2013年01月05日

予知情報:2008年-2013年におきうる気候変動および地球の変化

2012
A Global Climate Change Remote-Viewing Study
Multiple Realities, Timelines, and Events

The Farsight Institute
http://farsight.org/demo/Demo2008/RV_Demo_2008_Page1.html

Seattle Exopolitics Examiner
http://www.examiner.com/exopolitics-in-seattle/mars-active-industrial-site-located-by-remote-viewing-jpl-photos-corroborating-mars-whistleblowers












(要約)
予知情報:2008年-2013年におきうる気候変動および地球の変化
地球規模の気候変動のリモートビューイング
複数のタイムラインおよびイベントの実態
The Farsight Institute
2008年
はじめに:
我々ファーサイト研究所は現在、2008年-2013年におきうる気候変動および地球の変化を研究するためリモートビューイングを行っている。
実験ではデータ収集プラットフォームとしてリモートビューイングが使われた。
調査者:コートニーブラウン他
リモートビューワー:HRVGビューワーグレンウィートン、CRVビューワーリンブキャナン他
初期結果:
このプロジェクトは以下の9つの場所で2008年-2013年の間におきる変化を観察するもの。場所は
ヴァイツプ島(ツバル)
モンバサケニア(フォートイエス)
シドニーオペラハウス(オーストラリア)
キリマンジャロ山(タンザニア)
ホワイトハウス(アメリカ)
マレ国際空港(モルディブ)
KITVビル(ハワイ)
メリット島ケネディ宇宙センター打上車両組立工場(アメリカ)
キーウェスト(アメリカ)
上記の場所の2013年半ばまでのリモートビューイングで多くは以下の物理的変化がみられた。:
大規模な隕石、津波、火山活動
沿岸域の洪水
日射量の増加
嵐などの厳しい気象現象
人間の変化:
沿岸地域にいる難民の自己組織化
救助システムおよびその他主な政府システムの崩壊
食料供給システムの崩壊
車両交通システムの崩壊
海岸近くの建物の大規模な損失
2013年の2つのスケジュール本研究で検討する。
観察結果:
タイムラインA
ターゲットとなる時点は現地時間2013年6月1日12時。大手マスコミや科学界の主流は(1)リモートビューイングの結果を、(2)地球由来でない生命体を無視し続ける。
タイムラインB
ターゲットとなる時点は現地時間2013年6月1日12時。大手マスコミや科学界の主流は2009年までに(1)リモートビューイングの結果を、(2)地球由来でない生命体を受けいれる。
この研究の結果わかる事はこの2つのタイムラインの中でおきる事は違うという事。タイムラインBでおきる出来事はタイムラインAでおきる出来事よりも穏やかである。
つまり大手メディアや科学の主流が(微かであれ)リモートビューイングの結果を受けいれるならば地球の変化は穏やかなものになる。地球の住民は多少なりとも準備に時間を費やす事が出来る。
ターゲットエリアのひとつキーウェストは後からつけ加えられたエリア。科学の主流がリモートビューイングの結果や地球外生命の存在を2011年までに受けいれるタイムラインを調査する目的でつけ加えられた。
本研究の目標
観察方法
それぞれのタイムラインの中でおきる任意のイベントを予測する。方法は以下。
(1)リモートビューイングにより別のタイムラインでおきるイベントをチェックする。
(2)現在の時点にいる観察員を探す。自分がどのタイムラインにいるか調べるため。
以上の結果が2つの特定したタイムライン(タイムラインAとB)と合致した場合、観察の結果はタイムラインの未来と関連していると考えうる。
各国政府は未来の地球におこりうる事を国民に先んじて知っているようだ。だから政府はそれらの事態に備え準備をしている可能性がある。その備えというのは大衆を危機を回避するという目的ではない。
以下は政府の異常な活動に関するリモートビューイングの結果。この行動を見る限りにおいて政府はリモートビューイングの調査結果を明かに知っている。
繰り返すが、これらはどれも推測の域だ。どの結果も実証はない。しかし恐らくは「本当」である。
アメリカのスペースシャトル計画は2011年2月で終了する。NASAはこの時点で1960年代以降政府の出資をうけ展開してきた有人宇宙飛行計画を終了する。しかし考えてみればおかしな事だ。現在は民間企業が有人宇宙飛行計画を実現させようとしている時だ。数年後には可能になるだろう。そういう時になぜ計画を終えるのか。まるで民間企業が宇宙に降り立つ事を予測していないかのようだ。
スバールバル諸島種子倉庫は2011年に封印される。この倉庫は、世界が大惨事に見舞われた場合に農業を再開できるよう作られた施設。先日国連が正式にこの種子倉庫を視察した。この事も考えてみればおかしい。ノルウェープロジェクトと視察の時期のタイミングがあまりにぴったりだ。
米国や世界の債務。各国の債務はもはや返済出来る額をとうに超えている。世界規模で経済をリセットするつもりではないのだろうか。米ドル切り下げは今後も続くだろう。格付け機関のムーディーズ、スタンダード&プアーズ、フィッチは米国債の格付けを下げると発言した。
また国連IMF(国際通貨基金)では機軸通過を米ドルから他へ変える議論が行なわれている。各国政府の動きはあたかも米ドルから世界通貨に移行するかのような動きだ。
各国政府は競うように地下施設を建設している。アメリカには核を落とすような敵国はない。しかしアメリカ政府は国民がとても行けないようなしかも病院もないような場所に巨大な地下施設を建設している。ダルシーの地下設備等。なぜか?
その点中国政府はもう少しまともだ。中国は災害対策として主要都市地下に巨大な地下鉄網を建設している。
しかしそのタイミング、的確さ、やっぱり奇妙だ。2009年3月27日ニューヨークタイムズのキースブラッドの記事によれば、中国では大都市のいたる場所に地下鉄のトンネルがあり、緊急時数百万人の人がこのトンネルに非難する事が出来るという。
NASAは2012年-2013年にかつてないほどの大きな太陽嵐がおきる事を予測している。
地球の技術では1週間先の天気を正確に予想するのも難しい。NASAはこの予測をどのようにして行なったのだろうか?NASAによれば今のコンピュータ技術ではこの危機に対応出来ないという事。
2001年の11年前の1990年にも太陽サイクルが同じようなサイクルに入った時があった。では今回のサイクルはどこが違うのだろうか?ある情報によれば、NASAには発表していない極秘情報があるという。
2008年6月1日と2013年6月1日の調査結果概要:
本研究に参加したリモートビューワーは2つのタイムラインにおける指定のターゲットタイムに指定のターゲットエリアで起きる事をリモートビューイングした。:
指定のターゲットタイムは2008年6月1日と2013年6月1日。ターゲットタイムに5年間の間がある事でこの間におきる地球の変化を観察する事が出来る。
我々はまた2012年の流行(カルチャーモード)を知っている。この事から我々の発言に注目する人もいる。
研究でわかった事は未来は確率だという事。もし今という時点から複数の未来が派生しているとしたら、未来は1つではないという事だ。つまり研究の結果はリモートビューワーの状態に負うところが大きいという事。しかしあるタイムラインの中の未来を特定する事は可能なわけだ。
この理由から我々は2人のリモートビューワーに2つの別々のタイムラインの2013年を調査してもらった。2人がだした結果はまったく異なるものだった。特に科学界の主流の見解というものが全く異なっていた。
それぞれのタイムラインにおける科学界の主流は異なる方向を目指していた。
そして次にそれぞれのタイムラインにおける科学界の主流の調査を行なった。それぞれの主流は異なる方向を目指していた。前者の場合、科学界の主流が目指す方向は現在の科学の延長線上。後者の場合、科学界の主流が目指す方向は今の科学とは全く異なる未来だった。また同時にわかった事はこの情報を公開した事で現在の科学界の主流の考えが変わってきている事。
2008年におきる事を調査するのに複数のターゲットエリアを定めたのはリモートビューイングの精度を高めるため。
2008年6月1日のターゲットからリモートビューワーが感じ取ったイメージが正しければ、そのタイムラインの未来にあるイメージも正しいという事になる。
調査ではそれぞれのターゲットエリアにおける3つのターゲットタイム( 2008年、2013年、それ以後)を調査する。
リモートビューイングセッションのターゲットは事前に乱数処理で決める。例えばターゲットを2008年6月4日にするとする。リモートビューワーはリモートビューイングのターゲットで起きる事は事前には知らない。セッションは2008年6月4日以前に行われるからだ。

local pc



posted by datasea at 02:05| Comment(0) | ) リモートビューワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

予知情報;宗教的予言とリモートビューイング、2012年-2013年

PROPHECIES AND REMOTE VIEWING DESCRIBE SIMILAR IMPACT EVENTS
By Dr. Barry M. Warmkessel
With Support From Sonja M. Kawamoto and Justin A. Warmkessel

warmkessel.com
http://www.barry.warmkessel.com/Meteorite.html

nationsonline.org
http://www.nationsonline.org/oneworld/map/google_map_Mombasa.htm














(要約)
予知情報;宗教的予言とリモートビューイング、2012年-2013年
2012年8月16日
Barry M. Warmkessel
個人的予言、宗教的予言と二重盲検(a double blind exercise)をふくむリモートビューイングによる隕石落下の予測の連関について考える。
Kato Mivule氏のビジョン
2005年5月と2005年6月にKato Mivule氏が得たビジョンによれば、隕石落下の危険が高いのは9月7日、10月7日。年はさだかではない。そして2005年5月には巨大隕石Wormwood(ニビル?)のビジョンを得た。
Kato Mivule氏
「2005年5月にみた夢では、カレンダーを手にした白いローブを着た人が言った。『Wormwoodのせいでデートが中止になった。』。そしてカレンダーの9月/10月のページをひらき、7のところを指さした。何年のカレンダーかはわからなかったが、秋におきるんだなとは思った。次は秋の夕方のカンザスシティーのチーフス・フットボール・アローヘッド・スタジアム(the Chiefs Football Arrowhead Stadium)のシーン。赤いユニフォームを着たカンザスシティ・チーフスとインディアナポリス・チーフスによるゲーム中、突然、空からすごい爆発音がきこえた。空は真っ赤になった。このビジョンはきっと巨大隕石Wormwoodと関係している。巨大隕石は東から西の方向に落ちた。日曜日は2012年10月7日にあたるからそのころにおきるのだろうか。チーフス・フットボール・アローヘッド・スタジアムでカンザスシティ・チーフスとインディアナポリス・チーフスの試合があるのは2012年9月9日と2012年10月7日(+/-6日)。2012年9月9日はアベバリーのマナーにミステリーサークルが出来た日だ。」。
ちなみに幅3マイルの隕石が落下すると直径60マイルのクレーターができる。以下のバイブルコードはKato Mivule氏のビジョンを想起させる;
2012年の彗星に関するバイブルコード:
2012年-彗星-大きい-石のような-物(は)-速度を上げる-惑星(放浪者)-バラバラになって-60マイル-まぬけ(銃)-舌のような−全世界を絶滅させる-打つ--クレーター-カナダ-ぞっとするような-恐ろしい-作用-マントル-地軸-傾く-太陽-加速-地震-根絶-砕かれる
(2012 - Comet - Large - Stone-like -Object - Sped - Planetary (wanderer) - Fragmentary - Sixty - Mile - Blunderbuss (scatter-gun) Tongue-like - Whole earth annihilated - Stricken - Smitten - Crater - Canada - Ultimate - Terrifying - Appalling - Lethal - Modifier - Mantle - Axis - Tilting - Tipping - Sun - Speeded - Seismic - Eradication - It Will Be Crumbled)
2012-2013年の米国に関するバイブルコード:
オハイオ州-米国-審判-2012年-2013年-打つ-撃つ-吊りひも-ギザギザのついた-石の-石のような物、体-クレーター-大虐殺-黒いレース-抑留、引き留め、逮捕-キャンプ、野営地、軍-死-運命、死
(Ohio - America - judgment - 2012 - 2013 - hit, shoot, sling - jagged - stony, stone-like object, body -crater - holocaust - black race - internment, detention, arrest - camp, encampment, army - death - doom, death)
大西洋の影響に関するバイブルコード:
大西洋-海への影響でない-南から-英国(Isle Of Tin、England?)-彗星-彗星の火-大気現象-生きた流星の柔らかい強さ-落下の影響で音がする-大波-地震のため-地震の火-影響の火鉢(Brazier、Brother?/兄弟?)-5766年 (2006年)-地震の時-Haniel
(Atlantic Ocean - Not The Sea Of Impact - From The South - Isle Of Tin (England) - Comet - Fire Of The Comet - Meteor - Soft Strength Of The Living Meteor - The Repercussion Of The Impact Will Make Noise- Great Wave - By The Great Wave Of The Scoundrel - Because Of The Earthquake - Fire Of The Earthquake - Brazier (Brother?) Of The Impact - Year 5766 (2006) - Time Of The Earthquake - Haniel)
大西洋-影響は海ではない-南で-英国(Isle Of Tin、England?)-彗星-隕石-大波-地震のため-地震の火-影響の火鉢-766年(2006年)-Haniel
(Atlantic ocean - Not the sea of impact - in the south - isle of tin (England) - comet - meteor - great wave - because of the earthquake - fire of the earthquake - brazier (brother?) of the impact - year 766 (2006) -Haniel)
カナダから大西洋海の全域、地中海の奥のイスラエルに至るエリアにおける隕石の影響は、バイブルコードにもZachariah/Nostradamus予言にもある。これらはKato Mivule氏のビジョンの2012年10月7日のイベントを想起させる。
Nostradamusの4行連句に記録されたエリア。
* 4行連句/VI/6:ギリシャのエレトリア-38.2N 23.6E
* 4行連句/VI/6:ギリシャのボーシャ(Boeotia)-38.5N 23.5E
* 4行連句/VI/6:Siena−イタリア・トスカーナ地方のシエナ(Siena - Tuscany Italy)-43.0N 11.3E
* 4行連句/VI/6:イタリア/フランス境界のスサ(Susa)−45.0N 7.0E
* 4行連句/I/46:ミランデのレクトレ、オーチ(Auch, Lectoure, Mirande)-43.5N 0.5E
* 4行連句/V/98:ビゴーレのバーン(Bearn, Bigorre)-43.5N 0.5E
結果として生じる食糧危機、宇宙人(天使)による支援のKato氏のビジョンと符号する。
Brother Marcusの予言
11月までに隠された詐欺が明らかになる
And chaos shall begin the slaughter.
そして、混沌は虐殺を開始します。
空からサインは来る
我が王国が整列する時。
町々で略奪と略奪がおきる。
敵はあなたの冠を取ろうとする。
東と西は我が手をみる。
テロリストはそのポストからすぐに起き上がる。
空から降る放射能拡散兵器が海に落ちる。
首都にすむ者たちは彼の本当の顔を見る。
落ちた異人たちの顔を。
餌食となる多くの聖者;
されど、今年の終わりに聖者たちには超自然的な加護がある。
2012年年末、2013年、あなたは自国がいかに弱いかを知るだろうが、
しかし、ウソと欲求不満にとらわれないようせよ。
あなたが経験する危険な時代
赤、白、青、それぞれに応じた危険な時代、
ああ、あらゆる国の主要都市は、この世が創造されし時以来の最悪の破壊がおきるであろう。
Watchmenのビジョン
Watchmen(WPA、the Watchmen-Prophets-Assembly)のビジョンでは、2002年2月25日から2004年3月8日の間におきる小惑星/彗星/津波/大洪水。3つに割れた隕石が大西洋/2ケ所、メキシコ湾の3つの場所に落下、米国東海岸を津波がおそう。
リモートビューイング
2008年はじめ、リモートビューイングによる予測を行なう団体ファーサイト協会(the Farsight Institute、the Farsight Remote Viewing Institute)は、2008年6月と2013年6月に起きている気候変動をリモートビューイングにより調査する実験を行った。調査したデータは海面水位と降雪量。
実験結果の詳細は以下。:
リモートビューイング(完全版)-2011年2月12日
2008年と2013年のリモートビューイングの対象エリアは以下:
1. ツバルのバイトプ(Vaitupu, Tuvalu)
2. ケニヤ、モンバサのフォートジーザス(Fort Jesus, Mombasa Kenya)
3. シドニーのオペラ・ハウス(Sydney Opera House, Sydney)
4. タンザニアのキリマンジャロ山(Sydney Opera House, Sydney)
5. 米国ホワイトハウス(United States Congress Building)
6. モルディヴのマレ国際空港(United States Congress Building)
7. ハワイホノルル、KITVビル(United States Congress Building)
8.フロリダのキーウェスト(Key West, Florida)
* 隕石の落下のイメージがみられたエリア:
*ケニヤ、モンバサのフォートジーザス
   DAZSession9
   DEBRASession9
*米国ホワイトハウス
   SITASession1
*フロリダのキーウェスト
   DICKSession28
   DICKSession29
*ツバルのバイトプ
   ANNESession8(重要度低)
*津波のイメージがみられたエリア:
*シドニーのオペラ・ハウス
   DAZSession8(あいまい)
*タンザニアのキリマンジャロ山
   MARIASession11
*ケニヤ、モンバサのフォートジーザス
   DICKSession6
   DEBRASession9
   423Session9
* 洪水のイメージがみられたエリア:
*ケニヤ、モンバサのフォートジーザス
   DICKSession15
   PATSession3
*米国ホワイトハウス
   DICKSession17
*タンザニアのキリマンジャロ山
   DAZSession11
   MARIASession12
   423Session12(あいまい)
* 泥流のイメージがみられたエリア:
*ケニヤ、モンバサのフォートジーザス
   DAZSession3
   DICKSession6
*タンザニアのキリマンジャロ山
   ANNESession11
*モルディヴのマレ国際空港
   DICKSession18
   SITASession18
*火山活動のイメージがみられたエリア:
*ケニヤ、モンバサのフォートジーザス
   DEBRASession3
*シドニーのオペラ・ハウス
   DEBRASession10
   DAZSession2
   DAZSession10
*気温低下のイメージがみられたエリア:
*ハワイのホノルル、KITVビル、
   DAZSession20
   DICKSession21
*シドニーのオペラ・ハウス
   DAZSession2
得たイメージは巨大隕石または彗星の落下による津波、洪水、泥流、噴火、その結果気温下降がおきるイメージで、まとめるとインド洋海底の火山活動、大西洋に落下する隕石による津波の2つとなる。
Kato Mivuleと聖Shiptonが予測するダブルインパクトイベント(double impact events)はどちらも、この3次元界で反対方向にすすむタイムラインを表現したものなのか。リモートビューイングによるキーウェストの津波のビジョンは2013年6月におこりうる米国ホワイトハウス付近の隕石落下、バイブルコード「大西洋-南から-英国-彗星」の彗星の影響か。Nostradamusの予言、聖Shipton(Mother Shipton)の予言、Zechariahの聖書予言にある、2012年から2014年にいたる千年紀の初めは起きうる彗星落下は、米国ホワイトハウス/ワシントンDC付近に落下する隕石、結果米国東海岸を津波がおそうWatchmenのビジョン、2012年10月7日、北半球のカンザスシティーのアローヘッド・スタジアム付近に巨大流星WormwoodがおちるKato Mivule氏のビジョンと符号する。
また、アフリカ東海岸モンパサのフォートジーザスとシドニーを結んだ線上の海域は火山活動のイメージが一番強く、ケニヤ、モンパサのフォートジーザス付近、シドニー付近では津波、洪水、泥流のイメージ。Courtney Brown博士は、結果として生じる津波がキリマンジャロ山の麓の海岸を襲うのをビューイングした。Baaden博士もジンバブエで同じイメージをビューイングした。そしてタンザニア山麓の丘でおきる泥流のイメージ。そしてオーストラリアシドニー付近で火山活動のイメージ。Kato Mivule氏の2012年9月7日(または2014年9月7日、+/-6日)のビジョンを想起する。
結論
巨大隕石の落下について、宗教的予言、個人的予言と軍が行ったリモートビューイングが一致しているのがおもしろい。時期については、宗教的予言では2012年9月前半、2012年10月7日ごろと予測、リモートビューイングでは2013年6月と予測。注意すべき時は2012年9月、2012年10月、2012年12月23日、2013年6月。1回目のイベントは南半球で、2回目のイベントは北半球でおきるようだ。

local pc

posted by datasea at 02:48| Comment(3) | ) リモートビューワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

リモートビューイング情報



デイムス少佐のリモートビューイング最新情報
10月16日に公開されたデイムス少佐のリモートビューイング最新情報だ。今回の内容はぶっ飛んだトンデモ系情報だ。ただ、内容は非常におもしろい。それぞれテーマに分けて掲載した。
10月31日

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-257.html






キルショット、ニビル星
・ところでマヤカレンダーと、私がかねてから警告している「キルショット」と呼ばれる巨大太陽フレアの放出だが、これと12月21日の終わるとされているマヤカレンダーとは、ほとんど関係がない。リモートビューイングでは、2013年頃にキルショットがあると出てくる。
・興味深いことに、私が主催するリモートビューイングの研修生でプロになった人々が、「ニビル星」とおぼしき大きな惑星が地球に接近するのをリモートビューイングしている。私も彼らと同意見だ。どうも、「ニビル星」のような巨大な惑星が地球に接近しつつあるのかもしれない。
・キルショットが放出されると、世界の各地の水源は枯れてしまうので、水と食料の確保がとても困難になる。これがきっかで水と食料を巡る国内外の闘争が激化する。
・一方、キルショットの被害があまり及ばない地域が世界にいくつかある。そのひとつは、ニュージーランドのクライストチャーチ市だ。ここは地震多発地域なので、住民は自然災害の準備がすでにできている。うまく対処し、多くの人々が生き残るようだ。
・いずれにせよ、キルショットに準備し、この被害を最小限に止めるための時間はすでになくなった。キルショットによる崩壊は時間の問題となってしまった。
10月31日

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-257.html










異次元の生物
・これまでリモートビューイングでは、地球と人類の過去の歴史についてはあまり遠隔透視の対象にはしてこなかった。なので、いま私の最大の関心事はこの分野にある。
・地球と人類の大昔の歴史をリモートビューイングすると、そこには明らかに「宇宙連邦」という存在があることに気づく。いま私はUFOが目撃されたような場所に出向き、そこでリモートビューイングを行ってい、過去に何があったのか明らかにしている。
・1980年代のリーガン政権のとき、私は空軍が実施したUFO調査のためのプロジェクトのメンバーだった。そのときには、空軍のパイロットが経験した実に奇妙な出来事の記録が多数あった。しかし、こうした情報はすべて極秘だったので、話すことが許されていなかった。私はもっと自由に話したいと思い、このプロジェクトを辞めた。
・「宇宙連邦」の地球外生物は、かなり以前から人間にまみれて存在している。彼らは地球上にいる人間の協力者と一緒に活動している。こうした人間たちの素性を明らかにすることにいま私は関心を持っている。
・地球にはUFOが着陸する巨大な地下施設が存在する。同じような施設は月や火星にもある。しかし、このような施設の他に、地球の表面には、地球外生物の司令部のような施設が存在する。こうした施設は、人類ではあるが他の惑星からやって来た人々が運営している。
・最近、ミニットマンミサイルにビームが発射され、軌道が逸れるという事件が起きたが、このビームはこうした施設から発射された。
・彼らの外見は人類とまったく同じで、我々と同じものを食べている。彼らの作戦を遂行するためには、エネルギーも電気も必要だ。
・だが彼らは、高度な知性を持つ別の存在と関係している。この別の存在は、我々の概念とはまったく異なり、非常に進んだテクノロジーを持っている。25年前、私はこの存在をリモートビューイングしたことがあるが、彼らはある機関に所属していた。彼らは地球外生物でもなければ、また地球上の生物でもなかった。
・この存在は異次元からやってきた存在である。彼らはこちらとあちらの2つの異なる次元に同時に存在することができる。彼らを一度カメラで撮影することに成功したこともある。
・リモートビューイングで彼らをとらえることは可能だが、表現のしようのない存在だ。リモートビューイングでは、人間が認識できる範囲の存在しか理解することができない。例えば、完全に盲目の人がリモートビューイングし「赤」という色を見たとすると、この人は「赤」を経験したことがないのでそれを表現することができない。それと同じように、この異次元の存在は我々の経験しているどの存在とも根本的に異なっているため、表現することができない。
・彼らは我々人類にとっては善の存在である。彼らは人類を観察するだけではない。地球上に存在するすべての核兵器と格納場所を熟知しており、それらの機能を完全に停止することができる。彼らは、人類が自らを破壊しないように、すでに直接的に介入しているのだ。1954年以来、数回全面的な核戦争が起こってもおかしくない危機的な状況があった。その都度核戦争を未然に防止したのは彼らである。
・彼らの防止の方法は極めてユニークだ。発射されたミサイルを打ち落とすというような物理的なものではない。たとえば海上からの核ミサイルの発射であれば、ミサイルが発射される前に、乗船しているすべての人間の意識を一瞬で遮断し、ミサイルの発射を不可能にさせてしまうというものだ。そして、彼らは絶対に人間を殺すことはない。
・私は彼らの行っていることを支持している。そして、私が彼らの存在に気づいていることを彼らも知っている。
・またこの存在は、どんな姿や形にも変えて現れることができる。グレータイプにもなることができるし、そうではない形のなることも可能だ。
・一方、こうした善なる存在とはまったく対極の存在もいる。彼らもいわゆる地球外生物ではない。異なった次元からやってきた存在だ。
10月31日

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-257.html












雪男、生物化学兵器の実験
・ところで、最近のリモートビューイングで見えたものに雪男がある。雪男は、実はこれを操作している存在が作ったアバターであり、独立した存在ではないことが分かった。
・いま米軍は生物化学兵器を米国内の都市に散布し、その効果を確かめる実験を行っている。最近ではセントルイス市で行われた。私は現役時代、こうした生物化学兵器の実験に数多く参加した。いまでもこれらについて話すことは許されない。
・だが、ひとつだけそうした計画の例を述べることはできる。第二次大戦中、ドイツでミサイルの開発に従事していた科学者をアメリカに極秘理に連行する「プロジェクト・ペイパークリップ」という作戦があった。
・実は、いまでも正式には公表されていないが、戦時中日本では、生物化学兵器を開発し、その効果を見るため、中国人とアメリカ人の戦争捕虜に投与するという大変に悲惨な人体実験を繰り返していた「731石井部隊」という部隊が存在した。米軍は、人体実験のデータを入手する目的で、この部隊に所属する科学者や軍人をアメリカに極秘理に連れて来た。これは「プロジェクト・ペイパークリップ」と同じ趣旨の作戦だった。
10月31日

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-257.html




・いま大統領選挙戦の真っ只中だが、リモートビューイングしても結果はギリギリまで分からない。どうも選挙は、巨大地震やハルマゲドンのような、起こることがすでに決まった出来事や事件とは大きく異なり、アメリカ国民の意思によって結果が変わってくる出来事のようだ。
10月31日

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-257.html




・ところでクロップサークルだが、現在の我々の意識からクロップサークルを見ても、クロップサークルに込められたメッセージを読み取ることはできない。意味を解読するためには、我々の意識が進化し、発達しなければならないのだ。その点で言うと、クロップサークルは人類の意識の進化を促す目的で形成されたものだ。
10月31日

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-257.html


posted by datasea at 00:43| Comment(0) | ) リモートビューワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする