2021年01月19日

風水鳥の帆船: アメリカ大統領選挙の行方を易学でさぐる



風水鳥の帆船: アメリカ大統領選挙の行方を易学でさぐる
陰陽eyes特集,迷走するアメリカ大統領選挙、今後どうなる?!
2020/12/02 23:14
陰陽Eyes
皆さんいつも占い処「風水鳥の帆船(かざみどりのはんせん)」にお越しくださって本当に有難うございます。今日はお昼すぎから冷たい雨でしたが、皆さん大丈夫でしたでしょうか?この時期の雨は実際の気温以上に冷たく感じますので、どうか皆さん暖かくしてお過ごしくださいね。
■相談者様からの強いご要望
さて、先日当占い処にいらした時、アメリカ大統領選挙についてぜひ陰陽eyesで特集してくださいと仰って下さった相談者様、本当に有難う御座いました。最近は大変有り難いことに、陰陽eyesを読んでくださる相談者様が増えましたため、私達も出来る限り相談者様と一緒に占いを通じて世界のあらゆる事に興味を持てております。私達はお恥ずかしながら、政治の世界には本当に疎いですので、相談者様の一言からあらゆる勉強をさせて頂いていて、それが本当に有り難い事だといつも感じております。当初は極僅かの相談者様のご要望と、私達の勝手で始めましたこちらのコーナーですが、気が付いてみますと今月で二年目を迎えさせて頂き、今では沢山の相談者様のご意見からコーナーが作られてる現状に、嬉しさがこみ上げてきます。皆さんいつも当占い処を、そしてこちらの公式ブログを応援して下さって本当に有難うございます。まだまだ足りない部分ばかりだと思いますが、どうかこれからも皆さんと一緒に未来を見て行かれる占い処でありたいです。どうかこれからもよろしくお願いいたします。
さて、日本にももちろん影響が少なからずありそうなアメリカ大統領選挙ですが、私達も何回か占ってはいましたが、どうにも報道されているような流れとは違った事をイーチン心理タロットは語っているようですので、今回はあまり突っ込んだ内容ではなく、大きな流れを見ていきたいと思います。
■アメリカ大統領選挙を占う。
それではここから実際にカードを開けてみましょう。
今回は大規模な捜索に使う、当占い処の陣形の中でも最もカードを使います「陰謀陣」となります。大きな企業様同士の合併の際等に、相手の会社様や相談者様の会社様の中に、合併話を別の方向に引っ張ることで利益を総取りしたいような悪意を持った人物がいるかどうかなどを探す時にも良く使われる陣形で、最も読みが大変な陣形でもあります(汗)
今回はこのようなタイムラインでカードを配置しました。
・主軸をアメリカ合衆国の人々として配置。
・陽をバイデン候補として配置。
・陰をトランプ大統領として配置。
このような流れで見てみました。日本国内のニュースを見てみますと、もうバイデン大統領が決定したかのような報道ばかりでしたので、カードから示された結果に少し私達も驚いてしまいました。それでは、解説を行ってみたいと思います。
・数年前、アメリカ合衆国はそれまでの歴史から脱却する決意をしていた。
・その頃、バイデン候補は何かのビジネスが上手く行ったらしく、お金を大分儲けていたらしい。
・その頃、トランプ大統領は大統領に就任した華々しさとは裏腹に、業務的にも資金的にも手詰まりな状況になっていたらしい。
・暫くして、アメリカ合衆国そのものが何らかの原因によって経済的に下り坂を下ってしまっていたらしく、悪評は益々増えていく一方になってしまっていた。
・その頃、バイデン候補の事業に暗雲が立ち込めてきたため、その事業復興のために大統領選に出て、アメリカそのものを変えようと思ったらしい。
・幸い、バイデン候補を応援する沢山の仲間が共に大統領選挙を応援してくれる事にもなったらしく、本人も強気で出る事が出来たらしい。
・その頃、トランプ大統領は業務が多忙過ぎる上、どの業務も手探りであったため、あらゆる事に手を付けすぎて手が回らなくなっていたらしい。
・それら業務は目に見えるような仕事では無かったため、人々からはまるで何も仕事をしていないかのような印象を持たれていたらしい。
・大統領選挙は始まり、人々はどちらの人物が大統領になるのか、共にそれぞれの陣営を応援して戦った。
・勢いが大変に良かったのがバイデン候補であり、それは強力な仲間とスポークスマンが居たためだ。
・一方のトランプ大統領は先へも進めないような大きな壁が立ちはだかり、全く身動きが出来ないような状況になっていたようだ。
・アメリカ国民が望んでいなかったような結果が出た時、もうだめだと思ってしまったのが今回の大統領選挙を最悪たらしめている。
・バイデン候補に関しては、目に見える事柄ばかりを声高に叫びすぎて、中身が全く伴っていないどころか、闇しか抱えていないのが最大の問題である。
・トランプ大統領に関しては、既存のシステムや既存の概念を全部壊して新しい物に作り変えようとしたのが最大の問題である。
・アメリカのメディアはどうやらバイデン候補寄りの報道しかしていないためか、アメリカ国民はアメリカそのものに不満が溜まっているらしい。
・それでもどうやら、バイデン候補は大統領になるつもりらしい。
・一方、アメリカ国民から愛されていたトランプ大統領は、この先は安泰だと思っているらしい。
・この先アメリカ国民自体がアメリカを見捨てようかと思ってしまうらしい。
・バイデン候補としては、そんな事よりも自身の事業が大切らしい。
・トランプ大統領としては、そろそろあらゆる制限を外して公開し、一気に色々と何かを行おうとしているらしい。
・この先、2つの道がある、一つはトランプ大統領が負けたと宣言する道、もう一つは、現在の大統領にしがみつく道だ。
・外野はあらゆる事を騒ぎ立てるが、トランプ大統領が負けたと宣言しない限り、必ず再就任する。
・現時点では、トランプ大統領が負けたと宣言していない未来が見えている。
・その後再就任した後、暫くはアメリカも良くなる未来が見える。
・一時的に経済も回復するだろう、しかしその先に、予期しない出来事が起き、何も準備が無いままそれは訪れる。
・どうやらその事によりアメリカは経済的に干されるような事になるだろう。
・世界は既存の金融理念を持って動いている、そこにメスを入れれば干されるのは当然である。
・他国はアメリカに全く協力しない。誰かの号令かもしれないが、兎に角仲間が全く居ない状況が出てくる。
・そこまで経済的に落ち込んだアメリカを誰も助けられないからだ。
・アメリカの経済が完全にストップし、全く何も出来ない状況になる。
・それはアメリカそのものが何かをすれば良くなると言うような原因ではなく、意図的にアメリカがいじめられるからだ。
・アメリカそのものとしては、大きな事を成すと言うような夢物語を追うのではなく、一歩一歩着実に前進していかれる道を辿るべきである。
・大きく目に見える事柄は確かに人々に一時的な希望を与えるだろう、しかし、真の国の発展とは一回のホームランで試合が覆るベースボールとは違うと言う事を肝に銘じるべきだ。
・・・と、このような結果となりました。
■実際のニュースから占い結果を追う。
さて、今回カードから示されました「・バイデン候補に関しては、目に見える事柄ばかりを声高に叫びすぎて、中身が全く伴っていないどころか、闇しか抱えていないのが最大の問題である」の部分ですが、日本のメディア、ニュースを散見している限り、それほど何か闇を抱えているような様子が無かったため、少し調べてみました。
ジョー・バイデン、あまりに危険な男の正体…不正疑惑を封殺する大手米国メディア-Business Journal-
【英語】China has bought and paid for Joe Biden and his entire family-Life Site-
【Google翻訳】中国はジョー・バイデンと彼の家族全員を購入して支払いました-Life Site-
【英語】6 facts about Hunter Biden’s business dealings in China-Newyork Post-
【Google翻訳】ハンター・バイデンの中国での商取引に関する6つの事実-Newyork Post-
【英語】Biden Sold Out America to China While Working for Hollywood-Frontpage MAG-
【Google翻訳】バイデンはハリウッドで働いている間にアメリカを中国に売り切れた
【英語】Private-eye firm claims Hunter Biden is linked to multiple criminal probes-Newyork Post-
【Google翻訳】民間企業は、ハンター・バイデンが複数の犯罪捜査に関連していると主張している-Newyork Post-
政治と言う巨大な物を扱っていらっしゃる方々は、多かれ少なかれ色々と闇があるのだとは思っていましたが、結構な闇でした。日本国内ですとこうしたニュースを報じている所があまりないと言う所が、日本の報道の闇なのかもしれませんね。
実際の所、今回の占い結果では見えていませんでしたが、トランプ大統領に関しても、政治という巨大なものを扱っている限り、必ず闇になっている部分はあるのだと思います。人間というものそのものが誰一人として清廉潔白と言う事はありえませんので、そうした意味では全ての闇を報道は人々の前にさらけ出して、選挙権のある方々はそれらを見比べて吟味した上で、どちらの候補者になら政治を任せられるのか、闇になっているような部分も含め、そうした事を全て含んだ上で考える余地を与えるのが本当の民主主義のような気がします。宗教であれば、信じる信じないの世界だけですので、ある意味とても簡単なのです。信じている人は信じていて良いですし、信じたくない人は信じなければ良いだけです。ただし、信じている人を攻撃するのは、「信じない」と言う思想を「信じている」と言う事ですので、それはある意味宗教です。信じない教団ですね。何事もそうですが、強制勧誘はよろしくありません。しかし、政治は宗教ではありません。ですので、より候補者の方々の明確かつ的確な情報を有権者の人々は知る権利があります。
アメリカ大統領選挙はアメリカ国民の人達のもので、日本人は殆ど選挙権とは無縁です。それにも関わらず、日本の報道は随分と偏った報道を声高にしています。どちらにしても日本は選挙権のある方はごく一部なのですから、選挙の行方に影響が無いのであれば、もっとあらゆる方向からの報道を期待したいですね。

占い処・風水鳥の帆船ーかざみどりのはんせんー
http://kazamidori-no-hansen.seesaa.net/article/478808070.html












当占い処は企業オーナー様の鑑定経験も多数承っておりますため、今後の御社の活路を切り開くための一つの手段として、占いはいかがでしょうか?
当占い処はどのような企業オーナー様であろうとも、初回15分1,000円と下北沢最安値クラスで鑑定をさせて頂きます。また、事前にご予約頂ければ、さらに5分延長無料となりますので、初回20分1,000円と、他店様の追随を許さないサービス価格を実現させて頂いております。ぜひこの機会に、私達占い師をお役立てくださいませ。ご予約はメールでお承りしております。
kazami.hansen@gmail.com
※捨てアド、ハンドルネーム可ですが、ハンドルネームの場合、次回以降も同じハンドルネームでお願いいたします。
下北沢駅から徒歩1分、悠久の亜細亜が生んだ易タロットのイーチンタロットと、古来日本から連綿と続く古神道の秘儀を融合した陰陽の完成形「イーチン心理タロット」であなたの行く先を照らします。
イーチン心理タロットによって毎月の世界情勢を占う「陰陽Eyes」は、占い好きの方も、世界を相手に精力的にビジネスをされる方も必見です。
月・火・水曜日が定休日となっておりますが、その他の日はメールにてご予約頂ければ確実です。
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-7-2中瀬ビル2-C
kazami.hansen@gmail.com

占い処・風水鳥の帆船ーかざみどりのはんせんー
http://kazamidori-no-hansen.seesaa.net/article/478808070.html



posted by datasea at 12:03| Comment(0) | ◇ 易学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

岩井テイジン: 六爻易で2021年を占う

岩井テイジン: 六爻易で2021年を占う
2021年はどんな年になるか?六爻易で占ってみました。
公開日:2020年11月30日
未来予測易占東洋占術
六爻易では、毎年冬至の日に、翌年1年がどんな年になるのか、「年筮」というのを立てる作法になっているのですが、特に冬至の日を選ばなくても別にいいので、占ってみました。
ただ漠然としているので、来年の日本の経済、コロナの行方、それから明るい話題について占ってみました。
2021(辛丑)年は、父母丑土となるので、心配、不安の多い年になります。
社会不安が懸念されるのは、1、4、7、10月、特に卦身のついている7月に注意です。
経済は悪い。特に2、3月、8月、9月に注意。
コロナは、これからまた流行り、5、6月頃になんらかの変化があると思います。
明るいことは、11、12月ごろにありそう。もしかするとワクチン関係でいい知らせがあるかもしれません。騰蛇がついているので、サプライズ的な良いこともありそうです。
7月は卦身がついている月なので、とても重要な月です。オリンピックがなければ解散総選挙とか日本の今後を左右する重要なことが起きます。

未来予測の部屋
https://miraiyosoku.info/miraiyosoku/
posted by datasea at 23:48| Comment(0) | ◇ 易学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

クレイグ・ハミルトン・パーカー: 2021年予言




クレイグ・ハミルトン・パーカー: 2021年予言
公開日:2020年12月14日
公開日:2020年12月15日
公開日:2020年12月17日
公開日:2020年12月21日
未来予測
未来予測の部屋
いつもの、クレイグ・ハミルトンパーカーさんの2021年の予言が発表されました。なんと1時間半以上もあります。逐語訳していると、ものすごく時間と紙幅がかかるので、今回はサマリーにします。それでもかなりの分量です。
予言の前に
未来は、決まっていないということを覚えておいてほしい。他のサイキックも言っているが、地平線の上にヴィジョンがあるが、それが時間の順序に並んでいるわけではない。未来は決まっていないのである。ということは、我々は未来を変えられる、ということである。
■アメリカ大統領選について
私は、今までの予言でトランプが勝つといった。そしてナディ(アガスティアの葉)もそう予言していた。私は、選挙は、カオスだと予言した。私は、大統領選挙は不正が行われたと感じる。これからまた、少しの部分が明らかになる。
トランプは、不正選挙の証拠を出すが、選挙結果を変えるほどのものではないと思う。正義はここでは行われない。成功率は45%くらいだろう。彼は権力を握らず、バイデンが権力を握るように思う。トランプは猛烈な戦いを続け、最高裁に問題を持ち込むが成功しないだろう。彼が真実の情報にたどり着くのを邪魔する勢力がいる。そのことが大きな社会不安を引き起こす。トランプがアメリカに分断をもたらしたのではなく、すでに分断は存在していたのを、彼が表面に引き出したのである。
不正は明らかにされるが、新しい選挙をしなければいけないほどには十分な証拠はない。とてもたくさんのことが隠されたままになっているから。この挑戦は2021年も続く。そして2021年の全ての二ユースのうち、人々が不満に思っていたこと、知らないことについての議論がさらに多くなるだろう。しかし、メディアはそれらを基本的には隠蔽しようとするだろう。
トランプTV が始まるが、それはすぐにとても人気になるだろう。そのコンテンツは、政治的なものと同様に、トランプが、訴えたいことや感じていること、普通のメディアでは現れないことを代弁するものになるだろう。しかしながら、彼は、FOX TV と取引する、それは、つまり、私が思うには、トランプTVの一部は、FOXテレビの番組になり、多くの人に届くようになるだろう。そして大きな力となり、新しいウィキリークスになるだろう。
今回、2期目はなくなったと思うが、私は、いまだに、トランプが、大きな勢力になると感じる。彼は、以前の立場を利用して、アメリカの腐敗を明らかにする声を発するだろう。その時はもう大統領ではないかもしれないが、とても強い影響力を彼は持っているだろう。
彼は、意図的にCovid19についての間違った情報が流されていることを暴露するつもりだ。そして、彼は、今も言っているが、ますます、グローバリストが世界征服をしようとしていると抗議するだろう。ここが、トランプテレビが人々の興味を惹きつけるところである。そして、中国が世界を支配しようとしているとか、児童性愛と関係する多くの有名人が腐敗していることをばらす。
そして、彼は宗教的な存在となる、政治家というより、より宗教家のように話す。これは、サムヒターにあったことだ。政権はバイデンの方に行くだろうが、正当かどうかは別にして、彼はそのメディアを通じて、大統領よりも大きなパワーを行使するだろう。人々はトランプの言っていることを心配するようになるだろう。
以前の動画でも述べた通り、インドの古い信託であるナディ(アガスティアの葉)には、トランプが聞くべき忠告があった、救済もあった。そのサムヒターの中には、トランプは、第2期を務める運命にあるとあった。しかし、さらにこれを参照すると、彼の敵は彼を欺いた。彼は大いなる権力の失墜があり、大いなる屈辱がある、と書いてある。また、大きな病気を2021年にする、とあった。2020年に彼はコロナを患ったので、大きな病気というのはコロナのことかもしれない。または、2021年にまた別のもっと重い病気になるのかもしれない。
トランプは2期目を務めると他の大勢のサイキックも言っていたが、まだ、何かあるかもしれない。終わったと言う感じがしない。未来は、あらかじめこうなるはずだという道順があるわけでもないし、時間順にはなっていない。もしかすると、この先、良いカルマのおかげで、大統領になると言うこともあるかもしれない。
私は以前、女性が彼を救うかもしれないと言った。易経をやってみると、54番のマリングメイデン(雷沢帰妹)と出たので、トランプは夫婦間で、あるいは、愛人問題、結婚問題が生じるかもしれない。離婚するかもしれない。
まだ予言するには早すぎると思うが、トランプは、2024年独立した候補者として立候補するかもしれない。2021年には、世界的に何か大きな政治的な変化が起きるだろう。
だいたい以上のような内容です。個人的には、パーカーさんが易をやるとは面白かったです。トランプを占って、「雷沢帰妹」が出たということは、多分、選挙結果を覆すのは難しいかもしれません。または、若い女性を、新たにパートナーにする可能性もありますね。パーカーさんのいう通り、メラニアさんと離婚する、なんていうこともあるかもしれません。
■日本の地震、東アジア情勢などについて
#日本の地震など
12月21日に、木星と土星がが水瓶座、天王星が牡牛座にあり、占星術的にはとても興味深い状況である。ある人が言うには、今後5年間は、土星の影響が強く、2つの矛盾する大きな惑星が、今、一緒にいることは、大きな矛盾や変化を引き起こす、と言うことである。
心の中には、2021年から2025年までのことが浮かんでいるが、それらがいつ起きるのかについて言うのはとても難しい。今、最大の努力を払って2021年について言うならば、最も大きな問題の中では、気候変動と地震である。両方とも本当に大きな問題となる。
大きな津波が日本の近くで起きるだろう。私は過去に日本の原子力発電所が被害を受けることを予言した。それはとても正確だった。
そして、日本にとても大きな地震があるかもしれない。そしてこれは、全ての海岸地域に影響を与える可能性がある。日本の南部以外の日本の右側全ての海岸地域に大きな影響を与えるだろう。また、全て2021年に起きるとは限らないが、他にかなり大きな地震が、インド北部のヒマラヤの地域に、そしてそれが来年の問題の一部になるだろう。イランにもまた別の地震があるだろう。そして、多分、アメリカも、かなりすぐにとても大きな地震があるだろう。これは、2025年までの主な問題になり、そのうちのいくつは2021年に始まるだろう。
#大洪水が起きる
オーストラリアやカリフォルニアの山火事についても去年予言した。来年に向けては大洪水があると感じる。ダムの決壊さえあるかもしれない。大都市が洪水の被害に遭う。すでに大きな氷山が南極に漂っている。もっと大きなものが来るかもしれない。
基本的に2025年までに、環境問題が、議題の上位に来るだろう。それを国際的に対処するために議論されるが、これから起きる潜在的な環境の変化にパニックになるだろう。国際的な動きは、パリ協定に多くの変更があるので、環境問題と戦うということになりそうだ。アメリカもパリ協定に参加するだろう。バイデンやトランプのどちらが権力を握っても、パリ協定に戻ることが議論されるだろう。
去年の予言では、多くの海岸地域が自然公園にされると言ったが、さらにそれが、大々的に行われるだろう。
#世界規模の失業
大きな森林復活の運動が起きる。そして、特にアメリカのフラッキングも大きな削減が行われる。それは全ての政策が変更されるからだ。
大きな失業危機が世界的に起きる。そのため、とても大規模なストライキが起きる。フランスは特に悪くなり、暴力的な暴動が特にパリで起きる。同じことが、アメリカでもヨーロッパでも起きる。
また、ロンドンやワシントンでも、かなり背後に隠れていた極端な左翼の組織が明らかになる。そして、秘密組織によって引き起こされる、極端な社会不安が起きるだろう。そして、社会不安にはロシアのような外国の勢力が影響を及ぼしていたことが明らかになり、問題を引き起こす。
#ロシアと中国の同盟
何年か前に言及したことがあるが、今がその時だ。ロシアと中国との間にとても危険な同盟が結ばれるのが見える。これはアメリカにとって脅威となる。彼らはアメリカが弱くなったとみなし、ロシアと中国は一緒に軍事同盟とさらに財政的な同盟を結ぶが、これがますます大きな問題となる。
中国は、アメリカから技術やソフトウェアを盗んでロシアに渡して兵器開発してきたが、不幸なことに、その発展をみることになる。そして、さらに多くのサイバーラプトリングが中国から起き,権力を握る。中国共産党が中国を支配しているのであるが、普段私たちはそれを忘れていて普通の国だと思っているが、私には、不幸にも中国は世界にとって、危険な脅威であると見える。東シナ海、南シナ海など中国の海域で脅威になっているのである。
#中国は台湾に侵攻する
特に脅威なのは台湾にとってである。国際ニュースで、台湾は中国の侵攻を受けたと報道されるだろう。そして、2021年、多くの不安を引き起こすだろう。日本、韓国もこれに巻き込まれるだろう。中国は、悪い影響を及ぼし始めている。そしてそれは、パンデミックや、経済、弱いアメリカが、中国を強力にしているのである。
歴史をみるとありえないように見えるが、台湾は、2021年ではないかもしれないが、日本と同盟するだろう。台湾、日本、韓国は、軍事的に同盟するかもしれないし、経済的な連携を強めるかもしれない。これら全てのことが2021年に起きるわけではないと思うが、これらのことが、2021年より4年の間の未来に、起きてくるだろう。そして、国際的には、新しい経済的パワーとして、これらの国々が連携する様は、2匹の虎、龍と虎に象徴されるだろう。そして、世界経済の後退にもかかわらず、台湾、日本、韓国は、経済的には上向くだろう。これらの国は、一つの貿易圏を作るだろう。アメリカ、ヨーロッパ、特にイギリスとこれらの国の作る貿易圏とは、盛んに取引するだろう。そして、とても興味深い経済が出現し、それは、世界に良い影響を与えるだろう。なぜなら、その領域でパワーバランスが再評価されるからだ。
#香港について
香港では、抗議活動が再燃しているが、今回は少し違っていると思う。なぜなら、中国の国政政治に対する態度が大きく変化したからだ。抗議活動をやめさせるために中国は今回は極端な力を使うだろう。中国は今回も、弱くなったアメリカや混乱の続くヨーロッパを利用するだろう。中国内部でも社会不安が起きるだろう。そしてそれを鎮圧するだろう。中国内部そして外部をみると問題もたくさんあるが、結局、私は、中国はより民主的なシステムに基づく革命が起きると言ってきた。そうなるだろう。
#北朝鮮について
北朝鮮のミサイル発射、核実験などはもうないだろう。北朝鮮では大変な飢餓が進行していて人々は深刻な状況にある。しかし、それを隠蔽してきた。私は、以前、金正恩は人々に引き摺り下ろされて中国に亡命するだろうと言ったが、今がその時かもしれない。
■アメリカ・ヨーロッパ・インド・中東
アメリカ、ヨーロッパ、インド、中東についてです。
欧米の経済について
アメリカとヨーロッパの経済を見てみると、2021年は両方とも深刻な状況だということが見える。それらが、他の世界中の経済を引き摺り下ろす。多分中国はそれほどでもない。
現在ブレグジットについて議論が続いているが、すでに予言したように、ハードブレグジットになる。ヨーロッパには潜在的な結果がたくさんあるが、それが次第に明らかになってくる。長い目で見ると、ヨーロッパは2つに分裂するだろう。ドイツ連合的なものとフランス的領域である。ブレグジット後、ヨーロッパは結局完全に分裂するが、それは悪い事ではないと思う。ヨーロッパはそれによりもっと繁栄できると思う。将来、ユーロが廃れて、ドイツマルクが再び現れる。いずれにしても、コロナの影響で、経済的な困難がしばらくは続くだろう。
#インドについて
大きな困難がインドにあるだろう。結局はインドはとても力強い国に成長するが、産みの苦しみを経験するだろう。2021年は、かなり困難な年になるだろう。しかし、何年かしたら、中国を超えるだろう。我々はカリユガと呼ばれる期間に入っているが、かなりしばしば、困難な期間だと言われているものであり、それに対処しなければならない。
もっと小さな国々は、さらに無政府状態のようになり、困難を経験するだろう。
世界は、不幸なことに、もっと悪くなるが、進歩するために必要なプロセスである。結局、グローバル化は後退するだろう。人々は、さらに自国に興味を持ち、結局、世界は分散化していくだろう。よって、小さいということがより重要になってくる。大きな組織は重要でなくなってくる。より遠い将来には、人々は、巨大な組織や国家よりも、小さな農場のようなものに基礎をおくようになるだろう。
#食料不足やホームレス状態
とにかく2021年は、一般的に言って、かなり厳しい年になるだろう。食糧不足、ホームレス状態が世界中で大きな問題となるだろう。政治的なものが原因なだけではなく、食糧不足、失業、自殺などによる社会不安があるだろう。我々はお互いに助け合わなければならない。しかし、我々はこれらのことはすべて変えられるということを覚えておいて欲しい。各個人の慈善的行為で世界は変えられるのである。
#イスラエルとイランの危険な対立
2021年の最も危険な対立は、イスラエルとイランの対立である。これは、去年もまた、数年前にロシアのテレビでも言った。アメリカは、外交関係を再度樹立するために、イランへの厳しい制裁をこれからやめるつもりだが、これは、非常に破壊的なことで、問題を引き起こすと思う。通常のイスラム教徒のイラン人たちは、狂信主義者な、西洋に敵対的なイラン人でなくても、経済制裁は、全てのイラン人に影響を与えているとしても、多分十分ではない。制裁解除はイラン人の蜂起を意味し、国内の社会不安を抑えるために外部に敵を必要とするので、イスラエルを攻撃するだろう。そして、また、イスラエルは、イランの核施設を攻撃するだろう。それは2021年だろう。外交努力は失敗する。また、サウジアラビアは、密かにイスラエルを援助している。これが多分明らかになる。サウジアラビアとイスラエルの同盟は、2021年のとても早い時期に明らかになるだろう。トランプが権力を失う前に起きる可能性さえある。
#アメリカやフランスでテロが起きる
アメリカやフランスで、テロが起きるの私たちは見たが、新たにまたテロが起きる。以前あったレベル、つまり911と同じレベルではないが、爆弾や銃撃がある。
まず、フランスでは、パリと南部のマルセイユでも起きる。また、アメリカでは、ボストンやワシントンでテロリストによる銃撃があるだろう。または、世界中で同時にあるかもしれない。
#ウィルスについて
ウィルスは、世界中に昔からあり、完全に取り除くことはできない。まだ天然痘などがあり、それらを一掃するにはまだ時間がかかる。以前にも言ったが、ロシアのシベリアやアマゾンなどの孤立した僻地には、まだ、古代のウィルスが残っている。世界は平常に戻り困難は解決されるだろう。しかし、さらに多くのウィルスがやってくる。今のコロナウィルスとは違うタイプがあと2つ流行する。しかし、それはコロナで私たちが経験した規模ではやってこないだろう。今回は、取り除くための武器が少しはある。だから、パニックになる必要はない。そして、また中国がその原因だと指摘されるだろう。
#トルコ、エジプト、ベネズエラ、ブラジル、南アフリカ、ベラルーシ、パキスタン、イエメンの情勢
トルコで問題が起きる。エジプト周辺で局地的な問題が起きる。ベネズエラでは、政権が完全に変わるだろう。ブラジルでは、政権に大きな変化があるだろう。腐敗と関係がある。南アフリカもまた政権が変わるだろう。しかし、南アフリカには、より良い政治の変化を感じる。ベラルーシでも政権が変わる。パキスタン、イエメンでも変化があるだろう。2021年は、今までとは違った年になるだろう。
#イギリスについて
イギリスはブレグジットによってよくなるだろう。ブレグジット後、経済的に短期的には落ち込むかもしれないが、着実に回復していくだろう。たくさんの良いことが起きるのが見える。新しい電子、宇宙関係などのハイテク企業が大きなインフラ計画を進めるだろう。だから、崩壊があっても何も恐れることはない。結果的には、たとえ世界的な景気悪化があっても、イギリスは世界の中で偉業を成し遂げる新しい情熱があり、イギリス経済はよくなるだろう。そして、大国が苦しんでいる一方、イギリスはある意味、小国として繁栄する道を進み、独立した安定を保つだろう。政府の資金は、「外交産業」に投入されるようだ。つまり、たとえば、テレビや映画、電気自動車、宇宙技術に巨額の投資をするだろう。
北部スコットランドで、ロケットの打ち上げ場がある。そして、AIにも投資するだろう。そしてソフトウェアの開発にも投資されるだろう。特にセキュリティのソフトウェアである。テレビ産業、劇場、映画会社、クリエイティブで革新的な産業に投資されるだろう。そして、イギリスの産業界を結集させたような電気自動車の開発が進むだろう。これは、新しい産業を生むきっかけとなるだろう。それは将来必要とされるような産業である。
第二次世界大戦後、日本やドイツは、既存の産業が壊滅したので、新しい産業を起こして繁栄した。私は、イギリスに同じようなものを今感じている。
2021年は、新しいインフラ整備が始まる年である。大きいもので興味を引くのは、北アイルランドにつながるトンネルである。長い目で見ると政府はこのための労働者を大量に必要とするだろう。
#アイルランドについて
何年か先には、アイルランドもEUを抜けるだろう。2021年には起きない。今は、EUのなかで繁栄しているからだ。しかし、状況が大きく変化する。アイルランドは、イギリスやヨーロッパとの貿易が前よりよくなる。そしてイギリスと貿易のブロックを作るだろう。それはアイルランドがスコットランドとほとんど同じ地位になるもので、イギリス議会に支配されるものではないため、アイルランドにとって有利なものである。だから、イギリスとアイルランドとの関係はよりよくなるだろう。そして、アメリカがアイルランドに多額の資金を投入するだろう。しかし、2021年は、まずは困難な年になるだろう。
#BBCについて
そして、イギリスの大衆はBBCに対して反発を強めるだろう。それは、ポリティカル・コレクトネスに関するものだろう。ポリティカル・コレクトネスは、人々を団結させるのではなく分断するもので、人々はお互いに理由なく怒りを感じるのである。人々はお互いに自然ともっと寛容になれるのに、BBCはそれを矯正していて、そういう番組は馬鹿げている。結局は、ポリティカル・コレクトネスは、利益よりも害の方が大きいと思う。BBCは、大きく改革されるだろう。
#イギリスの人種差別、投資、住宅価格について
2021年は、人種差別問題が起きる。BLM運動に対する反発のようなものだろう。人々はもっと賢明な方法でそれに対処すべきなのである。そういう心の在り方が、また新たな問題を引き起こすのである。ボリスジョンションは、スコットランド議会から、支持を受けるだろう。それは部分的には、巨大なトンネル計画のせいだろう。そして、スコットランドに投資している人々のインセンティブになるだろう。イギリスの投資は、前よりもずっと、イギリス国内に向けられるだろう。多分、ウェールズに新しいソフトウェアの生産拠点が設けられるだろう。そして、ブリストルやカーディフでそういうジョイントベンチャーのようなものが起きるかもしれない。
新年は、住宅市場は今は不調だが、春になれば揺り戻しがあるだろう。最終的には、住宅市場は活況になるだろう。ブレグジットがそれによく働く。それが新しいインセティブを持ち込むことになる。政府がイギリス経済を活発にするために住宅市場を活性化させるかもしれしれない。
#イギリスの失業、コロナウィルスの制限など
コロナ後の労働力の再雇用については、人々の助けになるレベルでは起こらない。人為的な、政府による雇用創出については、何十年か前に、若者に就業機会を与えるためのプログラムがあったが、2021年は、そのようなものが行われるだろう。イギリスではコロナに関しては規制が生じるだろう。ひとつ感じるのは、あなたがワクチン接種しない限り、海外渡航に関する制限を受けるということだ。ワクチン接種している人が少ない国への入国を禁じられる。これは、今年の後半、航空便が再開してホリデイのようなものに出かける時になってもそのような制限を受けることになる。
#バイデンについて
バイデンについて少し話そう。バイデンは、たとえ大統領になっても、その期間は短いだろう。私には、その男が、長く続けるのが見えない。病気か事故か何かが起きて彼は大統領でなくなる。私には彼が長く続けるとは全く思えない。この予言は2021年を超えてしまうかもしれないけれども、それでも、2021年にそれは起きるかもしれない。バイデンの大統領在職期間が短縮されるだろう。バイデンの後を継ぐのは女性である。
そして、2021年は、まだますます大きくなる社会不安がある。選挙が早期に必要となり、2021年は、リコールが起きるかもしれない。バイデンの大統領政権は、このような不安定な基礎の上に成り立っている。マスメディアから政治家まで、透明性の欠如に大衆の怒りが大きくなる。予言にその時期を言うのはとても難しいが、いずれにしてもバイデンの政権は長くない。
#デジタル通貨の規制、ビットコイン
デジタル通貨への投資には規制が入るだろう。資金は、全く新しいビジネスに投資されるだろう。将来、たくさんの新しいビジネスが出てくるのが見える。新しいデジタル通貨への投資は、特に規制されているものは繁栄するだろう。なぜなら、人々や大きな組織が投資するからである。しかし、ビットコインのようなものは、外部からの規制がかかるため、縮小するだろう。ビットコインは苦しみ、価値が大きく低下するだろう。それは、来年の早い時期だろう、多分、早くも2月頃である。ビットコインは特に投資には注意すべきだと思う。
#ソーシャルメディアへの新しい規制
さらに多くの新しい法律が作られ、フェイスブック、グーグル、ユーチューブ、アマゾンなど、こういう大きな会社には2021年は本当に困難なものになるだろう。
最初は、悪意のあるコンテンツ、フェイクレビューの取り締まりだったものが、我々はプラットフォームなのか、制作者なのかの議論となり、それが自然と、例えば、グーグルの分割にまでおよび、グーグルの広告部門とグーグルの検索部門の分割の議論にまで発展するであろう。これらの部門は同じ会社であるべきか、違う会社になるべきか、検索部門は、お金に左右されて良いのか、もっと広告を引き受けることを基礎にすると誰がトップに来るのか、と言った、こういう種類の恐ろしい戦略を行っていることは、特にヨーロッパでは、ビジネスをしている人なら誰でも知っているし、政府もちゃんと知っているし、一般大衆も知っていることだが、これから議題の上位にのぼり、国際的な問題になってくるのは、誰が、あなたのデータを掌握しているのか、ということである。アマゾンやグーグルやフェイスブックなどのような大企業が私たちに関する情報を持つことを許しているが、そんなにたくさんの情報を握ることを許してもいいのか、私たち自身の通信デバイスだけに持つべきではないのか、大企業のデータベースにあることを許すより、そして、そういった会社が、簡単に妥協してより大きな組織に私たちの情報を譲り渡して、乗っ取られてしまってもいいのか、中国やロシアのように政治的に掌握することを目的とするような国に情報を譲り渡してしまってもいいのだろうか。
こういう情報産業では、情報はあちら側にあり、そこから利益を得る人々によって所有されているのである。これは、困難な問題であり、大変費用のかかる、法律的な大きな戦いである。こう言った問題が、さらに多くのニュースや公の議論に出てくるだろう。でももうYouTubeで、あなたは、こういうことが起きるのを見ているだろう。
グーグルは、かなりオープンにただで色々なものを提供してくれるが、私は、もう少し、どのように広告を入れることができるのかについては厳しく、許されるか、許されないかを決めるべきだと思う。その点、トランプTVが、こういう議論に火をつけるかもしれない。なぜなら、その多くがYouTubeで流されるからだ。
■アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、インド、中国など
今回は、2021年のアメリカ経済の予言からです。
#アメリカ経済について
2021年のアメリカ経済は、私は、極めて悪いと感じる。多くの会社は倒産し、そのうちのある会社は倒産しそうであり、このことを私は心配している。アメリカ企業は、中国資本に買収される。中国は世界を席巻する。それは、密かに、我々の知らないところで行われる。それは秘密結社のやり方で行われる。それはほとんど、トランプがやってきたのとは違うやり方で、アメリカへの復讐が行われるように感じる。アメリカのアイコン的な名前のようなもの、それを中国資本は買おうとする。それはハーレー・ダヴィッドソンとか、ムーディーズのようなタイプのものだ。そのようなものが危機にある。人間のコミュニケーションが、中国資本によって買収される。それは、インターネットのようなタイプのものを含む。また、映画劇場チェーンのようなものも含むだろう。アメリカは必死に抵抗するが間に合わない。
アメリカの多くの資産が中国に売却され、アメリカがますます弱くなっていき、世界の支配性を失うのを見る。私はそれが長くは続かないことを望む。なぜならアメリカのような民主主義の国の世界の見方の方が、中国の共産党体制の世界の見方よりまともだからだ。
#アメリカの抗議運動、銃規制、健康保険
アメリカでは、社会不安と多くの抗議運動があるだろう。すでに多くの兆候がある。他には、警察が抗議活動をしている人々を殺害する事件が起きるだろう。現在、多くの抗議活動が行われている状況が私には手にとるようにわかる。人々は、こう言った多くの抗議活動や面倒を避けるようになる。なぜなら私たちが見て見ぬ振りをするようなことをトランプが望んでいないからだ。アメリカについて私はそのように感じている。こうようなことが、2021年に起きる。かなり厳しい年になる。健康保険制度が導入され、新たに銃規制を進めようとするが、阻まれるだろう。
#オーストラリア
オーストラリアは財政的な危機に直面するだろう。オーストラリは、世界的な景気後退から最も影響を受ける国だろうと私は心配している。オーストラリアと中国の間で、さらに多くの貿易が失われる。もっと多くの外交的攻撃、中国のサイバー攻撃を受ける。でも、何か良いことも貿易に関してオーストラリアには起きる。オーストラリアと日本、台湾、韓国などの間で、より多く貿易が行われるようになるだろう。大きな取引がオーストラリアとイギリスとの間で行われるだろう。それでも、鉱業や中国にものを売ることについてはかなり悪くなる。オーストラリアは、後ろ向きに這うような状況になるだろう。しかし、だんだん経済や暮らしに明るさが出てくるだろう。大規模な火事は再び起こらない。
カナダは、しだいに、英語圏の人々と連携を図っているだろう。
#フランスでテロリストのハイジャック
飛行機のテリリストによるハイジャックが起きるのがかなり強いビジョンで見えた。それは、フランスのパリで起きると思う。空港にテロリストの襲撃があるだろう。空港の中で銃撃戦が起きるのを見た。2021年は、さらにテロが増えると思う。フランス国内は、動きの激しい、厳しい年になるだろう。多くの社会不安が起きる。右翼の大きな反動が起きる。移民に対する大きな反対である。フランス人はとても自国の文化について誇りを持っている。彼らは、自分たちの文化が変えられたり、妥協されるのを見るのが嫌なのである。彼らはフランスのやり方を通そうとする。そこに、争いが生まれる。フランスのナショナリズムが高まるのが見える。2021年ではないかもしれないが、人々は、合法・違法両方の移民に反対し、大きな社会不安が起きる。
#デジタル通貨による国際的な賃金
経済フォーラムで、国際的賃金という考えについて議論されるだろう。しかし、実際、このことは議論されてきている。完全に私の考えではないが、何年か前に言及したことがある。最近人々はこれについて話すようになった。これはとても論争が多い。なぜなら、それはデジタル通貨によって支払われるからだ。それは、多くの国々が、受け入れる国際通貨である。だから、国ごとに行われるのではなくて、これは、国際的な万国共通の賃金になる。よってそれは国際的な保障政策のようなものであり、国々が多くの資金をそれに投入し、それを個人が基本的な額を受け取る。誰もが国際的賃金を受け取る、そのようなものである。私にはその具体的な構造はよくわからないが、完全に正しいと思う。問題は、誰が支払いを管理するのか、ということだ。誰がこういうことを決めるのかが問題だ。なぜなら、これは、人々の自由に大きな政治的影響を与えるからだ。それはアメリカの無料の健康保険制度やイギリスの国家保険制度に関する議論に似ている。問題は、誰が管理するかということである。これは社会主義的な考えなのである。だから、多くの議論がなされるだろう。すぐには実現しないが、何年かしたらそのようなものを我々は持つようになるだろう。経済は、2021年以降も経済は悪くなると思う。だから、国の福祉制度をあてにする人々のセーフガードとして、また、革命を止めるためにも、こういうものは必要になると思う。だから、政治的にとても論争の多い問題である。
#香港は抗議運動で流血の惨事になる
2021年、香港は再び騒乱が起きるだろう。今回は、街で流血事件が起きるだろう。雨傘運動はうまくいった。しかし、今回はずっとずっと悪い状態になる。なぜなら、共産党は全ての力を傾けて強制力を強めるつもりだからだ。共産党は、香港を中国に繋ぎ止めるつもりだが、それが中国本土をも動揺させる。将来の中国の革命について話そう。さらにさらに動乱が激しくなり、当局はそれを激しく鎮圧するだろう。天安門事件のようになる。
#中国からの経済的報復とコロナの発生源
中国からのアメリカやヨーロッパへの経済的報復についてだが、先ほど私は、中国は、アイコン的存在の企業を買収するつもりだと言った。ここで繰り返して言っておく。中国は、武漢のウィルス研究所のウィルスの起源についての真実を明らかにすることを強いられるだろう。これは秘密の生物兵器として作られたものだと私はすでに言った。これは、他の病気を引き起こすキャリアであり、肝心なことが全く正確ではない。真実が明らかになるまでしばらく時間がかかる。ナディ(アガスティアの葉)の神託もそう言っていた。多くの反中国的な政治的動きがあり、何が本当に起きたかについて、中国は本当のことを言っていない、真実を隠している、という動きがたくさん出てくるだろう。そしてそれは、ワクチンが効いてウィルスが去った時、大きな隠蔽に対して、いかにそのウィルスが猛烈なものか、どうやって作られたかなどについて、中国国内や世界で大きな非難の声が盛り上がるだろう。
カナダについて
トルドー首相は、アメリカや多分オーストラリアとの非常にうまく経済的な取引をまとめるだろう。特に、アメリカとの取引の見直しが行われるだろう。これが良い面である。しかし、彼のカナダでの人気はますます悪くなるだろう。彼は嫌われるだろう。何かが起きる、汚職か何かだろうが、それが起きる。相当に追い詰められるが、経済的な取引をうまくやるので、そこそこ長く職にとどまるだろう。
#EUについて
EUについてもう少し語ろう。私はすでに、EUが最終的に崩壊し始めるだろうと言った。それについては、もっとたくさんの兆候が2021年にあると思う。特にイタリア、ポーランド、ハンガリー、EUの東部地方で兆候があるだろう。そういう地域では、EUに対する要求はさらに難しくなるだろう。そして、EU内部で、争いが生じ始める。ブレグジットについては団結しているように見せたが、内部に問題がある。特に、例えば、フランスについてである。そこでは、東欧からの人の自由な移動について強い抵抗があるだろう。そこでは、大きな疑問が湧き上がるだろう。したがって、数年後には、特に、イタリアがEUを抜け、アイルランドやデンマークや他の国々が、結局、EUを抜けるだろう。2021年に全て起きるわけではないが、2021年の間に国民投票のようなものが要求されるかもしれない。
#インドについて
世界中で、社会不安が生じるが、特にインドは、多くの社会不安が起きるだろう。なぜなら、インドは、非常に厳しい期間を過ごし、人々が非常に腹を立てるからだ。まるでガンジーの前の時代のようにヒンズー教徒とイスラム教徒が路上で喧嘩をしたりと、そういうことが起きるだろう。極端にヒンズー教徒寄りの政治になるだろう。したがってインド国内では、ますます緊張が高まっていくだろう。緊張については実はすでに高まっており、去年、私はこの件について話した。現在、中国やパキスタンと緊張が高まっている。それは、収まらない。もっともっと悪くなる。特に中国国境においてである。固唾を飲むような事態になるだろう。今ではないが、将来、インドは、国境線を拡大する。それは、軍事力で実行される。インドはそのような経済大国になるのだ。インドは、国境線をアフガニスタンミャンマーなどにまで伸ばそうとするだろう。そしていつの日か、インド的な連邦を作るだろう。そして共通市場の盟主となるだろう。これは2025よりももっと先の遠い未来の話だ。
#サイババは2021年に再誕するか?
パトロンサイトで質問があったので取り上げるが、答えは、「わからない」。そういう夢を見たこともない。偉大な魂は夢を通じてコンタクトしてくるというので、いつの日かそういうことが起きて欲しいと思っている。私たちの夢に一度に同時に出てくるかもしれない。
最後に、一緒にメディテーションをしてほしい。未来は決まっておらず、世界は変えられる。メディテーションをし、マントラを唱えることで、カルマが浄化される。
#ヒーリングメディテーション
我々の思考は自分自身から離れて、世界に影響を与える。もし、私たちがポジティブな良い考えを持てば、世界をより良い場所に変えられる。だから、もし、良い考えを持ち、高潔な人になろうとし、他人を助けようとするならば、別に寄付とかをしなくても、ただ普通の生活の中でそうしようとすれば、良い考え、良い気分、良い心、良い世界の理解、これら全てが自動的にやってくる。黄金時代はいつかやってくる。まず最初に、心から始めなさい。まず初めに、私たちの内部から始めなさい。それは、何か世界の根源を操作しようとすることとは違う。全ての政治的な動き、全ての経済的な動き、私たちが取り入れる全ての構造(を操作しようとしても)決してうまく行かない。結局は、常にメチャクチャになるのだ。帝国が興亡したり、独裁者が権力を握っては失脚したり、私たちは、そういうどちらの方法もとることはできない。私たちができる唯一の道は、自分自身の人生にも影響するものだ。もし私たちが心の中で何かができれば、私たちは自分たち自身のその場所を瞑想に変えることができる。私たち自身の場所は平和的な自分たち自身である。私たちが世界を変える時、世界を良い場所に変える。良い考えは私たちの個人的な生活の中にも、世界の中にも良いことをもたらす。さらにまた、良い行いは、良いことをもたらすことができる。だから、私たちは良い行いをすると人生に良いことをもたらす。もし、あなたが幸せになりたいなら、人々を幸せにすることだ。幸せは(人から自分に)戻ってくるのである。なんでも良いからやってみなさい。送れば、戻ってくるのだ。それが、黄金の時代なのだ。それが奇跡の時代であり、人間の意識を次のステップに進めるのである。
さて、瞑想をしようと思う。瞑想は、単にマントラを唱えるだけだ。そのマントラは、escompendium mantraであり、よく使うものだ。カルマを浄化してくれる。目を閉じるか、これからお見せする素晴らしい景色をただ見て欲しい。そして、ただマントラだけを思う。それは、5千年の歴史を持つ古いものだ。これは強力なものでたとえその意味を知らなくても、これによって世界に平安をもたらすことができる。深く腰掛けて楽にして、リラックスして、全てのプレッシャーがしばらくなくなるようにする。この平安な気持ちで目を閉じて、このマントラを唱えている間、世界の美しいものを思い浮かべるようにする、そして、あなたが知っている全ての顔を見ると幸せと平安であるように見える。愛、幸せ、健康、を意識して、そしてマントラを唱えている間、意識を拡大させなさい。意識をあなたから、友達、家族、世界の他の全ての人に拡大させなさい。全世界の全ての人が幸せになるように。
以上です。
この後に、マントラと映像が流れます。どうぞ、瞑想してください。
2021年が幸せな年になりますように、というメッセージが、瞑想後、動画の最後に、パーカーさんからあります。

未来予測の部屋
https://miraiyosoku.info/miraiyosoku/クレイグ・ハミルトン・パーカー%e3%80%802021年予言その-2/







管理人プロフィール
氏名:岩井テイジン
幼少期からスピリチュアルなことに興味を抱く。
学生時代から、ウィッチクラフト、儀式魔術や西洋占星術、タロット占術などを学ぶ。同時に易や四柱推命、柴微斗数、奇門遁甲など東洋占術、風水にも精通し、社会や個人の運命を予測する。
政治経済や歴史、法律、文化人類学、哲学的観点から、独特の切り口で社会や世相、個人の運命を分析する。
早稲田大学政治経済学部政治学科卒。

未来予測の部屋
https://miraiyosoku.info/miraiyosoku/クレイグ・ハミルトン・パーカー%e3%80%802021年予言その-2/






占いカウンセリングのご案内
未来予測の部屋では、只今、占いカウンセリングを実施しています。恋愛、仕事、人間関係など、お悩みのこと、何でも占い、カウンセリング致します。占い方法は、西洋占星術、タロット、四柱推命、紫微斗数、易占など、ご相談内容に応じて最適と思われるものを選んで行います。
占い料:5千円〜
納期:ご相談のうえ、決定します。
ご希望の方は、お申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。風水鑑定も致します。ご相談ください。折り返し鑑定についての詳細をメールします。
占いカウンセリングお申し込みフォーム
メール、対面、Zoomなどご都合に応じます。詳細は、お問い合わせください。

未来予測の部屋
https://miraiyosoku.info/miraiyosoku/クレイグ・ハミルトン・パーカー%e3%80%802021年予言その-2/












クレイグ・ハミルトン・パーカー: 2020年予言〜アメリカの長期予言,トランプ再選後の世界
クレイグ・ハミルトン・パーカー: 2020年予言〜アメリカの長期予言,中東予言
2019.10.01(第68回)
クレイグ・ハミルトン・パーカーの最新予言
早くも10月になった。世界ではさまざまなことが起こっているが、やはり気になるのは、来年の2020年である。
なかでも、アメリカの大統領選挙が注目だ。もし、予測不可能なトランプが勝利したら世界はどうなってしまうのだろうか?
そんな思いが頭をよぎるなか、イギリスの著名なサイキックで、70%を越える的中率を誇るクレイグ・ハミルトン・パーカーが最新予言を出している。今回は、
2020年からのアメリカの長期予言と中東を中心とした予言である。これを紹介しよう。
■アメリカとトランプの長期予言
・2020年の大統領選挙では、バーニー・サンダースは民主党の統一候補にはならない。最終的にはジョー・バイデンとエリザベス・ウォーレンの一騎打ちとなり、エリザベス・ウォーレンが民主党の統一候補になるだろう。
・しかしトランプ陣営のエリザベス・ウォーレンに対する批判は厳しい。
彼女はアメリカを社会主義に誘導して、国民皆保健など実現不可能な政策を推し進めようとしているとして、厳しく批判するだろう。
・共和党はノースカロライナやアイオワで勝利するも、フロリダは接戦で民主党が勝つ。
・2020年の大統領選挙に勝利するために、トランプは環境問題とその解決が弱点になるということを認識し、トランプ版の環境保護対策を実施する。それは主要各国に働きかけて、アフリカで大規模な植林を実施するのだ。しかしこのプランには、経済的な目的がある。
アフリカ諸国で資源開発の権利を得ると同時に、植林も行うのだ。
・2020年から環境保護への各国の関心が高まる。
そして、環境保護を目的にした国連のような国際機関ができる。
この機関はアマゾンを購入し、世界的な自然公園にするだろう。
これは、アメリカがロシアからアラスカを購入したのと同じような売買契約になる。
■アメリカ経済
・2020年のアメリカ経済は非常によい。
トランプ政権はイギリスやカナダなどと自由貿易協定を締結するだろう。
カナダのトルドー首相は政権の座を去る。
それが幸いし、カナダとの自由貿易協定締結に至る。
アメリカはかつての大英帝国のような状態になるだろう。
■市場
・2020年にドルはクラッシュするという予測があるが、それは起こらない。
ドルは堅調に推移する。
しかし、2021年ころに仮想通貨の全面的なクラッシュがある。それまでには手放したほうがよいだろう。
・一方、2020年頃には金や銀がよい投資対象になるはずだ。
・また、アメリカの製造業やハイテク産業はよい投資対象となる。アメリカ製造業は息を吹き返す。
・ドイツ企業の価値は下落する。またヨーロッパ企業の価値も同様になる。あまりよい状態ではない。
・「フェイスブック」が手掛けている仮想通貨、「リブラ」はまったくうまく行かない。
・よい投資対象になるのは、アメリカの製薬会社である。
イギリスとの自由貿易協定によって、製薬産業は反映する。
・原油価格はヨーヨーのように頻繁に変動する。
この市場に詳しければよい投資となる。しかし、慎重にしたほうがよい。
■貿易戦争
・トランプ政権は中国とすでに貿易戦争を行っているが、2020年からはヨーロッパと貿易戦争を始めるだろう。
しかし、2020年はアメリカ経済の状況はよい。
問題がおき始めるのは2021年からだ。いずれにせよ、いまの時点ではアメリカへの投資がベストの選択になる。
・私は過去に中国で革命が起こると予言したが、2020年からは香港だけではなく、中国本土に革命は拡大する。
・米中貿易戦争は緩和しない。一層激しくなるだろう。
トランプ政権は法律を制定し、中国に進出しているアメリカ企業をアメリカに引き戻す政策を実施する。
・2020年には中国が大きな問題となる。
しかし、毛沢東時代のような流血事件にはならない。
共産党が引き下がり、平和的な民主化が達成されるだろう。
・中国の新しい民主主義の原則になるのは、孫文である。
この原則に基づく民主主義は世界的な影響力をもつことだろう。
■政治的な事件
・2020年にはトランプ政権を本格的に転覆する事件が起こる。
これには外国が関与する。これに関与したものたちは法的に告発される。
■次期大統領
・次のアメリカ大統領はトランプになる。
■中東
・私は過去にサウジアラビアとイランが戦争になると予言したが、2020年にはこれが本格化する。
先頃起こったサウジアラビアの石油施設と油田の攻撃はこの戦争の始まりにすぎない。
もっと拡大する。サウジアラビアはイランを直接攻撃する。
アメリカは同盟国であるサウジアラビアを支援する。
・しかしトランプは、ロシアのプーチン大統領と協議し、サウジアラビアとイランとの関係を仲裁する。
しかしこれは、結果的にはうまくゆかない。
サウジアラビアとイランの戦争はエスカレートし、非常に危険な状態になる。
・この戦争はアメリカの大統領選挙においては、トランプに有利に作用する。
民主党は平和路線を主張するが、共和党の鷹派路線が米国民の支持を集める。
・2020年には、ベネズエラとコロンビアが戦争状態になる。
トランプ政権はコロンビアを支援し、ベネズエラからの難民を受け入れることはない。
■自然災害
・2020年の冬は大変に厳しいものになる。
ニューヨークを寒波が襲う。
また2020年の夏にはアメリカで地震が多発する。
・大規模なハリケーンがマイアミを襲う。
・私は2019年にトランプは病に倒れると予言した。
しかし、これは起こらなかった。だが私はこの予言を変えたわけではない。
2020年にトランプは病に罹るだろう。これはトランプが次期大統領に再選された直後に起こり、彼が大統領としての執務を一時中断する。
・トランプ政権時代のアメリカは経済的に返り咲く。
しかし、トランプの時代の後には、民主党が政権に返り咲く。
その結果、アメリカの政治は民主党が主張する社会主義的な政策の方向に大きく移動する。
国民皆保健などを含めた社会的弱者救済のセイフティネットが整備される。
・また2020年のアメリカでは、革新的なテクノロジーが出現する。そのひとつは、プラスチックを分解するバクテリアの発見、そしてもうひとつは大気から二酸化炭素を機械的に取り除く技術である。
・さらに、水からクリーンエネルギーを抽出する画期的なテクノロジーが開発される。これは2020年から始まるエネルギー革命を主導するテクノロジーになる。
■アメリカの長期的な未来
・アメリカの建国にかかわったのは、清教徒のようなよきキリスト教徒であった。
しかしいまのアメリカは、そうしたよき精神文化から大きく逸れてしまった。
しかし将来、アメリカでは精神革命が起こる。
そして、本来のキリスト教の精神性が回復される。
アメリカが覚醒するのだ。そしてアメリカは、世界の精神性の灯台のような役割を果たす。
・しかしこの覚醒は、福音派のようなキリスト教原理主義の活性化ではまったくない。
新たな意識の覚醒なのだ。
興味深いことに、この覚醒の波はインドからアメリカにやってくる。
人類は新しい意識が覚醒する段階におり、未来は明るい。
以上である。
今回のパーカーの予言はアメリカを中心とした予言だったが、これからパーカーは世界のほかの地域の予言を発表する予定だ。
期待したい。

ヤスのちょっとスピリチュアルな世界情勢予測
http://www.funaiyukio.com/yasu/

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/

未来を見る!『ヤスの備忘録』連動メルマガ 毎週金曜日配信
http://www.mag2.com/m/P0007731.html
https://twitter.com/ytaka2013/






posted by datasea at 11:22| Comment(0) | ◇ 易学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

富士山噴火の夢

2018-03-18
【予知夢】茨城県の郁代さんが富士山噴火の夢を見た〜七曜高耶さん、スズさんも噴火の夢+宮城県の美弥さん予感
霊性
茨城県の郁代さん(仮名)から、今朝見た夢をメールで送ってくれた。
富士山噴火の夢だ。
他にも、「まほろばの蒼き惑星」ブログの七曜高耶さんも3/1に富士山の夢をみていた。
そして過去のスズさんの富士山の夢も、リマインダー的に併せて紹介する。
それから、数日前に届いた宮城県の美弥さんからのメールも紹介する。
郁代さんの夢
まず、茨城県の郁代さんが今朝3/18に見た夢を紹介する。
郁代さんについては、昨年3月のTOCANAの3.11特集で書いた
『【3.11】大地震や津波を「予知夢」で見た6人の女たち! 今度は埼玉が危険か!?』
という記事で、初めて紹介させてもらった。
今朝の夢の内容は、下記の通り。
夢の内容
祖母と一緒に実家近くの知っている道を横断しようとしています。
道を渡った後はバスに乗っており、ここでは私一人。外には富士山が見えており、車窓から見ていると富士山の上方に雲が見えます。
それを見て雲なのか煙なのかと考えています。
富士山は見え隠れしていますが、再び山が見えた時、雲かと思ったものは噴煙で、私が「富士山が噴火した」と言って、みんなで外を見ています。
バスが走っている場所は不明、道路も高速道路か普通の道路かは不明ですが、低い位置にある(立体交差?)ようで、
上方にある高架か歩道橋のような場所から、噴火から逃れるために人々が飛び降りてきます。その人達をバスに乗せてと言っているところで目が覚めました。
噴火は山頂噴火、私のいる場所には特に噴石などは飛んできていません。
これまでも噴火を暗示する夢は見ていますが、富士山そのものの噴火の夢は初めてです
私のパターンとして2年ぐらい前から見始めるので、噴火が起きるのは2020年以降になるのでしょうか・・・
2年ぐらい前からというのは、大きな災害は、という意味だと思う。
富士山が気になりだした
2018年1月23日に草津白根山(本白根山)が噴火した頃から、富士山が気になりだした。
そんなときに、スズさんが知り合いの「富士山の噴火が間に合わない」ということをブログで書いた。
その後2/28にFacebookのグループで、2歳の娘が「花火と富士山」と度々言い出したということを知った。
七曜高耶さんも富士山の夢
また、その後に更に、「まほろばの蒼き惑星」ブログの七曜高耶さんが富士山の夢を見たことを3/1に書いていた。
ただし、こちらは明確に噴火するという設定ではない。
下記に引用させてもらう。
さて、本日2018年3月1日に視た夢は、「富士」の夢だった。
「富士」のまま受け取るのが良いのか、
それとも「富士山」だと思えば良いのかの判断が出来辛い。
とにかく「富士」がマグマ(溶岩?)を流すといった内容の夢を視た。
しかし、噴火の夢では無い為、これもまた解釈が難しい。
とりあえず、「富士」を警戒した方が良さそうだ。
これは、普通に考えれば、やはり富士山が噴火によってマグマ(溶岩流)が流れると解釈できるだろう。
スズさんの夢
以下に、過去にスズさんがブログで書いた富士山噴火の夢について書いておく。
富士山噴火の夢は、東日本大震災の前から見ていたという。
長くなるので引用しないが、興味がある方は読んでください。
また、2014年7月には、娘さんが富士山が赤くなってドンと鳴った夢を見た。
霊感が強い子だ。
下記は、スズさんのブログの内容を紹介した記事。
www.tankyu3.com
その後にスズさんからメールが来て、補足的な内容を書いてくれた。
以下に再度引用しておく。
2014/07/02
今朝の娘の夢なのですが、
富士山が赤くなって、ドンて5回なった、、
怖くて泣いた、、
お空が夜になって黒い煙出てた、、
赤のどろどろが出てた、、
熱くてあちっ、あちっ、てなった、、
と、、。
私が一番初めに見た富士山の噴火の夢によく似ていて驚きました、、。 
食い止めるべく、お地蔵様や御札流しのお話が世に広がる流れになったのでしょうか、、。
富士山噴火も、現実味をおびて来たようで身震い致します、、。
私自身は、富士山が噴火する夢は見ていないと思う。
だが、他の人たちがこれだけ揃って富士山が噴火する夢を見るということは、そろそろかと思ってしまうものがある。
しかも、スズさん母子以外は、今年になって続々と出てきたという感じだ。
以前の記事で紹介した、松原照子さんの世見の解釈では、2019年。
郁代さんの夢では、2020年頃またはそれ以降、ということになる。
夢とはまったく関係ないけれど、いまWebを検索していて見つけた。
昨年5月にダウジング地震予測で「台湾東部の内陸」で大きな地震があると出ていた。
2/6の花蓮地震だったのだろうか。
www.bosai3.com
ちなみに、富士山については、下記のような情報もある。
『次は富士山? 草津白根山噴火で気になる「危ない火山」を予測』(週刊朝日1/31)
dot.asahi.com
宮城県の美弥さんからメール
下記のメールは、宮城県の美弥さん(仮名)から3/13に受信したもの。
多忙だったので紹介が遅くなってしまった。
今日は、先程から嫌な胸騒ぎが始まり、ざわざわしています!
耳鳴りも酷くて眠れるか心配になる位、酷い状態です!
横になると、背中にピリピリする様な磁力?も感じます!
何事も起きない事を祈ります!m(_ _)m
かなり強い感覚です!
備えあれば憂なし!
暫くは、御用心下さいませ!m(_ _)m
東日本はしばらく大きめの地震が起きていないが、対応する地震は、まだこれからかもしれない。
千葉県北西部M4.1
2018年3月18日 12時59分頃、千葉県北西部でM4.1、最大震度2の地震があった。
ここ小平市でも震度1くらいの揺れだった。
さいきん、このへんを震源とする地震が多いが、首都直下地震はこのあたりが震源となる可能性もあるので、要注意だ。
www.tenki.jp

探求三昧 by 百瀬直也
http://www.tankyu3.com/entry/2018/03/18/fujisan
https://www.instagram.com/p/BgcpXh7F3WU/
posted by datasea at 06:40| Comment(0) | ◇ 易学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

予知情報

知恵がないのは当たり前。弱いのは当たり前。正社員率はどんどん下がり、切り捨て御免の都合のよい激安労働力。時給800円の最下層の労働力として使い回す。使えない者は自殺者として社会から葬り去る。
幾多の虐げられた魂の上に、ユニクロ柳井や、ワタミ渡辺みたいな人間が偉そうに人生論を一説ぶつのです。お前達も我々のようになりたければ一生懸命働け!
作用反作用の法則。ワタスはこんな社会は長く続かないと思っていますが。今日、その昔、ネットで流行った予言を見ていますた。まぁ、予言なんてバカバカしいのですが、今の状況に妙にぴったり来ていて驚きますた。
ばあちゃんの予言がヤバすぎてワロエナイ
http://blog.livedoor.jp/worldfusigi/archives/3640403.htmlから抜粋
俺の隣家のバアちゃんが昔人気を博した占い師だったらしい。んで昨日、面白い話を聞いた。超人に関することかも知れないので要約して書いてみる。
今年はこれまでの行いが全て結集、結合して表に現れた年。
個人、団体、国を問わず、清算の年になったはず。
今年悪いことがあった人は来年以降更なる覚悟が必要になる。
今年良いことがあった人は来年以降もっと大きな喜びがある。
来年以降はその結果を反映して多くのものが逆転し始める。
少数だったものは少数であればあるほど前に出て
多数だったものは多数であればあるほど後ろに下がる。
そうした中で、社会や時代から抜ける「新たな人々」が増え始める。
それは、お金であるとか、娯楽であるとか、情報などといったもの。
そして彼らは真に必要なものを既に学んでいるか、気付いている。
また、長い間味方も存在しないまま虐げられ続けてきたので本当の強さを持っている。
彼らがお互いに存在を確認し始めた再来年頃に、現代が終わって未来が始まる。
来年、貨幣経済の代わりになるものが生まれ始める。
徐々にそれの有効性が広まっていくが、それは5年後より先の話。
要約すると短いけど、実際は色んな横道(笑)があって長い話だった。
「新たな人々」とやらが超人ぽいなと思う。
新しくない(笑)人々はどうなるの?
変化についていけない人は、今まで虐げてきた人と同じ目に合い続ける。因果だね。
身近に信頼できる人(家族や友達)がいない人は本当の孤独に陥ることになる。
幸せな家庭や家族を築いている人たちは、そのままでいられると思うよ。
私ら今までの大人は、社会の舞台から消える運命にある。
暴動?起きないよ。考えること止めてカラダも動かなくなった大人が
体も動いて色々なことを考え続けて悩み続けた若い人らに勝てるわけがない。勝負にならない。
来年の予言
流行が完全に終わる。無くなる。
日本で今まで安定していて永遠だと思っていた何かが突然終わり、パニックになる。
娯楽産業の大企業のひとつが潰れて、大きな流れ(たぶん連鎖倒産)ができる。(←デフォルトの影響?)
中東で正義を掲げた紛争が起こるが、その直後に何かの情報が漏れて攻めた側が大批判される。(←これはシリアについてではないでしょうか。)
それが世界戦争へ繋がることはないが、世界のパワーバランスが崩れる契機になる。
金貸し(金融)の完全規制を検討する国が現れて、世界中で議論が沸騰する。(←これはもしかしてハンガリー?)
野菜の流通か小麦関連か、日本で食糧問題が起こる。社会問題になる。
経済か治安か、ともかく大都市神話が崩れて、都市脱出が真剣に検討され始める。
サッカー南米選手権?よくわからないけど、日本は活躍すると思うよ。
その後今までやり取りしたことが以下
東北は復興するどころか、未来においても世界から賞賛される先端地域になる。
原発がどうなるかはわからないけど、日本は大丈夫。本当に大丈夫。
新しい人達はじっと我慢してる。ひとり静かに怒りを溜め続けてる。
わたしらがやることは、死んだ人達が命を懸けて遺してくれた社会を、辱めないこと。貶めないこと。
しきりに「大丈夫だから、大丈夫」と言ってた。
それと「今のうちに東北に土地買っておけばいいかもね(笑)」と言ってた。
まあこれは冗談だろうが、東北は素晴らしい復興を遂げるらしい。
まぁ、東北の部分は?ですが。。当たってる気がしないでもない。
ワタスには同じような予感があります。何故だか、今年に入って疎開村に東京からも共感してやって来てくれる若者が集まっている。お互いに仲間を認識し始めた。それは当たりだと思ってます。
疎開村にも今、3名程の元引きこもりの若者が来ています。その中の一人。これは、ハブロ君のブログです。彼のブログにも書いてありますた。
サムシング*グレート
絶対に死なないでください
苦しみを耐え抜けばかならず天は味方をします。
例外はありません。
どうか。どうか。ここを読んでいる若者達。こんな世の中が長く続くと思わないで下さい。ワタスにははっきりした予感がある。だからこそ疎開村活動なんてやってるのです。グレンとひっくり返る。
もうすぐなのです。絶対に死なないで欲しい。新しい人達が生まれて来ている。若者達は、静かに怒りを貯めている状態です。安心して良い。そういう流れなのです。
光は暗闇の中から生まれる。辛い思いをした者のみが光の素晴らしさを知っている。辛く厳しく悩み苦しんで絶望を知ってる人だけが本当の光を放つ。そういう者が放つ光は、透き通っていて美しい。今の世の中はもうすぐ崩れる。だから心配するんじゃない。
絶対に大丈夫です。もうすぐ目覚める。静かで優しい人達。そして絶望を潜り抜けた人々。本当の強さを持った人々。後ちょっとです。ワタスはそんな予感を感じています。

黄金の金玉を知らないか?
http://golden-tamatama.com/blog-entry-1264.html




posted by datasea at 22:30| Comment(0) | ◇ 易学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする