2016年05月14日

松原照子予言

松原照子予言
<速報> 2012/6/18 13:00
いつも速報を出すと、皆様がご心配になるのではと思い、ついつい控え目になるのですが、
茨城南部辺りがこれからもよく揺れると思われますので、その周辺地域の方々は気を付けて下さい。
今日、大地震は感じませんが、首都周辺が2ヶ月くらいは揺れやすいと思われます。
日頃からご自分が生きている事を自覚なさって、生き力を高めるようになさって下さい。
東日本大地震が起きた地域もまだまだ油断は出来ません

あほうどりのひとりごと
http://www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com/

予知情報
http://satellite1122.blogspot.jp/
posted by datasea at 22:22| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

予知情報,松原照子

松原照子氏のスピリチュアル情報
<世見>
2016/01/01
新年明けましておめでとうございます。
真新しい原稿用紙でスタートした今年。
心も真新しくさせました。
十二支に興味のある方もない方も、年の初めは年賀状からも「申年」を意識してしまいます。
漢字で干支(かんし)と書いて「えと」と読みます。干は幹を現わし、支は枝を現わして干支だとか‥‥。
私がこの手の事を書く時は、私自身理解が出来ていないので「とか」が増えます。
十干というのもあるとか(笑)。
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸
聞こえるがまま書いて見て驚きました。
甲乙丙丁って昔の成績表(笑)。
もしかして、これから来ているのかなぁ。
申は十干でいうと九番目です。
申という字は「|」と「日」で出来ています。
この字は象形文字でいいますと 背骨と左右の肋骨を現わしているのですって。
だからネ。
今年は背筋を伸ばし、胸を張り、どんな出来事でも堂々と前だけを向いてこの一年乗り越えて行きましょうよ。
それと、油断をすると落とし穴も多いのが申年だ、とも今聞こえた気がします。
中国の小説の西遊記は国宝級の珍猿がモデルだとか。でもね。「インド」と云う声も今聞こえました。
真実がどちらでもいいのですが、今年は申年ですよ。
猿神様は子供の無事を願うのには一番身近な神様のようですよ。
猿田彦神はどこにおられるのでしょうネ。
日本も昔から猿神様が至る所におられたとか申します。
大阪の四天王寺の庚申堂の庚申の日に、コンニャクを北に向いて無言で食べると運が強くなるようです。
庚申の夜はセ〇〇スは休まないといけないそうです。

あほうどりのひとりごと
http://www.あほうどりのひとりごと.com/article/431979293.html

予知情報
http://satellite1122.blogspot.jp/






本年もよろしく。
管理人多忙につき、更新は断続的になります。
ご容赦ください。
予知情報
http://satellite1122.blogspot.jp/
のほうでも情報を収集中です。

fat pc


posted by datasea at 22:17| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予知情報,松原照子


―世界情勢―
「フランスの多発テロ」をニュースで見て心を痛めた人も多いことでしょう。
2013年頃から急速に勢力を拡大し、2014年には建国を宣言したイスラム国。
リーダーとされるバグダディー。
野望の裏にはかつてヒトラーが出現したように演出されたヒーローを影で作ろうとする陰謀が感じ取れて仕方がありません。
「オスマン帝国が甦る日が来ることはない」とは、不思議な世界の方の話しですが、彼の信念は本当のところどこにあるのだろうか。
「奴隷制の復活」がイスラム国の目指すものだとしたらかなり不自然な感じを受けます。
歴史は終わりのないドラマです。
イギリスは第一次世界大戦の時にいったい何をしたのか?
この度のイスラム国出現には100年前のイギリスの影の力に屈した人々の恨みが籠っているのがわかります。
パレスチナにユダヤ国家をどのような権利で認めたのか、フランス ロシアと中東はオスマン帝国領を分割する約束を何故交わせたのか?
イギリスはアラブ人に戦わせて何を得たのか?
私達は真実の歴史から目を離してはいけません。
ヨーロッパにとってオスマン帝国が脅威でなくなったことから今回の歴史物語が始まった気がします。
伝統的なイスラム教徒の学問とは本質的に異なるイスラム学。この辺りが現在進行系の出来事を複雑にしていると思われるのです。
1979年 イスラム革命が起きたのですがイスラムの国家理念がなく目指すものが違ったのも現実でした。
イスラム国を建国するならばイスラム諸国の連帯と協力があって出来るもの。
イスラム諸国会議と云うのがあったが第三世界の解放闘争への支援を目的として設立された国際機構はその後どのようになったのか?
イスラムは法が法学を生まず法学が法を生んだと言われています。
私はイスラム国がこうして活動できるのが解せないのです。
私達は空気だけでは生きてはいけません。
イスラム国の経済を支援している暗の世界があるはずだと思わずにはおれません。
宇宙からの大予言に私はこのようなことを書いていました。
「トルコは流れ弾を頭に受け 
帽子を飛ばし 
トルコ行進曲は天災・人災の下で聞くことになるでしょう。
彼らは地の揺れを神の怒りと知り 
山の噴火を神の声と知るでしょう。
神の怒りの火は黒海に流れ込み 
黒海の面積を小さくします。
アンゴラ難民はその時恐怖を知ります」
この言葉をそのまま受け止めるのか、はたまた、別の意味があるのかはわかりませんがトルコも深い闇の中に入ったと思います。
第一次世界大戦は1900万人の犠牲者を作りましたが未だに火種がゴロゴロしています。
ドイツ系の暗の支配者は今も健在です。
ニコライ2世のような犠牲を出したくない王室。
100年前の戦争が現在も進行系で第一次世界大戦から第二次世界大戦が起き、第三次世界大戦に進むシナリオが出来上がった気さえしています。
バクダディーはヒトラーにはなれません。
2016年はイスラム国の動向から目が離せません。
日本国民の望む・望まないに関わらず自衛隊の行動範囲が広がりました。

あほうどりのひとりごと
http://www.あほうどりのひとりごと.com/article/431979651.html

予知情報
http://satellite1122.blogspot.jp/




―経済―
国際通貨の動きがとても気になります。
イラク戦争が起きてから4年後サブプライム問題で世界が大きく揺れました。
イスラム国の建国が発表されたのが2014年。この2~3年に大きく世界経済が動かされる日が来そうです。
戦いとお金の動きは密接です。
為替の変動もこの1~2年は要注意。
香港証券取引所の動きをよく見ることをお薦めします。
第四位になった人民元。現在は今ひとつ現実感がないものの円は人民元にしてやられる日が今の政策ならば来るでしょう。
日本は赤字国。国を守るお金の使い方をしない限り赤字額は増え続けることでしょう。
まだまだ書きたいことがありますが、日々更新している世見をお読みくださいませ。

あほうどりのひとりごと
http://www.あほうどりのひとりごと.com/article/431979651.html

予知情報
http://satellite1122.blogspot.jp/

夢日記
http://datasea.seesaa.net/






予知情報
http://satellite1122.blogspot.jp/
のほうでも情報を収集中です。

fat pc
posted by datasea at 22:14| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予知情報,松原照子

世見新春特別企画『2016年大世見』
昨年 2015年を読み解こうとした時に頭の中に浮かんだ言葉が思いもよらない出来事でした。
この言葉の意味は現実には受けとめられることは出来ませんが、2011年を見ようとした時に浮かんだのが「いよいよ来るか」だったのを思い出します。
あの未曾有の大災害を体験をされた方々は特別な想いになられるのは勿論、
テレビ画面に釘付けになり心を痛めた私達は生涯忘れることはない2011年でした。
現在の地球は近年にない活動期に入ったと私だけではなくあなた様も感じておられることと思います。
地球は我々と同様に宇宙で命がある惑星です。
地球の寿命が残り46億年と言われても今ひとつピンとこないものの、こうして現在生きているのは現実です。
時代は大きく変わり始めた感じがする今日この頃。
私達は歴史の証人としてしっかりと心に刻み込まなくてはいけません。
1949年 中国と台湾が分断しました。
私が3才の時です。
昨年、中国と台湾は永い時を経て初会談が行われました。
この意味は大きく、台湾の総統選にも影響を与えることと思います。
中国と台湾は同じ考え方で同意することは当分ないと思われますが、
中国は台湾の国民党を後押しして台湾を牛耳りたい意図も感じます。
民進党が次なる総統選にどのような動きをするのかが今後の台湾が中国色になるかにかかっていると思われます。
中国がどのような手段を企てても手に入れたい南シナ海。
今年も中国から目が離せません。
それと、いよいよ来たか と思うのが日本を抜いて国際通貨の4位の座に着いたことです。
次に中国が狙うのは米ドルかユーロか、何故か英ポンドは狙いにない気がしています。
豪ドルは着々と計画が進みつつあります。
2014年は1位米ドル 2位ユーロ 3位英ポンドそして4位が日本円でした。
2014年は7位だった人民元。
2015年には4位です。
国際通貨5大体制時代が到来です。
IMFが人民元の採用決定したことが今後の世界経済を変化させて行くのは目に見えています。
米ドル ユーロ 英ポンド 人民元 円 加ドル 豪ドル スイスフラン
お金が お金を産む時代です。
習近平国家主席の計画は現在進行形です。私は以前から中国はいずれ連邦国になると書いてまいりました。
今もこの思いは変わりません。
爆買いなる新語の主役の中国人達。
彼らの次の爆買いは主要なる場所の物件。
東京が至る所で占拠される日は近い。
中国・台湾といった国籍を持つ人達がマンションを爆買いして行くのが目に映ります。
それと、中小企業も狙われているのを感じます。
日本の水の名所も狙われているのです。日本は土地の売買に国籍は関係がありません。
日本の人口が減り相続税が払えない人々が売却した相手が他国の人。このようなことが増え続けることでしょう。
気が付くと隣人が外人さんと云うことになるかもしれません。
外人さんが隣人だと駄目だと申し上げているのではありませんが、
日本の至る所の物件持ち主が中国や台湾韓国のお金持ちになってしまったら日本と本当に言えるのでしょうか。
今はもうひとつピンとこないかもしれませんが至る所で問題が噴出する日は近いと思っています。
中国は日本潰しを綿密に計画しています。
「円潰し」は4位の座を手にした今も完全潰しのシナリオ通りに進んでいます。
日本国は国内の問題より他国への顔作りばかりです。
踊らされていることに気付かない日本。
確かに地球温暖化は重要課題です。
途上国への支援も大切です。
日本はお金持ちではありません。
途上国支援の1位の座が日本は必要だったのでしょうか。
1.3兆円この金額が日本にとってどれだけ大金なのか
2020年までにこの1.3兆円が支援金として用意されます。
中国は地球温暖化には責任のある国ですが3800億円が示されています。
2020年まで後4年。
東京オリンピックが成功することを願う一人ですが 何故だか東京オリンピックが盛り上がらないと思える私がいます。
2016年から2018年にかけて日本列島の自然界は活動期。
災害 災害は目を覆います。
列車 電車 飛行機 乗物の事故は何故か気になる年。新幹線神話が崩れないことを願いたい。
2020年までの4年間で日本政府の言動ではテロもやって来ます。
若者の中にイスラム国に感化された若者の気を感じてもいます。
日本人が日本人をテロで殺害。
あってはならない事件です。
日本は平和ボケをしています。
テロも起きるまで私達は気付かないようにも思います。
―自然界―
自然界もご覧の通りスーパー異常が続いています。
PM2.5も自然界を病気にしている原因のひとつです。
日本も以前は四日市喘息といった空気が病気になり人間も病気になったことがあります。
空が青いのが当たり前と思えなくなった人々が増えると地球のこの先がとても心配になってしまいます。
「誰もが一人ぐらいいいだろう」がPM2.5を作り出している気もします。
偏西風に乗ってやって来るPM2.5は肺癌や気管支炎 喘息 肺炎に留まらずに目と鼻と病名を広げて行く。やっかいなもの。
スギ花粉が巨大に思えるくらい微小種子がPM2.5です。
今年もPM2.5には十分気を付けてお過ごしください。
―地震―
このようにタイトルを付けるととても気になることと思います。
地図を触って気を付ける周期に来たのが駿河湾から九州の東に続く海。
今年は2016年 2040年くらいまでにはかなり大きな地震が来る気が今日は(2015.12.16)しています。
いつもこの頃になると来年のことが気になり始め、月刊SYOの世の中の動きを書き始めます。
2040年と書いてしまうと随分と先にも思いますが、「いつ来てもおかしくない」と思う気持ちもします。
「2016年はどうなの」と今聞かれたら、「大丈夫」と書きたくなります。
だからと言って安心してもおられません。
M9クラスが駿河湾から九州の東沖のどこかに起きたら大変です。
世見で感じたままを書いて行きますのでこれからも毎日の世見(地震)を参考にしてください。
ただし、感じたことが外れることも多々あると思いますがご理解くださいませ。
「謎が多い」と不思議な世界の方も話されるエルニーニョ。
このエルニーニョは今後日本から四季を奪う勢いを感じてしまいます。
エルニーニョは数年に一度と言われていますが、長期に渡り居座りそうに思っています。
多雨も気になってもいます。
台風の数と云うより重複台風も気を付けて欲しいと思います。
地震だけが災害ではありません。
寒暖の差が気になるこの冬です。
ご自分の健康管理は十分になさってください。
地震は大和時代より前に使われたと申します。
日本書紀にも地震と云う言葉が出てくるとも言われます。
地が振動するから地震になったのかもしれませんが、地震は気になる災害のひとつです。
この地震と共にあるのが火山です。
日本には世界中の活火山の1割近くもあります。
2016年も油断は未だ出来ませんが少しだけ東日本大災害での地下に溜まったガスが抜けたようにも思います。
でも気になるお山がいっぱいです。
富士山は現在のお姿になるまで4回お姿を変えたと不思議な世界の方は話されます。
富士山が5回目の姿を変化される日もそれほど遠いとは思えません。
「2016年ですか」と聞かれると「違います」と書きたくなりますが、あれだけの人数が富士山に登り歩く度に振動を与えていると、新富士の下にある古富士が崩れ始める日が来るかもしれません。
一人の人の体重が例えば50kgだとして同じ日に千人登ったら50000kgが富士山の表面に乗りかかるのですから私には大変そうに思います。
人一人の一歩を踏みしめる時の力量を計算するとかなりの振動にも思います。
それ故に富士山噴火はスピードをあげている気がしています。
今度日本に大地震が起きた時、津波が一番被害を大きくすると思われます。
「東海 東南海」は特に気になります。
でも、気にして暮らすことはやめませんか。
私達はいつの日か死を迎えます。
起きてもいないのに心配や不安で過ごすと起きる前に病気や事故に遭いやすくなると思います。

あほうどりのひとりごと
http://www.あほうどりのひとりごと.com/article/431979651.html

予知情報
http://satellite1122.blogspot.jp/

夢日記
http://datasea.seesaa.net/





予知情報
http://satellite1122.blogspot.jp/
のほうでも情報を収集中です。

fat pc



posted by datasea at 22:13| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

予知情報

予知情報
2015年02月10日20:50
2015年2月11日は「魔の水曜日」?
2015年2月11日に日本列島が切断される!? 「魔の水曜日」について緊急考察!!
2015年がスタートし、早くも1カ月以上が過ぎた。
最近、一部で「今年の2月前後に大地震が起きる」という内容の噂が広がっているようだ。
『Yahoo!知恵袋』には、「2015年2月11日に日本列島で未曾有の大地震が発生すると、予言者の方々の意見をもとに算出予測しているのですが、不安でたまりません」という質問も投稿されている。今回は、本当にこの2月に未曾有の大災害が起きてしまうのか、真偽の程を探ってみることにしたい。
■噂の背景には、松原照子氏の予言?
さて、前述の投稿を目にした筆者は、改めてカレンダー上で2月11日を確認してみた。
するとこの日は、国民の休日(「建国記念の日」)となっている。
そこで初めて、ハッと気がついたのだ。
恐らくこの投稿者は、筆者が以前紹介した、松原照子氏の「魔の水曜日」の予言を前提に語っているのだろうと。
ブログ上で東日本大震災を予言したことで一躍有名になった松原氏だが、実は30年ほど前から『月刊ムー』(学習研究社)が特集を組むなど、一部ではよく知られた存在だった。氏は1987年1月に『宇宙からの大予言 ― 迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ』(現代書林)を上梓しており、その中で10ページもの紙面を割いて語られている最も恐ろしい予言こそ、「魔の水曜日」と呼ばれる大災害の連鎖なのだ。
その内容とは、関東地方の地震(M6.8程度)から始まり、東海地方で大地震発生、高さ80m〜120mの津波と続き、
さらに伊豆半島から日本海へ向けて亀裂が走り、最終的には「日本列島切断」に至るというものだ。
その発端が水曜日であり、カレンダー上で赤く見えたために祝日ではないかというのだ。
もっとも、すでに30年近く前の予言であるため、ハズレたものとして片付けるべきという意見もあるだろう。
松原氏自身も、昨年3月の東京講演会で
「この大災害は、われわれの目の黒いうちは起きない」
と語ったとされる。
そのため筆者は、「魔の水曜日」に関する予言をネット上に広めた張本人として、かねてから訂正する機会を窺っていた。
しかし、それでもなお完全に否定することを戸惑う要素もあるのだ。

天下泰平
http://tenkataihei.xxxblog.jp/
posted by datasea at 04:31| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

予知情報

予知情報

■災害
誰もが一番気になることは自然災害だと思い ます。
「災害は忘れた頃にやって来る」
こんな時代はもう終わった気がするのは私だ けでしょうか!
日本には第四紀の頃の火山が250ほどもあり ます。 その内の108ものお山が活火山だと言われて います。
でもネ。 有史以来、噴火をしなかった木曽の御嶽山は 1979年に噴火をしました。 そして昨年35年ぶりに御嶽山は噴火をして多 くの尊い命が天国に召されて行きました。
現在も小笠原諸島の西之島は面積を広げてい ます。 口永良部島の噴火は地図を見ていると阿蘇山 の噴火と何かしら関係があったのではと知識 のない私は思ってしまいます。
私達は身近に起きた災害以外はすぐに忘れや すく、2000年の三宅島雄山の噴火の3か月前 には北海道の有珠山が爆発、この4年後の秋 に浅間山も噴火しています。
私などは記憶に鮮明に残るのが1991年6月に 普賢岳が噴火して普賢岳付近の村を火砕流が 襲ったあの災害です。
私達は国分けで暮らしているので、ついつい こうした噴火も別の災害と捉える傾向がある 気がしますが、1991年6月末フィリピン・ル ソン島のピナツボ山も噴火をしたのを知ると これから起きる噴火は地球星として見た方が わかりやすいようにも思います。
火砕流の恐ろしさは、そこは灼熱の世界が広 がり火砕流の通り道は全て焼き尽くされま す。
山はいつ豹変するかわかりません。 雲仙普賢岳の時は突然山が雷鳴を轟かせたと 体験した人が話されておられます。そしてす ぐに、頂上付近の溶岩が斜面を一気に流れて 来たとも言われます。この溶岩は表面の灰色 とは異なり赤々と燃えたぎっているのです。
人力など到底及ばぬ世界がそこにはありま す。 昨年、災害については「ギリギリセーフ」と 申し上げました。
今年は「思いもしない出来事が起きる年」こ のように思ってしまっています。 思いもしない出来事とはどのようなことなの かわかりませんがこんなフレーズが浮かびま す。
東日本大地震の影響は噴火に関係ないと言わ れるかもしれませんが、私には地図を触って いて影響有りと思ってしまうのです。
2011年3月11日 「未曾有」この言葉が一番的確な大震災が起 きました。M9.0 この数字が物語ります。
津波は福島第一原子力発電所を直撃。 原子力発電所は自然災害以上の凶器にこの日 なってしまいました。
日本列島はこの大地震で東南東方向へ最大5.3 mも動きました。
「牡鹿」この地名が浮かんだのですぐさま愛 用の地図を開いた。 牡鹿を男鹿と勘違いをしていたために牡鹿を 探すのに手間取ってしまいました。
あった あった 宮城県なのだ。 エ〜 ここが1.2m沈んだ場所。 まさかとは思うが書いておきます。
地震変動の観測はきっとなされていたことで しょう。 でも、3月11日の大地震には前兆が見られな かった気がしてならないのです。
5.3mも動いたのが事実であればいつか又、大 きな反動が起きないとはいえません。近年中 にもう一度、東日本大地震の余震が起きると も思っているのです。
M7クラス以上はどこかで覚悟が必要なのかも しれませんが、東日本大地震の時の震源地周 辺とは限ってはいません。
話はいったん火山に戻ります。 山といえばやはり日本が誇る富士山です。
地図を開くと富士山と房総半島の洲崎とに一 本の線を引きたくなってしまった。
すると相模湾と相模灘の真中辺りで以前引い ていた線とバッティングする辺りがとても気 になりました。
昨年の12月頃から富士山より箱根山が気に なっていたのですが、先程引いた富士山と洲 崎を結ぶ線上に箱根山があった。
「強羅の湯かぁ」と亡き母と行ったことのあ る湯を思い出し、この湯の変化は重要ですと も書きたくなってしまった。
今年富士山噴火のXデーがあるのかと思った 時「ない」と聞こえたので嬉しくなったが、 伊豆東部火山群が少しずつ動いていると理由 なく思うと、もしかすると富士山は今年ギリ ギリセーフかもしれないとも思ってしまいま した。
108もある日本の活火山。いつどこが噴火す るかわからない時期を迎えたのは事実です。 蔵王山が噴火まで行かなかったらきっと地下 に溜まったエネルギーが出口を探して噴出を することだろうとも思います。
飛騨山脈と赤石山脈辺りは揺れると次なるス テップに行きそうです。 阿蘇山と桜島の間の霧島山も今後気を付けて 欲しいお山です。

あほうどりのひとりごと
http://breakingnew-site.seesaa.net/s/article/411712236.html




■地震
1686年この年に何が起きたのだろう? 1649年から1687年にかけての出来事とよく 似た動きがあるといつもながら急にこんなこ とを書いてしまいました。
タイトルを地震と書いた後だけに地震に関わ ることだとは推測できますがごめんなさい何 のことなのかわかりません。
日本地図を見ながら気にかかる場所を書いて いくことにいたします。
−北海道− 日本海側のプレート境界?と書いてあるのか なぁとも思ったのですが、もしあるのでした ら日本海の北海道から能登半島までのプレー ト境界?らしき辺りは気になります。南西沖 が今度揺れるとM7クラス以上になる恐れがあ ります。
留萌の沖合かなぁ〜。 今年でなければそんなに遠くない歳月に動く ように思いました。
プレート境界?に大きな揺れが起きると津波 には十分気を付けてください。根室半島 釧 路沖 十勝沖と申しますか太平洋側は要注意 と書きたくなりました。
−東北・関東− 首都直下の大地震のイメージが今日はわかず ホッとしたりしているのですが、宮城沖が又 大きく揺れると今度も広範囲に揺れます。
「福島中通り」「福島浜通り」突然ですが書 きたくなったので書いておきます。 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈 川では5クラスは覚悟した方がよいと思いま す。
フィリピン海プレートのプレート境界の辺り が徐々に動いているのかなぁと思ってしまい ました。
今まで大きく3度かなぁ揺れた辺りなのです が、今度揺れると1361と同じという声が聞こ え、M8以上と聞こえたのでゾォ〜としたので すが、プレート境界がどこなのか、フィリピ ン海プレートがどこなのか今書いたことは感 じるがまま書いているのでごめんなさい。
今度は地図を見ていると気になるところだけ を書き出して見ることにいたします。
―関東甲信越地方 新潟 鳥取− 今年からは5クラスの揺れに慣れていないと ダメな気もします。
「備えあれば憂いなし」
まさにこれからのことを言うのでしょう。 これからの2〜3年は試練が多く起きそうで気 掛かりです。 だからと言って怯えていてはせっかく手にし た感が鈍ります。
先ずはご自身の感を信じることです。 「不思議な世界の方々から教わった予知能力 を高める法」を先ず第一弾として出版いたし ました。
これからはあなた様の感をよりいっそう磨い ていただきたく思います。 地震につきましては感じたままを感じた日、 世見に書かせていただきます。

あほうどりのひとりごと
http://breakingnew-site.seesaa.net/s/article/411712236.html





■雪
日本の冬は雪景色が付いてまわります。 全国各地で積雪量の記録を塗り替えて行くこ とでしょう。
818cmも積もった新潟県の上越市。 これで驚いていてはいけません。 1182cmという記録を出した伊吹山。
今年は春の訪れの早い地位と3月になっても 雪を見る地位とハッキリしそうです。日本海 側は例年のことながら雪にはてこずることで しょう。
自衛隊が雪国に応援に出ているのが見えまし た。 高齢者が多いと思われる場所の孤立が気掛か りです。
今年は今まで降らなかった場所にも大雪が降 りやすいと思います。 送電線も雪害を受けそうです。
雪崩も十分気を付けておかないといけませ ん。 雪が降るかと思うと温かくなる。こんな感じ がするのです。
<日本海> 日本の海は私には日本らしく見えます。 海外で見た海とはやはりどこか違います。
「古第3紀・潮新世」こんなことを如何にも 知っているかのように書けるのが嬉しい。ど うやら3600万年〜2500万年前は現在の日本 の姿はなく、大陸と合体していました。
日本海ができたのですから地球は常に地球表 面を変化させているのがわかります。 この日本海に今変化が起きています。
チョウチョウアンコウのような深海魚は日本 海盆の縁辺りの器の穴のようなものを見つけ 今まで行けなかった場所に移動できる日が来 ることでしょう。
日本を取り囲む海の深い所で温度が今までと 違い深海魚は海の中の気圧を感じ取れなくな り私達の目に触れる所へと浮上して来ます。
海流がおかしいのです。 湾には海流に乗れなかった魚達が迷い込みま す。 黒潮本流と対馬海流との分かれ目辺りの異変 があるのかなぁとも思います。
大きく申しますと亜寒帯の循環に問題が生じ たのか、温暖化がこの問題を作ったのかとて も気になるところです。
黒潮は男らしさを発揮し、親潮は母親のよう な思いに満ち栄養豊富で魚達を育てていま す。
海流はいつも同じではない。 黒潮が大蛇行をすると今までとは捕れる魚が 変わってくる。
海は生きています。 私達がもたらした文明が海の世界も大きく変 えました。 そのために我々は巨大化する台風を体験する ことになってしまっています。
台風の被害も今年拡大します。 それと「ステラー・クリスタル」?も発生し そうです。

あほうどりのひとりごと
http://breakingnew-site.seesaa.net/s/article/411712236.html




◎今年も洪水は災害のセットのようにやって 来ます。 本川に集まるまでに人間が手を加えた川が今 年は危ない。
東京も油断をすると床下浸水を免れないだろ う。 荒川 隅田川は本川の影響を今年は受けやす いので本川での状況には十分注意をして欲し いと思います。
日本中にどれくらいの川の名があるのかはわ からないが、自分が住む近くの川の名くらい は覚えていて欲しいと思います。
天という字が浮かびました。 天という字が付く川ってどれだけあるので しょう。人工川にはもっとも注意です。 鶴見 豊 木曽 鈴鹿 荒 櫛田 円山 吉 井 肱 松浦 小丸 六角 那珂 意味がわ からず書いてしまいました。

あほうどりのひとりごと
http://breakingnew-site.seesaa.net/s/article/411712236.html





■竜巻
竜巻は今年も注意報がよく出ると思います。 関東平野は都心のビル群が山の働きをするた めに竜巻が起きやすいと思います。
茨城 群馬 栃木 埼玉 東京 神奈川 千 葉は竜巻注意報にはよく耳を傾けてくださ い。
災害は地震だけが恐ろしいのではありませ ん。 津波の恐怖は学びました。 竜巻 台風 土砂災害 河川の氾濫 噴火 これらの災害に遭うと災害には大きい小さい はありません。
アレ 困ったなぁ。山の近くの民家、雪崩が 起き埋まりそうで心配です。
今年も自然の力の凄さを感じる一年になるこ とでしょう。 自然界にありがとうの感謝の気持ちを忘れず に過ごしましょうネ。 これだけ書いても書き終わらないのが不思議 です。(2014年12月7日記)

あほうどりのひとりごと
http://breakingnew-site.seesaa.net/s/article/411712236.html





■経済
2015年がどのような一年になるのかを凄く書 きたくなってこうして書き始めたのが2014年 12月7日です。
衆議院の選挙は一週間後なのでどのような結 果になっているかはわかりませんが、大きく 政局が変わっているとは思えません。
株価は上昇して儲かっている人はほんの一部 の人です。 国債の格付けは韓国や中国より低いのを私達 は真剣に受け止めないといけません。このま まで行くと新たなる国債の買い手がなくなり ます。
格付けが下がるということは大変なことなの ですが、多くの国民は何故か他人事です。
「アベノミクス」に踊っていた人々が気付く 時は足元をすくわれた時。 なぁんて結果になっているかもしれません。 日本は先進国の中で財政状況は最悪です。
多分、2014年の12月には公債残高は驚く数字 になっていることでしょう。
驚きのついでにもうひとつ。イタリアより財 政が悪い状態です。
ここでとても気になることがあります。 国債はほとんどを国内で保有しているので す。 ということは、何かあると国内の経済にパ ニックが起きるということになります。
日銀ってどれだけお金持ちなのだろうと思 う。 私達の知らない世界でめくらだましをしてい るとしか思えません。 日銀の役目は為替の安定、物価も安定のはず です。
今年はデフレ脱却が赤信号であることを知る 結果になりそうです。 このままで行くと金融機関や投資家から総ス カンをくらう日も来ることでしょう。 円も130円越える日も来そうです。
国内の消費はもっと冷え込むことでしょう。 アベノミクスの成果をよく見て欲しいので す。 中小企業に働く人の数が多い日本。 賃金が本当にアップしたのでしょうか?
今年も多くの人の懐が豊かになるとは思えま せん。 それよりも大きな波が押し寄せて来るようで 不安です。
憲法第9条をあなたはどのように思います か? 「自衛のための実力行使までは放棄しない」 が安倍政権だったように思います。
同盟国を防護することができることになって しまった今、朝鮮半島で何かが起きた時アメ リカはどのような態度をとるのだろうか?
その時日本は同盟国の防護のために自衛隊出 動はあり得るようになった気がします。アメ リカと密接な関係にある日本。
2014年7月1日に閣議決定をされてしまった ことは実に凄いことだったと思う。もしかす ると、アメリカの思い通りに動いた結果のよ うにも思ってしまっています。
韓国・中国との外交における様々なことを見 ていると集団的自衛権の行使容認はかえって 悪化させたのではとも思います。
自衛隊の海外派兵は私達の知らないところで もはや約束済みかもしれません。

あほうどりのひとりごと
http://breakingnew-site.seesaa.net/s/article/411712236.html






■北朝鮮拉致問題
北朝鮮では調査を改めてしなくても拉致した 人々のことは十分把握している。
日本語しか話せない人があの国で生きていけ るはずもありません。拉致に目的がありまし たから監視下での生活をしていたはずです。
この国が崩壊する日はそんなに遠くない日に やって来ますが、お身内を持つご家族の皆様 が高齢になられているので胸が痛みます。
拉致問題が今年も進展を見ないで終わりそう なのが悲しい。 何故ならば、信実を公表できない現実がある からだと思われます。
それと、ロシアと親密路線をスタートされた こともあり制裁処置が今までほど答えていな いようにも思われるが、我国は実に甘く成果 を出していないのにも関わらず制裁解除をし てしまってもいます。
「生存者の発見」 こんなことを拉致した人達に申し入れをして いるのが私には?に感じるのです。
北朝鮮が何の理由で調査をするのでしょう? 調査など必要がなく真実を述べてもらう方向 しかないと私は思います。
何故ならば、生存者を今さら発見する必要が ないからです。この問題を考える度に腹の中 がグラグラと煮えたぎっているのがわかりま す。

あほうどりのひとりごと
http://breakingnew-site.seesaa.net/s/article/411712236.html





■中国・韓国との外交
靖国神社参拝の内政干渉は難癖を探した結果 正論のように表向きは外交問題のひとつとし てあげてはいますが、仲良くしたくない理由 は共産党内部の汚職に端を発して民衆が騒ぎ 出すのを止める手段としての手口でしかな い。
今年からいよいよ始まるであろうバブル崩 壊。 そんなに遠くないある日、巨額のどうしよう もない債券で中国経済はアップアップするこ とでしょう。
汚職をした人一人のお金が兆の付く金額を稼 げる仕組みの中国。 汚職の徹底的な排除などできない。
何故ならば、まったくもって潔白といえる政 治家や共産党のトップにはいないだろうと思 われるからだ。
アメリカを越えられると思った中国。 どうやら思惑通りに事は進んでいない。
日本人の道徳の精神は私の若き時代の頃とは 随分と薄くなったものの順番を守るあたりに はまだ残っています。
このことは良い例なのですが外交となるとお 人よしが随所に出て来てしまいます。
中国が世界の工場的役目だったのに終わりが 見え始める今、汚職を生きがいにしていた 人々にも先の不安を感じる時期が来た気がし ます。
バブルが崩壊してもこの国では一部の人の裕 福なのはかわりがない。 ただ、民衆はかなり冷え込む生活が待ってい ると思われます。
朴クネ大統領は日本の国をかなり馬鹿にして おられるのかもしれません。イエ、本当のと ころ親日を表に出せない理由があるのかもし れません。
例えば朴正照元大統領の娘故なのかとも思い ます。 何故ならば父親と自分を同じに見られたくな いからだとも思ってしまいます。
朴政権の寿命は短い。 笑顔で接する朴大統領の姿は女の弱々しささ えあるものの今はもう独裁者のようにも見え て来ています。
我国の記者への対応は韓流ドラマ好きの私の 心を傷付けました。第二次世界大戦の賠償問 題にしても慰安婦の問題にしても外交問題の 前に中国と足並みを揃えることで中国に媚び を売っているのではと疑問を感じてしまいま す。
尖閣諸島・竹島と今後も国内に何かが起き始 めると両国は様々なことをして来ることで しょう。
中国のウイグル地区問題に終わりが来る日は ないのが今は悲しい。 まだまだ沢山書きたいことがありますが世見 をお読みくださいませ。

あほうどりのひとりごと
http://breakingnew-site.seesaa.net/s/article/411712236.html




posted by datasea at 13:06| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

予知情報

松原照子氏のスピリチュアル情報
<世見>
2014/12/22
2015年の世見に気合が入って来ました。書けるだけ書きあげますので是非お読みくださいませ。
それとネ。
「不思議な世界の方々から教わった予知能力を高める法」は生きることが楽しくなることと、感を磨いていただけると思うことを書かせていただいていますので、お読みいただいていない方はお読みいただけますと嬉しいです。
アァ コマーシャルになってしまいました。
いつもながらいきなりなのですが、2050年には日本の人口は減少するものの世界の人口は90億人もの人がこの星に住むことになりそうです。
35年先、あなた様はおいくつになられていますか。
人口増加に伴い石油の枯渇の日が近付きます。
地球温暖化は人口増加で間違いなく進むことでしょう。
北極の氷が減少するとどうなるのでしょうネ。
このままで行くと北極海の海氷は夏から姿を消してしまうことも起きうると思っています。
ハマダラ蚊が近年中に力を増して活動を始めることでしょう。
これも温暖化が影響していると思われます。
蚊の発生は我々にとって命に関わる病をもたらします。
人類に直面する石油危機が迫っているのは確かですが、石油・石炭などの化石燃料は二酸化炭素 硫黄酸化物 窒素酸化物これらを排出するために温暖化を進めるのです。
我々一人一人にできることは物を大切にする心からしかこの問題を語れない気がします。

あほうどりのひとりごと★幸福への近道
http://breakingnew-site.seesaa.net/article/411049169.html








<照の日記>
ウキウキ
今日は朝から美空ひばりさんの歌が次から次に出て仕方がありません。
こんな日はネ。
心に春が来ているのでしょう。
だからネ。
ウキウキ気分を一日保つためにも少々のことは気にしないで過ごすことにします。
あなたも好きな歌を口ずさんで見てください。
勿論声を出してですよ。
記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

あほうどりのひとりごと★幸福への近道
http://breakingnew-site.seesaa.net/article/411049169.html
posted by datasea at 02:12| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

予知情報

松原照子氏のスピリチュアル情報
<世見>
2014/11/27
どこかマジックにでもかけられているかのようなアベノミクス。
あなたもご自分の今後のためにも政権運営を他人事だと思わずにいてください。
オバマ大統領の民主党はこの度の選挙で敗北しました。いよいよTPPは日本に嵐のようにやって来ることでしょう。
中国の習近平国家主席と安倍首相との会談で感じたことは、世間というのかな、他国への体面を考えて日本の首相と会っただけで、本当のところ会いたくないのが本音だったようにも私には見えました。
原油の値下がりの本当の恐ろしさはこれからジワジワと表面化することでしょう。我国の原子力発電所の再稼働を我々一人一人は真剣に受け止めないといけません。我国に東日本大地震の時に起きた福島原発事故が再び起きないと言い切れる人は誰もいないことでしょう。
東日本大地震は神からの警告だったとしたら、今度はもっと大きな被害で原子力発電所は人々を苦しめることになります。
静岡・愛媛には何基の原子炉がありますか。
いったい我国にどれだけの原子力発電所があるのでしょうか。原発の歴史は確か今年で48年経過していたと思います。
日本中にこれだけの原子力発電所を作った裏には一部の人の思惑が動いたからでしょう。「政治と金の問題」もきっと、我々の知らない世界で起きたようにも思います。
敦賀原発1号機はどうなっていますか?
きっと稼働すると此処だけではなく至るところで事故が起きやすいと思います。
日本に住む人々を守る神様が「ストップ」「やめなさい」と言っておられる声が聞こえるようです。

あほうどりのひとりごと★幸福への近道
http://breakingnew-site.seesaa.net/category/10167536-1.html




照の日記
一人ではない
★2014年11月27日(木)
鳥さんは飛んでいることが当たり前だと思っていることでしょう。モグラさんも土の中を移動できることがごく自然な行為だと思っていることでしょう。
私達人間も思考することができることを気にしたことはないことでしょう。
地球に住む生物に今できていることが当たり前なことは何ひとつとしてないと私は思っています。
もしかすると、地球ご自身のお心の中のものがこうした力を各生物に命の源として与えてくれているのかもしれません。
今日くらいご自分がどれだけのものに守られているかをご一緒に気付きましょうよ。

あほうどりのひとりごと★幸福への近道
http://breakingnew-site.seesaa.net/category/10167536-1.html


2014.3.28
自然を恐れぬ傲慢さ。自然を破壊し穢しぬれば、必ず自然の反撃を受けることとならん。
神の御意図とは、宇宙の法則、原因結果の法則ならん。
自然の猛威には人間の力にては立ち向かえぬ。
人間も自然のその一部。
宇宙の摂理を蔑ろにしたる文明はいずれ滅びん。
なれば、一人一人が己の生き方を見つめ直し改めねばならぬ。
今、自然と調和する生き方、文明こそ望まるる。

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示
http://696.kibanamano.net/archives/52197473.html

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/article/394226638.html




便利なるものを求めるあまり、あってはならぬものも作りだす。
子は自然に触れる機会無くゲームに夢中、住まいも大地から離れし高き場所に暮らし、このままにては人間らしさ失わるるばかりなり。
食の安全は無視され、添加物にまみれし食材を電子レンジにて調理せば、宇宙の氣得られぬ。
今の世は日本人気質を支える米にすらアレルギー持つ者ありなん。
さなる世を神は憂いてこの世を揺さぶり正さるる日は近きなり。
何事も過ぎたれば毒とならん。そは文明も同様なり。
人が生み出したる文明は侵してはならぬ領域に踏み込みて、人自らの首を絞めんとす。

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示
http://696.kibanamano.net/archives/52197994.html

さうさう
http://takehariy.seesaa.net/
posted by datasea at 14:40| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

噴火情報

阿蘇山噴火 約30km離れた大分・竹田市でも降灰 白菜に被害
フジテレビ系(FNN) 11月27日(木)1時14分配信
25日、1カ月ぶりに小規模な噴火が発生した熊本県の阿蘇山の中岳第一火口で、26日、噴煙は上空1,000メートルまで上がった。断続的に噴火が続く中、専門家は、阿蘇山で起きている、ある異変を指摘している。
もうもうと立ちのぼる噴煙、そして、赤い炎。
これは26日、阿蘇山の中岳第一火口で確認された「火炎現象」。
高温の火山ガスが自然発火することで起こるこの現象。
映像には、噴石が勢いよく飛ぶ様子もとらえられていた。
25日、1カ月ぶりに小規模な噴火が発生した熊本県の阿蘇山。
噴煙は、26日午前9時の時点で、中岳第一火口から上空1,000メートルに達したことが確認された。
火口からおよそ1kmのロープウエー乗り場では、停車してまもない車にも、うっすらと火山灰が積もっていた。
観光客は「火山灰が降ってくるって。(傘にも)パラパラきていますので」と話した。
調査を行っている気象台の職員も、「雨量計の中にも、灰がいっぱい入っている。目がしょぼしょぼする」と電話で話していた。
噴火の影響は、阿蘇山からおよそ30km離れた、大分・竹田市でも見られた。
収穫期を迎えた白菜が火山灰をかぶり、農家では、灰を水で洗い落とす作業に追われた。
白菜の生産者は「せっかく、きょうから採り始めて、こんな状態で、ショックを受けていますね。何十年か前に、阿蘇山が爆発して、その時は、全く収穫できなかったんですよ」と話した。
2014年1月にも、小規模な噴火が発生した阿蘇山に、今、何が起こっているのか。
専門家によると、地下にあるマグマだまりに異変が見られるという。
東京大学地震研究所火山噴火予知研究センターの青木陽介助教は「(マグマだまりが)ことしのはじめから、だんだんと膨張しています。その膨張スピードが、(2011年に噴火した)新燃岳のマグマだまりの膨張のスピードと、同じぐらいと考えています」と話した。
噴煙とともに舞い上がる、無数の噴石。
2011年、鹿児島と宮崎の県境にある新燃岳で起きた噴火。
この噴火の前には、マグマだまりの急速な膨張が観測されていた。
阿蘇山でも、2014年に入り、マグマだまりが膨張を続けている。
地表に近づいたマグマには、かかる圧力が低下。
このため、中に含まれている火山ガスが気化し、激しく噴出している状態だという。
今後については、活動がさらに活発になる場合、次のような予兆があると指摘した。
青木助教は「今は、心配するほどのものではないんですけれども、より大きな火山活動が発生するとすれば、山体の膨らみが、地面の変形として観測されるはずですので、それに注意を払う必要があります」と話した。
福岡管区気象台は、現在、噴火警戒レベルをこれまでと同じく、火口周辺1km圏内への立ち入りを規制する「2」のままとしている。
しかし今後、噴火が長期化すれば、レベルの引き上げも検討するとしている。
最終更新:11月27日(木)1時14分
Fuji News Network

Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20141127-00000574-fnn-soci







熊本空港行きの欠航相次ぐ 阿蘇中岳、噴煙の影響
テレビ朝日系(ANN) 11月27日(木)10時31分配信
熊本県の阿蘇中岳が25日から噴火していますが、その噴煙の影響で熊本空港では空の便に影響が出ています。
熊本空港などによりますと、熊本空港への到着便では、全日空など3便が福岡空港に行き先を変更しています。また、LCCのジェットスターは、成田、中部、関西発熊本行きの便を欠航にしています。阿蘇中岳は25日午前10時すぎに噴火し、26日は火口から高さ1000mまで噴煙が上がっているのが確認されています。また、火口から1km以内の立ち入りが規制されています。

Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20141127-00000009-ann-soci









2014年05月11日05:50
【噴火】
桜島で爆発的な噴火を観測!噴煙の高さは約4500メートルで観測史上2位の規模!川内原発から約50キロの距離で発生!
2014年05月10日13時07分に鹿児島県の桜島で爆発的な噴火を観測しました。気象庁等の情報によると、噴煙の高さは約4500メートルで、2006年からの観測データでは2番目に大きな噴火とのことです。今年に桜島で観測した噴火の回数は126回となっており、先月辺りから妙に強い噴火が頻発しています。
桜島は再稼働問題で揉めている川内原発から約50キロの位置にあるため、今後も桜島の活動には警戒が必要です。100年前には今回とは桁違いに規模の大きな噴火が桜島で発生していますし、政府は原発を含めて、今の内に大噴火の対策をしておくべきだと私は思います。

桜島ライブカメラ
http://373news.com/_sakucap/index.php?time=1399721815#live_cam
20140510203716funnka01.jpg

真実を探すブログ
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2503.html
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2211.html



火山情報
「世見」(4.26)
地球には550程の活火山があります。現在この活火山の中で17ものお山がいつ大噴火をしてもおかしくないと不思議な世界の方は話されています。(中略)今の地球はわずか数カ月で土壌が甦る噴火なる行動をとりたがっているように不思議な世界の方は言っておられるように私は思いました。(引用終わり)
浅川先生の本日の記事、「地震・噴火情報」、In Deepさんの本日の記事は、
「富士山はもう日本人を守らない」。お二人ともかなり気を使って書いてます。
「富士山の世界遺産決定」に関して、私も複雑な心境だと申しましたが、特にIn Deepさんは懐疑的にとらえています。

MU(ムー)のブログ
http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-1088.html

posted by datasea at 14:13| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

予知情報:松原氏

2013-08-01
迫り来る富士山噴火の時期は?
今朝またハピズムで、私が書いた記事が掲載された。
「女性自身」7/9号で松原照子さんが予言している富士山噴火をネタにしたものだ。
科学的前兆現象や科学者の予測などもふまえて、いつ頃噴火しそうかを、自分なりにまとめてみた。
まず、こちらの記事を読んでください。
* 2014年に噴火!? 富士山の登山客増加が、噴火を誘発する可能性を予言者・松原照子が示唆
http://happism.cyzowoman.com/2013/08/post_2782.html
この記事のまとめとして書いているように、松原照子氏、木村政昭名誉教授、(アヤシイ)百瀬のダウジング結果などを総合すると…
「2014年〜2016年頃に富士山が噴火する可能性が大きい」
ということになりそうだ。
また、下記のハピズム記事で書いたように、南海トラフ地震の予測としては…
* 松原照子氏(予言の解読):2016年または2017年
* 2016年12月頃:週刊現代6/29号の記事で占い師など9名が予測(2番めに多い)
* 2016年後半〜2017年:百瀬のダウジング予測
といったところが重なっていて、不気味だ。
* 今年の11月に南海トラフ地震がくる!?  研究者など20人以上が出した予想とは?
http://happism.cyzowoman.com/2013/07/post_2666.html
富士山噴火→南海トラフ?
以上を更にまとめると…
「2014年〜2016年頃に富士山が噴火し、その後または同時期の2016年〜2017年に南海トラフ地震が起きる(かもしれない)」
となる。
我ながら「ほんとかな?」という気がするが。

ちなみに、体感予知で有名なリシルさんは「霊さん」からの情報で、2015年夏に南海トラフ地震(東海地震)が起きると言われたという。

ハピズム記事で紹介した産業技術総合研究所の研究では、南海トラフ地震のような巨大地震が富士山噴火を誘発する可能性があるという。
上記のパターンでは、その逆になりそうだ。
更に、首都直下型地震も富士山と南海トラフと連動しそうな気がしてならないと、松原さんは女性自身の取材で語っている。
今年秋頃に大災害の説も
その一方では、今年後半に大きな自然災害が起きるという予言や予測のたぐいが目立つ。
それらをまとめると…
* アレクセイ・リュブシン:2013年後半〜2014年春に南海トラフ地震(?)
* ロン・バード:2〜3ヶ月後に大きな災害
* 週刊現代6/29号の記事で占い師など12名が2013年11月と予測(最も多い)
* 比嘉良丸さん:2013年10月に南海トラフ、富士山噴火、関東地震など
* ある年暦で、11月7日または11月25日が大災害の危険がある(7/22探求三昧記事参照)
ちなみに、今年は九星で五黄土星だが、この年に大きな地震などがよく起きているという。
自然災害に要注意な年だというのだ。
たしかに、さまざまな前兆現象が起きている。
伊豆・小笠原諸島近海で巨大地震という声もある。
今年起きなければ、2015年〜2017年?
または、今年は富士山や南海トラフ以外の別の災害があるのか。
いろんな予言や予測をまとめると、とにかくこの数年間は、地震や火山噴火の災害に注意しなければならないということになるだろうか。
予言はあくまでも予言で、通常は当たる確率の方が低いが、用心するに越したことはない。
日本では歴史を通じて度重なる津波の被害があったのに、多くの死者が出たところでも、しばらくすると忘れ去られてしまう。
予言のたぐいは、災害の危険性を常に心にとめておくためにも、存在価値はあると思うのだ。

探求三昧 by 百瀬直也
http://tankyu.hatenablog.com/entry/20130801/fujisan

posted by datasea at 16:23| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする