2011年05月26日

レムリア人(lemurian)

Scan1.JPG


初期レムリア人(lemurian)。身長約10m。肌は青緑色。頭にソーセージ状の突起がある。初期レムリア人>ピグミー族。

local pc





半獣人は今から一万五千年前くらい、少なくともエジプト文明が生まれるころまでには絶滅したようだが、ヒマラヤのような地球の片隅にごく少数がさらに退化した形で、生き残っているかもしれない。」」 (失われたムー大陸)
このことから、アトランティス時代以前には神を信じる人の魂は人間の肉体に宿ることができ、神を信じない者の魂は奇形ともいえる半獣人に宿ったと考えられます。そして、後の文明の人々は、こうした存在を半獣神(鬼・天狗)として語りついでいったと想像できます。
また、これは前章の666の野獣についてシュタイナーが述べたこととも重なります。つまり、現在の後(ポスト)アトランティス時代から第六根幹人類期にかけて、人類は次第に霊化してゆくわけですが、その期間に神を信ぜずに唯物論に陥る人々や、霊的法則を支配欲や物質欲を満たすために黒魔術として誤用する人々は、アストラル体(魂体)が徐々に半獣 (七つの頭と十本の角を持ったアストラル的人)化してしまうということです。
そのことは、今世の人が霊的認識を受入れると、来世でしっかりした肉体を得ることができ、嘘を付く傾向の強かった人が来世で異常な構築のされた体になるという人智学的な見解とも一致しています。
そして、そうしたアストラル体が半獣化した人こそが、次の木星紀の準備段階ともいえる第六根幹人類期、第七根幹人類期において、666の野獣の作用を最も強く受けてしまい人類の進化から取り残されてゆく危険性が高いと考えられます。
その意味でも、 「ルシファーを退ける力があります。道徳です。道徳はルシファーを焼き尽くす激しい炎です。アーリマンに対抗する手段は、精神科学(霊学)によって修練された判断力と認識能力以外にはありません。」 (カルマの開示)というシュタイナーの言葉は、非常に重要なはずなのです。

地球の救い方・・・R.シュタイナーの人智学に学ぶ
http://blogs.yahoo.co.jp/sakimorikeikan/64226271.html





「アトランティス人がわれわれと、これ程異なる精神力や体力を備えていたことを思えば、アトランティス時代よりももっと古い時代の人間になると、もはや現在の人間の姿とは殆ど共通したところがなかったということも、理解することができるであろう。」 (アカシャ年代記より・第一章)
「今日の人間を見て、『かつては人間はこのような姿ではなかった。人間は今日の姿に至るために、四つの動物的な集合魂を通過し、今日の獅子、牛、鷹、人間の姿に相当する身体のなかに受肉しなければならなかった。そして、人間は上昇して、だんだん人間に似ていき、かつての集合魂の姿は消えていった。人間が人間に似た姿になったとき、集合魂はもはやなくなったのである。』ということができます。」 (黙示禄の秘密・第六章)

地球の救い方・・・R.シュタイナーの人智学に学ぶ
http://blogs.yahoo.co.jp/sakimorikeikan/64226271.html

ラベル:レムリア人
posted by datasea at 02:08| Comment(0) | V 歴史分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

Elenin彗星、アトランティス大陸、ムー大陸



Comet Elenin's Orbit, Atlantis and the Lost Continent of Mu
2011年5月14日 7:08:33:JST

Before It's News
http://beforeitsnews.com/story/634/008/Comet_Elenins_Orbit,_Atlantis_and_the_Lost_Continent_of_Mu.html





(要約)
Elenin彗星、アトランティス大陸、ムー大陸
2011年5月14日
Elenin彗星の公転周期はおよそ11,690 年。
11,690 年前の地球では何がおきていたのだろうか?
次の近日点は2011年9月10日。ウィキペディアによると 、Elenin彗星の前回の近日点は紀元前9679年ころ。
紀元前9600年 。ソロンの時代の約9000年前。アトランティス帝国の軍国主義、男性優位主義は拡大していった。上流階級は自由人を駆逐していった。氷河時代が終わり、海面は世界的に125 m上昇した。「ノアの洪水」 がおきた。アトランティス大陸の大部分が沈んだ。更新と完新世の始まり。 旧石器時代の終わり。中石器時代の始まり。紀元前9600年ころ 。
ノアの箱舟の時期とアトランティス 大陸沈没の時期はほぼ同じ。
ムー大陸の概念と名前を草記したのは19世紀の旅行作家Augustus Le Plongeon。Plongeonは、エジプト文明、中央アメリカ文明といった古代文明のいくつかはムー文明の生き残りが作ったのだとしている。伝えられるところではムー大陸は大昔地球に存在した大陸の名前。人類の歴史の夜明け前に消えた 。
紀元前9564年。アトランティス大陸沈没。ムー大陸沈没。
約11,500年前(紀元前9500年 ) 。地質学の調査によると、約11,500年前あるイベントがおきて世界中の山脈 が3,000〜8,000メートル上下した という。

local pc




プロットをみていくと、Elenin彗星 ( C / 2010 X1 ) は双曲線軌道を描いて太陽系の中心に達し、太陽の引力で楕円軌道を描き中心から離れていく様子がわかる。
Elenin彗星の速度は木星の影響をうける。木星の公転周期は11.8年。

local pc



エレーニン=プラネットX=ニビル=C/2010X=ドワーフ
9月26日      水星ーー太陽ーーエレーニンーー月ーー地球
10月17日     最接近 0.232AU
11月23日     太陽ーー地球ーーエレーニン

火星で会いたい。
http://blogs.yahoo.co.jp/rirateraera/3579288.html





星が並ぶ時
2011/5/12(木)
●星が並ぶ時、その時がやってくる。それはすべての序章、始まりに過ぎない
●2011年8月3日、Eleninは地球に最も近づき、地球の軌道を横切り、8月18日に太陽から約6700万マイルで金星の軌道を横切る。その24日後には、近日点太陽からの距離4473万マイルを通る。2011年9月25日は、地球は、太陽、Elenin、水星、土星 、天王星が直列する。日本の山頂からのビデオは、Eleninを捕えたようだ。
●惑星直列にグランドクロスとかノストラダムスが流行った時からありますが
●Nasaのいう彗星?
ニビルの登場が超ロングサイクルを感じさせますな
お休み

etc*ak*n_d*niのブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/etc_akan_dani/9616291.html

posted by datasea at 20:14| Comment(0) | V 歴史分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

ニムロデ


【バビロン再建計画】
来るべきメシヤの預言を知っていたクシュ(セミラミスの最初の夫)は、セミラミスによって子をもうけた。
このクシュによる子、ニムロデこそ彼らのメシヤであった。
クシュは死ぬ時、ニムロデとその母セミラミスを結婚させた。
ニムロデはすでに人々から神として崇められていたし、クシュもニムロデをもうけたことによって崇められていたので、セミラミスは『天国の母』として崇められるようになった。
ニムロデがバベルの塔を建てている間に、ノアの息子の1人であるセムがニムロデに裁きを告げるためにやって来た。
セムはニムロデを殺し、彼の体をいくつかの部分に切断し、使者を遣わしてすべての異教の神殿に送った。
使者は「バアル、モレク、チューンなどの礼拝には、これと同 じ裁きが来る」と彼らに伝えた。
やがて、それらの宗教は地下にもぐることになった。
ニムロデの妻は偶像崇拝を始めた女祭司であった。
彼女は「奇跡的に妊娠した」と主張して、タンムズという息子を産み、「彼こそ民の救い主である」と宣言した。
その宗教は世界各地に広がり、人々は天の女神が救い主であるわが子を抱いている像を拝むようになった。
そうした偶像は 世界各地で発掘されている。
古代の人々は、この母子像を礼拝し、聖水を注ぎ、宗教儀式を受けることによって、罪が清められると信じた。
ニムロデは、多くの国々で様々な名前で知られてきた。バアル、オシリス、ジュピター、バッカスなどなどである。
またセミラミスは、アシュタロテ、イシス、ダイアナ、イシュタール、ヴィーナスなどで知られている。

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/





独断と偏見で言わせてもらえば、この先の人類の行く先は90%以上の確率と言っていいでしょう、中東情勢で決まると考えます。

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/
posted by datasea at 13:08| Comment(0) | V 歴史分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

中国と19世紀のアメリカ



中国は19世紀のアメリカにどのくらい似ているか
中国に関しては2つの異なった極端な見方がなされている。
一つは、これからも中国は高成長を続け、近い将来世界経済を引っ張る最大の牽引役となるという見方だ。つまり、中国が21世紀の中心になるとする理解だ。
それに対し、中国は所得格差や民族問題による政治的な対立で国家は分裂し、経済成長も止まり、中国は社会的に停滞してしまうという見方だ。
この2つの見方はあまりに極端だ。おそらく、現実の中国を反映していないのではないかとわれわれは考える。
実は中国は61年前にやっと独立した非常に新しい国であると理解した方が分かりやすい。その意味では、あらゆる点で南北戦争以前の1850年くらいの若いアメリカとそっくりなのだ。
1850年代のアメリカは現在のアメリカとは大きく異なった国であった。やっと自給自足的な農業国の段階を抜け出し、工業国家として急成長を始た次期だ。
当時のイギリスは、「アメリカ製造業の奇跡」と称賛し、また当時のイギリスの大作家、チャールズ・ディケンズは、アメリカには著作権の考え方がまったくなく、自分の作品の違法コピーが堂々と販売されていると嘆いていた。
その後アメリカは、南北戦争の内戦など、さまざまな混乱と変化を経験し、現在のアメリカができたのだ。
ここで重要なことは、アメリカは歴史の混乱と激流を経るたびに強大になり、経済成長は加速したということだ。
現在の中国は、こうしたアメリカと非常によく似ている。中国はこれから激流の中で大きく変化し、これまでとは違った国として何度も生まれ変わる可能性が大きいのだ。そして、そうした変化を経ながら、中国は強大化して行くと見た方が妥当だ。
以上である。
今回はできるだけ大量の情報を紹介しようとしたため、少しとりとめのない内容になったかもしれない。
いずれにせよ、いまわれわれはコルマンインデックスの第8サイクルの最後の期間である「第7の日」にいる。もっとも変化が加速する期間になるはずだ。
その変化の一つの巨大な中心になるのは中国であろう。この国の動きは今後も注視して行くつもりだ。

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/
ラベル:中国
posted by datasea at 01:03| Comment(0) | V 歴史分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

米国連邦準備制度理事会についての警告!沈む前に考えよ!



A Warning For the US Federal Reserve! Think Before You Sink!
by Piobar | November 6, 2010 at 08:30 am

NowPublic
http://www.nowpublic.com/world/warning-us-federal-reserve-think-you-sink




(要約)
米国連邦準備制度理事会についての警告!沈む前に考えよ!
Piobar
2010年11月6日
米国連邦準備制度理事会について警告!
ドイツのワイマール共和国の時の事を思い出してほしい。
第一次世界大戦後、ワイマール共和国は戦争の賠償金が原因で破産した。ワイマール共和国は戦争の賠償金をまかなうためお金をたくさん印刷した。結果、物価は急上昇し、通貨の価値は急落した。そしてどういう状態になったか。手押し車にいっぱいの現金でやっとパン一個と交換出来るという状態になった。お金の価値は下がり、食べ物と交換する事は出来なくなった。お金は石炭の代わりに燃料として使われるといった状態になった。ドイツ国民はこの時すでに財産はなく貧しく飢えていた。そういう状態にあったドイツ国民はヒトラーを受け入れヒトラーの時代に入っていった。
お金に関する限り、現在の米国はワイマール共和国の時の状況によく似ている。米国債は、歴史上かつてないほど多いレベルにある。ドルの価値が下がっている。もっと下がる可能性がある。よく考える事だ。
連邦準備銀行が差し押さえになる危険性がある。極端な状態は極端な政治学を生む危険性がある。

local pc
posted by datasea at 03:46| Comment(0) | V 歴史分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

レイモンド・ホイーラーの歴史サイクル



レイモンド・ホイーラーの歴史サイクル
このような中国の動きと変化を文明史的なサイクルから見ると、これからの歴史の道程がある程度見えて来る。
すでにメルマガでも若干紹介したが、ホイーラーサイクルという非常に興味深い文明史的なサイクル理論が存在する。
ホイーラーサイクルは、カンザス大学の心理学部学部長であったレイモンド・ホイーラー博士が1930年代にまとめた気候変動理論である。ホイーラー博士は、気候変動にかかわる100年単位のサイクルを発見し、注目を集めた。
さらに気候変動のサイクルと歴史の変動がシンクロしていることを発見した。
ホイーラーサイクルの気候変動に関する部分は、別の機会に解説するとして、今回はホイーラーが発見した歴史的な変動のサイクルを取り上げたい。
510年周期の世界覇権の転換
気候変動の長期サイクルを研究するうちに、ホイーラーは約510年周期で西欧と東洋で覇権が交代しているのを発見した。覇権の交代のきっかけとなった歴史的な出来事を丹念に調査するうちに、興味深いことを発見した。以下がその図である。
それは、西欧の世界覇権は1450年ころから始まり、約500年続くが、1980年ころには中国が次第に台頭し、それ以降、覇権は中国へと決定的に移行するということであった。ホイーラーはこの論文を1932年ころに発表した。
1932年というと、日本では昭和6年である。満州事変が起こった年だ。中国は混乱しており、中国が世界覇権を取るなどとは思っても見ない時代である。
しかし、現実を見ると興味深いことが分かる。トウショウヘイが政権に返り咲き、改革開放政策が始まったのは1978年からである。そして、1980年には今日の経済発展の中核となる南部に経済特区が建設され、経済の驚異的な成長が始まった。
こうしたことが1980年前後に起こることを、ホイーラーがサイクル理論を発表した1932年の時点では到底予想することは不可能だったはずだ。だとするなら、ホイーラーの510年世界覇権転換説は事実であることになる。
流動化と戦争の危機
このように見て来ると、いまわれわれはまさに文明史的な転換点の真っ只中にいることに気づく。この壮大な変化の過程の中で、われわれの意識も含めた新しい全体性が姿を現して来るのだろうと思う。
もちろん、秩序の本質的な転換の過程では、これまで秩序を維持して来た枠組みが流動化し、その過程で戦争のような突発的な事態が発生する可能性も一番高まるときである。
注視して行かねばならない。

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-188.html
posted by datasea at 00:32| Comment(0) | V 歴史分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする