2019年07月30日

広島原爆地上起爆説

広島原爆地上起爆説
広島原爆
2016/6/5
「マヤ歴の修正と1260日」  
この記事の前にちょっとだけ......。
これは10キロトンによるシュミレーションです。
広島は80キロのウランの10キロが核分裂を起こし16〜18キロトンの炸裂でした。
こんな小さな炸裂の場合クレーターはほんのわずかです。
翌日数千人の科学者などが広島を訪れたこと自体おかしいとは思いませんか。
大きなクレーターは水爆の地下核実験の場合のみ出現するのです。
http://labaq.com/archives/51067767.html
1946年春頃の広島市。三村明が参加した米軍映画撮影隊による映像
以下はタマちゃんちから
(4)「私、空中から爆弾を落としたとは思ってないんですよ。下から爆発」
元第343海軍航空隊 少尉 本田稔氏の証言!
https://youtu.be/o1dKP3cv9zw
↑動画 「私、空中から爆弾を落としたとは思ってないんですよ。下から爆発」
元第343海軍航空隊 少尉 本田稔氏の証言! 
【戦士の証言】元第343海軍航空隊 少尉 本田稔氏に聞く Part3[桜2010/8/13]
https://www.youtube.com/watch?v=07eSQ82V15U&list=PLBF239C1C967DFAD8&index=2
↑動画 【証言シリーズ】元第343海軍航空隊 少尉 本田稔氏に聞く 後編[桜2010/8/5] 15分くらいから原爆証言
肝心な発言は以下にある〜地上起爆の決定的な証拠
https://youtu.be/o1dKP3cv9zw?t=233
こんな事、また起きるんじゃないかな、こんな事を許しとったら
長崎原爆投下の5時間前に軍の指導者は知っていた。
66年経って真実を伝えられた本田稔さん
「分かってた!?なんで命令出さんのですか。5時間もあれば十分待機できたはずですよね。
これが日本の姿ですかね。
こんな事、また起きるんじゃないかな、こんな事を許しとったら 」
そして、日本の降伏が決まり、証拠資料は燃やされ、灰は粉々にされた。
本田さんの地上起爆の発言はカットされていますがこのビデオは長崎の原爆。
一応投下5時間前に紫電改に迎撃を準備させB29(ボックスカー)を迎撃していたら原爆投下の大義名分が成り立たなくなるからです。
これが地上起爆させた裏の真実です。
http://www.dailymotion.com/video/xkfcgf_20110808%E9%95%B7%E5%B4%8E%E5%8E%9F%E7%88%86%E6%8A%95%E4%B8%8B%E3%81%AE%EF%BC%95%E6%99%82%E9%96%93%E5%89%8D%E3%81%AB%E8%BB%8D%E3%81%AE%E6%8C%87%E5%B0%8E%E8%80%85%E3%81%AF%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%9F_news#tab_embed
関連記事〜
http://ameblo.jp/tamaichi2/entry-12166559208.html
http://cosmic-dance.blogspot.jp/2016/03/blog-post_62.html
<転載開始:すべて原文のまま>
幾多の実際の戦闘で、爆弾や爆発状況を見ていた軍事的に専門的知識のある彼が広島原爆の爆発の瞬間に広島城上空を紫電改で単独飛行しており
目撃体験、その生々しい証言では「私は空中から爆弾落としたとは思ってないんですよ。
下から爆発、何で何が爆発したと思って上を気をつけてませんから全然知りませんねB29に対しては・・・」の一言。
彼がウソの証言をしているとは思えません。
この発言後の日本の戦争への取り組み方への疑問も、彼の軍人としてのまじめさ、冷静な判断の持ち主であったことが伺えます。
2つのユーチューブの証言、どちらもインタビュアーがB29からの投下についてとあえてB29を絡めて聞いているのですが、
彼は完全にB29については存在をスルーしています。
戦闘機乗りならまずは上空をチェックしたり爆撃機を探すはずです。
つまりは、彼が目視できる範囲に爆撃機は見当たらなかったということでしょうね。
爆発前にも、もしB29が上空にいて投下したとしたら飛行気乗りとして目の前の状況を捉えるはずです。
この大和のことも含めて、戦後の敗戦処理のために、とにかく本来の家族を守ろう、故郷を国家を守ろうとしていたクソまじめな優秀な軍人たち(陸軍、海軍それぞれに)を一同に集め
一瞬で大量抹殺する。
それがずる賢い敵国とも手を結んだ支配者層の考えていたことでしょう。
だからそれまでも日本の軍人の多くが派遣された現地で戦闘することもなく本国からの援助も薄く餓死や病気で殺されていた。
戦争の本質目的は、支配者層を将来脅かすことになるであろう目覚めた軍人たちと、同じ国民でも違う民族たちの浄化殺人であると思います。
敵国との戦という茶番を使ってごまかして。
この証言ビデオ、地上起爆に疑問のある方に見ていただきたいです。何しろ戦闘のプロの見識ですから。<転載終了>
以下は上のブログから
『要するに私が言わんとすることは、これはほとんどの人には受け入れがたいことであるが、
あの戦争は日米共同で演じた一大イベントで、ヒロヒトもヒトラーもこのイベント劇の役者であったことだ。
それに連合国・枢軸国といった対立構造も戦争劇のシナリオライターが描く典型的なパターンである。
だからこの視点から考察すると、以下のことが浮かび上がってくる。
日米がもっとも隠してきたかった事は負ける役を演じることになった日本が自ら原爆をしかけ、
あたかも仮想敵国から落とされたかのごとく装うことである。
このことは、ヒロヒトどころかほとんどの大将が米国側に、
しかも開戦当初から寝返っており、負けいくさを演じていたことからも導かれる。
勝ち負けのいくさ劇でマインドコントロールを受けていたのは大将以下下級軍人と平民だったのである。
以下は、私の直感から導かれることでもある。
結論から言えば、大和自体が実は建造当初から原爆製造工場だったということである。
当初から非常に極秘に建造が進められ、戦後になってようやくその存在が知らされるようになった大和。
その中では人形峠から発掘された精製ウランが濃縮されて幾つもの原爆が製造されていたに違いない。
その内の二つが広島そして長崎に持って行かれた。
起爆は地上にて行い、米軍とあらかじめ綿密に組んだイベントが行われた。
終戦直後に残っていた原爆は北海道美幌の今の自衛隊駐屯地の地下基地にある』
本物黒酒 ‏@honest_kuroki ・ 5時間5時間前
なにしろ明治以降天皇に成りすました箕作の郷里が、薄暗い所で緑色に発光する露頭ウランの宝庫・人形峠ですからね。
ウラン鉱の採掘権者だし。
そのウラン238に加速器で高速中性子を照射した結果が1940年のネイチャ―に発表されたしね
@roro101577 @horiguchikesazo
本物黒酒 ‏@honest_kuroki ・ 5時間5時間前
その、広島上空からのきのこ雲の映像に、急降下する紫電改は映っていないでしょ?
撮影したのは紫電改だからです。
@applec
戦艦大和はなぜ引き上げられないのか
http://qa.itmedia.co.jp/qa9051449.html
引き上げに遺族が反対しているなんて嘘八百。
原爆実験で真っ二つになり3000人の兵隊もろとも八の字になって沈んでいる。
引き上げれば放射能が検出されるからです。
原爆の地上起爆に反論する記事がありましたが〜クレーターがない?
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/ecd4886cdbdc0a2ab1ba6bb9d1b34805
以下も原爆は空中投下説で今後地上起爆を否定する記事が増えると思います
その1
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12160554315.html
その2
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12166639855.html
本物黒酢さんのツイッター
https://twitter.com/honest_kuroki
これが、日本が実施した広島の核実験、1945年8月6日朝8時満潮の元安川。
https://twitter.com/honest_kuroki/status/739522052239958016
本題に戻ります
聖書の時間周期
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51987478.html
元記事;http://yournewswire.com/end-date-of-mayan-calendar-is-june-2016-says-scholar/
End Date Of Mayan Calendar Is June 2016
The baktun is 144,000 days.
これはイルミナティカードですがなんて書いてありますか?
FUCK YOU (FUKU)SHIMA
管理人注:わたしは,刻印を押された人々の数を聞いた。
それは144000人で,イスラエルの子らの全部族の中から,刻印を押されていた:ヨハネの黙示録7:
4)〜144,000を単数化すると9ですがM9とは考えたくない。
3.11でM5.63を急遽M9に変えたのはなぜか。M5.63で30Mの津波が来ては困るからです。
There are 13 baktuns in the Mayan Calendar.
144,000 days x 13 baktuns = 1,872,000 solar days
Now the Gregorian calendar solar year is 365.2425
The Julian calendar solar year is 365.25
The Haab Mayan calendar solar year is 365
1,872,000 days/365.2425 (Gregorian solar year) = 5125.36 years
1,872,000 days/365.25 (Julian solar year) = 5125.256 years
and then here is the big difference….
1,872,000 days/365 (Haab solar year) = 5128.76 years
Subtract 5128.76 years (Haab) from 5125.256 years (Julian) =
READY……..
=3.504 year difference and that makes 1260 days
翻訳は金玉さんのところで
http://golden-tamatama.com/blog-entry-2405.html
End Date Of Mayan Calendar Is June 2016, Says Scholar
マヤのカレンダーの終わり日付は、2016年6月であると、学者は言います
マヤの学者はマヤのカレンダーの終わりが実は、2016年6月-4日に起こりそうであると主張しています。
そして、専門家が最初の2012年12月の日付が間違って計算したと言います。
元々マヤの暦と現在の西暦(グレゴリオ暦)は閏年の考え方が違って日付がずれている。
「グレゴリオ暦」
1年を365日とするが、400年間に97回の閏年を置いてその年を366日とする。
これによって、400年間における1年の平均日数を365.2425日とするのがグレゴリオ歴。
「ユリウス暦」
グレゴリオ暦の先輩、紀元前45年1月1日から実施され、1582年2月24日以降はグレゴリオ暦にバトンタッチ。
1年を原則として365日とするが、4年ごとに閏年を置き、その年の2月末に1日を加えて366日とする。
ユリウス暦では、1年の平均日数365.25日。
マヤ暦は1,872,000日で終わりが来ることになっている。
マヤ暦で1年は単純に365日と計算していたので2012年12月22日になった。
しかし現在の西暦のグレゴリオ暦で割ると1,872,000のdays/365.2425= 5125.36年
ユリウス暦で割ると1,872,000のdays/365.25= 5125.256年
マヤ暦との差が1260日あった。
以前2012/12/21に終わりが来ると言われていた。
日付は本当は1260日の差があって2016/6/3or4が本来の日付だった。
管理人注:なのですが気になるのは1260日という数字です。
その数字はスー君の記事のなかにありました

ハムレットの水車小屋
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/94.html
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/371.html
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/372.html

wisdomkeeper
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51987478.html





★ついに明らかにされた広島(長崎)原爆地上起爆の仕組み!
エノラ・ゲイの搭乗者氏の言葉
「実際に何が起こったかの詳細はあなた方は決して見つけられはしないさ」
2016_06110028.jpg
本当にエノラ・ゲイが広島に原爆を投下したのなら、この意味深な言葉はあり得ないでしょう。
と、考えていたところ、ついに達人さんが「地上起爆の仕組み」がわかったとの論文を発表されたので、その全文を転載します
(マーカーは勝手に付けました)。
掲示板より、貼り付け開始。
6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3755
ついに地上起爆の仕組みがわかった
投稿者:Legacy of Ashesの管理人
投稿日:2016年 9月 9日(金)23時17分41秒
10年に渡った最後のブログ記事はここです
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1244.html
事実は小説よりも奇なり。以下の記事をコピペ転載したい人は自己責任で必ずURLを明記してください。命を狙われても知りませんよ。
転載しておられる方はごく少数ですが
http://ameblo.jp/kuroro-phoenix/entry-12201277049.html
当時空中起爆できるような装置は存在しなかったのです
http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3752
戦前、理研の仁科・武谷原爆はウラン10%濃縮で使えた。
これに水を加えると立派な核爆発になる。
実際に核爆発したのは800グラム。
『日米がもっとも隠してきたかった事は負ける役を演じることになった日本が自ら原爆をしかけ、
あたかも仮想敵国から落とされたかのごとく装うことである......』下の記事より
「広島で使われたのは、このウランの大砲爆弾だった」
理研の元研究員・槌田教授がさらりと激白!!!
管理人注:これは完全な地上起爆(広島に続いて長崎も)
https://youtu.be/8nqp_nfZzzU?t=1807
水を使う原爆〜30分から46分
決定的な話〜38分から.........
大砲の中に10%濃縮ウランを入れてから水を入れるとある時間が経過すると大砲もろとも核爆発する。
下の映像は研究により砲弾として7マイルも飛んだがこの場合は第二総軍と学徒の皆殺しを狙ったピンポイントで地上起爆したのでクレーターは殆どなかった。一般市民は人体実験が目的 使用された砲身は五式十五糎高射砲か五式13の砲身を短く切ったものかと思われる。特に五式十三糎高射砲は広島でも長崎でも配置してあったろう。これに10%濃縮ウランをつめ水をかけて地上起爆に成功したということだろう。別の見方では沈没前の大和の製造段階の46センチ砲が使われた可能性もある。大和が地上起爆の実験台になったとの記述もあるしあれだけの巨艦船が真二つに割れることは考えずらい。
https://youtu.be/8nqp_nfZzzU?t=2364
日本を支配する闇の権力構造
http://heiseituusinn.main.jp/index.html
ソヴィエト代理人H・キッシンジャー
キッシンジャーは誰のために働いているのか分かりましたか?
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1080.html
注:藤原5摂家と天皇〜近衛文麿は自殺でなく他殺であった可能性が強い。終戦工作に際し知りすぎていたためであろう。
http://ameblo.jp/bishamonten337/entry-10811783889.html
映像は1953年5月25日米国での15キロトンの核爆発(広島と同じ規模)
2008/10/24 にアップロード
The Atomic Cannon, at 280 mm, was the largest nuclear capable mobile artillery piece manufactured by the United States. On May 25, 1953, a 280 mm cannon fired an atomic projectile a distance of 7 miles at the Nevada Test Site. Twenty 280 mm cannons were manufactured. None were used in battle. (Sound effects Added.)
巧妙に作られたプロパガンダフィルム。
これは何発も落とされたファットマン型TNT爆弾。投下の映像はやはりない。
このパンプキン爆弾(ファットマン)は効率が悪く海に捨てられたとのこと
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1197.html
このビデオの最後にはこうある......
「生産コストの割りに爆撃の効果はそれほど高くない。
通常兵器として使うことは見送られました」
ということは長崎では使われなかったということです。
そして日本は四分割を免れ米国は一応世界の覇権を握ったことになっている。
下の記事にはこう書かれています〜
パンプキン爆弾(ファットマン)は使用されることもなく、機密保持のためテニアン島の沖合に海中投棄されたといいます。
http://www.peace-aichi.com/piace_aichi/201210/vol_35-13.html
ご丁寧にNHKがちゃんと放送しています。
飛んできたのはエノラゲイのみでラジオゾンデを何個かパラシュートで落としています。
放射能の記録装置なのですがちゃんと密約で日本軍が回収してくれているのです。
エノラゲイを急遽爆弾倉つきの爆撃機にすることなどありえないことでしょう。
B29:エノラゲイ最後の乗組員の証言
広島原爆投下機、B29エノラゲイの乗組員で最後に生き残ったヴァン・カーク氏は、日本の取材AERAに対して気になる意味不明の言葉を残した。
その言葉とは
「物事には諸説ある。
一部は事実だし、真実でない情報も紛れ込んでいる。
実際に何が起こったかの詳細は、あなた方は決してみつけられはしないさ」と・・・・。
これはB29−エノラゲイが広島に原爆を投下したのではない秘密の暗示だった。
どうやって核分裂を起こすのか
http://matome.naver.jp/odai/2137552339579126101
重要なので同じ記事も重複しています
とびますが〜ソ連時代の2島返還案、日本が拒否=北方領土問題でロシア大統領
注:サンフランシスコ講和では2島を放棄しているのですから残り2島の返還拒否は意味が解らない
http://jp.reuters.com/article/g20-russia-japan-idJPKCN11C03K
検索してみると
http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A3xTmEVKfeRXmScAiBaJBtF7?p=%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%B3%E8%AC%9B%E5%92%8C%E6%9D%A1%E7%B4%84%E3%81%A7%E3%81%AF%E5%8C%97%E6%96%B9%E9%A0%98%E5%9C%9F%E3%81%AE%EF%BC%92%E5%B3%B6%E3%82%92%E6%94%BE%E6%A3%84&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=
追加記事;またやっている
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6215340
「コミンテルンの陰謀と核実験成功」
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1193.html
上記記事と対比しながらご覧ください
https://twitter.com/honest_kuroki/status/774122396097720321
Japan Tested Atomic Bomb in NK(北朝鮮) Before End of WWII?〜Korean Times
http://www.koreatimes.co.kr/www/news/nation/2009/12/113_56715.html
Hungnam, North Korea: Delving into Pyongyang’s Long Nuclear Past
https://dcbureau.org/201306258778/national-security-news-service/hungnam-north-korea-delving-into-pyongyangs-long-nuclear-past.html
His name is Minoru Kawamotoとある
https://www.quora.com/His-name-is-Minoru-Kawamoto-and-he-was-born-in-California-on-August-28-1920-What-can-you-find-out-about-him-on-Ancestry-com
http://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2013_06_13/115687091/
上の記事にはこうある
1945年8月、ソ連軍の参戦によって、日本軍が米国に核兵器を使用する可能性が排除された。
1945年8月9日、米国・英国との協定に基づき、ソ連が対日戦争に参加した。
11日、太平洋艦隊およびソ連陸軍が清津港・元山港占領作戦を開始した。
両港の間には咸興(ハムフン)という港町があった。
日本軍はそこで密かに核開発を進めていた。
ソ連軍に研究施設を占拠されることを危惧した将校らは12日、巨大な金属のコンテナーで核弾頭のサンプルを運び出し、小型の船艇に載せて漕ぎ出し、沖に出ると間もなく点火、もろとも爆破した。巨大な爆発であった。直径1kmの火球が天空に燃えたあと、巨大なきのこ雲が騰がった。米機B-29が投下した広島原爆と同程度の威力の爆弾であった。「祖国」作戦の一環で米軍に対して使用される予定であった。しかし、投下され、炸裂することはなかった。いわばソ連が米国を日本の核攻撃から救ったのである。
Konkurent.Ru、Vladivostok
管理人注:この記事には若干誤りがあるので説明しよう..........。
咸興(ハムフン)という港町は北朝鮮の港町で最初の拙稿に詳しく述べてある。
NATUREの写真との関連
本物黒酒〜黒酢さんは当初核実験成功と述べていましたがその後以下のように訂正されています。
?@honest_kuroki
まさにそんな感じ。
ネイチャーがバックナンバーを公開していますが、1940年発表の仁科氏の論文
『高速中性子によるウラン核分裂生成物』
で、"天然ウラン"が世界初の核分裂連鎖反応(臨界事故)を起こしていたことがわかります。
http://www.nature.com/nature/journal/v146/n3688/abs/146024a0.html … @Thoton
田布施システム偽天皇
https://twitter.com/honest_kuroki/status/773875455820636160
昭和天皇は英国陸軍の元帥
https://twitter.com/honest_kuroki/status/773788552299634688
戦艦大和の核実験
http://cosmic-dance.blogspot.jp/2016/03/blog-post_62.html
『要するに私が言わんとすることは、これはほとんどの人には受け入れがたいことであるが、あの戦争は日米共同で演じた一大イベントで、ヒロヒトもヒトラーもこのイベント劇の役者であったことだ。
それに連合国・枢軸国といった対立構造も戦争劇のシナリオライターが描く典型的なパターンである。
だからこの視点から考察すると、以下のことが浮かび上がってくる。
日米がもっとも隠してきたかった事は負ける役を演じることになった日本が自ら原爆をしかけ、あたかも仮想敵国から落とされたかのごとく装うことである。
このことは、ヒロヒトどころかほとんどの大将が米国側に、しかも開戦当初から寝返っており、負けいくさを演じていたことからも導かれる。
勝ち負けのいくさ劇でマインドコントロールを受けていたのは大将以下下級軍人と平民だったのである。
以下は、私の直感から導かれることでもある。
結論から言えば、大和自体が実は建造当初から原爆製造工場だったということである。
当初から非常に極秘に建造が進められ、戦後になってようやくその存在が知らされるようになった大和。その中では人形峠から発掘された精製ウランが濃縮されて幾つもの原爆が製造されていたに違いない。
その内の二つが広島そして長崎に持って行かれた。
起爆は地上にて行い、米軍とあらかじめ綿密に組んだイベントが行われた。
終戦直後に残っていた原爆は北海道美幌の今の自衛隊駐屯地の地下基地にある』
広島・長崎で自作自演連続テロ〜その手法が9.11で使われた
http://cosmic-dance.blogspot.jp/2016/03/1945869.html
天皇関係記事一覧〜ウランの大砲爆弾?
http://cosmic-dance.blogspot.jp/search/label/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E3%81%AE%E9%99%B0%E8%AC%80
広島・長崎の原爆は日米合同作戦による自作自演であった】
戦前、理研の仁科・武谷原爆はウラン10%濃縮で使えた。これに水を加えると立派な核爆発になる。
「広島で使われたのは、このウランの大砲爆弾だった」
理研の元研究員・槌田教授がさらりと激白!!!
1939アインシュタインが米大統領に「ウラン爆発を応用すれば船で爆破可」
1940英国ウラン爆発軍事応用委員会(天皇は英国陸軍元帥)◆仁科が日本陸軍にウラン爆弾計画を進言◆仁科の臨界事故の核分裂生成物がネイチャ―掲載@nyaro61
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%B3%B6
%E5%B8%82%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%AD%90%E7%88%86%E5%BC%BE%E6%8A%95%E4%B8%8B#.E5.8E.9F.E7.88.86.E6.8A.95.E4.B8.8B.E3.81.AE.E8.83.8C.E6.99.AF.E3.81
.A8.E7.B5.8C.E7.B7.AF …
https://twitter.com/honest_kuroki/status/774363897381867520
だんだん広まっています〜原爆投下の嘘が
https://twitter.com/AtsuyaKimura/status/774454553982832640
ヴェノナ文書〜あの田母神論文にもありました。だから嵌められたのです。
http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/1901
全文は記事にありますが一部抜粋
『さて日本が中国大陸や朝鮮半島を侵略したために、遂に日米戦争に突入し3百万人もの犠牲者を出して敗戦を迎えることになった、
日本は取り返しの付かない過ちを犯したという人がいる。
しかしこれも今では、日本を戦争に引きずり込むために、アメリカによって慎重に仕掛けられた罠であったことが判明している。
実はアメリカもコミンテルンに動かされていた。
ヴェノナファイルというアメリカの公式文書がある。
米国国家安全保障局( N S A )のホームページに載っている。
膨大な文書であるが、月刊正論平成18年5月号に青山学院大学の福井助教授(当時)が内容をかいつまんで紹介してくれている。
ヴェノナファイルとは、コミンテルンとアメリカにいたエージェントとの交信記録をまとめたものである。
アメリカは1940年から1948年までの8年間これをモニターしていた。
当時ソ連は1 回限りの暗号書を使用していたためアメリカはこれを解読できなかった。
そこでアメリカは、日米戦争の最中である1943年から解読作業を開始した。
そしてなんと37年もかかって、レーガン政権が出来る直前の1980年に至って解読作業を終えたというから驚きである。
しかし当時は冷戦の真っ只中であったためにアメリカはこれを機密文書とした。
その後冷戦が終了し1995年に機密が解除され一般に公開されることになった。
これによれば1933年に生まれたアメリカのフランクリン・ルーズベルト政権の中には3百人のコミンテルンのスパイがいたという。
その中で昇りつめたのは財務省ナンバー2の財務次官ハリー・ホワイトであった。
ハリー・ホワイトは日本に対する最後通牒ハル・ノートを書いた張本人であると言われている。
彼はルーズベルト大統領の親友であるモーゲンソー財務長官を通じてルーズベルト大統領を動かし、我が国を日米戦争に追い込んでいく。
当時ルーズベルトは共産主義の恐ろしさを認識していなかった。
彼はハリー・ホワイトらを通じてコミンテルンの工作を受け、戦闘機100機からなるフライイングタイガースを派遣するなど、
日本と戦う蒋介石を、陰で強力に支援していた。
真珠湾攻撃に先立つ1ヶ月半も前から中国大陸においてアメリカは日本に対し、隠密に航空攻撃を開始していたのである』
プーチンの出自
http://blog.goo.ne.jp/navikuma/e/efd220772e4bcf70ee7aa0b4b6453d6a
ハザール興亡史観
http://michi01.com/tendoh/israel12_index.html
こいつらは自衛隊に見えるが顔は日本人じゃあないな〜朝鮮人軍夫か?
あのJL123の時のような。あれは救出に行ったんじゃなく生存者を殺すためだったようだ。
米国でFEMAが発動されたらこういう連中が夜中に家に押し入って日本人を片っ端から連行する事態もあり得るのです。
http://ameblo.jp/tiger-mask-fighter/entry-12197843139.html
世界はすべて黒魔術〜
オームの上祐史浩は公安 
オバマはビン・ラディン 
金正恩の母は横田めぐみ 
などの記事は書いてきました。
聖書の嘘も分かりました。何十年も騙されてきましたからね。
歴代北朝鮮の将軍様はフリーメーソン33位階のグランドマスターで金日成もすり替えられたそうだ。
同じくすり替え組は明治天皇以来ガーター騎士団。
http://agora-web.jp/archives/1660077.html
ベトナム ホーチミン生活たより
http://vn-hochiminh.seesaa.net/article/441881938.html
もっと深くとんでも陰謀論?を検証したい方は下記のサイトを1年かけて読んで見て下さいな!
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/
勘の鋭いブロガーはもう地上起爆に気がついている
http://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/11d7601d71eaa761a23a357d5838dea2
http://yaplog.jp/kenchicjunrei/archive/185
オリバー・ストーンはバランサーだから気をつけよう。
NHK大好き監督でもある
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/b5512c9f80a1f959d397be284bb84cf5?fm=entry_awp
管理人注:フリーメーソンとは何か その3
天皇マネーの記事は後半ですが長いです。
鬼塚英明氏の著書からですが半分は違っていてミスリードしている。
鬼塚が北朝鮮の工作員であることがわかる
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/243.html
第二総軍で検索してみた
http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%91%e6%93%f1%91%8d%8cR&inside=1&b=15
次の記事でその間違いを訂正しよう
THE SECRET TERRORISTS by Bill Hughes
The Rothschilds were Jesuits who used their Jewish background as a facade to cover their sinister activities. The Jesuits, working through Rothschild and Biddle, sought to gain control of the banking system of the United States.
William Cooper= Bill Cooper
"Behold a Pale Horse"
The secret power structure is toward a totalitarian socialist state (fascism).
It is not the Nazis, as they were a product of this power structure.
It is not the Jews, although some very wealthy Jews are involved.
It is not the Communists,as they fit the same category as the Nazis.
It is not the bankers,but they do play an important role...pg.101
http://mujaki666.seesaa.net/category/6889291-1.html
「悪魔とはいったいなにか。
ズバリ、申し上げよう。
それは人間そのものである。
人間の中核をなす、精神世界(心)という超々極微の世界に陣どっている意志体そのものが、そのときどきによって悪魔になるのである。
しかも、人間のなかでも、文化人、知識人、有能な人といわれる人たちほど悪魔的傾向も強いのである。
なぜかといえば、人間の心の知恵のなかには、神と悪魔が紙一重の差でもって、裏、表の関係でつねに同居しているからである。したがって、文化人、知識人、有能な人といわれる人たちほど、よい面=神としての能力も高ければ、悪い面=悪魔としての能力も強いのである」
カレイド君も原爆は投下されたと言っている。これじゃあ信用を失うよ。
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4297.html
関連記事〜こちらの分析の方が的をえています
http://ameblo.jp/kuroro-phoenix/entry-12201966477.html
貼り付け終わり。
おいらは達人さんのこの論文を支持します。
ありがとうございましたm(_ _)m
★1945年8月原爆の地上起爆:仮説提示は工作員なのか?

タマちゃんの暇つぶし
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-15368.html




posted by datasea at 00:00| Comment(0) | ◉ 歴史の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

四本足のクジラの祖先が南米ペルーで初めて見つかる 

四本足のクジラの祖先が南米ペルーで初めて見つかる 
投稿者 うまき
日時 2019年4月8日20:14:28
環境・自然・天文板6
ufjzQf6660gRM gqSC3IKr
四本足のクジラの祖先が南米ペルーで初めて見つかる
2019年4月8日(月)17時30分
松岡由希子
ペルーで初めて見つかった4本足のクジラの祖先
(Alberto Gennari/Cell Press)
<ベルギーの生物学者がペルーの太平洋岸で、保存状態が良好な四本足のクジラの骨格を発掘し、その分析結果を発表した>
クジラは、5000万年以上前にインドやパキスタンといった南アジアでオオカミより小さな偶蹄目から進化して生まれている。
そして、その一部が水にも適応して、水中と陸上との両方で活動するようになり、生息地は次第にアフリカ北部へと広がり、4120万年前までには大西洋を横断して北米に上陸したとみられている。
そしてこのほど、太平洋岸の南米ペルーで初めて、4260万年前のクジラが四本足であったことを示す化石が発見された。
ビーバーやカワウソのような水陸両用哺乳動物と同様の尾椎
ベルギー王立自然史博物館の古生物学者オリバー・ランベルト博士を中心とする国際研究チームは、2011年にペルーの太平洋岸ピスコ盆地のプラヤメディアルナで保存状態が良好な四本足のクジラの骨格を発掘し、2019年4月4日、その分析結果を学術雑誌「カレントバイオロジー」で発表した。
「ペレゴゼタス・パシフィカス(太平洋にたどり着いたクジラ)」
と呼ばれるこの化石は南北米大陸で最古となる4260万年前のもので、インドとパキスタン以外の地域で発掘された化石の中では、最も完全に近いものだという。
長さ3.4メートルから4メートルの「ペレゴゼタス・パシフィカス」は、ビーバーやカワウソのような水陸両用哺乳動物と同様の尾椎を持っており、体の後部を波打つように動かして水中での推力を得ていたとみられている。
Olivier Lambert
また、骨盤が仙骨にしっかりと固定されていることから、自重を十分に支え、地上を這うことができたようだ。前肢と後肢のバランスはインドやパキスタンで発掘された
「ペレゴゼタス・パシフィカス」
の祖先と非常によく似ており、つま先や指には小さな蹄の跡も確認されている。
インドハイアス(Indohyus)約4,800万年前に南アジアで棲息していた半水棲の原始的哺乳類 (Ghedoghedo/Wikimedia Commons/CC BY-SA)
どんな道のりで南米大陸にたどり着いたのか....
南アジアを起源とするクジラが、どのように進化しながら、いつ、どんな道のりをたどって、アフリカ北部から大西洋を渡り、南北米大陸にたどり着いたのかについては、いまだ明らかになっていないことも多い。
「ペレゴゼタス・パシフィカス」は、クジラが南大西洋を渡って南北米大陸に分散したことを示す証のひとつとして評価されており、今後、この謎を解明する手がかりとなると期待が寄せられている。

LiveScience
https://www.youtube.com/watch?v=kae8eenOZ4k
https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=Ctq7841ZmlI

★阿修羅♪
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/710.html




















posted by datasea at 00:00| Comment(0) | ◉ 歴史の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

内部地球-アルザル

内部地球-アルザル
アルザルは北極の地底にあるというよりも、北極と南極を出入口とした地球内部の世界らしい。
それも、地殻の内側に展開された世界ではなく、物理的に内核が存在する場所にあるらしい。
だが、地球の内部が空洞になっている訳ではない。
にも関わらず、イスラエル10支族もヤンセン親子もバード少将も、肉体のままアルザルに入った。
ヤンセン親子は漁船で進入し、バード少将は飛行機で突入、そして、UFOが頻繁に出入りしている。
その秘密は、白い霧にあるようだ。
前にも書いたが、神隠しなどの蒸発事件の目撃によると、人がピンク色の霧に包まれて空間に消滅するという。色こそ違えど、霧に包まれるという共通点がある。
電磁波を交差させるとプラズマが発生し、亜空間が形成されるという事が分かっている。
地球の磁力線は、南極から北極に向かって集約され、北極から地球の中心を通って南極から出てくるという循環を繰り返している。
それによって、両極にプラズマトンネルが開き、地球の内核に重なる形で亜空間が形成されているらしい。
それがアルザルと呼ばれる世界で、れっきとした3次元の世界らしい。
つまり、物質と物質が重なった世界で、4次元ではないという。
4次元ではないが、我々の住む3次元とも異なる為、便宜的に「異3次元」と呼ばれている。
だが、プラズマトンネルを通ってアルザルに行く為には、理論的に、自らをプラズマで包んでいないと入ることが出来ないとされている。では、何故、ヤンセン親子やバード少将はアルザルに進入する事が出来たのか。身体や飛行機の機体が静電気を帯びて、プラズマに包まれたのだろうか。
アルザルには、亜熱帯地方の動物や草木があり、大気や河川もある。マンモスがシベリアで立ったまま氷漬けになり、胃から未消化の植物が発見されている。これが意味することは、急激な気温低下で瞬間冷凍されたということだ。つまり、過去に何度も起こしているポールシフトで、極点付近に瞬間移動した地域の人々や動植物が、磁気嵐か例の白い霧、またはオーロラの下層のピンクの部分に包まれて、そのまま地球内部世界に入ってしまった可能性が高い。基本的にプラズマに包まれていなければ、物体がプラズマトンネルを通過することは出来ない。つまり、UFOでなければアルザルを出入り出来ないのが通例である。
または、肉体を持たない霊(バイオプラズマ)の状態でなければ、アルザルに行く事は出来ないのだ。
アリオンは、
「アガルタに行くのに肉体は必要ない。
途上に肉体が必要なだけだ。
アガルタに入る前に、肉体を脱いでいく。
ある場所で、それを実行するのだ」
と述べているが、「ある場所」とはチベットの奥地ではないかと思われる。チベットの高僧やヒマラヤの聖者は、何かとシャンバラと深い関係にあり、彼らはアルザルのエージェントなのかも知れない。つまり、そこがシャンバラ行きの切符売り場で、同時にステーションになっている可能性がある。知花敏彦氏は、ヒマラヤでの修行の末に宇宙意識に到達し、シャンバラ本部に入る許可を得たそうだ。
だが、その場所はヒマラヤの奥地だったらしい。
結局、地球内部の世界には行っていないようだが、本来はそこで体脱して地球内部を探訪するのかも知れない。
ヒマラヤでは頻繁にUFOが目撃されているが、場合によっては、UFOで肉体のままアルザルに行ける事もあるようだ。
一例として、飛鳥昭雄氏は、チベット僧からシャンバラの写真を見せられている。
それは古びた写真だが、明らかに地上とは異なる風景で、ピラミッドまで写っている。それは、念写のレベルではない。過去に何者かが、カメラで地球内部世界を撮影したのだ。
ダライ・ラマは、「シャンバラは観念の世界ではなく、現実に存在する場所」と語っているのは、その事を指している。
一方で、「瞑想によって行く事が出来る」とも説いている。
アリオンも、こう語っている。
「シャンバラに行くのに肉体が要らないのは、振動数が違うからだ。
肉体もアストラル・ボディと呼ばれる体も振動数が違うだけで、現実に同時に存在している事を理解出来れば、シャンバラの存在も理解出来るだろう」
ヒマラヤの聖者たちは、身体の振動数を自在に調節して、体脱せずに、肉体を幽体や霊体に変換できるらしい。当然、霊体の状態から幽体、肉体として現れることも可能だ。彼らの寿命は500〜1000歳は当たり前で、究極的には不老不死の世界に到達するらしい。肉体のまま壁をすり抜けたり、テレポーテーションなども自在に行なう事ができ、亜空間を自由に出入りすることが出来るのだ。彼らは、地球内部のアルザルにも頻繁に出入りしているはずだ。このような人たちを、一般的に「仙人」というが、彼らは霊的進化を第一とする聖者であり、高次元の「神仙」と呼ぶべき存在である。エノクやイエス・キリストも、神仙になって昇天したと私は解釈している。
インドではこれを「聖仙」と呼び、サイババもそれにカデゴライズできる。
工学博士の故・政木和三氏は、サイババの精神は8次元と診断していたが、これは一般通念での6次元に相当する。
当然、輪廻を脱却し、生死を超越していてもおかしくはないが、何故かサイババは生死を繰り返す道を選んでいる。

神仙組U【善悪逆転論編】魔天使ルシファーの復活★By.獄悪鬼族
http://blogs.yahoo.co.jp/yhwh_lucifer/784838.html





pp6520190200212.png


pp6520190200209.png













posted by datasea at 18:08| Comment(0) | ◉ 歴史の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする