2020年05月31日

Vigilant Citizen: 米アニメ・シンプソンズの「猫インフルエンザ」予言(2010)











Vigilant Citizen: 米アニメ・シンプソンズの「猫インフルエンザ」予言(2010)
「猫インフルエンザ」に関するシンプソンズのクリップは途方もなく予言的だった By Vigilant Citizen
20/05/27 17:29
まだあります。本当に鬱陶しい陰謀団だ。
「猫インフルエンザ」に関するシンプソンズのクリップは途方もなく予言的だった 
May 26, 2020 
By Vigilant Citizen
https://vigilantcitizen.com/latestnews/the-simpsons-clip-about-a-cat-flu-was-incredibly-prophetic/
■2010年のザ・シンプソンズのエピソード
2010年のザ・シンプソンズのエピソードでは、「アメリカのメディア帝国の秘密会議」が、「アメリカ人を彼らが所属する場所に戻し:暗い部屋で、自分たちのテレビに貼り付き、あまりにも恐ろしくてコマーシャルをスキップできなくする」ために、致命的なウイルスを放出する。 これが、このクリップがCOVID-19を不気味に予示する方法である。
長年にわたって、「ザ・シンプソンズがそれを予測した」クリップがとても多くて、ミームになった。 これらの予測のいくつかはかなり不気味(つまり、ドナルド・トランプが大統領になる)だったが、多くは純粋な偶然として却下される可能性がある。 結局のところ、シンプソンズは30年間で合計202時間の番組を放送したからである。 だから、ある時点で、ショーで起こることのいくつかは、現実の生活に反映されるはずだと。
しかしながら、コロナウイルスの勃発以来、これらのクリップのいくつかは、大くの眉を顰めさせている。 例えば、1993年のエピソードでは、アジアから来た「大阪インフルエンザ」の治療法を人々が懇願している。 彼らは、その後、殺人蜂に攻撃される。
https://youtu.be/jQAIdGMdYg0
2020年、人々は「武漢ウイルス」の治療法を懇願しており、そして殺人スズメバチを恐れている。このクリップはやや心に大きな影響を与えるものだが、今日さらに関連性の高い別のクリップがある。 そして不思議なことに、メディアの注目はほとんどまたはまったくない。 私はメディアがこのクリップを意図的に無視していると考えてしまう。
2010年のエピソード『フール・モンティ*』の冒頭で、「アメリカのメディア帝国の秘密会議」は、「アメリカ人を彼らが所属する場所に戻す:暗い部屋で、テレビに貼り付かせ、そしてコマーシャルをスキップできないほど恐れさせる」ために、「偽の乱暴な危機」を引き起こそうとしている。」 その偽の危機は致命的なウイルスである。 (*原文では、Mountyとなっていましたが、Montyのようです)
これがそのクリップである。
https://youtu.be/V5ATxwXSvKo
2020年にはほぼすべてのシーンが不気味に反響しているので、この3分のクリップには包みを解くべきことがたくさんある。
■あまりに多くの偶然
エピソードは、象徴的な場所で行われている秘密の会議にフォックスニュースの代表を降ろすヘリコプターから始まる。
その会議は自由の女神の王冠(クラウン、コロナ)の中で行われる。
シークレット・メディアの陰謀団(カバール)が、自由の女神の冠の内側で、人類に対して企てているという事実は悲しい方法で象徴的である。 もう1つの奇妙な事実もある。コロナは王冠を意味している。 そして、このエピソードは計画されたウイルス危機についてである。
王冠の内側では、すべての主要メディアの代表が秘密の会合に集まる。
会議を運営している男は言う:
「私はこのアメリカのメディア帝国の秘密会議に注文をすべく呼びかけたい。 私たちは、アメリカ人を彼らが所属する場所に戻し:暗い部屋で、テレビに貼り付き、あまりにも恐ろしくてコマーシャルをスキップできなくする、次のまやかしのでたらめ危機を考え出すためにここに来ています。」
「目的:偽の危機を作りだす」。 今日の主流ニュースをまとめ上げるのに最適な方法。
男は続ける:
「私としては、私たちは、古き良き公衆衛生上の恐怖で行くべきだと思います。」
一人の女性が追加する:
「新しい病気。 誰も免疫がない。 それはサメの夏のようです、サメの代わりに疫病が発生することを除けば。 そして、夏の代わりに、それは年がら年中です!」
2020年には、これらのセリフを聞いてCOVID-19を考えないことは困難である。それは、新しい病気である。 誰も免疫がない。メディアの情報源はすでに、かのウイルスが留まることを一般に警告しているので、それはまた「年がら年中」である。 最近の見出しは次のとおりである。このニューヨーク・タイムズの見出しは、コロナウイルスの夏に向けて人々を精神的に準備している。 同様の見出しが世界中で公表されている。
COVID-19の数は世界のほとんどで減少しているので、メディアはすでに第2の波に対する恐怖を鳴り物入りで喚起している。
シンプソンズに戻ると、別のメディア代表は言う:
「私たちには基準がありますが、これは架空の病気ではあり得ません。 唯一の道徳的な問題は、致命的なウイルスを一般大衆に解き放つことです。」
それで彼らは「猫インフルエンザ」を思いつく。ニュースはその仕事の達成を開始する:人々を恐怖に陥らせるために。
ニュースキャスターのケント・ブロックマンは言う:
「イエネコインフルエンザが人々に出現しています! CDCは、ある程度の確率で、イエネコのインフルエンザが、仮説上、次の突発パターンで広がる可能性があると予測しています。
怖〜い地図はアメリカ中に広がる猫を示しているつまり、ブロックマンは実際にCDCと言う。これは、過去にH1N1のような疫病をひどく過剰に流行していると騒ぎ立てたと非難されてきた、CDCのジャブである。 次に、ブロックマンは「ある程度の確率」での「仮想上の」の予測について話す。 これは、メディアが恐怖とパニックを煽り立てるために、最も恐ろしく壊滅的なシナリオに–可能性が低くてさえも–まっすぐ行くという冗談である。もちろん、大衆の代表として、シンプソンズはすぐにマスメディアに従う。その猫インフルエンザはCOVID-19を不気味に反響させる。 アウトブレイクの開始以来、絶え間ない見出しがウイルスと猫を結びつけてきた。 以下は、さまざまなニュースソースからの最近の例である。
CTV News.
North Shore News.
Canoe News.
Postmedia News.
Vanity Fair.
次に、ケント・ブロックマンは、ばかげた「症状」をリストすることで、恐怖を煽る手はずを整える。 彼は言う:
「飛び跳ねる野手たちは、軽い喉の渇き、時折の空腹感、夜の疲労感などのいずれにせよ症状が出た場合は、詳しい情報に注意しておくことをお勧めします。」
ほとんどの情報源によると、COVID-19の症状は、発熱、乾いた咳、疲労感、喉の痛みである。 つまり、実際に誰かをCOVID-パニック-モードへと起動するのにそれほど時間はかからない。ホーマーがウイルスに正気を失うにつれて、マージは彼にワクチンがそれを打ち負かすと言う。 それで、彼らは外に出てそれを受ける。
猫インフルエンザワクチンの長い行列。
近い将来、世界中で同様のシーンが見られるだろう。
訳注:ルパート・マードックはオーストラリア最大のワクチン会社の所有者だと、ケネディさんが言っていましたネ
■おわりに
2010年のこのクリップは、WHOやCDCなどの組織によってひどく誇大宣伝されていたことが判明したH1N1危機に触発されたものとは思われる。それにもかかわらず、それは大量のワクチン接種キャンペーンで終わった。10年後、このクリップの関連性はこれまでになく高まっている。 それは恐怖をかき立てるために一緒に計画しているメディアソース、終末論的な発言者に変わるニュースキャスター、そして狂乱に入る一般大衆についてである。
1つ確かなことは、COVID-19ロックダウンは、1つのことを成功裏に完了したことである:
「アメリカ人を元の場所に戻す:暗い部屋で、テレビに貼り付き、あまりにも恐ろしくてコマーシャルをスキップできない」。
P.S. The economic crisis caused by COVID-19 has caused a massive drop in advertising revenues, making it difficult for independent websites such as The Vigilant Citizen to remain afloat. If you appreciated this article, please consider showing your support through a small monthly donation on Patreon. If you prefer, you can also make a one-time donation here. Your support will help this site navigate these difficult times as it continues to provide vital information and analysis on a regular basis. Thank you!
++
いい加減にしてね!!
https://twitter.com/gekioko__bot/status/1170277491073675264?lang=eu
こちらもどうぞ
【すべて嘘だった!】<パンデミックの大嘘>や<ワクチン詐欺>の根底に横たわる真実。パスツールの<細菌原因説>は嘘!!=全部のワクチンは詐欺で、毒を売る商売だ!!大笑いしたコーワン医師の解説ほか 同時多発テロはヤラセだよ! Wednesday, May 27, 2020
https://insidejobjp.blogspot.com/2020/05/blog-post.html
ワクチン産業の祖、ルイ・パスツール
http://satehate.exblog.jp/13607835/
コロナウイルスは1981年の小説で不気味に予測されていた By Vigilant Citizen
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/e2a29fa5116b92727c6c1640768bd7f8
人口過剰への“解決”提唱リーダー(団体)リスト by ゲイリー・グラム
https://satehate.exblog.jp/11551014/
英国のフィリップ王子(一九八八年八月八日):「もし生まれ変わることができたら、こんどは致命的なウイルスになって、人口過剰問題を解決する手助けをしたいものです」
世界二〇〇〇年計画の発案者でありチーフ・スポークスマンとしても活躍中のロバート・マクナマラ[Robert Strange McNamara, b.1916]には、ある使命が課せられていたという。
「人口過剰」に反対する説得力ある演説によって、世界の中流階級の人々に、人口増加のせいで溺れかかっている地球を救うためには多数の人たちが死ぬこともやむをえないという意識を植えつけろと、命令されていたのだ。マクナマラの演説はしだいに国連の声となっていくだろう。国連の社会学者と人類学者のチームの助けを借り−−そしてコールドスプリングハーバーで秘かに実験されたデータをもとに−−さらに大量の殺人計画が立案された。題して「二〇世紀の人類の進歩に関する世界方針[A Global Policy to Advance Human Development in the 20th Century]」。 五十六ページにわたるこの文書にはマクナマラがわれわれに語りかけようとした内容の要旨が書かれている。 その要旨とは、一九九〇年代末までに人口増加をくい止めるための世界的な大事業が必要だということである。
++
というわけで、まず主としてエイズ騒動を続けまして、、次に、コロナは連中が作ったSARSやMERSがあるし、従来型がどこにでもあるので騒ぎ易く、素人を欺し易いので、、
All Roads Lead to Dark Winter(2001) 01 Apr 2020 Posted by Whitney Webb & Raul Diego
https://www.thelastamericanvagabond.com/top-news/all-roads-lead-dark-winter/
COVID-19コロナウイルス:2003年にCDCによって台本書きされたか? デッドゾーン ペスト By Bill Sardi
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/42da1dd11d6b660867c2bc647000ef2f
COVID-19 封鎖:グローバルな人間実験 By Vigilant Citizen + Sylvia Brownie 『End of days』 (2008)
https://blog.goo.ne.jp/beingtt
群衆が、強制ワクチンを受け入れたら、それでゲームは終りだ! 2009年2月25日 世界保健機関優生学会議における ヘンリー・キッシンジャーの講演
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/823373bd3989b12d00a80bcbd97df90d
2010年
2011年の映画『感染』はコロナウイルス発生への青写真をどのように用意したか Vigilant Citizen
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/f0f2a226e7024279735f7758840d4f12
いつまで踊ってるの?:2012年ロンドンオリンピック開会式で予告されたコロナウイルス
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/53f2b8d80b983bff2154b332c8341838
新型コロナが計画されていたこれだけの証拠 橋清隆
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/3772dfc142b4bfb95c644c0b027fd32d

さてはてメモ帳 Imagine & Think! 
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/a23e2305c2dc577079fd30cd83b1757b
posted by datasea at 07:01| Comment(0) | ♪  アート,エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: