2011年10月29日

ロン・バードのリーディング

ロン・バードさんの最新情報
2011/10/29(土) 08:45:11|

黄金の金玉を知らないか?
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-1018.html





ロン・バードさんも言っているように。これから来る苦難は次の世界に行くための単なる通り道に過ぎない。
もう既に始まっている。新しい世界。そして新しい人々。
だからそんなに心配する必要はないんだ。
どうにかなる!

黄金の金玉を知らないか?
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-1018.html






ロンさんは、今、現在日本は大きな転換期に来ていると感じていると以前おっしゃっていますが、具体的にはどんなことがおきると思われますか。
日本はスピリチュアル的な強い色合いを帯びながら、文化、音楽、科学において新たなルネッサンス期(文芸復興期)に突入していく姿が確認できます。
この革命が追い風となって新たな資源や収入源を生み出し、この過去30年とは違う新たな発展の引き金となるでしょう。
今までの様な、まるでセメントで造られたジャングルの様な産業社会の下で暮らすのではなく、自然にの中に帰って行くはずです。
大自然が「今からでも遅くないのだから帰っておいで」と呼んでくれているとでもいいましょうか。
日本はかなり早い段階で警告を受け、それをしっかりと受け止めるはずです。
日本の輸出産業はこの先テクノロジーを軸に再稼働し、またそれがスピリチュアル的な点からも自然に還るという手立てを取りながら進められて行くでしょう。
もし皆さんがもっと詳しい具体的な内容を知りたい場合は、数ヵ月後に出版される2012年予言の本を読んでください。
日本の歴史を振り返ると、奈良時代の疫病から、今回私も実際に東京で体験した今年 2011年3月11日の大地震や津波まで、日本に降りかかる悲劇や災害というのは、悲しい事ですが歴史的な復興への契機でもあるのです。
また、日本にとって障害となるような難関が将来幾つか浮上するかもしれません。でも日本の人々が正しい方向を見据え、正しい選択をするならば、これからの世界的な闇の時代を先頭に立って照らす希望の光の国として、日本は他の国々をリードし、また日本は尊敬されて行くはずです。

黄金の金玉を知らないか?
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-1018.html











実は3月、緊急に日本来日をした折に、東北地震も予言していらっしゃったとのことですが、あのとき、ロンさんにはなにがみえていらっしゃったんでしょうか。
今年の初めに、大きな悲劇が愛する日本を襲うという事を感じ取りました。
その予感は初めは曖昧でした。でも、2011年3月に入ってからは、日本の人々にとにかく早く伝えなければと強く思うようになり、矢も盾もたまらず、私は日本へと向かっていました。
日本に着いた途端、私は例の如く、インタビューやサイキックリーディングに追われました。プレイボーイマガジンでの取材に応じていた時、私の霊視ビジョンがはっきりとしてきました。記者は、日本について何か大事な予言はないかと言いました。私は「日本が地震国である事は既に承知だが、明日の地震はかなりの災害になる」と。そして、翌日の2011年3月11日、日本は史上最大の地震と向き合う事になったのです。

黄金の金玉を知らないか?
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-1018.html










ロンバードさん最新のtweetは@ronniebardから見れるようです。
10月9日
日本は間もなく地球規模の変化に飲み込まれる。
10月16日
日本は現在進行中だ。必要ならもっと時間をかけて警告を発し助けたい。日本が大好きです!
12時間前
もっと最悪の事態になる。それは終わってない。
12時間前
もっとひどい津波、放射能、救いを求める人々が見える。今夜そのイメージを書き込みます。
ロン・バードさんも、時期は明確に言っていませんが、これからが本番が来ると言っているような感じですね。

黄金の金玉を知らないか?
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-1018.html





ラベル:ロン・バード
posted by datasea at 22:26| Comment(0) | % チャネリング.全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

アヌンナキ王からのメッセージ

notepdf515000021.jpg

img_1593650_51230427_1.jpeg

img_1593650_51166391_0.jpeg



# 必読!アヌンナキの王からの信頼できるメッセージ
2011.10.21 Friday

ChemBlog-ケムログ
http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=993562






S(a.A.Mi.アヌンナキとして知られている)が帰還する!
彼らによると、我々「ルル(lulu=人間)」を傷付けることを望んでおらず、また彼らは過去の出来事(これを理解するには私のウェブサイトの記事か、ゼカリア・シッチンの著書を読む必要がある)について我々に借りがあり、許しを請うているのだという。
これを実行するため、数千年来地球に駐留しているアヌンナキ(マルドゥク=MardukのS(a.A.Mi.王国)に対する反乱に付き従った)と戦うため地球に降り立つのだという。
それ以来、マルドゥクとその仲間が、グローバルエリートの殆どを操っているため、S(a.A.Mi)は不実なアヌンナキと人間のグローバルエリート、いわゆるイルミナティを打倒するため地球に帰還している。
我々は歴史それ自体の繰り返しを望んではいない。私は、人が来たるべく「神々」の戦いのどちらか一方に付く事や、大砲の餌食や戦争のコマとして再び人が使われる事を望んではいない。彼らは自らを解放者であると言っているが、平和を求めやって来たのではない。従って人よ、汝が歴史の変化を求め、より正しい運命を求めるか否かに関わらず、この紛争に関わってはいけない!どちらの側に付くことも、彼らの戦いに加わることも止めるのだ!
これは彼らの紛争なのだ。我々には彼らを止める事はできないが、脇に退き彼らの行いに無干渉でいることはできる。我々は戦争に対して疲弊しており、また腐敗した政権主導者達が、「侵略軍」に対して戦う必要があると考えるよう、皆の意識を操ることを良しとしない。政府(グローバルエリート)は、皆が愚かな小心者であると考えているため、唯のコマとしか思っていない。我々ルルの成長と、平和を望む種であることを示すのだ。そして、この星の外にある全ての存在に、我々が平和的な種族であることを知らしめるのだ。S(a.A.Mi)に自らと、グローバルエリートの処理を任せれば、我々はそこから出発できるだろう。
これまでのところ、ウトゥがもたらせた2通の長い書簡を受け取っており、それが実物であることを認識している。一笑に付すならそうすれば良いが、賢明であるならこれを深刻に受け止めて欲しい。個人として私は、善良で深刻な状況であっても冗談を言うような人物として知られている。しかしながら、今の我々の未来は、このEメールをどのように捉えるかにかかっているため、これに関しては大真面目なのである。
しかし心配することはない!彼らは恐らく解放者として平和をもたらせると言っているが、その本心は未だ戦争にあり、この事は少なくとも自らの考え方に関する葛藤なのだ。
頭よりも心を働かせるのだ!これらの事象全体において、ひとつのスピリットとなれるなら、上手く行けば可能な限り損なわれないような別の結末が見えてくる。彼ら自身を戦わせよう。それが彼らのカルマであり、それに加わらないことで我々自身を解放するのだ。
いつの日か、我々はS(a.A.Mi)と連合し、共に暮らし、平和的にそれぞれの世界を行き来することだろう。彼らが到着の前段にあるとはいえ、彼らがどれほど高圧的かを我々に示している。彼らのキ(Ki)への訪問は実際に平和と協同なのか、或いは戦争と分離なのだろうか?それを見なければならない。我々ルルは、種としての平和と協同への備えがある。それを次の時へのガイドラインとするのだ。彼らはその正体を例示するだろう。彼らは太古の昔に比べて変化したのか、或いは歴史それ自体が繰り返すのか?我々が見るべきはそこなのだ。
それがどのような結果を招くのか見守り、そこから始めよう
愛を込めて
Wes

ChemBlog-ケムログ
http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=993562

posted by datasea at 16:15| Comment(0) | % チャネリング.全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

時間のワープ説

時間のワープ説
後数年でアセンションすることはほぼ確定しているようです。そこで問題に成ることがいくつかあります。
その中の一つに、淘汰されるものはどうなるのかという問題です。
例えば肉食獣たちや害虫、悪性ウィルスや病原菌などです
。このようなネガティブな生物はどのようにして淘汰されるのでしょう?
と考えたとき、このような仮説が浮かびました。時間のワープ説です。
時間の歪を利用して別の世界に瞬間移動すると言うものです。ちょっとSFぽくって良いとは思いませんか!
このような説は、あながち不可能ではないような気がします。例えば宇宙船が別の惑星へ移動するときは、「位置する」というそうです。(アミ小さな宇宙人より)それでこのフャンタステックな本に書かれている意図をそのまま解釈したわけで、この「位置する」という言葉は、今後の次元上昇に深く関わっているのではないかと思ったからです。
次元上昇に伴い立て分けが行われる際も、この「位置する」が関係しているのではないかと思ったわけです。要約すると、4次元5次元の世界に存在できない魂は、別の3次元惑星にワープするのではないかという説です。次元空間の移動です。テレポテーションということに成るのではないかと思うわけです。
これなら一瞬にしてネガティブなものを淘汰することが可能です。が、また逆も考えられるわけで、次元上昇した魂だけを5次元の地球にワープするということです。マヤ文明がある時期を境に渾然と姿を消したと言う説もうなずけるような気がします。
-2009

プレアデスからのスピリチュアルメッセージ
http://blogs.dion.ne.jp/megumin/archives/2008-09-1.html


posted by datasea at 22:21| Comment(0) | % チャネリング.全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

日本から生まれる

大峠の越え方シリーズ HEROESについて
2011/10/01(土) 08:55:01|

黄金の金玉を知らないか?
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-813.html





3月8日、世界最強の超能力者といわれるロン・バード氏が、忙しいスケジュールの中、アメリカから急遽来日した。どうしても今この時期に日本の人々に伝えたいことがあるのだという!? 
...中略....
現在日本は大きな転換期に来ている様に感じたからなんだ。残念だが、その転換期の前に、日本の人々には非常に大きな障害が起こるように感じる。それを伝えたかったんだよ。ただ、その困難の先には次の時代をリードするたくましい日本の姿が見えるんだ。今日本では、ネットの中に逃げ込んでいるゾンビの様な若者も多いと聞く。でも今こそ君たちの力が必要なんだ。それを信じて頑張って欲しい。それが僕の伝えたかったメッセージで日本に来た理由だよ

黄金の金玉を知らないか?
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-813.html









さてこの超能力者ロン・バードさんも言っているように。
とにかく日本から生まれる。
時空を越える人が生まれる。
前からワタスもそう言ってますよね。
日本人というのは情緒脳、日本語は世界一あいまいで知られた言語です。主語や述語がなくても通じてしまいます。日本語というのは論理言語でなく、情緒言語なのです。以心伝心。
朝顔につるべとられてもらい水
古池やかわずとびこむ水の音
外国人にしてみれば、はぁ?だから何なのと言うでしょうが、それだけですっかり伝わってしまう。
あいまい社会。つまり右脳優位の社会。ずっと昔からそうですた。わびさび。情緒。感覚。
それが明治以降、おバカな理屈、学の神。左脳の牢獄文明にすっかりやられてしまって、いつのまにやら情緒文明が後退してしまった。

黄金の金玉を知らないか?
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-813.html






ヤハウェ連合体から日本を観れば、日本は琉球と本国の一国二制度なのであり、本土の甦生に希望を失うことで、最後の砦として琉球を国体中枢に置いて世界経綸を進めるということです。
2009/1/24(土) 午前 8:12

徹底検索、堀進
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/22718922.html






ですから今回の世界経綸は、既存の日本国から起動するということではなく、連合体の計画を知る日本人から発動するという概念に変わるのであり、国内外に小さな聖国のモデルのネットワークをつくりながら世界経綸を進めて行く路線へと計画が変わったと言うことです。
2009/1/24(土) 午前 8:12

徹底検索、堀進
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/22718922.html






posted by datasea at 16:37| Comment(0) | % チャネリング.全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

最後まで「見捨てないで生きる」人間

大金神が伝えるには、これから自分自身を最後まで「見捨てないで生きる」人間を救うと示します。
どんな形の救いなのかは、個人個人で違うでしょう。でも、真の意味で「救う」と示します。自分自身を信じられなくて、外在神やヒーラーに救いを求める人間は不要だと示します。長い長い輪廻の旅を経た上で生じた劣化遺伝子だとします。

地球弥勒時代ブログ
http://www.567times.com/blog/?p=140


posted by datasea at 09:13| Comment(0) | % チャネリング.全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

太陽系



あなた方の変化している太陽系は、多くの銀河の活動と、銀河間の活動との中心になります。
あなた方の新しい星国家は、光の力を統合し、物性のあらゆる部分に喜びを分散させる活力に満ちた会議のホスト役を務める予定です。
2010/3/18(木)

徹底検索、堀進
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/folder/612520.html



exopolitics = 宇宙外交

local pc
posted by datasea at 23:06| Comment(0) | % チャネリング.全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

● アトランティス



アトランティスの時代、正に今起きているのとまったく同じような状況の地球がありました。
しかし、その時の人々は、自らを改めることをせず文明を滅ぼしてしまったのです。
当時も原爆が使われ自らを滅ぼしてしまったのです。

プレアデスからのスピリチュアルメッセージ
http://blogs.dion.ne.jp/megumin/archives/7454965.html
posted by datasea at 21:36| Comment(0) | % チャネリング.全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

● ニビル情報まとめ



・昔、与えられたように、太陽は暗くされ、地球は様々な場所で割れる。(E・ケィシー)
・太陽は、暗くなるであろう。月は光を出さないであろう。(マタイ伝)
・2012年には地球上のあらゆる原子は、まるで電子レンジで過熱されるように燃えることなく変容。
・およそ3600年に一度、ニビルが地球の側を通るたびにポールシフトがおきている。
・これによって地球は浄化され、あらゆる点において住民を祝福し、喜びを与えるのです。(アブ・ル・シン)
・その光で取り巻かれると、地球は震えます。、、、、(アブ・ル・シン)
・その時、宣言される。、、、彼の星(HIS Star)が現れた、、、(E・ケィシー)
・ニビルには衛星が5つ(子供星)をもつ。
・ニビルは褐色矮星です 故に 天体観測所の望遠鏡で観測が難しい。
・ニビルは別名『プラネットX』です。 この『X』は数字の『10』という意味になります。
・影響のひとつとして考えうるのが電磁波殺害ゾーン( Electrical Kill Zone )だ。
・間違いなく、正道をはずすことなく、そのコメットは、本来のコースを追求します。(アブ・ル・シン)
・公転は太陽を3600年周期で回る超楕円軌道。
・水を吸いあげ高く持ち上げ、天候大異変をもたらし、多くのことを引き起こします。(アブ・ル・シン)
・星々は、空から落ちるであろう。(マタイ伝)
・太陽・地球間よりも3万2000倍遠く離れた位置(約4.8兆キロ)で太陽を周回している。
・太陽系の10番目の惑星 (太陽と月を含めると12星となる)。
・天空の体は、揺り動かされるであろう。その時、天に、人の子の印が現れるであろう。(マタイ伝)
・木星に匹敵する大きさ。
・惑星ニビルが接近する事で太陽に異変をもたらし、現在の異常気象や怪現象等が起きている。
・惑星ニビルに関してはシュメール文明を紐解いたゼカリア・シッチンと言う考古学者が解読した。(藤本玄)
・惑星ニビルは3600年周期で太陽系軌道上に交差する。その時期が2012年。
・1983年、天文学者は太陽系の外縁部に新惑星が観測されたとレポートした。
・金星人ヴァル大天使長(火星新任総監)が伝えた通り2003年時点でニビルは一度地球に急接近しています。
・ニビル星が太陽に最接近したのが2003年。
・2009年9月は記念すべき月でした。シドニーは赤い霧でつつまれた。
・ニビルの衛星はすでに地球の大気圏に突入している(チェイスハンター2010年1月21日 )
・惑星ニビルが近づいている。
・「NIBIRU星が地球に衝突するから、CIAなどの主要な情報局が安全なコロラドに避難し始めたのだろう」。
・2012年12月21日から2013年2月14日までの間にポールシフトがおきた時、最悪の場合人類の3分の2が死ぬ。
・6000年前のシュメールの記録では惑星Xは惑星ニビルと呼ばれている。
・45万年前 惑星二ビルにおいて生物種の絶滅が進んだ。
・65億年前に繰り返し続いたイベントによって恐竜が絶滅したことがわかっている。
・IRASは明らかに2つの巨大惑星を捉えている。第12惑星と第10の惑星だ。

local pc
ラベル:ニビル
posted by datasea at 18:21| Comment(1) | % チャネリング.全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

● 勝浦海岸



千葉県 勝浦海岸
「2人のイシカミ(デェダラボッチ)が作ったと知らされた海岸、崖、洞窟、池?、水路など」
池?には荒波が押し寄せ、水路を通り丁度池に海水が入るようになっていますが、
大小の岩で埋まっていました。

ソラ画像特集ページ
http://sora.ishikami.jp/image_dir/special/katuura/
posted by datasea at 17:43| Comment(0) | % チャネリング.全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする