2012年02月10日

予言情報.ウエブボット予言を振り返る

ウエブボットのイメージを振り返る。過去のウエブボットに出て来たイメージのいくつかが、出現している可能性がある。これを確認する。
2011年1月25日配信
・一度はじまった暴動は都市から都市へと急速に拡大する。当局はなにが起こっているのか状況を把握することさえできない。最初の暴動が起こる時期になると、あらゆる種類の抵抗運動が全国に拡大する。それは、市民による不服従運動や暴動、それに奇想天外なあらゆる種類の抗議運動が見られるようになる。
・こうした抗議運動の原因は、ハイパーインフレーションによる食料価格の高騰、大量解雇、金融システムの崩壊、ときおり発生する数日間続く大規模な停電、店に食料がないこと、政府が供給する食料チケットに価値がなくなることなどだ。人々は、我々は破産した、レイプされた、もう限界だと叫びながら抗議運動に参加する。
・「レイプされた」ということの意味は、社会保障と年金などが奪われたことを指している。これは、2011年の冬から春にかけて、ハイパーインフレーションが進行するので起こって来る現象だ。
2010年6月21日配信
・アメリカの下層階級から革命運動が起こるにしたがって、政府にパニックを引き起こす。
・この革命運動は、中央銀行を主な攻撃対象にし、中央銀行の廃止を掲げるがそれだけではない。現在の通貨制度の廃止を目標にするのである。
・この新しい革命運動のリーダーたちは、下層階級に所属し、どちらかというとホームレスのような生活をしてきた一群の人々だ。また、これらのリーダーは公民権を剥奪されたものたちでもある。
・ さらに、革命運動のリーダーには、陸軍の出身者、ならびに大学の教授などの知識階層の出身者が加わる。
この新しい革命思想とは、自給自足経済圏のような小規模のコミュニティーの形成を訴える思想である。それは60年代に出現した反抗文化の革命思想の復活であるという。
はたしていまこのような革命思想はアメリカで出現しているのだろうか?また、出現しただけではだめである。広範な支持がないと革命思想にはならない。そうしたものは出て来ているのだろうか?

2010年5月25日配信
・ところで、7月の始めから11月までの激震の期間は、歴史に残るほどの重要な期間になるようだ。
・また、この夏から秋にかけての期間は、食料価格の急騰や(社会保障などの)受給資格の剥奪などが原因で、暴動や革命が起こるとのデータが強い。これはアメリカとEU諸国で起こるが、なかでももっとも危険な国々は、スペイン、フランス、アイルランド、イタリアなどの諸国である。
ヨーロッパとアメリカの抗議運動のキャラクター
アメリカやヨーロッパ各国を中心に多くの抗議運動は発生しているものの、政権の転覆や革命運動へと拡大する兆候はいまのところあまりない。抗議運動は比較的に平和的であり、革命へと結びつく可能性は低いと見られている。
一方ウエブボットでは、抗議運動が革命へと発展するさまざまなイメージが存在する。そしてそうした発展の転換点には特徴的なキャラクターが現れるとしている。そのひとつは、抗議運動を鼓舞する「フランス人の哲学者」のキャラクターである。次のイメージだ。
そうしたキャラクターが出現されている時期が記されているが、時期はすべて外れている。ここでは集合無意識が内包しているイメージの抽出が目的なので、時期はすべて無視して読んでほしい。
2010年3月12日配信
・「革命」は世界各地で発生するが、その激しさは地域によって異なる。もっとも激しい暴動が発生するのは中国とフランスである。2008年、中国では一日180件の暴動が発生していたが、2010年から2011年になるとその数は倍増し、またいっそう激しくなる。
・中国の暴動には手製の武器が多数使用される。こうした武器を甘く見てはいけない。武器はかなり効果的なので、地方政府はこれに対処することはできなくなる。その結果、中央から暴動鎮圧のための軍隊が派遣されてくる。
・7月8日以降、「革命」は中国とフランスのみならず、イタリア、イギリス、アメリカにも広まって行く。この過程で、暴力的で死傷者が出る暴動も多発するようになる。しかし、春には2012年に関するある情報が漏れる。この情報の内容はあまりに衝撃的で、全世界の約30億人に深刻な影響を与える。
・どの国でも影響を受けるのはおもに下層階層に属する人々が中心だ。彼らは生きることに完全に希望を失い自暴自棄となり、「革命」の暴動に参加する。これは大変に激しく、影の支配勢力はこれを心底恐怖する。これは2010年の夏にやってくる。
2010年3月12日配信
・このような暴力的な衝突は「復讐」の様相を帯びる。「復讐」には、失業者のみならず破産した投資家なども参加して拡大する。
・このような動きに恐怖した政府は、「革命」が本格化することを予想しそれの準備を始める。
・7月8日まで「革命」への機運は経済的な困難や破綻を背景にして拡大するが、これ以降は「革命」に明確な方向性を与える思想が出現する。これが契機となり「アメリカ第2革命」へと突き進んで行く。組織的な運動体も形成される。
2009年11月30日配信
・2009年夏には、これまでの社会秩序の解体、新しい電力の開発、影の政府の解体、そしてキリスト教原理主義者の国外退去などの事件がすべて重なるため、アメリカ国民は大きなストレスを感じる。このような背景から、60年代に流行した様々な思想が、自給自足経済圏のような新しい思想とともに流行りだす。
2009年1月3日配信
・こうした運動の中心になるのは前科のあるフランスの知識人である。この人物は、現在の略奪的な資本主義に代わる新しい構想を提起する。
2008年10月4日配信
・世界的に民衆運動の盛り上がりが見られるが、その最初の運動はフランスで起こる。これは2カ月以内に発生すると思われる。
・この運動で注目されるのはある個人である。この個人がすでに亡くなった過去の哲学者なのか、それともいま生きている個人であるのかははっきりしない。
・この人物は濃い髭を生やし、相手に強い感情を与える印象的な目をしている。学歴はないが、深い教養にあふれた人物である。逮捕歴があり、流血事件に関わった過去をもつ。
・しかし、重要なのはこの人物のそのものではない。その思想である。思想はウイルスのように全世界を駆け巡り、大きな影響を与える。
・だが、主要メディアはこの人物の存在をよく思わない。彼の存在を軽視し、見下したような報道をする。
・また、影の支配勢力はこの人物の存在に恐怖する。しかし、影の支配勢力とこの人物のカルマは結びついており、彼が自分の人生でカルマを支払うことは、影の支配勢力との対決が迫られることを意味する。
2月7日

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
*http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-234.html




posted by datasea at 00:25| Comment(0) | ◆  ウェッブボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

Webbot,2010

地球関連
・主要メディアとアメリカ国民、さらに世界の民衆は天気や天候に関する考え方を根本的に変えるパラダイムシフトを経験するだろう。
・冬の天気の異常は強い関心を集めるだろうが、これによって天候パターンが根本的に変化しているという事実は隠すことはできない。
・広い地域で記録的な大雪となり、そして気温の記録的な低下のため地下に設置されているインフラがやられてしまうとのデータがある。
ガス管がやられてしまうとのデータもある。
・これから始まる環境異変は人類に長期的な影響を及ぼす類いのものである。
地球環境は根本的に変容する過程にあり、
それは2100年まで続く。
・2012年から2013年にかけて大きな空白期間が存在している。
この期間のデータ量は通常の期間の1パーセントしかない。
・この空白期間はとても重要である。これは2012年前後に人間がコミュニケーションできなくなるなんらかの事態が発生することを予想させる。
・それは太陽のコロナ質量放射(CME)、地磁気のシフト、地殻のシフトなどのような現象で人間の大量死が発生する可能性を示唆している。
・しかしはるかに穏健なシナリオもある。
大きなコロナ質量放射が発生し、発電所や送電線などのインフラがや
られるためコミュニケーションができなくなるというものである。
・影の支配勢力は、太平洋プレートが壊れる現象をアメリカの大手メディアを通して大きく宣伝する。
だが、意図したようなインパクトを国民に与えることに失敗する。
・アメリカおよびちょうどその反対側にある中国などのアジア地域では、12月29日頃からかなりの人々が住んでいる地域を捨てて他の地域へ移動する現象が見られるようになる。
これは、12月の終わりから1月にかけて、ジェットストリームの異常から気象が大きく変化してしまうからである。
・主要メディアはこれを、すでに信用を失った地球温暖化の二酸化炭素説のせいにするが、これはまったく信用されない。
メディアには大きな逆風が吹く。
・しかし人口の移動はこれだけが原因ではない。
人口移動を引き起こすほどの激烈な気象変動は他に2つ発生する。
・2010年の夏にかけて経済は世界的に悪化するが、今後7カ月でこれまでの天候パターンやサイクルが崩壊する現象が世界的に顕著になる。
・天候の激烈な異変は経済の崩壊と関連している。要するに、天候異変は流通システムなどに影響を及ぼすため、すでに悪化した経済にのしかかる大きなコスト要因となる。
これで多くの民衆の惨めな状態をさらに惨めにする結果となる。
・2010年から11年にかけて新しい土地の隆起が見られる。これで将来の環境変動で地球がどのように変化してしまうか予想できるようになるだろう。
・沿岸部の海面が上昇するとのキーワードは以前強い。
これにより標高の低い土地は大きな影響を受け、人間や動物は住む場所を変える必要が出てくる。
・水位の上昇の影響をもっとも受けるのは東南アジア、アフリカ南部と東部、北ヨーロッパ、中国東部、ロシア、アメリカの東部および南部、そして東南部である。人口数で一番影響の大きい地域はバングラデシュ、タイ、インドなどだが、
経済的な損失ではフロリダを含むアメリカ東南部、イギリスとドイツを含む北ヨーロッパである。
・これから2年間、地球の環境異変はあまりに激しくなるため、他のすべての問題を押しのけ、人類にとって最大の関心事となる。
特に環境の異変で食料と穀物の生産が大きく落ち込むため、関心は高くならざるを得なくなる。

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/









地磁気の逆転>バッテリーが不能になる、あらゆるデジタルデバイス、電気デバイスが使用不能になる>コミュニケーションの断絶>口コミメインの状況


local pc













対策:アナログ環境の構築
銀塩カメラ環境の整備、ゼンマイ式時計環境の整備、
ATM銀行預金がつかえなくなる可能性、現金を自分で管理する習慣をつける。
必要なデータはプリントしておく。


local pc









posted by datasea at 00:00| Comment(0) | ◆  ウェッブボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

エリック・カントナ



革命の序章: 元フランス代表のサッカー選手が支持する「銀行預金の全額引き下ろし運動」
フランスで始まろうとしている銀行への逆襲行動「12.7 銀行取り付け運動」。
(訳者注) これはアメリカ人が書いたフランスでの運動の記事です。この「銀行の取り付け行動を一斉に起こそう」という運動自体、大変に刺激的なものだと思いますが、何より、このニュースを目にした途端に思い出しのが、ウェブボットのある記述でした。すでに、2年以上前のものとなりますが、抜粋させていただきます。
ALTA レポート 709パート5 (ウェブポット 2008 年10月11日)
・世界的に民衆運動の盛り上がりが見られるが、その最初の運動はフランスで起こる。
・ この運動で注目されるのはある個人である。この個人がすでに亡くなった過去の哲学者なのか、それとも、いま生きている個人であるのかは、はっきりしない。
・ この人物は濃い髭を生やし、相手に強い感情を与える印象的な目をしている。学歴はないが、深い教養にあふれた人物である。逮捕歴があり、流血事件に関わった過去をもつ。
・ しかし、重要なのはこの人物のそのものではない。その思想である。思想はウイルスのように全世界を駆け巡り、大きな影響を与える。
・ また、影の支配勢力はこの人物の存在に恐怖する。しかし、影の支配勢力と、この人物のカルマは結びつてており、彼が自分の人生でカルマを支払うことは、影の支配勢力との対決が迫られることを意味する。
下の記事で紹介されている今回、フランスで「銀行取り付け運動」を Facebook 等で提唱している人物は、 フランスの元代表チームのサッカー選手のエリック・カントナという人物。私はサッカーのことを知らないので初めて知りましたが、ヨーロッパでは有名な人物のようです。
200px-Eric_Cantona_Cannes_2009.jpg

そして、その人の顔。
この写真を見て、上に抜粋したウェブボットの2年前の文言にあった「この人物は濃い髭を生やし、相手に強い感情を与える印象的な目をしている。学歴はないが、深い教養にあふれた人物である」が、ふと頭に浮かびました。
ちなみに、「逮捕歴があり、流血事件に関わった過去をもつ。」に関しては、1995年に、野次を飛ばしたサポーターを蹴り倒し、24時間、警察に勾留されています。

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/170996003.html




「銀行から預金を引き出そう!」
自民、民主のどちらに投票しても基本政策は変わらないという二大政党政治のペテンに騙され、巧妙に選挙権を奪われた国民の最後の手段。政治家、官僚、マスコミを裏で操っている日米の戦争屋と、金融村と大企業の救済策を優先している政府への強烈な意思表示となります。

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/



ピクチャ 14.png

さて、とてもイカれたというかイカしたというか。
そういう運動が12/7にあるようですね。
貯金を全部引き出すとか。
革命の序章: 元フランス代表のサッカー選手が支持する「銀行預金の全額引き下ろし運動」
日本語訳はIN DEEPさんより。
ヨーロッパのサッカー選手さんのようです。
中々、おもしろいですね。
銀行という商売。
普通の人は、銀行って多くの人からお金を預かって、その集まったお金を他の人に貸してその利息で儲けている。そういう風に思うかもしれませんが。
実を言うと、銀行と言うのは持ってもないお金を人に貸している。
じゃぁ、貯金者、全員が貯金おろしますた。
貸せるかどうかやってみろという話です。
それをやられた銀行家は、この動画に出てくるゴールドスミスさんのようになってしまうのですた。

黄金の金玉を知らないか?
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-669.html#comment16834

www.alternet.org
http://www.alternet.org/economy/148977/join_in_on_the_world's_biggest_bank_run_this_december/

posted by datasea at 12:31| Comment(0) | ◆  ウェッブボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする