2021年01月20日

[動画][資料] 原田武雄: 米国の行方をさぐる,2021.1














posted by datasea at 20:29| Comment(0) | & 政治学者,政治オタク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Wisdomkeeper: トランプ退任演説とワシントンDC=DSホイホイ説



Wisdomkeeper: トランプ退任演説とワシントンDC=DSホイホイ説
1/20-その3現在のアメリカの状況について, 石川さん
2021/01/20 12:33
石川さんにワシントンDCから新しいメッセージが届いています。日本時間1月21日午前1時からNHKがバイデンの就任式ドラマを放送するそうです。私は寝ていますが。。。
(3) 【第78弾】現在のアメリカの状況について‼️ - YouTube
昨日、10日間の期間中、十分な水、食料、必需品を用意してくださいと報じられましたが、
これは米国向けであり安全な日本では必要ありません。日本では停電もありません。
今朝、日本時間朝6時(米1月19日午後8時)に約20分にわたりトランプの演説がありました。このトランプの演説に関して現地テキサス州に住む方より以下のメールがありました。
「トランプ大統領は本当に名役者でありました。緊急放送ではなくネット報道でした。フォックスが放送しましたね。今終わりましたがなんて言ったらいいのでしょう。笑ってしまいます。バイデン関係者が飛行機でワシントンDCに入りました。ハンターもいた感じに見えました。確かにこのスピーチを放送すれば誰もがバイデンの就任を疑いませんね。大統領のスピーチの内容は4年間ありがとう、ありがとうと言う内容でとても悲しそうにいつものように手を使わず敗北者を想像させるような感じで、でも内容にはきちんと小児性愛被害、中共の脅威などに触れていました。これを観ればDSは喜んでいるでしょう。もう勝ち取ったと思っているでしょう。大統領の後ろに飾っている旗は悪党会社の物を使っていました。金のフリンジがあるもの。相手は本気で大統領をやっつけられたと思っているのでしょうね。だから就任式に集まれるんですね。罠の中に入っているって考えていないんですね。トランプ大統領すごすぎます。もう本当にどこまで私たちを思ってくださっているのか。大統領大好きで好きすぎます。また笑いすぎてお腹が痛いです。」
(私:以下はワシントンDCからのメッセージと思います。)
「舞台裏で多くのことが起きています。ワシントンDCには25000人の軍隊が配置されており、他の都市にも軍が配置されています。表向きは就任式の警護としていますが、現在、20日に就任するバイデン大統領に協力すると発言している各組織の長たちも現状そうするしかない状況で発言しています。今は落ち着いていることが最も大切です。
今が正念場です。正確にいつ何かが起きるかは誰にも言えません。我々は今軍事行動の真っただ中にいます。全力で脅威を取り除き大統領を復権させ大都市での暴動を抑えます。このことを覚えていてください。バイデン政権が成立しない限り中国がアメリカ軍を進駐することはありません。そして悪を行うものは全て糾弾されます。大量逮捕が行われます。逮捕者を収容するための刑務所のキャパシティは十分にあります。中国の人民解放軍が25万人の兵力を米国南部国境付近に、7万5千人をカナダ国境付近に、またメキシコにも展開していると言う情報があります。これら中国の軍隊が我が国に一歩でも踏み込んだ瞬間に一網打尽にされることでしょう。恐怖を感じるでしょうが怖がらないでいてください。皆さん既に多くの愛国者たちからの発信で多くの情報をお聴きになっているかと思います。びっくりするような内容ですが、まだ最悪の事態には至っていません。最後はうまく収まるでしょう。
大統領は憲法を守るために最善を尽くしています。
また、いつも元気にトランプを応援して抱きありがとうございます。いよいよ、今日は20日になります。皆様にお伝えしておきます。1月20日に行われるショーをポップコーンを持ってお楽しみください。それだけお伝えさせていただきます。その後の予定は全て予定通りです。お元気でお過ごしください。」
日本時間、1月21日午前1時よりNHKで就任式が生中継予定だそうです。もしも中継されたならさらにすごいことを観ることになるでしょう。21日から数日以内に実施されるディクラスも予定通り実施されます。。おそらく今週の土曜日日曜日ころには実施されるかもしれません。
■コメント 
1.つなし
2021年01月20日 13:18
https://phibetaiota.net/2021/01/amazing-polly-boom-video-5037-q-plan-being-executed/?utm_content=12179454&utm_medium=Email&utm_name=Id&utm_source=Actionetics&utm_term=Email
Q及び米軍特殊情報市民混成と呼ぶに値する部隊が米人民を防衛する作戦を入手できる資料からまとめたもの(代替メデアから追放された婦人のようだ)。
興味あるのは真珠湾、ミッドウェー作戦勝利の戦略が練習台になっている点だ。旧大本営作戦課 、海軍海軍軍令部(引継ぎ者がいれば)及び現自衛隊幹部諸君の防衛基本大綱上必見ビデオだね。
最後部分に売電(腐敗カルト)VSトランプ頂点−軍最高指令官とペンス以下が対決する表示がある。50数人の幼児殺害疑惑がビデオに出たペンスは6日の上院議長で裏切り、今度もまたユダ役でトランプ(イエス)を裏切るのか、彼のペドフィリア犯罪の帰趨はどうなるか。世界のメが見守る。シェイクスピアの嵐のように許されるのか、ストームが始まるね
2.石川さんの真相は
2021年01月20日 16:08
石川さん、S学会の会長さんらしいです。

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52061104.html




 

 


1/20-その2 メイカさんからの続報
2021/01/20 12:31
ユーチューブでもどなたかが話しておられましたが、トランプ大統領はワシントンDCでは自身の大統領就任式はやりませんね。なせならワシントンDC(コロンビア特別区)はUSA株式会社の本社があるところであり、アメリカ共和国の政府があるべきところではないからです。
私の推測ですが。。。トランプ側は、ひょっとしたら、バイデン側にワシントンDCに集まらせ、そこでバーチャルで大統領就任式をやらせ、主要メディアにそれを放送させた上で、ワシントンDCに集まったバイデンやバイデン側の売国奴たちを一斉逮捕し(ワシントンDCの周りには中から外へ逃げ出せないフェンスが設置されている。)、大型バス→船或いは飛行機でグアンタナモ刑務所に搬送するのかもしれません。そしてその12時間以内に主要メディアの電波を遮断してしまうとか。。。その前後に緊急放送が米国内だけでなく全世界に流れるとか。。。
石川さんに届いたワシントンDCからのメッセージではトランプは1月20日に大統領に就任するということでしたが、どうもそうはならなそうですね。
トランプは一旦20日に退いて、軍に臨時に統治させた上で3月4日?に正式にテキサス州或いはフロリダ州あたりでアメリカ共和国の大統領として就任するのでは?
ワシントンDCは米国の諸悪の根源ですから、ワシントンDCは破壊されかゴーストタウンになるかもしれませんねえ。
メイカさんによると:
・今朝の報道で、米宇宙軍のトップ(空軍参謀副部長)は、「トランプ大統領は安全な場所にいる。これから緊急放送で全世界に向かって世界が驚くような衝撃的な真相を報道する。」とテレブラムで発表した。緊急放送の準備が整った。中国語でも緊急放送が流れる。いよいよ大きなことが始まる。
・今朝の報道で、ジョー・バイデンはデラウェア州の支持者らにあいさつをしたが、演説中に何度も涙を拭いた。バイデンの涙は止まらなかった。演説途中で20秒間言葉を詰まらせた。一度も笑っておらず悲しい顔をしていた。しかしバイデンの涙はうれし涙なのか悲しいのかわからない。バイデンは多くの罪悪がありこれから制裁をくけるため、怖いのかもしれない。或いは大統領になれるのでうれしくて涙を流したのか。
・犯人らを搬送する大型バスがワシントンDCの国会議事堂の隣に入った。大混乱した時に大勢を逮捕するためかも。現在、ワシントンDCには6万人以上の兵士が配置されている。カリフォルニア州、ジョージア州など10州にも軍隊が配置された。
・現在、ワシントンDCの周りの芝生に20万本の旗(各国、各州の旗)が刺されている。芝生を満杯にするほどの旗を指すことは、死者を記念するための米国の伝統的な習慣である。それらはなぜかお墓のように見える。バイデンの就任式にはあまり国民が集まらないのに旗だけが多いのはおかしい。バイデンは自分が犯した罪を知っているため泣いているのかもしれない。
・今朝のトランプ大統領の国民への形式的な演説(挨拶)は中国語でも翻訳途中。9時ころに発表されるだろう。
(3) 空軍将軍が発信!緊急放送システム準備完了!! まもなく世界は真実を知る!/ バイデン・地元支持者を前で“泣き顔“
#緊急放送システム
#トランプ大統領
#バイデン泣き顔
- YouTube

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52061102.html






状況更新、2021年1月19日-デクラス遅延、DCの軍事化が極端化、ハスペル辞任、汚い爆弾兵器の専門兵士配備 Mike Adams
2021/01/20 12:29
Situation Update, Jan 19th, 2021 – Declass delayed, DC militarization goes extreme, Haspel resigns, dirty bomb weapons specialist soldiers deployed
状況更新、2021年1月19日-デクラス遅延、DCの軍事化が極端化、ハスペル辞任、汚い爆弾兵器の専門兵士配備 Tuesday, January 19, 2021 by: Mike Adams
https://www.naturalnews.com/2021-01-19-situation-update-jan-19th-declass-delayed.html#
(Natural News) 毎日、新しい観測と情報がテーブルにもたらされ、昨日約束されたトランプ政権による「デクラス」作戦行動が実現しなかったことを考えると、今日の予後診断は大きく否定的である。
なぜならデクラスは作戦全体の中で重要な手段だったので、ホワイトハットのオペレーターが敗北したか、大幅に遅れていると結論づけることができるかもしれないし、これは明日の結果に良い兆候ではない。
肯定的な面では、我々は今日、CIA長官のジーナ・ハスペルが辞任したことを知った。彼女はロシアゲート文書の多くをずっとブロックしていた重要人物であった。だから、それは可能性がある。彼女の除去は今、物事はこの時点ではゲームの中でかなり遅れているように見えるが、デクラスが継続するための道を切り開くことができる。トランプの最初の用語で残りの24時間未満で。
ジョー・バイデンが就任し、アメリカが共産主義者に支配された権威主義的な警察国家に変貌し、言論の自由が違法とされ、保守派が政府の秘密警察に追われるという最悪の結果に、我々は備えなければならない。これは左翼メディアが現時点で要求していることであり、これまでの歴史の中で見てきたすべての専制政権が行ってきた犯罪のにおいがしている。そのほとんどは、最終的には政治的敵対者に対する完全な大量虐殺を追求していた。
ある情報源が「すべてはすでに終わっている」と言っていて、心配する必要はないと言っているにもかかわらず、私は公共のイベントを観察し、実際の共産主義者の操り人形が連邦政府を仕切っていてキリスト教徒と保守派を銃で黙らせようとしていることから、木曜日の朝に暴政の下で目を覚ますのかどうかわからないという、この聴衆の懸念を共有している。
パトリック・バーンが今朝テレグラムで発信したように、バイデンのハンドラーのほとんどは、ねじれた反米政策を国民全体に展開するのを待ちきれない、非常識な左翼、権力欲の強い女性たちで構成されている。ジョーとジルを動かしているこれらの女性たちは、唾液が出て、口の中でよだれが出ている。彼らは、過去4年間にトランプがEOを介して進めてきた何もかもを元に戻すのを待つことができない。彼らは、第一週目、第一月目に実施しようとしていることを隠してさえいない。
■バイデン就任式はフェイクの祭典だ
全部偽物だ。今、彼らは20万人のアメリカ人の旗を議会議事堂の芝生に掲げている。「人民」を示すために。しかし、それは旗であって、人民ではない。本物の人々は、剃刀で囲われたフェンスとバリケードと軍の存在で、締め出されている。銃を突きつけた権威主義の匂いがしている。ジョー・バイデンの選挙の「勝利」は捏造と不正操作であったので、彼の就任式も捏造に満ちたものになるのは当然のことである。法的に言えば、「大統領」としての法的地位のかけらもないので、バイデンのすることは何もない。 なぜなら、彼の大統領職全体が反逆と詐欺に根ざした嘘であるためである。このように、もし彼が慌ただしい行政命令や政策的立場を発信し始めたとしても、ホワイトハットが優勢になる、もし彼が数日以内に逮捕され罷免されれば、全てが正されるでしょう (そして、我々は彼らがそうすることを祈る)。
今日の1月19日の状況更新では以下をカバーします:
• アンチファ、FBI、CNNの偽旗計画が、ここ数日、家に留まっている人々によってどのように倒されたのか。
• なぜ戦場は動きと反撃の流動的な状況なのか。情報がポジティブな日もあれば ネガティブな日もある 私たちは見守ることしかできませんし、推測することもできません。
• これからの日々のために、神への信仰を倍加しなければならない理由。
• リン・ウッドからの神への信頼とトランプへの信頼についてのアドバイスです。
• 国家安全保障局はマイケル・エリスを、顧問に推し進めている一方で、ナンシー・ペロシは彼を阻止しようとしている。エリスは、NSAからの文書の承認において重要な役割を果たしているようだ。
• FBIはキャピトルで全軍を調べている。「過激」な考えを持つ少数の個人の事だと思われている。 しかし実際には ジョー・バイデンは軍を軽蔑している。彼が国民を軽蔑しているのと同じように。だからこそ多くの剃刀線が、キャピタルで必要とされているのである。
• 民主党のスティーブ・コーエン下院議員は、軍の白人を軽蔑している。白人はテロリストかもしれないと主張している。これはあからさまな人種差別と偏見である。
• チャールズ・リーバー博士は 中国共産党と秘密を共有したとして逮捕された。
• なぜクオモは就任式をサボっているのか?
• スコット・ケスターソンの観察によると、DCは巨大な収容所のように見える。近い将来、軍事法廷が開かれる可能性がある。
• ワシントンに現役部隊が配備されることが確認された。
• 国防総省は「化学兵器、生物兵器、核兵器、放射線兵器、爆発物兵器」に対処するための訓練を受けた専門部隊を7500人連れてきている。
• さらに2万人の現役軍人が参加しているが、彼らは単に「儀式的」な目的のために参加していると主張している(例:勲章)。これはナンセンスだ。
• 2000人の州兵が逮捕権を持つ連邦保安官代理として宣誓した。大きな手がかりである。
• アメリカの元帥は、全国からDCに、そしてDCから多くの飛行機を飛ばしている。
• 米海兵隊がオスプレイ機で到着した。
• 装甲車の大型化とミサイルシステムの追加の可能性の噂だが、確認されていない。
• ウォーカー少将は、ワシントンDC地域を「安全保障バブル」と呼んでいる。別のビデオでは、「軍事的権限の円滑な移行」について語っている。
• FBIが怒りのブロガーを訪問。我々は皆そうではないのか?
• トランプは「人間の生命の尊厳を守る日」の宣言文を発表した。神の名の下に、アメリカを神の下の国家として位置づけるための重要な宣言であり、赤ん坊の殺人者の国家ではない。
• キリスト教徒、保守派、真実の語り手が、左翼メディアによって4年間押し付けられてきた「ヘイトカルト」から左翼を解放するために準備をする必要がある理由。
• メディアは、本当の過激派はキリスト教徒と保守派だと偽って主張しながら、左翼の過激派を扇動してきた。
Hear all the details here:
Brighteon.com/c5695a29-0f84-4d89-90e6-e84e18e821bb
Also today, I’ve posted an interim emergency update (18 minutes duration) to add new information:
Brighteon.com/6b57188e-5a86-4acc-b07e-8092abf085b5
See a new podcast each day at:
https://www.brighteon.com/channels/hrreport
You can also download the MP3 audio versions of these podcasts each day at NaturalNews.com.

さてはてメモ帳
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/441a0f3a17b9239ed2f4352707d1a043






1月22日
2021/01/20 12:37
2021年の人間の生命の日の国民の神聖さに関する宣言
 法と正義の発行: 2021年1月18日
 すべてのニュース
すべての人間の生活は世界への贈り物です。生まれても生まれなくても、老いも若きも、健康であれ病気であれ、すべての人は神の聖なる像で造られています。全能の創造主は、すべての人にユニークな才能、美しい夢、そして大きな目的を与えます。National Sanctity of Human Life Dayでは、人間の存在の不思議を祝い、あらゆる年齢のすべての人が保護され、大切にされ、大切にされる生活文化を構築するという決意を新たにします。
今月は、合衆国最高裁判所のロー対ウェイド 判決からほぼ50年を迎え ます。この憲法上欠陥のある判決は、中絶を禁止する州法を覆し、5000万人以上の無実の命を失いました。しかし、強い母親、勇気ある学生、そして信じられないほどのコミュニティのメンバーと信仰の人々は、アメリカの良心を目覚めさせ、すべての人生が尊敬、保護、そして世話に値するという信念を回復するための強力な運動をリードしています。数え切れないほどのプロライフの先駆者たちの献身のおかげで、すべての人に生命の尊厳を認めるという呼びかけは、これまで以上にアメリカで大声で響き渡っています。過去10年間で、中絶の割合は着実に減少しており、今日では、アメリカ人の4人に3人以上が中絶の制限を支持しています。
就任初日から、国内外の無実の命を守るために歴史的な行動をとってきました。私はロナルド・レーガン大統領のメキシコ市政策を再制定して強化し、タイトル10納税者の資金の使用を管理する画期的なプロライフ規則を発行し、医師、看護師、および貧しい人々のリトルシスターズのような組織の良心の権利を保護するための行動を起こしました。私の政権は、信仰に基づく養子縁組の重要な役割を保護してきました。国連では、世界の官僚が無実の生命を守る国の主権を攻撃するビジネスを持っていないことを明らかにしました。ほんの数ヶ月前、私たちの国は他の32か国にも加わり、ジュネーブ合意宣言に署名しました。この宣言は、女性により良い医療を提供し、すべての人命を守り、家族を強化するための世界的な取り組みを強化するものです。
国家として、生命の尊厳を尊重する文化を回復することは、我が国の最も差し迫った問題を解決するための基本です。一人一人が神の愛する子供として扱われるとき、個人は彼らの潜在能力を最大限に発揮することができ、コミュニティは繁栄し、アメリカはさらに大きな希望と自由の場所になるでしょう。だからこそ、いのちの行進に歴史上初の大統領として出席できたことは私の深い特権であり、それが私たちの国の養子縁組を改善し、ケアシステムを育成し、ダウン症研究のためのより多くの資金を確保し、健康を拡大するための私の行動の動機です。シングルマザーのためのサービス。過去4年間で、私は、ニールゴーサッチ、ブレットカバノー、エイミーコニーバレットの3人の最高裁判所判事を含め、憲法を書面で適用する200人以上の連邦裁判官を任命しました。また、児童税額控除を増やし、母親が強くて健康な子供を育てるという高貴な仕事を引き受ける際に財政的に支援されるようにしました。そして最近、私は脆弱な新生児と乳児の保護に関する大統領令に署名しました。これは、すべての新生児が他のすべての個人と同じように救命医療を受ける権利を持っているという真実を擁護しています。
米国は世界の人権の輝かしい例です。しかし、ワシントンの一部は、北朝鮮や中国を含む少数の国々の間で米国を維持するために戦っており、20週間後に選択的な中絶を許可しています。私はこれが道徳的かつ根本的に間違っていると信じている無数の他の人々と一緒になります、そして今日、私は議会に後期中絶を禁止する法律を可決するよう呼びかけます。
当初から、私の政権はすべてのアメリカ人を持ち上げることに専念してきました、そしてそれは私たちの社会で最も脆弱な、胎児の権利を保護することから始まります。National Sanctity of Human Life Dayには、声のない人たちのために声を上げ続けることを約束します。私たちは、人生を選ぶすべての英雄的な母親を祝い、支援することを誓います。そして私たちは、信じられないほどの愛、喜び、美しさ、そして恵みを私たちの国と全世界にもたらすことができる、すべての無実で生まれていない子供たちの命を守ることを決意します。
さて、そのため、私、アメリカ合衆国大統領ドナルド・J・トランプは、憲法とアメリカ合衆国の法律によって私に与えられた権限のおかげで、2021年1月22日を国家の聖域として宣言します。ヒューマンライフデー。今日、私は議会に、まだ生まれていないものを含むすべての人間の生命の尊厳を保護し、擁護することに参加するよう呼びかけます。私はアメリカの人々に、予期せぬ妊娠中の女性の世話を続け、養子縁組を支援し、より有意義な方法で世話を促進し、すべての子供が愛情のある家を持つことができるようにすることを呼びかけます。そして最後に、私はこの偉大な国のすべての市民に、私たちに失われた世代によって引き起こされた沈黙の音に耳を傾け、そして中絶によって影響を受けたすべての人に、目に見えるものと見えないものの両方に声を上げてもらいます。
その証人として、私はここに、私たちの主の年である1月17日、2、212年、そしてアメリカ合衆国の独立の年である245日に手を差し伸べました。
ドナルド・J・トランプ

White House
https://www.whitehouse.gov/presidential-actions/proclamation-national-sanctity-human-life-day-2021/Proclamation

donのブログ
https://ameblo.jp/don1110/entry-12651409812.html



posted by datasea at 17:53| Comment(0) | & 政治学者,政治オタク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

Medeea Greere: 米A級囚人収監の準備へ〜DSが心血注いだFEMA刑務所は自身の終の棲家/墓穴になるのか


Screenshot_20210117-222759.png



Medeea Greere: 米A級囚人収監の準備へ〜DSが心血注いだFEMA刑務所は自身の終の棲家/墓穴になるのか
By Medeea Greere
Guantanamo Bay Ordered to Prepare for ‘High-Level’ American Prisoners
Saturday, January 16, 2021 13:23

BEFORE IT'S NEWS
https://m.beforeitsnews.com/police-state/2021/01/guantanamo-bay-ordered-to-prepare-for-high-level-american-prisoners-5906.html
https://m.beforeitsnews.com/eu/2021/01/inauguration-cancelled-trump-remains-in-office-abc-nbc-cbs-fox-cnn-msnbc-to-loose-licenses-2666697.html









(要約)
グアンタナモは米A級囚人収監の準備を命じられた
2021年1月16日土曜日13:23
Medeea Greere
トランプ大統領は,高位の米国市民を拘留キャンプに送る準備をしている。
もともとテロ容疑者がプロセスなしで拘留され,拘束されることなく尋問され得る「法外の島」を 意図して建設されたこのグアンタナモ湾刑務所(Guantanamo Bay detention camp,GTMO prison)と軍事委員会。
新国防軍の報告によると,トランプ大統領は,米国内,世界中でグアンタナモは不公正/虐待/法支配無視の象徴となっているこの刑務所,キューバの悪名高いグアンタナモ湾収容所に 「A級」米囚人の準備をするよう命じたという。
国防省レポート(The MoD report)によれば,この情報はロシアクレムリンがコピーを入手し,ロシアのタチアナ・シェブツォワ参謀副大臣(General Staff Deputy Defense Minister Tatiana Shevtsova)が確認した。
ドナルド・トランプが米軍法廷裁判に備え,未知数の「A級」アメリカ市民被拘禁者を米国のGTMO刑務所に移送する準備をしていることをロシアは「確信している」とシェブツォワ氏は述べた。
こういう執行がかつて行なわれたのは1945〜1946年/第二次世界大戦後,ドイツナチス戦争犯罪者を起訴するために開催されたニュルンベルク裁判(the 1945-46 Nuremberg Trials)。1945年の裁判と同様,何百人もの特Aクラスの米陸軍憲兵隊が,このプロセスを監督するためキューバに急行している。
レポートによると,2017年4月11日,SCTはキューバでの定期訓練任務中,グアンタナモ湾海軍基地(Guantanamo Bay Naval Base,キューバ)とルーク空軍基地(Luke Air Force Base,米アリゾナ)間で行なわれる多数の暗号通信を傍受した。彼らはSVRカウンターインテリジェンスアナリストに説明を求めた。アナリストはSVRを使用して,この暗号通信がグアンタナモ軍事委員会(the Guantanamo Military Commission, 米軍法廷を開催)と米国司法長官ジェフセッション(US Attorney Generals Jeff Sessions)の間で行われていることをSCTに報告した。
また,2017年4月11日のレポートによると,ルーク空軍基地で行なわれた司法長官会議(Attorney General Sessions)とアリゾナ陸軍州兵(the Arizona Army National Guard, AZ ARNG)の司令官クラスの会議がグアンタナモ湾海軍基地と暗号通信で相互通信していたという。暗号通信は,北米の標準速度59.94フレーム/秒で送信された暗号化動画衛星放送で,その送信時間はほぼ予測可能。
2017年4月11日のレポート開始以来,レポートは継続され,グアンタナモ湾海軍基地〜ルーク空軍基地間の通信のSCT傍受は前例のないベースで継続された。そして2017年7月7日,通信量は最大になったと報告された。
マチス国防長官(US Defense Secretary James “Mad Dog” Mattis)は同月にグアンタナモ湾海軍基地を予告なしに訪問した。予告なしの訪問はほぼ16年ぶりだった。通信の主は第850憲兵大隊司令官らであった。第850憲兵大隊(the 850th Military Police Battalion)は,高度に訓練され専門化された約800人の米陸軍憲兵隊だ。その日の会議には,前日にグアンタナモに飛んだ第850憲兵大隊指揮官がいた。
レポートによれば,2017年12月21日,通信のほぼすべてが停止した。そしてその8日後の12月29日,トランプ大統領はルーク空軍基地にいた第850憲兵大隊にグアンタナモへの移動を命じた。SVRによると,トランプ大統領がグアンタナモに米憲兵隊を突然送った理由は,極秘IBC空輸ルートを使った活動の開始に伴うものであった。
(ディープステートによる)米国内クーデターは確かに進行していた。。。米国が「国家緊急事態」の状態にあることを宣言する −ヒラリークリントンら米国政府を転覆しようとしている人々を結びつけた−2017年12月21日,マティス長官の突然のグアンタナモ訪問と同日,トランプ大統領は大統領令に署名,「国家緊急事態」の第1段階を制定した。
2017年12月29日,トランプ大統領が第850憲兵隊にグアンタナモへの即時配備を命じた後,トランプはグアンタナモ湾海軍基地へのフライトを増やす(週3便まで)ことを発表した。
つまりこの命令は,グアンタナモへの訪問者が洪水のように増える事を意味する。おそらく,間もなくグアンタナモに投獄される裏切者クライアントの弁護士も含まれていたろう。当時のグアンタナモ湾収容所の被拘禁者は41人であったが,最大収容人数は800人だった。
トランプは就任以来,移民計画の厳重審査をはじめとして,ディープステートの長い歴史を追ってきた。一方,ディープステートに同調した左派の米連邦裁判官は,トランプの「極端な審査」計画をめぐってトランプと戦ってきた。
「米国の歴史の中で最も物議を醸し,最も理解されていない法律の1つ」マッカラン法(McCarran Act, Internal Security Act of 1950, 1950国内保安法)(戦争または国内保安緊急事態下で危険で不誠実で破壊的な人物の拘留を許可する)。1940年代後半,米国議会でFBI創設メンバーJ.エドガーフーバーはこう警告した。「ロシアを倒すのに必要な人員は23のコミュニティだけだった」。そしてその後国家保護のためマッカラン法が制定された。トランプはこの法律に基づいて行動を開始したのだ。

fughh pc














喧嘩の落としどころ教えます
投稿者:Legacy of Ashesの管理人
投稿日:2021年 1月12日(火)17時09分33秒 
の中から以下のFEMAを説明しましょう。残りの短い任期で何が出来るのでしょうか。しかし任期には裏の任期もあるのですよ。つまりBlack is white,White is Black isn't itという弁証法です。ホワイトハウスはあくまで表で実はその上にはブラックハウスが聳え立っています。
藤原直哉@naoyafujiwara〜牛の宮時代の藤原は嫌いだったが今は好きです
わぉ、トランプ大統領、文字情報で一気にメッセージを出したよ
https://twitter.com/naoyafujiwara/status/1348785199887175680
FEMAは、1969年、当時カリフォルニア州知事だったロナルド・レーガンが着手したことに端を発する。FEMAは正式には「大統領令12148号(連邦緊急事態管理令)」を通して、ジミー・カーターが設置したものである。この法令は、緊急事態に関わるこれまでの大統領令を全て統合し、緊急事態が起きた時に大統領に無制限の行動力を与えるものである。
FEMAは、緊急事態時に「大統領令12148号」が発動された場合、政府の機能を全て引き継ぐ権限を有するなど、全面的独裁体制を可能とする"ある種の危険性"をはらんでいることを指摘する声は少なくない
管理人注:ジミー・カーターもバラク・オバマもブレジンスキーの作品。人類皆殺し法案グローバル2000はカーター政権で議会承認された。
大統領令12148とは
具体的には〜http://www.asyura2.com/sora/war2/msg/149.html
アメリカ連邦緊急事態管理庁(FEMA)
〈実態解説〉
――大統領令#12148。連邦緊急事態管理庁(FEMA)を設立して、民間防衛計画のための計画と基金を国防省と共有させる。「緊急事態の皇帝」を任命。
――大統領令#12656。緊急事態時の力を判断する主体として、国家安全保障会議(NSC)を任命。これで、政府が合衆国国民の国内での監視を強め、合衆国内の運動の自由を制限することができるようになった。これは大きな市民グループを隔離する権利を政府に与えたのである。そして、州兵を、すべての国境を封鎖し、合衆国の空域とすべての入国港を管理するために使える。
以下の命令は、書かれたが実行されず、いつでも実行でき、合衆国憲法を中断してFEMAを使うことができるのである。
――大統領令#10990。政府があらゆる輸送方法の支配権を得、すべての高速道路と海港を支配下に置くことを認める。
――大統領令#10995。政府による通信メディアの掌握とコントロールを認める。
――大統領令#10997。政府による全電力、ガス、石油、燃料、鉱物の掌握を認める。
――大統領令#10098。政府によるあらゆる食糧資源と農場の掌握を認める。
――大統領令#11000。政府が政府の監督下で編成される仕事に市民を動員することを認める。
――大統領令#11001。政府がすべての健康・教育・福祉機能を受け継ぐことを認める。
――大統領令#11002。郵政公社総裁が全国民の国家登録証明書を扱うよう指定する。
――大統領令#11003。政府による全空港、商用機を含む全航空機の掌握を認める。
――大統領令#11004。住宅財政当局がコミュニティを再配置し、公金で新しい住宅を建築し、放置する地域を指定し、新しい居住地区を設立することを認める。
――大統領令#11005。政府による鉄道・内陸水路・公的貯蔵機能の掌握を認める。
――大統領令#11051。緊急事態計画庁の権限を指定し、国際緊張や経済危機・金融危機が増大したときにすべての行政命令を遂行する権限を与えることを認める。
――大統領令#11310。司法省に、大統領令で発表された計画を実施し、産業援助を行ない、司法・立法連絡係を開設し、外国人すべてをコントロールし、刑罰・更正機関を運営し、大統領に助言補佐する権限を認める。
――大統領令#11049。緊急事態準備機能を連邦の省庁に割り当て、15年間に出された21の行政命令を統合する。
――大統領令#11921。連邦緊急事態準備庁が、予期されない国家緊急事態に当たっては常に、エネルギー資源の生産と分配、賃金、給料、通貨、合衆国金融機関での現金流通といった仕組みを掌握する計画を展開することを認める。また、州の緊急事態が大統領によって宣言されたとき、議会は6か月間、その行動を監視できないよう規定している。
しかしFEMAの本当の目的は〜FEMA CONCENTRATION CAMPは実在します。見てきましたから
http://megalodon.jp/2009-0318-0308-20/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/307.html
管理人注:愉快なのは合衆国憲法を一時的に停止できる点とDSサイドが造ったFEMA CAMP 設備を大統領令付きで利用出来ることだろう。FEMA大統領が選ばれ米国および世界を掌握する。おそらく以前指摘した人間がなり(イランコントラのオリエ・ノース大佐?)3月4日トランプが大統領に再選される。リン・ウッドが水や食料を確保しなさいと言っているのには整合性がある。全国的な停電も起きるでしょう。これは最後まで嘘をついていいと言っていたロスチャイルド家やその血流のプーチンを後ろ盾にトランプは自信を持っている。ロスチャイルドの夢はこの地上にパラダイス(楽園)をつくること。
イブリン・ド・ロスチャイルド卿が2007年17日にロスチャイルド銀行グループでの全ての自分の持ち株を売却し、ロスチャイルド銀行王朝との直接的金融関係を終らせた。2003年のロスチャルド一族の英仏統合に続く組織改革はGUY Rothschildなき後の世界の力関係は急変している。そのGUYの非嫡出子がプーチンである。プーチンは反イルミナティとして知られている。
その関連記事
https://ameblo.jp/goodwillparadise/entry-12634544177.html
おまけ〜ペロシが大事な議会を欠席〜このおっさんのビデオは笑ったよ 東京は色んな人がいて楽しい
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2165977.html
実に楽しい世界になってきた
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52060842.html
リン・ウッド弁護士は証拠を持っている
https://blog.goo.ne.jp/truthseeker/e/9ef9c4272edb096ec7c75d9a3b0f09d2
文中にホワイトハウスの半旗が写っていますがこれは2018年のジョン・マケイン上院議員が亡くなったときの様子。
大統領令13959発効
https://money1.jp/archives/42858
佐野美代子さんビデオ
https://www.youtube.com/results?search_query=miyoko+sano
英語でブログをやっていたらもう生きてはいないだろう
おどろおどろしい闇の世界
https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3939
首相がビル・ゲイツと電話会談〜そうですか そうですか ご自分が真っ先に打ってください。それとあなたの奥さんとお子さんお孫さんにもね
https://www.sankei.com/politics/news/210112/plt2101120006-n1.html
以下は大統領スピーチ
スピーチの分析
『日本や世界や宇宙の動向』では恐ろしいお話が
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52060867.html
二つの大統領令
https://www.bing.com/search?q=%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E4%BB%A4%EF%BC%91%EF%BC%93%EF%BC%99%EF%BC%95%EF%BC%99&form=PRJPJA&httpsmsn=1&msnews=1&refig=8b3e2e8a84464d529afb297956b7dd89&sp=-1&pq=%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E4%BB%A4%EF%BC%91%EF%BC%93%EF%BC%99%EF%BC%95%EF%BC%99&sc=0-9&qs=n&sk=&cvid=8b3e2e8a84464d529afb297956b7dd89
おまけ〜悪魔主義の世界はもうすぐ終わるのです
https://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4302
『事実を直視する:分割して統治せよ』 について
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-22021.html
The House of Representatives is poised to impeach President Trump for a second time when it meets on Jan. 13 to consider an article charging him with “incitement of insurrection.”
The push for an unprecedented second impeachment took a dramatic bipartisan turn as several senior House Republicans joined the Democratic effort to remove Trump for his role in inciting an angry mob to storm the Capitol. Rep. Liz Cheney (Wyo.), the third-ranking House Republican, and Rep. John Katko (N.Y.), the top Republican on the House Homeland Security Committee, both publicly stated that they support impeachment. They are joined by Reps. Adam Kinzinger (R-Ill.), Fred Upton (R-Mich.) and Jaime Herrera Beutler (R-Wash.).
Senate Majority Leader Mitch McConnell has signaled that the earliest the chamber would begin acting is Jan. 19, the day before President-elect Joe Biden’s inauguration.
The Post’s Libby Casey will anchor live coverage and be joined by reporters Rhonda Colvin and James Hohmann. Read more: https://wapo.st/2K4Idsw. Subscribe to The Washington Post on YouTube: https://wapo.st/2QOdcqK

Legacy of Ashes
https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/
http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/4324
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-22009.html#more






posted by datasea at 15:09| Comment(0) | & 政治学者,政治オタク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザウルス: トランプの周到な中共撃滅作戦が始動か



ザウルス: トランプの周到な中共撃滅作戦が始動か
トランプの周到な中共撃滅作戦が始動?バイデン、ペロシ等は自動的に反逆罪?
2021/01/18 22:53
トランプの周到な中共撃滅作戦が始動?バイデン、ペロシ等は自動的に反逆罪?
引用元:https://www.fujikai.org/post/20210116lude-news2
トランプは同時並行に異なるレベルの問題を解決するのが得意である。国内での “選挙不正の追及” 以前から、対中国では NATO をまとめながら “中共撃滅作戦” も計画していたのだ。そして、一見異なるレベルに見える問題がつながっていることを明るみに出すことじたいが解決への突破口なのである。2020年の大統領選に勝利することはトランプにとって最大の目的ではないのだ。そんなことは彼には小さな問題なのだ。
日本の主なメディアは相変わらず以下のような “老害” のトランプ像を描いている。(笑)
1月3日の記事 エプスタインは生きている! トランプの隠し玉か?  の冒頭にザウルスは以下のように書いた。
すでに第3次世界大戦? どうして気づかなかったのか?
リン・ウッド弁護士の爆弾証言:「反乱法→大量逮捕」確定
トランプの逆襲:反乱法発令→大量逮捕?
中共サイバー攻撃の小手調べ? 迫るXデー?
せばまる包囲網:習近平のカラ元気(笑)
第2部:NATO軍の中共撃滅作戦の必然性:ナチスドイツの再来は許されない
NATO連合軍による中国共産党撃滅作戦:中共に味方する国は?(笑)
 コメント 2
1.つなし
2021年01月18日 23:15
生物兵器(特許製品)に日本の感染症はおかしいね。一年前から米国では公表されたし5Gとの誘発関係を含め政府は知っていて隠したね。
ハザールマフィアが退散し地下や日本に逃げるので、政府メデアも真実を言って欲しいね。
米国発のU-TUBE,ビットチューブ等の情報に全て音声がでない。TEXTしか情報が伝達できないのは、サイモン パークスが予言した通りだ。
ニュートンの作用=反作用の応用だね。
MSMの検閲とフェイク情報に対抗した見事な反作用作戦だね。
ウエッブ3が、SNS、MSMに代替するメデアになるわけだね。
インターネットもアルターネットに変わるから全て革命だね。
鎖国の長い日本は遅れたね。
2.風の衣
2021年01月19日 05:48
嘘つきは その場その場で 都合のいい嘘をつく。 コロナ 以外で 死んでも 必要のない PCR 検査 をむりくりくりやり 陽 性 に 判定 してしまう。 そして コロナ死亡 とカウントする。 反対に ワクチンを打って 死んでも持病で死んだ と 因果関係を 否定する、 どのみち 死ぬ人にワクチンを打つ必要性はあるのか?
老人はモルモットじゃねえ 経済的廃棄物でもない。 人を騙すにしても もう少し うまくやれよ、 これじゃやっつけ仕事、 おそ松、 急ぎ働き じゃあしょうがねえか、 マスコミというお代官様を バックにつければ 何をやっても大丈夫か、 悪党にも 悪党の 美学が あったと思うけど、 そんなの関係ねぇか、 今だけ 金だけ自分だけだもんね。

ザウルスでござる
https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/81b0108aa8a571de1a6398ce55089bfb






(Part 2)「世界緊急放送・大量逮捕・トランプ反撃開始・EnjoyTheShow」情報まとめスレッド
2021年01月11日08:54 
カテゴリ:ニュース全般
ツイッターで、アメリカ内戦、米中開戦、テキサス州独立情報スレッド
改め
【Part2】「世界緊急放送・大量逮捕・トランプ反撃開始・EnjoyTheShow」情報まとめスレッド
を建てました。
一応の前スレ。
アメリカ内戦、米中開戦、テキサス州独立情報スレッド - いいげるブログ
アメリカ大統領選の不正選挙に端を発する「テキサス州独立、内戦、米中開戦」を暗示する動きについて、ツイッター上でスレッドにまとめてみることにしました。仮にアメリカで内戦が起こったら、横田基地に首都圏の首根っこを抑えられている、我が「属国日本」も、決して無関係では居られないでしょう。...
◎>
⁉️ローマ教皇逮捕(ソースが1つしか無い)
⬆️停電・通行止めはこのため?https://t.co/t36G9AiW3z
✅教皇のツイートは共同管理アカから
✅トランプ大統領は反乱法に署名済
✅PA, VA, NJの州兵がワシントンDCへ派遣、軍用機も活発に活動#WWG1WGAWORLWIDE #WWG1WGA #トランプ反撃開始 #大量逮捕 pic.twitter.com/PzGlxEvNra
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れParler & Gab へ) (@igel_jp) January 10, 2021
◎>
逮捕の噂も流れているナンシー・ペロシ米下院議長が、昨年8月27日にポートランドのウィーラー市長に送ったとされる🚨暴動容認🚨の手紙。https://t.co/aKSlSswiNi
出典元とされる、リンウッド弁護士のParlerのページにはアクセスできず。
「マスコミには言いつけてあるから」
#暴動 #Antifa 
pic.twitter.com/5RifaqOdGG
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れParler & Gab へ) (@igel_jp) January 11, 2021
◎>
ペロシ民主党下院議長、ペンス副大統領に24時間以内に修正憲法25条を発動(大統領罷免)するよう呼びかけ
https://t.co/cl68hhb1ff
やっぱり逮捕されてなかったかナンシー・ペロシ。しかし「バイデンが勝った」と言っている人が、何故あと10日待てないのかな?😁
#アメリカ内戦 #トランプ反撃開始 
pic.twitter.com/9e73lNJa8B
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れParler & Gab へ) (@igel_jp) January 11, 2021
◎>
✅イランで大規模停電
✅ポンぺオ「アルカイダの基地はイラン」
➡️❓米軍が🇮🇷で作戦行動❓
❓テキサスで昨日停電との噂も確認取れず
✅ Parler からユーザーの個人情報が漏洩https://t.co/EsE58fjRlt
各地の米軍基地や🇺🇸政府機関内部からの投稿の存在も判明#トランプ反撃開始 
#WWG1WGAWORLWIDE 
pic.twitter.com/daI9rf4mwt
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れGab へ&Parlerダウン) (@igel_jp) January 13, 2021
◎>
大事な大事なコレが抜けてた。
トランプ大統領、2018.9.18署名
「米国の選挙で外国の干渉が発生した場合に特定の制裁を課す大統領命令 EO13848」発動😃
米財務省、それに基づき #不正選挙 加担のウクライナ人の資産凍結😆
https://t.co/sIiDmvti2k
#EO13848 #トランプ反撃開始 #WWG1WGAWORLWIDE 
pic.twitter.com/xu4eewv1Hc
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れGab へ&Parlerダウン) (@igel_jp) January 13, 2021
◎>
大統領令 #EO13959 発動😆👊
大統領命令13959の修正に関する大統領命令–共産主義の中国の軍事企業に資金を提供する証券投資からの脅威への対処
https://t.co/Ys2To6srOn
もう #ワクワク が止まらない😃
#トランプ反撃開始 
#WWG1WGAWORLWIDE 
#Trump2021 #WeLoveTrump #WWG1WGA 
#トランプ大統領頑張れ 
pic.twitter.com/WuNf3b9di4
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れGabへ &Parlerダウン) (@igel_jp) January 14, 2021
◎>
✅テキサスから戻ったトランプ大統領が新たなビデオメッセージ「暴力に訴えないように」
✅テキサス州司法長官、 #不正選挙 の容疑者逮捕「不正選挙がないとの主張は虚偽」https://t.co/bkPyj0sWBj
✅グアンタナモからフロリダへGITMO飛行機到着#大量逮捕 😆
#トランプ反撃開始 
#WWG1WGAWORLWIDE 
pic.twitter.com/QQMOl28sRb
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れGabへ &Parlerダウン) (@igel_jp) January 14, 2021
◎>
✅ドイツ全体で停電
✅その🇩🇪で世界最大のダークウェブ闇市場を摘発・閉鎖
✅イタリア政府の2閣僚が辞任、🇮🇹政府は危機モード入り
⬆️児童誘拐&米大統領選挙への衛星を用いた介入疑惑で逮捕と噂の、ローマ教皇元気かな😆
#大量逮捕 #トランプ反撃開始 
#WWG1WGAWORLWIDE 
https://t.co/3V8B4ET1hg 
pic.twitter.com/zxjoZvn6iJ
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れGabへ &Parlerダウン) (@igel_jp) January 14, 2021
◎>
✅ペンス副大統領、現地時間の14日16時にFEMAへ
⬆️🇺🇸国営放送 Voice of America のWH担当記者が明かす
たったこれだけの情報でワクワクする😃
✅トランプ大統領の緊急事態宣言承認に基づき、首都ワシントンの治安はFEMA(アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)が完全掌握https://t.co/stkI5QDbou pic.twitter.com/NAjSiPbEDA
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れGabへ &Parlerダウン) (@igel_jp) January 14, 2021
◎>
✅👆のワシントンDCに続き、ルイジアナ、ユタ、ジョージア、コネチカットの各州が FEMA 管轄に。名目は災害。
✅ナッシュビル爆発事件のテネシー州も FEMA 管轄下。
✅ペロシが再び越権行為、海兵隊に部隊投入を求めバーガー将軍が叱責「反逆に等しい」https://t.co/XgKRWPO3GW
#トランプ反撃開始 
pic.twitter.com/C2mhNvxTn7
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れGabへ &Parlerダウン) (@igel_jp) January 15, 2021
◎>
✅アメリカ西海岸で停電
✅国連の独立人権専門家「グアンタナモ閉めろ」
➡️ #大量逮捕 は順調の模様😁
✅MITのギァング・チェン博士逮捕。ナノテクノロジーの研究費申請時、中国との関係を開示せず
✅ナバロ報告書第三弾「はい、トランプが勝ちました」
https://t.co/RYO4N26f2q
#トランプ反撃開始 
pic.twitter.com/zUqeHsloDe
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れGabへ &Parlerダウン) (@igel_jp) January 15, 2021
◎>
✅FBI、トランプ支持者を装い米議会で暴れた元五輪選手の #Antifa リーダー @realjaydenx をユタ州で逮捕
⬆️警察に誘導され議事堂に侵入、悠々とビデオ撮影https://t.co/PJZFhqNx9v
✅元金メダリストも逮捕
✅民主党員のNY州判事の息子も逮捕
暴徒=左派
#米議会襲撃 
#大量逮捕 #WWG1WGAWORLWIDE 
pic.twitter.com/SrEFg1Nc1B
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れGabへ &Parlerダウン) (@igel_jp) January 15, 2021
◎>
✅習近平、戦争準備命令に署名「米国は敵」https://t.co/wHDTJ4acHW
✅中国企業への投資を禁ずる大統領令、バイデンを直撃
💥北京、自動車バッテリー
💥広東省、国営航空防衛企業
💥天津、🚙部品会社
💥湖南省、🔋♲施設#米中開戦 
#トランプ反撃開始 
#WWG1WGAWORLWIDE 
#WWG1WGA 
#チャイナボカン 
pic.twitter.com/nt1MvDYrQd
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れGabへ &Parlerダウン) (@igel_jp) January 15, 2021
◎>
✅ナポリで陥没🇮🇹
✅調布陥没
☑トンネルはDCはじめ世界各地にある。皇居の地下にも⁉️
https://t.co/EcLTLDKdNL
☑2017年、米軍は地下戦闘訓練に5億ドル以上を投入
➡️😎 
#EnjoyTheShow#WWG1WGAWORLWIDE #WWG1WGA 
#トランプ反撃開始 
#DarkToLight pic.twitter.com/6HkofKEFOn
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れGabへ &Parlerダウン) (@igel_jp) January 15, 2021
◎>
ついに、しろのさんが言っていた「2021ポップコーン不足問題」が現実になってしまうのか?😀
>バイデンの就任キャンセル。トランプ大統領再任。ABC、NBC、CBS、FOX、CNN、MSNBCは停波へ❓
https://t.co/b03felzcyW
なお、トランプ大統領は1807年反乱法を発動済✅
#EnjoyTheShow 
#StormIsUponUs 
pic.twitter.com/jRu0qO8Pc2
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れGabへ &Parlerダウン) (@igel_jp) January 15, 2021
◎>
異常震域が常態化しすぎだろ。
👇コレなんじゃないの?😎https://t.co/PyXnWUGGno
#WWG1WGAWORLWIDE #WWG1WGA 
#トランプ反撃開始 #DarkToLight 
#EnjoyTheShow #StormIsUponUs 
#StormHasHitJapan 🇯🇵 
pic.twitter.com/zMe2h6TihB
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れGabへ &Parlerダウン) (@igel_jp) January 15, 2021
◎>
トランプ大統領、1/5に「2020年のパンデミック詐欺対策法」に署名😃
https://t.co/KUhdb65GB6
>連邦取引委員会がCOVID-19パンデミックの詐欺に関する情報を作成し広めるよう要求
もう #コロナ茶番 も終わりだね
だから吉村知事は日和ったのか?#FakePandemic #トランプ反撃開始
#トランプ反撃 
pic.twitter.com/vD42cPyNcb
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れGabへ &Parlerダウン) (@igel_jp) January 15, 2021
◎>
✅FEMA統制下の🇺🇸首都ワシントンDC #EnjoyTheShow ライブ中継📣https://t.co/rfKMAh8ID3
✅トランプ大統領のフェイスブック、インスタ復活
✅ニューヨーク市の港で大規模爆発
❓2フィートの機密文書公開❓#Trump #トランプ反撃開始 #トランプ反撃 #WWG1WGA #WWG1WGAWORLWIDE 
#StormIsUponUs 
pic.twitter.com/D3OApG66Y1
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れGabへ &Parlerダウン) (@igel_jp) January 16, 2021
◎>
✅イタリア最高裁判所、選挙干渉の証言#不正選挙https://t.co/hbqknRou6m
✅米下院、家族に関する言葉を禁止
✅全米ライフル協会、拠点をニューヨークからテキサスに移転
✅オランダ内閣総辞職、児童手当不当返還で#WWG1WGA #WWG1WGAWORLWIDE #StormIsUponUs #トランプ反撃開始 #トランプ反撃 pic.twitter.com/wnSz64P1rr
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れGabへ &Parlerダウン) (@igel_jp) January 16, 2021
◎>
✅#Antifa リーダーのジョンサリバン@realjaydenx保釈
✅👆の情報流出「トランプ支持者に変装」「警察が米国議会議事堂の中に入れてくれた」https://t.co/utH98QbKWF
✅シリアでアンティファが訓練
✅オバマ政権は故意にアルカイダに資金提供#米議会襲撃 #WWG1WGAWORLWIDE 
#トランプ反撃開始 
pic.twitter.com/L8KFBUHQVf
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れGabへ &Parlerダウン) (@igel_jp) January 17, 2021
◎>
✅スイスのつながり:米国の不正選挙へのスイスの関与https://t.co/a9NZUQOoXe
✅オランダに続き、ギニアでも内閣総辞職
✅ベンジャミン・ロスチャイルド死去
✅アマゾンAWSから締め出されたParlerのCEOに、殺害の脅迫
#WWG1WGAWORLWIDE 
#トランプ反撃開始 #StormIsUponUs 
#WWG1WGA #EnjoyTheShow 
pic.twitter.com/zeVp4GfwJp
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れGabへ &Parlerダウン) (@igel_jp) January 17, 2021
◎>
✅イタリアゲート、パートII:米国の不正選挙の首謀者であると非難されたオバマとレンツィhttps://t.co/ZPZHRTPRGe
計画の政治的レベルは基本的に、元イタリア首相のマッテオ・レンツィがサポートしたとされるバラク・オバマが考案。#WWG1WGAWORLWIDE #StormIsUponUs #WWG1WGA #EnjoyTheShow pic.twitter.com/eKtZSYusc6
− いいげる(断続的にサーチバンされて検索結果から除外。言論統制から逃れGabへ &Parlerダウン) (@igel_jp) January 17, 2021

いいげるブログ
http://igelblog.blog15.fc2.com/blog-entry-984.html




続きを読む
posted by datasea at 13:02| Comment(0) | & 政治学者,政治オタク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

ヤス: 米大統領選概観



ヤス: 米大統領選概観
2021.01.01(第83回)
不正投票はあったのか?
いよいよ2021年になった。今年も激動の年になるだろう。新型コロナウイルスの蔓延もあるだろうが、やはり激動の中心はアメリカである。
日本の主要メディアでは、米大統領選挙ではすでにバイデンの勝利が確定しているにもかかわらず、ひとりトランプだけがごねているというように報道されている。一方、バイデン陣営は次期政権の閣僚を着々と任命しており、それが日本の報道の焦点になっている。もはや大統領選挙の勝敗は完全に確定したという報道だ。
12月14日、次期米大統領を正式に選出するための選挙人投票が行われた。民主党のバイデン前副大統領が過半数を獲得し、勝利が事実上確定した。来年1月6日の連邦議会での投票結果承認を経て、1月20日にバイデンは第46代大統領に、ハリスが副大統領に就任する。これまでトランプ陣営は、選挙人投票での逆転を目指して激戦州で訴訟を繰り返してきたが、最高裁も含め、これまで50件の提訴はすべて棄却されている。万策が尽きたとの見方が強い。
このような状況を受けて、これまでトランプを支持し、バイデンの勝利を認めなかった共和党も変化した。15日、米上院共和党トップのマコネル院内総務は、バイデン前副大統領が次期大統領に就くことを受け入れる意向を表明し「祝意を表したい」と述べた。これから共和党内では、次期大統領としてバイデンを認める動きが強まる可能性が高い。
■諦めないトランプ陣営
しかし、こうした動きにもかかわらず、トランプ大統領が敗北宣言する気配はまったくない。むしろ、選挙の無効を訴えて、自分が勝利したとするかねてからの主張を強めている。ルディー・ジュリアーニやシドニー・パウエルなどのトランプ陣営の弁護士チームも、バイデンの勝利確定にはまったくひるむ様子はなく、相変わらず不正選挙の証拠の収集に余念がない。
この動きで最近大きな進展があったのは、ミシガン州、アントリム郡で使われていた22台の「ドミニオン投票システム」の正式な調査結果だ。これはトランプ陣営の求めに応じて、「アントリム郡」の司法当局が実施を約束したものだ。その調査結果の内容は驚くべきものだった。1万5676件の投票結果を確認したところ、そのうちの1万667件に投票のエラーがあった。これは全体の68.05%に上る。連邦選挙管理委員会が許容しているエラーの割合は0.0008%なので、「アントリム郡」のエラーは膨大だ。このエラーの具体的な内容は公表されていない。トランプ票が勝手にバイデン票に変わるようなことが起こっていたのかどうかはわからない。しかし、選挙監視団体の「アーミステッド・プロジェクト」は、同様な説明不可能なエラーが他の接戦州が使った「ドミニオン投票システム」でも起こっている可能性が高いとして、他州にも選挙結果の保全を訴えている。
■トランプ陣営の次の一手、大統領令の発動
この動きは、トランプの逆転勝利を目指しているトランプ陣営にとっては追い風となる。そこで、14日の選挙人による投票で選挙結果が確定したいまの時点でもまだ使える手として、2018年にトランプが署名した大統領令がある。これは、もし選挙に外国勢力のなんらかの介入の可能性があった場合、「国家情報局」に選挙を調査することを命ずる大統領令だ。この調査の実施が決定されると、大統領は全米で使われている「ドミニオン投票システム」を押収し、外国勢力の介入があったのかどうか、徹底して調べることができる。そしてもし、なんらかの介入があったことが証明できれば、大統領は選挙の無効を宣言し、改めて選挙を実施できる可能性が示唆されている。
だが、この大統領令の実施には条件もある。選挙の実施から45日以内に「国家情報局」の長官が調査を決定する必要がある。11月3日が選挙だったので、期限は12月18日だ。「国家情報局」に動きはない。もうすでに手遅れとしかいいようがない。2021年の1月6日には連邦議会で12月14日の投票結果が追認され、バイデンの大統領就任は確定するはずだ。
■「ドミニオン社」がつながっている勢力
一方、今回の大統領選挙になんらかの不正があったと感じているアメリカ国民は多い。上下両院の共和党議員団の70%、共和党員の68%、そしてなんと民主党員の10%がバイデンの勝利をいまだに認めていない。その理由は、なんらかの不正があり、選挙の公正性に問題があると見ているからにほかならない。全国民を対象にした調査結果はないが、おそらく半数を上回る米国民が今回の選挙にすっきりしないものを感じていると見てよいだろう。
筆者は、トランプ陣営が突き付けた800件を越える宣誓供述書の証言から見て、おそらくなんらかの不正があったと考えている。おそらく今回民主党は、どんな手を使ってでもトランプを引きずり落とすつもりだったのだろう。「ドイツ銀行」の上級副社長で情報畑出身のナヴィッド・ケシャヴァーレズ・ニアの宣誓供述書にもあるように、「ドミニオン投票システム」が、バイデンの得票数を増やすための大規模な不正に使われた可能性はあると思う。特にこの疑念は、「ドミニオン・ヴォーティング・システム社」を調べると、この会社がエリートの巨大なネットワークの一部である可能性が見えて来る。これがどういうことか、見て見よう。
■「スマートマティック社」とは?
「ドミニオン投票システム」にインストールされているソフトウエアの基本的なアーキテクチャーを設計したのは、「スマートマティック社」という会社である。この会社は2002年にベネズエラの首都、カラカスで設立された。2004年に当時のチャベス大統領の信任を問うことになった選挙が実施されたが、その投票で「スマートマティック社」の電子投票機が使われた。このときチャベスは6対4で対立候補に負けていたものの、実際に選挙をすると6割以上の得票をして逆転勝利した。この勝利は、「スマートマティック社」の電子投票機による大規模な票の書き換えが行われたからではないかと当時から見られていた。
現在「スマートマティック社」は、電子投票機とそのソフトウエアでは、世界的な大手の企業に成長している。その持ち株会社の「SGOスマートマティック社」の本社はロンドンにあり、グローバルにビジネスを展開している。
ここで興味深いのは、「SGOスマートマティック社」を率いている会長のマーク・マロック・ブロックという人物だ。彼は世界銀行の元副総裁であった。いまは民主党の最大献金者の一人であるジョージ・ソロスが主催する「オープン・ソサエティー財団」と、やはりソロスが設立したヘッジファンド、「ソロス・クワンタム・ファンド」の役員でもある。さらに、世界のエリートが結集する会議、「ダボス会議」のメンバーでもあるのだ。また、2008年当時、大統領選挙に立候補したオバマ候補をイギリス政府に紹介したのが、外務副大臣だったマーク・マロック・ブロックだった。民主党とのつながりは深い。そして、さらに興味深いことに、アメリカの現地法人である「スマートマティックUSA」の重役の一人、ピーター・ネフェンジャーは、バイデンの政権移行チームの一員である。
だが、「スマートマティック社」の民主党とのつながりはこれだけではない。「SGOスマートマティック社」の役員の一人は世界最大の法律事務所、「DLA・パイパー」の役員でもある。「DLA・パイパー」は副大統領候補のカマラ・ハリスの夫がパートナーの一人となって設立した法律事務所だ。
■「セコイア社」
これからこの話はもっと興味深くなる。2005年、「スマートマティック社」は、アメリカに進出するため、カリフォルニアに本社のある電子投票機メーカの「セコイア社」を買収した。そして、「セコイア社」の旧式の機械とシステムをすべて、「スマートマティック社」が開発した最先端のものに入れ替えた。だが2007年、プリンストン大学の教授や、カリフォルニア州の州務長官は、この投票システムが外部からハッキングされ、票の書き換えが可能ではないかとして同社を告発していた。そして2010年になると米財務省は、「スマートマティック社」が、独裁的で反米的なベネズエラという外国勢力とのつながりがまだあるのではないかという疑念を持ち、捜査を始めた。「スマートマティック社」はこの捜査をかわすために、「セコイア社」の売却を決定した。
■「ドミニオン・ヴォーティング・システムズ社」
「スマートマティック社」に買収された「セコイア社」を2010年に買ったのが、いま票の不正操作でトランプ陣営が告発している「ドミニオン・ヴォーティング・システムズ社」なのだ。この買収によって、「ドミニオン投票システム」にも「スマートマティック社」と同一のものが使われた。そして、「ドミニオン・ヴォーティング・システムズ社」だが、カナダで設立された会社なので、外国勢力との関係を疑われるのを嫌い、ニューヨークにある未公開投資会社、「ステープル・ストリート社」に身売りした。興味深いことに、この会社の役員の多くは投資顧問会社、「カーライル・グループ」の出身だ。オバマ政権の閣僚の数名は「カーライル・グループ」から来ている。民主党と強いつながりを持つ会社だ。また「ドミニオン・ヴォーティング・システムズ社」は、「クリントン財団」にも献金したことを認めている。さらに、民主党のナンシー・ペロシ下院議長の側近の一人がこの会社の役員になっていることも分かっている。そして4年前の2016年、イリノイ州の選挙のとき、「ドミニオン・ヴォーティング・システムズ社」の副社長は、インタビューでこの機械の票の集計結果にアクセスができるかどうか聞かれると、アクセス権さえあれば問題なく可能だと答えている。
このような事実を見ると、「ドミニオン・ヴォーティング・システムズ社」、ならびにそのシステムの基本を設計した「スマートマティック社」は、民主党の首脳部との関係が非常に強い会社であることが分かる。中立的な会社ではない。「ドミニオン投票システム」がバイデンの票をかさ上げするために使われたとする疑惑は、晴れるどころか深まるのではないだろうか?
■支配エリートはネットワーク
さて、こうした事実からはっきりするのは、世界的な影響力を持つ支配的なエリート層は、「ロスチャイルド家」、「フリーメーソン」はたまた、「イルミナティー」などという組織ではなく、広範で複雑なネットワークでできているということだ。つまり、お友達と知り合いが複雑に絡んだ人脈である。はっきりしていることは、いま問題になっている「ドミニオン・ヴォーティング・システムズ社」は、「スマートマティック社」とともに、民主党上層部から「ダボス会議」までつらなるグローバルなネットワークの一部である可能性があるということだ。このグローバルなネットワークは組織ではない。それは、比較的にゆるいエリート層の人脈である。しかし、そうした「お友達」の間では、彼らの大多数が共有する世界観と価値観、そしてそれらに基づく共通のアジェンダが存在する可能性は高い。
■トランプとはなにものなのか?
このように、エリートの支配層が人脈のネットワークだとしなのなら、トランプとはなにものだろうか? いまアメリカのみならず世界的にトランプの熱烈な支持者が拡大している。彼らはトランプを、アメリカをグローバリストの支配から解放し、米国民の手に取り戻すために蜂起した「アメリカ第2革命」の旗手、ならびに、現代の腐敗した金融システムをリセットし、格差の少ないフェアな社会を実現するための解放者として崇敬している。
しかし、本当にトランプはそのような人物なのだろうか? いいや、そんなことは絶対にない。これこそ、キャンペーンによって戦略的に作られたイメージにしか過ぎないのだ。トランプは、民主党首脳部が属するネットワークとは、本質的に異なるネットワークを背景にして出てきた人物だ。では、それはどのようなネットワークと人脈なのだろうか? これは別の機会に書くことにする。

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/
http://www.mag2.com/m/P0007731.html
https://twitter.com/ytaka2013/

ヤスのちょっとスピリチュアルな世界情勢予測
http://www.funaiyukio.com/yasu/



posted by datasea at 08:25| Comment(0) | & 政治学者,政治オタク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月12日

2021年01月09日

Robert David Steele: 米大統領選最終ステージ〜議会に押し入ったトランプ支持者が民主党議員のノートPCを押収





Robert David Steele: 米大統領選最終ステージ〜議会に押し入ったトランプ支持者が民主党議員のノートPCを押収
反トランプのクーデターの本当の黒幕は
2021/01/08 12:23
ロバート・デイビッド・スティール、チャーリー・ワードそしてサイモン・パークス氏が大統領選の一連の動きについて語ってくれています。
トランプをホワイトハウスから追放するために民主党や中共を使って大規模不正選挙や裏切り行為をしていた真の黒幕をトランプ陣営が突き止めたようです。
それらはディープステートの親玉でもあるバチカン、英ロスチャイルド、軍産複合大でした。トランプ陣営はこれらと戦わなければならないのですから本当に大変なことです。彼らに勝利することを信じてトランプとトランプ陣営と米軍を応援しましょう!
ヤフーニュースでトランプが敗北宣言したと報じています。
本当に呆れますね。
Robert David Steele, Simon Parkes and Charlie Ward. - YouTube
ロバート・デイビッド・スティール氏、チャーリー・ワード氏、サイモン・パークス氏によると:
(概要)
1月6日までに起きたことはトランプ陣営が見事に仕掛けた罠に敵が嵌ったということです。
トランプ陣営はパズルを完成し、誰が政府的腐敗(反トランプのクーデター、不正選挙)の真の黒幕かを発見しました。
トランプ側は既に米国の政治的腐敗に資金を提供し裏で操作していたのはソロス、ゲイツ、オバマ、クリントン財団、その他の腐敗した者たちであることは知っていましたが、真の黒幕(全ての資金源)についてはわかっていませんでした。そして今回やっと真の黒幕を特定したのです。それはバチカンです。トランプ側はカネの流れを突き止めようとしたのです。
トランプ陣営が仕掛けたもう一つの罠は、1月6日に、ワシントンDCの国会議事堂に仕掛けられていました。
国会議事堂の中にトランプ支持者らも押し入りましたが、彼らは静かに平和的に行動していました。彼らが前へと押しながら進んでいるときにアンティファ集団も押し入ってきたのです。同時にトランプの熱狂的な支持者らも押し入りました。そして彼らは議事堂内から12台の民主党のノートパソコンを押収することに成功しました。
これらのノートパソコンの中には大量の証拠が保存されています。置きっぱなしにしてあったナンシー・ペロシのノートパソコンも押収され、彼女はかなり慌てたようです。
ある情報筋からの情報によると、
ジョージ・ソロスとイングランド銀行は秘密作戦を企て、ソロスをイギリスの国王(法人)として扱い、ソロスの色の革命やマルクス主義の文化大革命を(米国で)実行するための資金を提供することにしたそうです。従って、ジョージ・ソロスだけが米国に対する反逆を行ったのではなく英国の最高権力者も米国への反逆を裏で操っていたということです。
カリフォルニア州の道路に木製の十字架を運びならがトランプの熱狂的支持者集団がトランプと書いた道標を大量に設置しました。彼らは1月6日に国会議事堂内に送り込まれ暴力が起きるのを防ぎながら、建物内においてあった民主党のノートパソコンを押収しました。
また、国会議事堂内で殺害された人たちが本当に殺害されたのかは定かではありません。また、これがブラックハット(敵)の作戦だったのかホワイトハットの作戦だったのかもわかっていません。
クリスマスの日にイタリア政府はレオナルドダビンチと呼ばれる複数のサテライトをバチカンに貸し出しました。つまり、これらのサテライトはイタリアが所有していますが、バチカンが使っているということです。
バチカンはこれらのサテライトを使ってモノ?を世界中に動かしています(ちょっとこの意味がよくわかりません)。
イタリアは北大西洋条約機構の加盟国ですが、我々の同盟国でさえ信じることができなくなったということです。
今、ゲームの展開が変わりました。ロシアや中国はどうでもよくなりました。
このことが明らかとなりましたから、イタリア政府は崩壊するでしょう。そして銀行もトランプ追放し色の革命を起こす作戦に関与しています。
1月6日まで、トランプは全ての法的なオプションを試さなければなりませんでした。そうすることで誰もトランプにあれもやるべきだった、これもやるべきだったとは言えなくなるからです。1月6日にトランプはテキサス州の国防司令部に移動しました。そこでトランプはトランプ陣営と次の作戦を協議していました。
シンシア・マッケーニーと1月6日に起きたことを話し合っていましたが、トランプ追放作戦は、イギリスからの潤沢な資金によって行われたNATOの剣(秘密作戦)だった可能性があります。ドイツとフランスも共謀していました。しかしNATOを利用してトランプ大統領を倒そうとしたのは軍産複合体だったのです。
サイモン・パークス氏の今後の予測:トランプ陣営の中にこれ以上裏切り者が出てこなければ、これからトランプは大統領令、反乱法、戒厳令を発令し軍による大量逮捕が行われます。
これからユーチューブはトラブルになるでしょう。Bitchuteを使いましょう。これは素晴らしい動画サイトです。人々はBitchuteに投資すべきです。
チャーリー・ワード氏の今後の予測:トランプは4枚のカードを持っています。まだそれらの殆どを使っていません。それらは、
軍隊、
反乱法、
生物兵器による攻撃への報復
などです。これらのうち、どの手段がベストなのかを仲間と協議するためにトランプはタイムアウトしたのです。トランプにはさらに多くのオプションがありどれを選ぶかまだ決められていないと思います。可能性としては、20日以内にトランプは、小児性愛犯罪や人道に対する犯罪で脅迫を受けていた政治家たちを暴露するでしょう。

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52060696.html







トランプ戒厳令に必要な書類が提出される
2021/01/09 02:05
速報 トランプ戒厳令に必要な書類が提出される
先ほど米国家情報長官の選挙戦に関する外国勢力の干渉についてのレポートが提出された話をしたが、これを「ラトクリフレポート」と呼び再度取り上げることにしたい。これが上院に提出されればトランプが大統領令ないし戒厳令を発動するための根拠となる。ミラー補佐官も憲法で決められた期限は1月20日までと言明している。まだ勝負は終わっていないのだ。
民主党が油断した隙を突いて出されたラトクリフレポート
これって、さっきと同じ話ですよね?ラトクリフさんは、辞めてなかったんですね!
たっぷり年末年始休暇を取得したという話だよ。戦いには休養も必要だからな。これでバイデン不正に関わった勢力に国家反逆罪を適用する準備が整った。年末は邪魔されたのに、今回は邪魔されなかったのは、不思議な気もします!前回は確か中国に関する項目が不足しているとかで横槍が入ったはずだ。要するに今回出てきた物の方がより強力ということ。期待できる動きと言えるじゃないか。ボクも、もう少し探してみます!この話って、みんな忘れてますよね?
ああ。議会は大統領令の発令を最も恐れていて、トランプが1月20日までに国家反逆罪を適用する流れを警戒している。まさにそこを突いた動きだ。この劣勢のタイミングでラトクリフレポートが出ても民主党は歯牙にも掛けないだろう。それが狙いだ。
油断してるんですね・・・。民主党は、油断してますね。ペンス副大統領は、トランプ大統領を裏切ってないと思います! それ!ペンス副大統領は二重スパイなんだよ。民主党側に寝返ったかに見せかけてトランプと丁々発止の演技をしながら周囲を騙した。あたかもトランプがペンス副大統領を裏切り者かのように批判してな。実はそれは演技だった。
ペンス副大統領の演技に引っかかった真の裏切り者
その演技に引っかかって馬脚を現した連中がいる。それこそが真の裏切り者でありトランプにとって最も許し難い敵というわけだ。国家反逆罪適用の下地が徐々にできつつあると言えるだろう。
トランプ大統領、演技派ですね・・・。トランプ大統領の演説には、力があると思います。。ツイート、結構見つかりました!やっぱり、バイデンさんを油断させるためだったんですね・・・。
その通り。日本人は不利となるとすぐに敗北宣言をする悪い癖がある。諦めてはいけない。一時的な後退であっても敗北は認めないことが大事だ。トランピズムの継承者である藤原氏についていけば間違いはないということ。 
返信部分も、まとめました! 
希望を捨てたくありません
・内容が気になります
・これが原因でワシントンD.C.が大騒ぎになりました
・国家反逆罪と戒厳令が来るかもしれません
・どれだけ待ったか、分かりません
・去年の12月18日までに出さなかった理由を、教えてほしいです
⇒ ホントですね。大統領が決まってしまいました
・バイデンさんの事とは関係ないという報道もあります
・これを待っていました
・無かった事にされたと思ってました 
英語部分の返信では、もう終わったと言ってる人がいました・・・。でも、希望を持っている人が多かったです!
仮にそれらがよく知られた内容だったとしよう。だとしても、このレポートが大統領令や戒厳令を出すための武器になると間違いなく言える。トランプにはそれ以外の選択肢がないと先週からずっと話してるだろ?
そうだと思います!20日を過ぎたら、トランプ大統領は逮捕されるかもです!今のうちに動かないと、大変な事になります!
やれることをやらずに終わるのは最悪だね。やって終わるべきだ。トランプはその準備をするためにテキサスの空軍基地へと向かった。国家反逆罪適用のためにヘリを飛ばしてワシントンD.C.を制圧するだろう。そこからトランプの本当の戦いが始まるというわけだ。
何だか、辻褄が合ってきましたね・・・。全部シナリオ通りなんだと思うと、心が熱くなります。トランプ大統領、必ず逆転できると信じてます!頑張って下さい!バイデンさん、不正はやめましょう!後悔しても手遅れです!さようなら!
【速報】トランプ戒厳令に必要な書類が提出される|News U.S.先ほど米国家情報長官の選挙戦に関する外国勢力の干渉についてのレポートが提出された話をしたが、これを「ラトクリフレポート」と呼び再度取り上げることにしたい。これが上院に提出されればトランプが大統領令ないし戒厳令を発動するための根拠となる。ミラー補佐官も憲法で決められた期限は1月20日までと言明している。まだ勝負は終わっていないのだ。。
news-us.org

donのブログ
https://ameblo.jp/don1110/entry-12649069909.html









トランプは失脚しテキサスに逃亡
2021年01月08日02:44  
国際情勢 
ペンス副大統領とペロシ議長が肘タッチ
結局、トランプは人々を納得させるだけの不正選挙の証拠を挙げることなく、テキサス州に逃れて失脚してしまった。
議会議事堂は一時、トランプ支持派に占拠され、警官隊との衝突で四人が死亡する大惨事で、歴史に汚名を残す結果となった。
ペンス副大統領は、トランプを裏切ってバイデン大統領就任を宣言し、ペロシ議長と肘をつつきあって祝意を伝えあっている。
残る数日間、トランプはツイッターやメディアから閉め出され、政府機関からも相手にされず、権力行使できる状態にない。
トランプは、周囲をDSのトロイの木馬に囲まれて、身動きがとれないまま、ワナにはまって悲惨な最期を遂げてしまった。
ここに、米国の民主主義は完全に終焉し、ディープ・ステートの独裁国家となり、悪魔崇拝者たちの支配する国へと転落した。
野崎晃市(46)

文殊菩薩
http://iiyama16.blog.fc2.com/





今、トランプはテキサス州にいるそうです。
2021/01/07 19:25
リン・ウッド弁護士からトランプはテキサス州にいるとの連絡が入ったそうです。
ミラー国防長官代行がトランプの味方ならば、20日までにバイデン逮捕となるかもしれません。ミラーはペンスや議会を遊ばせているとリン・ウッドがつぶやいていますから。。。
デルタフォースがウクライナのバイデンの会社からおぞましい犯罪の証拠を押収したためそれらを基に軍が彼を逮捕することになればいいのですが。。。
詳しくはこちらから:
ウッド弁護士、「トランプ大統領はテキサスにいる」 - YouTube

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52060696.html







トランプ大統領が敗北宣言!? いえ、そんなことは一言もいていません!! ペンスの裏切り、その裏で起きている信じられない変化とは!!!
2021/01/08 18:39
トランプ大統領が敗北宣言!? いえ、そんなことは一言もいていません!! ペンスの裏切り、その裏で起きている信じられない変化とは!!!
https://www.youtube.com/watch?v=wA7a_6LEfHY
508 回視聴•2021/01/08
一日一食 OMAD エンドゥ
トランプ氏は譲歩しなかった...リン・ウッド氏は「多くの裏切り者」が間もなく逮捕されると説明...議会投票中に昨夜入手した確定裏切り者の最終リスト (ナチュラルニュース) 昨日の議事堂の「襲撃」はMAGA支持者に扮した左翼のアンティファ/BLMの扇動者によって演出された。我々は、議会のメンバーが真実に反旗を翻し、ジョー・バイデンを「次期大統領」とする不正の選挙人を受け入れることに投票し、我々の憲法共和国に対する裏切りの最後の行為を目撃しました。 議事堂ビルの偽旗襲撃は メディアと議員によって 総選挙での選挙不正の圧倒的な証拠を 隠蔽するために使用された。メディアの物語では、突然、バイデン陣営による不正投票の可能性さえも、もはや重要ではなくなりました。 パトリック・バーンは、キャピトルビルの特定のセクションに侵入するために、州警察が公然とアンティファ/BLMの「俳優」(MAGAの愛国者に扮した)を明らかにしたこのビデオをリツイートしました。バーン氏は、「これは演出された心理戦だと気付いた瞬間...」と述べています。 同じメディアは、もちろん、カヴァナフの最高裁公聴会中に急進左翼がキャピトルビルを襲撃したことを忘れろと要求しています。また、急進左翼が2020年の多くの期間を通じて、都市を燃やし、連邦政府職員を暴行し、パトカーや政府の建物に火を放ったように、過激な暴力と国内のテロリズムが何ヶ月にもわたって続いたことも忘れてはいけないと思われます。 トランプ氏は譲歩しなかったし、「権力の移行」は必ずしもバイデン氏への移行を意味しない。夜に隠れて、反逆的な米国議会は、ホワイトハウスに中国共産党の操り人形ジョー・バイデンを設置することに投票し、彼の詐欺的な選挙人名簿を受け入れたことを確認しました。数時間後、トランプ氏は "権力の移行 "についての声明を発表しました。これです。 みなさんに、愛、宇宙の根源との一体性、創造の力が目覚めますように。
►参照 https://www.facebook.com/groups/25735... https://ameblo.jp/ba5603/entry-126482... ►動画制作者への寄付 エンドゥ ► https://www.paypal.me/endonippon ►銀行口座 住信SBIネット銀行 レモン支店(104) 普通3294377 エンドウマサシ 寄付金をお送りくださった皆様に多大な感謝をお伝えします。 最近の選挙関係の動画は広告つか図ちょっと困っています!! ►SNS https://twitter.com/8eikaiwa https://www.facebook.com/mappyrus ►洗脳を解くお勧めの書籍 ❖Joe Dispenza 「あなたという習慣を断つ」 https://amzn.to/2RQM3Wk ❖一なるものの法則 ラー文書 https://amzn.to/2Ymqsbo ❖内海聡 ワクチン不要論 https://amzn.to/2Ae2NkX 99%の人が知らないこの世界の秘密  彼ら にだまされるな! https://amzn.to/2XaJPoc 医学不要論 https://amzn.to/3caPRK7 ❖デビッド・アイク 今知っておくべき重大なはかりごと@ https://amzn.to/3gvJ5ll 恐怖の世界大陰謀〈上〉 https://amzn.to/3ddMcwq ►お勧めサプリ(i herb) Now Foods, ブラッドプレッシャーヘルス (高血圧向け) https://iherb.co/H9nmLqrK Jarrow Formulas, マグネシウムオプティマイザー (マグネシウム) https://iherb.co/x3dijKvr Dynamic Health Laboratories, 認定オーガニックアップルサイダービネガーデトックストニック (リンゴ酢) https://iherb.co/8rbFEs1x ►英語、ロシア語の学習 カウンセリングやっています (TOEIC 950点、MBAホルダー、ロシア語通訳)

大摩邇







トランプは譲歩しなかった・・・リン・ウッドは「多くの裏切り者」が間もなく逮捕されると説明・・・議会投票中に昨夜入手した確定裏切り者の最終リスト Mike Adams
2021/01/08 05:45
確かにあからさまな犯罪が確定ですね、世界中でわかった
Trump did NOT concede… Lin Wood explains “many traitors” to be arrested shortly… final list of confirmed traitors acquired last night during congressional vote
トランプは譲歩しなかった・・・リン・ウッドは「多くの裏切り者」が間もなく逮捕されると説明・・・議会投票中に昨夜入手した確定裏切り者の最終リスト Thursday, January 07, 2021 by: Mike Adams
https://www.naturalnews.com/2021-01-07-trump-did-not-concede-lin-wood-traitors-to-be-arrested.html
(ナチュラルニュース)
MAGA支持者に扮した左翼のアンチファ/BLMの扇動者によって演出された、昨日の議事堂の偽旗「襲撃」に続き、我々は立憲共和国に対する最後の裏切りを目撃した。議員たちは真実に反旗を翻し、ジョー・バイデンを次期大統領にすべく、詐欺師のバイデン選挙人を受け入れるよう投票した。
議事堂ビルの偽旗荒らしは、総選挙での選挙不正の圧倒的な証拠をすべて白紙にするために、メディアと議員によって使用されている。突然、メディアの物語の中では、バイデン陣営による不正投票の可能性さえも、何人かの人々が議事堂ビルを「襲撃」し、それが怖かったので、もはや重要ではない。
パトリック・バーンがこのビデオをリツイートした。キャピタルポリスがアンチファ/BLMの「俳優」(MAGA愛国者の格好をした)を公然と指示し、キャピタルビルの特定の場所に侵入させていることを明らかにしました。バーンは、「これは演出された心理作戦だと気付いた瞬間・・・」と述べている。
https://www.brighteon.com/embed/c6d6541c-a62c-4783-aa3b-2711ec20e78e
同じメディアのナラティブは、もちろん、カヴァナフ[Kavanaugh]のSCOTUS公聴会中に急進左翼がキャピトルビルを襲撃したことを忘れろと要求している。あなたはまた、急進左翼が都市を燃やし、連邦政府職員を暴行し、パトカーや政府の建物に放火したような、何ヶ月にもわたる過激な暴力と国内テロリズムを憶えていてはいけないと想定されている。以下のビデオは、カヴァナフ公聴会の間、左翼がキャピトルを「襲撃」したことを、メディアがいかに報道したのか、その様子を紹介している:
https://www.brighteon.com/embed/e4b31888-4947-4b76-b28c-9858d0d9a79a
トランプは譲歩しなかった、そして、「権力の移行」は必ずしもバイデンへの移行を意味するものではない。夜に隠れて、反逆的な米国議会は、ホワイトハウスに中国共産党の操り人形ジョー・バイデンを据え付けることに投票し、彼の詐欺的な選挙人名簿を受け入れたことを確認した。数時間後、トランプは「権力の移行」についての声明を発表した。ここにそれがある。私は今回の選挙結果に全面的に同意していませんし、事実が証明しているにもかかわらず、1月20日には秩序ある移行が行われるでしょう。私はいつも言ってきたことですが、合法的な票だけを確実に数えるための戦いを続けます。これは大統領史上最大の1期目の終わりを意味しますが、アメリカを再び偉大なものにするための戦いの始まりに過ぎません。
この発言は大統領の譲歩発言であるとメディアによって広く解釈されている。しかし、そんなことはない。トランプは全く譲歩していない。彼はジョー・バイデンを祝福しなかったし、ホワイトハウスを去るとも言わなかった。
彼が「最大の1期目の終わり」と言った時、トランプの2期目は1月20日に始まるので、それは完全に理にかなっている。つまり、彼の1期目は終わりを告げるのだ。
さらに重要なのは、トランプは「秩序ある移行」が何を意味するのかを明記しなかったことだ。彼はバイデンが大統領に就任するまでの移行があるとは言っていない。彼は、ディープステートの専制政治から離れてのアメリカの移行と、人民への権力の返還を指しているのかもしれない。実際、トランプの声明は、アメリカに対する犯罪的クーデターを企てた裏切り者の大量逮捕を求める軍事的解決策をトランプが働き続けることができるように、修正25条の下で彼の即時解任を求める人々を武装解除するように設計されているようだ。
「多くの裏切り者が今後数日間にわたって逮捕&投獄されるだろう」と、議会がアメリカを裏切る最後の行為を完了した後、早朝の時間帯に発行されたパーラーのツイートにリン・ウッド弁護士は書いている。また、パーラーユーザーの@StormIsUponUsが
「今夜は愛国者の皆さん、よく眠ってください。憲法のプロセスは最後まで演じられ、トランプは一度も干渉しなかった。この映画の終わり方が好きになるだろう」
と説明した別の発言もリツイートしている。トランプの解散宣言は暴動法発動前に必要な法的措置である。昨日、トランプは 「解散宣言」を含むビデオを公開した。これは彼が 「平和に家に帰れ」と言ったビデオであった。この発言は、結局のところ、共和国を守るために民兵や米軍を発動させるために必要なものなのである。
10 USC 第254条は、「解散の宣言」と呼ばれ、説明している:
大統領は、この章の下で民兵または軍隊を使用する必要があると考えたときはいつでも、公布によって、直ちに反乱軍を退散させ、限られた時間内に平和的に退却させることを命じなければならない。それはまさに昨日トランプがやったことである。彼はその後、エアフォースワンに乗り込み、テキサスの軍事基地に飛んだ。そこではワシントンD.C.の沼地での、どんな動的クーデターの企てからも安全である。これはMonkeyWerxを引用して CodeMonkeyZによってツイートされた。
https://twitter.com/CodeMonkeyZ/status/1347033944512872453?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1347033944512872453%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.naturalnews.com%2F2021-01-07-trump-did-not-concede-lin-wood-traitors-to-be-arrested.html
今、トランプは、おそらくこの国を裏切った裏切り者の大量逮捕を行うために、暴動法や軍事的権限のいくつかの他の形態を発動する準備をしている(今ではマイク・ペンス副大統領、リンジー・グラハム、ミッチ・マコネル、その他多くの人が含まれている)。トランプは今朝3時頃まで、売国奴の正体を確かには知らなかったことを理解している。なぜなら、それが判るのはアメリカ合衆国に対する犯罪クーデターに加担しているアメリカの上院議員と下院議員の完全なリストを確認する最終的な投票が議会で行われた時だからである。当然のことながら、議会の民主党員は全員裏切り者として確定した。しかし、GOPのほとんどのメンバーも「裏切り者」リストに加わった。ゲートウェイ・パンディット紙は、今朝、反逆的なGOPメンバーの完全なリストを発表したが、その全員がバイデン選挙人名簿への異議申し立てに反対票を投じた。
Amodei Republican Nevada
Armstrong Republican North Dakota
Bacon Republican Nebraska
Balderson Republican Ohio
Barr Republican Kentucky
Bentz Republican Oregon
Buchanan Republican Florida
Buck Republican Colorado
Bucshon Republican Indiana
Chabot Republican Ohio
Cheney Republican Wyoming
Comer Republican Kentucky
Crenshaw Republican Texas
Curtis Republican Utah
Davis, Rodney Republican Illinois
Emmer Republican Minnesota
Feenstra Republican Iowa
Ferguson Republican Georgia
Fitzpatrick Republican Pennsylvania
Fortenberry Republican Nebraska
Foxx Republican North Carolina
Gallagher Republican Wisconsin
Garbarino Republican New York
Gonzales, Tony Republican Texas
Gonzalez (OH) Republican Ohio
Graves (LA) Republican Louisiana
Grothman Republican Wisconsin
Guthrie Republican Kentucky
Herrera Beutler Republican Washington
Hill Republican Arkansas
Hinson Republican Iowa
Hollingsworth Republican Indiana
Huizenga Republican Michigan
Johnson (SD) Republican South Dakota
Joyce (OH) Republican Ohio
Katko Republican New York
Keller Republican Pennsylvania
Kinzinger Republican Illinois
Kustoff Republican Tennessee
LaHood Republican Illinois
Latta Republican Ohio
Mace Republican South Carolina
Massie Republican Kentucky
McCaul Republican Texas
McClintock Republican California
McHenry Republican North Carolina
McKinley Republican West Virginia
Meijer Republican Michigan
Meuser Republican Pennsylvania
Miller-Meeks Republican Iowa
Moolenaar Republican Michigan
Mooney Republican West Virginia
Moore (UT) Republican Utah
Murphy (NC) Republican North Carolina
Newhouse Republican Washington
Owens Republican Utah
Pence Republican Indiana
Reed Republican New York
Rodgers (WA) Republican Washington
Roy Republican Texas
Schweikert Republican Arizona
Scott, Austin Republican Georgia
Simpson Republican Idaho
Smith (NJ) Republican New Jersey
Smucker Republican Pennsylvania
Spartz Republican Indiana
Stauber Republican Minnesota
Stefanik Republican New York
Steil Republican Wisconsin
Stewart Republican Utah
Stivers Republican Ohio
Taylor Republican Texas
Thompson (PA) Republican Pennsylvania
Turner Republican Ohio
Upton Republican Michigan
Van Duyne Republican Texas
Wagner Republican Missouri
Waltz Republican Florida
Wenstrup Republican Ohio
Westerman Republican Arkansas
Wittman Republican Virginia
Womack Republican Arkansas
Young Republican Alaska
上院側では、選挙の不正行為に反対票を投じた米国上院議員は7人しかいなかった。この7人の米上院議員だけが裏切り者ではない。
Sen. Ted Cruz
Sen. Josh Hawley
Sen. Cindy Hyde-Smith
Sen. Cynthia Lummis
Sen. Roger Marshall
Sen. John Kennedy
Sen. Tommy Tuberville
たった今、トランプは、最後の時にアメリカを裏切った反逆者の最終的な逮捕リストを持っている。実際、トランプが全てを知っていたはずがない。シナリオの進行が許可されていない限り、このようなことはあり得ない。大半のアメリカ人は、例えば、マイク・ペンス副大統領が福音派キリスト教徒であることを信じていなかったが、最も危機的な時期に国家を裏切ることになるとは思わなかった。今、リン・ウッドのマイク・ペンスがペドフィリア、ジェフリー・エプスタイン、子供の人身売買に関連しているという発言は、誰が見ても意味のあることだと思われる。ペンスは最初からコントロールされた野党だったし、ペンスはこの4年間のホワイトハウスからのリークの元になっていた。グローバリスト達は、初日からペンスを樽の上に置いていた。
トランプは引き金を引くのか?
今、唯一の疑問は:トランプは引き金を引いて、軍による逮捕を解き放つのだろうか?
トランプは米陸軍の忠誠心を持っていないし、多くのトップ将軍の忠誠心も持っていないことに注意してほしい。彼はそれを必要としていない。トランプは国防総省にクリス・ミラーを擁し、宇宙軍、空軍、米海兵隊のほとんどと一緒に、特殊作戦部隊(SOF)司令部の忠誠心を持っている。彼に必要なのはそれだけだ。トランプは今、共和国を防衛するための軍事オプションを発動しなければならない。「暴動法」か他の軍事的権限を介してである。彼はこの瞬間のためにすべてを準備している。重要なことは、トランプは裁判所や議会を通して共和国を守ろうと辛抱強く試み、システム全体の極端な腐敗、犯罪、不正行為のために、各選択肢が尽きてしまうのを見守ってきたことだ。(SCOTUSでさえ、ペンスが妥協したのと同じように妥協していた。脅迫、恐喝、ペドフィリア)
トランプは初期の段階で、すべての民事的な選択肢が尽きるまで行動しないと決めていた。今朝の午前3時の時点で、その中継点に今、到達した。アメリカを守るための選択肢は2つ残っている。
1. トランプ氏は軍事的権威のオプションを発動し、大量逮捕を開始する。
2. 武装した愛国者が国を守るために立ち上がり、専制政治からの独立を宣言する。
私が状況アップデートのポッドキャストで述べたように、私たちはトランプにオプション #1 を選択するよう促しています。そうすれば、オプション #2 が国中で自然発生的に発動されて、国が熱い内戦に突入することはないでしょう。トランプが軍事的権限を行使する機会は非常に限られている。おそらく、今から72時間以内。もし72時間以内にトランプの行動が見られない場合は、その時に限って、彼はタオルを投げたと結論づけることができる。それまでは、注意深く観察し、実際にこの国を守るために舞台裏で何が起こっているのかを見極めなければならない。トランプは譲歩していない。アメリカはまだ失われたわけではないが、その転換点に非常に、非常に近いことは認めている。しかし、歴史の中では時に、真実と光の最も劇的な結果は、暗闇の中で最も悲惨な苦しみを経験した後にしかもたらされないことがある。今日はアメリカの最も暗い日ですが、まだ勝利が続くかもしれません。
共和党は終わった
この記事の最後の感想を一つ。GOPは終わった。8000万人以上のトランプ支持者は、今日からGOP候補を支持しなくなるだろう。我々は昨夜、GOPがアメリカを裏切ることを学んだ、そしてこの日から先、我々はGOPを糾弾し、すべての読者と支持者にその糾弾に参加するよう促します。
二度とGOPに寄付をするな。
GOP候補者には二度と投票しないこと。
選挙演説や選挙広告でGOPのイタチごっこが約束したことは絶対に信じないでください。
GOPの反逆にはいくつかの例外があります。英雄マット・ゲイツ、ジム・ジョーダン、ジョシュ・ホーリーなどですが、昨夜、私たちに示したのは、本当に私たちの国のために重要な時には、GOPは政治的に都合の良い時には、私たち全員を裏切るということです。党としてのGOPはDNCと同じように今は死んでいる。残る唯一の疑問は アメリカ合衆国も同様に死んでいるかどうかであり、トランプが今後数日間で何をするかを見てみないと確実な答えはわからない。
Here’s my Situation Update podcast for today, which helps explain more:
Brighteon.com/36a99416-d5ef-4ef8-9249-e99192ae6b96
Hear each day’s new podcast at:
https://www.brighteon.com/channels/hrreport

さてはてメモ帳
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/ade8370e90265986e3fd197c65c6bd36



posted by datasea at 03:48| Comment(0) | & 政治学者,政治オタク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする