服するために、悪魔の支配下にある人間(本人がそう気づいていなくても、彼らは期待通りの行動をします)が
全世界に広がり、「地球を悪魔の星にする」。
それが目的だったような気さえします。
このコロンブスについては、過去記事、
・虐殺の祝日コロンブス・デー:彼らは「理想的な人類像」を破壊し、そしてそれは「4回続く皆既月食」の渦中で起きた 2014/10/14
というものの中で書いていますが、その時には、悪魔というようなキーワードにはふれていませんでした。
いずれにしても、それから数百年が経ち、そこから辛うじて生き残ったのが、こちらの国と地域だけだったと。
私は日本人だから、日本はどうすれば? 
というようなことをまず考えますけれど、同じアジアの北朝鮮、韓国、タイも、「いろいろなことはあった」とはいえ、
ヨーロッパの支配下からのサバイバルというカテゴリーでは共通だと思うのです。
そういうところでは、とても大きな意味があるのではないかなとも思うのです。
別にこれらの国と仲良くするとか、そういう単純な話ではなく、
それらの国の歴史の裏に流れる共通の「見えざる手」は何だったのかと考えるとか、そういうようなことです。
アジアといえば、今は中国の名前がトップに上がりやすいですが、
サバイバーの国たちはそれよりも重要な「何らかの使命」を持っているのではないかとも思ったりもします。
ヨーロッパ・ハザードが今後も継続していくのかどうかはわからないですけれど、
アメリカもロシアも「要するにヨーロッパ」と考えると、それはそうなのかもしれないとは思います。
冒頭に 1915年のシュタイナーの講演の内容を抜粋したのは、そこにある、
> 白人と有色人類とのあいだの大きな戦いの決着がつくまで
というフレーズを思い出したからです。
以前、
・2017年は、私たち日本人が西洋文化を拒絶し「オリジナル日本人」に戻ることができる始まりとなり得るだろうか。それは東洋と日本の存亡に関する最後の砦のはずですが 2016/12/25
という記事において、シュタイナーは、
「東洋が西洋文化を拒絶し始めることから新しい文明時代に入る」
という意味のことを述べていました。
シュタイナーは自身がヨーロッパ人であるだけに、その本質を知っていたように思います。
何だか抽象的な記事となりましたが、いろいろとボロボロではあっても、日本はまだ完全には負けていないはずです。
日本が悪魔の砦としての機能をやめれば、地球はそちらに転がります。
ちなみに、その「戦い」のためには、何も物理的に戦ったり、精神的に反抗したりする必要はなく、
ヨーロッパの素晴らしい文明を十分に堪能しながらも、
各自が日本人らしい思考と行動を普通におこない日々を生きていけば、それでいいのだと思います。
日本人らしい思考と生活を崩さないという生き方ほど強烈な反抗、あるいは革命スタイルはないと思います。

In Deep
http://indeep.jp/japan-had-declared-wars-against-europe-as-demonized-soul/
posted by datasea at 18:35| Comment(0) | % 聖マラキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする