2011年01月03日

インディアンの予言



Hopi & Other Indian Prophecies

MoneyTeachers.org
http://www.moneyteachers.org/Hopi+Indian+Prophecies.htm





(要約)
・ホピ族の予言
ホ ピインディアンのルーツは南西地方に住むプエブロと呼ばれる民族。ホ ピインディアンが使う言語はプエブロとは異なる。「ホ ピ」の意味は「善、平和、賢者」。米アリゾナ州の北東地方、Black Mesaの南の外れに住む。
「メサ(mesa )」の意味は孤立した丘。頂上が平らで側面が急勾配になっている丘の事。「1番目のメサ(the 1st Mesa)」、「2番目のメサ(the 2nd Mesa)」、「3番目のメサ(the 3rd Mesa)」などと呼ばれる。ホピインディアンはこの「メサ(mesa )」の頂上に村を作り住む。この村はプエブロと(pueblos)と呼ばれる。第3のメサのOraibi の部落が生まれたのは1050年ごろ。これは北アメリカで最古のホピの村。彼らは石と泥でできた部落に住む。
「Kivas」はホピの部落の地下にある部屋の事。部屋の中心にはいろりがある。ここでは予言の伝承や宗教的儀式などが行なわれる。「Kivas」は100年もの間ホピの予言の伝承に使われてきた。
ホピ予言は全体として何を訴えているのか。地球に大きな浄化が近づいているという事。そして人類の働き次第でこの浄化のレベルは変わるという事。世界が破壊と新生の過程を経験するという事。第5の世界がおわり、第6の世界がはじまるという事。
ホピの予言は最も魅力的な予言のうちの1つ。予言のうちいくつかを紹介する。
「第4世界はすぐに終わる。そして第5世界が始まる。この事は長老たちはみな知っている。これまでに多くのしるしが果たされた。残るしるしはあといくつかだけだ。
1つ目のしるし。Pahanaのような白い皮膚をした人間たちがアメリカ大陸にやってくる。彼らは雷のような武器(銃)で敵をたおす。
2つ目のしるし。アメリカ大陸は声で満ちた回転する車輪(自動車)が走り回るようになる。大草原のいたる所で家族を自動車に乗せて走る白人たち。このビジョンは、我々の祖先が青年時代に見たものだ。
3つ目のしるし。長い角をもつバッファローのような獣(ロングホーン)がアメリカ大陸に増殖する。白人の牛だ。3人の長老はこれをみた。
4つ目のしるし。鉄のヘビ(鉄道)がアメリカ大陸を横断するだろう。
5つ目のしるし。は、巨大なクモの巣(電話線)がアメリカ大陸中に張り巡らされる。
6つ目のしるし。石の川(ハイウェイ)がアメリカ大陸を縦横に交錯するようになるだろう。
7つ目のしるし。海が黒くなり、多くの生物が死ぬ(メキシコ湾石油流出事故)。
8つ目のしるし。白人の若者たちの間で髪を伸ばして長髪にし、インディアンの教えを学ぶ事が流行する(ヒッピー)。
9つ目のしるし。これが最後のしるし。天にある住居(スカイラブ?)が地上に落下する。大事故になる。青い星が現れる。この後間もなく我々の儀式は終わる。
これらのしるしが意味するところは何か。大きな破壊が迫っているという事だ。世界はあちらこちらで揺れるだろう。白人は他の大陸に渡っていって知恵の夜明けを得た人種たちと戦うだろう。多くの煙の柱があがるだろう。ここから遠くない砂漠でも火があがるだろう。この戦争だけでもかなりの死者がでる。
・他のインディアンの予言
アメリカがリーダーシップをとるようになり、人はアルコール、ギャンブルなどの悪癖に浸るようになっていった。原住民であるインディアンの怒りは増した。
ロシアと中国がひそかにインディアンのグループとコンタクトをとり、インディアンのグループに最新の武器をあたえた。
武器をえたインディアンは戦争をおこし、多くの白人のアメリカ人が殺された。
インディアンの復讐がおわり、人のこころに変化がおきた。
そして、新しいSpiritual Leader、純粋なキリスト教が生まれた。
多 くの人は過去におきた殺人を反省し、二度と殺人を行なわないと誓い、すべての武器を大陸の中心の土の中に埋めた。
イエス・キリストについての真実を教えた者、彼を誰かが「偉大な教師」と呼んだ。
彼らは絵にも描けなような美しい巨大都市を造った。そして、本物の科学、農業、学問を教えた。
彼らはあらゆる事に対し優れた能力をもち、地球をエデンの園に変えた。
・他のインディアンの予言
Deganawidah がオンタリオQuinte湾に住むインディアン居住地から去る時、インディアンに災いがふりかかる。
彼らは彼らの リーダーと国の平和の原則を疑いはじめる。
イロコイ族のまえに大きな白いヘビがあらわれる。
この大きな白いヘビはしばらくは友人としてインディアンのヘビと混じわる。
この大きな白いヘビは力をもちインディアンを滅ぼそうとする。
あらゆる望みが絶たれたようにみえた。
最悪の状況になった時、北から赤いヘビがあらわれこの大きな白いヘビに近づいた。白いヘビの注目は赤いヘビにうつった。
赤いヘビはインディアンを逃がした。
白いヘビと赤いヘビのたたかいがはじまった。
インディアンは生き返り、大陸の山岳部にむかった。インディアンは仲間をあつめた。彼らは法を取り戻し、Deganawidahが確立した平和の原則を誓った。

local pc
ラベル:ホピ
posted by datasea at 12:42| Comment(0) | ◉ ホピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

●  九番目の前兆


pp6520181100256.png

 
pp6520181100257.png


老人は、次に、未来の予言として三つ列挙した。第七の前兆は「海が黒く変色して、それによって沢山の生物が死ぬ」というもの。
第八の前兆は「ロングヘアーの若者が部族国家に加わり、インディアンの生き方と知恵を学ぶ」というものだ。
そして、最後の九番目の兆しは
こうである。
「あなたは天の住居のことを耳にするだろう。それは大音響とともに落ちてくる。それは青い星のようにみえるだろう。これが落ちてまもなく、わが民の儀式は終わるのじゃ」。(中略)
第七の予言は、70年代初頭に世界各地で頻発した大規模な石油流出事故。
これによって海洋は黒く汚染され、多くの生物が死んだ。
そして、第八の予言は70年代中頃に若者の間で盛んになったヒッピー文化である。
残る第九番目の前兆について、現在のホピ族の多くは、アメリカの宇宙計画に関係したものととらえているようだ。

SPACE NAVIGATOR
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand21.html




pp6520181100237.png




posted by datasea at 18:24| Comment(0) | ◉ ホピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする