2014年06月12日

ET情報

アシュター・・・2014年5月28日 ETが地球に来てから既に長い時間が経過している        
http://cosmicascension.org/extraterrestrials-have-been-visiting-earth-a-very-long-time-a-message-from-ashtar-through-elizabeth-trutwin-may-28-2014/
Extraterrestrials Have Been Visiting Earth A Very Long Time a Message from Ashtar through Elizabeth Trutwin, May 28, 2014
こんにちは!こちらはエリザベス・トゥルートウイン経由でのアシュターです。あなた方の星のDNA、ソースエネルギーとあなた方のハートを結びつける結晶装置の活性化を助け、あなた方個人及び惑星のミッションへの参加の次のステップとしてあなた方のハートにダウンロードする指示パケットに見られる指示を通じて愛を表現するためのあなた方の能力を増すのを助けるのに用いられるアクティベーションから今日の話を始めたいと思います。
ソースアクティベーション:
創造された生命体である人間、それらの闘争や問題の、ニーズが生じる場所、時を支援するというハートから感じられる意志との同調において、あなた方をワンネスと結びつけるものは何もありません。これは十分に気にかけると言う態度を通じて達成されます。以下のソースアクティベーションを毎日瞑想の前に読んで、自分のガイド達にその日の道を示すように頼んで下さい。
十分に気にかけること
十分に気にかけることとは冷静さと明瞭な思考である
十分に気にかけることは、感情の嵐に打ち勝つ態度の中にある
十分に気にかけることに浸り込むよりもむしろ、それらを拡散することによって・・・
十分に気にかけることは、誤った心理的な条件付けによるファンタジーや感情の歪みによって、容易には止められない
十分に気にかけることは、気づき、意識していることによって始まる
十分に気にかけることはその時に行うべきことへの集中である
十分に気にかけることは、全ての者の思考、発話、及び行動への無限の貢献である
地球外生命体は非常に長い間に亘って地球を訪問してきています。これは大いに誤解されています。人間の条件は、上からの引き寄せビームによって引き上がられるかのような残っているプログラムに落とし込まれないように次第に目覚めて行くのを待つだけです。これは、より大きい真実の跡地であるハードドライブの中に新しい真実の小さいかけらを組み込んで行くことを意味します。
人間はこのプロセスを止まる事無く進めていて、いつもソースとの十分な繋がりを閉ざし、知ると言うことが出発して決して戻ってこないという恐れを抱いていました。真実の保留はあらゆる事に対する恐れに基づいています。UFOという言葉を見て下さい。未確認飛行物体という言葉です。人がETに関する新しい情報に遭遇する都度、彼等は再びプログラムされてこれらの外来の飛行物体の本質を見失ってしまいます。
地球の内部は空洞であり、そこにはミルキーウエイ銀河の銀河市民が居住しています。太陽を含む全ての惑星の内部は空洞です。太陽は内部が空洞の惑星であり、木星はより太陽に近い姿をしています。火星はその内部に高層ビルと空中に浮かぶ庭園を持つ文明を構成しています。地球内部には青く輝く太陽があります。
オーロラのボレアリスは内部の太陽光の反映です。太陽の極地を出入するのが見られるUFOはコロナにある内部文明に向かうものです。地球よりも大きい宇宙母船はこのようにして太陽に出入りをしています。NASAは木星、彗星、土星、及び海王星での内部太陽の画像を撮影しました。真実の隠蔽の前提条件としての条件付けは人間に幼児的な観念を植え付けました。プログラミングによって、ヘリオスの太陽系には8つ又は9つの惑星しか許容できないと思わされています。これはまるで地球は知的生命が居住する唯一の星であると言っているようなものです。大量餓死、世界的な戦争、武器としての核エネルギーがあることが唯一の知的生活なのでしょうか?そうではないと思います。非常に知的な人達は、UFO物語の陰謀部分という過去を見て、どのような真実が存在するのか見ようとはしていません。
地球外生命体は、磁気光の速度でゼロポイントの雰囲気の中を移動します。人間の一部は数十年に亘ってこの技術を抑えていました。米国政府、大統領、米軍、米国の諜報機関、契約業者と他の国の対応する者たちはこの知識を持っています。彼等全ては一般大衆には、サナンダ提督、キャプテンアシュター、銀河連合が保有する数兆台の宇宙船の事をよく知っている、とは、貪欲なので決して言おうとはしません。彼等は生命の可能性がある新しい惑星の発見についての考えで一般の人達をプログラムし、宇宙飛行士がくる病にならないようにISSに新鮮な果汁を届け、火星の表面に水のたまりを配置します。この分派は実際には磁気光の速度で、宇宙の奥深くまで飛行し、セレスやヴィスタのような惑星に着陸して多くの者を支配したいと思っている僅かな数の者たちに荷物を持ち帰る国際宇宙ステーションの艦隊を所有しています。
地球は新しいタイムラインに自身を保持し、他の全ての惑星とともに、軌道をヘリオスの太陽系の中に保持する電磁結晶エネルギーグリッドを持っています。このエネルギーグリッドは地球にスターゲート、ピラミッド、ジグラット、ゼロポイントモジュール(ZPM)、 及び洞窟の奥深くと、ピラミッドの下に埋め込まれている巨大結晶の接続過程にあります。地球上には人間の形をした一握りの高位の存在がいて、必要に応じてこの惑星に往来する銀河連合のために働いています。これらの銀河の人間達は内部地球の住民をも訪問します。これらの者たちは遠い昔に内部地球に移り住んだレムリア、アトランティス、及びハイパーボリアの祖先です。この者たちは祝祭の日に、母なる地球の健康を支援するための聖なる祈りに加わるために内部地球を訪問します。これらの者たちは、核戦争がどのように地球の全ての住民に影響を与えるかについて高い関心を持っています。彼等は地表に住む銀河の人間達と協力して地球の安全を維持しています。銀河連合のメンバー達は内部地球に居住し、他の者たちもしばしば内部地球を訪問しています。
チベットのラサには、内部地球への入り口があります。ダライ・ラマはそこにあるポータルを守るためにラサにある寺院と自宅から移転しました。仏教徒のダライ・ラマは、定期的に内部地球を訪問しています。彼等は表面の住民と内部地球の住民との間の通信と情報交換を続けるために内部地球で行われる評議会に出席する役割を担っています。内部地球の者たちは、その文明への接触を厳密に制限する政策を採り続けてきました。これは地球を核破壊から守るためでした。これがチベットでの大虐殺の理由です。ダライ・ラマは常に代替手段で内部地球への訪問を続けていますが、カバール達は彼の訪問を阻止するのに成功したことがありません。彼は銀河連合の指揮下にある不可視の飛行体で秘密裏に内部地球を年に数回訪問しています。銀河連合の宇宙船は、創造主の指令を犯すことなく、多くの異なる方法で支援を行なっています。マザー・セクメは地球上での大実験は核戦争又は大規模な物理的な攻撃の場合以外には、防止出来ないと言っています。ラサが仏教の僧侶から強制的に奪われた時には、内部地球でのこの者たちの役割を続けるのに必要なあらゆる超自然的支援を受けることが可能でした。母なる地球にはこのような関係の継続が必要です。内部地球への侵入を防止するために洞窟内部には大きい仏像を備えた仏教寺院がたくさん建立されています。
ゼロポイント
ナチ、ロシア、及び米国政府の助けでネガティブなETがゼロポイントを利用できた時期が最近ありました。これらの政府はグレイと呼ばれているETのネガティブな分派と契約を結びました。グレイは、数百万の地球の市民を宇宙船上に誘拐して、生物学的な実験を行いました。彼等は又、自分達用のDNAサンプルを採取するために動物を虐殺しました。この遺伝子実験は彼が行った破壊的行為の一部に過ぎませんでした。彼等は又山の中や内部地球へのトンネルに研究設備を作って、カバールの科学者達と人間と動物に関する知識を共有する実験協力を行いました。彼等が追求した科学は、自然の破壊に繋がり、創造主の指令を犯すものでした。それは宇宙の法に違反し、種の間のDNAを 混合させるものでした。彼等は人間に対して犯した犯罪の責任をとることになるでしょう。これらの行為は2010年に終了しました。このグループが地球のスターゲートを再び利用しようとしたので戦闘が行われています。これも終わりになりつつあります。毎日数兆台の銀河連合の宇宙船が地球に、地球から飛んでいます。母船、スカウトシップ、及びシャトル、ウイングメーカー船、及び他の多くの宇宙船が特定の目的や地球の保護任務のために往来しています。これらの宇宙船は監視、生態系関係業務、通信、ヒーリング技術、その他多くの事を実施しています。
世界の温暖化や極地の氷の溶解について多くの話が交わされています。真実は、極地の氷は3000マイルの大きさのウイングメーカー船によってゆっくり加熱されています。北、南極の上の2基と、赤道上の3基のウイングメーカー船は、生態系に作用を及ぼしています。これらの宇宙船は放出されるガスと氷の海水中への溶解のネガティブな影響を緩和するために先進技術を応用しています。これらの宇宙船は私の司令の下で活動し、両極から全ての氷をなくすためにその技術を適用しています。氷冠は元々は、通行遮断のために設けられました。これが日常的な私たちの宇宙船の極地への出入りを隠す方法です。誰もそこでの宇宙船の出入りを見られません。今では地球はゼロポイントに戻りつつあり、私たちは内部地球への出入り口を、航空機や訪問希望者に対して公開します。やがては地球は100%が70度F(21度C)の気温になるでしょう。地球温暖化について真実を語るメディアは一つとしてありません。これが真実の大抑圧の真相です。
時間、核、まぐれ当たりはありません。私たちがこのように口にするのを、あなた方は何回聞いたことでしょう。これは内部地球の住民が経験した最大の恐怖かもしれません。約1万年前のテラユガの終わりに、表面地球の偉大な存在達が休息のために内部地球に戻ろうと出発しました。仏教徒達はこの知識を継承し、覚醒した者たちは内部地球のシャンバラに招待されるということを知っていました。内部地球はニルバーナなのです。これは、人が次元上昇したマスターになると得られる特権なのです。覚醒していない者は招待されません。悪漢である闇のカバールのエージェント達は人々は母船に搭乗して内部地球を訪問するという話をしてきました。次元上昇の後には、個々の人は、この先進文明の地を訪問する権利を得ますが、それまでは訪問できません。
ラーマーヤナというヒンヅーの伝説では、ラーマの妻のシッタが”地球に飲み込まれた”者として描かれています。シッタは地面の下に行き、”母(地球)の元に戻る”姿が芸術として描かれています。これはシッタが仏教徒のニルバーナである内部地球へと戻る様子を描いています。シッタはその時代の終わりに、ここに住んでいたのです。
銀河の宇宙船
ヒンヅーのマハーバーラタ伝説の中に描かれているオリオンでの大戦争の時には、マルデックで核爆発が起き、火星と木星の間にあったこの惑星を小さい石ころに変えました。あるものはほんの小さいかけらになりました。それらはセレスやヴェスタのような小さい惑星を形成しました。この核爆発は、非常に強烈だったので、火星の表面を吹き飛ばしました。この時には又地球は大洪水を経験しました。火星の水は地球の大気に引きつけられて、海水になりました。この核爆発以前には、マルデック地球の表面上の水の面積割合は66%でしたが、爆発後には75%になりました。
これが起きると同時に、地球上の闇のカバールの一部も又戦争を起こしました。彼等は核兵器を内部地球に移して、内部太陽に向けました。母なる地球はこれに反応して、大きいエネルギーをバーミューダとカナリー島の間に存在する大結晶に送りました。母なる地球は感覚を有する自分自身を完全な破壊から守るためにそうしました。これは大結晶を三つに分けることになり、これらは今日でも海の底に存在します。銀河連合の宇宙船は、地球が平和の惑星になるまでは地球に着陸出来ません。NESARA法は正にこれを実現する効果を秘めています。地球はゼロポイントに戻ると、その振動の下では武器は機能しなくなります。ゼロポイント技術のネットワークが100%機能するようになると、地球は直ちに平和の惑星になります。核技術者のMTケッシュは地球上で、私の司令下でこの役割を担っています。
地球は地球外から訪問してきた者によって創造されました。現在は地球上に銀河連合のET基地が完全に機能しています。界面下、湖の内部、山中のポータルにはET達が暮らしていて、海の中のワームホールを通じ、あるいは極を通って内部地球に行き来しています。闇のカバールの、私たちと彼等の活動のプログラムは、真実の隠蔽作戦に終始しています。
今は銀河市民として一緒になる時であり、地球にこれらの変化をもたらすためにあなた方の力の範囲内で全てのことを実行する時です。あなた方に出来る最も重要な事は、この問題について主流メディア(MSM)に圧力をかける事です。彼等は意識の向上と真実の拡散について最大の助けになります。又、大統領、政府、及び軍人の証言者には、あなた方のサポート、許し、思いやりが必要です。彼等をどのような形にせよ、議会というチャネルを通じて真実を明らかにするために必要な事で彼等を支援して下さい。このことが銀河の完全デスクロージャーを容易にするでしょう。これが鍵です。それをあなた方のミッションにして下さい。

飄(つむじ風)
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2014/06/post_0f58.html


posted by datasea at 00:09| Comment(0) | % 銀河同盟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

予知情報

サナンダ 私たちは新しい地球に到着した
2014/1/29(水) 午前 10:14
サナンダ・・・2014年1月27日 私たちは新しい地球に到着した
Written By: AoiDesp
January 28, 2014
We Have Arrived At New Earth ~ Make It Real A Message from Lord Sananda through Elizabeth
http://cosmicascension.org/we-have-arrived-at-new-earth-make-it-real-a-message-from-lord-sananda-through-elizabeth-trutwin-january-27-2014/
January 27, 2014.
Channeler: Beth Trutwin
新しい地球という舞台の設定
私たちはサティア・ユガに入りました。黄金時代のエネルギーが、2012年12月21日に宇宙の中心と銀河の中心が合致した2013年1月1日以降利用可能になっています。現実は、イベント起きていない今でも、日常活動に黄金時代の奇跡を引き寄せる事が出来ます。十分な数の人々が目覚め今可能なあらゆる努力をするかもしれません。あなた方のプロジェクトが大きかろうと小さかろうと、今は行動の時です。行動を取り入れて下さい。実行して下さい。あなた方に対する最初の質問は、”ミッションを知っていますか?”です。そうです、当初はあなた方のミッションは地球に次元上昇をさせることでしたが、これは完了しました。次はあなた方の不平衡を修正し、あなた方個人の次元上昇又は覚醒を四六時中追求する番です。この重要な課題を達成したので、あなた方は次の役割のための準備をしています。いくらかの人達は既に到着しています。あなた方は第一段のためのビジョン、つまり基礎又はビジネスモデルを持っているかもしれません。地球をより良いものにするために創造力、才能、お金をどのように利用できるのでしょうか?
今のために夢を生かす方法
あなた方には夢を実現するための力とエネルギーが与えられているので、自信を持って下さい。見えない障害を心配しないようにして下さい。天の祝賀に浸り込む用意をして下さい。物事が現実化しようとしています。新しい地球は宇宙ファミリーとの通信を一つのものに統合します。銀河ファミリーの完全デスクロージャーと言う概念には大きな誤解があります。私たちは決して分離されてはいないのです。銀河連合の宇宙船は今地球全体を取り囲んでいて、いつもそこにいます。人間が三次元に落ち込んで以来、宇宙ファミリーとの連絡が出来なくなっています。エーテル宇宙船、ライトシップ、スターシップ、メルカバビーイクルは五次元以上で機能します。地球は三次元のこの幻想世界に存在するように機能していることが、宇宙船はここにいはいない、ということを意味しているのではありません。宇宙船はここにいます。数兆台以上です。宇宙ファミリーは、あなた方の間で働き、暮らしています。数百万に上る数です。地球上、海面下、内部地球には宇宙ファミリーの基地があります。あなた方の次のミッションは自分たちが銀河文明の一員であり、常にそうであったことを
受け入れる事です。
人間が選挙で選ばれた政府とその構成員との間の社会契約を確認すればデスクロージャーが行われます。政府は人民に、宇宙ファミリーとの連絡を取っていて、深宇宙から大量の貨物を戻すことを含むビジネス契約があることを認める責任があります。政府は影の政府に無限の予算を与え、金融、政府、司法、軍事、産業、及び租税を利用させ、そうするために多くのソースからのマネーロンダリングをしながら、秘密の宇宙プログラムを実施していることを認めなければなりません。彼等はカルマの役割を果たさなければなりません。カルマが終わるので、彼等は、たどってきた全体に戻るように要求されています。
銀河の完全開示が行われると、あなた方には宇宙船が極地、海洋、湖から出入りし、山の中の自然のスターゲートから出入りするのが見えるようになるでしょう。宇宙船は今は隠れていますが、存在しているのです。あなた方には宇宙船などのエーテルの乗り物があなた方の周辺を飛び回っているのが見えるようになるでしょう。あなた方は常に銀河社会の一員であったことを思い出すでしょう。あなた方には完全な五次元の世界で利用できるあらゆる利点が統合的に利用出来るようになるでしょう。これらの贈り物があなた方に施され、何事も同じであることは無くなるでしょう。地球上での二元性は、外見上は全く解消されるでしょう。肝心な事は、”あなた方は既にそこにいるのですから、そのように振る舞いなさい”と言うことです。
最高の光の存在との作業
多くの人達は自分のガイドがどのような者なのかどのようにすれば連絡がとれるのかを知りたいと思っています。それは以下のような事です。自分の玄関のベルが鳴ったと思って下さい。あなた方は玄関に出て行き、そこにサナダがイエスキリストの衣装を着て立っているのを見つけます。あなたはこの者にハローと言います。ここまで訪問して貰えるとはなんと素晴らしいことでしょうか。どうかおっしゃって下さい。何か新しいことがあるのでしょうか?どうかお気楽になさって下さい。何かお持ちしましょうか?
これは最高の光の存在と作業する時も同じです。たとえば、自分のガイド、大天使ミカエル、大天使メタトロン、マイトレーヤ、マザーセクメ、セント・ジャーメイン、クツミ、アシュター、あるいはサナンダに呼びかけて下さい。あなた方の空間に彼等を迎え入れて下さい。ハートとマインドを静かに平和に保って下さい。彼等の名前を三度呼び、あなたの周りの振動の変化を感じて下さい。それは玄関のベルと同じはずです。体に感じるきりきりとした痛みかもしれませんし、音や光のヒントかもしれません。ガイドと共に静かに座り、自分のミッションに関わる質問をして下さい。私たち、次元上昇したマスター、天使、銀河の者はいつもここにいます。私たちはあなた方からの呼びかけを聞いています。私たちはあなた方を奮い立たせる方法を知っています。あなた方は決して一人ではありません。私たちが、促し、愛と感情的なサポート、及びあなた方の才能に磨きをかける手伝いをします。マトリックスの中で暮らしているあなた方は自分の肉体という贈り物を利用し、地球上でのこれらのミッションを実現しようとするでしょう。
あなた方には自分達の時代のプランを練り、ミッションの達成に向けての次の赤ん坊の段階に取りかかることが出来ると期待しています。私たちは毎日の終わりにあなた方がその日の活動をふり返る時に、自己評価のためにあなた方と会おうと思っています。私たちは一緒になってあなた方の成功、失敗、明日を良くする方法について話し合う事になるでしょう。私たちはあなた方のより大きい達成と幸せに向けての調整を助けます。時には、あなた方は、重要な友人やファミリーと交わした会話が暮らしに差を生じさせた、言うでしょう、私には人々の顔からそれが分かるでしょう。毎日少しづつ世界を変えられる非常に多くの方法があります。あなた方は導師になるのです。
女性の力
誕生以前の、あるいは誕生の時のトラウマを創り出した不平衡を解消すると、地球上どこでも、幼児体験、教育、仕事及び愛情生活問題、結婚、子供、挑戦、病気、老化、老齢のような基本的な問題に立ち返ります。愛、思いやり、内側深くへの影響が欠ければ、ある種の不安感覚に繋がります。次の幸福な世代の構築方法には、母親が測りがたい程の重要な役割を果たしていることが分かります。人間の多くの活動においては、地球上のリーダーシップのほとんどは女性に代わるでしょう。新しい地球が創り出されると、金融、自己統治、土地所有においてリーダーシップを取る役割は女性が担う事が増えるので、動物、人間、及び母なる地球に対する暴力の機会は減ります。女性は生物学的に全ての人を安全、健康、幸福に保つ方向に向かう傾向にあります。地球上の平和の将来は変化の中で女性にリードする力を与える事から始まります。母親は私たちの最初の導師です。これが全てです。私たちには暖かい心を促進させる努力がもっと必要です。今の世界ではリーダーシップの役割を担う責任が女性にあります。そこから抜け出し、それを達成して下さい。
個々の次元上昇
自動的な次元上昇はありません。近道はありません。これは内なる仕事が厳しいものであることを意味するのではありません。最大の挑戦はマインドの中身です。マインドの中身を克服しようとしても役には立ちません。それはマインドにエネルギーを与えるための別の方法であり、このやり方は旨くゆきません。正に今、最も大切な自覚は、この世界を変えるために何もすることは出来ないと言うことです。世界は毎日変化しています。天の恩寵はこの世界を変えています。あらゆることが行われている最中です。あなた方の課題は、もしもそれを受け入れるのなら、あなた方のマインドからフィルターを取り除く事によってこの世界を超える事です。プログラミングを消去するやり直しの中でプログラムの組み方を学んで下さい。呼吸をします。心臓の鼓動を感じて下さい。私たちがそれについて何もしないことによって暮らしは営まれます。天の恩寵はあなた方に生命を吹き込み、地球とその上の全ての生命体は、私たちがそれについて何もする必要がないまま進化し、変化し続けています。もしも全ての人が真の自己を非常に深く探索し、覚醒という解放を行い、それが終わるまで
他の全ての探求を止めたとしたらこの世界はどのようになるでしょうか。もしもあなた方が覚醒し、次元上昇をしたとしたらあなた方の暮らしはどのようになるでしょうか?これは全ての人間が行う最大のミッションです。他には人間の生涯を大きく利用できる事はありません。
フィルター
フィルターとは、あなた方が全ての思考と全ての行動を濾過するものです。観察者、個性的な自己がこれらのフィルタによって分割されます。記憶をたどってフィルターが設置される以前を思い出し、それを種々のやり方で視覚化して下さい。あらゆるトラウマを解消して下さい。ハードドライブからトラウマを消去して下さい。以前のことを思い出し、起こったことをイメージし直して下さい。この方法で自分自身を全体的なものにして下さい。それは驚くほど単純であらゆることを変えるでしょう。
アルケミー
生涯を天に捧げると決めて下さい。細かい事は放棄するとの意志を示して下さい。必要とされる犠牲があります。何が起きるのか知らないままOKを出すように学ぶ事が必要です。イベントはある決まった道に進まなければ起きないことはありません。落ち着き、無になること、あるがままになることが必要です。
今三次元から脱出すること
批判的に、習慣的に、自分を批判から守るのを止めるようにして下さい。両親、友人、ボスと議論を交わして下さい。非暴力−いつでも、どこでも、あらゆる表現において暴力とは非協力であって下さい。指さしエネルギーの全ての記憶の中で、マインドが持っている自己暴力。自分がマスターであることを忘れないで下さい。自己にも周囲の全ての人に対しても思いやりを持ってください。自分の暮らしの管理を止め、未回答の質問に出くわす用意をして下さい。すなわち、私のミッションは何か?これからさらには何も待たずに変化を起こさせるには、どのように他者に参加すればよいか?私の体、家、私の言葉を五次元のエネルギーで取り囲むにはどうすればよいのか?サティヤ・ヨガのエネルギーをどのように利用すればよいのか?あらゆることが五次元の中にあり私の日常の暮らしの中で毎日奇跡を妨げるものを除去するにはどのようにすればよいのか?地球上で愛のビーコンになるようにするために、光の最高の力の導きの利用をどのようにすれば学べるのか?私をお呼びなさい。私はいつもあなた方のためにここにいます。あなた方は決して一人ではないのです。ナマステ!

レインボウ・ジャーニー〜Rainbow Journey〜
http://blogs.yahoo.co.jp/mookmook910/54006867.html




posted by datasea at 15:28| Comment(0) | % 銀河同盟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

UFO情報:中国で巨大なUFOの光


pp6520130421222.jpg









UFOs Closed Airports! Watch This Huge Light IN THE SKY
Sunday, April 21, 2013 1:26
(Before It's News)
By LavenderRose
Now: 7
Last Hour: 94
Last 24 Hours: 2,072

Before It's News
http://beforeitsnews.com/space/2013/04/ufos-closed-airports-watch-this-huge-light-in-the-sky-2458214.html

youtube.com
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=OrkXf9El8xQ









(要約)
UFO情報:中国で巨大なUFOの光
4月21日
LavenderRose
4月21日、中国で巨大なUFOの光が出現、空港は閉鎖、17便の運行に支障がでたという。
2008年インド、2009年5月7日ロシアモスクワ市、2009年10月8日ロシアモスクワ市、2009年12月9日ノルウェー、2010年日本、2010年6月5日オーストラリア、2010年7月7日中国、2010年米ニューヨーク市、2011年メキシコ、2011年1月エルサレム、2011年1月6日米ロスアンゼルス市、2011年2月26日ロシアモスクワ市、2011年3月7日ロシアモスクワ市、2011年9月2日オーストラリアと、最近の地球ではUFO大量目撃事件がつづいているが、今回のUFO大量目撃事件はこれらに次ぐものとなった。
ディスクロージャー計画スポークスマン
「ディスクロージャーがちかい。米国民はこのディスクロージャーに備えるべきだ。」。

local pc









youtube.com
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=OrkXf9El8xQ
1997年、ラジオパーソナリティArt Bell氏は元エリア51スタッフからの通報をうけた。電話は途中で切れたが、スタッフの声色などからイタズラ電話ではない信憑性の高い情報だとされる。
元エリア51スタッフ 「Art Bell氏ですか?」
Bell氏 「そうですが?」
元スタッフ 「あまり時間がないんだ。」
Bell氏 「どちらからの電話ですか?」
元スタッフ 「エリア51。元エリア51スタッフです。エリア51から逃げてきた、ど、どこから話せばいいのかわからない、いずれ彼等は僕の居場所を特定する、」
Bell氏 「だからあまり時間がないと?手短に話してください。」
元スタッフ 「我々人類が宇宙人だと思っている存在っていうのは、実は、次元外生命体(Extra Dimentional Beings)で、彼等はかなり昔から人類とコンタクトしていて、それから、ええと、米軍の軍備に深く関与していて、このエリア51もその一環で、ああ、災害が迫っている、軍は、政府は、それを知っている、今なら、世界にはまだ避難できる場所はあるけれど、だけど、彼等は人口密集地域に災害をおこして大量抹殺を計画している。コントロールできる人口にまで減らそうとしている。(通信切断)」

local pc







ディスクロージャー・携挙情報
徹底検索、堀進 - Yahoo!ブログ
太陽系を既に出た?−実は、予定通りに始まっていたネプチューン号ツアー?
2012-02-06 22:28:41 |
えっ!
実は、ネプチューン号に5月4日から25名がピックアップされ、旅を開始しているという情報があります!
(自称)ネプチューン号からの第1回投稿記事
真偽のほどは、まだ定かではありません。
Steve さんも知らないうちに、そおっと25名のみ、予定通りに。う、これは、敵の目を欺く陽動作戦ですか?
いろいろ考えて300名は無理だけど、現状で、最も条件的に管理しやすい25名なら、ということで、ネプチューン側が選んだのでしょうか。そのチームの中に、Steve さんを含められなかったのは、彼が今回の件をあまりにもオープンにしてしまったため、彼に対する闇の勢力のマークが今、極めて厳しくなっているせいだとか。このネプチューン号からの情報提供者、John Lear さんは、写真もまもなく送ってくる、と言っています。
既に、太陽系を出た、ということですが、さて、これは本当の話でしょうか?
明日の朝11時からの、Steve さんの週1のチャネリング・ラジオ番組に、再び、グレナー氏が登場するようですので、そこでもまた、この件が確認されるでしょう。静かに見守ろうと言っておきながら、何だかまた、興奮する展開になってきました。

徹底検索、堀進
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/folder/1200154.html





●ロシア首相:地球外生命体が我々の中にいる
http://exopolitics.org/?p=732
【2012年12月8日 Dr Michael Salla 】
去年の12月7日(金)、ロシアのメドベージェフ首相はマイクがまだ入っている状態で記者団を前にオフ・エアで、驚くべきコメントをなした。大統領職についていた時、何か地球外生命体に関する件で秘密のファイルなどがあることを知らされたかと問いかけられた。彼の回答は、地球外生命体が地球を訪問していることだけでなく、地球に住んでいる者たちもいる、ということを知らされた、というものだった。
彼は更に、ハリウッド映画の「メン・イン・ブラック」は事実を元に作成されたものだと語った。彼の回答はオフ・エアの際のおふざけの回答の感を免れないが、それでも幾分かの真実が含まれているのではないかという疑問が出てくる。オフ・エアでなされ彼自身もマイクがまだ切られていないということを知らなかったわけだから、その彼の言葉は額面どおりに、地球外生命体がこの地球を訪問しているだけでなく我々の間に住んでいる、という主張に対して信頼性を与えていると言えるだろう。
五つのテレビ局とのインタビューを終えてから、メドベージェフ首相は記者からの質問に対し、マイクがまだ切られていないことを知らないでオフ・エアのコメントを発した。彼のオフ・エアのコメントは、当局が公共の自由に対する締め付けを強めている政治的な最近の動きに比べればかなりフランクなものであった。そこで彼は記者の一人に、「大統領として、ロシアの核を使用する際に必要なブリーフケースを受け取った際に、地球外生命体に関する秘密のファイルを渡されたかどうか」と質問されたのだ。メドベージェフは以下のように回答した。
「核のコードと共にブリーフケースを受け取った際、ロシアの大統領は『トップシークレット』のファイルを渡される。このファイルの中味は地球を訪問したエイリアンに関するものだ・・・これと共に、ロシアにおけるエイリアンをコントロールする作業を行っている極秘の特殊部隊の報告書が渡される。この件でのより詳細な情報は、良く知られている映画である、メン・イン・ブラックで示されている。何人くらいのエイリアンが我々の間に住んでいるかは、パニックになるから言えない」
メドベージェフのコメントは、地球外生命体についてテレビのインタビューでロシアの高官が語った最初のものではない。2010年5月に放映された特別インタビューで、カルムイキア共和国のキルサン・イリュムジノフ知事は、1997年に自分のアパートから地球外生命体の乗り物に連れて行かれたと語っていた。彼は自分が会った地球外生命体はヒューマノイドで、船内を案内してくれ、またほかの世界に連れて行ってくれた、と主張した。
地球外生命体が我々の世界を訪問しているばかりでなく、我々と共に住んでいる、という主張は昔から成されていた。アミシツィア(友人関係)というイタリアの書物は、1956年から1978年までの22年間に公務員を含む100人以上の人々が地球外生命体に遭ったことを明かしている。重要なのは、これら地球外生命体はNATO当局によって秘密裏にモニターされていたことだ。アミシツィアの場合は、もし本当なら、メン・イン・ブラックの中で示されているような、地球外生命体をモニターする秘密部隊というものが、事実に基づくものだということを示唆していることになる。確かに、メドベージェフ首相は、そのような「秘密特殊部隊」が存在していると考えているように思える。
記者の質問に対しメドベージェフがおふざけで回答したという事は言えるが、全体的なオフ・エアの回答内容は、彼が地球外生命体に関する件を含めてトピックの全体に意欲的に回答していることが見て取れる。メドベージェフのフランクなオフ・エアのコメントを分析すればもっともらしい否定の思いが出てくるのは確かだ。これは、メドベージェフのコメントはロシア国民に向かって、当局は地球外生命体が我々の間に住んでいるということを世界に向かって公式に発表することはまだ出来ない、ということを前もって示すことを狙ったものである、という可能性を示している。

ROCKWAY EXPRESS
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/867/






予想通り、日本海に終結した葉巻型宇宙艦隊(フリート)!
実際、驚くべき事であるが・・・さらっと行こう!
3枚の写真と原画像3つのダウンロードで、誰でも確認できる話だ!!
予想通り、日本海上空、日本上空、そして、太平洋上空に大編隊(大フリート)が現れる・・・!!
これで気象詐欺が、正真正銘であることが覗える。
この画像は、全てhttp://earthdata.nasa.gov/Header_sprite
から入手したものである。従って、誰でも同じ検証が可能だ。
日本上空に夥しいフリート。これに印を付けてみた。原画像は容量が大きいので、ダウンロード画像で確認して頂きたい。その下は、印を付ける前の原画像だ。同じく、容量が大きいので、ダウンロード画像で確認して頂きたい。そして、自ら勘定して頂けると思う。
原画像は、ここにある。http://lance-modis.eosdis.nasa.gov/imagery/subsets/?project=&subset=Japan&date=04%2F07%2F2013
 以下は、リアルタイムの画像集から、日本に程近い太平洋上空である。ここにもフリートが確認されるが、加工された節がある。
何故か、このリアルタイム画像では、丁寧に加工して、隠蔽した形跡があるが、理由が分からない。あの程度の加工では、寧ろ目に付きやすいだろうに・・・と、不思議だ。時間がなかったのであろう。
重要なことは、いずれも日本上空に集中していることである。
他の画像には、全部には当たっていないが、ない! つまり、ミッションが日本上空に関係していると言うほかない。気象詐欺対応のミッションだろう?!
投稿者 飄平 日時 2013-04-07 21:04

飄(つむじ風)
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/04/post_54d9.html

NASA
http://earthdata.nasa.gov/Header_sprite

posted by datasea at 00:23| Comment(0) | % 銀河同盟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする