2020年10月12日

伊集院光: セキセイインコ・ピキちゃんの怪



伊集院光: セキセイインコ・ピキちゃんの怪
2020.10.5
朝の番組で「1万円当たったら文鳥買います」って言う40代の女の人がいて。で俺「うわ文鳥懐かしい」って思って。今文鳥飼ってる人少ないよね?全然見ないよね?文鳥。
■小鳥ブーム
俺は子供の頃に文鳥ブーム....小鳥ブームっていうのかな。。多分住宅事情があったせいかも知れないけど。とにかく小鳥飼ってる人が多かった。でいくつかのブームがあって。ハムスターブームと小鳥ブームが俺の地域には両方来たんだけど。
で今調べたら東京に殆ど無いんだけど,当時は鳥と獣を売る「鳥獣店」っていうのが各地にあった。今思うと昭和50年頃の東京の下町ってペットショップって無かったと思うんだ。ブランド犬っていうのか,今で言うミニチュアダックスフントとか,そういうの無かった気がする。お金持ちの家にはコリー犬がいるっていうイメージあったけど,今はコリー犬も見なくなったけど。。でミニチュアじゃないダックスフンドが近所の家にいた記憶があるけど。とにかく「鳥獣店」っていう小鳥と亀とハムスターを売る店が多かった。あと金魚屋も兼ねてる店もあった。一番でかいものでウサギがいたかいないかっていう記憶がある。でハムスターブームの時にはハムスターとカゴをセットで買ったり,文鳥ブームの時には文鳥,それからジュウシマツブームの時にはジュウシマツがいて。セキセイインコがいたり。
で,なんかちょっと不思議だったのは,そのハムスターを飼うのも金持ちだったんだよな。。マァ,金持ちって言ってもクラスの中だし,同じ小学校行ってるぐらいだから,金持ちって言っても桁違いの金持ちじゃないけど。ハムスター買ってもらうの羽振りのいい家の子供だった。でハムスターをつがいで飼うとスゲえ増えるじゃん。で増えると「あげよっか」みたいな話になる。
で俺はこの時点でハムスター欲しくてしょうがないから。もう下僕だよ(笑) 靴お舐めしますよっていう(笑) 上履き?そんな甘いもんじゃないですおっていう(笑) ペコペコしてハムスターを譲り受ける感じ。「お前はうい奴だからハムスターをやらないこともないぞ 」っていう。でハムスターはツガイで飼うとネズミ算的に増えるじゃん。すぐに妊娠の兆候がでて「次に産まれる子はお前にやらないこともないかな」みたいな。もうその落合君はハムスター長者ですよ。で落合君はハムスターによってクラスの権力を手に入れていくんだけど。
でもその後ハムスターは増えすぎちゃって。落合君のお母さんからしたら「誰かにもらってもらいなさい」っていう心境で。落合君の家のドア開けたら,首までハムスターなんだから(笑) 子供の頃の記憶だから,「落合君」って遊びに行ったらハムスターの中を平泳ぎで落合君が出てきたんだから(笑) お母さんが「誰か来てるの?」「ケンちゃん来てるよ」って言ったら,正座したお母さんがハムスターの絨毯に運ばれて来たんだから(笑) 小学校の記憶だから曖昧だけどさ(笑)それぐらいハムスターがいた。そうなると誰かハムスター引き取ってくれっていう世界なワケ。
だから鳥獣店のほうは最初に売ったら後は売れないんだよ。売るのは最初で,あとはもうハムスター過多なわけだから。町全体がハムスター過多になってる。もうその頃の荒川区の衛星写真見たら茶色いんだから(笑) もともと鳥獣店が落合さんの家に売った2匹のハムスターが,そういう事になっちゃってるわけ。
でそのハムスターブームが終わった後に小鳥ブームが来るんだけど。今度はジュウシマツって鳥がやたらに増える。ジュウシマツを買ったのは富岡さん。富岡さんはジュウシマツがスゴイ好きだから。家の中に人が入って世話するくらい大きな鳥小屋があって。その中にいっぱいジュウシマツがいる。そうすると富岡さん家の子供がさ,「ケンちゃんは最近俺に尽くしてるからジュウシマツをやろうか」と。でケンちゃんはジュウシマツ貰うワケ。そうすると,これが町じゅうでジュウシマツが増えちゃうワケ。
だってもう富岡さん家のお父さんなんて空からやってきたから(笑) 晴れてる日に野球やってたら,急に曇ったなと思ったら,すごい大きな雲が来たと思ったら,何万羽っていうジュウシマツから糸がいっぱい出てそこの頂点に落下傘みたいに富岡さんのお父さんがいたから(笑) 「大事にしてるかァ!ジュウシマツはァ!」なんて言って(笑) それぐらいだからね。衛星写真に地面が映んなかったんだから(笑) 日光の量が減っちゃったぐらいジュウシマツが荒川区にすごいいっぱいて。そうするとジュウシマツも売れなくなっちゃうんだけど。
■ピキちゃんの話
で俺はややこしいのが,文鳥飼ってたこともあるし,セキセイインコを飼ってたこともあるんだよね。
ただこの話を披露するときに,2個のエピソードを1個にしたりとか,その時に面白そうだって頭に浮かんだ方で文鳥の話にしたりとか,セキセイインコの話にしたりとかしてんだけど,飼ってたんだよね。文鳥もセキセイインコも飼ってて。でセキセイインコのエピソードはもう古典になってるんだけども。これもう古典落語と一緒ですからもう聞いたことある人いると思うけど。
家の姉貴が「友達飼ってるから家もセキセイインコ飼いたい」って言って。セキセイインコ飼うっていう話になっていくんですけど。でも俺は「絶対飼いたくねえよ。セキセイインコを飼うぐらいなら死んだ方がマシ」とか言って。でもなんだかんだで押し切ってセキセイインコ飼うことになっちゃった。で家に上が黄色で下が緑のセキセイインコが来て。でも俺は姉貴の前が大反対してますから。
セキセイインコスタートで伝染病とかで国が滅びることだってありえるんだって。こっちの主張ですから。気持ち悪い。セキセイインコ。変に軽いし(笑) あとイカの軟骨みたいになったヤツぶらせげておいて。モンゴイカの中に入ってる骨みたいなやつを噛ませとかないと,くちばしが伸びすぎて胸に刺さって死んじゃうんだよね。そんな気持ち悪いヤツいないでしょ?そんなやつを家に入れるなんてバカじゃねーのって。最悪だよ。あと脚とか恐竜っぽいし。それとか含め全部ダメですって言ってた。でも心の底では鳥は好きだから。たまに姉貴の見てない時にいじったりしてた。指を一本立ててその上に立たせたり。で姉貴が帰ってくるとそのままFワードをつぶやきながら,今インコをディスってたとこですって嘘をついたりとかして。インコにアメリカ風に罵詈雑言浴びせてただけだからとか言って。
である日俺だけが家に残っている日があった。家族皆で親戚の家に行くのを,ひねくれて俺はいいみたいな。当時家族と反目する行動をよくとる子供だったんで。俺行かないっていう話をして俺だけ残ってた。その俺だけ家に残ってる時に,セキセイインコのピキちゃんをカゴから出して部屋で遊ばせていた。家には俺しかいない。その前の日までずっと「インコ最悪だ。森に逃したほうがいいんだ」って言ってるから。そしたら急に死んだの。びっくりするぐらい。で家に帰ってきた家族は今ディレクターが俺を見たような目で俺を見ました。
家に俺しかいない日にびっくりするくらい急に死んだ。でも実際は死んだって言えない。俺の想像の中では,姉貴が今のディレクターみたいな顔をするっていう,「自然に死にます?」みたいな。「伊集院さんオチ読めましたよ。ソレ自然に死んだんじゃないでしょ?」自然に死んだんだよ!!(笑) 自然に死んじゃったんだけど,絶対家族帰ってきたら,俺だけがあれだけインコをディスってましたから。大反対してましたから。ゼッタイ俺が殺したって思われるじゃん。俺自体もスゴイ悲しいんだよ?生き還れ生き還れってやった。でもこれはどう仕様もない。でインコの死骸を隠して逃げた。「エサを変えようとしたらインコがカゴから逃げたんだ」って言ってるんだけど。。家族はさっきのディレクターの目だよね(笑) もうなんか悲しみに暮れてますから。。俺は当時小学生の小学5〜6年だったと思うんだけど俺は俺で悲しいんだよ。目の前で動物死んでるから。。自分の部屋の机の引き出しの中に,死んだピキちゃんを入れたまま,その日はずっと過ごして。で姉貴は恨みの視線を俺から一度も外さずにその日一日が過ぎてくんだけど。
で夜中の1時か2時ぐらいの,全員が寝静まった頃合に,インコが可哀想で仕方なくてお墓作ってやろうと思って。で家の庭に出て。庭の端の目立たない場所に埋めて枝を刺して。俺の中ではピキちゃんのお墓っていう事にして。一生誰にも言わないって思ってピキちゃん埋め僕なりの弔いは終わった。
でその時俺は10代だったから,だから20年以上経ったある日。当時,俺は初めて一人暮らしを始めた時期で。下北沢の下宿に弟が珍しく泊まりに来て。
夜中二人で寝てて。何の話だったかわかんないけど,弟が「自分は体調が悪い時に必ず見る悪夢があるんだ」っていう話をしてきて。で,急に「昔,みんなが旅行行ってる間に逃げたインコがいたでしょ?」って話になって,俺はドキッとして。「あの日の夜にあの夜中目を覚ましたら兄貴が急に起き上がって,机の引き出しの中から逃げた筈のインコの死体を出してどっかに行くんだよ。。。気になって後ろからついて行ったら,兄貴が泣きながら泥を掘ってそこにインコを埋めてたっていう夢を見たんだ。。それ以来俺,体調悪くなるとその夢をいつも見る」って言う。で俺が言った言葉が「それ本当♪ 」っていう(笑)「夢じゃないよ本当だよ♪」っていう(笑)
ー伊集院光の深夜の馬鹿力, TBSラジオ

yg5tg66uu pc




posted by datasea at 17:33| Comment(0) | ◯ 夢日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: