2021年04月08日

村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(1985)

村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(1985)
「村上春樹を読む」(114)予言的な『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』 地震と村上春樹作品 その2
2021/03/26 16:25
3月20日の夕刻、宮城県沖を震源とするM6.9、最大震度5強の地震がありました。先月、2月13日夜にもM7.3、最大震度6強を観測した地震があり、そのことから前回のコラムを書き出しました。ほんとうに地震が多いですね。
その回も「地震」と「村上春樹作品」というテーマで書きましたが、今回もそれに続いて、「地震と村上春樹作品 その2」です。
■「地震」をめぐる話
今月で東日本大震災(2011年3月11日)からまる10年が経ちました。村上春樹作品で「地震」の出てくるものは少なくないです。その「地震」への村上春樹の関心は、随分前の作品まで遡ることができます。
前回は『ノルウェイの森』(1987年)に登場する関東大震災についてのことなども紹介しました。
同作に出てくる「緑」という女性が、小学校3年の時と5年の時に家出をして、福島の伯母の家に行くのですが、それを迎えに来た父親が、東京に帰るまでの電車の中で話してくれた関東大震災の体験についてでした。
「地震」をめぐる話は『ノルウェイの森』の1つ前の長編『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(1985年)にも出てきます。
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』は、私(小山)が最初に村上春樹にインタビューした作品でもあり(同じ作品で2度インタビューしました)、とても印象深い物語です。その<『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』が村上春樹作品では一番好き>という読者と話しても、「地震」と『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』というと……?との読者が多いのですが、でもとても重要な場所に出てきます。村上春樹作品全体を考えていくうえでも重要な意味を持っていると思います。
『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』は「世界の終り」の話と「ハードボイルド・ワンダーランド」の話が交互に展開していく物語です。その「ハードボイルド・ワンダーランド」の方に「地震」について、こんな会話が書かれています。
「私」と博士の「太った孫娘」の2人が地底の闇の中を進んでいくと、何か音が聞こえてくるのです。太った娘が「何か音が聞こえるわ。耳を澄ませて!」と言います。
暗闇の奥からの響きに耳を澄ませると、それは「かすかな地鳴りのようでもあり、何かどっしりとした重い金属がこすりあわされる音のよう」でもあります。「大きな虫がじわじわと背中をはいあがってくるような、不気味で冷ややかな感触のする音だった。人の耳の可聴範囲にやっと触れるほどの低い音の響きだ」と記されています。
何かが起りつつあるという予感のようなものがあたりに充ちる中、「私」が「地震でも起るのかな」と言うと、「地震なんかじゃないわ」「地震よりずっとひどいものよ」と「太った娘」が言うのです。
同作の21章は、この「『地震なんかじゃないわ』と太った娘が言った。『地震よりずっとひどいものよ』」という言葉で終わっています。『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』は、単行本では1冊本ですが、文庫版は上下2分冊となっています。そして、太った娘が言ったことは文庫版上巻の終わりの言葉でもあります。
この会話の中の「地震」が単なるレトリックでないことは、下巻の「ハードボイルド・ワンダーランド」の話の最初の言葉が「『地震なんかじゃないわ』と彼女は言った。『地震よりずっとひどいものよ』」というように反復されていることからも明らかです。
10年間にもわたった連載「村上春樹を読む」の最終回に、この『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の中の「地震」の言葉について考えておきたいのです。
その場面は、続けて以下のようにあります。
「それは私がこれまでに耳にしたこともないほどの激しい悪意に充ちたおぞましい音だった。
私がその音についていちばんおぞましく思ったことは、それが我々二人を拒否するというよりは手招きしているように感じられたことだった。彼らは我々が近づいていることを知っていて、その喜びに邪悪な心を震わせているのだ。そう思うと、私は走りながら背筋が凍りついてしまうような恐怖を感じた。たしかにそれは地震なんかではなかった。彼女が言うように、地震よりもっとずっとおそろしいものなのだ。しかしそれが何であるのか私には見当もつかなかった」
そのような言葉が書かれているのです。ここに「地震」は確かに「おそろしい」ものだが、でもそれ以上に「おそろしく」「おぞましく」「邪悪な心を震わせている」ものが「私」と「太った娘」を手招きしているように感じると、村上春樹は記しているのです。
「おそろしく」「おぞましく」「邪悪な心を震わせている」もの、それはどんなものでしょうか。
この場面の後、まもなく「私」と「太った娘」は地上に脱出するのですが、「太った娘」の祖父である「博士」がこんなことを「私」に言います。
「科学者というものは知の鉱脈を前にするとそれ以外の状況が眼中になくなってしまうきらいがあるです。またそれなればこそ科学も間断なき進歩を遂げてきたわけだ。科学というものは極言するならば、その純粋性の故に増殖するのであって……」と話します。
続けて、「博士」はこう言います。
「科学の純粋性というものがときとして多くの人々を傷つけることがあると言いたかっただけです。それはあらゆる純粋な自然現象がある場合に人々を傷つけるのと同じことです。火山の噴火が街を埋め、洪水が人々を押し流し、地震が地表の一切を叩き潰す――しからばそのような類いの自然現象が悪かと言えば……」
「科学というものは極言するならば、その純粋性の故に増殖する」
「科学の純粋性というものがときとして多くの人々を傷つけることがある」
とは、直接的には同作で「シャフリング」という仕事をしている「私」が受ける人体実験的な手術のことなどを述べているのかと思いますが、東日本大震災(2011年3月11日)と福島第1原発事故の後に読んでみると、地震と原子力発電とその原発事故のことを述べているようにも感じるのです。
なにしろ、科学の純粋性が多くの人々を傷つけることがあることと、洪水が人々を押し流し、地震が地表の一切を叩き潰すような自然現象のおそろしさとが並べて語られているのですから。村上春樹の頭の中には、原子力発電所の事故のことも考えられていたのではないかと思えてくるのです。原子力爆弾のことも考えられていたのではないかと思うのです。
つまり、東日本大震災と原発事故のことを考えると、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』は予言的な作品なのです。それも、かなり村上春樹が考え続けていたことを記した作品なのではないかと思えるのです。
例えば『騎士団長殺し』(2017年)には「イデア」が「騎士団長」として形体化し登場しますが、その「騎士団長」と「私」との会話の中で
「E=mc2という概念は本来中立であるはずなのに、それは結果的に原子爆弾を生み出すことになった。そしてそれは広島と長崎に実際に投下された」
ことが語られています。そして、この『騎士団長殺し』の最後には、東日本大震災と原発事故のことも登場します。
でも、そのようなことが、東日本大震災と原発事故を契機にして、初めて村上春樹が考えたことではないということがよくわかる『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の言葉なのです。
■「東の森」
科学が、その純粋性の故に増殖するし、科学の純粋性というものがときとして多くの人々を傷つけることがあるという考えが、『騎士団長殺し』より30年以上前の作品に記されているのです。
『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の「世界の終り」の街には「東の森」が出てきますが、その「東の森」の中にある発電所は「風力発電所」です。『海辺のカフカ』(2002年)に出てくる発電所も「風力発電所」です。
それが「風力発電所」であることは、原子力発電ではない力によって、この世界は維持されていかなくてはならないということを、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を書いた時点で、村上春樹が考えていたということではないでしょうか。
さらにエッセイ集『村上朝日堂はいかにして鍛えられたか』(1997年)の最後に置かれた「ウォークマンを悪く言うわけじゃないですが」という文章の中で「原子力発電所に代わる安全でクリーンな新しいエネルギー源を開発実現化すること」を村上春樹は提案しています。
「もちろんこれは生半可な目標ではない。時間もかかるし、金もかかるだろう。しかし日本がまともな国家として時代をまっとうする道は、極端にいえば『もうこれくらいしかないんじゃないか』と、五年間近く日本を離れて暮らしているあいだに、実感としてつくづく僕は思った」と村上春樹が書いていることも、東日本大震災と原発事故の後、注目されました。実に原発事故が起きる14年も前の発言です。
このエッセイにある「五年間近く日本を離れて暮らしているあいだに」とは、1991年から1995年まで米国東海岸に村上春樹が住んだことですが、この間に書かれた長編が『ねじまき鳥クロニクル』(1994年、1995年)です。
その『ねじまき鳥クロニクル』では、ノモンハンの「歴史」を「僕」に伝えにくる間宮中尉は広島出身であり、原爆で妹と父を失い、ショックで母も2年後に亡くなったという人です。そして「僕」が戦う相手である、日本を戦争に導いたような精神の持主・綿谷ノボルが「長崎」で倒れています。このように村上春樹作品は「広島」と「長崎」という日本が受けた2度の原爆による惨禍を意識して、書き続けられているのです。
今回の「村上春樹を読む」は「地震と村上春樹作品 その2」という形で書きたいと、このコラムの冒頭で述べました。
ですから「地震」について、記さなくてはなりません。既に紹介した言葉ですが、以下の言葉から、「地震」について、もう少し考えてみたいと思います。2つとも少し長いですが、もう1度、引用します。
「彼らは我々が近づいていることを知っていて、その喜びに邪悪な心を震わせているのだ。そう思うと、私は走りながら背筋が凍りついてしまうような恐怖を感じた。たしかにそれは地震なんかではなかった。彼女が言うように、地震よりもっとずっとおそろしいものなのだ。しかしそれが何であるのか私には見当もつかなかった」
「科学の純粋性というものがときとして多くの人々を傷つけることがあると言いたかっただけです。それはあらゆる純粋な自然現象がある場合に人々を傷つけるのと同じことです。火山の噴火が街を埋め、洪水が人々を押し流し、地震が地表の一切を叩き潰す――しからばそのような類いの自然現象が悪かと言えば……」
という言葉の意味を考えてみたいのです。
■「みみずくん」
その入り口として、村上春樹が阪神大震災をテーマにして書いた連作短編集『神の子どもたちはみな踊る』(2000年)の「かえるくん、東京を救う」のことを紹介したいと思います。
「これはあまりぱっとしない中年の銀行員のアパートを、ある日巨大な蛙が訪れるという、かなり奇妙な筋の物語です」。そのように村上春樹自身が『若い読者のための短編小説案内』(1997年)の文庫版(2004年)の冒頭に置かれた「僕にとっての短編小説」の中で書いています。
さらに「本を刊行したときには、とくにそういう印象もなかったのですが、時間が経つにつれて、『かえるくん、東京を救う』の存在意義が、この短編集の中で確実に重くなってきたようです」とありますし、その作品集の中で「どうやらそのときの波のてっぺんに到達した、中心的な作品である」とも加えています。
同作は、その「かえるくん」が東京安全信用金庫の新宿支店に勤務する「片桐」の力を借りて、3日後に起きる東京直下型の地震を未然に防ぐ物語です。
地震の原因は、地下50メートルにすむ巨大な「みみずくん」の心と身体の中で「長いあいだに吸引蓄積された様々な憎しみ」の力です。その「みみずくん」と「かえるくん」が闘う際に、地下の暗闇の中は「かえるくん」に不利なので、「片桐」は「足踏みの発電器」を用いて「その場所に力のかぎり明るい光」を注いでいます。
『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』や『海辺のカフカ』の発電所が「風力発電所」であったこと、この「片桐」の「足踏みの発電器」による「明るい光」に、同じような村上春樹の一貫したエネルギー観を受け取ることができます。
ただ、ここで考えてみたいのは、「地震」が地下50メートルにすむ「みみずくん」の心と身体の中で「長いあいだに吸引蓄積された様々な憎しみ」の力で起きると村上春樹が記していることです。
普通に考えれば、地震は地下で起きる岩盤の「ずれ」により発生する現象です。もちろん、村上春樹はそんなことは十分わかっていますが、でも地下の闇にすむ「みみずくん」の心と身体の中で「長いあいだに吸引蓄積された様々な憎しみ」の力で起きると書いているのです。
ここに、私は『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』で記された、地下の暗闇の中で「私がこれまでに耳にしたこともないほどの激しい悪意に充ちたおぞましい音」と響き合うものを感じるのです。
その音の源である「彼らは我々が近づいていることを知っていて、その喜びに邪悪な心を震わせているのだ。そう思うと、私は走りながら背筋が凍りついてしまうような恐怖を感じた。たしかにそれは地震なんかではなかった。彼女が言うように、地震よりもっとずつとおそろしいものなのだ」という言葉と響き合う考えです。
「科学の純粋性というものがときとして多くの人々を傷つけることがあると言いたかっただけです。それはあらゆる純粋な自然現象がある場合に人々を傷つけるのと同じことです。火山の噴火が街を埋め、洪水が人々を押し流し、地震が地表の一切を叩き潰す――しからばそのような類いの自然現象が悪かと言えば……」と村上春樹は書いていました。
これを語る「博士」によれば、「科学の純粋性というものがときとして多くの人々を傷つけることがある」のですが、「火山の噴火」や「洪水」や「地震」という自然現象が人々を傷つけるのと同じで、その自然現象を悪とは言えないように、「科学の純粋性というものがときとして多くの人々を傷つけること」が「悪とは言えないのではないか……」ということを言いたいのかもしれません。
でも村上春樹は、その自然現象である「地震」も「みみずくん」の心と身体の中で「長いあいだに吸引蓄積された様々な憎しみ」の力で起きると考えているのです。ですから「かえるくん、東京を救う」の「かえるくん」と「みみずくん」の地下の暗闇の闘いは、それぞれの「心」の闇の中の闘いなのだと思います。
そして『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』という長編は、「心」という大切なものを取り戻す物語です。他人に預けてはいけない、自分の「心」という大切なものを取り戻す物語。他人には預けることができない大切な、自分の「心」というものを発見する物語です。
でも、私たちは自分の大切な「心」を自分以外の何かに預けて生きてはいないでしょうか。
例えば、効率性を追求する社会の集団性の中で、自分の「心」を「効率追求社会」の側に預けていないでしょうか。会社員ならば、会社組織に「心」を預けて生きてはいないでしょうか。1つの原理を信じて、その原理だけですべてを測り考えるような原理主義に「心」を預けていないでしょうか。「純粋性」ゆえに「ときとして多くの人々を傷つけることがある」「科学」というものに「心」を預けて生きていないでしょうか。
このように、自分の「心」という大切なものを<他人に預けてしまう世界に誘い、手招きするもの>こそが、あの地底で「私」と「太った娘」の二人が聞いた「音」の姿でもあるでしょう。「彼らは我々が近づいていることを知っていて、その喜びに邪悪な心を震わせている」のです。その先にあったものが原発事故だったのではないでしょうか……。
この連載の最初は東日本大震災が起きた直後、同大震災の発生から2カ月後の2011年5月から始まりました(前回同6月と記しましたが、調べてみると、さらに1カ月前から始めていました)。
その東日本大震災、福島第1原発事故から3カ月後の2011年6月9日。スペイン・バルセロナのカタルーニャ国際賞授賞式の受賞スピーチで、村上春樹は、歴史上唯一、広島と長崎に核爆弾を投下された経験を持つ日本人にとって、福島第1原発事故は2度目の大きな核の被害であることを述べ、我々日本人は核に対する「ノー」を叫び続けるべきだったと語って、大きな話題となりました。
そしてなぜ「2度の原爆の惨禍を体験した日本社会から『核』への拒否感がどんな理由で消えてしまったのか」。それについて、村上春樹は「理由は簡単です。『効率』です」と語っています。なんと6回も「効率」という言葉を使って、村上春樹は話していました。
それは「効率」というものに、自分の大切な「心」を預けてはいけないという村上春樹の発言でした。
その原発事故や核爆弾についての発言が、村上春樹にとって、唐突にあらわれてきたものではないことを『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』は示しているのです。「科学の純粋性というものがときとして多くの人々を傷つけることがある」という言葉の中に、既に、深く考えられていたということです。
「地震」という自然災害を考える時、それが起きたことは自然の力で、人間の力は関係がないと考えがちです。でも紹介したように、その「地震」は地下にすむ巨大な「みみずくん」の心と身体の中で「長いあいだに吸引蓄積された様々な憎しみ」の力で起きると考えるのが、村上春樹です。
そして、東日本大震災と原発事故で「地震」災害が、私たちの「心」の姿と<関係がないことではない>ことが、明らかになったのです。
「喜びに邪悪な心を震わせている」暗闇の中の音との闘いは、我々自身の「心」の深いところでの闘いです。
カタルーニャ国際賞の受賞スピーチでも、村上春樹は、福島第1原発事故について「原子力発電所の安全対策を厳しく管理するべき政府も、原子力政策を推し進めるために、その安全基準のレベルを下げていた節が」あることを述べると同時に「しかしそれと同時に我々は、そのような歪んだ構造の存在をこれまで許してきた、あるいは黙認してきた我々自身をも、糾弾しなくてはならないでしょう」と話しました。
原発事故は「日本が長年にわたって誇ってきた『技術力』神話の崩壊」であると同時に「そのような『すり替え』を許してきた、私たち日本人の倫理と規範の敗北」でもあったと語りました。原発事故も「我々日本人自身がそのお膳立てをし、自らの手で過ちを犯し、我々自身の国土を損ない、我々自身の生活を破壊しているのです」とも語っていました。
これらはすべて、「我々」の「心」の闘いでもあるのです。
そして、その闘いの場である「心」とはどういうものでしょうか。それを『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の中の言葉から紹介してみましょう。
『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の「世界の終り」の「僕」と「影」の対話の中で「心というものはそれ自体が行動原理を持っている。それがすなわち自己さ。自分の力を信じるんだ。そうしないと君は外部の力にひっぱられてわけのわからない場所につれていかれることになる」と「影」が「僕」に話しています。
その「世界の終り」の話に登場する図書館の司書の女の子が「私には心がどういうものなのかがよくわからないの」というと、「僕」は彼女に対して「心というものはただそこにあるものなんだ。風と同じさ。君はその動きを感じるだけでいいんだよ」と答えています。
デビュー作『風の歌を聴け』(1979年)のタイトルに繋がる言葉ですね。きっと、今回の「村上春樹を読む」で書いたことは、村上春樹がデビュー以来、考え続けてきたことなのではないかと思います。
前回も予告しましたが、今回で10年間、毎月連載してきたこのコラム「村上春樹を読む」を終了します。こんなに長く、よく書いてきたなぁ……と正直思います。
村上春樹の新作長編が発表されたりしたら、番外編を書くかもしれませんし、別な形で村上春樹作品を貫くものについて書いてみたいとも考えていますが、一応、これで連載終了です。
愛読してくださった読者の方々に深く感謝いたします。ありがとうございました。(共同通信編集委員 小山鉄郎)

福島民報
https://minpo.jp/globalnews/moredetail/2021032501001855



posted by datasea at 10:09| Comment(0) | ♪  詩・小説・著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安部公房「赤い繭」

安部公房「赤い繭」
【ビブリオエッセー】その未来は希望か絶望か− 「第四間氷期」安部公房(新潮文庫)
2021.3.30 13:19
産経WEST
ビブリオエッセー
高校時代の教科書に載っていたのが安部公房の「赤い繭」だった。SF的作風に強く惹かれ、以後、『他人の顔』『砂の女』『燃えつきた地図』など読み漁ったが、作家が伝えたい核心の周囲を回っているようで隔靴掻痒のもどかしさを感じていた。その後、『第四間氷期』を読んだとき、ひらめくものがあった。
この小説は、東西冷戦下でソ連がいち早く予言機械(コンピューター)を開発し、日本でも実験が始まった時代。中央計算技術研究所の勝見博士は地球の将来に危機を感じ、人間の未来を予測する予言機械を作る。最後の仕上げは自分の記憶や人格のすべてをその機械に注入し、第二の自分を作り上げることだった。
ところが完成した予言機械は地球の水没を予測し、人間の意思を離れて独走を始めた。それは「生き延びるため」「未来の救済」という大義名分のもと、人類を水の中で生きられる「水棲人間」に改造する計画だった。胎児を闇のブローカーを通じて集め、水中で育てる養育場を見せられた勝見博士は動揺する。追いつめられ、第二の自分と向き合う。
書かれたのは昭和30年代。
機械文明や科学の発達の中で人間らしさが抹殺されていく社会への風刺であり、警告のように感じた。そして現在のAI社会化や生命工学、地球温暖化などを先取りした先見性に驚く。
また、信じるべき家族さえ分断され、人間の中に潜む「壁」があぶり出される一部の殺伐とした現状にも思い至る。著者が作品の中で示したように、壁はよじ登るか回り道をするか穴をあけるか、絵を描いて時を過ごすものだ。
著者は「この小説から希望を読みとるか、絶望を読みとるかは、むろん読者の自由である」と書いた。選択は私たちに委ねられている。
大阪市阿倍野区 渡部純一 70

産経WEST
https://www.sankei.com/west/news/210330/wst2103300002-n1.html
posted by datasea at 10:01| Comment(0) | ♪  詩・小説・著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

笹田康夫監督: 予言女優Carol Lynleyと映画「スター・ウォーズ」


笹田康夫監督: 予言女優Carol Lynleyと映画「スター・ウォーズ」
『宇宙からの教え』Part : 3
ケプラー22b惑星から地球へ飛来して来て、一時的にハリウッド映画女優キャロルに成りすましていた(ゲール)の目的とは?
最新のNASA宇宙天文台衛星「ケプラー」の発見によると、銀河系内だけでも約100億個の地球型惑星が存在する事が解っている。従って、地球の人類だけが「高等生物」と考えている人がいれば『非科学的な人間』と言える。
つまり、滅びゆく地球を選んでわざわざ救いに来るとは「数学的な確率から考えてもありえない」話である。
では、何故にケプラー22b惑星から600光年以上も離れた地球へ飛来しているのだろうか?
彼女と撮影を共にした私だけが知っているその最大の機密を少しずつ書いていくが、読者のみなさんにもその理由を想像してもらいたい。https://www.imdb.com/name/nm11376357/
銀河系内だけでも約100億個の地球型惑星が存在する中で、知的生命体や文明が滅び始めている惑星はいくらでもある。だからキャロル(ゲール)がわざわざ滅びゆく人類を遠い天体から救済に来る確率は「0%」に近い。
人類全滅の日が近づいているので、その理由を公開する時期が到来した。
今から説明する内容は、半世紀にわたる彼女から得た大量の啓示と教えを一般の人たちにも解りやすいように簡素化し、複数に分けて書く事にする。
彼女は未来に600光年以上も離れた地球へ飛来した目的を地球の人類に説明しやすいようにジョージ・ルーカスに脚本のコンセプトを渡して「スター・ウォーズ」制作させているが、その映画の中に登場するプリンセス・レイアは彼女自身をモチーフにしている。
悪魔に転落したダースベーダーの戦友がベン・ケノービであった、しかし戦友との戦いに疲れ果てたベン・ケノービは見知らぬ惑星に逃れ隠居生活をおくっていた・・・
つづく

Facebook
https://www.facebook.com/groups/501535436672325/permalink/1798676893624833/









笹田康夫: Carol Lynley〜コロナ生物兵器テロを1970年代に警告していた謎のハリウッド映画女優
@笹田康夫監督
CAROL ALIENS as Carol Lynley
44年前に「NWOコロナが生物兵器テロ事件」を暴露していた謎のハリウッド映画女優
2020年コロナ生物兵器テロの翌年2021年から始まろうとしている極東第三次世界大戦、30年前に黒澤明監督の「夢」とほぼ同じ「日本滅亡ストーリ」である。
キャロルが行ったスパイ活動により日本を核戦争の戦場とするNWO「イルミナティ日本生贄計画」を彼女は映画とTVシリーズで暴露している。
■投稿
CAROL ALIENS as Carol Lynley in Hollywood🎬
謎の女優キャロルとのハリウッド業務を通して、彼女は宇宙から飛来した天使😇なのを知った。
この話を信じるか信じないかは、彼女の異次元現象を起こす映画やテレビシリーズ、その作品で描かれている「的中率100%」の警告や予言を見てから決めるべき 。一例「コロナ生物兵器テロ事件」ドクター刑事クィンシー🎬
私とキャロルのハリウッド制作クレジット。https://www.imdb.com/name/nm11376357/
■投稿
✨君は知っているのか? CAROL ALIENS as Carol Lynley
絶滅する日本を救うためにキャロルが14歳で設立した「映画音楽と映画制作プロダクション」NWOテロ計画の暴露映画制作に全資産と時間を費やした謎のハリウッド映画女優 (グラミー賞、アカデミー賞を獲得) NWO暴露先品制作および出演期間1956~1984年、それ以降の活動は代役の偽者キャロル・リンリー
彼女は異次元からやって来た「天使」暴露活動期間は1956〜1984年まで、彼女からの警告に興味が無いまたは反応すらしない日本列島人は「NWOテロ組織に抹殺され」人生を終了する

Facebook
https://www.facebook.com/101252038385136/posts/158233306020342/










posted by datasea at 22:05| Comment(0) | ♪  詩・小説・著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

sakota: HP Jornada日誌/連続冒険活劇680の大冒険

■1999年7月11日
連続冒険活劇 680の大冒険 1回目
むかし,むかし,Jornada村に,仲のいい820と680の兄弟が住んでいました。
ある時,二人が山へしばかりに出かけると,680が倒れ込んでしまいました。そうです,標準バッテリ9時間の680のバッテリが底をついてしまったのです。弟思いの820は,自分のバッテリを680へ分けてあげたのでした。
さすが,標準バッテリ13.5時間のお兄チャンです。二人が山から帰る途中。今度は,急にお兄チャンが苦しみはじめました。大きなファイルをPocketWordで編集していたためです。さすがのレスポンスを誇る,お兄チャンもこれではタマリません。
兄思いの680は,PocketWordより,はるかに高速に動くフリーソフトのエディタをお兄チャンに渡そうとしました。
「お兄チャン これ使って」
「680。ううう。ダメなんだ」
「ダメて,お兄チャン。兄弟どうし,同じソフトを動かしても問題ないじゃないか。ましてや,フリーソフトだよ」
「実は,お前のソフトは俺では動かないんだ」
「えー・・・・・・・・・・」
そうだったんです。680と820は,兄弟の様に育てられていましたが,実は,まったく血がつながってなかったです。幸いな事に,820はファイルを分割する事により事無きを得ました。
しかし,本当の兄弟では無いと知ってしまった680は,
「お兄チャン。今までありがとう。僕,本当の兄弟を探しに旅に出るよ。」
「弟よーーーー」
こうして,680の兄弟探しの旅が始まるのでした。
つづく。
※当日誌は,技術的根拠が無い事が多く含まれています。
■1999年7月17日
連続冒険活劇 680の大冒険 2回目
JORNADA村から,本当の兄弟を探すために旅に出た680があてもなく,さまよっていると城が見えてきた。近づくにつれ,その城は古ぼけて,老朽化していたが,今まで見た事がない程,大きな城であった。
城のこれまた大きな門をくぐると,城壁の方から呼び止められた。
「オイ!!」
680が見上げると,680の数百倍は大きな青いコンピュータが立っていた。
「このドチビ何物だ」
「えーと,僕はJORNADA村からやってきた680といいます。
兄弟を探しに旅をしているのです。」
「お前の様なドチビの兄弟なんて,この汎用機国にはいない。とっとと出で行け。」
出てゆけと言われても,あてのない680は素直に聞くわけにいかないのであった。
「本当に,この国には僕の兄弟はいないのですか。せめて,探させてください。」
すると大きなコンピュータの仲間が城からぞろぞろ出てきた。
「JORNADA村なんて聞いたことがない。ましてや汎用機国以外に国などあろうはずがない。」
「こいつは野蛮なヤツに違いない!!」
さすが,中華思想がはびこり,未だに中央集権国家の汎用機国である。
「こんなヤツ叩きつぶせ。!!」
と物騒な雰囲気になってきた。
この,騒ぎを静める様に,長老とおぼしき古めかしいコンーピュータが現れた。
「ENIACじいさんどうする。コイツ」
「・・・・・・・・・・」
「叩きつぶしてしまいましょうか」
「・・・・・・・・・・」
ENIACじいさんは,レスポンスに難があった。
ENIACじいさんの煮えきらない態度に我慢しきれなくなった,大きなコンピュータ数十台が680を取り囲み,今にでも攻撃してきそうになった。
680も戦うしかない。先制攻撃だ。
「こんなコンパクトなマシンでブラインドタッチができるヨービーム」 ビビビビー
効かない。さすが汎用機,カードパンチから歴史がある入力デバイス関連の攻撃は効かないのであった。
「TCP/IP,POP3オープンシステムキック」
このオープンシステムキックは効いた。大きなコンピュータがひるんだすきに,囲いを抜け出し城壁の方へ全力で走った。
しかし,大きなコンピュータたちは,以外にもスピードが早く,すぐに追いつかれてしまった。
「このドチビめ,これでも食らえ..100万件トランザクション処理パンチ」
この攻撃に,680は気を失いそうになった。680ピンチ!!。城壁の前で大勢のコンピュータに囲まれ,気を失いかけてる680。この危機を逃れる事ができるのであろうか。次回を待て。
■1999年7月24日
連続冒険活劇 680の大冒険 3回目
汎用機国で,大きなコンピュータに攻撃を受けて,気を失いかけてる680。
そこエーーーー,。
「この,ドチビ。とどめだ!! 銀行の勘定系システムは,ほとんど汎用機でやってるんだぜチョ・・」
あーまりにも長い攻撃名が幸いした。攻撃名を告げ終わる直前に背にしている城壁の壁が開き680が引きずりこまれたのであった。
「おいしっかりしろ ドチビ!!」
680が気が付くと,古臭いデスクトップコンピュータに抱えられていた。
「ここは・・・・・。君は・・・・・・・」
「秘密の通路さ。俺は I〇M5150。ATて呼んでくれ。さあ早く。やつらが追ってくる,早くこの通路を抜けるんだ!!」
こうして,680はATの言われるまま通路を走った。すると,大きな川が目に前にあらわれた。どうやら,城の外に抜け出した様だ。
「AT君。どうして僕を助けてくれたの」
「いづれわかるさ。
それに,助かったとは限らないゼ。この川を渡らないと」
「え,デモ AT君。僕は兄弟を・・・・」
680が言うのをさえぎる様にATが言った。
「おまえの,兄弟はこの国にはいない。とにかく,この川を渡らないと,あのドデカイヤツらが追ってくる。」
「わかった。でどうやって渡るの?」
「そこにあるLAN橋を使うんだ。」
「えー僕,渡れないよ」
そうなのである。LANカードを購入していない680には,LAN橋が渡れないのであった。
「おまえ,今時  LANカードも持っていないのか。しかたないなー,ハイこれ10万円でいいよ。これで命が助かるんだぜ」
ATが680へLANカードを手渡した。
「10万円もするの。普通1万円以下だよー」
納得できないが,このLANカードを使うしかない680は,しぶしぶ払うのであった。
「毎度あり。それと,兄弟を探しているなら東へ行け。お前見たいなのが,いっぱい居るはずだ」
「ありがとう。AT君は,渡らないの?」
「俺は,無理なんだ。」
ATが自分の足元を指さしながら言った。見ると,端末制御装置の線らしき物が,ATの足元から城へと伸びていた。
「それじゃな。橋をわたったら,決して振り返るんじゃないゼ。
とにかく東を目指すんだ」と言うとATは来た通路を戻って行った。LANカードを購入した680は,無事LAN橋を渡りきった。
ATが言っていた様に振り返らず東の方向へ向かった。しかし,丘の上に立った時,ちょっと疑問がよぎった。
振り返ると,ちょうど城の中庭が見えた。すると,どういうわけか,ATと攻撃してきた大きなコンピュータが仲良くビールジョッキ片手に飲んでいった。
「だまされたのかな・・・・・」
さすが,I〇M。商売上手なのであった。世の中の厳しさを思い知った680は東へ向かって歩き出した。
今度は決して振り返らずに。・・・・つづく。
■1999年7月31日
連続冒険活劇 680の大冒険 4回目
汎用機国から,東へ向かった680であったが,いけども,いけども何も見えてこない。そろ,そろ充電しないとヤバイ状況なのである。
町につけば,喫茶店とかファーストフードの店に入り,コンセントのある席でコッソリ充電できるのだが・・・・。
さらに歩くと,一面花に覆われた野原にでてきた。すると,遠くの方で花を積む,680みたいな筐体をした女の子たちがいた。
そこまで,歩いて行くのにバッテリが持ちそうもない。
「オーイ。そこの娘たちー」
680に気付いた,一人の娘が近づいて来た。
「どうしました。」
見ると,妙にフリフリの服を着た。とってもカワイイ女の子だった。
「すみません。バッテリが切れそうなのです。
助けて下さい。」
「私の,単三乾電池じゃダメかしら?」
「ゴメンナサイ。コンセントのある所へ・・・・・・・」
すると,女の子は仲間を呼んで680を抱えて,町の集会場へ連れてってくれた。
「フー。助かった,ありがとう。僕,680です。JORNADA村から兄弟を探しに旅をしている途中なのです。」
「私,ポケ子です。ここは,『お気軽メール村』です。
本当にダイジョウブですか?しばらくゆっくりしていって下さい。」
680もポケ子のカワイさにひかれて,しばらくこの村でゆっくりしていこーと思った。
お気軽メール村では,680は大人気であった。
「わー大きい。キャピ。」
JORNADA村ではチビで通っていた680は,とっても気分がいいのであった。
「私,メールでたくさんお返事をしなければいけないの。680さん手伝ってくださる?ルンルン。」
「大変,680さん。メールで添付ファイルがきちゃった。読んでんでくださる?」
と,680に近づく娘があとをたたないのであった。
でも,680はポケ子が気になってしかたがなかった。
その日も,680は町の娘のリクエストに色々と答えて,夕方くらいに寝床に
している集会場に戻ってきた。すると,ノックがする。
「はーい。」
680がドアーを開けると憧れのポケ子が立っていた。
「こんにちは。エート。キャピ。1時間後,私の家で夕食でもどうですか?
それに,集会場の床ではゆっくりお休みになれないでしょ?
今日は,私の家にお泊りになって下さい。ルンルン」
「エー・・・・・・・。もちろん!!」
オイオイ。ポケ子。ちょっとだいたん過ぎないか?
それに,680。なにが「もちろん」だ!!。これは,680の冒険活劇だぞー,
恋愛物語じゃないつーの。
連載4回目にして,もはや主人公は作者の手を離れ勝手なことを
しだしてしまった。
この後どうなるのか・・・・。作者も しーらない。            
つづく。
■1999年8月7日
連続冒険活劇 680の大冒険 5回目
お気軽メール村で,大人気の680。
なんと,憧れのポケ子から夕食と夜のお誘いを受けてしまった。
約束の時間まで,まだ1時間ある。
この間680は,目一杯,オシャレをするのであった。
まず,バックライトを最大限にし,暗闇でも目立つ様にする。
そして,自慢のJORNADAのロゴをだす。
「フフフ・・。WIndowsCEの中でも,ここまで見栄えのするのは,僕だけ。」
と鏡の中の680は微笑むのであった。
すっかり,お気軽メール村で勘違いしてしまった様である。
さあ時間だ。
いそいそとポケ子の家の前まで来て,ドアをノックする。
「はーい」
「680です。」
ドアが開けられると,ポケ子が立っていた。
「エー。どなたですか?」
「どなたって,ポケ子さん。1時間程前に食事に誘ってくださったじゃないですか?」
「えー。キャピ。覚えてない。」
なんてこった。ポケ子は少ないユーザメモリのため,不用な記憶を削除していた際に,誤って680の記憶を消してしまったのである。
「そんなーヒドイじゃないですかー」
理由がわからない680は,いつまでもごねるのであった。
そこへ,お気軽メール村の男どもがやってきた。
「どうしたんだ。ポケ子」
「プラス男さん。変な人が家に入れろってひつこいのー」
「ナニ。こいつやっちまえ!!」
あっというまに,男どもに囲まれ攻撃を受けてしまった。
「コイツ。くやしかったら,携帯,PHSインタフェース標準で装備してみろ!!ボコボコ」
「10円メールもできんのか。オラオラ」
オイどうした680。戦うんだ!!。お前の方が値段が高いんだぞ。
しかし,680は無抵抗だった。
「もう,そのへんでヤメテ。」
ポケ子の言葉で,男どもは攻撃をやめた。
「とっとと村から出てゆけ!!」
680は立ちあがり,ポケ子の方を見た。
「さよなら。」
しかし,ポケ子から返事はなかった。
トボトボと村をあとにする680であった。
「しかし,なんでポケ子さんは,あんな事したんだろ。」
謎は説けない様だが,女の恐さを少しは思い知っただろう。
ちょっと調子に乗っていた680にはイイ社会勉強だ。
兄弟を探し見つけるまで,おまえに安息の地はない。
戦え680−−−−−                
つづく。
■1999年8月15日
連続冒険活劇 680の大冒険 6回目
お気軽メール村から,とぼとぼ東に向かって歩いていた,
680であったが,さびれた町にたどり着いた。
町といっても人っ子一人出会わないのである。
「オーイ誰かいませんかー」
たまりかね,680が叫んでみたが返事がない。
「おかしいなー,誰もいない様だなー」
充電する必要があるため,1件のバーに入ってみた。
「こんにちは。」
「はーい。なんの様かね。」
人が居るとは思われなかったが,奥から大きな老人がでてきた。
「680といいます。充電をさせてもらえないでしょうか?」
「ああ,いいよ。 そこのを使いなさい。」
老人が指さした方のコンセントから充電をはじめながら,680が尋ねた。
「この町には人がいないのですか?」
「町どころか,このミニコン国の人間,みんな逃げ出してしまった。
なんせ,長い間戦乱が続いているからね。
あんたも,命が欲しいなら早くこの国をでなさい。」
「はい。わかりました。」
充電を終えた680が立ちあがり,礼を言い店を出ようとすると,
「待ちなさい。この国を抜け出すには,
この,VT80エミュレータが必要だ。なんせ,DECnet対応だからね。18万円じゃ。」
VT80エミュレータやDECnetなんて聞いた事がない,ましてや18万円は高すぎる躊躇する680であった。
「いや。いいです。」
「何をいってるんじゃー。このDEC族のVAXの言う事が信じられないのかー」
今までの雰囲気とは違って老人が激しく怒りだした。
それでも,680は買う気にはなれなかった。
すると,
「ははっはは。VAXじいさん,そいつは,引っかからないぜ。」
何処にいたのか,店のすみの方で飲んでいた,大きな中年のコンピュータが言った。
「おれは,K。VAXじいさんも,おれも昔はこの国でチョットは有名だったんだぜ。
特にDEC族なんか10年前は,理工系女子学生就職したいNO.1だったんだ。
しかし,あいつらのせいで今じゃ,こうやって旅人に物を売って暮らしてるてわけさ。」
橋田寿賀子風にやけに説明調のセリフ回しである。
「はー。そうですか。大変ですねー。」
<あいつら>て誰だろうと680は思ったが,これ以上関わりたくないため,気の無い返事をするのであった。
くやしがる,VAXじいさんを横に,Kはしゃべりつづけた。
「この国を無事抜け出すんなら,これだよ。K端末エミュレータ。10万円でイイよ。インストール費用は別途だけどね。
それに,この親指シフトのOASYSキーボートがあれば完璧さ。」
もう,いい加減にしてくれという気持の680であった。
「僕,間に合ってますから,失礼します。」
「おーい・・・・・イーサーネット・TCP/IP対応もあるん・・・・」
Kが呼びとめるのを振り払う様に店をでた。
680,少しは大人に成った様だ。しかし,この国,一癖も二癖もあるヤツがいる。果たして,680身ぐるみ剥がされず抜け出す事ができるのであろーか。
次回,至上最強のコンピュータの登場である。      
つづく。
■1999年8月22日
連続冒険活劇 680の大冒険 7回目
ミニコン国のさびれた町で,妙な物を売りつけられそうになった680であったが,町ハズレまで来たとき,
「・・・・オープンシステムブーメラン」
背後から,攻撃を告げる声がかすかに聞こえたと思った瞬間680の肩に激痛が走った。
「う・・・・ん・・」
余りの痛みにうずくまる680であった。
すると,背後から馬のヒヅメの音がスゴイ勢いでせまってきた。
「隊長。肩をかすめています。ネライ通りです。」
「捕らえろ!!」
680が見上げると10騎程の騎馬隊に囲まれていた。そのうち,一人が馬を降り,680へ近づいて来たとき,
「TCP/IP,POP3オープンシステムキック」
680の攻撃だ。ところが,全然効かない。効くどころか,
「はっはっははは」
「こいつ,まさか このSun族にオープンシステム攻撃をしかけるとは,はっはっははは・・・・。」
おいおい680。オープンシステム先駆者のSunに,この攻撃は通じないぞ。
よーしこうなったら新兵器だ!! 680いけー。
「大容量48M CFカード メガトンパンチ!!」ドカーン。
「今度は,48Mだって,ガハッハッハ。それも大容量だってよ・・・。はっはっは・・・」
ダメージどころか,500Mを超えるメモリーを搭載する騎馬隊は笑いをこらえるのに必死であった。
「早く捕らえろ! 敵の者かも知れぬぞ!!」
隊長の命令により,先ほどの兵士が680の肩に手をやった,その時
「隊長ー。前方に敵です。それも,大軍でーす。」
見ると数キロのところに,何百という騎馬隊がこちらに迫って来ている。
「ナニ!。本隊に知らせるぞ。」
「隊長。コイツはどうしましょうか?」
「ほっとけ,急げ! 行くぞ。」
すると,680を囲んでいた騎馬隊は,ものすごいスピードで来た方向に走り去って行った。
「なんってこった・・・・・」
680,助かったのであるが,それよりも攻撃が全く効かなかった事がショックなのであった。
しかし,680落ち込んでいる暇はないぞー。
今度は,何百という騎馬隊が迫っているんだ。
このミニンコン国では,お前の攻撃は効かない。とにかく逃げるんだー。
つづく
■1999年12月12日
連続冒険活劇 680の大冒険 8回目
JORNADA村から,兄弟を探す旅をしている680であったが,ミニコン国で,Sun族と戦ったがまったく歯が立たない!!
ショックのままうずくまる680の背後にSun族の敵と思われる,何百の騎馬隊が迫っている。
680ピンチ!! 早く逃げるんだ!!
と,作者が応援する間もなく2騎の騎馬がせまって来た。
「アッツ!」
680が声を上げた瞬間に,騎馬の戦士に両肩を持ち上げられ,騎馬隊の中へ引きづられて行った。
「隊長。この者です。」
「ウン。見たところSun族の者ではないな。」
「僕は,680です・・・JORNADA村から兄弟を探すため,旅をしている者です・・」
もはや,戦う事も逃げる事もできない680であった。
「JORNADA村,・・・・・・,顔を見せて見ろ!!」
680が顔をあげた。
「もしかして,お前の母親は620でないか?」
「ハイ。そうですが・・・」
「ガハッハッハ,そうか,そうか・・・・・」
いきなり,隊長が満面の笑みを浮かべ,
「皆の者!! 聞け!! この者は我々と同様HP族であるぞ!!」
なんと,この手の冒険話しは都合良くできているもので,
680最大の危機と思われたが,捕らえられた先はなんと,母方の親戚であるHP族であったのだ。
Sun族に攻撃された傷の手当てを受けながら,HP族の騎馬隊と共に過ごす680であった。
「隊長,なぜSun族と戦うんですか?」
「うん。それはな,もし戦わねばこちらがやられてしまう。
戦いを望んでいるわけでは無いんだ。」
680に説明する隊長であった。
「それに,680。バブル崩壊で日本の経済は冷え込み,昔みたいにUNIXサーバだからって簡単に売れないんだ。この中で生き残るのは顧客データ・・・・・・」
680にはよくわからない話しだったので,さえぎる様に680が言った。
「そんな事よりも,隊長。僕にSun族と互角に戦える様に攻撃技を教えて下さい。」
「いいぞ。まず,わしにお前の攻撃をしてみろ。」
とまどいながら,680が攻撃をしかけた。
「TCP/IP,POP3オープンシステムキック」
「ははっはは・・・。そんな攻撃じゃダメだな。」
「もっと,お前らしい攻撃をしかけないと,やつらには通じないぞ。」
「自分らしい攻撃・・・・・・よーし」
「大容量48M CFカード メガトンパンチ!!」
「だめだな。もっと自分の特徴をアピールするんだ。」
「よーし,では・・・」
680が身構え精一杯の声を張り上げた!!
「個人情報携帯端末でブラインドタッチができ,リモコン代わりにもなるんだよカカト落とし!!」ブーン
「うーん カシオペアユーザから文句が出そうだが,いいぞ! その調子だ!」
てな,感じで技を鍛錬する680であった。
傷も癒え,攻撃技に自信を取り戻した680がある時,
「隊長,そろそろ僕・・・・。兄弟探しの旅に戻ります・・」
「わしたちといっしょにSun族と戦う気持にはなれないのか・・」
「そんな,企業間の戦いには巻き込まれたくないです。僕はやっぱり個人をターゲット
としたコンピュータなんです・・。だから・・・」
「わかった。お前はお前の道を歩むがいい。」
せっかくの親戚との出会いをたちきり,心身ともリフレッシュした680は兄弟探しの旅に戻るのであった。
次回,摩訶不思議な国に紛れ込んでしまった680〜。お楽しみに。
■2000年1月17日
連続冒険活劇 680の大冒険 9回目
偶然にも親戚であるHP族に助けられ,ミニコン国を抜け出した680であった。
兄弟を探すために,旅をしているのだが一向に手がかりがみつからない。
しかし,東にその手がかりがある事を信じてひたすら歩くのである。
すると,ポップ調の色彩で彩られた屋根が立ち並ぶ,町が見えてきた。
「派手な町並みだなー」
と思う680であったが,ジョルナダ村では紫色した筐体をもつチョット異色であった680には期待が湧いて来るのである。
町の入り口で,デザイナー風に見えるイチゴ色,薄い黄色,薄い紫色の
身体の中が少し透けて見えるオールインワン型のコンピュータがおしゃべりをしているのを見かけた。
「こんにちは。えーと ここはどこですか?」
問いかけると3台のコンピュータが振り向き,680の顔を見ると,どういうわけか又,3台で話しだした。
聞こえなかったのかと思いもう一度大きな声で聞くのである。
「すみません。ここはどこですか?」
今度は,明らかに聞こえているはずだが680の方を見ることもなくおしゃべりを続けるのであった。
「なんだこいつら。まあ失礼な人ていうのはどこの町にもいるもんだ,
ついてなかっただけ,違う人に聞こーと。」
気を取りなおす680であった。
しばらく行くと,OL風の薄い青色,青りんご色したコンピュータがおしゃべりをしていた。
「すみません。ここはどこですか?」
同じであった。
680の顔を見ると無視されてしまうのである。
「ヒドイ人達だなー。それとも,僕の顔に何かついているのかなー」
窓越しに自分の顔を見るのであるが,いつもの様に,Windows CEのデスクトップが出ているし,ディスプレイの輝度も問題ない。
とにかく,充電させてもらって早く町を出ようと考えた。
しかし,行けども尋ねれそうなコンピュータに出あわなかった。
「おーい。」
「おーい。」
まさか,その声が自分に向けられていると思わなかったが,ひつこく声がする。
振り返ると。この町で見かけた人とは違い,ディスプレイ・フロッピが別売りの様で筐体には付いていない初老のコンピュータが声を掛けてきた。
「見かけぬコンピュータだな。旅人だろー。」
「はい。兄弟を探すために旅をしている者です・・・。
 680といいます。ここは,なんという町ですか。
 みんな教えてくれなくて・・・・・・」
「そうか,悪かったネ。ここは,アップル国じゃ。
 みんな悪気はないんだよ。
 ただ,お前さんみたいなWindows顔のやつには,どうしてもそんな態度
 をとっちゃうんだよ。
 おっと,わしは『アップル?U』とでも呼んでくれ。」
Windowsがなぜ悪いのか不思議に思ったが,親切に話してくれる,
アップル?Uに悪い様な気がして聞けなかった。
「アップル?Uさん。充電したいのですが・・・・」
「うーん。実はわしの家は,焼けちゃってなー。わしも焼きだされたのだが,
チョット修理すれば,このとおり元気になったというわけさ。
その当時は,奇跡だとかいって話題になったもんなんだー・・・・」
なぜか,思いでを語り出すのであった。
「そうかそうか,充電だったな。わしの知りあいの所へ行こう。」
そう言われ,アップリ?Uの後をついて行くのであった。
変な国に来てしまった680。果たして無事充電をして抜け出す事ができるのであろうか,まだまだ何かありそうなアップル国。次回をお楽しみに。
■2000年2月5日
連続冒険活劇 680の大冒険 10回目
アップル国で充電に迫られた680は,親切なAplle?Uといっしょに充電ができる場所を求めて歩くのであった。
Aplle?Uの後をついてゆくと,やがて町ハズレの古ぼけた一軒家の
前に来た。
「ここだ。」
Aplle?Uが指差した。
「スリー!」ドンドン。と呼びかけても応答が無い。
「しょうがない,ヤツだなー」と言いながらAplle?Uがドアを開けると,暗い部屋の中で,1台のコンピュータが椅子に座っているのが見えた。
「昼間から飲んでいるのか!」
「ウィ。あ〜。兄貴か・・・」
「すまんが,電源を貸してくれないか。旅人が困っているんだ」
「フーン。兄貴はいいよなー。どうせ俺なんか・・・・」
といいながら住人は酒をあおるのであった。
「すまんなー。コイツではだめな様だ。次へ行こう。」
次へ向かう途中で,680が思いっきり聞いてみた。
「さっきの人は,弟さんですか?」
「うんそうだ。Aplle?Vていうんだが・・・・。どーも俺をネタンでいる様でな
世間からも見放されてしまっているんだ。」
次はここだ。
「リサ!」ドンドン。と呼びかけると中から派手なオバチャンが出てきた。
「あらー叔父さん。こんにちは。」
「すまんが,電源を貸してくれないか。旅人が困っているんだ。」
「えー。叔父さんが私に頼みごと?。珍しいわね。
まあそのぐらいしないと叔父さんも割に合わないわね。
でも,今,出かけるところなの。オホホホ・・・。」
と,一方的にしゃべりたおしたあとドアが閉められた。
「すまないねー。
姪のLisaと言うんだが・・・。プライドばかり高くて。」
二人は無言で理由もなく出合った場所へ向かって歩き出した。
すると,前方にネズミの様なものが,電柱の影から影へと動いたのが見えた。
「ニュートン」
Apple?Uが呼びかけ近づいて行くと
「ひゃー。ごめんなさい。すみません。道を歩いていててごめんなさい。
生まれてきてごめんなさい。」
「いやいやそうじゃないんだ。ニュートンすまんが,電源を貸してくれないか。旅人が困っているんだ」
「えー。ごめんなさい。僕のせいで・・・コンセントなら電柱の上の方にあるんで,もし使えなかったごめんなさい。
さよーならー」
と,又ネズミの様に道の隅っこから隅っこを素早く動きながら去っていった。
ニュートンはかなり自虐的な性格な様だ。
「おー。そうか そうか。680ここのを使いなさい。」
といって,電柱に設置されてコンセントを指差した。
「ハイ。ありがとうございます。」
680が充電を始めた。
すると,最初に出合った,身体が透けている派手な色のコンピュータが沢山集まってきた。
680の顔をじーと見ているのだが,その目線は冷たく,陰険なムードが漂っていた。
「Apple?Uさん。いくらあんたの知りあいでもMS-Windows顔のヤツにこの町の電源を使わすなんてゆるさないゼ!」
一人の青リンゴ色したコンピュータが言った。回りのコンピュータも同調する様にうなずくのである。
「何を言っているんだ。この子は困っているんだぞー」
「困っているのはそいつの勝手さー。MS-Windowsの連中に助けてもらえばいいんだ。
みんなー。コイツをこの町から追いだすぞ!!」
と言うと十数台のコンピュータが充電中の680を囲み,無理やりコンセントから引き離そうとした。
680〜。おとなしく言うことを聞くんだ。
なんせ,Macファンはパワーユーザが多くて,作者も立場が悪くなるんだ。抑えてくれー。頼むー。
と作者の訴えを聞いていないのか,680が攻撃名を告げるのであった!!
「昔のEXCELはロータスより人気がなかったけど,Macファンに支持されたおかげで,広まって行っただよー有効ビーム」
ビーーーおーおーなんて素晴らしい攻撃なんだ。
攻撃を受けたコンピュータたちは,たちまち柔和な顔に変化したいった。
「いやー悪かったねー。そうだったんだー。充電していってよ。」
夢中で攻撃をしかけた680であったが,あまりの効き目にあっけにとられるのであった。
しかし,いつまた追いだされるかわからないため,いそいで充電を切り上げ町を出ようとした。
「皆さん。ありがとうございました。Apple?Uさんありがとう。」
「ウン。いいから早くいきなさい。」
Apple?Uも680と同様に不安を感じているのか,せかす様に言うのである。
「680さん。もっとゆっくりして行きなよ。家に泊まっていってもいいからさー。」
さっき,追い出そうとしたコンピュータに言われたが,逃げる様に町はずれへ向かった。
Apple?Uへ満足に礼を言えなかった事,みんなに嫌われている事,すっきりしない680であったが,兄弟探しの旅は終っていない。
そう言い聞かせ,また,東へと続く道を進むのである。

HP680日誌
http://www2.osk.3web.ne.jp/~sakota/index.htm
http://www2.osk.3web.ne.jp/~sakota/BOUKEN.htm






posted by datasea at 06:25| Comment(0) | ♪  詩・小説・著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月03日

玉青: 宮沢賢治の時計と銀河時間

玉青: 宮沢賢治の時計と銀河時間
銀河の時計―2021年01月26日 22時42分19秒
先日、天文時計の話題から、時計と天文学はつながっている…という話題につなげました(LINK)。だからこそ、このブログで時計の話題を採り上げる意味もあるし、昨年8月には「時計」という新たなカテゴリーが生まれたのでした(LINK)。
   ★
時計に関して、もう少し話題にしようかな…と思ったとき、このブログで時計を取り上げる理由が、もう一つあったのを思い出しました。それは、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の世界に出てくる時計たちの存在です。
たとえば物語冒頭近くの時計屋の場面。
あのショーウィンドウに並ぶ時計たちの何と魅力的なことか。あのショーウィンドウを再現するためだけに、このブログは相当な時間と労力を費やしたことを思い出したので、さっき過去記事を拾い出して、改めて「時計」のカテゴリーに分類し直しました。
それだけではありません。鉄道とは何よりもダイヤの正確さを貴ぶものです。空を走る銀河鉄道も、常に定時運行を心がけているので、ジョバンニが車内の時計をぼんやり見ていると、検札に来た車掌は、「南十字〔サウザンクロス〕に着く時刻は次の第三時ころになります」と厳かに告げるし、白鳥の停車場付近を散策する二人は、列車の出発に遅れぬよう、腕時計に目をやって一目散に駆け出すのです。そして印象的なのが、ドラマの終幕で、カンパネルラのお父さんの手に握りしめられた懐中時計。その針は、お父さんに残酷な事実――息子の死――を告げます。
天体の動きを説明する際、回転と周期性の概念は、頻々と顔を出します。地球という小さな惑星もそうだし、巨大な銀河もまたそうです。時計と暦が生まれたのも、もちろん地球の自転と公転の反映に他なりません。物体の物理的な運動だけでなく、生命現象や社会現象に関しても、サイクリックな変化は常に観察されるもので、その背後に円環的なダイナミズムが想定されることも多いでしょう。「そしてまた、生と死も永遠に回り続ける巨大な環のようなものなんだよ」…とか言うと、何となくもっともらしさと胡散臭さが同時に漂いますが、こんな静かな雨の晩は、「銀河鉄道の夜」と時計のメタファーの関係を、ぼんやり考えたりしたくなるのです。
by 玉青 [時計] [宮澤賢治]

天文古玩
http://mononoke.asablo.jp/blog/2021/01/26/9341386
 http://mononoke.asablo.jp/blog/2015/04/13/7611085


posted by datasea at 19:02| Comment(0) | ♪  詩・小説・著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

玉蔵: シンプソンズ予言〜民主主義が終わる時刻......



Screenshot_20210115-080956.png

Screenshot_20210115-081003.png





玉蔵: シンプソンズ予言〜民主主義が終わる時刻......
シンプソンズの予言 また的中?
雑談2021.01.13
ヒャッハー!
さて、股間に汗を握って見守る米大統領選。
以下、ちょっと面白かったので張っときます。
大きな出来事が起きるたび、シンプソンズが予言してたと話題になるんですが、
またしても予言してたの?
連邦議会占拠を予言してたと出てますね。
◎>
The Simpsons Predictions Again. 
#Simpsons #Capitol 
#USA 
pic.twitter.com/ONJBXO5DWl
− FakteFriksuese (@FakteFriksuese) January 8, 2021
人々がマスクしてるのが何とも。
◎>
Lol the Simpson's predictions be giving you chills. They've always been accurate.
Seems like we're in a matrix or simulation 
pic.twitter.com/qrZCjHed6R
− Jamila Motunrola (@mobytoolz) January 7, 2021
DEMOCRACY ENDS IN 08:38と出てます。
民主主義が終わる時刻を差してるんでしょうか。
◎>
Simpsons Prediction Democracy will end in 8:38 Satanic pic.twitter.com/9h0PBwS2GN
− iWokeUplikeThis (@JoshuaSkipper11) January 7, 2021
the simpsons 2021 predictions are becoming a bit too real: pic.twitter.com/FmJemGPKkl
− 𝒁𝒆𝒅  (@ZedandEs) January 6, 2021
◎>
Those Simpsons prediction are just crazy! pic.twitter.com/ohLBukrcAB
− Rashed AlRajeh (@RashedAlrajeh) January 6, 2021
おほぉ。
ヨハネの黙示録の4騎士が出てるよ。
こりゃ知ってる人物が制作陣にいるに違いない。
今年から殉教者の苦しみ期間に入るのを知ってるのか。ぇえ?
あのバッファローさんも予言されてた?
◎>
If you want to know what happens the rest of the year watch The Simpson’s predictions are on fire  
pic.twitter.com/iYDIg07AVI
− Joe howey (@HoweyJoe) January 7, 2021
ってこれは誰かがジョークで作ったコラ画像だそうですた。
くほほほほ。毎回楽しませてくれるシンプソンズさん。面白かったので張っときますた。
本当にありがとうございますた。

黄金の金玉を知らないか?
https://golden-tamatama.com/blog-entry-simpsons-prediction-become-true.html

Twitter
https://twitter.com/mobytoolz/status/1347057550211092486




posted by datasea at 08:39| Comment(0) | ♪  詩・小説・著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月16日

TOCANA: 「2021年シンプソンズの予言」発表

TOCANA: 「2021年シンプソンズの予言」発表
「2021年シンプソンズの予言」発表! 来年世界が滅亡,疫病や飢餓も…当たりすぎるアニメ予言!
2020.12.09 10:00
関連キーワード:アメリカ, アニメ, シンプソンズ, 2021年, 予言
アメリカの人気アニメ「シンプソンズ」は,トランプ大統領の登場やヒッグス粒子の発見,新型コロナウイルスの流行から,レディ・ガガのド派手なパフォーマンスや人気ドラマの最終シーズンの内容まで,実に様々な予言を的中させてきたことでも知られる。そのシンプソンズで2021年が予言されたと話題になっている。
そのゾッとする内容とは−−。英「The Sun」(11月10日付)が報じた。
・BACK TOON THE FUTURE What are The Simpsons predictions for 2021? (The Sun)
2021年の予言だと噂されているのは今年11月1日に放送された「Treehouse of Horror XXXI」というエピソードで,この回はハロウィン恒例のスペシャルだった。
時事ネタをふんだんに盛り込むシンプソンズらしく,この回は米大統領選を扱っている。
物語の舞台であるスプリングフィールドでも選挙が行われており,
「バイデン・ハリス」
「トランプ・プーチン」
などの看板が掲示されている。主人公ホーマーは家でだらだら過ごしていたが,娘のリサにこの4年間にトランプ政権がやったことのあれこれを示され,ようやく投票する。
だが,それは庭で昼寝を決め込んでいたホーマーの夢だった。
シーンは変わり,2021年1月21日の大統領就任式の日を迎える。
だが,スプリングフィールドは戦火にあり,米国土安全保障省のロゴを付けたロボットがうろついていた。
ホーマーは台所用品で作った鎧を着込んでライフルを抱え,ビール片手に屋根の上に座り込んでいたが,ふと空を見上げると,黙示録の四騎士がスプリングフィールドにやって来て,「戦争」「飢饉」「疫病」「Treehouseof Horror XXXI」の旗を掲げていた−−。
このエピソードは米大統領選投票日の直前に放映されており,「投票しないとろくでもないことになるぞ」という風刺を込めたブラックコメディである。
だが,投票日を過ぎても大波乱が続くにつけて,この後半の2021年のシーンは「予言ではないか」と注目を浴びたのである。
すなわち,アメリカ国内の内戦と世界の終末である。
なお,制作陣はシンプソンズの予言について,「何十年も続けていれば予言のように見えることもある」と一笑に付している。
だが今回の大統領選でも,最終的な投票結果の地図が2012年に放送されたエピソードのワンシーンと一致したとの指摘があり,シンプソンズの予言への注目はまだまだ終わりそうにない。
画像は「Google」より引用
参考:「The Sun」「Distractify」ほか

TOCANA
https://tocana.jp/2020/12/post_188834_entry.html





































posted by datasea at 23:04| Comment(0) | ♪  詩・小説・著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

フレデリックポール『22世紀の酔っ払い』〜謎の感染症に苦しむ22世紀の世界


フレデリックポール『22世紀の酔っ払い』〜謎の感染症に苦しむ22世紀の世界
フレデリックポール『22世紀の酔っ払い』
1971
大学の数学教授コーナットは絶えず自殺に駆り立てられていた。。しかしその願望は常にある偶然によって未遂に終わる。そんなある日,学術調査団は研究のために南海の孤島から原住民を連れ帰った。しかし彼らを媒体として天然痘が流行して世界的恐慌を引き起こした。
そのうちコーナット博士は高名な知識人たちの不可解な死因と天然痘とを密かに喜ぶ存在に気付いた。誰が?そしてその理由とは?フレデリックポールが軽妙なタッチで描くユーモア SF 。
■不死人と感染症
レーム巡査部長は医療センターの群衆についてジルソンと不機嫌そうに話していた。コーナットはレームが立ち去ってくれればいいと思った。彼にはレームが不死人たちにとって危険な存在であることが分かっていた。
あまりにも度重なる不慮の死に同じ人間が関わりあうわけにはいかない。。レームはジルソンの手にかかったカール学部長の死を捜索したのであった。たとえコーナットの死は自殺でも死にゆく彼がジルソンと一緒のところを見られて捜索されるわけにはいかない....
コーナットは自分が未来の人類である不死人の安全を守るために死ぬべきということはそれほど正しいことと思っていたのであった。。彼にはそれが判っていた。彼ら自身が彼にそう言っていたからである。ある言葉が彼の注意を引いた。
「ー病気発生以来あらゆる病院に人が押し寄せてきた」
レーム巡査部長は医療センターの前にいる群衆の方に手を振りながらジルソンに話した。......まるで今夜は吸血鬼が出ているからにんにくを手に入れなければならないといったような雰囲気であった。病気というのは暗黒時代の遺物なのであった。頭痛とか胃の不快はあるが病院に行きさえすれば診断装置が何とかしてくれる。レームは唸った。
「コーナット博士!どこに行ってたんですか?この辺りだけでも1000人近くの人が死んでいるんです。群衆は免疫を求めています。いわゆるガンマウイルスというやつですよ!本当に天然痘だと思っているんです!」
天然痘?ますます現実離れしている。こんな言葉は古語としてしか知らなかった。。
「街中いたるところで事故が起きています」とレーム。
「熱と発疹ー私は徴候のことは知りませんがね。しかし命とりの病気なんです。医者にも治療法がないようなのです」
南の島からやってきた現地人が言う。
「わしら匂いでわかる。今度の病気,うつる。たくさんの人,できものできて死ぬ」
警官隊が囲いの前にバリケードを作っているのを眺めていた原住民の一人であった。レームは言う。
「不幸なことに彼の言う通りらしいんです。あなたの調査団は山のような厄介ごとを持ち帰ってきたようです。感染の中心らしいのがどうもこの連中の保菌者かららしいです。彼の顔を見なさい」
幅の広い褐色の黒い顔に古いあばたの跡が残っている。
コーナットにはますます信じられないことであった。。群衆の暴動?実際には彼の知ったことではないのであった。彼はこの世にはもう何も問題はない。。彼はレームに挨拶してすぐ数学館の方に動いていった。原住民は後ろから叫んだ。
「わしらのマサツラサンを待って行ってくれ!あなたに話がある!」
..........
全市にそして世界中に医療センターの前と同じ風景が見られた。。住民が疫病の影に怯えてーここ何世紀も消えていた疫病であるーそれから守ってくれる種痘の接種をうけに駆けつけたのである。本当に重症になった人間は100人に1人もいなかったのだが,それだけでも十分なのだ。。120億人の1%は12000万人で,世にも恐ろしい,何よりも伝染性の強い医学的には一番どうしようもない病気だ。それというのも天然痘は絶対に防げるものであったし,これが不意をつくことができたのは,世界がジェンナーのことを忘れてしまったからだった。。あるいはジェンナーの何世紀も前の古い予防法を組織的に追放してしまったからだった。。。
ポートマンマーズの一番高い塔には8つの大手テレビネットが共同の中継施設を持っていた。赤道儀に乗ったワイヤーの円盤が中継衛星を求めてそれを睨み回している。それぞれの人工衛星が軌道に乗って地平線から現れると円盤はそれを求めて捕まえるのであった。円盤はそれを空が横切るまで食いついて追い続けて,再びカーブした地平線にそれが沈むとそれから離れて新しい人工衛星を求めて同じ事を繰り返す 。。中継に使える人工衛星は60以上も地球をまわっていたしその一つ一つが特別にそれぞれの放送網の番組を受信して整理して増幅して再送信するために装置を積んで打ち上げられたのだった。。.......

gujbjjj pc

posted by datasea at 20:31| Comment(0) | ♪  詩・小説・著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

[動画][資料] 三島由紀夫追悼
















2020年11月22日20:00
三島由紀夫の想ひ出
1: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 21:58:22.19 0
狼の高齢者の方々ならリアルタイムで知ってそう
Yukio_Mishima
2: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 21:59:40.18 0
高齢者の方々はもうおねむだろ
5: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:04:14.25 0
ノーベル文学賞がどうしても欲しかった
8: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:11:21.79 0
敬愛している
あれだけの三島の至誠な思いがまだ通じてないのが悔しいね
三島が理解される社会で無いと日本の復活は遠い
10: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:23:19.12 0
極東のただ富裕な島国が残るだけになるっていうメッセージは強烈に残ってるしそのとおりになった
27: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:51:18.07 0
>>10
富裕じゃなく無機質な
47: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:20:39.25 0
>>27
極東に技術はあるが無機質で精神的に空っぽの国が存在するだけ それが日本 
見事に言い当ててる
11: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:25:19.71 0
何かTVやってたのか?
民放の変な再現ドラマモノならいいけど
14: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:29:23.61 0
>>11
NHK
内容としては「肉体的コンプレックスまみれでした」
12: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:28:28.57 0
スカパーで昔の主演映画やってたから観てみたら死に方がコントだった
白目剥いて死ぬの
13: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:28:48.19 0
さっきまでNHKで特番やってたな
狼で実況したかったけどスレ立てられなかった
15: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:29:27.42 0
三島由紀夫が死んだ後に生まれた世代だけど
よく考えたら自分が三島由紀夫が死んだ年を越えちゃってることに気づいてゾッとする
16: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:29:34.52 0
NHKなら見たいなと思ったら
作家・三島由紀夫の知られざる生涯とは?ダンサー菅原小春がたどる
何やねんこの切り口
18: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:30:40.54 0
学生の頃Mishimaの海外の反応を見ようとして色々検索してたら生首が出てきてトラウマ
22: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:34:45.61 0
三島由紀夫ってあの時代の人にしてはめっちゃ英語上手いけどどうやって習ったんだ
23: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:42:34.55 0
東大だぞ
24: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:45:52.53 0
読み書きがよくできるのは当時のインテリでは普通だろうけど
あそこまで喋れるのは三島くらいしか知らない
25: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:48:46.75 0
耳が良かったのかな
講演の音声も出てたけど喋るのもわりと上手そうだった
26: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:50:26.01 0
偶然今日「沈める滝」読み終わった
不感症の顕子が最後に自殺するところぜんぜん意味分からないのよね
不感症であり不干渉であり人に接触しても傷つくこともないのに
自殺にするより内緒で冬山に来ていた顕子が雪崩に巻き込まれて亡くなる設定の方が
ミステリータッチで面白いと思うが
春まで発見されないんだから
なんて考えながら読んでた
28: 名無し募集中。。。  2020/11/21(土) 22:51:54.22 0
サーキットの狼でフェアレディZに乗ってた
30: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:53:05.74 0
現代に蘇った三島由紀夫
妖怪のようになった美輪明宏を見て自殺
31: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:55:53.05 0
老害になった石原慎太郎を見て再び自殺
32: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:57:48.59 0
大学の教養学部の文学の授業で三島由起夫だけを一年中講義するなよ。
最近はどうか知らんけども
104: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 18:29:45.97 0
>>32
国文はほぼ(作家の)モノグラフだから:
有事には新宿駅前で街頭演説してるのを見かける小森先生の事か
33: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:58:11.65 0
チビ痩せが男に目覚めてムキムキに
気持ち悪い文体と比喩,突飛な登場人物に物語
まるでメンヘラ女が妄想を並べたてているだけの様な
ただのクソ作家
34: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 22:59:43.61 0
文章は上手いだろ
35: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:00:43.47 0
三島の檄文は見事に現代を射抜いているな
36: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:00:50.91 0
花ざかりの森とか笑えるよな
38: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:01:43.32 0
>>36
でもあれ高校時代に書いたんじゃなかったっけ
39: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:02:28.67 0
三島にしても村上春樹にしても重要な作家っていう事は確かなのに夕刊紙並に矮小化して批判するやつって哀れだな
40: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:03:49.00 0
三島とステマ作家の村上春樹を並べる奴も哀れだな
41: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:05:19.91 0
初期の作品のが圧倒的に面白い
43: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:07:52.42 0
評価されてる人間を下げて自己満足を得ようとするネット住人
44: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:12:03.43 0
いや三島でも村上春樹とは一緒にされたくないだろw 馬鹿すぎるような書き込みをしといて何を言ってんだよw
45: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:16:04.19 0
三島由紀夫も村上春樹もタイプは違うけど世界の文学史上に残る作家
それを夕刊フジレベルの視点で批判するのは勿体ないってこと
ok?
46: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:17:26.10 0
三島由紀夫生きていたらノーベル賞とれたかな?
50: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:25:03.71 0
>>46
とれてたんじゃないかな 村上春樹なんかとはレベルが違う
と言ってもノーベル賞がそれほど的確なものかどうか 意味があるのか? そもそも日本文学を外国人が理解できるのか?
48: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:21:46.52 0
90年代以降のずっと停滞した日本を見てどう思うのか知りたい
58: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:49:18.99 0
>>48
停滞? 三島が言ってるのは精神ね 経済じゃなくね
49: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:23:46.19 0
三島はともかく村上はない。一部の愛好者だけが騒いでるだけ。
夕刊フジレベルとかいって,お前がそれを超えるような論評をしてみろよ。
51: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:26:31.93 0
川端が受賞の際に三島も候補に挙がってたんだよな
三島があの事件をおこさなきゃ確実に受賞してたと思う
52: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:29:05.23 0
もう三島のような日本語をあやつる作家は出てこないだろう
本人もそう言ってたはず 
98: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 17:13:46.99 0
>>52
自分が最後の日本の小説家だって言ってた
たぶん古典の教養を備えた物書きって意味だと思うけど
53: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:30:08.96 0
石原って三島と対等か下に見てる感じだけど何なのあいつ?
60: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:51:04.23 0
>>53
三島が石原を羨ましがったのは体格だけだよ
54: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:31:47.04 0
俺は小説より舞台作品の方が優れていると思うしそっちの才能はあったと思う
三島が手掛けた新作歌舞伎は今でも上演されるほど人気作らしいね
今,歌舞伎に手を出すのは演劇人ばっかだし,小説家でそれだけの仕事ができる人はどれほどいるだろうか
63: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:54:07.46 0
>>54
俺の父親は大学の時に戯曲を書いて文化庁芸術祭奨励賞を受賞したが,そのときに演劇部門で芸術祭賞を受賞したのが三島由紀夫で昭和40年くらい
57: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:48:40.79 0
最後の天人何たらも凄いよ最後の数ページを除けば完璧
64: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:55:07.29 0
>>57
前作の暁の寺あたりから怪しかったぞ
62: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:53:47.68 0
どんな天才でも賞とか権威に固執するもんなんだな
俗人やんけ
村上春樹だってああいってるけど賞欲しくてしょうがないんでしょ
65: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:55:45.26 0
三島は賞に固執してないだろ 固執してたらもっと書いてる
66: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:56:27.46 0
暁の寺は変な思想が入ってるからな俺も読むの苦痛だった
でも天人何たらは好き
奔馬は途中の物語で心が折れそうになる
春の雪は言うまでもなく神
68: 名無し募集中。。。 2020/11/21(土) 23:59:21.90 0
ここまでの話を総合すると何でもできるってことだな
74: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 00:08:08.00 0
>>68
大蔵官僚も勤まるくらいだからな
70: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 00:04:16.79 0
同性愛が揶揄になると思っている人って実に滑稽だなぁと思うわ
特にLGBT流行りの昨今においてw
72: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 00:07:04.96 0
さすがに俺が産まれる前だから詳しくは知らんが
ちょうど年齢と昭和が一致してたんだろ?45歳で死んだ時が昭和45年
73: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 00:07:09.97 0
ノーベル賞取った大江より三島の方が今でも海外で読まれてる現実
75: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 00:10:22.30 0
三島の話は論理がとても明快だね
頭が良い人だと思う
77: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 00:12:41.81 0
東大でもトップクラスだったらしいけどそれでも計れないくらい頭良い
78: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 00:15:28.92 0
でももーれつア太郎が好きだった
79: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 00:15:41.64 0
思考も容姿もシャープなままずっと人々の中に残り続けてるわけだからある意味本望なのかもしれない
あれだけに
80: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 00:21:49.56 0
戦争中に医者の誤診で兵隊にならずに終戦になって周りが戦死してるのに自分だけ生き残ってる罪悪感がいつしか
「死を恐れないのが男」周りは死を恐れず戦死した。俺もせめて死を恐れない男になりたいという強迫観念になっただけ。
82: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 00:26:46.67 0
高校のとき三島や芥川ことくさす国語教師がいたけどそいつが一番人格破綻してたな
84: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 00:27:57.00 0
>>82
三島嫌いってことは太宰好きか?
83: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 00:27:13.40 0
よぼよぼになった美輪あきひろと対面させたい
85: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 00:31:59.94 0
三島と交流ある作家の第一印象が皆「ずいぶん小柄な人だな〜」だから
よほどチビだったんだろうな
87: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 01:08:15.37 0
>>85
顔が小柄の人っぽくないからな
88: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 01:22:11.89 0
NHKプラスでこの人を特集した番組が観れるよ10分だけどこの人の死生観を聞いて色々考えされられたわ
89: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 08:39:23.38 0
三島の英語は独学だぞしかも30代後半に一念発起してマスターしたらしいwどこかで読んだことある
90: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 08:39:23.87 0
画像検索すると一番上に生首
92: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 08:41:02.45 0
大江がノーベル賞もらったと知ったら失笑するだろう
100: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 17:31:39.19 0
文章は抜群にうまいし頭もすごくいい
けど最後の切腹は理想の自分を演じたお芝居だと思う
101: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 17:39:27.40 0
口では死んでやる!って言うやついるけど実行できるやつは稀有
102: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 17:47:31.34 0
>>101
ほんこれ
若いうちに自死した人間の言葉は重い
死生観に能書き垂れてもジジババになるまで生きたら説得力ゼロ
105: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 18:35:13.40 0
中村光夫との対談「人間と文学」が最高傑作だった.
自殺を匂わせるような発言を先輩格の批評家だった中村にしている.
106: 名無し募集中。。。 2020/11/22(日) 18:35:40.93 0
こいつ何やっても最高傑作にされてんな
転載元:https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1605963502/
コメント一覧
1. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:00 ID:XMuC.Cmz0
エルダー帝国ガガーン少将,速い速すぎますぞ!
2. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:07 ID:6bUHEpeQ0
天才だよね。
カッコいいよね。
3. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:08 ID:2CiYeINA0
ガチ系文学
読んでて気持ち悪かった
4. なな 2020年11月22日 20:08 ID:Qfi1FT.G0
>>1
いつも女に言われてんだろ?w
早過ぎだってw
三島由紀夫ねぇ…リアル中二病の極みって感じかなぁ。もう少し冷静にテクニック使えば良いのに,とは思う。
5. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:15 ID:BynmPXlM0
宴のあと読んでみるか
6. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:15 ID:wuPVNBBa0
「戦うべき時にキチンと戦わんと,外来生物に乗っ取られて日本が日本じゃなくなるぞ」という予言を残していった。
的中したな。
7. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:18 ID:0AI4e.k80
文学的には天才。身体がひ弱くボディビル頑張る。でも運動センスと音楽センス,転じて演技センスは壊滅的。
8. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:25 ID:DkElojEr0
信者の過大評価がヤバすぎる作家
9. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:37 ID:0bIHkMyj0
愛国心なんて持ってるのは,幕末・明治・大正・昭和初期の,日本人だけ
19世紀中頃?20世紀中頃までの百年ちょいの期間だけ
モーレツなメンタルになっただけで元々人生豊かに生きていければいいだけのコイツの言う空っぽな人種だろ
縄文?江戸後期までの日本人に,三島の思想聞かせても反応するのは江戸時代の水戸学とかの極一部のインテリだけだろう
10. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:39 ID:31fMFeBz0
筋肉ムキムキの人。
この間,どっかに三島由紀夫が書いた文章っぽいのを読んだら,すんげーめちゃくちゃ読みやすかった。
11. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:46 ID:bJYlQnI20
天本英世とはどっかで一緒になった事あったんだろうか
両方とも戦争言ってない事にコンプレックス抱えてそうだ
ベクトルは間逆だろうが
12. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:47 ID:5VXKa08m0
>>4
からっぽでニュートラルな人間乙
13. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:49 ID:jN.3sfLw0
没後五十年ってことは,著作権延長になってなければ
来年から青空文庫で解禁だったのか
14. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:49 ID:5VXKa08m0
>>9
そりゃそうだ国内で完結していた時代にナショナリズムなんてあるわけなかろう
あるなら薩摩やら武蔵やらの郷土愛くらいなもの
いまさら何言ってんの?
15. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:50 ID:5VXKa08m0
>>10
このひとはエッセイおもしろいよね
16. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:50 ID:5VXKa08m0
こないだの特攻まとめに引き続きおもしろいピックアップね
17. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:52 ID:o71XDGLV0
襾減さんみたいな似非国士に較べりゃちったあいいのかね?
いや,救いようのねぇアホか,残念ながら
18. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:52 ID:5VXKa08m0
貼っておくよ
「果たし得ていない約束−私の中の二十五年」と題されたその記事は,異様なまでの焦燥感にみたされていた−
「私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。
このまま行ったら『日本』はなくなってしまうのではないかという感を日ましに深くする。
日本はなくなって,その代わりに,無機的な,からっぽな,ニュートラルな,中間色の,富裕な,抜目がない,或る経済的大国が極東の一角に残るのであろう。
それでもいいと思っている人たちと,私は口をきく気にもなれなくなっているのである」。
もはや経済的大国ですらなくなりそう
何も残らない
19. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:52 ID:2CiYeINA0
>>13
著作権延長で大きな影響あったのは三島くらいだね
パブリックドメインになればどういった層があの文学に興味を示すのか調査できたのに
20. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:53 ID:9qPpQqEw0
三島由紀夫がノーベル賞を取れなかったのは,当時の翻訳の問題という人がいるけれどどうなのだろう?
三島由紀夫の文章のニュアンスが翻訳では伝わりにくかったと
その点,情景描写に優れた川端作品は翻訳文でも理解しやすく評価された
21. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:56 ID:L3jn3FKE0
ジジイ多すぎだろ
22. 名も無き哲学者 2020年11月22日 20:59 ID:D39XoKWb0
双極性障害やろ
23. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:00 ID:Y.uD2qoN0
言葉遣いといい,頭いいんだろうなって思った
24. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:01 ID:kKieqkjl0
それは強烈な脇臭だったと何かに書いてあったけど本当なのかな
でも三島ならその悪臭も男らしいと思ってしまうかも
25. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:01 ID:9qPpQqEw0
村上春樹は,あくまでも大衆小説
幾度と候補に挙がりながらもノーベル賞を獲得できないのは海外でもそういう認識とされているから
三島はアジアや欧米でも文学作品と評価されるが,それでも村上春樹との差は紙一重だと思う
26. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:03 ID:R1Fj0zgX0
思想的な大作より夏子の冒険とかのカジュアルなヤツやらコラムの方が真骨頂な感じがするな
27. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:04 ID:kBS3HTVU0
ちょうど美しい星読んでる。
俗な感性もあってそれが下品でない筆致ですね。
28. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:05 ID:aBnQpF3H0
ちょうど今だと高須クリニックがこんな感じですな
29. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:05 ID:2CiYeINA0
過去にノーベル文学賞を受賞した作品を原文で読んでみた人どのくらいいるんだろう…
ノーベル文学賞なんて各国の色物が順番に選ばれてるだけのような
村上春樹もそろそろ割り当てられて,日本のマスコミ出版業界界隈で勝手に盛り上がったらいいんじゃないかな
30. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:11 ID:2dZ16Ppp0
>>28
高須なんかと一緒にすな
31. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:11 ID:NroME1In0
>極東に技術はあるが無機質で精神的に空っぽの国が存在するだけ それが日本 
>見事に言い当ててる
でも,今の日本人はそういう日本すら受け入れて,楽しんでいる節がある。
32. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:13 ID:5VXKa08m0
>>31
>それでもいいと思っている人たちと,私は口をきく気にもなれなくなっているのである」。
33. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:16 ID:ZnuiAJcr0
三島の価値が100なら村上春樹は3ぐらいだぞ
34. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:17 ID:D7NdYCVQ0
聖セバステァアヌスのポーズ真似て撮った痛い写真について,中野京子に本の中で「勘違いしてんじゃねえぞナルシスト」ってディスられてんのは笑った
35. なな 2020年11月22日 21:22 ID:Qfi1FT.G0
>>12
あははw
LGBTの奴らに言ってきてくれw
全く,ニュートラルにしたいのかシフトしたいのかどっちだよw
36. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:25 ID:BQgF1bzI0
意識の高い山本太郎
37. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:28 ID:E2TIRWDc0
美輪明宏に随分入れあげてたよね
やっぱソッチ系なのかしら
38. 名も無き哲学者の妄想映画 2020年11月22日 21:30 ID:BoTQSkyH0
 自衛隊に突入する三島の顔がイタリアの文学者・ダヌンツィオで,
 部下がアラン・ドロンとジュリアーノ・ジェンマで,回想シーンが
 「潮騒」の吉永小百合や山口百恵,「午後の曳航」のクリス・
 クリストファーソンとサラ・マイルズで・・・
39. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:30 ID:8ew1rCGh0
>>17
何その漢字?
40. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:31 ID:TKVzwx550
>>31
存在するだけって,平和に存在出来ていることがもっとも重要だと思う
思想ははっきり言ってどうでもいい
41. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:32 ID:MhqDNyn90
すごく繊細で周りがすげー過大評価な小物
典型的なINFJタイプで心から本音で語れる友人は終ぞできなかったんだぁ・・ってわかる
42. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:34 ID:8ew1rCGh0
>>37
山ピーとか実際20歳位までなら下手な女より余程可愛い男っているからなあ
43. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:42 ID:m.euS4F50
>同性愛が揶揄になると思っている人って実に滑稽だなぁと思うわ
>特にLGBT流行りの昨今においてw
あんなもん論外だと正直思ってるが,多分その手の運動してる奴らに殴られんのは流行りもの扱いしてるお前の方だぞw
44. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:49 ID:0p8nJtfJ0
三島がノーベル賞受賞出来なかったのは誰かがアイツは右翼だという噂を撒いたからだと三輪さんだか誰かが言ってたわ
45. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:50 ID:xBdWU.rw0
三島の生首って新聞や雑誌とかの写真?怖くて見れん
あさま山荘のこと調べてたら画像で被害者たちの遺体が出てきてトラウマになったからさぁホントネットって怖い
46. 名も無き哲学者 2020年11月22日 21:59 ID:yfB9vgHR0
切断された生首画像やね
検索したらすぐ出てくるよ
47. 名も無き哲学者 2020年11月22日 22:00 ID:jcdRLxxl0
>>28
これは太宰の書いたレス
48. 名も無き哲学者 2020年11月22日 22:10 ID:gKsce.SN0
アラカン親父だけど全然知らん。青島幸雄とごっちゃになる。
49. 名も無き哲学者 2020年11月22日 22:11 ID:VwtiTacJ0
アスペ感が凄い
だからこその感性で,書く力に恵まれてたからそれを展開できたんだろうが,吐き気を催すほどの気持ち悪さがある。ある意味,それが本物の作家なのかもしれないが
50. 名も無き哲学者 2020年11月22日 22:12 ID:RXQmVrL20
なかなか切れなくてどーのこーのという話がトラウトだわ
51. 名も無き哲学者 2020年11月22日 22:15 ID:c9awSJmy0
三島は反面教師にすべき人物だよ。
理想掲げて社会に撒き散らしただけ。
それを実現するための手段が伴わないと,結局絵に書いた餅で終了。
52. 名も無き哲学者 2020年11月22日 22:24 ID:5VXKa08m0
>>48
なんで芸人と三島を混同すんだよ
53. 名も無き哲学者 2020年11月22日 22:30 ID:RqETsMKp0
>>13
青空文庫はいいから,金払うから電子書籍で出して欲しい。
54. 名も無き哲学者 2020年11月22日 22:34 ID:wKzLbg.o0
思いつめすぎなんだよなあ,こんなので世間を騒がせるなと日本社会はこういう傾向が強いかもしれん
海外だとこういうのは一切無視だからね
日本だと,どうしたの?何か大変なの?的に誰かが手を差し伸べようともするし
55. 名も無き哲学者 2020年11月22日 23:08 ID:LuzoF7EC0
名前しか知らんけどパッパの憧れの存在だったらしい
56. 名も無き哲学者 2020年11月22日 23:13 ID:a4gD7wF30
>>37
当時の美輪明宏に敵う女もなかなかいない気がする
57. 名も無き哲学者 2020年11月22日 23:14 ID:a4gD7wF30
小説よりエッセイの方が好み
58. 名も無き哲学者 2020年11月22日 23:25 ID:hYHcgc3r0
小説はいまいちだけど劇作家と評論家としては優秀だったと思う。
日本文学上のほぼ唯一の天才が泉鏡花だと言っていて,少し意外だったんだけど,たぶん評論家としては冷静さを保ってたんだろう。
59. 名も無き哲学者 2020年11月22日 23:26 ID:lom4OGCw0
自分の空想と妄想に飲み込まれた男
恐らく自らの矮小さを知りながら,それに迎合できなかったんだろうね
弱い男だった
60. 名も無き哲学者 2020年11月22日 23:39 ID:QXp9m3pQ0
美輪明宏ってアレ吹かしだろ。三島の日記にも出て来ないし美輪以外誰も言ってない。
61. 名も無き哲学者 2020年11月23日 00:30 ID:hI3wz..E0
どんな手を使っても生き残るしぶとさとか今からの日本人に必要なものだと思うわ
この人は真逆で精神論すぎてな
62. 名も無き哲学者 2020年11月23日 00:33 ID:nBg.OGup0
頭良いとは思うんだけど色々と折り合いをつける柔軟さには欠けていたのかな
ロマンチストだったんだろうなと思う
63. 名無し 2020年11月23日 01:08 ID:j4Ceg0rj0
女神転生のゴトウ陸将のモデル
64. 名も無き哲学者 2020年11月23日 01:12 ID:aiXGBxzE0
三島由紀夫は腐り行く日本を憂い憲法改正を叫び山口二矢のように生涯を終えた。未だ手付かずで尖閣諸島問題も日米安保と他人事…日本は死んだよ…
65. 名も無き哲学者 2020年11月23日 01:14 ID:mTdcKd.c0
小説が西洋張りの石造りで,英語もペラペラで,毎日ステーキを自分で焼いて食ってたのに?
小説が源氏物語並みの木造で,日本語のみをたしなみ,毎日たくわんを食べていたじゃなくて?
何かを痛烈に批判する時ってだいたい自分のことなんだよね。
三島由紀夫を批判するやつも三島由紀夫だ。
この話は批判ではなく,事実を書いただけ。
66. 名も無き哲学者 2020年11月23日 01:39 ID:jYK1Wm.M0
>>50
鱒なの?
67. 名も無き哲学者 2020年11月23日 02:28 ID:bjUnp05R0
もし,三島の最後の演説が銀河万丈並に上手かったら自衛隊の何人かは決起していたんだろうか?
映像だと下手くそなアジ演説にしか聞こえないんだが?
音響機器の不備でマイクが使えなかったとはいえ酷すぎないかアレ。
仮にも役者だろ。
68. 名も無き哲学者 2020年11月23日 02:36 ID:4Zz995D.0
三島由紀夫が死んだ時の俺の感想。
あー,勿体無い,ノーベル賞取れたのに。これに尽きる。
69. 名も無き哲学者 2020年11月23日 02:54 ID:xNVqUFlW0
三島由紀夫のことは,今でも定期的に話題になる。
それは間違いなく三島由紀夫がクーデターを起こし,その後自決したからだろう。
思うに,三島由紀夫はそれがわかっていて自決した。我々は死してなお三島由紀夫の手のひらの上で踊らされているのだ。
70. 名も無き哲学者 2020年11月23日 02:58 ID:xNVqUFlW0
三島由紀夫は頭が良かった。
「自民党と日本共産党は同じもの」と見抜いていた。
日本共産党の正体を調べてみるといい。
日本共産党を作ったのはソ連?中国?北朝鮮?
違う。実は…
71. 名も無き哲学者 2020年11月23日 02:59 ID:IcM9LCah0
三島は生前に
「日本はなくなって,その代わりに,無機的な,からっぽな,ニュートラルな,中間色の,富裕な,抜目がない,或る経済的大国が極東の一角に残る」
という発言をしていたけど,いまは経済大国どころか衰退国家になりつつあるよな,いろんな意味で。
72. 名も無き哲学者 2020年11月23日 04:13 ID:UnyItHyA0
三島に愛国心があったかは疑問だねえ。
愛国教育を受けその枠組みから来る劣等感をこじらせただけの人だから。
兵役不合格→ボディビル
戦地に赴かず名誉の戦死もできず→愛国趣味,決起
ノーベル賞を取っていたら,劣等感解消で愛国趣味に走らなかったかもしれない。
73. 名も無き哲学者 2020年11月23日 04:33 ID:V0UMobWx0
小説もそうだけど,エッセイとかも読むと,偏った知識とテクニックが目に付いて,ハリボテ感がある。
ただ,そのハリボテがよくできてる感じ。
自分で創ったキャラを日常的に演じようとしてたんだろうなぁと思う。
74. 名も無き哲学者 2020年11月23日 05:13 ID:s9xBPa700
戦うべき時に戦わないと朝鮮人みたいになるぞを体現した人
コンプレックスに踊らされ,憧れ,嫉妬し,極論に走る
自分で分かってるだけ偉いね

5ch
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1604644725/
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1605058002/
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1605166473/
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1603761046/
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1603811673/

NEWSまとめもりー
http://www.akb48matomemory.com/

哲学ニュースnwk
http://blog.livedoor.jp/nwknews/

暇人\(^o^)/速報
http://himasoku.com/

わんこーる速報!
http://onecall2ch.com/

キニ速 気になる速報
http://blog.livedoor.jp/kinisoku/

ガハろぐNewsヽ(・ω・)/ズコー
http://gahalog.2chblog.jp/

Rocket News
https://rocketnews24.com/

しぃアンテナ(*゚ー゚)
http://2ch-c.net/?all=2020-10-15
http://2ch-c.net/?p=site&sid=179
http://2ch-c.net/?p=site&sid=50
















「我輩は将軍ミシマスキー」三島由紀夫自決前年のソ連軍服姿
11/18(水) 16:05配信
50年の間、封印されてきた三島由紀夫の写真を発掘(写真/共同通信社)
昭和45年(1970年)11月25日、市ヶ谷自衛隊駐屯地で三島由紀夫が壮絶な自決を遂げてから50年の節目を迎えようとしている。関連書籍が次々刊行され、新聞・雑誌では回顧特集が組まれており、そのカリスマ性は色褪せることがない。そんな三島の、50年の間、封印されてきた写真が発掘された。 【写真】濃い色の軍服にサングラス、メークを施し雪の中で椅子に座った三島由紀夫。背後にはチェーンを履いた装甲車
晩年の三島は志を同じくする学生らを集め、「楯の会」を結成。学生運動の騒乱を鎮圧するため自衛隊が治安出動したら、それを契機にクーデターを起こすことを計画し、楯の会の会員は自衛隊で軍事訓練を受けていた。 だが、その訓練の詳細が明らかにされることはほとんどないまま、自決から50年が過ぎた。その訓練中の写真が、ついに公開されたのである。  
写真は楯の会ナンバー2だった本多清氏が上梓した『三島由紀夫「最後の1400日」』(11月16日発売)に収録されている。刊行した毎日ワンズの松藤竹二郎社長が、発掘の経緯をこう語る。 「自決の前年にあたる昭和44年3月に御殿場にある陸上自衛隊の滝ヶ原駐屯地で、楯の会約50人の体験入隊が実施されたときに、その手配をした駐屯地司令が、三島さんの護衛に若い隊員をつけた。それが高橋富男さんという元自衛官で、三島さんの許しを得て、個人的に写真を撮っていたのです。  三島さんが自決した後、自衛隊は楯の会への関与について野党やマスコミから叩かれたので、高橋さんは写真を出せなくなり、楯の会の会員とも一切、会わなくなっていた。しかし、今年の8月になって著者の本多さんの知人を通じて連絡がついた。本多さんと共にご自宅に伺ったときに、当時の写真を出してこられたんです」  写真は丁寧にアルバムに収められ、大切に保管されていたという。おかげで状態が良く、写真はクリアで当時の息づかいまでも伝わってくるようだ。  本多氏は何度か高橋氏の自宅に通い、写真の提供を依頼したという。 「誤解を招きかねない写真もあり、高橋さんはおかしな扱われ方をされるのを恐れていた。しかし、50年前に一緒に訓練をした本多さんが出す本なら、間違いないと思っていただけたようです」(前出・松藤氏)  本多氏もこう言う。 「50年の節目で本を出そうとしたら、50年会えなかった人と偶然つながり、今まで存在しないと思っていた写真が出てきたことが不思議でなりません」  まるで三島が引き合わせたかのようである。
「我が輩は将軍ミシマスキー」
発掘された写真の中には、三島が変わったデザインの軍服を着ているものがある。自衛隊の制服ではない。本多氏がその理由を明かす。
「自衛隊員と楯の会会員が敵・味方に分かれ、敵の大将を拉致する訓練を実施したときの写真です。三島先生が敵の大将役を買って出たので、我々は先生を乗せた装甲車の進路に丸太を投げ入れて止め、包囲して大将を引きずり出す算段だった。装甲車を止めて後部座席を見たら、先生はソ連軍将校の軍服を着て、サングラスをかけ、顔も手も白粉で真っ白だったので、ビックリした。  装甲車を降りた先生は、『我が輩は将軍ミシマスキーだ』と大笑いしたので、みんなつられて爆笑の渦に巻き込まれたのです」  このときの“体験入隊”は1か月間に及び、現役自衛隊員が実施するのとほぼ同じ内容の訓練だったが、三島がこうして皆を笑わせることもあったという。 他の写真を見れば、楯の会の会員らが本気で訓練に参加していたことが伝わってくる。この訓練から1年8か月後、三島は市ヶ谷駐屯地で自衛隊に決起を呼びかけた後、割腹自殺を遂げる。  三島研究で知られる関東学院大学国際文化学部の富岡幸一郎教授は、「私も見たことのない写真で驚いた」と評価したうえで、三島の行動についてこう分析する。 「三島が文学的にも行動的にも大きく変わり出すのは、まさに楯の会を結成した昭和41年頃からです。この年の6月に発表した『英霊の聲』では、二・二六事件の将校と特攻隊の英霊が、天皇の人間宣言を厳しく批判し、10月には林房雄氏と対談した『対話・日本人論』で、天皇論や日本人論を展開したが、行間には死への決意が溢れていました。  つまり、この年から文学と行動という文武両道の実践が始まり、死へ向かって疾走した。およそ4年の間に、楯の会を結成し、最初は一人で自衛隊に体験入隊し、会員に軍事訓練まで施したが、自衛隊が決起しないことを悟り、自決に至ったのです」  三島の最期をめぐり、空白となっていた軍事訓練というピースが、これらの写真で埋まったと言えるだろうか。
※週刊ポスト2020年11月27日・12月4日号

Yahoo! JAPAN
https://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/zasshi/soci/pseven/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMjAxMTE4LTAwMDAwMDE0LXBzZXZlbi1zb2Np


















posted by datasea at 09:37| Comment(0) | ♪  詩・小説・著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

datasea: マイケル・J・フォックス,俳優引退<<<映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が描いていた皮肉な未来

datasea: マイケル・J・フォックス,俳優引退<<<映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が描いていた皮肉な未来
マイケル・J・フォックス,11月17日に発売された自叙伝『No Time Like the Future』の中で俳優引退を告白。
マイケルの破綻...ビフ(ドナルド・トランプがモデルであったとされる)の台頭(>>大統領>>)....
1980年代当時の冗談めいたシナリオは未来を予見していたのか?
それとも当時のシナリオが未来の現実を生んだのか?
いろいろ考えてしまう.....
datasea

ddfdfsd pc
















2020.11.19
【速報】バック・トゥ・ザ・フューチャー主演俳優さん、終わる・・・
芸能ニュース
【マイケル・J・フォックスさん】俳優引退を告白。記憶力低下で「私の全盛期は過ぎ去った」 [首都圏の虎★]
※関連記事
マイケル・J・フォックスの現在!若い頃や身長・パーキンソン病発症とその後も総まとめ
1: 首都圏の虎 ★ 2020/11/19(木) 14:38:24.95 ID:CAP_USER9
パーキンソン病と闘病しながら俳優業を復活させていたマイケル J・フォックスさんが引退することになった。11月17日に発売された自叙伝『No Time Like the Future』の中で「2度目の引退を迎える」と綴っていると、KXTVなどが報じた。
1980年代にSF映画の金字塔『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの主人公マーティ・マクフライ役で一世を風靡したが、1991年にパーキンソン病と診断された。
2000年から一度は引退状態になっていたが、
2010年から16年にかけてドラマシリーズ『グッド・ワイフ』で嫌味な弁護士役を演じるなど、闘病を続けながら復活を果たしていた。
ロサンゼルス・タイムズによると、『No Time Like the Future』の中で、フォックスさんは
「何事にも、その時だからこそできることがある。1日12時間働き、7ページの台本のセリフを覚えることができたような私の全盛期は過ぎ去ったのだ」
と記述。俳優業を引退する覚悟をこうつづっている。
「 少なくとも今のところ、私は2度目の引退を迎えている。何事も変わる可能性はあるから、これも変わるかもしれないが…。
だが、もしこれが私の俳優としてのキャリアの終わりなら、それでいい」
フォックスさんの著書は4冊目。『No Time Like the Future』(未来と呼べるような時間はない)は、『ラッキーマン』(2002年)、『いつも上を向いて:超楽観主義者の冒険』(2009年)など、これまでの楽観的なタイトルとは異なっている。
フォックスさんは新著発売に先がけたPepole誌のインタビューで、パーキンソン病の症状の一つとされる記憶力の低下が進行していることを告白。「セリフが多い役でとても苦労した」といい、執筆業への熱意をこう語っている。
「ギターはもう上手く弾けない。絵を描くのも、もう上手じゃない。ダンスはもともとダメだったし、演技をすることはどんどん難しくなってきている。だから、執筆という道になった。幸運にも、私は書くことがとても楽しいんだ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/10ead5a438815573f3dd31c59fe0c3d867c29c3a
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20201119-00010003-huffpost-000-1-view.jpg
2: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:39:14.21 ID:uPZYlRgh0
長生きしてくれ大ファンです
3: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:39:58.61 ID:4zDeuB+60
ドク!
4: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:40:22.99 ID:2NwEGb1S0
こいつはヘビーだ
5: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:40:29.57 ID:sMhO9uDt0
悲しい
6: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:40:30.35 ID:TJUAqWDo0
BTFはほんと楽しい映画
7: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:40:48.55 ID:UHyD7jpF0
ヘビーな人生だったな
8: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:40:53.81 ID:akTgd+8V0
このチキン野郎が
29: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:45:34.82 ID:97eE3joJ0
>>8
エース「取消せよ」
9: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:41:14.35 ID:T4ReKJCb0
代表作は?
14: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:42:02.04 ID:wt/G/Nw/0
>>9
マーズアタック!
17: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:43:18.17 ID:QPMoeJ4A0
>>9
ホンダ インテグラのCM
10: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:41:17.02 ID:weOcJAr80
ご冥福を祈ります。
11: あむ 2020/11/19(木) 14:41:32.63 ID:86THwQH10
世界の多くの人の記憶に残りましたよ
お疲れ様でした
12: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:41:44.86 ID:QPMoeJ4A0
新作なんてもう要らないから長生きだけはしてくれ
22: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:44:20.04 ID:zc/Q3ymn0
>>12
ほんと、そう思うよ。
13: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:41:49.65 ID:YJOqd1lf0
カッコインテグラの頃か
15: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:42:07.87 ID:MPUKkk6Y0
摩天楼はバラ色にも好きだったわ
32: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:46:30.20 ID:y5hZWuQP0
>>15
オレも
16: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:42:19.39 ID:+/OqaU3G0
バック・トゥ・ザ・フューチャーは続編、リメイクがなくてよかった
19: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:44:08.60 ID:14cIcb5a0
一番初めに好きになった俳優さん
そうか引退か…
20: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:44:12.11 ID:APDoiEuk0
悲しいけれど
こうやって自分の弱さや気持ちを素直に出してくれる勇気は凄いよ
穏やかな日々を過ごしてほしい
21: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:44:17.37 ID:GlizCXd50
ファミリータイズ好きだったなあ
23: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:44:26.11 ID:6X6zSS4+0
アーユーチキン???
24: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:44:29.45 ID:9LIriewz0
ざっまw
25: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:44:44.84 ID:Dk2SVEwt0
世界レベルの一発屋
26: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:44:53.56 ID:WZ4cM/if0
ホンダはまたCMで使えよ
インテグラを障碍者用の車に変えて、カッコウインテグラって言わせなさい
世界中で評判に成るから
27: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:45:18.97 ID:t2n50PlM0
パーキンソンて長生きできるの?
28: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:45:34.35 ID:Avy5M3He0
>7ページの台本のセリフを覚える
アメリカでもテレビだとこんなペースで撮影すんだな
30: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:46:03.95 ID:zlOo5yMj0
カッコインテグラの頃のインテグラって
リトラクタブルライトじゃあないんだな
31: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:46:27.30 ID:miQ10ahy0
ギター弾きながら極まってタッピング始めるシーンおもろかった
33: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:47:02.12 ID:C6CzjbMR0
麻薬→パーキンソンなんだっけ?
34: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:47:23.65 ID:UquLRAEp0
59歳か
まだまだわからんね
35: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:47:53.45 ID:uP9hRqJE0
>ギターはもう(略
>幸運にも、私は書くことがとても楽しいんだ
目頭熱くなったよ・・・
18: 名無しさん@恐縮です 2020/11/19(木) 14:43:58.69 ID:SxuEVKlE0
BTTF3部作
史上最高の3部作
これだけでじゅうぶんのキャリアです
お疲れさま
引用元:【マイケル・J・フォックスさん】俳優引退を告白。記憶力低下で「私の全盛期は過ぎ去った」 [首都圏の虎★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1605764304/
コメント一覧
1:NEWSまとめもりー訪問者2020年11月19日 15:10
iPS細胞による治療はまだ目途がたたないのかしら
早く治療が出来るようになって欲しい
2:NEWSまとめもりー訪問者2020年11月19日 15:27
思い出補正もあるんだろうけどBTFは今見ても面白いもんなぁ
マイケルジェイフォックスほんと好きだわ
3:NEWSまとめもりー訪問者2020年11月19日 15:29
バック・トゥ・ザ・フューチャー、カジュアリティーズは映画好きの心に残り続ける名作
作品と共に俳優の名も多くの人の記憶に残り続ける
本当にお疲れ様です
俳優を辞めても長生きしてね
4:NEWSまとめもりー訪問者2020年11月19日 15:30
BTFはMJフォックスのはまり役だったけど、カジュアリティーズも印象に残っている
5:NEWSまとめもりー訪問者2020年11月19日 15:31
BTTFは未だに世界最高の映画だと思うわ
6:NEWSまとめもりー訪問者2020年11月19日 15:32
BTTFは映画史上最高作に挙げたいが2と3は凡作派
7:NEWSまとめもりー訪問者2020年11月19日 15:41
>記憶力の低下
それ老化やんけ
気にすんな
8:NEWSまとめもりー訪問者2020年11月19日 15:46
魅力ある俳優さんだよなぁ
あんなに背が低いのにすごいオーラ出してる
9:NEWSまとめもりー訪問者2020年11月19日 15:56
パーキンソン病と闘いながら俳優やってたエピソードには涙したわ…
心穏やかに元気でいてほしい
10:NEWSまとめもりー訪問者2020年11月19日 16:05
BTTFはもちろんだがファミリータイズむっちゃ好きだったわ
毎週録画して何回も見てた
11:NEWSまとめもりー訪問者2020年11月19日 16:11
テレ東、火曜日の夜は、ファミリータイズとマイアミ・バイスを見ていた。
懐かしい・・・
12:NEWSまとめもりー訪問者2020年11月19日 16:22
BTTFはメインストーリーも最高だけど、散りばめられた洒落た演出がまた良いんだよなぁ
今見てもカッケーし笑えるし粋だし
マーティはどの時代でも通用するイケメンだしさ
13:NEWSまとめもりー訪問者2020年11月19日 16:45
ギターを自分の職業にしてくれた一番のギターヒーローですわ
14:NEWSまとめもりー訪問者2020年11月19日 16:48
小学生の頃初めて見たとき、世界1のイケメンだと思ったね。憧れたなあ。映画主演自体は少ないけど1番印象に残ってる俳優さん。
15:NEWSまとめもりー訪問者2020年11月19日 16:50
バックトゥザフューチャーの2作目3作目が面白いという意見がどうにも納得いかん
全部映画館で観てるが1作目だけで良かったんじゃないのか
1作目のラストを壊さない形で続編をやってほしかった
16:NEWSまとめもりー訪問者2020年11月19日 17:02
若い頃、一度だけマイケルJフォックスに似てるって女性に言われた事があって、嬉しかったなぁあの時は。今は昔って感じだな・・・。
17:NEWSまとめもりー訪問者2020年11月19日 18:39
>>1
パーキンソン「病」ってのが間違いもしくは本人を守るためにそう言ってるんだろ?1991年診断の若年性PDで2010?16年役者業ってwしかも今の症状はPDDとでも?
普通に考えやすいのはお薬によるパーキンソン症候群→年取って認知症状じゃない?
18:NEWSまとめもりー訪問者2020年11月19日 19:00
>>15
お前の好みの話なんて誰も興味ないんだから失せろ

5ch
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1605166473/
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1603761046/
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1603811673/

NEWSまとめもりー
http://www.akb48matomemory.com/

哲学ニュースnwk
http://blog.livedoor.jp/nwknews/

暇人\(^o^)/速報
http://himasoku.com/

わんこーる速報!
http://onecall2ch.com/

キニ速 気になる速報
http://blog.livedoor.jp/kinisoku/

ガハろぐNewsヽ(・ω・)/ズコー
http://gahalog.2chblog.jp/

Rocket News
https://rocketnews24.com/

しぃアンテナ(*゚ー゚)
http://2ch-c.net/?all=2020-10-15
http://2ch-c.net/?p=site&sid=179
http://2ch-c.net/?p=site&sid=50



























posted by datasea at 01:14| Comment(0) | ♪  詩・小説・著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする