2017年08月11日

南極に棲む巨大ロボットNingen


pp6520170809544.jpg

pp6520170809611.png

pp6520170809625.png

pp6520170809623.png


Antarctica Giant Humanoids Called the Ningen – Are They Real? (Video)
Wednesday, August 9, 2017 11:04
(Before It's News)

Before It's News
http://beforeitsnews.com/paranormal/2017/08/antarctica-giant-humanoids-called-the-ningen-are-they-real-video-2526775.html







(要約)
地理情報:南極に棲む巨大ロボットNingen
2017年8月9日水曜日11時04分
(Before It's News)
Ningen:南極の巨大人間形ロボット
これまで都市伝説として語られていた南極の巨大人間形ロボットNingenの撮影動画がYouTubeに投稿された。
この20-30年、南極大陸周辺の海域に巨大人間形ロボット(巨大ヒューマノイド,gigantic humanoids)が
住んでいるという噂があった。特に日本の投稿サイト「2ちゃんねる」に多くの情報が集まっており、クジラのアルビノであるとか、いろいろな憶測が飛び交っていた。
このロボットは四肢を持ち、指まで持つものがある。人魚のようなフィン/大きい尾を持つものもある。
動画では鼻のない、目と口だけの顔が映っている。
姿が人間のようである事からNingen(日本語で「人間」の意味)という名前が付けられていた。
目撃情報によりマチマチだが、情報を総合すると、
巨大人間形ロボットNingenの大きさは約30mであるようだ。

gfrdfdhffd pc








【未確認生物 UMA「ニンゲン」】
日本・最大級の掲示板"2ちゃんねる"などで体長 数十メートルもの未知の巨大生物が1990年代に日本の捕鯨調査船により密かに南氷洋(南極海)で目撃されていたと噂された。
その巨大生物は、真っ白な皮膚と その形状から"ニンゲン"と呼ばれた。
典型的な都市伝説の産物と思われていたニンゲンだが、意外にも実在の生物であることが判明したのである(ただし、上記の"ニンゲン"の発見・情報 自体はフェイクだったのであるが)。
ハワイ在住の UMA 研究家エドワード・J・スミスによると、アメリカ軍がニンゲンの幼体(ようたい)の捕獲に成功していると言う。
しかも、驚くのはその生態である。
なんとニンゲンは空を飛ぶ能力を備えていると言うのだ。
事件が起こったのは1999年1月10日、アルゼンチン軍が南氷洋のホープベイ沖を南極海域・貨物船マルコス号で航行していた時のことだ。
突如、船体に衝撃が走り、速度が落ちた。
何かがスクリューに絡まったらしい。
幸いにして、航行に大きな支障はなく、そのまま調査を続行しようとしたところ、異変が起こった。
沖合い数百メートルに突如、白い物体が出現したのだ。
乗組員(のりくみいん)は最初、クジラかと思ったらしいのだが、良く見ると頭部の形が少し違う。
しかも、顔の両サイドには太い腕のような部位があり、明らかにクジラではない。
未知の生物に違いないと判断した乗組員(のりくみいん)達は、とにかく怪物の後を しばらく追跡してみることにした。
ところが、だ。
敵が追いかけて来たと思ったのだろう。
怪物は泳ぐスピードを上げ、その上体を起こした。
その瞬間、なんと怪物は、そのまま空中に飛び上がったのである!!。
あたかも調査船の乗組員(のりくみいん)を あざ笑うかのように、まるで巨大な風船のようなニンゲンは徐々に高度を上げ、どんどん遠ざかって行き、ついには視界から消えてしまったと言う。
ニンゲンとの遭遇後、付近の海面に大きな白い肉塊が浮かんでおり、これを調査船は回収したと言う。
恐らくニンゲンが船のスクリューに接触した際、身体の一部を もぎ取られたのだろう。
データを入手したアメリカ軍の専属・科学者の見解によると一種の軟体動物であり、ウミウシのような生物だと言う。
また、脳神経の中枢部で発生させたプラズマで体全体を包み、空中を飛翔(ひしょう)してるらしい。
≪参考書籍≫
『ムー』(2010年5月号){<発行所>滑w習研究社}(<目次名>ネオ・パラダイム ASUKA 南氷洋の UMA 「ニンゲン」が空を飛んだ!! <文>飛鳥 昭雄(あすか・あきお)+三神たける)参照.

近未来・予言集”Pandora の扉”
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/8237/
http://pleiades1335.x1xhosting.com/




pp6519990000544.jpg
ムー2010年5月号より







posted by datasea at 16:54| Comment(0) | 牛 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

予知情報


(海の異変)再び北海道の港に大量のイワシ
3日に「北海道の海岸に大量のイワシ」のニュースが報じられたばかりですが、今度は北海道の浦河町(えりも岬の近く)で、また大量のイワシが打ち上げられました。次は我が地元の港かもしれません。
「低気圧の影響か?」なんて言ってますが、低気圧や台風なんかは年がら年中発生しています。漁師さんが、「こんなの初めてだ」と驚いている異常現象が起きるはずがありませんよ。
北海道、港にまた大量のイワシ むかわに続き浦河でも北海道浦河町の浦河港に6日未明、大量のイワシが押し寄せているのが見つかった。北海道では、同町から約80キロ離れたむかわ町でも3日から4日にかけて海岸沿いに大量の死んだイワシが漂着しているのが見つかったばかり。
浦河町によると、押し寄せていたのは体長約20センチのマイワシ。イワシの中には生きているものもいて、浦河港では6日午前、浦河漁協の関係者らが網ですくい上げるなど回収作業に追われた。
同町の水産商工観光課は「3日に接近した低気圧の影響で、イワシが冷たい海水を避けて港に逃げ込んだのではないか」と話している。(11/6 東京新聞)

MU(ムー)のブログ
http://agnes2001.blog.fc2.com/
posted by datasea at 01:04| Comment(0) | 牛 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

予知情報

「ビーグルちゃん」の行動を太陽フレアで検証してみた
2011/12/04 01:28
次は動物を太陽フレアの観点から検証してみる。ネタ元は2ちゃんのここ→ 【動物地震予知】 ペットに異変が28【場所必須】
まずは最近有名で、煽りに負けて消えた「ビーグルちゃん」から検証してみよう。「ビーグルちゃん」の書き込みから
24 :M7.74(不明なsoftbank):2011/11/25(金) 20:49:57.06 ID:DvSY0OEj0
>>20
了解です。
またぐちゃぐちゃ始まったら報告しますね。
今日25日はぐちゃぐちゃなしでした。
>>21
どうだろう・・。
判断が難しいとこだな。
まぁまだぐちゃぐちゃが収まって間もないので警戒は続けておいたほうがいいとは思う。
311の時は、正確には2月末から3月9日ぐらいまでは連日ぐちゃぐちゃしてたからな。
その間に震度5以上の地震は3月9日の福島の震度5のみ。
311並の大地震の場合は、ぐちゃぐちゃしてもその間に震度5以上の地震はあまり起こらずに
エネルギーためておいて、連日カリカリした後にドンッと来そうな感じだなぁ。なんとなく。
>11月15日-18日ぐちゃぐちゃ
>11月19日-22日ぐちゃぐちゃにせず落ち着く→20日21日に茨城広島などで震度5以上)
>11月23日ぐちゃぐちゃ      →24日に北海道で震度5弱
11月24日ぐちゃぐちゃせず
11月25日ぐちゃぐちゃせず
53 :M7.74(不明なsoftbank):2011/11/27(日) 01:56:27.27 ID:4scLgpPP0
ならず者ビーグルちゃん、26日もぐちゃぐちゃせず・・
三日連続だな。
69 :M7.74(不明なsoftbank):2011/11/28(月) 08:53:02.46 ID:JTJacIHf0
シーツぐちゃぐちゃビーグル飼い主です。
昨日27日は、シーツぐちゃぐちゃ無しでした。
これで4日連続です。
15-18日のぐちゃぐちゃは20日21日茨城広島対応で、
23日のぐちゃぐちゃは、24日の北海道対応だと思うから、
大丈夫だとは思うんですがねぇ。
またぐちゃぐちゃして異変があれば報告しますね。
93 :M7.74(不明なsoftbank):2011/11/29(火) 22:37:48.09 ID:T+/aJqe80
シーツぐちゃぐちゃビーグル犬飼い主です。@大分
29日もぐちゃぐちゃ無しでした。
これで6日連続。
ただちょっと柱ガリガリしたり、興奮気味ではあったが・・。
シーツは無傷でしたw
>>87
自分も最初は、ストレスでぐちゃぐちゃやっているんだと思ってたんですよ。
311前は、ぐちゃぐちゃと共に食べたもの吐いたりもしてたし。
311の時はまだ勝って3ヶ月くらいだったのでわからなかったなぁ。
地震が来ても爆睡してるシーズーちゃん可愛いw
やはりビーグルは敏感なんだろうか。
239 :M7.74(不明なsoftbank):2011/12/03(土) 20:43:33.79 ID:qdqwvtMr0
ビーグル飼い主です。
12月1日13:00シーツ派手にぐちゃぐちゃ
12月2日シーツぐちゃぐちゃなし
12月3日シーツぐちゃぐちゃなし(くしゃ程度)
もう異変があっても二度と書きこまないと思っていたけど、反響がわりとあるようなので、とりあえずまたシーツぐちゃぐちゃしたら報告しますわ。オカ板かこのスレかで。
>>218>>219さんはじめ擁護してくれた方、どうもありがとう。気持ちを代弁してもらった感じです。感謝。 どうゆうわけだか、「ビーグルちゃん」復活です、めでたい。飼い主はこのビーグルちゃんが地震を予知できると考えていますが、当たらずも遠からずです。再び太陽周期プロットでビーグルちゃんの能力を調べてみます。太陽風は4日で地球に到着しますので、ビーグルちゃんがシーツをぐちゃぐちゃした4日前の太陽の状況を検証してみます。
>11月15日-18日ぐちゃぐちゃ
>11月19日-22日ぐちゃぐちゃにせず落ち着く→20日21日に茨城広島などで震度5以上)
>11月23日ぐちゃぐちゃ      →24日に北海道で震度5弱
11月24日ぐちゃぐちゃせず
11月25日ぐちゃぐちゃせず
11月15日-18日ぐちゃぐちゃの4日前すなわち11月11日-11月14日の太陽の状況ですが、太陽風速度が変化しています。
11月11日は秒速380キロ→420キロ→380キロの変動有。
12日-14日は秒速300キロ以下-450キロの変動有。
ぐちゃぐちゃにせず落ち着く19日-22日の4日前は15日-18日ですが、15日秒速400キロで安定。16日秒速450キロで安定。17日440キロで安定。
18日は400キロで安定です。微妙に太陽風速度は変化していますが1日の間でのゆれ幅は小さいです。
11月24日-25日ぐちゃぐちゃせずの4日前、11月20日-21日、秒速300キロ以下で安定。
12月1日13:00シーツ派手にぐちゃぐちゃ
12月2日シーツぐちゃぐちゃなし
12月3日シーツぐちゃぐちゃなし(くしゃ程度)
これの4日前は11月27日-29日、12月1日13:00シーツ派手にぐちゃぐちゃの4日前、11月27日は太陽風速度秒速380キロ-490キロ、変動有。
12月2日シーツぐちゃぐちゃなしの4日前11月28日は、秒速400キロで安定。
12月3日シーツぐちゃぐちゃなし(くしゃ程度) は微妙ですが、4日前の11月29日になる直前に、短時間で秒速400キロ-520キロで太陽風が変動していますのでこれを感知して(くしゃ程度)をした可能性があります。最後に「311の時は、正確には2月末から3月9日ぐらいまでは連日ぐちゃぐちゃしてたからな。」ですが 、2月末から3月6日まで秒速300キロ以下から700キロまで極めて大きい太陽風速度の変化がありました。ただ、太陽風の変動から見て、ぐちゃぐちゃが終了したのは3月10日だと思うのですが。これらの検証結果から極めて高い精度で「ビーグルちゃん」は「太陽風速度」の変化を感知しています。よって私はビーグルちゃんに「太陽風速度変動探知犬」の称号を授けたいと思います。
ビーグルちゃんの地震探知の性能ですが、太陽フレア発射後、太陽風速度は急激に上昇するので、間接的かつおおざっぱに地震を予知できるでしょう。ただし、太陽風の速度低下でもシーツぐちゃぐちゃをやってしまうので、細かい地震探知は不可能です。ですので、地震予知を前提とした書き込みはしないほうが良い。とはいえ、このようなビーグルちゃんの超感覚は並みの犬では持っていないでしょうから、
「うちの犬、太陽風速度変動探知犬なんですよ。超感覚犬なんです。」
と近所や親戚におおいに自慢することは良いことだと思います。
それではビーグルちゃんと飼い主のご健勝をお祈りします。

◎太陽地震予報官のブログ
http://gori10.iza.ne.jp/blog/entry/2529298/


posted by datasea at 02:30| Comment(0) | 牛 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする