2021年02月03日

つぼぼ: ホロスコープからみた節分







つぼぼ: ホロスコープからみた節分
今年の節分は2月2日です。
2021/01/20 12:00
近くの観音様にお参りに行ったら、今年はコロナ禍のため、豆まき行事は無しとポスターに書いてあった。豆まき行事には、観光バスが来るようなお寺で、節分にはテキヤさんも並んで賑やかなのだが、今年は無いのかとややショックを受けていた。屋台に出る味噌の串カツがおいしいんだよねぇ。で、同じポスターに、“今年の節分は2月2日”というところが強調されていた。節分って、2月3日でしょ、と思うかもしれないけれど・・・若い人は知らないでしょうが、私が子供の頃は、ときどき2月4日だった頃もあったんですよ。
じゃ、節分って、誰がどうやって、日にちが決めているのかと、疑問が湧く。で、解説しますと、まず節分は立春の前日ということが定められている。まぁ、言ってみれば、立春を元日と例えるなら、大みそかのような、立春をクリスマスと例えるなら、イブのような・・・。で、その立春の方が、ある法則による日程で決められているのです。実は、これ、黄道上の太陽の位置です。春分の日から315度の位置。といっても何だかよくイメージが湧かないでしょ。で、このサイトは星占いのブログなので、ホロスコープ上で説明しましょう。
ホロスコープを作成する時に、時間設定をしなかったり、“ハウス無し”を選択すると、たいがい12星座は下のような配置になります。太陽はホロスコープを1年かけて1周します。言ってみれば、太陽を時計の針に見立てれば、1年かけて1周する時計のようなもので、ただし、太陽はホロスコープ上を逆時計回りですけどね。で、この配置では、いて座とやぎ座の境目が一番上に来るようになっていて、ここに太陽がある時が“冬至”です。北半球では1年で最も昼間が短い日となります。うお座とおひつじ座の境目が“春分の日”となります。ホロスコープ上では、“春分点”とも言いますね。で、この配置の時に、一番下が“夏至”。一番右が“秋分の日”となるわけです。この中で、春分点が12星座のスタートラインとなっているわけです。ですから、よく星座の始まりが22日あたりという中途半端な日にちなのは、春分の日が22日あたりだからなんですね。そこから1ヶ月ずつ、12星座を並べているから。春分点、夏至、秋分点、冬至は、きれいにホロスコープを4分割するように90度ずつ並んでいます。で、さらに、春分点、夏至、秋分点、冬至のそれぞれの中間位置に太陽が来た日にちを、立夏、立秋、立冬、立春と決めているのです。ちょうどきれいにホロスコープを8等分しています。ということで、ホロスコープ上で言うなら、みずがめ座15度ぴったりに太陽が位置した時が立春と定められているのです。
で、今年は2月3日が立春になるのです。で、その前日の2月2日が節分ということなのですね。ちなみに30年以上、ある意味偶然2月3日が節分、2月4日が立春でいれたわけですが、どうにもわずかな時間的な誤差が積もり積もって、とうとう1日繰り上げなければならない時代に入ったということであります。ちなみにみずがめ座15度ぴったりに太陽が位置するのは、2月3日23時58分〜59分の間です。ここが立春です。あとちょっとで、2月4日が立春だったのにぃ〜。わずか1分少々のことで、ぎりぎり2月3日を立春にし、前日の2月2日を節分とすることになったのです。今年から30年以上もの間は、うるう年の翌年は、2月2日節分、2月3日が立春となります。なぜうるう年の翌年かというと、うるう年で2月末に1日多い分、1年が366日になるので、1日上手く巻き戻るというわけです。で、またそこから、わずかな時間的誤差が積もり、うるう年の翌々年には再び2月3日節分、2月4日が立春となります。
こんな風に暦はできているのですが、ちなみにこのブログを書いている2月20日は“大寒”。誰がどう決めたかって?まぁ、気象庁の人たちが、会議室で、“この辺りが一年でもっとも「おおさむ〜」だから、大寒にしよう”と親父ギャグを言いながら決めたのではなく、また啓蟄(けいちつ)は、やはり“この辺りで、カエルが冬眠から覚めて穴から出てくるんじゃね?”なんて言いながら、暦を決めているわけではないのですよ。大寒は、立春からちょうど300度の位置に太陽が来る日。ホロスコープ上では、みずがめ座0度。啓蟄は、同じく345度の位置に太陽が来る日。ホロスコープ上では、うお座15度。同じように大暑は120度の位置に太陽が来る日。ホロスコープ上では、しし座0度。などなどご覧のように暦は太陽の黄道上の位置できちんと定められているのであります。本当はホロスコープ15度置きに何らかの暦の名称があるのだけれど、ちょっと全部書くと読みづらくなるので、図は少し省いております。
お子さんに、“なぜ今年は節分が2月2日なの?”と質問されたら、ホロスコープを描いて、説明してあげましょう。

星占い師 つぼぼのホロスコープ星占い ブログ部
http://tsubobo.doorblog.jp/archives/55411615.html


 

 










YORII: 2020年春分図で日本の動向を読み解く
2020年春分図で日本の動向を読み解く
By YORII
2020-01-01
四季図
春分図はその年の日本の動向、社会情勢を表します。そこで今日は、オリンピック開催年である2020年の春分図を読んでいきます。
■2020年の春分図
まず、大まかにみると、活動宮と地のサインに天体が集まっています。変化は激しいものの、しっかりと戦略を立て現実的に対処していくような雰囲気です。
太陽(政府)は貿易など外国とのやり取りを表す9ハウスにあります。
月(国民)も7ハウス水瓶座にあり、国民の関心は、異なる文化を持つ海外の人との交流に向いています。オリンピックの年らしく、国全体が海外の人との交流に関心を向ける年になりそうです。
月(国民)は水瓶座ですのでこだわりなく様々な人を受け入れ、交流し、その刺激を楽しむ様子が伺えます。
月は蟹座アセンダントの支配星ですので日本人らしいおもてなしの心を、海外からの旅行者に対してフレンドリーに注いでいくことになるでしょう。
月の度数も水瓶座14度で、サビアンは「トンネルに入る列車」
これも人とのふれあいや、コミュニケーション
には非常に良い度数で、オリンピックボランティアの皆さんもとても頑張ってくれそうな雰囲気です。
サービスの6ハウスにはMCルーラーの火星と木星があります。国を挙げて盛り上がるような感じです。ここでもやはり、海外の人達を総出でおもてなしするような活気のある雰囲気が感じられます。
水瓶座の月(国民)は、10ハウスにある牡牛座(伝統)の金星(文化)と90度ですが、これは異文化の人達を受け入れ、それを楽しめる国民でありながらも、日本古来の伝統文化もしっかりと受け継ぎ、それを海外に見せている日本ということを表しているように思います。これが10ハウスという目立つ場所に天王星(独自性)とともにあるわけですから海外から見ると、日本独自の文化が
非常に目立つ年になると解釈できます。
お金も表す金星は海王星と60度です。天王星も一緒にありますから、お金は入りますが出ていく額も大きいです。ここは良い循環が生まれそうですね。
以上の事からもこの春分図は、オリンピックの年には本当にピッタリではないかと思います。
少し気になるのは
10ハウス(政府機関)にある天王星(突発的な事件事故・災害)と
7ハウス(同盟国)にある土星(困難)の90度です。
土星は太陽(政府)と60度。これまで同盟国とされてきた国との関わり方は劇的に変化するかもしれません。
2019年の春分図でも同じようなことを書きましたが2020年の政府も似たような状況で、諸外国との
交渉にはかなり苦労しそうな雰囲気です。しかし、10ハウス天王星で水星と60度ですから今までとは違う革新的なやり方で諸外国との関係を新たなものに作り替えていくでしょう。
太陽も土星と良好なアスペクトです。そして月(国民)も水瓶座ですので冷静です。国民もある程度、そのような変化を受け入れていくことになりそうです。
一番心配なのは6ハウス(医療・労働)にある火星(軍事・事故)木星(拡大)冥王星(有事)です。これらが9ハウス(貿易)にある海王星(テロ・薬物・感染症)と60度。ここは少し危険な雰囲気です。上に書いた天王星と土星の90度もありますし日本が諸外国の問題に巻き込まれることも予想されます。
土星・天王星はサイン的には120度ですからそこまで心配しすぎなくても大丈夫かな?とも思いますが、ただ火星・木星は国を守るための軍事力の増大とも読めますので、やはり外交や治安面では、何かしらの危機感が高まりそうです。
オリンピックの年ですしテロへの注意や、海外から持ち込まれる薬物、よくわからない感染病などが広がらなければいいなと思います。
また、10ハウス天王星ですから、気象状況の激しさや、地震等の災害には引き続き注意が必要です。
日頃から防災意識を高めておきましょう。
牡牛座の天王星ですから、2020年は、私たちの価値観は大きく変わっていくことになりそうですね。以前、牡牛座天王星のもたらす生き方の変化を記事にしましたが、それが10ハウスにあることから2020年は価値観の変化が目に見えて変わっていくことになりそうです。それがオリンピックでの経験によるものか気象変動や災害によるものなのか、社会情勢によるものかはわかりませんができるだけ、これまでのやり方や過去に執着せずに、どんどん変化したほうがスムーズで、気持ちは楽になるでしょう。
以上の事から、2020年は、引き続き災害等には注意の年です。軍事や外交問題に関しては何かしらの
警戒が必要で様々な苦労はありそうですが海外への関心が高まり、旅行者に対して国民総出でおもてなしするような、大盛り上がりの1年になりそうです。
オリンピックが始まれば、世界の注目は一気に東京へと注がれます。本当に楽しみな東京2020大会なので無事に開催されると良いと思います。

PLANET LAB
http://bbyolly.blog.fc2.com/blog-entry-98.html




goddessoflove: 土星-冥王星-地球の直列〜社会の変容
2020.01/13 [Mon]
土星と冥王星のコンジャンクション 〜変容のスイッチ〜
1月13日の本日、土星と冥王星が「山羊座」22度(サビアン23度)で最接近します。
このコンジャンクションは、約30年から40年に一度起こるビッグイベントです。
コンジャンクションは、占星学的に地球から見て、土星と冥王星の角度がほぼ0度になることです。コンジャンクションが起こるとどうなるかというと、極端な結果になりやすいです。
土星は、社会の秩序を維持したり、時には制限をかけたりしてきます。今、やぎ座にあって、社会をコントロールしていますが、そこに冥王星の破壊や変革のエネルギーがかぶさってきます。するとどうなるかというと、やはり今までの社会が変容していくことになるのだと思います。
石井ゆかり先生が土星を厳しいので「土星先生」と呼んでいましたが、私も同感で、土星の支配する世界観は、ちょっと窮屈に思えるので、変容していくことは、歓迎です。土星がある意味守っていた社会システムや意識が変わるスイッチが入る日です。後になって、あの頃から世の中変わり始めたよねと思い出す日も来るかもしれません。
年初にも書きましたが、今年は変わること、変容を恐れていてはいけません。個人レベルでも、今まで上手くいっていたのに、急にそうでなくなったりすることもあるかもしれません。臨機応変に、上手く変容の波に乗っていきましょう。
ちなみに1月11日から2月16日まで、すべての惑星が巡行になっています。この間は、逆行もないので、何事も順調に進みやすい時期です。年明けのスタートダッシュに活用してくださいね。

Gentle Time
http://goddessoflove.blog.fc2.com/blog-entry-519.html







オカルト視点で時事を読む36
ID:IwQCzF3j0(11/29)
0012 本当にあった怖い名無し (ワッチョイW f5b2-sKA6) 2019/12/02 08:24:13
https://www.pixiv.ne...p;illust_id=76464523
 1ID:IwQCzF3j0(12/29)
0013 本当にあった怖い名無し (ワッチョイW f5b2-sKA6) 2019/12/02 08:24:44
羊ASC「落胆させられた大聴衆(期待に応えることをやめ、より重要なすべきことをする)」←水瓶11h金星とゆるセキ、1h天王星とゆる合
(米だと装飾されたハンカチーフ:過去の栄光に安住し自分から積極的に動かず現象維持志向)
12h羊太陽「女性が水から上がり、アザラシも上がり彼女を抱く(不安を抱きつつも新スタートを切る・潜在していた可能性実現)12hキロンと合、乙女6月とゆるオポ、4h蟹HDとゆるトラ
山羊MC「密かに裸で入浴する少女(自分の心に忠実になる・自分には嘘をつかない)」←水瓶11h金星とセキステ、魚12h水星とユルセキ
魚12h水星「弟子を指導する巨匠(体験を通じてこそ真の理解を得る)」←山羊MCとゆるセキ、12h海王とゆる合、10h山羊冥王や1牛火星とゆるセキ、射手8h木とゆる□
水瓶11h金星「座ってすべての手足を振っている大きな熊(心身のかたよりを少しずつ矯正)」←牛1h火星とガチ□、8射手木とセキステ、羊ASCとゆるセキ
乙女6h月「スキンヘッドの男(本音を隠さず体裁を取り繕わないやり方・生き方)」火・冥とゆるトラ、木とゆるスク、DHとゆるセキ 太陽とゆるオポ
羊12hキロン「彼の祖国の形をした男の横顔の浮き彫り(周囲に合わせつつ、時折自分を振り返る・地域的な集団意識と同化しそれを表現)」太陽と合
(米だと「グループを楽しませるコメディアン:人や物事の本質をよく観察し如実に表現する)
 1ID:IwQCzF3j0(13/29)
0014 本当にあった怖い名無し (ワッチョイW f5b2-sKA6) 2019/12/02 08:25:04
牛1h火星「馬にまたがり骸骨の締め具をつけたインディアン(守るべきもののために全力で戦う)」←水瓶11h金星と□、山羊10h冥王と△、蟹4hDHとセキステ
射手8h木星(9hカスプ寄り)「家のドアにとまっている青い鳥(己の考えは持ちつつ人に心を開くことが明るい未来につながる)」魚12h水星とゆるスク、9hカスプと合
蟹4hDH「右肩越しに突然投げられた黒い影または外套(見えない力が宿り強い意志と魅力に満ちて人々を圧倒する・いつもと違う様子になる・カリスマ性)」←10冥王とゆるオポ、牛1h火星とセキステ
山羊10h土星「歌っている隠れた合唱隊(集団の一員として働く喜び・ワンネス的超越的一体感・自我よりも集合意識・集団魂の器でいる)←10冥王ゆる合、MCゆる合、蟹4hDHとゆるオポ
1h牛天王星「山の清流(ありのままの自分・生まれ持った才能や環境を生かす・取り組みや資質に相応しい環境・境遇が用意される)」←ASCとゆる合
12h海王星「復活祭の歩道(お祭り騒ぎに乗じたり集まることで潜在能力を解放)」←10h山羊MC土星合とセキステ
山羊10h冥王「戦争での勇敢さをたたえる二つの賞(複数の価値観が存在することを知り、どちらも尊重し活用)」←牛1h牛火星と△、10h山羊土星とゆる合、4h蟹DHとゆるオポ
 1ID:IwQCzF3j0(14/29)

5ちゃんねる
http://itest.5ch.net/test/read.cgi/occult/1575242142/3-n









魚の金星と牡牛の天王星
2020-01-16 Thu 09:15
深夜に月は天秤に入りました(00:43)。
今日はボイドはありません。
今日のアスペクトは、
 魚の金星と牡牛の天王星がセクスタイル(8:16)
 天秤の月と射手の火星がセクスタイル(15:13)
 天秤の月と山羊の木星がスクエア(17:44)
アスペクトピークは明日になりますが、乙女では月は次々山羊の星たちとトラインを作りましたが、
天秤の月となってからは、木星スクエアを皮切りに次々スクエアを取ることになります。
活動宮は季節の始まり、物事のスタートの場所。
そして今日は、魚の金星と牡牛の天王星がセクスタイルとなります。
月の座す天秤も、支配星は金星で、「愛」の場所。
どうやら「愛」において、なにがしかの出来事、変化が起こりそうな気配。
昨日の星模様は自分から能動的に物事を開拓していく雰囲気でしたが、
今日はどちらかというと出来事が向こうからやってくるようなイメージで、
スケジュール表にはなかった予定で時間が埋まっていきそうな気配です。
そしてそれを精力的にこなしていく一日(とくに午後)となりそう。
「愛」のチャンスは、積極的にゲットしていくのが良さそうです。
ガツガツと、しかし爽やかにクールに、行きましょう。
では、良い一日を。。。

keiko的、占星術な日々。
https://gamp.ameblo.jp/hikiyose358

posted by datasea at 21:46| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: