2020年05月21日

baiolife02: 森林伐採>>空気中の酸素量減少>>強いインフルエンザが出現〜インフルエンザの解決策

baiolife02: 森林伐採>>空気中の酸素量減少>>強いインフルエンザが出現〜インフルエンザの解決策
インフルエンザの解決
2009/11/24(火) 午後 1:25
無題
子どもの病気
新型インフルエンザの爆発的感染が騒がれています。
これ等はタミフルで効かないものもあるそうです。
また,ウィルスが耐性を付けて強くなり新型のワクチンを開発するというイタチごっこは
いつの時代にも止まりません。
新型インフルエンザが現れるのは,必ず原因があるからです。
そして必ずインフルエンザウィルスが存在できない条件というものもあります。
ですから今は存在しやすい状況下にあるという事です。
また,タミフルなどを投与する事によりウィルスが耐性を持つという事は
人間自ら,さらに悪い状況を作り出しているといえます。
なんで耐性を持つのでしょうか?
農薬散布して害虫を殺そうとしても,その数は増える。耐性を持つ。
これは農業に限らず,医療分野などでも同じ問題を抱えています。
殺そうとしている相手が「生き物」である事を忘れているからではないでしょうか?
ひとつだけはっきりしている事は,インフルエンザウィルスなどは酸素不足から起きた変異種です。
これは嫌気性といわれるものでウィルスや雑菌と呼ばれるものは,酸素不足になった時に増えます。
台所のスポンジをそのまま放置しておくと,悪臭や雑菌の住みかになります。
これはスポンジの水分の酸素が逃げる為に起こる事です。
水の中の溶存酸素が欠乏すると,低酸素状態になります。
嫌気(酸素を嫌う菌)なのでそれらが繁殖しやすい状況になります。
水槽でエアレーションをしない場合,水槽の水は早く濁り,悪臭が出てきます。
また身近なところでは「水虫」がありますが,通気性の悪い靴底で酸素がありませんので絶好の住みかとなります。
靴を履いて歩きながら汗をかいていますが,当然湿気が多く,酸素もない状態なので繁殖は早くなります。
なぜ梅雨時に「カビ」が繁殖しやすいのでしょうか?
日照時間が少なくなる事と,空気中の水分量が多くなる事が原因です。
梅雨から夏にかけて温度が上昇しますが,この時にうまく蒸発しきれなかった水分が低酸素状態となり繁殖の引き金となります。
この時にはダニや蚤も繁殖しますが,これ等も嫌気寄りの生物です。
例えば,蚊は二酸化炭素に集まる性質があります。
暗い所が好きで,夜活動するのは人間が寝ている状態。つまり二酸化炭素を一番排出している無防備な状態だからです。植物も夜は二酸化炭素を出します。
これ等が酸素を嫌うのであれば酸素をもってきたらどうなるのでしょうか?
現在ナノバブルという物に酸素を入れたものがあります。
これは水に特殊な圧力をかけて作る小さい気泡ですが,これ等で雑菌や多くのウィルスが死滅する事が分かっています。
信じられない事かもしれませんが,事実です。
簡単な事です。
これは水と酸素を微粒子化したときに起こる現象です。
自然界でいうと川の上流などは,岩などにぶつかり合い酸素を取り入れて水を微粒子化しています。
下流はどうでしょうか?
酸素を取り入れて,水を微粒子化する環境もなく生活廃水も流れてくるので当然汚くなります。
池の水などはさらに水流がありませんので究極の低酸素状態になります。
しかし,このような水にマイクロバブルのように酸素を微粒子化して入れてあげれば綺麗になります。
これは嫌気性菌を死滅させるというより,酸素があれば嫌気性菌も本来の働きをして悪さしない事を表しています。
現在,地球は森林伐採やCO2の輩出により空気中の酸素量が減少しています。
新型インフルエンザが出てきたのもこのような原因もあると考えられます。
何がウィルスを打ち消すか?
人類が淘汰されないと,真実には目がいかないのでしょうか?
雑菌やウィルスなどは同じ嫌気性の生き物です。
ここにまず目を向けないと何も解決できないのではないかと考えています。

あなたに一番必要なもの。それは酸素です
https://blogs.yahoo.co.jp/baiolife02/











新型インフルエンザの解決策
2009/8/21(金) 午前 11:16
無題
生活習慣病
新型インフルエンザの本当の解決方法
久しぶりの更新です。
最近,新型インフルエンザの影響で仕事が忙しいです。
以前から,何回も新型インフルエンザのパンデミックフルーについて記事を書いてきましたが,現在
その兆候が見られています。
これを読んで頂く前にはっきりと予言しておきますが,インフルエンザの発症原因を理解しないと本当に爆発的感染になると思います。
タミフルなどではその場しのぎで終わり,またさらに強力なウイルスが出てきます。
もし,これ等の薬がでるならば,最初はマイクロバブルやナノバブルに薬を添加したものが出てくると思います。
その後はこれにオゾンを添加した物がでてきて,さらに最終的には酸素を添加した物になると思います。
これが早いか遅いかは,人類全体の理解度だと思いますが,これ等の問題を解決するには,このような物しかないと断言します。
現在,インフルエンザだけの問題ではなく,ミツバチの大量失踪など,変な事件も起こっています。,
ミツバチに寄生するダニが原因のひとつに挙げられるそうです。
ダニを撃退するのに,薬を使う訳ですが,何回か使うとダニは耐性を持ち,薬が効かなくなります。
害虫を駆除する為に,農薬を使いますが,農薬を使うと,さらに耐性を持ち,産卵数が多くなります。
では,今回のインフルエンザは何を使うのでしょうか?
大体想像は付くと思いますが,耐性を持ち,さらに強力な菌になる事になります。
なぜこのような事態になっているか? ここを解明しないといつまでもイタチごっこです。
どの業界も,出てきた結果に対して対処しているから同じ事が繰り返されるのです。
この発想と悪循環が悪いわけで,原因を追求しないでその場しのぎだから形を変えて現れるのです。
インフルエンザなどのウイルスは,嫌気性よりで酸素を嫌います。
インフルエンザだけでなく,雑菌といわれる存在は酸素濃度の低いところに繁殖します。
例えば,ミツバチに寄生するダニなどはミツバチの巣の中で繁殖しますが,ミツバチは高温下でも生息できるようになっています。
天敵のスズメバチが侵入した時は群れでボールを作り,50度以上の高温で殺してしまいます。
ダニが発生する条件は温度と湿気と言われていますが,温度が高ければ,酸素濃度は低下します。
また中途半端に湿気があると,水分中の溶存酸素も温度に比例して逃げていくので,ダニの好きな嫌気状態になるのです。
ダニの糞はまた,衛生状態を悪くするので,新たな悪玉菌を発生する事になります。
一つ例を挙げると,牡蠣の養殖場ではパックをして出荷しますが,月に数十件,食中毒のクレームが寄せられていました。
牡蠣を出荷する前に,マイクロバブル水にオゾン(酸素の同位体)を添加したもので洗浄して出荷するようにしてから食中毒のクレームが0件になったそうです。
これは何を意味するのか?
嫌気性の雑菌は,オゾンや酸素の条件下では存在できない事になります。
水槽のエアレーションを怠ると,魚だけでなく水質にも悪影響を及ぼします。なぜか?
酸素がないからです。ここまでは誰もが理解していると思いますが,このようなインフルエンザの問題
なども同じ事です。野口英世博士は「病気の原因は酸素不足」というのは現在,認めている医者も多く
出てきています。
酸素についても,今まで記事を書いてきましたが,参照になればありがたいです。
パンデミックフルーは現在の状況で防げるのか?
原因を見つめ,発想を転換しない限りは仕方のない事かもしれません。
少しでも食い止められればと考えていますが,このような状況になっても話が通じない人もいるから
難しいです。 人類がしている悪循環は,酸素不足という原因をみなければ解決できるはずがありません

あなたに一番必要なもの。それは酸素です
https://blogs.yahoo.co.jp/baiolife02/











鶏インフルエンザを防ぐ
2008/11/29(土) 午後 0:45
無題
その他の病気
世間では,鶏インフルエンザなどの爆発的感染が問題になっています。
WHOは,このような事態に陥った場合に備えての行動計画書を数年前から発表しています。
ワクチンが日本の人口全てに行き渡らないとか,備蓄を促す放送もよく目にします。
政府高官などのお偉いさんや著名人などのワクチンは確保されているようですが,そこで彼等が生き残っ
ても,ウイルスは形を変えて,再び人間の前に立ちはだかるでしょう。
なぜならば,この「直接的な原因を誰も理解していない」からです。
医療に携わっている方で,このようなものの研究をしている方がいれば警告しておきます。
あなたもうすうす感づいていると思いますが,ワクチンでは根本的な解決が出来ません。
変異を繰り返して,進化していく彼等を止める事はできないと。
そしてこの原因すら把握していないのしょうか?
これは医療だけの問題ではなく,地球規模の問題です。
この原因が分かる時には,数多くの犠牲者が出る時かもしれません。
なるべくならば,このような事態が起きてほしくはありません。
しかし,目に見えないものを蔑ろにしてる以上,これは止められない事なのかもしれません。
彼等も「病気」なのです。仕方ない,悲しい戦争です。
このようなウイルスをワクチンでさらに,進行させるか?
それとも彼等の病気を,元の状態に治してやるのか?
この世の生物が何に生かされ,何が原因で病気になるのか?
ここをもう一度よく理解しないと,ワクチンで助かったとしてもさらに酷い仕打ちが待っています。
「ノアの箱舟」にはなりたくない。
少しでも興味をもってもらい,皆で一緒に原因が理解できれば回避できる問題と考えています

あなたに一番必要なもの。それは酸素です
https://blogs.yahoo.co.jp/baiolife02/









病気は気から。自分で治す治療法
2008/11/26(水) 午後 0:40
無題
その他の病気
人間には自然治癒力があります。
病気になって,薬を飲んで治す人もいれば,ほっといて治る人もいます。
転んで,膝を擦りむいても,かさぶたが出来て自然に蘇生していくように人間には自然治癒力があります
イギリスで余命3ヶ月を言い渡されたおじいさんが,自分の命を賭け事にしてしまった話があります。
「オレは何ヶ月生きられるのか?」
賭け率は一対五十という壮絶なオッズとなり,殆どの人が「3ヶ月持たない」に賭けました。
おじいさんは,勿論生きられる方に賭けて見事に賞金を手にいれました。
癌で困っている人達を支援する団体に,賞金の半分を寄付しました。
いい話です。
そして,残りのお金で自分の飲む「酒とタバコ」を購入したそうです・・・・・。
後半はどうなのかは置いておいて,「絶対オレは生きるんだ」という気力が勝ったと思います^^
オレはいつまで生きられるのかと,ビクビクしているより生存率は高いのではないのでしょうか?
このような話は世界各地で聞かれ,共通しているのは覚悟を決めて,腹をくくった人間に多いようです
思考が人生を左右する話がよく書店にならんでいますが,健康もしかりですね。
デカルトが「我,思うゆえに我あり」といったように,体にも思考が織り成す化学変化があります。
思考と体の関係は「脳内革命」という本を参照ししていただければよいと思います。
どのような思考を選ぶかは,人間の自由選択ですが,どん底に落ちた時に「火事場のくそ力」を出せる
人間が理想だと思います^^

あなたに一番必要なもの。それは酸素です
https://blogs.yahoo.co.jp/baiolife02/









posted by datasea at 07:14| Comment(0) | H 医師健康オタク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: