2019年11月23日

長田明子: 神々からのメッセージ,茨城県鹿島市/鹿島神宮〜江戸の邪気一掃するぞ (2011)


鹿島神宮,茨城県鹿島市,
書庫神々の言霊
2011/12/23(金)午後9:36
神々からのメッセージ第一章関東一周予言の旅
<転載抜粋開始>
鹿島神宮,茨城県鹿島市,
平成十八年一月二十一日
私の日本全国祈りの旅は人との出会いの旅でもありました。
まるでお導きのように出会った方々。
今回茨城、千葉を一緒に廻って下さったのは栃木県に住むMさん。
Mさんとは宮崎県高千穂のペンションで偶然出会い、次の日一緒に神社巡り。
彼女も全国の呼ばれた聖地を廻っている方でした。
彼女の運転で、今回は東三国社といわれる鹿島神社・香取神宮・息栖神社へ。
鹿島神宮は創建紀元六百六十年。
主催神は武道の神として有名な武甕槌神(タケミカヅチシン)です。
宝物館には全長二百七十一センチという国宝の剣(直刀)があり、長大な剣が
武甕槌神の本来の姿といわれています。奥宮で祈った後、Mさんに案内されて
水戸黄門(徳川光圀)が七日間ほり続けても掘ることができなかったという要石を
見ました。
地表には本当にわずかしか顔を出していないこの石を見ながら神示を書き留めました。この石は地震を司る石といわれています。
神示(武甕槌神<タケミカヅチシン>)
明子殿、武甕槌神なる
この地へよう参られたました。M殿御苦労なりまする
この石、この地より関東の地を、地球を司り支えてきた
(この地より通じる道、地下を通りいくつもの気が通じるのだ。)
この石が、地下の気の道動かしておる
これより地下を通じて富士動かすぞ
富士とこの地繋ぐのであるぞ、鹿島守られた聖地
この地へ、江戸の邪気が届く前に
江戸の邪気一掃するぞ
江戸に気の復活なるぞ
富士と御岳、山のネットワーク繋ぎ
富士と鹿島、地下のネットワーク繋ぎ
刀を地面に突き刺し揺るがそうぞ
人々へ伝えよ。富士・江戸開くぞ
開きし時にこれは偶然でなく
神の思いであること皆々気づけよ
出雲の国づくり国を動かした神
我再度、今回は(神ではなく)、人を動かし地を動かし
神の世作りに貢献するぞ
この石まもりたまえ
常陸(とこたち)の人々よこの地まもりたまえ
水の恵み、海の恵みに守られたこの地に
神がいること気づきたまえ
いずれこの霞ヶ浦にも竜神おりるぞ
この地で霊力を得た竜神
一度壊れて建て直しの江戸へ向かうぞ
準備しておきたまえ
この地の祈り人よ祈りたまえ
力を蓄え、江戸、建て直しの時
海と竜神のパワーこの地より海の気も送るぞ
地下の通路繋ぐぞ
何度もいうぞ、地震は神が起こすぞ
地震の日時は人間には予測できぬぞ
人間予測した日をわざとはずして
神は、同時に分かるような方法で
残すものは残して起こすぞ
この地、守るには、この地の祈り人の復活
剣は平和のために使うぞ
人々よ、この石のパワー偉大なるぞ
気を運ぶものに気づかれよ
石に木に、気がはいるぞ、粗末にしてはならぬぞ
江戸、地震で倒れたあとは木を植えよ
自然を戻し、気を元へ戻そう
日本の中心、江戸ではないぞ
各地で各地のネットワークで気を回せ
再び集中してはならぬぞ
そのための一掃の地震であるぞ
富士と繋ぎ、さあ動かすぞ
安房(あわ)いけるぞ、祈りたのむぞ
さすが、厳しい口調の男神さまでした。この地は守られるのでしょう。
「江戸の邪気一掃し、鹿島の聖地守るぞ、富士動かすぞ。」
怒っていらっしゃいます。まるで聖地を守るための神と邪の戦いのようです。
その後、神示通り霞ヶ浦の川岸で雪の中で祈りました。
竜神復活を願って「竜神祝詞」をあげました。
雪が降り続いています。大雪になりそうです。千葉の南端、房総半島の安房神社へ
行くことを沖縄出発三日前に突然神示で頂きました。
「果たして大雪の中、大丈夫なのか」と考えていたところ、「安房いけるぞ」と心強い
後押しの神示を頂き、予定どおり廻ることにしました。
<転載抜粋おわり>
神々からのメッセージ予言編
新星出版長田明子著

本物を探す旅
https://blogs.yahoo.co.jp/ryo_smileforme/

posted by datasea at 00:00| Comment(0) | ◯ 霊視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

長田明子: 神々からのメッセージ,石川県白山市/白山比盗_社〜富士-御岳-白山から白頭山へ

長田明子: 神々からのメッセージ,石川県白山市/白山比盗_社〜富士-御岳-白山から白頭山へ
白山比刀iしらやまひめ)神社,石川県白山市,
書庫神々の言霊
2011/12/22(木)午後9:57
神々からのメッセージ第三章,神々からの予言の旅
<転載抜粋開始>
白山比刀iしらやまひめ)神社石川県白山市平成18年5月19日
白山比盗_社へは金沢駅から北陸鉄道に乗って加賀一の駅で下車。昼過ぎに
富山駅から金沢へ向かったため白山比盗_社に着いたのは午後4時過ぎでした。
(中略)
ここ白山比盗_社で琉球からの繋ぎの神業くくるように、大事な役目を頂いておりました。
しとしとふり続く雨の神社で祈りながら、私の脳裏に北海道から鹿児島まで廻り続けた神社が走馬灯のように蘇ってきました。
私は必死で廻りました。
約一年半。「もうすぐゴール」ほっとしたのか、涙で眼が潤みました。
長い神示になりました。傘をさしながら、途中からしゃがみ込んで神示を書き留めました。
神示(伊邪那美神<いざなみしん>)
明子殿、大事なお役目ご苦労でございました
琉球より繋いで頂き感謝申し上げます
伊邪那美なりまする
崇神天皇の時代より計画されし日本の建て直しいよいよなりまする
二千年神々が見続けたこの地は
厳しくたくましき白山に見守られ
日の本、復活なる時を待ち望んでおりました
いよいよなりまする
一度この世を閉じましょう
一度くくって建て直し
くくるとは、苦しみも苦悩もすべてくくり
無となってまっさらな気持ちですべてをやり直すこと
裁きの厳しき菊理姫神(くくりひめしん)は日本国裁き、よしとするのは
日本国がこれよりくる天変地異を受け入れて後
人々の改心をみて決断を下したいと申しております
浄化ののち白山開きましょう
これにて美江殿の神業くくり終わりなりまする
御苦労でございました
美江殿、よみがえりの地この白山で
そなたの弟子より(美江殿が)しっかりお役目果たされ
祈り続けましたことご報告を受けました
感謝申し上げます
身体をいといこれより静かに暮らされるとよい
そなたの思いこれより動ける若い御霊に引継ぎましょう
さあ、明子殿、くくって始まりなりまする
もう間近にせまった東京の浄化を合図にいよいよ始まりなりまする
神々総動員で動きまする
戦国時代の浄化の祈りを終えしのち(誰かに祈り頼んで下さいませ)
また光輝く祈りの地として復活いたしましょう
日本国浄化の時、この地もまた守られましょうぞ
しかし、それは人々の改心次第であり
(都会化した金沢の気はおちており)
早く気づいて祈り目覚めて下さい
山を征服してはなりませぬ
山の神の裁きを受けます
山と共存して、山を守り、山の資源に守られて
人間は共生して生き抜くのです
厳しい時代、もうすぐ
飛騨高山がスメラミコトの中心であり
またこの加賀国は、日本国を守る崇神天皇の思いの
こめられた地であることを
人々気づき思い出して下さいませ
日本国守ってこそ、世界が守られます
どうぞ加賀の人々よ
この地で世界の平和も祈ってくださいませ
古きよき日本の文化の残る金沢の地を
神々は残したいと思っております
京を守る日本の鬼門の結界なりまする
京を守る結界を三重にも四重にも造りましょう
祈りに守られた日本国造り直しましょう
いずれ日本の象徴の山は御嶽山となりましょう
御嶽山に守られた日本国
白山は北朝鮮の白頭山(パクトウザン)と繋ぎ
日本と大陸を繋ぐ大事な山の霊線これより繋ぎます
富士から御岳、そして白山から白頭山へ
神々の思い人々受け取ってくだされよ
海を越えた歴史の書き換えなりまする
北朝鮮にも同じ古墳の壁画がございます(高句麗の時代)
日本と朝鮮半島はこれより仲良く和合し
世界を建て直さねばならぬのです
素戔鳴神(スサナルシン)の思い竹島揺すりましょう
竹島動きし時、人々気づくでありましょうか
同じルーツをもつ大陸の仲間たちと国境を越えて
いずれ世を建て直す時がやってきます
その前にそれぞれの国々が(日本を含めて)
天変地異の浄化を受け苦しみながら、最後に和合して
日本から中国大陸へ
そして全世界へ繋ぐシナリオはできています
修正はありとも、シナリオどおりに進まねば
百年の後のすい星の衝突への時間がもうありません
同時進行なりまする
各国各地でくくって終わって
新たな始まりが次々と起こります
にせのメシアを見抜いて下さい
にせの支配者の出現も伝えておきましょう
本物は浄化終わりし頃にちゃんと出て参ります
苦しいけど耐えねばなりません
次生まれ変わる時、きっと神の世です。今耐えて下されよ
北朝鮮、韓国、日本
すべて同じ文化、魂もつ共同体であったこと
人々気づき反省して和合する時代を通らねば
世界平和の世界和合には進まないのです
明子殿、そのこと伝えてくだされよ
韓国、北朝鮮への祈りでかける中心がここ白山です
白山の祈り、海を渡り届いてこそ
韓国、北朝鮮の改心が始まります
日本海の貿易が盛んになることでしょう
国境、領土争いでなく
生き抜くための助け合いの時代がやってきます
今皆様には考えられないことでありましょうか
揺れ動く天変地異の中
共同体が築かれます
築かなければ、まさにこの世は終わりになりまする
日本海に浄化の津波起こりし時
皆々、白山の神の思い気づいてくだされよ
明子殿、怖がらずに書きなさい
元の元の大陸と繋がっていた時代の交易に戻せばよいのです
封印されていた大陸との日本の歴史これより出て参ります
スメラミコトの時代、三国、(日本、韓国、北朝鮮)共同体で
あったこと、どうぞ認めて前へ進んでほしく思います
もう時間がありません
多くの指導者天へ呼び寄せます
天より指揮することとなるでしょう
地球の建て替えに間に合わぬため天へ呼ぶこともございます
人々の死の中には、天へ呼ばれて働くお役目のものがあり
どうぞ生きている人々よ
(愛する人の死)を嘆き悲しまず
天での働きを果たせるように祈ってあげてください
思いはいつでも通じます
そしてあなたの愛する大事な今世の仲間旅立たれてた時も
どうぞ受け入れて下さい
神もあなたと共にある。生きて出会った魂も
(改心した)魂であれば、いつでも交信できます
孤独を感じるのは、神の世のしくみも知らないからです
神も仏も成仏した穏やかな魂もすべてコンタクトとれます
死を恐がってはいけません
生きてカルマを増やさず
人々よ、改心してミロクの世でまた会いましょう
明子殿ごくろうでございました
「がんばらなきゃ」しゃがみ込んで神示を書いていていた私は、神示を書き終え、
立ち上がりました。感傷の涙はもう乾いていました。「伝えなきゃ」感傷に浸っている
場合ではなく、これからが始まりなのです。
「日本海地震、日本海津波」そして、「三国(日本、韓国、北朝鮮)の和合」
白山の神の神示には大事な予言がいっぱいです。
どうぞゆっくり読み返して下さい。
<転載抜粋おわり>
神々からのメッセージ予言編
新星出版長田明子著

本物を探す旅
https://blogs.yahoo.co.jp/ryo_smileforme/


posted by datasea at 00:00| Comment(0) | ◯ 霊視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

ポール・ソロモン: 東北から救世主が現れる

ポール・ソロモン: 東北から救世主が現れる
北日本から救世主が現れる!?
2015-07-24
今年5月のTOCANAに非常に興味深い記事が出た。
予言者ポール・ソロモンが、将来に北日本から救世主が現れると予言していたという。
日本北部に世界の救世主となる男がいる!? 
ノーベル平和賞候補ポール・ソロモンの“恐ろしい予言”を検証!!(TOCANA)
http://tocana.jp/2015/05/post_6404_entry.html
実は、ポール・ソロモンとエドガー・ケイシーの大きな違いは、日本に対する視線にある。よく知られているように、ケイシーは「日本の大半が海没する」などと予言したが、ソロモン氏は『EXテレビ』とは別の機会で行ったリーディングでそれを否定している。そればかりか、この公開リーディングにおいて、なんと日本から世界的な指導者が現れて「愛の法則」と「すべてはひとつ」という教えを説き、宗教間の争い鎮めると予言したのだ。トランス状態の彼は、「日本から現れることになっている世界的リーダーとは誰か?」という質問に対して、次のように答えた。
“we have said that a light come from japan, and will help in the enlightenment of the world”
(私たちは日本から光が来ると言いました。そして、世界の啓蒙を助けるだろうと)
■日本の北部生まれ。1991年時点で若い。武術を習う人物が救世主?
ソロモン氏は「ヒントだけならよい」として、その人物は、今(1991年)はまだ若い男性で、日本の北部におり、準備ができていない。彼には「青木先生」という武術を教える師がいる。その青木氏自身、武術だけでなく、ある種の哲学を説いている、という。果たして、この人物とは誰か。そして彼が説くという「愛の法」と「すべてがひとつ」という教えとは何か。私は期待して、彼の出現を待ちたいと思う(*注)。
さて、あとは蛇足だ。ソロモン氏に対して、質問者サイドが“救世主候補”として、大川隆法や麻原彰晃の名を挙げているのは、当時の世相を考えるとやむをえない面もあろう。興味深いことに、ソロモン氏は「幸福の科学」についてだけは「将来確立される」と述べた。これが「的中」か、否か判断に迷うが、リーディングの時点ではまだ宗教法人として出発したばかりだったことは確かだ。また、ソ連の将来について尋ねられると、「現在はリフォーム中だが(※ソ連は91年12月に崩壊)、将来は重要なパワーを持つ国になる。それも軍事力ではなく、豊かな資源に基づいて」と述べた。これはほぼ的中と言ってよいのではないか。先の食糧危機の予言も、ロシアに関してはそう間違いではない。
(一部引用)
『彼には「青木先生」という武術を教える師がいる。その青木氏自身、武術だけでなく、ある種の哲学を説いている、という。』
これは完全にニューエイジ武道の新体道の青木宏之氏の事を言っている。
ポール・ソロモンの言う北日本から現れる救世主は、新体道を修行する青木宏之氏の弟子なのだろう。1991年時点で若かったというので、現在40〜50歳位と推測する。私も新体道の稽古を見学したり瞑想会に参加して、青木宏之氏に会った事があるが凄い人だった。あの人の弟子なら救世主が出ても不思議ではないと思う。
青木宏之氏の新体道のイギリスBBCの取材ビデオ
Shintaido - Maestro Aoki 
青木宏之氏は29才の時に瞑想中に完全な無を体験し、その後誰もが第6感を会得できる肉体訓練に基づく武道を作ったとビデオの中でインタビューに答えている。新体道の稽古に参加したBBCレポーターのクリス氏、滝行の後に殺気を感じるテストの成績が47%から81%に上がった。青木宏之氏は押と引の2種類の「空の気」を使い相手を操ると言っている。「空勁」で相手を操る太田光信氏の「気功武術」神意拳に非常に似ている。
オカルト業界ではポール・ソロモンは予言を外しまくった過去の人という定評が一般だった。だが、このTOCANAの記事は、ポール・ソロモンの予言が20年後に結構当たっていると再評価している。
ポール・ソロモンのチャネリング・セッションによるロシアの未来も、重要なパワーを持つ資源大国になるという予言は的中している。幸福の科学が確立するという予言も当たっている。
ポール・ソロモンのアメリカ西海岸大地震→関東大地震→富士山噴火という予言。そして、イスラエルがエルサレムに大神殿を作り、世界中のイスラム教徒の怒りを買い世界戦争になるという予言は興味深い。未来のシナリオなのかもしれない。

TOCANA
http://tocana.jp/2015/05/post_6404_entry.html

スピリチュアル野郎の超常的日常
http://matrix80811.blog97.fc2.com/blog-entry-910.html
http://matrix80811.blog97.fc2.com/blog-entry-504.html
http://matrix80811.blog97.fc2.com/blog-entry-478.html











予言情報:東北から救世主?
7世紀の古代中国の禁断の予言書である「推背図」(すいはいず)の第五十七番目の予言には、2名の覚者が会話する形式により、来たるべき未来世界の様相の断片が述べられています。
讖曰:
物極必反 以毒制毒 
三尺童子 四夷
(釈)
讖は、言います。
戦争の懸念が強まり、世界が混乱して社会の悪事が極まった時に、それが急に反転することが起こります。
毒には違う意味での毒をもって、世界を平安にする者が現れます。
その者は、身長が三尺(約1m)ぐらいの男の童子であり、周りの4つの国々に言うことを聞かせます。
頌曰:
坎離相剋見天倪 天使斯人弭殺機 
不信奇才産呉越 重洋從此
(解釈)
頌は言います。
この時の世界では、世界中の思惑と策略を受けて、2つの相反する国家が、天倪(あまがつ:ヨリシロのこと)という実験場にされます。この悲惨な悲劇を世界は見ることに成ります。
この時に現れる、その三尺の童子は天使であり、思わぬ奇策で殺し合いの戦争を止めさせます。
この信じられないような、人類が見たこともないような奇才は、呉(日本)の国の越(東北)の地において出生します。
世界中の国家も軍部も、この童子に従うことに成ります。(以上)
このように「推背図」第五十七番目から感じます。
この予言で最重要なのは、その童子の救世主が「産呉越」、つまり「呉越」で産まれると地名付きで明記されていることです。
「呉」の意味には、ウィキペディア辞典によりますと、
「中国では日本人を“呉の太伯の子孫”とする説があり、それが日本にも伝えられて林羅山などの
儒学者に支持された。」
とあります。この予言がされた当時の中国でも世間を意識して、あからさまに日本から童子の聖人が出現するとは書けなかったことでしょう。
日本の東北から救世主が生まれるとは、なんと夢があることでしょうか。
しかも、この第五十七番目以降の予言では、童子の聖人が居る国を中心として世界政府が樹立して、戦争のない夢のようなユートピアの世紀が人類に初めて到来する様が予言されています。
問題は、人類誕生の背後には、月から来る善悪両方の存在の思惑があったということです。
人間が「思う」阿鼻叫喚のエナジーを生命力に転換してエサにしているヤツラも居るのです。
戦争・金欲・性欲・・・・の阿鼻叫喚のワナにハマっている人類が今までの世紀なのです。
お金や恋愛ごとで自殺するなどは、まさにヤツラの美味しいエサに成っていたのです。
ここで相反する太陽の内部から来た「感謝の思い」をエナジーにしている存在が別にいるのです。
だから阿鼻叫喚のワナに懸かっている人間は、「感謝の思い」などには強い違和感を感じることでしょう。
月のヤツラが、太古から幼児に注意していた理由は、未来のどこかに三尺の聖人童子が出現することを知っていたからです。もしこれが誕生すれば、自分たちの人類家畜のシステムが終わることに成るのを嫌がって来ました。そのために太古から幼児に対する悪習を持って、ヤツラなりに誕生を阻止していました。現実に外国では、教会の神父による幼児へのワイセツ事件が大きな裁判にも成っています。しかし、人類を進化させるには、善悪両方の刺激が必要なことが、創造神が月のヤツラを生み出し放置した理由でもありました。しかし、現実に日本の東北において、人類の遺伝子に干渉する原発事故が不幸にも発生しました。
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/6a25c25ab6d319975dc364f9441429ea
これは不幸なことなのですが、「産呉越」の確信が深まったとも私は感じています。過去の生命のジャンプ的な進化の歴史を見ましても、ただでは変化は起きないのです。そこには巨大隕石の落下や地球規模の変動が必ず刺激として必要なのです。
もうここまで色んな因子が今の世界に揃って来ていますので、小さな地域紛争の悲劇は起こっても世界は平和に向かって進み始めると私は思っています。この記事では、たった一名の童子の聖人の出現としましたが、永遠の子供のような大人が多い今の現代日本こそが、国家自体が「三尺の童子」という意味が真相だと感じます。だから、これからの日本の役割はとても大きく、世界を左右させることでしょう。子供のような大人から、どんな奇策が出て来るのかを楽しみにしています。
い。
生かして頂いて ありがとう御座位ます
注意報のまとめ(http://goo.gl/VCAjR 防災用品http://goo.gl/OM4O2

伊勢ー白山道
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/6e8530d7f15735b2e235e78381ddeb77
posted by datasea at 18:15| Comment(0) | ◯ 霊視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

霊視.20110721

pnthum422011072105.jpg


2011年7月21日の霊視。

local pc


posted by datasea at 20:26| Comment(0) | ◯ 霊視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

霊視.20110810

pnthum422011081055.jpg


2011年8月10日の霊視。

local pc


posted by datasea at 20:22| Comment(0) | ◯ 霊視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

霊視.20110708

pnthum422011070805.jpg


霊視。

local pc
posted by datasea at 22:16| Comment(0) | ◯ 霊視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

4日後に四ッ谷に行け

2011年7月1日
2011年6月27日にテレパシーがはいった。
「4日後に四ッ谷に行け。」。
6月27日の4日後の今日7月1日、四ッ谷に行ってきた。
基本都内の交通手段はほとんどが徒歩。今日も徒歩で四ッ谷まで行った。四ッ谷にはいると私を見て笑顔になる人がちらほらいた。宇宙人か。
パーラーコメットというパチンコ屋がある。惑星ニビル、これがメッセージだろうか。
四ッ谷駅前に着くと突然の雨。その後劇的に雲間から太陽がでる。テレパシーがはいった。「よくきたな。私はおまえを信用する。」。
特に何かを期待して来たわけではないので駅をみてそのまま帰ろうと思う。
テレパシーがはいった。「我々はここ四ッ谷駅前に宇宙船を降ろす。その時がきたらここに来なさい。」。
駅前の風景を見て合点。上智大学がある。キリスト教関連の専門店が多い。
駅前交差点の4隅は順に四ッ谷駅、キリスト教関連の専門店、スタンプショップ「ケネディ」、デパートATRE(PAULとTALBOTという店がはいっている。PAUL WELLER & MICK TALBOT、まるでスタイルカウンシル。)。
駅前交差点の先の標識はY字(YES、イエス)。

local pc






テレパシー初心者ゆえ基本ジャンク情報とお考えください。ただ本当である可能性も大いにあります。。

local pc


posted by datasea at 23:52| Comment(0) | ◯ 霊視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

霊視.20110610

Scan1.JPG


local pc



霊視後の実感。1950年でも1920年でも紀元前の世界でも行ける。それぞれの世界でそこに生きる人はこの2011年の世界と並行してすすんでいる。

local pc

posted by datasea at 21:35| Comment(1) | ◯ 霊視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

イルミナティの崩潰

piscape33500013.jpg


イルミナティの崩潰。

local pc



製作者=げらかいと。著作権フリー。ご自由にお使いください。

local pc

posted by datasea at 15:02| Comment(0) | ◯ 霊視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする