2014年11月03日

天体情報.惑星ニビル

2014年11月02日15:21
惑星Xと地球がにらみ合い?
以下の記事は異次元的なウェブサイトが投稿した記事ですので、どこまで真実かは分かりません。
単なる参考記事としてご覧ください。
現在、地球が変動しているのは誰もが感じていることだと思いますが、以下の記事ではそれを惑星Xの影響を受けているからと伝えています。以前ご紹介した記事では太陽の変動が地球の磁場に影響を与え、気象変動や地震、噴火を起こしていると伝えていました。
太陽系に様々な変化が起きていることは事実だと思います。太陽の変動や惑星Xによって地球に大きな変動が起きているのだと思います。今、コスタリカ最大の火山が噴火し周辺住民が避難しているそうです。
御嶽山が噴火したのもこのような原因があるのかもしれません。
ポールシフトは徐々に起きていると思いますが、いつか突然、フリップ(反転)するのでしょうか。
私たちが生きているうちには起きないと思います。
赤信号、みんなで渡れば怖くない、と言うくらいですから、反転もみんなで体験すれば怖くないのです。
http://beforeitsnews.com/alternative/2014/11/zetas-the-earth-is-now-trapped-in-front-of-planet-x-devastation-not-seen-in-50000-years-forthcoming-3055046.html
(概要)
11月1日付け:
by Zetatalk:
地球にポールシフトが起こる可能性があります。その結果、人類が5万年間体験したことがないような壊滅的な状態になると皆さんにお伝えしてきまた。
ポールシフトが起こると90%の人類が死亡する可能性があります。そのため宇宙評議会は人類を自己中心的ではなく他の者たちに奉仕する存在に変えさせようとしているのです。そうすれば、地球は自然の働きで良い方に大転換します。
ただ、地球の運命は、惑星X(ニビル)が太陽系のどこを通過するかによっても異なります。惑星Xが他の惑星に衝突しなければ太陽系を一瞬のうちに通過していきます。
しかし残念ながら今回は地球と他の姉妹惑星(金星とダークツイン)の移動位置がこのプロセスを遅らせています。現在、地球は惑星Xの前に捕らわれてしまった状態です。その結果、地球は毎日大きくぐらついています。
ポールシフトが徐々に起きており、その度に地殻が少しずつ移動し、プレートも移動しています。
現在、インド・オーストラリア・プレートがこれまでにないほど急速にインド方向に沈み込んでおり、南米の地殻やプレートも急速に移動しています。その結果、火山を刺激しているのです。
つまり、過去1万年間火山活動が続いている火山は全て噴火するか溶岩が流れ出るようになるでしょう。2003今回は、16万年間も眠ったままの火山が噴火する危険性があるのです。北アンデスパレットに2つの休火山がありますが、今まさに南米プレートとカリブ・プレートが移動中なのです。
http://www.zetatalk.com/ning/01no2014.htm
Indian in the machine:
今後、さらに多くの火山が噴火し地震が頻発するでしょう。その結果、様々なシステムが崩壊する可能性があります。天変地異は生き残った人々にどのような衝撃を与えるかのでしょうか。宇宙創造神に仕えるようにしましょう。そうすることで、人類は生き残り、これまでのように環境を支配するのではなく環境と共生するようになり地球に平和が訪れます。

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51942767.html
posted by datasea at 16:25| Comment(0) | % Zeta | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

ポールシフト情報

pnthum4200010001001.jpg

pnthum4200010001001.jpg

pnthum4200010001001.jpg


The ZetaTalk Newsletter
Issue 304, Sunday July 29, 2012
Weekly news and views from around the world and beyond.
New ZetaTalk Earth Changes Announcements Signs of the Times
Moon Wobbles

The ZetaTalk Newsletter
http://www.zetatalk.com/newsletr/issue304.htm

youtube.com
http://www.youtube.com/watch?v=HGTLuEh74EE











(要約)
ポールシフト情報
2012年7月29日
ZetaTalk
地球は地軸がぐらつきながら公転軌道をすすんでいる。Planet Xの磁気の北極の作用で地球の磁気の地軸はもとにもどったが、今度は逆に反対に押された感じ。地軸がぐらついている時の雲はその影響でねじれる。
月の軸もぐらついている。ぐらつくエリア(wobble points)にくると、月のような小さい天体は空で動いているように見える。
7月3日、ニューイングランドの月の出は北東の方向で8:26だった。
画像は2012年7月3日の朝午後8時26分に撮影されたもの。満月の月の出。2枚の写真を撮ったわずか20秒間に月は南側にピョンと移動した。撮影はGordon James Gianninoto。偶然にも地軸のぐらつきをとらえた。
これは地球の動き。地軸の動きだ。月は見かけ上動いたように見えた。 Planet Xの磁気の作用で地軸はふらついているのだろう。
半年前、オリオン座がのぼる方向は北東だった。オリオン座がのぼって30分後にシリウスがのぼってきた。7月、地平線でオリオン座とシリウスがあらわれる地点は南に75度ずれた。これも地軸のずれが原因だろう。

local pc






元気丸さんこんにちは。いつも楽しく読ませていただいています。私の今日のブログ記事なのですが、取り上げていただけたらありがたいです。
http://ameblo.jp/miura-hari/entry-11205797747.html
えいきち
<リンク先より>
2012年3月28日(水)
カガリのブログでは2009年から2012年にかけて惑星ニビルが地球を乗っ取るために攻撃してくることが書かれてていますよね。
http://mihoh.seesaa.net/article/136415799.html
「ヨハネの黙示録」で云うところの、最も手厳しいうちの最初の期間が、西暦2009年末冬至の日から、西暦2012年末冬至の日の間の、約3年間と云われています。これが、いわゆる、地球上における、光と闇の最終戦争の前哨戦となり、惑星「二ビル」からの、悪性のネガティヴ・エネルギーによる、マインド・コントロールを受けまくることになります。

大摩邇(おおまに)
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1664608.html



















posted by datasea at 19:40| Comment(0) | % Zeta | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする