2020年06月04日

wake-up-japan: :コロナ第二波はワクチンでおきる?

wake-up-japan: :コロナ第二波はワクチンでおきる?
【追記】ワクチン接種でその感染症が流行する過去のパターン:「コロナの第二波」はワクチンで?
エボラ熱以上の致命的なウイルスの大流行が起こるだろう:ビル・ゲイツ
The next epidemic of killer is coming, more than Ebola outbreak – Bill Gates
https://ofmtv.com/the-next-epidemic-of-killer-is-coming-more-than-ebola-outbreak-bill-gates/
この記事は2018年のものですが、まさに2020年には「エボラ以上の致命的なウイルス」とされるもの(新型コロナウイルス)が大流行しました。
ビルゲイツはコンピューターに詳しいだけでなく、医学の世界にもやたら顔を出していますが、それだけではなく予言の能力も持ち合わせているようです。すごいですね。(皮肉です)
コロナに関係して、過去の記事を掘り返している間に、「ワクチン接種によって予防されるはずの感染症が大流行した」という記事が複数あったことに気がつきました。
「ワクチンを受けた人だけが『エボラ熱』に」 ガーナからの叫びとエボラ偽旗作戦の結論
こちらの記事に貼り付けたリンクや動画は、投稿当時にはすべて有効でしたが、今見てみるとほとんどすべてが削除されていました。
エボラ熱はメディアの報道が落ち着いた後もアフリカで「大流行」し続けてましたが、ビル・ゲイツの人口削減政策の一番の標的になっているアフリカで大流行していたのは奇跡の一致ですね。
ビルゲイツがエボラ熱ワクチン開発に53億円寄付
■エボラ熱の大流行とM社の関与
そしてこの記事では、ビル・ゲイツが出資をしているモンサント社(2016年にはバイエル社に買収されています)が、エボラ熱の治療薬を開発していた Tekmira社に巨額の投資を行っていたとのこと。
アフリカの村でのエボラの大流行を始めたとしてビル・ゲイツを糾弾するプーチン大統領
Bill Gates Accused Of Starting Ebola Outbreak In African Village By Putin
2017年http://themillenniumreport.com/2017/05/bill-gates-accused-of-starting-ebola-outbreak-in-african-village-by-putin/
ロシア政府内から漏洩された機密文書によれば、エボラ熱のウイルス( Zaire 株)は「世界政府および非政府組織」によって作り出されたものであるとされ、エボラ熱流行の背後にある非政府組織とはビル&メリンダゲイツ財団であるとのこと。ロシア政府でなくても、これだけビルゲイツの名前が登場したらさすがに怪しいと思いますよね。
デング熱 ワクチンで感染数が7倍に/政治的な利用
デング熱についても大流行の当時に色々な話がありましたが、流行が多かった地域の近くにはウラン鉱山があったことから、ウラン鉱山で何か変化があって通常以上の放射線が出ていたために出生異常(小頭症)が多発したのを、デング熱の症状と勘違いされたか、あるいは放射能汚染を隠蔽するためにウイルスのせいにされたのではないかとも一部では考えられていました。
コロナと5Gの関係と似ているようです。
他にもワクチン原因説もありました。
ジカウィルスではなくビル・ゲイツのワクチンが小頭症の原因?
■エボラ熱流行との類似性
ブラジルの状況の結果として、アメリカでは現在、ジカウィルス向けワクチンの開発が急がれています。以前にエボラに対する恐怖をマスコミが盛り上げ、命に関わると恐怖心に駆られた人間全員がワクチンに飛びつくことが予想され、ワクチンから利益を生み出そうとしていたようですが、まるでまったく同じ道を進んでいるようではないですか?(ワクチンはすでに、出荷準備ができている状態でした)
・・・デング熱、エボラ熱だけでなく、新型コロナウイルスに対する動向やビルゲイツの関与っぷりが酷似してます。
インフル予防接種の直後に女性が敗血症で急死→当局はインフルによる死亡とし予防接種奨励
こちらの情報では、インフルエンザの予防接種でインフルエンザではないですが敗血症で女性が死亡したということです。先日の記事にもある通り、彼女はアメリカの医療機関で働いていたために「強制的に」ワクチンを受けさせられてこの結果になったとのこと。しかも彼女の死はその後、「インフルエンザによる死亡」と発表されて、さらなる予防接種の推奨に利用されたということです。
日本 インフルエンザ:約半数の子供が予防接種を受けながらも罹患
米 予防接種を受けた人を中心にインフルエンザが大流行
GSK社製インフルエンザワクチンでナルコレプシーに
ビルゲイツのワクチン犯罪を批判するJFKの甥、ロバート・ケネディ氏の報告書
世界的なポリオの流行はWHO・ビルゲイツのワクチン株が原因
つまり、ワクチンによってポリオが流行したということですよね。ポリオのワクチンに関しては、次のようなニュースもありました。
ポリオ生ウィルスが河川に放出 「事故でさほどの影響はない」 ベルギー
この信じられない不祥事を起こしたGSK社はもちろん、ビル・ゲイツと連携して新型コロナウイルスのワクチン製造の開発にいそしんでいる会社の一つですし、悪名の高いHPVワクチン「サーバリックス」の製造企業でもあります。企業倫理がこのような会社が作ったものを体内に入れることに危機感を感じるのは、被害妄想ではなく合理的なものかと。
はしかの大流行もワクチン接種した子供が原因の可能性大
*******************
マイクロチップを差し引いても、過去のワクチンの「業績」や背後でのつながりを考えると、やっつけ仕事で作られた新型コロナウイルスのワクチンを信用することはまったくできません。
むしろ話題になっている 「新型コロナウイルス大流行の第二波」がワクチンによって起こされる可能性があるかと。 新型コロナウイルスは、統計上の問題を考慮して統計を修正すると実際の致死率は0.1%もないことは、英語だけでなく日本語でも多くの医師や科学者が訴えています。(ウイルスが本当に存在していると仮定した場合)そう考えると、このまま「新型コロナウイルス大流行のより恐ろしい第二の波」が起きても、致死率が0.1%から0.2%になる程度かと心配する必要もそれほどなさそうですが、その間にワクチンで実際に致死率の高いウイルスを広げられそうなことが心配です。
またこれまでの情報から、実際にウイルスで死亡した方の数は不明確ですが、新型コロナウイルス対策とする政府の政策によって多くの死者が確実に生み出されていることがわかります
(医療機関や老人ホームで職員不足によるネグレクト、不適切な医療行為、不適切な医薬品の投与による副作用、検査を理由にした緊急処置の遅れなどの医療上の故意・過失による死亡、過剰に恐怖心を煽る報道が原因で緊急の患者が病院を避ける傾向、経済状況などによる自殺、あるいは多発する医療関係者の自殺、マスク強制による死亡など)。
第二波でこういった避けることができた死亡例が多発しないといいのですが。
*************
【追記】
新型コロナウイルスのワクチンで、さっそく重篤な副作用が起きた様子です。ゲイツ、ファウチが投資のモデルナ社のコロナワクチンテストの被験者イアンヘイドンが酷いことになった
https://ameblo.jp/35itataw/entry-12600687969.html
ワクチンで子供に副作用が出た場合でも、その副作用を理由に親が製薬企業を訴えることすら認められない場合も多々あります。とはいえ、アメリカでは政府機関でワクチンの副作用を取り扱うところがあり、そこからは驚くような金額がこれまで賠償金として「税金から」支払われ続けてきています。製薬企業はこうやって、手厚く守られているわけです。製薬企業に責任を取るつもりがないのに、ワクチンを強制化などしてよいものでしょうか?
米国の最高裁判決:親はワクチンの子供の副作用で製薬企業を訴えることは認められない
Supreme Court vaccine ruling: parents can't sue drug makers for kids' health problems
2011年https://www.cbsnews.com/news/supreme-court-vaccine-ruling-parents-cant-sue-drug-makers-for-kids-health-problems
ワクチン副作用による深刻な障害や死亡ケースが増加し続ける中、税金から40億ドルが賠償金として支払われ、増加し続けている
https://childrenshealthdefense.org/news/4-billion-and-growing-u-s-payouts-for-vaccine-injuries-and-deaths-keep-climbing/
 
世界の裏側ニュース
https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12600664616.html



 


BCG仮説、というんだが、BCGというのは結核菌に対するワクチンで、昔、結核というのは「日本の国民病」と言われるほど蔓延った。おいらの母方の爺婆も双方とも、結核で若くして亡くなっている。BCGワクチンは、結核菌をやっつけるだけでなく、肺の免疫力を高める効果があるんだそうで、単純に「コロナをやっつける」というようなもんじゃないらしい。
結核の予防接種「BCG」の接種の有無で、新型コロナの死亡率に大きな差が見られた。
中でも、日本から広がった「日本株」という株を接種している国の死亡率が極めて低い。
ウイルスと免疫の最前線に、AERA 2020年5月18日号で迫った。
「現段階ではあくまで相関関係が見られるとしか言えませんが、だとしても非常に強い相関があるということになります」
大阪大学免疫学フロンティア研究センター招聘教授の宮坂昌之さんがそう指摘するのは、
米ニューヨーク工科大学の研究者らが3月末、「BCGワクチンが新型コロナに対する防御を与えているのかもしれない」と結論づけた論文についてだ。
ところでBCG仮説といえば、尾身座長が「カンケーない」とか言ってるんだが、ネトウヨが絶賛するこの尾身座長、 1 0年前、麻生政権がインフルエンザを世界的に見ても見事に封じ込めたのは、厚生労働大臣だった舛添要一が政府専門家会議の座長だった尾身茂の駄目さを見抜いて、優秀な若手の学者にプランBを作らせそっちを採用したからだと言ってたが、んじゃなんでその失敗した尾身をまた座長にしたのよ、この政府
この時、プランBをアサインしたのが、クルーズ船の惨状を告発した岩田健太郎博士だそうでw まぁ、尾身というのは、政治家が望むような事をもっともらしく喋る御用学者で、何の役にも立たない、というのは間違いないw

ネットゲリラ
http://my.shadowcity.jp/2020/05/bcg.html



コメント(2)
海底戦車 | 2020年5月15日 05:31 | 返信
安倍晋三の強力なリーダーシップの下、日本における死者は700名で済んでいる。国民もそれを自覚してか、内閣支持率の回復を見せている。
安倍晋三よ。立憲民主党、日本共産党、れいわ新選組などの嫌がらせに屈せず、己の道を突き進め。
積雲 | 2020年5月15日 06:17 | 返信
假説の眞僞や當否はともあれ死者が少なく抑へられてゐるとすれば慶賀に耐へぬ。だが知障安倍の手柄とされるのは實に耐へ難くもある。死者數が、人口半分の韓國を超えてゐる責は全て安倍に歸するのであつて、五輪中止を早期に決定の上で安倍一黨の逮捕收監に踏み切らねばならぬ。
巨視的・大局的・統計的には兎も角、20代の力士が亡くなつてもをり、糖尿病等の基礎疾患が文字通りの命取りとなる可能性を忘れぬやうにせねばとも。

ネットゲリラ
http://my.shadowcity.jp/2020/05/bcg.html







20/01/26 ジョン・ラポポート情報:中国のコロナウイルスに対するワクチン――この惑星は広大な実験のためのモルモット
2020/02/01 1:00 PM
Yutika, 
ジョン・ラポポート, ワクチン, 中国新型コロナウイルス, 医療・健康, 製薬会社の組織犯罪 / *陰謀, 世界全体, 政治経済, 海外情報の翻訳記事, 陰謀
木曜日に続いて、製薬系の話題に詳しいラポポート氏の記事です。
〜〜なんですが! 記事本文に登場する「RNAワクチン」の説明がやたら難しいので、他のサイトの御親切な解説を引用しておきます:
「既存のインフルエンザワクチンは、鶏卵か培養細胞を使って作られ、工程が煩雑で時間がかかる。……メッセンジャーRNAなら、新しいインフルエンザ株の塩基配列に合わせて簡単に塩基配列を変えることができ、はるかに簡単な工程でもっと短期間で生産できるので、有用な代替ワクチンになる可能性がある。」
……つまり一旦できあがっちゃったら、即座に大量生産➡世界中で人体実験祭り、なワクチンが大急ぎで開発されようとしています。
しかもですね、更に別サイト言わせると:
「RNAは標的とするウイルスや細菌をプログラミングする機能を有し、宿主細胞にタンパク質を大量に複製するよう促すため、従来のタンパク質だけが主体のワクチンを与えたときよりも強い免疫反応を引き起こすという点が魅力です」
……それって強力ってことですよね、それって魅力的なんですかっ。
2つ目の記事では、今回の武漢市ウイルス騒動の目的が何かについて。ラポポート氏は大局的に見て、目的が2つあると指摘しています。1つは最初の記事で取り上げるワクチンの強制接種。もう1つは都市の封鎖。
どちらも人々の自由をすこぶる制限しますが、「そうしないと病気が蔓延するから仕方ないよね。まさか他の人に迷惑をかける気?」とくる訣ですよ。
2つの目的(ワクチンと封鎖)によって、人々が支配層に対し、心理的に屈してしまうことが最も恐ろしい気がします。今、世界中で目覚めかけている人々が、元の木阿弥にならないか試されています。
 「でもウイルスならお上の言うことに従わないと……」じゃなく、「まずは自分で調べてみるべ。さて誰が得する?」と、施政者に都合の悪い真実をつついてみませんか。
(Yutika)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ジョン・ラポポート情報:中国のコロナウイルスに対するワクチン――この惑星は広大な実験のためのモルモット
転載元)
NoMoreFakeNews.com 20/1/26
投稿者:ジョン・ラポポート
Jon Rappoport
【※記事内には貼っていませんが、御本人のHPからジョン・ラポポート氏です。】
(元記事のメーリングリストに登録される場合は、こちらをクリックしてください。)
■米政府の研究所がワクチン開発へ乗り出す
アメリカ国立衛生研究所(NIH)は、中国のコロナウイルスに対するワクチンを大至急開発するという計画に着手しました。目指すゴールとは? 前代未聞の90日で人体実験可能なワクチンを用意すること、です。
NIHはアメリカのワクチン会社モデルナと提携しています。
ツイート
今までのワクチンとは異なるRNAワクチン
このワクチンは、RNAという新しいタイプのものです。ロイター通信によると(※2020年1月24日付、「武漢のウイルスの遺伝情報を入手した科学者たちは、ワクチン【開発】作業を開始」から)、
【※中国側はウイルスの遺伝子配列をほんの数日で特定し、公開したので、科学者たちはウイルス自体のサンプルを入手しなくてもワクチン開発にすぐさま取り掛かれるようになりました。】
「【これらの】ワクチンはリボ核酸(RNA)をベースにしている――【RNAとは】タンパク質合成の指示を含む伝達物質だ」。
ケンブリッジ大学のPHG財団が、更に詳しく説明しています:
「通常のワクチンとは異なり、病の特異的抗原[ウイルス]をコードしたRNAワクチンはmRNA【の塩基】配列(※細胞に何を作るかを教える分子)を導入することで作用する。一度体内で生成されるようになると、免疫系が抗原[ウイルス]を認識するようになり、本物【のウイルス】と戦う準備を整えていく。」
■資金援助をしているのは
では、中国のコロナウイルスに対する新たなRNAワクチンを作ってテストを行おうとしているモデルナ社(ツイッター)を見てみましょう。同社のサイトに掲載された1月23日の報道発表によると:
「モデルナは新型コロナウイルスに対するメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンの開発促進に向け、CEPIから助成金を得たことを発表します」。
CEPIが融資ですか。その正体とは?(ツイッター)
CEPIのサイト曰く:
「CEPI【=感染症流行対策イノベーション連合】とは、公的機関、民間組織、慈善団体、市民社会団体間の革新的かつグローバルなパートナーシップです。新たに起こる【様々な】感染症に対するワクチン開発を促進し、【その病が】流行している最中、人々がワクチンに衡平にアクセスできるよう、一丸となって取り組んでいます。」
更に問題となってくるのがこちら:
「CEPIはノルウェー政府、インド政府、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、ウェルカム・トラスト、世界経済フォーラムによって、ダボスで創設されました。」
ビル・ゲイツですか。貴方【が新ワクチンに寄せようとした】信頼が、空の彼方に吹っ飛んでいきませんでしたか?
ツイート
【28日の時事ブログ「『感染開始から 6ヵ月でウイルスは世界のすべての地域に広がり、1年後には、6500万人の人たちが亡くなる』というWHOとビル・ゲイツによるシミュレーション!〜 果たして今後は?」は2019年末のものを取り上げていましたが、こちらのツイッターは2018年にゲイツ本人がプレゼンで使ったシミュレーション動画です。
ゲイツ財団って、実際に不妊ワクチンを打ちまくるだけでなく、こういうしょーもない空想を延々やっているんですね……何が楽しいんでせう。1918年のスペイン風邪のような感染症が2018年4月に中国東部で発生した場合に、6箇月で3千万人が世界中で死んでいく様子なんだそうな。】
そもそもRNAワクチンって実用化されていましたっけ?おまけに、まだあります。モデルナ社のサイトに戻ってみましょう――先ほど引き合いに出した報道発表の末尾なのですが、それはもう非っ常に興味深い文言が書かれているではありませんか。「特記:将来の見通しに関する記述に関して」と題された部分です:
【※「将来の見通しに関する記述」:この報道発表はあくまで現時点の希望的将来を語っているだけであり、予測できない事態が実際には起きたとしても、当方は責任を負いませんし、この発表を更新しなくても悪しからず、という断り書き。免責文言です。】
「……使用認可が下りていないことから、mRNA技術を用いた市販製品は未だになく……」
ほらご覧なさい。アメリカ政府が……配下の国立衛生研究所によって……指名したワクチンで……モデルナという製薬会社を介したものですが……これまで一度として一般市民に使われたことがない、ときました。市販認可なぞ下りていません。
彼らが用いるRNAワクチンおよびRNAテクノロジーとやらは、完全に実験【段階】なのです。
そしてこんな類いのワクチンを90日間で大急ぎで生み出そうというのです。問題の起きる要素なんてどこにもある訣ないですよねぇ?確かめる方法は、何百万人もの人々に【その怪しげなワクチンを】ばら撒いて、離れたところから様子見、でしょうか。
ケンブリッジ大学のPHG財団が、かなりのヒントを提供してくれています:
「……[RNA]ワクチンの副作用について、もっと理解を進めるよう求められています――炎症や自己免疫反応などを含めて。」
自己免疫反応とは――人体の免疫系が、本人の健康的な要素や作用を攻撃すること。【すなわち】身体が自分自身と戦い始めるのです。勿論、貴方はこのワクチンの臨床試験に名乗り出るのですよね? 壮大な実験のためなら、きっと貴方のお子さんを差し出すんですよね?
そしてこの記事をお読みになっているのが医師であれば、疑うことも知らない患者に対して断然このワクチンを打ってみせるんですよね? 良心なんて痛みやしませんよね?ですよね?世界丸ごと【実験用】モルモットにするのがお望みですか?
ツイートはシャンティ・フーラが挿入
【※モデルナを含め、ワクチン開発の会社は軒並み株が急上昇中。別の記事が「コロナウイルスは株価なら治療できる」と皮肉っていました。】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ジョン・ラポポート情報:「ありがとう中国、お見事です」
転載元)
NoMoreFakeNews.com 20/1/30
中国政府による非常にマズイ前例
【前略】
【※ラポポート氏が数日前に予見していた通り、WHOが中国の対応を賞讃したことについて。】
ツイートはシャンティ・フーラが挿入
目下、2つの大規模作戦が進行中です。1つ目は住民の封鎖。もう1つは来たるべきワクチン。90日以内に急いで製造しようとしている実験的なワクチンの1つについては、既に書いた通りです【※最初の記事のRNAワクチンのこと】。凄まじい危険性を孕んでいます。それが【世界中の】皆に、あるいは特定地域の全員に対して【接種を】義務付けられかねないのです。
現在の中国政府を賞讃する動きは、朗報ではありません。真逆です。これは分かっておいてください:今の中国ほど大掛かりかつ迅速に行われた封鎖は人類史上起こったことがありません。これが前例となってしまいます。心理的【な抵抗に対して】亀裂を入れてしまったのです。これで人々はこう考えるでしょう、「ふむ、そうか。我々も出来るかも」と。
請け合いますが、中国政府の行動に賛同している人間は今この瞬間、世界中にいますよ。頷きながら、「そうだそうだ」って。これは宜しくない兆候です。中国にとっても、残りの世界にとっても。
(ラポポート氏の集大成『マトリックスからの脱出』をお読みになる場合は、こちらをクリックしてください。)
ジョン・ラポポート
衝撃的な集大成である三冊、『明らかになったマトリックス』、『マトリックスからの脱出』および『マトリックス外のパワー』の著者。カリフォルニア州第29区選出の米国下院議員候補となったことも。自身の創作力を拡げるため、個人コンサルタント業務を継続中。
調査報道記者として30年間、政治・医療・健康についてCBSヘルスウォッチやLAウィークリー、スピン・マガジン、スターン其の他の欧米の新聞や雑誌で執筆し、ピューリッツァー賞の候補にも推挙される。世界政治・健康【問題】・論理学・創作力について世界中の聴衆を前に講演やセミナーを実施。
無料のNoMoreFakeNews【=「フェイクニュースは、もう御免」】メールへの登録はこちらから。無料のOursideTheRealityMachine【=「現実マシンの埒外」】メールはこちらから。
翻訳:Yutika
註:ラポポート氏ご本人から許可を戴き、翻訳させて頂いております。
【 】内は訳者の追記部分です。元記事本文には一切ありませんが、訳文は日本語での読み易さを優先して、ツイッター画像および見出しを加えました。また、原文とは異なる形で文や段落を分割することもあります。
ちなみに「訣」という漢字は「わけ」とも読みます。詳しくはこちらのコメント欄後半の解説をご参照ください。

シャンティ・フーラ 時事ブログ
https://shanti-phula.net/









■この記事のまとめ
記事その1
✅アメリカ国立衛生研究所(NIH)
✅モデルナ社と新型コロナウイルスのワクチン開発で提携
✅目標:90日間で臨床試験(すなわち人体実験)開始へこぎ着けること
✅RNAワクチン
✅これまでのワクチンとは全く異なる次世代ワクチン
✅抗原(ウイルス)の遺伝子情報を投与
✅モデルナ社に出資するのは、CEPI、ダボスで、ビル・ゲイツ財団や世界経済フォーラムが設立
✅そもそもRNAワクチンなるものは、未だかつて市販認可されたことがない
✅しかも副作用の1つは自己免疫反応(身体が自分自身と戦い始めること)
✅このままだと世界中がモルモットにされてしまう!
記事その2
✅中国政府が打ち立てた宜しくない前例
✅WHOは中国を賞讃
✅支配層が現在進めている作戦は2つ
1⃣:住民の封鎖(で自由を奪って監視下に置くこと)
2⃣:ワクチン強制接種(でデモ活動をするような市民の弱体化)
✅「中国がああしたのだから……」と他国政府も真似しかねない

シャンティ・フーラ 時事ブログ
https://shanti-phula.net/












Wes Penre: ウイルス以上に警戒すべきはワクチン
新型コロナウイルスパンデミックの背後にあるもの
2020/01/30 10:19
あまりにもうまい具合に丁度良い時期に新型コロナウイルスのワクチンが完成しそうと発表されました。
ビル・ゲイツがワクチン関連企業に巨額の資金を投入しこのウイルスのワクチンを開発させました。しかしワクチンの中に何が含まれているかは秘密です。日本でもワクチンの接種が義務化されることのないよう監視しなければなりませんね。
地球を支配する悪魔崇拝者(NWO)は悪魔ルシファーに仕えており、ルシファーの命令通りに動いています。
以下の記事によると、現在、起きている様々な現象はルシファーのアジェンダによるものだそうです。
さて、本当に人類は新種のワクチンで遺伝子が組み換えられ奴隷種族になってしまうのでしょうか。
主要メディアが伝える情報は嘘が多いので騙されないでください。
日本の国会も新型コロナウイルスに対する緊張感がゼロで野党は今でも桜なんとかについて取り上げているバカばかりですが、ひょっとしたら、それを意図的にやっているのかもしれません。与党も野党も首相官邸も彼らのマスターの命令通りに、意図的に感染者を中国から観光客として呼び込み日本人に感染を拡大させようとしているのかもしれませんねえ、でないと彼らのあまりのバカさ加減に理解できません。宇宙、地球、人類の誕生についてはWes Penre Paperと言うタイトルでユーチューブに大量のビデオが掲載されています。私もそれらを視聴しているところです。
Penre Paperによると、地球を核兵器で破壊し再び造り直したのはオリオン帝国で(オリオン帝国やシリウス帝国の王になれないことを悔しく思い)反乱を起こし地球で様々な人種を造ったオリオン帝国の(この宇宙を統括する)女神の息子のエンキであり、これがルシファーではないかと思います。
ただし、オリオン帝国の女神が、エンリルと呼ばれる息子を持つシリウス帝国の君主(アヌ)と結婚した後に、エンリルは地球の管理を任され、大量の大軍を引き連れて地球にやってき、奴隷種族を作り出して金を採掘するための奴隷労働者として操り、働けなくなると彼らを虐殺する恐ろしい存在でした。地球はこれまでシリウス系のエンリルとオリオン系のエンキによって支配されてきたとのことです。シリウス人は非常に狂暴でエンパシーがないサイコパスで激昂すると平気で虐殺するそうです。エンキはエンリルよりも穏やかだがずるいところがあり良いとこどりのところがあるので信用できないそうです。エンキはプレアデスから多くの人々を地球に連れてきて彼らの遺伝子と人間の遺伝子を交配させ現在の人類を造ったのだとか。。。エンキが連れてきたプレアデス人が堕天使だとか。。。
堕天使を連れてきたエンキがルシファーなのか、エンリルがルシファーなのかちょっとわかりにくいのですが、どちらにせよ、地球は邪悪な地球外生命体に支配され操作されてきたそうです。しかしもうじきシリウス人が地球を去ることになるのだとか。。。そして地球はシリウス配下ではなく人類の意識を変えれば宇宙の女神(善の神)とつながるようになる??
詳しくはWes Penre Paperをご視聴ください。
https://beforeitsnews.com/politics/2020/01/there-is-a-whole-lot-more-going-on-that-we-are-being-told-3166787.html
(概要)
1月28日付け
現在、我々が知らないとんでもないことが進行中です。我々には真実の情報は伝えられていません。暗室のキノコのような状態になっています。
CIAが運営する新聞の嘘に騙され続けています。今回の新型コロナウイルスに関しても嘘だらけです。
本当に何が起きているかについて我々は何もわかっていないのです。
(概要)
ネット上では真実を伝えている人たちのアカウントやサイトがグーグルによって削除され続けています。グーグルに情報統制をさせているのです。
中東地域に実際に送り込まれた米軍兵士の数は報道よりもはるかに多いのです。
実際は25人(15万人以上が雇い兵=納税者の血税がハルバー社?などを経由して支払われている)の部隊が送り込まれています。
カタールには13000人もの部隊が送り込まれています。なぜこれほど多くの部隊がカタールを守っているのでしょうか。
イラクには6000人の部隊が送り込まれましたが既に600人の米兵が暴動で殺害されています。イラクからは撤退すべきです。
小さな国のUAEには5000人もの部隊、ヨルダンには7000人、サウジには1万人以上、その他シリアやオマーンにも米軍部隊が送り込まれています。
さらに中東には第5艦隊が配備されています。米空軍も配備されました。
中東全体では25万人の米軍部隊が配備されているのです。雇い兵を加えると40万人の米軍部隊が中東に配備されているということです。中東諸国の米大使館職員を加えれば人数はさらに増えます。
イスタンブールから米領事館がなくなってしまいました。大規模戦争が意味するものは、米国民を騙し世界中に大惨事をもたらすための手段であるとブレジンスキーは言っていました。
では実際に水面下で何が起きているのでしょうか。
(3:17〜)こちらは米連邦宇宙パッチです。キャンプ・デイビッド(キャンプ・シャングリラと呼ばれていた。)は大型トンネルの上に建設されました。キャンプ・デイビッドの地下トンネルを下っていくと何か(地球外生命体)がいるのです。
サウジアラビアでは宇宙プログラムが実行されています。サウジの石油関連施設が空爆された(イエメン人も殺害された?)のはそのためです。
「豚野郎」たちは何を欲しがっているのでしょうか。彼らは白雉の奴隷人間のクローン人間を作りたいのです。「豚野郎」とは誰を指しているのでしょうか。国連です。彼らは自分たちが堕天使であることを認めています。堕天使の国連は誰に仕えているのでしょうか。なぜ国連は常にシャンバラについて語っているのでしょうか。
シャンバラのエネルギーはニューヨーク、ダージリン、ロンドン、東京、ジュネーブ、他に流れています。金星人のオムニクオムネクさんによると、金星人は金星(星幽)から地球に降り立つ場合、ダージリンの上空(地球周波数の外)のUFO基地に着陸します。
トランプの大統領選が控える中で、突然、世界中がパンデミックで大混乱したり大地震が起きたり飢餓が発生していおり、そんな中、彼らは平和協定に署名し3月1日から平和協定を実施しようとしているのです。また、アフリカやインドではバッタが大量発生しています。ただ、これらの一連の出来事は偶発的に起きているのではなく全てが計画通りに行われていると考えれば納得がいきます。
彼(トランプ?)は自分を守ってくれている人々の命を守ろうとはしません。彼はもっと大きな存在に守られていると考えています。彼は自分の命が救われなくても構わないと思っています。なぜ彼は小さな子供たちに性的虐待をしてきた悪者たちを逮捕しないのでしょうか。なぜ彼は不法移民を強制送還しないのでしょうか。その理由は代替えアジェンダを実行することになっているからです。それは、白雉の奴隷人間のクローン化というアジェンダです。
彼らは新しいワクチンを作り出すために新型コロナウイルスをまき散らしたのです。このワクチンは体内に入るとその人の遺伝子を組み替えその人を白雉にして不妊にさせるのです。彼らは新しいワクチンを発表する前に新型コロナウイルスをまき散らしました。ウイルスをまき散らす3か月前にすでにこのワクチンは完成しており香港に保管されています。彼らはパンデミックを発生させる前にワクチンを完成させていましたが、「このウイルスは変異し続けるのでワクチンのメリットはあるのかわからない。」と発表します。
(6:38〜)こちらはロシアの宇宙パッチです。米国の宇宙パッチや米空軍のパッチと全く同じですね。なぜデザインが逆三角形になっているのでしょうか。下部の星の形をご覧ください。これはドラコニアン星座(竜座?)に見えます。ドラコニアンと協力関係にあるのかどうかはわかりませんが。
私は子供のころに飛行船が飛んでいるのを目撃しましたよ。
1945年に米軍のパットン少佐はベルリンに向かっていました。彼はベルリンを掌握することができたのですが、冷戦が始まったため、ドイツ南部に行き、UFO製造工場を掌握しました。この工場では戦争捕虜にUFOの組み立てを行なわせていました。UFOが完成したと同時に捕虜たちを殺害しました。
この時の米国の政権は民主党であり、彼らはナチスドイツと手を結んでいました。民主党は極悪のドブネズミ集団なのです。
(8:00〜)左側が米国の宇宙パッチです。右側のは、ドラコニアン星座が背後に描かれています。こちらはロシアの宇宙パッチです。
パットン少佐がUFO製造工場を掌握し、UFO完成後にはUFOの開発を行っていた科学者らを米国に連れてきたのです。ボーイング社の関係者は最新型ロケットだけでなくナチスのベル型反重力UFO(バマナ)を作りました。これはタイムトラベルに関係しています。シャイアン山に存在するゴールデンドアと同じようなものです。15年前にある生命体のUFOがゴールデンドアから飛び立ち上空で消えました。
アフガニスタンには22000人の米軍部隊(雇われ兵?)が配備されており2日前に上空を偵察機が飛んでいました。アフガニスタンは大戦場と化しています。
○○山上空で何かが起きました。偵察機の屋根が切断され墜落しました。偵察機の搭乗者は全員死亡しました。しかし残骸を調べると偵察機内部の電子機器がなくなっていました。
報道によると、この飛行機はモンゴル北東部のシャンバラからアフガニスタン上空を通過し、レーザービームを照射した後にウェールズ経由でイングランドとアイルランド間を飛んでいきました。最近、ウェールズ上空にはティックタックUFOと呼ばれる1950年代に目撃されたUFOがたくさん飛んでいます。
地球内部は空洞だらけでありトンネルがあちこちに伸びています。地下には原子力トレーニングセンターがあります。世界のあちこちに地下につながる入り口や施設がありますが、グーグルは地図からそれらを全て消しています。一方、米空軍はオペレーション・ブルーバードを公開しています。
中略
米国もロシアも巨大な宇宙軍を保有しています。中国は米ロに追いつこうとしています。中国は、遺伝子組み換え用のワクチン(人間をバカな奴隷にするため)を作るために新型コロナウイルスを開発したのです。これまで何度もUFOがドローン、他の飛翔体を撃墜しています。
(13:40〜)こちらはバマナです。ネイティブアメリカンは紀元前1700に核兵器で象が爆破されたと言っています。1930年にモンゴルで核兵器で爆破された跡(円錐形で中は草が生えている)が発見されました。アイゼンハワーとヒットラーは多くの人々をチベットに送り込みバマナ・テクノロジーを探し出させました。ナチスはそれを見つけたのですが米国人は無知すぎて見つけることができませんでした。その結果、ナチスはタイムトラベルに関係するバマナを造ることができました。
米国民がだらだらと続くトランプ弾劾裁判に気を取られている間に、新型コロナウイルスのワクチンを量産し人々に強制的にワクチンを接種できるような体制作りをしています。。このワクチンは人類を滅亡させるものです。ただし生き残る者がいれば、その者たちは白雉で不妊の奴隷となります。
世界をこのような状態にしようとしているのが国連なのです。
古代(6000年前)のネイティブアメリカンは世界がどのように滅びたかについて記していました。つまりアダムとイブの時代よりも前に世界は核戦争で滅びていたのです。
(16:03〜)こちらの写真は、米軍がナチスのベル型UFO製造工場を見つけ出そうとしている様子です。
以下省略
中国は国家非常事態が敷かれている間はFRBに中国の借金を返済しなくてもよいのです。そのため、金融市場は様々な問題を抱えパニック状態になっています。 このような悪事は国連、ロシア、中国、イングランド、米国および悪魔に憑依された人々を支配する堕天使らが仕組んだものです。
堕天使らは、人間よりも高次元のシャンバラ(サナット・クマラ=ルシファーがいる)に対する忠誠心について話し合っています。シャンバラにつながるポータルは、キャンプデイビッド、モンゴル北西部のゴビ砂漠、ウェールズとアイルランド間の海峡にあります。
Shiosは1963年にナチスが開発し、1950年に米国が開発したテクノロジーであり、空気をかき乱さずにダストトレイルも殆どなく時速1万マイルのスピードで大気を突き抜けます。NASAの宇宙プログラムは本当の米宇宙プログラム(ユタ州のキング山の地下に研究施設がある)を隠すためのものでした。我々はこのことに関して何度もネット上でお伝えしてきましたが、CIAのグーグルが2011年ころからネットの検閲を開始しました。
今回の新型コロナウイルス・パンデミックは遺伝子を組み換えてしまうワクチンを人々に接種させるために起こされたのです。一方、CIAの麻薬密輸ジェット機が時速1万マイルで飛行していた謎の飛行物体に撃墜されました。
酸素が注入された銀水(APEX)はあらゆるウイルスから我々の体を守ってくれます。遺伝子組み換えワクチンの接種が義務化され、ケムトレイルで新型コロナウイルスが上空からまき散らされ、遺伝子組み換え食品にこのウイルスが混入されたなら。。。
なぜトランプ大統領はケムトレイルや遺伝子組み換え食品(遺伝子を組み換える新型コロナウイルスが混入している)を禁止しないのだろうかと思いませんか。
なぜトランプ大統領は小児性愛犯罪者、殺人犯、国賊の知事や議員を逮捕させないのかと思いませんか。なぜ不法移民が強制送還されないのだろうかと思いませんか。なぜトランプ大統領は命がけで自分を守ってくれた人たちをないがしろにしているのだろうかと思いませんか。
それは秘密のアジェンダがあるからでしょう。

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52049008.html








「新型コロナウイルス騒動」=「ワクチン接種に持っていくことを目的としたパンデミック詐欺」!?
ワクチン・AIDS・エボラ
2020/01/2917:48 0 -
「嘘八百の新型コロナウイルスに騙されるな!」
新型コロナウイルスについて少し書いておきます。
まず、基本的な知識の確認をしておきます。原則的に「マスゴミが拡散している情報は嘘である」という知識の確認を。エイズにしても、エボラにしても、鳥インフルエンザにしても、すべて「偶然」自然発生したものではありません。すべて“人間の顔をした悪魔(勢力)”が、“意図的に”製造・開発したものなのです。だから今回の新型コロナウイルスも、“いつものように” “意図的に”製造・開発されたものなのです。ちなみに言っておきますが、「犯人は中国政府だ!いやアメリカだ!」なんて馬鹿げた議論は勘弁してください。どっちも同じ勢力の支配下にあるからです。犯人である悪魔勢力は、国家を飛び越えた存在なのです。悪魔の命令の下、国民を不安に陥れるために偽情報を拡散することが、今回のダマスゴミに与えられた任務なのです。
テレビで「そうだったんだ」とデマ情報を拡散しまくっているあのオッサンは、ダマスゴミの先頭に立って国民を騙している“嘘拡散ロボット”以外の何者でもありません。あのオッサンは、言わばナチスのゲッペルスのような存在なのです。あのオッサンは、「そうだったんだオジサン」などではなく、「嘘だったんだオジサン」(そんな可愛いものではないが)であるということなのです。
悪魔の手先どもがいくら嘘を拡散しようとしてもすべての人間を騙すことはできません。東京新聞や日刊ゲンダイやリテラなど、真実の情報を伝えてくれているマスメディアもごく少数ではありますが存在しています。嘘だらけのこの世の中を生き抜いていくために、我々は「真実の情報」を見抜く力を身につけなければなりません。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/268222
新型肺炎パニックで飛び交う怪情報…生物兵器流出説まで
公開日:2020/01/28 14:50 更新日:2020/01/28 14:50
トンデモ情報なのか本当なのか――。中国・武漢発の新型コロナウイルスによる肺炎は日を追うごとに拡大。こうした“コロナパニック”に拍車をかける仰天情報がネット上で飛び交っている。
英タブロイド紙「デーリー・メール」は23日、〈武漢市のバイオセーフティー施設は中国国内で唯一、SARSやエボラなどの危険な病原体を研究する施設である〉と紹介。英誌「ネイチャー」の記事を引用しながら、次のように危険性を指摘した。
〈武漢の研究施設が開設された2017年、科学者らはその施設からSARSのようなウイルスが漏洩する恐れがあると警鐘を鳴らしていた〉
〈当該施設は(ウイルスの発生源とされる)海鮮市場から約20マイル離れたところにあり、発生の震源地が偶然なのかどうか疑っている人もいる〉
新型ウイルス発生の原因を武漢のウイルス研究施設に結びつけているのだ。ただし、デーリー・メールはウィキペディアから「事実確認に乏しく扇情的」との烙印を押され、英語版での引用を禁止されている媒体である。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/268222/2
「バナナを食べると感染」のデマも
また、米保守紙「ワシントン・タイムズ」も24日、〈ウイルス直撃の武漢には中国の生物兵器計画に関する2つの研究施設がある〉との見出しで、次のようにあおり立てている。
〈生物戦に詳しいイスラエルの専門家によると、世界中に広がっている新型ウイルスは、中国で秘密裏に計画されている生物兵器研究の施設から漏洩したかもしれない〉
こちらは生物兵器の流出説だ。
主張の真偽は不明だが、武漢の施設内でSARSなどの危険ウイルスを扱っていた可能性はある。少なくとも、漏洩リスクが懸念されていたのは事実だ。
何が真実なのかハッキリしない状況だと、こうしたビックリ情報だけでなく“デマ”も広がりやすい。ネット上では「バナナを食べると感染する」「イチゴを食べると予防になる」――といった眉唾な情報まで拡散している。パニックをあおるような情報が蔓延すると、さらにパニックになるだけだ。
はい、はい、デマですか、陰謀論ですか・・・
デマを拡散しているのは誰?陰謀を陰謀論にすり替えているのは誰?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-00000010-jij_afp-sctch
【検証】新型コロナウイルスをめぐる世界のデマ
1/29(水) 10:19配信
■陰謀論
ツイッターやフェイスブックでは、新型ウイルスは意図的につくられたものだとする情報も流れている。中には、米疾病対策センター(CDC)がつくったと主張する投稿もある。これらの投稿の一部は、コロナウイルス関連の特許をその主張の根拠としている。だが、これらの特許は、今回の新型ウイルスとは別のコロナウイルスのワクチン開発のために登録されたものだ。
「ワクチンには何の陰謀もない」と主張されるのですか?このような主張をされる人間は、「地球温暖化にも何の陰謀もない」と主張される人間と“同じ頭の構造”の持ち主なんでしょうナ(呆れ)
もしあなたもこのような発想の持ち主であるのなら、このように言っておきます。
「あなたの信じる「常識」は「非常識」である」と。今回の騒動は“予想通り”ワクチン接種に持っていくことを目的としたパンデミック詐欺のようですナ・・・そして、緊急事態発生→FEMAに導くための“予定通り”の「計画」というわけですナ。
https://newswitch.jp/p/20901
新型肺炎の爆発的広がりを防げ!事前に受けておきたいワクチン一覧
情報発信の共同プロジェクト、接種を呼びかける
2020年01月27日
新型コロナウイルスの感染が拡大し、世界的に警戒感が高まっている。感染症が広がる要素として指摘されている、時間・空間的な人の集中「マスギャザリング」における感染症の予防、拡大防止への取り組みが急務。日本感染症学会と日本環境感染学会は製薬企業などと連携して感染症予防の情報発信を行う共同プロジェクト「FUSEGU2020」を開始した。訪日外国人の増加や東京五輪・パラリンピックといった大イベントに向け、感染症拡大の防止に備える。(取材・安川結野)
マスギャザリングとは一定期間において限定された地域に国内外から人が多数集まることを指す。オリンピックをはじめとするスポーツイベント、音楽フェスティバルなどが主に該当するが、年末年始や大型連休など、人の往来が活発になる時期も油断はできない。日本感染症学会理事長で東邦大学教授の舘田一博氏は「現在中国で流行する新型コロナウイルス関連肺炎も問題となる感染症の一つ。SARS(重症急性呼吸器症候群)ウイルスに近いことを考えると油断はしてはいけない」としつつ、「過去の情報を参考に正しくリスクを評価するのが重要。国民がパニックになることは避けなければならない」と強調する。
感染症の制御はまず病原体を持ち込まないことが重要となる。そのために、空港で国内に入らないような取り組みの強化が求められる。さらに人への感染経路を断ち、ワクチンの接種で防御能を上げることが感染拡大を防ぐのに効果的だ。
政府は東京五輪・パラリンピックに向け、風疹や麻疹、ラグビーワールドカップ開催時期に患者が確認された侵襲性髄膜炎菌感染症などの情報を発信し、感染症リスク評価を行っている。また、こうした感染症に対して日本感染症学会と日本小児感染症学会は、一般の人や医療従事者、イベントなどの大会関係者らを区分し、ワクチン接種を呼びかけている。
舘田理事長は「感染症の拡大をどう防いでいくか、リスクは何かといったことは医療従事者だけの問題ではない。一般市民を巻き込んだ啓発が重要だ」とFUSEGU2020の意義を強調する。
日本環境感染学会理事長で東京慈恵会医科大学教授の吉田正樹氏は「東京五輪・パラリンピックが半年後に迫っている。FUSEGU2020を通じて、国内に持ち込まれる感染症がアウトブレーク(爆発的広がり)を起こさないように、できることを行っていきたい」と話す。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-00000023-jij-n_ame
米、新型肺炎ワクチン開発に着手 渡航制限も検討
1/29(水) 8:44配信
【ワシントン時事】米国立衛生研究所(NIH)当局者は28日の記者会見で、中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎が深刻化している事態を受け、関係企業と協力してワクチン開発に着手したことを明らかにした。3カ月以内に第1段階の試験に入る見通し。NIH当局者によれば、第1段階の試験後3カ月間で安全性や免疫原性に関するデータを収集し、第2段階の試験に入る。これに関連して、米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)幹部はAFP通信に、同社も新型コロナウイルスのワクチン開発を進めていると語った。「コンゴ(旧ザイール)やルワンダで使われているJ&Jのエボラ出血熱ワクチン開発で用いたのと同じテクノロジーを活用する」と説明した。一方、アザー厚生長官は28日の会見で、新型肺炎への対応で「渡航制限を含め、すべての選択肢を検討する」と述べ、強制力を持つ措置を講じる可能性を示唆した。米国務省は27日、中国への渡航勧告を見直し、湖北省の危険度を4段階で最も高い「渡航してはならない」に引き上げている。
ジョンソン・エンド・ジョンソンの正体を端的に示しているジョン・コ−ルマン博士のサイトを訳してくれているサイトを紹介します。
http://kaiyohcenter.jp/data4.7.html
新世界秩序(NWO)組織編制図
新世界秩序実行計画を支えている法人、多国籍企業、銀行
べクテル、カーライル・グループ、TRW、レイセオン、ランド、ウオルマート、テキサス・ユーティリティーズ
アトランティック・リッチフィールド・アルコ、エクソン・エッソ・モービル、テキサコ、シェル・オイル、テネコ
カミング、ダウ・ジョーンズ、MBNAシティグループ、チェース・マンハッタン、バンク・アメリカ
バンカーズ・トラスト、グラクソ・スミスクライン、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド、ケミカル・バーキング
シェニング・プラウ、ゴールドマン・サックス、アメリカン・エクスプレス、AT&T、フィリップ・モリス、ボーイング
アムトラック、ノースウエスト航空、アメリカン航空、フォード・モーターズ、クライスラー、ジェネラル・モーターズ
デューレ、ナビスコ、コカ・コーラ、ペプシコ、アンホイザー・ブッシュ、マクドナルド、バーガー・キング
アルトナ(フィリップ・モリス/クラフト)、ブラックストーン・グループ、シェブロン、テキサコ(カルテックス)
BPアモコ、GE、エンロン、ダルミール/クライスラー、ユニシス、ITT、ゼロックス、インテル、IBM、モトローラ
デル、レビ・ストラウス、モトローラ、ジョンソン・アンド・ジョンソン、ブリストル・マイヤーズ、スクイッブ
エル・リリー、ファイザー、キッシンジャー・アソシエーション、アムウエイ、モンサント/ソルティア
ダウ・ケミカル、ニューズ・コープ・リミティッドInc、タイム・ワーナー/AQL、ディズニー、CBS、NBC、ABC
PBS AP、CNN、ロイター、ワシントン・タイムズ、チルドレンズTVワークショップ、USニューズ&WR
ニューヨーク・タイムズ、タイムInc、ニューズウィーク、ワシントン・ポスト、ウオール・ストリート・ジャーナル
出典:ジョン・コールマン博士、関連報告、新世界秩序(The New World Order ― Novus Ordo Mundi)
私が言っている悪魔勢力が「連携」して「行動」していることが示されています。ご理解できますかな?何?まだ分からないですか!?これでも理解できない方のために「スペイン風邪の真実」の記事を紹介しておきます。私は何て親切なんでしょう(笑)
本当に怖いのはウイルスではありません。本当に怖いのはワクチンなのです!
悪魔どもがいくら毒物ウイルスを製造・開発しても、「彼ら」の「期待」には応えられないでしょう。彼ら」の「期待」に応えるためには直接体内に毒物を注入できるワクチンの方が手っ取り早く、数段「効果」が得られることは、皆さん分かりますよね。マスゴミがワクチン接種を推進する理由はここにあるのです。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-585.html
1918年のスペイン風邪の伝染は予防接種が原因だった!
「スペイン風邪→鳥・豚インフルエンザ→デング熱、昔から「彼ら」の仕掛ける“問題・反応・解決策提示詐欺”は変わりません」

嘘八百のこの世界
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3167.html




【新型コロナウイルス リアルタイムマップ可視】をリンク致しました。
https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6
現在日本で表示されている場所は「東京」になります。マップ確認は上記URLか、側面のリンクより宜しくお願い致します。

まほろばの蒼き惑星
https://orangeapple01.blog.fc2.com/blog-entry-3675.html




そろそろ大攻撃が開始されたのではないか?
関連
優生学・ワクチン・医療関係 目次 1
https://satehate.exblog.jp/13848448/
細菌戦争ならば効果があるかもしれない by バートランド・ラッセル
http://satehate.exblog.jp/8752829/
遺伝子操作ウィルスが「過剰人口」を葬り去る日 by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/8750892/
予防接種に混入された高致死率の変種インフルエンザ by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/8739829/
WHOはあなたを殺そうとしている? (WHO)−世界保健機関の事実と噂
http://satehate.exblog.jp/12470091/
ケムトレイル:無駄飯食いの選別除去 忍び寄る強毒性ウイルス入りワクチン
http://satehate.exblog.jp/11621466/
1919年のインフルエンザ大流行はワクチンによって引き起こされた。 ジョン・ラッポポート記
http://satehate.exblog.jp/12073283/

人類の歴史上最大の犯罪が進行中 ジェーン・ビュルガーマイスターによる告訴について
http://satehate.exblog.jp/12509984/
危険なのはインフルエンザではなく・・・ワクチンだ by デーヴィッド・アイク
http://satehate.exblog.jp/12763238/
今や陰謀は新しい段階に突入した ジョン・コールマン + スイスのワクチン「禁止」事情
http://satehate.exblog.jp/12826373/
帰国邦人 新たに7人が入院へ 1/29(水) 19:22
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200129-00431193-fnn-soci
29日朝、中国・武漢から帰国した日本人の中から、新たに7人が発熱などの症状があるため、入院することがわかった。これで、あわせて12人が入院することになる。厚生労働省によると、新たに入院するのは7人で、発熱、せき、鼻汁などの症状が認められたため、これから都内の病院に入院することになった。この7人は、29日朝、武漢から帰国した日本人206人のうち、入院した5人を除く、症状がみられなかった201人の中にいた人で、都内の医療研究センターで任意による診察を行ったところ、症状がみられたという。
厚労省は、引き続き、帰国者に対して新型コロナウイルスの検査を行うとしている。
女性バスガイドも感染の疑い、大阪市内で入院 1/29(水) 18:47配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20200129-00000079-jnn-soci
大阪府などは、新型コロナウイルスに感染した奈良県に住むバス運転手と同じバスに乗っていたガイドの女性が、大阪市内の病院に入院していることを明らかにしました。感染しているかどうかは、29日夜にも判明するということです。大阪府や厚労省によりますと、女性は新型コロナウイルスに感染したバス運転手と同じバスで、中国・武漢からのツアーのバスガイドとして乗車していて、原因不明の肺炎になり現在も入院しているということです。
どのタイミングでバスガイドをしていたかは明らかになっていませんが、大阪府は女性の検体を検査に出していて、新型コロナウイルスに感染しているかどうかは、29日夜にも判明するということです。(29日17:31)
帰国の3人から新型コロナウイルスを検出 厚労省、人から人への感染を認定 1/30(木) 12:12配信 ねとらぼ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-00000041-it_nlab-sci
厚生労働省より
厚生労働省は1月30日、中国・武漢市を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスに関連して、29日に政府のチャーター便で帰国した日本人のうち3人に陽性反応があったと国立感染症研究所からの報告を明らかにした。
各国の感染状況をビジュアル化
発熱の症状が見られた50歳の男性のほか、現在は症状のない40歳代男性と50歳代の女性からも国立国際医療研究センターの検査で同ウイルスの陽性反応が出たとのこと。いわゆる無症状病原体保有者が確認された初めてのケース。濃厚接触者の把握を含めた積極的疫学調査を実施するとしている。
なお、チャーター便により帰国したのち、医療機関へ搬送された5人については全員陰性との報告もあった。
同省は、新型コロナウイルス感染症は、現時点で「ヒトからヒトへ」の感染が認められるも、広く流行が認められている状況ではなく、過剰に心配することなく季節性インフルエンザと同様に咳エチケットや手洗いなどの基本的な感染症対策に努めるよう呼び掛けている。
死者170人 中国便見合わせ 世界で WHO 緊急会議開催へ 1/30(木) 12:12配信 Fuji News Network フジテレビ
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200130-00431233-fnn-int
新型コロナウイルス感染が拡大している中国・武漢市から、29日にチャーター機で帰国した3人から、新型コロナウイルスの陽性反応が確認された。中国では感染が全土に広がり、死者は170人にのぼっている。
中国の保健当局によると、これまで感染者が出ていなかったチベット自治区でも新たに確認され、中国本土での感染者は7,711人、死者は170人になった。欧米の航空会社では、中国発着便の運航を見合わせる動きが広がっていて、ドイツのルフトハンザ航空やアメリカのユナイテッド航空などが全便、または一部の便の運航停止を発表している。
こうした中、WHO(世界保健機関)は、専門家による緊急会議を日本時間の30日夜、再び開催する。感染がさらに広がっていることを受け、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」にあたるかどうかをあらためて協議する予定。また、武漢などに残っていたアメリカの市民ら、およそ200人をのせたチャーター機が、カリフォルニア州の空軍基地に到着した。全員が3日間隔離され、体調に異変がある人は最長で2週間、とどまることになっている。
新型ウイルス、中国の死者が170人に−WHOは緊急事態宣言検討 Bryce Baschuk、James Paton、Michelle Cortez 2020年1月30日 8:11 JST 更新日時 2020年1月30日 11:36 JST
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-01-29/Q4W49NT1UM0X01
WHOが検討する新型コロナウイルス肺炎への「緊急事態宣言」とは 坂東太郎 | 日本ニュース時事能力検定協会認定講師 1/27(月) 11:00
https://news.yahoo.co.jp/byline/tarobando/20200127-00160492/
武漢からウイルスを輸入中 野次馬 (2020年1月30日 09:18)
http://my.shadowcity.jp/2020/01/post-17466.html
武漢では徹底した封じ込め対策で早い時期に収束に向かいそうなんだが、トンキンでは毎日せっせと武漢からウイルスを輸入中で、次のパンデミックはAKIRAトンキンですw 近未来がとうとうやって来てしまった。AKIRAはまさに「予言の書」だったわけです。
https://www.excite.co.jp/news/article/Buzzap_61217/
ドイツメディアの報道によると、国際オリンピック委員会(IOC)が世界保健機関(WHO)と連絡を取り合っていることをDPA通信が報じたそうです。
これは新型レトロウイルスによる新型肺炎対策の一環で、あと半年に迫った東京オリンピックについて「感染症対策は、安全に大会を開催するための重要な要素」としています。
なお、新型肺炎の発生を受け、サッカーやバスケットボールのオリンピック予選トーナメントが中国から移転済み。
2002年11月に発生したSARSの終息が2003年7月までかかったこと、新型肺炎がSARSを上回る勢いで感染拡大していることを踏まえると、東京オリンピックに重大な影響が及ぶ可能性はあります。
その場合、急ピッチで設立した新国立競技場や3兆円にも及ぶ莫大な投資は、無駄になってしまうのでしょうか......。
日本政府のやる事がグズグズで、「相部屋で隔離」って何だよw 健康な人まで感染っちまうわw そりゃ、逃げるわw
もう感染とめるの無理 野次馬 (2020年1月30日 11:47)
http://my.shadowcity.jp/2020/01/post-17468.html
連日、新型肺炎患者が輸入されて来るわけだが、今日も210人、うち13人が発熱、咳。疫病神アベシンゾーがせっせと災いを日本にもたらす。トンキンは通勤電車があるから大変だね。一人一人が自動車で移動する田舎はまだマシだが。トンキンで流行り始めたら阿鼻叫喚だ。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200130/k10012264981000.html?utm_int=all_contents_just-in_001
厚生労働省によりますと、29日、中国 湖北省武漢からチャーター機で帰国した日本人3人が新型のコロナウイルスに感染していることが確認されました。このうち2人は発熱などの症状がないということです。
厚生労働省は、日本国内で症状が出ていない人の感染が確認されたのは初めてだとしています。
症状が出てないのに保菌者、知らないうちに罹って、知らないうちに治って、その間ウイルス撒きっぱなしw たった今も、そういう人がトンキンを歩き廻っている。
++
最初からわかっているわけですがネ
「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か 会員限定有料記事 毎日新聞2020年1月29日 20時11分(最終更新 1月30日 14時59分)
https://mainichi.jp/articles/20200129/k00/00m/030/270000c
新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で中国湖北省武漢市が封鎖されて29日で1週間。中国メディアは29日、人通りが少なく閑散とした武漢市内の様子を伝えた。各地で消毒や検温が実施されるとともに、肺炎患者のための大規模病院の建設も進む。当局は不足しているマスクや生活物資の供給を急ぎ、商品の値上がりの抑止に努める。
武漢市の人口は約1100万人。周先旺(しゅうせんおう)市長は26日の記者会見で、封鎖前に「500万人あまりが市外に出た」と明かした。これは武漢に来ていた出稼ぎ労働者など流動人口も含むとみられ、現在900万人が市内にいるという。
三重県で新型コロナウイルスの感染者確認 中国・武漢市に滞在歴ある50代男性 1/30(木) 20:07配信 東海テレビ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-00026502-tokaiv-soci
三重県で新型コロナウイルスの感染者が確認されました。中国・武漢市に滞在歴のある50代男性だということです。
新型コロナウイルス、京都でも感染者 20代中国人留学生の女性 1/30(木) 20:45配信 京都新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-00249202-kyt-l26
マスク姿の外国人観光客が目立つ三年坂(27日午後2時21分、京都市東山区)
中国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎感染が拡大している問題で、京都市在住の20代女性の中国人留学生から同ウイルスが検出されたことが30日、分かった。武漢に渡航歴があるという。京都府内での感染の確認は初めて。
【写真】新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真
https://twitter.com/Sandkiwa2/status/1222848831856898049 
ひまり🌻@Sandkiwa2 11:47 AM ・ Jan 30, 2020
京都市内の20代女性
新型肺炎感染確認
中国当局、新型肺炎に警鐘鳴らした医師を「デマ」と摘発 国内から非難の声 毎日新聞2020年1月30日 20時12分(最終更新 1月30日 21時20分)
https://mainichi.jp/articles/20200130/k00/00m/030/257000c
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(中国疾病予防コントロールセンター、GISAID提供)
新型コロナウイルスによる肺炎への中国当局の対応が国内で再び激しい非難にさらされている。2019年末に湖北省武漢市で集団感染が発覚した直後、公安当局が「デマを流した」として市民8人を摘発したが、その後の報道などで全員が現地の医師だったことが判明。「デマ」とされた内容も医師同士がグループチャットで事態の深刻さに警鐘を鳴らすものだっただけに「感染拡大は人災」「政府は謝罪せよ」などの声が噴出している。
武漢市衛生当局は19年12月31日、「原因不明の肺炎患者」の発生を公表した。国内で重症急性呼吸器症候群(SARS)の再来を懸念する声が上がると、市公安当局は20年1月1日に「ネット上にデマを流して社会に悪影響を与えた」として、市民8人を摘発したと発表した。ところが、27日に中国紙「北京青年報」系のネットメディアが8人のうちの1人だとして武漢市の勤務医の証言を伝えた。報道によると、19年12月30日、医師仲間とのグループチャットで、市内の病院で治療を受ける原因不明の肺炎患者の検査結果を議論。「SARSと7人が確定した」「コロナウイルスと分かっただけで、違う種類かもしれない」との意見が交わされたという。翌31日午前1時半ごろ、チャットの発言を理由に武漢市衛生当局や勤務先の監察部門に呼び出され、「自己批判文」を書き、1月3日に派出所で「訓戒書」に署名させられた。
この医師はその後、新型肺炎患者の治療にあたり、自らも発症して隔離治療を受けているという。
この報道が反響を呼ぶと、別の医療関係者が29日、ネット上で「8人全員が医師で、いずれも医師同士のグループチャットのやりとりが問題視された」と指摘。投稿されたチャットの記録とされる画像には、SARSを疑わせる検査データが示され「うまく対処できなければ重大な問題になる」などと書き込まれていた。投稿者は、当時は新型ウイルスの存在が未確認であり「SARSを疑った医師の行動は『デマ』と言えない」と指摘。「(摘発で)警鐘を鳴らす医師はいなくなった。その結果が、皆が目にしている事態だ」と訴えた。
世論が沸騰すると、最高人民法院(最高裁)は28日、公式アカウントに掲載した文章で、8人の行為を「完全な捏造(ねつぞう)とは言えない。当時、もしも社会がこの『デマ』を信じていたら、大勢がマスクを着けて消毒を徹底し、感染防止の上で喜ぶべきだったろう」と違法性を否定。さらに「法執行機関は情報発信者の性質を十分考慮すべきだ」として公安当局に苦言を呈し、火消しに走った。それでも、ネット上では「社会の安定」を理由に言論統制を徹底する現体制への疑問も噴出。「庶民は真実を口にして捕まり、政府はうそを言っても許される」といった怒りの声が相次いでいる。【北京・河津啓介】
<福岡市長「中国からのクルーズ船拒否すべきだ」>
<感染した女性ガイドの訪問先が判明>
<チャーター機8万円請求>与野党で見直しの声
<「500万人が外に出た」封鎖の武漢市長明かす>
<新型肺炎、予防法は?>もし感染したらどうすればいいの?
東京などで新たに感染確認、国内の感染者はあわせて14人に 1/30(木) 23:33配信 最終更新:1/31(金) 0:58 TBS News i
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20200130-00000102-jnn-soci
感染が拡大している新型コロナウイルス。厚労省は30日、会見を行い、三重・京都につづき、東京でも感染が確認され、国内で確認された感染者はあわせて14人になったと発表しました。
「この患者は中国・湖南省長沙市在住のツアーコンダクター。1月24日に本人が医療機関を受診し、武漢市の滞在歴の申告があった」(厚労省の会見)新たに東京で感染が確認されたのは、中国・湖南省に住む30代の女性です。女性は、ツアーコンダクターで、今月20日に日本を訪れ、26日まで武漢からの観光客を引率していたということです。また、30日夜になって、三重県で中国籍の50代の男性、京都府で20代の中国人留学生、いずれも武漢に滞在歴のある2人の感染も確認され、国内での感染者はあわせて14人になりました。一方、WHO(世界保健機関)は現在、緊急委員会を開催しています。前回は、「世界的な危機とはいえず時期尚早」だとして見送っていた緊急事態宣言に踏み込むか注目されます。(30日23:39)
WHO、新型肺炎で緊急委再招集 「人から人」拡大で懸念強まる 1/30(木) 21:54配信 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-00000157-jij-int
29日、ジュネーブで記者会見する世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長(AFP時事)
【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)は30日、新型コロナウイルスについて「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に当たるかを判断する緊急委員会を開いた。
【写真】人通りが少ない繁華街・王府井の歩行者天国を巡回する警官
当初中国のみだった「人から人」への感染が日本やドイツなどにも拡大。世界的流行への懸念が強まり、宣言を見送った前回緊急委から1週間で再招集を迫られた。各国はすでに中国への航空便停止など独自対策に着手しているが、緊急事態が宣言されれば、より強力な措置を取る根拠になる。また、各国が統一した基準で検疫などを行うことが可能になる。一方、中国は事態を制御できなかったとの国際的評価を受け、メンツを失いかねない。先週に2度開かれた緊急委では委員の意見は二分。テドロス事務局長は、中国は「これ以上望めないほどの対応」をしていると述べるなど、中国に配慮する姿勢をにじませている。現在の緊急事態をめぐる制度は、2002〜03年の重症急性呼吸器症候群(SARS)大流行を受け、05年に整備された。症状の重さや感染力などを基準に、専門家で構成する緊急委が国際的に重大な問題になると判断すれば、緊急事態を宣言する。これまで09年の新型インフルエンザや、昨年のエボラ出血熱など5件の宣言が出された。
“SARS” Versus “Wuhan”: The Difference Between “Now & Then” Written by Lance Roberts | Jan 30, 2020
https://realinvestmentadvice.com/sars-versus-wuhan-the-difference-between-now-then/
NATURE BRIEFING 29 January 2020 Daily briefing: Prominent chemist Charles Lieber charged with fraud
https://www.nature.com/articles/d41586-020-00247-6

さてはてメモ帳 Imagine & Think! 
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/0061e8a5da50204cba6fecddd911d63a
posted by datasea at 13:38| Comment(0) | ◉ 黙示録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: