2017年11月07日

予知情報:ファティマ第3の秘密

By John Ale (Reporter)
Fatima Miracle! It’s All Here! (3rd Secret Revealed)
Friday, November 3, 2017 17:15

Before It's News
http://beforeitsnews.com/prophecy/2017/11/fatima-miracle-its-all-here-3rd-secret-revealed-2495230.html





予知情報:ファティマ第3の秘密
John Ale
未だ明らかにされない「ファティマ第3の秘密(the Third Secret of Fatima)」。バチカンはなぜ隠し続けるのか。
第3の秘密は、聖母マリアの命により1960年に開封を許され、時の法王がそれを読んだ。
「ファティマ第3の秘密(the Third Secret of Fatima)」は、2000年にその一部が公開されたものの、未だその全容は明らかになっていない。
この動画はその全容を解説している。
「ファティマ第3の秘密(the Third Secret of Fatima)」は主に一連の黙示録のビジョンによって構成されている。
ファティマ予言
1917年5月、ポルトガルの3人の羊飼いの子供、Lúcia Santos、LúciaのいとこJacinta、Francisco Martoのもとに
聖母マリアの霊が降臨し与えられたとされる予言。
降臨は1917年5月13日からはじまり数回おきた。
公式なカトリック解釈によると、 ファティマ予言の3つの秘密の内容は、
地獄、第一次世界大戦と第二次世界大戦、当時の法王ヨハネ・パウロ二世の暗殺計画に関係するもの。
Lúcia、Jacintaは1943年にインフルエンザと胸膜炎によって床に伏し、数ヶ月の後に死亡した。
1943年9月15日、Silvaは病気のLúciaにファティマ予言を紙に記録する事を勧め、Lúciaは最終的にそれに従った。
秘密の3番目の部分「第3の秘密」は1944年1月3日、「Leiriaと聖母Mariaの命により」紙に書き留められた。
「ファティマ第3の秘密」は1917年5月13日、Cova da Iria-Fátimaで公開された。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ファティマ第3の秘密
白い服を着た司教がいた
その前を鏡の中の景色のように、人々が現れては消えた後、
燃える剣を持つ天使が現れた
剣からは閃光がはしり、閃光から生まれた炎が世界を包んだ
燃える剣を持つ天使に触れた人々は死んだ
光る天使は右手で地球を指し叫んだ
『懺悔せよ、懺悔せよ、懺悔せよ!』
そして我々は巨大な光/神を見た:
司教は言った
『彼らがそれの前を通過する時にどのように人々が鏡の前を通る時に鏡に姿が映るがごとく』
白い服を着た司教はローマ教皇のようだった
他の司教、聖職者、信者たちはけわしい山を登っていった
そのけわしい山の頂上には大きい十字があった
他の司教、聖職者たちが大きい十字にたどりつく前に
ローマ教皇はなかば廃墟となった都市を通り、
歩みを止めて苦痛と悲しみに震えた
道すがら横たわる遺体に祈った
ローマ教皇はけわしい山の大きい十字についた
大きい十字の下で、教皇は銃弾と矢をあびて死んだ
他の司教、聖職者、信者たちと同じように
大きい十字の下には死体の山ができていた
身分の高い人、低い人いろいろだった
十字の横棒の下には水晶の聖水盤を持つ2人の天使がいた
天使たちは殉教者たちのの血を集め
神に向かい進んでいた魂たちに撒いた
Tuy-3-1-1944
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Joseph Cardinal Ratzinger(後の法王ベネディクトXVI)は「第3の秘密」についてコメントしている。
「ファティマ『第3の秘密』を読んで、動顛の後に残る印象は失望と驚きだ。
しかしを注意深く読んでいくと、その印象の理由がわかる。
そこにあるのは大いなるミステリーでもないし大いなる予言書でもない。」
Lúciaは、Ottaviani卿とCanon Barthas氏の事、聖母マリアの望みもあり、Lúciaは公開を1960年に指定した。
しかし1960年、教皇庁は「第3の秘密」を公開しないかわりに「 第3の秘密は永久に封印される」とのプレス・リリースをだした。
プレス・リリースは様々な憶測を呼び、New York Timesは
「世界的な核戦争がおきて、ローマ・カトリック教会が分裂するのではないか」という記事を書いた。
1981年5月2日、教皇暗予言の日の11日前にLaurence James Downeyは飛行機をハイジャック、
時の法王ヨハネ・パウロ二世(Pope John Paul II)に「ファティマ第3の秘密」を公表することを要求した。
この事件の事もあってか、教皇庁は封印していた「第3の秘密」を2000年6月26日に公開した。1960年から遅れる事40年後の公開だった。
公開によりファティマのあるポルトガルのカトリック教会では
「発表は本来ローマではなくファティマでなされるべきだ」とする批判が相次ぎ、暴動騒ぎまでおきた。
また戦争、ホロコースト、黙示などのひどい大災害に関係した内容でなかった事から、あえて封印していた意味があったのかという批判もあった。
The Times紙2000年6月29日の記事
「月曜日にあった第3の秘密公開は、内容が地球最後の日の予言ではなかった事から批判が相次いだ。
またポルトガルの教会の批判もあり、予言を今後半世紀間秘密にせざるをえない」
ポルトガルの新聞
「ニュースによって多くの人々が、狼狽し、騙されて、裏切られた」
様々な批判の中で、教皇庁は「第3の秘密」の未公開部分についてコメントした。
法王ピウス12世、法王ジョンXXIII、パウロ6世時代に文書を扱った司教によれば、「ファティマ第3の秘密」は紙4枚ではなく1枚の紙だという。
Lúciaによれば、メッセージは手書きの手紙という形でLeiria司教に渡したという。
メッセージの言葉はマリアのメッセージを書き写したものだという。
内容は、黙示録、大背教、カトリック教会に浸透する悪魔思想についてだという。

gfhdfh pc












1981年5月2日、アイルランド航空の航空機がハイジャックされました。犯人の要求は「ファティマの第3の預言」を公表しろ!」という奇妙なものでした。「ファティマの預言」はローマ法王庁に厳重に保管されており、その内容はローマ法王以外誰も目にすることが出来ず、パウロ6世は「ファティマの第3の預言」を目にしたとき、その恐ろしい内容にその場で卒倒してしまったと言われています。
【ファティマ第3の予言】
ハイジャック犯人は、ひそかに持ち込んだダイナマイトを手に、乗員108人を人質にとり、なんとしてもその内容を公表しろと迫ったのでした。ローマ法王庁にはでは緊急会議が開かれ犯人の要求に対してどうするか話し合われましたが、結論は「ノー」。幸いなことにハイジャックは、スチュワーデスをはじめ乗員の勇気ある行動によって、1人の死傷者もなく無事に解決されました。
「ファティマの預言」とは、1917年5月13日に、ポルトガルの田舎町ファティマにすむ3人の子供たちの前に現れた「聖母マリア」が、そのうちの1人「ルチア・ド・サントス」に託したメッセージのことです。
【ルチア・ド・サントス(右端)とコヴァの谷に集まった群集】
その後3人の前にいくどなく姿を現した聖母マリアは時には空中からパンとワインを差し出すことすらあったそうです。ある時、ルチアは「聖母マリア」から、「今度はコヴァの谷間でお会いしましょう」と場所と時間を指定して言われました。その結果、噂を聞きつけたなんと6000人もの人々がコヴァの谷間に集結し、かたずをのんで聖母マリアの登場を待ちかまえたのでした。驚くべきことに今度はその6000人の目の前で突然、天空に青白い光が差し込み、めくるめくようなオーロラが、天を満たし、香しい香りとともにその「奇跡現象」は確かに6000人の目前で出現したのでした。
その後、ファティマは、フランスのルルドとともにカトリック聖庁から「奇跡の聖地」と認められ、現在も多数の信者がその地機のを訪れています。
それでは気になる「ファティマの預言」の内容ですが、それはルチア・ド・サントスが後に書き記した「3つの預言書」より成り立っています。第1の預言は「第1次世界大戦の終結」を予言したものでした。そして、第2の予言は「第2次世界大戦の勃発」を予言したものでした。
注目の第3の預言についてですが、その内容を目にしたとき卒倒したと言われている当時のローマ法王は、深く考えた末、その内容をいつまでも秘密にしておくわけにはいかないと思い、現在の法王になる前のベネディクト16世を通して、要点をまとめて世界の主要国のカトリックの指導者の手元に送りました。日本では函館のトラピスト女子修道会の院長がその書簡を受け取り、さっそく日本語に翻訳したのでした。それには次のような内容が記されているそうです。
「やがて、世界はサタンによって支配されるでしょう。それは、人々がそれまで、神の御心を足蹴にするような行動を重ねてきた結果、自ら招いたことなのです。サタンはまず、教会と学会を支配します。そのため、1瞬のうちに、人類を滅ぼしてしまうような武器が開発されますが、教会はそれを止める力も意志も失っています。この武器を使った戦いが世界のあちこちで火を噴くでしょう。火と煙が地球上を覆い、海の水まで、沸々と煮え返ります。この異常な現象によって、地上にあるもの、水中にあるもの、空にあるものまで破壊されてしまうでしょう。人類は9分の7が死に絶えてしまうでしょう。
だが、死者はまだ幸いです。生き残った者は、死ねなかったことを激しく悔み、死者をうらやむほどの苦痛と苦悩にさらされるのですから。誰がのこされるのか。あるいは残される者はないのか。・・・・・今、私に見えるのは、地球上のいたる所で勝利の歌を歌うサタンと死神の姿です。」
ただし、注意しなければならないのは、上記は法王による虚偽の報告であるという説も根強くこのまま鵜呑みには出来ない事があげられます。もし、真実だとしても、私は、サタンと死神が最後に歌うのは、改心した結果の“愛の歌”だと信じてますけどね(笑)
その証拠を聖書の暗号(HPにて後述)解析から読み解いている方もいます。
『聖書の暗号は読まれるのを待っている』(イオン・アルゲイン著、2010年、徳間書店刊)より以下を抜粋します。
3つ目の予言は、1960年まで公開できないとのことでしたが、バチカンはこの時期を過ぎてもその内容を公開しませんでした。2000年になって3つ目の予言は既に過ぎ去った危機として公表されました。
3つ目の予言  1981年5月13日の法王暗殺未遂と背後にある核戦争の危機
『【解析結果 ファティマ第3の予言】  
聖書の暗号が世に出て、人々に理解されるようになると、過去のバチカンの犯罪と、聖マラキの預言により示されている法王たちの支配の終焉が明らかになるかもしれない。池田邦吉さんにより解析された、ノストラダムスの諸世紀に予言されている未来が起きるかもしれない。また、隠されてきた前文明や歴史上の遺産を公開することになるかもしれない。メッセージは、ムーの時代に計画し、約束したエイリアンから送られた。UFOもつかわれた。』
聖書の暗号から見る第3の予言には、ローマ法王庁崩壊が述べられていました。
ここにはローマ法王が今まで隠されてきた情報を公開して、平和にバチカンが役割を終えていく未来と、ベスビオの噴火を伴ってローマが破壊され、バチカンが終焉をむかえる未来が書かれています。
中略〜 
メッセージは、エイリアンからのものとされています。
ムーの時代にエイリアンが存在することは既に見てきています。
彼等の中でムー崩壊の時代に愛の側で協力してくれたエイリアン達が、暗号の予定にあわせてこのメッセージを送ってくれたものなのだと思います。
UFOの使用が触れられていますので、光のショーと奇跡はUFOが行ったものなのでしょう。(抜粋ここまで)
上記が真実なら、本当のファティマ第3の予言は、闇の勢力の一員であるローマ法王によって現在支配されているバチカンがキリスト教の偽りと共に崩壊していく未来です。
これについては『聖マラキの予言』というものを後述します。
【聖書ヨハネの黙示録】
ヨハネとはイエス・キリストの十二使徒とひとりです。
ヨハネは、紀元1世紀半ごろ、ローマ帝国のキリスト教弾圧の嵐に巻き込まれ、ギリシャのパトモス島に流され、石切り場で働かされていました。
そんなある日、石切り場でいつものように礼拝したところ、どこからともなく神の声が響いてきたといいます。
それ以来、神の声は何度も響いて来るようになりました。
その内容は「これから、この後、必ず起こることをお前に示そう」
という神からの託宣でした。こうして受け取った神託をまとめたものが人類の滅亡をテーマに書かれた預言書「ヨハネの黙示録」として知られているものです。
「ヨハネの黙示録」には最終戦争が「ハルマゲドン」と呼ばれる地で行われることを記してあり、次のように書きあらわされています。
「ある日、人類にとって、最後の、そしてとても悲惨な戦争の火ぶたがきられる。
その戦いで、人類の3分の1が死に絶えて、残りの3分の1番は悪鬼と化してさらに苦しみ、やがては死の谷へと転げ落ちる。
残りの3分の1にのこされた運命も、さらに残酷なものである。
彼らは、生と死のいずれにも属さない世界でただのた打ち回る…。」
【最後の審判】
先ほど述べたようにヨハネの黙示録の中には「7つの封印」というものが記されています。
その封印は、人類の歩みの中で、1つ1つ解かれていき、そのたびに人類は破滅に向かって、1段ずつ奈落の底に落ちていくというのです。
先ほどの内容は、この「7つの封印」の中の「第7の封印」と内容が対応しており、そこにはこう記されています。
「第7の封印が解かれると、地の混じった雹が降り注ぎ、同時に巨大な火の玉も降って来る。
そして地の3分の1が焼け、木の3分の1が焼け、すべての青草は焼けてしまい、地にある生命の3分の1は消滅するだろう。」
「神は祭壇の下に隠れて、この世は神のいない時を過ごすだろう。」
と述べられていますが、これらはまさに現在のことを言っているのではないでしょうか。

心&身魂のアセンション
http://ascension.mikosi.com/





T: 『ファティマ第三の秘密はシスター・ルチアが,レイリア〜ファティマ教区の司教にあてて1941年8月31日に書いた「第三の回想録」による。
........それでは,秘密について少しお話しし,最初の質問にお答えしなければならないと思います。
秘密はこうです。
天からのお許しはすでにいただいているので,お話ししてもよいと思います。
また,地上における神の代理者たちは,お話しする権限を何通ものお手紙で繰り返しくださいました。
この手紙は,ホセ・ベルナルド・ゴンサルぺス神父様からのもので,そのなかで,神父様は,教皇にあてて書くようにと勧めてくださいました。
そこでわたしに指示されたことの一つは,秘密を明らかにすることです。
.......いいでしょう。秘密は,異なる三つのことがらについてで,そのうちの二つを今明らかにしようとしているのです。
第一は地獄のビジョンでした。
マリアは,わたしたちに広大な火の海をお見せになりました。
それはまさに,地の下にあるもののようでした。
この火の中に,サタンと人間の形をした魂とが閉じ込められていました。
この魂は,透き通るように燃え上がる燃えさしのようで,すべては黒く,あるいは,光り輝く青銅色をしていて,大きな炎の中に漂っていました。
彼らは自分の中から放つ炎によって,巨大な煙の雲とともに空中に吹き上げられ,(管理人注:核兵器の意味)ぞっとするような,しかも恐怖に震え上がるような苦痛と失望の悲鳴とうめき声を上げながら,重さもバランスも失って,火花のように大火の中を四方八方に飛び散っていました。
サタンは,見たこともない奇怪な動物の形をしていたのでそれと分かりましたが,戦慄を覚えさせるような気味の悪い形相をしており,透明で黒い色をしていました。
このビジョンは,ほんの一瞬の間続いただけでした。
天の母マリアが,最初のご出現のときにわたしたちを天に連れて行くことを前もって約束してくださっていたことに,わたしたちはどれほど感謝したことでしょう。
もしそうでなければ,わたしたちは恐怖のあまり死んでしまったと思います。
そのあと,マリアに目を上げると,優しいけれども悲しそうに,こうおっしゃいました。
「あなたちは,あわれな罪びとの魂が落ちていく地獄を見ました。
罪びとを救うために,神は,わたしの汚れない心に対する信心を世に定着させるように望んでおられます。
もし,わたしがあなたたちに言うことを人々が実行するなら,多くの魂は救われ,平和を得るでしょう。
戦争がもうすぐ終わろうとしています。
しかし,もし人々が神に背くのをやめないなら,ピオ11世が教皇である間に,もう一つの,もっとひどい戦争が始まるでしょう。
ある夜,まだ見たことのない光がやみを照らすのを見たら,それは,戦争や飢餓,教会と教皇に対する迫害による世の罪のために今まさに神が,世を滅ぼそうとしておられる大いなる徴(しるし)であると悟りなさい。
それを防ぐために,わたしの汚れない心にロシアを奉献することと,償いのために毎月初めの土曜日に聖体拝領をするよう,わたしはお願いにまいります。
もし,わたしのこの要請を受け入れるなら,ロシアは回心し,平和が訪れるでしょう。
さもなければ,ロシアは,戦争と教会への迫害を推し進めながら,自分の誤りを世界中にまき散らすでしょう。
善良な人々は殉教し、教皇は非常に苦しみ,多くの国々は滅ぼされるでしょう。
けれども,最後には、わたしの汚れない心が勝利するでしょう。教皇は,ロシアをわたしに奉献し,ロシアは回心し,世界に平和の時が与えられるでしょう」』
U: また、肩を竦めるアトラスでは
『第三次世界大戰の最初の三十分で米國民の凡そ九割りが死に絶える。
最初の一時間で三千のミサイルが米國に打ち込まれる。
殆どの工業都市は破壞される。』
ようにこれはロシアからのミサイルを意味している。
これはフィリップ・ロスチャイルドが愛人に書かせたもので今でもベストセラーである。
第三次世界大戦は2026年と断定してよいだろう。

ハムレットの水車小屋
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1074.html









ロシアが発表した2つの新型武器に見る未来 :「日本の国土面積の2倍を一発で吹き飛ば せる」スーパー核兵器「悪魔2号」、そし て、新しい物理的原理に基づいて設計された 正体不明の新型電子兵器
✔ 2016/10/25
2016年10月25日の英国の報道
・Mirror
2016年10月14日のロシアの報道
・kievsmi.net
今回はこの報道にあるようなことの関連について少しご紹介しようと 思います。
物騒づく最近のロシア
今日(10月25日)、下のような報道がありました。
ロシアが、ヨーロッパとの国境で大規模な「侵攻訓練」的な軍事演習 をおこなったというものです。
2016年10月25日の英国デイリースターの記事より
・Daily Star
そして、その少し前に、冒頭の2つの「ロシアの新しい兵器」に関し ての報道が、それぞれまったく別のものとしてリリースされていまし た。
ここ最近のロシアをめぐる話は「物騒な」という言葉がよく合いまし て、過去記事の、
・ロシア非常事態省が「モスクワのすべての市民を地下シェルターに 避難させる用意ができた」と発表したこと。そして、大地震の前の上 空の電子数の変化が地震予知に使われるかもしれないこと
2016/09/30
では、モスクワに住むすべての市民( 1200万人)を収容できる対核 攻撃用地下シェルターが用意できたというアナウンスがあったことに ふれ、その後、
・広がり続ける「第三次世界大戦の噂」

In Deep
http://indeep.jp/russian-two-new-arms-satan2-nuke-radio-electronic-weapons/






「7つの丘の町」とはバチカンのあるローマ市を指しています。
ローマ聖庁が最後の迫害を受けるとは、 西欧社会にとてつもない事態が生まれること示しています。おそらく強大な宗教弾圧でしょう。多くの苦難の渦中で、子羊を司牧するとは、そのために数多くの犠牲者を出すが、それでも信徒は生き残ると言うことのようです。
7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下されるとは言うまでもなく人類に最後の審判が下されることをいっています。

tacodayoのブログ
http://blog.livedoor.jp/tacodayo/archives/6297578.html





十の角、十人の王とはEU、ヨーロッパ共同体の主要10ケ国をさします。
「『あなたの見た十の角は、十人の王のことで あって、彼らはまだ国を受けてはいないが、獣と共に、一時だけ王としての権威を受ける。』」(17:12)
「『あなたの見た十の角と獣とは、この淫婦を憎み、みじめな者にし、裸にし、彼女の肉を食い、火で焼き尽すであろう。』」(17:16)
このEUと反キリストが、ローマカトリック、バチカンを火で焼きつくすと預言されています。
そして、バチカンが消滅した後、三年半=1260日間の間、反キリストがこの世を支配し、世の終わりがやってくることになっています。
「7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下る。終わり。」
という『全ての教皇に関する大司教聖マラキの 預言(Prophetia S. Malachiae, Archiepiscopi, de Summis Pontificibus)』の預言と見事に符号していますね。
但し、Wikipediaに以下のとおりに書かれているように112代で終わるのではなく113代目がローマ人ペテロになるのが正解でしょう。

tacodayoのブログ
http://blog.livedoor.jp/tacodayo/archives/6297578.html




「また、私が見ていると、一羽の鷲が中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた、『ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわいだ。なお三人の御使がラッパを吹き鳴らそうとしている』。」(黙示録8:13)
当ブログで、現在までに5つの封印が開かれ4つのラッパが吹きならされたことはすでに解説しました。が、災いを告げる鷲の如くローマ法王ベネディクト16世が、みずから退位を表明しましたね。
普通は死ぬまで教皇職にとどまるものなのですが、生きたまま退位するのは600年ぶりとのことです。そして、それにあわせるかのような北朝鮮の核実験のニュース。
え?!
何故、ベネディクト16世の退位が災いの告知かって?
それは、『全ての教皇に関する大司教・聖マラキの預言(Prophetia S. Malachiae, Archiepiscopi, de Summis Pontificibus)』に、
「ローマ聖教会が最後の迫害を受ける間、 ローマ人ペテロが教皇に就く。彼は様々な苦難の中で羊たちを司牧するだろう。そして、 7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下る。終わり。」
とあるからです。

tacodayoのブログ
http://blog.livedoor.jp/tacodayo/archives/6297578.html




・聖マラキが言う7つの丘と言うのはローマ、即ちバチカンのことであると解釈するのが一般的ですが、これをアメリカだと言う人もいます。しかし7つの丘は様々な国の連合体すなわち、EUのことではないかという解釈も成り立ちます。ギリシアに始まった欧州の経済危機はもうどうにも手がつけられないような状態でないでしょうか。スペイン・ポルトガル・イタリアなどが次々デフォルトに陥るのは時間の問題です。盛んにEUでは経済会議が開かれていますが誰も有効な手段を打ち出せず、会議は空転を続け空しく時間だけが過ぎている状態のようです。
・情報によれば、オランダのベアトリクス女王が引退して皇太子に王位を譲るそうで、英国ではエリザベス女王がウイリアム王子に譲位すると言う話です。これまでイルミナテイの総本山、奥の院は秘密のベールで覆い隠されてきましたが、その権威、権力基盤が根底から崩れているように見えます。
・バチカン銀行では枢機卿のマネーロンダリングが発覚したり、高位にある聖職者たちの度重なる幼児の性的虐待などでバチカンの権威は総崩れになっています。もう秘密が保てなくなってきたので。それに追い打ちをかけているのがスチーブン・グリア博士たちのディスクロージャー運動です。
・宗教は麻薬だと言う人がいますが、人類の始祖、神が作ったアダムとイブは、ETたちの遺伝子操作によるものだったなどと言うことが暴露されたら、2000年近く続いてきたキリスト教、イスラム教、ユダヤ教の教義は完全に否定されたことに、熱心な信徒ほど大きなショックを受けるでしょう。キリスト教ではゴッド、イスラム教ではアッラー、ユダヤ教ではアドナイと呼ばれている唯一最高神の正体が実はET、アヌンナキであったなどと言うことになれば、信念が根底から覆され気も狂わんばかりに荒れ狂い、自暴自棄になった群衆が何をしでかすか解りません。
・フランス革命でブルボン王家の全員がギロチンにかけられたような事態になることを想像して、聖職者たちや王家に繋がる人々は恐怖で眠ることもできないのではないでしょうか。
・人類が大混乱に陥らないように銀河連邦ではファーストコンタクトを慎重に進めているようです。コンタクティたちが言うように、本当に時は迫っているように感じます。実に興味深い展開が始まろうとしています。

唖蝉坊の日記
http://d.hatena.ne.jp/k1491n/20130213/1360725092









ノストラダムス「アンリ二世への書簡」より抜粋
予言集第二序文「アンリ2世への手紙」 対訳・注釈つきより。
恐るべき世俗の王たちの内の一人が、無垢なる聖職者たちの血を一層撒き散らして、支持者たちから称賛を浴びるでしょう。そしてこの王は教会に向けて信じがたい大罪を犯します。豪雨での雨水のように公の道や寺院を人の血が流れ、最も近い河川は血で赤くなるでしょう。別の海戦では海が赤く染まり、ある王は別の王に「海戦は海を赤く染めた」と報告するでしょう。
その同じ年と続く数年のうちに、最も酷い悪疫、先行する飢饉による最も驚異的なこと、そしてキリスト教会の最初の創設以来それほどまでのものはかつてなかった非常に大きな苦難が、ラティウム地方の全域に続けざまに起こるでしょう。
そしてケープを纏った状態の偉大な代理者は、元の地位に再び戻されるでしょう。しかし荒らされ、そして一切が放棄され、至聖所は異教徒たちに破壊される状態になり、新約聖書も旧約聖書も排斥され、焼かれます。
その後、アンテクリストが地獄の君主となるでしょう。最後にもう一度キリスト教徒の諸王国も不信心者たちの王国もみな25年間にわたって震撼するのです。より酷い戦争や戦闘があり、都市も町も城もその他の建物も、焼かれて荒らされて壊されるでしょう。その際に純潔な乙女の多くの血が流され、人妻や未亡人は犯され、乳呑み児たちは町の壁にぶつけられて砕かれるのです。地獄の君主サタンの力を借りて余りにも多くの悪事が行われるので、ほぼ全世界が衰退し荒廃するでしょう。これらの出来事に先だって、見かけない鳥たちが空で「ユイ、ユイ」と鳴き、しばらく後に姿を消すでしょう。そしてそのような時代が長く続いた後に、時代は別のサトゥルヌスの治世である黄金時代へとほとんど一新されるのです。
というようなことが書かれてあるようですが、固有名詞は全然わからないながら、これを一言で現すと、「世の中はとても悪くなって、その極限まで行ったあとに良くなる」ようです。

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/322109939.html









シャーロック・ホームズの産みの親の晩年の予言
アーサー・コナン・ドイル(1859年5月22日 - 1930年7月7日)
コナン・ドイルは、『シャーロック・ホームズ』シリーズで有名ですが、スビリチュアルというのか、予言的な言葉も多く残しています。どうしてなのかなと思って、アーサー・コナン・ドイル - Wikipedia を見てみましたら、以下のようにありました。晩年は、心霊学に傾倒し英国心霊現象研究協会会員となるが、科学的すぎるとして脱退。交霊会や心霊学の講演、それに関する執筆などを行ない、「心霊主義の聖パウロ」の異名を取った。
とのことで、晩年はそっち系に傾倒していたようです。
そのコナン・ドイルは「現在の文明の変転と次の時代」について、次のように書いています。この期間は約3年だそう。
A period of natural convulsions during which a large portion of the human race will perish - Sir Arthur Conan Doyle
「人類の大部分が滅びる間の自然の激動の期間」
アーサー・コナン・ドイルの予言
人類の大部分が滅びる間の自然の激動の期間。
ひどい規模の巨大地震、そして巨大な津波が発生すると思われる。
戦争はその期間の初期の段階でのみ現れるが、これが危機の信号となるように思われる。
危機は瞬間的に訪れるだろう。
文明生活の破壊と転位は信じられないほどのものとなる。
多少の復興が続く中、短い混沌の期間があるだろう。
この激動の合計期間は概ね3年となる。
激動の中心地は地中海の東部沿岸となるだろう。
少なくとも、5つ以上の国家が完全に消滅してしまうだろう。
また、大西洋上に巨大な大陸が浮上し、アメリカとアイルランド、そして西ヨーロッパの沿岸に大きな災害を招くだろう。この際、イギリスの低地はすべて波に飲み込まれると思われる。
南太平洋でも非常に大きな変動があり、日本に近い太平洋でも大きな変動がある。
人類は、自らの精神的な存在に戻ることによってのみ、生き残ることができる。
(訳者注) 今回はここまでですが、コナン・ドイルの言葉をご紹介したのには理由もあって、最近、米国のユタ大学の研究者が発表した「太平洋の地底にかつての地球を一変させた超巨大な火山があることがわかった」ということが話題となっているのですが、これは「海底のイエローストーン」とも呼べるもので、今、ユタ大学のニュースリリースを訳していますので、近いうちにご紹介できると思います。

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/322109939.html








2013年02月13日
In Deep: 最後の法王と呼ばれ続けたベネディクト16世(1): 聖マラキの予言とコナン・ドイルの未来感の時間軸
サンピエトロ聖堂に落ちた雷の感情の方向は「怒りかそれとも喜びか」
ローマ法王ベネディクト16世が退位されるそうですが、その退位の発表の後に、「ヴァチカンにあるサンピエトロ聖堂に稲妻が落ちる (VOR 2013.02.13)」というようなニュースがありましたが、その様子が YouTube にアップされています。ローマ法王が退位を発表した夜のサンピエトロ聖堂に稲妻が落ちる
ところで、上のリンクの VOR のニュースを読んでいましたら、下のような下りがありました。
ベネディクト 16世が退位の意向であることは、カトリック教徒らの間に動揺を生んだ。ある人々は退位は教会分裂の原因になると考えている。というのも、 600年前、グリゴリオ 12世の退位の後にそのようなことが起こったからだ。
また 17世紀、アイルランドの聖マラヒが行った予言、つまりベネディクト 16世が最後の法王となる、ということも懸念されている。
とあります。
まあ、ベネディクト16世は、「最後の法王」とか「その次が最後の法王」とか、いろいろと言われ続けてきたわけですが、彼の時代は、たとえば性犯罪的なことの露見も含めて、「バチカンとキリスト教の闇の部分」が露骨に暴かれた時代でもあるわけで、そういう意味では歴史的な法王だと思います。
いずれにしても、上にある「アイルランドの聖マラヒ」という人を私は知らないですので、調べてみました。日本語では一般的には「マラキ」と呼ばれているようです。下は Wikipedia より。
聖マラキ
聖マラキ(1094年頃 - 1148年11月2日) は、アーマー(現北アイルランド領)に生まれたカトリック聖職者であり、死後列聖された。いわゆる聖マラキの予言で知られるが、本人との関連を裏付ける史料は見つかっていない。ベルナルドゥスがまとめた聖マラキの伝記では、彼は預言の才能をもっていたとされている。しかし、未来について具体的にどのような預言を残したのかという同時代の史料は残っていないようである。
(中略)
1590年以前の予言に比べて、それ以降の予言が格段にあいまいになっていることや、16世紀に登場したと考えないと辻褄の合わない不自然な点が複数あることから、1590年頃に作成された偽書であることは疑いないものとされている
ということで、つまり、12世紀頃の聖人の書いたとされる予言書が 16世紀に唐突に登場したということのようで、その書は偽物である可能性が高いということのようです。
ということで、基本線となる「それが本物であるかどうか」ということ自体が怪しいということになるようですが、一応、その予言書そのものを見てみましょう。予言書のタイトルは「全ての教皇に関する大司教聖マラキの預言」というものだそうです。

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/322109939.html







先ほどご紹介した20世紀最大の予言者エドガー・ケーシーですが、あるころから盛んにイエス・キリストの時代をリーディングするようになりました。
「カーメル山のエッセネ派の神殿にはクムランの学校があり、そこで多くの指導者たちが育成された。」

クムランとは現在のイスラエルにある「死海」という湖のそばにある洞窟遺跡のことです。
クムランは、今日まで木が1本も生えたことがないと思われるような荒涼たる砂漠で、そんなところに神殿や学校があったとはとても考えられませんでした。
だが、ケイシーの預言から十数年後の1947年2月、クムランの洞窟の中から巻物の断片らしきものが無数に発見されました。
その後、膨大な時間をかけてその断片をつなぎ合わせた結果、およそ7巻の巻物が完成しました。

驚くべきことに、これは今から2000年以上も前の紀元前2世紀から紀元1世紀の間に書かれたとされる「聖書の原典の写本」とされています。
この巻物は「死海写本」と呼ばれ、ケイシーの予言通り、ユダヤ教の超能力集団エッセネ派のクムラン宗団によって書かれ、保存されたものということもわかってきました。
まさに20世紀最大の予言者が、過去最高の預言書のありかを言い当てたことになります。
その後、更に内容が細かく分析されるうちに、この「死海写本」には旧約聖書にも入っていない文書が多数含まれていることがわかってきました。
そのなかでいちばん注目を集めたのは、「ヨハネの黙示録」よりももっと恐ろしい「ダニエルの書」が発見されたことでした。
何故ならば「ダニエルの書」には「ヨハネの黙示録」にも記されてなかった「ハルマゲドン」で行われるとされる最終戦争の勃発の時期まで正確に預言していたからです。

「・・・ダニエルよ、さあ行け。私が言ったことは、終わりの日が来るまで理解されることはないだろう。
多くのものは、激しい試練や迫害にあって清められる。
悪者は、悪の中に生き続け、1人として悟るものはいない。
恐るべきものが礼拝のために据えられてから、2290日にもなる。
なお、忍耐して2335日に至るものはなんと辛いだろう。」

このように具体的な数字が掲げられていますが、これは暗号数字になっています。
近年、この数秘術はようやく解読され、その結果、人類はハルマゲドンの予兆が始まってから70年後、最終的なステージを迎えると預言されていることがわかりました。
70年間は、さらに最初の35年間と後の 35年間に分けられ、残りの35年間は、6年の戦争準備期間と、29年の最終戦争の時期に分けられています。
ハルマゲドンは本格的な実戦だけでも、実に 20年間にもわたる大規模で長期の戦争とされているのです。

ただしハルマゲドンの正確な時期を知るためには、その予兆が始まった年を知らなければなりません。
聖書学者たちによれば、その年は、この「死海写本」が発見された翌年の1948年の「イスラエル建国の年」と判定されました。
それから数えて70年後、すなわち2018年、これらハルマゲドンが最終段階に達し、人類がいよいよ破滅の瞬間に追いやられてタイムリミットとされています。
この暗号解読が正しいならば、現代はすでにハルマゲドンの序章に突入していることになりますが、前述した予言者ジーン・ディクソンの
「その戦争は、これまで人類が繰り返してきたような流血の惨事とは限りません。」
という言葉が不気味で仕方がありません。

心&身魂のアセンション
http://ascension.mikosi.com/







エドガー・ケイシーは、1877年から1945年アメリカのケンタッキー州ホプキンズビルで生まれ、20世紀最高の予言者と言われます。23歳の時に自分ののどをリーティングで呼ばれる心霊療法で治したのきっかけに、人々の病を癒して行きました。やがてケイシーはリーディングを予言にも用いるようになり、現在も1万4千件のリーディングが保存管理されています。その多くの予言の中に人類の終末の姿を次のように伝えてるものがあります。「太陽の活動が不安定になり、昼も夜も区別が付かない時代がやってきます。人類はそれを技術的に補おうとしますが、人類の力など、大宇宙の前には何の効力も発揮できません。」
この太陽がおかしくなるという予言は「ヨハネの黙示録」、「ノストラダムスの詩」からも発見さています。ケイシーはこのようにもいます。「アトランティス大陸の再浮上に続いて、地球的な大破壊が起こります。それは断続的に起こり、アメリカの西海岸や東海岸の1部は水没し、ニューヨークは消えてしまうでしょう。ヨーロッパの北半分でも大地が急激に変化します。そして日本の大部分が海中に没するでしょう。北極と南極で隆起が起こり、その結果、極地の移動が始まり、地軸が傾き、アメリカの大地は2つに裂けて大西洋と太平洋に飲みこまれるでしょう。」
ただしケイシーは、人類は21世紀前半に次々と襲って来る苦しみを乗り越え、その後は輝かしい次の時代を築きはじめると言っています。
「21世紀後半の地球には力強い再建が始まっています。太陽の急な変化によって起こった地球の気象変動の影響を逃れようと、都市そのものが巨大なドームで覆われ、
環境は人工的にコントロールされています。人々はガラス屋根の家で、快適な暮らしを営み、その表情は穏やかな微笑みで満たされています。
この時代には、雲の切れ間から神の栄光が再び現れるような時代になるでしょう。」

心&身魂のアセンション
http://ascension.mikosi.com/


posted by datasea at 06:27| Comment(0) | % マリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

ファティマ

2015年03月16日19:02
ファティマの聖母から知る「永遠の地獄」への序章(1) - 「地獄」は神話ではなく、事実として存在する
1917年にポルトガルのファティマで聖母マリアと名乗る女性と会い続けた3人の少女少年
ファティマいう言葉そのものは聞いたことがありました。
簡単な概要は、ファティマの聖母 - Wikipediaから冒頭部分を抜粋しますと、
ファティマの聖母は、カトリック教会が公認している、ポルトガルの小さな町ファティマでの聖母の出現譚の一つ。
他の伝説との違いは、これをローマ教皇庁が奇跡として認め、第三の予言を長年にわたり秘匿したことである。
というものですが、何というか、一種のキリスト教の信仰上での伝説みたいなものなのだろうと勝手に思っていて、
特に興味を持ったことはありませんでした。
しかし今回、ふとしたキッカケで、そのことについて調べているうちに、
この話は大変に興味深い……というより、感動的なものであることを知りまして、
それと共に、どうも今の時代は(地獄という概念を考えると)かなり「やばい段階に突入している」という感じもしたわけでありまして、
どのくらいのことが書けるのかわからないですが、書いてみたいと思いました。
ファティマの聖母を調べることに至った理由なんですけれど、
今朝、いくつかニュースを見ていましたら、マレーシアのニュースで、「マレーシアのコタキナバルの涙を流すマリア像」についての報道を知りました。
報道の内容そのものは、昔から数多くある「血や涙を流すマリア像」の話と同じで、
特にご紹介するようなものではないと思われます。
この「目から涙などを流すマリア像」という現象は、非常に多く報告されていることで、
このブログでも過去何度か取り上げたことがあります(こちらのリンクに一覧があります)。
そして、この現象は、日本語版の Wikipedia では項目としては存在していませんが、
英語版には、Weeping statue (涙を流す像)という Wikipedia 項目があります。
そこには、
ほとんどの場合は、「涙を流す像」は、カトリック教会から認定されないか、
あるいは、デマやニセモノであることが証明されている。
とあります。
ところが、そこに続いて、
ただし、バチカンが唯一その現象を認めた例も存在する。
それは、日本の秋田県にある涙を流す聖母マリア像だ。
とあるのでした。
何と、バチカンが認定しているひとつだけの「涙を流すマリア像」は日本にあるのでした。
さらに、英語版の Wikipedia には、
この秋田の場合で珍しいのは、他のケースと異なり、
テレビを通じて、日本国民の全体が涙を流す聖母マリア像の姿を見ることができたことだ。
とあります。
「秋田にそんなのあったの?」
と調べてみますと、こちらは、日本語の Wikipedia にありました。
秋田の聖母マリア
秋田の聖母マリアとは、日本の秋田県にあるカトリックの在俗修道会「聖体奉仕会」で起きたとされる一連の奇跡現象を意味する呼び名。
「秋田の聖母マリア」は、教区司教によって認可された数少ない聖母出現の一つであり、日本より海外での知名度の方が高い。
さらに続けますと、
発端は1973年に、同会所属の修道女の手の平に、出血を伴う十字架型の傷が現れたことである。
そのほかにも、木製の聖母マリア像からの101回に渡る落涙および芳香現象、3つのお告げなどの奇跡があったと言われている。
これらの奇跡は1984年まで続いたとされている。
そして、ここにある、
> 3つのお告げ
の内容なのですが、これが、
修道女は天使を何度も目撃し、6月29日には天使は彼女にファティマの祈りを教え(略)
この祈りは、1917年にポルトガルのファティマで3人の少年少女を前に聖母が教えたものだったが、
当時は日本ではまだ和訳されておらず、天使が教えたその祈祷文は、後に和訳されて日本に広まるものと一字一句違わぬものだった。
と、ここで、「ファティマ」という文字と出会ったのでした。
つまり、最初に載せましたポルトガルのルシア、フランシスコ、ヤシンタの3人の少女少年が
「聖母マリアと名乗る存在」から教えられた祈り(ファティマの祈り)の内容と、
この秋田の修道女が「天使」から教えられた祈りの文の内容が同じだったというのです。
ちなみに、そのファティマの祈りは日本語では以下のものです。
ああイエズスよ、我らの罪を赦し給え、我らを地獄の火より護り給え。
また、すべての霊魂、ことに主の御憐れみを最も必要とする霊魂を天国に導き給え。アーメン。
ちょっと難しいですが、簡単な日本語にしますと
主イエス・キリストよ、私たちの罪をお許し下さい。
私たちを地獄の火からお守り下さい。
すべての人々、ことに御憐れみを最も必要としている人々を天国にお導き下さい。
というような感じだと思います。
なお、この「声」を受けた秋田の修道女の方は、笹川さんという方で、こちらのページに詳しく書かれていますが、
天使というより、聖母マリアそのものからの声を受けていたように読み取れ、
その点でも、ファティマの3人の少女少年たちと似た状況だったようです。
ところで、この「秋田の聖母マリア」について、カトリック新潟教区の司教は、
「これらの一連の現象が詐欺的、病的、異端的、邪教的なものではないと確認された」
ということを意味する声明、つまり、「聖なる現象と認定する」という内容の声明を出しました。
これを 1984年にバチカンに伝えた際に、バチカンでこの状況を正式に受理した方はどなたかというと、
時のラッツィンガー枢機卿で、この人こそ、私が「最後のローマ法王」と信じてやまない後のベネディクト16世 Cardinal Ratzinger - Pope Benedict XVIでした。
調べると、ベネディクト16世が枢機卿になった時の最初の仕事が、秋田の聖母マリアの声明の受理だったのでした。
ベネディクト16世は、今に至るまで「涙を流す聖母マリア」の中で、唯一バチカンの受理を受けている秋田の聖母マリアの認定者でもあったようです。
地獄は現実として存在する
秋田の笹川修道女が「聖母から受け取った祈り」と「ファティマの祈り」が一致したことで、
「秋田からファティマ」へとつながったわけですが、なぜ、私がこのファティマの出来事に興味を持ったか。
私はキリスト教徒ではありませんので、聖母が出現したということ自体に驚きや感動をおぼえるものではありません。
現象そのものではなく、「聖母のメッセージそのもの」に興味を持ったのです。
ファティマのメッセージは「3つの予言」というようにも言われているのですが、その中に、
地獄の実在。
についての下りがあるのです。
そのことにとても興味を持ったのでした。
そして、「地獄の光景」には「悪魔の実在」も登場します
(3人の子どもたちは地獄の様子を一瞬だけ、聖母に見せられていますが、そこには悪魔もいます)。
私は「悪魔」について、たまに考えたり、 In Deep でも書くことがありました。
そのあたりは、カテゴリー「悪魔の輪郭」などをご参照いただけると幸いですが、基本的に、
悪魔は実在する。
というスタンスというか思い込みを持っている部分もあるわけですが、その中でも、過去記事、
・「悪魔 vs キリスト教」の戦いが世界中でエスカレートしている 2014年01月29日
で書いていますが、
ベネディクト16世が法王を退任して以来、世界の「悪魔化」の傾向が著しくなっていると感じています。
しかし、それを長々と書き出すと、違う方向に行きそうですので、
まずは「ファティマの3つの予言」の概要を Wikipedia から抜粋して編集したものを載せます。
ファティマでの聖母からのメッセージ
第1のメッセージ
死後の地獄が実在することについて:多くの人々が罪深い生活や傾向によって、死後地獄へ導かれている。
肉欲や傲慢など現世的な罪から回心しないままでいることにより、人は死後、永遠の地獄へと行く。
具体的に、聖母はこの少女ら3人に、地獄のビジョンを見せ、彼らはそのあまりの光景に戦慄した。
地獄は神話ではなく実在し、そこは全ての人が死後行く可能性のあるところで、入ったが最後、二度と出ることはできない。
となっていて、「地獄は神話ではなく現実に存在するもの」で、
大変に多くの人々が死後地獄に行っていると聖母と名乗る人物は、子どもたちに語っています。
そして、「地獄に行くと、永遠に出られない」とも聖母は述べています。
2つ目は下のようなもので、大きな戦争に関してのものです。
ファティマのメッセージの年は、第一次世界大戦中の 1917年のことですので、
終わる戦争のほうは第一次大戦、始まるのは第二次大戦と考えるのが妥当かもしれません。
第2のメッセージ
大戦争の終焉と勃発:第一次世界大戦は、まもなく終わる。
しかし人々が生活を改め罪を悔い改めないなら、さらに大きな戦争が起き、沢山の人が死に、
そしてその多くが地獄に落ちてしまう。
その前兆として、ヨーロッパに不気味な光が見えるだろう。
この中の、
> ヨーロッパに不気味な光が見える
というのは、1938年1月25日にヨーロッパの極めて広い範囲で、オーロラが観測されたことがあったのですが、
そのことを予言したと言われることがあります。
基本的に、フランスだのポルトガルだの、ヨーロッパの内陸部でオーロラが観測されるということは、ほぼあり得ないことです。
そんなこともあり、当初は、「ヨーロッパのどこかで大火事が起きている」というように報道されたようです。
daily-mirro-1938.jpg
1938年1月26日のデイリー・ミラー紙(多分イギリスの新聞)の一面。
「北部の空すべてが光っており、大火事の懸念」とあります。Luisa Piccarreta より。
これはきちんと調べてみないとわからないですが、
太陽活動が活発な時だったとすれば、太陽フレアや CME (コロナ質量放出)の異常に大きなものなどが発生していたのかもしれませんが、
いずれにしても、この異常なオーロラが現れた頃から、第二次世界大戦が始まっています。
ファティマの3つめのメッセージは「ファティマ第3の秘密」などとして知られていることのようですが、
今に至るまで、「どうやらバチカンはすべてを公開していない」ようです。
Wikipedia からの抜粋です。
第3の秘密
聖母マリアは、1960年になったら公開するように。それまでは秘密に、とルシアに厳命した。
その内容は「ファティマ第三の秘密」と呼ばれ、
ルシアを通じて教皇庁に伝えられたが1960年が過ぎても教皇庁は公開せず、
2000年になってから発表に踏み切った。
教皇庁によれば教皇暗殺の危機だとされる。(これを)疑問視する意見もある。
この「疑問視」については、この「第3の秘密」に関して、
1960年代にそれを読んだ当時のローマ法王が絶句して具合を悪くしたり、あるいは、40年もの間、歴代の法王が発表を見合わせるほどの内容であったわけで、
「極めて衝撃的なもの」である可能性が高いわけです。
それが、上のような「軽いもののであるわけがない」というのが、バチカンの発表が疑問視されている理由ですが、
もうひとつの理由は、聖母マリアからメッセージを受け取った少女ルシア自身が 2000年代に(ルシアはすでに 90歳代)に、
「それはほんの一部で、バチカンは嘘をついている」
と司法省へ提訴したということがあったからのようです。
もっとも、ルシアは 2005年に 97歳で亡くなっていて、このあたりはうやむやなままのようです。
ヨハネ・パウロ二世(右)と面会する晩年のルシア
この「第3の秘密」については、今回はそこまで行き着けないと思いますので、別の機会に書こうかと思いますが、
先ほど出ましたベネディクト16世も枢機卿時代に「確かにあれは(第3の秘密の内容の)すべてではなかった」と認めています(ソース)。
天使の声を受けて若くして旅立ったふたり
ところで、この 1917年にファティマでメッセージを受けた3人の少女少年のうち、
このルシアだけは、97歳という長寿で人生を全うしますが、
冒頭に示したように、男の子のフランシスコは 10歳、最も年下のヤシンタは9歳という若さで、
共にスペインかぜが原因となってからの長期の病気で亡くなっています。
この3人について、南山大学の三上茂教授による
・ファチマの聖母マリア・ファチマの真実
という非常に膨大な、論文とも言えるウェブサイト上に詳細に書かれているのですが、
この3人の子どもたちの行動や生き方は、私が思わず涙ぐんでしまったほどのものでした。
この3人のうち早くに亡くなった2人の子どもたちは、
自分がもうすぐ天国に行くこと、つまり「自分がもうすぐ亡くなること」を、聖母のメッセージによって察知するのですが、
それでも、死ぬ瞬間まで、主と聖母、そして、「救われない他の人々を救うための祈りと犠牲のために」生きていくのです。
9歳と10歳ですよ?
この子どもたち3人のファティマ後のそれぞれについては、
「ファチマの真実(2)」というページの最後のほうにあります。
こちらは、フランシスコ(男の子)についての記述からの抜粋です。
1917年6月13日の御出現のとき、ルシアは聖母に天国に連れて行ってもらえるかどうかを訊ねていますが、
聖母はそれに対して「ええ、フランシスコとジャシンタをまもなく連れて行きます」と答えておられます。
このときからフランシスコとジャシンタは自分たちの生命がそれほど長くないことを知っていました。(略)
フランシスコは自分の役割がイエズスの聖心と聖母マリアの汚れなき御心を慰めることであるということをよく知っていました。
彼が病床に臥していちばん残念だったことは、教会に行って御聖体の前で長い時間を過ごすことができなくなったことでした。
最も若いヤシンタ(ジャシンタ)は、ファティマの聖母からのメッセージとは別に、頻繁にヴィジョンを見ており、三上教授のサイトでは、
> ジャシンタは6回の聖母御出現が終わった後にも、1920年2月に亡くなるまでの間、絶えず聖母の御出現を受ける恵みを神から戴いていました。
くどいようですが、まだ「9歳」だったヤシンタは、霊的な友人となっていたフランシスコの死に際して、以下のような事を述べた記録が残っています。
1919年4月4日にフランシスコが亡くなる少し前に、ジャシンタはルシアのいる前でフランシスコにこう頼んでいます。
「わたしの愛のすべてを主と聖母に捧げます。
罪人の回心とマリアの汚れなき御心に対する償いのために主と聖母がお望みになるだけ、わたしは苦しみます、と二人に伝えてちょうだい」
この時のヤシンタの状態は、スペインかぜに続いて、気管支肺炎と肋膜炎を併発して、ベッドから起き上がることもできない状態でした。
9歳といえば、今のうちの子と同じ年齢ですが、まるで比較などできません。
ところで、ヤシンタの見たヴィジョンの中には(これは聖母との会話ができていたルシアにも見えなかった)、
「バチカン、あるいはキリスト教信仰の崩壊」
とも取ることのできるような「光景」も含まれていて(法王が人びとから石を投げられている)、
後述しますが、どうも「第3の秘密」は、そのあたりとも関係しそうです。
バチカン、あるいはキリスト教信仰の崩壊が含まれているならば、
歴代の法王が倒れるほどのショックを受けたり、公開をためらう理由も理解できます。
ファティマのメッセージの根幹は「ロシア」のこと
やはり、だいぶ長くなってきていて、1回で書くのは難しくなってきた感じです。
2回くらいにわけたいと思います。
というのも、
ファティマのメッセージで最も重要なもののひとつが「ロシア」の意志と動静
ということがあるのです。
ロシアの存在や考え方次第によっては、
「世界(の人類の霊魂)は地獄に叩き落とされる」
とも解釈できる部分があるのです。
もちろん、この「地獄」は例えとしての地獄ではなく、「現実の地獄」です。
次にはそのことと、あるいは、第3の秘密にふれたいと思います。
ところで・・・。
ファティマで、聖母は子どもたちに、
「地獄は実在し、そこに一度入ると永遠に出られない」
と述べています。
ここに疑問もあります。
天国は永遠なのか。
あるいは、そうではないのか。
もし、地獄と同じように天国も永遠の場所なら、死んだ人々は二度と肉体を持つ世界には戻って来ないことになります。
輪廻や転生の概念は存在しない?
そのあたりのことも含めて、何が何やらわからない、といったような疑問もありますが、今回はここまでとしておきたいと思います。

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/415662218.html

posted by datasea at 17:17| Comment(0) | % マリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファティマ第三の予言

2016年01月07日18:49
ファティマ第三の予言とは真実の人類史のこと
公開されていないファティマ第三の予言とは真実の人類史のことだ
1917年、ファティマという貧しい村に現れた宇宙生命体が、村の3人のこどもたちにメッセージを伝えた。
伝えたのは予言ではない。
真実の人類史のことだ。
1 人間を創造したのは我々(宇宙生命体)である。
2 人間を管理するために創造したのが天使(アヌンナキ)である。
3 聖母マリアはキリストの母。この二人による近親相姦によって生まれた子供が十二使徒である。
(2015/12/28 追稿)
聖書でいう神とは地球外生命体である。
彼らは3600年周期で地球に接近する惑星の生命体である。
彼らは、地球の大気では適応できないので支配を代行する生命体とその奴隷を創造した。
それは、地球外生命体の体液と当時の食物連鎖の頂点にいた脊椎動物の体液を掛け合わせたアヌンナキと、
そのアヌンナキに、軟体・節足動物の体液を掛け合わせた奴隷としての人間だ。
アヌンナキは奴隷の人間の管理者である。
●地球外生命体の体液は、緑(彼らの星の大気は硫化水素で覆われている)
●アヌンナキの体液は、緑と赤
●人間の体液は、緑と赤と青(水死体や硫化水素自殺では緑の死斑が出るのが証拠)
△緑の体液=酸素と硫黄化水素を運ぶ緑のタンパク質(クロロクルオリン、レグヘモグロビン)
△赤の体液=酸素を運ぶ赤のタンパク質(ヘモグロビン)
△青の体液=酸素運搬タンパク質である青のタンパク質(ヘモシアニン)
聖書が指す「神」とは地球外生命体のこと。
聖書が指す「天使」とはアヌンナキのこと。
聖書が指す「イブ」とは最初に創造されたアヌンナキ。
聖書が指す「アダム」とは最初に創造された人間。
聖書が指す「三位一体」とは、人間の血の系譜(緑、赤、青)を指す。
ニビル星生命体は雌雄同体。
アヌンナキは女性で人間と交配し優性遺伝の男性の人間を産んでいく。
人間は一代種の男性(子孫を残せない)
神の寿命は10000年
天使の寿命は1000年
人間の寿命は100年
アヌンナキは女性で男性の人間と交配し男性の人間を生み、母であるアヌンナキを中心に共同体を構成した。
聖書が指す「アブラハム」とはアヌンナキの一人。
聖書は指す「ヤハウェ」とはアヌンナキの神である地球外生命体名前。
アブラハムはヤハウェに自分の子孫が欲しいと嘆願する。
ヤハウェはアブラハムと契約することでその嘆願を受け入れ、性転換を施し男性とした。
この時、ヤハウェはアブラハムと契約をする。
ヤハウェの契約
子孫の氏族は12氏族とすること。
アブラハムの妻となるアヌンナキは人間と同じ寿命とすること。
男性のアヌンナキが生まれたらば殺すこと。(生贄に儀式のはじまり)
地球は、南極大陸には神々が住んでいて、
ユーラシア大陸・ アフリカ大陸・北アメリカ大陸・南アメリカ大陸・オーストラリア大陸をそれぞれにアヌンナキに統治させていた。
ヤハウェは、ユーラシア大陸を任されていた。
ヤハウェとアブラハムの契約に怒った他の神々は、ヤハウェを追放し、代わりの統治者としてルシファーを送り込む。
ヤハウェは堕天使となった。
モーゼの脱エジプト記
ヤハウェとアブラハムの12氏族は住んでいたエジプトから逃げ出す。
ルシファーは、ヤハウェの一行への追撃を緩めなかった。
アマゾネス伝説
アブラハムは一族を守るために、ヤハウェとの契約を破り、男性のアヌンナキによる氏族を作った。軍隊である。
ルシファーは、これに対抗するために女性のアヌンナキの軍隊をつくり派遣した。アマゾネスである。
バビロンの捕囚
ハブラハムは、アマゾネスとの戦いに敗れ、ヤハウェは10の氏族を引き連れて新天地を求めて東へ旅に出た。
アブラハムの2氏族はバビロン国の奴隷となった。
マリアとキリストの誕生
アブラハムの男性アヌンナキが生き残り、アヌンナキと交配を重ねることで、
女性アヌンナキの中の女性遺伝子が強い女性アヌンナキの中が生まれるようになる。
そして、彼女の子供である男性の人間にも女性遺伝子が混在していく。
そして、アヌンナキが生む人間の中に女性と交配種である男性が生まれた。マリアとキリストである。
マリアとキリストは双子として生まれ、女性の遺伝子を受け継ぐキリストは交配種であった。
キリスト教徒の登場
人間の女性であるマリアと交配種の男性であるキリストは交配を重ね子孫を作っていく。アヌンナキを母としない人間が鼠算式に増えていく。
彼らはキリスト教徒と呼ばれるようになる。
アヌンナキと一代種の人間はキリスト教徒を弾圧するが、
キリスト教徒は、世襲で蓄財をして財力を身につけ、
アヌンナキの権力の座を要求するようになる。
そして、神はアヌンナキによる地球の統治を放棄した。
彼らは、残りのアヌンナキにも性転換を施し、子孫を与えた。
彼らが王であり王族と呼ばれる。
地球外生命体は彼の星が、2012年に地球に再接近するまで、地球の内部に留まることにした。
シャンバラ伝説であり、地底王国アガルタだ。
堕天使となったヤハウェは、ユーラシア大陸の東の果てで、2012年を待っている。
フリーメーソンとイルミナティ
アブラハムの氏族はユダヤ教徒と呼ばれ、キリスト教徒らから迫害される。
ヤハウェが引き連れたユダヤ人は、ユーラシア大陸を東に移動しながら定住先を見つけ、
アブラハムと共にバビロンの捕囚となったユダヤ人は、迫害から逃れるために、キリスト教に改宗した。
彼らは偽キリスト教徒となりユダヤ教を続けていく。
ルシファーの子孫はキリスト教徒の中に紛れ込み、ユダヤ人を探しては迫害していく。
彼らは、中国では景教としてキリスト教を広めつつ、ヤハウェが引き連れたユダヤ人を追い詰め、さらに東へ追いやっていく。
紀元100年ごろ、ヤハウェの一行は、東の果てである日本にたどり着く。
西ヨーロッパのユダヤ人は、スペインに集まったが、やがて、ここでも迫害され、東ヨーロッパに離散していく。
キリスト教徒に迫害され改宗したユダヤ人は、キリスト教徒への復讐と、
ユダヤ人の国家を実現するべく結社をつくった。これがフリーメーソンである。
フリーメーソンは、ピラミッド型の段階的組織構造で組織され、
その最上部のキャップ ストーンにはプロビデンスの目、つまりヤハウェを置いた。
彼らにとってヤハウェは伝説の存在であった。
しかし、1500年代に、鉄砲とともに日本に上陸したフリーメーソンは、ヤハウェが日本に存在することを知る。
ヤハウェが実存すると知ったフリーメーソンの上部組織は、ハルマゲドンを契機とするユダヤ国家建設の筋書きを立てる。彼らがイルミナティーである。
20世紀に入り、ナチスのヒトラーが、シャンバラの文明と接触する。
ユダヤ人であるヒトラーは、キリスト教徒からの迫害を受けている同胞を助けるために、ポーランド、ソ連に侵攻する。
しかし、偽キリスト教徒であるユダヤ人は、アメリカを参戦させてヒトラーのドイツを降伏させた。
アメリカは、ナチスに替わりアガルタ文明と接触し、高度な科学技術を得る。
彼らは、ヤハウェを頂点とするのではなく、アガルタ文明を背後に権力を握り、
新世界秩序という統一政府の権力者になろうと計画した。
彼らは、ハルマゲドンではなく、不妊薬による種の根絶による人口削減後、難民を最下層階級とする共産主義階級社会を主張し始める。
フリーメーソンの上部組織である「プロビデンスの目」であるイルミナティは、
21世紀において2つの派閥にわかれている。
1 ハルマゲドンによる建て直しなのか、
2 種の根絶の後に、難民という階級を最下層におく階級社会をベースとする統一政府による共産主義の国家か。
3 それとも、ニビル星の接近によるジオカスタトロフィーなのか。
2012年12月8日現在、人類の選択枝は、上記の3つである。
真実の宗教史
人類が神という存在は宇宙生命体であり、宇宙生命体が地球環境で活動できるように創造されたのがアヌンナキである。
彼らは神の使い、つまり天使である。
人間はアヌンナキの奴隷(ゴイム)として創造(遺伝子操作)された。
アヌンナキは女性であり、ゴイムと交わることで一代種としての人間を生んだ。
母であるアヌンナキは王となり、ゴイムである人間を従えて部族を形成する。
モーゼというアヌンナキは奴隷としての行動規範を人間に与えた。いわゆる旧約聖書である。
一代種の人間は、世代を繰り返すにつれ知能が発達し「死」を恐れるようになる。
王であるアヌンナキは、人間の「死」という命題に「輪廻」という論理を与えた。これが釈迦である。
また、孔子というアヌンナキは奴隷としての規範を定めた。論語である。
しかし、交配種としての女性の人間(マリア)が登場し、
人間(キリスト)と交配して交配種としての人間が登場する。
交配種の人間は鼠算式に増えて、彼らの行動規範としてキリスト教が策定された。
新約聖書である。
増殖する交配種の人間の統率に手を焼いたローマ帝国のコンスタンティヌス1世はキリスト教を利用して奴隷である人間の統率する。
人間の歴史でいうキリスト教公認である。
ローマ帝国と敵対する王であるアヌンナキは、人間のマホメッドを予言者とするイスラム教を策定しキリスト教徒に対抗した。
そして、宇宙生命体である神は、アヌンナキに与えた王の座を人間に与えて地球を去る。
これ以降、アヌンナキを創造する神が地球を離れることでアヌンナキも消滅した。
2017年1月31日追加改稿

世界の常識や定説は真逆である
http://www.link-21.com/earth/b11.html

posted by datasea at 13:36| Comment(0) | % マリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする