2020年07月10日

JBpress: コロナは蚊に刺されてうつるのか?

JBpress: コロナは蚊に刺されてうつるのか?
コロナは蚊に刺されてうつるのか?2020年4月25日のツイートを参考に
新型コロナは蚊に刺されてうつるのか?
6/17(水) 6:01配信
JBpress
https://news.yahoo.co.jp/articles/fc1e51b2c5e16f34ce6bf57fbef46cd52bac944b
虫が媒介するウイルスはほぼ特定されている。ちなみに、蚊が媒介する典型的なウイルスはデング熱ウイルスである(写真:yamaoyaji/アフロイメージマート)
「蚊に刺されると新型コロナウイルスがうつるのではないか」 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が収まらない中、夏に向けて、そんな声を聞くようになった。蚊が感染症をうつすことは2013年に都内で感染者が急増した「デング熱ウイルス」で多くの人が経験している。それでは、新型ウイルスはどうなのだろう。
獣医師資格を持つ筆者としては、「動物の世界から考えて、コロナが蚊でうつることはない」というおおよその見当がつく。今回はその理由も含め、虫とウイルスとの関係について見ていく。
結論を先に言えば、病原体はその種類によって、虫によって運ばれやすいものがある程度決まっている。虫に運ばれやすいのは、「節足動物媒介感染症」と呼ばれるタイプの感染症だ。コロナはこの分類に含まれておらず、蚊ではうつらないと考えられる。節足動物媒介感染症においては、ハエのように糞便などに含まれる病原体を物理的に運ぶ虫もいるが、病原体の媒介で重要なのは、むしろ蚊のように体内で病原体を増やし、吸血によって感染を引き起こすタイプだ。世界保健機関(WHO)によると、節足動物媒介感染症は、あらゆる感染症の17%超を占める。ウイルスばかりではなく、マラリアのような寄生虫も含めると、節足動物媒介感染症によって年間およそ70万人が亡くなっている。それでも節足動物媒介感染症は大昔よりも大幅に減ったと見るべきだろう。状況を大きく変えたのは、20世紀に入ってからの、殺虫剤を用いた媒介生物のコントロールだ。殺虫剤によって虫と動物などとの間の感染循環を止めることに成功したが、現在はペットの普及、都市化、国際的な輸送網の発達、グローバル化などで節足動物媒介感染症が再び広がり始めている。
感染拡大という面では、もともと感染していた人などの血液で病原体が増殖していることがまず重要だ。さらに、それを吸った虫の体内で病原体が増えて保たれるかどうか、次の吸血の際に病原体が人などにうつるかどうかも要素になる。節足動物媒介感染症の中でも、虫などによって感染が広がるウイルスはアルボウイルス(arbovirus)と呼ばれている。これまでの研究から、昆虫やダニなど、ウイルスごとに親和性のある媒介生物は決まっており、感染を媒介する虫とウイルスの関係はほぼ一対一で判明している。単にウイルスが虫の体内に入ればいいというわけではなく、虫が体内で保つことができて運べるウイルスでないと、虫によって感染するウイルスにはなれない。同じ蚊の仲間にもイエカやヤブカがいるが、イエカとヤブカが媒介するウイルスは異なるのだ。こうした条件に照らすと、前述の通りコロナウイルスは一般的には節足動物媒介感染症に含まれていない。だから、虫などによって運ばれることがないと、獣医師の観点から言えるのだ。
■ 虫で感染が広がるウイルスは約10種類 
では全体像はどうなっているかというと、ウイルスには168科の種類があり、アルボウイルスはその中の10科ほどだ。逆に言えば、150〜160種類ほどは虫を媒介とした感染が起きない。コロナウイルス科は、こうしたアルボウイルスの中には含まれていない。2011年以降、コロナウイルス科を含むニドウイルス目の別の科のウイルスが蚊から見つかったという論文があるが、コロナウイルス科は今までのところ「シロ」だ。
では、どんなウイルスなら広がるかと言えば、その辺りは調べ尽くされている。まず人でいうと、アルボウイルスで最も多いのが「デング熱ウイルス」だ。その感染症であるデング熱は世界129カ国で、年間9600万人が感染していると推定され、年間4万人が亡くなっている。さらに、人に感染するアルボウイルスとして、「ウエストナイルウイルス」「黄熱」「ジカウイルス感染症」「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」「ダニ媒介性脳炎」「チクングニア熱」「日本脳炎」などが知られている。Twitterの方ではかなり緩く呟いているのですが、4月25日にツイートした通り、このブログを訪れて下さっている皆様には十分に「蚊」への
対策を行って頂きたいと思います。
Twitterでは、このブログに書いていない、近々の未来も呟いています。ですが、出来ましたら両方読んで頂ければと思います。Twitterでは簡単な呟き(時事問題等)、ブログでは出来るだけ詳しく(特に地震関係等)を分けて書いております。Twitterとブログが連携出来なくなっているのが大きな理由なのですが、お手数なのですが、是非両方をチェックして下さい。宜しくお願い致します。
七曜高耶

まほろばの蒼き惑星
https://orangeapple01.blog.fc2.com/blog-entry-3798.html


posted by datasea at 20:04| Comment(0) | H 医師健康オタク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: