2021年02月23日

Beingttほか: ワクチン害情報



Beingttほか: ワクチン害情報
米CDC:コロナワクチンで501人死亡、さらに9日後では1,170人死亡!:追記あり
21/02/08 21:36
米CDC:コロナワクチンで501人死亡、さらに9日後では1,170人死亡!:追記あり
引用元:
「皆さん、コロナワクチンは接種しないで!」
アメリカでは、ひと月半で501人がコロナワクチンの接種後に死亡!
昨年12月14日から今年の1月29日の46日間(ほぼひと月半)の期間。大半が65歳以上の高齢者。平均年齢は77歳。
コロナワクチンで顔面麻痺:ファイザー社とモデルナ社で7件も
一般の新薬とは違い、ワクチンについては製薬会社は製造物責任を全面的に免除されている。後遺症が起きても、死亡例が多発しても、製薬会社は平気である。どこの国でも製薬会社はワクチンに起因する訴訟問題からは 国によって手厚く “保護” されている。責任を負うことなく、世界中で売りまくることができる。製薬会社にとっては、“ノーリスク、ハイリターンのビジネス” である。そしてワクチンは通例政府の政策に基づくために、“国単位の大口商売” である。今回のコロナワクチン開発競争は、製薬会社にとっては 百年に1度の “笑いの止まらないワクチンバブル” である。今稼がなくて、いつ稼ぐ?(笑)“無知な一般大衆” はすでにマスコミによってさんざん “脅迫” されているので、“ワクチン待望論” は根強い。(笑)
2021.02.15.追記:
Reports of death after COVID-19 vaccination
CDCのその後の集計を見ると、死者数は着実に増加している。
赤で囲んだ部分を拡大。
死者数は毎日増加しているはずだ。
2月7日時点で 1,170人 ならば、一週間後の2月14日では、1,500人 をとうに超えているであろう。ノルウェー、コロナワクチンで23人死亡:ドイツでは10人、アメリカでは55人死
コロナワクチンで顔面麻痺:ファイザー社とモデルナ社で7件も

ザウルスでござる
https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/84864fbca10f9ccc941fd8642e764baf?fm=rss






ハンクアーロン新コロワクチン接種直後に死亡か?
21/01/24
ホームランキングハンクアーロンは、モダナワクチンを受けてから18日後に「未公開の原因」で死亡
01/22/21•BIG PHARMA › NEWS
1月5日にモデルナCOVIDワクチンを受けた野球界のレジェンド、ハンク・アーロンが死去した。ニューヨークタイムスによると、アトランタ・ブレーブスは今日、86歳の殿堂入りを確認したが、それ以上の詳細は明らかにしなかった。
CNNは、アーロンが「安らかに眠っている」状態で死亡し、死因は明らかにされなかったと報じた。
アーロンは今月初め、モダナワクチンを接種する写真を撮られた時に見出しをつけた。彼は当時AP通信に、予防接種を受けることで「私は素晴らしい気分になる」「全く不安を持っていません。私はこのようなことをした自分を非常に誇りに思っています。」と語った。
悪名高いタスキーギー実験に起因して、多くのアフリカ系アメリカ人が医学研究に対して不信感を持っている。アーロンの死を知ったロバート・F・ケネディ・ジュニアは、「アーロンの悲劇的な死は、COVIDワクチンの投与後の高齢者の不審死の波の一部です」「研究によると、製薬会社の研究者、医師、老人ホーム、保健関係者は、ワクチンによる副反応を報告することはめったにない。代わりに、彼らはワクチン接種とは無関係として障害や死亡を却下します」。「公衆衛生関係者は、ワクチンの被害者と死亡者の大半が、米国保健福祉省(HHS)が運営する悪名高い自発的監視システムであるワクチン有害事象報告システム(VAERS)に報告されないのではないかと心配しています。
2001年のHHSの研究では、VAERSに報告されるのは「ワクチン被害(副反応)の1%未満」だと結論付けました。
(抜粋)
リベラルメディアの「フェイクニース」の見本のような不可解な記事
1月5日に最初のワクチンを接種して22日に死んだなら17日後。(日本とは違い、先ず最初に「ゼロ」ではなく「1」として計算する大昔の「数え」で表記しているが)普通なら記事のタイトルの「18日後に死亡」にはならないのである。正しくは最初のワクチン接種から17日後にアーロンは死亡していた。(★注、公的なVAERSに報告されるワクチン被害は全体の1%未満との最後の記述は恐ろしい。食堂でゴキブリを1匹見かけたら、→裏で間違いなく100匹以上が生息しているのである) しかもこの記事にはもっと不思議な謎が隠されていたのですから不可解。新型コロナウイルスは2回接種する必要があり今回死亡したアーロンも2回受けているのである。しかし2回目のワクチン接種の日付も死因も一切秘密にして発表していないのである。リベラルメディアは何を隠したかったのだろうか。
ホームラン王 ハンク・アーロンさん死去
2021/01/23 03:50 テレビ朝日
プロ野球元読売ジャイアンツの王貞治さんに抜かれるまで世界のホームラン記録を持っていたハンク・アーロンさんが亡くなりました。86歳でした。所属していたメジャーリーグのアトランタ・ブレーブスはハンク・アーロンさんが22日に亡くなったことを明らかにしました。アーロンさんは右の強打者としてメジャーリーグで活躍し、1976年に引退するまで755本のホームランを打ちました。翌年に王貞治さんに更新されるまで世界の最多記録を保持していました。今月、新型コロナウイルスのワクチンを接種し、「ワクチンを拒否する黒人に安全性を伝えたい」と話していました。死因はまだ分かっていません。
1月23日 ANN NEWS
「ワクチンの安全性を伝える」心算が逆効果!死因もワクチン接種の日付けも発表されないアーロンの死
モデルナの新型コロナウイルスワクチンを2回接種したアーロンの死亡原因は発表されていないだけではなく、関係記事をいくら読んでも1回目の1月5日と死亡した1月22日の日付があるだけで、2回目接種の日付が何処にも無い。
「接種してから18日後に他界した。」と書いてあるが、(ファイザー社ワクチンは3週間の間隔を開ける)2回目のワクチン接種が「18日後」だった(二回目のワクチン接種の直後に死亡した)可能性も十分にあるのですから恐ろしい。(★注、アナフィラキシーショックでの死亡なら初回の1月5日には何ともないが、一定時間が経過して抗体ができた後の2回目のワクチン投与が死因になる)
初回と2回目のワクチン接種の間隔
今回の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンは一定の間隔を開けて2回接種すると決められているが、実は複数回接種するワクチンは新コロだけではなく子供の定期の予防接種でも、ロタウイルスのワクチン接種は「2回目の接種は4週間以上あける」と決められている。
B型肝炎ワクチンでは「27日以上の間隔で2回接種、さらに1回目の接種から139日以上を経過した後に、3回目を接種。」ヒブワクチンでは「初回接種後、27日以上の間隔で3回接種。追加接種:3回目の接種後、7カ月の間隔をおいて4回目を接種。」と通常ワクチン接種では1カ月程度の間隔をあけて接種するのが通例なのですから、アーロンの「初回接種後18日後(実は1日短い17日後)に原因は発表されない死亡」とは、2回目のワクチン接種と一致している可能性が考えられるのですから不気味。
ちなみにポリオや水疱は1回目の接種から6月〜12月の間隔をおいて2回目を接種、子宮頸がんワクチン(HPV)は接種開始から6カ月間で3回接種なので今回の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のモデルナワクチンは「初回接種から18日後の死因が発表されない」の意味はほぼ明らか。2回目のワクチン接種と死亡の日付けが重なっていたとすれば、マスコミは怖くて発表したくても出来ないのである。(★注、我が日本国の医療費総額は対GDP比では1割だがアメリカではのGDPの2割を占める。一人当たりの医療費で見れば日本の3倍にも達するのですからアメリカの製薬業界の権威や権力は絶大なのである。不動産王のアメリカ大統領トランプの権力を大きく超えていた)
製薬業界の世界ランキング
世界の医薬品産業を支配しているのはアメリカが主で、日本でトップメーカーの武田薬品(売上高3兆円超)でも大差を付けられて14位。超巨大な欧米製薬業界から見れば弱小企業だった。
戒厳令布告とほぼ同じだった、WHOのパンデミック宣言
世界最大最強の破壊力を持つアメリカの軍事力や経済に目が向きがちだが、新コロ(SARS-CoV-2)騒動で明らかになった「存在脅威管理理論」による世界支配「製薬業界の力」は恐ろしい。なぜなら、アメリカの無謀な軍事力行使は批判出来るが世界大戦よりもっと大きな被害が出ていても「医療の暴走」は誰も面と向かって批判出来ない。(平時とは大きく違い今のようなパンデミック下では医療や製薬業界は戒厳令下の軍隊のように憲法や法令を超えて絶対権力を行使できる、ほぼ無敵の存在なのである)
WHO(テドロス議長)が新コロ(SARS-CoV-2)騒動でパンデミック宣言をしたのが2020年3月11日。未曾有のレベル7のフクシマの核事故から9年目。偶然の一致にしても縁起が悪すぎるし、意識してフクシマと同じ日付けにしたとすれば日本にとってもっと悪すぎる。
◎>
CNNテレビの番組「ラリー・キング・ライブ」で話すラリー・キングさん=2010年6月(ゲッティ=共同)
アーロン大塚 
@AaronOtsuka 午後0:43 ・ 2021年1月24日
◎>
未確認情報。米国の有名なインタビュー司会者のラリー・キングが死んだ。新型コロナから回復してワクチンを受けてその後死んだという。野球の選手のハンク・アーロンもワクチンの後死んだ。確認の必要がある。
@max358japan
◎>
トランプ大統領は幾多の製薬会社を敵にまわしながらも 病に苦しむ人々のためにインシュリンやエピネフリンの 価格を大幅に下げる特令を発布した。 バイデン政権はその特令を一時凍結。 こういう事するの許せない。
引用ツイ
Mary Vought@MaryVought
・ 1月23日
Biden reversed Trump's Executive Order to reduce pricing for insulin and epinephrine. Democrats want higher insulin prices?
「100%有効で安全なワクチンない」 学会が警鐘
[2021/01/24 11:29]テレ朝ニュース
新型コロナワクチンの接種に向けて準備が進むなか、日本ワクチン学会の岡田賢司理事長がANNの取材に応じ、「100%有効で安全なワクチンはどこにもない」と過度な期待に対する警鐘を鳴らしました。
日本ワクチン学会・岡田賢司理事長:「一定の副反応は起きるけども、ワクチンを打つメリットの方が打った後の副反応に勝ることを考えて今、ワクチンが開発され、使われる」
世界中で開発が進む新型コロナのワクチンですが、岡田理事長は効果の持続性については「全く分からない」と話します。異例の速さで開発された新しいワクチンだけに、各メーカーごとに「効き方も違うかもしれない」とも話します。
日本ワクチン学会・岡田賢司理事長:「100%有効で100%安全なワクチンはどこにもない」
来月中旬にも国内で初めて承認される見通しのファイザー社のワクチンは、メッセンジャーRNAという新しい技術を使ったもので、多くの人に接種されるのは今回が初めてです。
日本ワクチン学会・岡田賢司理事長:「長期間の有効性やメッセンジャーRNAだけにあるような副反応がまだ誰もよく分かっていない。正確に打つ人たちに(情報を)伝えて、最終的に打つか打たないかは本人の判断」
すでに接種が始まっている海外では、接種直後に強いアレルギー反応が出たケースなども報告されています。ワクチンとの因果関係はまだ分かっていませんが、問題が起きる恐れが生じれば、ちゅうちょせず速やかに対応する必要があると話します。
日本ワクチン学会・岡田賢司理事長:「新しいワクチンが世の中に出て重篤な副反応が出た場合は、ワクチンとの因果関係を問わず止めるなり何なり早く対応しなければいけない」
実際の接種を想定した時、新たな懸念も生まれています。副反応が出ないかどうかを確認するために、接種した人に15分から30分は会場に残ってもらう(★注、アナフィラキシーショックを確認する)形にしたいといいますが、一方でこんな問題があります。
日本ワクチン学会・岡田賢司理事長:「住民接種の現場だと今度は密となり、そこで感染が起きることになりかねない」
多くの人がその場に残ることで、感染のリスクが高まります。密にならないようにどこで待機してもらうかなど、課題は多く残っています。
厚生労働省は今週、集団接種の手順の訓練を始めます。
1月24日 ANN
モデルナ製ワクチンを接種されている医療関係者
米市民が、モデルナ・ファイザー社製ワクチンに失望
1月 25, 2021  Pars Today
アメリカ製薬大手モデルナ、ファイザー両社が製造したコロナワクチン接種による犠牲者数の増加にともない、これらのワクチンによりコロナに勝てるというアメリカ市民の期待感が、より客観的さらには悲観的ななものに変わってきています。米NBCニュースによりますと、モデルナ・ファイザー両社製のコロナワクチンがアメリカやそのほかの国に分配され、接種が行われた数日後、接種後の強い副作用や一部の死亡例に対する抗議件数が増加しています。VAERS米ワクチン副作用報告システム(Vaccine Adverse Events Reporting System) に届出のあった報告によりますと、これまでに、アメリカでは、この両社のいずれかのワクチンの接種後に55人が死亡し、数百人に生死にかかわる重大な副反応が出ているということです。
アメリカのほか、そのほかの複数国でもこれまでにファイザー社製ワクチン接種による副反応の出た例が報告されています。アメリカは現在、新型コロナウイルスの感染者数および、このウイルスによる死亡者数が世界最多となっています。
1月25日 Pars Today
公平な第三者の立場を踏み越えて極悪「戦争屋」米民主党の機関紙と化しトランプ憎しのプロパガンダを飽きることなく流し続けた欧米リベラルメディアではなくてイスラム教の少数派(シーア派)イランの国営通信社Pars Todayの報道の方が少しは信用が置けそうです。(★注、テレビや新聞などマスコミを信じる「絆社会」のガラパゴス日本人とは大きく違い、アメリカでは民主党支持者でも過半数ぎりぎりの6割程度、共和党支持者では1割台の市民しかメディアの報道を信用していない)
(おまけ)
◎>
(SARS-CoV-2)グレートリセット(ニュー・ノーマル)で無理やり疑似WW3を引き起こす世界マフィア(欧米製薬業界+リベラルメディア)
新コロWW3に便乗するチンピラ維新とカルト安倍「青バッジ」
善川チャーリ 
@GoodBye_Nuclear
大阪維新がお手本にしていたと思われる、安倍前政権のコロナ対策を振り返ってみよう。安倍前首相は「不祥事を次の不祥事で揉み消す」という画期的な新機軸で、憲政史上最長の在任期間という輝かしい栄誉を達成した、「偉大」な総理大臣である。だがその「責任逃れ手法」はコロナ対策では通用しなかった。国民がその問題を「自分ごと」と認識して関心を持ち続けたため「他方面のスキャンダルで目眩まし」という手法が不発に終わったからだ。安倍前首相は「体調を崩した」として辞任、7年半続いた安倍長期政権はあっけなく自壊した。
安倍前政権のコロナ対策は非論理的で無責任、行き当たりばったりだった。そのとどめの一撃のトンデモ企画こそ「アベノマスク」だった。その衝撃は、発表時に世界中のメディアがエイプリルフールのジョークと誤認したくらいだった。(医師・作家 海堂尊氏)
「イソジン吉村&アマガッパ松井」という「ナニワ・ガバナーズ」コンビによる医療漫才:安倍首相が失墜すると、メディアは安倍内閣の補完勢力と目された維新の若頭、吉村府知事を突然、持ち上げ始める。唐突に思えたが、在阪の知人は、維新が大阪で展開していた手法の全国版だと喝破した。
在阪メディアは吉本興業のコメディアン総出で維新を持ち上げるプロパガンダ放送に励んでいる(ようにしか思えない)という。ここから気味が悪いほど持ち上げられた吉村知事と松井市長の迷走が始まる。M-1グランプリにコンビで出場するのではないかと目された新ユニット「ナニワ・ガバナーズ」の誕生である。スポットライトを浴びるとサービスであることないことを言ってしまうのは、コメディアンとしての本能だろう。吉村知事がぶち上げた「コロナワクチン実用化」の遺伝子医薬バイオベンチャー「アンジェス社」。その創業者である森下竜一阪大教授に各種メディアのインタビューが殺到。森下教授の経歴は、第一次小泉改造内閣時代の知的財産戦略本部、安倍政権下の内閣府規制改革会議委員など
アンジェス社創業者の森下竜一阪大教授はこのほか、大阪府・市統合本部医療戦略会議参与や、2025年万博基本構想検討会議委員、大阪市特別顧問など維新とも関係が深いが、ノバルディスファーマ社のディオバン事件で同社から2700万円の寄付を受け、研究論文の盗用疑惑も指摘されている。
アンジェス社は2019年12月期売上の経常利益マイナス32億9300万円、2020年度第一四半期は3ヵ月ではマイナス9億円の赤字会社で、2002年9月の上場から18年間、一度も黒字になったことがなく、増資に次ぐ増資で存続し、投資家の間で「株券印刷会社」と認識されているという。(医師・作家 海堂尊氏)

逝きし世の面影
https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/5410274a950a0f200bffe5dffc085878















36歳の医師がCOVIDワクチン2回目の投与後に死亡・・・By Children's Health Defense Team
2021/02/16 06:26
36-Year-Old Doctor Dies After Second Dose of COVID Vaccine
News reports attributed Dr. Barton Williams’ death to multisystem inflammatory syndrome (MIS-A) caused by asymptomatic COVID, though he never tested positive for the virus.
36歳の医師がCOVIDワクチン2回目の投与後に死亡
報道によると、バートン・ウィリアムズ博士の死は、無症状のCOVIDによる多系統炎症性症候群(MIS-A)によるものとされているが、彼はウイルスの陽性反応を示したことはなかった
By Children's Health Defense Team  02/12/21
https://childrenshealthdefense.org/defender/doctor-dies-second-dose-covid-vaccine
疾病管理予防センター(CDC)は、COVIDワクチンの2回目の接種を受けてから約1ヶ月後の2月8日に死亡したテネシー州の36歳の医師の死を調査しています。
報道によると、バートン・ウィリアムズ医師[Dr. Barton Williams]は、免疫系が体を攻撃して多臓器不全に陥ることで引き起こされる多系統炎症性症候群(MIS-A)の成人型で死亡したという。MIS-Aは非常に稀な病気と考えられています。デイリー・メンフィアン紙と他のニュースソースは、調査関係者が、ウィリアムズはCOVID-19の無症候性症例に反応してMIS-Aを発症したと信じていると報じています。スティーブン・スレルケルド医師[Dr. Stephen Threlkeld]、ウィリアムズを治療し、死を調査するために CDCと働いている感染症の専門家は、メンフィス ABC ニュースの関連会社に、ウィリアムズは入院中にCOVIDのテストが陰性で、ウィリアムズは彼の知る限りではウイルスを持っていなかったことを彼に伝えたという。しかし、スレルケルドによると、検査の結果、「ウィリアムズの体内には2種類の抗体があることが判明しました。一つはCOVIDの自然感染によるもので、もう一つはワクチンによるものです。」COVIDの無症候性の症例よりむしろ、ワクチンが、ウィリアムズがMIS-Aを発症する原因となったかどうかを尋ねられた、スレルケルドは言いました:「[MIS-A]を持っていた誰もが、感染症を持っていました。過去にワクチンを接種されている人がこの問題を抱えていることが文書化されている人の事例はまだ発表されていません。」スレルケルドはまた言いました:「これはワクチンを受けない理由ではありません。感染症を持っていた人々だけがこれが発生しているので、ワクチンを取得する理由です」と述べました。しかしながら、リン・レッドウッド、RN、MSN、子供の健康防衛の名誉会長は、COVIDの無症候性のケースに対するまれな反応を支持してワクチンを除外した予備的な調査結果に疑問を呈しました。
レッドウッドは、高熱や発疹、血管の炎症などMIS-Cに似た症状を示す川崎病(KD)と、A型・B型肝炎、ロタウイルス、インフルエンザ、DPTまたはDTaP、肺炎球菌ワクチン、黄熱病などの各種ワクチンとの間に経時的な関連性を記述した研究を指摘しました。
「MIS-Cと非常によく似た病気である川崎病の子供たちの『際だった免疫系の特徴』を研究してきた科学者たちは、ワクチンや他の生物学的製剤による『抗原刺激』が 『免疫学的干渉』を引き起こす能力を持っていることを認めています」、とレッドウッドは述べています。「MIS-CとMIS-Aは、他の研究者が婉曲的に『免疫増強』と表現するメカニズムである『病原体プライミング』の結果である可能性があるのでしょうか?」
「病原体プライミングは、ウイルスワクチンのタンパク質が人間のタンパク質と非常に似ている(『相同性』がある)ために、それがショック症候群や遅発性アナフィラキシーなどの制御不能な自己免疫や過敏症反応を引き起こす場合に発生する可能性があります」と、レッドウッドは述べました。(訳注:要するに、「ワクチン」成分が自己免疫疾患誘導剤となっているわけです。特にスパイクタンパクを使うのはキチガイ沙汰。もっといえば、ワクチン自体が病気作りの基本で、被害者から見ればキチガイ沙汰)
レッドウッドが今週初めに報告したように、研究では、SARS-CoV-2スパイクタンパク質単独で−ウイルスなしで−内皮機能障害を強力に誘導することが判明しており、「小児におけるCOVID-19ショック症候群の症状は、少なくとも部分的にはその作用に起因する可能性がある」ことを示唆しています。多系統炎症性症候群の小児版であるMIS-Cもまたまれですが、成人よりも小児に多く見られます。MIS-Cを発症した小児は、川崎病に類似した症状を示すことがしばしばです。レッドウッドは2月10日の記事で、小児リウマチ専門医のJ.パトリック・ウィラン医師[Dr. J. Patrick Whelan]が12月に米国食品医薬品局に提出したパブリックコメントに言及し、SARS-CoV-2スパイク蛋白質に対する免疫を作るために設計されたmRNAワクチンが代わりに傷害を引き起こす可能性があると警告しています。ファイザーとモデルナの両ワクチンは、米国で緊急時の使用が承認されている唯一の2つのワクチンであり、mRNA技術を使用しています。(蛇足:だから、承認されているわけですよネ、そして、「緊急時」謀略)
ウィランは、ハーバード大学、テキサス小児病院、ベイラー医科大学で生化学、医学、リウマチ学の学位を取得しています。20年間、小児リウマチ専門医として勤務しました。現在は、コロナウイルス感染症と関連した多系統炎症性症候群(MIS-C)の小児の治療を専門としています。
FDA への彼のコメントで、ウィランは書きました:
「私は、SARS-CoV-2 スパイク蛋白に対する免疫を作ることを目的とした新しいワクチンは、現在、これらの潜在的な薬剤の安全性試験で評価されていない方法で、脳、心臓、肝臓、腎臓に微小血管損傷を引き起こす可能性があることを懸念しています。」
ウィランは、mRNAワクチンが、ウイルス表面にある重要なスパイクタンパクの遺伝子設計図を、人間に注射したときに、私たち自身の細胞にスパイクタンパクを作るように指示する処方に組み込むことで機能するという事実に言及していました。
(訳注:他のことは無視した)理論的には、その後、体はスパイクタンパクに対する抗体を作り、SARS-CoV-2感染から身を守ることになります。
「このシナリオでの問題点は」と、レッドウッドは言いました。「mRNAワクチンが体に作るように指示するスパイクタンパクだけで、COVID-19感染症における傷害や死亡の主要な原因となることが示唆されているということです。」
レッドウッドは、これまでの研究に基づいて、スパイクタンパクmRNAワクチンを受けた人の中には、ウイルスによるのと同じ症状や損傷を経験する人がいる可能性が非常に高いと述べています。繰り返しますが、ウィランによれば、「脳、心臓、肝臓、腎臓に微小血管障害(炎症や微小血栓と呼ばれる小さな血栓)を引き起こす可能性は、安全性試験では評価されていない」としています。
昨年、カナダの研究者は、予防接種後の有害事象を監視する受動的システム(AEFI)への川崎病[KD]の継続的な報告を引用して、小児用ワクチンの安全性監視のための「関心のある条件」として川崎病を特定しました。シンガポールと米国で行われた2つの研究では、13価肺炎球菌複合ワクチン(PCV13)と川崎病との関連性が強調されています。
• シンガポールの研究者らは、2010年から2014年までの間に自分の病院でKDのために入院したすべての幼児(2歳未満)を調べ、KDの発症がPCV13ワクチン接種後1ヶ月以内に起こった子供たちを考慮しました。2019年にNature誌に執筆した著者らは、全体的なリスクの増加は否定しましたが、「PCV13の最初の投与を受けた後の28日間のリスク間隔内で、完全KDのリスクが約2倍増加した」と報告しました。研究者たちは、自分たちの知見を確認するための「緊急の」懇願で締めくくりました。
• 米国で行われた研究、8つのマネージドケア組織のカイザー・パーマネンテの研究者による2013年のワクチン安全性データリンク分析は、2歳以下の子供を対象に、2010年から2012年までにPCV13ワクチンを接種した子供と、2000年代半ばにPrevnar-7ワクチン(PCV7)を接種した同年齢の子供とを比較しています。PCV13ワクチンを接種した乳幼児では、KDを発症する可能性がPCV7を接種した子供よりも1.94倍高く、これもまた「更なる調査」に値する結果でした。
「病原体プライミング」関連 (スパイクタンパクの利用は意図的なものです)
COVID-19ワクチンには自己免疫疾患を引き起こす致命的なエピトープが含まれている Ethan Huff
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/b47f3040c8e0be83a0379c9c93638040
ファイザーの研究責任者:Covidワクチンは女性の不妊化である Health & Money News
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/8c1518e410cc6e6925a8d5225a4316aa
シェリー・テンペニー医師:人口削減COVIDワクチンはどのように3〜6ヶ月で効き始めるか Tim Brown
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/048a521ecbbdc2468c5c5b7a70564523
ほか
++
次は、致死率30%だぞ、なんていう脅しがなされているわけですが、もうおわかりのように、それは「ワクチン」を打った人の間で起こるでしょう。ワクチンから逃げた人はビタミンDレベルを上げておけば、巻き添えにはならないと思います。なお、最近、今までと違う方々の訪問が増えているようです。危機が迫ってきた看護師さんたちではなかろうかと推測していたりするのですが、もしそうならば、本来人助けを目指した関係者の方々には防波堤として頑張ってもらいたいと思っています。

さてはてメモ帳
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/ddbfd402254f31c0bab2e034696f0dcf




















大江千里、コロナワクチン接種後に体調が急変し失神
2021/02/18 17:05
「じゃ、行くわよ」。一瞬だ。1回目と違うのは、その痛みは尾を引いた。流線型のドーンと奥へ向かう鈍い痛みがあった。終わったあと、拳骨ハグしてスタッフ数人から「15分よ。絶対に動いちゃダメよ」なんて言われ、わかってる!と交わし合い講堂へ。
・NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調が急変し失神した
「あなたは1回目? 2回目?」「2回目です」。「じゃああっちへ。」1回目の人は、時間がないと接種後の15分を待たずにそのまま帰っちゃう人もいる。しかし2回目の場合はスタッフがしっかり監視していて15分は絶対にその場から動かないように見張られる。僕はリラックスして15分その場にいた。全てが終わりスタッフたちに「ありがとう」を言うと、彼らも口々に「ありがとう」と言う。そんなふうに感謝とリスペクトを交わし合い外へ出る。この日の光はとにかく眩しかった。
だがその日の夜、体調が急変した。2月10日夜、自宅でピアノを弾いているとワクチンを打った左手が激痛で上がらなくなり、そのうちに打っていない方の右手も上がらなくなった。だんだん全身が痛くなり息が苦しくなった。なので、ベッドへ。ショットを打ったのが午前11時35分ごろ。この症状が始まったのが午後6時ごろ。きつくなったのが午後8時ごろ。そしてベッドで9時半ごろ、急激に調子が悪化。全身が痛み、ゾクゾクするのになぜか熱い。心臓をわしづかみにされるようで、呼吸もさっきよりも苦しくなる。知らない何かに身体を乗っ取られた感覚がして、僕は直感でやばいと思いマネージャーにメールをするが、彼女からの返事が来るまでの数秒の間に自分の黒目が動かせなくなる。
今まで一度も経験したことのない症状だ。心じゃひたすら「絶対に生きる」と唱えて、そのまま気を失った・・
・詳細はソースで
◎>
この記事で注目したいのはこの赤線部分。ワクチン抗体の有効期限はまだわからないと思っていたが『90日』なのか⁉️余りにも短すぎる… pic.twitter.com/gMIuNAv5D0
− まるさん@リプとRTする垢 (@m_maru3) February 18, 2021
◎>
壮絶?あおるなよ。
− もふもふさん (@De7PritjCcsPfIU) February 18, 2021
◎>
中学生の頃好きだった千里さん。ワクチンで大変な目にあった模様。でも報告の締めくくりに共感。さすがだと思う。
− 田辺崇 (@taktantak) February 18, 2021
◎>
次はファイザーが良いでしょう
− lovedixiekitty (@lovedixiekitty) February 18, 2021
◎>
禁止されてる酒でも飲んだんだろ。
− 山田将司 (@0000517a) February 18, 2021
◎>
大江千里さんのワクチンの話怖いな。
ワクチンではないけれど私はインフルエンザ薬のリレンザで服用数時間後に同じような症状で失神した事がある。報告されてないだけで案外あるのかもしれない。
− 巴井 (@tom_oi2by2) February 18, 2021

gunbird
http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10356104.html











【動画】コロナワクチンを接種した看護師が気絶する瞬間が生中継されてしまう放送事故(イギリス)
2020/12/21 ワクチン
ファイザーのコロナワクチンを接種した看護師が17分後に気絶する事件が発生したと、英国のデイリーメールが19日(現地時間)報道した。
・ファイザーコロナワクチン接種した米国看護師17分後に気絶=韓国報道
彼は米国テネシー州CHIメモリアル病院で勤務している看護師で、今年30歳だ。この看護師は17日、ファイザーワクチンを接種した。彼は接種を受けてから17分後に突然体調が悪化し始めた。当時、彼は地元のニュースチャンネルとのインタビューをしていた。彼は「めまいがする」とインタビューの途中で倒れ、同僚2人が彼を支えた。同僚らが彼を緊急治療室に連れて行き、彼はしばらくして意識を取り戻した。この病院の集中治療室の責任者であるジェシー・タッカー博士は「ワクチン接種後に失神することは多く発生する」とし「ワクチン自体に問題があるわけではない」と話したとデイリーメールは伝えた。
WATCH: Nurse passes out on live TV after taking vaccine in Chattanooga, Tennessee. Nurse Manager Tiffany Dover was okay and spoke again with local station WTVC, saying she has a condition where she often faints when she feels pain.

“It’s common for me,” she said. pic.twitter.com/wqUhX577vc
− Breaking911 (@Breaking911) December 18, 2020
・Vasovagal という敏感/繊細な人に起こる症状でしょう。
採血などで一時的に失神する人がいるのと一緒で、暫く横になっていれば元に戻ります。
・血管迷走神経性失神じゃないかな?注射全般で起こりうる反応で、そんなに珍しくない。献血では1%ぐらいの発生率。症状が重いといきなりぶっ倒れるので、知らない方はビックリするけどね。
・ワクチンは体に異物を入れるものだから、アナキフィラシーショック等は当然付きまとう。要は接種したのと接種しないのとどちらがましかとうことなので、気絶を取り上げてことさら強調するのはマスコミとしての姿勢に疑問がある。
・TV生出演、未知のワクチン接種の不安などで極度の緊張状態からの体調不良かもしれないが、何にせよ原因追求してもらいたいね。
・「ワクチン接種後に失神することは多く発生する」
17分で反応が出るって事はアナフィラキシーなどの即時型アレルギーの可能性が高いだろうね。なので、日本で接種する場合でも接種後1時間は病院待機とかの対応が必要になると思う。
・実際に動画を見ましたが、なんか疑問を抱くような釈然としない感じでした。
インタビュー中に急に倒れ出し、倒れる際もドラマのように誰かに寄りかかるように静かに倒れる…
少なくともアレルギー反応や強い拒絶反応は起きているようには見えなかった。
ワクチン賛成派ではないけど、内容が内容だけに色んな思惑や利権が絡んでいるので、こういった情報は容易に信じない方がいいと思う。
参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10332233.html

真我のメモ帳
https://shinga-no-memochou.tk/?p=1950












ワクチンの件です。我々関係者は今できているCOVID19用のワクチンは使いません。このワクチンにはナノテクノロジーが混入されていて、接種することによりディープステートのマインドコントロール下に入り、自分自身の自我や意識を欠落させます。世界中の政府関係者はメディアを使い情報操作しながら記憶をコントロールし、今起きていることが本当かどうかの判断を自由自在にコントロールできるようにします。
もちろんワクチンを打つ打たないは個人の自由な判断になります。全ては個々人の自由意志ですが、このウイルスは本当にメディアや政府関係者が伝えるほど危険なものなのでしょうか。
インフルエンザの昨年の統計や死者の数と比べてみてください。さらにこのウイルスは我々西洋人をターゲットに作られていて、あなた方東洋人と白人の死亡率の違いは明らかです。
メディアや政府は人類が自由意志を持ちそれを取り戻そうとすることに目覚めることに恐れています。このウイルスはアメリカの大統領選を自分たちの思い通りにするための戦略で作られました。
現在、ある種族がこのウイルスを無害化するために彼らの科学で操作し始めてくれています。
このウイルスは身体に入ったときにそれぞれの因子がバラバラになって活動し身体の中で悪さをしますが、それらの繋がっている手が取れずに無害化する方法を彼らの科学力で操作するようにしてくれました。
それらは少し時間がかかりますが徐々に地球上が無害化されたウイルスが増えて行っている段階です。
そろそろ医学的に次のようなそのような無害化ウイルスを摘出したニュースが入ってくると思います。ワクチンを使うか使わないかは何度もお伝えしますが、個人の自由ですのでそれぞれの考え方で決めてください。

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52061978.html











日本もコロナワクチンの接種が始まりましたが、接種後に経過観測される医療従事者はまるで実験台にさせられているようです。コロナワクチンは実際はワクチンではなく遺伝子操作のデバイスだと言われています。接種者のDNAが徐々に変えられ、変異したDNAは子孫に受け継がれるそうです。そしてワクチンの影響は今すぐには現れませんが、2、3カ月後にジワリジワリと問題が出始めるとも言われています。コロナワクチンは接種者の免疫力を弱体化し自ら自己免疫疾患(AIDSなど)を発症させてしまうとも言われています。
また、ファイザー社、モデルナ社、その他のコロナワクチンは、集団接種が許可されましたが、それは非常時使用として許可されたのであり、平時では許可されないものです。なぜならコロナ・ワクチンはまだ実験段階だからです。コロナパンデミック自体がPCR検査によって作り出されたものであり完全に詐欺であると言っている専門家も非常に多いです。イスラエルでは非常に多くの国民がコロナワクチンを接種しましたが、コロナの感染者数は減っていません。テレビの煽り報道を鵜呑みにしてコロナ・パンデミックの恐怖に陥っている日本人が危険なコロナワクチンを受けるのでしょうね。また、上司の命令で接種させられると愚痴をこぼす方がいたとするなら、精神的に自立し、堂々と自分の意見をはっきり言い、バカな上司にワクチンの危険性を教えてあげる良いチャンスがきたと思います。
参考記事:http://stateofthenation.co/?p=51461
https://beforeitsnews.com/prophecy/2021/02/anonymous-everyone-is-ignoring-this-the-most-shocking-message-prepare-now-2518729.html
(ビデオ)
2月16日付け

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52061978.html

posted by datasea at 11:15| Comment(0) | H 医師健康オタク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: