2019年08月06日

fumitakakarasu: 松原照子へ情報を送るブラヴァツキーらはホワイトブラザーフッド(白色同胞団)の関係者

fumitakakarasu: 松原照子へ情報を送るブラヴァツキーらはホワイトブラザーフッド(白色同胞団)の関係者
・松原照子さんの異次元世界の不思議な世界からの方々の正体は、ブラヴァツキー夫人や神智学のクート・フーミ大師等といわれます。
これらの大師も、いわゆる「普通の人」に憑依して、姿を現わすようです。
異星人のコンタクティも普通の人が多いといわれます。
ホワイトブラザーフッド(白色同胞団)の関係者なのかもしれません。
ホワイト・ブラザーフッド(白色同胞団)の本拠地はアンタレスにあるそうです。
「アンタレス人は、トルコ人、ギリシャ人、スペイン人のDNAに関係し、同性愛者で生殖目的でのみ女を使用すると考えられている」といわれます。
その昔、アンタレスにエーテル質量を操作できる異星人がいて、自由に宇宙旅行をしたといわれます。
「不思議な世界の方々」の正体は、正確には分かりませんが、大変貴重な情報のようです。
・「ホワイト・ブラザーフッド(白色同胞団)の連中(不思議な世界の人々)が、現代に(東日本大震災を予言的中した)松原照子さんというエスパー(超能力者)にコンタクトしている」そうですが、奇妙な話です。
・大震災も8年経ちましたが、松原照子さんは「東日本大震災を予言・的中させた」一人として、話題だったといわれます。
「その予言をブログ『幸福への近道』に公開したところ的中。話題騒然となってアクセス数は急増し、1日平均約30万件にも達して一時はパンク状態に陥ったという」
と語られています。
・ブラヴァツキー夫人やクート・フーミ大師などのアデプト(大師)などのコンタクティだそうですが、
彼らにビジョンを見せてもらえ予言するそうです。
そのメカニズムは、神のような人物からビジョンを見せてもらい予言の手紙を書くというブラジルの夢見のコンタクティ、ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースを思わせます。
・東日本大震災を予言・的中させた松原照子さんは、『宇宙からの大予言』を1986年12月に出版していますが、『幸福への近道』の出版までは、25年間の空白期間があり、その間も「不思議な世界の人々」とコンタクトがあったと語られています。
・これも世にも奇妙な物語のようです。松原照子さんは、ホワイト・ブラザーフッド(白色同胞団)のコンタクティでありチャネラーということで、驚きです。アストラル界の住人たちが地上の人間にコンタクトすることもあるようです。極めて貴重な事例のようです。
・『幸せを導く未来の暦』も出版されています。が、より詳細な「不思議な世界の人々」とのコンタクト内容を知りたいものです。「信じるか信じないかはあなた次第です」という言葉がありますが、コンタクティの世界は私たち一般人にとっては、世にも奇妙な物語ばかりのようです。
松原照子さんの例は普通の人に神々が憑依した例のようです。

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受ける
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/folder/1612209.html?m=lc&p=9
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/57034012.html
posted by datasea at 10:57| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

松原照子: 揺れそうです。。(2019.7.17)


FB_IMG_1563415534500.jpg


松原照子: 揺れそうです。。(2019.7.17)
揺れそうです
海溝型プレート,
日向灘プレート,
安芸灘,伊予灘,備後水道プレート
********
三浦,
深谷,立川,新庄,
十日町,木曽,
和歌山,六甲,
久留米,
麻積,塩見,

gakn pc




<日月神示:八と十八と五月と九月と十月に気つけてくれよ。・・・大阪北部地震・山形県沖地震はともに6月18日だった!>
http://nosto.livedoor.blog/archives/692257.html
<琉球大学名誉教授・木村政昭:警戒すべき日向灘南部沖地震>
[http://nosto.livedoor.blog/archives/569382.html](http://nosto.livedoor.blog/archives/569382.html?fbclid=IwAR1WUPFcxVFALCnjJr9mjLvqQZtD-lt9dzolo5vA6BiTw75UNphYAjly954)
松原照子さんが予言?しているので、日向灘南部沖は数年要注意かも?

Facebook
https://www.facebook.com/groups/464672723885090/permalink/912614649090893/






【日月神示】大阪北部(2018年)・山形県沖(2019年)ともに6月18日の大地震/十八日はいくらでもある恐ろしい日
2019/06/19 02:11
2019年6月19日 山形県酒田沖地震
2018年6月18日 大阪北部地震
昨年6月18日は大阪北部地震、そして今年の同日は山形県酒田沖の地震。
日月神示、見事な的中、大峠が近づいている。
富士の巻(二十七帖):八と十八と五月と九月と十月に気つけてくれよ。
日の巻(十帖):この度は幕の一ぞ。日本の臣民これで戦い済むように申しているが、戦いはこれからぞ。旧十月八日、十八日はいくらでもあるぞ。三月三日、五月五日は良き日ぞ。恐ろしい日ざぞ。今は型であるぞ。早う改心すれば型小さくて済むなれど、掃除大きくなるぞ。
日の出の巻(四帖):旧十月八日、十八日、五月五日、三月三日はいくらでもあるぞと申してあろが、この日は人民には恐ろしい日であれど、神には結構な日ぞと申してあろが、神心になれば、神とまつわれば、神とあななえば、臣民にも結構な日となるのぞ。その時は五六七(ミロク)の世となるのざぞ。
<【日月神示】三月三日、五月五日は良き日ぞ、恐ろしい日ざぞ。>

ハルマゲドンの大峠 ノストラダムス予言研究家ザール隊長
http://nosto.livedoor.blog/archives/569388.html


Screenshot_20190719-064421.png



久しぶりに電磁波か強烈になり、「歪の塊」です。
手こうなると、正確なカウントはできず、15時は69万回までカウントしていましたが、20じは51万回まで下がりました。
地震回数も東日本では24時間の回数が216回です。
西さんの報告にあるように、太陽風の地場の強度が上がりました。
台風の接近もあり、「大き目の揺れの地震」に警戒してください。
岩手県の地震は「余震」なので、1回しか揺れていません。

Facebook
https://www.facebook.com/groups/962952053758679/permalink/2536591739728028/




パソコンが 2台とも不調です。
電磁波の関係なのか、「クロックが乱れている」ようで、音声が「変な伸び」のある音になります。
CPUの「コアの電圧が 0.4−0.7 Vなので、おそらくこれに混ざってきている周波数帯がありそうです。
周波数も、770MHZから、1.400MHZなので、昔の携帯の電波の帯域です。
TECのGPSのロック損失率が高めで、電子数も高いので、【大きめの地震の発生】に充分気を付けてください。
HI-NETの24時間で関東南部にやや深い地震が起きています。
マグニチュードが大きければ、地上でも「大きな揺れ」になります。

Facebook
https://www.facebook.com/groups/962952053758679/permalink/2521084507945418/




Screenshot_20190719-070759.png



posted by datasea at 11:51| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

松原照子霊視: 岩崎弥太郎,石油発見の時代

松原照子霊視: 岩崎弥太郎,石油発見の時代
2019.6
「アメリカ先住民が,昔のままアメリカでくらしていたなら,地球は今のようになっていなかったのですよ」
キッチンのテーブルで原橋を書く私に誰かが話しかけてきます。女性の声です。。
耳をすますと、CDのヴァイオリンの音がいつものように流れて,ユリの香りと合体して心を癒してくれます。
その合間を縫うように女性が話をつづけます。。
「北米にある五大湖のひとつエリー湖には、自然に湧きだす石油がありました。
インディアンたちは、この石油を神からの恵みと思い煮炊きや暖を取ることに使っていました。
筱らは自然を愛し自然とともに生と死を味わいなから暮らしていたのです。。
そこへやってきにのがエドウインL.ドレイクです。
被は石汨の大量採掘を史上はじめて行い、成功させました。1959年のことです。
こうして1960年代には石油が天下をとる時代を迎えました。
このときからロックフェラーがアメリカを午耳るようになっていくのです。
いえ、世界を手に入ていくのです」
沈黙が流れました。
エドウインL.ドレイクは1959年8月27日、ペンシルヴァニア州のオイルクリークで原油を堀り当て、多量の採油に成功した。
たが、採油の特許取得に失敗し、やがて石油投機で財産を失った。
「エドウインL.ドレイクは地中から石油を取り自す方法を発見したが、ジョンD.ロックフェラーは石油から金を引き出す方法を発見した」
という言葉があるそうだ。
ジョンD.ロックフェラーは、ドレイクが石油をり当てた3年後の1863年に
クラーク・ロックフェラー・アンドリウス製油所
を設立し、製品を「スタンダート・オイル」と名づけた。
これがスタンダード石油のはじまりで、1883年にはアメリ力で産出する石油のうち約90パーセントをに輸入・輸送・精製・販売する巨大会社となった。
「岩崎弥太郎という人物を知っていますか??」
「はい。名前だけは」
「彼はロックフェラー家の一員になった最初の日本人で、死の商人といってもよい人です。
アメリカ南北戦争の終結後、明治改府に式器・弾薬・艦船を納めなけれは、あるいはこのときに岩崎弥太郎とロックフェラーとのバイプラインか生ま
れなければ、日本は第2次世界大戦に突入しなかったと、私たちは見ています」
澁澤栄一という人物がら日本郵船を奪い取り、三菱と三井は、このときロックフェラーの支配下に入ったのです」
岩崎弥太郎は三菱財閥の創業者。
南北戦争後のアメリカから武器や船舶を調達して明治政府に納め、それによって明治政府政は西南の役を鎮圧した。
西南の役後、明治政府が使用した武器は三菱財閥に安く買い下げられ、財閥の基となたといわれる。
新ー万円札の顔となることになった澁澤栄一は、岩崎が設立した郵便汽船三菱会社に対抗するため、三井財閥を中心に共同運輸会社を設立。
両社は2年半にわたるビジネス戦争を経て合併し、日本郵船となった。
「一般の人々は知ろうとしないのか、それとも知ることができないのかは知りませんが、時代によって異なりますが、今の日本がひと握りの人の手でつくられたことを知っておくことが大切です」
そうそう、石油か発見されていちはん喜んだのは鯨だったのかもしれません。
そハまで北米では、鯨油を採るために鯨漁が行われていましたが、石油の発見で姿を消したからです」
ここで皆様に、インディアンのショーニー族の戦士テカムセの言葉をおくります。
「朝おきたら、太陽の光と、お前の命と、お前の力に感謝することだ。
どうして感謝するのか、その理田がわからないとしたら、それは、お前目身の中の罪がとぐろをいている証拠だ」
彼は1813年45歳でこの世を去りました。
私たちは独自の価値観で物事を量り、文明の利機や便利さを追求した品々にかこまれて暮らしています。
そのにめが、生きることの本当の意味を忘れてしまったのがもしれません。
彼が亡くなった206年前の世界を想像することすらできませんが、インディアンの生き方は見事だと思えるのです。
私たちは、インディアンの心を持たなけれはいけない気がいたします。
―雑誌ムー,2019年7月号,

fdfsdfsdfsd pc


posted by datasea at 01:31| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする