2019年10月19日

Billy Meier交信: 第三次世界大戦について

Billy Meier交信: 第三次世界大戦について
49項目の質問と回答6
2018/10/31(水) 午後 3:53
22、なぜ戦争は昔からずっとあるのですか?
Arahat Athersata Kapitel 3, Satz 119-12/
数百年、数千年の昔から、地球の民族のあらゆる指導層には、認識と愛と真理に関する知識と英知が欠けている。
そして現代において、これら指導層にとって創造およびその法則と掟に関する知識と英知は、彼らが戦争や殺戮に駆り立てることによって罪もなく流された一人の人間の血ほどの値もしないのである。
このような指導体制のもとで地球人に残されたものと言えば、死の奈落へと滑り落ちる道あるのみである。
23,第三次世界大戦は避けられますか.避けられませんか?
OM Kanon 36, Vers 64-70
地球人は第三次世界大戦の虜となり、数多くの戦争や雄叫びが地球全体に響き渡る。
民族同士、家族同士が互いに対立する。
死の炎が地球上を駆け巡り、人間をまるで厄介な害虫のように皆殺しにする。
こうして地球人がそれまで狂気の沙汰にも挑んできた創造の法則と掟が履行される。
民族の多くが自分の罪によって、偽善者と盲目の罪によって、坊主と偽の教師や指導者の罪によって、権力者や裁判官、執行者や創造からの離反者によって滅びるであろう。
人間の間にいる蛇蝎の輩は自分自身の罪によって滅ぼされるであろう。
地球上には死の太陽が照り輝き狂気を止めることのできるものは何もない。
こうして地球の人間は方向を転換して創造の道に向かわないならば、自分が犯したあらゆる人殺しの罪のために自ら罰し、滅びるという古い予言が的中する。
Prophetien Mittwoch, 28. Januar 1976 (Petale)
人間が本当に円満な状態へ、純粋に霊的なもの、まことの誠実さと、より普遍的な愛、そして一切を包含する調和へ向かって歩まなければ、恐るべき予言が残酷にも的中し、それはいつまでも続くであろう。
1974年以降,核による地球の完全破壊は巨大で普遍的な力によって避けられているが,第三次世界大戦の危険は回避されない。
それはすでに芽を出しており、侮蔑に満ちた平和な時代に突如として暴力的にやってくる。
この地球の人間は夜安らぎに満ちて横になるが、平和の真っ只中で戦争の雄 叫びによって眠りを破られるのだ。
だが人間は現在まだ善いことや、愛と平和と調和の中での霊の道を考えてはいない。
Stimme der Wassermannzeit Nr: 35, Der driite Weltkrieg
現代の多くのいわゆる予知能力者や予言者(偉がり屋)は、第三次世界大戦はもはや起こらないと主張する。
しかしこれらの主張は真理に基づくものではない。
それらはそうした主張を掲げる者たち自身の際限のない不安に対する気休めにすぎないのである。
第三次世界大戦が起こらないという主張の中には臆病さも相応に含まれている。
なぜならば、そのような嘘を主張する者たちはまさしく臆病さから、与えられた事実と直面しようとしないからである。
ここではっきり言っておくが、第三次世界大戦は必ず来る。
第三次世界大戦は、祈祷の後に坊主が必ずアーメンと言うくらい確実に訪れる。
そしてこの第三次世界大戦はもはや防ぐことはできないが、これにはカルト宗教が少なからぬ罪を負っているのである。

ビリー・マイヤー研究
https://blogs.yahoo.co.jp/norio354_0919/






49項目の質問と回答10
2018/11/12(月) 午後 3:51
43 未来は何をもたらしますか?
Prophetien lorwort, Seite 8
この世の人間よ、聞くがいい。
これはすでに数千年来何度も告げられたことである。
君は預言をないがしろにし、冒涜してきた。
だが君の「今」に注意するのだ。
それは大いなる転換の時代であり、君にはまだ最後のチャンスが残っている。
もし君がこのチャンスを活かさなかったならば、君の子孫は地球の計算で四千年紀を少々越えるまで君を呪うだろう。
この世の人間よ、君がなおも創造に背き、創造を罵るならば、二千年にわたって恐ろしい出来事が告げられる。
その出来事は、君自身、君の邪説と知性のない誤った行為と行動によって責任があるのだ。
Prophetien Donnerstag, 19. November 1981, 17.28 Uhr
(PETALE-Botschaft)
ヨーロッパは灰と炎に沈み人間の血が砂に染み込み
第三次世界大戦が荒れ狂い
狂気の所産が邪悪な者たちによって賞賛される。
何百万という死が蔓延し人間は容赦なくなぎ倒される
それは戦争、すなわち第三次世界大戦
人間自身の手によって、
宗教、カルト、欲望、憎しみ
そして権力によって呼び起こされた
なぜならば地球人は愛を嘲るばかりだから。
Talmud Jmmanuel Das 25. Kapitel, Die Prophezeiung, Vers 34-35
そのとき人類が50億人をはるかに越えたら、大部分は根こそぎにされて殺される。
法則はそれを求めるのだ。
なぜならば人間は法則に違反し、かつ遠い未来まで法則に違反し続けるだろうからだ。

ビリー・マイヤー研究
https://blogs.yahoo.co.jp/norio354_0919/





49項目の質問と回答7
2018/11/12(月) 午後 2:10
25,預言された破局を防ぐために何ができますか?
Stimme der Wassermannzeit Nr. 52, Eine letze Chance
さて、善い意志のあるところには道もある。この道をビリーの地球外の友人は最近極めてはっきり明確に示した。
解決の標語は非常に簡潔な「平和瞑想」である。
すべてが考えられる限り単純であり、金銭的な費用や、物質的な補助手段などを要することなく誰でも実行できる。必要なのは少しばかりの時間と善い意志だけである。
プレアデス人の説明によれば、我々は直ちにいわゆる平和瞑想を始めることによって、第三次世界大戦の勃発を数年遅らせ、その残忍さを緩和できる可能性がある。
26,時は切迫している!..今日果たせることを明日に延ばすことなかれ。
変化と改良のためにあなたの関与が必要です!
Die Uhr schlägt eben Zwölf
我々はすべての邪悪を直視し、あるがままの姿で認識しなければならない。
そしてあらゆる邪悪の根を直接つかんで根こそぎにするのだ。
しかしながらこれは、自分たちの子孫のためにも公正で健全で自由な世界、正しく管理・統制された天国を創り出そうという、責任感のあるすべての人々の積極的な支援と協力なしにはできない。
それゆえ、権力亡者や知ったかぶり屋、無責任者や物質主義者の狂気との戦いにおいて君と君のすべての力と援助が必要なのだ。
彼らは自分たちの利潤欲と権力欲を満たすことしか眼中になく、世界や隣人の命などどうでもいいのである。
あなたが生けるすべてのものに対していくばくかの義務感と責任を担おうとするなら、あなたも我々の仲間である。
だからいつまでもためらわずに我々に合流し、我々と共にこの世界の狂気に対する戦いに赴き、存続のためのこの戦いであなたの能力も考え得る限り、実行し得る限り傾注するのだ。
あなたもまた必要とされており、この存続を賭けた戦いでなくてはならない
存在なのである。

ビリー・マイヤー研究
https://blogs.yahoo.co.jp/norio354_0919/






24・個人は平和のために何ができますか?
Die Uhr schlägt eben Zwölf
Seite 127, Satz 1-4 und Seiten 228/229
平和とは単なる言葉ではなく…計り知れない価値を持った概念である。
しかし世界平和は小さなところから始まる。
自分の家やごく身近な周囲で「戦争」をしていたら地球上に平和を生み出すことは決してできない。
最初に身近な場所や自分自身の中で、それから友人、親戚、知人、そして仕事や余暇で日々出会う人々との間で平和を生み出していかなければならない。
世界平和の努力は小さいところから始まり、それから次第に拡大していく必要がある。
このことは、世界情勢や低劣な出来事がどうであろうと、小さいところでの結び付きを求める。
25,預言された破局を防ぐために何ができますか?
Stimme der Wassermannzeit
Nr. 52, Eine letze Chance
さて、善い意志のあるところには道もある。この道をビリーの地球外の友人は最近極めてはっきり明確に示した。
解決の標語は非常に簡潔な「平和瞑想」である。
すべてが考えられる限り単純であり、金銭的な費用や、物質的な補助手段などを要することなく誰でも実行できる。
必要なのは少しばかりの時間と善い意志だけである。
プレアデス人の説明によれば、我々は直ちにいわゆる平和瞑想を始めることによって、第三次世界大戦の勃発を数年遅らせ、その残忍さを緩和できる可能性がある。
26,時は切迫している!..今日果たせることを明日に延ばすことなかれ。
変化と改良のためにあなたの関与が必要です!
Die Uhr schlägt eben Zwölf
我々はすべての邪悪を直視し、あるがままの姿で認識しなければならない。
そしてあらゆる邪悪の根を直接つかんで根こそぎにするのだ。
しかしながらこれは、自分たちの子孫のためにも公正で健全で自由な世界、正しく管理・統制された天国を創り出そうという、責任感のあるすべての人々の積極的な支援と協力なしにはできない。
それゆえ、権力亡者や知ったかぶり屋、無責任者や物質主義者の狂気との戦いにおいて君と君のすべての力と援助が必要なのだ。
彼らは自分たちの利潤欲と権力欲を満たすことしか眼中になく、世界や隣人の命などどうでもいいのである。
あなたが生けるすべてのものに対していくばくかの義務感と責任を担おうとするなら、あなたも我々の仲間である。
だからいつまでもためらわずに我々に合流し、我々と共にこの世界の狂気に対する戦いに赴き、存続のためのこの戦いであなたの能力も考え得る限り、実行し得る限り傾注するのだ。
あなたもまた必要とされており、この存続を賭けた戦いでなくてはならない存在なのである。

ビリー・マイヤー研究
https://blogs.yahoo.co.jp/norio354_0919/






オリノです。
当ブログではビリー・マイヤー氏の著作やFIGU刊行物からの引用・転載をすることがよくありますが、興味のあるかたは実際に書籍を購入することをお薦めします。
http://jp.figu.org/contents/kdw.html
ここで購入できます。

ビリー・マイヤー研究
https://blogs.yahoo.co.jp/norio354_0919/
posted by datasea at 08:35| Comment(0) | % 予言者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

クレイグ・ハミルトン・パーカーの2019年予言

2018.10.01(第55回)
クレイグ・ハミルトン・パーカーの2019年予言
10月になりました。2018年も残すところあと3カ月たらずになりました。
激動の年だったのですが、来年の2019年はどうなるのでしょうか? 
そこで今回はいつもの世界情勢の分析ではなく、
クレイグ・ハミルトン・パーカー
というイギリスの著名なサイキックの2019年に関する予言をお送りします。
クレイグ・ハミルトン・パーカーは、大手企業の宣伝部長だった異色のサイキックです。
毎年9月に翌年の年間予言を公開しており、その的中率は7割を越えるといわれています。
 これまでもイギリスのEU離脱やトランプの勝利などを的中させてきました。
また、毎年の予言の的中と外れをきちんと自己検証して発表するめったにいないサイキックでもあります。
 今回は9月18日に公開された2019年予言の要約を掲載します。ちなみに予言の原文は以下のサイトで読むことができます。
http://psychics.co.uk/blog/predictions/
だが同じ予言はユーチューブにもアップされており、こちらのほうがはるかに詳細に解説されています。
https://www.youtube.com/watch?v=sg36DJHNfaE
掲載する予言は、ブログではなくユーチューブのビデオを参照しました。
●アメリカに関して
・トランプはシリアを巡ってプーチンに挑戦する。
全面的な戦争にはならないものの、ロシアとアメリカの対立は危険なレベルに達する。
・アメリカ軍はイスラエルも含めたシリアの周辺諸国に新たに展開し、ロシア軍を牽制する。
このため、シリアは一層危険な状態になる。
・トランプは病気になる。しかしこれは、大統領の任期のまっとうが危ぶまれたり、死の危険にさらされることはない。
もちろん、反トランプ派はこれを利用してトランプに辞任を迫るが、それは実現しない。
ただ、短期間、大統領としての職務を中断する。
・トランプ家のだれかが自動車事故を引き起こす。
自動車事故でなくても、車に関係した事件である。
・トランプは弾劾や罷免の危機を免れる。反トランプ派の弾劾に向けた努力は実現しない。
一方トランプには新たなスキャンダルが持ち上がる。だがこれが、トランプの弾劾にいたることはない。
・トランプは、2018年11月の中間選挙では驚くべきほど勝利する。
もちろん共和党は少しは議席を減少させるものの、他の政権が中間選挙で大敗するような状況にはならない。
このときには新たなスキャンダルも出てくるが、トランプの支持率にはたいした影響はない。
そして、2020年の選挙でも勝利し、大統領を2期務めることになる。
・バブルの崩壊や金融危機などアメリカ経済には多くの懸念があるが、そうしたことは起こらない。
2019年のアメリカ経済は依然としてよく、景気が最高によい状態が続く。絶好調である。
・しかし、自然災害ではアメリカにとって厳しい年となる。
カリフォルニア州で巨大地震が起こるというわけではないものの、全米で地震が多発する。
また、今年以上に多くのハリケーンが襲う。これは環境破壊の結果でもあるが、太陽活動の活発化の結果でもある。
・アメリカのみならずカナダでも自然災害は多発する。
どうも大きな森林火災のようだ。
・トランプはパキスタンに経済的な圧力をかけ、大きな交渉をまとめ、他のアラブの政府にも同じように行動するように迫る。
これにより、パキスタンからイスラム原理主義のテロリストが完全に退去する。
だが、テロリストは隣国のアフガニスタンに結集し、アフガニスタンの治安が一層悪くなる。
このようにトランプは、軍事力ではなく経済力を使って圧力をかけ、目的を達成する。
・いまトランプの弁護士は元ニューヨーク市長のルディー・ジュリアーニだが、彼はトランプと馬が合う。
トランプは彼を政権の高官に抜擢する。
しかしジュリアーニは自分が大統領になる野望を持っているため、2019年にはトランプを裏切る。
しかし彼の計画はうまく行かない。
・NASAは月面基地の建設を発表する。
目的はレアアースの採掘である。この計画の予算が計上される。
・有名人のカップルか夫婦が自殺する。2人が同時に自らの命を絶つようだ。
この2人がだれなのかはいまのところよく分からない。
●ヨーロッパに関する予言
・ヨーロッパの選挙で反EUの極右が大躍進し、各国の議会で多数派になる。
・EUの旗のデザインが修正される。
EUの旗の角に米国旗にあるような星のマークが加えられる。また、欧州統一軍が結成される。
・ドイツのアンゲラ・メルケル首相が辞任する。
メルケルのキリスト教民主党が少数政党に転落し、メルケルは辞任を迫られる。
・トランプ政権はアメリカに輸入されるドイツ車に高関税を課す。
そのため、ドイツの自動車産業は大打撃を受ける。中国もドイツ車に輸入を停止する。
・ヨーロッパには新たな移民の大波がやってくる。
これが原因で、フランス、ドイツ、スエーデン、そしてオーストラリアでは激しい抗議運動が起こる。
トランプ政権はシリアでロシアに挑戦するので、シリア内線が再燃する。
この結果、シリアから新たな移民の波が押し寄せるのだ。
・2019年はドイツにとって極めて厳しい年になるに違いない。
極右の抗議運動や経済の低迷に見舞われる。
・2019年はヨーロッパ経済にとってかなり厳しい時期となる。
そのため、2019年の年末までユーロの価値は下落する。さらに、世界の貿易や金融は大きく低迷する。
●世界に関する予言
・中国ではバブルが崩壊して不況に突入する。
これに怒った人々は抗議運動を始める。
これは共産党政権を転覆するような革命にはならない。
しかし中国は、民主化革命の方向に向かう運命であり、2019年の動きもその一環である。
・オーストラリアで例外的に巨大な森林火災が発生する。
キャンベラが被害に中心になる。
・ロシアに大きな隕石が落下し世界的なニュースになる。
これは、2013年にシベリアで発生した隕石の落下と同じようなものだ。
これは大きな脅威とならないものの、地球環境にもっと関心を払う必要性の示唆になる。
・中国はいっそう多くのロシア製兵器を購入する。
潜水艦や戦艦などが中心となる。
その結果、南シナ海のパワーバランスが壊される。
アメリカはこの地域の米軍を増大させる。
・南アフリカで実施されている十分な補償なしに白人が経営する農場から土地を買収する政策に抗議して、武力衝突が発生する。
・南アフリカの総選挙で不正選挙が発覚する。このため、議会は解散され、再度総選挙が実施される。
・トルコがシリアから撤退する。内戦の再燃で増加する移民の波がトルコに入るのを阻止するために、トルコとシリアの国境沿いに難民収容センターなどを設けたバッファーゾーンを作る。その形成のために現地を支配しているロシア軍を攻撃するが、ロシア軍の反撃にあって敗退する。そして、シリアから撤退する。
・米朝首脳会談がまた行われ、取引が成立する。その結果、南北の友好関係が強化され、朝鮮半島統一の機運が高まる。だが、北朝鮮とアメリカの交渉成立の効果がちょうど出始めたとき、北朝鮮の国民はキム・ジョンウン体制に反抗し、キム・ジョンウンは中国に亡命する。
・スーダンの停戦協定が破られ、内戦が再燃する。
・ネパールで破壊的な地震が発生する。
・カナダで大規模な森林火災は発生する。
・中国とインドネシアを巨大な台風が襲う。
この台風は北上し、日本に上陸する。2019年の日本では大規模な洪水が襲う。
●イギリスに関する予言
・メイ首相はイギリスがEUを離脱する3月29日までは首相に止まるが、その後は辞任する。
メイ首相はEUからイギリスを離脱させた首相として、歴史に名を残すことにこだわっている。
・いまEUとの交渉成立によるソフトな離脱か、それとも合意もなしにイギリスが追い出されるハードな離脱になるかが焦点になっているが、ハードな離脱になる。ただ、3月29日の直前にドイツとフランスがなんらかの妥協を提示する。
・離脱以後、いくつかの港で混乱が発生するも、すぐに貿易量は回復する。また、いまイギリス国内で騒がれているような医薬品の不足は起こらない。
・EUに止まるがアイルランドとの間に国境ができてしまい、貿易が阻害されるのではないかとの懸念があるが、そうはならない。
国境は開かれ、ものと人のこれまで通りの自由な往来が可能になる。
しかし、アイルランドによって国境はできるだろう。
・離脱直後、ポンドは大きく値を下げるものの、すぐに上昇に転じて急騰する。
・私は大衆紙、サンに発表した2017年の予言で、イギリスでは保守党と労働党に代わる第3の党が結成されるだろうと予言したが、それは2019年に実現する。
・メイ首相の辞任後、デビッド・デイブスとボリス・ジョンソンが党首の座を争うが、ボリス・ジョンソンが党首になる。
・9月になると思うが、イギリスで総選挙が行われる。
保守党が勝利するものの、新しく設立される第3の党も躍進する。
・政府は、投資目的ではなく初めて住宅を購入する人々を支援する。
政府保証のローンのようなものだ。また、大家からいま住んでいる賃貸の家の購入を促進する制度も整備される。
これが背景となり、不動産価格は高騰する。
・トップ企業が賄賂を渡して国際的な契約を偽造する不正が発覚する。
これにはスコットランドからの影響力の効果だ。おそらくこれは、ニコラ・スタージョン首相であろう。
・目抜き通りの賃貸料や不動産価格が高いように、アクセス数の多いドメインネームには高い金額が支払われるようになる。
・グーグルのような大手のオンライン企業に課税される。
これまでは「ダッチ・サンドウィッチ」と呼ばれる課税を回避する抜け穴があったが、それは違法になる。
・NASAとのパートナーシップにより、イギリスの新しい宇宙計画が発表される。
太陽観測用の天体望遠鏡などはそのひとつだ。
・イギリスのEU離脱の前後のタイミングで、イギリスの銀行や金融機関で障害が発生する。
これはロシアの仕業である。それと同時に、クレジットカード会社やウェブサイトも攻撃される。
・大規模な洪水がイギリスを襲う。特に、西部とランカシャーの被害が大きい。
・スコットランドで船が沈没する。人命が失われ、海の汚染が広まる。
・イギリス、フランス、スペインとの間で漁業権の争いが発生する。
両国の抗議に対応するため、どの国も漁業が禁止される領域が設定される。しかし、各国の漁船による争いが起こる。
・イギリス、ないしはアメリカの工場が大爆発する。
これはガス会社のようだが、化学物質が関係しているようだ。
・ジュリアン・アサンジは逃亡を試みる。
これは、滞在しているエクアドル大使館の近くで抗議運動が起こり、その機会を利用する。
以上です。 パーカーはさらに詳しい予言を12月に発表すると言っているので、注目です。日本の予言もあるかもしれません。

ヤスのちょっとスピリチュアルな世界情勢予測
http://www.funaiyukio.com/yasu/

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/

未来を見る!『ヤスの備忘録』連動メルマガ 
http://www.mag2.com/m/P0007731.html

ツイッター
https://twitter.com/ytaka2013/
posted by datasea at 13:35| Comment(0) | % 予言者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

警告情報:7月24日大噴火


はたして7月24日に大噴火は起きるか?(予言検証)
2012/07/22 00:19
前回の記事の続き。ジョセフ・ティテル予言の。
5.意義のある日々:2012年7月、(その中で)7月24日だ。世界にとっては7月は煩わしい月だ。 その時(7/24)に世界最大級の火山噴火が起き、続いて起きる地球の移動(地軸移動か、軌道移動)を更に加速する。
(※注 米国時間7月24日は、日本時間7月25日です。だいたい)
を太陽風の観点からの検証。

◎太陽地震予報官のブログ
http://gori10.iza.ne.jp/blog/entry/2766297/







もしマジで噴火するなら、太陽風の放射がイエローストーン付近に来る、22-24日あたりに前兆的ニュースが報道される可能性もあり、日本のツイッターにいる地震体感者さんが全員ぶっ倒れる可能性もあるでしょう。まだその兆候は見えませんが。私はとりあえず米国のイエローストーンのニュースに注視しようと思います。日本に住んでる私が注意してもしかたないって言ったらしかたないのですがね。とりあえず結果は24日25日に判明するでしょう。なお米国時間で24日は、日本時間で25日となります。
しかし、ジョセフ・ティテルの予言は気になる。なんせ2011年の津波と原発事故当ててますからねぇー。
あっ、外れたらジョセフ・ティテルの責任ですよー。

◎太陽地震予報官のブログ
http://gori10.iza.ne.jp/blog/entry/2766297/







巨大火山が近く噴火か 米3分の2に被害及ぶ恐れ
http://japanese.china.org.cn/environment/txt/2011-01/27/content_21832777.htm
2011/01/28
北京時間1月26日時点の情報によると、アメリカの科学者は、世界最大級のスーパーボルケーノ 、つまりイエローストーン公園の真下に眠る火山が噴火の危機にあると発表した。 そして、もし噴火が起こればアメリカの国土の2/3は火山灰に埋もれる。 イエローストーン国立公園にできたカルデラ(火山活動によってできた大きなくぼ地)の地表面は2004年以来、これまでにない速さで上昇しているという。 過去3年間、その地表面は年間およそ7.6センチの速度で隆起している。これは1923年に調査を始めて以来、最速である。

◎太陽地震予報官のブログ
http://gori10.iza.ne.jp/blog/entry/2766297/








[15904] ふわふわマシュマロ@山形様 情報有難うございました Name:梅ちゃん管理人@山梨 NEW! Date:2012/07/22(日) 21:41 [ 返信 ]
>>15902 愛知県豊田市の勉強会を終えた翌朝(4/26 AM6:00)に、次の啓示が夢知らせで伝えられました。
実際に起きるかどうかは、ご自分の判断で良いと思いますが、これまでの私自身の経験からすると、滅多に無い具体的な事前啓示なので、ご対応をどうぞ宜しくお願い致します。
地震発生時刻:2012年7月24日(火)午後3時過ぎ 
震度6以上の直下型大地震・ 大津波注意
震源地:富士山東部・富士山南西部・愛知県南部・白山西部の可能性大
http://blog.yoshiokamanabu.com/
>>15846 では、これから起こる大地震は国道419号線に関連していると分析してきました。
なんと豊田市がその国道の中間地点で、愛知県と岐阜県を結んでいます。愛知県の半田市白山や体感日本一の佐藤@刈谷氏の済む地点が起点になり、東海アマ氏の住む岐阜県方面に伸びています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%81%93419%E5%8F%B7


2012年12月12日 アセンション次元上昇
http://thk95532.progoo.com/bbs/





[15887] ジョセフ・ティテルによる7/24日付指定の予言 Name:クリスタル@つくば NEW! Date:2012/07/22(日) 13:31
7/24(日本時間だと7/25頃)に起きるという、ティテルの数々の予言の中でも珍しく日付が明示してある項目がありますが、その日を3日後に控えたタイミングで火山の地震計異常値が出るとは!?
http://gori10.iza.ne.jp/blog/entry/2766297/
■5.意義のある日々:2012年7月、(その中で)7月24日だ。世界にとっては7月は煩わしい月だ。その時(7/24)に世界最大級の火山噴火が起き、続いて起きる地球の移動(地軸移動か、軌道移動)を更に加速する。

2012年12月12日 アセンション次元上昇
http://thk95532.progoo.com/bbs/


posted by datasea at 01:29| Comment(0) | % 予言者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

マザーシプトンの予言


Mother Shipton's Prophecies
マザーシプトンの予言
今の言葉で語る将来の時間。
いずれ世界は逆さまになるでしょう。
新しい黄金が木の根っこから見つかります。
土地を耕すインドランドすべての若者たちは、将来、みな手元に鍬ではなく本を持つようになります。貧しいものが偉大な見識を持つでしょう。
馬のない馬車が道を行き交います。
多くの自然災害で世界は悲痛に満たされます。
世界中で人々の考えが飛躍します。瞬きするより速く考えが閃くのです。そして、水が偉大な驚きとなるでしょう。
なんて奇妙なことでしょう。しかし、これらは実現するのです。
馬かロバに得意げに乗る男性。しかし、その男性の下には馬もロバもいません。
人々は水の中を歩くことができます。水の中で喋ることも、眠ることもできるのです。
そして、空中の人々を見ることができるようになります。そこには白い人も黒い人もいます。あるいは緑色の人さえいます。
そして、水の上に鉄が浮かびます。まるで木のボートのように鉄が水に浮かぶのです。
今は知られていない土地。そこではゴールドが石と同じようにどこでも見られます。
イングランドはユダヤを認めます。
あなたは奇妙だと思うかもしれませんが、これは真実です。
イングランドにガラスで作られた家が現れます。
しかし、しかし。戦争がそれに続きます。異教徒とトルコ人が住む地で最も激しい戦いが続きます。そして、お互いの命を奪います。
北が南を分割する時、そして、鷲がライオンの口に囲われるとき。その時が税と血と戦争の時です。それはすべての地に訪れるでしょう。美しいフランスで血まみれの惨劇が三度繰り返されるでしょう。それは人々が自由になる前に起きます。
3人の専制君主が統治するでしょう。それは女性です。
連続した3人の統治者が出現します。その3人はそれぞれ違う国家から出現します。その時から激しい争いが始まります。
イングランドとフランスはひとつになるでしょう。その後、英国も加わります。同じ祖先を持つ同盟によって。
人は雲の上を行き来するようになります。この不思議な夢は実現されるでしょう。
女性のファッションの流行は大きく変わります。男性のようなズボンを身につける女性も出てきます。彼女たちは、髪をばっさりと切り落とします。そして、金属製の眉毛を持ちます。まるで、ほうきに乗った魔女のよう。人は鳥のように空を飛びます。そして、馬も鍬も使わなくなります。
愛という存在が死に絶えます。そして、結婚が消滅します。子どもは減少します。そして、国力は弱ります。妻たちは犬や猫を愛でます。そして、男性たちはまるで豚のように生きます。
1926年。藁と棒で家庭用照明が作られます。その時に、大きな戦争が計画されます。戦火は土地を一掃します。
その時代には、写真がまるで本当に動いているように見えます。そして、魚のような形の船が海底を進んでいきます。そして、鳥のような人間が空を飛びます。そして、世界の半分が血にまみれ、人々が死んでいきます。
それは怖ろしいことです。
山へ逃げて下さい。
洞穴へ逃げて下さい。
沼と森と野生のある場所へ逃げて下さい。
大天使ガブリエルが海とその崖に立つとき、巨大な嵐が起きて、海と繋がります。ガブリエルは不思議なホーンを鳴らします。その時、古い世界は滅びます。そして、すべてが新しく生まれ変わります。
今の前に地球は6回死んでいます。
火のような龍が空を横断します。
7つの昼と7つの夜の間、
人々はすさまじい光景を目にします。濁流がその限界を越えて上ります。山が唸り始めます。そして、地震が平野を割きます。大きな洪水と鉄砲水が発生します。大地はこれらの騒音で満たされます。人類は泥だらけの沼地に立ちすくみます。そして、同胞同士が互いに牙をむいて争います。戦って殺し合います。秘密の食料を秘密の丘に隠します。
人々は洪水から逃げ、そして、血の川は殺しとレイプで満ちあふれます。その血の川のすべては、人類によって流された血です。その汚れとしみが多くの大地に広がります。
龍の尾が消えた時、人々はそれを忘れ、笑顔となり、人々はまた生きていきます。あまりにも遅かったけれど、人類は神の摂理を得るのです。彼の偽りの微笑みと偽りの威厳。それは、神々の怒りを呼び起こします。そして神々は龍を地上に送り返します。龍は夜空を照らし、そして、その尾はふたつに割れるでしょう。
龍は地球の上空に止まり、地球を引き裂きます。逃げ惑う人々。農民も王もみんな逃げ回ります。
しかし、次に人々は水源を探すために歩き回ります。そして、海面が崖の上に上る前に、人々は渇水で死んでいきます。大地はひび割れ、新たに引き裂かれます。
奇妙な話だと思いますか。
でも、これは真実です。
遠い遠い大地で、ほんの少しの人々が彼らの堅い宮殿を去ります。
その極めて僅かな人々は生き残り、新たな地球の人類としてスタートします。
しかし、それはすでに大地の上ではありません。海底の、厳しく乾燥した土地です。
地球のすべての魂が龍の尾で一掃されて滅びるわけではありません。
地球上のすべての大地が沈むわけではありません。
しかし、大地は悪臭で満ちあふれるでしょう。獣の屍と人間の屍が腐っていくために。そして、植物が大地の上でばりばりに砕け散るために。
しかし、海底から浮かび上がる大地があります。そこは清潔で、そして、とても自由です。
人類の新しい王国のもとで。時間が記憶を消します。
地球の人類が刷新される前に、銀色のヘビがそれを見に訪れます。そして、未知の人類を吐き出します。成長する地球に混ぜるために。
その未来の新しい人類に教えてあげてください。地球の冷やし方を。未来の人類の彼らにはそれができるのです。
生きるために、
愛するために、
与えるために、
その方法を彼らに教えてあげてください。
千里眼をもつ子どもたち。彼らは自然とそうなります。彼ら未来の子どもたちは、上品に、控えめに振る舞います。
地球の新たな黄金時代の始まりです。これらの始まりの徴候は龍の尾です。
人類が終末に向かう徴候は。そして、この預言がなされる前に、私の体が焼かれても仕方ありません。私が口にした言葉が冒涜だと思うのなら。でも、それは間違っています。これらの言葉は私のもとにやってきました。そして、この預言は成就されるでしょう。

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/272352039.html
http://oka-jp.seesaa.net/article/272517016.html


posted by datasea at 22:03| Comment(0) | % 予言者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

ロシア

2012年05月14日
現実や予言から見る「ロシアのふたつの未来」と、あるいは全世界のいくつかの未来

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/269910852.html












ブルガリアの有名な女性予言者である「ババ・バンガ」は、ヤスの備忘録のこちらの2008年の記事に、このように言っていたという記録があります。
すべてのものが氷が溶けるように消え去るが、ウラジミールの栄光、ロシアの栄光は残る唯一のものである。ロシアは生き残るだけではなく、世界を支配する。
これは、1979年に言った言葉だそうです。
まあ、今ふたたび大統領になったロシアのプーチンさんの名前は、「ウラジミール・プーチン」というのですが、そういうものに、「今後、唯一残る栄光が訪れるのかどうか」ということが気にならないかといえぱ、うそになります。
ちなみに、エスキモーの女性予言者が「ロシアは共産主義に戻ります」と

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/269910852.html




ヤスの備忘録の記事には、アロイス・イルマイル (1894-1959)という人の予言の翻訳も記されていましたので、少し抜粋します。
下の描写は(未来の)ロシア軍の攻撃をさしている描写のようです。
黒海から北海までの地域に飛行機が黄色い粉を撒き散らす。黒海から北海までのエリアに、ババリアの半分ほどの大きさの死の地帯が作られる。この地帯では、動物はもとより、植物も死に絶える。ロシア軍の補給路は絶たれてしまう。
ハトの群れが砂から舞い上がる。
西から南西に向かって2つの群れが戦闘区域に到達する。
編隊は北に向かって飛行し、第3の軍団の行く手を阻む。西には多くの戦車がある。だが戦車は動いているものの、中の乗員はみな死んでいる。戦車はゆっくりと自動的に止まる。
飛行機のパイロットは黒い箱を落とす。それは地上に到達する前に爆発し、黄色や緑の塵を撒き散らす。それが触れたものは、人間であろうが、動物であろうが、植物であろうが死んでしまう。一年間、生き物がこの区域に入ることは許されない。入った場合は死の危険が待っている。
これらの箱は悪魔のようだ。これが爆発すると、黄色と緑の塵と煙りが立ち上がり、人間であろうが、動物であろうが、植物であろうが、それが触れたものはすべて死ぬ。人間は真っ黒になり、骨から肉が削げ落ちる。

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/269910852.html







話の流れとして、「シャチから予言を託された」というエスキモー女性の予言を訳したのですが、彼女はこんなことを言っていました。
ロシアは共産主義に戻ります。
民主主義は一掃されて、2000万人以上が強制収容所で亡くなります。
スターリンの像がロシアの国にもう一度建てられることでしょう。
言った年代は定かではないですが、「戻ります」と言っているので、旧ソ連の崩壊後のことを言っているように思えます。

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/269910852.html





ちなみに、エスキモーの女性予言者が「ロシアは共産主義に戻ります」と言っていた直前の文言は、
株式市場は崩壊します。
それは、ある日、歴史上で最も大きな下落を見せます。
たった一日で何千ポンドも失う人が出ます。
でした。
まあ、株式・・・というか、投資や投機全体において、市場の崩壊とまでは言わなくても、そろそろ「大崩落」程度のことは起きても不思議ではなさそうです。

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/269910852.html





posted by datasea at 03:37| Comment(0) | % 予言者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

522ぐちゃぐちゃ地震予言

522ぐちゃぐちゃ地震予言は大嘘!スカイツリーで大規模テロシミュレーション!5月23日核爆発テロ計画か!
2012年05月14日 13:04

欧米デフォルト・ロスチャイルド崩壊ニュース
http://www.news-us.jp/article/269921351.html





>なんか私の身近に知的障害のある、
>養護学校に通っている男の子がいます。
>あの 3.11 前。
>何かを訴えるかの様に、
>ずっと「さん、いち、いち、ぐらぐら。」
>と叫んで居たようです
>最近その子は、
>「ごー、に、に、ぐちゃぐちゃ。」
>と言うようになったらしい(?)です…。
>デマだっぽい(?)けど、
>本当に言ってるんですよ(;´Д`A(?)
>「ごー、に、に、ぐちゃぐちゃ」
> って言われた時は鳥肌が立っちゃって
伝え聞いた?目の前で言われた?どっちかな!
投稿主、日本語が崩壊しています!
早く帰国した方がいいのではないでしょうか!

欧米デフォルト・ロスチャイルド崩壊ニュース
http://www.news-us.jp/article/269921351.html





−−転載−−
680:本当にあった怖い名無し:2012/05/10(木) 09:37:23.75 ID:XhOjWEbU0
ごめんここに書かせて
近所に池沼の双子がいるんだが、1週間くらい前からひどい奇声と大暴れが始まったふたりとも13歳くらいで、どちらかというと鬱鬱とした症状?の池沼で、学校以外殆ど外に出てるのを見たことがなかった
ここ数日は二人で親の制止も聞かず
「んばぁぁーーーーーーーー」
みたいな奇声上げて町内を疾走中。
反抗期かね? なんてカーチャンと話してたんだけど昨日かーちゃんが池沼カーチャン(良い人)とした話えお聞いて慄然とした
先週の金曜日、朝起こしに行くと二人共起床済みでベッドの上で抱き合ってないてたらしいどうしたのか聞いても泣きじゃくるばかりで、今度はカーチャンととーちゃんを必死に車に連れていこうとしたそうだ。
「どこか行きたいの?」
と聞くと、「逃げよう」「逃げよう」「逃げよう」「逃げよう」「逃げよう」「逃げよう」「逃げよう」「逃げよう」「逃げよう」って壊れたスピーカーみたいにひたすら絶叫
恐慌状態はしばらく続いたらしいんだけどそれを何と治めて、話を聞こうとしたんだと
学校(所謂特殊学級みたいなやつ)で嫌なことでもあったかと思ってたんだけど、
そうじゃないらしく。双子がその日以来主張してるのは
5月21日 地震
5月23日 大爆発
だそうだ

欧米デフォルト・ロスチャイルド崩壊ニュース
http://www.news-us.jp/article/269921351.html



コメント欄にも・・
>私の兄の同僚の母親の勤務先の知人のおばあちゃんの従兄の孫の友達のお母さんの独身時代の知人の経営するお店のお客さんの家によく来る郵便屋さんの話によると・・・・
> 配達先の奥さんの知人の子供の従兄のおじいちゃんが・・・
> 『523パクパク』
> 『524ギュルギュルブリブリ』
> 『525オエオエゲロゲロ』
> 『526ナムサーン』
> ってつぶやいているらしいです。
> 鳥肌ものです。
投稿主、馬鹿にされてますよ!
>私はスカイツリーオープンで人がいっぱいぐちゃーっ
> という考えが先に浮かびました。東京ですしねw
>5月22日はスカイツーリーオープンで人がグシャグシャになるくらい混むんだろうね
そういうオチならありってか!どうでもよい!
ここ最近になって、別バージョンが続々と登場!

欧米デフォルト・ロスチャイルド崩壊ニュース
http://www.news-us.jp/article/269921351.html






スカイツリーでもテロ対策は万全の様子!
スカイツリーでテロ訓練 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/photos/120430/trd12043015490009-p1.htm
>5月22日開業の東京スカイツリー(東京都墨田区)で30日、テロを想定した対策訓練が行われた。高さ350メートルの展望台「天望デッキ」から、大勢の都民らが安全な場所へ避難するなどした。都によると、こうした高所での訓練は異例。
> 訓練は都と区の主催で、一般都民のほか、警視庁や東京消防庁、自衛隊など計約2千人が参加。展望デッキで、サリンのような有毒化学物質が散布された想定で実施された。
2000人も動員するとは、随分大規模な訓練だったようで!
いやー実に生々しい!明らかに死んでますな!
不法侵入、脅迫行為… オープン直前! 東京スカイツリー狂騒曲不法侵入、脅迫行為… オープン直前! 東京スカイツリー狂騒曲
言うまでもありませんが、これはテロ訓練などという生易しい物ではない!
テロシミュレーションです!
訓練は訓練でも「避難訓練」ではありません!
救助隊が「死体を運び出す」ための訓練ということです!
展望デッキに毒物を持ちこまれる、という設定からしておかしい!
手荷物検査を強化すれば、必要ない訓練ではないのか?
そして判明した、恐ろしいまでの避難経路の貧弱さ!
不法侵入、脅迫行為… オープン直前! 東京スカイツリー狂騒曲
観光客の命など、どうでもいいのでしょう!
スカイツリーはそういう場所です!

欧米デフォルト・ロスチャイルド崩壊ニュース
http://www.news-us.jp/article/269921351.html




ニュース速報
5月21日、イスラエル大使館休館か
ギリシャ、5月15日期限の国債償還まだ決定せず−ユーロ離脱の可能性も

欧米デフォルト・ロスチャイルド崩壊ニュース
http://www.news-us.jp/article/269921351.html






■5月21日〜22日 大地震テロ(Not 自然災害)
■5月23日 核爆発テロ(Not アルカイダ)

欧米デフォルト・ロスチャイルド崩壊ニュース
http://www.news-us.jp/article/269921351.html




5月23日は、イルミぱみゅぱみゅの新アルバム発売日だそうです!
関係あるかは分かりません!

欧米デフォルト・ロスチャイルド崩壊ニュース
http://www.news-us.jp







522ぐちゃぐちゃはデマですよ!
5月22日にぐちゃぐちゃになるのは、トンデモ情報を広めた人々!
5・22人工地震テロ、ならば理解できますがね!!
いつまでこんなデマ情報に惑わされるのか?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
311ぐらぐら。522ぐちゃぐちゃ。 :: みぃちゃの愛ingデイズ
5月22日に大災害?「311ゆらゆら522ぐちゃぐちゃ」の噂とは - NAVER まとめ
311ゆらゆら522ぐちゃぐちゃってどういう意味ですか? - Yahoo!知恵袋
障害の双子が1週間くらい前からひどい奇声と大暴れで・・・ 大地震・前兆・予言.com

欧米デフォルト・ロスチャイルド崩壊ニュース
http://www.news-us.jp/article/269921351.html



来週、5月22日(火)のまことしやかな大災害の噂 - 俊平の雑学研究所 - Yahoo!ブログ
2012/5/19(土) 午後 0:39
ある著名人が「人類史上、その事件が起こる前に予言を的中させた者はいない」という言葉が記憶に残っている。確かに、事件が起こった後から「私は予言をしていた」という御仁はよく見かける。
今、ネット上で盛んに話題になっている来週の5月22日(火)に関する噂を聞いたことがあるだろうか。今、ネットや学生の間でまことしやかに語られているその噂の内容は次のようなものだ。
昨年の年が明けた頃、ある施設の知的障害児が「3.11グラグラ」と常につぶやくので、周りの皆は「何だろう」と首をかしげていた。その後、東日本大震災が3月11日に起こったので、その予言だったと気が付いた。そして、今度はその障害児が「5.22グチャグチャ」と言っているというものだ。
ネットの掲示板やTwitterでは「5.22グチャグチャ」の部分が「爆発」だったり予言者の知的障害児がサバンだったりと、微妙に違うが、だいたいのストーリーにおいて類似いる内容の書き込みを見つけることができる。
前日の5月21日は金環日食で太陽と地球、月が一直線に並ぶ。その引力によって地球のプレートが影響を受け、大地震につながるなど、一見科学的に思える説明もある。また52年前の5月22日は人類が経験した最大のチリ地震が起きた日でもあるとの指摘もある。
また、霊能者やスピリチュアル関係の怪しげな人たちは5月22日の東京スカイツリーのグランドオープン日に関連付け、東京スカイツリーが東京の磁場を壊すとか、あれは風水的に凶兆のシンボルだと囃したてる。さらにトンデモネタを扱うサイトの中には「5月22日の予言の真相は、ある秘密結社によるテロの予告である」と解説しているところまである。
果たして来週の火曜日、大災害は起こるのか、私は馬鹿げたデマだと確信しているが、貴方はこの噂についてどう思うだろか。

俊平の雑学研究所
http://blogs.yahoo.co.jp/hoshiyandajp/30836793.html






※ 追記
イルミナティの元幹部・レオザガミが
「地震兵器も投入 闇の世界権力の「日本沈没計画」を阻止せよ!」で核テロの候補地を暴露していました!
その候補地とは、
秋田、酒田(山形)、羽咋(石川)、米子(鳥取)
の4か所だそうです!
ここで暴露したので、もう起こされないと思いますが、念のため警戒を!

欧米デフォルト・ロスチャイルド崩壊ニュース
http://www.news-us.jp/article/269921351.html









skytree_thumb.jpg
10階建てで高さ31m、というのが一般的だ。
地上634m+地下31mで、665m。
10階建て以上、ということで、地下は32mにしているのでは?
634+32=666。
スカイツリーの666
http://d.hatena.ne.jp/goro358/20110724
東原亜希 東京スカイツリーの記事を書く→地震へ
http://unkar.org/read.html#!/livecx/1299825538

欧米デフォルト・ロスチャイルド崩壊ニュース
http://www.news-us.jp/article/269921351.html



5月20日巨大地震の警告
John Baptist
2012年4月27日
マヤ
2012年5月20日に起きる日食はマヤでは「ヘビの日食(this “Serpent’s” eclipse)」という。この「ヘビの日食」の間、太陽、月、地球は直列するがそれだけでない。太陽の方向にあるプレアデス星団とも直列する。
また5月20日はマヤ予言では「ジャガー・ヘビの復活(The Return of the Jaguar Serpent”)」と呼ばれるイベントがおきる日。
マヤ予言
「5月20日、太陽は空の中心でプレアデス星団と直列する。」。
またククルカン/ケツァルコアトルのマヤ予言によれば、3月21日-5月20日に世界的な大地震が起きた後、世界政府(New World Order)が到来するという。
ミステリーサークル
第16回目UFO研究会議(the 16th UFO Congress)でUFO研究者Jaime Maussan氏はミステリーサークル分析を披露した。
Jaime Maussan氏
「ミステリーサークルはヘビの星神(star god)を示すメキシコ人の羽毛の伝統衣装を示す、つまり2012年5月、ヘビの星神の帰還、新しい知性の男が地球帰還を示すのではないか。」。
NASA
昨年、太平洋上に不可解な赤いX印のついたGoogle Earthの地図ファイル「byss.arc.nasa 11133.kml」がNASAからリークした。この赤いX印はこの時はElenin彗星の落下地点だろうとされた。またこの海域で歴史上最大の津波演習「the Exercise Pacific Wave 11 tsunami drill」が行なわれた。
イメージは、UNESCOの演習「the Exercise Pacific Wave 11 tsunami drill」で使われた演習用地図。津波の影響マップ。アリューシャン諸島沖から津波がひろがっている。Google Earthの地図ファイル「byss.arc.nasa 11133.kml」の赤いX印の位置だ。アリューシャン諸島沖といえば、2012年5月20日に起きる日食での太陽、月、地球の直列の軸上の位置。
聖書
イスラエルは現在過ぎ越しの祭り(Passover)とShavuotの間の期間。Shavuotは5月26/27日、モーゼが古代のヘブライ人に律法を示した日。またヘブライの祈祷書によれば、今年のShavuotは同時にペンテコステが起きる。
ペンテコステは、イエスが地上に戻る日、聖書によれば、その日イエスは「罠のように」「夜の泥棒のように」地上に帰還するという。 「平和と安全」の後の「突然の崩壊」だ。
神が来る
懺悔し、道を開け
ルーク伝
ルーク伝21:11がおきる
ルーク伝21:11-12
「そして、各地で大地震、飢饉、疫病がおきた。天国から来る恐ろしい、大いなる印だ。」。
ノストラダムス
さらに2012年5月の地震に関するノストラダムス4行句
[X 67] 5の月に大地震がくる。
土星、山羊座、木星、水星が牡牛座の位置:
金星、火星、かに座がNonnay(cero)の位置
卵より大きいひょうが降る。
[IX 83] 太陽は牡牛座の20の位置。地球は大きく震える。
空は暗くなり、空気、空、土地は悩む。
そして異教徒は神と聖者を訪ねる。

local pc








posted by datasea at 02:56| Comment(0) | % 予言者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

ミハール・タラビッチの予言

2012年05月04日
ロシア軍の最終兵器: 通常の人間を超人にするサイコジェネレーターや細胞の電極に作用する周波数兵器

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/268475807.html



ミハール・タラビッチ(Mitar Tarabich / 1829年〜1899年)。
ミハール・タラビッチの予言より。
人々は十字が三つ並んだ山を探す。その中では人々は息をすることができ、水も飲むことができる。この中に逃げ込んだものたちは、自分も家族もともに救うことができる。だが、それは長くは続かない。なぜなら、すごい飢饉が襲うからだ。
町や村には十分に食べ物がある、だが、それらは汚染されている。飢えた人々はそれを食べるが、食べたとたんに死んでしまう。早く死んだものたちこそ逆に生き延びるのだ。なぜなら、聖霊に助けられ神に近付くことができるからだ。もっとも怒ったものたちが、もっとも強大で恐ろしいものたちを攻撃する。このひどい戦争を空で戦うものたちには大変な災いとなる。陸上や海上で戦うものたちのほうがまだましだ。この戦争を戦うものたちは、科学者に奇妙な大砲の弾を作らせる。それが爆発すると、人を殺すのではなく人間や動物に呪いをかける。この呪いで人々は戦うかわりに眠りに眠りこむ。三つの十字のある山に逃げ込んだものたちだけが避難場所を見つけ、愛と幸福に満たされ、豊かに暮らすことができる。なぜならもう戦争は起こらないからである。

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/268475807.html




ちなみに、今回翻訳したものに出てきたソ連時代の兵器は、
・人間の細胞の2つの電極に作用して相手を殺す特定の周波数を出す電磁波兵器
・広大な範囲の水を人間の飲料に適さないものににする波動装置
・動くものすべてを止める「死のジェネレーター」という装置
・普通の兵士を「スーパー兵士」にする脳へのジェネレータ。これは精神も高めて、その兵士に「武士の魂」を与える。
あたりのようです。

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/268475807.html




posted by datasea at 22:23| Comment(1) | % 予言者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

予知情報:富士山

予言情報:富士山
John Paul Jackson
季節は桜の満開を少し過ぎた頃。自分が立っている場所から180mほど離れたところに、高速鉄道が走っている。
そこからは東京全体を見渡すことができ、遠景に大きな山が見えた。
その山は、半分、雪に被われていた。
その山の山腹からは、雲のような水蒸気のような雲が出ているのが見えた。
しばらくしてから、再び、その山-それは火山だ-から水蒸気の雲が出ているのが見えた。
そして、三度目の水蒸気の雲が出て、しばらく経った後で、山全体が震えるように揺れるのを見た。
人や列車、頭上を飛ぶ飛行機の騒音など、その巨大都市の種々雑多な騒音が聞こえた。
そのとき、噴火が起きた。
思わず、口をついて出た言葉は、
「おおっ、これはセントへレンズより酷い」
ということだった。煙と灰が、その大都市めがけて向かってきた。
しかし、それは水蒸気のような水のようだった。
あまりにも熱くて、すべてのものを溶かしてしまうほどだ。
それは、至るところに到達して、溶融が起きていた。
しばらくして、都市のすべての騒音が飲み込まれ、静寂が訪れた。

カレイドスコープ
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-2251.html





幻視者の「死者700万人、行方不明者100万人」のビジョン
さて、ひとつ興味深い話題があります。
John Paul Jackson(ジョン・ポール・ジャクソン)
彼が定期的に提供している番組の「2012年・10月版」で、こんなことを言っています。
「東京の近くの火山が噴火する。死者700万人、行方不明者100万人」。
この動画の文字起こし(英語)は、『The Perfect Storm Update - October 2012』にあります。
下から5分の2のところに、その見出し「Volcano erupts near Tokyo: Seven Million Dead, another Million Missing」はあります。
Sat.2013.07.20

カレイドスコープ
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-2251.html







東京を見渡すことができて、(新幹線か、山梨のリニアモーターカーか)高速鉄道がすぐ近くにあって、東京の方角を見ると、遠くに巨大な山が見える場所など、現実には存在しません。
ただ、ジョン・ポール・ジャクソンが、このイメージを見たのは1985年のことであると言っています。
それを今まで黙っていたのは、富士山が休火山だったから、と言っています。
本当にそうであれば、「高速鉄道」というのは、リニアモーターカーではなく新幹線ということになりますが。
彼がこのビジョンについて話したのは、日本の地震学者や火山学者が、
「東日本大震災によってプレートが動いたため、日本の火山が活発化し始めた」
と発表してからのことです。
ですから、日本のネットユーザーに自分の電子書籍をダウンロードしてもらうことを期待してのことであることは明らかで、そのために日本人の最大関心事の一つ、「富士山噴火」を取り上げたと見ることができます。
しかしここでは、この男が、本当に富士山の水蒸気爆発と火砕流の光景を見たかどうか、あるいは、彼が詐欺師なのかどうかを暴くことが問題なのでなく、重要なことは、藤井教授の出している警告に酷似していることです。
…その規模にもよりますが、一度、カルデラ噴火が起こると、その周囲100-200kmの範囲は火砕流で覆われます。
火砕流の速度は時速100kmを超えるため、その地域は数時間以内に数100℃以上の高温の火砕流に襲われ、壊滅状態となるのは避けられません。もし、過去と同じようなカルデラ噴火が現代に発生すると、発生場所によっては、数10万-数100万人の犠牲者が発生するといわれます。
富士山で、大規模なカルデラ噴火が起きたとすると、富士山から都心までは直線距離で130-140kmですから、火砕流が到達することになります。しかし、その間には標高1500m級の丹沢山塊が立ちはだかっているので、ジョン・ポール・ジャクソンの幻視のようなことが果たして起こりえるのだろうか、という疑問は残されたままです。
いずれにしても、富士山の山体崩壊の可能性は、確かに専門家の多くが指摘していることなので、あらゆる可能性を排除せず、防災対策に生かすことが大切です。富士山より800mも低いセントへレンズ火山が、わずか数分で崩壊してしまった事実がある以上、富士山でも起こり得ると考えておかなければならないと思います。
要は、
「富士山噴火を軽視しすぎていたかもしれない」
という反省が、後になって大難を小難にすることに役立った、という結果になればいいのですから。
Sat.2013.07.20

カレイドスコープ
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-2251.html







続・富士山噴火‐文明は地震ではなく噴火で断絶する
1980年5月18日、アメリカワシントン州のセントへレンズ火山で水蒸気爆発による山体崩壊が起こりました。爆発をともなう岩屑なだれによって、山体の北側の大部分が崩れ去り、標高2,950mだった山は2,550mまで低くなる、という超弩級の噴火でしたが、富士山が噴火すれば同じようなことが起こるという学者がいます。
富士山で大規模な噴火が起こった場合は、経済崩壊につながる可能性
1980年のセントへレンズ火山の大噴火は、その後のアメリカ経済の成長を足踏み状態にさせました。水蒸気爆発によって生じた火砕流は、秒速35m、時速125kmで斜面を駆け下り、57名の人間と200軒の建物、そして47本の橋梁をあっという間に飲み込み、裾野に到達してからも、24kmの鉄道、300kmの高速道路を完全に破壊したのです。その地獄が終ったのは、爆発から6年も経った1986年のことでした。火砕流が通った広大な地域では、いまだに木々がなぎ倒されたままになっていて再生不能。アメリカ政府は、破壊された広大なエリアを国立公園にしました。(02 セントヘレンズ火山:自然と科学と)
セントへレンズ山の山体崩壊の瞬間は下の動画。実写です。わずか2-3分で北側がすっかり崩れ落ちて、山の高さが変わってしまいました。2950mが2550mまで低くなる最初の瞬間です。
日本列島でも、先史時代、北海道の支笏火山(支笏湖のあるカルデラ)、本州の八ヶ岳、磐梯山、九州の阿蘇山と次々と山体崩壊するほどの大規模な噴火を起こしているのですから、富士山だけが「そうではない」と言うのは難しいでしょう。
前の記事で、地震をトリガーとする富士山の壊滅的大噴火を警告している藤井敏嗣・東大名誉教授の2013年2月のJGL(日本地球惑星科学連合の会報)の記事を紹介しましたが、こちらは、もっと過激です。NHKの「そなえる防災」の中にある藤井教授のアーカイブの記事『第5回  カルデラ噴火! 生き延びるすべはあるか?』では、このように書かれています。
もし、カルデラ噴火が起こったら・・・(記事の真ん中辺りの小見出し)
わが国では、100立方・以上のマグマを放出するカルデラ噴火は、1万年に1回程度発生しています。数10立方・以上の噴火ならば12万年間に18回、つ まり6千年に1回程度は「起こっている」ことになります。もちろん、これは平均発生頻度で、前のカルデラ噴火から2,000年のうちに起こったものもあれ ば、1万数千年以上の後に起こったものもあり、このような規模の噴火で、最後に起こったものが先の鬼界カルデラ噴火なのです。ところが、 これまで平均6,000年間隔で起こっていたカルデラ噴火が、最近の7,300年間は発生していません。カルデラ噴火はもはや、いつ起こっても不思議がない現象なのです。その規模にもよりますが、一度、カルデラ噴火が起こると、その周囲100-200kmの範囲は火砕流で覆われます。
火砕流の速度は時速100kmを超えるため、その地域は数時間以内に数100℃以上の高温の火砕流に襲われ、壊滅状態となるのは避けられません。もし、過去と同じようなカルデラ噴火が現代に発生すると、発生場所によっては、数10万-数100万人の犠牲者が発生するといわれます。では、火砕流の到達範囲外ならば安心? というと、そうではありません。
南九州で、このような噴火が発生した場合、10・以上の厚さに火山灰が降り積もる地域は関東以北にまで及び、この領域ではあらゆる農作物は枯死してしまいます。さらに火山灰が数10・以上の厚さまで降り積もった地域では、灰の重みで建物の屋根が落ち、航空路を含むすべての交通網はまひ状態に陥り、物流も人の 移動も困難になると予測されます。貯水池や水道浄化池では、火山灰のために取水不可能となり、広域で断水状態が続き、また送電線の断線、電柱などのがいしに 降り積もった火山灰によるショートで大停電が起こります。このように、断水や商用電源の断絶が起これば、原子力発電所の甚大な事故につながる可能性がある ことは、福島第一原発の事故を見れば明らかといわざるを得ません。藤井教授は、火山の噴火と原発の電源喪失との関係に触れています。これは十分起こりえることです。
日本列島では、平均6000年に一度の割合で起こっていたカルデラ噴火が、九州の鬼界カルデラ噴火を最後に7300年も起こっていないので、「いつ起こっても不思議ではない」と警告しています。
藤井教授は、「文明が、あるところでこと切れるとすれば、それは地震のせいではなく火山噴火のせいだ」と述べています。南九州で阿蘇4のような超巨大なカルデラ噴火が発生すれば、日本中が壊滅状態になることは確かです。地震で文明が断絶した例はありませんが、火山噴火が文明断絶をもたらすことは、7,300年前の鬼界カルデラの噴火でも実証済みです。カルデラ噴火は極端な例としても、今後は、規模の大きな噴火が起こることを想定しなければなりません。静かな時期しか知らないわれわれの火山噴火に対する危機感の薄さから、火山研究に対する資源投入は、地震研究に比べて圧倒的に少ないのが現状です。次のカルデラ噴火が、この列島でもっとも動意づいている富士山噴火なのかは分かりません。しかし、そうした想像力を働かせることは大切です。想像力を働かせることによって見えてきたビジョンに恐怖する段階はとっくに過ぎており、これからは、実践的、具体的に準備することが大切です。はっきり分かったことは、火山噴火の予知について、新聞・テレビから情報を得ようとするのは間違いである、ということです。あくまでも、その学者の元のソースを確認することが大切である、ということです。新聞・テレビというフィルターを通すことによって、本当の警告がオブラートに包まれてしまうのです。今まで、富士山噴火については、やや甘く考えていたのかも知れません。防災サイトでは、「とにかく水・食料の備蓄」を呼びかけていますが、本当の脅威は噴火した後にやってくる、ということです。広大な農地に火山灰が降り注いた結果、農産物の生産量が何年もの間、落ち込むでしょう。それをしのぐために、食料を始め国内生産がストップした分の調達を海外に求めると、コストプッシュ・インフレを加速するかも知れません。
政府は有効な対策を打てないでょう。やることといえば、復興財源を確保するために、政府と中央銀行が、それぞれの独立性を捨て去り、札束や政府紙幣を増刷するようになるかもしれません。
結局は、経済崩壊につながる可能性がある、ということです。
Sat.2013.07.20

カレイドスコープ
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-2251.html










4509年に人類は神の英知を得る:ババ・バンガの予言についての最新研究
(訳者注) 全然関係のない記事を探して、プラウダのロシア語版を見ていたところ、ロシア語はわからずとも、そこに、なんとなく見覚えのある女性の写真があったのですね。
「ああ、これ、ババ・バンガじゃん」
と思って、訳してみることに。
ババ・バンガは1996年に亡くなったブルガリアの有名な女性予言者です。2008年08月26日のヤスの備忘録からご紹介させていただきます。ブルガリアでもっともよく知られている予言者の一人にエバンゲリア・ディミトローバ(通称ババ・バンガ)という予言者がいる。彼女は1911年、ルピテ鉱泉の近くのペトリッチという町で生まれた盲目の予言者で、1996年に84歳で亡くなっている。バンガはゲオロギ・ラゾノフ博士によってソフィアの「暗示学および超心理学研究所」で綿密な調査を何度も受けており、同研究所から予言の的中率は80%であると公式に認定されているという。
さらに、国から給料が支給される初の国家指定の公式予言者となり、歴代の首相や副首相も彼女の助言を得ていたとのことである。また、戦時中はヒットラーがじきじきに訪れ、彼女の家から浮かぬ顔をして出て行ったそうである。という人で、戦争などの予言が多く取り上げられていたので、こわい感じもあったのですが、今回のプラウダの記事の内容はスゴかった。最近、予言的な話題には自分自身でも全然ふれていなかったのですが、この記事はものすごく面白いものでしたので、ご紹介します。特に、本当はどうかはわからないですが、バンガが「太陽の爆発(太陽フレアかCMEのことだと思われます)での地表のコミュニケーション断絶」について語っていたということと、「太陽が段階的に冷却していく」ということを言っていたというようなことが書かれてあり、それに興味を持ちました。
その後の予測もスゴイですよ。
本文に書いてあることを、一言で年代順に書くと、
2046年 空中浮揚
2066年 気候変動兵器
2100年 人工太陽
2125年 地球外の兄弟と交流
2130年 海中居住の建設
3797年 人類の他の惑星への移動
4599年 不死を得る
5076年 人類は、もうひとつの宇宙へと移動
とのことであります。
いやはや(南友)。

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/241932713.html




posted by datasea at 23:28| Comment(0) | % 予言者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする