2021年01月19日

風水鳥の帆船: アメリカ大統領選挙の行方を易学でさぐる



風水鳥の帆船: アメリカ大統領選挙の行方を易学でさぐる
陰陽eyes特集,迷走するアメリカ大統領選挙、今後どうなる?!
2020/12/02 23:14
陰陽Eyes
皆さんいつも占い処「風水鳥の帆船(かざみどりのはんせん)」にお越しくださって本当に有難うございます。今日はお昼すぎから冷たい雨でしたが、皆さん大丈夫でしたでしょうか?この時期の雨は実際の気温以上に冷たく感じますので、どうか皆さん暖かくしてお過ごしくださいね。
■相談者様からの強いご要望
さて、先日当占い処にいらした時、アメリカ大統領選挙についてぜひ陰陽eyesで特集してくださいと仰って下さった相談者様、本当に有難う御座いました。最近は大変有り難いことに、陰陽eyesを読んでくださる相談者様が増えましたため、私達も出来る限り相談者様と一緒に占いを通じて世界のあらゆる事に興味を持てております。私達はお恥ずかしながら、政治の世界には本当に疎いですので、相談者様の一言からあらゆる勉強をさせて頂いていて、それが本当に有り難い事だといつも感じております。当初は極僅かの相談者様のご要望と、私達の勝手で始めましたこちらのコーナーですが、気が付いてみますと今月で二年目を迎えさせて頂き、今では沢山の相談者様のご意見からコーナーが作られてる現状に、嬉しさがこみ上げてきます。皆さんいつも当占い処を、そしてこちらの公式ブログを応援して下さって本当に有難うございます。まだまだ足りない部分ばかりだと思いますが、どうかこれからも皆さんと一緒に未来を見て行かれる占い処でありたいです。どうかこれからもよろしくお願いいたします。
さて、日本にももちろん影響が少なからずありそうなアメリカ大統領選挙ですが、私達も何回か占ってはいましたが、どうにも報道されているような流れとは違った事をイーチン心理タロットは語っているようですので、今回はあまり突っ込んだ内容ではなく、大きな流れを見ていきたいと思います。
■アメリカ大統領選挙を占う。
それではここから実際にカードを開けてみましょう。
今回は大規模な捜索に使う、当占い処の陣形の中でも最もカードを使います「陰謀陣」となります。大きな企業様同士の合併の際等に、相手の会社様や相談者様の会社様の中に、合併話を別の方向に引っ張ることで利益を総取りしたいような悪意を持った人物がいるかどうかなどを探す時にも良く使われる陣形で、最も読みが大変な陣形でもあります(汗)
今回はこのようなタイムラインでカードを配置しました。
・主軸をアメリカ合衆国の人々として配置。
・陽をバイデン候補として配置。
・陰をトランプ大統領として配置。
このような流れで見てみました。日本国内のニュースを見てみますと、もうバイデン大統領が決定したかのような報道ばかりでしたので、カードから示された結果に少し私達も驚いてしまいました。それでは、解説を行ってみたいと思います。
・数年前、アメリカ合衆国はそれまでの歴史から脱却する決意をしていた。
・その頃、バイデン候補は何かのビジネスが上手く行ったらしく、お金を大分儲けていたらしい。
・その頃、トランプ大統領は大統領に就任した華々しさとは裏腹に、業務的にも資金的にも手詰まりな状況になっていたらしい。
・暫くして、アメリカ合衆国そのものが何らかの原因によって経済的に下り坂を下ってしまっていたらしく、悪評は益々増えていく一方になってしまっていた。
・その頃、バイデン候補の事業に暗雲が立ち込めてきたため、その事業復興のために大統領選に出て、アメリカそのものを変えようと思ったらしい。
・幸い、バイデン候補を応援する沢山の仲間が共に大統領選挙を応援してくれる事にもなったらしく、本人も強気で出る事が出来たらしい。
・その頃、トランプ大統領は業務が多忙過ぎる上、どの業務も手探りであったため、あらゆる事に手を付けすぎて手が回らなくなっていたらしい。
・それら業務は目に見えるような仕事では無かったため、人々からはまるで何も仕事をしていないかのような印象を持たれていたらしい。
・大統領選挙は始まり、人々はどちらの人物が大統領になるのか、共にそれぞれの陣営を応援して戦った。
・勢いが大変に良かったのがバイデン候補であり、それは強力な仲間とスポークスマンが居たためだ。
・一方のトランプ大統領は先へも進めないような大きな壁が立ちはだかり、全く身動きが出来ないような状況になっていたようだ。
・アメリカ国民が望んでいなかったような結果が出た時、もうだめだと思ってしまったのが今回の大統領選挙を最悪たらしめている。
・バイデン候補に関しては、目に見える事柄ばかりを声高に叫びすぎて、中身が全く伴っていないどころか、闇しか抱えていないのが最大の問題である。
・トランプ大統領に関しては、既存のシステムや既存の概念を全部壊して新しい物に作り変えようとしたのが最大の問題である。
・アメリカのメディアはどうやらバイデン候補寄りの報道しかしていないためか、アメリカ国民はアメリカそのものに不満が溜まっているらしい。
・それでもどうやら、バイデン候補は大統領になるつもりらしい。
・一方、アメリカ国民から愛されていたトランプ大統領は、この先は安泰だと思っているらしい。
・この先アメリカ国民自体がアメリカを見捨てようかと思ってしまうらしい。
・バイデン候補としては、そんな事よりも自身の事業が大切らしい。
・トランプ大統領としては、そろそろあらゆる制限を外して公開し、一気に色々と何かを行おうとしているらしい。
・この先、2つの道がある、一つはトランプ大統領が負けたと宣言する道、もう一つは、現在の大統領にしがみつく道だ。
・外野はあらゆる事を騒ぎ立てるが、トランプ大統領が負けたと宣言しない限り、必ず再就任する。
・現時点では、トランプ大統領が負けたと宣言していない未来が見えている。
・その後再就任した後、暫くはアメリカも良くなる未来が見える。
・一時的に経済も回復するだろう、しかしその先に、予期しない出来事が起き、何も準備が無いままそれは訪れる。
・どうやらその事によりアメリカは経済的に干されるような事になるだろう。
・世界は既存の金融理念を持って動いている、そこにメスを入れれば干されるのは当然である。
・他国はアメリカに全く協力しない。誰かの号令かもしれないが、兎に角仲間が全く居ない状況が出てくる。
・そこまで経済的に落ち込んだアメリカを誰も助けられないからだ。
・アメリカの経済が完全にストップし、全く何も出来ない状況になる。
・それはアメリカそのものが何かをすれば良くなると言うような原因ではなく、意図的にアメリカがいじめられるからだ。
・アメリカそのものとしては、大きな事を成すと言うような夢物語を追うのではなく、一歩一歩着実に前進していかれる道を辿るべきである。
・大きく目に見える事柄は確かに人々に一時的な希望を与えるだろう、しかし、真の国の発展とは一回のホームランで試合が覆るベースボールとは違うと言う事を肝に銘じるべきだ。
・・・と、このような結果となりました。
■実際のニュースから占い結果を追う。
さて、今回カードから示されました「・バイデン候補に関しては、目に見える事柄ばかりを声高に叫びすぎて、中身が全く伴っていないどころか、闇しか抱えていないのが最大の問題である」の部分ですが、日本のメディア、ニュースを散見している限り、それほど何か闇を抱えているような様子が無かったため、少し調べてみました。
ジョー・バイデン、あまりに危険な男の正体…不正疑惑を封殺する大手米国メディア-Business Journal-
【英語】China has bought and paid for Joe Biden and his entire family-Life Site-
【Google翻訳】中国はジョー・バイデンと彼の家族全員を購入して支払いました-Life Site-
【英語】6 facts about Hunter Biden’s business dealings in China-Newyork Post-
【Google翻訳】ハンター・バイデンの中国での商取引に関する6つの事実-Newyork Post-
【英語】Biden Sold Out America to China While Working for Hollywood-Frontpage MAG-
【Google翻訳】バイデンはハリウッドで働いている間にアメリカを中国に売り切れた
【英語】Private-eye firm claims Hunter Biden is linked to multiple criminal probes-Newyork Post-
【Google翻訳】民間企業は、ハンター・バイデンが複数の犯罪捜査に関連していると主張している-Newyork Post-
政治と言う巨大な物を扱っていらっしゃる方々は、多かれ少なかれ色々と闇があるのだとは思っていましたが、結構な闇でした。日本国内ですとこうしたニュースを報じている所があまりないと言う所が、日本の報道の闇なのかもしれませんね。
実際の所、今回の占い結果では見えていませんでしたが、トランプ大統領に関しても、政治という巨大なものを扱っている限り、必ず闇になっている部分はあるのだと思います。人間というものそのものが誰一人として清廉潔白と言う事はありえませんので、そうした意味では全ての闇を報道は人々の前にさらけ出して、選挙権のある方々はそれらを見比べて吟味した上で、どちらの候補者になら政治を任せられるのか、闇になっているような部分も含め、そうした事を全て含んだ上で考える余地を与えるのが本当の民主主義のような気がします。宗教であれば、信じる信じないの世界だけですので、ある意味とても簡単なのです。信じている人は信じていて良いですし、信じたくない人は信じなければ良いだけです。ただし、信じている人を攻撃するのは、「信じない」と言う思想を「信じている」と言う事ですので、それはある意味宗教です。信じない教団ですね。何事もそうですが、強制勧誘はよろしくありません。しかし、政治は宗教ではありません。ですので、より候補者の方々の明確かつ的確な情報を有権者の人々は知る権利があります。
アメリカ大統領選挙はアメリカ国民の人達のもので、日本人は殆ど選挙権とは無縁です。それにも関わらず、日本の報道は随分と偏った報道を声高にしています。どちらにしても日本は選挙権のある方はごく一部なのですから、選挙の行方に影響が無いのであれば、もっとあらゆる方向からの報道を期待したいですね。

占い処・風水鳥の帆船ーかざみどりのはんせんー
http://kazamidori-no-hansen.seesaa.net/article/478808070.html












当占い処は企業オーナー様の鑑定経験も多数承っておりますため、今後の御社の活路を切り開くための一つの手段として、占いはいかがでしょうか?
当占い処はどのような企業オーナー様であろうとも、初回15分1,000円と下北沢最安値クラスで鑑定をさせて頂きます。また、事前にご予約頂ければ、さらに5分延長無料となりますので、初回20分1,000円と、他店様の追随を許さないサービス価格を実現させて頂いております。ぜひこの機会に、私達占い師をお役立てくださいませ。ご予約はメールでお承りしております。
kazami.hansen@gmail.com
※捨てアド、ハンドルネーム可ですが、ハンドルネームの場合、次回以降も同じハンドルネームでお願いいたします。
下北沢駅から徒歩1分、悠久の亜細亜が生んだ易タロットのイーチンタロットと、古来日本から連綿と続く古神道の秘儀を融合した陰陽の完成形「イーチン心理タロット」であなたの行く先を照らします。
イーチン心理タロットによって毎月の世界情勢を占う「陰陽Eyes」は、占い好きの方も、世界を相手に精力的にビジネスをされる方も必見です。
月・火・水曜日が定休日となっておりますが、その他の日はメールにてご予約頂ければ確実です。
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-7-2中瀬ビル2-C
kazami.hansen@gmail.com

占い処・風水鳥の帆船ーかざみどりのはんせんー
http://kazamidori-no-hansen.seesaa.net/article/478808070.html



posted by datasea at 12:03| Comment(0) | ◇ 易学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: