2018年04月12日

予知情報

原田武夫
「暁鐘」と言う言葉がある。
いよいよ夜明けになると打ち鳴らされる鐘のことだが、その直前、すなわち夜明けの直前が一番暗くなるとよく言われる。
これまで私は繰り返し、「暁鐘が打ち鳴らされる前に」とこの場を通じて述べてきた。
そして今、いよいよ待望の夜明けが始まった。
そのことは「事の実相」を知っている方は先刻お分かりであろうし、そうではない方もそれなりに薄々感じられているのではないかと想うのである。
私の役割は「世に真実、すなわち”これまでのシステムの在り方”について知らしめ、同時に”これからのシステム”を自分自身の手で志ある同胞の皆様と共に創り上げていくこと」である。したがってこの場を借りて、一体今、何が本当のところ起こり始めているのかを簡単に記すことが出来ればと思う。
まず物事は二つの側面に分けて考える必要がある。一つは「現象」、そしてもう一つは「潜象」である。前者は目に見える出来事を言い、後者は目には見えないが”その次に起きる現象”として感じ取ることのできる兆しのことを指している。
「現象」のレヴェルで異変は誰の目にも明らかだ。
去る2月15日前後より円ドル相場を中心とした金融マーケットは明らかに激変の時を迎えている。
特に1ドル=105円台への急激な円高転換は現象として誰の目にも明らかだが、他方においていわゆる「アナリスト」たちの説明は一切納得が行くものではないのである。
しかも2月半ばから現段階までの間に2度も「意味不明な円高転換が急激に発生する」といった事態が生じている。
「アナリスト」たちは週明け、米雇用統計の発表などで事態は好転すると軽々しくいつもの発言を繰り返している。
だが、正直申し上げるならば(彼・彼女らには申し訳ないが)尋常ではない動きであるだけに、そうした「通常の説明方法」が通用するかは甚だ疑問であると言わざるを得ないのである。
円が対米ドル・レートで「高く」なるのは、要するに「円需要が一気に高まっているから」である。
それ以上でもそれ以下でもない。
率直にこのことを直視すれば良いのだが、「アナリスト」の皆さんはこの点について何ら合理的な説明を行おうとはしないのである。
だから一切説得力が無い。
そして金融マーケットにおける現実だけが着実に進展して言っているのである。
そしてもう一つ。
政治の世界、あるいは私が使う普段の言葉でいうと「政体」勢力の側が大混乱になり始めているのである。
「森加計問題」あるいは「スパコン問題」、そして「リニア談合問題」。
いずれにも収まっているかの様に見えていた疑獄事件のマグマが一気に噴き出し始めている。
確かに私自身、今年(2018年)1月前半に入り、財務省幹部からこう耳打ちされてはいた。
「森加計問題は決して終わってはいない。
会計検査院が”NO”と明確に判断を下したからだ。これから問題は再燃することになる」
昨年(2017年)末から今年(2018年)年初までの間、我が国の警視庁捜査2課はてんてこ舞いであったと聞く。
「スパコン問題」で検察当局に発破をかけられていからだ。
なぜなら、この問題こそ、我が国の「政体」勢力の領袖を狙い打ちにするものだったからだ。
無論、やられっぱなしのこの領袖ではない。
今度は配下を用いて返し打ちを行い始めたというわけなのだ。
それが「森加計問題再燃」の本質に他ならない。
そして財務省がいよいよ動き出した、とあって他の省庁も一斉に動き始めている。
厚生労働省が
「裁量労働についての統計を間違える」
などということが普通ならばあり得るわけもなく、また「鬼の官房長官」がこれを許すはずもないのである。
明らかに「次」を見据えた動きになりつつある。
そうした中だからこそ、よくよく見ておかなければならないのが、
こうした「官による反乱」の発端となったのが前川喜平・元文部科学次官による”反乱”であったという点なのだ。
本邦マスメディアは知ってか知らずかこの点について明確に伝えてはいない。
しかし「中曽根」の血脈にはっきりとつながるこの人物が現在の「霞が関の乱」に火をつけた点にこそ、本当は注目すべきなのだ。
なぜか?
―――その理由は実は「戦後総決算」を掲げ、表面的には”保守政治家”としての名を欲しい侭にした中曽根康弘・元内閣総理大臣こそ、「これまでのシステム」を支える張本人だからである。
だがそこに直結する人物が乱を起こしたということは、要するに「これまでのシステム」と「それを覆そうとするシステム」との間で実は「政体」勢力内部で暗闘が始まり、ついには共食い状態になったことを意味しているのである。
そしてこの「これまでのシステム」を巡る大乱闘が生じている背景には、そもそも「これまでのシステム」がさらに「その前まで脈々と続いてきたシステム」を徹底的に破壊することによって生じたという事実があるのだ。
だが、事はそうは単純には済まされないのである。
1980年代初めまで脈々と古代から続いてきた我が国とそれを取り巻く「本当のシステム」の側がいよいよ”本来あるべき姿”へと世界を戻し始めたのである。
いわゆる「世界の簿外資産勢力」の動きである。
その莫大な資金を扱う役割を与えられているユダヤ勢は当然のことながらそれを事前に察知すべき立場にある。
少しずつリークをし、ある時、彼らは一気に強烈な「円買い」を始めるのである。
なぜならば、”本来あるべき姿”への転換は、これを1980年代前半に覆した「(それ以降における)これまでのシステム」を打破するため、何を隠そういったんは「日本円」を大量に用いることになるからだ。
したがって、先回りをして日本円を買っておけば莫大な利益が出る。
そう踏んだユダヤ勢はここに来て一気に「円買い」に先行して走り始めたのである。
言ってみればただそれだけのこと、である。
「アナリスト」の皆さんが語っているような些事は実にどうでも良いのである。
そしてまた、今起きていることは全くもってそのレヴェルの出来事であるという認識が明確に必要なのである。
「世界の簿外資産勢力(さらにいえば「根源的な階層」)」による”世直し”とそのためのツールとしての強烈な円買いは端緒が見えたばかりだ。
したがって「円高」はさらに強烈なものになる。「アナリスト」の方々は首を洗って待っておいた方が良いというのが率直な印象だ。
目に見える「現象」のレヴェルでそうである中、目に見えない「潜象」のレヴェルについては感じ取ることが出来るかどうかがカギである。
だが、これが実に今、難しくなっている。
なぜならば誰の目にも明らかな形で北極圏を除く北半球では地球寒冷化の波が押し寄せているからである。
特に悲劇的な国の一つが英国勢なのであって、大寒波で大勢の死人が出ていると聞く。
また欧州勢全体では暖房用の天然ガスが枯渇し始めており、価格が急騰し始めている。
今年(2018年)の夏はルシャトリエの原理に基づき、強烈に暑くなるはずだ。寒暖差が一気に広がることで、多くの方々の体が蝕まれていく。そして・・・死に至るのである。
しかしそうした中においても「何も感じていない」とすれば読者は”どうかしている”と言わざるを得ない。
私は「こうなる前」の2011年頃より
「”時間の整理”と”空間の整理”を徹底すること。そしてこれを通じて己の自律神経を己の手でつかみとり、コントロールできるようにすること」
の必然性を皆様に語り掛けてきた経緯がある。
そうであるにもかかわらず「何も感じていない」とすれば実にどうかしているのである。
言ってみれば「獣」にも近い存在に自分がなりつつあることに強烈な危機感を抱くべきだ。
今この瞬間から、生活をあらためるべきだ。
他方で私が述べてきたとおり「時間の整理」と「空間の整理」をしてきた方々
(特に弊研究所の会員制サーヴィス「原田武夫ゲマインシャフト」の会員各位。
知的にも肉体的にもいわば「道場」なのがこの会員制の特色だには、今このコラムを通じて私が何を言わんとしているのかが立ちどころに御理解頂けるのではないかと想う。
そう、そこで感じ取って下さっているようにこの瞬間から全てが変わり始めているのである。
暁鐘は打ち鳴らされた。
いよいよ「夜明け」なのである。
実は上述の「これまでのシステム」が支えてきたのが北朝鮮の”金王朝”なのである。
したがって「これまでのシステム」が「あるべき元来のシステム」に戻る以上、北朝鮮の現体制も態度変更を余儀なくされるのである。
なぜならばさもないと体制そのものが瓦解へと導かれるからである。
米国勢は例によってかなり手荒なやり方で、
「北朝鮮勢はシリア勢に化学兵器をわたし、現地で凄惨な事態を引き起こしている」
と議論し始めている。
そうしたやり方には心理的に抵抗を覚えざるを得ないが、他方においてそこまでしなければ「在るべき姿」へは戻れないほど、この世は蝕まれてしまっているのである。
だが、繰り返しになるが全ては変わり始めたのである。世に「常」ということはない。
1980年代前半から泳がされてきた「(それ以降における)これまでのシステム」とその立役者はここから一斉に淘汰されるのである。
その数、実に700名ほどと聞く。
さらにその周辺にあって表向きの役割を果たしてきた「政体」勢力の含めれば数千人規模で、「これまでのシステムでよろしくやって来た人物」たちが続々と淘汰の渦に巻き込まれることになる。
何もかも、である。
「政体」勢力だけではない。
我が国の経済界・産業界・金融界等でも全く同じである。
リーダーシップと表面的に見えていた者たちは一斉に、跡形もなく淘汰されるのである。
実に怖ろしきは「無感覚に陥っている己」である。
暁鐘が聞こえなくなっているとすれば、「”これまでのシステム”に酔ってしまっている」のであるから、一気に覚めなければならないのである。
無論、そうなることを最も恐れている、根っからの戦後左翼であり、今年で御年100才(!)の大君(Tycoon)は何とかしてこれを阻止しようと、国内外で必死の抵抗を試みるはずだ。
北朝鮮の「暴発騒ぎ」もその一環で起きるに違いない。
だが、そんなもので収まる事態ではないのである。
「在るべき姿」へと戻り始めた自然(じねん)、そして地球(ガイア)の歩みを止めることはもうできないのであるから。
あとは「これまでよろしくやってきた者たち」に贈る挽歌を歌うだけである。
世上、ますます大混乱になるが是非、読者の皆様には安心しておいてもらいたい。
「光」は既に見え、満ち溢れ始めている。
ただそのことを信じて前に進んでもらいたい。
「在るべき姿」を真正面から、衒うことなく語り、そこでの想いを元に今すぐ動いてもらいたい。
それこそが・・・これからの「在るべき世の中」としてのパックス・ジャポニカ(Pax Japonica)の大原動力に他ならないのである。
各位の奮起に、今この瞬間だからこそ、心から期待したい。
私も、私で己に与えられたこの世での役割を真っすぐに貫いて行く。
2018年3月4日 東京・丸の内にて
記事は原田武夫さんのブログより
原田 武夫記す

あほうどりのひとりごと 幸福への近道
http://www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com/
















お金は付け替えているだけ「誰の借金論外お金が必要」
誰の借金論外お金が必要
今の金融経済は巨大なゼロサムゲームです。
すべてのお金が誰かの借金として発行されると言う事は、常にプラス(お金)とマイナス(借金)が同時に生まれ、全て相殺すればゼロ、つまり平等に分け合えばゼロなのです。
ですからブラスを得ようとすればマイナスを誰かに押し付ける奪い合いになります。
そしてその配分でプラスしかない実物をわけようとするから上手く分け合えないのです。
マイナスでは何も買えませんから。しかしマイナスの人も生きていかなければなりませんから、一時的にプラスを貸すか、社会保障で渡すことになります。
いずれにしても、そのお金の裏側には必ず同類のマイナスがあり、不均衡が多くなればなるほど、その額が膨れマイナスが行き場を失います。
結局それはどこへ行くのでしょう?
それは『未来』です。
生きている人は結局全員、『生きるためにプラスを先食い』せざるを得ませんから、『マイナスのツケはまだ生まれていない未来の子供たちに』回されます。
それが政府の借金の本質であり、今のお金の発行の仕組みの根本的な矛盾です。
本来プラスとマイナスが同時に生まれる今の金融システムはプラスしかない我々の実物世界とは全く相容れないものです。
ですから、われわれは誰の借金でもない、プラスのお金を発行する必要があるのです。
『政府紙幣を発行する』
誰の借金でもないプラスのお金は政府紙幣として発行します。
ただ多くの人が心配するように現在の日銀券と2種類の紙幣が世の中に出回るような事はありません。
発行の仕方は以下の様なものです。仮に100兆円の政府紙幣を発行する場合、1兆円紙幣を100枚刷ります。
これを日銀に預けると日銀はそれを金庫に入れ日銀内の政府口座に100兆円と記載します。
それだけです。(法律の改正は必要ですが)後は通常通り政府はそれを政府支出として扱い通常通り振り込むだけです。
それを受け取る公務員や公共事業の請負業者は普段と何ら変わることなく今までと同じ紙幣でそれを引き出すことができます。
あえて1兆円紙幣を刷ると言うのは、それが日銀の金庫を出ることなく、その方が省スペースで偽造の心配もないからです。
今も日銀が国債を買い、同じようにお金を発行すると言うかもしれませんが、それはあくまでも借金であり、これは誰の借金でもない点が大きく違います。
問題の根源は借金で生まれるお金と、それが金利で膨れ続けると言うことであって、次元が買うと言うのが国際でも書斎でもそれが借金である限りは根本的な解決にはならないということです。
ですから『誰の借金でもない政府紙幣でお金を発行する』必要があるのです。
『政府の借金を20年で完済する』
政府紙幣を発行すれば政府の借金は完済できます。
やり方は次の通りです
現在の日本の国債の出資残高は約880兆円、
これに対して皆さんの現金預貯金(M2:ゆうちょ銀行除く)を合計すると893兆円です。
このままでは返せません。
税金は皆さんの現金、預貯金から徴収され、880兆円の借金を返すためには880兆円以上金利もあるので必要となり、皆さんのお金がなくなってしまうからです。
これに対し政府紙幣を発行したらどうなるでしょう。
仮に100兆円を発行し税収も予算も従来のままとします。
すると税金のよって皆さんのお金は50兆円減り、政府支出によって100兆円増え、差し引き50兆円が増えます。
税金も政府支出も今まで通りなので皆さんの感覚としては何も変わらないでしょう。
しかし政府紙幣で100兆円が政府に入りますから、足りない50兆円を払ってもなお50兆円余ります。
これを国債の返済に当てれば国債の残高830兆円になりM2が943兆円に増えます。
理論的に言えばこれを20年続ければ国債残高ゼロになります。
もちろんその間にインフレ懸念が出たり様々の状況の変化あるでしょうから、それには臨機応変に対応する必要がありますが、大きな方向性としてプラスマイナス表裏一体貸借りの借金真似を、プラスのみの政府支援に置き換えていくのが唯一の解決方法です。
でなければ借金マネーは金利によってプラスマイナス両方膨らませ続ける以外ない、つまり政府の借金とお金は永遠に膨れ続けるしかないのは自明だからです。
『日本だからこそやるべき政府紙幣の発行』
政府紙幣の発行は日本だからできるのです世界一の対外純資産を持っていると言う事は、国内にないものを買い続けるための外貨を稼ぎ続ける方が世界一と言う事です。
つまり、それがあれば国内でいくらお金を発行して使おうが世界の誰にも迷惑をかけないと言うことです。
むしろそれで内需が拡大し、輸入が増えれば世界から歓迎されるでしょう。
それで一時的に黒字が減ってもその間に国内にそのお金を回し、環境技術、再生可能エネルギー技術の開発、次世代仕様のインフラ整備など地球の未来に貢献する産業を育てれば、それがまた黒字を生む様になるでしょう。
そうなればもう、その黒字は最貧国のために使えばよいのです。
そうやって社会に貢献するそれが日本の新しい使命なのです。

あほうどりのひとりごと 幸福への近道
http://www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com/



posted by datasea at 21:00| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報
―――★―――★―――★―――★―――
<世見>
2017/010/16
大きく深呼吸すると、秋の香りがホラ、ほんのりと感じられます。
きっと、公園や山々の木や草や花達が、秋の季節に衣替えをしたのでしょう。
日々の暮らしが心の内に様々なものを呼び込みますが、今年も秋が日本列島を包みます。
天高く澄み透る青空の下で自然の息吹を味わわないと、損した気持ちになります。
今年も後2ヶ月と半月です。
私には一年が早過ぎて、顔の衰えだけは少し後からやって来て欲しいと願う毎日になりました。
2017年はまだ終わってはいませんが、
2018年、2019年と世界の動きが自然界や情勢をプラスして、大きく変化をすることと思います。
アメリカでトランプ大統領が当選して、もうすぐ一年になります。
トランプ氏が大統領になったのは何故なのだろうとフッと思いますと、
私達には見えない世界があって、何らかの要因が決定打になったように思うのです。
トランプ大統領が選ばれし人であり、大きな役目を持っているとしたら、2018年には北朝鮮への答を明確にすると思っています。
「選ばれし人」 この言葉の意味には不可思議な言動も含まれ、
人類がこの地球で生活をしていくにあたって、右に行くか左に行くかの選択権も握っている人のことを言っている気がします。
ただ、トランプ大統領が運の強い人かどうかは、彼の任期中に、アメリカが引っ繰り返るような大惨事か大災害をアメリカ国内で味わうかにかかっています。
現時点では「大統領辞めた」は思っていませんが、
日本でオリンピックが開催される年には、この人の顔から精気が薄れてしまっているのを感じます。

あほうどりのひとりごと 幸福への近道
http://tankyu.hatenablog.com/







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報
―――★―――★―――★―――★―――
<世見>
2017/010/14
我国でも、消費税が15%になる日は来ます。
アメリカでは、州、郡、市ごとで税率の設定が違うようです。
EU諸国は20%前後の高税率の国が多いといわれます。
今思いますと、消費税5%というのが懐かしい気がして来ます。
8%に慣れてしまった現在、10%になっても慣れてしまうのでしょうネ。
日曜日、食料品を買いに行くと、5,000円くらいは払うことが多いですが、
10%になると、“あと二品”と考えていた食料品が買いにくくなります。
デンマークの消費税はたしか25%だったと思いますが、あの国は医療費が無料ですし、一人当たりの所得も高いので、何となく納得出来ます。
私は最近心配になるのが、2020年の東京オリンピック後の日本経済です。
株価も誰かの作戦通り上昇していますが、“ドボン”もある気がしますし、土地価格の下落も気になるのです。
何となく不安があるものの、多くに人が現状に慣れているようにも思います。
災害についても、来ても仕方がないと思う人が増えている気がします。
「大地震」が再び日本を襲う日はきっと来るでしょう。
生きている間に体験したくはありませんが、孫の代か曾孫の代には体験するとしか思えません。
経済だって、我国は借金大国です。
自分達がもろに体験するか、次世代が体験するか、あとは時間の問題です。
現実はとても厳しいのが日本です。
総理大臣が自分の気持ちひとつで衆議院を解散できるというこの法律は、卒業して欲しいと思います。
もしかすると、民進党の前の党の時の解散劇と同じになるかもしれません。

あほうどりのひとりごと 幸福への近道
http://tankyu.hatenablog.com/





自民党公明党の大敗を予測 松原照子氏
2017-10-14 00:01:38
もしかすると、民進党の前の党の時の解散劇と同じになるかもしれない。
↑↑
出ましたね。
10月22日の総選挙の予測、第1回目です。
民主党の野田政権時代の突然の解散劇の事ですね。
政権ギリギリまで追い込まれていた?
と言われていた民主党の突然の解散・・
選挙では自民党に大敗しました。
これと同じ事と松原照子氏は書いていますので、
同じように加計、森友問題で追い込まれていた安部政権が同じ道を辿るという事ですね・・
自民党、公明党が大敗するという予測ですね・・
#松原照子#ニュース世見#安部政権#大敗#総選挙#自民党大敗#選挙予測#選挙世見#予測


松原照子世見・よりこの分析
https://ameblo.jp/shinzitunosekai/entry-12319568009.html





2013.08.06
松原照子さんの25年前の予言が怖い
いやー。夏なので。
これは、ちょっとゾクッとした怪談話と言うか。
あの世見の松原さん。 皆さんご存じですよね。
その松原さんの25年前の予言が怖いと話題になっているようです。
ブロ友さんが興味深い記事を書いてたので張ります。
ムーのブログさんより 数日前から、「世見」の松原照子氏による25年前の予言が話題になっています。  
松原氏は1987年1月に『宇宙からの大予言−迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ』(現代書林)という、災害に関する予言が満載の貴重な本を出版している。
すでに絶版で、現在古書サイトでは、定価820円の本に1万円以上の値がついているところもある。
一部のオカルト通からすると、喉から手が出るほどほしい本だろう。  
本書が出た頃、松原氏は、
「JAL羽田沖墜落事故(1982年)」
「フォークランド紛争(1982年)」
「メキシコ大地震(1985年)」
「スペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故(1986年)」
「三宅島・大島などの火山噴火」
など、さまざまな予言を的中させていた。
当時からすでにオカルト系雑誌『ムー』(学研)にも取材され、日本有数の予言者となっていたのだ。  
ところで、本書には、「政治はこう変わる」という見出しで、
当時の中曽根首相や、竹下氏、宮沢氏、福田氏といった自民党の主要人物が今後どうなるかを書いた後、
日本の政界の今後を予言した部分に、謎めいた記述がある。
「恐怖の男・安倍氏は、男に生まれながら男人形として、日本の名で世界を歩くでしょう。
『はい、わかりました』、この言葉をためらわず言える政治家は生き、少しでも躊躇した政治家に、いい役が回ることはありません」  
これは、大国アメリカの操り人形として動く政治家のみが生き残るという意味ではないか。
「恐怖の男・安倍氏」というのは、普通に解釈すれば、現在の安倍晋三首相の父である安倍晋太郎氏のことを言っていると取れる。
だが、本書の出版時、安倍晋太郎氏は自民党総務会長で、次に自民党幹事長にもなったが、
本が出た翌年にはすい臓がんを患い政界を退いたという経歴を見ても「恐怖の男」と呼ぶべき要素はないように思われる。
とすると、これは1987年に安倍晋太郎氏の幹事長秘書となった次男の晋三、つまり現在の安倍首相に対する予言なのではないか。
松原氏の言葉は、こう続く。
「その人こそ、わが国が『戦争』の言葉を身近に感じる流れを作る人物であり、操り人形です。
政治家たちのランクを、国民1人ひとりが見極め、日本の国のために命を捧げられるほどの人間選びをしなければ、草も口にできなくなります」  
今月の参議院議員選挙で、安倍首相率いる自民党が圧勝したが、
安倍氏の政策では、「戦争」「原発」の2つのキーワードが「恐怖の男」と呼ばれるに相応しいものとして浮かび上がってくる。  
安倍首相といえば、憲法改正論者であり、15日に行われた長崎国際テレビのインタビューでも
「われわれは9条を改正し、その(自衛隊)存在と役割を明記していく。これがむしろ正しい姿だろう」
と述べている。
これは、「戦争の言葉を身近に感じる流れを作る人物」という描写に当てはまるのではないだろうか。  
次に、もう1つのキーワード「原発」について。松原氏が述べた「草も口にできなくなる」という表現は、原発事故と関係があると考えられないだろうか? 
今後起こるである南海トラフ地震などで原発事故が発生すれば、そういった状況は想像に難くない。  
そして、この章の節の最後に、
「人形政治家を選んだのもまた国民ということです。これもひとつの人災です」
とあるが、安倍首相が人形政治家であるならば。これは現在の日本について言っているのではないかと解釈できないだろうか。
『宇宙からの大予言』が書かれた1987年には、まだ現在の安倍晋三氏は自民党幹事長である父の秘書であり、
政治家にもなっていなかった。そんな人物の25年も先のことを本当に予言していたということだ。
自民党を選択したのは日本国民であるが、松原氏の予言どおり、原発事故や戦争が待ち受けているとしたら、大変な選択をしてしまったかもしれない。
ほかの予言に関しては、また別の機会に紹介することにしたい。

黄金の金玉を知らないか?
http://golden-tamatama.com/blog-entry-1184.html










安保法制の成立は30年前に予言されていた!? アノ有名予言者が指摘した「恐怖の男・安倍氏」
2015.10.11
今年、日本中で大論争を巻き起こした安保法制が成立し、最近はメディア上での議論も一時期に比べればすっかり下火になった感がある。
反対派からは「戦争法案」などとも呼ばれていた安保法制だが、東日本大震災を予言したことで知られる世見者(予言者)の松原照子氏は、
これからの日本が戦争に巻き込まれる可能性について、どのような見解を示しているだろうか。
今回は、日本と米国を代表する2名の予言者による指摘を確認することにしよう。
■安保法制に危機感を表明する松原氏
過去の松原氏は、国家の安全保障について直接的に言及することはあまりなかった。
だが、5月27日の「『平和』の文字から遠ざかろうとしている日本」と題した世見(予言)で、
『「戦争に巻き込まれないだろうか」こんなことをもう心配しても仕方がない』(ブログ「幸福への近道」より)
と発言。
さらに同日の世見は、
「2016年から18年にかけて事故・事件・災害は、もしかすると驚きの連続かもしれません。国を売ったのは誰か?」(松原照子、同上)
と続き、その後も非常に意味深な言葉が並ぶ。
これは、もはや日本が戦争に巻き込まれることを前提にして語っているとしか思えない表現だ。
それから2カ月後の7月28日のブログで、松原氏はズバリ「日本が戦争に参加する日は近い!?」と題した世見を発表。
最後の1行を、唐突に「アァ 日本が戦争に参加?」と締めくくった。
これは、氏が受け取った何らかのメッセージだった可能性もありそうだ。
ほかにも、日本が国際紛争に巻き込まれれば食糧危機が起きると警告している。
さらに1カ月を経た8月24日の「憲法解釈の変更がもたらすものとは」という記事は、冒頭から核心を突く世見で始まる。
「私は自分の感(勘)を信じたい。この度の法案は、よほどのことがない限り参議院で可決することでしょう」
と予言していたのだ。
安保法制を支持する国民も少なくないが、松原氏は
「そのことがいけないとは申しませんが、ご自身が国のために自衛隊に入隊して朝鮮半島へ戦に行けるだろうか。
又、我が子に『行ってらっしゃい』と笑顔で送り出せるのだろうか?」
と問いかけている。
また、松原氏はブログの有料コンテンツである『月刊SYO』9月号で、安保法制が成立すると一気に自衛隊の動きが活発になると書いている。
さらに、日本が戦争になれば、数多く存在する原発が狙われるかもしれないとか、果ては「第三次世界大戦」を心配する言葉まで飛び出しているのだ。
■安保法制の成立は30年前に予言されていた!?
さて、現在の安倍首相の言動を見るにつけ、筆者は松原氏が30年近く前に出版した『宇宙からの大予言』(現代書林)の記述を思い出す。
この本の「政治はこう変わる」という項では、当時の中曽根首相、竹下氏、宮沢氏、福田氏といった自民党の主要人物について語った後、
突然、次のような謎めいた記述が飛び出すのだ。
「恐怖の男・安倍氏は、男に生まれながら男人形として、日本の名で世界を歩くでしょう。『はい、わかりました』、この言葉をためらわず言える政治家は生き、少しでも躊躇した政治家に、いい役が回ることはありません」
どうも、松原氏が「恐怖の男」と呼ぶ"安倍氏"は、他国(米国?)の意のままに動く人物として描写されているようだが、驚くべきは次の記述だ。
「その人こそ、わが国が『戦争』の言葉を身近に感じる流れを作る人物であり、操り人形です」
この「恐怖の男・安倍氏」は、出版当時ならば、自民党総務会長だった安倍晋太郎氏のことだと考えられただろう。
しかし、現代に置き換えれば、むしろその息子である安倍晋三首相に当てはまるのではないだろうか。
「わが国が『戦争』の言葉を身近に感じる流れを作る人物」という描写もピッタリ当てはまるではないか。
■松原氏だけではない!! 日本が戦争に巻き込まれる事態を指摘する予言者
実は、米国の著名な予言者ジョセフ・ティテル氏も、松原氏と似た予言をしている。
2014年の年頭に発表した予言45番目で、
「米国は中国との貿易に関する問題に悩まされる。中国は、日中関係が複雑さを増している間にロシアとの関係を深め、それによって日本との戦争を望む結果となるかもしれない」
と、日本が戦争に巻き込まれる可能性を示唆したのだ。
安保法制はすでに成立したが、今後は裁判によって違憲性を問うと主張するグループも存在するなど、まだしばらくは議論が続くことになるだろう。
支持・不支持のどちらの立場にしても、著名な予言者たちが懸念するような事柄については、常に考慮しておく必要があるのではないだろうか。
(文=百瀬直也)

excite
http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201510_post_7567.html?_p=2









カリユガの時代〜自民党圧勝に想う - 探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ
2014-12-15
昨日の衆議院議員選挙は、自民党圧勝に終わった。
それでも自民は議席数を4つ減らして、民主党は11ほど増えた。
あーこれで原発もなくならないし、戦争への道をまっしぐらかもしれない。
以前にコメントで、松原照子さんが『宇宙からの大予言』(1986年)で書いた「恐怖の男・安倍氏」は、
今の安部首相ではなく父の安倍晋太郎氏のことだという指摘を受けた。
しまった、松原さんに会った時に聞くべきだった。
どちらにしても、私にとって安部首相は「恐怖の男」以外のなにものでもない。
安部首相は、自分なりに日本の事を考えて、自分たちの国は自分たちで守らなければならないという信念のもとでの戦争志向なのだろう。
原発も、もちろんその延長線上にある。
だが私は、国家による殺人行為としての「戦争」には、どうしても同意できない。
私の中では、自民党の独裁は物質主義の極地の象徴だ。
国民の大半の根底にそのような価値観があるということ。
高度経済成長とともに続いた自民党の一党独裁は、限りない政治の腐敗を招いた。
それと共に日本人が失ったのが「霊性」だった。
今の日本という国は、悪魔的なものに支配されて、いったい良心というものがどこにあるのかと思う。
国家ぐるみの犯罪行為によって日本にもたらされた原発というのも、その一つの象徴だ。
聖者たちは、今はカリユガの時代だという。
ここの「カリユガの特徴」のところに書かれていることは、まさに現代の世界そのものではないかと思ってしまう。
私が敬愛する聖者の一人である、スワミ・スリ・ユクテスワル師のように、すでにカリユガの次の時代に入ったという人もいる。
だが私には、現代はカリユガ以外の何物でもないように思われる。
悪が蔓延り、善なるものが無視される。
もう何をやっても無駄なのだ…とは思わない。
そう思ってしまったら、今生に生まれて来た意味がなくなってしまう。
この人生は、いろんな意味で戦いなのだと思う。
だから、負けられない。
善と悪との戦いなどという単純なものではない。
それを言うならば、どの人にも善的な面、悪的な面がある。
あー日本の政治屋たちに聖者たちの爪の垢を煎じて飲ませたい。
(さっきiPhoneで「せいじや」と打ったら「政治屋」と変換されたのでジョークとして)
今の日本のような物質主義と霊性志向のアンバランスは、カリユガの末期だからこそだという考えもあるだろう。
私もそう思いたい。
3年前の原発事故で、「気付き」がもたらされるのではないかと淡い期待をしたが、まったくそうではなかった。
自民党に政権が戻ったことからも、そう思う。
「私の子供達へ」という歌を知っていますか?
学生の頃に、よく友達と一緒にギターを弾いて歌ったなぁ。
生きている鳥たちが 生きて飛び回る空を
あなたに残しておいてやれるだろうか 父さんは
目を閉じてご覧なさい 山が見えるでしょう
近づいてご覧なさい 辛夷(こぶし)の花があるでしょう
(全部の歌詞はこちらに)
笠木透という人が作詞作曲して、ナターシャセブンが歌っていた。YouTubeで聴くことができます。
高石ともや 私の子供たちへ(父さんの子守唄) 【弾き語り】 - YouTube
私もいつの間にか「父さん」の立場になってしまったんだな。
いや、歳からすると孫がいても不思議ではないのか。
うちの子供たちがもうちょっと大きくなったら、弾き語りで歌ってあげようと思う。
日本から原発がなくならない限りは、やっぱり
「残しておいてやれるだろうか」
という疑問文になるんですね。
というか、
「誰も生きていないだろう」
とならないようにしたいものだ。
※ユクテスワル師は、パラマハンサ・ヨガナンダ師の師

探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ
http://tankyu.hatenablog.com/entry/2014/12/15/jiminto







衆院選 自公勝利、立憲民主党が野党第一党へ
10/22(日) 20:00配信 産経新聞
報道陣が待機する自民党の開票速報場=22日午後、東京・永田町の自民党本部(沢野貴信撮影)(写真:産経新聞)
第48回衆院選は22日、投票が行われ、一部地域を除き開票された。
自民、公明両党で定数465の過半数(233議席)を制し大勝した。
最終的に憲法改正の国会発議が可能となる3分の2(310議席)が確実な情勢だ。
安倍晋三首相(自民党総裁)の約5年間の政権運営が信任され、来年秋の総裁選3選に向けて道が開けた。
一方、小池百合子代表(東京都知事)の希望の党は公示前勢力を下回り、躍進確実の立憲民主党が野党第一党になる見通しだ。
自民党は首相が設定していた勝敗ラインの自公両党で過半数をクリアした。
公示前の290議席を下回るが、党単独でも過半数を確保する勢いだ。
二階俊博幹事長は22日のネット番組で
「内閣に信任をいただいたことはありがたい。これにおごらず対応していく」
と語った。
公明党は30議席台をやや上回る程度で、前回衆院選の35議席以上の目標には届きそうにない。
自公で過半数を獲得したことで北朝鮮対応や幼児教育無償化を含めた少子化対策など重要政策が前進する。
希望の党は伸び悩み、小池氏は22日、出張先のパリで記者団の取材に
「私の言動で不快な思いを抱かせてしまい、厳しい結果につながった。私自身もおごりがあったのではないかと反省している」
と語った。
細野豪志元環境相はテレビ番組で
「25日に両院議員懇談会を開き、党人事について判断する」と述べた。
公示直前に旗揚げした枝野幸男代表の立憲民主党は、比例代表で大幅に得票を伸ばし、
公示前の16議席から倍増以上に躍進する見通しだ。
総務省が発表した午後6時現在の投票率は全国平均で29.99%と、
戦後最低だった前回を4.99ポイント下回る。
総務省は同日、期日前投票は2137万8400人で、前回衆院選に比べ62.54%増えたと発表した。 
また、台風21号の影響で愛知、愛媛、宮崎各県などの離島で投票箱を回収できず、22日中の開票ができなくなった。

Yahoo! News
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000524-san-pol







<衆院選>自公で177席当確 過半数確実な情勢
10/22(日) 20:00配信 毎日新聞
<衆院選>自公で177議席当確 過半数確実な情勢
演説する安倍晋三首相=福島市で2017年10月10日午前10時55分、喜屋武真之介撮影
 22日投開票の第48回衆院選で、毎日新聞社の独自調査により当選が見込まれる候補者数は、
午後8時の投票締め切り時点で、自民党が163議席、公明党が14議席を確保。
両党合わせて177議席と、与党で過半数(233議席)の獲得が確実な情勢であることが分かった。
安倍晋三首相が掲げていた勝敗ラインを上回ることになった。

Yahoo! News
https://headlines.yahoo.co.jp/







衆院選
揺れる日の丸、かき消される「アベやめろ」 首相の「アキバ演説」で見えたもの
2017年10月22日
日の丸の旗を手に安倍晋三首相の街頭演説を聞く有権者ら=東京都千代田区のJR秋葉原駅前で2017年10月21日午後7時56分、宮間俊樹撮影
「国難突破解散」だとして総選挙に打って出た安倍晋三首相は、選挙戦を通じて何を語り、何を語らなかったのか。
21日夜、東京・秋葉原で行われた「最後の訴え」の現場で考えた。
その映像とともに首相遊説を振り返る。【井上英介/統合デジタル取材センター】
【衆院選タイムライン】投開票日の様子をドキュメント
日の丸の旗が無数に揺れる
午後6時、雨の降りしきる東京のJR秋葉原駅前は異様な空気に包まれていた。
選挙戦を締めくくる「最後の訴え」で安倍首相が到着する1時間半前から、
無人の自民党選挙カーの周囲を人が埋め尽くし、数え切れない日の丸の旗が揺れている。
大半が支持者のようだ。
「負けるな安倍総理」「頑張れ安倍総理」−−巨大な横断幕が何枚も掲げられている。
大勢の警察官が、鉄柵やロープを使ってその大集団と一般市民を隔てている。
横断幕や居並ぶ警察官の前を、通行人が足早に通り過ぎていく。
駅ロータリーを囲んで地上を見下ろす歩行者デッキも、支持者で埋まっている。
「みなさーん、これで応援してくださーい」。
各所で日の丸の小旗を配っている。
誰が小旗を用意したのか。
配る女性の一人は「ボランティアなので、ちょっと……」と笑顔で首をかしげたが、自民党のバッジをつけた人も配っていた。
TBSやテレビ朝日を「偏向報道」と糾弾するプラカードを持って歩き回る支持者たちも多数いる。
全体に若い世代が多い印象だ。
地上では支持者に交じり、少人数で政権批判のプラカードやのぼりを掲げる人たちがいた。
東京1区の自民党候補、山田美樹氏らの演説が始まると、
支持者たちから「選挙妨害!」「プラカード下ろせ!」「お前ら左翼は帰れ!」と容赦ない罵声が飛ぶ。
応援弁士の一人も「伝統ある東京1区で左翼を勝たせてはならない」などと絶叫調で訴える。
3カ月前の7月1日、東京都議選最終日に安倍首相は秋葉原の全く同じ場所で応援マイクを握り、聴衆の「帰れ」コールに直面した。そこで「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と気色ばみ、歴史的敗北を喫していた。
首相は秋葉原でリベンジを望んだ−−との報道もあったが、この日の秋葉原は見渡す限り支持者ばかり。
「こんな人たち」に悩まされる心配がないことは明らかだった。
実際、今回の衆院選で首相遊説に同行してきた記者の一人は「会場でこれほど多くの日の丸が振られるのを初めて見た」と話す。
音楽に合わせて主役が登場
午後7時半、突然アップテンポの曲が流れ、「ウォーッ」と地鳴りのような歓声が上がった。
日の丸の小旗が激しく振られる。
安倍首相が麻生太郎財務相を伴って登場した。
人気タレントのイベントのような雰囲気だ。
麻生財務相の短い演説のあと、マイクを握った安倍首相が何かを言うたび、拍手と歓声が湧き起こり、
「そうだっ」と合いの手が飛ぶ。
時に「ウソつけっ」「安倍やめろっ」とやじも飛ぶが、ただちに周囲から「選挙妨害!」「左翼は帰れっ」と反撃に遭う。
大声でののしり合う聴衆もいた。
安倍首相の演説は19分間続いた。
大部分は北朝鮮危機の強調(その裏返しで日米同盟強化と安全保障関連法の必要性)、
および旧民主党政権時代の批判(その裏返しでアベノミクスの成果の強調)に費やされた。
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と果てしない挑発合戦を続ける米トランプ大統領との関係を、首相は誇らしげに語った。
「国民の命と幸せを守り抜いていく。そのためにも国際社会と連携していかなければならない。
ですから私はトランプ大統領といつも首脳会談を行い、必要な時には電話会談を行うことができる関係を築いてきました」
民主党が民進党に名を変え、希望の党に合流した経緯については
「ジャイアンツは、クライマックスシリーズに出られないからといって名前を変えますか?」
と皮肉った。
だが、自民党が公約に掲げている憲法改正についての言及はなかった。
9月の解散表明時に
「選挙を通じて国民に説明する」
としていた森友学園、加計学園の問題も、ついに何も言わずじまいだった。
最初は有権者から逃げ回る印象
そもそも衆議院が解散され事実上の選挙戦となって以降、安倍首相の遊説は異例ずくめだった。
東京都内などでの遊説で場所も日時も公表せず、予定していた場所が外部に漏れると近くの別の場所に変更した。
解散に打って出た本人の首相が有権者から逃げまわる印象を与え、
レーダーに探知されにくい「ステルス戦闘機」をもじって「ステルス作戦」と評された。
10日の衆院選公示第一声は福島市で行ったが、立った場所は駅頭や繁華街ではなく、郊外の水田の中だった。
市議会議員などの紹介がなければ入ることができず、聴衆は支持者とみられる200人ほど。
しかも、道路を挟んで離れた一角に固められていた。
演説では、福島第1原発の事故や廃炉への言及が全くなかった。
なおも多数に上る原発避難者にも触れないまま「復興は間違いなく進んでいる」と強調し、
北朝鮮の脅威とアベノミクスの成果を訴え続けた。
公示後は遊説の日程を公表するようになったが、政権批判をする有権者が排除される場面もあった。
最終日の秋葉原。
安倍首相は演説の最後に言った。
「きょうは本当に、こんなにたくさんのみなさまにお集まりいただき、ありがとうございました! 勇気を与えていただきました」。
この直後に聴衆の中で小さな「安倍やめろ」コールが起きた。
が、すぐに支持者の大きな「安倍晋三」コールにかき消された。
自分の言いたいことしか言わないリーダーに、支持者たちが熱狂する。
直近の世論調査で内閣支持率を不支持率が上回る状況とは相当に異なった世界が現出していた。
そんなふうに遊説活動を締めくくった安倍首相は、異論に耳を傾け、謙虚な国政運営を望む有権者の期待に応えるのだろうか。

Yahoo! News
https://headlines.yahoo.co.jp/







posted by datasea at 00:48| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松原照子氏のスピリチュアル情報

松原照子氏のスピリチュアル情報
ニューヨークでM2.2小規模地震発生
2017年10月18日
マグニチュード MD 2.2
領域 ニューヨーク
日付時刻 2017年10月18日00:15:14.0 UTC
ロケーション 43.60 N; 74.52W
深さ 0 km
距離 カナダ、オタワの222 km SE /ポップ:813,000 /現地時間:20:15:14.0 2017-10-17
アルバニー、アメリカ合衆国の122 km / pop:97,900 /現地時間:20:15:14.0 2017-10- 17
アメリカ合衆国Northstownの北67 km / pop:8,800 /現地時間:20:15:14.0 2017-10-17
Northville、アメリカ合衆国の北西に50 km / pop:1,100 /現地時間:20:15:14.0 2017- 10-17
Lamont-Doherty Cooperative地震観測ネットワーク、コロンビア大学のLamont-Doherty Earth Observatory - 、米国(LD)
ニューヨークや香港は一枚岩で頑丈と思われており、超高層ビルが建ちまくっていますが、
実は去年は小さな地震が結構発生しています。
以下は、strange world➰奇妙な世界さんの記事より
大きな1つの警告:ニューヨークの巨大地震
地質学者によると、ニューヨークの地面の下に一連の「脆い」断層があるため、大規模な地震が発生する可能性があるとのこと。
ニューヨークの下にある多数の断層線で地震が起こる可能性のある「脆いグリッド」を作り出したと、専門家は警告している。
米国の東北地方は、過去に大きな地震が発生、1884年のマグニチュード5の地震では建物が壊滅しました。
専門家は、150年ごとに米国で最も人口の多い都市で地震が発生すると予測しています。
地質学者のチャールズ・マージェリアン博士はマンハッタン全体を調査し、
ニューヨークの地下に街を走り抜ける多くの断層に不具合があると判断しました。以上
また、イエローストーンも今年に入ってからも2000回以上の群発地震が発生しています。ここを最も危険と話す地震研究家もいます。
記事引用⇒earthquakestoday.info

あほうどりのひとりごと 幸福への近道
http://tankyu.hatenablog.com/







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報
―――★―――★―――★―――★―――
<世見>
2017/010/18
そんなに遠くないある日。
アメリカが大地震に襲われる日がやって来る、と思えて仕方がありません。
ロサンゼルスは28年後から35年後に大きく揺れると書きたくなったのですが、
以前に揺れていたのなら、もしかすると揺れた年から数えての数字なのか、今日はわかりません。
「サンアンドレアがいつ活発になってもおかしくない」
とは不思議な世界の方。
「今度、この地が動くと、今までの揺れの記録の18倍以上、もしかすると30倍ものパワーを放出する」
とも言われました。
7月にお出掛けをしたサンタモニカの海は、余りにも多くの海鳥が飛び交い、
娘の頃に歌った「○○○サンタモニカ♪」はこんな海だったのだと思ってしまいました。
でも、帰国後からサンタモニカ湾の出方は揺れやすいと思えるようになってしまいました。
もしも、サンタモニカからロサンゼルスにかけての地に大地震が起きたら大変なことになるとかなり心配になっています。
ハリウッドに行きました。
ビバリーヒルズにも行きました。
多くの人々が行き交う街。
アレ、ここまで書いたら
「エリジ‥‥」 誰かが、人の名かエリジの後で何を言ったのかはわかりませんが、書いておくことにします。
地下18kmの辺りが震源地なら‥‥と理由なく心配になります。
この辺りも、日本で言われている30年以内に起きる関東大地震、東海・東南海大地震と同じような地域だと思ってしまいました。
この地の方が日本より先に起きやすいと感じて気になるのは、私が日本に住んでいるせいかもしれません。
サンフランシスコも100年も待ってはくれないのがわかります。

あほうどりのひとりごと 幸福への近道
http://tankyu.hatenablog.com/
posted by datasea at 00:45| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

ドナルド・トランプ勝利


2016年03月16日
世見2016年03月16日ドナルド・トランプ
松原照子氏のスピリチュアル情報
―――★―――★―――★―――★―――
<世見> 2016/03/16
世界はほんの一握りの人の思惑で動いています。
古代の時代から闇の王国があったとしたらどうだろうか。
ローマの建造物を見ても現代の重機を持ってしても困難な巨大な石を持ちあげる知恵を 手にした人達がいたのですから、古代人を侮ることなど誰も出来はしないと私は思う。
血族は時に争いは起こすものの、どこかのところで繋がりを見せて現在まで来た気さえ します。
ロックフェラーと言えばロスチャイルド。
英王室内での血は私達より重要な気さえしています。
もしかすると、ダイアナ妃の悲劇は知にまつわることもひとつの要因だったのではと何 となく思ってしまいます。
カトリック教会の頂点のローマ法王も又、闇の部分があるかもしれません。
ヨハネ・パウロ一世は何故暗殺されたのだろう。
アレ、こんなことを書いてびっくりし ています。
だぁって、私の記憶にないことを書いているのですもの。
「ブッシュ一族は主流から外れたの」 こんな想いも広がる。
アメリカ大統領選が近付き人々はトランプ氏の行方が気になるだろうが、
現在闇の王国 に属する人も大統領選の行方が読めなくなっています。
ローマ法王まで異例のコメントを出しトランプ氏を引き下ろそうとしても効果がなく、 だからと言ってヒラリー女史に諸手を挙げて賛成でもない。
「まぁ いいかぁ彼女で」くらいのようにも思う。
でも民衆はどこまで裏の作戦に乗るのかが見ものにも思えます。
アメリカ大統領選は闇の王国にとっても重大事。
トランプ氏に今後いかんでは命に危険が及ぶ気がします。
記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
posted by キキ at 00:00 | 世見2016年3月 | |

あほうどりのひとりごと
http://www.あほうどりのひとりごと.com/article/434975568.html












<世見>
2016/11/02
(追記)
突然ですが「アメリカでは 女性大統領は誕生しない」
こんな声が 今聞こえてきました
サテ サテ どうなるのでしょう?
「答えは もう決まった」
こんな声も聞こえます
posted by キキ at 00:00 | 世見2016年11月

あほうどりのひとりごと
http://www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com











米大統領選アップデート:トランプ氏が勝利宣言、クリントン氏破る
20161109
ロイター 11/9(水) 17:07配信
米大統領選アップデート:トランプ氏が勝利宣言、クリントン氏破る
 11月9日、8日に実施された米大統領選において、共和党のドナルド・トランプ候補(写真)が民主党のヒラリー・クリントン候補に勝利した。NY市で支持者を前に勝利演説を行う撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)
[9日 ロイター] - 8日に実施された米大統領選において、共和党のドナルド・トランプ候補が民主党のヒラリー・クリントン候補に勝利した。
ニューヨークの陣営本部で勝利宣言を行ったトランプ氏は、クリントン氏から電話があり、祝福されたことを明らかにした。
【写真】投票から勝利演説まで、米大統領選を振り返る
主要州の選挙結果は以下の通り。
●ウィスコンシン州
CNNによれば、共和党のドナルド・トランプ候補がウィスコンシン州を制するもよう。選挙人数は10人。
●ペンシルベニア州
APによれば、共和党のドナルド・トランプ候補がペンシルベニア州を制するもよう。選挙人数は20人。
●アラスカ州
CNNによれば、共和党のドナルド・トランプ候補がアラスカ州を制するもよう。選挙人数は3人。
●メーン州
FOXの報道によれば、民主党のヒラリー・クリントン候補がメーン州で勝利する公算で、選挙人4票中3票を獲得するもよう。
●ネバダ州
報道によれば、民主党のヒラリー・クリントン候補がネバダ州を制するもよう。選挙人数は6人。
●ジョージア州・アイオワ州
報道によれば、共和党のドナルド・トランプ候補が激戦州のジョージア州(選挙人数16人)とアイオワ州(6人)を制するもよう。
●カリフォルニア州
報道によれば、民主党のヒラリー・クリントン候補がカリフォルニア州を制するもよう。選挙人数は55人。
●ユタ州
報道によれば、共和党のドナルド・トランプ候補がユタ州を制するもよう。選挙人数は6人。
●アイダホ州
報道によれば、共和党のドナルド・トランプ候補がアイダホ州を制するもよう。選挙人数は4人。
●オレゴン州
報道によれば、民主党のヒラリー・クリントン候補がオレゴン州を制するもよう。選挙人数は7人。
●ワシントン州
報道によれば、民主党のヒラリー・クリントン候補がワシントン州を制するもよう。選挙人数は12人。
●ハワイ州
報道によれば、民主党のヒラリー・クリントン候補がハワイ州を制するもよう。選挙人数は4人。
●フロリダ州
報道によれば、共和党のドナルド・トランプ候補が激戦州の1つ、フロリダ州を制するもよう。選挙人数は29人。
●ノースカロライナ州
報道によれば、共和党のドナルド・トランプ候補が激戦州の1つ、ノースカロライナ州を制するもよう。選挙人数は15人。
●オハイオ州
報道によれば、共和党のドナルド・トランプ候補が激戦州の1つ、オハイオ州を制するもよう。選挙人数は18人。
●コロラド州
報道によると、民主党のヒラリー・クリントン候補が激戦州の1つ、コロラド州を制するもよう。選挙人数は9人。
●バージニア州
報道によると、民主党のヒラリー・クリントン候補がバージニア州を制するもよう。選挙人数は13人。
●モンタナ州
報道によると、ドナルド・トランプ候補がモンタナ州を制するもよう。選挙人数は3人。
●ネブラスカ州
CBSによると、ドナルド・トランプ候補がネブラスカ州を制するもよう。選挙人数は5人。
●ニューメキシコ州
報道によると、ヒラリー・クリントン候補がニューメキシコ州を制するもよう。選挙人数は5人。
●テキサス州
米メディア報道によると、ドナルド・トランプ候補がテキサス州を制するもよう。選挙人数は38人。
●ルイジアナ州
報道によると、ドナルド・トランプ候補がルイジアナ州を制するもよう。選挙人数は8人。
●ノースダコタ州
報道によると、ドナルド・トランプ候補がノースダコタ州を制するもよう。選挙人数は3人。
●サウスダコタ州
報道によると、ドナルド・トランプ候補がサウスダコタ州を制するもよう。選挙人数は3人。
●ワイオミング州
報道によると、ドナルド・トランプ候補がワイオミング州を制するもよう。選挙人数は3人。
●カンザス州
報道によると、ドナルド・トランプ候補がカンザス州を制するもよう。選挙人数は6人。
●ニューヨーク州
報道によると、ヒラリー・クリントン候補がニューヨーク州を制するもよう。選挙人数は29人。
●アーカンソー州
報道によると、ドナルド・トランプ候補がアーカンソー州を制するもよう。選挙人数は6人。
●アラバマ州
報道によると、ドナルド・トランプ候補がアラバマ州を制するもよう。選挙人数は9人。
●ニュージャージー州
報道によると、ヒラリー・クリントン候補がニュージャージー州を制するもよう。選挙人数は14人。
●ミズーリ州
報道によると、ドナルド・トランプ候補がミズーリ州を制するもよう。選挙人数は10人。
●イリノイ州
報道によると、ヒラリー・クリントン候補がイリノイ州を制するもよう。選挙人数は20人。
●デラウェア州
報道によると、ヒラリー・クリントン候補がデラウェア州を制するもよう。選挙人数は3人。
●オクラホマ州
報道によると、ドナルド・トランプ候補がオクラホマ州を制するもよう。選挙人数は7人。
●テネシー州
報道によると、ドナルド・トランプ候補がテネシー州を制するもよう。選挙人数は11人。
●ロードアイランド州
報道によると、ヒラリー・クリントン候補がロードアイランド州を制するもよう。選挙人数は4人。
●マサチューセッツ州
報道によると、ヒラリー・クリントン候補がマサチューセッツ州を制するもよう。選挙人数は11人。
●メリーランド州
報道によると、ヒラリー・クリントン候補がメリーランド州を制するもよう。選挙人数は10人。
●コネティカット州
報道によると、ヒラリー・クリントン候補がコネティカット州を制するもよう。選挙人数は7人。
●首都ワシントン
報道によると、ヒラリー・クリントン候補が首都ワシントンを制するもよう。選挙人数は3人。
●ミシシッピ州
報道によると、ドナルド・トランプ候補がミシシッピ州を制するもよう。選挙人数は6人。
●フロリダ州
CNNによると、ヒラリー・クリントン候補が激戦州のフロリダ州でリードしている。選挙人数は29人。
●サウスカロライナ
報道によると、共和党のドナルド・トランプ候補がサウスカロライナ州を制するもよう。選挙人数は9人。
●ウェストバージニア州
報道によると、ドナルド・トランプ候補がウェストバージニア州を制するもよう。選挙人数は5人。
●ジョージア、バージニア、サウスカロライナ州
CNNによると、ジョージア(選挙人16)、バージニア(13)、サウスカロライナ州(9)は接戦している。
●バーモント州
CNNによると、ヒラリー・クリントン候補がバーモント州を制するもよう。選挙人数は3人。
●ケンタッキー州
FOXによると、ドナルド・トランプ候補がケンタッキー州を制するもよう。選挙人数は8人。
●インディアナ州
CNNによると、ドナルド・トランプ候補がインディアナ州を制するもよう。選挙人数は11人。
【関連記事】
オピニオン:トランプ次期大統領の政策転換リスク=安井明彦氏
コラム:「トランプ勝利」で円高はどこまで進むか=村田雅志氏
焦点:破天荒な言動で物議醸す、実業家トランプ氏の横顔
コラム:「トランプ敗北」で道連れになる白人労働者階級
コラム:決着近い米大統領選、投資家の苦悩はこれから
最終更新:11/9(水) 22:29ロイター

Yahoo Japan
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00000120-reut-n_ame.view-000










ブッシュ前米大統領、大統領選で「批判票」投じる
AFP=時事 11/9(水) 11:01配信
ブッシュ前米大統領、大統領選で「批判票」投じる
米首都ワシントンの「国立アフリカ系米国人歴史文化博物館」開館式典に出席したジョージ・W・ブッシュ前米大統領(2016年9月24日撮影、資料写真)。
【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】ジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)前米大統領が8日投票の米大統領選で一種の批判票を投じたことが明らかになった。側近が同日明らかにした。
ブッシュ前大統領の側近フレディー・フォード(Freddy Ford)氏はAFPに対し「大統領(ブッシュ前大統領)とブッシュ夫人は大統領選では『上記の誰でもない』を選び、議会選では共和党候補に投票した」と明らかにした。
ブッシュ前大統領は、弟で元フロリダ(Florida)州知事のジェブ・ブッシュ(Jeb Bush)氏が今回の大統領選で共和党の候補指名争いから撤退したことを受けて投票を棄権する考えを示唆していた。
ブッシュ家は今回の大統領選にあまり深く関わってこなかったが、ブッシュ前大統領の父親であるジョージ・H・W・ブッシュ(George H.W. Bush)元大統領は民主党候補ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官に投票する意向を友人らに語ったと報じられていた。
【翻訳編集】 AFPBB News

Yahoo Japan
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00000014-jij_afp-int
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00000120-reut-n_ame.view-000












Yahoo!ニュース特設ページ
【アメリカ大統領選】トランプ氏が勝利宣言、日本への影響は【アメリカ大統領選】トランプ氏が勝利宣言、日本への影響は
あわせて読みたい
「全ての米国民の大統領に」=トランプ氏、勝利宣言−米大統領選「全ての米国民の大統領に」=トランプ氏、勝利宣言−米大統領選 時事通信 11/9(水) 17:02
<米大統領選>トランプ氏が勝利宣言「皆が一つになる時」<米大統領選>トランプ氏が勝利宣言「皆が一つになる時」 毎日新聞 11/9(水) 17:03
米政治の行き詰まり映す=大統領選米政治の行き詰まり映す=大統領選 時事通信 11/9(水) 17:00
アジア安定へ日米同盟強化=安倍首相、トランプ氏に祝意 時事通信 11/9(水) 17:31
【映像】トランプ氏当選=米大統領選【映像】トランプ氏当選=米大統領選 AP通信 11/9(水) 17:17
PR高速バス+ホテルで格安旅行|出張にも便利!目的地までリーズナブルにお一人様よりお申し込み可能/阪急交通社
hankyu-travel.com
Ads by Yahoo! JAPAN
トキソプラズマ症 妊娠女性の不安
妊娠中にトキソプラズマに感染した女性の思いとは。おなかの子は胎盤を通じて感染した可能性が高く、先天性トキソプラズマ症の疑いがあった。
(患者を生きる:3168)感染症 トキソプラズマ症:1 胎盤通じ赤ちゃんに有料
(患者を生きる:3169)感染症 トキソプラズマ症:2 長女抱き「ありがとうね」有料
(患者を生きる:3170)感染症 トキソプラズマ症:3 思い当たることが…有料
アクセスランキング(国際)
1 オバマ米大統領、トランプ氏に電話で祝福 ホワイトハウスへ招待オバマ米大統領、トランプ氏に電話で祝福 ホワイトハウスへ招待 AFP=時事 11/9(水) 22:19
2 クリントン氏が敗北宣言 トランプ氏との協力表明クリントン氏が敗北宣言 トランプ氏との協力表明 AFP=時事 11/10(木) 2:01
3 ロンドンで路面列車横転…5人死亡、50人搬送 読売新聞 11/9(水) 21:31
4 米政治の行き詰まり映す=大統領選米政治の行き詰まり映す=大統領選 時事通信 11/9(水) 17:00
5 イラン、「目には目を」で男に失明刑執行 4歳児の視力奪った罪でイラン、「目には目を」で男に失明刑執行 4歳児の視力奪った罪で AFP=時事 11/9(水) 6:25
雑誌アクセスランキング (国際)
1 トランプ大統領なら世界はこうなる! 村上政俊(前衆議院議員)トランプ大統領なら世界はこうなる! 村上政俊(前衆議院議員) デイリー新潮 11/9(水) 15:00
2 日本の悪夢「トランプ勝利で朴槿恵辞任」が起こる確率はどれぐらい? 実現すれば、中国、北朝鮮の思うつぼ日本の悪夢「トランプ勝利で朴槿恵辞任」が起こる確率はどれぐらい? 実現すれば、中国、北朝鮮の思うつぼ 現代ビジネス 11/7(月) 7:01
3 トランプ旋風でわかった“インテリの苦悩” ハーバードの学生がトランプ支持を表明できない事情トランプ旋風でわかった“インテリの苦悩” ハーバードの学生がトランプ支持を表明できない事情 デイリー新潮 11/9(水) 8:01
4 福原愛が訪問した反日「元卓球女王」夫妻 “中国芸能人化”が加速福原愛が訪問した反日「元卓球女王」夫妻 “中国芸能人化”が加速 デイリー新潮 11/7(月) 5:59
5 米国大統領選挙・選挙人予測「トランプ勝利のシナリオ」 --- 渡瀬 裕哉米国大統領選挙・選挙人予測「トランプ勝利のシナリオ」 --- 渡瀬 裕哉 アゴラ 11/4(金) 17:02
PR
JR山手線<駒込駅>徒歩8分。|山手線の内側立地、文京区アドレス。1フロア3邸、全邸角住戸。三菱地所レジデン…
ザ・パークハウス 文京本駒込
Ads by Yahoo! JAPAN
新着動画ニュース(国際)
【映像】カリフォルニア大学生が大統領選結果に抗議【映像】カリフォルニア大学生が大統領選結果に抗議 アフロ 11/9(水) 20:09
トランプ氏「すべての米国人のための大統領になる」トランプ氏「すべての米国人のための大統領になる」 AFPBB News 11/9(水) 19:27
【映像】トランプ氏当選=米大統領選【映像】トランプ氏当選=米大統領選 AP通信 11/9(水) 17:17
ドバイと米社、「ハイパーループ」建設の調査で合意ドバイと米社、「ハイパーループ」建設の調査で合意 AFPBB News 11/9(水) 16:29
【映像】クリントン氏崖っぷち 支持者、涙【映像】クリントン氏崖っぷち 支持者、涙 アフロ 11/9(水) 16:20

Yahoo Japan
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00000120-reut-n_ame.view-000








トランプ当選でブラジルは?=テメル大統領は「米伯関係は不変」と強調
ニッケイ新聞 11/10(木) 3:43配信
トランプ当選でブラジルは?=テメル大統領は「米伯関係は不変」と強調
第45代米国大統領就任が決まったドナルド・トランプ氏
8日夜から9日未明にかけて行われた米国大統領選挙の開票の結果、ドナルド・トランプ氏(共和党)が次期大統領に選ばれた。同氏の当選を受けて、米国とブラジルとの関係がどうなるかを、9日付BBCブラジルサイトなどが報じている。
人種差別、女性差別をはじめ、数々の問題発言で知られる実業家のトランプ氏に関し、国際世論は直前まで同氏の当選を信じていなかったが、開票状況で同氏当確が伝えられたブラジリア時間の9日未明あたりから株価や為替が国際規模で急激に動き始めた。
目立ったところでは、メキシコ・ペソが一時1ドル=20ペソへ暴落した例や日本の株価が5%落ちた例などがあげられるが、ブラジルでも同氏の経済政策の先行不透明感から、サンパウロ証券取引所(BOVESPA)は9日の取引開始直後から3%下落。為替相場も、1ドル=3・20レアルが3・24レアルへとドル高が進んだ。
大方の予想を覆す形となったトランプ氏当選を受け、テメル大統領は9日、祝福の言葉と共に、「両国の友好、協力関係がより緊密なものになるよう、力を合わせて働きたい」とのメッセージを贈り、「両国の関係は変わらない」と強調した。他方、6月に報道関係者からトランプ氏が大統領となる可能性について聞かれ、「そんなこと、起こりえない」と切り捨てたジョゼ・セーラ外相は、厄介な状況に追い込まれた。
トランプ氏の当選確定後、BBCブラジルのサイトは「トランプ政権とブラジルとの今後」と題した記事を掲載した。
ブラジルは貿易面で大きな打撃を受けそうだという。米国は現在、ブラジルにとっては中国に次ぐ2番目に大きな貿易相手国だ。従来米国は、特に共和党政権の場合は自由貿易を奨励する傾向が強く、その影響で米国企業のブラジル進出なども盛んだった。
だがトランプ氏の場合、共和党の伝統を翻して、国内での雇用を重視した保護貿易を行うことが有力視されており、従来通りの貿易が出来なくなる可能性が強い。
また、これは対抗馬のヒラリー・クリントン氏も同様だったが、トランプ氏の国際政策では南米に関することが語られておらず、未知数の要素が強い。
ただ、こと外交関係に関して言えば、ジウマ前大統領がエドワード・スノーデン氏が暴露したCIAのスパイ疑惑の問題でオバマ大統領との関係をこじらせた頃よりは、良好なものになるとの見方もある。ブラジルとアメリカの大統領の関係は、ルーラ氏とブッシュ氏、カルドーゾ氏とクリントン氏など、成功例が有名だ。
同サイトは、ブラジルからの移民に関し「高学歴や特殊技能のある人は優遇されるのではないか」との見方を示しているが、以前から望まれている、ブラジル人観光客に対するビザ免除や頻繁に行き来する人向けの特殊ビザに関しては不透明だとしている。
【関連記事】
アメリカ大統領選=ブラジルはどうなる?(11月8日投開票日当日付)
サンパウロ トランプを支持派とアンチトランプに別れてブラジル人が乱闘
最終更新:11/10(木) 3:43

Yahoo Japan
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161110-00010000-nikkey-s_ame
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00000120-reut-n_ame.view-000


posted by datasea at 22:19| Comment(1) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

モルガン

松原照子氏のスピリチュアル情報
<照の日記>
やり直す
「誘惑」この言葉には秘密の扉の奥を覗き見るような甘味な思いがします。
賭博で人生を棒に振った選手達もいます。
手を出してはいけない「薬物」
皆知っているのです。
「渇しても盗泉の水は飲まず」
ほんの少しのはずみで道を外れても人はいつでもやり直しが出来る生物だと云うことだけは忘れずにいましょうネ。
―――★―――★―――★―――★―――
<世見>
2016/05/14
食事にかける時間を大切にしていますか?
一人で食事をすると“かっ込み食事”になってしまいますが、
ベランダで百均で買ってきたアロマロウソクに火を灯し、夜空を見上げながらショパンのピアノ曲を聴きながら食事をすると、肉ジャガが天下一品の料理に思えて、昨日は最高の気分になりました。
一日24時間は全ての人に与えられた平等なことのひとつです。
どんな過ごし方をしても自分のこの世での持ち時間。
お金なんか掛からないステキな時の過ごし方をなさってください。
間違いなく心地良い時を過ごせます。
テレビ、スマホ、ゲームのような娯楽に1日3時間以上時間を費やすと、本来手に入れた勘は鈍ります。
もしも3時間以上楽しみたい時は、「今から暇潰しをします」とご自分に言ってからなさってくださいネ。
私達は自分の行動を肉体に教えるかそうでないかで、感(勘)の冴えが異なります。
いつどこで何が起きるかわかりません。
日頃から、ご自分に“次の行動”を言葉にして報告する癖を付けてください。
話は変わりますが、「モルガン」って何なのでしょうネ。
昔、モルガンお雪さんっていた気もしますが、「スタンダードオイル」ってどんなオイル?
「お家騒動が起きそう」ですって。
ロックフェラーはこの度のことには関係ないそうですが、何故ロックフェラーが出て来るのでしょう?
政権への圧力? わからないなぁ〜。
300人の委員が動き出す。
モルガンさんって誰なのですか。
モルガンさん家に何か起きるのですか。
それが今度のアメリカ大統領選挙に何か関係があるのでしょうか。

あほうどりのひとりごと
http://www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com/

予知情報
http://satellite1122.blogspot.jp/
posted by datasea at 22:28| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松原照子予言

松原照子予言
<速報> 2012/6/18 13:00
いつも速報を出すと、皆様がご心配になるのではと思い、ついつい控え目になるのですが、
茨城南部辺りがこれからもよく揺れると思われますので、その周辺地域の方々は気を付けて下さい。
今日、大地震は感じませんが、首都周辺が2ヶ月くらいは揺れやすいと思われます。
日頃からご自分が生きている事を自覚なさって、生き力を高めるようになさって下さい。
東日本大地震が起きた地域もまだまだ油断は出来ません

あほうどりのひとりごと
http://www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com/

予知情報
http://satellite1122.blogspot.jp/
posted by datasea at 22:22| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

予知情報,松原照子

松原照子氏のスピリチュアル情報
<世見>
2016/01/01
新年明けましておめでとうございます。
真新しい原稿用紙でスタートした今年。
心も真新しくさせました。
十二支に興味のある方もない方も、年の初めは年賀状からも「申年」を意識してしまいます。
漢字で干支(かんし)と書いて「えと」と読みます。干は幹を現わし、支は枝を現わして干支だとか‥‥。
私がこの手の事を書く時は、私自身理解が出来ていないので「とか」が増えます。
十干というのもあるとか(笑)。
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸
聞こえるがまま書いて見て驚きました。
甲乙丙丁って昔の成績表(笑)。
もしかして、これから来ているのかなぁ。
申は十干でいうと九番目です。
申という字は「|」と「日」で出来ています。
この字は象形文字でいいますと 背骨と左右の肋骨を現わしているのですって。
だからネ。
今年は背筋を伸ばし、胸を張り、どんな出来事でも堂々と前だけを向いてこの一年乗り越えて行きましょうよ。
それと、油断をすると落とし穴も多いのが申年だ、とも今聞こえた気がします。
中国の小説の西遊記は国宝級の珍猿がモデルだとか。でもね。「インド」と云う声も今聞こえました。
真実がどちらでもいいのですが、今年は申年ですよ。
猿神様は子供の無事を願うのには一番身近な神様のようですよ。
猿田彦神はどこにおられるのでしょうネ。
日本も昔から猿神様が至る所におられたとか申します。
大阪の四天王寺の庚申堂の庚申の日に、コンニャクを北に向いて無言で食べると運が強くなるようです。
庚申の夜はセ〇〇スは休まないといけないそうです。

あほうどりのひとりごと
http://www.あほうどりのひとりごと.com/article/431979293.html

予知情報
http://satellite1122.blogspot.jp/






本年もよろしく。
管理人多忙につき、更新は断続的になります。
ご容赦ください。
予知情報
http://satellite1122.blogspot.jp/
のほうでも情報を収集中です。

fat pc


posted by datasea at 22:17| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予知情報,松原照子


―世界情勢―
「フランスの多発テロ」をニュースで見て心を痛めた人も多いことでしょう。
2013年頃から急速に勢力を拡大し、2014年には建国を宣言したイスラム国。
リーダーとされるバグダディー。
野望の裏にはかつてヒトラーが出現したように演出されたヒーローを影で作ろうとする陰謀が感じ取れて仕方がありません。
「オスマン帝国が甦る日が来ることはない」とは、不思議な世界の方の話しですが、彼の信念は本当のところどこにあるのだろうか。
「奴隷制の復活」がイスラム国の目指すものだとしたらかなり不自然な感じを受けます。
歴史は終わりのないドラマです。
イギリスは第一次世界大戦の時にいったい何をしたのか?
この度のイスラム国出現には100年前のイギリスの影の力に屈した人々の恨みが籠っているのがわかります。
パレスチナにユダヤ国家をどのような権利で認めたのか、フランス ロシアと中東はオスマン帝国領を分割する約束を何故交わせたのか?
イギリスはアラブ人に戦わせて何を得たのか?
私達は真実の歴史から目を離してはいけません。
ヨーロッパにとってオスマン帝国が脅威でなくなったことから今回の歴史物語が始まった気がします。
伝統的なイスラム教徒の学問とは本質的に異なるイスラム学。この辺りが現在進行系の出来事を複雑にしていると思われるのです。
1979年 イスラム革命が起きたのですがイスラムの国家理念がなく目指すものが違ったのも現実でした。
イスラム国を建国するならばイスラム諸国の連帯と協力があって出来るもの。
イスラム諸国会議と云うのがあったが第三世界の解放闘争への支援を目的として設立された国際機構はその後どのようになったのか?
イスラムは法が法学を生まず法学が法を生んだと言われています。
私はイスラム国がこうして活動できるのが解せないのです。
私達は空気だけでは生きてはいけません。
イスラム国の経済を支援している暗の世界があるはずだと思わずにはおれません。
宇宙からの大予言に私はこのようなことを書いていました。
「トルコは流れ弾を頭に受け 
帽子を飛ばし 
トルコ行進曲は天災・人災の下で聞くことになるでしょう。
彼らは地の揺れを神の怒りと知り 
山の噴火を神の声と知るでしょう。
神の怒りの火は黒海に流れ込み 
黒海の面積を小さくします。
アンゴラ難民はその時恐怖を知ります」
この言葉をそのまま受け止めるのか、はたまた、別の意味があるのかはわかりませんがトルコも深い闇の中に入ったと思います。
第一次世界大戦は1900万人の犠牲者を作りましたが未だに火種がゴロゴロしています。
ドイツ系の暗の支配者は今も健在です。
ニコライ2世のような犠牲を出したくない王室。
100年前の戦争が現在も進行系で第一次世界大戦から第二次世界大戦が起き、第三次世界大戦に進むシナリオが出来上がった気さえしています。
バクダディーはヒトラーにはなれません。
2016年はイスラム国の動向から目が離せません。
日本国民の望む・望まないに関わらず自衛隊の行動範囲が広がりました。

あほうどりのひとりごと
http://www.あほうどりのひとりごと.com/article/431979651.html

予知情報
http://satellite1122.blogspot.jp/




―経済―
国際通貨の動きがとても気になります。
イラク戦争が起きてから4年後サブプライム問題で世界が大きく揺れました。
イスラム国の建国が発表されたのが2014年。この2~3年に大きく世界経済が動かされる日が来そうです。
戦いとお金の動きは密接です。
為替の変動もこの1~2年は要注意。
香港証券取引所の動きをよく見ることをお薦めします。
第四位になった人民元。現在は今ひとつ現実感がないものの円は人民元にしてやられる日が今の政策ならば来るでしょう。
日本は赤字国。国を守るお金の使い方をしない限り赤字額は増え続けることでしょう。
まだまだ書きたいことがありますが、日々更新している世見をお読みくださいませ。

あほうどりのひとりごと
http://www.あほうどりのひとりごと.com/article/431979651.html

予知情報
http://satellite1122.blogspot.jp/

夢日記
http://datasea.seesaa.net/






予知情報
http://satellite1122.blogspot.jp/
のほうでも情報を収集中です。

fat pc
posted by datasea at 22:14| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予知情報,松原照子

世見新春特別企画『2016年大世見』
昨年 2015年を読み解こうとした時に頭の中に浮かんだ言葉が思いもよらない出来事でした。
この言葉の意味は現実には受けとめられることは出来ませんが、2011年を見ようとした時に浮かんだのが「いよいよ来るか」だったのを思い出します。
あの未曾有の大災害を体験をされた方々は特別な想いになられるのは勿論、
テレビ画面に釘付けになり心を痛めた私達は生涯忘れることはない2011年でした。
現在の地球は近年にない活動期に入ったと私だけではなくあなた様も感じておられることと思います。
地球は我々と同様に宇宙で命がある惑星です。
地球の寿命が残り46億年と言われても今ひとつピンとこないものの、こうして現在生きているのは現実です。
時代は大きく変わり始めた感じがする今日この頃。
私達は歴史の証人としてしっかりと心に刻み込まなくてはいけません。
1949年 中国と台湾が分断しました。
私が3才の時です。
昨年、中国と台湾は永い時を経て初会談が行われました。
この意味は大きく、台湾の総統選にも影響を与えることと思います。
中国と台湾は同じ考え方で同意することは当分ないと思われますが、
中国は台湾の国民党を後押しして台湾を牛耳りたい意図も感じます。
民進党が次なる総統選にどのような動きをするのかが今後の台湾が中国色になるかにかかっていると思われます。
中国がどのような手段を企てても手に入れたい南シナ海。
今年も中国から目が離せません。
それと、いよいよ来たか と思うのが日本を抜いて国際通貨の4位の座に着いたことです。
次に中国が狙うのは米ドルかユーロか、何故か英ポンドは狙いにない気がしています。
豪ドルは着々と計画が進みつつあります。
2014年は1位米ドル 2位ユーロ 3位英ポンドそして4位が日本円でした。
2014年は7位だった人民元。
2015年には4位です。
国際通貨5大体制時代が到来です。
IMFが人民元の採用決定したことが今後の世界経済を変化させて行くのは目に見えています。
米ドル ユーロ 英ポンド 人民元 円 加ドル 豪ドル スイスフラン
お金が お金を産む時代です。
習近平国家主席の計画は現在進行形です。私は以前から中国はいずれ連邦国になると書いてまいりました。
今もこの思いは変わりません。
爆買いなる新語の主役の中国人達。
彼らの次の爆買いは主要なる場所の物件。
東京が至る所で占拠される日は近い。
中国・台湾といった国籍を持つ人達がマンションを爆買いして行くのが目に映ります。
それと、中小企業も狙われているのを感じます。
日本の水の名所も狙われているのです。日本は土地の売買に国籍は関係がありません。
日本の人口が減り相続税が払えない人々が売却した相手が他国の人。このようなことが増え続けることでしょう。
気が付くと隣人が外人さんと云うことになるかもしれません。
外人さんが隣人だと駄目だと申し上げているのではありませんが、
日本の至る所の物件持ち主が中国や台湾韓国のお金持ちになってしまったら日本と本当に言えるのでしょうか。
今はもうひとつピンとこないかもしれませんが至る所で問題が噴出する日は近いと思っています。
中国は日本潰しを綿密に計画しています。
「円潰し」は4位の座を手にした今も完全潰しのシナリオ通りに進んでいます。
日本国は国内の問題より他国への顔作りばかりです。
踊らされていることに気付かない日本。
確かに地球温暖化は重要課題です。
途上国への支援も大切です。
日本はお金持ちではありません。
途上国支援の1位の座が日本は必要だったのでしょうか。
1.3兆円この金額が日本にとってどれだけ大金なのか
2020年までにこの1.3兆円が支援金として用意されます。
中国は地球温暖化には責任のある国ですが3800億円が示されています。
2020年まで後4年。
東京オリンピックが成功することを願う一人ですが 何故だか東京オリンピックが盛り上がらないと思える私がいます。
2016年から2018年にかけて日本列島の自然界は活動期。
災害 災害は目を覆います。
列車 電車 飛行機 乗物の事故は何故か気になる年。新幹線神話が崩れないことを願いたい。
2020年までの4年間で日本政府の言動ではテロもやって来ます。
若者の中にイスラム国に感化された若者の気を感じてもいます。
日本人が日本人をテロで殺害。
あってはならない事件です。
日本は平和ボケをしています。
テロも起きるまで私達は気付かないようにも思います。
―自然界―
自然界もご覧の通りスーパー異常が続いています。
PM2.5も自然界を病気にしている原因のひとつです。
日本も以前は四日市喘息といった空気が病気になり人間も病気になったことがあります。
空が青いのが当たり前と思えなくなった人々が増えると地球のこの先がとても心配になってしまいます。
「誰もが一人ぐらいいいだろう」がPM2.5を作り出している気もします。
偏西風に乗ってやって来るPM2.5は肺癌や気管支炎 喘息 肺炎に留まらずに目と鼻と病名を広げて行く。やっかいなもの。
スギ花粉が巨大に思えるくらい微小種子がPM2.5です。
今年もPM2.5には十分気を付けてお過ごしください。
―地震―
このようにタイトルを付けるととても気になることと思います。
地図を触って気を付ける周期に来たのが駿河湾から九州の東に続く海。
今年は2016年 2040年くらいまでにはかなり大きな地震が来る気が今日は(2015.12.16)しています。
いつもこの頃になると来年のことが気になり始め、月刊SYOの世の中の動きを書き始めます。
2040年と書いてしまうと随分と先にも思いますが、「いつ来てもおかしくない」と思う気持ちもします。
「2016年はどうなの」と今聞かれたら、「大丈夫」と書きたくなります。
だからと言って安心してもおられません。
M9クラスが駿河湾から九州の東沖のどこかに起きたら大変です。
世見で感じたままを書いて行きますのでこれからも毎日の世見(地震)を参考にしてください。
ただし、感じたことが外れることも多々あると思いますがご理解くださいませ。
「謎が多い」と不思議な世界の方も話されるエルニーニョ。
このエルニーニョは今後日本から四季を奪う勢いを感じてしまいます。
エルニーニョは数年に一度と言われていますが、長期に渡り居座りそうに思っています。
多雨も気になってもいます。
台風の数と云うより重複台風も気を付けて欲しいと思います。
地震だけが災害ではありません。
寒暖の差が気になるこの冬です。
ご自分の健康管理は十分になさってください。
地震は大和時代より前に使われたと申します。
日本書紀にも地震と云う言葉が出てくるとも言われます。
地が振動するから地震になったのかもしれませんが、地震は気になる災害のひとつです。
この地震と共にあるのが火山です。
日本には世界中の活火山の1割近くもあります。
2016年も油断は未だ出来ませんが少しだけ東日本大災害での地下に溜まったガスが抜けたようにも思います。
でも気になるお山がいっぱいです。
富士山は現在のお姿になるまで4回お姿を変えたと不思議な世界の方は話されます。
富士山が5回目の姿を変化される日もそれほど遠いとは思えません。
「2016年ですか」と聞かれると「違います」と書きたくなりますが、あれだけの人数が富士山に登り歩く度に振動を与えていると、新富士の下にある古富士が崩れ始める日が来るかもしれません。
一人の人の体重が例えば50kgだとして同じ日に千人登ったら50000kgが富士山の表面に乗りかかるのですから私には大変そうに思います。
人一人の一歩を踏みしめる時の力量を計算するとかなりの振動にも思います。
それ故に富士山噴火はスピードをあげている気がしています。
今度日本に大地震が起きた時、津波が一番被害を大きくすると思われます。
「東海 東南海」は特に気になります。
でも、気にして暮らすことはやめませんか。
私達はいつの日か死を迎えます。
起きてもいないのに心配や不安で過ごすと起きる前に病気や事故に遭いやすくなると思います。

あほうどりのひとりごと
http://www.あほうどりのひとりごと.com/article/431979651.html

予知情報
http://satellite1122.blogspot.jp/

夢日記
http://datasea.seesaa.net/





予知情報
http://satellite1122.blogspot.jp/
のほうでも情報を収集中です。

fat pc



posted by datasea at 22:13| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

予知情報

予知情報
2015年02月10日20:50
2015年2月11日は「魔の水曜日」?
2015年2月11日に日本列島が切断される!? 「魔の水曜日」について緊急考察!!
2015年がスタートし、早くも1カ月以上が過ぎた。
最近、一部で「今年の2月前後に大地震が起きる」という内容の噂が広がっているようだ。
『Yahoo!知恵袋』には、「2015年2月11日に日本列島で未曾有の大地震が発生すると、予言者の方々の意見をもとに算出予測しているのですが、不安でたまりません」という質問も投稿されている。今回は、本当にこの2月に未曾有の大災害が起きてしまうのか、真偽の程を探ってみることにしたい。
■噂の背景には、松原照子氏の予言?
さて、前述の投稿を目にした筆者は、改めてカレンダー上で2月11日を確認してみた。
するとこの日は、国民の休日(「建国記念の日」)となっている。
そこで初めて、ハッと気がついたのだ。
恐らくこの投稿者は、筆者が以前紹介した、松原照子氏の「魔の水曜日」の予言を前提に語っているのだろうと。
ブログ上で東日本大震災を予言したことで一躍有名になった松原氏だが、実は30年ほど前から『月刊ムー』(学習研究社)が特集を組むなど、一部ではよく知られた存在だった。氏は1987年1月に『宇宙からの大予言 ― 迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ』(現代書林)を上梓しており、その中で10ページもの紙面を割いて語られている最も恐ろしい予言こそ、「魔の水曜日」と呼ばれる大災害の連鎖なのだ。
その内容とは、関東地方の地震(M6.8程度)から始まり、東海地方で大地震発生、高さ80m〜120mの津波と続き、
さらに伊豆半島から日本海へ向けて亀裂が走り、最終的には「日本列島切断」に至るというものだ。
その発端が水曜日であり、カレンダー上で赤く見えたために祝日ではないかというのだ。
もっとも、すでに30年近く前の予言であるため、ハズレたものとして片付けるべきという意見もあるだろう。
松原氏自身も、昨年3月の東京講演会で
「この大災害は、われわれの目の黒いうちは起きない」
と語ったとされる。
そのため筆者は、「魔の水曜日」に関する予言をネット上に広めた張本人として、かねてから訂正する機会を窺っていた。
しかし、それでもなお完全に否定することを戸惑う要素もあるのだ。

天下泰平
http://tenkataihei.xxxblog.jp/
posted by datasea at 04:31| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする