2020年06月04日

ひららん: 厚労省プラン「新型コロナワクチン国民全員接種,2021年前半開始」

ひららん: 厚労省プラン「新型コロナワクチン国民全員接種,2021年前半開始」
やはり来ましたね!
■厚労省プラン
「2021年前半開始」国民全員に接種 新型コロナワクチン巡る厚労省プラン
毎日新聞2020年6月2日 20時56分(最終更新 6月2日 20時56分) https://mainichi.jp/articles/20200602/k00/00m/040/219000c
ひららんさん:貼り付け開始、
https://ameblo.jp/voyage011/entry-12601560384.html
「2021年前半開始」国民全員に接種 新型コロナワクチン巡る厚労省プラン
NEW!2020-06-03 14:58:13
厚生労働省は2日、新型コロナウイルスのワクチンを早期実用化する「加速並行プラン」をまとめた。国内外で研究開発が進むワクチンについて国内で「2021年前半に接種開始」との目標を設定。最終的に国民全員に接種することを念頭に、国費を投じて製造ラインを整備するとした。
◎>
PCR検査は意味がない
ワクチンを利用せよ
厚労省
ビル&メリンダ・ゲイツ財団
◎>
 毎日新聞@mainichi 
厚労省は2日、新型コロナウイルスのワクチンを早期実用化する「加速並行プラン」をまとめました。ワクチンについて国内で「2021年前半に接種開始」との目標を設定しています。 https://t.co/OzzqafI2tU
2020年06月02日 21:10
◎>
TS.works@works_ts 
机上空論ですね(笑)! そんなに手抜きするワクチンは危険です。 急いでもロクな事は有りません。 迅速にプロジェクトが進んでも、2022年以降ですよ!感染者全員のワクチンを作れると思いますか? 「2021年前半開始」国民全員に接種… https://t.co/d03nTnx3IG
2020年06月02日 21:42
 ◎>
Haword@HawordG 
国民全員接種ですって!? 効果のほども 副作用のほども分からぬ そんな得体の知れないワクチンは 断固拒否いたします! 「2021年前半開始」国民全員に接種-新型コロナワクチン巡る厚労省プランー毎日新聞
https://t.co/IRYY3ubFrG
2020年06月03日 07:25
◎>
松藤美香@mikarin_tokyo 
「2021年前半開始」国民全員に接種 新型コロナワクチン巡る厚労省プラン 国民全員は言い過ぎ。ワクチンには禁忌事項があり、接種できない人も。治験で禁忌疾患者は様子を見たほうがいい。 これは遺伝子組換えの新規ワクチン?子宮頸がんワ…
https://t.co/Bpy35asVln
2020年06月03日 12:05
◎>
ナカムラクリニック@nakamuraclinic8 
来年の今頃には全員接種済みかなぁ ダーショウィッツ(米国の大物弁護士)によると「どうしても嫌なら打たなくてもいい。その代わり、外出の自由はない」とのことだから、一生引きこもる覚悟なら接種免除は一応可能だと思う。 しかし事実上の強制… https://t.co/E2PCToCSmZ
2020年06月03日 14:04
◎>
TS.works@works_ts 
机上空論ですね(笑)! そんなに手抜きするワクチンは危険です。 急いでもロクな事は有りません。 迅速にプロジェクトが進んでも、2022年以降ですよ!感染者全員のワクチンを作れると思いますか? 「2021年前半開始」国民全員に接種… https://t.co/d03nTnx3IG
2020年06月02日 21:42
◎>
ナカムラクリニック@nakamuraclinic8 
不活化ワクチンであれ生ワクチンであれワクチン作成には数年かかる.これではパンデミックに対応できないからと,人類史上初めてRNAワクチンを量産,集団接種することに. 厚労省は重篤な副作用(死亡,後遺障害)の発生率とそれに伴う賠償金額… https://t.co/9t4Y89j1gK
2020年06月03日 16:21
貼り付け終わり、パチパチ〜大拍手!
■関連情報
百害あって一利なしのワクチン接種に断固反対します!
 ☆開発中の新型コロナワクチンは百害あって一利なし!
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-20337.html
☆新型コロナ洗脳を解いて愛(ひとつ)の世界へ!
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-20328.html
☆ロシア公共放送が驚愕の報道!!
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-20295.html
ココヘッドさんが詳細な記事をUPされています。是非お読みください。そして、ワクチン神話から脱却されたし!
・違法にインドの子供にHPVワクチン人体実験して起訴 ビル・ゲイツ基金が関与
・ ポリオ・ワクチンでインドの子供48,000人が麻痺状態に ビル・ゲイツが推奨
・予防接種で生後2ヶ月の息子を失った母親からの悲痛なお願い
・ はしかの大流行もワクチン接種した子供が原因の可能性大
・ 接種前に知っておきたいHPVワクチンに関する事実 第一部
・ 史上最「凶」ワクチンとは・「ワクチン安全神話」の作り方が元従業員の学者の告訴から明らかに
・ シリア はしかワクチンの後、児童15人以上が死亡
・ビルゲイツがエボラ熱ワクチン開発に53億円寄付
・ 自閉症の子を持つ親と医師ら 反ワクチンで立ち上がる
・ ワクチンに有効性があるように偽造した研究員に懲役刑:科学を宗教のように信じていいものか
・ 元看護師「インフル予防接種は効果がなく有害」と政府委員会で発言
・ インフル予防接種の直後に女性が敗血症で急死→当局はインフルによる死亡とし予防接種奨励
・ 絶対に不要なワクチン9種・恐怖心を煽り大きな利益を出す医薬品産業のトリック
・ HPV(子宮頸ガン)ワクチンの副作用で人生を台無しにされた17歳の少女の話【追記あり】
・犬や猫のワクチンも慢性疾患やガンの原因に?!
・ 多くのワクチン製造には中絶胎児が使われています
・ 子宮頸がんワクチン接種後の献血は潜在的なバイオハザード
・ GSK社製インフルエンザワクチンでナルコレプシーに
・ジカウィルスではなくビル・ゲイツのワクチンが小頭症の原因?
・ビルゲイツの世界政府を推奨する発言とヒッピー時代の写真
子供に精神薬を売りつけるためデータを偽造していたGSK・パクシルは危険なだけで効果はない
・エプスタインが刑務所内で「自殺未遂」?★モサドの一員か?
・ワクチンを受けない方が健康的 衝撃的な研究結果
*予防接種を拒否する方法
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-category-107.html

タマちゃんの暇つぶし
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-20345.html










法律で義務化された「予防接種」はひとつもない!
予防接種後の副作用に苦しむ人が後を絶たない。本日は田中先生の「予防接種受ける受けない?まずはこれを読みましょう」を良く読んで理論武装しましょう。
転載します。貼り付け開始 ↓
予防接種受ける受けない?まずはこれを読みましょう
2016/4/21
■赤ちゃんの予防接種について知っておきたい事
前回に続き田中佳先生に予防接種、ワクチンのお話を伺ってます。 赤ちゃんの予防接種 ーーー赤ちゃんの予防接種とかは今だと2...
前回に続き田中佳先生に予防接種、ワクチンのお話を伺ってます。
■予防接種って任意?
ーー予防接種って任意じゃないですか、断る時に申請書とかっているんですか?
今の日本の法律では義務の接種はひとつもないです。ですから要りません。
ーーー幼稚園とかでは書いてくださいってのもあるみたいですよね?
それは「ローカルルール」って言うんです。単にみんなが世間体から取り入れてるだけで、それがいつのまにか一般常識になってるだけなんです。実は誰も予防接種法という法律の内容を知らない。知らないまま、勘違いしたまま行動している。だから本当のことを広めないとだめなんですよね。
まず何が必要かというと、法律とは何か?、予防接種法、これは平成6年の改正時に最終判断は国民1人1人に委ねますってなってるんです。そして「義務接種は廃止」してって書いてあるんです。ですから日本のワクチン事情で義務摂取は一つも存在しない。それを誰も知らない。それが法律で規定された状態です。本来は、これが前提です。でも、調べた者しか知らない。
■あるのは二つ、任意と定期
定期は義務だと思っている人がいっぱいいるんですが、よく名前をみてもらいたい。バスとか電車で使っている定期と同じです。定められた期間。なにが? 補助金です。みんなの税金です。そのワクチンは一定期間内に接種すると補助金が出ます。そういう意味です。要するに、タダで打てる、安く打てる、その期間が定められてますよ ということです。インフルエンザワクチンも65歳以上は定期なんです。年寄りは病原体にやられやすいからタダで打たせてもいいよと。そういうことです。国が推奨していて、国のお墨付きってことです。だから医師会は定期化を目指すんです。お墨付きがあったらグゥの音もでないよねって。ここがまた医者が傲慢なところかもしれませんね。役所の人も定期が外れると打てませんよって嘘をついたりもするんです。打てないのではなく、自費になりますよ!ということなんです。補助金は出ないよ! ってのが正しい解釈なんです。
だから役所も、医者も、誰も、知らないのです。医者は法律のことは医師法ですら殆ど知らないですからね。だから予防接種法を読んでみてビックリですよ。けっこう探しても出てこなかったから、隠してんな〜っと思いましたが。(笑) そして法律の記述を見て、あ〜こうなってたんだと。最終判断は個人でいいんだって。そしてみなさん経験していると思うんですが同意書にサインするでしょ? 何に同意するのかよく読みましたか? これこれこういう副作用の可能性がありますよって書いてある。それら全て理解した上で、その全てのリスクを承諾します ってサインです。でも誰も読まないんですよね。なぜ人生がかかってるのに読まないのか?
不思議ですよね〜。
■何気なくサインする
なぜなにも気にせず土地の管理書にサインをしないでしょ? いきなり街角でサインしてくださいって言われて「いいですよ」ってサインして、謎の高級布団が届いたらどうすんですか?(笑)
何気なくサインするっていうのはどういうことなのか? 一切の責任を負いますって書いてるのに・・・ 医学を信じすぎなんですよ。
子宮頸ワクチンの訴訟してますけど、障害が出てしまった時にはもちろん残念なんですが、予測できない副反応も含めての署名ですからねえ。。。
産婦人科学会は、唯一癌が防げるワクチンです!って勘違いを思い込んで声高らかに発言してますけどね、作った製薬会社の文書には「現時点で効果は不明」って明記されてますよ。確かに知らなかった、知らせなかったという問題はあるんですが、これはお互いの問題でもあるんですよね。知らせてくれなかったから・・・それはそうなんですが、何が起こるか分からなかったという状況ですからね。そこまで含んで一切の副作用の可能性を承諾しますってサインしたんだから。これが起こるのは知らなかったってのは問題になりますけどね。
因果関係不明のままになっているのが被害者の欲求不満は募りますよね。だからそういうリスクを負うって事を、何が起こるかわからないリスクまで負うという事なんですよ。そこまで考えて、リスクを負ってやる事なんです。本当にそれは必要なのか? 避けて通れないことなのか? ですよね。
同意書の内容はよく読んだの? って接種希望者に聞いたりするんですが・・・「ええまぁ」って(笑)。読んでないでしょ!? 「いや〜上司に打てって言われたんで」って答えますよ。上司に打てと言われても上司はあなたが死んでも責任とらないけどいいの? って言うと「ええまぁ」って言われるんですよね。凄いですよね。あっ自分の人生は考えてないんだねということになるんです。長いものに巻かれる方が楽だってことですけどね。巻かれちゃっていいのかなあ。。。波間に漂う流木でいいのかなあ。。。
まぁ副作用のクジに当たらないよねっていう楽観主義ですね。でも宝くじを買うと何億円当たるって願いますよね?ワクチンを100万回打ったら1人は死ぬって確率があるわけです。宝くじより遥かに副作用くじ「一等(死亡)」に当たる確率は高いんです。当然、二等や三等もありますよ。にも関わらず宝くじは当たると思って、副作用くじには当たらないと思っている。ですから、これはもはや、おめでたいとしか言いようがないですよね。知ってしまうと。
【関連記事】
赤ちゃんの予防接種について知っておきたい事

タマちゃんの暇つぶし
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-category-107.html
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-20345.html








黙示録のタイムライン
Timeline for Revelation
http://www.rapturechrist.com/timeline.htm
封印
1番目の封印 黙示録 6:1 キリストがサタンに打ち勝つ
2番目の封印  黙示録 6:3 戦争
3番目の封印  黙示録 6:5 飢餓
4番目の封印 黙示録 6:7 武器、飢饉、邪悪な男性の死。
5番目の封印  黙示録 6:9 神の言葉に従う者に宗教的迫害や試練がふりかかる。バビロンの崩潰。 (世界は現在ここにいる!)
6番目の封印  黙示録 6:12  天国のサイン。イスラエルの12部族のなかから14万4千人のイスラエルの民が天国にはいる。この時点で空中携挙がおきる。
7番目の封印  黙示録 8:1-2
この時点で 獣のマークが必須のものになる。
トランペット
1番目のトランペット 黙示録 8:7  雹や火が血と混ざる。
2番目のトランペット 黙示録 8:8  大いなる山が燃え海に投れこむ。
3番目のトランペット 黙示録 8:10  星が天から落ちる。 水は苦くなる。
4番目のトランペット 黙示録 8:12  3つの星(太陽、月、星)がぐるぐるまわる。
5番目のトランペット 黙示録 9:13  アビスが開かれる。人が「バッタ」の被害にあう。
6番目のトランペット 黙示録 11:15  20億人の軍隊が現れる。人類の3分の1が死ぬ。6番目のトランペット が終わるまでに2人の証人が殺される。
7番目のトランペット 黙示録 11:15  24人の長老。バビロンの崩潰。
怒りのボウル
1番目のボウル 黙示録 16:2  獣の刻印を持つ男性に潰瘍がみつかる。
2番目のボウル 黙示録 16:3  すべての海洋生物が死ぬ。海は血のようになる。
3番目のボウル 黙示録 16:4  川や噴水の水が血のようになる。
4番目のボウル 黙示録 16:8  太陽は火で人を焼く。
5番目のボウル 黙示録 16:10  獣の王国が闇になり、人は痛みのあまり自分で自分の舌をかむ。
6番目のボウル 黙示録 16:10  ユーフラテス川までが干上がる。ハルマゲドンの準備。
7番目のボウル 黙示録 16:17  この時点までにはキリストが地球に戻っている。
黙示録 19:14,  黙示録 20:4  ハルマゲドン
黙示録 16:16,  黙示録 19:11-21  ハルマゲドン 、偽キリストの敗北。
獣と偽キリストは摘発され火の海に投げ入れられる。
黙示録 19:20  サタンが鎖につながれる。
黙示録 20:1-2  サタンが鎖につながれ1000年のあいだ奈落の底に落とされる。
黙示録 20:2  キリスト1回目の復活
黙示録 20:2  獣の国が殺した人々が復活する。
ミレニアムのはじまり
ミレニアム 黙示録 20:4  政府は 、 キリストの政府が地球に誕生する。地球で1000年つづく。
ミレニアムの終わり、サタンはしばし鎖から解かれる。サタンは再び人をだまし、戦争をはじめる。サタンの最後の敗北。天使たちが次におこる出来事をつたえる。
キリスト2回目の復活 黙示録 20:11-15  ホワイトスローンによる審判。人は復活して肉体を得る。そしてそれぞれの行いによって裁かれる。
新しいエルサレム 黙示録 20:4  神は新しい天国と地球をつくりそこに新しいエルサレムをつくる。

local pc











時の終わりの時の予言
2011年8月2日
Christian Apologetics
http://contenderministries.org/prophecy/endtimes.php
キリストが伝えたキリスト再臨及び時の終わりが近づく6つの兆候
1. 偽救世主と偽予言
マシュー記24:5
「我が救世主であると説く者が増えるだろう。」。
近年、自分が救世主であると説く人が増えている。Jim Jones、 David Koreshをはじめ数えたらきりがない。
New Age団体の活動が活発になってきている。国連のために動くNGO形態の団体まである。これらはみな不安半分で反キリスト登場を待ち望んでいる。反キリストによる神制政治の復活を望んでいる。
これらは偽キリスト、反キリスト登場の前奏曲だ。
2. APOSTASY (信仰の放棄)
3. 飢餓
マシュー記24:7
「国は国に対し、王権は王権に対し立ちあがるであろう。いたる所で地震や飢饉がおきるであろう」。
4. 地震の多発
5. クリスチャンの受難
マシュー記24:8-9
「しかしこれはこれからはじまる困難の時代のはじまりに過ぎない。クリスチャンの受難がはじまるであろう。クリスチャンはキリストの名のもと憎まれ殺されるであろう。」。
クリスチャン受難は5つの兆候があってからしばらく経っておきるとされる。世界規模の運動となるとされている。
時の終わりの時代の兆候
6. 王国への賛歌は天にまで届く
マシュー記24:14
「王国への賛歌は天にまで届くだろう。王国への賛歌はあらゆる国に響きわたるだろう。そしてその後終りは来るだろう。」。
7. 在エチオピアユダヤ人のイスラエルへの帰国
1984年、スーダン出国を望む15,000人の在スーダンユダヤ人をイスラエルに飛行機で移動させる作戦「Operation Moses(モーセ作戦)」が実行された。
1991年、エチオピア出国を望む20,000人の在エチオピアユダヤ人をイスラエルに飛行機で移動させる作戦「Operation Solomon(ソロモン王作戦)」が実行された。また1999年6月、3,000人の在エチオピアユダヤ人がイスラエルに飛行機で輸送された。
聖書に記録された時の終りに現れる11の兆候
1. 東に200,000,000人の兵があらわれる
2. ローマ帝国の復活
ダニエル記2:32-33
「像の頭は金で出来ていた。胸部と腕は銀で出来ていた。腹部と両大腿部はブロンズで出来ていた。両脛部は鉄で出来ていた。両足は鉄の部分と粘土の部分で出来ていた。」。
ダニエル記2:40-43
「そして鉄の強さをもつ4つめの王国が出来た。王国は鉄のような強さであらゆるものを砕きバラバラにした。そして鉄の部分と粘土の部分で出来た両足。これは枝分かれした王国となった。両足の鉄の部分と粘土の部分は人間の種の中で混ざり合った。しかし鉄と粘土は混ざる事はなかった。」。
ネブカドネザル王(King Nebuchadnezzar)がみた夢のダニエルによる解釈によれば、「鉄の強さをもつ4つめの王国」とはローマ帝国の事。「両脛部」はローマ帝国から枝分かれしたビザンチン帝国の東の片割(1400年頃滅亡)とビザンチン帝国の西の片割(400年頃滅亡)。
ローマ帝国崩壊後の欧州諸国はそれ以来ひとつの国にはなっていない。EU(欧州連合、the European Union)という連合のなかでそれぞれの国として存在している(混ざりあっていない)。EU加入国は現在15ケ国。さらに東欧、南欧の13ケ国の加入を検討している。
3. イスラエルでヘブライ語が復活
1948年のイスラエル再建国以前、ヘブライ語はほとんど死にかけていた。そういった中でヘブライ語が復活だろう。
ザカリア記 3:9
「そして次に私は純粋なる言語ヘブライ語を復活させる。人はヘブライ語で神の名を語るであろう。人と神のつながりは再びもどるであろう。」。
4. キリスト教寺院の復興、エルサレムで動物の生贄の習慣が復活
エルサレムでユダヤ教寺院が復活し、寺院の崇拝と動物の生贄の習慣が復活するだろう。
(1. 反キリストと偽予言者は次々とスペクタクルをおこし、イスラム国家でユダヤ教寺院復興の機運が高まる。
(2. 国連(The United Nations) はロシアとイスラム圏国家の海外侵攻と並行してユダヤ教寺院の復興を図るだろう。ロシアとイスラム圏国家の海外侵攻が激化する中で、クリスチャン、特にユダヤ人クリスチャンの中でユダヤ教寺院復興の声があがるだろう。ロシアとイスラム圏国家の海外侵攻はハルマゲドン(Armageddon) ではない。携挙がおきるのはこの後。
(3. 現在、最初の2つのユダヤ教寺院が建設されるエリアが決定されているという。建設されるエリアは岩窟( the Dome of the Rock)の南。寺院の様式はTemple Mount Faithfulというイスラエル人の組織が構想している。
5. 2000年ぶりに赤い子牛が現れる
数記19:2-7
「イスラエルの子に教えよ。彼らは無敗の赤い子牛を持たらす。」。
1997年5月、 赤い牛が2000年ぶりに生まれた。また2002年5月、 イスラエルでも赤い牛が生まれた。
6. 宇宙に関する技術の進歩、人類の宇宙への進出
7. 在エチオピアユダヤ人のイスラエルへの帰国
8. ロシアの台頭
9. 在露ユダヤ人のイスラエルへの帰国
10. 獣のしるしのテクノロジー
11. 世界政府(a one world government)構想
国連(the United Nations)、国際貿易機構(World Trade Organization)、国際裁判所(International Criminal Court)、国連軍(UN peacekeeping/police force)、国連NGO組織(UN NGO's)などは世界政府(a one world government)への布石。
現在の通信システム、交通システム、メディアのグローバル化は反キリストを指導者とする世界政府(a one world government)へと続いている。
テロの増加。中東危機。これらにより世界は世界政府(a one world government)へ向かう速度は上がる。大衆は国家間の戦争からの開放を求め、国家解体>世界政府の動きを受け入れる。
12. 通信技術の発達
黙示録 11:3, 7-10
「私は2人の証人に260日の間予言をさせる事をゆるそう。2人の証人が証言した後、地獄から出てきた獣が戦争をおこし2人の証人を殺すだろう。2人の証人はソドム(Sodom)とエジプト(Egypt)の2都市の街路に放置されるだろう。市民は3日と半日放置し、その死体を墓に葬る事を許さないだろう。市民は 2人の証人の死を喜ぶだろう。」。
テレビ放送や24時間ニュース衛星放送により世界中の人が2人の証人の死とその死を喜ぶ市民の顔を観るだろう。

local pc










第12章
:1)また、大いなるしるしが天に現れた。ひとりの女が太陽を着て、足の下に月を踏み、その頭に十二の星の冠をかぶっていた。
:2)この女は子を宿しており、産みの苦しみと悩みとのために、泣き叫んでいた。
:3)また、もう一つのしるしが天に現れた。見よ、大きな、赤い龍がいた。それに七つの頭と十の角とがあり、その頭に七つの冠をかぶっていた。
:4)その尾は天の星の三分の一を掃き寄せ、それらを地に投げ落した。龍は子を産もうとしている女の前に立ち、生れたなら、その子を食い尽そうとかまえていた。
:5)女は男の子を産んだが、彼は鉄のつえをもってすべての国民を治めるべき者である。この子は、神のみもとに、その御座のところに、引き上げられた。
:6)女は荒野へ逃げて行った。そこには、彼女が千二百六十日のあいだ養われるように、神の用意された場所があった。
:7)さて、天では戦いが起った。ミカエルとその御使たちとが、龍と戦ったのである。龍もその使たちも応戦したが、
:8)勝てなかった。そして、もはや天には彼らのおる所がなくなった。
:9)この巨大な龍、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれ、全世界を惑わす年を経たへびは、地に投げ落され、その使たちも、もろともに投げ落された。
:10)その時わたしは、大きな声が天でこう言うのを聞いた、「今や、われらの神の救と力と国と、神のキリストの権威とは、現れた。われらの兄弟らを訴える者、夜昼われらの神のみまえで彼らを訴える者は、投げ落された。
:11)兄弟たちは、小羊の血と彼らのあかしの言葉とによって、彼にうち勝ち、死に至るまでもそのいのちを惜しまなかった。
:12)それゆえに、天とその中に住む者たちよ、大いに喜べ。しかし、地と海よ、おまえたちはわざわいである。悪魔が、自分の時が短いのを知り、激しい怒りをもって、おまえたちのところに下ってきたからである」。
:13)龍は、自分が地上に投げ落されたと知ると、男子を産んだ女を追いかけた。
:14)しかし、女は自分の場所である荒野に飛んで行くために、大きなわしの二つの翼を与えられた。そしてそこでへびからのがれて、一年、二年、また、半年の間、養われることになっていた。
:15)へびは女の後に水を川のように、口から吐き出して、女をおし流そうとした。
:16)しかし、地は女を助けた。すなわち、地はその口を開いて、龍が口から吐き出した川を飲みほした。
:17)龍は、女に対して怒りを発し、女の残りの子ら、すなわち、神の戒めを守り、イエスのあかしを持っている者たちに対して、戦いをいどむために、出て行った。
:18)そして、海の砂の上に立った。
第13章
:1)わたしはまた、一匹の獣が海から上って来るのを見た。それには角が十本、頭が七つあり、それらの角には十の冠があって、頭には神を汚す名がついていた。
:2)わたしの見たこの獣はひょうに似ており、その足はくまの足のようで、その口はししの口のようであった。龍は自分の力と位と大いなる権威とを、この獣に与えた。
:3)その頭の一つが、死ぬほどの傷を受けたが、その致命的な傷もなおってしまった。そこで、全地の人々は驚きおそれて、その獣に従い、
:4)また、龍がその権威を獣に与えたので、人々は龍を拝み、さらに、その獣を拝んで言った、「だれが、この獣に匹敵し得ようか。だれが、これと戦うことができようか」。
:5)この獣には、また、大言を吐き汚しごとを語る口が与えられ、四十二か月のあいだ活動する権威が与えられた。
:6)そこで、彼は口を開いて神を汚し、神の御名と、その幕屋、すなわち、天に住む者たちとを汚した。
:7)そして彼は、聖徒に戦いをいどんでこれに勝つことを許され、さらに、すべての部族、民族、国語、国民を支配する権威を与えられた。
:8)地に住む者で、ほふられた小羊のいのちの書に、その名を世の初めからしるされていない者はみな、この獣を拝むであろう。
:9)耳のある者は、聞くがよい。
:10)とりこになるべき者は、とりこになっていく。つるぎで殺す者は、自らもつるぎで殺されねばならない。ここに、聖徒たちの忍耐と信仰とがある。
:11)わたしはまた、ほかの獣が地から上って来るのを見た。それには小羊のような角が二つあって、龍のように物を言った。
:12)そして、先の獣の持つすべての権力をその前で働かせた。また、地と地に住む人々に、致命的な傷がいやされた先の獣を拝ませた。
:13)また、大いなるしるしを行って、人々の前で火を天から地に降らせることさえした。
:14)さらに、先の獣の前で行うのを許されたしるしで、地に住む人々を惑わし、かつ、つるぎの傷を受けてもなお生きている先の獣の像を造ることを、地に住む人々に命じた。
:15)それから、その獣の像に息を吹き込んで、その獣の像が物を言うことさえできるようにし、また、その獣の像を拝まない者をみな殺させた。
:16)また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、
:17)この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。
:18)ここに、知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は六百六十六である。
第14章
:1)なお、わたしが見ていると、見よ、小羊がシオンの山に立っていた。また、十四万四千の人々が小羊と共におり、その額に小羊の名とその父の名とが書かれていた。
:2)またわたしは、大水のとどろきのような、激しい雷鳴のような声が、天から出るのを聞いた。わたしの聞いたその声は、琴をひく人が立琴をひく音のようでもあった。
:3)彼らは、御座の前、四つの生き物と長老たちとの前で、新しい歌を歌った。この歌は、地からあがなわれた十四万四千人のほかは、だれも学ぶことができなかった。
:4)彼らは、女にふれたことのない者である。彼らは、純潔な者である。そして、小羊の行く所へは、どこへでもついて行く。彼らは、神と小羊とにささげられる初穂として、人間の中からあがなわれた者である。
:5)彼らの口には偽りがなく、彼らは傷のない者であった。
:6)わたしは、もうひとりの御使が中空を飛ぶのを見た。彼は地に住む者、すなわち、あらゆる国民、部族、国語、民族に宣べ伝えるために、永遠の福音をたずさえてきて、
:7)大声で言った、「神をおそれ、神に栄光を帰せよ。神のさばきの時がきたからである。天と地と海と水の源とを造られたかたを、伏し拝め」。
:8)また、ほかの第二の御使が、続いてきて言った、「倒れた、大いなるバビロンは倒れた。その不品行に対する激しい怒りのぶどう酒を、あらゆる国民に飲ませた者」。
:9)ほかの第三の御使が彼らに続いてきて、大声で言った、「おおよそ、獣とその像とを拝み、額や手に刻印を受ける者は、
:10)神の怒りの杯に混ぜものなしに盛られた、神の激しい怒りのぶどう酒を飲み、聖なる御使たちと小羊との前で、火と硫黄とで苦しめられる。
:11)その苦しみの煙は世々限りなく立ちのぼり、そして、獣とその像とを拝む者、また、だれでもその名の刻印を受けている者は、昼も夜も休みが得られない。
:12)ここに、神の戒めを守り、イエスを信じる信仰を持ちつづける聖徒の忍耐がある」。
:13)またわたしは、天からの声がこう言うのを聞いた、「書きしるせ、『今から後、主にあって死ぬ死人はさいわいである』」。御霊も言う、「しかり、彼らはその労苦を解かれて休み、そのわざは彼らについていく」。
:14)また見ていると、見よ、白い雲があって、その雲の上に人の子のような者が座しており、頭には金の冠をいただき、手には鋭いかまを持っていた。
:15)すると、もうひとりの御使が聖所から出てきて、雲の上に座している者にむかって大声で叫んだ、「かまを入れて刈り取りなさい。地の穀物は全く実り、刈り取るべき時がきた」。
:16)雲の上に座している者は、そのかまを地に投げ入れた。すると、地のものが刈り取られた。
:17)また、もうひとりの御使が、天の聖所から出てきたが、彼もまた鋭いかまを持っていた。
:18)さらに、もうひとりの御使で、火を支配する権威を持っている者が、祭壇から出てきて、鋭いかまを持つ御使にむかい、大声で言った、「その鋭いかまを地に入れて、地のぶどうのふさを刈り集めなさい。ぶどうの実がすでに熟しているから」。
:19)そこで、御使はそのかまを地に投げ入れて、地のぶどうを刈り集め、神の激しい怒りの大きな酒ぶねに投げ込んだ。
:20)そして、その酒ぶねが都の外で踏まれた。すると、血が酒ぶねから流れ出て、馬のくつわにとどくほどになり、一千六百丁にわたってひろがった。
第15章
:1)またわたしは、天に大いなる驚くべきほかのしるしを見た。七人の御使が、最後の七つの災害を携えていた。これらの災害で神の激しい怒りがその頂点に達するのである。
:2)またわたしは、火のまじったガラスの海のようなものを見た。そして、このガラスの海のそばに、獣とその像とその名の数字とにうち勝った人々が、神の立琴を手にして立っているのを見た。
:3)彼らは、神の僕モーセの歌と小羊の歌とを歌って言った、「全能者にして主なる神よ。あなたのみわざは、大いなる、また驚くべきものであります。万民の王よ、あなたの道は正しく、かつ真実であります。
:4)主よ、あなたをおそれず、御名をほめたたえない者が、ありましょうか。あなただけが聖なるかたであり、あらゆる国民はきて、あなたを伏し拝むでしょう。あなたの正しいさばきが、あらわれるに至ったからであります」。
:5)その後、わたしが見ていると、天にある、あかしの幕屋の聖所が開かれ、
:6)その聖所から、七つの災害を携えている七人の御使が、汚れのない、光り輝く亜麻布を身にまとい、金の帯を胸にしめて、出てきた。
:7)そして、四つの生き物の一つが、世々限りなく生きておられる神の激しい怒りの満ちた七つの金の鉢を、七人の御使に渡した。
:8)すると、聖所は神の栄光とその力とから立ちのぼる煙で満たされ、七人の御使の七つの災害が終ってしまうまでは、だれも聖所にはいることができなかった。

国際戦略コラム
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/1310141.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/131014.htm
posted by datasea at 13:42| Comment(0) | ◉ 黙示録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: