2020年03月24日

xuzu0911: 疱瘡神社〜疫病を神とする神社












xuzu0911: 疱瘡神社〜疫病を神とする神社
疫病を神とする疱瘡神社!
「 疱瘡神 」や「 疱瘡神社 」というものがあることを知った。
「 疱瘡 」とは「 天然痘 」のことである。
かつての日本で天然痘という疫病が大流行した。奈良時代には「 天然痘 」という疫病を封じ込めようと第45代の聖武天皇は「 奈良の大仏 」を建造した。
天然痘が疱瘡であり、その疫病を神とするヤバイ名の「 疱瘡神 」や「 疱瘡神社 」があるのである。
しかし疫病神を神とするのは蘇民将来の物語と同じである。
そしてそれは正しいのである。
だから鷲は「 コロナ19 」を太陽神だと確信している。
「 疱瘡神 」は「 赤色 」や「 犬 」を苦手とする!という。それは苦手とするのではなく、赤は「 INRIの火による変換 ☛ 性エネルギー昇華の実践のシンボルの意味 」であり、犬は「 太陽神に帰依する性格の動物 」である。つまり疫病は「 太陽神に帰依しなくなった人々に対する怒りから起きる 」ということで、太陽神に帰依した者たちには、太陽神は富を与えるのである。今回の「 コロナ19 」の解決法は、「 太陽神に帰依する意思表示として性エネルギー昇華の毎日の実践 」することである。
「 コロナ19 」と「 世界大恐慌 」は同時にやってきた。それは人々が「 金(カネ)を神のように崇拝する性的退廃者に堕ちた 」から「 コロナ19 」という疫病で太陽神が滅ぼそう 」と大流行していると!鷲は見ている。「 コロナ19 」によって自粛を強制され、人々は全ての楽しみを奪われた。そして学校は休校、会社はどんどん倒産していくだろう。しかし疫病である「 コロナ19 」を牛頭天王(太陽神)として帰依して、毎日、性エネルギー昇華秘法を実践する者たちが「 蘇民将来 」で成れる!と鷲は確信している。
今、世界中で「 カネを神のように崇拝する者たちが裁かれて 」いる。
そして「 性的退廃者たちが裁かれて 」いる。
東京五輪が中止か?延期?
と云われるのも安倍政権が行き詰ったのも「 カネを神のように崇拝する日本のリーダーだった 」からである。
そして東出昌大が不倫で謝罪することも「 世界で性的退廃者たちが裁かれている 」からである。
かつての日本人が疱瘡神社を建造して疫病を太陽神として崇拝したように、今は「 コロナ19 」を太陽神として帰依して、毎日・性エネルギー昇華秘法を実践すべき時である!
ーーーーーーーーーーーーーー
独身者用≪ 性エネルギー昇華秘法 ≫
基本的な「 性エネルギー昇華の実践 」を書いていく。
1、上の絵のように瞑想の形に座り(椅子に座るのでも良し)、牛頭天王の真言や般若心経や理趣経や十句観音を唱える(好きなお経で良い)
疫病を神とする疱瘡神社!_d0241558_10253799.jpg
2、アーーーオーーーームーーー を三回唱える(両手をXの形にする。ツタンカーメンの黄金マスクのように左腕を下、右腕が上)。
3、宇宙の母に援助を求める以下の言葉を唱える(観音様など女神を表現する像の前で)
  「 宇宙の母(数字の88)よ、性エネルギーを33個の脊椎骨に沿って二匹の蛇が絡まるように上昇させ、脳神経と胸腺にハテナ(?)の形に昇華し、宇宙の父と一体化した獅子である太陽の子を誕生させることを援助してください!聖なる法により、太陽神の名において、そうありますように 」
4、「 ハ〜〜〜〜〜〜、ム〜〜〜〜〜〜と声を出さず心の中で唱えながら、鼻から息を深く長く腹の底から尾てい骨にむかって吸い、同時に性エネルギーを33個の脊椎骨に沿って脳神経に到達することをイメージする 」
5、性エネルギーが脳神経に到達したイメージを持ち、息が吸うことができなくなったら、「 サッ!!!==== 」と強く声を出して、強く息を吐き、性エネルギーを胸腺に到達することをイメージする。これが一回。
6、以上のことを3回やって瞑想の形のまま休息し、またハ〜〜〜〜〜〜ム〜〜〜〜〜〜サッ!!===を三回やって休憩して、もう一度3回やる。合計9回のハ〜〜〜〜〜ム〜〜〜〜サッ!!====、で一セットとして、毎日、最低一セットはする。
最後に9回やったら「 宇宙の母よ!性エネルギー昇華の援助をありがとうございます! 」と感謝の言葉を述べて、アーーーーーーオーーーーーームーーーーーー を三回唱えて、般若心経や観音十句を唱える。
このやり方が、四国88カ所巡りと西国33カ所巡りの「 宇宙の母の中に入って宇宙の父と一体する性エネルギー昇華秘法のやり方 」である。88とは「 宇宙の母 」。33とは「 33個の脊椎骨 」であり「 日々、太陽の子を誕生させていく数字 」である。性エネルギー昇華の実践は、宇宙の母(女神)・肉体の母・女性を崇拝する者でないとできない。「 ? 」、このハテナのマークが性エネルギー昇華の経路の表現である。性エネルギー昇華は「 言葉 」「 イメージ 」「 呼吸 」を組合わせて実践する。
毎日、AVを見てマスターベーションをしていることは「 破滅の道 」を歩んでいる!ということ。それは悪霊に憑依されて刃物男まで堕ちる可能性がある。今は「 性エネルギー昇華 」を毎日実践してマスターした者だけが「 夜明けの人間 」になれる。そして今は性的退廃者が裁かれている時である。
最後に簡単な悪魔祓いの言葉を書けば
  一万三千光線を太陽は持つ
  一万三千光線を月は持つ
  一万三千回、我らの敵たちは悔いるだろう
  上の言葉を三回唱える(声出しても、声を出さなくても)

サーティンキュー
https://xuzu0911.exblog.jp/28013676/
https://xuzu0911.exblog.jp


























posted by datasea at 22:31| Comment(0) | # 遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

[古跡][埼玉秩父] 伊弉諾尊・伊弉册尊「三峯神社」〜三ッ鳥居神社,関東有数のパワースポット
























2013年8月12日  「三峯神社」
記事をクリップするクリップ追加
2013/8/13(火) 午前 0:00 神社・仏閣 練習用
twitterでつぶやく
「三峯神社」 に参拝に行きました。
「秩父神社」・「宝登山神社」とともに秩父三社の一社。
御祭神は「伊弉諾尊」(いざなぎのみこと)・「伊弉册尊」(いざなみのみこと)とされています。
関東有数の「パワースポット」と知られるところ。
「振り逃げ屋」の「徳」ちゃんに教えてもらって伺いました。
「西武秩父駅」からバスで約75分、埼玉県と山梨県の県境付近の山間部、標高1,100mという高い場所に位置しています。
「三峯神社」には珍しい「三ッ鳥居」があります。
左手の小高い丘には高さ6mの巨大な「日本武尊」の銅像もあります。
「奥宮遙拝殿」(見晴台)からの眺めも絶景でした。
豪華な「手水舎」。立派な「龍」の彫刻が彩られています。
立派な「本殿」と「拝殿」。両脇には「御神木」があります。
仲良く2本の木が寄り添っている「縁結びの木」。
神社の宿坊「興雲閣」では、日帰り温泉施設「三峯神の湯」があり入浴。
入浴後のプハ〜は最高でした。

東京散歩研究5
https://blogs.yahoo.co.jp/mhkamenao1959
posted by datasea at 00:00| Comment(0) | # 遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

In Deep Oka: 2億7千万年前の石に刻まれた「中国共産党亡」の文字〜中国の崩壊に備える






In Deep Oka: 2億7千万年前の石に刻まれた「中国共産党亡」の文字〜中国の崩壊に備える
2020年03月06日19:07
「中国の崩壊」に備える
2002年に中国貴州で発見された2億7千万年前の石。文字のように見えるものは自然現象と結論
・Epoch Times
■現代史上で最大のカオスとは
先日、以下の記事で、中国の北京に本拠を置くメディア「財新(カイシン)」が、新型コロナウイルスに対しての中国当局の「数値」について、内部告発的な記事を掲載していたことをご紹介しました。
これを英字で紹介した「タイランド・メディカル・ニュース」の記事の中に、以下のような下りがあります。
「中国の国民たち自身は、今や自国の政府に対する信頼を完全に失っており、実際の中国国内の状況を自分自身たちから外部へと暴露し始めている」
この中国のメディア「財新」は、2月の末に、さらに衝撃的な報告を記事として公開したことが伝えられています。オリジナルの中国語の記事はすぐに削除されているので、現在は確認することはできないのですが、
「新型コロナウイルス遺伝子配列からの感染源の追跡」
というタイトルのものであり、そこには、最初の患者が発生した時のことについて遺伝子から解明したことや、あるいは、湖北省の保健医療委員会が「新型コロナウイルスのサンプルの破壊を命じた」ことなどが曝露されているとされています。この「財新」メディアのような反体制でも何でもない中国国内のメディアが堂々と反旗を翻している様相を見ていますと(関係者はすでに勾留されているかもしれないですが)、中国で、感染拡大の問題を超えた「何か」が新型コロナウイルスの蔓延によって生じている感じがあります。
そんな中、アメリカのニューヨークタイムズが、「中国のコロナウイルスの危機は始まったばかりだ」というタイトルの非常に長い記事を発表しました。これは、北京の清華大学の教授である許章潤さんという法律学者など、複数の知識人たちが、現在の中国で共産党に対抗し始めていることを伝えたものです。それらの知識人の方々は、その後すべて勾留あるいは隔離されましたが、しかし、中国共産党が周国家主席を頂点とした「超管理大国」のシステムを完成させようとしている中で、このような「民衆などの動き」がさらに大きくなっているようなのです。
長い記事ですが、そのニューヨークタイムズの記事をご紹介させていただこうと思います。なお、冒頭に示しました「中國共産党亡」(中国共産党崩壊)という文字の写真は、意味がよくわからないものかもしれないですが、今から 15年前の中国メディアで報じられていたものです。それを 5年ほど前の過去記事で取りあげたもので、ふと思い出したので、掲載しています。以下の記事です。
・開きつつある「パンドラの箱 2015」の気配を放つ中国に対して2億年以上前から付随していた「崩壊」というキーワード
In Deep 2015/08/23
■米ニューヨーク・タイムズの記事
やや神秘的な話ですが、わりと興味深い話でもありますので、本文の後にその時の中国の報道記事をご紹介したいとも思います。
まずは、米ニューヨーク・タイムズの記事です。
中国のコロナウイルスの危機は始まったばかりだ
China’s Coronavirus Crisis Is Just Beginning
NY Times 2020/03/03
習近平の感染流行への対応は、共産党への政治的反発を復活させた
中国共産党は、自然災害であろうとそれ自身の大惨事であろうと、危機にどのように対処しているのかを常に自画自賛してきた。
世界的な公衆衛生上の緊急事態になった新型コロナウイルスの流行においても例外ではない。12月下旬に検出された致命的なウイルスに対する中国政府の最初の対応は、比較的不注意なものだったが、共産党はすぐに国家体制への賞賛と、また特に習近平国家主席に対する称賛を惜しまなかった。
中国共産党の主要な理論誌には最近、コロナウイルスと関係して「人民の指導者」が揺るぎない自信を持って災害に対処したという事実を祝福し、習近平国家主席こそが「中国を導く光であり 14億人の中国人の屋台骨である」とした。
しかし、実際には、新型コロナウイルスの発生の中で、共産党や国家主席はひどく混乱していたようにも見えるのではないだろうか。
2月初旬、共産党の宣伝担当者が、習氏の危機管理スキルを賛美する書籍『2020年: Covid-19 の流行と闘う中国』(英語、フランス語、スペイン語、ロシア語、アラビア語でも出版予定)を準備していたとき、中国共産党に対する 2人の著名な批評家は、コロナウイルスのアウトブレイクの実際の状況に関して、痛烈な分析を公開した。
公開したのは、北京にある清華大学法学部の教授である許章潤(Xu Zhangrun)氏で、以下のような評価をオンラインで投稿した。
新型コロナウイルスの流行により、中国のガバナンスの腐敗した核が明らかとなった。それにより、その不安定な状態と、脆弱で空虚な心が、かつてないほど明らかとなった。
2016年初頭以来、許章潤氏は、中国が実質的な経済的および政治的改革から遠ざかり、代わりに中国共産党の支配を再確認することにより、中国が招いている危険について警告するスピーチとエッセイを発表してきた。
許氏の著作は、中国で広く読まれていた。共産党に検閲されるまでは。しかし、検閲後も国際的な中国語メディアでその内容は広く流通し、デジタルの形式で中国本土に再度流通しており、中国のメッセンジャーアプリ WeChat の議論で頻繁に引用されている。習政権に対する許氏の最も有名な批評は、2018年7月に中国でオンラインで公開されたもので、以下の文章を含んでいる。
(習政権は)過激派のイデオロギーの火薬のような悪臭が強くなってきた。そして、許章潤氏は、毛沢東が何十年も前におこなったように、習氏を神話化する試みを次のように非難した。
以前にあった個人崇拝に破滅的に仕えさせられていたこの中国のような広大な国に生きる私たちは、なぜ今、この新しいカルトに抵抗しないのかを問う必要がある。そして破滅的なことに、習政権のこの傾向は、新型コロナウイルスの流行の中でも続けられているのだ。許章潤氏は、2月に書いたエッセイで、習国家主席について次のように書いている。彼の包括的な利己主義の代価は現在、中国全体によって支払われている。
許章潤氏にとって、現在の危機は、米国との貿易戦争への北京の対応や香港での民主化のデモを含む一連の政策失敗の最新のものに過ぎず、ますます権威主義システムの欠陥を浮き彫りにしており、そしてそのシステムは一人の男に力を集中させているとして、以下のように記した。
誰もが承認を求めて「ひとりの男」に目を向けるが、その「ひとりの男」自身は無知であり、権力の政治をプレイしたがるという否定できない彼の傾向にもかかわらず、統治について実質的な理解を持っていないのではないだろうか。
中国国家の政治的位置は崩壊状態にあり、国家のシステムの倫理的核心は空洞化している。今日の中国の政治と最高指導者の究極の関心事は、共産党の特権的地位を何としても維持し、権力を容赦なく維持することにしかない。
このエッセイが発行された同じ 2月4日、中国の政党国家に関する別の強力にシニカルな分析がオンラインで公開された。それは法律専門家で権利活動家の許志永(Xu Zhiyong)氏による習国家主席宛の公開書簡で、中国国家主席の多数の政治的失敗に対する責任を負い、辞任するよう求めたものだった。
許志永氏は、2014年に「公共の秩序を乱すために群衆を集めた」と宣告され、それから 4年近く刑務所で過ごしたが、この文書を発表したときには逃走中だった。彼は 2月15日に中国南部の広州で警察に発見され、その後、再び拘留された。
許志永氏のエッセイは、実際には矛盾と混乱に満ちている中国の未来のビジョンを推進する国家主席に以下のように問うている。
あなたは中国をどこに向かわせようとしているのか? 何か手がかりを持っているのか? あなたは、経済改革と開放政策について話しながら、同時に、マルクスレーニン主義の死体を蘇生させようとしている。
あなたの自信のなさは、あなたが見ているものすべてが脅威とうつっていることからも示されている。それに応じて「安定性維持」対策を強化しているのだ。この「安定性維持 (stability maintenance / 維穩)」という用語は、中国共産党の権力と社会の支配を維持するための、広大で確立されたシステムの略だ。
この国内の治安機関は、軍の予算を上回る予算によって、準軍組織、警察、地元の役人、近隣の委員会、非公式のコミュニティスパイ、インターネット警察と検閲、シークレットサービスエージェントおよび日常の官僚の広範なネットワークで構成され、社会を監視しているたとえば、2008年の四川大震災後のチベット地域での蜂起の兆候や一般的な不満を鎮めるためにも使用された。
昨年 12月に武漢で最初のコロナウイルス感染が発表されて以来、この「安定性維持ネットワーク」はフルスロットルで機能している。許章潤氏のエッセイによれば、コロナウイルスについての真実を明らかにしようとした医師を武漢の公安局が脅し、中傷したのは「安定性維持」の名の下に行われたと告発している。許氏は、「国営中国中央テレビは、意見を表明する医師の正当な自由を非難した。この武漢での隠蔽が、その後の国民的災害に直接つながった」とも述べている。許志永氏は、中国のシステムはそれ自体を損なうことを示唆しているとして、以下のように書いた。中国国民の自由、尊厳、幸福の追求を犠牲にし、あらゆるコストを用いて安定性を維持する? それで、このシステムは本当に安定するだろうか?許章潤氏も、中国のシステムの固有のパラドックス、特に「ビッグデータ全体主義」と「 WeChat テロ」の絶え間ない拡大によって明らかにされたパラドックスを指摘している。
中国の中心政治は新しいガンによって引き裂かれている。しかし、この感染は、中国政治のシステム自体と密接な関係があるガンなのだ。それでは、国の市民の権利をますます苛立たせ、市民社会を窒息させるこのシステムの下、中国はどこに向かっているのだろう。
許章潤氏は以下のように述べている。
中国当局は、前向きな変化につながる可能性のある考え得るすべての道を遮断した。今や何らかの形の平和的移行が考えられるかどうかを真剣に疑わなければならない。
許志永氏は以下のように述べている。
私たちの国の将来について深く心配している。私は、この非常にきつく巻き上げられたシステムが危険なほど脆いものであることを懸念している。そして、状況に対処できる意味のある、または実質的な市民社会の形態がないことを懸念する。
許志永氏は次のようにも言う。
私は真実を口にしたあの絵本の子どものようだ。それは「王様はまっ裸だ!」と口にした子どもだ。
国家の緊急事態の瞬間に声を上げた許章潤氏と許志永氏だが、彼らの警告は彼らにとって無益であるだけではなく、彼らにとって「自殺行為」であることを証明するかもしれないことを彼らはよく知っている。
許章潤氏のエッセイは嘆願で終わる。
この新型コロナウイルスの危機に直面し、そしてこの無秩序な世界に立ち向かうため、私は中国の14億人の男性と女性、兄弟姉妹の同胞に加わった。彼らも共に、この中国という土地から逃げる方法のない無数の群衆だ。私は彼らに呼びかける:この不正に対する怒り。 あなたの人生に良識の炎を燃やしたいと。そしてこの奇妙な闇を突破し、私たちの夜明けを歓迎しよう。
これらのエッセイの公開から数日後、眼科医であり武漢の初期の内部告発者である李文亮氏が、コロナウイルスに感染して死亡した。李文亮氏に対して、中国全土で表明された悲しみの噴出は、共産党を驚かせた。これを受けて、共産党は、李文亮氏は新型コロナウイルスと闘った勇敢な「人民戦争の兵士」として賞賛する方向に転じた。そして、人々の共感を共産党に向けようと試みた。
中国でコロナウイルスの治療で感染した医療従事者は 3,300人を超えているが、現在、中国共産党は、自らの命を犠牲にして闘う姿を次々と賞賛している。一方、武漢から独立して報道していた市民ジャーナリストたちは姿を消した。2月中旬までに、許章潤氏は北京で隔離され、許志永氏は拘束された。2月20日、中国国営の新華社は「真実を伝えることは貴重な美徳である」というタイトルの意見を発表した。「真理を追求し、権威者に脅されることを感じないようにしなければならない。抗議で叫び、人々の最善の利益のために話すことができる無私無欲が必​​要だ」と記事は記した。これに対して、中国の民衆は、「偽善だ」とオンラインで一斉に非難した。現在の新しい危機は新たな反発を生み出し、抑圧が続き、そしてさらに反発が起きる。
許章潤氏と許志永氏の両氏が指摘しているように、コロナウイルスの発生を必要以上に悪化させ、世界的な公衆衛生上の危機に変えたのは、中国の政治のガンだ。そして、このコロナウイルスの流行は、政党国家のそのガンの程度を暴露しただけなのかもしれない。
ここまでです。
■2億7千万年前の石に刻まれた言葉
蛇足かもしれないですが、冒頭の「中国共産党亡」についての記事をご紹介します。今から 15年前の 2005年5月のエポックタイムズからです。
2億7千万年前の石に刻まれた言葉:「中国共産党の崩壊」
270-Million-Year-Old Stone Bears Words: ‘Chinese Communist Party Collapses’
Epoch Times 2005.05.31
2002年6月、中国貴州で「隠された言葉」が刻まれた2億7千万年前の石が発見された。
この石は、専門家たちの研究によると、500年ほど前に断崖から落下して二つの石に割れたとされる巨大な石だが、その断面に「中国共産党亡」(中国共産党崩壊)という文字が浮かび上がっているのだ。「亡」の文字は特に大きく書かれている。
中国の主要メディアはこの現象を一斉に報道したが、「中国共産党」という文字だけを報道しており、どのメディアも「亡」という文字があることについては報道しなかった。しかし、国営メディアの写真では「亡」という文字を読むことができる。
発見地は、中国南西部の貴州省の山奥の盆地に位置する景勝地で、神秘的な景観を持つ場所だが、交通が非常に不便なために、あまり知られていない場所だ。この地の清掃中に、この「隠された文字を持つ石」が発見された。
この石は崖から落ちた後に、半分に割れたと見られるが、長さ3メートル、高さ7メートル、重さ約 100トンの大きさだ。
「中国共産党亡」の文字は約 30センチ四方の文字の大きさで均等に並んでいる。
中国科学院や中国地質大学の専門家などを含む 15人の研究チームの分析の結果、この石は二畳紀時代の2億7千万年前のものと見られ、また、この文字には人為的な加工は一切みとめられず、つまり、純粋な自然現象であると結論づけた。
文字のまわりの石の成分は、分析では今から2億7千万年ぐらい前に存在した岩石だという。また、文字が均等に配列されている点については、非常に珍しいことではあるが、地質学の理論によっての説明はできるとのことだ。
ここまでです。
長くなってしまいましたので、ここまでとさせていただきますが、新型コロナウイルスの影響は、公衆衛生の問題をはるかに超えたところへ及んでいきたようです。

In Deep
https://indeep.jp/chinese-communist-party-could-collapse-due-to-new-coronavirus/

Florish
https://public.flourish.studio/visualisation/1438279/?fbclid=IwAR1t0eJlI7Mmk6KBYKHgR4nTx0wOEV61JZvG1zLquPmnr3_Z_RPFSV1KYWY

大摩邇(おおまに)
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2137206.html







>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下のバナーからご登録できます。

In Deep
https://indeep.jp/chinese-communist-party-could-collapse-due-to-new-coronavirus/








    


posted by datasea at 09:38| Comment(0) | # 遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

[遺跡] 島根沖・経島海域海底遺跡〜海底にねむる亀石

P_20191111_014809.jpg


[遺跡] 島根沖・経島海域海底遺跡〜海底にねむる亀石
日御碕神社にまつわる知られざるヒミツ! 経島周辺の海域には海底遺跡が眠っている!? その真相を調査
旧暦の10月を「神在月(かみありづき)と呼ぶのは、日本でも出雲だけだ。これは八百万の神々が出雲大社に集結することから、他の地域では神様不在となり「神無月(かんなづき)」と呼ぶ。神々や神話なくして、出雲を語ることはできないだろう。これまで連綿と語り継がれてきたそれらの神話に、新たなナゾが浮かび上がってきた。それは、日御碕神社・経島などにまつわる「海底遺跡」の存在だ。
■海底遺跡発掘の難しさ
おそらく多くの人が、「海底遺跡」と聞いてもピンと来ないかもしれない。というのも、科学的な検証が難しく、現段階では推測の域を出ないからである。検証を難しくしている理由のひとつに海がある。陸上の遺跡であれば、ほとんどが土中に埋もれているため、古代の物証を掘り当てることがカギとなる。少なくとも掘り当てられるまでは、その存在が知られることはなく、また消えてなくなることも少ないだろう。だが、海中の遺跡は、常に移り行く潮の流れの中にある。したがって、1分1秒たりとも、そこに存在することが確実ではないのだ。また劣化も早く、海水の中で朽ちていく可能性も十分ある。もし仮に、そこに遺跡があったとしても、海上からその存在を確認することも難しい。専門チームがばく大な費用と時間と手間をかけて、手がかりを探していくのがベスト。それでも砂漠で1円玉を探すような手探りに等しい。
・AQUA工房の岡本さん
なかば夢物語かもしれないのだが、その可能性を信じて、海底遺跡の存在を語る1人の人物がいる。ダイビングステーション「AQUA工房」の岡本哲夫さんだ。岡本さんが海底に何かあるのでは? と感じたきっかけになるのは、17年前のことだ。経島の周辺はダイバ―が潜ることは許されなかった。理由の1つは、経島そのものが聖地であることにある。経島に立ち入ることが許されるのは、神職のみでそれも年に1度の神事の時のみだ。また、ここはウミネコの繁殖地であり、国の天然記念物に指定されている。一般人では島に立ち入ることができない。ダイビングも当時は許されていなかった。
■17年前から海域をダイビング
もうひとつの理由は、漁師が漁場を荒らされることを嫌がった。当然漁師たちも生活が懸っており、見ず知らずの人を容易く潜らせる訳にはいかなったのである。ある調査をきっかけに、週に1度とはいえ、貴重な機会を得ることができた岡本さんは、仲間たちと周辺のダイビングポイントの探索を始めた。当然この時に、海底に遺跡を思わせるものがあるとは、夢にも思っていなかった。
ところが、潜っていくうちに、自然にできたとは思えないものを複数目にする。
現段階(2017年10月)で、岡本さんたちが確認している海底遺跡と思われるものは、日御碕神社および日御碕灯台周辺の2箇所の海底に分かれている。経島周辺と、その沖にある「タイワ」と呼ばれる領域。そして、日御碕灯台の沖合、「サドガセ」と呼ばれる領域とその北側の「ボングイ」周辺だ。
■人工的に削られた岩跡
経島の海底では、2箇所のトンネルと参道を確認し、白砂と玉砂利が敷かれた場所があることを発見。サドガセ・ボングイでは、大きな岩が寄りそうように立つ岩屋や、階段などを発見している。約20mにわたって人工的に削られた岩の跡も確認しているのだ。
■亀石の発見
決定的だったのは、亀石だ。岩壁の方に向かって頭を上げる亀のような岩、その岩壁には2段にわかれた筋があり、その筋を通じて水が流れていた形跡がある。つまりこの亀石は「水がめ」の役割をはたしていたのではないだろうか? これが自然の造形だろうか? いや、そう考える方がむしろ不自然かもしれない。
■測量をしてわかったこと
潜り続けるうちに、ぼんやりしていた海底遺跡への疑念が、岡本さんのなかで確信へと変わった。とはいえ、彼はダイバーであり、歴史や地質の専門家ではない。そこで、知り合いを通じて松江市の測量関係の会社に、この周辺の地質に関する調査をお願いしたところ、驚くべきことがわかった。それは、この周辺には大きな断層があり、地滑りを起こした可能性があるという。
■歴史的にみても地震の影響は大きかった
歴史を見ると、その裏付けにも思えるような自然災害の記録がある。それは、西暦880年の出雲大地震だ。日本の平安時代(西暦858〜887年の約30年)に編纂された歴史書「日本三代実録」(三代實録ともいう)にその裏付けを記す事柄がある。それによると、西暦880年11月(元慶4年10月)に、出雲で地震があったことが記されている。
実際、現在経島で行われている「夕日の神事」はもともとタイワで行われていたという言い伝えがある。現在のタイワは海中にある。出雲地震より前に、タイワが水没していなかったとしたら、海を臨むその場所で神事が行われていても不思議ではない。ちなみにアマテラス大御神は、西暦948年( 天暦2年 )に経島から現在の場所に遷宮されている。西暦880年11月の出雲地震の影響でタイワでの「夕日の神事」が難しくなり、経島で神事が行われるようになっている。
岡本さんが撮影した映像や写真を見てみると、これらの仮説が「荒唐無稽」な話ではないことがわかる。亀石もさることながら、ボングイにおける祭祀跡は明らかに人為的に造られたもののように見える。半円形に削り取られた平らな岩場は、まるで太古の劇場を思わせる。円の周囲に人々が座り、その中央で神職が祝詞をあげるのにふさわしい形だ。意図して造られていなければ、こうはならない。やはりこれらの場所で、神々を称え祀ったのではないのか?
お話の終わりに、岡本さんは「時間があれば見に行きましょう」とお声掛け頂き、船を出してもらうこととなった。
■その昔、この海で何があった?
ダイビングで使っている小さな漁船に乗り、経島の周りをぐるりと一周。ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されているこの島は、陸から見るのと海から見るのとでは、その表情が異なっている。陸側から見ていると、ただの大きな岩の塊のようにしか目に映らないが、近づくと大きなひとつの生命体のように感じられる。海の波間にたたずみながら、ただ静かに沈黙する、ひとつの大いなる意思のようにさえ思えてくる。
その昔この場所で一体何が起きていたのか? 今は凪ぐこの海の底には、何が沈んでいるのか? 心のなかで問いかけても、当然答える声はない。ただただ焼けるように輝く夕日に照らされながら、ひっそり佇むのみ。その様子はまるで、まぶたを閉じてかすかに笑っているようにも見えた。太古の人々がこれらの島に、そしてこの海とそのさらに海のかなたに、神々の存在を願い信じた気持ちがわかる気がする。
岡本さんは今後も探索を続けるという。冒頭にも伝えた通り、海底での遺跡探索は困難を極める。できることなら、日本の専門家が集結して、ありとあらゆる技術を駆使して、一日も早く、海底遺跡の真相が明らかになることを願う。

出雲人
http://izumozine.jp/in24/231
posted by datasea at 00:35| Comment(0) | # 遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

Daily Mail Online: カリブ海底に古代人工構造物(2010)


pp65200710000221.png






Daily Mail Online: カリブ海底に古代人工構造物(2010)
Lost city of Atlantis discovered? Grainy images show city-like formations at bottom of the Caribbean
By Mail Foreign Service14:02 GMT 17 Dec 2009 , updated 17:24 GMT 17 Dec 2009

Daily Mail Online
https://www.dailymail.co.uk/news/article-1236651/Is-lost-city-Atlantis-Grainy-images-released-showing-city-like-structures-beneath-Caribbean-Sea.html

HUFFINGTON POST
https://m.huffpost.com/us/entry/us_394240?guccounter=1&guce_referrer=aHR0cDovL2RhdGFzZWEuc2Vlc2FhLm5ldC8&guce_referrer_sig=AQAAAMW1yNYjH6IJu6qTi5_bCUJNrn3ty30TEA3L_s4B5w_qgHU2ysMjO--BO4AZSWsuUFl8KXu2XODxfqI2HxyhctIxaWbknmCCCCxbnA4iy7AzdqZVauNY54_PgxFzPXVPe-1QqAw7mnHscsiaDlK-fI_LIhvXpFvuxeknL1tjpJha







(要約)
アトランティスの失われた都市遺跡発見か? カリブ海底に古代人工構造物
Mail Foreign Service
14:02 GMT 2009年12月17日
17:24 GMT 2009年12月17日更新
調査グループ「undersea archaeologists(海底考古学者)」がカリブ海で撮影した一連の画像を公開,アトランティスの失われた都市を発見したと主張している。
グループはこの海底の遺跡がエジプトのピラミッドよりも昔の都市の遺跡であると主張している。
匿名のグループがフランスの新聞に投稿した粗い画像は,街の通りのような碁盤状・格子状の構造を示している。この海底遺跡のパターンはエジプトのピラミッドより昔の都市の遺跡である可能性があるという。
現在この匿名グループは,この海域を探索するための資金を集めたいと考えている。

r7ytt555 pc







ロストシティ(2)
2010/12/6(月) 午後 8:32 不思議系 都市伝説
失われた文明『アトランティス』
失われたアトランティス都市を見いだしたという考古学者主張 Huffington
http://www.huffingtonpost.com/2009/12/16/archaeologists-claim-they_n_394240.html
失われた都市、アトランティスが見いだされます(多分)
http://www.examiner.com/sci-fi-in-south-bend/lost-city-of-atlantis-found-maybe
発見された失われたアトランティス?
http://www.dailymail.co.uk/news/worldnews/article-1236651/Is-lost-city-Atlantis-Grainy-images-released-showing-city-like-structures-beneath-Caribbean-Sea.html
イメージはカリブ海の最下部で都市のようなフォーメーションを示します
紅海地域が大規模な分裂で分かれる 2006/7
http://news.nationalgeographic.com/news/2006/07/060719-red-sea-parts.html
海洋の誕生の秘密がむき出しになります
http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/5191384.stm
人工衛星が新しい大陸の地殻の創造を捕えます
http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=satellite-captures-creati
今から何年も先、アラビアとヌビアの構造プレートは離れて何百万もの水域が急に現れて、そして紅海を広げるでしょう
科学者:地震が紅海を分かれさせる
http://msnbc.msn.com/id/13938637/
アラビアの構造プレートとアフリカのプレートはお互いから離れて去っています
プレートテクニクス
[http://en.wikipedia.org/wiki/Great_Rift_Valley
グレートリフトバレー(大地溝帯)]
※まさにアデン湾の場所は異変が起きているんですね。
見いだされた「アトランティス」への津波手がかり
http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/4153008.stm
アトランティス神話の源であるかもしれない水没した島は、1万2000年前に大地震と津波に見舞われました、
島は現在、ジブラルタルの海峡の海の下60mに位置しますが、或るものは、それが一度水の上に横たわったと考えます。
調査結果は島が2,000年以上前に哲学者プラトンによって物語られた伝説を彷彿させる仮説に重要性を増します。
証拠はジャーナル地質学で発表された 海底調査結果から来ます。
フランスのPlouzane、西ブリタニー大学のマーク - アンドレ Gutscher は、厚さ50−120cmある津波の後に置き残された粗い粒状の堆積性の鉱床を見つけました。
■振動している堆積物
Gutscher博士は、プラトンによって記述された破壊が、1755年にポルトガルでリスボン市に破壊的打撃を与えたものと同様の巨大地震と最高10mの高さの津波を発生させたものと一致していると言いました。
濃い「タービダイト」の沈殿は、水中の地質学の大変動によって揺さぶられた堆積物に起因します。
それはおよそ12,000年前に溯ることが判明しました ープラトンによって示されたアトランティスの破壊の年代を、およそ Gutscher 博士が地質学で報告します。
Spartel島は、2001年のアトランティス伝説起源の候補としてカディス湾の中でフランス人地質学者ジャック・ジラードによって提案されました。
プラトンが記述したように、それは「ヘラクレスの建て柱の前」、またはジブラルタルの海峡です。
堆積性の記録は,1755年のリスボン地震のような出来事がカディス湾で1,500から2,000年ごとに起こることを明らかにします。
しかし、 Gutscher 博士によって行なわれた島の作成地図は、どんな人工の構造物も発見出来ず、そして同じく島は、以前から信じられているよりもずっと小さかったことを示しました。
これは島に文明社会が居住した可能性を低くしました。
アトランティスと主張する海底調査ブイ
科学者が失われたアトランティスの遺跡を見つけたかもしれないと言います。
■海神の寺院
アトランティスのサイトの識別は、最初にワーナー Wickboldt によって提言されました。
研究することによって、長方形と同心のリングを見つけた講師とアトランティス狂は、プラトンによって記述された都市のサインのために地中海の向こう側から写真を撮ります。
「島」のサイズと衛星画像のそのリングは、プラトンによって説明されたものより少し大きいです。
これは2つの解釈が考えられます、と Kuehne 博士が言います。
まず最初に、プラトンはアトランティスの大きさを控え目に演じたかもしれません。
第二に、プラトンによって使用された測定の古代の単位(亜氷期)は、伝統的に想定されるより20%大きかったかもしれません。
同心のリングが寺院サイトを囲むと主張されます。
さて、アトランティスは本当にあるのでしょうか?
この海底ピラミッドはオリオン座と同じ配置になっているらしい

メモ・独り言・戯言
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/folder/943400.html?m=lc&p=3

posted by datasea at 00:00| Comment(0) | # 遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

UFO sighting News: 火星に石像頭部の残骸











UFO sighting News: 火星に石像頭部の残骸
2020-01-14
Ancient Face On Mars On Side Of Hill, Photos, UFO sighting News.
Date of discovery: Jan 14, 2019
Location of discovery: Mars

UFO sighting News
https://www.ufosightingsdaily.com/2020/01/ancient-face-on-mars-on-side-of-hill.html?m=1







(要約)
発見日:2019年1月14日
発見場所:火星
ソース写真:http://www.gigapan.com/gigapans/181617
gigapanに火星の人工造形らしき画像がある。人間の頭部だろうか?耳・鼻・目・おでこはディテールを確認できる。丘の斜面にころがっている感じだが,神像だろうか?丘の上から遠くを見渡して街を見守っていたのだろうか?
なぜ顔を検索するのか? といえば,当時の人の外見上,価値観をはじめとした多くのものを伝えているから。
科学の未だ解明していない謎。エイリアンの石彫は科学のこの最大の問題を解決する。
Mangnus Saint Albertus
「多くの世界が存在するのか,それとも単一の世界しかないのか? これは最も…

tu777y66yty pc



posted by datasea at 23:28| Comment(0) | # 遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

2019年12月18日

坂口成事: 拝ヶ石巨石群/頂上石〜∞の交差点

Screenshot_20191215-111351.jpg



坂口成事: 拝ヶ石巨石群/頂上石〜∞の交差点
坂口成事
2019.12
木星がユダヤの王の星の真意は、行ったり(行基)、来たり(来常)、止まったり(不動)する動きにあります。
それは、∞の交差点、獅子と狛犬の羽の交差点、タカミムスビとカミムスビの交差点が、聞くもの(耳)と話すもの(口)が同じ心の支配者(王)である、あなたの意志です。意志がある事が人の尊厳であり、神の子の証明(王)である、聖という事です。それは同時に、私の中の宇宙と宇宙の中の私の2面×行基、来常、不動の3面の6面、それに顕幽神三界をかける666の面が八咫の鏡面であり、モーセの石板の合わせ鏡です。
また、△▽○のストーンサークルと、△▽□の比日密土に反射する曲玉の、二つの片仮名を合わせるユタ(豊)の、真名合わせ(マナセの壺△▽○△▽□)であります。また、天からの火雷剣、地からの草薙ぎ剣(ムラムラと湧き立つ天叢雲剣、草から飛び立つ雉馬)が、天地人と合わさるアロンの杖であります。その三種の神器が納められますのが、ユダヤのアークであるケルビムの羽の神輿という事です。
写真は、拝ヶ石巨石群の頂上の、NHKのスペシャル番組ではウルトラマン石と紹介された、不思議な磁力があるストーンサークルと、おむすび△石です。

Facebook
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1027635657600700&id=100010628255647
posted by datasea at 20:27| Comment(0) | # 遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

遺跡情報: アポロ20号計画と古代宇宙船MONA LISA(モナリザ), 加筆再編集版,

遺跡情報:アポロ20号計画と宇宙船MONA LISA(モナリザ),加筆再編集版,
By Alton Parrish (Reporter)
Giant Space Ship, Mummy On The Moon, Proof Of Secret Apollo 20 Mission
Wednesday, October 24, 2012 12:56

Before It's News
http://beforeitsnews.com/beyond-science/2012/10/giant-space-ship-mummy-on-the-moon-proof-of-secret-apollo-20-mission-2439742.html

NASA
http://www.lpi.usra.edu/resources/apollo/frame/?AS15-P-9625
http://www.lpi.usra.edu/resources/apollo/frame/?AS15-P-9630
http://www.lpi.usra.edu/resources/apollo/frame/?AS15-P-9625

Revver.com
http://revver.com/video/624297/apollo-20-alien-spaceship-on-the-moon-csm-flyover/

ufosightingsdaily.com
http://www.ufosightingsdaily.com/2011/06/nasa-photo-is-proof-of-apollo-20.html
http://www.ufosightingsdaily.com/2011/06/nasa-photo-is-proof-of-apollo-20.html















(要約)
遺跡情報:アポロ20号計画
ufosightingsdaily.com
2012年10月24日水曜日12:56
一般にはアポロ計画は予算削減のために17号計画で打ち切られたとされているが、実際はそうじゃない。極秘に18号計画-20号計画が行なわれたのだ。
アポロ20号計画の任務は古代宇宙人のテクノロジーの調査、とりわけこの月の宇宙船遺跡の調査だった。
20号計画では月の廃墟や、乗り捨てられた宇宙船の遺跡の外観、内部、乗務員のミイラの映像をフィルムに記録したとされる。
2007年4月、月のデポルテクレーター(Deporte crater)付近の難破宇宙船遺跡の動画がYou Tube動画としてアップされた。このYou Tube動画を公開したのが、アポロ計画で任務にあたった宇宙飛行士で現在ルワンダに住むWilliam Rutledge氏(78)。
月の宇宙船遺跡は14号計画で存在が発見され、20号計画でやっと内部調査の運びとなった。ハイテックな計器類が並ぶ内部の操縦室に横たわる乗務員の女性のミイラは裸で、表面はワックスでなコーティングされたようにピカピカだ。体内に入る何本かのホースがある。
街は月の古代都市の廃墟遺跡。William Rutledge氏によれば、遺跡は約100万年前のもので、月の裏側にある。14号計画から17号計画の目的地がいずれも月の裏側のほぼ数百マイル半径内のエリアに集中していたというのは、これらの遺跡の調査が主眼だったからだろう。
動画をみてウソだと思ったが、私はWilliam Rutledge氏に会う事にした。会う前に、まず、NASAパノラマ写真を見た。
NASAのサイト「the NASA Apollo Image Atlas」には月のデポルテクレーター(Deporte crater)付近の画像がある。これをPCにダウンロードして拡大してみると、クレーターの間に葉巻形宇宙船(the cigar shaped ship)の遺跡の像があらわれた。前方にコックピットらしきウインドウがみえた。動画の船と同じかたちだ。だからといって、Rutledge氏の話が本当だとは思わなかった。写真も話もでっち上げだろう。Photograph 9630をひらく。パノラマでみる遺跡の影は確かに動画のイメージと一致する。明らかに銀色のかわった建物だ。
少なくとも、Rutledge氏の話は本当だ。月の宇宙船遺跡、その乗務員のミイラの映像はアポロ20号計画が実際に行なわれた事の証明だ。過去に拙著「Dragons of Asgard and UFO Sightings」で書いたが、アポロ20号計画は確かに行なわれたということか。
Rutledge氏と会って話をきいた。
Rutledge氏
「1976年8月、米ソ共同の極秘宇宙計画がはじまり、私はその計画に参加した。
その時撮影したフィルムを持っていた私は、2007年4月、インターネット・サイトYou TubeにRetiredafbのアカウントでこのフィルムをコピーした動画をアップした。動画の反響はすごかった。PVは150万をこえた。NSAらしき者にアカウントに侵入され削除されたが、逆にこの行為で動画の信憑性は高まった。そのあとは削除と投稿の繰り返しだった。結局、ValValientThorという新しいアカウントでまた投稿した。Val Valiant Thorっていうのは1957年3月にワシントンに着陸した宇宙人に最初に邂逅した人の名前さ。あと、今は自分のサイトRevver.comも運営中だ。ぜひみてほしい。」。

local pc


































遺跡情報:アポロ20号計画アポロ20号計画と宇宙船MONA LISA(モナリザ)
記事をクリップするクリップ追加
2010/8/5(木) 午前 7:24
chap-1q/宇宙 UFO
宇宙船 MONA LISA
ストーリー
NASA計画で働いていたという男が伝えてきたストーリー。:
ウィリアムラトリッジは現在引退してアフリカで暮らしている。
ラトリッジは最近、70年代後半にNASAで発見したいくつかの驚くべき事実を明らかにした。
ラトリッジは月計画、失敗したアポロ19号計画、アポロ20号計画を含む少なくとも2つの計画で働いていた。
アポロ20号は1976年8月にバンデンバーグ空軍基地から打ち上げられた。 これらの2つののミッションは米国とソ連の極秘共同計画だった。
これらのミッションの目的は、アポロ15号計画で撮影された月の裏側にあるデルポルト-イザク地域にある物体の調査だった。
この物体は映画『スターウォーズ』に出てくる戦闘機"Xウィング"に似ている。これは古代に乗り捨てられた超巨大宇宙船だろう。宇宙人が乗っていたのだろう。

Viewzone Magazine
http://www.viewzone2.com/monalisa.html?74f5f540

メモ帳
https://blogs.yahoo.co.jp/dojobzzzz/51036919.html







月のモナリザ
2010/10/16(土) 午後 10:24
太陽・月 UFO
月の上のエイリアンスペースシップビデオ
私も3年ぐらい前にこのビデオを見ましたが最初は信じられませんでした。
まあ、嘘で作りものだと言われるのがオチなので、従っていつもの通りの独り言です。
およそ2007年から Webで進んでいた物語があります。それはかなり驚くべきことです。
それがもっと多くの注目を受けなかったことに、まあ言わば驚いています。これらはNASAサイトからフィルムスライドを入手したものです。
もし赤と青の3Dグラスを持っていれば、かなりはっきりと宇宙船を見ることができます。
これが宇宙船または潜水艦であることにあまり多くの疑いがありません!
物語は特別なNASAのミッションに関係していたと主張する男からです。
ウィリアム・ラトリッジ(76)は退職していて、今はアフリカに住んでいます。
彼は、1970年代後期のNASAとの掛かり合いについて、いくつかの驚くべき事実を明らかにしました。
ラトリッジは、失敗したアポロ19号とバンデンバーグ空軍基地から1976年8月に開始されたと言うアポロ20号を含めて、少なくとも月への2つのミッションに取り組んだと言います。
ラトリッジによれば、これらのミッションの両方は、合衆国とソビエト政府の間のコラボレーションによる「機密の共同スペースミッション」でした。
米ソ合同ミッション旗
これらのミッションの目的は、アポロ15号のミッションで発見され写真を撮られた、月の遠い側の「Delporte - Izsak 」地域にある大きな物体を調査することでした。
スターウォーズ映画で見られたような、「X-ウイング」ファイターに似ていたオブジェクトは、すでに墜落していたか、さもなければ古代に月の上に捨てられた非常に大きいエイリアンの宇宙船であったと考えられました。
宇宙船のサイズは、全長3,370m 全高500m
ラトリッジは、ソビエトの宇宙飛行士 Lexei レオーノフと一緒に、異星人の船の近くでロシア製の月のモジュールを降ろして実際にその中に入ったと言います。
ある特定の人工遺物が発見され回収されました。
「パイロット」であると主張されている2つの身体を含んでいます。
1体は優れた状態の女性のように見えましが、もう1体は回復出来ないほど悪化していました。
女性は『モナリザ』と呼ばれました。
「私たちは大きい宇宙船の三角形の中にも行きました。探検の大半がそうでした。
それは非常に古い母船であり、誰かが宇宙を横断したようで、少なくとも1億5千年前のものと見積もられました。
「モーター」のセクションの植物、特別な医学の性質を持っている黄色い液体ともちろん太陽の生きもののサインの「涙」を発した特別な三角形の岩の古い遺跡と中には生物学の多くのサインがありました。
私たちは船に沿ったガラスチューブのネットワークの中に住んでいる小さい体の残骸(10センチ)を見つけました。しかし主な発見は2つの体であってそのうちの1体は完全に損なわれていませんでした。
「シティ」は、地球で命名され、ステーション1として予定されていましたが、建築物が損なわれず完全に見えた本当のスペースは(私たちはそれを大聖堂と命名)スクラップでいっぱいのゴミと1つの金の部品のように思われました。
私たちは太陽にさらされるカリグラフィーを身につけている数片の金属のすべての部分の写真を作成しました。
「シティ」は船と同じくらい古いように思えますが、それは非常にごく小さい部分です。
探査車ビデオの望遠レンズは人工物をより大きくします。
ヒューマノイドの女性の身長は1.65メートルあります。
Genitalized の髪をして、6本の指(数学が1ダースに基づいていると考えます)
機能: 試験的に指に固定された装置と目を実験的に試みていて服はなしです。
私たちは鼻に接続してある2本のケーブルを切らなければなりませんでした。
鼻孔はありません。
レオーノフの装置で、固定していない緩めたバイオ液体が、身体の口、鼻、目、およびいくつかの部分から噴火して凍りました。
体の部分は非常に良い状態にありました、髪と皮膚は薄い透明な保護レイヤによって保護されました。
私たちが地球指令部に言ったように、状態は全く生きているように見えました。私たちは医療の背景や経験はありませんでした、しかし、レオーノフと私はテストをしました。
私たちは 彼女を使って我々のバイオ装置を修理しました、そして外科医による遠隔測定工学(ミッション・コントロール薬物療法)は肯定的でした。
それはもう1つの物語です。この経験はLMで撮影されました。
私たちは、破壊された2番目の死体を発見し、ボードの上に頭を持って来ました。皮膚の色は青いグレーの、パステルブルーでした。
碑文を身につけて、皮膚は頭の周りに目と前部、ひもの上にいくつかの奇妙な細部がありました。
「コックピット」はカリグラフィーに満ちていて、そして長い準六角形のチューブで出来ていました。
彼女は地球の上にいます。 そして彼女は死んでいません。しかし、後で何が起きたか言う前に、私は他のビデオで示すことを好みます。」
ウィリアム・ラトリッジより
奇妙なチューブが異星人の女性の顔の上に見いだされました。これらは後に取り去られました、そして彼女の体は点検されて、そして機内で月のモジュールを撮影しました。
落書きのように見えるこのサンプルが同じく見つけられました。
後日疑いを持って調査をした結果のレポートを読んだ方がイイと思いますよ。
http://www.angelismarriti.it/ANGELISMARRITI-ENG/REPORTS_ARTICLES/Apollo20-InterviewWithWilliamRutledge.htm
実物が目の前にいないので肯定出来ないが、完全に否定する場合、あらゆる背景の情報を知り過ぎているのはどうしてか、又、かなり手の込んだ事をする目的は何なのか? 今は無いロックウェルコーポレーションとNASAの関係は?
ブラックプロジェクトって言うのは政府と関係ないですからねぇ。
http://www.ramistrip.com/000%20web%20pages/best%20image.html

メモ・独り言・戯言
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32078255.html
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b
https://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/folder/943400.html?m=lc&p=9





posted by datasea at 01:41| Comment(0) | # 遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

南極古代遺跡の古代名が判明

Screenshot_20191017-220403.jpg



By Jeffery Pritchett
Now:16Last Hour:112Last 24 Hours:1,885Total:1,885
Antarctica's Actual Name Revealed! Existence of Ancient Mythical Civilization From Antiquity!

Before It's News
https://m.beforeitsnews.com/paranormal/2019/10/antarcticas-actual-name-revealed-existence-of-ancient-mythical-civilization-from-antiquity-2544977.html

YouTube
https://youtu.be/-4-9fgyS_Ds
https://youtu.be/9jOr0Oo3ip8




(要約)
南極古代遺跡の古代名が判明
2019.10.10
古代の交差路(Crossroads of the Ancients)~ 78° 1’29.14″S 162°11’48.47″E
第二交差路(Secondary Crossroads)~ 78° 4’13.28″S 162°13’25.96″E
女の顔(Face of a Woman)~ 66°37’26.67″S 110°15’42.00″E
複雑な壁彫刻(Intricate Wall Sculpture)~ 75° 6’47.53″S 112°48’45.63″W “
キャノピー(Canopy Construction) ~ 75° 7’43.75″S 112°51’9.59″W
クジラの体(Body of a Whale)~ 66°36’34.93″S 110°14’22.27″E
ヒューマノイド像(Humanoid Figure)~ 75° 7’29.16″S 112°46’4.88″W
廃棄場(Refuse Center) ~ 75° 7’24.24″S 112°46’19.65″W
この先進の古代文明の進化した先に聖書の大洪水がおき,その先に始まった時代が石器時代であった。。
Keith Clarke
APeX 

g7uht66t456tt pc


posted by datasea at 21:15| Comment(0) | # 遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする