2020年12月19日

nico: 風の時代,水瓶座木星の時代に敢えて自分をいきる


nico: 風の時代,水瓶座木星の時代に敢えて自分をいきる
風の時代が何だと言うんだ?あおられずに自分を生きるには…
astrology
2020/12/1617:04 0 0
私の鑑定を受けていただくと、コンサルテーションチャートのリーディングにだいぶ時間をかけているのがわかると思います。
今、どのような立ち位置にいるのか。
今の重要なテーマは何か?
今、解決すべき課題とは何か?
使える道具、手放すものとはどのようなものか?
そういったことを伝えるのには、コンサルテーションチャートの意味を共有するのが一番効果的なのですが、最近つくづく、コンサルテーションチャートと火星鑑定の相性がとてもいいなーと思いながら鑑定を進めています。心理ホラリーやコンサルテーションチャートは、まずASCのテーマを読んでいくことからスタートするのですが、ASCとは、つまり火星=牡羊座的エネルギーということ。だから、今、ASCに示されたテーマを火星的勇気、火星的決断、火星的行動をもって歩み始めていく、そんなイメージでセッションを進めさせてもらっています。お渡しした資料のASCのテーマを胸に、ぜひここからまた新たな気持ちで歩みを進めてみてください。
■風の時代
しかし!
最近、鑑定をしていて耳にするのが、「いよいよ風の時代なのにどうしたらいいかわからないのです…」「これから風の時代なのに何もできていないのです…」という声。
2016年の天秤座に木星が入ったときも、
「これからはパートナーシップの時代!さあみんなで婚活しよう!」
的な話が四方八方に飛び交っていて、慌てて婚活に飛びついた多くの人がヘトヘトになって人間嫌いになっていましたし、マスコミも、占い師も面白半分なのか宣伝目的なのか、あおりにあおるから、みんな始まる前からヘトヘトになってしまってる印象です。まだまだこれからというか、風の時代はここから200年続きますから、じっくり落ち着いて進むこと。私の長年の経験から木星のあおりを受けると、
@焦る
A疲弊する
B無駄が多くなる
C自分の本来、本性と違う決断をしやすい
D何も残らない
となるのです。今回、木星は一気に魚座まで駆け抜け、そして6月に逆行を開始します。私の毎度のイメージでは、最初に木星にあおられた人たちは、木星逆行期に躁鬱の鬱っぽい症状を示す人もいたり、やる気をなくしたり、諦めたり、陰=月的環境に引きこもってしまったりするので、むしろ2021年6月21日の逆行までコツコツやる、これが大事です。で、人が疲れてきたときに、その横をのんびりすり抜けていく、そんなウサギとカメ的イメージです。水瓶座木星ですから、やるべきことは不動サインです。
これからの時代、もっと大事な不動サインのテーマ、その辺の話は、またおいおい。今日は、明日から土星が水瓶座ですが、その前に、もう一度「火→地→風→水」の流れを思い出してもらいたく、2020火星サイクル手帳の「はじめに」に書いた言葉をここに抜粋して載せようと思います。生きるだけ、生き残るだけでも大変な時代に、ではどうしたらいいのか、それをあたらめて考える機会にしてもらいたいと思ったのです。
火星サイクル手帳のあとがきにも書きましたが、2020年2月、コロナのせいで火星サイクル手帳の内容をすべて書き換えなくてはならなくなったとき、伝える言葉が見つからず、最初すごく悩んだのですが、そのおかげで、もしかしたら本当の意味で火星の重要性に気づくことができたかもしれないなと思い、このようなメッセージを書きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2020年、私たちはあっという間に先の見えない世界に放り出されてしまいました。あらゆるメディアは、「これからどんな世界になっていくのか」を競い合うようにして報道していますが、2020年の火星サイクルから見ると「どんな時代になるか」は、それほど重要な問いでないことがわかります。それよりもこう問いかけることのほうが大事かもしれません。
こんな時代だからこそ、「私」をどう生きるべきなのだろうか。
2020年の火星サイクルは、とても重要な期間となっています。火星にとって重要なサイン・牡羊座で順行、逆行を繰り返し、半年間、牡羊座を運行するのです。前回、牡羊座だけで逆行を繰り返したのは1941年となりますから、実に79年ぶりの現象であることがわかります。
 一つのサインにこれだけ長く滞在するということは、そのサインのテーマにしっかり取り組むべきときだということですから、牡羊座的テーマとして、今こそ偽りの人生を手放し、人が生まれつき持っている活力、自発性、純粋さ、好奇心を引き出し、自らを人生の主人として責任ある行動をとり、欲求と行動が一致した人生を送れるよう努めていく時期であることがわかるでしょう。
 2020年火星サイクルを迎えるにあたり、「新たに生まれる」ため、私たちは先の見えない世界に対し、たとえ恐る恐るであっても古い殻を破る意思を示さなければならないのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
生きる、それだけでも私たちは、すでに十分すぎるくらい闘っているはずなのです。
自分を生きること。
自分を十分に生きること。
それ以上の闘いがあるのでしょうか。
火星・牡羊座気は2021/1/5まで。
それまで、自分の大切なエネルギーを余計なものに使わないよう、決壊を張る練習、それをしてもらたらと思っています。
nico

nicosmic life --- 心理占星術と未完成な日々
http://nicosmic21.blog.fc2.com/blog-entry-1987.html





IMG_20201221_073313.jpg

Screenshot_20201221-072138.png

Screenshot_20201219-141021.png

Screenshot_20201219-135842.png





木星が水瓶へ
2020/12/19 09:15 |星☆彡|
今日は水瓶の月、夕方17:44〜21:38にボイドとなり、夜は魚の月となります。
今日のアスペクトは、
 水瓶の月と牡羊の火星がセクスタイル(7:08)
 水瓶の月と射手の水星がセクスタイル(16:48)
風と火のサインのアスペクト、強い風が火を飛ばし、コミュニケーションがいっそう盛り上がりそう。世論・言論もにぎわおうというものです。
そして、月が水瓶へ抜けるころ、今度は木星が水瓶へと移動します(22:08)。クライマックスに向けて「いよいよ」な感も濃くなってきます。
木星と言えば年間単位のテーマを示す星。年末という季節に、それぞれの中期テーマもまた新たなものにシフトしていきます。自由と叡智。既存にとらわれない新しい世界へ。水瓶の方はいきなり土星・木星と2星がやってきて、とても忙しくまた濃密な時間かと思います。逆に山羊の方は、肩の荷を下ろし身軽になって次の旅へ出かけるような、そんな時間なのでは。
全体的に、前へ、前へ、という気配が濃厚なホロスコープです。新しいことを、成功が保証されていなくても手掛ける楽しさ、個人が独立を保って自由に身動きするための、広めのパーソナルスペース。ポジティブの「種」を見つけて拾うような日です。
少し早めですが、来年のことを計画してもいいかもしれません。
では、良い一日を。。。

Water Garden
http://yoshinoiori.blog.fc2.com/tb.php/3190-fa073bee













アヴィギャ・アナンド: 再び山羊座入りする木星,未来の展望と対策
インドの占星術師、アヴィギャ・アナンド君の動画が更新されました。
公開日:2020年11月11日
未来予測
アビギャ・アナンド君
久しぶりに、インドの天才少年占星術師、アビィギャ・アナンド君の動画が更新されたので、内容をご紹介します。かなり長く、途中???なところもあります。同じことの繰り返しになっているところもありますが、一応全文訳してみました。
+++++++++++++++++++
■現状について
今日は、世界の(出来事)に対する解決方法と、将来私たちが直面するかもしれない主要な問題を避けるためにできること、将来多分起きること、来るべきその時に、私たちが実際に心配すべきこと、心配すべきでないことについてお話します。そして、さらにもっとたくさんの話題について今日のビデオではお話します。
(前回)ビデオを作ってから長い時間が経ちました。今日は、将来に対する解決方法についてたくさんお話しできると思います。そしてこれは、様々な要素に由来するものです。ヴェーダ、単純な論理、世界についての理解、占星術的な見通しに由来し、そして、私たちが出会うさらに多くのことに(この解決方法は)由来します。このビデオの中で、私たちは多くのことに出会います。
では、ガネーシャの???からお話を始めたいと思います。基本的に、6月30日からのここ数ヶ月の間、インドと世界は、多くの回復を見せました。例えば、私たちが注視してきたウィルスからの回復率は、政府の数字を見ただけでさえ、90%以上、上昇しています。そして、これとは別に、論理的な思考を使い、WHOの報告書に基づくと、COVID19に感染した十人に一人が、そうです、WHOによると、誰もそんなに具合が悪くなっていないのですが、ウィルスのせいで苦しんでいるだけです、これは人口に対してとても些細な割合です。また、それとは別に、十人に一人の人が、PCR検査で陽性になっています。これは次のことを意味します、つまり、世界人口を考えると、その広範囲な致死率は、非常に低く、0.001%より低いということです。
コロナウィルスがそれほど危険なものではないことがわかっても、それが経済の崩壊や停滞、そして全てのものが破壊され、人々の生活は破綻し、人々の生活全体が、基本的に全て問題となってしまった、これが、今年の6月30日までに起こったことでした。そして、6月30日の後、木星が、山羊座を出て射手座に戻ってきて、コーシャコンジャンクションが破られたので、物事がだんだんと良くなってきたのです。例えば、経済は再び上昇し始めましたし、そして現在、株式市場は、再び上昇し始めています。株式市場は、驚くべき暴落の状態から立ち直っているのです。今まで見た中で最大の、株式市場の世界的崩壊のために通貨も逼迫していました。そしてとても多くの出来事が、私たちの経済全体に影響を与えていました。しかし、ここ数ヶ月間は、全てがだんだんと良くなってきました。
今は、11月です。私たちは、4月、5月、6月などの状態からは前例のない発展を経験しています。確かに、木星と土星のコンジャンクションが破れたことは、私たちの世界全体にとっては良いことを起こしています。多くの人々は新しい生活の復興を経験していますし、多くの人々が、子供たちを養うことができていますし、多くの人々が、再雇用される状態ですし、商売を失った多くの人が、再び商売を繁盛させることができていますし、少なくとも、繁盛させ始めています。私たちは、とても多くの回復を見ています。ですから、コロナウィルスだけに焦点を当てるのではなく、回復したことにも焦点を当てるべきでしょう。世界が進歩しているのかどうかを評価するためには、私たちは、様々な要素に焦点を当てる必要があります。今日、少なくとも世界はより良く準備をしているのを私たちは見ることができます。そして、大きな破滅、世界全体の経済崩壊、とてもひどい経済状態、金融の状態から世界は立ち直りつつあります。
■未来について
そこで、今、これからの未来についてお話したいと思います。
木星が再び山羊座に入るまであと数日あります。そして、コンジャンクションは始まったばかりです。ちょうど去年の11月のようにです。
2019年の8月に、11月から4月に起きることについて同じものを使って、私は実際に予言しました。木星が、土星と一緒に射手座に入る時、木星は問題を起こし始めます。そして、これがコーシャコンジャンクションと言われるものです。そして、それは、緩やかなコーシャコンジャンクションでした。そしてそれが激しくなると、世界にとってより危険になりました。例えば、4月に火星が土星と一緒になった時、それは4月の1日でしたが、その日には、火星と土星が、6度の差を持って一緒になりました。
今回は、木星と土星が、ホロスコープ上の同じ角度で一緒になります。それは、ほんの1年以内、実際、12ヶ月経たないうちに起きる極度に例外的な組み合わせです。私たちは、そういう驚異的な星の配置を見つつあります。それはあってはならないもので、世界全体にとって害悪になるものです。
今日は、何が送るのか、そして私たちに何ができるのかについてお話します。もちろん、このビデオを見ている人なら誰でも一緒に世界に利益を与えらることもたくさんあります。あなたの側の少しのことでも、世界に起きること、世界に最終的に起きる結果に対してとても役に立ちます。全体として、現在の世界で起きている様々なことに気を散らさないようにしましょう。未来に集中しましょう。これから起きることに集中しましょう。そして今回、私は、皆さんに前もって警告したいと思います。なぜなら、私のこの小さなことが、つまり、私が、この(星の)配置を見つけることができ、ビデオを公開して世界に対してそれを説明できるということが、これが私のできることの全てですが、結局は、私たちが協力しなければならない、肯定的にならなければならない、未来のためにより良く備えておかなければならない、私たちはこれから起きる可能性のある全てのことを理解しておかなければならないし、そしてそれが私たちの手に委ねられている、ということだと思うからです。私たちは、どんな環境にも心を閉ざすべきではありません。私たちは心を開いて、星々が不運を与えるこの期間に私たちに影響する全てのこと一つ一つについて考えるべきです。
■2020年11月20日から悪運の暗示
では、様々な出来事からお話します。まず初めに、最初の出来事は、2020年11月20日です。そして、11月29日まででコーシャコンジャンクションがあります。それは、木星が山羊座に再び入ることを意味します。そして、12月19日から12月28日まで、正確なコーシャコンジャンクションがあります。(この時、)木星と土星が一緒になってお互いに触れ合います。それは、つまり、空で、光線が、二つの惑星の光線が触れ合って、それが、私たちがすでに経験したように、前例のない災害が起きたのと同じように地球に影響します。
去年の8月にコメント欄で現に私を叱った人の誰も、戻ってきて、その時と同じことを私に言うことはできませんでした。なぜなら、彼らは、このコンジャンクションの激しさを経験したからです。同じことが再び起きると私は皆さんに警告したいと思います。
私にできることの全ては、星の位置を見て、シャストラ(サンスクリット語で「専門知識」を意味する)を研究することだけでした。そして、これは、コーシャコンジャンクションについてのシャストラに直接由来するものです。それは、サンヒター(ヴェーダの本編のこと)の星の会合の章の中に現れます。もちろん皆さんは、それを大昔のものだと言うことこともできます。
(しかし、)これについてもっと知れば、それは、主に、人々の心の中に恐怖を作り出すもの(とわかります)。ですから、メディア、政府、とても多くの組織が、恐怖を作り出そうとし始めるでしょう。または、何もしなくても自然と恐怖が人々のところにやってくるかも知れません。または、何か不運なことが起きるのかも知れません。戦争から疫病まで、災害まで、または、ウィルスの第二波まで、または人々の免疫の破壊まで、または、経済崩壊まで、または、その全てが一緒に起きることまで、何でも起きる可能性があります。そして、また私たちは、ワクチンによる健康被害も受ける可能性があります。起きるはずのないことが何でも起きる可能性があります。なぜなら、今、ワクチンは開発が急がれていますが、世界的な各製薬企業、各国政府が一緒になり、これについて何かをしようとしているからです。つまり、ワクチンにはたくさんの毒物が入っていることを知っているのに、悪意あるやり方で、開発をスピードアップさせているなど、こういったことを全てやっているのです。でも、私は反ワクチン派ではありません。しかし、私は、彼らが今日ワクチンを使っているやり方には反対です。なぜなら、ワクチンの仕組みは古代でも一般的でしたが、しかし、現代の科学者は誰も、実際に古代に記録されたワクチンのシステムを作っていないからです。つまり、医者は、かつて、国々を廻って、人々に作り上げたワクチンを接種したものでした。私はそれについて後日ビデオを作れるくらい十分な証拠をもっています。もちろんこれは多くの人々にとっては新しい事実でしょう。私は、ワクチンの概念には反対しません。しかし、今日のやり方には反対です。ですから、政府や邪悪なこの世界のエリートたちが集まって何かをしようとするときはいつでも、彼らには、常に、二つの側面をもった計画があるのです。一つの側面は真実かも知れません。もう一つは、50%の確率で、間違っているとか危険なものです。そのワクチンはそういうものです。理論的には正しいかも知れませんが、実際にあなたが使うのには危険なものになりうるのです。ワクチンに含まれることになる、私たちが知らない、尋ねようともしない物質なのです。グーグルサーチを見れば、ワクチンに何が入っているのか誰も知りたいとおもわず、いつできるのかをただ知りたいのです。少なくとも、何が入っているのかを疑問に思いましょう。危険なものに立ち上がって反対しましょう。物事を理解しようとしましょう、そして前に進みましょう。それが私が目にしたいことです。
■7つの解決法のポイント
そこで、私は7つの解決法のポイントを作りました。様々なことが起きるかも知れません。図表にフォーカスしてくれませんか?最初からズームインしてください。この7つの未来のための解決法のポイントの、最初のもの、一番大切なことは、神様を信じることです。そして、神様の創造を愛し、信じることです。自然を愛すること、それに属する全体を愛することは、そして、自然を保護すること、生き物を害することや自然破壊を止めること、これらは私たち全てが一つになるための誓いです。私たちが誓わなければならないことです。これらを利用して、今日直面している危機から脱しなければなりません。
・生き物を苦しめないこと
私たちは、動物を害することをやめなければなりません。そうすれば自然は、様々な方法で私たちを害することを止めるでしょう。そうすれば、自然の摂理は、私たちの利益になる方向に向かうでしょう。そうすれば、私たちは命を救うことができます、人も動物も両方とも。そして、一緒に暮らしている生き物に対してもっと親切になりましょう。私たちの周りで生きている全てのものにもっと親切になりましょう。もっと情け深くなりましょう、なぜなら、自然は、自分や自分の創造物に害を生ずることなしに、楽しむのに十分のものを私たちに与えてくれたからです。そして、この愛する創造物は、ヤギからヒツジ、牛、全ての一つ一つの生き物までの、あらゆる種類の動物を含みます。私たちは、自分の兄弟、姉妹、父、母、そしてその命を、滅ぼしてはなりません。私たちは、彼らの誰も殺してはなりません。これは、皆さんに対する私の心からのお願いです。日常的な、邪悪ないじめや、非菜食主義、今日の世界の(動物を苦しめる)人々を助長する原因として働く今日起きている様々なこと、生き物を害する可能性の全てを減らすと、誓いを立てましょう。もし、私たちがこの世界の住民ならば、これら全ての行いを止めることを始めましょう。当然、この産業は衰退するでしょう、この有害な産業は、この苦痛に満ちた産業は衰退するでしょう、そうすれば、この地上にある苦しみは、ゆっくりとなくなっていくでしょう。私は心の底から、地球を害する製品の摂取を減らすことによって、この世界に持ち込む害悪の全体量を減らす、少なくとも減らすことをお願いします。私は、牛乳を採るべきではないと言っているのではありません、牛から牛乳を採ることはいいとは思いますが、肉を採るべきではありません。なぜなら、肉は人類にとって必要でないからです。これは違う話題なのでそれについては一緒に別に話すつもりです。しかし、どうしても、人々に害を引き起こさないようにしましょう。動物に害を引き起こさないようにしましょう。これは、私の皆さんに対するお願いです。
・神様を信じること
そして、信仰を持つ必要があります。そして、これが解決法の最初の部分です。なぜなら、神への信仰がなければ、私たちは、希望のない方向に進んでしまうからです。私たち人類はみんな、目指す方向に進んでいますが、希望もなく進んでおり、心の状態が悪くなり、そして、信仰がないところには、成功もありません。ですから、どんな宗教でもいいので、大きな信仰を持ち始めましょう。あなたがイスラム教でも、キリスト教でも、全ての宗教は、最終的には、同じ側面を説いています。ヴェーダは、この世界の全ての宗教の源流であり、世界で最初の宗教の本、つまり、世界の宗教的な音楽は、始めた人も全く存在せず、至高の存在に源を発しているものですが、これらの特定の本は、全ての宗教の基礎をなしているもので、現存する全ての宗教の本の中で燦然とかがいています。そして、宗教というのは、崇拝の単なる形式にすぎず、全ての人が神様の方に進むための方向を示す形式であり、つまり、それと共にあるのは、神様に至ることができるための単なるパッケージです。このことを理解して、異なる違う党派と争わないようにしましょう。私たちは、宗教的な戦いを、現在、異なるコミュニティやカースト信条とお互いに戦っています。神の愛ということについては、カーストはありません。宗教も、信条も、ジェンダーも、何もそこにはありません。今日ある、これらの偏見の全て、二分化の全ては、壊れつつあり、インド独立前のイギリスの戦略だった分割統治は、現在でさえも私たちを支配するために利用されています。分断と支配、彼らは全てのものを分断しています、彼らは、ジェンダーを分断しています、彼らは社会を分断しています、彼らは、カースト、信条、全てのものを分断しています。たとえ、これらの分断が私たちの心の中に生まれつきのものでないとしても、彼らは分断を作り出しています。ですから、このことを理解して、お互いに争うことをやめましょう。さもなければ、この解決法の次のポイントは、うまくいかないでしょう。カメラを反対側にもってきていいですよ。
・免疫力をアップさせること
そして、次は、免疫力をアップさせることです、私たちはすでに免疫システム全体に関係する様々な合併症を見てきました。そして、私たちの免疫システムは、深刻なロックダウンのために徐々に損なわれています。厳しいやり方で公衆をロックダウンする他の異なる方法、人々は注意しなくていいと言っているわけではありませんが、インドでの生活の90%、少なくとも80%も、狭い家の中に人々を閉じ込められることは、とても密集して、新鮮な空気も吸えず、インドの人々は、過去何ヶ月もそういう状態で生活してきて、やっと今、出てきました、今でさえ、インド国内や世界中で、家の中に閉じ込もっている人々に出会います。たとえ、制限が人々が出てくることを許しても、メディアのせいで、彼らは家の外に出ることを闇雲に恐れているのです。そこで私は、皆さんが、これらの、恐れるあまり、家の外にも出られない群衆の一部にならないことを、心の底からお願いします。完全な信仰心を持って家の外に出ましょう、日光に当たりましょう、新鮮な空気を吸いましょう、密集した都市に入るという意味ではありません、しかし、日光を経験するために家の外に出ましょう、道路に出る必要はありません、テラスや密集していない場所にいきましょう、そして、日光や新鮮な空気を楽しみましょう。日光はコロナウィルスを殺します、それについての私のビデオを見てください。同様に、新鮮な空気も健康にはとても良いのです。それは、私たちに何の害悪も引き起こしません、もし誰かがあなたにそのこと(空気が害悪だということ)を言ったら、彼らは、この惑星地球で最も愚かな人々の一員です。ですから、どうか、テラスに出て、???をしてください、ヨガをしてください、プラナヤマ(インドの呼吸法の一つ)をしてください、それは、私たちの免疫力を高めます。そして、それと一緒に、土を楽しんでください、ガーデニングを楽しんでください、そして、あなたと自然を結びつけることをしてください、少なくともしばらくの間、テクノロジーをやめてください、デジタルデトックスをしてください、テクノロジーにはまり込まなくても全てのことは可能です。これらは、基本的で、基礎になることです。免疫力を改善するために、心の健康を改善するために、もっと多くのことを改善するために、私たちは全て一緒に、行うことができます。そして、私が心の健康のセクションで言及するように、どうか、ウィルスを恐れないでください。もう一度、全体として、免疫力を向上させるセクションに戻ります。日光は有効で、新鮮な空気は有効で、デジタルデトックスも有効で、自然とのつながりも有効です。
・アーユルヴェーダについて
では、アーユルヴェーダについて話しましょう。アーユルヴェーダには、私たちの免疫力を強化する、2つの方法があります。2つの単純なことです。もちろん他にたくさんの方法がありますが、とにかく2つの方法が簡単です。一つはカシャヤで、もう一つは、スワラサです。あなたは、スワラサ、つまり、アムリタ・ヴァラリ、ハリドラ、アシュワガンダを原料とするジュースを作ることができます。ここで、アムリタ・ヴァラリとはティノスポラクォーディフォリアのことで、ハリドラとは、クルキュマロンガつまりターメリックのことです。そして、アシュワガンダとは、ウィターニアソムニフェラ(インド人参アシュワガンダ)つまりビンテージチェリーのことです。これら全てのものを一緒にしたジュースや粉末を利用することができます。粉末ももちろん手に入りますが、ジュースが常に一番良く、このジュースを飲めば、健康にとてもよく、そしてすぐに免疫力を高める効果があります。そして、これは、薬としても、とても強力で、私たちの病気のほとんどを治してくれます。これは、科学的にも、そのように証明されています。そして、発酵させることがもう一つの方法です。(これについての)私のビデオがあります。ウィルスを寄せ付けないようにしましょう。私がこの特定の話題について話す時、あなたは、そのビデオも参照することができます。
・ワクチンについて
また、これと一緒に、次のことは、非論理的な、悪意のある治療をやめることが重要だということです。皆さん、ワクチンは、基本的に解決法にはなりません。私たちの現状に対する解決法では全くありません。なぜなら全てのワクチンは、大量の化学物質を含んでいるからです。たとえば、アルミニウムやもっと多くの化学物質です。または、たとえそういうものを含んでいなくても、もっと多くの合成物を含んでいるのです。なぜなら、そういう人々は全て、この邪悪な計画の背後にいる人々は全て、私たちが幸せに暮らすことを望んでいないからです。人類が神の道を進歩することを望んでいないのです。彼らは、人類に、自分たちの望む道を進んで欲しいと思っているのです。それは、彼らにとっては都合がいいのです。ですから、正しいことをするように皆さんにお願いしたいと思います。みんながすることをただするのではなく、私たちみんなに対して強制するものは何でも、ただ当局がそう言っているから、私たちはそれをしなければならない、(というのはやめましょう)。ですから、ワクチンは、そういう内容でやってきます。ワクチンについて全てを理解してください。もちろん、私たちはそれらを信じることはできません。ですから、ワクチンはやめましょう、私たちには免疫力を作る、手に入れられる天然の素材があります。免疫力が、全てにおいて重要です。さらに多くのワクチンが失敗しています。それらは、惨めに失敗します。多くのワクチンは、効果がないと証明されます。多くのワクチンは人々を殺します。こういうことは、本当に時々おきます。世界で最も悪いワクチンでさえ、準備するのに3年かかりました。一方、この特別なワクチンは、準備するのに1年かかってさえもいません。ですから私たちがこのワクチンと直面することになる危険の量をちょっと想像してみてください。ちょっと想像してみてください。臨床試験の欠如を、調査の欠如を、私たちに強制されるたくさんのものの欠如をちょっと想像してみてください。たとえ彼らがたくさんの調査研究をしても、私たちは信じることができません。なぜなら、ワクチンの中に何が入っているのかわからないからです。正確にその中に何があるのかわかりません。私たちの未来に対する影響はどうなのかわからないからです。ですから、これは私たちの世代だけではなく、10世代後の世代にも、これら全てのことについて私たちが今日した記録的決断な影響を及ぼすことになるからです。
・フェイスシールドについて
それから、私は、ひとまとめのビデオを作りました。ユーチューブや???に削除されましたが。しかし、もし、あなたがそれを科学的に見たら、結果は違ってきます。その結果は確かに違ってきます。マスクやフェイスシールドは、フェイスシールドについて話しますが、それがどんなものであっても、顔を密着しないように、顔全体を近づけすぎないでください、ウィルスの袋にならないように、つまりウィルスが生息・培養するような場所を作らないように、息がこもらないように気をつけてください。私は(これについての)たくさんの科学的な記事を何度も科学的に検証しました。しかし、両方のビデオはYouTubeや???に削除されました。ですから、私には、このことを今お話ししているように、とても基本的なやり方で説明する以外他の選択肢がありません。なぜなら、もし私が細部に立ち入ると、YouTubeは、このビデオを削除してしまうからです。そうすると、他の概念も、視聴者の皆さんには、手に入らなくなってしまうからです。
・何に投資すべきか
それで、次のテーマは、ビジネスや金融や経済についてです。あなたが物事をよりよくするためにできること、第1は、買い物をするときはいつも、陽の光がたくさんあるところで買い物しましょう。念のため、金に投資してください、念のため、土地、深呼吸を十分できるような広い土地に投資してください。なぜなら、将来はどうなるかわからないからです。多分、私たちはみんな困難な状態で密集するかもしれないからです。もしかしたら、前にしたように政府は私たちを再びロックダウンするかもしれません。政府は、私たちが家の外に出ることも許さないでしょう。ですから密集していると感じないような準備をしましょう。自由に生活できるような広い土地を準備しましょう。そして、あなたの未来がよりよくなるように、これら全ての準備をしましょう。
・食糧を自給しよう
将来、大きな問題となる食の安全については、自分で食糧を育てることは常に良いことですが、殺虫剤を使わないこと、何も使わないこともできます。そして、今育てているものについて知ることです。そこで、念のため、自分で食糧を育てましょう。様々なオンラインのチャンネルで、学ぶことです。家で、作物を植えましょう。もちろん、私の母のガーデニングについてのビデオを見ることもできます。母は、ガーデニングについてのビデオを作っています。ですから、それらを見て、アイデアを得ることもできますし、あなた自身のアイデアを私たちとシェアすることもできます。食の安全についてお互いに知識をシェアし合うことができます。私たちはみな団結して、たくさんの食についての気付きや社会全体の食の安全を作り出す必要があります。私たちは、エリートの独占により大規模に支配されているフードチェーンに依存することがないように、食糧を育てるために助け合う必要があります。大事なことは、タネを保存すること、土地を買うこと、オーガニックのタネを保存すること、自然のタネを保存すること、土地を買うこと、自然の農法で育てること、社会として、一つにまとまるために、これらのことをすることが大切です。そうすれば、社会は、安全に維持できますし、正しいことを維持し、間違ったことを排除することができます。そうして、現在直面している困難のほぼ99%は避けることができます。
・前向きな気持ちでいること
次は、前向きな気持ちと、気付きを広めることについてです。これは、少なくとも私が思うに最も重要なことです。なぜなら、後ろ向きな気持ちを広めれば広めるほど、今まで私が長い時間をかけて話してきた他のポイントは、廃れてしまうでしょう。あなたが他の人々に何かを説明しようとするときはいつでも、それを前向きに説明してください。彼らに真心を与えるようにしてください、彼らに信頼を与えるようにしてください。そして、私は、あなたたちみんなと、そうするようにベストを尽くしてきました。あなたもこれを拡散してくれることを望んでいます。なぜなら、多くのニュースチャンネルが私の予言を使って、起きることについて、人々を怖がらせようとしてきましたが、私がしようとしていることのは、あなたに起きるであろう全てのことについて警告し、私のささやかなやり方で、社会の役に立つものならなんでも、助けようとしているだけです。去年やったように、人々に前もって警告します。しかし、去年の当時は、私のビデオを見ていた人はそんなにたくさんいませんでした。今は、もっとたくさんの人々が良いことをする可能性があり、さらに多くの人々に、良い影響を与えることができます。全体として、もしかすると、予測される悪い状況を避けることができるかもしれません。しかし、物事の成り行きを見ると、人々がますます化学物質を信頼している、ますます、テクノロジー、単純な形のテクノロジーではなくて、超テクノロジーを信頼しています。人々は、超テクノロジーを使い始めました。人類とテクノロジーを融合させようとしてしています。それは、悪い未来を導きます。
・メンタルヘルスについて
これとは別に、メンタルヘルスはとても重要なものです。多分近い将来、うつ病の7つの原因とその治療法についての別にビデオにも私は出演する予定です。しかし、このビデオは、メンタルヘルスに関係する全てのことに集中します。これからビデオを複数作る予定ですし、もっと多くの要素をこの話題についてのビデオに入れ込む予定ですので、あなたはそれらを見ることができるでしょう。メンタルヘルスは、このような状況においては、とても重要なことです。繰り返されるロックダウンのせいで、多くの人々が今日、新鮮な空気、日光、社会との繋がり、少なくとも情緒的な繋がりがなくて、うつ病に悩んでいます。私たち人類は、大いに苦しんでいます。ですから、前向きな気持ちを拡散させることによって、助けることによって、自然との結びけることによって、全体的に言うと、自然の気付きを与えることによって、他の人をより気分よくさせるように皆さんに心の底からお願いしたいと思います。自然と結びついた人は決して、うつ病にはなりません。これは、科学的に証明されたことで、私はこの話題についてのビデオを過去にたくさん作りました。そして、アーユルヴェーダ式の、楽しい生活を送ってください。これについての私のビデオを見ることができます。???によって病気を遠ざけてください。もしYouTubeを付けたら、1時間の長さ、1時間半の長さのビデオが見られます。時間の投資になりますが、どうぞご利用ください。そして、将来のために必要なことをしてください。なぜなら、私たちのするほんの小さなことの一つ一つが、たとえ、一つの家族がやっても、ひとりの人がやっても、それは、少なくとも、ごく小さな規模で、世界に影響を与えます。ですから、これをご覧のすべての皆さん、イメージしてください、もし、今日これを見た人一人一人が、未来のために何かをすれば、その結果の影響は、将来、現れてくるでしょう。
これが、私の言いたいことです。今、私たちは、日光と密集との間で戦っています。今、私たちは、免疫力を作り上げることと邪悪なワクチン接種との間で戦っています。私たちは、アーユルヴェーダと自然治癒との間、ウィルスの対処療法と化学薬品の災害との間で戦っています。私たちは、どちらの側をとるのか、より良い未来のために選ぶ必要があります。私は、このすべてのセクション一つ一つにおいて、前者が私たちにとってベストだと信じます。密集に対しては日光がベストです。、そして、病気の拡散を止めるために努力しましょう。免疫力を低下させることに対しては、同様に、アーユルヴェーダがベストです。化学薬品による治療は最悪です。これらすべてのことは、科学的に証明されていると信じます。そして、すべてあなた次第です。しかし、私たちはきっと、違いを生じさせることができるでしょう。
以上です。
+++++++++++++++++++
これから、やばいことになるよ、免疫を鍛えて、食べ物くらいは自給自足できるようにしておこうね、といった感じですね。所々やはり???なところがあるのですが、どうぞお許しください。また、誤字脱字、誤訳ありましたらお許しください。

未来予測の部屋
https://miraiyosoku.info/miraiyosoku/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AE%E5%8D%A0%E6%98%9F%E8%A1%93%E5%B8%AB%E3%80%81%E3%82%A2%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%89%E5%90%9B%E3%81%AE%E5%8B%95/






占いカウンセリングのご案内
未来予測の部屋では、只今、占いカウンセリングを実施しています。恋愛、仕事、人間関係など、お悩みのこと、何でも占い、カウンセリング致します。占い方法は、西洋占星術、タロット、四柱推命、紫微斗数、易占など、ご相談内容に応じて最適と思われるものを選んで行います。
占い料:5千円〜
納期:ご相談のうえ、決定します。
ご希望の方は、お申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。風水鑑定も致します。ご相談ください。折り返し鑑定についての詳細をメールします。メール、対面、Zoomなどご都合に応じます。詳細は、お問い合わせください。
運営責任者 岩井 テイジン

未来予測の部屋
https://miraiyosoku.info/miraiyosoku/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AE%E5%8D%A0%E6%98%9F%E8%A1%93%E5%B8%AB%E3%80%81%E3%82%A2%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%89%E5%90%9B%E3%81%AE%E5%8B%95/


占星学の心理的・エネルギー的・構造的視点
ガリレオ衛星探査と木星意識
POSTED BY ASTROLOGIA ON  20 2020 
再来年2022年、いよいよJUICEミッションが開始される。ESA(欧州宇宙機関)が主導する木星探査計画で日本も参加している。現在行われているJunoミッションと違うのは、目標を木星本体ではなくその衛星(ガリレオ衛星)に向けていること。イオ・エウロパ・ガニメデ・カリスト。1610年にガリレオ・ガリレイによって発見された、望遠鏡を使っての初めての天体発見。それは人間の目視(顕在意識の領域)から、機械を使っての観測(潜在意識の領域)への進化とも言える。
この時期は、人間の認識面において革命的な出来事が起こった時代で、古代から続いてきた世界観(アリストテレス的宇宙観)をその根底からひっくり返した。古代の宇宙観は主に
・天文学
・自然学(物理学・運動論)
の2つの分野に、哲学的な思想となって現されていた。世界は神によって作られた正確無比で秩序ある存在だと。美しい原理・無駄のない形で構成されていると。その哲学的思想によって「あるべき姿=セントラルドグマ」が考え出された。
天文学理論では、
@天上と地上の区別
A天球の存在
B一様な円運動
自然学の運動理論では、
@自然運動の原因は自然的傾向
A強制運動の原因は接触による近接作用
B物体の速度は動力に比例し、媒質の抵抗に反比例する
実際には、この理論には様々な矛盾があったわけだが、根本の思想を変えることなく、細かい修正によってその矛盾を埋めようとしていた。それは真の宇宙・自然の姿を捉えることのない、妥協の産物とも言える。
だが、17世紀のガリレオの時代になるとより真実に近いものが現れ、セントラルドグマが否定されることになる。
天文学理論では、
@コペルニクスの地動説によって「天上と地上の区別」が否定される
Aケプラーの法則によって「一様な円運動」「天球の存在」が否定される
自然学の運動理論では、
@ガリレオの法則によって「自然運動の原因は自然的傾向」が否定される
Aニュートンのプリンキピアによって「強制運動の原因は接触による近接作用」が否定される
それは自然観の根本的転回といっていいものだった。
※)参考サイト
●科学史についてのメモ
https://nigimitama.hatenablog.jp/entry/2018/06/10/111945
この認識革命(科学革命)は、新しいものの考え方・新しい思想的考えをもたらす。ジョン・ロック、モンテスキュー、ルソーを代表とする啓蒙思想、デカルトを始めとする近代哲学。政治・哲学・法律・教育など、射手座的(9ハウス)分野全般に渡っての理性中心主義の変革。結局、この時代の変化が現代に至るまで脈々と受け継がれている。
この人類史上稀にみる認識革命が、ガリレオ衛星の発見と時と同じくしているのが興味深い。現在、木星の衛星は79個発見されているが、そのほとんどは直径100kmにも満たない小さなものばかり。イオ・エウロパ・ガニメデ・カリストの4衛星は直径3000km〜5000kmと、その大きさは抜きん出ている。ある意味、この4つが木星の衛星の主体とも言っていい。その衛星に光が当たる時、木星意識にも大きな光が当たると考えられないだろうか。
これまでに木星の直接探査は2回行われている。
・ガリレオ探査機(1995年〜2003年)
・ジュノー探査機(2016年〜現在)
ジュノー探査機における探査は、木星本体がメインで衛星は考慮されていない(もちろん木星本体を直に探査するジュノーにも大きな意識的意味があると思われるが、今のところまだ具体的内容はつかめない)。
ガリレオ探査機における探査では、木星本体だけでなく、ガリレオ衛星も観測された。この時期(1995年〜2003年)に起こった社会的変化はすぐ理解できる。Windows95発売にはじまる「インターネット革命」だろう。このネット世界の一般社会への広まりは、現在に至るまで人間の認識的あり方を変え続けている。
ガリレオ衛星に光が当たる時、分かりやすい形での認識革命(射手座・9ハウス的)が起こると想像するのは考えすぎだろうか。予定ではJUICE探査機は、
・2029年〜 カリスト、エウロパ、フライバイ
・2032年〜 ガニメデ周回軌道投入
となっている。ガニメデを目標(周回軌道投入)にしているところが興味深い。もし木星意識の覚醒において、ガリレオ衛星が重要なポイントであるなら、この探査が行われる2029年〜2033年に何か大きな社会的変化があると予想されるのだが、どうだろう。
木星氷衛星探査計画 ガニメデ周回衛星
https://juice.stp.isas.jaxa.jp/

占星学と心の探求
https://astrologia89.blog.fc2.com/blog-entry-570.html








占星学の心理的・エネルギー的・構造的視点
集団性が作る世代性と時代性
POSTED BY ASTROLOGIA ON  
17 2020 
私の考えるホロスコープ構造論では、射手座(9)〜魚座(12)は集団性(超集団性)を表す場だと考える。複数の個体性(5〜8)が、ある共通理念・共通概念を元に集団化し、1つの大きな意識を構成する場。その集団化した意識はそれぞれ「世代性」「時代性」の意識として個体に還元される。
木星はその周期が12年であることから、個体性を約12年単位で1つの集団にまとめる。個体性の周期は1年(太陽・水星・金星)なので、1年を基本単位(自己としての有り様)として(※1)、それを12回ひっくるめて可能になる意識。個人においては「年齢期」として表される意識。少年期・青年期・成人期・中年期など。この年齢期単位によって、個人はその年代特有の心理状態・身体形態を取る。
※1 火星も加えると2年。
個体性を1つの人間個人ではなく、1つの社会集団としたとき、それを12回ひっくりめて可能になる意識は、おそらく「世代性」として現れる。団塊世代・しらけ世代・バブル世代・団塊Jr氷河期世代など。この世代性意識によって、その世代特有の思想的・文化的・価値観的な枠組みが作られる。
土星はその周期が約30年であることから、個体性を約30年単位で1つの集団にまとめる。1年を基本単位(自己としての有り様)として、それを30回ひっくるめて可能になる意識。個人においては「系統的な世代」として表される意識。子・親・祖父母など。この世代的単位によって、個人はそれ特有の心理状態・態度的振る舞いを取る。
個体性を1つの人間個人ではなく、1つの社会集団としたとき、それを30回ひっくるめて可能になる意識は、おそらく「(狭義の)時代性」として現れる。戦争〜戦後の混乱期・高度成長期・バブル崩壊〜停滞期など。この(狭義の)時代性によって、その時代特有の政治的・社会的・経済的枠組みが作られる。
※天王星〜海王星についてはまだ考えがまとまっていないので保留。
ポイントは、複数の個体性を集めて集団化する木星・土星(天王星・海王星も含め)の意識が、(1)人間個人に顕現するのと同時に、(2)社会集団にも顕現するということ。それぞれ違った形で。ホロスコープ構造論における「要素性―個体性―集団性」というのは、メタ的な意味での構造論なので、どの単位をそれに合わせるかによって意味が変わる。
太陽・水星・金星による1年という時間単位(火星の場合は2年)によって「個体としての意識」が形成される。存在が己の自己性を認識する意識。それは常に回転しつづけながら「個体=わたし」としての自己確認になる。
その間に、木星・土星がそれぞれ12年・30年という時間単位によって、個体としての意識を「集団化させる」。個体=わたしとしての存在がまとまって形成される意識。それが年齢期意識であり、系統的な世代性意識であると考える。
すべての天体が同時に回りながら、複雑に絡み合って全体としての意識を構成する。そういうイメージを描いている。
では、1日と1ヶ月という単位をどう考えるか。これはそれぞれ地球と月に当てはめられると思うが、おそらく
・存在としての基本的自我(衝動・本能)=地球=1日
・存在としての基本的身体(情動・感覚)= 月=30日
ではないかと想像する。

占星学と心の探求
https://astrologia89.blog.fc2.com/blog-entry-569.html


posted by datasea at 13:44| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: