2019年03月15日

伊勢白山道: 元号あれこれ

伊勢白山道: 元号あれこれ
2019-01-05 12:01:10
2019年の天体、星座の位置を観ていますと、思い浮かびますことは、奈良時代の
聖武天皇(しょうむ てんのう:在位724年3月3日〜 749年8月19日)
の時代が転写しやすい傾向を感得します。
聖武天皇の時代の元号は、
神亀(じんき)→ 天平(てんぴょう)→ 天平感宝(てんぴょうかんぽう)。
奈良時代の全体でも、「天平」という漢字が付く元号がもっとも多く見られます。
ちなみに、新元号については、事前に話題に上った漢字は外されるそうです。
だから、これから色々な予想が社会で行われるでしょうが、外される可能性が高いです、笑。
決める委員会の方々も、ネット上の話題に上がる漢字をチェックされると予想します。
3月末頃に最終決定をして、4月1日に発表という流れなのでしょう。
・ ただ、時代の背景に流れる因子を、奈良時代から考えて観ますと、
天平の「平」(たいら)という因子を中心の思想に置いて、平和、安心、栄える、という希望を含ませる漢字と合成した2文字を想定します。
・ 安心の「安」には、女性という漢字が含まれます。
これからの女性活躍社会ということで、「安」も時代の因子として存在します。
・ 明治M→大正T→昭和S→平成H→ 
最初のアルファベットが、コンピュータ上で大事に成ります。
新規・新たな始まり、を考えればA・アの発音は意識されやすいです。
しかし、以上の因子で合成された文字は、過去の元号に使用済みが多く成ります。同じ元号は避けられます。
次に、時代背景と重要に成るのは、
・ 「水」 
水害の意味でも、貴重な命の水の意味でも、水がキーワードに。
奈良時代を想像しますと、
・ 「地震」と「噴火」の多発。
724年 聖武天皇が即位された後に。
725年ごろ 平城京のある奈良周辺で大地震あり。
734年4月〜9月 近畿地方(大和・河内)で大地震・・・・・(南海地震に注意)
742年11月 大隅(鹿児島県)の海底で火山噴火
744年5月 肥後(熊本)で地震
745年4月 美濃(岐阜県)などで地震。平城京へ戻る。・・・・濃尾地震(1891年10月28日に発生した、日本史上最大の破局的な大地震)
こういう因子が、現代に再生しないように、事前に想定することで無難に出来ます。
知らなかった。
想定外。
これを事前に注意して無くして行くことが、「量子力学」(多くの人間が思うことで結果が変わる物理現象)として可能なのです。
だから2019年からは、
・ 「防災」も時代の因子に入ります。
新元号は、まだ白紙です。未来は白紙です。
ただ未来には、傾向と方向性が、上記の因子のように出ているだけです。
常に今が、最優先で置き換わります。
個人の運命にも同じことが言えます。
新元号の候補には数十件は上がっていることでしょう。
皆さんで、以上の因子を参考にして、考えて行くことで歴史の勉強も出来ます。
楽しく考えて見ることも参考にしてください。
過去の元号、既出の文字と、被らない組み合わせが有れば、教えてね〜。
生かして頂いて 有り難う御座います

伊勢白山道
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/e42e7d2a7f44268629b1ece282b22c2a
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou
http://www.geocities.jp/poriporry/m/
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


posted by datasea at 00:00| Comment(0) | % 伊勢ー白山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

伊勢白山道:大自然への感謝が必要な時です

伊勢白山道:大自然への感謝が必要な時です
2019-02-07 11:49:07
今から約12年前の過去記事2007年5月17日「太陽からの霊的波動 」におきまして、
「太陽からの霊的波動が、今週から一段と強くなってます。
表面的には、電磁波と称されるものですが、実態は地球全体の組成を根本から変える霊的なものです。 
それは、
* 
地球の自然環境、地質 天候 気温・・・・・などに大きな変革を起こして行きます。
太陽からの電磁波動は、地球内部から温度上昇をもたらしてます。
電子レンジの食品が、内部から温まり始めるのと同じです。
北極、南極の氷は内部の深層から溶け始めてます。 
地球の温室効果による表面からでは無いです。 
これは、海面の上昇を予測を凌駕する勢いで引き起こし、氷が溶けた低温海水は、冷夏を呼ぶでしょう。
また、夏場の最高気温が記録的なものに成る日もあります。
1年を通じて、季節感を無視した極端な高温と低温を繰り返し始めることでしょう。
地球内部からの温度上昇は火山活動も活性化させて行きます。」 (以上)
この懐かしい過去記事は、まだブログを始めたばかりの時であり、文字の着色や拡大まで気が行かなかった頃の記事です。
コメント数は、なんと15件です、笑。
この頃の自然環境に関する記事の時は、半分の意識が入神状態でありブログ表現に余裕がありませんでした。
昭和に
国祖・国常立太神(こくそ くにとこたちおおかみ)
と呼ばれた存在であり、その正体は「地球霊」だと啓示する懐かしい存在との入神状態で降りた内容でした。
この当時は、このような自然現象の内容に関する具体的な報道やデータがまだ有りませんでした。
でも、この霊格から出る威厳の大きさから、この内容は必ず実現するだろうという確信がありました。
最近のニュースでは、ようやく南極大陸の氷河の下に巨大な空洞が発見された報道がありました。
(参考ニュース:https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/02/post-11648.php
このニュースでも、海面上昇が懸念されています。
ただ、私の感じる予測では、溶けた超低温海流により、海面上の気温が下がり、
・ 南極と北極の「海面上」の氷の量を、一時的に増やすだろう。
・ ミニ氷河期を思わせる現象も起こる。
・ 米国東海岸の気温を体感マイナス50度まで下げる。南半球の国では、逆に気温50度。
・ 『デイ・アフター・トゥモロー』の実現(過去記事「海外出張中 今日はSF空想話 3」)
(参考の映画:『デイ・アフター・トゥモロー』 [DVD]
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B008CDB1SM/isehakusandou-22
この古い映画のタイトルを、最近に「ようやく」テレビなどで耳にすることが増えだしました、笑。
私の予測では、南極と北極の海面下深奥で氷が溶ける速度は、
・ 「科学者の積算を大きく上回る」と感じています。
このままでは、2020年を過ぎれば、
「あれっ? あれっ?」
という海岸線に住む住民から具体的な危機感の声が上がり始めますが、社会は素通りすることでしょう。
目と耳にフタをして、沿岸地域への投資を継続しようとする者と、海抜30m以上の地域への都市に移住する者とに分かれ出します。
2020年から、2030年に掛けての兆候に、
・ 国は、関西圏の京阪奈地域への公共施設の移動を、分散化を名目にして始めているだろう。
・ 京都御所の増改築、充実工事がされるでしょう。
・ 夏は超高温。45度、50度に迫り始める。
・ 冬は、気温が20度の日とマイナス10度の日が、関東・関西の都会で混ざり始める。
・ 地震と火山噴火の兆候は、2019年の春から更に増え始める予測。
・ 関東は、渇水により、都市機能の制限がされる期間が生じ始める。
・ 自然現象が激変し、森林の状態も見る見る内に変化することでしょう。
このような厳しい予測をしますが、これを緩和に、無難に変える方法が、
・ 大自然に感謝をすることなのです。
地球霊いわく、縄文人は今の人間の10倍は大自然に感謝をしていたと示します。
今の人間は、大自然に感謝など、思ったことも無い人間が大半です。
その必要性も、分からないことでしょう。
一部の人だけでも、「大自然に感謝」を日々に行うことで、きっと地球霊は応えてくれることでしょう。
そのために、わざわざ意志表示が起こるわけです。
四季が揃う日本は、人類を代表して大自然に感謝をする役割が有ると感じます。
これを放棄すれば、他の人類にも影響すると感じます。
以上は根拠のない私の夢想です。
ただ、大自然の無言の大きな変化を感じる人は、日々に地球に感謝をすることを参考にして頂ければ幸いです。
自分の人生にも、実はこれが影響するのです。
なんたって地球霊ですから、出来ないことが有りません。
生かして頂いて 有り難う御座います

伊勢白山道
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou
http://www.geocities.jp/poriporry/m/
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html
posted by datasea at 00:00| Comment(0) | % 伊勢ー白山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

伊勢白山道:2019年2月の月齢カレンダー/月パワー


pp6520190200147.png



伊勢白山道:2019年2月の月齢カレンダー/月パワー
(感想)
「2月5日」と、この前後の日は、興味深いです。
大自然の動き、政治、国際関係、金融、テロ、様々な重なりが天体に出ています。
・ コノ世で、何が報道されるのか? 注目します。
2月の地球から月への距離の、最遠日と最近日に注目します。今年の最大の距離が出るのが2月です。つまりこれは、
・ 2月は、極端なことが起こりやすい。ことに注意します。
従って、2月は、
・ インフルエンザの進化系に注意。パンデミック(爆発的な広がり)に警戒をします。
1度感染したからと言って安心は出来ません。
人間で培養されて、投薬により型が変異することを想定します。
・ 2月17日〜2月23日まで、火山の動向に注意です。
九州と、北海道という、日本列島の両極端から注目します。
・ 国際情勢ですが、南米、EU圏、様々な国の大統領の破れかぶれ、覚悟した動向に注目します。
大統領を辞めた後に、他国に移民、亡命、する前提での、自国民を極端な方向に誘導する気配が、2月からの天体に出ています。
世界の民主的な国々G7から、ある件で非難されることが、これを後押しさせるかも知れません。
日本は、柳の木のごとく、外圧には押したり引いたりと、することでしょう。
これに合わせて日本国内で燻り出しが起こり、冷静な国民には色々なことが分かり出すことでしょう。
ただ、米国の内政も安定せずに、
日本と米国は、大自然の災害の気配に備えなければ生けません。
3・11東日本大震災は、まだ終わっていません。
いまだに、エネルギーの堆積を感じる太平洋側に注意します。
・ 経済の良いニュースが流れるほど、大自然の驚異に備えるべき時だと感じます。
・ 2月から、火球の目撃が更に増える可能性。
これに比例して、インフルエンザの進化に注意です。宇宙からのチリが関係します。
世界的な風邪の大流行が起こる前には、流星が多いという相関関係に注意します。
まあ、何が有っても、面白おかしく生きましょう。
まだまだ、大丈夫です。
頑張って楽しみながら、生きましょう。
生かして頂いて 有り難う御座います

伊勢白山道
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/0553017a360da333a96a3df3162b0206
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/7e974d15e950af1185a913cd34c7bea4
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou
http://www.geocities.jp/poriporry/m/
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html







2月の自然観察日
2019-01-31 11:53:47
2019年2月の自然現象を、
「月による“中潮”の切れ目」
を重視して観察します。
月齢カレンダー(http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm?cmd=20190209120 
月齢カレンダー データ引用 http://koyomi8.com/ より)から考えて見ます。
* 2月の地球から月への距離の最遠日は、
・ 2月5日18時29分:月の距離が最遠(1.058、40万6555km、視直径29.4′)本年最遠。
これより5日後は、2月10日です。
月の最遠日から5日後を注目して観察します。
(月の最遠理論:http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/7e974d15e950af1185a913cd34c7bea4
* 月の距離の最近日は、
・2月19日18時03分:月の距離が最近(0.928、35万6761km、視直径33.5′)本年最近。
* 毎月18日は、死後の世界・霊界が近い観音日で注意します。
* 関東大震災は、月が最遠になって数時間後に発生しました。最遠当日の発生です。
つまり、地球と月の間の距離が、極端(最遠と最近)に成った数時間後を特に注視します。
・ 月への距離の最遠日、2月5日18時29分より3時間後、「2月5日 21時29分」前後1時間。
・ 月への距離の最近日、2月19日18時03分より3時間後、「2月19日 21時03分」前後1時間。
「満月」「新月」の日と、「大潮」が重なる日への注意をします。
* 2月5日 (新月)
* 2月20日 (満月)
* 古代ユダヤの聖なる日。月の動きの意味を知る上で、古代イスラエルの叡智を参考にします。
・ 3月までは特に記念日はありませんが、5月以降の伏線期間と考えます。
*  月の下弦(1月28日)〜新月(2月5日)。
この期間は「新月期間」(カレンダーの緑色線)であり、その1週間は自分の思いが反射されやすい実現週間です。
従ってマイナス思考を持つことに注意し、特に良いイメージと軽く希望を思いましょう。
感謝の参拝には最適な1週間です。
* 月の下弦と上弦の日も注意です。
2月13日 :上弦
2月26日: 下弦
上記カレンダーに加えていませんが、すべての「中潮」(不安定なニュートラル状態)の日が注意日です。
地球の電子状態を見て、随時お知らせします。

astroarts.com
http://www.astroarts.com/phenomena/2019/02/index-j.shtml

月齢カレンダー
http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm?cmd=20190209120

あなご君
http://www.sinjidai.com/~miyagi/anago-hi-net.html

地球上空の電子状態
http://www.swpc.noaa.gov/products/goes-electron-flux

伊勢白山道
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/0553017a360da333a96a3df3162b0206
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/7e974d15e950af1185a913cd34c7bea4
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou
http://www.geocities.jp/poriporry/m/
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html













* 2月の干支が重複(年・日・奇数日 )する日を注意します。
「節月適用」の場合の2月です。
重複する日は、テロ・事件・大地震・大事故、に注意します。
「酉」(トリ)の付く月と日は、ニワトリのような思わぬ速い動き(テロ・事件)に注意します。
         年干支 月干支  日干支
2019年2月1日 金  戊戌  乙丑  己巳 (丸1日の時間帯が注意)
2019年2月5日 火  己亥   丙寅  癸酉 
2019年2月7日 木  己亥   丙寅 乙亥 (午後から夜の時間帯)
2019年2月11日 月  己亥  丙寅  己卯 (深夜〜午前の時間帯)
2019年2月17日 日  己亥  丙寅  乙酉
2019年2月19日 火  己亥  丙寅  丁亥 (午後から夜の時間帯)
2019年2月21日 木 己亥  丙寅  己丑 (深夜〜午前の時間帯)
2019年2月22日 金 己亥  丙寅  庚寅 (午後から夜の時間帯)
(以上は、「節月適用」の干支です)

astroarts.com
http://www.astroarts.com/phenomena/2019/02/index-j.shtml

月齢カレンダー
http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm?cmd=20190209120

あなご君
http://www.sinjidai.com/~miyagi/anago-hi-net.html

地球上空の電子状態
http://www.swpc.noaa.gov/products/goes-electron-flux

伊勢白山道
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/0553017a360da333a96a3df3162b0206
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/7e974d15e950af1185a913cd34c7bea4
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou
http://www.geocities.jp/poriporry/m/
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html





posted by datasea at 00:00| Comment(0) | % 伊勢ー白山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

富士山噴火の懸念

危機を天国へのチャンスにすること
2018-04-05 11:07:00
4月5日、宮崎・鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳で午前3時31分に爆発的噴火が発生したと発表されました。
今朝に気になりましたことは、
・ 鹿児島湾の海水温 (過去記事「鹿児島の海底火山と、環太平洋火山帯」参照)
・ 富士山の温度   
ということでした。
この2箇所の温度観測が、日本のために大事に思います。
2018年3月10日の過去記事「あれから丸7年」におきまして、
* 「東日本大震災の直前にも新燃岳が噴火しているパターンが有ります。
これは非常に注意のパターンです。」 (引用)
* 「富士山の大沢崩れの深さを見なさい!」
という神示が有りました。
「フジを割るだろう」
という示唆でした。
(以上引用)
富士山の大沢崩れが、これ以上深まって拡大すれば、富士山の山体崩壊が起こる気がして成りません。
富士山は、日本の象徴です。
・ 日本の経済から崩れる。
という暗示を警戒します。
もし富士山が噴火すれば、首都圏の機能停止は必然であり、日本経済の半分以上が停止するでしょう。
昨日の読者からの投稿コメントに、
・ エレベーターで乗り合わせた2,3歳位の男の子が読者に向かっていきなり、
・「神社の匂いがする〜」
・「富士山が倒れたから、御線香3本あげたんだね(供養の意味)〜」
という発言がありました。
幼児は無意識に神様から
「先に、前もって、言わされた」
と感じてなりません。
ここで解決策として啓示されますことは、
* 地熱発電に国策で切り替えること。
未だに原発を完全停止できない理由は、要するに日本の財政問題が原因に感じます。
100%輸入資源による発電に切り替えますと、数兆円単位の貿易赤字が毎月出るように感じます。
そうなりますと、経済的な死活問題に日本は成ります。
もし食料を財政難から輸入が出来なければ、日本は飢餓状態となる現実があります。食料自給率が低すぎます。
日本がどんなに借金が有っても平気な理由は、
・ 貿易黒字ならば、永遠の自転車操業は可能である。
・ 貿易黒字ならば、どんなに莫大な財政赤字でも、超インフレーションには成らない。
だから何としても貿易赤字を避ける必要を感じます。
それには、地熱発電の普及化です。
もし、地熱発電(または自然界利用の発電、風力・波力など)が100%になれば、海外からの資源輸入額がゼロに出来ます。
そうなりますと、莫大な貿易黒字になり、
・ 日本に完全な夢のような福祉国家が完成する
・ 無税も可能
このような夢を夢想します。
神様が災害を切っ掛けにして、より良い方向を示されていると感じましょう。
地熱発電には、国立公園を触っては生けないという法律の問題があるようです。
でも地熱発電を国策として、場所を限定で発電所建設への許可をして欲しいものです。
副産物として出る熱水は、地元の温泉地に無料提供するという恩恵も可能です。
地元の経済も活性化させます。
ちなみに北欧に在る地熱発電の設備は、日本製です。
熱効率が世界一の完成度だそうです。
宝の持ち腐れ。
まさに日本のことかも知れませんね。

伊勢白山道
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou














富士山噴火の夢
2018-03-18
【予知夢】茨城県の郁代さんが富士山噴火の夢を見た〜七曜高耶さん、スズさんも噴火の夢+宮城県の美弥さん予感
霊性
茨城県の郁代さん(仮名)から、今朝見た夢をメールで送ってくれた。
富士山噴火の夢だ。
他にも、「まほろばの蒼き惑星」ブログの七曜高耶さんも3/1に富士山の夢をみていた。
そして過去のスズさんの富士山の夢も、リマインダー的に併せて紹介する。
それから、数日前に届いた宮城県の美弥さんからのメールも紹介する。
郁代さんの夢
まず、茨城県の郁代さんが今朝3/18に見た夢を紹介する。
郁代さんについては、昨年3月のTOCANAの3.11特集で書いた
『【3.11】大地震や津波を「予知夢」で見た6人の女たち! 今度は埼玉が危険か!?』
という記事で、初めて紹介させてもらった。
今朝の夢の内容は、下記の通り。
夢の内容
祖母と一緒に実家近くの知っている道を横断しようとしています。
道を渡った後はバスに乗っており、ここでは私一人。外には富士山が見えており、車窓から見ていると富士山の上方に雲が見えます。
それを見て雲なのか煙なのかと考えています。
富士山は見え隠れしていますが、再び山が見えた時、雲かと思ったものは噴煙で、私が「富士山が噴火した」と言って、みんなで外を見ています。
バスが走っている場所は不明、道路も高速道路か普通の道路かは不明ですが、低い位置にある(立体交差?)ようで、
上方にある高架か歩道橋のような場所から、噴火から逃れるために人々が飛び降りてきます。その人達をバスに乗せてと言っているところで目が覚めました。
噴火は山頂噴火、私のいる場所には特に噴石などは飛んできていません。
これまでも噴火を暗示する夢は見ていますが、富士山そのものの噴火の夢は初めてです
私のパターンとして2年ぐらい前から見始めるので、噴火が起きるのは2020年以降になるのでしょうか・・・
2年ぐらい前からというのは、大きな災害は、という意味だと思う。
富士山が気になりだした
2018年1月23日に草津白根山(本白根山)が噴火した頃から、富士山が気になりだした。
そんなときに、スズさんが知り合いの「富士山の噴火が間に合わない」ということをブログで書いた。
その後2/28にFacebookのグループで、2歳の娘が「花火と富士山」と度々言い出したということを知った。
七曜高耶さんも富士山の夢
また、その後に更に、「まほろばの蒼き惑星」ブログの七曜高耶さんが富士山の夢を見たことを3/1に書いていた。
ただし、こちらは明確に噴火するという設定ではない。
下記に引用させてもらう。
さて、本日2018年3月1日に視た夢は、「富士」の夢だった。
「富士」のまま受け取るのが良いのか、
それとも「富士山」だと思えば良いのかの判断が出来辛い。
とにかく「富士」がマグマ(溶岩?)を流すといった内容の夢を視た。
しかし、噴火の夢では無い為、これもまた解釈が難しい。
とりあえず、「富士」を警戒した方が良さそうだ。
これは、普通に考えれば、やはり富士山が噴火によってマグマ(溶岩流)が流れると解釈できるだろう。
スズさんの夢
以下に、過去にスズさんがブログで書いた富士山噴火の夢について書いておく。
富士山噴火の夢は、東日本大震災の前から見ていたという。
長くなるので引用しないが、興味がある方は読んでください。
また、2014年7月には、娘さんが富士山が赤くなってドンと鳴った夢を見た。
霊感が強い子だ。
下記は、スズさんのブログの内容を紹介した記事。
www.tankyu3.com
その後にスズさんからメールが来て、補足的な内容を書いてくれた。
以下に再度引用しておく。
2014/07/02
今朝の娘の夢なのですが、
富士山が赤くなって、ドンて5回なった、、
怖くて泣いた、、
お空が夜になって黒い煙出てた、、
赤のどろどろが出てた、、
熱くてあちっ、あちっ、てなった、、
と、、。
私が一番初めに見た富士山の噴火の夢によく似ていて驚きました、、。 
食い止めるべく、お地蔵様や御札流しのお話が世に広がる流れになったのでしょうか、、。
富士山噴火も、現実味をおびて来たようで身震い致します、、。
私自身は、富士山が噴火する夢は見ていないと思う。
だが、他の人たちがこれだけ揃って富士山が噴火する夢を見るということは、そろそろかと思ってしまうものがある。
しかも、スズさん母子以外は、今年になって続々と出てきたという感じだ。
以前の記事で紹介した、松原照子さんの世見の解釈では、2019年。
郁代さんの夢では、2020年頃またはそれ以降、ということになる。
夢とはまったく関係ないけれど、いまWebを検索していて見つけた。
昨年5月にダウジング地震予測で「台湾東部の内陸」で大きな地震があると出ていた。
2/6の花蓮地震だったのだろうか。
www.bosai3.com
ちなみに、富士山については、下記のような情報もある。
『次は富士山? 草津白根山噴火で気になる「危ない火山」を予測』(週刊朝日1/31)
dot.asahi.com
宮城県の美弥さんからメール
下記のメールは、宮城県の美弥さん(仮名)から3/13に受信したもの。
多忙だったので紹介が遅くなってしまった。
今日は、先程から嫌な胸騒ぎが始まり、ざわざわしています!
耳鳴りも酷くて眠れるか心配になる位、酷い状態です!
横になると、背中にピリピリする様な磁力?も感じます!
何事も起きない事を祈ります!m(_ _)m
かなり強い感覚です!
備えあれば憂なし!
暫くは、御用心下さいませ!m(_ _)m
東日本はしばらく大きめの地震が起きていないが、対応する地震は、まだこれからかもしれない。
千葉県北西部M4.1
2018年3月18日 12時59分頃、千葉県北西部でM4.1、最大震度2の地震があった。
ここ小平市でも震度1くらいの揺れだった。
さいきん、このへんを震源とする地震が多いが、首都直下地震はこのあたりが震源となる可能性もあるので、要注意だ。
www.tenki.jp

探求三昧 by 百瀬直也
http://www.tankyu3.com/entry/2018/03/18/fujisan
https://www.instagram.com/p/BgcpXh7F3WU/

posted by datasea at 21:54| Comment(0) | % 伊勢ー白山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

予知情報

(2014-03-11 10:28:27 の過去記事):
“今週の3月13日木曜日(外国時間の13日も)に、ウクライナ情勢も含めて世界で「報道」される内容を今の私は注目しています。(注目する理由は、「13」とは、聖書の数霊の意味が在ります。露見する・開示する・起こる・などの意味を象徴する数霊日です。「13日の金曜日」とは、別の意味で使われています)”

伊勢ー白山道
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/3861184e77ceef5f397fa9f724dc8968
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/024ff228730c0999a25932d872412fb3
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou

noaa.gov
http://www.swpc.noaa.gov/rt_plots/elec_3d.html



(感想)
ニューヨーク時間の3月13日は、今日の日本時間の14日午後1時までです。後もう少しで終わります。日本の13日、14日には、色々なサインが報道されました。
先ずその中に、アジアの某国で個々の銀行の高金利デリバティブ貯金については、国家は保障しない報道がなされています。市場経済の原理に任せるということです。これは世界の常識では正しいことです。ハイリスク・ハイリターンは投資の原則です。ただ、その国の国民が世界の常識を受け入れるか否かは、投資に対するモラル(道徳観)への慣れの問題があります。これを今日の休日前のニューヨーク相場(日本時間では今日の午後9時ぐらいから)が、どのような反応をするのかが、来週からの世界経済への返答です。相場が止まる休日前のヘッジファンドの動きは、常に1番怖いです。
マレーシア航空機の行方不明につきましては、この2日間で通信が切れてからの飛行ルートや飛行時間が「存在すること」が報道され始めています。これを引き続き注目です。そして、今日の2時すぎの地震です。いつもの関東・東北方面ではなくて、西日本では久しぶりの大きな地震です。
九州の火山帯を背景にして、中央構造線(下図の赤線)の起点からの地震です。
やはり今後も引き続き注意をしましょう。
ただ、月の「中潮」の引力と、静止軌道電子の乱れに見事に反応・的中しています。今後も、この2点が重なる日は防災意識を持ちましょう。
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/024ff228730c0999a25932d872412fb3
次に、「STAP(スタップ)細胞」の論文の取り消しの件ですが、言えますことは、この論文をもし取り消した後に、どの国が?どんな人々との連名で?違う形の論文を発表するかに私は注目しています。ここが重要であり、騒動の答えです。おそらく利権的な権利は、次の論文が勝ち取ることでしょう。今回の論文が、多数の「共同執筆」であることを報道は、忘れているようです。
私がSTAP細胞に関連する過去記事(http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/a367429e75933eee35da9a9a38193af1)で言いたかったことは、「ホルミシス効果」についてでした。ホルミシス効果も、なぜか途中で米国内で無かったことにされています。その経緯は、日本の原発の初期開発に関わった研究者の著書でも確認しています。つまり「細胞をリセットする」という「不老長寿技術」は、禁断の科学なのです。もしこれが実現すれば、今の70億の人口が減らずに加速度的に激増することに成ります。世界をコントロールしたい存在には、とんでもない生けない技術になります。人口問題は、食糧や公害も含めて地球の存続に影響します。これが今後、どのように倫理観も含めて変わるのかが問題です。
興味深いのは、記紀神話を詳細に読みますと、太古の人間の寿命が千年を超えるという矛盾が神話には在ります。神武天皇以前の流れには、人間の寿命の矛盾問題が存在します。これは記述間違いや、表現の誤解、人名と立場名の誤解、などとして歴史家はスルーしています。しかし、私はそうでは無いと感じています・・・・・。
まあ、生きていれば色々と面白いです。今が辛くてもあきらめずに行きましょう。今日も自分の生活を楽しみながら、明るく生きましょう。生かして頂いて ありがとう御座位ます

伊勢ー白山道
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/3861184e77ceef5f397fa9f724dc8968
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/024ff228730c0999a25932d872412fb3
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou

noaa.gov
http://www.swpc.noaa.gov/rt_plots/elec_3d.html


宇宙の叡智と繋がる方法
「13日の金曜日」についても、
もう何度かお伝えしておりますが、
これを、悪魔の日とするイメージ作戦を張ったのは、かつての闇の権力たちの仕業ですね★
「13日の金曜日」は、宇宙の叡智と繋がる日です。
それは、シリウス星系であったり、プレアデス星系であったり、あるいは、太陽や月であったりと、私たちの遠い先祖たち、という位置付けにある、宇宙の銀河や惑星と繋がるための日です。
かつての闇の権力たちは、当然のように、地球人類を奴隷のように縛り付けておきたかったので、霊性の目を開かせたくない、真実に、目を開かせたくなかったわけです。
ですから、「13日の金曜日」を不吉な日として、恐怖や不安の感情で、縛りつけさせようと試みたのです。

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ
http://mihoh.seesaa.net/article/159291206.html




日本の習慣とイスラエルの習慣の類似
ユダヤ人ラビ・トケィヤー氏はまた、日本の古来からの習慣の多くがイスラエルの習慣によく似ている、と指摘しています。たとえば外国人が、日本の国技である相撲を見に行ったとしましょう。多くの外国人は、力士が土俵に「塩をまく」習慣を見て、違和感を感じます。なぜ塩をまくのか、意味が理解できないのです。ところがトケィヤー氏によると、こうした「塩をまく」習慣に対してユダヤ人は、全く違和感を感じないと言います。ユダヤ人は「塩をまく」のは「土俵を清めるため」である、と即座に理解します。ユダヤ人の家庭では古くから、母親が同じようなことをして家の中を清める習慣が、あったのです。また日本の公衆浴場では、日本人は浴槽に入る前に、流しで体を洗います。ユダヤ人はこうした習慣を見ると、自分たちの習慣と同じだと感じて、リラックスします。 ヨーロッパ社会においては、ユダヤ人を除いて誰も、このような習慣を持っていないのです。また日本には、古くから「お守り」を持つ習慣があります。日本人の中には車の運転席に、お守りをぶら下げている人々がいます。東北地方へ行けば、どの農家もたくさんのお守りを、家の入口や神棚のわきに張りつけています。同様な習慣が、古くからイスラエルにもありました。旧約聖書外典には、古代イスラエルの兵士たちが、呪文を書いた護符を見につけていたことが書かれています。これはアミュレットと呼ばれるもので、幸運を祈る日本のお守りと同じようなものでした。またユダヤ人には、今もメズザと呼ばれるお守り札を、家の入口に張りつけておく習慣があります。これは羊の皮で作られた薄い紙で、旧約聖書の言葉が記されています。メズザは、もともと神をおぼえるために家の入口につけられたのです。しかし人々は、しばしば神ご自身よりも、メズザ自体を「お守り」として用いました。「お守り」に頼る習慣は、正当派ユダヤ教の指導者らによって、いつの時代にも「迷信」として禁じられてきました。
 私たちは、神に対しての信仰がある限り、たった一枚の紙に書かれた魔力に頼ってはいけないのです。
 しかし人々はいつも何かを信じたがっているので、こうしたお守りの習慣は、古くからイスラエル人の間にも存在していたのです。
祇園祭とイスラエルの祭との類似
日本では毎年、7月17日に、「夏祭」と称する「祇園祭」、別名「天王祭」が全国一斉に行なわれます。とくに総社である京都・祇園神社の祭は、大規模に7月17日から1週間にわたって行なわれます。じつはこの7月17日という日は、イスラエルにおいても、非常に重要な日でした。かつてノアの箱舟がアララテ山に着いたのが、まさにこの日なのです。
 「箱舟は第7の月の17日に、アララテの山の上にとどまった」 (創世8:4)
 と聖書に記されています。そのため古代ヘブル人は、この日に謝恩祭を行なっていたようです。
 しかしモーセ以後は、ちょうどこの時期に収穫祭 (仮庵の祭ともいう)が行なわれるようになりました (第7の月の15日から1週間)。
 京都で行なわれている祇園祭は、こうしたノアの箱舟の記憶や、イスラエルの収穫祭を思い起こさせるものがあります。
 祇園祭では、「舟車」といって舟の形をした山車が、町内をめぐります。また神輿には、鳩に似た小鳥の彫刻や、榊の小枝をくわえた鳥の模型がついています。
 これらのことは、ノアの箱舟や、箱舟にオリーブの小枝をくわえて戻ってきた鳩の話を、思い起こさせるものであるわけです(創世8:11) 。
 明治維新の頃、日本に来た商人で、N.マクレオドという人がいます。彼も京都で祇園祭を見たとき、ひじょうに強い印象を受けました。
 たとえば祇園祭の中で、人々は木の枝を持ち歩いていました。古代イスラエルの収穫祭でも、人々はたくさんの木の枝を持ち、また農業の収穫物を持って行列に参加しました。
 またマクレオドは、祇園祭で使われる香炉が、イスラエル神殿で用いられていた香炉に非常によく似ている、と観察しました。
 さらに祇園祭の行列の中に、「7つの腕のある道具」を持ち歩いている人たちを見ました。これはイスラエル神殿で用いられていた7つの腕を持つ燭台(メノラ)に非常によく似ている、と彼は考えたのです。
また日本文化において12という数字が、いろいろな場面において用いられていることをも、発見しました。天皇は12人のお妃を持ち、京都の御所には12の門がありました。宮城には12の飾り付けがあり、神社の祭では12本の棒がゆわえつけられていました。こうしたことは、イスラエルで神の民や神殿に関するものに12という数字がよく用いられていたことを、ただちに連想させるものでした。
祇園祭について、ユダヤ人ラビ・トケィヤー氏はこう言っています。
 「いずれにせよ、ユダヤ人がこの祇園祭を見たときに感じることは、「ギオン」という名前はエルサレムの別名である「シオン」ではないか、ということである。 ・・・その祭自体が、古代イスラエルの歴史を、ドラマ化したものであるように感じるのである」。
このように、イスラエルの習慣に精通している人々にとって京都の祇園祭は、イスラエルの祭を連想させるものであるようです。しかしこれはイスラエルの正統的な宗教行事の場合ですが、そうでない場合もあります。たとえば、日本の神社の中には、牛を祭神としているところが多くあります。さきに、神道は基本的には偶像崇拝ではないと述べましたが、一部には偶像崇拝も事実入っているわけです。この風習は、古代イスラエル民族が行なった異教の偶像崇拝の名残りではないか、とマクレオドは考えました。
聖書にも、古代イスラエル人は唯一の神を信じながらも、しばしば「子牛礼拝」などの偶像崇拝に陥ったことが記されています。とくに失われた10部族は、そうした偶像崇拝に陥っていましたから、偶像崇拝が一緒に日本に持ち込まれたと、考えられるわけです。また、「山伏」に関する様々のことが、古代イスラエルの習慣に非常に良く似ていると、指摘されています。
山伏−−頭につけているのが兜巾。
たとえば山伏は、額に「兜巾」(ときん)と呼ばれる黒いものをつけます。これは古代イスラエルの祭司が額につけた黒い聖なる箱「ヒラクティリー」にそっくりだ、と指摘されているのです。今日もユダヤ教徒は、祈りのとき、ヒラクティリーを額につけます。こうした習慣は、ユダヤ教徒と日本の山伏にだけ見られるものです。山伏が吹く「法螺貝」も、イスラエル人が祭のときに吹く「ショーファー」という笛に、よく似ていると言われています。 イスラエル人のショーファーは、ふつう雄羊の角で作られますが、必ずしも雄羊の角である必要はありません。実際には、手に入る材料で作ってかまわないのです。
 日本は羊は少なく、海洋国家なので、法螺貝が用いられたのではないかと言われています。両方とも同じような音をたてるのです。
そのほかにも、山伏の習慣には古代イスラエルの習慣を思わせるものが多々あり、両者には、「偶然とは言えないほどの一致点が存在している」と、トケィヤー氏は述べています。

古代日本とユダヤ・キリスト教
http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/032kodai.htm
posted by datasea at 23:39| Comment(0) | % 伊勢ー白山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

予知情報

偶然による防災訓練
2013-08-09 10:41:01
昨日に大地震の誤報がありましたが、非常に興味深いものを感じました。和歌山県北部で実際に起きたマグニチュード(M)2.3の地震と、三重県南東沖に設置している海底地震計のノイズ異常が重なったことが原因でした。
午後4時56分ごろに、和歌山県北部で地震が発生したのとほぼ同時刻、海底地震計の1つにおきまして、常時観測していたノイズが約2秒間弱途切れました。最新の地震予測システムは、和歌山の地震と同時刻に何のノイズを拾ったのでしょうか?地震予測システムが何らかの「人工的な」「機械的な」刺激によるノイズを拾ったのでしょう。それもマグニチュード7.8というメーターが振り切れるようなノイズを感知しています。上図の緑色線のような感知の方向性がありました。
ただ、二日ほど前から太陽黒点の発生の増減の「落差」が生じていました。
http://swc.nict.go.jp/sunspot/
これ以外は、やはり機械的な問題なのでしょう。
潮の切れ目の8月のカレンダーとして、8月10日と11日の黄色◯を追加します。
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/f4e6c0b6688060c6a5c7806f3a3dfe6d
ちょうどお盆の始まりでもあります。現時点で気になりますことは、上の(図−1)における九州から関東までを縦断する「中央構造線」の赤線のラインです。火山活動も含めて、注視しています。ただ、ひな形(霊的な縮図)の日本に発生することは、世界に転写します。転写が現実化するか否かは、そこに住む多くの住人が持つ「感謝の気持ち」と「道徳心」の大きさが、その差異を生むと感じます。昨日が無難に誤報で済んだことに感謝を致しましょう。人知れず徳の有る人々が日本に多いからだと感じます。長崎の多くの被爆者のご冥福をお祈りし、感謝の思いを送ります。
生かして頂いて ありがとう御座位ます

伊勢白山道
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/725b3256b147fe19d3f062cbaeb6dc20

防災注意報まとめ 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html

携帯版伊勢白山道
http://www.geocities.jp/poriporry/m/






Unknown (Unknown)
2013-08-09 11:22:31
東北、北海道は凄い雨のようで、現地の皆さん、どうぞ身の安全を最優先にと思います。今まで気にしていなかったのですが、先日大きな山崩れの夢を見て、フォッサマグナを調べてみました。私の住んでいる所では大きな地震が過去起こっており、伝説では島が二つ沈んだとありました。マグニチュード7の地震でした。活火山も抱えています。なので昨日の予報に九州と言う文字を見たとき、ついに来たか、と頭が真っ白でした。本当に良い予行練習をさせて貰いました。まだ子供は帰っておらず、今頃電車の中かと思いますと、あぁ、会わずに別れないといけない場合もあるのだな、と胸が痛みました。昨日の数日前からBCAS カードが…とまたテレビに言われ、おかしいなぁと感じていました。今朝は地震雲みたいな雲が出てました。緊急地震報道には三角点に避難をと言って貰いたいな。机の下に隠れてと呼びかけてましたから。長崎の式典の放送で、国営放送は安倍川餅の献花の時に、わざわざ核をいかなる場合にも使用しないという協定にサインしなかった、カレー国の代表が参列してるけど、今度原発の輸出、開発で協力体制になる、などと放送。持ったら使うって訳じゃない。チュー○は日本の海域に長い事居て我が国の海域だと日本漁船を威嚇。いざ攻め込まれたら、どうやって国民、国土を守れと言うのだろう。長崎の原爆、空襲で亡くなられた皆さんの御冥福を思います。
地球深部探査船「ちきゅう」号 (senzono okage)
2013-08-09 11:22:45
作業期間:平成24年2月-平成25年8月(予定) (事前掘削作業、ガス生産実験、廃坑作業を含む)
作業地点:渥美半島-志摩半島沖(第二渥美海丘)
事業主:経済産業省
関係者:JOGMEC(実施主体)、JAPEX(オペレータ)
使用船舶:地球深部探査船「ちきゅう」
8月1日 モニタリング坑井廃坑等作業のため清水港を出港
因みに9月からは南海トラフ周辺予定らしい

伊勢白山道
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/725b3256b147fe19d3f062cbaeb6dc20



質問お願いいたします:レイライン (Unknown)
2013-08-09 11:26:17
タイムリーな内容をいつも有難うございます。
本日の記事の図-1にある緑色一帯から北西に抜ける緑色線の矢印ですが、これは、以前より注視なさっている【伊勢と淡路の龍道】にピタリと一致するかと思います。今回は、現実界では幸いにも大事に至らずに済みましたが、見えない次元では、それなりにエナジーが流れたのでしょうか?この龍道へのエナジーの抜け方が、一気に大きく抜けるのではなく、小出しで徐々に開いていくと良いなと思いました。

伊勢白山道
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/725b3256b147fe19d3f062cbaeb6dc20





Unknown (Unknown)
2013-08-10 01:07:56
その和歌山震央のちょうど同じ付近の微振動が続いているようです。体感出来ない地震が頻発しています。御嶽山東北側の微振動数も重なりが混んできてます。小出しを想います。引き続き防災意識を継続のお盆ですね。 お盆の因縁は、「ムー時代の原発のようなモノの壊滅的暴走事故発生、文明滅亡」というのがありましたのでこれも認識して静観で無効と思います。

伊勢白山道
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/725b3256b147fe19d3f062cbaeb6dc20






posted by datasea at 14:26| Comment(0) | % 伊勢ー白山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

天体情報:金環日食

オーストラリアで金環日食
オーストラリア北部準州で早朝の金環食観測
5月10日早朝、オーストラリア大陸中央部では金環食が観測された。この現象を観測するため、日本を含め世界各国から観測者が詰めかけていた。
月と太陽の見かけの大きさは偶然にも非常に似通っている。金環食は皆既日食の一種で、地球の周囲をわずかに楕円形をしている軌道で回っている月が地球からやや遠ざかっている時に、月の見かけの大きさが太陽のそれよりもわずかに小さいために起きる。
今回の金環食では最高の観測地点は北部準州はテナント・クリークの町外れで、日本、アメリカ、フランス、オーストラリアの観測隊が陣取り、待ち受けていた。食はWA州で始まり、大陸中央時間帯では午前7時に食が始まり、午前8時過ぎに金環食になった。(注:大陸東部時間帯では+30分)
その後ケープ・ヨーク半島を過ぎてパプア・ニューギニア方面に移動した。北部準州で観測された金環食は、太陽の97%が月に隠され、周縁3%だけが環状に光っている、食の軌道から南北に離れるほど最大食も小さくなり、シドニーでは部分食で観測されている。
天文学者は、「金環食であたりが薄暗くなっている時でも、太陽の光っている部分は非常に明るく、食を見る場合には濃いフィルターを通して見なければ眼に害がある」と呼びかけている。
次にオーストラリア大陸から観測できる日食は2014年4月29日早朝で、南極大陸で金環食が観測される他、オーストラリア大陸ほぼ全域で部分食が見られる。

MU(ムー)のブログ
http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-1094.html






大いなる転換の時
2013-05-10 10:31:52
今日5月10日は、新月です。
そして、今日から明日11日にかけて、出雲大社の遷宮(せんぐう:新しい御本殿への引越し)の神事が執り行われます。
出雲大社は、黄泉の国(よみのくに:死後の世界)にも通じる大神スサノオに縁する大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)を主祭神とします。
背後にスサノオが隠れています。
要するに、日が昇る伊勢の天照太御神に対して、日が沈む黄泉のスサノオという陰陽のセット関係です。今年は、伊勢と出雲が同時に遷宮を迎えるという、過去の歴史上に無かった大きな遷宮年です。
やはり生と死という宇宙法則を象徴する年度であり、過去からの「流れ」が転換する年です。
そして、今日の新月である10日は、今年の大きな節目の1つと成ります。
新月を経て、何かが大きく伸びるのか、沈むのか、分岐点に成ります。これは、国家の運命から、社会の景気、個人の運気、・・・・色んな細事にまで月の重力が干渉することでしょう。
昨日のニュースでは、トヨタ自動車が1兆円を超える利益を出し始めるなど、大企業がリーマン・ショック以前の状態に戻り始めた明るい傾向があります。
また、外交でもロシアのプーチン大統領に、
「実は、日本のことは結構好きなんだ」。
ロシアのプーチン大統領は会談後、首相の耳もとでささやき、
「日本に行くのが本当に楽しみだ」と続けた。
(産経ニュースhttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/130504/plc13050421360014-n1.htm2013.5.4 21:30 [安倍首相])
このように言わせるなど、大きな進展が見られます。また、米国の本音を視ましても、もう日本に対しては気を使わない「身内の扱い」を感じます。どちらに向くか分からない「他人」には、米国は丁重な態度を取っています。
さて、このように好調な時こそが、要注意なのです。
明日は、5月11日です。311大震災から2年2ヶ月です。911,311,・・・・本当に毎月11日は要注意なサイクルが、月の運行的にも来ています。今朝は早朝から円通貨も売られて、1ドルが100円を超えています。明日11日は、「早朝から」防災意識の記念日として、出雲の遷宮を静かに迎えましょう。
老子も、「何事も謙虚な姿勢が無難にする」、と言っています。そうすることで、大きな飛躍の記念日へと転換することが出来るのです。自分の生活も、静かに頑張りましょう。
生かして頂いて ありがとう御座位ます

伊勢ー白山道
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou











「赤い月」と「黒い太陽」より抜粋
そして、今回のような日食、および月食と呼ばれる太陽や月に関わる天体ショーが、近い
将来に短期間のうちに立て続けに起こる時期があります。それが、2014年〜2015年の約1年半の期間であり、この期間のうちに月食と日食が合計6回も立て続けに起こるのです。ここまで短期間に天体ショーが続くのは、現代文明が始まって以来の珍しい出来事です。 そして、それらの天体ショーが起こる日は、すべてユダヤの祭の日と符合しています。これは一体何を意味しているのでしょうか。今の文明を陰で動かしてきたのはユダヤ人であり、悪い面で見れば彼らが地球支配者であることはご存知だと思います。
アメリカも陰で動かし、日本も10年以上前から完全にユダヤの傘下に入っています。支配といえば響きは悪いですが、彼らが神との契約によって2000年前から地球管理を委託されたのは確かであり、良くも悪くも彼らがシナリオに沿って現代文明をここまで導いてきました。
結論から先にいえば、この2014年〜2015年の立て続けの天体ショーは、天からのメッセージであり、これは間もなくユダヤ人に与えられた契約期間が終わることを伝えています。
天(宇宙)に「赤い月(月食)」と「黒い太陽(日食)」が出現することは、聖書の中でも予言されていたことで、この世が終焉していく前半の光景で「太陽は毛の粗い布地のように暗くなり、月は全体が血のようになった」という記述があります。そして日月神示の中にも大峠や三千世界の大洗濯が来る直前の大きな兆候として
「月は赤くなるぞ、日は黒くなるぞ」という記述があります。
さて、本日の金環日食の日に、ユダヤとは陰陽関係である日本において、出雲大社の遷宮が始まりました。これも偶然でしょうか。
日本側の準備も始まり、彼らは間違いなく契約、予言通りに最終目標である「大イスラエル帝国」の建設を進めるでしょう。それが地球支配のワンワールドの始まりとなるのか、それとも地球平和のワンワールドとなるかは、陰陽関係であり、同じ「元の民族」である日本人の活躍にかかっています。間違った方向に進まないようにしっかりとサポートしなければいけません。(全文はリンク元で)
5月10日・・出雲大社の「本殿遷座祭」、豪州で「金環日食」、円が対ドルで100円。そして、我が北海道の帯広市では、きれいな「環水平アーク」が出現しました。ケムかどうかはわかりませんが、北海道ではあまり撒かれていないような気もします。まぁ、この辺は謎ということでお願いいたします。(#^.^#)

MU(ムー)のブログ
http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-1094.html










5月10日、太陽赤経は43°で牡羊座方向。

local pc












2013年5月の月の朔望
日 時刻 状態
2日 20時 下弦
10日 10時 新月
18日 14時 上弦
25日 13時 満月

月齢カレンダー
http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm?cmd=20130509110

こよみのページ
http://koyomi8.com/











新月(金環日食)2013.05.10
2013/5/9(木) 午前 2:35
まず、前回満月で予測していた残りの点を簡単に振り返ってみます。
・運気低迷期間(5/2-5/6)が、ちょうどG.W.の後半に当たりましたが、この時期に高速道路での事故や水難事故などがありました。
・地震注意日の5/6に地震はなし。
そして、本題です。
5/10(金) 午前09:29:09に新月を迎えます。日本では観測できませんが、今回の新月は金環日食となります。
星の動きと流れを見ていきましょう。
<5/10新月〜5/25満月までの流れ>
・新月開始当初に全体運が落ちます。地震の相と思われるものも見られるので被害性の地震には注意です。ただ全国的に、週末は天気が崩れるようです。雨の時は地震が起こりづらいので、地震の懸念は幾分か後退したと思います。
・週が明けると、全体運で運気上昇。元気な明るいムードになると思います。
・その後、太陽が双子座に入る時期になるとまた全体運が落ちてきます。アップダウンが激しい新月の期間になると予想しています。
以上

ぴゅ〜んちゃん☆ガーデン
http://blogs.yahoo.co.jp/soundtrue/34966597.html



posted by datasea at 23:44| Comment(0) | % 伊勢ー白山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

地震情報


2013-03-26 11:00:45
今日から再度、自然現象の観察日の「一週間」が始まります。
明日は満月であり、一週間後の4月2日(火)も「潮の変わり目」です。
皇室の主要な皆様の全員が東京を離れているような今の時と、テレビ報道が撮り溜めていたような震災の検証番組を流す時は、防災意識の練習時だと思いましょう。
昨日からの24時間でも、上図のように地中海と北米・南米で地震が発生しています。
今はまだ太平洋に面した地域が地震の発生源ですが、これが大西洋に移動した時からが、地球の変化の本格的な始まりだと感じます。
日本につきましては、まだ奇跡的に地震の昇華がされていると感じています。今後も防災意識を多数が保有することで、地震が無難になると思っています。

伊勢ー白山道
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/e585033380261175b2075dde84a9aea5






火山情報:太平洋海底下のマグマ
2013年3月28日
Science Daily
The Extinction Protocol
http://theextinctionprotocol.wordpress.com/2013/03/28/earth-opens-up-in-massive-landslide-on-whidbey-island-off-the-coast-of-washington/
海底地層の映像分析を行うUCサンディエゴ海洋イメージスクリップス協会(Scripps Institution of Oceanography at UC San Diego)が、中米沖にある太平洋東ライズ(the northern East Pacific Rise)北部から太平洋中央部にある中央海嶺(the mid-ocean ridge)にわたる海底火山系にマグマが蓄積していると『journal Nature』誌3月28日号で警告した。マグマが蓄積しているエリアの広さはサンディエゴ郡のの広さだという。
UCサンディエゴ海洋イメージスクリップス協会球物理学者Kerry Key
「データによれば、中央海嶺(the mid-ocean ridge)下から噴出するマントルの量は想像よりも多く広いエリアをおおっている。」。
太平洋東ライズ(the northern East Pacific Rise)北部は、2枚の地殻構造プレート(the planet’s tectonic plates)が各々別々に広がっているエリアで、マグマを作っているのはこの各々別々に広がっているプレートの間隙をうめているマントルで海底表面を形成する。

local pc







2013年3月30日
KochHoroscope(牡羊座春分点系配置)によれば、2013年3月末は太陽と内太陽系惑星(太陽、水星、金星。地球、火星)が銀河系中心とほぼ直交する角度でほぼ直列しており、27日の満月の日はさらに月も列に並ぶ。天体間の作用が強まる。

local pc



2013年4月の月の朔望
日 状態
10日19時 新月
26日5時 満月

月齢カレンダー
http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm?cmd=20130409110









地震情報:4月2日、三陸沖でM6.1地震
情報発表時刻 2013年4月2日 3時58分
発生時刻 2013年4月2日 3時53分ごろ
震源地 三陸沖
緯度 北緯39.5度
経度 東経143.6度
深さ 10km
マグニチュード 6.1

Yahoo!天気・災害
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/20130402035338.html






地震情報:4月9日イラン南部でM6.3地震、死者37人
BBC
The Extinction Protocol
http://theextinctionprotocol.wordpress.com/2013/04/09/6-3-magnitude-earthquake-jolts-southern-iran/
2013年4月9日
イラン国営テレビによると、4月9日11:52(GMT) 、ペルシャ湾沿岸/イラン南部の町コロモ(Khormooj)付近の地下10kmを震源とするM6.3の地震がおきた。
ブシェールのテヘラン大学内にあるイランの地震学研究所(Iran’s seismological centre)では、ブシェールの南約100kmにある町カキ(Kakij)でM6.1のエネルギーを記録、またファーズニュースエージェンシー(Fars news agency)によれば、バーレーン(Bahrain)からカタール(Qatar)にかけてのペルシャ湾沿岸地域で揺れが発生した。
コロモでは8日にも小さい地震がおきていた。現在も余震はつづいており、現時点で計5回、規模は最大でM5.4となっているという。
米地質研究所 (USGS、the US Geological Survey) によればこの地震により死者37人の被害がでた。またファーズニュースエージェンシーによれば、ペルシャ湾沿岸地域の高層階の社員や住民は予防措置として通りに降りたという。
コロモの北西80mにある町ブシェール(Bushehr)にはイラン最初の原子力発電所があり、被害が懸念される。
以下ブシェールの原子力発電所を建設したロシアのメーカーがロシアの通信社Interfaxに語ったコメント。
メーカー
「原子力発電所の地震による影響はなかった。」。
イランの地下には断層帯があり、小さい地震はよくおきる。前回のこのクラスの地震は2003年におきたM6.6地震で、この地震によりイラン南東部の都市バン(Bam)では多くの建物が倒壊、被害者の総数は約26,000人に達したという。

local pc






天体情報:惑星ニビル
JayWill
Before It's News
http://beforeitsnews.com/watercooler-topics/2013/04/planet-x-nibiru-warning-possible-seismic-activity-outbreak-part-iii-of-polar-shift-analyse-2432328.html
2013年4月11日木曜日6:12
今おきている非常に大きな太陽面暴発、激しい太陽嵐は、太陽系外の惑星/惑星ニビル
の接近によるものだ。
惑星ニビルの接近通過は、21世紀前半に起こるとされる惑星衝突、惑星通過だ。

local pc








地震情報:4月13日淡路島付近でM6.0地震
2013年4月13日 5時48分現在
発生時刻 2013年4月13日 5時33分ごろ
震源地 淡路島付近
緯度 北緯34.4度
経度 東経134.8度
深さ 10km
マグニチュード 6.0
震度6弱
兵庫県 兵庫県淡路島 淡路市 
震度5強
兵庫県 南あわじ市 
震度5弱
大阪府 大阪府南部 大阪岬町 
兵庫県 洲本市 
徳島県 徳島県北部 鳴門市 
香川県 香川県東部 東かがわ市 小豆島町 
 
Yahoo!天気・災害
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/20130413053320.html




【2013年4月13日 日本の淡路島で発生した震度6弱は人工地震疑惑3】 怪しい情報を総まとめ2 (緊急地震速報と防災情報メールの失敗、液状化現象の謎など。そして国際ジャーナリストのベンジャミン・フルフォード氏は、ナチスの潜水艦が核テロを起こすと警告していた。また日付、時間、曜日からも人為的な地震だと考えられる)

ザ・エデン
http://kinnikuking.blog81.fc2.com/archives.html




地震情報:4月16日イランでM7.5地震
大地震で40人死亡=救援隊急派、数百人犠牲も−イラン南東部、パキスタンでも死者 (時事通信) - Yahoo!ニュース
時事通信 4月16日(火)20時19分配信
【カイロ時事】
イラン国営テレビによると、パキスタン国境に近いイラン南東部で16日、シスタン・バルチスタン州サラバン北方約81キロを震源とするマグニチュード(M)7.5の大きな地震があり、少なくとも40人が死亡した。ロイター通信によれば、イラン政府当局者は数百人が犠牲になった恐れもあると述べており、イラン赤新月社は現場に救援隊を派遣した。
 同テレビによれば、パキスタン西部でも9人が死亡、100人以上が負傷した。
 震源の深さは18キロ。米地質調査所(USGS)はM7.8としている。揺れはパキスタンやインドのほか、アラブ首長国連邦(UAE)やサウジアラビア、バーレーン、クウェートなどでも観測された。 

Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130416-00000164-jij-m_est








情報発表時刻 2013年4月16日 20時14分
発生時刻 2013年4月16日 19時44分ごろ
震源地 インド付近(パキスタン南西部)
緯度 北緯28.1度
経度 東経62.1度
深さ ---
マグニチュード 7.8
情報 この地震による津波の心配はありません。 

Yahoo!天気・災害
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/20130416194806.html








地震情報:4月17日パプアニューギニアでM6.8地震
The Extinction Protocol
http://theextinctionprotocol.wordpress.com/2013/04/17/shallow-6-8-magnitude-earthquake-strikes-northern-coast-of-papua-new-guinea/
2013年4月16日
米地質調査所によると、4月17日水曜日、パプアニューギニア(Papua New Guinea)の北沖遠くの海底下8kmを震源とするM6.8の地震がおきた。ハワイの津波警報センター(the Pacific Tsunami Warning Center)によれば津波の恐れはないという。
このエリアで過去におきた大きな地震は1998年のM7.0地震があり、この地震の死者は約2,200人におよんだ。

local pc







天体情報:2013年の天文イベント/部分月食
2012年12月28日
Joe Rao
Before It's News
http://beforeitsnews.com/space/2012/11/prepare-now-for-mega-comet-of-doom-2449014.html
2013年4月25日:部分月食
4月25日に部分月食(Partial Lunar Eclipse)。東半球(ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリア、アジアの大部分)で観測可能。ハワイでは、ハワイ時間午後3時48分、見かけ上、月が太陽のおよそ32パーセントを隠す部分月食。北米では観測できない。

local pc





posted by datasea at 01:32| Comment(5) | % 伊勢ー白山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

予測情報:尖閣問題と今後の展開


一切を通して、伊勢氏の指摘する重要ポイントは、日本が世界の要であり、だからこそ日本人には大きな使命がある、という点である。大陸や半島の人間ではなく、日本人が鍵を握っている、ということ。その理由は彼の過去のブログ記事に示されているからそちらを参照していただきたい。
10月2日

ROCKWAY EXPRESS
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/817/










●尖閣諸島問題と日本について、ROCKWAY EXPRESSの見解
以下の流れは、伊勢白山道氏の様々な今までの記事やコメントの内容からROCKWAY EXPRESS自身が想定してまとめてみた内容である。伊勢氏がそう言っている、と主張しているものではない。あくまでROCKWAY EXPRESSの見解である。
◆尖閣諸島問題は基本的には収まらない。2012年中は論争が中心か。
◆2013年には中国が実力行使に打って出る可能性が高い。
◆日本には法的整備の面などでの遅れもあり、当初は対応に苦慮する。
◆アメリカはオスプレイの沖縄配備時の問題など、日本の米軍に対する反対感情などから反発感情もあり、当座は静観するのみ。
◆中国軍と自衛隊とのガチンコ勝負になる可能性が出てくるが、一時的にせよ中国側に尖閣を奪取される危険性も出てくる。
◆一年間静観していた米軍が安保の発動により参戦。中国軍にダメージを与え敗退させる。
◆中国国内で大地震が起き、その際格納されていた核弾頭等がさく裂、大地が鳴動し上下が覆ってことごとくその姿を変え、あたり一帯は立ち入り禁止区域になる。中国にとっては尖閣どころの騒ぎではなくなることで尖閣諸島問題は決着の恰好。
最後にひとこと、一切を通して、伊勢氏の指摘する重要ポイントは、日本が世界の要であり、だからこそ日本人には大きな使命がある、という点である。大陸や半島の人間ではなく、日本人が鍵を握っている、ということ。その理由は彼の過去のブログ記事に示されているからそちらを参照していただきたい。
10月2日

ROCKWAY EXPRESS
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/817/




●人類史の大きな流れ
今後の人類史の大きな流れは、既に2011年4月12日号「伊勢白山道から見る人類進化とヒトラーの予言」に示されている。この流れは変わっていないようであるからそちらを見ていただきたい。
●今後の流れの中での現象(精神的・霊的内容な大部分割愛ス)
人類史的な流れは上記であったとしても、その最中にさまざまな現象が出てくるようであり、それを少々紹介しておかねばならないだろう。それぞれの現象は、いわば人類史が新しい世界に入っていく時の予兆現象であり、また新しい世界を産み出しつつある陣痛期の特別な現象とも捉えられる。つまり陣痛期の女性に起きる現象はその女性にとっては生きるか死ぬかのような切羽詰まった状況であり、陣痛というように異常なる痛みを伴うものである。これが人類史の上に起きてくる、と思われるのである。
◆太陽電磁波の強化による地球内部からの温暖化が強化(電子レンジ型温暖化)2007-5
◆人類の免疫力の低下が始まっている。2007-5
◆経済の混乱・支配階級に対する民衆の反乱が強まる。2008-9
◆時間の流れが速く感じられるようになり、自分の行動の正邪が自分に即反映。2009-5
◆過去にない病気が起こり始めている。2009-12
◆大陸の移動が始まりだしている。2009-9
◆太陽電磁波により火山活動活発化で、富士山が要注意時期に入っている。2010-4
◆人間の良心(内在神)が、正しく反射を始める時期に入った。2011-4
◆原子力の数十倍の発電を行うことのできる電磁波利用の発電が発明される時代。2011-4
◆極端な低温と高温が繰り返される現象が始まる。2011-6
◆右脳と左脳の統合が進み第三の脳(意識)を人類が持ち始める2011-11
◆地球の振動数上昇で肉体細胞も振動数に合わないと劣化する時期が始まった。2011-10
◆富士山に注目すべき年が2012年と2013年の2年間。2012-1
◆崇高な魂が多数誕生、世界を救う発明や改革をする人間が受肉する時節。2012-2
◆大陸の大地震、白頭山噴火、日本に大念動力を持つ「小さい人間」の出現。2012-3
◆地すべり多発に要注意。2012-3
◆原発撤退の最後の時期。2012-3
◆巨大太陽フレアーからの電磁波に対する備えが重要。2012-4
◆暴風の祓い、に注意。ユーロ通貨問題。2012-5
◆万能細胞に正しい指示を出すことで再生し超長寿の世紀がくる。2012-5
◆異常降雨のはじまり。2012-5
◆太古から人類の変化を指定されていた日本人の心身が変化していく。2012-5
◆未来社会では癌は今の風邪レベルの病気に。特効薬は日本から出そう。2012-5
◆大陸にくっつく半島の国は地震に注意。2012-5
◆大陸内部に巨大空間が出現しつつある。陥没に注意。2012-5
◆異常気象現象が強大化する。2012-5
◆日本を助けた国、いじめた国にそれぞれの反射が起きてくる。2012-6
◆大地震、大津波、原発事故の日本を雛形に全世界で同様な事象が起きる。2012-7
◆人類は経済問題よりも、大自然との調和を目指さないといけない時節に入った。2012-7
◆領土問題などで隣国を刺激するような報道は控えるべき時節に入っている。2012-7
◆世界中の巨大ダムに砂などがたまって危険になる。2012-7
◆太陽活動期の最大期が後2年で終わり、その後はミニ氷河期へ。2012-8
◆怒りや害する思いが強い民族が多い陸地はこれから沈下していく。2012-9
◆東北・関東の胎児に進化が始まっている。1歳までに部屋の小物を空中浮遊させる。3歳までに成人の知能と知識を獲得し、超える。6歳までに大発明をし、巨大な念動力を持つ。兵器も自在に左右する。2012-9
さて、詳細には至らずに伊勢白山道の霊視する近未来世界に対する見方を紹介したが、問題の尖閣諸島に関しては、固有名詞は避けながら、そうではないか、と思われる形で示される内容があるので、それから想定される内容を紹介しておく。
10月2日

ROCKWAY EXPRESS
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/817/


posted by datasea at 08:06| Comment(0) | % 伊勢ー白山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

変わる時は一瞬

■変わる時は一瞬です 伊勢ー白山道  
2012-09-14
「9月11日」にアメリカのリビア大使が殺害されたのを皮切りに、アジアも含めて世界中で同時多発的に暴力事件が起こり始めています。
 昨日から中国では、一般の日本人に対しての暴力が起こり始めています。ほんとうに一部の人間だけが起こしていると思いたいです。
 これから「18日」の満州事変に関する怨恨の日に向けて、更なる日本人と関係施設への暴力が起こらないことを祈念しております。今はまだ男性に対しての暴力ですが、これが女性や子供にも及ばないように注意が必要です。
2008年のタイで起こりました選挙をめぐる反政府運動では、激しいデモや空港の占拠により交通機関の停止が簡単に起こりました。
日本人の常識での治安感は、海外ではまったく通用しませんから、海外に居られる日本人は早めに何事も自己判断することが大事だと感じます。
公的な機関からの注意とは、実害が発生してからでないと発表できない弱さと遅さがあります。
ユーロの経済問題は、これから世界各国の共通問題となり、原油の高騰を巻き込みながら色んな物への不安定を起こさないかと懸念しています。
2014年に向けて、2012年の9月11日から始まったと感じます。
こうなりますと、北欧のような小さな国ほど有利に安定し、大きな国ほど大変に成るのが宿命だと感じます。
日本も海外拡大の時代は終わったと早めに自己判断し、「国内で生産して」内需と日本からの輸出に生きる企業が有利に成って行くと思います。海外に投資した莫大な施設資産は、治安問題で簡単に放棄しなければ生けなくなる可能性を忘れては生けません。海外生産で激安コストにする計画は、非常なハイリスクに変化するでしょう。
戦後の経済計画では視野に入れなくて良かった、戦争と治安問題が第一に来る時代の始まりですから、今までの常識ではもうダメだと思います。やはり国家や企業の代表者の判断が、国民や社員の生命と財産を左右することに成るでしょう。
 日本は、閉じこもれば非常に強い結束力を発揮して、騒々しい海外とは一線を画す国に成れると思います。
今からが、日本人の良心と忍耐力が試される時代だと思います。
これで上手く生活できれば、理想とされる国家のモデルを海外に提示出来るでしょう。
世界が変わり始める時は、ほんとうに一瞬に事が起こり始めると、今週に入ってから感じています。だから、改善するのも一瞬で起こると信じて頑張りましょう。
2012年9月14日 10時46分頃 震源地 新島・神津島近海   
http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/
嫌な場所でも微震が発生していますから、今日も防災意識を持ちましょう。生かして頂いて ありがとう御座位ます

伊勢ー白山道
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20120914

ROCKWAY EXPRESS
http://rockway.blog.shinobi.jp/


posted by datasea at 00:25| Comment(0) | % 伊勢ー白山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする