2021年02月18日

東スポほか: 宏観異常現象,2021年冬


東スポほか: 宏観異常現象,2021年冬
2021年02月18日 (木)
東スポ
ハマグリ大量打ち上げ、ボラの大群…震度6強地震 昨年11月から宏観異常現象
2021年02月14日 00時28分
2014年、さいたまスタジアム上空では環水平アーク現象が観測された
宮城県南部や福島県で震度6強を観測する地震が13日午後11時8分ごろ、発生した。震源地は福島沖で、地震の規模はマグニチュード7・1とされる。昨年から太平洋では、宏観異常現象≠ニいわれる大地震の前触れとされる動物の異常行動が相次いで報告され、専門家の間では地震が警戒されていた。
太平洋では昨年11月11日に千葉・九十九里浜沖の約40キロにわたって、ハマグリが大量に打ち上げられる謎の現象が起き、同月22日に茨城・東海村で震度5弱の地震が発生していた。
その後も宏観異常現象の一種とされる謎の現象は観測されていた。先月29日には千葉・銚子の君ヶ浜に正体不明の生物の死骸であるグロブスターが打ち上げられ、太平洋の海底でプレートが動くことにより、高周波が発生し、生物の方向感覚を狂わせた可能性が指摘されていた。
また今月4日に東京・大田区呑川、8日には茨城・かすみがうら市の菱木川で、海水魚である大量のボラが川を埋め尽くすほどに遡上し、ニュースとなった。
宏観異常現象と地震の関連性は科学的に明かされていないが、過去さまざまな地震で偶然とは思えない動物の異常行動や自然界での不可思議な現象が発生していることから研究が進んでいる。
防災アナリストの金子富夫氏は「昨年6月から横須賀や神奈川での異臭現象、ハマグリの大量打ち上げ、ボラの大量発生があって、いずれも太平洋に面する場所で、宏観現象ではないかと心配していた矢先に大きな地震が起きた。2011年3月の東日本大震災の発生から10年を前に改めて、日本ではいつ大きな地震が起きてもおかしくないことを心掛け、コロナ禍でもあるので、より一層の対策をしてほしい」と話した。

東スポ
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2753238/











「数え切れない」イワシやサバ…浜辺に大量の魚打ち上げられる 三宅島
2/15(月) 21:29配信
Nippon News Network(NNN)
大荒れの天気となった15日の三宅島。海岸に打ち上げられていたものとは。     
◇ 激しい風と、白波を立てる海。15日、伊豆諸島の三宅島で撮影された映像です。浜辺を進むと白い線のようなものが…。近づいてみると…、正体は魚。砂浜を埋め尽くすように大量の魚が打ち上げられていたのです。 撮影した人は… 「数え切れないですね。真っ白だなっていうので驚いた感じです。こんなことがあるんだと思って」 ほとんどが20〜30センチほどの大きさのイワシやサバだったといいます。 撮影した人「かなり島の方からしても珍しいことらしいので。打ち上がるっていうのは初めてのことですね」 15日、最大瞬間で30メートルを超える風を記録した三宅島(最大瞬間風速31.2メートル 午後6時1分)。大荒れの天気となりましたが魚が打ち上げられた原因はわかっていません。 東京都によりますと、魚は600メートルにわたって打ち上げられていたことが確認されています。また、打ち上げられた魚は食中毒の恐れがあるため、食べないようにしてほしいとしています。
最終更新:2/15(月) 21:29
日本テレビ系(NNN)cNippon News Network(NNN)

Yahoo! JAPAN
https://news.yahoo.co.jp/articles/071cc982c261d1e362c617cff5030a03b2b9ec07
https://news.yahoo.co.jp/articles/ebd23848f414410d98ab632e47f2a215cf8820dd









20201100 ハマグリ大量打上,ボラの大群…"宏観異常現象"
20210211 新種の巨大深海魚ヨコヅナイワシの標本展示
20210211 ゾワゾワ…霞ヶ浦の川に大量の魚
20210215 三宅島に大量のイワシ
20210216 徳島の海岸にイルカ?死骸
20210217 千葉銚子海岸で不気味グロブスター発見

fyvvhjjj pc


posted by datasea at 03:08| Comment(0) | 牛 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: