2020年07月06日

坂口成事: 七月七日=この世の比日(七七日)気(解散)

Screenshot_20200706-113034.jpg

Screenshot_20200630-060332.jpg




坂口成事: 七月七日=この世の比日(七七日)気(解散)
黄泉の国で、両国と分けたイザナギとイザナミ。
それは、七夕の暗示ですが、七は何かという事です。
七は、バベルの塔の祭祀から始まったとされる一週間ですが、実は、それ以前からの、蘇りの祭祀だったのです。
冬至はもとより、日本独特の彼岸の一週間も、春分秋分と両国に分けるものです。
その生死を分ける暗示としまして、七月七日のこの世の比日(七七日)気(解散)は、仏教では、49曰(神道50日)です。日本人は、来世を生きるモアイ、死んで生きる(黄泉返り)の民だったのですね。
写真は、島のほぼ中央にあり、春分秋分の日の、日没の太陽を向く(日本の方向でもあります)という、イースター島の七体のモアイ像です。

Facebook
https://m.facebook.com/groups/542780006364240?view=permalink&id=624507654858141









日本人が、五輪を大事にして参りましたのには、悠久な歴史があります。
ところで、七夕にそうめんを食べるという習慣の、元の索餅を宮中に復活させられた後醍醐天皇は、短冊であるそうめん(す面の言の葉)の延びたものが私たち(誕生)であり、宇宙世界であると理解があり、その教えの復活が民に幸なるを願われての南朝だったのかと思います。また、五色は、七夕の物語の配役でもあり、一般的には五行をとり入れて、青(木、ベガ)、赤(火、アンタレス)、黄(土、アルタイル)、白(金、天の川)、黒(水、夜空)という事ですが、五色というのに近い表現は、五色人→日本人(日本精神)であると同じに、色という肉体(物質)の氷山の一角だけでなく、それよりもはるかな氷山そのものの作用(受想行識)と色を合わせた五蘊であると思います。そして、五蘊は、カ五メ(亀)の水引きの軌道をたどる、人と星の短冊(言の葉の延びる外形)です。
ところで、カ声で延び掛けぬけた連珠糸を讃岐と呼びます。仏教では数珠であり、縄文の教えでは数霊(オカズ、逆那、シャー)です。その延びきった(すぅずぅうと、う声が鈍化した饂飩)、花火で申せばパチパチチカチカの最後の宇宙のう声が延びきって、またう声にうちゅうとして戻ろうとしている(花火が消えようとしている)、その生死が拮抗した高砂の凪のところに私たちはす舞いしているのです。その儚さこそが、延び逝く空ァ山ァと、沈み逝く海ィ大地ィを結ぶ、ウ声の息の詰まりです。そのアおウえイぎィの鞠を、あいと申すのかも知れません。
写真の、アおウえイぎィの五行五龍は、五輪の梅鉢(梅は母音、鉢は迦那本、天狗やユダヤ祭司の鉢巻き)の真釣る木(真剣)、サガラの国の、国宝人吉青井(アおイ)阿蘇神社の、福川宮司様より、お借りしています。

Facebook
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=271363773227896&id=100010628255647





78の両国の星取りの話は、相撲の神事の話でもありますが、偶然にも、波野村のオウムと戦っている時に、相撲の神事の吉田司家さまとお会いしておりました。
ところで、ウルトラセブンが、モロボシダンの名を借りていますのは、東方へ旅だったユダヤのダン支族の事で、私たちは、死者と生者の両国にす舞いし、す詣する仮の名(片仮名、影の出現)によって、真の名(影でない何か)を知ろうとしているのです。その挑戦が、冬至や夏至や彼岸での前後一週間(真名瀬分け)であり、古代出雲の大社の階段であり、バべルの塔から一週間の観念が始まったとされるセブンの由縁です。
昨日の投稿でもお話しいたしましたが、1999→666とひっくり返しする象徴は、大洪水明けを祝う祇園祭(シオン祭)であり、七の月に祭りがありますのは、角力を示したものだからです。もちろん、両国の相撲が角力でありますように、七八の星取りは、ウルトラマンのM78星雲を暗示していますし、七転び八起きの達磨(球磨のクマリ)でもあります。
写真は、達磨の真実を示した実家の掛け軸と、NHKのみならず、各民放でもウルトラマン石として紹介されました、拝ヶ石巨石群の頂上のストーンサークルの中心の、不思議な磁気を示す頂上石です。
掛け軸は、日本(ヤマト)の意匠候補のように、頭蓋骨変形(トンガリ山、不二、はじき、禾、芒)で描かれています。実際に、熊本のトンカラリン周辺では、頭蓋骨変形の頭蓋骨が出土しています。
皆さまにはお馴染みの孫悟空の頭の輪(緊箍児、胎児の頭への生まれ直し)で変形させた頭で、日本人が誇りとしてきた烏帽子の元という事です。これは、イワナガヒメ(醜女)の七(死、七七の四十九日、七夕の星まつり)でありますが、一度死んで、コノハナサクヤヒメ(乙女)の八(ハタオリ、○+。)に再び戻る蘇り(復活)の象徴という事です。

Facebook
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1130974787266786&id=100010628255647
posted by datasea at 11:46| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: