2019年06月30日

Kagari ∞ Kazuki: 少子化現象は弥勒の世が迫る前兆現象

Kagari ∞ Kazuki: 少子化現象は弥勒の世が迫る前兆現象
2009年12月08日
少子化現象は、「弥勒の世」が目前に迫っている前兆現象
4割が「子ども必要ない」=20〜30歳代は6割−内閣府調査
内閣府は5日、男女共同参画に関する世論調査の結果を発表した。それによると、結婚しても必ずしも子どもを持つ必要はないと考える人は、2年前の前回調査に比べ6.0ポイント増の42.8%となり、1992年の調査開始以来最高となった。持つ必要があるとする人は同6.5ポイント減の52.9%だった。少子化の背景に、国民の家庭に対する意識変化があることを示した結果と言え、内閣府の担当者は「生き方の多様化が進んでいる」としている。
調査は、10月1日から18日にかけて、全国の成人男女5000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は64.8%だった。
子どもを持つ必要はないとした人は、
男性が38.7%、
女性が46.4%
だった。年齢別では、
20歳代が63.0%、
30歳代が59.0%
と高く、若い世代ほど子どもを持つことにこだわらない傾向が浮き彫りになった。(12月5日17時5分配信 時事通信)
少子化現象が進んでいる昨今ですが、それは、「弥勒の世」が目前に迫って来たことを示す、
前兆現象です。
もうこれ以上、地球上で生命が誕生しても、地球と共に、5次元領域へ連れていけないという、ある一定の少子化措置が、天上界から下されていることの裏づけです。
それは、地球が5次元領域へ移行中である今、
“もう、これ以上は定員オーヴァーです”
という天上界からのメッセージを反映しています。
そのメッセージが、地球人類の集合意識へ浸透し出した結果、
「何となく、子供は必要ないのではないか…」、
というふうに、人々の意識に映し出されています。
ですから、これから、生まれて来ることが可能になって来る場合は、新しい時代の、高次元領域に位置した地球、その新しい地球再建のために、
本当に厳選された、光の存在たちのみだと云えるのでしょう。
“たどり着いた ここに 愛を誓おう”
まきちゃんぐ さんが唄う 『鼓動』 のPVです。

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ
http://mihoh.seesaa.net/
https://web.archive.org/web/20080701105518/http://mihoh.seesaa.net/
posted by datasea at 00:00| Comment(0) | % Kagari Kazuki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

Kagari ∞ Kazuki: 日本は世界の雛型, 宮城内陸地震と四川大地震は表裏一体


中国四川省地震で11人死亡、122人けが
2019年6/18(火) 7:27配信 共同通信
【北京共同】
中国四川省宜賓市で2019年6月17日夜に起きたマグニチュード(M)6.0の地震で、中国メディアによると、
地元政府は2019年6月18日、死者が11人、負傷者が122人になったと明らかにした。

Yahoo
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00000025-kyodonews-int






Kagari ∞ Kazuki: 日本は世界の雛型, 宮城内陸地震と四川大地震は表裏一体
2008年06月16日
「岩手・宮城内陸地震」と「四川大地震」とは表裏一体
先日,2008年6月14日に起きた岩手・宮城内陸地震は,先月の2008年5月12日に中国で起きた四川大地震と相似象を成しています。
古代錬金術の教え
「上なる如く,下もまた然り」にある通り,世界で起こることは日本でも起こるという例を示しています。
2008年6月14日の旧暦は5月11日で,1日の誤差はありますが,ほぼ,表と裏を成しています。
日本は世界の雛型であると云われる通り,日本とそれ以外の世界各国とは,表と裏の関係にあります。
この世界には,表の社会と裏の社会があります。
目に見えない多次元領域の世界と,この世界とは,表と裏の関係です。
宇宙とは,このように表裏一体です。
「般若心経」でいうところの,
色即是空 空即是色 (色は空であり 空は色である)
といいますのは,このことを現しておりまして,
表の世界と裏の世界,見えない世界と見える世界,多次元領域の世界と3次元領域の物質界,
日本とそれ以外の世界各国とは,
それぞれ,表裏一体であるということです。
それらは,表が裏に影響を与え,裏が表に影響を与えるように,切っても切れない繋がり,関係で成り立っています。
表が裏に,裏が表に,相互に作用しています。
つまり,それらは,エネルギーの世界で相互に繋がっています。
“確率なんて1% 明日の光り この手で”
“隔心なら100% そう誰かが この手で”
“ “絶対”はなくても Maybe we can try
新しい世界で So we all can fly!!!”
土屋アンナ x AI さんが唄う 『Crazy World』 のPVです。(※動画なし)
posted by Kagari ∞ Kazuki at 04:14

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ
http://mihoh.seesaa.net/
http://akashicflare.himegimi.jp/







そーらん節
YOSAKOIソーラン
ヤーレン ソーランソーラン
ソーランソーランソーラン(ハイハイ)
沖の鴎(かもめ)に 潮どき問えば
わたしゃ立つ鳥 波に聞け
チョイ ヤサエエンヤンサノ
ドッコイショ
(ハ ドッコイショドッコイショ)
ソーラン節と言われるこの歌は、実はヘブライ語から来ています。
神が約束にこたえてくださって、歌え踊り皆に知らせよ。約束の地へいつたてばいい。部族の長に聞きなさい。さぁ行進だ、契約の箱を持ち上げろ神の力で、約束の地である日本を目指すというような歌なのです。
『わたし(神)は、あなたが滞在している地、すなわちカナンの全土を、あなたとあなたの後のあなたの子孫に永遠の所有として与える。
わたしは、彼らの神となる。』
旧約聖書 創世記17:8
神様は、アブラハムに、子孫をおびただしく増やす約束とともに、約束の地カナンを与えると言われた。
ヤハウェがアブラハムに与えると約束した土地は日本のことです。
日本列島は、地理的に見ると世界の縮図となっています。
九州がアフリカ大陸、
四国がオーストラリア、
本州がユーラシア大陸、
北海道が北米大陸
という具合です。
日本人は古来、ヤマト民族と呼ばれてきました。
古代ヘブライ語の「ヤ・ウマト」すなわち「神の民」という意味。
日本人の祖である 神武天皇の正式な名前は、
「カム・ヤマト・イワレ・ビコ・スメラ・ミコト」
といいますが、これを訳せば
「サマリアの王、ヤハウェのヘブル民族の高尚な創設者」
となります。
サマリアは北イスラエル王国のことで、サマリアの王とはエフライム族の王家です。
ヤマトの創始者はヘブライ人であり、その王国サマリアから渡来した。
イスラエル王国の滅亡が紀元前722年、神武天皇即位が紀元前660年であり、時間の流れも矛盾しません。
また、8世紀ごろには既に使われていた、「ニホン」は、5文字で、その真ん中の3文字が、
「神の御名ヤハウェ」
が入っている。前と後ろの残りの2文字は「忠実な相続者」と言う意味があります。
また天皇のことを帝(ミカド)と呼びますが、「ガド」という支族にミ(御)を付けたもので、ガド族の始祖の長男の名前は
「ニェポン(ニッポン)」
です。
| 2011-01-16 09:29 | すっとこどっこい

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-198.html#comment





posted by datasea at 09:07| Comment(0) | % Kagari Kazuki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

Kagari ∞ Kazuki: 2012年,2020年は一つの区切り

pp6520071200330.jpg


Kagari ∞ Kazuki: 2012年,2020年は一つの区切り
2008年06月24日
2020年までにキリマンジャロの雪が消滅、国連報告書
ケニアのアンボセリ国立公園から眺めるキリマンジャロ山(2008年5月4日撮影)。(c)AFP/MLADEN ANTONOV
【6月12日 AFP】
雪をいただいたキリマンジャロ(Mount Kilimanjaro)、チャド湖(Lake Chad)など、アフリカの有名な風景の一部が、地球温暖化のため永遠に失われようとしている。
国連環境計画(United Nations Environment Programme、UNEP)が10日、南アフリカのヨハネスブルク(Johannesburg)で、このような報告書を発表した。
報告書は、過去35年で地球上の100以上の風景がどのように変化したかを写真で追った地図を掲載している。
なかでも衝撃的なのが、アフリカ最高峰・キリマンジャロ山の氷河が20世紀初頭以降徐々に消滅していることを示す衛星写真だ。
ウガンダにあるアフリカ第3の高峰ルウェンゾリ(Rwenzori)山地の氷河は1987-2003年の間に50%も減少し、
アフリカ大陸の重要な水源であるチャド湖とビクトリア湖(Lake Victoria)は干上がりつつある様子がわかる。
報告書は、キリマンジャロの雪は2020年までに完全に消滅してしまう可能性があると警告している。 
またアフリカでは、毎年400万ヘクタール以上の森林が失われており、
これは森林破壊率の世界平均を2倍も上回る速度だという。
また、アフリカの一部の地域では1ヘクタールあたり年間で50トン以上の土壌が消失していると指摘する。
さらに、浸食、化学肥料の使用や野火、焼畑、落雷といった物理的要因により、アフリカ大陸の農場の約65%は使い物にならなくなっていると指摘している。
UNEPのアヒム・シュタイナー(Achin Steiner)事務局長は、記者会見で、「CO2の排出量を削減するだけでなく、
環境適応のための資金援助や気候変動に左右されない経済作りを促進し、
貧困の解消とミレニアム開発目標(Millennium Development Goals、MDG)達成にもつながる解決策が必要とされている」と強調した。
(2008年06月12日 15:44 発信地:ヨハネスブルク/南アフリカ (c)AFP)
2012年や、2020年というのが
一つの区切りでもあるかのように、数字として出しているのには理由があります。
それがひとつのターニング・ポイント、次の展開に向けての重要な通過点となるからです。
それらは、宇宙的なイベントの年を表しています。
しかし、この世界のみだという世界観でいたのでは、せっかくの宇宙のイベントも、
悲惨な状況を迎えざるを得なくなるということになってしまいます。
特に、この2020年問題は、
地球上の石油などの資源枯渇問題、
食糧難、人口過密問題の臨界点を迎える年です。
その前に、意識を高次元領域へ
シフト・チェンジ出来るかどうかが、未来への明暗を分ける天と地ほどの差が出来る選択となるでしょう。
アセンションを選択される方は、
心が落ち込んだら、すぐに気持ちを切り替える
心が暗くなったら、すぐに気持ちを切り替える
心が塞いだら、すぐに気持ちを切り替える
というように、一分一秒でも早く、気持ちを切り替えて、意識を明るく保つことがポイントになります。
その繰り返しの意識の訓練が、高い意識を維持出来る状態を長くしてゆきます。
高い意識を維持するポイントは、「美しさ」への集中です。
posted by Kagari ∞ Kazuki at 12:38

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ
http://mihoh.seesaa.net/

posted by datasea at 23:38| Comment(0) | % Kagari Kazuki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言霊と数霊 対応一覧

言霊と数霊 対応一覧
ア01
オ02
ウ03
エ04
イ05
カ06
コ07
ク08
ケ09
キ10
サ11
ソ12
ス13
セ14
シ15
タ16
ト17
ツ18
テ19
チ20
ナ21
ノ22
ヌ23
ネ24
ニ25
ハ26
ホ27
フ28
ヘ29
ヒ30
マ31
モ32
ム33
モ34
ミ35
ヤ36
ヨ37
ユ38
延39
以40
ラ41
ロ42
ル43
レ44
リ45
ワ46
ヲ47
宇48
恵49
韋50
ガ51
ゴ52
グ53
ゲ54
ギ55
ザ56
ゾ57
ズ58
ゼ59
ジ60
ダ61
ド62
ヅ63
デ64
ヂ65
バ66
ボ67
ブ68
ベ69
ビ70
パ71
ポ72
プ73
ペ74
ピ75
阿76
於77
有78
衣79
伊80
須81
ン01/10

oneqhhhhqffqq pc







2007年12月29日
数字のサインを検証する
数字のサインについてを紹介する有名な人に,ドリーン・ヴァーチュー博士がいます。
数字は天使からのメッセージであるといい,それこそ,0〜999までのそれぞれのパターンを詳細に教えてくれています。
実際に,私が確認,検証する限りでは,それは確実なものです。
ですが,ここで気をつけて頂きたいことは,この世界には,まだまだ多くの低級霊,悪霊の存在があるということを認識してください。
44,444,4444
などの4並びの数字などは,天使からの強力なサインで,
その他にも,
77,777,333
など,とてもパワフルなサインですが,
これらの数字が,比較的初期段階で,頻繁に見せられるようになったとき,喜ぶ前に,まずは検証してみましょう。
あなたは私に対して,何故これほどまで頻繁に,このような数字を見せますか? と。
その目に見えない存在に問いかけましょう。
もしかしたら,それらは低級霊の存在が,天使のフリをして,あなたに呼びかけているのかもしれないからです。
地球という惑星には,二面性の状況がありますので,宇宙は,「誰何(すいか)の法則」で地球を司っています。
この法則は,私たちが神聖なる至高の光の存在の名の下に,どんな霊的存在,高次元存在に対しても,
何者なのかを3度問い掛けたならば,その存在は,自分が何者であるのか正体を現すか,
もしくは,立ち去らなければならない,というものです。
これは,銀河系宇宙連合の皆様が,地球を守るために創った宇宙の法則ですので,完璧に働いています。
あなたが,この3度の問い掛けに対して,何らかの疑念,違和感を感じるようでしたら,ただちにストップしてください。
もちろん,それでもまだよく確認できないようでしたら,3度に限らず,何度でも確認してみる必要があります。
私自身,数字のサインやメッセージなどを最初から鵜呑みにして,信じ込んだわけではありません。
相当な疑念を持ち,私の日常生活や意識状態にどのように反映されているのか何度も何度も,確認と検証を重ねています。
以前にもブログの中で,天使からのメッセージはあなたに安心感のみを与えます,と書いたことがありました。
あなたが天使からの数字のメッセージを頻繁に見せられたとき,あなた自身の日常生活をよく観察してみてください。
もし,天使たちや,高次元の存在の導きがあるのでしたら,あなた自身の生活態度,人生への取り組み方,
言葉遣い,心持ちなどに肯定的で,前向きな変化が現れてくるはずです。
天使からの数字のメッセージが頻繁にあるのにも関わらず,
あなたの生活状態,意識状態などが荒んだままであったり,さらに悪化が進んでいるようでしたら,その存在を疑ってください。
天使たちは,とても優しく無償の愛の存在ですが,ルーズな,つまり,だらしなかったり,いい加減なことには厳しく注意を与えてきます。
あなたがルーズなことに対しても,そのままでいいよ,と告げてくる存在だとしたら,それは低級霊の仕業であると認識してください。
脅すわけではございませんが,私の経験上,生命さえも奪われかねない,危険を伴う状態になることもありますので,
くれぐれもお気をつけください。
そのためには,あなた自身の意識状態を,心持ちを高く保てるように,自分自身をよく見つめ直したりしまして,
日頃からよく訓練をする必要があります。
posted by Kagari ∞ Kazuki at 03:45

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ
http://mihoh.seesaa.net/
http://akashicflare.web.fc2.com/




2008年06月11日
<不登校>児童23人が謎の欠席,学校側13人に出席催促 文科省「聞いたことない」
新潟市の複数の公立小学校長が今月,登校していない児童13人の保護者に対し,異例の「出席督促書」を渡していたことがわかった。
督促を指示した市教育委員会は
「昨年末から,特定の地域を中心に,親の意思で通学させないケースが続出している」
と説明する。一方,督促された親たちは
「子供が行きたがらずに登校できないのであって,親の意思ではない」
と話している。
督促書(A4判1枚)は
「○月○日から正当な理由がないのに欠席していますので,直ちに出席させるよう新潟市立学校管理運営に関する規則第13条第2項により督促します」
という内容。
今月,市内の公立小学校に通う1〜4年生計13人の保護者に届いた。うち1年生4人は,入学して一度も登校していないという。
市教委によると,昨年12月から特定の地域を中心に
「ホームスクーリング(自宅学習)をさせる」と親が申し出て,低学年の児童10人以上が登校しなくなった。
2月初めには,就学通知が届いた新1年生の親からも同様の申し出があり,今年度には
「原因がなく登校しない児童」
が23人と倍増。
事態を重視した市教委は,家庭訪問などで出席を促したが,「話し合いに応じる姿勢がない」と判断した保護者に限って督促書を出した。
学校教育法では,児童生徒の出席状況が良好でなく,保護者に出席させない正当な理由がない場合に督促できると定めている。
だが,実際に督促書を出す例はほとんどないという。
子供が登校したくてもできない「不登校」の場合は対象とならない。
佐藤満夫教育長は「異常な事態だ。
親の考え方で公教育の機会を奪うのは許されないことを示し,少しでも子供の登校につながるよう願って督促を決めた」と話す。
一方,督促書を受け取った母親は「子供が学校に行きたがらず,夜うなされたり吐いたりを繰り返したので,仕方なく家で勉強している。学校が理解してくれず,つらい」と話す。別の母親は「友達関係をきっかけに,前から不登校ぎみだった。子供を理解しようと十分に働きかけもせず,なぜ突然こんな文書を出すのか」と不信感を強める。
文部科学省初等中等教育企画課は「子供がまとまって登校しなくなり,一度に督促したような例は聞いたことがない」と話している。
(5月29日18時1分配信 黒田阿紗子 毎日新聞)
上地ブログ1日23万人閲覧で世界一認定
タレント上地雄輔(29)のブログ
「神児遊助」
が,「世界で1日に最も多くの人が訪れた個人ブログ」として英国のギネス・ワールド・レコード社から認定され,
4日,都内の「アメーバスタジオ」で上地本人に認定書が授与された。
4月12日午前0時から24時間でブログを訪れた
23万755人
という閲覧者数が“世界記録”と認定された。
ギネス日本支社の世界記録認定員から認定書を手渡された上地は
「誤字脱字だらけのブログが世界一なんてあり得ないでしょ」。
昨年6月から始めたブログには1日500万〜600万のアクセス数があるという。
(6月5日9時58分配信 日刊スポーツ)
シリウス文明へ向かう,
シリウスの数霊23のサインは,
かなり意図的になってきています。
ここまできて,シリウス文明とはいったい何なのか,ということは,あまり書いてこなかったかもしれませんので,少し,ヒントを残しておきます。
地球人類を創り出したシリウス人を,初期の地球人類は,神々と崇めたかもしれません。
いま・この時代,地球人類の覚醒が進み始めて,人は動物ではなく,神なのだという気づきとともに,神なる存在へとヴァージョンアップを果たしてゆく過程の中にあります。
シリウスの文明は,今回,初めて地球にやって来るわけではなく,過去にも,古代エジプト文明という形でやって来ています。
しかし今回は,アセンションというレベルアップをした上での文明ですので,過去に類を見ない規模の文明ということになります。
“愛は枯れることのない 約束の花 今が永遠だから”
“たとえ 運命も 乗り越えるこの奇跡に
自分らしく歩もう Eternally, you and me”
“どんな季節が来ようとも なにも変わらないよ”
“見つけられない答えも 近くにあるよ いつも君がいれば”
JYONGRI さんが唄う 『Unchanging Love 〜君がいれば〜』 のPVです。
posted by Kagari ∞ Kazuki at 03:23

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ
http://mihoh.seesaa.net/






posted by datasea at 22:39| Comment(0) | % Kagari Kazuki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都道府県と県庁所在地の数霊

都道府県と県庁所在地の数霊
北海道121
札幌市143
青森県80
青森市80
岩手県70
盛岡市85
宮城県126
仙台市81
秋田県27
秋田市27
山形県134
山形市134
福島県82
福島市802
茨木間122
水戸市52
栃木県902
宇都宮市114
群馬県85
前橋市116
埼玉県63
さいたま市63
千葉県86
千葉市86
東京都70
東京70
神奈川県124
横浜市101
新潟県97
新潟市97
富山県84
富山市84
石川県702
金沢市129
福井県41
福井市41
山梨県103
甲府市38
長野県94
長野市94
岐阜県83
岐阜市83
静岡県81
静岡市81
愛知県26
名古屋市109
三重県39
津市18
滋賀県66
大津市22
京都府67
京都市67
大阪府21
大阪市21
兵庫県122
神戸市79
奈良県62
奈良市602
和歌山県119
和歌山市119
鳥取県97
鳥取市97
島根県71
松江市53岡山県75
岡山市75
広島県118
広島418
山口県140
山口440
徳島県71
徳島市71
香川県103
高松市71
愛媛県68
松山市116
高知県30
高知市30
福岡県44
福岡市44
佐賀県62
佐賀市62
長崎県93
長崎市93
熊本県88
熊本市88
大分県25
大分市25
宮崎県137
宮崎市137
鹿児島県104
鹿児島市104
沖縄県79
那覇市47

nfzpqqqghq pc

posted by datasea at 22:00| Comment(0) | % Kagari Kazuki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

[数霊] 数霊一覧

数霊
2011/12/19(月) 午後 9:28
「」
「3」の数字は、“完成”と、ここでは、“物質界”を表しています。三位一体。
「5」は、“大いなる変化変容”、五「52」は、ここでは、“地球の女性性意識”を表していますので。五芒星
「6」、「六芒星」を表していて、“シリウス星系”を指しています。
「8」末広がり、弥栄(いやさか)
「9」は“締め括り”
「10」は、ここでは“統合”を、
「11」は、“バランス感覚をもって始める”「11」は、“新しい始まり”を表していますので
「12」は、“自然界の流れに意識を向けて”、
「13」は、女神をあらわす数字です。
「15」の数字も出て来ていますが、それは、“ちょうど善い 真ん中の バランス感覚を保持することが大切”
「16」 → “宇宙の気高きエネルギーに繋がるように”
「16」“人が 神の領域へと到達するための扉”
「17」は、“順調な宇宙の流れ”、「17」の数字は、宇宙や自然の流れに乗る、祝福を表します。
「18」が“水の惑星”
「20」創造主はあなたに信じる心をもつように。今すぐに祈りや行動の結果が目に見えなくても、それらがあなたにすばらしい実りをもたらしつつあります。
「21」の数字は、新しい時代の息遣いであり、
「22」は地球。
「23」はシリウス星系を表します。
「24」 → 外宇宙 「24」の数字は、ここでは“女神”、天使です。「24」は、“女性的なエネルギー”
「25」が出ていますが、これは、「竹」を
「25」を頻発して見せられているのであれば、それは、月讀命さんからの働き掛けがあります。お近くの月讀神社、月讀宮、月夜見宮などに足を運んでください。
「28」が、“月のエネルギー”を表していることでも確認出来ます。
「29」“現実化を強烈に促進させる
「30」が出ているのでは、ここでは、“観音の響きは 波のうねり、思考を止めて 心を静寂にして、魂意識に その妙なる調べを聴いて”
「32」は、“宇宙から降ろされて来るエネルギーを発展して生成させる”
「33」は、ここでは“女神”を表しています
「33」 → “プレアデス星人たちが 最終調整に入った”
「34」は、“あなたは 集合意識という ひとつのものへと向かっています
「35」は、雨、“変化変容”を表しています。
「35」の数字が“統合する”を表していて、
「36」で“神界”を表します。「36」は、“神なる世界”それは“弥勒の世”を、
「38」の数字は、大地や自然のエネルギーです。
「41」は、米、こめ、光のネットワークに繋がるのが、心と魂の浄化が100%中、41%まで完了すること
「41」の数字は、“私たち生命体の本質は神”、「41」“自分自身の中心を意識するように”
「42」は“星”
「45」の数字は、国家や時代の建て直しと創造、「45」は“国造り”を表しています
「46」が出ているのは、“新しい時代への転換期”を表しています。
「47」の数字は、“夜明け”を表していて、
「48」は“勇敢”を表します。「48」は雪
「49」が出ていますから、“新しい時代の幕開けが迫っています 心と魂の準備を”
「49」 → 幽現界(4.9次元領域) = 幕開け ※身も心もすべて曝け出す
「50」 → 待機領域(5.0次元領域) = 組立 ※本当の自分自身を再構築する
「50」は“英雄”を表します。
「51」 →「弥勒の世」(5.1次元領域)= 統合 ※全人生を克服する
「52」は、ここでは、“地球の女性性意識”を表していますので
「54」は“白光”
「56」は、“聖なるものが降臨して来ている”というメッセージです。
「58」 → “弥栄(いやさか)の世界へ向かうための浄化の始まり”
「59」は、ここでは“誠心誠意”を表していますので、
「60」は、“いつでも 最善なる部分に焦点を合わせつつ喜びの道を突き進んで参りましょう”
「61」の数字は、“太陽”
「62」の数字が“協同する”、「62」は、“握手”を表しています。
「63」は、“根源”「63」は、ここでは、“開眼”
「66」は、“あなたは 地球の子宮に抱かれて 生かされている”「66」はイワシ
「66」 →“地球地表上の人類において 慈愛が足りない”
「68」は、“岩戸”を表し
「69」の数字の場合は、“新しい時代への幕開けが始まっています”
「70」は、ここでは“出逢いの時期”を表しています。
「71」の数字の場合は、“新しい国造りを始めましょう”「71」は、ここでは“始まり”を表していますので
「72」の数字は、“水瓶座(Aquarius)”、
「73」は“母性”「73」は、ここでは、“地球の母性意識
「74」地球物質界において 最悪の場合とでも云えるその峠は すでに乗り越えました。これから 何が起きて来ようともそれは 古いシステムの崩壊に過ぎません。わたしたちは 新しいシステムの創造に目を向けるべきです。
「75」は“世直し”を表し
「80」は、“月明かり”“希望”
「84」は、ここでは、“光合成”を表していて、
「85」が“弥勒の世”を表し「85」には、“弥勒”、あるいは、“キリスト”
「88」は、“無限なる場所へ続く道”、
「90」は“神殿”
「99」と言う数字は、宇宙と個人の完成を意味します。 
「103」は、“光へ向かうか 闇へ転ぶかは自分自身の内側から 輝きを放てるかどうかに掛かっている”
「107」が出ているのは、ここでは、“銀河”を表しています。
「111」は“天と地を結ぶ天浮橋(あめのうきはし)”
「112」あなたの思考を、とくに将来に関しては、楽天的な、前向きで希望に満ちたものにしていてください。物事を形にする自分のパワーを信じてください。
「119」は“天上界によって導かれる”、
「120」は“女神からのおめでとう”の祝福を表しています。
「125」の数字は、“高次元領域への扉が開かれる”、
「126」は、“扉を開く”を表しています。
「135」 → “素戔嗚尊”さん
「153」“祓い清め”
「164」“自分自身の中心軸に留まり、魔に翻弄されないように 四方八方に気を配ってください。その直観力を支えるものが 女性性意識です
「172」の数字では、大いなる調和へ向かう、です。
「184」には、“水の惑星である地球は 宇宙と響き合って大規模な霊的発展を遂げます”
「185」は、「18」が“水の惑星”で、「85」が“弥勒の世”を表していますので、ここでは、“水の惑星である地球が 弥勒の世に入る”
「236」は、“力強く神なる世界へ向かう”、
「242」は、“叡智が星から降り注ぐ 女性性意識で受け止めて、それは あなたを内側から開花させて、宇宙の流れに同調させる”
「255」は、“宇宙の流れと 自分自身の中心軸とを一致させる”
「300」は、“「弥勒の世」の世界へのお誘い
「305」は、ここでは、“宇宙の法則による変化”を表していますので、
「314」で観るのであれば、“ここから始まる変化”です。
「394」は、“地球物質界の停止 それは新しい時代へ転換するための祭り”
「416」は、ここでは、“自分自身の中心に神をおいて 毅然としてください”
「444」という数字を見掛ける時には、特に天使の守護があるときです。
「446」は、“バランスを維持しつつ転換期を乗り切る”、
「447」は、“バランスを維持しつつ夜明けを迎える”、
「549」は、“新しい太陽の時代の幕開けです。早く目を覚ましてください”
「616」には、“奇跡が起きる一歩手前”と云った意味があります。
「617」新しい太陽の時代への準備は着々と進行しています。遅々として動かないように見える地球物質界の物事も水面下においては 死に物狂いで進められていることを知っておいてください。それは 宇宙の流れに沿って 順調に進められています
「666」“これからミロクの世が始まりますよ”というメッセージ。
「851」は、“弥勒の世の始まり”、
「999」ミロクの世。
「1300」は天上界全体を現す。日本神界「800柱」 + 西洋神界「500柱」 = 天上界「1300柱」
「1421」は、“永遠への航海”を表しています。
「10000」「万」は、「卍」(まんじ)の変形字であり、“祝福”を表していますので、これらが、祝福のメッセージであることが分かります。

徹底検索、堀進

http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/








666は人類の生命コードを解き明かす仕組みがあります。
西暦2006年6月6日とは、不吉な日だったわけではないのです。
13日の金曜日ですが、この日は本来、宇宙、異次元、高次元とのエネルギーが繋がりやすい日で、地球人にとっては、重要な日なのです。
神社などのパワースポットや、公園、自然の中へと出掛けていき、地球のエネルギーとの繋がりを持つことをオススメします。
11月2日20時24分に配信されたということで、今回は、ドリーン・ヴァーチュー博士の本から、
112、20、24
という、それぞれの数字のメッセージを引用してみましょう。
あなたが、“スターゲイトの扉を開いた”というサインを、数字で受け取るとしたら、
36、369、567、666、999 …
このような数字を、日常生活の中で頻繁に見掛けるようになるでしょう。
1010 という数字を常に見るようになったら、地球(国之常立神)からのメッセージ。個人意識から地球意識へ変容せよ。
毎月23日は、一ヶ月の内、一番パワーのある日です。
それは、数秘学と錬金術によると、2と3が結びついたら、変化をもたらすからです。 

シリウス文明 
http://mihoh.seesaa.net/

徹底検索、堀進

http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/
posted by datasea at 00:00| Comment(0) | % Kagari Kazuki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

占いは当たらなくなる

pp6520080000887.jpg


2006年10月12日
占いは当たらなくなる
ここでいう占いとは、統計学のことです。
統計学としての占いは、これからの時代、ますます当たらなくなってきます。
なぜならば、地球の、そして自然のエネルギーが、人のエネルギーを超えてしまったからなのです。
占星術でいえば、
天体の配置図が大幅に変更してきていることによります。
近い将来、冥王星は太陽系の軌道から外れてしまいます。
人工衛星である月については、
地球のアセンションに伴い、地球から離れて、火星の衛星になることが予定されているそうです。
現在の太陽も近い将来には燃え尽きてしまいその役割を終えてしまいます。
本来、占いに当たっているということは、統計上の規格に沿って生きているということであり、
自分自身の人生を生きていないということが云えます。
人生や運勢は、人の数だけあり人によって様々であるはずだからです。
また、人の将来について占うとき、
地球のアセンションのことが念頭に置かれていなければまったく無意味だということです。
今までの概念で占えるのはせいぜい西暦2012年末ぐらいまででしょう。
いま現在、地球で生活されている人類においてはこれまでの人類の歴史や価値観で計ることは出来ないのです。
私たち地球人の多くは、
グレゴリオ暦のカレンダーを元にして生活しています。
それは宇宙のリズムにはそぐわないものです。
宇宙のリズム、自然のリズムに最も近いと云われる、マヤ暦のカレンダーに沿って生きることで、
私たち地球人は、より自然な姿に戻っていくことになると云えるでしょう。
それは、私たちが忘れかけていたものを思い出し、初心に帰っていくということに繋がるのではないでしょうか。
宇宙の周期、自然のリズムに立ち返ったとき、もはや、占いは当たらなくなるのです。
posted by Kagari ∞ Kazuki at 13:32

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ
http://mihoh.seesaa.net/
http://akashicflare.web.fc2.com/






Internet Archive: Wayback Machine

Wayback Machine
https://archive.org/web/




Wayback Machine
シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ、カレイドスコープなど、
閉鎖ブログ、会員限定化ブログの過去記事魚拓がのこっています。

gfddgfgdf pc




posted by datasea at 23:35| Comment(3) | % Kagari Kazuki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

予言について

2008年01月24日
予言について
予言と云えば、ブラジルのジュセリーノさんの予言が話題です。
彼自身も、「予言は当たる必要はない」と言っています。
未来の危険な予知は、未然に防ぐことができるからです。
この世界には、パラレル次元が存在します。
予言の当たっている世界、
予言の当たっていない世界があります。
未来は何ひとつ決まっていないだけではなく、様々な可能性が用意されています。
予言が当たるか当たらないかは、私たち地球人類の集合意識が、
その一点に強く集中されたときに決まってゆきます。
例えば、あまりよくない危機的な予言があったとします。
多くの方々は、不安と恐怖から、その予言を意識してしまいます。
それらの不安と恐怖の強い意識から、わざわざ、危機的な予言を呼び寄せてしまいます。
10年ほど前に、ノストラダムスの予言が流行りました。
多くの方々は、当たらなかったと思い込まされています。
真実のところは、当たりそうだった、危険な局面を地球は迎えていた、ということです。
ほとんどの地球人類たちの知らないところで、ギリギリのところで救われた、といいます。
最悪の危機的状況に限り、
宇宙存在の直接的関与も許されます。
カタストロフィー規模の場合、地球人類だけではどうにも対処できない予言もあります。
インドの有名な「アガスティアの葉」のように、来世の人生についてを予言されていることがあります。
多次元領域の情報としましては、
未来も現在も過去も、いま・ここに存在しています。
未来はこれから起こることではなく、すでに存在しています。
私たち地球人類の未来の子孫の情報もあります。
有名な例で申しますと、ただ今の地球の時間軸から換算しまして、
約3000年後の未来の惑星エササニに存在するバシャール、
約750年先の未来の地球人類・ウイングメーカー、といった存在がいます。
宇宙には決められたサイクル、タイム・スケジュールがあります。
その大筋は変わらなくても、宇宙のイベント毎の
細かい部分については軌道修正ができ、緩和措置を取ることができます。
未来が存在する以上、タイム・トラベルは存在することになりますが、それは次回でのお話です。
未来は、地球人類、および、生命体のDNAの中に刻まれています。
私たちはいま、閉ざされたDNAの記憶・記録を開こうとしています。
来世の人生についての可能性は、DNAに刻まれた、未来への強いヴィジョンによります。
それは、私たちの明日の未来には、希望があるという刻印です。
posted by Kagari ∞ Kazuki at 04:47

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ
http://mihoh.seesaa.net/
http://akashicflare.web.fc2.com/

posted by datasea at 02:04| Comment(0) | % Kagari Kazuki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリウス文明

2008年02月15日
地球人類のルーツ
地球人類のルーツは、シリウスにあります。
シリウス人こそが、地球人類生命体の生みの親です。
つまり、シリウス人は、地球人類にとって、遠い祖先にあたります。
地球人類としての最初の種が降りてきたのが、アフリカであり、黒人種であったといいます。
アフリカ大陸に広大な沙漠が広がっているのは、遠い過去の古代文明時による核戦争の名残りです。
そんな地球人類のルーツとしての、土着的で、部族音楽的な産声を感じさせる、ブラジル出身のバンド、
SEPULTURA 『Roots, Bloody Roots』のPVです。
そして、地球上のすべての文化の発祥のルーツが、この日本列島であり、
地球上のすべての言葉・言語のルーツが、日本語であるといいます。
世界の貨幣経済は、ロックフェラー、ロスチャイルド、もしくは、ユダヤによって管理されていると云われますが、
それは、この日本列島を、時が来るまで守り続けるための表向きの話です。
アメリカの表社会は、白人が牛耳っているように見えますが、
実は、裏で支配しているのは、黒人系社会です。
地球人類のルーツとしての、日本列島と黒人系の共通点は、とても深いものです。
最近、そのようなルーツの共通点と融合を感じさせる1人のアーティストが国内デビューします。
これは、地球人類の集合意識へと、ルーツに気づかせるための
ひとつのシグナルを送っているかのようです。
黒人系のSoul/Blues、Gospelと日本の演歌には、
心と魂から響き渡る、哀愁感ある音楽としての共通点があります。
HIP-HOPと演歌の不思議な融合で、まもなく日本デビューする、JEROさんが唄う 『海雪』のPVです。
posted by Kagari ∞ Kazuki at 01:11

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ
http://mihoh.seesaa.net/
http://akashicflare.web.fc2.com/



2008年01月07日
シリウス文明の秘密
シリウスという星を英語で、dog star (ドッグ・スター)といいます。
なぜ、犬の星なのでしょうか。
それは、古代エジプトの神々に由来します。
エジプトの神々の中で、冥界の神として知られるアヌビスさんという方がいますが、
この方の頭部は犬のようでいて、首から下はヒューマノイド型の生命体です。
dog star とは、ひとつの側面として、エジプトの神、アヌビスさんを表しているのです。
また、dog は、逆にしますと、god ですから、神の星を表します。
その古代エジプトの神々に由来する星の文明がやって来るということですから、
これは、遥か遠い古代宇宙文明の再臨ということが云えるでしょう。
キリスト意識が、約2000年の時を経て、再臨するということにも共通しています。
アセンション後の地球は、人と神々とが共存する世界ですから、
まさに、古今東西の神々が再臨し、一同に介して、共存する世界だといえます。
日本では、伊勢神宮において、20年に一度執り行われる式年遷宮がありますが、
次回は西暦2013年ですので、シリウス文明がやって来る時期と合っています。
それは何故かと申しますと、シリウス文明を開く鍵が、この日本にあるからです。
そのことを示すキーワードがあります。
シリウスでは、1年中桜が満開に咲いておりまして、桜という植物は、シリウスから日本に転生したものです。
ですので、日本の国花は桜なのです。
特に日本に住んでいる大和民族には、世界に先駆けて、アセンションをリードする使命があります。
天上界の神々によるアセンション計画は、この日本を中心として、世界中に発信しているのです。
日本が神々の国と云われる所以は、ここにあります。
posted by Kagari ∞ Kazuki at 12:33

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ
http://mihoh.seesaa.net/
http://akashicflare.web.fc2.com/







2008年03月01日
シリウス文明の秘密 その2
★シリウスのエネルギーに共鳴するシンボルと動物
シンボル……無限大∞、☆、半円(上部)、弓矢、二重ピラミッド、
船、網、シストルム(古代の打楽器)
動物……蛇、猫・ライオンなどのネコ科の動物、
とかげ、ジャッカル
★シリウス・シンボリズムの対照表
○シリウスA
数 → 8
色 → スカイブルー
金属 → 金
石 → アクアマリン、水晶
動物 → 大蛇、龍
時間のシンボル → 二重ピラミッド
○シリウスB
数 → 5、50
色 → 白、孔雀色
金属 → オリハルコン(赤い金)
石 → アレキサンダー石、猫目石
動物 → ライオン、猫
時間のシンボル → シストルム、船
○シリウスC
数 → 7
色 → 灰緑、薄い緑
金属 → 銀
石 → エメラルド
動物 → ジャッカル、一角獣
時間のシンボル → 網
以上、『シリウス・コネクション』 マリー・ホープ著より引用。
(現在、絶版により入手困難)
シリウスは、地球の科学で知られているところの2連星なのではなく、3連星から成ります。
シリウスでは、太陽が3つ昇ります。
私は幼少の頃、この夢をよく観ていて、その光景を夢の中で目撃するたびに、心の中で、「3太陽」と呼んでいました。
それは、この地球上でのように、太陽を目視することが出来ないほどの決して眩しい光なのではありません。
3太陽をじかに目視しても耐えうる、適度な明るさです。
地球での昼間の状態と比較しますと、少し薄暗い感じがします。
地球上の世界各国の中で、他の国々における年度の始まりが、9月頃から始まるのにも関わらず、
日本は4月がスタートになります。
それは、桜の開花と散る時期とに関係しています。
この日本列島に暮らす人々は、桜に、出会いと別れ、哀愁を感じます。
故に、桜の開花と散る時期を、生活周期の区切り目としています。
桜が、シリウスから転生してきた植物だという話は、以前にお話し致しました。
この、桜の花の種をまいて、花を咲かせたのが、富士神界を守っている女神、
木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)さんだと云われています。
木花咲耶姫さんは、水の女神です。
彼女はシンボルとして、神聖幾何学「フラワー・オブ・ライフ」の記号と対応します。
水の惑星・地球を、シリウスと連結・対応するかのように、
日本列島、および、地球の中心(へそ)としての
ピラミッドである、富士山の神界に座して、
地球を守っています。
posted by Kagari ∞ Kazuki at 00:23

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ
http://mihoh.seesaa.net/
http://akashicflare.web.fc2.com/


pp6520170722433.png







シリウスを数霊で表しますと、“23”です。
地球は“22”で、外宇宙をとりあえずまとめて“24”とします。
私たちが普段目にする3次元の物質宇宙は、太陽系までしかありません。
それ以外の銀河系宇宙はすべて、まったく違う多次元領域に存在しています。
アンドロメダやプレアデス、オリオンなどの宇宙存在が、この太陽系を訪れようとするとき、
シリウスを通過しなければ入って来れないようになっています。
シリウスは、太陽系と銀河系宇宙を結ぶ、重要な分岐点となっております。
例えましたら、箱根の関所、高速道路の料金所のようなものです。
posted by Kagari ∞ Kazuki at 06:47

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ
http://mihoh.seesaa.net/
http://akashicflare.web.fc2.com/






2006年09月16日
唐突ですが。
唐突ですが。
あと6年もすると、この地球上に、シリウス文明がやって来ます。
シリウスとは、太陽系から8.6光年離れた位置にある、あの有名な星です。
そのシリウスを数霊で表すと23という数字になりますが、
この23という数字、いま、至るところに見当たると思います。
事故死者23人(例えが不謹慎ですが…)、○○が23年ぶり、2300万の増加、などなど。
日常の中でも、ふと目にした数字が、車のナンバー、デジタル時計の表示、などなど。
それは、「もうすぐシリウス文明が始まりますよ」
というシグナルです。
私の場合、ここ半年くらいの間に、
急激にこの数字を見かけるようになりました。
posted by Kagari ∞ Kazuki at 00:00

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ
http://mihoh.seesaa.net/
http://akashicflare.web.fc2.com/




2006年11月05日
イルカは、いまから約3500万年前に、私たち地球人類をサポートするために、
シリウス星から転生してきた地球外知的生命体であり、その意識状態は、地球人類よりも遥かに高いものです。
イルカは、シリウスにいるときは、2足歩行で生活していて、本来は、私たち地球人に近いヒューマノイド型です。
イルカが地球に来てしばらくの間は、陸で生活をしていましたが、
その高いスピリチュアリティを保持するために、
比較的ネガティヴなエネルギーの影響を受けづらい海中にその生活基盤をおきました。
イルカの大部分の魂は、すでにアセンションを始めていますが、
地球のアセンション後の世界では、また2足歩行に戻って生活をしていくか、故郷のシリウスに帰還するのでしょう。
イルカと同じように地球に転生してきた生命体には、
約5億年前に金星から来たクジラ、カシオペア座系列から来たオットセイなどがいます。
そして、私たちと同じように3次元での肉体を持っている、地球内部に住むシャンバラの人類の存在があります。
彼らが何故に私たち地球人をサポートしているのかといえば、あまりにもその意識状態が低迷しており、
地球人の大多数が、宇宙の転換期に気づいていないからでありました。
ですから、彼らのようなサポートがなければ、地球人類のアセンションは非常に難しいかもしれません。
現在、地上に住む私たち地球人の覚醒だけが大幅に遅れています。
あなたは、何故いま地球で暮らしているのか、
何のために、ここにいるのか、
憶えていますでしょうか。
posted by Kagari ∞ Kazuki at 06:10

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ
http://mihoh.seesaa.net/
http://akashicflare.web.fc2.com/






posted by datasea at 01:22| Comment(0) | % Kagari Kazuki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ

pp6520080000887.jpg


2008年05月02日
このブログの存在理由
今日も、とても個人的な内容になります。
そもそも、このブログを始めたキッカケは、私自身が、スピリチュアルな体験と学びから得た情報を
ひとりでも多くの方々と共有すること、
アセンションに伴う宇宙の大転換期についていまだ、ご存知ない方々に伝達することのお手伝いをさせて頂く、ということでした。
そして、このブログを更新し続けた理由としましては、天使界の住人たちや、その他、高次元のスピリチュアル・ガイドたちからの要望により、
この世界に、光を広げるお仕事のお手伝いをさせて頂くということでした。
このブログからのメッセージとして、
具体的に、どのような効果があったのかは、言葉ではお伝え出来るものではありません。
それは、これまで、このブログをお読みくださった特に、私と同じ魂のグループの同胞であります、
一人ひとりのDNAの、閉ざされた鍵を解除するお手伝いをさせて頂いた、ということのようです。
それは、言葉と言葉の隙間に、言葉には表さない言外の部分に、しばしば取り上げた選曲の中に、暗号を仕掛けてあるのです、といいます。
それらすべてのことは、私自身の範疇には及ばない人智を超えたところです。
私自身はただ、内なる声と、スピリチュアル・ガイドたちを信じて、従い続けていただけのことです。
私は長い間、深い暗闇の巣窟に閉じ込められていました。
このブログは当初、私自身の学びを伝達するために、私自身の思考から書かれていたものでした。
それがいつしか、天使界の住人や、高次元のスピリチュアル・ガイドたちとのコンタクトが突然に始まりました。
私自身の思考のみによる形態のブログ更新は、西暦2007年9月で終わっていました。
その後、天使界の住人から、彼らの光の仕事をこれからも手伝ってほしいという要望があり、
また、私自身が波乱万丈な辛い人生を歩むのではなく、豊かで幸福な人生を選択する決意をしたことにより、
天使界による、私の現状における人生からの救出作戦が始まりました。
それ以降は、私自身が書いたブログでありながら、私自身のみではない、彼らスピリチュアル・ガイドたちと
一体となったメッセージによって書かれたものでした。
彼らの救出作戦は、この3月末に、ある意味、奇跡的な方法で、私を、
魔界の巣窟から「転居」させることに成功しました。
私自身にとって、それは非常に困難を極めた事情がありました。
その詳細については、あまりに痛々しいため、ここでお伝えすることは出来ませんが、
私においては、大きな夢がひとつ叶った、というわけです。
このブログは、西暦2012年12月22日頃までの期間限定更新で、それ以降は、
このブログが更新されることは一切ありませんが、
これからも、このブログが引き続き更新されるとしたら、これまで以上の豊かさと、喜びの道を
このブログを閲覧してくださる皆様とともに共有することになるのかもしれません。
そして、ガイドたちとの共同作業とでも云うべき光のお仕事を残りわずかな時間となりましたが、微力ながらも、
お手伝いさせて頂けるとしましたら誠に光栄なことでございます。
どうぞ、宜しくお願い申し上げます。
“私は生きています
それを 心の内側に深く 感じることが出来ますか?”
スウェーデン出身のバンド、Drain STH 『Alive』 のPVです。(※動画なし)
posted by Kagari ∞ Kazuki at 00:23

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ
http://mihoh.seesaa.net/
http://akashicflare.web.fc2.com/




2006年08月08日
はじめに
このブログのタイトルにある“シリウス文明”とは、
水瓶座の時代を迎える新しい世界の象徴として表現された言葉であり、
地球のアセンション後の新しい世界の文明の名称が、必ずしもこの名の通りになるという意味ではありません。
このブログの全内容は、
地球が宇宙から孤立した時代から、
地球人類が、宇宙連合、果ては銀河連邦の一員として
仲間入りする銀河系宇宙時代に突入するまでのおとぎ話として書かれています。
私個人の想いを綴ったというよりは、
天上界や天使界の様々な高次元存在からのメッセージを織り込んだものでありますが、
かといって、私“Kagari”というフィルターを通過していますので、
そこに、私自身のニュアンス、解釈などがあることは否定できません。
このブログ中には、様々な暗号が仕掛けられており、
文字通りの、言葉尻そのものからの理解、捉え方がすべてではないということを明記しておきます。
その様々な暗号は、誰のために仕掛けられたかといえば、
私“Kagari”と同一の、もしくは、一部において魂の遍歴を辿って来られた同じ魂の家族、
魂のグループ、魂の同胞たちへ向けられたものであります。
このブログの内容を事実として受け入れるか受け入れないか、
もしくは、信じるか信じないかは、閲覧された方の直観に委ねます。
posted by Kagari ∞ Kazuki at 00:00

シリウス文明がやって来る Kagari ∞ Kazuki のブログ
http://mihoh.seesaa.net/
http://akashicflare.web.fc2.com/




posted by datasea at 00:32| Comment(0) | % Kagari Kazuki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする