2020年05月12日

上久保靖彦特定教授: 中国人観光客が持ち込んだ初期K型コロナが日本人の集団免疫をつくったのか

Screenshot_20200511-222224.jpg



上久保靖彦特定教授: 中国人観光客が持ち込んだ初期K型コロナが日本人の集団免疫をつくったのか
2020年05月11日22:01
新型コロナ、日本人の低死亡率に新仮説…すでに“集団免疫”が確立されている!? 識者「入国制限の遅れが結果的に奏功か」
2020年5月11日 17時11分 
ZAKZAK(夕刊フジ)
日本の新型コロナウイルス対策は「PCR検査が少ない」「自粛措置が甘い」などの批判もあり、厚労省は8日、感染の有無を調べるPCR検査や治療に向けた相談・受診の目安を見直し、公表した。ただ、欧米諸国に比べて、日本の死者数や死亡率がケタ違いに少ないのは厳然たる事実である。この謎について、京都大学大学院医学研究科の上久保靖彦特定教授と、吉備国際大学(岡山県)の高橋淳教授らの研究グループが「日本ではすでに新型コロナウイルスに対する集団免疫が確立されている」という仮説を発表して注目されている。感染力や毒性の異なる3つの型のウイルス(S型とK型、G型)の拡散時期が重症化に影響したといい、日本は入国制限が遅れたことが結果的に奏功したというのだ。
「2週間後はニューヨークのようになる」など悲観的な予測もあった東京都、そして日本の新型コロナ感染だが、別表のように現時点ではニューヨークにもロンドンにもなっていない。中国や韓国、表にはないが台湾など東アジアが総じて欧米よりも死者数や死亡率が抑えられている。
理由を解き明かすには、新型コロナウイルスの型を押さえておく必要がある。中国の研究チームが古い「S型」と感染力の強い「L型」に分けたことは知られている。
研究プラットホームサイト「Cambridge Open Engage」で発表した京大の研究チームは、新型コロナウイルスに感染した場合、インフルエンザに感染しないという「ウイルス干渉」に着目。インフルエンザの流行カーブの分析で、通常では感知されない「S型」と「K型」の新型コロナウイルス感染の検出に成功した。「S型やK型は感知されないまま世界に拡大した。S型は昨年10〜12月の時点で広がり、K型が日本に侵入したピークは今年1月13日の週」だという。やや遅れて中国・武漢発の「G型」と、上海で変異して欧米に広がったG型が拡散した。
集団感染が最初に深刻化した武漢市が封鎖されたのは1月23日。その後の各国の対応が命運を分けた。イタリアは2月1日、中国との直行便を停止。米国は同2日、14日以内に中国に滞在した外国人の入国を認めない措置を実施した。
これに対し、日本が発行済み査証(ビザ)の効力を停止し、全面的な入国制限を強化したのは3月9日だった。旧正月「春節」を含む昨年11月〜今年2月末の間に184万人以上の中国人が来日したとの推計もある。
ここで集団免疫獲得に大きな役割を果たしたのがK型だった。上久保氏はこう解説する。
「日本では3月9日までの期間にK型が広がり、集団免疫を獲得することができた。一方、早い段階で入国制限を実施した欧米ではK型の流行を防いでしまった」
欧米では、中国との往来が多いイタリアなどで入国制限前にS型が広まっていたところに、感染力や毒性が強いG型が入ってきたという。
上久保氏は「S型へのTリンパ球の細胞性免疫にはウイルス感染を予防する能力がないが、K型への細胞性免疫には感染予防能力がある」とし、「S型やK型に対する抗体にはウイルスを中和し消失させる作用がなく、逆に細胞への侵入を助長する働き(ADE=抗体依存性増強)がある」と語る。
専門的な解説だが、結論として「S型に対する抗体によるADE」と、「K型へのTリンパ球細胞性免疫による感染予防が起こらなかったこと」の組み合わせで欧米では重症化が進んだという。
日本で4月に入って感染者数が急増したことについても説明がつくと上久保氏は語る。「3月20〜22日の3連休などで油断した時期に欧米からG型が侵入し、4月上旬までの第2波を生んだと考えられる」
現状の日本の感染者数は減少傾向だが、課題も残る。「病院内で隔離されている患者には集団免疫が成立していないため、院内感染の懸念がある。また、高齢者や妊婦などは、K型に感染しても感染予防免疫ができにくい場合がある」
さらに「無症候性の多い新型コロナウイルス感染症では、間違ったカットオフ値(陰性と陽性を分ける境)で開発された免疫抗体キットでは正しい結果が出ない」と警鐘を鳴らす。
上久保氏は「日本の入国制限の遅れを問題視する声もあったが、結果的には早期に制限をかけず、ワクチンと同様の働きをする弱いウイルスを入れておく期間も必要だったといえる」と総括した。

ライブドアニュース
https://news.livedoor.com/article/detail/18244173/






集団免疫と悪夢の優生学
20/04/30
PCR検査率がOECDで下から2番めの日本(最初から検査を放棄しているメキシコを除けば「PCR検査をやっている」国ランキングなら断トツの1位が日本)
「世界最強旅券」が一転… 日本からの渡航制限なしは英など6カ国 新型コロナ - 毎日新聞4月30日
日本から行ける国。→あのボリス・ジョンソン首相の集団免疫の戦略失敗の英国、PCR検査断トツ最下位を誇るメキシコ以外は、世界地図を見ても何処にあるのか分からないサンマリノ、バチカン、アンドラ、セントビンセント・グレナディーンの5カ国との惨状。
ストックホルムでの記者会見で話すアンデシュ・テグネル氏=28日(ロイター=共同)
スウェーデン、集団免疫に見通し 首都で数週間以内に獲得と疫学者 4月29日 共同通信
【ニューヨーク共同】新型コロナウイルス感染で都市封鎖などをしない独自の対策を進めるスウェーデン政府の感染対策リーダーが、同国首都では今後数週間以内に「集団免疫」を獲得できる、との見通しを示した。疫学者アンデシュ・テグネル氏が28日の米紙USAトゥデーのインタビューで語った。
同国は自主的に市民に社会的距離を促す一方、商店営業などを容認。経済への影響が比較的少ないと注目されているが、近隣国に比べ死者の割合も高いため批判も根強い。テグネル氏は、ストックホルムでは既に25%が感染して免疫を獲得したとの見解を表明。今後、ウイルスは長期間存在し、封鎖などの手段で排除できると考える国は失敗すると指摘した。
「他国と比べれば経済はうまくいっており戦略は成功している」と強調した。
また、積極的に集団免疫を目指したわけでなく、医療への負担は最小限にとどめるよう努めていると説明した。集団免疫は、地域の人口の多くが抗体を持つと流行を阻む「壁」になり、流行が広がりにくくなるとの考え方。
世界で唯一国策として集団免疫を公言する国がスウェーデン(3月12日首相が主張するが引っ込めた英国。最初からだんまりを決め込む日本)
北欧スウェーデンと言えばバイキングと福祉政策先進国として有名だが、実は歴史的にみて悪魔の『優生学』でも最先進国で、イギリス発揚の「優生思想」はナチスドイツの専売特許ではないのである。
米英や北欧のスウェーデンなど多数の先進国で「優生思想」が実践されていたが、WWUでのアウシュビッツ強制収容所などの惨状を見て軌道修正する。そもそも日本に本格的に優生学を導入したのは敗戦後のGHQ(アメリカ占領軍)であることは時系列的に見れば明らか。
「優生学は科学的に間違い」だと、多くの人が根本的に勘違いしているが人類も哺乳類の一種なのでなダーウィンの進化論やメンデルの遺伝学説を応用したもので、しかも長い歴史や経験が蓄積した家畜の改良技術から発展した「優生学」は科学的機序が正しいことは明らか。
ただし、「弱者の強制的淘汰」の優生学は、基本的な部分で、人間として道徳的に間違っているのである。
■ミクロな短期的「自然科学」として正しく、マクロで長期的な「社会科学」として間違っている「優生学」
犬猫などペットや家畜で成功しているので、もし実践すれば間違いなく人類でも科学的には成功する。だから「優生学」が恐ろしいのである。(★注、科学的機序が正しいので、いくら「優生学」は人道的に極悪だ、悪魔の所業で絶対駄目だと禁止しても決して世の中からなくならない)
あの謎の宗教「PCR検査スンナ派」のグル(HPVワクチンの超過激派の伝道師)村中璃子の フェイスブックから。
(検査スンナ派の御用文化人)糸井重里、(検査シーア派の最右翼の猛将軍)早野龍五の 両氏と 記念撮影ですか・・・時期が時期だけに、なんとも不気味な話である。
★注、最悪なら殺し合いまで演じる、犬猿の間柄の(本物の)イスラム教のスンナ派とシーア派の分裂は、教祖ムハンマドの後継者争いが原因なので、そもそも両派には教義上に違いが無い。(基本的に仲間なので両者の違いは極わずかなのである)
検査シーア派だが、恐ろしい集団免疫(隠れ優生学)のグルでもあるのが近ごろテレビ画面でおなじみの岡田晴恵教
65歳以上はECMO(エクモ)の適応外
2020年04月21日 | SARS-CoV-2と情報戦
そもそも日本独自の謎の宗教「検査スンナ派」の根本教義とは、(世間向けには)「高齢者や既往症のある弱者を守る」必要があるから→「PCR検査をするな」(医療崩壊医する)だったのである。
ところが、隠れ「優生学」(集団免疫)の我が日本国では、最初から重症者の最後の救命手段であるエクモ(ECMO)から「予後が悪いから」と既往症がある重症者や高齢者を除外していたのである。何となく9年前の3・11フクシマの未曾有の核事故発生で、最後の砦である非常用復水器(IC イソコン)を事故のマニュアルを読まなかった吉田所長以下東電の運転員が勝手に止めてメルトダウンして大爆発した話を連想する。
■挙国一致の極悪姥捨て山「楢山節考」ペンタゴン
しかも、ここが一番大問題なのだが、政府自民党だけではなく野党政治家も官僚も学会も財界も、もちろんマスコミも全員が挙国一致で「みんな仲良く」65歳以上ECMO不適応を、見ざる言わざる聞かざるで必死で隠していた。鉄の五角形。極悪ペンタゴンが日本を牛耳っていたのである。(★注、大昔の江戸時代の東北地帯の寒村の民間伝承でも「楢山節考」はタブーだったのですから、21世紀の医療現場、しかも国家ぐるみの「姥捨て山」ならもっとタブーなのは当たり前)
今の日本の本当の姿は氷山に衝突して真っ二つになって沈没するタイタニック号以上の危機的状況、国民全員が韓国セウォル号の純真な高校生レベルに陥っているのである。
自分が読む全ての漢字に平仮名をふる安部晋三首相に何かを期待するなど、亀の腹筋、ワニの懸垂。無理な要求をするほうが間違いだ。
■大手メディアが「何を報じるか」ではなく「何を報じないか」が大問題
連日テレビや新聞が報じるので日本のPCR検査数の異様な少なさ(怠惰で消極的。不真面目な「優生学」)は中学生でも知っている。
ところがECMO(エコモ)の既往症や高齢者不適応(露骨で積極的な姥捨て山「楢山節考」)あまりにも残酷な「優生学」の方は、挙国一致の体制翼賛会が必死で隠すので誰一人知らない。
高齢者エコモ不適応を指摘したのは当ブログだけだが読者は1日当たり数千人程度。多数の護憲左派知識人は誰一人指摘しないので、今後も政府など極悪ペンタゴン主導の楢山節考(弱者の強制淘汰)は延々と続く。
それだけではなく、同じ手法が他の治療法がない疾患でも行えるのですから恐ろしい。(現在でも遺伝子の異常で起きるハンチントン舞踏病のように治療法がないとか、患者数が少なすぎて医学原因が不明な疾患は数多い)
■政府主導の秘密「優生学」
もしSARS2で「予後が悪いから」との些末な理由で医者が重症患者の治療を放棄できるなら、それ以外のもっと予後が悪い原因不明で治療法がない難病の患者が全部まとめて治療を止めれる。(治療できる普通の病気でも、重症になると他の疾患を併発するので「予後が悪い」方が当たり前というか、大人の一般常識である)
それなら百年前の大恐慌以来のインパクトで大変革が起きるどころの話ではない。
当時の覇権国家(超大国)ローマ帝国が滅亡した二千年前のゲルマン民族の大移動でパックス・ロマーナが崩壊したのと同じか、それ以上のレベル(そういえばゲルマン大移動はヨーロッパにアジア側からフン族が侵入したことで起きた)で、悪夢の優生学で日本の社会全体が革命的に大きく変わる。
社会が不必要と判断した弱者は自然淘汰が強制されるのである。その恐ろしさは桁違いで、マスコミや有識者が大騒ぎするPCR検査抑制が云々など些細な話だった。
★注、65歳以上はECMO(エクモ)の適応外に書いたが日本集中治療医学会 日本救急医学会 日本呼吸療法医学会 日本呼吸器学会 日本感染症学会 日本麻酔科学会 日本小児科学会  PCPS/ECMO研究会の連名なので政府主導でマスコミや左翼知識人など全員も追従。
それならPCR検査抑制の大騒ぎの方は「猫だまし」(八百長のプロレス)、あるいは、わざと間違いに誘導する偽の手がかり「赤いニシン」である。
#政治
カテゴリー:SARS

逝きし世の面影
https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/466669f4ed8d795e6e911894ea78d025
posted by datasea at 14:00| Comment(0) | H 医師健康オタク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: