2012年06月05日

警告情報.たつまき

他方では、地球規模の大地殻変動による地球大掃除が推進されている。間もなく米国東部とCA州の海中沈没、世界的な大金融恐慌が起って、ドルもユーロも、円も元も、ウォン等々の通貨も紙切れ化する。

日本と地球の命運
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/90.html





創造主らは大地殻変動による地球大掃除を推進している。東日本大地震はその始まりだった。但し、福島-1原発の爆発は保安契約者のイスラエルの会社が仕掛けた核爆弾の遠隔操作による爆発の結果だった。米国フリーランサーのJim Stoneによる暴露は事実だった。3号炉での600mのキノコ雲の立ち上がりが実証していた。
次は、米国東部とCA州の沈没、世界金融大恐慌・世界的な通貨の紙切れ化が起る。
 創造主らは、野蛮で邪悪、冷酷非情で暴虐の腐敗した資本制金権奴隷支配体制を変革して、万事無償奉仕の新地球社会へ移行せよと命じている。しかし暗愚な惰性思考の地球人は、腐敗と毎日頻繁化した金融犯罪と戦争を続けている。だから地球規模の大地殻変動は日本でも、英・仏・独・伊等のEU諸国でも海中沈没の発生で、さらに拡大する。

日本と地球の命運
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/90.html




posted by datasea at 22:55| Comment(0) | % 銀河同盟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀河連邦が除染?

被災地で銀河連邦宇宙船により放射能消滅措置がとられた
2012.4.19;更新:4.20
[新情報] 2012.4.20
 銀河連邦指導部は、創造主らの宇宙ブロックス管理界の命令に従って、福島-1原発からの放射線の飛散過程をストップさせる措置を2012.4.19にとった。それは首尾よく実現した。放射能消滅措置と共に、結果は次第に知られるだろう。
 他方、創造主らは大地殻変動による地球大掃除を推進している。東日本大地震はその始まりだった。但し、福島-1原発の爆発は保安契約者のイスラエルの会社が仕掛けた核爆弾の遠隔操作による爆発の結果だった。米国フリーランサーのJim Stoneによる暴露は事実だった。3号炉での600mのキノコ雲の立ち上がりが実証していた。

日本と地球の命運
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/90.html






放射線の消滅措置と飛散ストップの措置が銀河連邦の宇宙船によりとられた
2012.4.20
 欧州放射線リスク防護委員会が暴露したように、福島-1原発からは31種類の放射性物質が、今なお毎時10兆Bq飛散している。すでに東北・首都圏から4000万〜5000万人の緊急避難命令を発しなければならなくなっている。
 既にここで発表したように、創造主らの宇宙ブロックス管理界の命令で、銀河連邦指導部は宇宙船を派遣して、被災地の放射能消滅措置をとった。だがそれだけでは、放射能消滅効果は一時的に留まるので、新たな追加措置が必要だった。
 [新情報] 2012.4.20
  銀河連邦指導部は、創造主らの宇宙ブロックス管理界の命令に従って、福島-1原発からの放射線の飛散過程をストップさせる措置を2012.4.19にとった。それは首尾よく実現した。前期の放射能消滅措置と共に、結果は現地での線量計測で次第に知られるだろう。
他方では、地球規模の大地殻変動による地球大掃除が推進されている。間もなく米国東部とCA州の海中沈没、世界的な大金融恐慌が起って、ドルもユーロも、円も元も、ウォン等々の通貨も紙切れ化する。


日本と地球の命運
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/90.html









福島−1原発からの放射性物質の飛散を阻止する措置がとられた
2012.5.3
前回の記事で発表したように、創造主らの宇宙ブロックス管理界の命令で、銀河連邦指導部の宇宙船は4月19日に福島−1原発から飛散した東北と首都圏の放射能の消滅措置をとった。また同宇宙船は、福島−1原発から飛散している毎時10兆Bqの31種類の放射性物質の飛散を阻止する措置をとった。
しかし、5月1日夜半に東電の現地TVモニターは、白っぽい霧状の放射性物質が大量に飛散した場景を映し出した。 これは、創造主らの宇宙ブロックス管理界の上級管理界における所謂サタン類似の1存在が、上記放射性物質の飛散阻止措置を妨害した結果だったことが判明した。

日本と地球の命運
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/90.html








東北・首都圏の放射能消滅、福島−1原発からの放射性物質飛散阻止の措置が 改めてとられた
2012.5.7
既報のように、4月19日のあと5月3日に再度、東北・首都圏の放射能消滅、福島−1原発からの放射性物質飛散阻止の措置がとられたが、創造主らの宇宙ブロックス管理界の上級でのサタン相当の1存在による妨害介入で、実現しなかった。
それは、5月7日にフリーの鈴木記者が、福島駅東口の側溝で47.52μSv/hの放射線を計測したことで実証された。
そこで、創造主らの宇宙ブロックス管理界の命令で銀河連邦指導部の宇宙船は、改めてこれらの措置を念入りに実施して、点検精査で実現を確認したと、創造主らに報告した。

日本と地球の命運
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/90.html









地球上空に滞空中の銀河連邦宇宙船は東北と首都圏の放射能消滅措置を新たにやり直した
2012.6.2
千葉県香取市で2012.5.23に採取したウナギから、基準値100Bq/kg以上の130Bq/kgの放射性セシウムが検出されたと、県庁が発表した。mixiの記事で判明した。
これは、5月7日に銀河連邦の宇宙船が行った東北と首都圏の放射能消滅措置の遺漏を実証した。従って、この放射能消滅措置をやり直すよう、創造主らの宇宙ブロックス管理界から銀河連邦指導部経由で地球上空に滞空中の宇宙船に急遽6月2日未明に命令が出された。
銀河連邦指導部の宇宙船は両措置−
(1)東北と首都圏の地上と空中の放射能消滅措置
(2)福島-1原発からの放射性物質飛散を阻止する措置
を2012.6.2未明に新たに実施した。
関心ある人々は是非検証に当たって、測定結果を発表するがよい。

日本と地球の命運
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/90.html










posted by datasea at 22:27| Comment(0) | % 銀河同盟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

アセンション情報


飄(つむじ風): アセンションについて、これ以上無い、明快な解説!!
2012-05-15

飄(つむじ風)
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2012/05/post_3647.html





転載@開始】
マヤ暦、、2012アセンション、、その誤った解釈を広める人々
2012-05-13 10:44:37 | アセンション基礎知識
皆さんにお伝えしたいことは、冷静でいて下さい、また、イベントが展開するにつれ、誤った解釈を広めようと企てる者が現れますから、それを無視して下さい、ということです。彼らは、巧妙に恐怖を作り出そうとするか、事前の知識がないため、混乱してしまうのです。 (サルーサ by Mike Quinsey 5/11)
銀河連邦のサルーサから、ちょうど、上の警告が出たばかりでした。
マヤの世界終末論を否定する壁画が発見(ナショナル・ジオグラフィック)
未発掘建造物が数多く残る古代マヤ文明の遺跡シュルトゥンの住居跡で、世界終末論を否定する壁画が発見された。
王とその従者が鮮やかに描かれているが、何よりも注目すべきは当時の書記官が残した計算表だ。数千年先の未来を予測する目的と考えられ、古代マヤ文明が予言したとされる2012年の世界終末とは完全に食い違っている。
これで、大騒ぎしている人たちがいます。
マヤ暦は2012年で終わらない=世界終末論は嘘だった=アセンションは嘘だった、と。
これには、2つの解釈の違い、いえ、間違いが重なっています。
マヤ暦は、世界の終わりや人類の滅亡を示唆していません。単に、彼らが計算した時の流れの1サイクル、暦上の一区切りが、2012年に来るというだけで、次の新しいサイクルが始まるとしているのです。しかも、「黄金時代」が、です。
ですから、
1番目の間違い---マヤ暦は、2012年で世界が終わるとは言っていない。暦の上で、1つの区切りが来る、と言っているだけ。終末論は、もともとが、イルミナティが作り上げた筋書きに過ぎません。
では、世界の終末がなければ、アセンションもないのか? これも、大勘違いですね。アセンションは、人類の滅亡を意味するわけでも、世界の終末でもありませんから。
アセンションは、そもそもが、2012年をピークとして、銀河中心からやってくる強大なエネルギー波を浴びることにより、人類や地球を含め、この太陽系の領域の全体の振動数が上昇するという、物理的な現象です。
世界の終わりではありません。
2012年12月21日を過ぎても、地球も、私たちも、そのまま存在し続けます。 た・だ・し、振動数の上がった5次元の世界で。
5次元へと、自らの振動数(周波数/波動)を上げられる人にとっては、世界は終わるどころか、黄金時代を迎えるのです。地球も、世界も、さらに、美しくなって。
では、振動数を上げられなかった人はどうなるの? 5次元の地球では生きていけないので、地球を去って(この人生を終えて)、別の3次元の星・銀河・宇宙へ、生まれ変わることになるそうです。
つまり、
2番目の間違い---アセンションは、世界の終末ではない。世界も人類も、アセンションを経験して、その後、さらに進化を続けるのです。
この「マヤ遺跡新発見の騒動」については、 メッセージでも取り上げられています。この発見のリポートそのものが、かなり怪しさを含んでいます。面白い内容ですので、時間ができたら、訳して、ご紹介しますね。
さて、ここからが、今日の本題。
アセンションなんて信じない、アセンションは嘘だ、という方へ。
長くなるので、 次の記事にしましょう。【転載@終了】
2012-05-15

飄(つむじ風)
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2012/05/post_3647.html








転載A開始】
アセンションなんて信じられない、嘘だろう、という方へ
2012-05-13 11:25:20 | アセンション基礎知識
(アセンションのことがよくわからない、でも、気になる、という方は、ここだけでなく、ネット上に他にも多くの情報源があり、また、書店に行けば、「サブカルチャー」のコーナーに、今では、山のように関連本が集まっていますから、どんどん自分で調べてみて下さいね。)
さて、前回のマヤ暦の話からの続きです。
アセンションは宗教ではありませんから、誰も、あなたに、「信じろ」とは、強要しません。あなたに、「信じて下さい」と、お願いする者もいません。
そもそも、アセンションは、万人向きではありません。アセンションは、それを選択したソウルだけのものです。誰も、あなたに、「アセンションしろ」と、強制することはありません。
ここでのアセンションとは、「2012年に起こるアセンション」のことです。すべてのソウルはエネルギー体であり、創造主から分かれて生まれ出たわけですが、その後、ソウルは、創造主へと戻るために、転生を繰り返し、経験という学びを続けながら、自らのエネルギー体の振動数を上げていきます。次元とは、それぞれ一定の振動数で成るエネルギーレベルのことであり、それゆえ、次元上昇(アセンション)は、振動数を上げること、だと言われるのです。
いつ、次の次元へ進むか、即ち、アセンションするかを決めるのは、個々の魂による選択であり、あなたも既に、「この2012年に訪れたアセンションの機会に、アセンションするかどうか」に関して、あなたの自由意志で、選択を済ませています。
2012年に訪れたアセンションの機会、と書きましたが、アセンションは、個人レベルで、いつでも可能です。外部からの助けがなくても、自力で、必要なレベルにまで振動数を上げられれば、の話ですが。常人には、非常な困難を伴うことであり、そのため、それを達成した人が、歴史上、宗教の始祖となったり、「聖人」と呼ばれているのです。
「銀河連邦からのメッセージ」を読んでいると、「アセンデッド・マスター」と呼ばれる存在が出てきますね。その存在こそが、イエス様や、釈迦、モハメッド、観音様等の、自力で、次元上昇を達成した人々を指しているようです。
それでは、この2012年は、何故これほど、即ち、マヤ暦がここで一区切りとなっているほど、大きな意味のある年と捉えられているのでしょうか? アセンションに結び付けて語られるのでしょうか?
それは、この2012年は、外部から、アセンションを助けてくれる、アセンションを可能にしてくれるだけのエネルギー波がやってくる周期にあたっているからです。即ち、外部からの助けが、人類・地球を含め、この太陽系のすべての存在に与えられるのです。
銀河中心、セントラルサンから周期的に送り出される光子エネルギーの巨大な波が今、地球を訪れており、それがピークに達するのが、2012年の12月21日だと、言われています。太陽や地球、各惑星に起きている気候変動やすべての異変は、そのエネルギーによるものです。この辺りのことは、David Wilcock の記事で説明されていますので、そのうち、ご紹介します。
ですから、2012年には、「聖人のレベル」に匹敵するほどの個人的な努力をしなくても、外部から、私たちの振動数を物理的に上げてくれるエネルギーが与えられ、アセンションを補助してくれるのです。それが、「この貴重な機会を利用して、アセンションしたい」と願うソウルが、大勢、地球に転生してきて、この機会を待っている理由です。また、「せっかくのこの機会を、利用したらどうですか。次の機会は、また、何万年も先になりますよ」と、高次の領域から、多数のメッセージが届いている理由です。
さて、少々、話がそれましたが、そういう訳で、今、スペース・ファミリーやスピリチュアル・ファミリーから伝えられている、膨大なアセンションに関する情報は、それを必要とする人のためのものです。それを選択する人のためのものです。そして、その人たちのハートにのみ、真実と、響くようになっています。
チャネリング・メッセージ自体も、高次の振動数を含んでいます。それを読んで、共鳴するかどうかは、その人の振動数がそのレベルに近づいているかどうかを示しています。そして、2012年12月のアセンションを経て、その後に変化する(終末ではありません)世界の振動数、即ち、5次元の振動数に、自分の振動数を同調させられない人は、再び、3次元へと戻ることになります。
闇の勢力は、この2012年にアセンションの機会が来ることを、もちろん、誰よりもよく知っています。そのために、その前に、第3次世界大戦を起こし、今地球に存在しているほとんどの人々を抹殺し、「アセンションできないほど破壊されてしまった」後の地球で、自らの世界政府をゆっくりと樹立しよう、そう、もくろんでいたのです。その策略のもとに、奴らは、私たちに対して、「アセンションという福音」を、「世界の滅亡という恐怖」に、すりかえてきたのです。
何故、地球と人類のアセンションを、何としてでも阻止しようと、していたか? それはもちろん、自分たちの極めて低い振動数では、5次元という愛と光がすべての基礎となる世界では、生きていけないからです。アセンションのプロセスを、自分たちは生き残れないからです。奴らの死活問題なのです。
ここには、この宇宙の一大領域における、光と闇の戦いという、さらに大きな構図があります。地球と地球人類が、この機会にアセンションを成功させて、光の勢力に戻り、太陽系を光の領域に戻すということは、宇宙の他の領域にも波及してゆく、すばらしい出来事となり、闇の宇宙勢力にとっては、大いなる敗北となるのです。
今、この領域に光を取り戻せと命じる創造主の指示に従って、地球と人類の解放、即ち闇の政府からの独立を手伝うべく、光の勢力なるスペース・ファミリー、スピリチュアル・ファミリーが何重にも地球を取り巻いて、待機しています。そして、様々な援助の手を差し伸べ、いよいよ直接、闇の勢力排除のために、地球同盟者との共同作戦という「介入」に踏み込もうとしているところです。
話が、広がってしまいましたが。ついて来ていただけましたか? こういう視点で、これまで、イルミナティや NWO が企んできた陰謀のすべてを、見直してみてはいかがですか。
さて、あなたは、今回、アセンションを選択したのでしょうか? していないのでしょうか? 
その答えは、あなたにしかわかりません。自分のハートに入り、自分の内部の声を聞くしかありません。
アセンションなんて、信じない、そう思う人は、その思いが何処から来ているのか、自分の中、深くに降りて、探してみて下さい。
今はまだ、自分は、準備が整わないので、アセンションできないと知っているソウルは、自由意志で、3次元で転生を繰り返し、3次元で学ばなければならないレッスンを学び終えるまで、自分のアセンションを延期する道を選びます。それはそれで、当たり前の、素晴らしい選択です。
私がこのブログで仲介しているいろいろな情報は、「アセンションをしたい」人のハートに届いてくれれば、それだけで、目的を達します。
しかし、アセンションを選択していようといまいと、まもなく、3次元の論理や情報では説明のつかない、左脳だけでは理解できない、多数のイベントが始まるのも事実です。それに、恐怖を感じる人も、少なからず出てくることでしょう。
その時に、「アセンションをせずに、3次元にとどまる人々」にとっても、その足元を照らす小さなランプでありたい、それが、このサイトでの私の願いなのです。
は、、ちょっと偉そうに書いちゃいましたね。しかも、かなり急ぎ足で。笑) すみません。
Does this ring true ?【転載A終了】
2012-05-15

飄(つむじ風)
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2012/05/post_3647.html





何故、もうすぐアセンションが起こり、しかも、アセンション後には、お金の要らない文明になるのに、今、この時期に、NESARA が必要なの?という疑問があるかもしれませんが。それに対しては、「地球人類全員が、平等に、豊かに満たされた状態でないと、アセンションへの準備がうまくできないから」、というような答えでした。さらに、「アセンションしないで、3次元地球に残る人たちが暮らしやすくなるように、遺産?置き土産? 最後のプレゼントとして」、というような答えもありました。
皆さんの政治・金融のトップを、我々のスペースシップに搭乗させます。彼らを細かい集団に分けて、太陽系全域にわたって存在する基地や保養施設などの、我々の様々な生活の場へ送ります。さらに、彼らと面接を行い、今後、彼らに起きることについて備えるように話をします。それから、彼らに、選択を行わせます。今後、物事の見方と、皆さん方への関わり方を改めるか、あるいは、別の世界に追放され、自分自身の最も深いコアまで戻って、そこからまたやり直す道を選ぶか、という選択です。
我々の活動の次の段階を観察しようと、さらに多くの訪問者たちが、地球へ向かっている。そのため、皆さんは再び、「ノルウェー上空のスパイラル現象」を、見ることを期待できる。これから数週間のうちに、各次元の存在たちがさらに多く、地球に到着するからだ。
ご家族や友人を亡くした方は、本当にお辛いでしょうね。あれ以来、時が止まってしまっているのではないでしょうか。でも、、、でも、、、誰も、「死んではいない」んですよ。ここからは見えない、ちょっと高いところへ、生活の「場を移した」だけですから。必ず、再会できますから。アセンションしたら、みんなが、再び一緒になれるんです。
ネット内では、アメリカでの筋書きは、こんな感じね。
経済崩壊 → NESARA(アメリカの豊饒化プログラム)布告 → 良識派ペンタゴンが政権掌握(クーデターではない)→ 闇の勢力の大量逮捕 →暫定政府の成立 → ディスクロージャー → ファースト・コンタクト → アセンションへの準備


徹底検索、堀進
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/archive/2012/5/17


posted by datasea at 23:17| Comment(0) | % 銀河同盟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

銀河連邦のメッセージ

「まもなく逮捕が放映されます−銀河連邦のメッセージ(2/10)」
2012-02-11 15:39:22 | 銀河連邦グレッグ・ジャイルズのメッセージ
Message from the Galactic Federation of Light 2/10/12
Channeled through Greg Giles, Ascension Earth 2012, Feb. 10, 2012
このメッセージが本物だと受け取めてもらえることを願っています。闇の勢力のリーダーの逮捕を皮切りに、変化が次々と長期にわたって続くでしょう。その変化は非常に広範囲で、あなた方の生活を多くの面で変えてしまいす。この言葉を読んでいる人々の中にはまだ、疑っている人、真実だと信じていない人がいますね。
あなた方に申し上げます。直感に従って下さい。このように大変な時期には、直感の方がより良い導き手となるのです。多くの人が今、証拠を求めています。しかし、確固たる証拠であっても、あなた方が受け取ろうとしないのです。各人は、それぞれ必要としている証拠の量が違います。テーマによっても、また、その人がどの程度まで情報に既に馴染んでいるかによっても、それは異なります。ですから、銀の皿で差し出された証拠をどのようにあなたが受け取るか、それは選択の問題なのです。
今は、水漏れを防ごうと、堤防のたくさんの穴に指が突っ込まれている状態です。しかし、我々が着陸を許されなければ、そしてあなた方と共に多くのプロジェクトを開始できなければ、堤防はすぐにも決壊してしまいます。我々に、機会を与えて下さい。そうすれば、頑固な反対者や疑い深い人、懐疑論者、我々の言葉を信じるなんて余りにも恐ろしいと感じている人々に、我々が平和と愛のうちにやってきたこと、あなた方の進化の上で極めて重要なこの時期に、あなた方を手助けするべく旅をしてきたことを、証明することができます。
我々は、あなた方に逮捕をお約束しました。それを実行します。作戦の次の段階になっています。あなたがこのメッセージを読んでいる間にも、我々の同盟者たちがそのための最終配置についています。我々はあなた方のメディアの何社かと、このイベントに関する報道協定を結びました。全世界がこの報道を見ることができるでしょう。この話に、あなたが興奮しているのがわかります。今日、我々はこう言いましょう、明日は期待を裏切りませんよ、と。しかしまた、これらの逮捕劇は単なる始まりです。人類の進歩を阻んできたこれらの者たちが排除されれば、あなた方が経験する大きな変化へのスタートが切られるのです。奴らのうちのある者は、政府内にいる、選挙で選ばれた政治家ではありません。あなた方の世界には、多くの人が知らないパワーブローカーが存在してきました。奴らは、大衆の支配というアジェンダにおいて、不可欠の役割を果たしてきています。
皆さんは時間をかけて、これらの闇の勢力のメンバーとアジェンダを同胞に知らせる努力をしてきました。さらに、お願いします。この逮捕の情報を広めて、人々が、奴らの逮捕とそのもたらす大きな影響をもっと深く理解できるように助けてあげて下さい。皆さんの多くは、奴らの大掛かりな陰謀に精通すべく、多くの時間とエネルギーを割いてきており、我々は、その点を称賛します。皆さん全員がそれぞれ独自の才能と他の人にシェアできる贈り物を持っており、それらの知識が、たくさんの人の利益となるのです。これらの陰謀者たちは、多くの名前と組織で知られています。我々光の銀河連邦は、彼らを単純にCabal 、闇の勢力と呼ぶのを好んでいますが、あなた方には、馴染みのある名前を使っていただいてかまいません。New World Order でも、イルミナティでも。今、何が起こっているのか、自分たちにとってどういう意味があるのか、それを理解する人が増えれば増えるほど、この大イベントのもたらすインパクトも大きくなります。我々は、奴らの逮捕劇を、地球規模での変容が起こる新しい時代への分岐点となるイベントにしたいのです。そのために今、この逮捕劇とその意味するところを、なるべく遠く広く広めて下さるようにお願いしています。まもなく、逮捕が始まります。今から、その驚くべき物語の放映が始まるまでの間に時間を取って、テーブルをセットして下さい。そうすれば、奴らが拘束される姿がテレビの画面に映った瞬間に、あなた方の間に沸き起こるポジティブなエネルギーを、変化への強力な触媒とすることができます。我々は、この機会を最大限に利用したいと願っています。全世界にポジティブなエネルギーを作り出す、この絶好の機会を無駄にしたくないのです。そして、このエネルギーの高まりと高い波動をすべて余すことなく利用して、我々の次なる作戦、オープン・ファースト・コンタクトへと迅速に移りたいのです。我々は、この機会を逃せません。それを確信していただけますね。ですから、油断なく注意して、いくつかの異なるニュースソースに目を光らせていて下さい。我々は、どのメディアと協定を結んだかを、闇の勢力に知られたくないのです。とはいえ、この逮捕劇を見過ごすことは難しいでしょうね。我々は今日、Awakening、覚醒が、大変な力とスピードを得て、世界的な流れとなったのを見ました。そのため、我々のモニタリング部では、近日中に膨大な数の人類が目覚めるだろうと予測しています。これは、大変な吉報です。何故なら、いまだに、現在届いている新しいエネルギーに目覚めていない人々が多く残っている現状では、その点が、力を集中しなければならない核心の領域だからです。しかし、我々は、それも急速に変わるだろうと見ています。多くのLightworker の皆さんに、どのような知識の分野であれ、あなたの高次元の知恵を広める努力を続けてくれるようにお願いします。頑固な反対者や懐疑論者に、あなたが前もって決めている任務を妨害されないようにして下さい。馬鹿にされてもへこたれない、そのあなたの能力を深く信頼している者たちがいるからこそ、あなたはこのミッションに選ばれたのです。過去にも確信をもってお伝えしましたが、今日も断言したいと思います。あなた方は、馬鹿だとか狂人だとか思われたままで、終わることはありません。それどころかやがて、新しい流れを作る人、先見者として崇められることになるでしょう。今日、あなた方に浴びせられている罵声は、その者たちが拒んでいた間にあなたが獲得した叡智、それを求める懇願へと変わることでしょう。それがあなた方の将来です。そして、その時期は遠からずやって来ます。ですから、今は逆境にめげずに前進して下さい。あなた方はほとんどもう、トンネルの終わりの光に到達しているのですから。あなた方のミッションのこの段階はまもなく終了します。この暗い廊下の隅々まで光を輝かせようというあなた方の大変な努力を、我々は心から称賛しています。
「子供もペットも、アセンションのチケットを持っている」
2012-02-24 19:00:41 | 銀河連邦グレッグ・ジャイルズのメッセージ
「子供を置いて、自分だけアセンションするなんて、できない。。」 そう思っておられる方、多いのではありませんか?
私も、そうでした。想像するだけで、胸が引き裂かれてしまう。涙)
でも、大丈夫! ちゃんと、メッセージが届きましたよ。むしろ、彼らに、波動で追いつけるように、こちらががんばらないと、置いていかれそうです。笑)
鍵は、unconditional love (無条件の愛) ですから!
Thursday, February 23, 2012
Children, Pets & Ascension  (子供とペット、アセンション)
多くの人がこの時期、自分の子供たちとペットについて大変心配しています。人類がグレートシフトの頂点に達する時、その者たちも一緒に、高次元へとアセンドできるのだろうか、と。最初に1点、はっきりさせておきましょう。意識的であろうが、無意識にであろうが、あるいは、現在の転生の前であろうが、アセンドするということを選択した者は、この地球から消え去って、新しい5次元の地球に物質化するわけではありません。そうではなくて、我々は安全に大地に足をつけたまま、地球全体がアセンドするのです。高次元のエネルギー波に乗りたいと願う者は、そう選択すれば良いだけです。その選択によって、私たちの天使やガイド、スター・ファミリー、ソウル・ファミリーが手伝って、それを実現させてくれるのです。
子供やペットについては、心配すべき理由はありません。何故なら、彼らは元々、多次元の存在で、いわば高次元へのチケットを既に手に持った状態で転生してきているからです。この時期、地球に転生してきた子供たちは、新しい5次元の地球のスチュワードであり、そのような神聖なる任務に対して有能であることを示したために選ばれています。
理論的には、過去20年以内に産まれた子供たちは100%、インディゴかクリスタル、レインボー・チルドレンです。彼らの魂の持つ、より高い波動が、地球のアセンションを助けるために必要なのです。ペットに関しても、彼らは既に多次元の存在であり、私たちの、ともすれば孤独に見える旅路の道連れとなるべく、転生してきてくれています。彼らも、より高い次元の波動の持ち主で、この時期に地球と人類に奉仕することを任務の一部としています。その確たる証拠は?と、お尋ねですか。このことを理解するだけでも十分でしょう。3次元の存在として、人間の最大の課題の1つは、unconditional love(無条件の愛)のスピリチュアルな美徳を習得するということです。それを理解してはいても、私たちの多くはまだ、愛に多くの条件をつけてしまうことを白状しなければなりませんね。正直に言って、それを否定できないでしょう。
「もし、私のことも愛してくれるならば、あなたを愛します。もし、私を裏切らないならば、あなたを愛します。もし、あなたが魅力的な人だと思えたならば、あなたを愛します。もし、お金をたくさん持っているならば、あなたを愛します。」それらは、私たちが誰かを愛する時に付ける条件のたった数例に過ぎません。しかし、自分に問うてみて下さい。毛皮を着た私たちの友だちは、私たちを愛する時に、どんな条件を付けるでしょうか? どのような扱いをされても、時にひどい扱いをされても、私たちの誠実なコンパニオンは、私たちを常に無条件で愛してくれています。何故なら、彼らは既に、unconditional love というスピリチュアルな美徳を習得しているからです。このようにさえ言えるかもしれません。私たちの最愛なるペットは、私たちの多くにとって、 Wayshower (道を示す者)だと。ですから、子供たちや忠実なるコンパニオンについて、心配する理由がないことがわかりましたね。私たちが、この宇宙の高次の領域にアセンドする時、彼らは傍らに寄り添っていてくれるのです。彼らのアセンションは、既に決まっているのですから。
「光の銀河連邦から、あ・な・たへの緊急メッセージ!」
「通常の生番組の途中で、’生活を一変する’ニュース速報が流れます! (3/1/12)」
これまでの人生で、あなたはずっとグッド・ニュースを待ちわびてきました。その日がついにやって来ました。ごく間近に、あなたは世界中で、これまで世界の政治・経済のリーダーと目されてきた多くの男女がいっせいに逮捕されるのを目撃します。これらの逮捕は合衆国政府内にまで及び、金融・銀行業界の多数のメンバーを含みます。その名前の多くは、聞けばすぐにわかるでしょうし、すぐにはわからなくても、全員が人々に対する重大な犯罪に積極的に加担し、私たちが一生懸命に稼いだお金を略奪するために、国家を破産させてきた者たちです。
奴らの逮捕は、これまでにはあり得なかったこと、地球を変えることです。人類はついに、通称、闇の勢力と呼ばれるこれらのパワーブローカーによる暴虐非道な支配から逃れることができるのです。私たちの多くにとっては、奴らの逮捕は別に驚くことではありませんね。私たちは、この世界は何かが非常にまちがっていると、深いところで認識してきました。ごく一握りの人間が、人々の労働からくすね取ったお金で、何百万ドル、何十億ドルどころか、何兆ドルもの財を成す一方で、非常に多くの人が飢えたまま眠りについています。地球上にはいつだって十分に行き渡る富があったのに、それをごく一部の男女がすべて実質的に自分たちだけで山分けし、残りのわずかなパン屑をめぐって、残りの人間が争うように仕向けてきたのです。奴らが逮捕されて、これからはそれが変わってゆきます。
きわめて高潔な男女の新しいリーダーシップのもとに、多くの新規のプロジェクトがただちに開始されます。彼らは、私たちの世界を、かつてそうであったように、憲法を基盤にした、真に民主的なプロセスによって統治されるユートピアに戻すという責任を引き受けています。その活動に献身する男女が、合衆国政府内に、ペンタゴンに、軍部に、金融セクターに、民間ビジネスセクターに多数存在しています。彼らは、この努力に人生をかけてきた人々で、極秘のうちに何年も心血を注いで作り上げてきた新しい豊饒化システムを、人類に提示することを切望しています。その手続きの一環として、闇の勢力が人々から盗んできた莫大な額の資産が再分配されます。そのプログラムは、地球上のすべての男女子供に多大な恩恵をもたらし、誰一人として見過ごされることも、忘れられることもありません。しかし、まだ続きます。犯罪者集団の多数が逮捕された後、作戦の第2段階が始まります。今日、私たちの世界には、古い家族とのオープンな再会を求める多くのスピリチュアルに進化した存在が訪れています。この世界においては、犯罪者集団が主要な軍隊を掌握し、高度に進化した兵器システムを保持してきました。その奴らの武装解除に協力してくれたのが、これらのスピリチュアルに進化した男女なのです。
人類の進化した祖先である彼らは、私たちと同じ外見をしていますが、私たちが出会うことになる他の存在の中には、異なる外見をした者たちもいます。全員、アセンド/次元上昇したスピリチュアルな存在で、ここには単に、私たちが自分の内奥で達成しなければならないと感じている変化、それを手助けするためにのみ来ています。これらの存在こそが、この世界の元々の立案者であり、エジプトのピラミッドのような多くの考古学上の大いなるミステリーを建設した、その同じ先進文明なのです。彼らは全くもって、私たちにとって未知の存在ではありません。何故なら、私たちも彼らの祖先なのですから。全員が。
ここ地球では、非常に重要な社会実験が長年にわたって実施され、私たちはその構成要素の一部でした。私たちは、一見したところ、ここに孤独に取り残され、自分たちの力で何とか切り抜けてこなければなりませんでした。この実験は今、終わりを告げ、大成功を収めました。私たちは今や、星々から来た兄弟姉妹との再会を果たし、大銀河系コミュニティへ喜んで迎えられようとしています。
大銀河系コミュニティには多くの名前で知られる多くの世界が存在しますが、現時点では彼らを、平和的な同盟:光の銀河連邦の名前で呼んでおくのが簡単でしょう。他にもここには、アシュタル・コマンドを含めて、スピリチュアルに進化した組織体が訪れています。
闇の勢力の逮捕およびスター・ファミリーとの再会が果たされれば、私たちの世界のすべての問題は、純粋な真心からの意図をもつソウルたちのリーダーシップを通じて、新しい黄金時代の社会へと迅速にスムーズに引き継がれます。全世界のコミュニティの努力により、すべての戦争、飢餓、貧困、病気、汚染、それに、日々の奴隷のような生活も、すぐに過去のものとなるでしょう。進化したテクノロジーが、生活のために働く必要性に取って代わり、全員が、これまで温めていた独創的な夢、そのすべてを自由に追求できるようになるでしょう。
これらのことすべてが、多数の犯罪者たちの緊急逮捕から始まります。奴らの逮捕が社会に与える意味、それを理解した地球市民の人数が適切な数に到達すれば、そのイベントはすぐに実現します。それこそが、あなたが今日、このメッセージを読んでいる理由です。あなた方人類家族の多くの人々が、このニュースをあなた方に伝えるべく、ベストを尽くしています。彼らは、自分たちの文明を、世界中のすべての人に平和と自由と繁栄をもたらす新しい黄金時代へと先導する活動に参加しているのです。
どうぞ、あなたも、このメッセージを、フェイスブックや他の SNS で広める活動に参加して下さい。あなた自身が本物の変化を作り出し、同胞たちの導き手となるチャンスです。このニュースを広める上で自らの役割を果たせば、私たちは、世界中で、トップの座にいる者たちの逮捕が始まるのを目にすることができます。それこそが、あなたが今、読み終えたすべてが真実であることを証明するサインになるでしょう。
転載終了

悪魔のあぶり出し
http://blog.kuruten.jp/katukan01/198473


posted by datasea at 02:11| Comment(0) | % 銀河同盟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

NESARA


ふるやの森
世界大変革の開始! 銀河文明への移行 1
NESARA公布が年内(9月または10月)に行われる模様です。
世界大変革の開始! 銀河文明への移行 2
ディスクロージャー / 2011-09-08 16:57:49
2 銀河連邦がこれから果たす使命
特に、あまりにも大きく、指導者達には答えが見つからない世界的な問題を克服する解答を私たちがもたらすので、私たちの強力な立場は、あなた方の指導者達の協力を得るのに役に立ちます。私たちは解決策を持っており、創造主の裏づけがあり、これらが強力な説得の手段となります。
【投稿記事】サ・ルー・サ9/7:想像を超えるゴールデンエイジにつながる世界の変化
解決のつかない世界的な問題
1 経済崩壊
物質的な視点で見れば皆さんのすべてが平等ではありません。それは個人的な失敗によるものではなく、何世紀にもわたる部族国家に対する支配統治による結果なのです。今、何世紀にもわたる欧米の文明の支配が終わろうとしているのは偶然ではありません。イルミナティーの世界を完全にコントロールしようとする計画は皆さんの想像を超える長い年月をかけて進められてきたのです。
しかし彼らが自分たちの計画を思いどおりに進めていくことはできません。ライトワーカーたちもまた、彼らの人類奴隷化の策略を阻止する計画を立てているからです。皆さんの意識が上昇するにつれて、静かな抵抗が流れを変えようとしています。意識の上昇に伴って、皆さんは自分の内側に真実を見出して、それに従って行動するようになっていきます。さらに、皆さんに豊かさをもたらす協約が締結されていて、皆さんの物質的な資産の欠乏を変えていきます。資産を公平に分かち合う制度が確立されて、自分たちや他の人々を養うことができないほどの貧困は消滅します。
【再投稿】  サ・ルー・サ10/19,2009:これからの世界変革のアウトライン
NESARA豊饒化プログラムが発表されて推進される間際にある。この計画の裏付けとなる保護されてきた資金の1つはサンジェルマン・ワールド・トラストと呼ばれている。この資金は10の40乗ドルにのぼる価値を持つ貴金属と貨幣を含んでいる。その意味は、1の後ろに0を40つけた金額である。
他のプロジェクトと並んで、この資金は石油企業・銀行・製薬カルテルの買収に充当される。同時にこの資金によって世界中の個人・法人・個人の負債が帳消しにされる。世界的な負債免除の祝祭が行われる見通しである。サンジェルマン・ワールド・トラストはワールド・グローバル・セツルメント・ファンドへの分離・追加となる予定である。
NESARA公布がまもなく開始
2 エネルギー問題
世界を裏側でコントロールしている闇の勢力は人類の富の90パーセントを奪う一方で人工的な災害をねつ造して数多くの死者や障害者を作り出しています。
この策動を中止させて、彼らの財産を人類のために役立てることができれば、すぐに戦争を終結させて世界平和を確立し、人類を苦しめている飢餓や貧困を終わらせることができます。そして今までになか-ったような素晴らしい世界へ進むことができます。
それには、先ずこれまで闇の勢力が隠して自分たちのためだけに利用してきたテクノロジーを公開することです。そのテクノロジーの1つは、フリーエネルギーと呼ばれ、全くの-ゼロのコストで人類のすべてが億万長者のように暮らせるほどのエネルギーです。
フルフォードからの緊急メッセージ
皆さんがこれからの数ヶ月間を無事にくぐり超えるよう願っています。皆さんが私たちに寄せる信頼は、この近年行われたコンタクトを知れば報われることになるでしょう。彼ら(世界の指導者たち)は、なぜ(公式発表が)これほど遅れたのかという皆さんの疑問に答えるはずです。その遅れは私たちの側の責任ではなかったのです。私たちは何年もの間、多くの指導者たちとコンタクトを続けながら、成功することができずにきました。私たちがコンタクトをした目的は戦争を終結させて世界平和を確立するために私たちのテクノロジーを提供する申し出をする点にあったのです。
しかし、皆さんの政府はグレイとして知られるETと手を結んで彼らが地球上に基地を設置することを認める見返りに進んだテクノロジーの提供を受ける密約を交わしたのです。皆さんの最近のテクノロジー(マイクロチップやレーザーなど)の多くがこのソースからもたらされました。そのために、平和協定の締結を通して直接皆さんに利益をもたらすはずのテクノロジーが世界の他の国々を支配するために秘密裏に悪用されてきたのです。
【再投稿】  サ・ルー・サ10/19,2009:これからの世界変革のアウトライン
3 個人的なカルマとアセンションを妨げる要因
私たちが皆さんとコンタクトしようとする本当の理由が理解されれば、人類の未来に希望を持てないでいる人々に一筋の光を投げかけるにちがいありません。巧妙に仕組まれた混乱から抜け出す保証は皆さんのソウルを急激に上昇させていくでしょう。二元性のサイクルが終わろうとしている現在、私たちはスピリチュアルな指導者として皆さんを援助する使命を授かっているのです。皆さんは自分たちだけでこのサイクルを見届けるように定められてはいません。皆さんが無事に目的地に到着するように方向づけるガイダンスが創造主の計画には組み込まれているのです。
【再投稿】  サ・ルー・サ10/19,2009:これからの世界変革のアウトライン
(つづく)
NESARA公布がまもなく開始
NESARA公布が2012年までに行われる見通しである。
NESARA豊饒化プログラムが発表されて推進される間際にある。この計画の裏付けとなる保護されてきた資金の1つはサンジェルマン・ワールド・トラストと呼ばれている。この資金は10の40乗ドルにのぼる価値を持つ貴金属と貨幣を含んでいる。1の後ろに0を40つけた金額である。
$10,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000.
$1,000,000,000,000.=1兆ドル
他のプロジェクトと並んで、この資金は石油企業・銀行・製薬カルテルの買収に充当される。同時にこの資金によって世界中の個人・法人・個人の負債が帳消しにされる。世界的な負債免除の祝祭が行われる見通しである。サンジェルマン・ワールド・トラストはワールド・グローバル・セツルメント・ファンドへの分離・追加となる予定である。
NESARA資金は本来2000年に開放される予定であったが、旧ブッシュ政府と銀行や不法な世界的陰謀グループによって拠出を妨げられてきた。そして世界中の主要メディアによる情報操作によってNESARAの存在すら知らされずにきたのである。しかし、その状況は変わろうとしている。
NESARA公布が、(おそらく9月か10月中に)実現すれば、人類の貨幣に関連する文明を永遠に変革することになる。
すべての人類はNESARAによる恩恵を受ける。地球は(本来)とても豊かな惑星なのである。地球上のすべての人々に充分な金に裏付けられた貨幣を配布して、誰もが超億万長者として負債なしで暮らせるだけの資産があるのである。NESARAは地球の資源を人類すべてで公平に分かち合う制度である。地球上の誰もNESARA資金再分配プログラムを超越する権力を保有してはいない。そして、いかなる個人も組織もNESARA実現を阻むことができないのである。

ふるやの森 
http://blog.goo.ne.jp/flatheat

徹底検索、堀進
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/folder/839324.html


posted by datasea at 06:00| Comment(0) | % 銀河同盟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

ギリシャデフォルトで大手幹部の辞任、逮捕つづく.1


Greece Defaults. Dozens More Senior Bankers Resign. More Arrests.
Posted by Tapestry at 3:44 AM 4 comments

Tap
http://the-tap.blogspot.com/2012/03/greece-defaults-dozens-more-senior.html

americankabuki.blogspot.com
http://americankabuki.blogspot.com/p/131-resignations-from-world-banks.html
http://americankabuki.blogspot.com/2012/03/115-resignations-from-world-banks.html
http://americankabuki.blogspot.com/p/131-resignations-from-world-banks.html










(要約)
大手幹部の辞任、逮捕つづく
辞任、逮捕者リスト
2011年9月1日 (米) Bank of New York社チーフRobert P. Kelly氏、辞任。
2011年9月20日 (英)Bank of Scotlandのオーナーである Lloyds Banking Groupの会長Sandy Leitch氏、辞任、退社を表明。
2011年9月11日 (スイス) SNB Bank Council社Fritz Studer氏、辞任。
2011年9月21日(オーストラリア) JP Morgan社オーストラリアニュージーランドセキュリティCEOのJane Perryre氏、辞任。
2011年9月25日 (スイス) UBS社CEOのOswald Gruebel氏、辞任。
2011年10月5日 (英) UBS社チーフFrancois Gouws氏、辞任。
2011年10月5日 (英) UBS社チーフYassine Bouhara氏、辞任。
2011年10月29日 (中) China Construction Bank Corp社会長Guo Shuqing氏、辞任。
2011年10月29日 (中) Agricultural Bank of China Ltd社会長Xiang Junbo氏、辞任。
2011年11月2日 (英) Lloyds Banking GroupチーフエグゼクティブAntonio Horta-Osorio氏、退社を表明。
2011年11月4日 (米) MF Global社会長 Jon Corzine氏、降格。
2011年11月11日 (香港) Goldman Sachs社アジア部門チーフYusuf Alireza氏、辞任、退社。
2011年11月21日 (日) UBS社投資部長松井氏、辞任
2011年11月29日 (米) Peoples Bancorp社ディレクターR. David Land氏、辞任。
2011年12月15日 (バミューダ) HSBC Bermuda Ltd,社幹部John Campbell氏、辞任。
2011年12月15日 (バミューダ) HSBC Bermuda Ltd,社CEOのPhilip Butterfield氏、辞任、退社。
2011年12月15日 (英) Coutts社シニアバンカーJames Fleming氏、辞任。
2011年12月23日 (米) 国立バージニア銀行(VNB、Virginia National Bank) 幹部Mark Giles氏、辞任、退社。
2011年12月23日 (米) 国立バージニア銀行(VNB、Virginia National Bank) 幹部Claire Gargalli氏、辞任、退社。
2011年12月23日 (米) 国立バージニア銀行(VNB、Virginia National Bank) 幹部Leslie Disharoon氏、辞任、退社。
2011年12月23日 (米) 国立バージニア銀行(VNB、Virginia National Bank) 幹部Neal Kassell氏、辞任、退社。
2012年1月1日 (ナイジェリア) ユナイテッドアフリカ銀行(United Bank for Africa) 幹部Victor Osadolor氏、辞任。
2012年1月1日 (イスラエル) Leumi社CEOのGalia Maor氏、降格。
2012年1月3日 (米) Suffolk Bancorp社社長兼CEOのJ. Gordon Huszagh氏、降格。
2012年1月3日 (米) サウスポート銀行(Southport Bank)社長兼CEOのMichael Falbo氏、就任6ケ月で辞任。
2012年1月3日 (英) Arbuthnot Banking Group社幹部Neil Kirton氏、辞任。
2012年1月3日 (英) Arbuthnot Banking Group社幹部Atholl Turrell氏、辞任。
2012年1月5日 (英) Saunderson House社CEOのNick Fletcher氏、降格。
2012年1月9日 (スイス) SNB社会長Philipp Hildebrand氏、辞任。
2012年1月9日 (米) ホワイトハウスバンカー兼チーフWilliam M. Daley氏、辞任。
2012年1月12日 (米) Goldman Sachs社セキュリティチーフEdward K. Eisler氏、辞任、退社。
2012年1月12日 (米) Goldman Sachs社セキュリティチーフDavid B. Heller氏、辞任。
2012年1月19日 (スペイン) Santander社米国支部長Francisco Luzon氏、辞任、退社。
2012年1月20日 (日) 野村証券販売部長Jasjit Bhattai氏、辞任、退社。
2012年1月21日 (ギリシャ) Institute of International Finance社ディーラーCharles Dallara氏、辞任、退社。
2012年1月21日 (Greece) Institute of International Finance社ディーラーJean Lemierre氏、辞任、退社。
2012年1月21日 (米) Nara Bancorp (BBCN)社社長Min Kim氏、降格。
2012年1月29日 (ニュージーランド) ニュージーランド貯蓄銀行(New Zealand Reserve Bank )社長Alan Bollard氏、降格。
2012年1月30日 (英) Venture Capital Association (BVCA) 社COOのAndrew Graham氏、降格。
2012年1月30日 (英) バターフィールド個人銀行(Butterfield Private Bank) 社長Danny Dixon氏、降格。
2012年2月1日 (英) 前ロイヤルバンクオブスコットランド社(Royal Bank of Scotland)CEOのFred Goodwin氏、ナイトの称号剥奪。
2012年2月1日 (南アフリカ) ABSA [Barclay's Bank]社副CEOのLouis von Zeuner氏、辞任。
2012年2月1日 (英) Lloyds Bankging Group社販売部チーフTruett Tate氏、辞任、退社。
2012年2月1日 (英) Llyods Banking Group社Tim Tookey氏、2月末まで連絡とらず。
2012年2月2日 (ベネズエラ) Arne Chacon氏、銀行破産の容疑で逮捕。
2012年2月3日 (英) UBS London社トレーダーKweku M. Adoboli氏、不正取引の容疑で逮捕。
2012年2月5日 (米) Morgan社投資チーフJoseph Perella氏、辞任、退社。
2012年2月5日 (米) Morgan Stanley社ディーラーTarek Abdel-Meguid氏、辞任、退社。
2012年2月6日 (INDIA) Dhanlaxmi Bank CEO Amitabh Chaturvedi氏、辞任、退社。
2012年2月7日 (米) バンクオブアメリカ (Bank Of America)チーフBarbara Desoer氏、辞任、退社。
2012年2月7日 (インド) コタックマヒンドラ銀行(Kotak Mahindra Bank) Falguni Nayar氏、辞任、退社。
2012年2月9日 (バチカン) バチカンの司教4人、バチカン銀行の不正容疑。
2012年2月9日 (ウクライナ) ウクライナ国立銀行(National Bank of Ukraine)チーフVolodymyr Krotiuk氏、辞任。
2012年2月9日 (英) JP Morgan Chinese Investment Trust PLC社ノンエグゼクティブディレクターMadam Yujiang Zhao氏、辞任。
2012年2月10日 (韓) 韓国為替銀行(Korea Exchange Bank)チーフLarry Klan氏、降格。
2012年2月10日 (インド) タミルナッドメルカンタイル銀行(Tamilnad Mercantile Bank)CEO A K Jagannathan氏、辞任。
2012年2月13日 (クウェート) クウェート中央銀行(Kuwait Central Bank) CEOのSheikh Salem Abdulaziz Al Sabbah氏、辞任。
2012年2月13日 (英) Goldman Sachs社、同社のトップディーラーであるGeorge N. Mattson氏の辞任を発表。
2012年2月14日 (ニカラグア) ニカラグア中央銀行(Nicaraqua Central Bank) 社長Antenor Rosales氏、辞任。
2012年2月14日 (英) チャリティバンク(Charity Bank)社長Malcolm Hayday氏、辞任、退社。
2012年2月14日 (パキスタン) パキスタン国立銀行(National Bank of Pakistan、NBP)会長Syed Ali Raza氏、辞任。
2012年2月14日 (米) Goldman Sachs社Jeffrey Moslowre氏、辞任。
2012年2月15日(世界) 世界銀行(the World Bank)CEOのZoellick氏、辞任。
2012年2月15日 (スロベニア) Nova Kreditna Banka Maribor社CEOのAndrej Plos氏、辞任。
2012年2月15日 (スロベニア) Nova Ljubljanska Banka d.d. CEOのBozo Jasovic氏、辞任。
2012年2月16日 (英) The Financial Services Authority社Margaret Cole氏、降格。
2012年2月16日 (ガーナ) Databank Group社エグゼクティブチェアKen Ofori-Atta氏、降格。
2012年2月16日 (サウジアラビア)サウジホランディ銀行(Saudi Hollandi Banks)マネージングディレクターGeoffrey Calvert氏、辞任。
2012年2月16日 (豪) ANZ銀行オーストラリア支社(ANZ Bank Australia )CFOのPeter Marriott氏、辞任。
2012年2月16日 (英) ロイヤルバンクオブスコットランド社(Royal Bank of Scotland)トレーダーJason Edinburgh氏、逮捕。
2012年2月16日 (英) ロイヤルバンクオブスコットランド社(Royal Bank of Scotland)ディレクターVincent Walsh氏、逮捕。
2012年2月16日 (英) Marex Spectron社シニアトレーダーMichael Elsom氏、逮捕。
2012年2月16日 (豪) ロイヤルバンクオブスコットランドオーストラリア支社(Royal Bank of Scotland Austrailan)CEOのStephen Williams氏、辞任。


posted by datasea at 00:48| Comment(1) | % 銀河同盟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギリシャデフォルトで大手幹部の辞任、逮捕つづく.2


Greece Defaults. Dozens More Senior Bankers Resign. More Arrests.
Posted by Tapestry at 3:44 AM 4 comments

Tap
http://the-tap.blogspot.com/2012/03/greece-defaults-dozens-more-senior.html

americankabuki.blogspot.com
http://americankabuki.blogspot.com/p/131-resignations-from-world-banks.html
http://americankabuki.blogspot.com/2012/03/115-resignations-from-world-banks.html
http://americankabuki.blogspot.com/p/131-resignations-from-world-banks.html










(要約)
大手幹部の辞任、逮捕つづく
2012年2月16日 (英) The Financial Services Authority社Margaret Cole氏、降格。
2012年2月16日 (ガーナ) Databank Group社エグゼクティブチェアKen Ofori-Atta氏、降格。
2012年2月16日 (サウジアラビア)サウジホランディ銀行(Saudi Hollandi Banks)マネージングディレクターGeoffrey Calvert氏、辞任。
2012年2月16日 (豪) ANZ銀行オーストラリア支社(ANZ Bank Australia )CFOのPeter Marriott氏、辞任。
2012年2月16日 (英) ロイヤルバンクオブスコットランド社(Royal Bank of Scotland)トレーダーJason Edinburgh氏、逮捕。
2012年2月16日 (英) ロイヤルバンクオブスコットランド社(Royal Bank of Scotland)ディレクターVincent Walsh氏、逮捕。
2012年2月16日 (英) Marex Spectron社シニアトレーダーMichael Elsom氏、逮捕。
2012年2月16日 (豪) ロイヤルバンクオブスコットランドオーストラリア支社(Royal Bank of Scotland Austrailan)CEOのStephen Williams氏、辞任。
2012年2月17日 (米) Goldman Sachs社 CEOのLloyd Blankfein氏、夏まで休み。
2012年2月17日 (スイス) SNB Council社 社長Hansueli Raggenbass氏、辞任。
2012年2月18日 (パキスタン) アサドジャムカシミール銀行(The Bank of Azad Jammu & Kashmir)チーフZulfiqar Abbasi氏、辞任。
2012年2月20日 (露) ロシア銀行(Russian Bank)チーフGennady Melikyan氏、降格。
2012年2月20日 (スイス) Credit Suisse社チーフJoseph Tan氏、辞任。
2012年2月20日 (イスラエル) ローミ銀行(Bank Leumi le-Israel Ltd)Zvi Itskovitch氏、辞任。
2012年2月21日 (米) First Financial Northwest社ディレクターSpencer Schneider氏、辞任。
2012年2月21日 (アルゼンチン) アルゼンチン中央銀行(Central Bank of Argentina、BCRA)Gen Mgr Benigno Velez氏、辞任。
2012年2月21日 (バングラデシュ) Nitol Insurance Co. Ltd社ディレクターAbdul Matlub氏、辞任。
2012年2月21日 (バングラデシュ) Nitol Insurance Co. Ltd社ディレクターSelima Ahmad氏、辞任。
2012年2月21日 (バングラデシュ) Nitol Insurance Co. Ltd社ディレクターAbdul Musabbir Ahmad氏、辞任。
2012年2月21日 (バングラデシュ) City General Insurance Co. Ltd社ディレクターGeasuddin Ahmad氏、辞任。
2012年2月21日 (バングラデシュ) イスラミ銀行(Social Islami Bank Limited)ディレクターTaslima Akter氏、辞任。
2012年2月21日 (日) CITIBANK JAPAN社ディレクターBrian Mccappin氏、解任。
2012年2月22日 (香港) DZ銀行(DZ BANK)金融チーフTim Meaney氏、辞任、退社。
2012年2月22日 (米) Goldman Sachs Hedge Fund Group社ディレクターChief Howard Wietschner氏、辞任、退社。
2012年2月22日 (英) UBS AG’s (UBSN)社厚生部部長Doug McCutcheon氏、辞任、退社。25年勤務。
2012年2月23日 (英) Goldman Sachsノルウェー支社M&AバンカーLuca Ferrari氏、辞任、退社。
2012年2月23日 (南アフリカ) スタンダードバンク(Standard Bank)Richard Gush氏、辞任。
2012年2月23日 (英) ロイヤルバンクオブスコットランド(Royal Bank of Scotland Group)ディレクターJohn McFarlane氏、辞任。
2012年2月24日 (インド) ICIC銀行(ICICI Bank)GCのPramod Rao氏、辞任。
2012年2月24日 (香港) Citigroup Pvt Bank Global Real Estate社Kwang Meng Quek氏、辞任。
2012年2月24日 (NEW ZEALAND) FSF Executive Director Kirk Hope resigns
2012年2月24日 (米)Evercore Partners社社長Eduardo Mestre氏、降格。
2012年2月25日 (豪) Goldman Sachs社会長Stephen Fitzgerald氏、降格。
2012年2月25日 (ドイツ) ドイツ銀行米国支社(Deutsche Bank Americas) チーフSeth Waugh氏、降格。
2012年2月27日 (バーレーン) カーレジ商業銀行(Khaleeji Commercial Bank) CEOのEbrahim Ebrahim氏、辞任。
2012年2月27日 (仏) Societe Generale’s Investment Banking社投資部門チーフMichel Peretie氏、降格。
2012年2月27日 (マレーシア) エラフ銀行(Elaf Bank) CEOのEl Jaroudi氏、辞任。
2012年2月27日 (インド) コタックマヒンドラ銀行(Kotak Mahindra Bank) Falguni Nayar氏、辞任。
2012年2月27日 (独) Equiduct社会長 Artur Fischersteps氏、降格。
2012年2月27日 (バーレーン) Mumtalakat Holding社CEOのAl Zain氏、辞任。
2012年2月27日 (イラン) メリ銀行(Bank Melli) CEOのMahmoud Reza Khaavari氏、辞任、カナダへ逃亡。
2012年2月27日 (イラン) サデラト銀行(Bank Saderat) CEOのMohammad Jahromi氏、辞任。
2012年2月27日 (英) Lloyds Banking Group社 Glen Moreno氏、降格。
2012年2月28日 (香港)ハンセン銀行(Hang Seng Bank)CEOのMargaret Leung Ko May-yee氏、辞任。
2012年2月28日 (中) バンクオブチャイナECM(Bank of China International ECM) グローバルヘッドMarshall Nicholson氏、辞任。
2012年2月28日 (シンガポール)DBS社セキュリティヘッドJim Pasqurell氏、辞任。
2012年2月28日 (香港)バンクオブアメリカアジア支店(Bank of America's Asia-Pac.)Brian Canniffe氏、辞任。
2012年2月28日 (ベルギー)KBC社CEOのJan Vanhevel氏、辞任。
2012年2月28日 (カナダ)オンタリオ監視委員会(Ontario Securities Commission)会長Peggy-Anne Brown氏、辞任。
2012年2月28日 (豪)オーストラリア銀行マネージャーColin John Carleton氏逮捕、懲役9年。
2012年2月28日 (スリランカ)スリランカコム銀行(Sri Lanka Com Bank)CEOのAmitha Gooneratne氏、辞任。
2012年2月28日 (南アフリカ) REDEFINE INCOME FUND社ディレクターGerald Leissner氏、辞任。
2012年2月28日 (伊) 国会議長Rampl氏、連絡とれず。
2012年2月28日 (英)英国銀行(Bank of England)サーDavid Lees氏、同銀行会長の職を打診、2013年末辞任を条件に着任。
2012年2月29日 (アイルランド)State Street Global Advisors社投資部門ディレクターKeith Walsh氏、辞任。
2012年2月29日 (豪)Perpetual社ポートフォリオマネージャーMatt Williams氏、役を辞任(降格)。
2012年2月29日 (英)Honister Capital社CEOのRichard Pearson氏、役を辞任(降格)。
2012年2月29日 (ギニア)ギニア国立投資会社(NICIL、National Investment and Commercial Investments Ltd.)エグゼクティブディレクターWinston Brassington氏、辞任。
2012年3月1日 (マレーシア)RHB銀行(RHB Bank Bhd)マネージングディレクターRenzo Viegas氏、辞任。
2012年3月1日 (伊)イタリア銀行協会(Italian Banking Association)会長Giuseppe Mussari氏、辞任。
2012年3月1日 (米)Florida Venture Forum社エグゼクティブディレクターRobin Lester氏、辞任。
2012年3月1日 (米)PineBridge Investments社チーフエグゼクティブWin Neuger氏、辞任。
2012年3月1日 (シンガポール)UBS Singapore社ディレクターJames Tulley氏、辞任、退社。
2012年3月1日 (米)ピスタカタ貯蓄銀行(Piscataqua Savings Bank)CEOのJay Gibson氏、辞任。
2012年3月3日 (アイスランド)Iceland’s Financial Supervisory Authority (FSA)社ディレクターGunnar Andersen氏、解雇。
2012年3月3日 (中)China Construction Bank Corp社アシスタントジェネラルマネージャーMickey Mehta氏、辞任。
2012年3月3日 (米)Deutsche Bank Student Loan社CEOのJohn Hupalo氏、辞任。
2012年3月3日 (英)英国銀行(Bank of England)Sir Mervin King氏、辞任。
2012年3月3日 (ボツワナ)バークレー銀行ボツワナ(Barclays Bank Botswana)マネージングディレクターWilfred Mpai氏、解雇。
2012年3月3日 (米)New Century Group Hong Kong Ltd社会長Wilson Ngre氏、辞任。
2012年3月5日 (米)Citigroup社会長Richard Parsons氏、会長を辞任、降格。
2012年3月3日 (エチオピア)ダッシェン銀行(Dashen Bank)会長Leulseged Teferi氏、会長を辞任。
2012年3月4日 (露)Enza Capital KK社バンカーPhilip Townsend氏とその家族、自宅で殺害される
2012年3月4日 (韓)Hana Financial Group Inc社Kim Seung-yu氏、辞任。
2012年3月5日 (米)JP Morgan社トレーディングチーフMike Stewart氏、辞任。
2012年3月5日 (サウジアラビア)アルラジ銀行(Al Rajhi Bank)CEOのAbdullah bin Sulaiman Al Rajhi氏、辞任。
2012年3月5日 (英)Jupiter社マネージャーTony Nutt氏、役を辞任。
2012年3月5日 (英)Jupiter社マネージャーJohn Hamilton氏、役を辞任。
2012年3月5日 (米)Insured Group会長Bill Jeffries氏、辞任。
2012年3月5日 (米)Reliance Bancshares会長Patrick Gideon氏、辞任。
2012年3月6日 (仏)Blackstone Groupパリ支店支店長Jean-Michel Steg氏、役を辞任。
2012年3月6日 (ジャマイカ) Jamaica Money Market Brokers Limited社エグゼクティブディレクターPatricia Sutherland氏、役を辞任。
2012年3月6日 (ジャマイカ) ジャマイカ金融委員会(FSC、Jamaica’s Financial Services Commission) エグゼクティブディレクターRohan Barnett氏、ジャマイカ金融省顧問を辞任。
2012年3月6日 (米) USA Technologies Inc社シェアホルダーアドボケートBradley M. Tirpak氏、役を辞任。
2012年3月6日 (米) ステアリンググリーングループ(Sterling Green Group) ノンエグゼクティブディレクターPhilip Kanas氏、辞任。
2012年3月7日 (ドイツ) ドイツ銀行(DB、Deutsche Bank AG) チーフリスクオフィサーHugo Baenzigeri氏、辞任。
2012年3月7日 (ドイツ) ドイツ銀行(DB、Deutsche Bank AG) チーフオペレーティングオフィサーHermann-Josef Lamberti氏、辞任。
2012年3月7日 (アラブ首長国連邦) Dubai Mercantile Exchange社社長Thomas Leaver氏、CEOに降格。
2012年3月7日 (英) Macfarlane Group社会長Archie Hunter氏、会長職を辞任。
2012年3月7日 (米) BlackRock Emerging Markets Fund社社長Daniel Tubbs氏、幹部職を辞任。
2012年3月7日 (英) Goldman Sachs社(GSI、Goldman Sachs)幹部Christopher Frenchresigns氏、幹部職を辞任。
2012年3月7日 (英) Goldman Sachs社(GSI、Goldman Sachs)幹部Matthew Westermanresigns氏、幹部職を辞任。
2012年3月7日 (英) Goldman Sachs社(GSI、Goldman Sachs)買収部部長Yoel Zaoui氏、辞任。
2012年3月7日 (英) Goldman Sachs社(GSI、Goldman Sachs)欧州天然ガス交易部部長Phil Beatty氏、辞任。
2012年3月7日 (シンガポール) 日興アセットマネジメント社(Nikko Asset Management)会長兼CEOのTimothy McCarthy氏、辞任。
2012年3月7日 (香港) UBS社シニアアジアエコノミストJonathan Anderson氏、エコノミストを辞任。
2012年3月7日 (ハイチ) ハイチ中央銀行(HAITI CENTRAL BANK)マネージャー、辞任。
2012年3月7日 (仏)Societe Generale Private Banking社社長Daniel Truchi氏、社長職を退任。
2012年3月7日 (豪)全豪最大のATMプロバイダCustomers Ltd社 Tim Wildash氏、Customers Ltd社を退社。
2012年3月7日 (米) カリフォルニア州年金部ポートフォリオマネージャーPascal Villiger氏、辞任。
2012年3月7日 (米) Bank of America Merrill、Barclays Capitalとの合併を発表。
2012年3月8日 (米) Schroders投資部門チーフAlan Brown氏、辞任。
2012年3月8日 (米) CBOE幹部Patrick Fay氏、辞任。
2012年3月8日 (米) ブリストル郡銀行(Bristol County Savings Bank) 社長E. Dennis Kelly氏、辞任。35年勤務。
2012年3月8日 (ドイツ) Katja Rosenkranz氏が証券会社ドイツボースグループ(Deutsche Borse Group) を退社。
2012年3月9日 (モンゴル) 先月末、モンゴル銀行(Mongol Bank) 社長Alag Batsukh氏がダンベレル議会(Parliament D. Demberel)議長を辞任。理由は議会のサポート不足との談。

local pc






私は2012年3月下旬に注目しています - 来るべき未来のために - Yahoo!ブログ
2012/3/8(木) 午後 0:01
私は自分の信じていることが、真実なのか?妄想なのか?という意味においてこの3月下旬に最大限の注目をしています。
それは主に、銀河連邦(様々な宇宙人達の同盟組織)に関することです。彼らがこの3月下旬に地球上に降り立つという訳ではありませんが、彼らの存在の証明であるチャネリング情報の真実性の証明として闇の勢力への一斉逮捕が行われるかどうか?という事についてです。それは世界的かつ衝撃的な一斉逮捕としてマスコミでも大々的に報道される可能性があるようです。
これに関する情報として多くのチャネリング情報が存在するようです。そして、それを裏付ける情報としてフルフォード氏などによる情報が存在します。一般常識においては、これらはオカルトと妄想として片付けられてしまうでしょうが、本当にそうなのでしょうか?
ベンジャミン・フルフォード氏や「NewsU.S.」http://www.news-us.jp/などの情報によると、ガイトナー米財務長官、ベルルスコーニ伊前首相、ビルゲイツ等が逮捕(司法取引により釈放)されているそうです。私としてはこれらの情報を100%寸分の狂い無く信じている訳ではありませんが、大筋ではその通りであるのだろうと信じています。また、世界の主要な政治家や中央銀行総裁等々もかなり辞任という形で排除され始めているようです。
銀河連邦に関する情報が「美しい地球と伴に」http://blog.kuruten.jp/katukan01/198473に綺麗に集められていました。また、そこで引用されている「ふるやの森」http://blog.goo.ne.jp/flatheat/さんは、リアルタイムなチャネリング情報がとても充実しています。
私としてはそれらの情報にポッと出会い、ただ闇雲に信じているのではなく、株取引・物理・哲学・宗教・世界の謎など興味をもった様々な情報を吸収していった結果のひとつとしてそういった情報に興味を持つようになった訳で、大切なのは自分を信じるという事だと思います。
例えば宗教団体などに多いのは、教祖や教義を闇雲に信じるという過ちであり、自分自身での判断・決定を放棄している状態です。
この宗教団体に関する例えの場合、それについては比較的納得される方が多いのではないでしょうか。もうひとつ同じような例を挙げます。次の場合はどうでしょうか?
例えば地球人に多いのは、一般常識という与えられた知識を闇雲に信じるという過ちであり、自分自身での判断・決定を放棄している状態です。与えられた事を鵜呑みに信じるのは崩れゆく世界の特徴です。
これからの新しい世界では、各自が自分で感じ考え決定する。その事がとても重要になると思います。いずれにしてもそういう訳で、私はこの3月下旬に注目しています。一斉逮捕等があってもなくても、興味を持って見ています。何も無くても、それだけによってそれらを信じなくなるという訳ではないですが、いずれにしても良い方向への大きな一歩に期待しています。

来るべき未来のために
http://blogs.yahoo.co.jp/tottokosa/64987064.html


posted by datasea at 00:40| Comment(0) | % 銀河同盟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

銀河連邦からのメッセージ



私たちの着陸と共に、多くの必要なプロジェクトを皆さんと一緒になって開始することが安全だと感じられますので、私たちにとって必要なことは皆さんの協力です。
あなた方のホストの惑星、地球は、公害によって大きな損傷を受け、この損傷の多くは放射線によるものです。私たちはこの課題に取り組む多くのチームを編成。安全に気を使う必要はありません。このタイプの仕事のために特に設計した宇宙船を保有していて、あなた方一人一人には一つの宇宙船が割り当てられ、この仕事のための搭乗員に任命されます。
地球の磁場を原始の状態に戻すために調整する緊急な問題を抱えています。この分野でも多くの人たちに働いてもらわなければなりません。繰り返して言いますが、私たちとの会合を実現する環境をあなた方が作りだすまでは、私たちは手を差し伸べることはできません。遠くない将来には、私たち宇宙船と宇宙人はあらゆるところに現れ、目撃は普通のことになるでしょう。
銀河連邦
2012/3/6(火)

徹底検索、堀進
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/archive/2012/3/6







これから起きる変化は、突然に思いもかけなかった形で訪れることになりますが、もちろん、それは皆さんにとって歓迎すべきイベントとなるでしょう。
貨幣はもう2度と現在のような問題を引き起こすことはなく、従属的な存在となり主要なものではなくなります。やがて、貨幣を必要としない社会に人類は暮らすようになって、貨幣はその目的を失うことになります。
これまで不正に資金を蓄えてきた人々は、自分たちの財産が安全に保管されていると信じていますが、それが没収されることになると知って困惑し、ショックを受けることになります。不正な資金を保持することは誰にも許されません。ただし、正直に蓄えてきた財産はそのまま持ち続けることができます。
あなた方の身体は一種のルネッサンスの状態となり、今の状態よりもはるかに健康で強力な、進歩したヒーリングの技術によって得られる追加的な能力とあわせて、自然の状態に戻るのです。身体が信じがたいほど強く、健康になり、自身が意図する新しい暮らしのあり方を楽しむ自由を得させる、完全に機能する機械のように動作するとは、あなた方にとって非常に大きな喜びでしょう。
多くの転生を通じて、あなた方は多くの異なる言語を学び、この知識は、あなた方自身の記憶機能の中に蓄えられていて、適切な時期に再び自分のものとなります。
ある者がテレパシーで通信するときには、この宇宙のあらゆる言葉がわかる組み込み翻訳機を利用でき、まるで、誰かがあなた方の母国語で話をしているかのようなものとなります。
あなた方のこれからの仕事は、豊かになって、新しいテクノロジーを取り入れて、あなた方の世界を、母なる地球に幸福の笑みをもたらす本当にすばらしい場所に変えてゆくことだからです! いわば、好景気が始まろうとしているのです!
銀河連邦
2012/3/6(火)

徹底検索、堀進
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/archive/2012/3/6





私たちは次元上昇の前の数ヶ月間に放射性物質を十分に除去しなければならないと思っています。
闇の勢力と対抗するためなので、銀河連邦も、中国に先進テクノロジーを供与しています。少し前に、銀河連邦のUFO がミサイルの弾頭を無効化したり、戦場で兵器を使えなくさせている、という記事を載せましたが、その中で、米国は、それをやったのは中国だと考えている、と書きました。銀河連邦は、中国だけでなく、NWO やイルミナティとの対決姿勢を鮮明にしている BRICS 同盟に対して、協力しています。
銀河連邦
2012/3/6(火)

徹底検索、堀進
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/archive/2012/3/6






昨年の12月から1月始めにかけて起こった鳥や魚の突然の大量死は、BRICS の攻撃に対抗して、奴らが HAARP により必死で反撃を試みた結果だと思われる。
闇の者たちの排除によって、あなた方の集合的な振動が一挙に上昇しますので、このイベントから最大限の可能な推進力が生まれるものと見られます。
みなさんは、フルコンシャスネスへと帰還する、最終段階に進む資格を得ます。これらの段階の過程は、インナーアースの素晴らしい五次元の領域で行われることになっています。
この完全なる地球の再構築の間、地表が植物界や動物界の生存にあまりに危険が及ぶ時、みなさんがインナーアースの特別な水晶の都市に安全に避難しなければならないことは、言うまでもありません。みなさんが、個々のライトチェンバーから出てくる時、母なる地球もまた、みなさんのように、五次元の存在へと変容を遂げるでしょう。
フルコンシャスネスへの帰還が、どのように実行されることにされるのか。この質問に対する天界の答えは、各々がライトチェンバー(光の部屋)を用いて変容を行い、つづいてファーストコンタクトが行われる。
銀河連邦
2012/3/6(火)

徹底検索、堀進
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/archive/2012/3/6




物理的な磁極移動に付随して、地球表面も移動するので、地球の物理的な磁極は、別の面に現れ、地球のコアはジャイロスコープのように、回転を継続する。北極は南方に移ってシベリアに位置すると予想できる。地球の表面は、その時に回転するので、赤道は、北アメリカを横切るようになるだろう。これに伴って、大陸の再配置が起こるだろう。地軸の回転については、銀河からやってくるあなた方の兄弟、姉妹たちが矯正をして、地軸が垂直になるようにしている。これは、地軸が黄道に対して傾斜するのではなく、太陽にまっすぐに向かうことを意味する。他には理由は無い。月は、闇のエネルギーによって配置されている人工の衛星であり、四次元の惑星では不要なので、宇宙の兄弟、姉妹たちによって撤去される。
銀河連邦
2012/3/6(火)

徹底検索、堀進
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/archive/2012/3/6


posted by datasea at 01:36| Comment(0) | % 銀河同盟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

大量デクローキング


【投稿記事】アシュタル緊急7/9:大量デクローキング秒読み開始のお知らせ
ファーストコンタクト / 2011-07-11 08:03:51
(たきさんからの投稿)
こんにちは、こちらはアシュタル。すぐにやってくる日の内の一日に、世界中で我々の宇宙船の大量の同時デクローキング(一斉出現)を行う。
新しい発展がこれを可能にした。
これが起こると、あなた方は逮捕が行われることを知るであろう。我々は、指導者、ニュースメディア、軍事当事者を含む全ての人に脅威や危険が加えられないようになるまで銀河からの存在を世界的に知らせることはできない。
多くのニュースメディアは、デクローキングが何を意味するのかについての特別報道をすでに用意している。テッド・ケネディーがなくなったとき、いくつかのビデオがすでに用意されていた。このことは大量のデクローキングについても同じである。
ニュースメディアにとってはこれは驚きではない。KOS(キング・オブ・ソード:アシュターの同僚)が、世界中のニュースメディアに話をしてある。排除が予定されているニュースメディアは、すでに退去すべきことを知っている。
すでに中国とモスクワで撮影された母船は、同時に120カ国で姿を現すであろう。これは種々のタイムゾーンで昼となく夜となく行われる。数百万の人々に同時に見られるであろう。あらゆる国で撮影が行われるであろう。このニュースはインターネットで広がるであろう。
(参照:UFO 2011 sightings:GIANT UFO UPDATE APRIL 2011 )
ユーチューブとサーバーは、この時期に我々の技術で支援する。おおくの場所での母船ばかりでなく、数百万の小さい航空機も空を埋め、衝撃と驚きを生むであろう。これら全ての航空機は、光を放つ。あるものは、高次元の光の船として、またあるものは金属ディスクとして現れる。あるものは光のショーを見せる。これらは意図して計画されたものである。
大量のデクローキングを見た殆ど全てのものは、地球上のあらゆるところで、完全に宇宙の愛に満たされるであろう。これは非常に感動的で、すべてのものはこの意味を逃さないであろう。すべてのものはこれが我々のファミリーであることに疑問を抱かないであろう。子供たちは特に、何が起こっているのか、興味を持つであろう。彼らは歳を取った大衆を助けてニュースを吸収させるだろう。全ての者は直感的にこれが非常に長い間待ち望んでいたことであることに気がつくであろう。
これが生じるとエネルギーの周波数が上昇するであろう。逮捕が行われると、一つの大きな動きによって地球から大量のネガティブなものが排除されるであろう。全ての恐怖をかきたてるプログラムが瞬きのうちに消滅するであろう。変化は、明白であろう。。あらかじめ準備していた人たちが、地位に着けられるであろう。彼らは合図を待っている。大量のデクローキングを報じるニュースは、真実の場所からである事を語るであろう。
ニュースは、又、逮捕について解説をし、デクローキングが与える影響について説明をするであろう。世界中のテレビ、ラジオ、新聞にとって驚きははなく、大量のデクローキングに続いて、大量の真実の報道が行われるであろう。
これが、地球上でのすべての人に対する意識の向上が行われる、と我々が言う意味である。これは向上の半歩前進であり、心の開放と同時の知識の重要な向上である。心はより効率的に一時に働く。これによって人の、自身のガイダンスを通じて、生じていること、それに対してどのように感じるかについての公正な判断を可能とする。
あらゆる宗教の、あらゆる国の頑固な宗教的なタイプは、新しい情報をいかに容易に受け入れてしまうかに驚くであろう。彼らはデクローキングが今まで信じていたストーリーにいかにうまく適合するかを見て、これらのストーリー、彼らの信じるところを拡大して眺めることになろう。
大いなる心配からの開放があるだろう。これは心の気付きの向上の結果として生じる。エゴは、収縮し、個人に対する力を減じるであろう。これは静かに起こり、マインドは、打ち震える。局地的なマインドは、宇宙的マインドと再結合し、真実の記憶が注ぎ込まれる。
犯罪が消失し、ニュースは真実を報道し、この通信の時点では恐怖に支配された、世界にはびこる無感覚な行動は、殆ど一夜にして変容を遂げるであろう。この古いタイムラインは、一言で言えば、”消えうせる”、のである。なにものもそれを変えることはできず、結果は、全ての者が見るのである。
ニュースメディアが戦争の必要性についての報道をやめるとき、全ての人の心とマインドが半歩前進するとき、結果は迅速に戦争の終結と世界平和になる。憎悪のラジオ放送は美しい音楽に換わり、人々は、音楽に合わせた身振りをするムードになるだろう。全てが突然、意味のあるものとなる。
全ての破産帝国をつかさどる銀行家は排除されるであろう。全ての弁護士と法律化たちは、腐敗した医者と同様に退去し、逮捕され、連れ去られるであろう。犯罪行為を行っていた取引業者の全てが逮捕され、場を去るので、ニューヨーク、ロンドン、日本だけでなく、世界中のの証券売買から腐敗が消え去るであろう。物事が有効に動き始めると、証券は凍結されるであろう。
デクローキングは、大量で、ある時間継続する。空に見える輝く光によって眠りから覚めた者達は、
夢におどろいたりはしない。これは異常な天候による何かの間違いではないのだ。
アメリカ政府においては、真実を語らなかった政府の役人や、彼ら自身の利得のために基金を盗んだりシステムを操作していた者は、逮捕され退去するであろう。物事が有効に作用するようになると、影の政府だけが機能するであろう。この愛と理解の増加は、人々に恐怖を抱かせる代わりに、変化を祝わせる。
あらゆる場所の全ての人々の間で印象的で突然の心配の消失が起こるであろう。失業、ホームレス、病気、飢餓は突然改善される。恐怖が殆ど瞬時に無くなるので、地球には、大きな影響が現れる。世界から突然あらゆる心配事がなくなるとしたらどうだろうか?逮捕の後の当初の元気と大量のデクローキングはすぐに次に何が?というあらゆる方面からの終わりの無い質問に変化を与えるであろう。
次に何が?という質問にたいする答えは、2008年10月1日以来のNESARA法の下における宣言である。それが何を意味するのかについてのニュースメディアに多くの教育が行われるであろうが、教育は銀河連合によって直接、地球上のあらゆる言語で、TV、ラジオを受ける人、新聞を取る人に対して行われる。人々は、家にいて、落ち着いてニュースを吸収する必要がある。これに付いて強制は無い。初めはそうではないが取り込むべきことは多い。
我々銀河連邦は、この宇宙の他の星間国家と共に可能な限り最も配慮の行き届いた、愛のある方法でこれを実行するために働いてきた。関係する者すべてに対して最も公正なプランをたてるために長い時間を費やした。変化の時において、多くの支援が行われるであろう。誰も放置はされない。我々と共に喜びに浸ってほしい。
平和を。アシュター、ベス、マーク
http://blog.goo.ne.jp/flatheat
2011-07-12
アシュタル銀河連邦のコンタクトの始まりはまなくです★
これからの始まるコンタクトは誰もが多くの衝撃を与えるでしょう★私たちはチームを組んでみなさんに対処する計画された安全な誰もが解る方法で連帯を組んで多くの国に出現するでしょう★あなた方は今までの永い間真実から遠ざけられ今までコントロールされてきたので本当の事が見えないようにとマスコミはダークのちからであなた方をだましてきました☆宇宙とのこれから始まる人類との歴史が一つずつ絆ができてくるのです☆地球はこれからまだ誰も見た事がナイ新しい変容を遂げていきます★最終的には誰もがこの地上からいなくなるのです☆この大いなる変容に備えて我々はみなさんの行くところをすでに備えてあり移動の準備に来たのです☆そしてこれからは報道がまもなく全世界にされることとなります★私たちはすぐにも降下してみなさんたちとお逢いしたいですけれどその時はまだ来ていません★それはあなた方との永い間の次元の誤差があるからです☆私達のボディはあなた方とは異なりますがあなた方の親戚であるアガルタの兄弟姉妹達がこれから多くの星間宇宙の同胞達と共にあなた方を指導していくことになります★我々はあなた方が見たことがナイ非常に大きな宇宙船と共にあなた方の近くに来ています★そして太陽は反射で多少熱を生じています★これから始まる真実のニュースと多くの闇に殺害された方々がここに集まりみなさんのところへまたお会いできることをうれしくお待ちしています★地球は完全に宇宙の大いなる創造主の愛と共に喜びの中にひとつになっていきます★あなた方が以前闇から奪われたこの空を自由に駆け回っていた本来のあるべき権利が回復していきます★多くのみなさんが我々のこれからの始まる必要な作業の仕事に向けて共に活動していくことになります★もはや失業はなくなり人々はハミングして他者のために誰もが愛をもって奉仕する活動が始まります★我々の所有する驚くべき最新テクノロジーはあなた方のすべての必要を満たしていくでしょう★地球には飢えて困る市民はなくなりすべての方々が宇宙の大いなる愛に包まれていくのです☆ 何一つ心配はなくなりあなた方は完全なる自由の中に温かい安らぎをうるでしょう★これからの真実の報道を楽しみにお待ちください間もなくです☆アシュタル光の銀河連合より★ビーナス教子★コンタクティー★
http://d.hatena.ne.jp/agaruta/

徹底検索、堀進
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/35613279.html



posted by datasea at 01:48| Comment(0) | % 銀河同盟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

ファーストコンタクト情報


Commander Adama's First Contact Now Update For 5/23/11

FirstContactNow.org
http://www.FirstContactNow.org



ファーストコンタクト情報
2011年5月23日月曜日
ミズーリ州ジョプリン(Joplin)では記録的な竜巻がおき100人以上が死亡した。大地震。ハリケーン。竜巻。 世界中で異常な気象パターンがあらわれている。これは地球自身がより高い次元、より完全な意識体に移行するプロセス。光の銀河同盟、Ashtar司令官をはじめとする支援者達は身体的に及ぼす影響を出来るだけ小さくしようと努めている。 あなた方皆に優しい癒しのエネルギーを送っている。
マヤカレンダーによると現在地球は意識の成長のエネルギー・サイクルの最後の段階の直前。エネルギー・サイクルの最後の段階の最後の一段は宇宙サイクル。宇宙の意識サイクル。地球がエネルギー・サイクルの最後の段階の最後の一段を登った時、第3次元の思考、哲学、イデオロギー、社会システム、経済システム、政府システム、個人システムは崩潰し始める。崩潰といっても全てが壊れるわけではない。これまで続いてきた不正が暴かれそれを修正するプロセスがなされるという事だ。
現在地球には第5次元のエネルギーが流れこんでいる。そのエネルギーは地球に生きるどの意識にも流れやがて意識は宇宙の真実に目覚めるようになるだろう。そして完全な意識体へと近づくのだ。そして地球人も宇宙の意識に合流するのだ。我々宇宙人も現在この地球の二元性の世界第3次元の世界で住み込みで働いている。地球人の魂の成長と進化のためだ。この地球に住むスターシードやライトワーカーに教えを与える時期に来ていると言われた。それが今我々がこの地球で再生のための支援を行なっている理由のひとつだ。
我々合同支援チームは力をあわせファーストコンタクトの実現を急いでいる。ファーストコンタクトは目前に迫っている。マヤカレンダーの最後のサイクルが終わる時、ファーストコンタクトははじまるだろう。ファーストコンタクトも含め、これは我々の精神的指導者(スピリチュアルハイラーキー、Spiritual Hierarchy)が命じた事だ。その命は現在宇宙で進んでいる創造、進化のプロセスの一環なのだ。
またその任務と並行して我々光の銀河連盟(the Galactic Federation of Light)は我々の宇宙船を可視状態で人類の前に出現させている。これも一種のファーストコンタクトで、人類に我々宇宙人の存在を認識させるのが目的だ。宇宙船の目撃例が増えている。今後さらにその機会は増えるだろう。目撃例を繰り返す事で抵抗感がいくらかでも低くなると考えている。
我々は先週から銀河系や宇宙の多くの存在と連絡をとっている。マザーシップでの会合にも出席した。また新しい情報が入ってきている。
Adama司令官

local pc





ファーストコンタクトの目的は宇宙人の存在を人類に伝える事。地球を5次元の世界に移行させる事。ファーストコンタクトが迫っている。準備は出来てる?
宇宙人の存在を世論に訴えるためのファーストコンタクト署名運動に参加してほしい。facebook、youtube、twitter、yahoo groupにもリンクしている。ウェブサイト上に表示しているのでチェックしてほしい。
Adama司令官

Petitionspot
http://www.petitionspot.com/petitions/firstcontactnoworg







pidr4120090111.jpg


2009年1月1日の初夢。

local pc




posted by datasea at 22:31| Comment(0) | % 銀河同盟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする