2020年11月30日

Wisdomkeeper: CNNがトランプ勝利の可能性を報じた....まさかの......


Wisdomkeeper: CNNがトランプ勝利の可能性を報じた....まさかの......
大統領選:2つの重大ニュース ヒラリー、オバマも絡んでいます。
2020/11/29 18:56
CNNがついにトランプ勝利の可能性を報じたそうです。トランプの次の4年で、米左翼メディアは一掃されるため、CNNもビビり始めたのでは?
CNNの口パクだった日本のマスコミも、トランプ勝利の可能性を報じなければなりませんね。報じなかったら、日本のマスコミは完全に終わるでしょう。別にいいですけど、観ないから。
さらに、ペンシルベニア州の判事が選挙結果を正式に無効にしました。次は州議会へと移ります。
フェイクニュースを応援してきた野党も公明党も、そして、菅、二階、茂木、赤羽を含む(中共から巨額の賄賂をもらったであろう)媚中議員たちの顔が真っ青になりますね!面白い光景です。
パウエル弁護士がドミニオン集計機の実証動画を公開!
#シドニー・パウエル
#ドミニオン - YouTube
 ↓
こちらもどうぞ:
ディープステートが壊滅的になる可能性があります。
【リンウッド弁護士「不正行為を撮影したビデオを公開する」】正義の弁護士リンウッド氏が超爆弾発言!アメリカ大統領選挙をひっくり返す確定的な証拠になるぞ!マスコミが買収されていた証拠まで発覚!もう決まった - YouTube
リンウッド弁護士はどのようなビデオを公開するのかというと、可能性としてはジョージア州の州務長官とヒラリー・クリントンの会話の暴露かもしれません。ジョージア州の州務長官(国家反逆罪でパウェル弁護士に訴えられている)がアトランタのカフェでヒラリー・クリントンと会ってヒラリーに相談していた。ヒラリーは、「不正選挙の証拠をハンマーで叩き潰せ!」と州務長官に忠告したということをリンウッド弁護士が暴露。その一部始終を映した映像(音声付)が公開される可能性あり。中共とつながっているドミニオン社はオバマともつながりがある。ヒラリーもジョージア州の州務長官ともつながっている。アンティファともつながっている。米メディアが中共から巨額の資金を受け取っていたことを証明する証拠が見つかった。これで米メディアも終わり!そして日本のマスコミも終わり!

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52059428.html





pr,us





マイク・アダムズ氏の大統領選の最新情報 バイデンの恩赦懇願について
2020/12/01 11:05
※:私はヘルスレンジャー兼ナチュラルニュース兼Brighteonの運営者であるマイク・アダムズ氏が掲載する記事の殆どが非常に信頼できる重要な情報を提供していると思います。
やはり。。。バイデンが恩赦と引き換えに敗北を認めることを告げたのは本当だったのかもしれません。バイデンはあまりにも頭がよすぎてとても怖い存在のトランプ大統領にこのことを直接告げずに、ミッチ・マッコーネル共和党上院議員に連絡したということは、バイデンは相当トランプ陣営に怖気づいているということではないでしょうか。
さて、トランプ側はどのような判断をするのでしょうか。バイデンの申し入れを受け入れるのか、それとも連邦最高裁まで持っていって戦うのか。。。。
リンウッド弁護士もグローバリストが計画しているグレート・リセットとはNWOのことだとツイートしていたそうです。やはり多くの著名人もグローバルアジェンダのNWOのことは十分に認識していますね。
数年前までは、ネット上でもNWOは単に陰謀論として見ていた人も多かったのではないでしょうか。しかし2019年から2020年、トランプのおかげで中共の世界覇権に向けた策略が明らかになり、コロナ・パンデミックが意図的に起こされ、世界経済が破壊され、人々が困窮し、家の中に隔離され、自由に移動することができなくなり、これまでの生活スタイルが激変したことを考えると、この先に待っているのがグレート・リセットであり、NWOだということがよく見えてきたのではないかと思います。
しかしトランプが再選されれば、ディープステートや中共が企んでいたグレート・リセットやNWOは頓挫すると思います。ワクチンの嘘や危険性も世界的にバレていますし。
ところで、日本ではワクチンの危険性を全く指摘しない保守派と呼ばれている評論家、ジャーナリスト(ネット、テレビ)が多いのはどうしてなのでしょうね。ワクチンメーカーから賄賂を受け取っているのではないでしょうに。コロナワクチンが開発されたことを喜んでいる保守派と呼ばれている方々はワクチンを接種するのでしょうね。
https://www.naturalnews.com/2020-11-30-situation-update-nov-30th-is-joe-biden-preparing-to-concede-rumors-emerge-of-biden-seeking-pardon-deal-from-trump.html#
(概要)
11月30日付け
大統領戦に関する最新情報:ジョー・バイデンが恩赦を求めたとの噂が流れています。ジョー・バイデンはトランプと取引を行い、恩赦と引き換えに敗北を認めるのでしょうか。
(Natural News)
非常に信用できる情報筋( Lude Media (Gnews.org))によると、ジョー・バイデンは、トランプと交渉し、敗北を認めるから自分と自分の家族に恩赦を願うとミッチ・マッコーネル(共和党上院議員、上院多数党院内総務)に告げたそうです。
もしバイデンが敗北を認め全てを暴露するなら、バイデン側は法的に保護され、犯罪者のオバマ、ブレナンそしてディープステートのメンバーらをトランプ側に引き渡すことになります。しかし彼らは絶対に起訴されたくはないはずです。彼らはバイデンの足首を骨折させるくらい簡単にできてしまいます。
Brighteon.com/e654bf49-703c-4bfb-a654-9a5bf15cba30
中国人の内部告発者曰く:
非常に信頼できる情報筋から入手した情報として:
先日、ジョー・バイデンはミッチ・マッコーネル(共和党上院議員、上院多数党院内総務)に会いに行きました。ミッチ・マッコーネルはワシントンDCで4番目に影響力のある政治家です。
バイデン自身も今回の不正選挙に関する裁判の判決が1つでも下されれば、全てを失うことを知っています。なぜなら法律によって裁かれることだからです。そのことをバイデンはよく知っています。
バイデンはマッコーネル議員にあるお願いをしたのです。バイデンはトランプ大統領を信用していません。しかし彼はマッコーネルのことは信用しています。彼が逮捕されたなら、必ず裁判にかけられることを十分に認識しています。そして全ての真実が明らかになります。そうなったとき、バイデンは、トランプ大統領が彼と彼の家族(ハンター・バイデンのハード・ドライブ・スキャンダル、その他を含む犯罪)を赦免すると言う条件で、自主的に敗北を認めるとマッコーネルに約束したのです。この情報は非常に信頼できる情報筋から得たものです
Brighteon.com/df4e479e-ae5e-4995-90e7-74848980a616
(重要点のみ)
情報筋によると、バイデンは恩赦と引き換えに敗北を認めると告げたそうです。つまり彼はグアンタナモ刑務所に投獄されることを避け、これまで中国政府、ウクライナ、他から賄賂として得た巨額のカネを失わずにキープしたいということです。そして情報筋によると、ホワイトハウスはバイデンの申し入れを受け入れるかどうかについて検討中だそうです。
既にホワイトハウスはバイデンの犯罪の証拠を確保しバイデンを捕らえています。すぐに彼を刑務所に投獄できる状態です。バイデンが敗北を認めたなら、バイデンが暴露する情報により、他の民主党の反逆者たち(例えばジョン・ブレナン、バラク・オバマなど非常に多くの反逆者たち)は自分たちの身が危険にさらされます。そのため、これらの反逆者たちはバイデンに司法取引をしてほしくないのです。彼らはバイデンに「今の状態を維持しろ。戦い続けろ!」と言い続けるでしょう。
バイデンは、今回の大統領キャンペーンは全て嘘っぱちであり、こんなことをして大統領になれるわけがないことを知っていました。そしてメディアが流したバイデンの指名受諾演説の映像は捏造されたもの(バイデンはその場にはいなかった。)だと言うことも知っています。バイデンは悪事で得た巨額の富をキープし刑務所の外にいたいと強く願っています。。しかしバイデンが民主党の上層部の命令に従わなかったならどうなるでしょうか。
故ジョン・マッケイン(共和党議員のふりをした隠れ民主党でありディープステートの工作員だった)は数年前に足を怪我したとして医療用のブーツを履いていました。マッケインは、犯罪をでっちあげ、トランプ大統領に罪をかぶせるために、嘘の調査書類を作成しFBIに手渡した米国の敵であり反逆者です。
そして、現在、ジョー・バイデンは犬の散歩中に足首を骨折したとして医療用ブーツを履いていると報じられています。ジョー・バイデンが犬の散歩に出かけた?そんなこと信じられるわけがありません。クリントン財団を介したウラニウムワン(ウラン鉱山をロシアに売却、その後、オバマが資金を提供しイランに米国産ウランを提供)に絡んでネバダ州の農場主の土地を強奪した民主党の極悪犯罪・反逆者のハリー・リード元上院多数党院内総務は、2年前に、目の周りや頬に黒いアザができ、しばらくの間、そのアザは消えませんでした。誰かが彼の顔に激しいパンチをくらわせたかのようでした。ハリー・リードはウラニウムワンを巡る国家反逆行為に深く関与していましたが、アザができた直後に議員を辞職しました。しかし彼はアザができた理由を運動中に浴室のドアのバンドが突然外れて彼の目に当たったと説明しました。
ジョー・バイデンの怪我の説明は犬の散歩中に怪我をしたでした。そしてハリー・リードの説明は運動中に怪我をしたでした。
つい最近、シンディー・マッケイン(故ジョン・マッケインの妻)も足を怪我した?ので医療用ブーツを履いています。彼女は「いわゆるバイデン政権」で大使を任命されることになっています。
ジョー・バイデンが自分と自分の家族を守りたいがために恩赦と引き換えに敗北を認めることを伝えたということは民主党の他の反逆者たちを刑務所に放りこむことになります。しかし民主党の上層部は遺体袋を常に用意しており、命令に従わせるために相手にパンチを食らわせたり膝や脚を骨折させるのは日常茶飯事です。さらに彼らは命令に背いた者たちを殺してしまいます。クリントンの周辺にいた多く人々が殺害されました。民主党の上層部は平気で人を殺すことができる連中です。
最近、米軍特殊部隊が反逆者らを大量逮捕し、引き渡し用のチャーター便に乗せて厳しい事情聴収をしながら、グアンタナモ刑務所に移送しているとの情報が出ていますが、これらの容疑者たちは自分の身を守るために取り調べにはかなり協力的になっています。
足首を骨折させられた人も取り調べに協力的になります。
これまでも多くの人々が怪我をしたり顔に黒いアザができたりしていました。これには一つのパターンがあります。つまり民主党の上層部は手下たちに暴力をふるって命令に従わせているのです。
もし本当にバイデンが恩赦と引き換えに敗北を宣言すると約束したとするなら、トランプはバイデンの申し入れに応えるのではないかと思います。なぜなら、バイデンが敗北を認めたなら、米国で共産主義革命を起こし米国の解体を企んでいた民主党の極左権力者らの力を削ぐことになるからです。
1週間前にもお伝えしましたが、支配層グローバリストはトランプに再選させたいのです。なぜなら、トランプが大統領に就任した後に、グローバリストはトランプの方こそが不正選挙で票を盗み米国に革命を起こし国家解体を企んだ違法な大統領だと非難し始めることを計画しているからです。そして、彼らは、トランプ政権だけでなく米憲法や政府機構をことごとく破壊するつもりです。
しかしトランプがバイデンに正式に敗北を認めさせたなら、グローバリストはトランプが不正選挙で票を盗んだなどとは言えなくなってしまいます。トランプが、反逆者であり軍事裁判にかけられるはずのバイデンとバイデン一家を恩赦するなら、それは米国を救うためです。バイデンが敗北を認めたなら、米国内で予期されている流血の内戦(極左革命勢力との内戦)を避けることができます。愛国者たちは国を守るためには銃撃戦もやむを得ないと考えていますが、できるだけ銃撃戦は避けたいのです。
バイデンに敗北を認めさせるなら極左の革命も銃撃戦も阻止できます。私もトランプがバイデンの申し入れを受け入れることを望みます。
しかしバイデンが敗北を認めたなら、多くの人々は何が起きたのか理解できずに頭がおかしくなるでしょう。
リンウッド弁護士は最近のツイッターで、極左の「色の革命」に関する詳細(どうやって起こすか、他)をツイートしました。トランプは色の革命の罠にはまらないように今のところ軍隊を配置することを避けています。
また、リンウッド弁護士は、「ジョージ・ソロスのグレート・リセットとはNWOである。つまり世界中に共産主義独裁体制を敷き、世界中の人々から自由を完全に奪い、命令に従わせる。」ことだとツイートしました。
ニューヨークタイムズ紙は、グレート・リセットは陰謀論だと批判しながら、翌日になると、グローバル・リセットは素晴らしいことだと評価していたのです。ニューヨークタイムズ紙は統合失調症です。
また、リンウッド弁護士はビル・ゲイツの人口削減のゴールについてもツイッターで指摘しました。
リンウッド弁護士は、我々ヘルスレンジャーと全く同じ側に立っています。我々はずいぶん前から、グローバリストの人口削減計画、ワクチンの危険性、コロナ・パンデミックの捏造について警告してきました。
ワクチンを推進しているビル・ゲイツはワクチンによって大幅に世界人口を削減できると言っているのです。ビル・ゲイツやグローバリストは世界人口の50億人を削減すべきと考えています。
非常に高名なリンウッド弁護士でさえビル・ゲイツの人口削減計画について言及しているのですから、もはやこれらを隠すことなどできません。米国民は覚醒しています。
米国民の4割以上がワクチンを完全に拒否するようになりました。
もはやグレート・リセット計画を知らないでいることなどできません。グローバリストはコロナ・パンデミックを通してグレート・リセットを実現しようとしています。まず、ロックダウンで人々を隔離し経済を破壊し人々の富を全て奪ってからグレート・リセットを行います。ワクチンで人々のDNAが完全に書き換えられます。5Gでマインドコントロールされた人々は彼らの命令に従うようになります。そして人々から言論の自由を完全に奪います。
さらに、リンウッド弁護士は、エイブラハム・リンカーン大統領が1861年に救国のために行使した大統領の権限(フェイクジャーナリストを逮捕した。通信インフラに対する戦時の国家非常事態宣言を出した。米憲法第14修正案の成立=大統領は連邦政府に背き反乱を仕掛けた州の選挙人投票を破棄できる。通貨発行、その他)に言及しました。つまり、戦時体制下或いは非常事態下では大統領の権限は増大するということです。トランプ大統領も様々な法律を基に同じ権限を行使することができます。トランプ大統領の命令で、大統領選で不正投票(サイバー攻撃、他)に関与した者たちは全員反逆者として軍事裁判にかけられ軍によって銃殺されることになります。
ジョーバイデンが取引を願い出たのは、グアンタナモ刑務所に送られたり軍によって銃殺されたくなかったからでしょう。
リンウッド弁護士は今のところ、反ワクチン派でないかもしれませんが、彼もワクチンを接種しないでしょう。
ダークジャーナリストは、「JFK(ケネディ大統領)はCIAやディープステートに殺害された。CIAはテックジャイアンツ、メディアを仕切っている。」と伝えています。
米軍特殊部隊がクリス・ミラー国防長官代行に直接報告することになりましたが、既に11月18日に、トランプ大統領の命令で57th NSAM (第57国家安全保障措置覚書1963年)が施行された可能性があります。
以下省略
その他として:
・ジョージア州でドミニオン投票機の機能を停止する緊急命令が出された。ドミニオン投票機から証拠データを抜き取らせないため。
・不正選挙に関する法廷闘争は民事だけでなく刑事も同時進行中。
・現在進行中の戦争は、憲法を守る戦い、超憲法的な国家安全を守る戦い、人民の戦い。
・FBIは不正選挙に関する調査を全て中断させようとしている。
・愛国者は情報戦争、心理戦争、サイバー戦争と戦っている。
・自分の精神状態をコントトールしフェイク・メディアの報道を鵜呑みにして騙されないようにする方法。

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52059482.html






緊急ニュース:アリゾナ州の州務長官ケイティ・ホッブスは、マリコパ郡の投票機のための米国選挙支援委員会内の外国人アクターによる不正なドミニオンテストを承認しました
2020/11/30 18:55
緊急ニュース:アリゾナ州の州務長官ケイティ・ホッブスは、マリコパ郡の投票機のための米国選挙支援委員会内の外国人アクターによる不正なドミニオンテストを承認しました Sunday, November 22, 2020
CONTRIBUTING WRITERS | OPINION | AMERICANS FOR INNOVATION | NOV. 22, 2020, UPDATED NOV. 28, 2020 | PDF | https://tinyurl.com/y6bvw49r
HTTPS://AMERICANS4INNOVATION.BLOGSPOT.COM/2020/11/BREAKING-AZ-SEC-OF-STATE-KATIE-HOBBS.HTML
図1 キャスリーン・「ケイティ」・M・ホッブス[Kathleen "Katie" M. Hobbs] アリゾナ州務長官
アメリカの選挙を転覆させるために任命されている、英国ピルグリム協会、MI6/C.I.A.のエージェント
マーク・マロック-ブラウン卿、スマートマチック/ドミニオン他のCEO;枢密院;ピルグリムス協会;ジョージ・ソロス/国連との共謀者。
サー・ナイジェル・ノウルズ、 スマートマチック/ドミニオン他の取締役;枢密院;ピルグリムス協会;DLA Piper Plc. (ロンドン)。
証拠は明白です:ダグ・エンホフ[Doug Emhoff]のDLA Piper Plcのボスであるロンドンにいる英国の仲間のマーク・マロック-ブラウン卿[Lord Mark Malloch-Brown]とナイジェル・ノウルズ卿[Sir Nigel Knowles]は、AZ, NV, WI, MI, PA, GAのドミニオン-スマートマティック投票機を不正に操作していました。
Douglas C. Kamala Harris (neé Emhoff)。DLA Piper Plc(英国ロンドン)のサー・ナイジェル・ノウルズの元パートナー。彼の上司が2020年の選挙を不正操作したので、エンホフとカマラ・ハリスはアメリカ国民に対するこの不正行為に治安妨害的に荷担している。
ダグ・エンホフ[Douglas Emhoff]はカマラ・ハリスの新婚の夫。スパイ活動は、イギリスの外国人であるマロック-ブラウン卿、サー・ノウルズの犯罪です;謀反と反逆は、アメリカ人の共謀者のための犯罪である。米国選挙支援委員会(EAC)はドミニオン、カナダ・ドイツのテュフ・ズード[TÜV SÜD]と共謀して、トランプからバイデンへの大規模な外国人による票の盗用を隠蔽した。
ブックマークに登録してください:#トランプの地滑り的勝利における外国人干渉|https://tinyurl.com/yxuercpc
図3 ダグラス・ガブリエル[Douglas Gabriel]、マイケル・マッキベン[Michael McKibben]。 2020年11月24日)。 テュフ・ズードと米国選挙における外国人選挙妨害。American Intelligence Media, Americans for Innovation.
Click three dots on the right of the audio player to download the raw (*.mp3) file. Then, check your Downloads folder.
マーク・マロック-ブラウン卿とジョージ・ソロスは、ドミニオンとスマートマティックの支配者であり、アメリカ共和国に対する共謀者である。
図4 マーク・マロック-ブラウン卿とジョージ・ソロスは、1993年1月に設立された国際危機グループの共同創設者であり、ドミニオン-スマートマチックの支配者であり、アメリカ共和国に対する共謀者である。
2020年11月22日:アリゾナ州長官ケイティ・ホッブス[Katie Hobbs]のような腐敗した官僚のお気に入りの戦略は、彼らの法定説明責任を第三者の「コンサルタント」に移すことです。それは 「否定可能性」と呼ばれている。しかし、ケイティ、君は重要なことを忘れている、公衆の行動を可能にすることについて。選挙で選ばれた責任を 堕落した第三者に委譲すれば、あなたに責任が生じる。我々は彼らを選んだのではなく、君を選んだのだ。彼らの行為はあなたの権限の下で行われているのだから、彼らの犯罪はあなたの犯罪なのだ。言い換えれば、官僚が違法行為を計画したり、そうでなければ悪事の責任を回避する場合、官僚は汚い仕事をするために第三者のコンサルタントを雇うのである。コメディアンのフリップ・ウィルソン、1970年1月11日のビデオを参照。『The Devil Made Me Do It!』腐敗した職業であればあるほど、否定可能性が蔓延している。似たようなフレーズに「CYA」(Cover Your Ass)があります。これらの職業には、法律、政治、メディアなどがあります。テクノロジーもまた、これらの職業の犠牲になっています。もしこれに疑問を感じたら、2000ページ以上のエンドユーザー(CYA)ソフトウェアライセンス契約書を見てみましょう。例えば、Facebookのようなプロバイダーは、ユーザーであるあなたがうっかり知的財産権の100%を放棄することに同意してしまうような信頼のトリックで、基本的な知的財産権の憲法原則を欺いています。Facebookの同意事項:
第2項:「あなたが作成し、Facebook上で共有するコンテンツや、あなたが使用する他のFacebookカンパニーの製品の知的財産権(著作権や商標など)は、すべてあなたが所有しています。」−それで結構。
第4項:「あなたは私たち[Facebook]に、あなたのコンテンツのホスト、使用、配布、変更、実行、コピー、公に実行または表示、翻訳、および派生物を作成するための非独占的、譲渡可能、サブライセンス可能、ロイヤリティフリー、および全世界的なライセンスを付与します」−釣り餌&スイッチ詐欺。
アリゾナの投票者への注意を喚起します:
ケイティ・ホブス州務長官は、腐敗したドミニオンの投票機(とES&S)を表向きに「テスト」し、認証するために、連邦政府の外部機関である米国選挙支援委員会を選んだことで、あなたを騙しました。その後、その委員会は、カナダにテストの一部を送り込みましたが、そこでは、法的責任を負わない非市民が、信頼できる愛国的な意見を述べるために雇われました。これは言語道断だ。連邦政府機関の力を利用して、アメリカの完全な権利剥奪を組織化しようとしているのは明白な試みである。委員会は直ちに閉鎖されるべきであり、その職員は、すべての党派の米国市民全体に対する彼らの完全な裏切りのために起訴されるべきである。それはホブスがマリコパ郡[Maricopa County]の投票で票を数えるために選んだ投票機であるので、私達は以下のドミニオンに焦点を当てます。地理的に困難な人に向けて、この郡はフェニックスを含むアリゾナ州で最も人口の多い郡であり、米国で4番目に人口の多い郡である(450万人の魂)。ウィスコンシン州は米国選挙支援委員会をテストに使わず;彼らは、委員会が多くの州から隠していたことを私たちに教えてくれました。私たちは前の投稿で、ウィスコンシンのテストを分析してみました。ウィスコンシン州のテストは未熟でしたが、アリゾナ州のテストで隠されていた重要な接続性と投票用紙の重複についての手がかりを与えてくれました。
腐敗したソフトウェア、テストおよび認証はドミニオンの投票システムの特徴です。ウィスコンシン州のテストレポートでは、例えばDominionの少なくとも4つの汚職を可能にする機能が明らかになった。
1. コピーされた(読まれた: 偽の)投票用紙はドミニオンの投票用紙スキャナによって読み取ることができました。
2. ドミニオンの機械はあらゆる種類の通信モデムをサポートしています。
3. ドミニオンの機械100%はインターネット/テレコムの外の世界にリアルタイムで接続する。
4. 選挙の夜のドミニオンのダイヤルアウトは、マシンに「ハードコード」されています(したがって、ドミニオンはいつでもソフトウェアを変更することができます)。
米選挙支援委員会によるアリゾナ州のテスト報告書では、ドミニオンの上記の「特徴」は一切開示されておらず、テストもされていませんでした!
図5 SGOスマートマチック会長、マーク・マロック-ブラウン卿(Dominion、OpTech、ES&S、Premier、Sequoia。
英国枢密院、ピルグリムス協会、インヴェステック、数百社の多国籍企業。マーク・マロック-ブラウン卿。(2015年6月04日)。バイオグラフィー&タイムライン。匿名の愛国者。
以下も参照してください。AFI. (2018年7月20日)。Part II: Lord Mark Malloch-Brown - ジョージ・ソロスと一緒に女王の枢密院を運営するグローバリストのやくざの幹部。 Americans for Innovation. PDF Version
図 6 サー・ナイジェル・ノウルズ、SGO スマートマチック(ドミニオン、オプテック、ES&S、プレミア、セコイア)の取締役。
英国枢密院、ピルグリムス協会、DLA Piper Plc(法律事務所)、DWF LLP(法律事務所)会長、アメリカの副大統領侵入者カマラ・ハリスの夫ダグ・エンホフの元上司。
図 7 レディ・サリー・ノウルズ[Lady Sally Knowles](ナイジェル・ノウルズ卿の妻)、DLA パイパー社のパートナー、カマラ・ハリスの新婚の夫ダグ・エンホフ、フーパーズ・アフリカ・トラストの管財人。
英国枢密院議員の配偶者、ピルグリムス協会、DLA Piper Plc(法律事務所)パートナー、DWF LLP(法律事務所)会長。
2020年の選挙でアリゾナ州で使用された投票機の郡別一覧です。実際にはドミニオン/セコイアのマシンにOpTech 400-Cが含まれていることがわかります。スマートマチック(マーク・マロック-ブラウン卿とナイジェル・ノウルズ卿)からライセンスを受けたOpTechは、ドミニオンを含む全ての投票機に共通して使用されています。マリコパ郡で使用されているドミニオン(他のすべてのものも)のケイティ・ホッブスの試験報告書(395ページ、19.8 MB)です。ジョージア州務長官のブラッド・ラッフェンスペルガー[Brad Raffensperger]もまた、ケイティ・ホッブスが使用したのと同じ米国選挙支援委員会のテストを彼のドミニオンマシンに使用していることに注意してください。ラッフェンスペルガーは2020年11月17日、「ハッキングや改ざんがないことを確認するためにマシンのランダムサンプル(テスト)を行った:『Pro V&V(TÜV SÜDを含む)はマシンが改ざんされている証拠を発見しなかった』」と誇らしげに主張しています。
■無作為抽出テストはドミニオン詐欺を完全に阻止するだろう
ラッフェンスペルガーがジョージア州でテストした「マシンのランダムサンプル」の目を見張るような失敗は、システムのすべてのアップグレード、メンテナンス、収集、報告を処理するためにドミニオンのすべてのマシンを接続するために使用されるMicrosoft Internet Information Servers (IIS)が危殆化していないかどうかをテストすることを何もしていません。したがって、そのランダムサンプリングは、ドミニオンの不正行為を発見するための無意味な歌舞伎座である。ラッフェンスペルガーはそれを知っていたからこそ、明らかに積極的にやったのだ。アリゾナ州(そして米国選挙支援委員会を利用している他の州)は、ドミニオンの通信機能を全くテストしていませんでした!
1. アリゾナ州(および米国選挙支援委員会を利用している他の州)は、ドミニオンの通信機能をテストしていない!
2. アリゾナ州は、コピーされた投票用紙のサポートをテストしませんでした!
3. アリゾナ州は、アリゾナ市民たちによる各投票用紙の切れ目のない、両党派の管理監督の連鎖認証のサポートをテストしませんでした。
4. アリゾナ州は、ネットワーク化されたドミニオンのマシンを実行するMicrosoft Internet Information Server (IIS)をテストしませんでした!(マイクロソフト/ビル・ゲイツなどは、このように、両党派の市民の監視なしで、世界中のどこにでもドミニオンの投票情報を自由に送信することができます。)
驚くべきことに、マリコパ郡のドミニオンの投票機では、モデム、イーサネット(インターネット)接続、マイクロソフトのサーバー接続はテストされませんでした。ウィスコンシン州のテスト報告書から、我々には、ドミニオンのマシンにハードウェアが存在することがわかっています。
■驚くべきことに・・・
通信要件、セキュリティ、外部脅威、無線は、そのテストで「該当しなかった」!
米国選挙支援委員会は、インターネット接続をテストしておらず、ドミニオンでの脆弱性テストも行っていませんでした。
ケイティ・ホッブス (2020年7月22日)。公式に認証された投票集計装置、p.65。アリゾナ州長官。教育目的のみのために複製されています。フェアユースに依拠。
読者は、ドミニオン機械へマイクロソフトが提供するコンポーネントをテストしないことがいかに巨大な問題であるかを理解する必要があります。Microsoft Internet Information Server (IIS)は、これらの投票機の技術的なバックボーンです。「インターネット情報サービスサーバー(IISサーバー)は、インターネット上のウェブサイトのコンテンツをエンドユーザーに配信するために使用されるWindowsサーバーベースのウェブアプリケーションである。」 (Atlantic.net、2020年11月23日にアクセス)。したがって、ドミニオンのサーバーがインターネットに接続されていないという考えは無知であり、笑えない。実際、IISはSMTP(Simple Mail Transport Protocol... over the Internet)のようなものを処理する。IIS は FTP (ファイル転送プロトコル...インターネット経由) も処理します。あるいは、ウェブ・サービスはどうでしょうか...ウェブ別名インターネット上の。 こんにちは。テュフ・ズードがMicrosoft IISのテストを無視していたという事実は犯罪的過失です。
悪意に満ちた怠慢:ドミニオンのMICROSOFT IISの脆弱性は、ホッブズによってテストされていませんでした!
ケイティ・ホッブス (2020年7月22日)。公式に認証された投票集計装置、p.96。アリゾナ州長官。教育目的のみのために複製されています。フェアユースに依拠。
「インターネット情報サービスサーバー(IISサーバー)は、インターネット上のウェブサイトのコンテンツをエンドユーザーに配信するために使用されるWindowsサーバーベースのウェブアプリケーションである。」 (Atlantic.net、2020年11月23日にアクセス)。
See Microsoft Windows Internet Information Services (IIS) Library Version 6.0.6658.0 Management Pack. (Accessed Nov. 22, 2020) . SystemCenter.wiki.
議論のために、すべてのマシンが内部サービスである専用のイントラネットの IIS に接続されているとします。このイントラネットは州全体にある必要があり、これらの IIS サーバは VPN (仮想プライベートネットワーク) で互いに通信しているとします。IIS サーバ 1 台の VPN セキュリティ設定をひっくり返すだけで、ネットワーク全体がインターネットにさらされてしまいます。このようなことは、アリゾナ州のネットワーク担当者やマイクロソフト、あるいはハッカーや州の熟練した役者が簡単に行うことができます。最低限、TÜV SÜD Canada, Inc.の女王陛下のカナダ人容疑者は、セキュリティスイッチの操作方法を知っているはずだし、駐車場からワイヤレスでサーバーにアクセスできることは言うまでもない(そのテストは彼らが行った)。
#dominion-testing-tuv-sud-canada | https://tinyurl.com/y3dfd6x6
これらのマイクロソフトの脆弱性は、ケイティ・ホッブスと彼女のTÜV SÜD Canada-U.S. Elections Assistance Commissionの共謀者によってもテストされていませんでした。 
テュフ・ズード・カナダ[TÜV SÜD Canada Inc.]は、米国選挙支援委員会の依頼を受けて、大統領選の争点となったAZ, NV, WI, PA, MI, GAの各州を含む約30の州で使用されているDominion Elections Systemsのテストを行っている。会社はドイツです。カナダの子会社は、米国に複数のオフィスを持つにもかかわらず、カナダでテストするために委員会によって選ばれた。テュフ・ズード・カナダ社(カナダ、ドイツ本社(ミュンヘン、テュフ・ズードAG))の外国人俳優が、アメリカの投票機を対象とした重大なテストを実施しました。驚くべきことに!
TÜV SÜD Canada Inc.はどこにありますか?
アラート:中国の TÜV SÜD は、グローバル・リスク・コンサルタント(Guangzhou) Co. Ltd.、中国、広州(PDF、p.154)。TÜV SÜD は「中国及び英国に試験施設を有する」p.26。
「この分野で最も収益が伸びたのは、ドイツ、中国、英国であった」p.71。TÜV SÜD はビル&メリンダ・ゲイツ財団から資金を得ている。ドミニオンの投票機で使用されているマイクロソフトのインターネット情報サービス(IIS)は、米国選挙支援委員会の分析対象外となっているため、ドミニオンの投票機の試験に関しては、直接的な利害の対立となる。不適切であると思われるだけで、ドミニオンおよびマイクロソフト製品を使用しているその他の投票システムに対するTÜV SÜDの試験を無効にするには十分である。TÜV SÜD AG (ドイツ)2019年年次報告書を参照。TÜVs(ドイツ語発音:[ˈtʏf]、ドイツ語:Technischer Überwachungsverein、英語:Technical Inspection Associationの略)。ウィキペディアで「技術検査協会[Technischer Überwachungsverein]」を参照する。TÜV SÜD AG 2019 年次報告書 (PDF p. 5 of 170)から:
「価値を付加。信頼を引き出す。世界中の25,000人以上の人々[グローバリストの世話好きな人々]が、安全で持続可能な未来を確保し、そのソリューションを使用して、既存の技術分野だけでなく、技術革新やデジタル世界においても、社会と顧客に測定可能な付加価値を生み出しています。このようにして、TÜV SÜDは人、環境、資産を技術関連のリスクから守り、進歩を可能にしています。」
上前の記事はTÜV SÜDの戯言が満載です−国民、資産、環境、リスクと進歩の保護についてのグローバリストの宣伝文句、美徳信号伝達−私たちはあなたの番号を持っています: あなたは独裁者になりたいと思っています・・・「安全」と「保護」の名のもとに!
[著者の論説: TÜV SÜDの腐敗した中核グローバリスト達よ、虫けらになってしまえ。世界中の愛国者にTÜV SÜDとその腐敗した経営陣とスタッフ、そしてピルグリムズ・ソサエティの管理者たちを追い出すようにお願いします。彼らは 「信頼」を武器にして、信頼のトリックを使っている]
試験報告書のうち2つはTÜV SÜD Canada Inc.からのものです(EMC/EMI試験報告書、添付資料A-1とA-2)。(EMC/EMI試験報告書、添付ファイルA-1とA-2)で、ケイティ・ホッブズのアリゾナ報告書に掲載するためにパスワードをかけていました(投票はアメリカ市民の財産なので、我々がパスワードを解除しました)。TÜV SÜD GREATER CHINAには3,000人の従業員がいます。TÜV SÜD Greater China の従業員は 3,000 人。彼らのカナダの子会社がアメリカのドミニオンの投票機をテストしている。
#no-tuv-sud-microsoft-test|https://tinyurl.com/y52k3mkg 
驚くべきことに:米国選挙支援委員会は、英国女王の臣下であるカナダ人を選んだ−私たちの神聖なアメリカの投票システムをテストするために!
ケイティ・ホッブス (2020年7月22日)。公式に認証された投票集計装置、196頁、52頁。アリゾナ州長官。教育目的のみのために複製されています。フェアユースに依拠。これらのパスワード付きコピーライティングされたカナダ報告書は、TÜV SÜD Canada Inc. No. 6844A-3, annual report, corporate brochure, 11 Gordon Collins Dr. Gormley, ON L0H1Go, Canada (905) 883-7255のプロジェクトエンジニア、マーティ・マクレア[Marty McLear]とサンジヴ・ヴィヤス[Sanjiv Vyas]が作成したものである。驚くべきことに、このカナダの会社はアメリカに複数のオフィスを持っているにもかかわらず、アメリカの選挙支援委員会がカナダにテストを送ったのです!
TÜV SÜD CANADA INC.はドイツの会社です。
航空宇宙と防衛を含むTÜV SÜDの国際的なリーダーシップをご紹介します。マティアス・J・ラップ博士[Dr. Matthias J. Rapp]は、クリントン財団に多大な貢献をしたボストン・コンサルティング・グループと協力しています。イシャン・パリット[Ishan Palit]は、悪名高い共産主義者のロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに通い、アメリカのジョージア・サザン大学でMBAを取得しました。ナタリー・フォン・ジーメンス博士[Dr. Nathalie von Siemens]はジーメンス出身。カール・フーバー博士[Dr. Karl Huber]は、バイエルン憲法裁判所出身。アンゲリカ・ニーブラー教授[Prof. Dr. Angelika Niebler]は欧州議会議員。ジョン・テソーロ[John Tesoro]は、Fortiv、Danaher (GE BioPharma、Nobel ICI Biocare UK、Bain Capital、Tektronics、Leica Microsystems−サー・ジェフリー・E・パティー[Sir Geoffrey E. Pattie]、枢密院、ピルグリム協会)、Canaccord Genuity、Alex Brownと提携しています。ジェームズ・J・マーシュ[James J. Marsh]は マーシュ&マクレナン、RSA セキュリティと提携しています。マーク・アルパート[Mark Alpert] は Juniper Networksと提携、CIA/NSA Dual EC DRBG スパイアルゴリズムのバックドアを企業のセキュリティシステムに導入しています。
差止命令的救済法廷助言者の要求、資料No.483(2020年10月08日)。State of Texas et al v. United States of America et al, Case No.1:18-cv-00068-ASH (S.D. Tex. 2018), p. 24 of 88. 17.7 MB)。
..........
結論
ケイティ・ホッブスは、ドミニオンの選挙マシンへの外国人の干渉を隠しながら、そして、したがってアリゾナの選挙そのものへの外国人の干渉を隠しながら、市民の観客たちとともにおこなう、切れ目のない、両党派の管理監督の漣鎖を置き換えました。彼女の無能さと傲慢さは驚くべきものであり、許されるものではありません。彼女は法律と良識を破った。アリゾナの投票用紙は、切れ目のない党派を超えた管理監督の鎖のなかで、それぞれ検査されなければなりません。もし彼女がそれを証明できなければ、それらの投票用紙は数えられません。
外交干渉が政府の文書で証明された今、FBI、DoJ、NSA、C.I.A.、国務省が犯罪行為に加担し、お互いに庇い合っているので、トランプ大統領は私たちの共和国で最も神聖な行為である投票を守るために、私たちに代わって行動しなければなりません。アメリカ合衆国の選挙への外国の干渉があった場合の特定の制裁措置の発動に関する行政命令は、今、最大限に発動されなければならない。行政命令は、この陰謀を実行した国内外の犯罪者の財産没収を求めている。外国の行為者を連れてきたアメリカ人自身も外国の行為者として扱わなければならず、そして、「法律で認められたその他の措置」。
どうぞ始めたまえ!ミスター大統領
私たち国民はあなたと一緒にいます、大統領、そして私たちはあなたとともに祈っています。道徳的な原則は簡単です:もしアメリカ市民の権利が奪われたら、我らの共和国はない。これらの裏切り者たちはもうこれ以上の裏切りとともに逃げることは許されない。私たちは謙虚にお願いします、あなたのオフィスの力をフルに使って、私たちを守り、神聖な選挙を復活させてください。それがあなたを雇った理由です。いじめっ子、嘘つき、泣き言屋、プロパガンダ屋、安っぽいRINOsや中傷者は無視してください。彼らはただのカスだ 。それが彼らが知っているすべての方法です。そのような「技術」では国を運営することはできないし、ましてやそれ自体を運営することはできない。これらの寄生虫を私たちの背中から追い払おう。私たちは、ジョー・バイデンが47年間で成し遂げたこと以上を、あなたが1日で成し遂げることができることをすでに見てきました。
木の実(困難な問題)を割る時だ。裏切り者や扇動者は処理しなければならない。共和国を破壊しようとした者への究極の罰として死刑は合衆国法で禁止されている。
(See 18 U.S. Code § 2381. Treason and 10 U.S. Code § 894 - Art. 94. Mutiny or sedition.)

* * *
上述したのは、絶望的な不道徳だ。道徳はその一日にして勝たねばならない。
「悔い改めよ、天の国は手の届くところにある」
聖マタイの福音書 4:17
Bookmark: #miller-act-notice | https://tinyurl.com/y2xk8l4y

さてはてメモ帳
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/e8bc6011e2facf8d8c860f70669f5351







【売買売電バイバイでんでんむし】「正義は勝つ」「愛は勝つ」地球人類は陰謀団に勝たねばならない。
2020/11/30 19:05
みなさん、こんにちは。いや〜〜、あまりにいろいろのことが起こりすぎてETの手も借りたい今日このごろだろう。このところ毎年減っていた自殺者数が、コロナ自粛不況のおかげで一気に12000人を超えた。これもすべて売国野党と売国奴自公民のどうしようもない戦後日本の政治家のおかげであろう。
さて、我が国の新首相になった帰化人菅義偉は、バイデン勝利のフェイクニュースに見事引っ掛かり、瞬時に礼砲を鳴らした。と同時に、一気に、トランプ政権がとった対中国共産党の政治に真逆に政策を繰り出してきた。この豹変ぶりがまさにお里の知れるやりようだった。朝鮮人は、上か下かでしかものを判断しない。だから、これが
「面従腹背」
という、朝鮮人特有のメンタルである。我々日本人のように、面と向かって堂々と、恐れながら申しまする。〜〜〜〜というように、自分の正論をぶちかますということがない。だから、菅は官房長官のとき、新聞記者や一般人の自分より目下のものには、横柄な態度で「遺憾砲」をぶっ放したが、自分より上の安倍晋三に対しては「だんまり砲」だった。しかし、立場が逆転すると、今度は率先して安倍晋三の「桜を見る会問題」を刺激して追い落としに奔走する。とまあ、そういう御仁じゃった。
さて、そんな菅政権に対して、これまた運命の悪戯か、あるいは、それを米CIAの日本工作員が見抜いていたのか(たとえば、ジェームズ斎藤のように)、ここへ来て、菅政権の存続をわやにしかねないニュースが飛び交い出した。そう、つまり、
トランプ大統領再選確実。
圧勝でぶっちぎりの勝利確定
のニュースである。どうする、アイフル?どうする、菅義偉?トランプ大統領に土下座するか?とまあ、そんなものをYouTubeにたくさん出つつあるので、一応ここにもメモしておこう。
(あ)米大統領選挙!トランプ氏の勝利が確定的に『アメリカ国防総省が陰で暗躍していたCIA組織との戦いに勝利!』不正に関与した数千人の人が国家への反逆で刑務所に!闘った同志の方々に最大限の敬意と感謝を表します
(い)『世界の嘘と本当 大逆転なるか!』HEAVENESE Style Season4ever 2020.11.29(日)
(う)米大統領選挙!現場のトップが語る不正の真実『サイバー犯罪捜査官 Navid Keshavarz Nia 宣誓供述書提出!元国家安全保障大統領補佐官、元アメリカ国防情報局長官 マイケル・フリンが語る!』
(え)【2020米大統領選】トランプ有権者の8割「選挙は盗まれた!」敗北を認めず
(お)最新ニュース 2020年11月29日 - 247 Japan [12:20]
最新ニュース 2020年11月30日 - 247 Japan [11:00]
(か)『フランクフルトでCIAとトランプ大統領直属特殊部隊「デルタホース」が銃撃戦で5人死亡』第313回【水間条項TV】
(き)パウエル弁護士がドミニオン集計機の実証動画を公開!#シドニー・パウエル#ドミニオン
世界の自由と平等と平和のために命を落とした米軍兵たちのご冥福を心よりお祈りいたします。R.I.P. アーメン。合掌。正義は勝つ。愛は勝つ。さあ、バイデン陣営の悪あがきはいかに?
弥栄!

井口和基ブログ3
https://quasimoto3.exblog.jp/240713506/



大統領選:フランクフルトで国防総省対CIAの銃撃戦がありました。
2020/11/28 19:28
これからも水面下では米国防総省 対 CIAの激しい戦争が展開されるのかもしれません。
海外にあったサーバーを押収するために米軍特殊部隊とCIAの民兵組織の激しい銃撃戦があったそうです。残念ながら、米軍側は5人が犠牲になってしまいました。CIA側は1人です。
主要メディアはこのような情報を一切伝えません。常にフェイクニュースです。主要メディア(日本のマスコミも)は長年の間、フェイクニュースばかりを流して民衆を洗脳し操作してきました。本当の情報を得るにはネット上から情報を得るしか方法はありません。ただしネット上にも中共が背後にいるテックジャイアンツの情報操作、検閲が激化していますから、注意して情報を公開、選択しないといけない状態です。
大規模な不正選挙(国家反逆行為)によるバイデン勝利を容認するほど米国は堕落していないでしょう。しかも裁判官までが国家反逆罪で起訴される恐れがあるなら、どの裁判官もマトモな判決を下すでしょう。
1月のトランプの大統領就任式が待ち望まれます。ただし米国では左翼の破壊活動が激化するかもしれませんから数か月間は大変な状況でしょう。
https://www.naturalnews.com/2020-11-27-situation-update-nov-27th-dod-vs-cia-covert-war.html   
(概要)
11月27日付け
(Natural News)
今まさに世界中で激しい闇の戦いが進行中です。トランプ側についている国防総省と国防情報局 対 CIAを運営しているブラックハッツのディープステート側との戦いです。
そして良いニュースが入ってきました。トランプ側が勝利しています。
もうご存じかと思いますが、国防総省はフランクフルトにあったCIAのサーバー(ドミニオン投票機経由の票数を裏口操作した)を押収しました。CIAのサーバーを確保することで今回の大規模不正選挙にCIAが深く関与していたことを証明することができます。
さらに新たな情報が入ってきました。
それは、サーバー・ファーム(サーバーが設置されていた施設)にて、米軍特殊部隊と、サーバー・ファームを守るためにアフガニスタンがら緊急移送されてきたCIAの民兵部隊との銃撃戦があったのです。一人のCIA職員がこの銃撃戦で殺害されました。しかし全ての主要メディアがこの人物はソマリアで殺害されたといつものフェイクニュースを流しています。そしてこの銃撃戦で5人の米軍兵士が殺害されましたが、主要メディアは彼らの死について、エジプト上空からヘリコプターが墜落して死亡したとフェイクニュースを流しました。これらの犠牲者を出しながらも、サーバー(複数)は無事に国防総省の手に渡りました。そしてこれらのサーバーは、つい最近、トランプ大統領から恩赦を受け、セキュリティ・クリアランスが回復したマイケル・フリン元中将が率いるトランプの私的なインテリジェンス・グループに渡されました。
シドニー・パウェル弁護士がジョージア州とミシガン州で訴訟を起こしましたが、これから鑑定人らが意見を述べることになります。鑑定人の一人に、以下の2つの手段で入手した投票詐欺に関する証拠資料が手渡されています。
1)国防総省が所有するクラーケンのサイバー戦争プログラム
2)銃撃戦で押収した複数のサーバーに保存されていた情報(バルセロナとトロントにあったサーバーも米特殊部隊によって押収されたと聴いています。)
鑑定人の一人として、長年、米軍、NSA、CIAの防諜に携わってきた著名なサイバー犯罪捜査官のKeshavarz-Nia博士が選任されました。Keshavarz-Nia博士はシドニー・パウェル弁護士に宣誓陳述書を提出しました。
(宣誓陳述書の内容は省きます。)
国防総省はサイバー兵器のクラーケン(スーパー・コンピュータ)と米軍特殊部隊を使って海外にあった複数のサーバー本体を押収しました。サーバーに保存されていた情報は全て国防情報局の犯罪科学アナリストらによって抜き出され、法廷で意見を述べることになる複数の鑑定人に渡されました。その結果、裁判所(複数)は複数の激戦州で不正投票が行われていたことが証明され、これらの州の選挙結果が無効になるでしょう。そしてトランプは300の選挙人の票を獲得することになり、トランプ大統領の再任が確実になります。このことが全て明らかになったなら、民主党は完全に破壊されます。そして米国を破壊するためにサイバー戦争による不正選挙に関与した数千人の反逆者たちが逮捕され刑務所に投獄されることになります。詳細は以下のビデオをご覧ください。
Brighteon.com/f3ec1ad8-c2b9-4b2a-8e00-befae671189d

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52059391.html







シドニー・パウエルはディープステートの蓋を開ける
2020/11/25 19:30
シドニー・パウエルはディープステートの蓋を開ける November 24, 2020
https://www.henrymakow.com/2020/11/powell-election-fraud-evidence-overwhelming.html?_ga=2.70513424.1657038120.1604273272-1202797543.1572466244
https://youtu.be/n_p1sonhp-k
11月16日のルー・ドブスとのこのインタビューで、シドニー・パウエルは、2020年の選挙で使用されているスマートマチック投票システムは、もともとヒューゴ・チャベス[Hugo Chavez]のために開発されたもので、彼が投票を不正操作できるようになっていたと述べている。この会社は共産主義者が所有し、運営している。スマートマティック社の社長であるピート・ネフェンゲル[Pete Neffenger]は国土安全保障省とつながりがあり、バイデンの移行チームの一員でもある。彼女は、これは何年も前から世界中で起きていてCIAが加担していたに違いないと言っている。何年もこの問題を指摘されてきたのに何もされなかったと言っている。トランプはどうやってこんなことをさせたのだろうか?全てがクソショーでない限り?このドラマは全てが見せかけなのか? (訳注:強力な一回限りのカウンターパンチを食わせるために、泳がせていたと思いたいですけどね)
シドニー・パウエルは選挙不正スキャンダルの唯一の誠実な調停者である。下の写真では、州の役人が賄賂を受け取って スマートマチックマシンを設置したと言っている。彼女は、CIAが共謀していると述べ、ジーナ・ハスケルは解雇されるべきだと述べた後、トランプ陣営は彼女から距離を置いた。(訳注:ジョージア州の不正は共和党系の裏切りだったから、そうしなければということでしょうね)
Watch this interview with Powell on November 20.
ここに書き起こしがある
マリア・バルティロモ:
シドニー・パウエル、トランプ大統領の法務チームの一員です。シドニー、休憩に入る前に、あなたはドミニオンのソフトウェアを受け入れた人たちにキックバックがあったかもしれないと言っていましたね。どういうことか教えてください。
シドニー・パウエル:
つまり、我々は様々な内部告発者からの証拠を集めていますが、ソフトウェアを購入した州当局者の家族に相当額の金が支給されている事を知っています。複数の州で突然、新しい投票機のための 1億ドルのパッケージの話をしています。家族への金銭的な利益から、選挙保険と呼ばれるものまで 幅広く提供されています。そのソフトを使っていれば選挙に勝てることを知っているからです。本当に陰湿な腐敗したシステムです。
私は、ここ数年の間に、専門家の報告書を添えた手紙の中で、そしてそのソフトウェアがいかに腐敗しているかについてのいくつかの文書の中で、民主党員、キャロライン・マロニー、エリザベス・ウォーレン、エイミー・クロブチャーによってさえもたらされた苦情に、私たちの政府のだれもまったく注意を払っていないたことに私がいかに憤慨しているかを伝えることはできません。これを見ると、CIAが別の場所でどれだけ自分の利益のために使っているのか、そしてなぜジーナ・ハスケルがまだそこにいるのか、CIAは私の理解を超えているのか、と私には不思議に思えてきます。彼女は即刻解雇されるべきです。
マリア・バルティロモ:
どの知事やどの政府関係者が、このソフトウェアを引き受けた際に、家族のために何億ドルもの給付金を受け取ったのでしょうか?
シドニー・パウエル:
そこで数億ドルと言ったのは、言い間違いでした。正確な金額はまだわかりません。それについてはまだ証拠を集めているところですが、1つではありません。
マリア・バルティロモ:
誰がリベートを受けたと思っているのか言えないんですね。CIAの役割は?なぜジーナ・ハスケルを即刻解雇すべきだと思う?CIAがドミニオンやスマートマティックの投票ソフトの背後にいると?
シドニー・パウエル:
CIAやFBI、その他の政府機関は、この会社の製品の不正行為や失敗、脆弱性の報告を複数受けています。彼らのマニュアルを読めば、正直な人がこのシステムを使わない方法と理由が説明されています。ドミニオンだけでなく、この国の投票機ビジネスには他にも同じソフトウェアを使っている会社があります。私たちは、彼らが有効なシステムを持っていると考えている他の州で、不可解であり、これらの問題と並んでいる投票の不正を検出しました。しかし、ドミニオンのシステムを買った人たちは、自分たちが何を得ているのかを正確に理解していました。どこにも設置されてはならないものだったはずで、私たちは州全体がどれほど腐っているかを正確に国民に見せつけようとしているのです。
マリア・バルティロモ:
この週末、私は何人かの内部告発者と話をしましたが、ITの専門家である一人の情報源は、彼がそのソフトウェアを知っていて、テキサス州の人々やテキサス州の役人に、それを使わないようにと具体的にアドバイスしたにもかかわらず、彼はそれを覆されたと話してくれました。彼の話によると、ソフトウェアが稼働している間に異常なパッチが入れられていて、そこにパッチを入れるのは非常に珍しいことだそうです。そういうことを言っているのかな?どのように行われているのか、このバックドアがどのように機能しているのか教えてください。
シドニー・パウエル:
オーケー、それはその一部です。マシンにサム・ドライブ(USBメモリ)を刺したり、ソフトウェアをロードしたりすることができます。インターネットからでさえも、ドイツやベネズエラからでも可能です。彼らは何でもリモートアクセスできる。リアルタイムで投票を見ることができる。票の移動もリアルタイムでできる。我々は、彼らが使っていて、今回はバイデンの勝利を確実にするために、最初から今回の投票を修正することを計画していた数学的に正確なアルゴリズムを特定しました。それが、彼が今のあなたの票は必要ない、あとであなたが必要になるとと言っていた理由です。彼は正しかった、つまり、彼の衰弱した状態ではフィルターがなく、過去最大の有権者詐欺組織を持っていると言った時も含めて、何度も真実を語っていた。
まあ、大規模な選挙詐欺ですからね。選挙全体を何もなかったところに戻そうとしているし、彼らは票を使って望むことを何でもできる。署名を読まないようにしたり、投票用紙を読まないようにすることもできる。バイデンの票だけを読ませることもできる。ドラッグ&ドロップで好きな場所に投票をアップロードできる。実際、ミシガン州とペンシルバニア州では数学を手に入れました。バイデンが67%、トランプが23%の割合で何十万票もの票が突然システムに何度もアップロードされたということだと思います。
マリア・バルティロモ:
シドニー あなたは 宣誓供述書を持っていると言いましたね。このシステムの仕組みを知っていて その計画に関わっていた人物からの。それを証明できると信じているのですか?
シドニー・パウエル:
ええ、我々には宣誓供述書があります。本質的には、最初からどう動くかを正確に知っていた目撃者の宣誓供述書です。なぜそのように機能するように設計されていたのか、そして、だから、閉鎖され始めた時、ここでの投票数を数えなくなったのです。他の国でも同じように機能していました。
--------------
RELATED
https://theconservativetreehouse.com/2020/11/17/sidney-powell-outlines-affidavit-showing-purpose-of-smartmatic-voting-system-to-control-elections/comment-page-2/
https://www.trunews.com/stream/caged-kraken-hair-dye-rudy-slams-powell-after-she-linked-cia-to-dominion
シドニー・パウエル、「彼女は法務チームの一員ではない」とのトランプ陣営の声明に答える
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/bf72c560efcf1e076633fd7f04d5140f
https://twitter.com/BrianBirbrayer/status/1328972683741171712
Brian Birbrayer@BrianBirbrayer Replying to @Peaceful_Calm1 @EmeraldRobinson and 3 others 8:05 AM ・ Nov 18, 2020
krebs was sacked bc he worked at microsoft prior as well as dominion, smartmatic and Scytl all being apart of the CISA
クレブスがクビになったのは、以前、すべて、CISAとは別に、ドミニオン、スマートマチック、Scytlに参加していたのと同様に、マイクロソフトで働いていたからです。

さてはてメモ帳
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/8140ee511cf080b6054c0cd76eef8a52





シドニー・パウエル、「彼女は法務チームの一員ではない」とのトランプ陣営の声明に答える
2020/11/24 06:30
シドニー・パウエル、「彼女は法務チームの一員ではない」とのトランプ陣営の声明に答える Leah Barkoukis @LeahBarkoukis Posted: Nov 23, 2020 6:00 AM (抜粋)
https://www.deepl.com/ja/translator#en/ja/Sidney%20Powell%20Responds%20to%20Trump%20Campaign's%20Statement%20Saying%20She's%20Not%20Part%20of%20Legal%20Team
前略
更新情報:パウエルはその後、より長い声明を発表しました、そこで彼女は今週、「壮大なものになるだろう」 訴訟を起こす予定だと述べています。
私は、私がキャンペーン(トランプ陣営)の法務チームの一員ではないというキャンペーンの声明に同意します。私は依頼契約に署名したことも、大統領や選挙運動に私の費用や手数料の請求書を送ったこともありません。私の意図は、私が見つけたすべての不正行為を暴き、共和党か民主党かに関わらず、彼らが陥る可能性のあるところにチップが落ちるようにすることでした。
私がまとめている証拠は、このソフトウェアツールがトランプ大統領や他の共和党候補からバイデンや他の民主党候補に数百万票を移すために使われたという圧倒的なものです。我々は訴訟の準備を進めており、今週中に提訴する予定です。壮大なものになるでしょう。私たちは、この偉大な共和国が、内外の共産主義者に奪われることを許しません。また、香港、イラン、ベネズエラ、セルビアなど、人命を尊重せず、この特別な国の原動力となっている人々を顧みない外国人によって、私たちの票が改ざんされたり、操作されたりすることを許しません。アメリカが生命、自由、幸福の追求の場であるというビジョンを取り戻すために、#我々人民はドナルド・トランプ氏をはじめとする共和党候補者を選出しました。
++
注:ごぞんじのように、私はイランが悪だとは思っておりません。中国の共産主義体制とその裏にあるディープステートは崩壊してほしいと思っていますが、イランとの戦いは希望していません。
◎>
https://twitter.com/PowerYoga_Lover/status/1330693428951228417
PowerYoga_Lover@PowerYoga_Lover
パウエル氏の告発はCIA高官や連邦政府高官をはじめ、ジョージア州州知事や州長官など、政府職員を多岐にわたって告発するものになるため、連邦政府のトップであるトランプ大統領の弁護団にいながらその部下の連邦政府職員を告発することができないため、便宜上袂を分かつことになったということです。
パウエル弁護士、敵対4カ国が米国の選挙集計サーバーに侵入 大紀元 2020年11月23日 09時54分
https://www.epochtimes.jp/p/2020/11/65010.html
トランプ大統領の弁護士シドニー・パウエル(Sidney Powell)氏は11月20日、「米軍がドイツで押収したサイトル(Scytl)社のサーバーに敵対国4カ国の回線が接続されていた」と保守系ラジオ番組Triumph Radio & Glenn Beck's showで語った。同氏はまた、別のラジオ番組で「票操作の写真を入手した」ことを明らかにした。
サイトル(Scytl)社は、2020年米大統領選でいくつかの激戦州で使用されたドミニオン(Dominion)社の投票機に集計サービスを提供している。今回の選挙の不正集計に関与しているとの疑惑が浮上している。「米軍によってドイツのサイトル社のサーバーが押収されたと聞いている。政府は現在何が起こったのかを調査していると思う」とパウエル弁護士は明かした。
同氏はまた、「われわれは米国の利益に対して非常に敵対的な外国4カ国が同サーバーに接続したという証拠も持っている」と語った。
さらに同日、米紙ワシントン・エグザミナーのポッドキャスト「Examining Politics」の独占インタビューに応じ、「弁護団はリアルタイムで票が操作されている写真を持っている」と述べた。パウエル弁護士は19日のトランプ弁護団の記者会見でも、「米国の投票データーは集計のために海外に送られ、ドミニオン社の投票機およびスマートマティック(Smartmatic)社の集計ソフトが外国の利益集団によって制御されており、彼らがそれを使って結果を改ざんした」などを指摘した。同氏はまた、「キューバ、ベネズエラ、中国共産党などの『共産主義資金』が米国の選挙に影響を与えるために使われた可能性が高い」と言及した。同氏は20日のツイッター投稿で、「ドミニオン社はただの運び屋で、誰がこのシステムを開発してベネズエラに渡したのか」と裏勢力の存在をほのめかした。また21日には「もうすぐ答えがわかるはずだ」とオバマ前大統領、ブレナン前中央情報局長官、クラッパー前国家情報長官らの名前にハッシュタグをつけてツイッターを更新した。
◎>
https://twitter.com/SidneyPowell1/status/1329933438691008512
Sidney PowellFlag of United States⭐⭐⭐@SidneyPowell1
#DominionVotingSystems is really just a vector. BIG QUESTIONS:
1. Who created the software?
#CIA #Hammer #Scorecard
2.Who provided it to Venezuela?
3. Who authorized its export to other countries? Title 50 LETHAL
finding.
@realDonaldTrump
@Scavino45
@RichardGrenell
@TomFitton
◎>
https://twitter.com/SidneyPowell1/status/1329968422025916416
Sidney Powell🇺🇸⭐⭐⭐@SidneyPowell1
You have no idea, but you will find out soon!
#Obama
#Brennan
#Clapper
#CIA
#TrumpWon
@LLinWood
◎>
https://twitter.com/SidneyPowell1/status/1328495485007646720
Sidney Powell🇺🇸⭐⭐⭐@SidneyPowell1 Nov 17
And BIG TECH & #Facebook #Google #Twitter are all into suppressing our freedom of speech to challenge this outrageous #Election fr@ud! Wonder who all funding the #Communist efforts for #Biden
Read the sworn testimony yourself! See below!
@realDonaldTrump
@GenFlynn
@LinWood

さてはてメモ帳
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/bf72c560efcf1e076633fd7f04d5140f









私はシドニー・パウェルを知っています。彼女は真実を話している John Zmirak
2020/11/27 06:33
私はシドニー・パウェルを知っています。彼女は真実を話している
私はよくマンハッタンのミッドタウンに、シドニーとランチに行ったものだ。彼女が権力者だということは知っていたが、いつか彼女が歴史的な役割を果たすことになるとは 思わなかった。
Wed Nov 25, 2020 - 10:13 am EST
https://www.lifesitenews.com/opinion/i-know-sidney-powell-she-is-telling-the-truth 
Sidney Powell
2020年11月25日(ザ・ストリーム) - 2014年のことですが、私はニューヨークの広報会社でフリーランスとして働いていました。そこで一風変わった女性に出会った。私は多くの弁護士やテキサス人を知らなかったが、彼女の資質を職業や出身地のどちらかのせいにするよりもよく知っていた。彼女の頭脳の強さと個人的な正統性の高さのために議論するのが怖い人に出会うことは滅多にない。しかし、この人はそのような人だった。この女性にはかなりのキャリアがありました。福音主義のクリスチャンで、連邦検察官をしていたが、同僚の汚職に憤慨して辞めました。彼女は辞めただけではありません。検察官が弁解の余地のある証拠を隠し、個人的な政治のために無実の人を標的にしていることにぞっとして、彼女は弁護人になり、人々が連邦政府と戦うのを助けるようになりました。
■彼女は虐待的な検察官を暴くためにすべてを捨てた
しかし、それだけでは十分ではありませんでした。経済的に大きな犠牲を払って、彼女は本を書くために実践を休んだ。そして、それを自己出版しました。そして、メディアがそれを無視した時、それを人々に伝えるために広報会社を雇いました。 その本『嘘のライセンス』は、絶対にゾッとします。無実のアメリカ人が、アラスカのテッド・スティーブンス上院議員でさえ、 復讐のためにする検察から自分自身の身を守ることができないことを示しています。それは、会計事務所アーサー・アンダーソンのような無実の企業が、偏った不誠実な連邦検察官によって破られ、廃墟のように放置されることがあることを詳述しています。実話をもとにしたリーガルホラーでありながら、あまりにも不穏な内容で、最後まで読み通すことができませんでした。そして、その著者は シドニー・パウエル、マンハッタンのミッドタウンで、よく一緒にランチに行った人だ。 振り返ってみると、私は恵まれていると感じている。彼女が権力者であることは知っていましたが、いつか彼女が歴史的な役割を果たすとは思ってもいませんでした。彼女がマイク・フリン将軍の代理をしているのを見た時、彼が無実であることは確かだと思った。
シドニーは、自分が罪として有罪だと思う人々のために働くそれらの弁護士の一人ではありません。彼女はフォックスニュースやワンアメリカやニュースマックスに毎晩出て、冷静に正義の怒りのトーンで彼の弁護をしていなかっただろう、もしこれがたんなる依頼人だったら。シドニーが目撃した権力の乱用と法の倒錯が、彼女をただの弁護士以上のものにした。それは彼女を十字軍にしました。それは彼女を・・・ジャンヌ・ダルクにした。
■私たちの選挙の盗用
ジェナ・エリス、ルドルフ・ジュリアーニ、そしてシドニー・パウエルの記者会見を見ていると、他の多くの人とは違っていた。私はエリスさんやジュリアーニ市長を知らないが、ロス・ドゥーサットが示唆するように、彼らが皮肉屋で党派的なハッカーだとは疑っていない。2016年の選挙の一週間前、ドゥーサットはトランプへの投票を路上の中絶者を射殺することと比較することで、トランプに投票することを抑圧しようとしたことを覚えておいてください。それはニューヨークタイムズで仕事を続けるための一つの方法だと思う。
◎>
2024年に国政政党に対するクライアントの地位を確保し、彼の可能性を高めるというシニカルな政治的目標を持っているのであれば、偽りの主張や極端にありえない主張を進めることに、非常識や無気力なことは何もありません。
− Ross Douthat (@DouthatNYT) November 19, 2020
■証拠は、あなたの近くの連邦裁判所に、来ている
民主党が、社会主義の独裁者ヒューゴ・チャベスの選挙を盗むのを助けたベネズエラで発明されたソフトウェアを使ったという証拠は私にはありません。あるいは、トランプ氏がリードしていたまさに戦略的な州で、真夜中に、ドナルド・トランプから票を盗み出してジョー・バイデンに渡すために、ソロス関連会社のドミニオンが、複数の州の民主党によって使われていたという証拠も私にはありません。私はその証拠を持っていませんが、シドニー・パウエルが、彼女がそう主張しているという事実は、私を納得させるには十分です。この女性は、彼女が稼げるはずだった数年分の収入をあきらめた、出版社が手を出さない本を書き、印刷し、宣伝するためにね。その告発はあまりにも爆発的だったと、私は想像する。そのターゲットは、アンドリュー・ワイズマン(FBI長官クリストファー・レイの弟子)のように、あまりにも多くの権力を振りかざしている。驚くべきことに、『嘘のライセンス』でパウエルが暴露した人々の中には、彼女を名誉毀損や名誉毀損で訴える勇気のある人は一人もいない。彼女はこの本を書くことで、そのような訴訟のターゲットとして自分自身を売り出した。しかし、彼女の告発は絶対的に真実だったので、誰も訴えなかったのは確かです。
■破産、資格停止、最悪のリスク
超党派の法律専門家ジョナサン・ターリー[Jonathan Turley]は数少ない信頼できるコメンテーターの一人です。彼は記者会見を見た後、パウエルと他の大統領チームが今日同様のリスクを取ったことを観察しました。
◎>
彼らは、ソロスのような友好的な億万長者と多くの外国政府とのつながりを持つ巨大企業ドミニオンを重罪で告発した。ホワイトハウスを盗むために不正な選挙管理者と共謀したと。会見は個人や企業の名誉毀損請求の可能性が爆発的に高まった。唯一の明確な抗弁は真実である。チームはこれらの疑惑を証明できると主張している。そうしなければならないかもしれない。 https://t.co/03PbArmqYb 
− Jonathan Turley (@JonathanTurley) November 19, 2020
もしこれらの告発が虚偽であれば、彼らのキャリアは終わりだ。もし名誉毀損訴訟が起こされれば−私はドミニオンが訴訟を起こすか、あるいは倒産するしかないと思うが−シドニー・パウエルは家と弁護士免許を失うかもしれない。彼女は貧乏人になるだろう。同じことがエリス、ジュリアーニ、 大統領のチームの誰にも当てはまる。しかし、それは、その告発が裏付けのない真実でない場合に限ります。ミシガン州の選挙管理者への死の脅迫と彼らの子供たちへのドックス行為を考えると、腐敗した選挙の認定を拒否したことで、パウエル氏はお金以上のリスクを冒していると言えるでしょう。
■トランプのチームが直面していること
彼女に対抗しているのは、真実を隠蔽しようとする巨大なメディア・マシンです。10億ドル規模のネットワークはロシアの共謀デマとブレット・カバナーの「10代のレイプ・ギャング」を捏造し、ニック・サンドマンがネオナチの一種であるかのように見せかけた。同じネットワークは、ハンター・バイデンのラップトップからの確かな証拠を、普通のアメリカ人を黙らせるソーシャルメディアの独占に助けられて黙らせました。そしてもちろん、彼女には、ジョー・バイデンが盗んだと思われるオフィスへの「移行」を開始する準備ができてい民主党全体のチームがあります。彼らが成功したら、ホワイトハウスの力を使って、彼女のために何を持っているのでしょうか?カマラ・ハリスの古い事務所は、彼女の古い選挙運動の寄付者である家族計画連盟を暴露したことで、デイビッド・デレイデンを、ハリスが不正に着手した罪で、まだ投獄しようとしていることを覚えておこう。民主党がこの国のために何を考えているのか、トランプ大統領の忠実な支持者のために何を考えているのか、私も知っています、征服されたナチスドイツをモデルにした再教育です:
◎>
DNCはトランプ支持者を第二次世界大戦後のプロナチスドイツ人のように「脱プログラミング」することを話している。しかし、そうそう、@POTUSの支持者は動揺した陰謀論者である。 https://t.co/ZIZKMfFLZQ
− John Zmirak (@JZmirak) November 19, 2020
しかし、シドニーはテレビ上で大胆不敵に立ち、自分が暴くのに貢献した悪の巨大さに少し声を震わせていた。一方、ナショナル・レビューやその他の「スクイッシュ」な場では、ヴィシー保守派の人々が彼女と、ニューヨーク・マフィアの殺し屋たちと対峙し、その骨身を削ったルドルフ・ジュリアーニに対して鼻を鳴らしていた。ある者はトランプチームを「動揺している」と呼び、その 「威厳」の欠如を嗅ぎつけました。
◎>
ジュリアーニとパウエルのその展示は、動揺していて、威厳がなく、精神的に崩壊しているように見えました。
− Michael Brendan Dougherty (@michaelbd) November 19, 2020
フォックスニュースの記者クリスティン・フィッシャーは ジュリアーニ氏を「嘘つき」と呼んでいます。
■鼻であしらうヴィシー保守派
もしあなたの国の選挙が盗まれていると思っているなら、そしてあなたの主な関心事はあなたの「尊厳」を保つことだと思うなら、私はあなたに狐穴の中で私の隣にいて欲しくない。敵のオフィサーがチョコバーを提供してくれれば、そして自分の皮を救うチャンスもあれば、あなたは鞍替えするだろう。私はシドニー・パウエルのような内部告発者でキリスト教の愛国者が欲しいのです。彼女の証拠が防水で弾丸にも耐えられるものであることを願う。率直に言って、今後数週間は彼女がケブラーを着ていることを願う。私は彼女を黙らせようとしている人々をそれだけ信頼しているのです。どうか彼女の安全と民主主義の未来のために祈ってください。
John Zmirak is a senior editor at The Stream, and author or co-author of ten books, including The Politically Incorrect Guide to Immigration and The Politically Incorrect Guide to Catholicism. He is co-author with Jason Jones of “God, Guns, & the Government.”
Published with permission from The Stream.
Help stop voter fraud: Project Veritas is accepting voter fraud tips here.
4名のジョー・バイデン支持者が、高速道路上で彼に挨拶−しかし、彼は8000万票を得た−どんな完全ジョークだ!
http://www.hideoutnow.com/2020/11/four-joe-biden-supporters-greet-him-on.html
彼らの嘘は明白で 虐待的になっています。彼らは本当に気にしていません。ジョー・バイデンは水曜日に感謝祭の日のテレプロンプターメッセージを配信しました。わずか1,000人が彼の声明をライブで見ました。
Via Don'tWalkRun.
パウエル弁護士、ジョージア州で選管を「大規模な選挙詐欺」で提訴 大紀元 2020年11月26日 16時55分
https://www.epochtimes.jp/p/2020/11/65181.html
https://defendingtherepublic.org/wp-content/uploads/2020/11/COMPLAINT-CJ-PEARSON-V.-KEMP-11.25.2020.pdf
米ペンシルベニア州地裁、大統領戦の結果認証に差し止め命じる 大紀元 2020年11月26日 15時40分
https://www.epochtimes.jp/p/2020/11/65173.html

さてはてメモ帳
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/dee6e6b67d7ccb78779e9a47ad5d0424
posted by datasea at 03:47| Comment(0) | & 政治学者,政治オタク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: