2019年10月30日

princeofwales1941: 映画「天気の子」は東京水没の予言詩〜江戸川区水害ハザードマップ表紙「ここにいてはダメ」の意図は何か


princeofwales1941: 映画「天気の子」は東京水没の予言詩〜江戸川区水害ハザードマップ表紙「ここにいてはダメ」の意図は何か
■小説 天気の子のあらすじ!読んだ感想やネタバレまとめ! | カサレリア大通り
執拗に降り続く雨により関東平野は広く水没していて、東京都の面積の1/3が今では水の下
日本の首都は今でも東京
人々はより西方に移り住んでいた、
これほど気候が変わっても人々は、当然のようにこの土地に住み続けていた
大学は農学部、気候が変わってしまった今の時代に必要なことを学びたかった
<中略>
山手線は環状線ではなくなっていて水没地域を挟んで C字型に途切れている、それぞれの先端に当たる巣鴨駅と五反田駅からは各地への水上バスが出ていた

Oodoori
https://oodoori.com/5084

国際情勢の分析と予測
https://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/143753f716b03c8984448ec205026643?fm=rss







Screenshot_20191031-034608.jpg


Screenshot_20191031-034503.jpg


「天気の子」の東京水没や「ここにいてはダメ」との江東五区水害ハザードマップの意図は何か?
19/08/24
江東5区広域避難推進協議会の検討結果について|葛飾区公式サイト
東京東部低地帯に位置する江東5区(葛飾区・墨田区・江東区・足立区・江戸川区)は、平成27年10月に大規模水害時の避難対応を検討することを目的として「江東5区大規模水害対策協議会」を設置し、平成28年8月に「江東5区大規模水害避難等対応方針」としてとりまとめを行いました。さらに、広域避難の具体化に向けた課題への検討が不可欠であることから、平成28年8月に「江東5区広域避難推進協議会」を設置し、関係機関と連携して検討を進めてきました。このたび、大規模水害による犠牲者がゼロになることを目指し、現段階で江東5区が取り得る対策をまとめた「江東5区大規模水害ハザードマップ」及び「江東5区大規模水害広域避難計画」を策定しました。
委員葛飾区長、墨田区長、江東区長、足立区長、江戸川区長アドバイザー片田敏孝 東京大学大学院情報学環特任教授幹事会江東5区の部長級(危機管理担当・都市施設担当)、内閣府、東京都総務局
オブザーバー
国土交通省(関東地方整備局荒川下流河川事務所・東京国道事務所、関東運輸局)、気象庁東京管区気象台、東京都(建設局・港湾局・交通局・下水道局)、警視庁、東京消防庁、首都高速道路株式会社、東京地下鉄株式会社、
東武鉄道株式会社、京成電鉄株式会社、首都圏新都市鉄道株式会社、
北総鉄道株式会社、東日本旅客鉄道株式会社
http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/1000063/1004031/1018693.html
江東5区大規模水害広域避難計画(パンフレット) (PDF 9.4MB)
http://www.city.katsushika.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/018/693/panfu.pdf
■東京都江戸川区(@edogawa_city)さん / Twitter
東京都江戸川区@edogawa_city 6月5日
江戸川区水害ハザードマップ◆
区内の全戸に配布をした江戸川区水害ハザードマップ。多くの方から反響をいただきました。自然災害に対しては、日ごろから家族で避難時の行動を話し合っておきましょう。
https://twitter.com/edogawa_city
■江戸川区水害ハザードマップ 江戸川区ホームページ
「ここにいてはダメです」と表紙に書かれ、反響を呼んだ江戸川区水害ハザードマップ
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/e007/bosaianzen/bosai/kojo/kanrenmap/n_hazardmap.html
「ここにいてはダメ」ハザードマップに困惑 異例の呼びかけ 危機感が - 特集ダイジェスト - ニュースウオッチ9 - NHK 2019年6月5日(水)
深川仁志リポーター
「今回、江戸川区が発表したハザードマップ。
住民の皆さんへの説明会が行われます。」
昨夜から始まった住民説明会。なぜ、「ここにいてはダメです」という異例の表現を使ったのか。
江戸川区の防災担当者が強調したのは、大規模水害時に区が置かれる厳しい状況でした。
江戸川区の防災担当者
「ひとたびとんでもない豪雨や台風に襲われたなら、とても深く水につかり、水も2週間もひかないなど、区民の命を脅かす事態となってしまう。」
ただ、住民からは戸惑いの声が。
住民
「『区外に逃げなさい』と言われてもどうしたらいいのか。」
住民
「『個人で逃げなさい』と(ハザードマップ)作りましたから、こうなるから『逃げなさい』と言っても、まずうまくいかないだろう。」
70万人が住む江戸川区。西に荒川、東に江戸川、南に東京湾と、水に囲まれています。しかも、区内の7割が海水面より低い「海抜ゼロメートル地帯」です。
今、心配されているのが、地球温暖化による台風の巨大化です。猛烈な台風が江戸川区を襲ったらどうなるのか。想定される最大規模の豪雨や高潮が発生した場合、江戸川区のほぼ全域が浸水。中には、建物の3階から4階にあたる5メートル以上の浸水が発生するとされた地域も。区内の広い範囲で1週間から2週間以上の浸水が続くとされています。
さらに、被害は周辺にも及びます。江戸川区を含む荒川流域の5つの区の被災者は、最大250万人にも上ると想定されているのです。
このハザードマップ。過去には、想定とほぼ同じ被害が発生したケースが多くあります。
去年(2018年)の西日本豪雨で51人が死亡した岡山県倉敷市真備町。市が豪雨の前に発表していたハザードマップでは、こちらの赤いエリアで浸水が想定されていました。実際の浸水範囲を重ねてみると、ほぼ一致していたことが分かります。
では、江戸川区に暮らす70万人はどのようにして区の外に避難すればいいのか。
区が打ち出しているのは、早期の避難です。
氾濫が予想される72時間前から、周辺の区とともに住民の避難についての検討を開始。
48時間前には、避難の呼びかけを開始します。
避難先は、神奈川県や茨城県なども想定。
その上で、避難場所は親戚や知人の家、宿泊施設、さらには勤め先など、それぞれ各自で確保してほしいというのです。
自治体が避難場所を設定せずに、他の自治体への避難を求めるのは異例のことです。
江戸川区 防災危機管理課 本多吉成統括課長
「行政が避難場所を指定していないことに、お叱りの言葉をいただくこともあるが、区民の命を守ることが優先される。
今から自身で避難場所について、家族で考えながら、検討してもらいたい。」
https://www9.nhk.or.jp/nw9/digest/2019/06/0605.html

江東区
http://www.city.katsushika.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/018/693/panfu.pd

国際情勢の分析と予測
https://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/143753f716b03c8984448ec205026643?fm=rss



■やはり1位は東西線、首都圏の鉄道「最新混雑率」 | 通勤電車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 2019/07/19 5:00
国土交通省は7月18日、2018年度の都市鉄道の混雑率調査結果を公表した。混雑率1位は2017年度と変わらず、東京メトロ東西線・木場→門前仲町間の199%。180%を上回る路線は11路線、東京圏主要区間の平均混雑率は163%で、いずれも前年度と同じだった。
結果を基に集計すると、今回のワースト5は
1位が東西線、
2位がJR横須賀線の武蔵小杉→西大井(197%)、
3位がJR総武線各駅停車の錦糸町→両国(196%)、
4位がJR東海道線の川崎→品川(191%)、
5位は日暮里・舎人ライナーの赤土小学校前→西日暮里(189%)
となった。
今回も1位は東西線
すっかり「日本一の混雑路線」として知られるようになってしまった東京メトロ東西線。2018年度も混雑率は前年度と変わらず199%でワースト1位となった。国交省の目安によると、混雑率200%は「体がふれあい相当圧迫感があるが、週刊誌程度なら何とか読める」レベルだが、実際にはそんな余裕はないと感じている人が多いのではないだろうか。東京メトロは同線の混雑率を180%以下に抑えることを目指し、駅や施設の大規模改良を進めている。列車増発を可能にする飯田橋―九段下間の折り返し設備の整備や、ホームと線路を1本ずつ増やして列車を交互に発着できるようにし、遅れと混雑の緩和を図る南砂町駅の改良工事などだ。ただ、2015年度の事業計画では飯田橋―九段下間の折返し設備の整備が2019年度、南砂町駅の改良は2020年度の完成予定だったが、今年発表した中期経営計画では供用開始の時期がそれぞれ2025年度、2027年度に延びた。
https://toyokeizai.net/articles/-/292868

国際情勢の分析と予測
https://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/143753f716b03c8984448ec205026643?fm=rss






私が今気になっているのはアニメ「天気の子」である。映画が2019年7月19日に封切りされ話題を呼んでいるらしい。私は時間が無く映画も見ていないし小説(7月18日発売)もコミック(7月25日発売)も児童文庫(8月9日発売)も読んでいないのだが、小説のあらすじが実に興味深い。執拗に降り続く雨により関東平野は広く水没していて、東京都の面積の1/3が今では水の下、山手線は環状線ではなくなっていて水没地域を挟んで C字型に途切れている、それぞれの先端に当たる巣鴨駅と五反田駅からは各地への水上バスが出ていたというのだ。地殻変動や海面上昇がない以上都下(多摩地区)が水没することは考えにくく、水没した3分の1というのは東京23区と思われる。五反田はよいとして、高台の巣鴨駅は港を作る場所が無いので、近隣だと駒込か田端〜上野間が適切な気がするが、この二つの地名に何か意味があるのだろうか?また、このような大規模な水没が起きると東京都心部のオフィスビルや上野・東京・品川の新幹線駅・リニア駅が全て利用不可能になってしまう。そのような危険な品川の大深度地下に日本政府がリニア駅を建設するとは思えない。水没の規模と期間は誇張されていると思われる。
日本の首都は今でも東京とのことだが、私が従来から予想している京阪奈京への還都や江戸の旧名への復帰という未来を公表するのは時期尚早ということだろうか。人々はより西方に移り住んでいた、これほど気候が変わっても人々は、当然のようにこの土地に住み続けていたというのは、水没した地域の住民が京阪奈京を含む西日本では無く武蔵野台地に移住したことを示唆している。
単なるアニメになぜそんなに真剣になるのかと笑う人もいるだろう。しかし、2018年8月22日に公表された江東5区大規模水害ハザードマップでは水害時の江東5区からの脱出による避難を住民に呼びかけているのは単なる偶然では無いだろう。そして、驚くべきことに、避難先の確保については行政は責任を持たないというのだ。これはあまりに無責任である。避難計画を立案することは不可能では無いはずだ。自衛隊を動員し、政府の権限で江東五区の企業を全て休業、公立学校も全て休校させ、江東五区の公務員と公共交通機関を政府命令でフル回転させることは可能と思われる。また、政府命令で南関東の国公私立の学校等の体育館を強制収用してそこに250万人の避難民を収容すれば良いのだ。それが出来ないのならば、江東五区は本来は市街化調整区域にして住宅の建設を阻止するべきだったのだ。しかしながら、戦後の日本政府は江東五区に鉄道新線建設や複々線化を行い、高層集合住宅を含む多数の住宅を建設することを推進して膨大な人口を居住させてきた。大江戸線環状部建設・つくばエクスプレス建設・半蔵門線押上延伸・日暮里舎人ライナー建設、千代田線綾瀬北綾瀬間支線の本線直通化など、西暦2000年以降も江東五区への居住誘導は継続されている。
江東5区大規模水害ハザードマップには謎が多い。板橋区・北区・荒川区・台東区・千代田区・中央区・港区などの隅田川以西地域にも広い低標高地域があり、洪水や高潮での重大な浸水被害が予想されているのにこれらは放置されている。荒川区などは浸水しない地域は道灌山などごく一部であり水害の危険性は江東五区と大差ない。千代田区や中央区、港区の浸水危険区域も恐らく百万人単位の昼間人口を有しており、水害時にはこれらの地域の職場を強制的に業務停止させたり昼間人口を脱出させたりする必要が出てくるのにそれは触れられていない。この矛盾した政策の目的は何だろうか?
そこで私が注目するのは、今年6月に江戸川区が公表したハザードマップである。江戸川区だけを取り上げて「ここにいてはダメです」と避難の必要性を警告している。「ここにいてはダメ」というのは、江戸川区に居住すること自体を否定している様にも聞こえる。江東五区大規模水害ハザードマップでも五区の区役所中で江戸川区役所が水没するイラストのみが提示されている。これは、江戸川区を特に狙って居住者に居住継続の再考を促す意図とも考えられる。今後は江戸川区に居住する学生や勤労者、江戸川区の病院に通院ないし入院する患者について、大規模水害時の避難先の確保と詳細な避難計画の役所への提出を義務づけるといった政策が実行される前兆かもしれない。
江東五区には西暦2000年以降に大江戸線環状部建設・つくばエクスプレス建設・半蔵門線押上延伸・日暮里舎人ライナー建設、千代田線綾瀬北綾瀬間支線の本線直通化などにより多くの新駅設置を含めた居住誘導が行われている。しかし、それらは全て荒川以西の墨田・江東両区と海から遠い上流寄りの足立区に属する。荒川以東では葛飾区の新駅は1991年開設の北総線新柴又駅が最後である。江戸川区に至っては、1986年の都営新宿線延伸による船堀、一之江、瑞江、篠崎駅開設、1988年の京葉線開業による葛西臨海公園駅開設が最後である。乗客増加にも関わらず鉄道輸送力の増強がないために、東京メトロ東西線やJR総武線快速、総武線緩行の混雑率は首都圏の上位10位前後に含まれる状態になっている。更に、川崎から汐留に至る東海道貨物支線の旅客化、つくばエクスプレスや東急目黒線の様な列車長編成化などの輸送力増強の可能性や計画もない。横田基地を封じ込めるためと思われるJR中央快速線の混雑や並行する京王本線・西武新宿線の複々線化見送りによる通勤時間帯の所要時間増加を除くと首都圏の主要鉄道路線は着実に線増による輸送力増加が行われているのに、江戸川区では30年間以上それが行われていないのだ。これは、水害の危険性を理由に住民の転出を推進する計画があるために鉄道の増強を見送ってきたことを示唆する。
江東五区の中でも墨田区や江東区は江戸時代からの市街地を有しており、江戸の文化を継承する地域として維持される必要があると思われる。また、足立区は上流に位置する為に高潮の危険は無く、洪水時にも予想浸水期間がやや短い。しかし、葛飾区や江戸川区には江戸時代の文化的遺産も無く、洪水時の予想浸水期間はやや長い。特に江戸川区は東京湾と江戸川と荒川に挟まれた事実上の川中島であり、洪水でも高潮でも大きな被害が予想される。江戸川区に標的を絞った住民の転出推進計画を住民の反感を増幅させないように注意しながら実行する意図と想像する。
原発立地道県では原発事故時の避難計画の必要性を県庁・道庁が認識している。これは実際に避難を行う目的では無く、原発事故により故郷が福島県のように大打撃を受けることを住民に理解させて原発の危険さを周知し将来の廃止につなげるための世論醸成が政策目的と思われる。同様に、東京都は江戸川区に特に焦点を当てて水害防止を目的に住民の転出を推進する意図と思われる。将来的には江戸川区は大部分を無人の遊水池や農地に転用するのが望ましいと思われる。

国際情勢の分析と予測
https://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/143753f716b03c8984448ec205026643?fm=rss






















posted by datasea at 22:08| Comment(0) | # 詩・小説・著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

2019年10月20日

[漫画] Water World(1995) 〜全地球が海で覆われた数百年後の世界

[漫画] Water World(1995) 〜全地球が海で覆われた数百年後の世界
Water World(1995)
原作: Max Alain Colins,
作画: かきざき和美
■あらすじ
今から数百年の後の世界,地球は温暖化現象などで極地の氷が溶けて陸地が水で覆われ,「ウォーターランド」と呼ばれる水の玉となってしまった。
幻の乾いた土地「ドライランド」を示す美少女エノーラの背中に彫られた地図の謎を巡って,海の男マリナーと大海賊スモーカーとの壮絶な戦いが繰り広げられる。
人工環礁を次々と破壊して略奪行為を繰り返すスモーカーとマリナーの生き残りをかけた戦いが始まる。。
■登場人物
マリナー: 突然変異によって鰓と水かきを持つ男。名前はなく「海の人(マリナー)」と呼ばれている。
ヘレン: 環礁にある居酒屋の美しい女主人公。
エノーラ: ヘレンの幼女。
グレガー: 人工環礁の老発明家
ディーコン: 海賊集団スモーカーのボス

g7uy46ytty pc


P_20191020_062347.jpg


P_20191020_064541.jpg


P_20191020_062332.jpg





P_20191020_063118.jpg


P_20191020_062500.jpg


P_20191020_062835.jpg


P_20191020_063825.jpg


P_20191020_062907.jpg


P_20191020_064346.jpg
posted by datasea at 10:21| Comment(0) | # 詩・小説・著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

西寺郷太: 1969年のBeatles, 革命児の最期の日々〜映画「Yesterdays」公開によせて

西寺郷太: 1969年のBeatles, 革命児の最期の日々〜映画「Yesterdays」公開によせて

それで「Apple」という会社を作りました。まさに 「Apple 」って会社をBeatlesが作った。今流行の iPhone とかも作ってる IT企業「Apple 」。創設者のSteve Jobsもこれすごい話だけど同じ名前の「 Apple 」て会社作るでしょ?「Apple Computer」て。まんまじゃないですか。せめて「Pineapple」くらいにせえよて話ですよ。
JobsがBeatlesのファンやからって,そういうレベルの話か?って話ですよ。何で同じ名前?て。
Beatlesって,DIY 精神で,素人かもしれんけど自分達で何でも作る精神があった。会社設立もそういうDIY精神です。
曲にしても,Beatlesがデビューした当時はプロの作曲家が色々いた。当時は専業・分業体制が常識で,
作曲・編曲・作詞・演奏とみなそれぞれ専門家が分業で作っていた。それを全部自分らで作るっていう,当時の常識で考えられない事をやってのけたのがBeatlesです。
ーライムスター歌丸のAfter6Junction, TBSラジオ,Android文字おこし

ty6uy56uyt5455 pc











ノーナリーブス・西寺郷太presents洋楽スーパースター列伝〜1969年のBeatles
西寺郷太
2019.10.14
ということで西寺郷太ポップミュージックショウ開設企画/洋楽スーパースター列伝です。
80年代終わりの1989年秋にリリースされたJanet Jackson「Control」の「Rithm Nation」が後の1990年代の音楽シーンを形成してゆく。というところでリリース30周年なんですよね。最近は80年代中〜後半の音楽界を切り取る列伝をお送りしてきたんですが,今夜それを一旦お休みしました。了解ですね。
今回通常の「洋楽スーパースター列伝」で何がメインのコンテンツかよくわからないが,ちょっともう10年ぐらい経った時に全てが分かるから 途中になってるシリーズ! まあちょっと今年中に完結できないという所で。1960年代の何かこう渦巻く世界。「1969年のBeatles」です。
■1969年という年
アルバム「Abbey Road」のジャケットではメンバー四人が全く別々の服装してるんですけど,真っ白なスーツを着て先頭を歩くJohn Lenon,Ringo,右手にタバコを持って,カジュアルなスーツで裸足で歩いてたPaul McCartney。その後ろ・一番後ろを歩くGeorge Harrison。ジーンズのデニムの上下を着てるGeorgeの格好なんかまさに1970年代を象徴するファッションです。その後の1970年代のスタイルの原型が1969年のアルバムにあったという気もします。前を歩く三人が着ていた服はたまたま同じメーカーだったらしいですね。映画「Yesterday」公開直後の今日の特集はBeatlesです。
1969年。実質この年にBeatles解散。バンドとしての形を終えるっていう一年なんですけど,この年もなんやかんや忙しくヒット曲も連発してまして, 1969年と言うと僕もまだ生まれてないんですけど,人類が月に月面に最初に着陸した年。アポロ11号が月面に到着したのは7月24日。
ウッドストックコンサートっていうロック史に残るエポックメイキングなコンサートが8月15日〜17日に行われたり,Michael JacksonがJackson5でこの時期に準備してデビューした辺りの年ですね 。Led Zeppelinがアルバム「Led Zeppelin II 」で頭角を現し後のハードロック・シーンを牽引していくという時期でもあります。
一方,グラムロック・シーンではDavid Bowieがアルバム「Space Odyty」をリリース。これが1969年7月11日 ですから,アルバムリリース後10日か2週間ぐらいで人類が月に到達するという時期を予測してのリリースだったのでしょう。その前年には映画「2001年宇宙の旅」が公開されたりと。まあもうすぐ人類が月に行くってことで盛り上がってたっていうような時期ですね。
以前に「1968年のBeatles」って話したんですけどその年のにBeatles は「The White Album」 という名作をリリースしてます。2枚組でいっぱい曲入ってたんですけど去年そのリマスター版が出たんで,特集させてもらいました。今回は「Abbey Road」の50周年記念版がリリースされたのでこの話をしているという感じで,その意味でも特集しました。
■1968年のBeatles
1968年,Beatlesはメンバー全員でインドに行ったって話覚えてるかもしれませんが。インドでダラダラしてたんだけど,ダラダラしてたらもう曲ばっか出来ちゃって。メンバーはマハリシ・マヘーシュ・ヨーギー に心酔してた。すごい人だ。って。すごい聖人だって。でもヨーギーが若い女の子に手出した話になって,「あいつただのエロヤンキーか」みたいな感じでインドから帰ってきて。
それで「Apple」という会社を作りました。まさに 「Apple 」って会社をBeatlesが作った。今流行の iPhone とかも作ってる IT企業「Apple 」。創設者のSteve Jobsもこれすごい話だけど同じ名前の「 Apple 」て会社作るでしょ?「Apple Computer」て。まんまじゃないですか。せめて「Pineapple」くらいにせえよて話ですよ。
JobsがBeatlesのファンやからって,そういうレベルの話か?って話ですよ。何で同じ名前?て。
Beatlesって,DIY 精神で,素人かもしれんけど自分達で何でも作る精神があった。会社設立もそういうDIY精神です。
曲にしても,Beatlesがデビューした当時はプロの作曲家が色々いた。当時は専業・分業体制が常識で,
作曲・編曲・作詞・演奏とみなそれぞれ専門家が分業で作っていた。それを全部自分らで作るっていう,当時の常識で考えられない事をやってのけたのがBeatlesです。
その後Johnは日本人のYoko Onoさんという方と仲良くなったり,1968年に「Hey Jude」って曲が出たり,インドで作ってきた楽曲を中心に2枚組アルバム「The Beatles」を作ろうとしたり。
プロデューサーのGeorge Martinに
「ちょっとしょうもない曲もあるから減らしたら?名曲だけのスーパーアルバム作ろう」
って言われたら
「嫌や,全部俺の曲・誰の曲入れて2枚組アルバムにしよう」
って言って作ったアルバムが1968年11月22日に「ホワイトアルバム」としてリリース。大ヒットしました。
■1969年のBeatles
年が明けた1969年1月2日になって四人が久々に集合します。その時何をしたかと言いますと,1969年の間には実は発表されずに1970年になってから発表される「 Let It Be」 というアルバムのレコーディングを開始します。この時点ではアルバムになるとは思ってませんね 。製作段階のアルバム名は「Get Back」とか色々言われてたんですけれども。
映画にする為の撮影ドキュメントフィルムを作ったりしながら,謎のいろんな曲をリハーサルしてる場面からビデオに収めようと始めたんですけど,この頃段々メンバーが仲悪くなっていて,喧嘩してるシーンとかもカメラに収まってます。
映像はPaulのアイデアで,メンバーがそれにのった形でしたが,「もう嫌やわ,こんなもんカメラが入ってたらもう落ち着かんわ」言ってまた喧嘩が起こるんですね。でもこの一ケ月間に「Get Back」他いろんな曲がセッションで出来ていきます。
3月22日にギタリストのGeorge Harrisonが自社Apple社のロビーでBilly Prestonという黒人名キーボーディストを見つけるんですね。Billyはアメリカ人で観光でイギリスに来てたんですけど
「Billyこんなところで何しているんだ」
と言うと
「ちょっと遊びに来てたんや」
と。下積みハンブルグ時代って,ドイツのハンブルグっていう街でBeatles下積みのバンド活動してたんですね。Billy Prestonはそん時に一緒に演ってたキーボーディストです。
「久しぶりやないか,Beatlesのバンド,今じゃめっちゃ仲悪なって空気悪いから来てくれ」
って言うので「俺行く」なった。
一方Beatlesは「Billyが来た!」って,仲悪かったんだけど「お前来てくれたら最高や」ということで,
1969年の4月11日に発表されて全米ナンバーワンになります「 Get Back 」という曲が完成します。
「じゃあ何か目立つような映像欲しいな」
なって,ビルの屋上ライブが立案されます。街中のビルの普通の屋上で演るんで,下の路上からは見えなかったんですけど,これが実はバンドとして一般聴衆の前で最後に行なった演奏だとされていまして,1969年1月30日の酷寒・めっちゃ寒くて聞けへんわみたいな状況ですが,ものすごい数の聴衆が集まります。この映像が後の映画「Let It Be」のラストシーンで半分ぐらいが使われます。
3月にPaulとLinda McCartneyが結婚したりして公私ともに忙しくなります。Johnは結婚してたんですけど離婚。Yokoのこと好きになって離婚。裸になってみたりとか色々やって,まぁ叩かれたりもしてたんですけど,なんのなんのこっちゃ。前妻とは話し合って結局は結婚しました。
その時期,1月に録った大量のテープをJohnはGreen Johnsonという人に委ねて,アルバム収録を依頼します。途中までで終わってる曲とかもあるし,大変だったでしょうね。
1969年4月14日。もう1回レコーディング始めようかということで,レコーディングしてたのが「 the BALLAD of John and Yoko」。この曲はJohnとPaulが二人きりで録った曲です。ビデオには演奏する四人のメンバーが映ってます。Beatlesの映画の中でもRingoっていう方は主役級のキャッチーなアイドル性のある方だったんだじゃあないか。海外ってことでツテもおらんかったから「俺の曲でドラム叩いてくれ」ってJohnが頼むんですな。「エエよ」ということで,まるでJohnとYokoの日記のような歌詞のバラード曲を二人で録った時もRingoがドラムを叩いてる。Paulも参加。Georgeいないんですけど。
「the BALLAD of John and Yoko」はシングルとして5月末にリリースされまして全米8位。Beatlesのシングルとしてアメリカでは最低ランクだったのですが。でもJohnとPaulのこの時期の仲は別にそんなにめちゃくちゃ悪いわけでもなかったんちゃうかなと思ってしまう。
そしてこの5月4月あたりにBeatlesもちょっと一回仕切り直して,という空気になった。
George Martin。デビュー当時からプロデュースに参加,「5人目のビートルズ」と言われたプロデューサーです。彼と一緒にもう1回新しいアルバムを作ろうよって案が出た。そして結果的に横断歩道のジャケットで有名なアルバム「Abbey Road」のセッションが始まりました。
I want you, Something, Oh-Darling, Octopus Garden, You Never Give Your Money
という曲をまずレコーディングするんですが,もうどれもすごい曲なんですが,Paul McCartneyがその時に同時進行していたのがMery Hopkinsのアルバムです。可愛らしい女の子。60年代を代表するモデルですが,そのプロデュースをした時にPaulは「 Goodbye 」という曲をプレゼントしたんですね。
今から50年前にPaulがアレンジャーとして参加した「Goodbye 」。この曲でPaulが叩くドラムの音を聴いていると,Ringo Starrの替わりもできたんだって思っちゃう。これがまた,バンドのバランスも凄すぎて,
「Paul,お前が全部演ったらええんちゃうん」
っていう話で。Paulの才能が全ての楽器において凄すぎたっていう事が,ある意味Beatlesのメンバー間のバランスを奪っていた一面。どのパートもハイレベルでこなせる才人がいるちゅうのは,ありがたいことなんやけど。他のメンバーからするとちょっとね。
特にGeorge HarrisonとRingoは年齢が下だったという背景もあり,また先輩JohnとPaulが凄すぎて自分達では曲を作っていない。10代の頃の1歳差・2歳差ってでかいじゃないですか。しかしBeatles活動後期からどんどん先輩に追いついて,このAbbey Roadで大爆発するGeorge Harrison。
今聴いても素晴らしい曲を作ってたっていうのが,まあそのBeatlesとしての活動を続けながらも,個々が楽曲を作る,そんなことをやってる気さくな四人だったよということなんですが。
「Come Together 」って曲はJohn Lenonが中心になって書かれた曲で,作曲者のクレジットはLenon&McCartneyってなってます。Beatlesの曲の多くがこのクレジットです。
アルバム「Abbey Road」2曲目のSomethingという曲はシングルとしては初のGeorge Harrisonの曲で,しかもシングルカットされて世界的にも大ヒットします。これはBeatlesの曲全部の中でも屈指のヒット曲です。ラジオのオンエア再生回数だったり,カバーされた曲という意味で,Beatlesの代表曲の一つになっております。
イギリスの港町に生まれ集まった4人の若者。その4人がそれぞれ若い頃に切磋琢磨して刺激を与えたっていうところがあると思うんですけれども,特にJohn LenonとPaul McCartneyという二人の先輩の凄さに,バンド活動の前半は圧倒されていたGeorge Harrisonが,しかし後半になって,どんどん才能を磨いてゆく。
そしてBeatles活動の最後の年である1969年にはシングル曲を書くようになります。結果Beatlesの曲の中でも指折りの代表曲「Something」という作品につながってゆく。そしてそれを録る際のベースの音色や,いろんなところでメンバーが支えて,一方Ringoのドラムは最高ですし。バンドのメンバーは仲が悪くなってゆく中で,しかしそれぞれが曲を良くしようとせめぎ合う。それが1969年のBeatlesの姿だと思っておりますね。
■疲弊の先の決断
Beatlesが解散した理由は諸説あると思うけど,解散前に作った会社「Apple」。会社を作った当初は夢に満ちていた。ミュージシャンのための会社を作るんだというアイデアのもと,世界中から面白いデモテープを募集したけど,まァろくなミュージシャンが見つからなかった。ミュージシャンが会社を経営するという事はこの当時は初めての事で,一方会社経営の上で誰を財務担当にするかで結構揉め事が起きて。。その頃いろんなバンドの世話をしていたAlan Clainに財務管理を任せたいという案がでる一方で,Paulは「この人では嫌だ」とか。そういうその会社の庶務によりメンバーは疲弊してゆく。
Beatlesの周りを回っていた莫大な資金。1967年あたりまではこれをBrian Epsteinというデビュー当時以来のマネージャーが行なっていた。でも彼がいなくなり,メンバーがインド行ったりして,なんやかんやしてる間にメンバーそれぞれに奥さんができて,奥さんの意見もある。「俺は嫁といるほうが楽しい」「俺もソロ活動始めたい」とかいろんな意見が出る中で,会社が絡んで弁護士が絡んで険悪な空気になっていった。
Paul対他の三人みたいな関係になったり,一方Paulは「弁護士が信用できない奴だぞ,お前ら騙されてる」って言うし,一方でPaulの親族みたいな人が来る「いやいやPaulの奥さんの仲間にヤバいヤツがいるよ」とかそういうことでBeatlesがギクシャクしていた。 そんな中で作ったアルバムが「Abbey Road」。
■バンド最後の日
この「Abbey Road」の有名なアルバムジャケット。4人が横断歩道を歩くジャケット写真を撮ったのは1969年8月8日金曜日の朝。この日にメンバー4人が集まってPaulの提案に従いあの有名な横断歩道の写真は撮られた。
この写真にもエピソードあります。元々はスタッフにEverestっていう銘柄のタバコを吸ってる人がいて,メンバーは「次のアルバムのタイトルはEverestでええやんか」ていうアイデアもあった。でもネパールまで行ってエベレストの前で写真撮ろうって一瞬盛り上がったんですけど,
「ネパール行くのもしんどいし嫌やな」
ってなって。
「そんなもん近所で撮ろう」
って逆になって。ロック史にのこる写真はこういう経緯で決まり,そしてIan McMilanっていう方が撮影したんです。
結局1969年の8月20日夜にメンバー全員が EMI レコーディングスタジオ(Abbey Road studio)に集まる。その1969年8月20日夜が,Beatlesが全員でスタジオに集まる最後ということなんですよね。
その時期には1月にレコーディングカメラ回しながら録った「Get Back Session」や「Let It Be」やいい曲のストックはあったものの,敏腕プロデューサーGeorge Martinの指揮で進んだ「Abbey Road」のほうが先に完成。結局今から四半世紀前,1969年9月末に「Abbey Road」がリリースされる。
その後はビートルズはめったに全員では集まらなくなっていった。John LenonはGive Peace Chanceっていう曲を1969年7月4日にソロでリリース,10月20日にCold Turkeyリリースというところですね。
この時代はJohnはYokoと一緒に平和運動を始めてました。「War is Over/戦争は終わった」あたりの時期には,世界の指導者にどんぐりを二個送りつける「どんぐり運動」を始めたり,ベッドの上でインタビューなんかして,Yokoと二人の活動が目立っていった。僕らぐらい影響のあるアーチストがメッセージすることで,マスメディアもなんやかんや変なことしてるって事で,それが世界の平和につながるという。そういう平和活動がJohnにとってのメインになっていく。
1969年にはBeatlesはまだあった。でも1969年1月4日にGive Peace Chanceていう曲を出して,JohnとYokoの活動を始めていく。
8月にアルバムの曲を録り終わり,9月の終わりに入って録ったのがシングル版Abbey Roadの B 面「Long One」と呼ばれる長いメドレー形式の曲で,これが最終的にBeatlesとしての最後の作品ということになるんです。
「Long One」にJohnが作った曲の断片やPaulが作った曲の断片やを重ね合わせて四人最後の協力作品を作ったのが1969年の夏。録り溜めた余ってた曲をどうしようかなと思っていたところBeatlesが解散するってなった時に,周りのスタッフが各自持っていた曲をバラバラにスタジオに入ってアルバム「Let it be 」に収録した。それをリリースしたのが1970年5月の「Let it be 」 というアルバムです。
1969年7月には当時既に仲が悪くなってたり,色々してるメンバーのドキュメントビデオも映像作品として発表された。だから1970年もBeatlesは一応続いているんです。ですけど実際は1969年夏に四人一緒に集まる機会は終わっている。
最後のアルバム「Let it be 」には Let It Be とかthe Long and Winding Roadとか世紀の名曲がたくさん入ってました。70年代のスタートとなるはずだったシングル曲Get Backも入ってます。
日本人のファンもこの時期は何が起こったのかわからず混乱していた。今みたいにインターネットがない時代,情報は錯綜する。そういう状況でした実質的には1969年末リリースの「Abbey Road」っていうアルバムがBeatlesのラストアルバムだといわれてます。その最後にあるメドレー曲「the End」は素晴らしいメドレーなんですけど,このメドレーが一番最後のセッションという事になります。次年も続けていこうとしてたという説もあります。メンバー各自が構想していたいろんな表現が入ったこの楽曲,単にアルバムとしての「the End」の意味であったという説もありましたが,メンバーとしての最後のセッションという事になります。
Ringo Starrが初めてのドラムソロ,Paul McCartney,George Harrison,John Lenonがそれぞれギターソロを回して「the End」ということで曲で終わる。メンバーは次の活動に入ってゆきました。
ーライムスター歌丸のAfter6Junction, TBSラジオ,Android文字おこし

ty6uy56uyt5455 pc































posted by datasea at 04:43| Comment(0) | # 詩・小説・著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

2019年08月30日

有村昆: 映画「アルキメデスの大戦」にみる日本のガラパゴス癖


pp6520190820112.png

pp6520190820113.png



有村昆: 映画「アルキメデスの大戦」にみる日本のガラパゴス癖
大戦後期, 空中戦にシフトしていた戦局のなかですすむ巨大戦艦大和の建造。
時流を読み間違えてしまうと,こうも悲惨な結果になるのかと。。
ロマンはあるものの,そこに固執すると結果として負けてしまう事を痛感します。
当時の日本軍のように,時として日本のモノ作りは最高品質や世界一を追求してしまう過度なまじめさを今も継承している気がします。
「ガラパゴス化」している国内から目を外に向けて,グローバルな視点で物事をみなければいけない。。
そんな事を考えさせられるほど,この映画は,「戦艦大和」という作ってはいけない当時のタブーな存在の真実が描かれている,そんな気がしました。
雑誌GoodsPress,2019/8, 有村昆

gfdgfdg pc

















【レビュー】マンガ『アルキメデスの大戦』を読めば日本の未来が見えてくる 

YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=Ii12QxpmGPU&list=PLoKNxToDnV-pwwwfsTTtQbXqOR8GV6VC6



posted by datasea at 03:09| Comment(0) | # 詩・小説・著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

天下泰平: イルミナティカード「首都直下型地震」とAKIRA「2020年東京オリンピック」


pp6520200000110.jpg


「本来は人が住んでいなかった東京」
2016/8/8(月) 午後 7:04 日記 都市伝説
「天下泰平」さんより
「本来は人が住んでいなかった東京」
2016-08
テーマ:ブログ
http://livedoor.blogimg.jp/tackeypeace/imgs/3/a/3ac75d43-s.png
さて、都知事選は大方の予想通りに小池百合子氏が初当選となって幕を閉じました。
極右で在日朝鮮人の撲滅を目指す小池氏が知事となり、日本の朝鮮支配を東京から終わらせると期待の声もある中、この小池氏のバックにはすでに朝鮮マフィアがついており、彼女は偽善者で東京はますますカルト教団の手中におさめられるという見解もあります。
ただ、いずれにしても、今回の知事を担う人は「東京オリンピック」との関係は無視できません。
2020年の東京オリンピックは、7月24日に開幕して8月9日に閉会しますが、知事の任期は辞任などがない限りは4年間なので、小池新知事は2016年8月から2020年7月末までが任期であり、オリンピックの開催中に任期満了となります。
「オリンピックを無事に開催できるかどうか」
表向きには、そういった期待を込めての知事選となったと思いますが、この茶番劇の世界、都知事選も何もかもが裏ではシナリオができているものであり、もしも今のシナリオが「オリンピックを中止させる」というもので、その理由が「東京では開催できない」という理由であれば、この先に何かしらの理由で“崩壊する東京”を牽引する今回の知事は、ある意味ジョーカー役となるのかもしれません。
崩壊する東京・・・。
その理由は数え上げたらきりがありませんが、一番懸念されているのが「首都直下型地震」であり、
他にも自然災害であれば富士山の噴火、人の社会が生み出す原因としては、他にも世界恐慌や「第三次世界大戦」などの戦争やテロが理由となるかもしれません。
今から20年以上も前、1995年にアメリカで発売されたカードゲーム「イルミナティカード」には、これまでの20年間で起こった歴史的な出来事や事件の多くが“予言”されていましたが、その中に「首都直下型地震」と思われるカード、それも「2020年東京オリンピック」と関係している内容であるのは有名な話となっています。
銀座の和光ビルの時計塔と思われる建物が倒壊するイラストと逃げ惑う多国籍の人々。
そして、彼らの服装に使われている5色のカラー。
オリンピックが東京で開催される2020年に首都直下型地震が起こるのか、それとも起こされるのか・・・
その真相は一切わからず、そもそも本当に東京であるのかどうかもわかりませんが、それでなくとも今は「首都直下型地震」を危惧する地震の専門家なども多く、単なる予言でなくとも、いつ東京で大きな災害が起こってもおかしくはない状況です。
そして、もう1つの東京の崩壊と東京オリンピックが中止となっている予言として有名なのが漫画「AKIRA」の舞台背景。
それについては、ちょうど2年半前、舛添さんが都知事となった時に以下のような記事で取り上げました。
市民団体が舛添氏を選挙違反で刑事告発(「天下泰平」2014年2月12日)
※漫画「AKIRA」は2020年東京オリンピックを予言していた
2019年の近未来の東京が舞台となっている日本の漫画「AKIRA」は、今から30年以上前に描かれたにも関わらず、2020年の東京オリンピック開催がストーリーに組み込まれています。
果たしてAKIRAの作者は未来予知能力があって2020年東京オリンピック開催のタイムラインを知ったのか、それとも、この地球社会を牛耳っている人々の闇のシナリオプランを何かしらの事情によって知りえたのか?それとも偶然描いたことが現実となったのか?・・・真実はわかりませんが、この「AKIRAの予言」が正しければ、2019年の東京は第三次世界大戦によって一度都市が滅んでいる設定であり、新しく生まれ変わった東京湾上に構築されたメガロポリス「ネオ東京」という名前になっています。
今、日本の国政は確実に戦争国家へと突き進んでおり、このままでは都政とも一体化して日本は戦争時代へと突入してAKIRAの世界が現実化してしまう可能性があります。
http://livedoor.blogimg.jp/tackeypeace/imgs/6/7/67bf34a9-s.gif
それにしても、漫画「AKIRA」の物語の中心人物として出て来る“老人の姿をした子ども達”は、遺伝子操作によって生まれたテレパシーや空中浮遊などの超能力を使いこなせる“新人類”であり、とても単なるSF漫画とは思えないほど、リアルな近未来の世界を描いています。
AKIRAが始まった当初は2019年は30年以上も先でしたが、今では5年後の世界です。恐らく東京という都市は、これから先5年、10年以内に大きく変化するものだと思います。首都移転や様々な理由から極端な人口の減少なども起こるかもしれません。(転載終了)
今月に何かしらの発表のある天皇陛下の発言を踏まえ、本格的に表社会も大きな変革に向けて動きだすことかと思います。
縄文回帰、古代のエネルギーが再び戻っている今、都会から離れた田舎に引き寄せられるように人々が集いはじめ、もともと栄えていた地域、古代人が集った地域が活性化しはじめています。
一方で海の底や沼地であった「本来は人が住んでいなかった地域」である大都市の多くが、これまでの近代文明での必要な役割を終え、その土地の本来の姿へと戻るように、大きく変化する時期に入ったと思います。
なぜ、古代人が標高の高い山奥のエリアを好んで住んでいたのか、なぜ縄文が何千年、1万年以上も続く平和で循環できる文明を継続できたのか、その理由を現代人はしっかりと考え、今の文明に取り入れて融合させていかないと、この先のレールは谷底へと向かっていことになると思います。

プレシャンブルーの風に抱かれて
https://blogs.yahoo.co.jp/mappyhappy713
https://blogs.yahoo.co.jp/mappyhappy713/MYBLOG/yblog.html?m=lc&p=7




2020年東京オリンピックをひかえたネオ東京は,アキラが発した巨大な光球によって崩壊する
2013年10月02日20:58
富士は夜ひらく
☆中心に火集い、ひらく水
ひふみの火水とは結ぞ、中心の神、表面に世に満つことぞ、
ひらき睦び、中心に火集い(原子炉)、ひらく水(汚染水)。
神の名二つ、カミと神、世に出づ(カグツチ出産とヒルコ出産)。
早く鳴り成り、世、新しき世と、国々の新しき世と栄へ結び、成りひらく秋来る(伊勢神宮・遷御の儀)。
弥栄に神、世にみちみち、中心にまつろひひらき結ぶぞ。
月出でて月なり、月ひらき弥栄え成り、神世ことごと栄ゆ。
早く道ひらき、月と水のひらく大道(294の道)、月の仕組み、月神と日神二つひらき(太陽のミロクと月のミロク)、地上弥栄みちみち、世の初め悉くの神も世と共に勇みに勇むぞ。
世はことごとに統一し神世の礎極まる時代来る、神世のひみつ(火水)と云う。
-日月(ひふみ)神示より-
☆富士は夜ひらく
新宿の芸能浅間神社には、藤圭子さんの『夢は夜ひらく』の歌碑がある。
献花がたえないそうだ。
芸能の神といえばウズメだが、ここは富士の女神コノハナサクヤヒメ。
神社の名まえに芸能山城組を思い出し、むしょうに『AKIRA』が聴きたくなって古いカセットテープをあさった。
1988年の映画『AKIRA』のサントラが芸能山城組だ。
このテの衝動ってけっこう的を得てたりすンだよね。
9月7日、
柏(餅)→タンゴのブエノスアイレスで開かれたIOC総会で日本が選ばれ、大友克洋の『AKIRA』は2020年東京オリンピックの予言で話題になる。
『夢は夜ひらく』といえば、もとダンナ前川清さんの『長崎は今日も雨だった』。
藤=富士。
ナガサキ=水蛭子(ひるこ)出産だ。
当ブログがカグツチ&ヒルコ事象をはじめて確認したのは、2009年の2月22日。
陸上自衛隊北富士演習場の大火災に降りそそいだ夜の雨が、東京・板橋区路上の自転車かごに置き去られた赤ちゃんの命を消した。
水びたしの青いシーツにくるまれ、未明まで泣いていたという。
2月23日は富士山の日。
富士に祈りをささげたKさんは、こんなメッセージを耳にしている。
「ふじがみね、すつるみおやの・・・」
もちろん事件のことは知らない。
富士が峰、捨つる御親の...。
御親とは、イザナギとイザナミのことだ。
>しかれどもくみどに興して生める子は水蛭子。この子は葦舟にいれて流し去てき(古事記)。
葦舟で流されたヒルコと、海に流されるフクシマの汚染水はおなじだ。
富士の世界文化遺産登録が決まった6月22日、原子力規制委ははじめて汚染水流出を示唆した。
汚染水問題が公的に発生したのはこのとき。
富士の世界遺産登録と汚染水問題が連動したのは、水のつながりである。
戦後、大本の出口王仁三郎はこう語ったという。
「水を汚してはいかんぞ。水を汚すということは神さまのごきかんにかなわん。
水が汚れて、水が飲めなくなった時こそ瑞の御霊(みずのみたま)から見離されたときである。
瑞の御霊は生命の源であるから、自分はこのことが非常に気になる」
富士は、その「瑞の御霊」の山だ。
火水の山でもある。
伊豆半島は厳(いづ)で陽根。富士は瑞(みず)で御陰(ほと)。火門(ほと)だ。
瑞の霊峰富士は、水のヒルコと共鳴する。
このさき富士がひらくとすれば、それは夜だろう。そしてその夜はきっと、雨が降っているにちがいない。
☆日と月のAKIRA
アキラは明。日と月。
千葉の麻賀多神社で最初に降りた日月神示(岡本天明の自動書記)は、こんな一節ではじまる。
「二二八八れ十二ほん八れ(富士は晴れたり日本晴れ)」
富士をめぐる「88」と「22」の事象化は、このときすでに示されていたわけ。
09年12月に、豪華客船「ふじ丸」チーフコックの中司さんが和歌山県田辺市沖を航行中に失踪したように、
犠牲の「cross22」もまた富士につながる。
中司さんは長崎の方だ。
6月22日、富士山が世界文化遺産に登録決定。汚染水流出問題(ヒルコ事象)はじまる。
7月22日、キャサリン妃出産。東京電力が汚染水流出をはじめて認める。
8月22日、藤圭子さん飛び降り自殺。
9月22日、仙台市太白区の乳児死体遺棄
で、仙台南署が蛭田(ひるた)舞容疑者を逮捕。蛭子(えびす)舞ならぬ、ヒルコ舞だ。
近ごろまた子捨てがふえてきた。
ヒルコ事象もどんどん拡大してくんだろうね...。
『AKIRA』の設定は2019-20年。
2020年東京オリンピックをひかえたネオ東京は、アキラが発した巨大な光球によって崩壊する。
アキラを目ざめさせたのは島鉄雄である。「鉄」だ。
アキラは創造神の投影。
鉄雄は人類の文明史の投影に思える。
主人公は暴走グループのリーダー金田。
金神。
鉄雄とは孤児院からの幼なじみ。
メンバーは富士の甲斐に、
「黒がみちびく月(羽黒山⇒月山)」
の構図の山形。これもスゴい。
「状況はコントロールされています」
と五輪プレゼンで安倍首相はいった。
映画やドラマでよく科学者たちがいうお決まりのセリフだ(笑)。
だが父なる文明が積み重ねた鉄カルマの権化であるフクシマが、そう簡単に制御できるとは僕には思えない。
あれはまるで島鉄雄。
鉄雄は怒れるカグツチとして君臨し、ついには自分をコントロールできずに暴走し巨大化する。
その姿は胎児である。
異形の胎児ヒルコだ。
鉄雄は真に目ざめたアキラに取りこまれる。
その光球はネオ東京にふたたび大破壊をもたらし、そしてあらたな時代がはじまる。
アキラの二度の光球は、太陽のミロクと月のミロクを予言しているのかもしれない。
☆お・も・て・な・し
このブログはクーパー捜査官のチベット方式を採用している。夢もだいじな情報源だ。
じつは僕、2009-10年にかけて、何度か「おもてなし」の夢を見ている。
ブログに書いた
「73機目の戦闘機」
とおなじメッセージタイプの夢だ。
なので、滝川クリステルさんの「お・も・て・な・し」には、ちとフクザツな気分だった。
夢の中で、僕と家族をもてなしてくれた女将は最後にいう。これがおもてなしです、と。
すると場面が旅館の庭にかわり、美しい水がこんこんとわいている。
そこだけがカラーで、いまでもよくおぼえている。夢のいう「おもてなし」とは、たぶん神聖な水のこと。
生命の源である水のことだ。滝川さんのプレゼンはともかく、彼女から僕らが発想すべきなのも、滝と水の女神セオリツヒメだと思う。なぜ汚染水流出に遠野(岩手)のセオリツヒメが反応したのか。あれからなぜ日本各地が記録的豪雨に見舞われたのか。その意味を、もう一度問い直すべきなんだろう。
9月19日、五輪プレゼンの手前もあって、安倍首相は海外メディアを同行させてフクシマを視察した。
その夜、奥州三古関のひとつ「勿来(なこそ)の関」の福島県いわき市で、震度5強が発生する。
「なこそ」は、来るなという意味だ。
震源は、いわき市の遠野町入遠野。
遠野だよ!
このセオリツヒメのおもてなしが、倍返しにならないことを祈る。
説明ははぶくけど、夢から三年もたって、セオリツヒメ事象とのからみでようやく浮かび上がってきた場所がある。
京都市右京区の木嶋坐天照御魂神社。「蚕の社」と呼ばれる。三柱鳥居が有名だ。
三柱鳥居が立つ「元糺(もとただす)の池」は、もともとゆたかな湧水の池だったのが、近年すっかりかれてしまったそうだ。
どうもあの夢は、そのことを云ってる気がしてならない。
原因は宅地造成にあるという。そりゃ人生は大変でまわりの自然にかまってなんかいられない。
目先の利益のためには原発の再稼動が最優先だ。だけど僕らってさ、なんかどっかで根本的にまちがっちゃいないか?
「糺」は、正すということ。これに元がつけば、もとを正す。
セオリツヒメは、大祓えの女神だ。
「もてなす」は、-をもってなす。
神々がなにをもってなすのかはわからない。だがそれを心配する前に気づくべきあたりまえのことがあるってことを、あの夢は教えてくれた。
滝川さんは「おもてなし」についてこう説明した。
「その言葉には、訪れる人を慈しみ、見返りを求めない深い意味があります」と。
おもてなしが日本文化に流れる感謝と慈愛とよろこびの心なら、僕ら日本人はとくに忘れちゃいけないことがあると思う。
僕らのいのちそのものが、水のおもてなしなのだ。

神々が動いている
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-306.html








「ネオ東京と平成の終焉」
「天下泰平」さんより
「平成の頃は・・・」
『AKIRA』は、1982年に連載開始した大友克洋氏の伝説的な漫画で、1988年には映画化もされ社会現象となった。
※長い間、遠ざかっていました。また、再開しますね〜。
1ヶ月後に迫る夏至で残り1年半となった平成。
2017/7/1(土) 午後 2:18
2019年の東京、そして日本。
AKIRAの世界では、新国立競技場の他にも別のスタジアムが同じ敷地内に見えていますが、これは最初に出てきた「エイリアンの卵」とも言われた、初期デザインの国立競技場にどこか似ており、メインとなる新国立競技場のデザインも現在決まっているデザインに少し似ている気もします。
AKIRAの舞台は、今から2年後の2019年。
あっという間に、今が思い出話となる時代もやってくるでしょうが、その時に「あの頃は良かった・・・」とAKIRAの世界のような未来とならないように、この1年半の大事な分岐点を良い方向へと向かっていきたいものです。
このニュースを受けてネットでは、東京オリンピックの中止を連想させる『AKIRA』をモチーフにしたのには何らかの意図があるのでは?といった反応が見られた。
ちょうど現実の日本は、2019年より新元号の新天皇となり、現在の天皇陛下は上皇となって恐らく京都御所へとお戻りになっているかもしれません。
また、東京の街の破壊が描かれる『AKIRA』をモチーフとした意図について小林さんは
「『AKIRA』は一度壊れるけどそこから再生に向かっていく夜明けを感じさせる作品でもあります。その世界観が渋谷の街の再生とリンクすると思う」
と改めて語ってくれた。
(転載終了)
改めてパルコのエンタテインメント事業部の小林大介さんに電話取材したところ、
「パルコが企業としてオリンピックの開催の是非に意見を持ち合わせているということはありません」
と回答した。
工事現場を囲った壁に、『AKIRA』の主人公である金田正太郎が、トレードマークのバイクにまたがった姿で描かれている。
今から30年以上も前に描かれ、その時にすでに「2020年東京オリンピック」を予知していたとも言われるAKIRA。
渋谷の街に「AKIRA」が出現したことが話題となっているようです。
渋谷パルコがビルの再オープンに向けて掲出したモチーフが『AKIRA』ということで、東京の不吉な近未来や、オリンピックの中止などを想起した人もいたのかもしれない。
大友克洋氏の『AKIRA(アキラ)』をモチーフにしたアート作品が5月17日、改装中の渋谷パルコに登場した。
東京荒廃で縁起が悪い?『AKIRA』アートに驚きの声 渋谷パルコに改めて聞いた
日本を取り巻く周囲が騒がしい今、時期は違えど、どこかAKIRAのシナリオと重なってきているようにも思えます。
物語の舞台は2019年の「ネオ東京」で、翌年2020年にオリンピック開催が予定される東京の街で巻き起こる若者の闘争、テロ、世界大戦、街の破壊などが描かれている。
2019年の「ネオ東京」はオリンピック開催が難しい状況に追い込まれる。
「『AKIRA』は東京オリンピックを予見していた」
と話題にもなっていた。
漫画「AKIRA」は、ちょうど自分が生まれた年である1982年に連載が始まって社会現象となるまで発展した名作漫画の1つです。
漫画の中では、1988年に
「関東地区に新型爆弾が使用され、第三次世界大戦が始まった」
という設定となっており、そこで東京は壊滅し、東京湾上に新たな都市「ネオ東京」が構築されたことになっています。
漫画の中には、東京オリンピック開催に向けて新国立競技場とも思われるスタジアムの建設風景も登場します。
名前こそ「ネオ東京」とはならずとも、まったく新しい東京、日本が2019年から始まります。

プレシャンブルーの風に抱かれて
https://blogs.yahoo.co.jp/mappyhappy713





pp6520170615034.png

pp6520170615035.jpg

pp6520170615106.jpg

pp6520170615105.jpg

pp6520170615111.jpg


FB_IMG_1567760735108.jpg



posted by datasea at 10:00| Comment(0) | # 詩・小説・著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

[作品] 宮沢賢治,河原坊(山脚の黎明)

[作品] 宮沢賢治,河原坊(山脚の黎明)
◎霊能力者・宮沢賢治
「霊能者」の作家たちが、主に知的な関心からオカルトに目を向けているのに対し、自らある種の霊能力を抱え込んでしまった作家もいる。
ここですぐ名前があがるのは、宮沢賢治だ。
壮大な幻視空間を童話と詩で表現しつづけた賢治だが、ときにその表現は、向こう側の世界を忠実に描いているように感じさせるものがある。
たとえば『河原坊(山脚の黎明)』。
1925(大正14)年8月10日の夜、霊蜂として南麓の登山口、河原坊をひとり訪れた賢治が、
そこで野宿したさいの不思議な体験を描いたものである。
-日本「霊能者」列伝,別冊宝島編集部・編,宝島文庫,2008年刊

2012年の黙示録
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/browse1006-1.html
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/index.html
posted by datasea at 07:15| Comment(0) | # 詩・小説・著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする