2020年06月23日

いいげる夢記録: 山頂のターミナル駅の夢


いいげる夢記録: 山頂のターミナル駅の夢
山頂のターミナル駅の夢
2020.06.10.Wed
大きなターミナル駅の前の交差点で、信号待ちをしている。やっと信号が青になって、一目散に駅へ駆け出す。一番手前のホームの電車が、いままさに、出発しそうな様子なのだ。
無人改札(切符の確認はなかった)を突破し、1両編成の列車に手が触れるところまで着いた瞬間、ちょうどドアが閉まり、その列車は出発してしまう。私は、未練がましく伸ばした手を、動く列車にぶつからぬよう引っ込めた。
櫛形ホームから右手に進む列車を見ながら、私は「この列車で良かったのだろうか」と疑問に思う。「そこそこ距離を乗るのに、1両編成というのは無いだろう。他のホームから、快速でも出てるのじゃないか」と思う。そこで、櫛形ホームの通路部分にもどって、 行き先表示板などを見るが、うまく読めない。私は、白系統の内装でまとめられた、ガランとしているものの、そこそこ人が行き来している通路を、足元を見ながら奥に向かったが「このまま、下調べが甘い状態で電車に乗るより、今日は一旦帰ろう。ちゃんと調べて、必要なら特急の指定席を取って、また出直してこよう」と思い直し、来た道を戻る。改札を出て(やはり無人で、切符の確認はなかった)、駅前の大通りのスクランブル交差点を渡っていると、横断歩道の向こう側に、雪をいただく雄大な山々が、下方から現れた。驚いて、足元に視線を落とすと、あたかも、オープンワールドゲームのマップ生成のように、山脈の手前に、一回り低い山々の尾根の画像が、山脈の山頂側から手前に向かってヌルっと描写された。交差点は片側何車線もある巨大な道路のそれで、中央線に向かってやや上り勾配になっており、中央線を過ぎて路面がやや下り勾配になったところで、向こう側にある山脈が私の目に入った、ということのようだった。
「ターミナル駅と、自分が今いる交差点はかなり高度の高い山の上にあり、向こうにある、まだ多くの雪を頂きにかぶったままの山脈を “見下ろせる” 位置にある」という位置関係は分かった。「雄大なスケールのパノラマが、足元に広がっている」という眺めは、雲ひとつ無い青空と相まって非常に壮観で、心が開放される。しかし、横断歩道の終わりが蜃気楼のように揺らいでおり、まるで、歩道の終わりが崖になっているかのように見えるのは怖かった。“自分の足元が覚束なくなるような恐怖” を覚えた私は、「少しでも、自分の足場が確からしい感覚を得よう」と思い、それまでは横断歩道から右にずれた所を歩いていたが、横断歩道の縞模様の上に乗った。

いいげるブログ
http://igelblog.blog15.fc2.com/




空港で蕎麦を食べる夢
2019.01.19.Sat
こんな夢を見た。
小さな飛行場のロビーに居る。明るく、それなりに人が居て賑わっており、ベージュ系統でまとめられた内装も暖かだ。
揃いの紺のブレザーを着た女子高生風の2人組みが 「伊丹空港行き、もう席ないって」 「え〜!?」 なんて言い合っている。
俺はさっき搭乗手続き済ませたな、俺は出張とかで飛行機乗り慣れてるけど、彼女らは慣れてないんだな……、なんて、ちょっとした優越感と余裕を感じながら、いつもの出張カバンを手に座っていたら、そのうちの1人から不意に話しかけられた。「伊丹行きって何時ですか?」
「4時半。」 驚いた拍子に、そんな言葉が口から出る。あれっ?本当に4時半だっけ…。電光掲示板を見て確認しようと、立ち上がってキョロキョロしていると、ロビーに居た客が一斉に、奥に向かって歩き出した。自分も何となく、そのまま後について行く。太い回廊を真っ直ぐ進むと、皆、ANAの青い看板が上に出ている所で左に曲がっていく。羽田行きかな?と思って看板をよく見ると、ANAのマークの下に 『16:30 NARITA』 と書かれていた。
ああ、4時半はANAだったか、間違えちゃったな。さて、俺の乗るJAL伊丹行きのゲートはどこだ…?私はすっかり1人になってしまったが、キョロキョロあたりを見回すと、2メートルくらい先にあるエスカレーター乗り口の上に、JALの赤い鶴マルの看板が。近づいて見ると 『17:25 ITAMI』 と書かれている。どうやら、JALの搭乗ゲートは、エスカレーターを上った先の3階にあるようだ。
腕時計を見ると、16時35分。エスカレーター乗り口の左には、土産物や軽食のショップに並んで、小さな蕎麦屋がある。ゲート前には、17時過ぎに着けば十分間に合う。1時間半ほどのフライトだけど、乗っている間に腹が減るだろうから、夕食には早いけど、軽く蕎麦でも喰っていくか。蕎麦屋の引き戸を開けると、そこはすぐカウンター。椅子は無く、大人が4〜5人並べばギュウギュウになる、本当に小さな、立ち食い蕎麦の店だった。カウンターのすぐ向こうで、板前のような白い帽子をかぶった私と同年代くらいの男性店員がイスに座り、左側を向いて蕎麦を食べている。この時間に客が入るとは思っていなかったようで、蕎麦を口に頬張ったまま、私の方を見て目を丸くした。
「ああ、いらっしゃい」
カウンターの奥が一段高くなっていて、ちょうど私の目の前になる位置に、商品サンプルが置いてある。私は 「これ下さい」 と、温泉卵とごぼうの天ぷらが乗った掛け蕎麦を注文した。蕎麦は、透き通った関西風の出汁に入ってすぐ出てきた。「ウチは名古屋風だから」 と店員(店主か?)。何が名古屋風なのかは分からなかったが、ごぼうの天ぷらは、なぜかシューマイのような丸まった形で汁の中に入っていた。箸でつつくと、ほろほろと、千切りゴボウの形に崩れた。
途中から1人になったことや、
●蕎麦を注文する夢
無事に美味しい蕎麦が届く夢だった場合は、念願の嬉しい時間を過ごすことを予兆しています。
(略)
いずれのケースも、あなたの強い主張と不満を色濃く反映した夢です。前者のようにきちんと届く夢だった場合は、どうにか願望が叶えられる可能性を示唆していますが、必ずしもあなたの欲求を満足させるとは限りません。
「蕎麦(そば)の夢の意味 | 夢診断辞典」 さんから抜粋。
なんていう部分に、うっすら凶意が見え隠れするものの、「空港の夢」 も 「蕎麦の夢」 も、基本的には吉兆、特に人間関係が好転していく兆しのようです。
しかし、驚いたのは、名古屋駅にごぼう天そばを出す店があったこと! 正直、名古屋に行ったこともなければ、ゴボウの天ぷらが入った掛け蕎麦も、今まで見たことはありませんでしたが、本当にあるとは。夢の中でシェオゴラスから情報をもらっちゃったのかと思ったぜ。まあ 「ごぼう天そば(ごぼう天の掛け蕎麦)」 自体がメジャーなメニューのようなので(そばの本場、我が山形では見ないけど)、別に、名古屋にごぼう天そばを出す店があっても、何の不思議もないのですけどね。あと、夢で出てきたもの掛け汁は、こっちのソバのような感じでした。つーか 「特大かき揚げ(そば) 半カレーセット 720円」 マジ喰ってみたい! まだ昼食食べてません……。

いいげるブログ
http://igelblog.blog15.fc2.com/







(夢)虎のリードなし散歩
2019.10.19.Sat
(もう取り壊された、かつての)家に帰ると、家の隣が、なぜがまっさらな更地になっていて、ウチの敷地と地続きになっている。そして、胴体を鮮やかなエメラルドグリーンに塗られたトラが、右から左にゆっくりと歩いていく。思わず、立ちすくむ私。他にも、薄い黄緑や、紅色に塗られたトラが、奥から歩いてくる。そして、小さな猫のような大きさの、子供のトラが、小さな女の子と一緒に歩いてきた。子トラの色は、灰色のような紫色だった。女の子の後に続いて、大人の男女も、通常色のトラを引き連れて歩いてきた。私はようやっと、これらのトラは “飼いトラ” で、この家族は、リードなしで、トラたちの散歩を行っているのだと気づいた。
うろつくトラが怖かったが、人間は噛まないだろうと自分に言い聞かせ、意を決して、女の子の父親と思しき、見知らぬ成人男性の前に歩み出る。身長こそ私よりやや低いが、スリムでスラッとしていて、革ジャンにジーパンというコーディネイトが綺麗めに見える。肩にかからないくらいの、ボリュームのある黒髪を持った、色白の優男だった。私が声を絞り出す前に、亡くなった妹が、私の背後からその男性に声をかけた。「ウチの前にトラを放すのは止めて下さい。」
極めてニュートラルな、あいさつでもするような声調だった。
「どちら様ですか。お名前をお伺いしたいのですが。」 妹に先を越された気恥ずかしさも手伝って、凛とした調子の言葉が出る。眉をハチの字にし、軽く驚いたような表情を見せる優男。
「貴方は誰なんですか。」
「そこの家の者です。お名刺があればいただけますか? 私も、すぐ家から取ってきますので。」
「貴方のはいただきますが、なんで私が貴方にあげなきゃならないんですか。」
「貴方は、私の家の前にトラを放したでしょう」
「ここは貴方の家ではないですよ」
困ったような、人を小馬鹿にしたような薄ら笑いの優男に、だんだん怒りがこみ上げてくる。
「私の玄関の前まで、トラが歩いていたではないですか。現に私は、そのお陰で、家の中に入れなかった。」
「だから、ここは貴方の家じゃないでしょう? 貴方の家の前には居ないでしょう?」
「さっきは居たじゃねーか!」
私の叫びが声になる前に、怒りの余り、目が覚めてしまった。声こそ発していなかったが、目覚めた後も、私の口は動き続けていた。「ヒトの家の前でトラを放すなんて、ナニ考えてんだお前は!」
久々に、胸糞の悪い夢だった。目覚めた瞬間、実際に口が動き続けていたなんて、何年振りのことだろう。
「怒る夢……運気が少しずつ好転する」 とするサイトさんもあるが、ざっと検索してみた限りでは、他人に怒る夢は感情を抑えられない未熟さが、人間関係にトラブルをもたらす暗示があります。だの何だのと言われ放題。朝っぱらから、ホントに胸糞悪い。

いいげるブログ
http://igelblog.blog15.fc2.com/blog-entry-949.html


posted by datasea at 16:24| Comment(0) | ◯ 夢日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: